2022/07/24 更新

写真a

ツキオカ タクマ
月岡 卓馬
TSUKIOKA Takuma
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 呼吸器外科学

研究キーワード

  • 肺門部肺癌に対する前向き観察研究

研究歴

  • 原発性肺癌における転移リンパ節の上皮間葉移行

    2018年04月 - 2019年03月 

  • 原発性肺癌における全身性筋肉量と予後の関係

    2016年04月 - 2018年03月 

所属学協会

  • 世界肺癌学会

      国内

  • 日本呼吸器内視鏡学会

      国内

  • 日本肺癌学会

      国内

  • 日本呼吸器外科学会

      国内

  • 日本胸部外科学会

      国内

  • 日本外科学会

      国内

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪市立総合医療センター呼吸器外科   医長

    2012年04月 - 2016年03月

  • ベルランド総合病院呼吸器外科   医長

    2011年04月 - 2012年03月

  • 大阪市立総合医療センター呼吸器外科   研究医

    2009年04月 - 2011年03月

  • 関西労災病院胸部外科   研究医

    2003年05月 - 2004年03月

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   博士課程   卒業・修了

    - 2008年03月

  • 大阪市立大学   医学部     卒業・修了

    - 2001年03月

論文

  • Combined sleeve lobectomy for centrally located primary lung cancer and lung cancer with hilar lymph node metastasis Jpn J Clin Oncol. 2020 Mar 25 招待

    Takuma Tsukioka

    Japanase journal of clinical oncology   50 ( 7 )   794 - 799   2020年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Positive correlation between sarcopenia and elevation of neutrophil/lymphocyte ration in pathological stage IIIA(N2-positive) non-small cell lung cancer patients(和訳中) 査読

    Tsukioka Takuma, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Kyukwang Chung, Komatsu Hiroaki, Toda Michihito, Hara Kantaro, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    シュプリンガー・ジャパン(株) General Thoracic and Cardiovascular Surgery   66 ( 12 )   716 - 722   2018年12月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Positive correlation between sarcopenia and elevation of neutrophil/lymphocyte ration in pathological stage IIIA (N2-positive) non-small cell lung cancer patients 査読

    Tsukioka Takuma, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Kyukwang Chung, Komatsu Hiroaki, Toda Michihito, Hara Kantaro, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   66 ( 12 )   716 - 722   2018年12月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-018-0985-z

    PubMed

  • 1cm以下の非小細胞肺癌患者の手術成績に対して複数の悪性腫瘍が及ぼす影響(Impact of multiple malignancies on surgical outcomes in patients with 1 cm or smaller non-small cell lung cancer) 査読

    Tsukioka Takuma, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Kyukwang Chung, Komatsu Hiroaki, Toda Michihito, Hara Kantaro, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    シュプリンガー・ジャパン(株) International Journal of Clinical Oncology   23 ( 1 )   66 - 72   2018年02月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1cm以下の非小細胞肺癌(NSCLC)患者の術後臨床転帰に対する複数の悪性腫瘍の影響、ならびに小型NSCLCと悪性腫瘍に対する治療間隔の影響について検討した。根治的肺切除が行われた小型NSCLC患者44例(男性19例、女性25例、年齢41〜80歳)の臨床経過を、後ろ向きに調査した。44例中1例は喀血症状、31例は他の疾患検査、12例は癌スクリーニングでNSCLCが検出された。20例(男性8例、女性12例、年齢41〜80歳)で肺癌、食道癌、乳癌等の複数の悪性疾患が認められた。経過観察期間中央値は68ヵ月で、1例で現NSCLCの再発が見られたが、NSCLCによる死亡例はなく、5年全生存率は90%であった。複数の悪性腫瘍を有する患者は悪性腫瘍の無い患者よりも予後が有意に不良であった。またNSCLCと悪性腫瘍に対する治療間隔が5年未満の患者は、5年以上の患者に比べて予後が有意に不良であった。治療間隔が5年以上の患者の予後は、複数の悪性腫瘍が無い患者と同等であった。単変量および多変量解析では、複数の悪性腫瘍の存在が有意な予後不良因子であった。結論として、小型NSCLCの予後は良好であるが、複数の悪性腫瘍の存在が有意な予後不良因子であり、短い治療間隔と予後不良との間に関連が見られた。

