2024/04/11 更新

写真a

イケダ カズオ
池田 一雄
IKEDA Kazuo
担当
大学院医学研究科 基礎医科学専攻 教授
医学部 医学科
職名
教授
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 基礎医科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 解剖学

研究歴

  • 肝線維化に関連する肝星細胞活性化分子メカニズムの解明

    肝星細胞、肝線維化  機関内共同研究

    2011年07月 

  • ヒト化肝臓を有する動物モデルの開発

    iPS細胞、肝臓実質細胞、肝非実質細胞  機関内共同研究

    2011年07月 

所属学協会

  • 日本解剖学会

      国内

  • 日本肝臓学会

  • 日本分子生物学会

委員歴(学外)

  • 委員   日本解剖学会認定解剖組織技術者資格審査委員会  

    2016年04月 - 2022年03月 

  • 委員   日本解剖学会解剖学用語委員会  

    2016年04月 - 2020年03月 

  • 和文編集委員長   大阪市医学会雑誌  

    2016年04月 - 2020年03月 

  • 評議員   日本肝臓学会西部会  

    2011年12月 - 継続中 

  • 学術評議員   日本解剖学会  

    2008年10月 - 継続中 

職務経歴(学外)

  • 名古屋市立大学   大学院医学研究科機能解剖学   教授

    2008年09月 - 2011年06月

  • マウントサイナイ医科大学   医学部肝臓病学   博士研究員

    1999年04月 - 2001年03月

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   外科学   博士課程   卒業・修了

    1991年04月 - 1995年03月

  • 大阪市立大学   医学部   医学科     卒業・修了

    1983年04月 - 1989年03月

論文

  • Hypo-osmolarity induces apoptosis resistance via TRPV2-mediated AKT-Bcl-2 pathway.

    Urushima H, Matsubara T, Miyakoshi M, Kimura S, Yuasa H, Yoshizato K, Ikeda K

    American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology   324 ( 3 )   G219 - G230   2023年03月( ISSN:0193-1857

     詳細を見る

  • Nitric Oxide Derived from Cytoglobin-Deficient Hepatic Stellate Cells Causes Suppression of Cytochrome c Oxidase Activity in Hepatocytes.

    Okina Y, Sato-Matsubara M, Kido Y, Urushima H, Daikoku A, Kadono C, Nakagama Y, Nitahara Y, Hoang TH, Thuy LTT, Matsubara T, Ohtani N, Ikeda K, Yoshizato K, Kawada N

    Antioxidants & redox signaling   38 ( 7-9 )   463 - 479   2023年03月( ISSN:1523-0864

     詳細を見る

  • Suppression of intrahepatic cholangiocarcinoma cell growth by SKI via upregulation of the CDK inhibitor p21.

    Kawamura E, Matsubara T, Daikoku A, Deguchi S, Kinoshita M, Yuasa H, Urushima H, Odagiri N, Motoyama H, Kotani K, Kozuka R, Hagihara A, Fujii H, Uchida-Kobayashi S, Tanaka S, Takemura S, Iwaisako K, Enomoto M, Taguchi YH, Tamori A, Kubo S, Ikeda K, Kawada N

    FEBS open bio   12 ( 12 )   2122 - 2135   2022年12月

     詳細を見る

  • Cloaking the ACE2 receptor with salivary cationic proteins inhibits SARS-CoV-2 entry.

    Yoshizato K, Taira T, Sato-Matsubara M, Sekiguchi S, Yabunaka Y, Kira Y, Ohashi T, Daikoku A, Ofusa K, Kadono C, Oikawa D, Matsubara T, Nakagama Y, Kido Y, Tokunaga F, Ikeda K, Kaneko A, Kawada N

    Journal of biochemistry   172 ( 4 )   205 - 216   2022年09月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

  • Activation of Hepatic Stellate Cells Requires Dissociation of E-Cadherin-Containing Adherens Junctions with Hepatocytes 査読 国際共著

    Urushima H, Yuasa H, Matsubara T, Kuroda N, Hara Y, Inoue K, Wake K, Sato T, Friedman SL, Ikeda K.