  • Loss of Muscle Mass is a Novel Predictor of Postoperative Early Recurrence in N2-Positive Non-Small-Cell Lung Cancer 査読

    Tsukioka Takuma, Izumi Nobuhiro, Kyukwang Chung, Komatsu Hiroaki, Toda Michihito, Hara Kantaro, Nishiyama Noritoshi

    Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery 編集委員会 Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery   2018年( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Background: We often experienced early recurrence in patients with completely resected N2-positive non-small-cell lung cancer (NSCLC). Loss of muscle mass is a poor prognostic factor in patients with several stages of NSCLC. This study aimed to investigate the relationship between preoperative loss of muscle mass and postoperative early recurrence in patients with N2-positive NSCLC.</p><p>Methods: We retrospectively analyzed 47 male patients with completely resected pathological N2-positive NSCLC. Early recurrence was defined as that diagnosed within 1 year after the operation. We used the L3 muscle index (cross-sectional area of muscle at the L3 level, normalized for height) as a clinical measurement of loss of muscle mass (cutoff value, 52.4 cm<sup>2</sup>/m<sup>2</sup>).</p><p>Results: In all, 18 patients with early recurrence had significantly poorer outcomes compared with those without (<i>P</i> <0.01). In univariate analysis, loss of muscle mass (<i>P</i> = 0.023), carcinoembryonic antigen (CEA) level >5.0 ng/mL (<i>P</i> = 0.002), and absence of postoperative chemotherapy (<i>P</i> = 0.042) were predictors of postoperative early recurrence. In multivariate analysis, loss of muscle mass (<i>P</i> = 0.004) and CEA level >5.0 ng/mL (<i>P</i> = 0.001) were independent predictors.</p><p>Conclusions: Loss of muscle mass is an independent predictor of postoperative early recurrence in pathological N2-positive NSCLC patients.</p>

    DOI: 10.5761/atcs.oa.17-00215

    CiNii Article

  • Attenuation of Bleomycin-Induced Pulmonary Fibrosis in Rats with S-Allyl Cysteine 査読

    Tsukioka Takuma, Takemura Shigekazu, Minamiyama Yukiko, Mizuguchi Shinjiro, Toda Michihito, Okada Shigeru

    MOLECULES   22 ( 4 )   2017年04月( ISSN:1420-3049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/molecules22040543

    PubMed

  • Sarcopenia is a novel poor prognostic factor in male patients with pathological Stage I non-small cell lung cancer 査読

    Tsukioka Takuma, Nishiyama Noritoshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Komatsu Hiroaki, Okada Satoshi, Toda Michihito, Hara Kantaro, Ito Ryuichi, Shibata Toshihiko

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   47 ( 4 )   363 - 368   2017年04月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyx009

    PubMed

  • Surgical outcome of patients with lung cancer involving the left atrium. 査読

    Tsukioka T, Takahama M, Nakajima R, Kimura M, Inoue H, Yamamoto R

    International journal of clinical oncology   21 ( 6 )   1046 - 1050   2016年12月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-016-0992-y

    PubMed

  • Efficacy of Surgical Airway Plasty for Benign Airway Stenosis. 査読

    Tsukioka T, Takahama M, Nakajima R, Kimura M, Inoue H, Yamamoto R

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   22 ( 1 )   27 - 31   2016年( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5761/atcs.oa.15-00271

    PubMed

  • Surgical reconstruction for tuberculous airway stenosis: management for patients with concomitant tracheal malacia. 査読

    Tsukioka T, Takahama M, Nakajima R, Kimura M, Tei K, Yamamoto R

    General thoracic and cardiovascular surgery   63 ( 7 )   379 - 85   2015年07月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-015-0536-9

    PubMed

  • [Thoracic Drainage Using Nasal Airway for Postoperative Broncho-pleural Fistula]. 査読

    Tsukioka T, Takahama M, Nakajima R, Kimura M, Tei K, Yamamoto R

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   68 ( 6 )   406 - 9   2015年06月( ISSN:0021-5252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Sequential stenting for extensive malignant airway stenosis. 査読

    Tsukioka T, Takahama M, Nakajima R, Kimura M, Tei K, Yamamoto R

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   21 ( 2 )   114 - 8   2015年( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5761/atcs.oa.14-00187

    PubMed

  • Resection of a second primary lung cancer in a lobe where small-cell lung cancer was previously treated with chemoradiotherapy: report of a case. 査読

    Tsukioka T, Yamamoto R, Takahama M, Nakajima R, Tei K, Okada S, Tada H

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   20 Suppl   482 - 5   2014年( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5761/atcs.cr.13-00002

    PubMed

  • Intraoperative mechanical and chemical pleurodesis with 50% glucose solution for secondary spontaneous pneumothorax in patients with pulmonary emphysema 査読

    TSUKIOKA Takuma, INOUE Kiyotoshi, OKA Hiroko, MIZUGUCHI Shinjiro, MORITA Ryuhei, NISHIYAMA Noritoshi

    Surgery today : the Japanese journal of surgery   43 ( 8 )   889 - 893   2013年08月( ISSN:09411291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Intraoperative mechanical and chemical pleurodesis with 50 % glucose solution for secondary spontaneous pneumothorax in patients with pulmonary emphysema 査読

    Tsukioka Takuma, Inoue Kiyotoshi, Oka Hiroko, Mizuguchi Shinjiro, Morita Ryuhei, Nishiyama Noritoshi

    SURGERY TODAY   43 ( 8 )   889 - 893   2013年08月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-013-0497-5

    PubMed

  • Pleurodesis with a 50% glucose solution in patients with spontaneous pneumothorax in whom an operation is contraindicated. 査読

    Tsukioka T, Inoue K, Oka H, Mizuguchi S, Morita R, Nishiyama N

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   19 ( 5 )   358 - 63   2013年( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Ectopic bone formation in a subsegmental bronchus. 査読

    Tsukioka T, Yamamoto R, Takahama M, Nakajima R, Tada H

    General thoracic and cardiovascular surgery   60 ( 9 )   618 - 20   2012年09月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-012-0065-8

    PubMed

  • [Stage IV primary lung cancer treated with lobectomy because of refractory ipsilateral pneumothorax]. 査読

    Tsukioka T, Inoue K, Oka H, Nishiyama N

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   65 ( 9 )   781 - 4   2012年08月( ISSN:0021-5252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Preoperative serum oxidative stress marker as a strong indicator of nodal involvement in clinical stage I lung adenocarcinoma 査読

    TSUKIOKA Takuma, NISHIYAMA Noritoshi, IWATA Takashi, NAGANO Koshi, TEI Keiko, SUEHIRO Shigefumi

    International journal of clinical oncology   17 ( 3 )   250 - 255   2012年06月( ISSN:13419625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Preoperative serum oxidative stress marker as a strong indicator of nodal involvement in clinical stage I lung adenocarcinoma 査読

    Tsukioka Takuma, Nishiyama Noritoshi, Iwata Takashi, Nagano Koshi, Tei Keiko, Suehiro Shigefumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   17 ( 3 )   250 - 255   2012年06月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-011-0283-6

    PubMed

  • Increase in preoperative serum reactive oxygen metabolite levels indicates nodal extension in patients with clinical stage I lung adenocarcinoma 査読

    TSUKIOKA Takuma, NISHIYAMA Noritoshi, IWATA Takashi, NAGANO Koshi, MIZUGUCHI Shinjiro, TEI Keiko, WAKASA Kenichi, SUEHIRO Shigefumi

    General thoracic and cardiovascular surgery   59 ( 5 )   335 - 340   2011年05月( ISSN:18636705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Increase in preoperative serum reactive oxygen metabolite levels indicates nodal extension in patients with clinical stage I lung adenocarcinoma. 査読

    Tsukioka T, Nishiyama N, Iwata T, Nagano K, Mizuguchi S, Tei K, Wakasa K, Suehiro S

    General thoracic and cardiovascular surgery   59 ( 5 )   335 - 40   2011年05月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-010-0739-z