    American Journal of Pathology   191 ( 3 )   438 - 453   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Stress can attenuate hepatic lipid accumulation via elevation of hepatic β-muricholic acid levels in mice with nonalcoholic steatohepatitis 査読 国際共著

    Takada S, Matsubara T, Fujii H, Sato-Matsubara M, Daikoku A, Odagiri N, Amano-Teranishi Y, Kawada N, Ikeda K.

    Laboratory Investigation   101 ( 2 )   193 - 203   2021年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • TGF-β1-driven reduction of cytoglobin leads to oxidative DNA damage in stellate cells during non-alcoholic steatohepatitis 査読 国際共著

    Okina Y, Sato-Matsubara M, Matsubara T, Daikoku A, Longato L, Rombouts K, Thanh Thuy LT, Ichikawa H, Minamiyama Y, Kadota M, Fujii H, Enomoto M, Ikeda K, Yoshizato K, Pinzani M, Kawada N.

    Journal of Hepatology   73 ( 4 )   882 - 895   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Involvement of ERK1/2 activation in the gene expression of senescence-associated secretory factors in human hepatic stellate cells. 査読 国際共著

    Odagiri N, Matsubara T, Higuchi M, Takada S, Urushima H, Sato-Matsubara M, Teranishi Y, Yoshizato K, Kawada N, Ikeda K

    Molecular and cellular biochemistry   455   7 - 19   2019年05月( ISSN:0300-8177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007/s11010-018-3466-x

    PubMed

  • XPA expression is a predictive marker of the effectiveness of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer. 査読

    Wada T, Fukuda T, Shimomura M, Inoue Y, Kawanishi M, Tasaka R, Yasui T, Ikeda K, Sumi T

    Oncology letters   15 ( 3 )   3766 - 3771   2018年03月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2018.7810

    PubMed

  • Fibroblast growth factor 2 (FGF2) regulates cytoglobin expression and activation of human hepatic stellate cells via JNK signaling 査読

    Sato-Matsubara Misako, Matsubara Tsutomu, Daikoku Atsuko, Okina Yoshinori, Longato Lisa, Rombouts Krista, Le Thi Thanh Thuy, Adachi Jun, Tomonaga Takeshi, Ikeda Kazuo, Yoshizato Katsutoshi, Pinzani Massimo, Kawada Norifumi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   292 ( 46 )   18961 - 18972   2017年11月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M117.793794

    PubMed

  • Comprehensive analysis of transcriptome and metabolome analysis in Intrahepatic Cholangiocarcinoma and Hepatocellular Carcinoma 査読

    Murakami Yoshiki, Kubo Shoji, Tamori Akihiro, Itami Saori, Kawamura Etsushi, Iwaisako Keiko, Ikeda Kazuo, Kawada Norifumi, Ochiya Takahiro, Taguchi Y-H

    SCIENTIFIC REPORTS   5   16294   2015年11月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep16294

    PubMed

  • Involvement of hepatic stellate cell cytoglobin in acute hepatocyte damage through the regulation of CYP2E1-mediated xenobiotic metabolism 査読

    Teranishi Yuga, Matsubara Tsutomu, Krausz Kristopher W., Le Thi T. T., Gonzalez Frank J., Yoshizato Katsutoshi, Ikeda Kazuo, Kawada Norifumi

    LABORATORY INVESTIGATION   95 ( 5 )   515 - 524   2015年05月( ISSN:0023-6837

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/labinvest.2015.29

    PubMed

  • Deletion of the Collagen-specific Molecular Chaperone Hsp47 Causes Endoplasmic Reticulum Stress-mediated Apoptosis of Hepatic Stellate Cells 査読

    Kawasaki Kunito, Ushioda Ryo, Ito Shinya, Ikeda Kazuo, Masago Yusaku, Nagata Kazuhiro

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   290 ( 6 )   3639 - 3646   2015年02月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M114.592139

    PubMed

  • Efficient Engraftment of Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Hepatocyte-Like Cells in uPA/SCID Mice by Overexpression of FNK, a Bcl-xL Mutant Gene 査読

    Nagamoto Yasuhito, Takayama Kazuo, Tashiro Katsuhisa, Tateno Chise, Sakurai Fuminori, Tachibana Masashi, Kawabata Kenji, Ikeda Kazuo, Tanaka Yasuhito, Mizuguchi Hiroyuki

    CELL TRANSPLANTATION   24 ( 6 )   1127 - 1138   2015年( ISSN:0963-6897

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3727/096368914X681702

    PubMed

  • Cilostazol attenuates hepatic stellate cell activation and protects mice against carbon tetrachloride-induced liver fibrosis 査読

    Saito Shunichi, Hata Koichiro, Iwaisako Keiko, Yanagida Atsuko, Takeiri Masatoshi, Tanaka Hirokazu, Kageyama Shoichi, Hirao Hirofumi, Ikeda Kazuo, Asagiri Masataka, Uemoto Shinji

    HEPATOLOGY RESEARCH   44 ( 4 )   460 - 473   2014年04月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.12140

    PubMed

  • シロスタゾールは肝星細胞の活性化を抑制して四塩化炭素に誘発される肝線維症からマウスを保護する(Cilostazol attenuates hepatic stellate cell activation and protects mice against carbon tetrachloride-induced liver fibrosis)

    Saito Shunichi, Hata Koichiro, Iwaisako Keiko, Yanagida Atsuko, Takeiri Masatoshi, Tanaka Hirokazu, Kageyama Shoichi, Hirao Hirofumi, Ikeda Kazuo, Asagiri Masataka, Uemoto Shinji

    Hepatology Research   44 ( 4 )   460 - 473   2014年04月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    肝線維症は肝硬変に繋がる一般的な病態である。シロスタゾールは臨床に用いられる経口のホスホジエステラーゼ-3阻害薬であるが、本物質は実験的な非アルコール性肝疾患において線維化抑制能を持つことが示されている。しかし、線維化抑制作用の詳細な機序や異なった実験的なモデルにおけるその有効性を明らかにすることが必要と考えられた。C57BL/6J系の雄マウスを5群に割り当てた。即ち、標準食(第1および第2群)、0.1%または0.3%シロスタゾール含有食(それぞれ第3群と第4群)、および0.125%クロピドグレル含有食(第5群)とした。給餌2週間後に第2から5群の腹腔内に四塩化炭素(CCl4)を週に2回、6週間にわたって投与したが、第1群は溶媒のみを投与した。肝細胞に対するシロスタゾールの効果を解析するために、初代培養の肝星細胞(HSC)、クッパー細胞、および肝実質細胞を用いて培養系でシロスタゾールの処理を行った。シリウスレッド染色の結果、第2群の線維化領域(3.17±0.67%)と比較すると第3群と第4群では領域が小さくなっていた(それぞれ2.49±0.43%でP<0.05と2.31±0.30%でP<0.001)。培養系の実験ではシロスタゾールは濃度依存的にHSCの形態変化、増殖度、そしてHSC活性化マーカの発現を抑制したことから、本薬剤が濃度依存的にHSCの活性化を抑制したと考えられ、シロスタゾールの治療効果はHSCに対する直接的な作用を介していると予想された。以上の結果から、シロスタゾールは生体におけるCCl4誘発性の線維化を軽減する作用を持つことが明らかとなり、この作用は少なくともHSCの活性化を直接抑制する作用に起因していると推定された。シロスタゾールの有効性と安全性を考慮すると、本薬剤が慢性肝疾患に有効である可能性が示唆された。

  • TGF-beta-SMAD3 signaling mediates hepatic bile acid and phospholipid metabolism following lithocholic acid-induced liver injury 査読

    Matsubara Tsutomu, Tanaka Naoki, Sato Misako, Kang Dong Wook, Krausz Kristopher W., Flanders Kathleen C., Ikeda Kazuo, Luecke Hans, Wakefield Lalage M., Gonzalez Frank J.