    PubMed

  • c-1A期非小細胞肺癌症例における術前血中SLX値測定の意義 査読

    月岡 卓馬, 西山 典利, 岩田 隆, 永野 晃史, 泉 信博, 水口 真二郎, 丁 奎光, 末廣 茂文

    (NPO)日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   24 ( 6 )   886 - 890   2010年09月( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2004年1月から2008年12月に縦隔リンパ節郭清を伴う肺葉切除を施行したc-1A期非小細胞肺癌症例131症例を対象とし、術後病理学的リンパ節転移陰性群と陽性群間の臨床病理学的因子を検討した。男性72例、女性59例、平均年齢67歳。腺癌107例、非腺癌24例であった。pN0症例113例、pN1症例6例、pN2症例12例であった。リンパ節転移陰性例(n=113)および陽性例(n=18)を比較検討すると術前血中SLX値の中央値はそれぞれ21.6U/mlおよび28.5U/mlであり、リンパ節転移陽性例で有意に高値であった(p=0.001)。ROCカーブから血中SLX値についてカットオフ値(26U/ml)を決定し、臨床病理学的因子について多変量解析を行うと血中SLX値のみが独立予測因子であった(リスク比:3.527、p=0.021)。c-1A期非小細胞肺癌症例において術前血中SLX値陽性例は術前精査、術式選択について慎重な検討が必要と考えられた。(著者抄録)

  • Pulmonary metastasis from colorectal carcinoma with hepatic metastasis 査読

    TSUKIOKA Takuma, NISHIYAMA Noritoshi, IWATA Takashi, NAGANO Koshi, IZUMI Nobuhiro, MIZUGUCHI Shinjiro, MORITA Ryuhei, INOUE Kiyotoshi, SUEHIRO Shigefumi

    General thoracic and cardiovascular surgery   55 ( 11 )   455 - 460   2007年11月( ISSN:18636705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Pulmonary metastasis from colorectal carcinoma with hepatic metastasis. 査読

    Tsukioka T, Nishiyama N, Iwata T, Nagano K, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Inoue K, Suehiro S

    General thoracic and cardiovascular surgery   55 ( 11 )   455 - 60   2007年11月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-007-0165-z

    PubMed

  • Early recurrence of completely resected N2-positive non-small-cell lung cancer. 査読

    Tsukioka T, Nishiyama N, Iwata T, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Inoue K, Suehiro S

    General thoracic and cardiovascular surgery   55 ( 3 )   113 - 8   2007年03月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-006-0082-6

    PubMed

  • Thymolipoma associated with myasthenia gravis. 査読

    Tsukioka T, Inoue K, Iwata T, Mizuguchi S, Morita R, Suehiro S

    General thoracic and cardiovascular surgery   55 ( 1 )   26 - 8   2007年01月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Local and systemic impacts of pleural oxygen exposure in thoracotomy 査読

    Tsukioka Takuma, Takemura Shigekazu, Minamiyama Yukiko, Nishiyama Noritoshi, Mizuguchi Shinjiro, Okada Shigeru, Suehiro Shigefumi

    BIOFACTORS   30 ( 2 )   117 - 128   2007年( ISSN:0951-6433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Local and systemic impacts of pleural oxygen exposure in thoracotomy. 査読

    Tsukioka T, Takemura S, Minamiyama Y, Nishiyama N, Mizuguchi S, Okada S, Suehiro S

    BioFactors (Oxford, England)   30 ( 2 )   117 - 28   2007年( ISSN:0951-6433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • ACTH産生肺腺癌の一切除例 査読

    月岡 卓馬, 井上 清俊, 岩田 隆, 水口 真二郎, 森田 隆平, 末広 茂文

    特定非営利活動法人日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery   20 ( 5 )   756 - 759   2006年07月( ISSN:09190945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は64歳男性.陳旧性脳梗塞による左半身不全麻痺を認めた.全身倦怠感,高血圧に対し精査を施行したところ,高ACTH血症を認めた.また胸部X線像,胸部CT像上右S6に腫瘤性病変を認め,気管支鏡下生検で肺腺癌(C-T2N0M0 stage IB)と診断した.右下葉切除,縦隔リンパ節郭清術を施行した.腫瘍細胞のACTH免疫染色で陽性像を呈したことからACTH産生肺腺癌(p-T2N0M0 stage IB)と診断した.術後,血中ACTH値は低下し,降圧薬の減量が可能であった.術後6ヵ月経過したが再発および血中ACTH値の再上昇は認めていない.肺腫瘍による異所性ACTH産生は肺小細胞癌,カルチノイドによるものがほとんどである.ACTH産生肺腺癌は極めて稀な疾患で,報告例は自験例を含め5例で切除例としては2例目であった.