    JOURNAL OF LIPID RESEARCH   53 ( 12 )   2698 - 2707   2012年12月( ISSN:0022-2275

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1194/jlr.M031773

    PubMed

  • MicroRNA-221/222 upregulation indicates the activation of stellate cells and the progression of liver fibrosis 査読

    Ogawa Tomohiro, Enomoto Masaru, Fujii Hideki, Sekiya Yumiko, Yoshizato Katsutoshi, Ikeda Kazuo, Kawada Norifumi

    GUT   61 ( 11 )   1600 - 1609   2012年11月( ISSN:0017-5749

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/gutjnl-2011-300717

    PubMed

  • Induction of microRNA-214-5p in human and rodent liver fibrosis. 査読

    Iizuka M, Ogawa T, Enomoto M, Motoyama H, Yoshizato K, Ikeda K, Kawada N

    Fibrogenesis & tissue repair   5 ( 1 )   12   2012年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1755-1536-5-12

    PubMed

  • Down-Regulation of Cyclin E1 Expression by MicroRNA-195 Accounts for Interferon-beta-Induced Inhibition of Hepatic Stellate Cell Proliferation 査読

    Sekiya Yumiko, Ogawa Tomohiro, Iizuka Masashi, Yoshizato Katsutoshi, Ikeda Kazuo, Kawada Norifumi

    JOURNAL OF CELLULAR PHYSIOLOGY   226 ( 10 )   2535 - 2542   2011年10月( ISSN:0021-9541

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcp.22598

    PubMed

  • Suppression of hepatic stellate cell activation by microRNA-29b 査読

    Sekiya Yumiko, Ogawa Tomohiro, Yoshizato Katsutoshi, Ikeda Kazuo, Kawada Norifumi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   412 ( 1 )   74 - 79   2011年08月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2011.07.041

    PubMed

  • Promotion of Liver and Lung Tumorigenesis in DEN-Treated Cytoglobin-Deficient Mice 査読

    Le Thi Thanh Thuy, Morita Takashi, Yoshida Kayo, Wakasa Kenichi, Iizuka Masashi, Ogawa Tomohiro, Mori Mami, Sekiya Yumiko, Momen Shinobu, Motoyama Hiroyuki, Ikeda Kazuo, Yoshizato Katsutoshi, Kawada Norifumi

    AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY   179 ( 2 )   1050 - 1060   2011年08月( ISSN:0002-9440

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2011.05.006

    PubMed

  • Pitavastatin inhibits hepatic steatosis and fibrosis in non-alcoholic steatohepatitis model rats. 査読 国際共著

    Miyaki T, Nojiri S, Shinkai N, Kusakabe A, Matsuura K, Iio E, Takahashi S, Yan G, Ikeda K, Joh T

    Hepatology research   41 ( 4 )   375 - 85   2011年04月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1111/j.1872-034X.2010.00769.x

    PubMed

  • ピタバスタチンは非アルコール性脂肪肝ラットモデル肝臓の脂肪変性および線維形成を抑制する(Pitavastatin inhibits hepatic steatosis and fibrosis in non-alcoholic steatohepatitis model rats)

    Miyaki Tomokatsu, Nojiri Shunsuke, Shinkai Noboru, Kusakabe Atsunori, Matsuura Kentaro, Iio Etsuko, Takahashi Satoru, Yan Ge, Ikeda Kazuo, Joh Takashi

    Hepatology Research   41 ( 4 )   375 - 385   2011年04月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    コリン欠乏アミノ酸置換(CDAA)食餌により作成した肝線維症モデルを用いて、ピタバスタチンの及ぼす影響を調べた。ピタバスタチンは、CDAA食摂取ラットにおけるアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ、アラニンアミノトランスフェラーゼ、酸化ストレスの増大と、サイトカイン(腫瘍壊死因子α、形質転換成長因子β1)の発現上昇を抑制した。また、肝臓脂肪変性、前腫瘍性病変(グルタチオンS-トランスフェラーゼ胎盤型陽性病変)の減少、メタロプロテイナーゼ-1、-2組織阻害剤の発現上昇の抑制およびそれに続く線維形成抑制をもたらした。以上より、ピタバスタチンは、非アルコール性脂肪肝ラットモデルにおいて脂肪変性、肝線維形成、発癌を抑制し得ることが示唆された。

  • Dynamic Relationship of Focal Contacts and Hemidesmosome Protein Complexes in Live Cells 査読

    Ozawa Toshiyuki, Tsuruta Daisuke, Jones Jonathan C. R., Ishii Masamitsu, Ikeda Kazuo, Harada Teruichi, Aoyama Yumi, Kawada Akira, Kobayashi Hiromi

    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY   130 ( 6 )   1624 - 1635   2010年06月( ISSN:0022-202X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/jid.2009.439

    PubMed

  • Laminin-511, inducer of hair growth, is down-regulated and its suppressor in hair growth, laminin-332 up-regulated in chemotherapy-induced alopecia 査読

    IMANISHI Hisayoshi, TSURUTA Daisuke, TATEISHI Chiharu, SUGAWARA Koji, PAUS Ralf, TSUJI Tsutomu, ISHII Masamitsu, IKEDA Kazuo, KUNIMOTO Hiroyuki, NAKAJIMA Koichi, JONES Jonathan C. R., KOBAYASHI Hiromi

    Journal of dermatological science   58 ( 1 )   43 - 54   2010年04月( ISSN:09231811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 化学療法による脱毛において、毛髪成長誘導因子であるラミニン-511はダウンレギュレートされ、毛髪成長抑制因子であるラミニン-332はアップレギュレートされる(Laminin-511, inducer of hair growth, is down-regulated and its suppressor in hair growth, laminin-332 up-regulated in chemotherapy-induced alopecia)

    Imanishi Hisayoshi, Tsuruta Daisuke, Tateishi Chiharu, Sugawara Koji, Paus Ralf, Tsuji Tsutomu, Ishii Masamitsu, Ikeda Kazuo, Kunimoto Hiroyuki, Nakajima Koichi, Jones Jonathan C.R., Kobayashi Hiromi

    Journal of Dermatological Science   58 ( 1 )   43 - 54   2010年04月( ISSN:0923-1811

     詳細を見る

    シクロホスファミド(CYP)投与により化学療法後脱毛(CIA)を誘導したマウスを用いて、ラミニン-332、-511の役割および局在性を検討した。中期から後期の毛髪萎縮退行期後に、毛嚢の下部1/3における外毛根鞘周辺で、ラミニン-332とその受容体α6β4インテグリンの量的、空間的アップレギュレーション(UR)が認められ、本URは転写レベルでも発生した。一方、ラミニン-511は中期萎縮退行期後に蛋白レベルでのダウンレギュレーションを示した。ラミニン-511発現は、CIAにおけるα3インテグリン発現に関連し、培養ケラチノサイトにおいてα3インテグリンプロモーターの活性をURし得ることが示された。マウスの背部皮膚へのラミニン-511に富んだ蛋白エキスの注入はCYP誘導CIAにおける毛髪喪失の遅延をもたらしたが、遺伝子組み換えラミニン-332は本作用を示さなかった。以上より、ラミニン-511はCIAに対し有用な補助療法になり得ると考えられた。

  • Suppression of type I collagen production by microRNA-29b in cultured human stellate cells 査読

    Ogawa Tomohiro, Iizuka Masashi, Sekiya Yumiko, Yoshizato Katsutoshi, Ikeda Kazuo, Kawada Norifumi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   391 ( 1 )   316 - 321   2010年01月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2009.11.056

    PubMed

  • Negligible contribution of bone marrow-derived cells to collagen production during hepatic fibrogenesis in mice. 査読

    Higashiyama R, Moro T, Nakao S, Mikami K, Fukumitsu H, Ueda Y, Ikeda K, Adachi E, Bou-Gharios G, Okazaki I, Inagaki Y

    Gastroenterology   137 ( 4 )   1459 - 66.e1   2009年10月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.gastro.2009.07.006

    PubMed

  • Effect of natural interferon alpha on proliferation and apoptosis of hepatic stellate cells 査読

    Ogawa Tomohiro, Kawada Norifumi, Ikeda Kazuo

    HEPATOLOGY INTERNATIONAL   3 ( 3 )   497 - 503   2009年09月( ISSN:1936-0533

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12072-009-9129-y

    PubMed

  • Impaired cutaneous wound healing with excess granulation tissue formation in TNFalpha-null mice. 査読