    DOI: 10.2995/jacsurg.20.756

    CiNii Article

  • Resected Case of Synovial Sarcoma in the Pleural Cavity 査読

    TSUKIOKA Takuma, INOUE Kiyotoshi, IWATA Takashi, MIZUGUCHI Shinjiro, MORITA Ryuhei, SUEHIRO Shigefumi

    日本胸部外科学会雑誌 = The Japanese journal of thoracic and cardiovascular surgery   54 ( 6 )   263 - 266   2006年06月( ISSN:13444964

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Resected case of synovial sarcoma in the pleural cavity. 査読

    Tsukioka T, Inoue K, Iwata T, Mizuguchi S, Morita R, Suehiro S

    The Japanese journal of thoracic and cardiovascular surgery : official publication of the Japanese Association for Thoracic Surgery = Nihon Kyobu Geka Gakkai zasshi   54 ( 6 )   263 - 6   2006年06月( ISSN:1344-4964

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-006-0009-2

    PubMed

  • [Bronchial artery embolization for treatment of mediastinal hemorrhage after pulmonary resection: report of a case]. 査読

    Tsukioka T, Inoue K, Iwata T, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Suehiro S

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   58 ( 13 )   1169 - 72   2005年12月( ISSN:0021-5252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 原発性肺癌に対する追加術式を伴う気管・気管支形成術 国内会議

    月岡卓馬

    第72回日本胸部外科学会定期学術集会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺癌に対する拡大気管支形成術 国内会議

    月岡卓馬

    第42回日本呼吸器内視鏡学会学術総会  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 第42回日本呼吸器内視鏡学会学術総会 国内会議

    月岡卓馬

    第35回日本呼吸器外科学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺癌に対する気管支・肺動脈形成術の治療成績と工夫 国内会議

    月岡卓馬

    第119回日本外科学会定期学術集会  2019年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • pN2非小細胞肺癌予後良好群で認められる転移リンパ節における間葉系因子の喪失 国内会議

    月岡卓馬

    第59回日本肺癌学会学術集会  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 転移リンパ節における上皮間葉移行と間葉上皮移行 国内会議

    月岡卓馬

    第71回日本胸部外科学会定期学術集会  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • pStageIIIA(pN2)非小細胞肺癌症例における全身性筋肉量とNeutrophil/Lymphocyte ratioの相関 国内会議

    月岡卓馬

    第70回日本胸部外科学会定期学術集会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • pN2非小細胞肺癌症例における術前全身性筋肉量の評価 国内会議

    月岡卓馬

    第60回関西胸部外科学会  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 栄養状態と全身性筋肉量の評価によるPre-cachexiaからCachexiaへの進行予測 国内会議

    月岡卓馬

    第117回日本外科学会定期学術集会  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Sarcopenia は70歳以上の非小細胞肺癌例における予後不良因子である(回帰式を用いたL3 muscle indexの算出) 国内会議

    月岡卓馬

    第57回日本肺癌学会学術集会  2016年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • pStageI期非小細胞肺癌症例におけるSarcopeniaと予後の関係-回帰式を用いた骨格筋断面積およびL3 muscle indexの算出- 国内会議

    月岡卓馬

    第69回日本胸部外科学会定期学術集会  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

担当教育概要

  • 早期臨床実習 基本的臨床手技(医学部4年生)
    ユニット型クリニカルクラークシップ ユニットA呼吸器外科分野担当(医学部5年生)

担当授業科目

  • ユニット型クリニカルクラークシップ ユニットA 呼吸器外科

    2019年度     大学

  • 早期臨床実習

    2019年度     大学

その他

  • 職務経歴

    2016年04月 - 2016年12月

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 病院講師

  • 職務経歴

    2008年04月 - 2009年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 研究医

  • 職務経歴

    2004年04月 - 2008年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 医院

  • 職務経歴

    2001年05月 - 2003年04月

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 研修医