    Shinozaki M, Okada Y, Kitano A, Ikeda K, Saika S, Shinozaki M

    Archives of dermatological research   301 ( 7 )   531 - 7   2009年08月( ISSN:0340-3696

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00403-009-0969-z

    PubMed

  • TGF beta in fibroproliferative diseases in the eye. 査読

    Saika S, Yamanaka O, Okada Y, Tanaka S, Miyamoto T, Sumioka T, Kitano A, Shirai K, Ikeda K

    Frontiers in bioscience (Scholar edition)   1   376 - 90   2009年06月( ISSN:1945-0516

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Induction of tropomyosin during hepatic stellate cell activation and the progression of liver fibrosis 査読

    Otogawa Kohji, Ogawa Tomohiro, Shiga Ryoko, Ikeda Kazuo, Kawada Norifumi

    HEPATOLOGY INTERNATIONAL   3 ( 2 )   378 - 383   2009年06月( ISSN:1936-0533

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12072-008-9113-y

    PubMed

  • Suppression of Injury-Induced Conjunctiva Scarring by Peroxisome Proliferator-Activated Receptor gamma Gene Transfer in Mice 査読

    Yamanaka Osamu, Miyazaki Ken-ichi, Kitano Ai, Saika Shizuya, Nakajima Yuji, Ikeda Kazuo

    INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE   50 ( 1 )   187 - 193   2009年01月( ISSN:0146-0404

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.08-2282

    PubMed

  • Inhibitory effect of blocking TGF-beta/Smad signal on injury-induced fibrosis of corneal endothelium 査読

    Sumioka Takayoshi, Ikeda Kazuo, Okada Yuka, Yamanaka Osamu, Kitano Ai, Saika Shizuya

    MOLECULAR VISION   14 ( 263-65 )   2272 - 2281   2008年12月( ISSN:1090-0535

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S2-03 肝線維化機構の分子形態学的解析 : 組織化学的検討を中心に(線維化機構の分子形態的解析,シンポジウム,「出島」游學-形態通詞の未来展開-,第49回日本組織細胞化学会総会・学術集会)

    仲谷和記, 小川智弘, 河田則文, 池田一雄, 中島裕司

    日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集   42   2008年10月

     詳細を見る

  • ROCK1 expression is regulated by TGF beta 3 and ALK2 during valvuloseptal endocardial cushion formation 査読

    Sakabe Masahide, Sakata Hirokazu, Matsui Hiroko, Ikeda Kazuo, Yamagishi Toshiyuki, Nakajima Yuji

    ANATOMICAL RECORD-ADVANCES IN INTEGRATIVE ANATOMY AND EVOLUTIONARY BIOLOGY   291 ( 7 )   845 - 857   2008年07月( ISSN:1932-8486

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ar.20708

    PubMed

  • Induction of initial heart α-actin, smooth muscle α-actin, in chick pregastrula epiblast : The role of hypoblast and fibroblast growth factor-8 査読

    Matsui Hiroko, Sakabe Masahide, Sakata Hirokazu, YANAGAWA Nariaki, IKEDA Kazuo, YAMAGISHI Toshiyuki, NAKAJIMA Yuji

    Japanese Society of Developmental Biologists Development, growth & differentiation   50 ( 3 )   143 - 157   2008年04月( ISSN:00121592

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Corneal wound healing in an osteopontin-deficient mouse 査読

    Miyazaki Ken-ichi, Okada Yuka, Yamanaka Osamu, Kitano Ai, Ikeda Kazuo, Kon Shigeyuki, Uede Toshimitsu, Rittling Susan R., Denhardt David T., Kao Winston Whei-Yang, Saika Shizuya

    INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE   49 ( 4 )   1367 - 1375   2008年04月( ISSN:0146-0404

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.07-1007

    PubMed

  • Epithelial-mesenchymal transition as a therapeutic target for prevention of ocular tissue fibrosis. 査読

    Saika S, Yamanaka O, Flanders KC, Okada Y, Miyamoto T, Sumioka T, Shirai K, Kitano A, Miyazaki K, Tanaka S, Ikeda K

    Endocrine, metabolic & immune disorders drug targets   8 ( 1 )   69 - 76   2008年03月( ISSN:1871-5303

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Fibrotic disorders in the eye: Targets of gene therapy 査読

    Saika Shizuya, Yamanaka Osamu, Sumioka Takayoshi, Miyamoto Takeshi, Miyazaki Ken-Ichi, Okada Yuka, Kitano Ai, Shirai Kumi, Tanaka Sai-ichi, Ikeda Kazuo

    PROGRESS IN RETINAL AND EYE RESEARCH   27 ( 2 )   177 - 196   2008年03月( ISSN:1350-9462

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.preteyeres.2007.12.002

    PubMed

  • Induction of initial heart alpha-actin, smooth muscle alpha-actin, in chick pregastrula epiblast: the role of hypoblast and fibroblast growth factor-8.

    Matsui H, Sakabe M, Sakata H, Yanagawa N, Ikeda K, Yamagishi T, Nakajima Y

    Development, growth & differentiation   50 ( 3 )   143 - 57   2008年03月( ISSN:0012-1592

  • Attenuation of acute and chronic liver injury in rats by iron-deficient diet 査読

    Otogawa Kohji, Ogawa Tomohiro, Shiga Ryoko, Nakatani Kazuki, Ikeda Kazuo, Nakajima Yuji, Kawada Norifumi

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-REGULATORY INTEGRATIVE AND COMPARATIVE PHYSIOLOGY   294 ( 2 )   R311 - R320   2008年02月( ISSN:0363-6119

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpregu.00735.2007

    PubMed

  • Connective tissue growth factor modulates extracellular matrix production in human subconjunctival fibroblasts and their proliferation and migration in vitro 査読

    Yamanaka Osamu, Saika Shizuya, Ikeda Kazuo, Miyazaki Ken-Ichi, Kitano Ai, Ohnishi Yoshitaka

    JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY   52 ( 1 )   8 - 15   2008年02月( ISSN:0021-5155

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10384-007-0497-3

    PubMed

  • Tetrandrine suppresses activation of human subconjunctival fibroblasts in vitro 査読

    Kitano Ai, Yamanaka Osamu, Ikeda Kazuo, Ishida-Nishikawa Iku, Okada Yuka, Shirai Kumi, Saika Shizuya

    CURRENT EYE RESEARCH   33 ( 7 )   559 - 565   2008年( ISSN:0271-3683

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/02713680802220817

    PubMed

  • Inhibitory effect of blocking TGF-beta/Smad signal on injury-induced fibrosis of corneal endothelium. 査読

    Sumioka T, Ikeda K, Okada Y, Yamanaka O, Kitano A, Saika S

    Molecular vision   14   2272 - 81   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Emodin suppression of ocular surface inflammatory reaction 査読

    Kitano Ai, Saika Shizuya, Yamanaka Osamu, Ikeda Kazuo, Okada Yuka, Shirai Kumi, Reinach Peter S.

    INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE   48 ( 11 )   5013 - 5022   2007年11月( ISSN:0146-0404

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.07-0393

    PubMed

  • Inhibition of p38MAP kinase suppresses fibrogenic reaction in conjunctiva in mice 査読

    Yamanaka Osamu, Saika Shizuya, Ohnishi Yoshitaka, Kim-Mitsuyama Shokei, Kamaraju Anil K., Ikeda Kazuo

    MOLECULAR VISION   13 ( 190-93 )   1730 - 1739   2007年09月( ISSN:1090-0535

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • TNF alpha suppression of corneal epithelium migration 査読

    Okada Yuka, Ikeda Kazuo, Yamanaka Osamu, Miyamoto Takeshi, Kitano Ai, Kao Winston W. -Y., Saika Shizuya

    MOLECULAR VISION   13 ( 157 )   1428 - 1435   2007年08月( ISSN:1090-0535

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of overexpression of ppar gamma on the healing process of corneal alkali burn in mice 査読

    Saika Shizuya, Yamanaka Osamu, Okada Yuka, Miyamoto Takeshi, Kitano Ai, Flanders Kathleen C., Ohnishi Yoshitaka, Nakajima Yuji, Kao Winston W. -Y., Ikeda Kazuo

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-CELL PHYSIOLOGY   293 ( 1 )   C75 - C86   2007年07月( ISSN:0363-6143

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpcell.00332.2006

    PubMed

  • Endogenous TNF alpha suppression of neovascularization in corneal stroma in mice 査読

    Fujita Shuko, Saika Shizuya, Kao Winston Whei-Yang, Fujita Kyoko, Miyamoto Takeshi, Ikeda Kazuo, Nakajima Yuji, Ohnishi Yoshitaka

    INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE   48 ( 7 )   3051 - 3055   2007年07月( ISSN:0146-0404

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.06-1083

    PubMed

  • Adenovirus-mediated expression of BMP-7 suppresses the development of liver fibrosis in rats 査読

    Kinoshita Kohji, Iimuro Yuji, Otogawa Kohji, Saika Shizuya, Inagaki Yutaka, Nakajima Yuji, Kawada Norifumi, Fujimoto Jiro, Friedman Scott L., Ikeda Kazuo

    GUT   56 ( 5 )   706 - 714   2007年05月( ISSN:0017-5749

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/gut.2006.092460

    PubMed

  • Effect of Smad7 gene overexpression on transforming growth factor beta-induced retinal pigment fibrosis in a proliferative vitreoretinopathy mouse model. 査読

    Saika S, Yamanaka O, Nishikawa-Ishida I, Kitano A, Flanders KC, Okada Y, Ohnishi Y, Nakajima Y, Ikeda K

    Archives of ophthalmology (Chicago, Ill. : 1960)   125 ( 5 )   647 - 54   2007年05月( ISSN:0003-9950

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1001/archopht.125.5.647

    PubMed

  • Expression of large tenascin-C splice variants by hepatic stellate cells/myofibroblasts in chronic hepatitis C 査読

    El-Karef Amro, Kaito Masahiko, Tanaka Hideaki, Ikeda Kazuo, Nishioka Tomohiro, Fujita Naoki, Inada Hiroyasu, Adachi Yukihiko, Kawada Norifumi, Nakajima Yuji, Imanaka-Yoshida Kyoko, Yoshida Toshimichi

    JOURNAL OF HEPATOLOGY   46 ( 4 )   664 - 673   2007年04月( ISSN:0168-8278

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jhep.2006.10.011

    PubMed

  • Erythrophagocytosis by liver macrophages (Kupffer cells) promotes oxidative stress, inflammation, and fibrosis in a rabbit model of steatohepatitis - Implications for the pathogenesis of human nonalcoholic steatohepatitis 査読

    Otogawa Kohji, Kinoshita Kohji, Fujii Hideki, Sakabe Masahide, Shiga Ryoko, Nakatani Kazuki, Ikeda Kazuo, Nakajima Yuji, Ikura Yoshihiro, Ueda Makiko, Arakawa Tetsuo, Hato Fumihiko, Kawada Norifumi

    AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY   170 ( 3 )   967 - 980   2007年03月( ISSN:0002-9440

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2353/ajpath.2007.060441

    PubMed

  • Targeted and regulable expression of transgenes in hepatic stellate cells and myofibroblasts in culture and in vivo using an adenoviral Cre/IoxP system to antagonise hepatic fibrosis 査読

    Kinoshita Kohji, Iimuro Yuji, Fujimoto Jiro, Inagaki Yutaka, Namikawa Kazuhiko, Kiyama Hiroshi, Nakajima Yuji, Otogawa Kohji, Kawada Norifumi, Friedman Scott L., Ikeda Kazuo

    GUT   56 ( 3 )   396 - 404   2007年03月( ISSN:0017-5749

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/gut.2005.085704

    PubMed

  • Rho kinase inhibitor Y27632 affects initial heart myofibrillogenesis in cultured chick blastoderm 査読

    Sakata Hirokazu, Sakabe Masahide, Matsui Hiroko, Kawada Norifumi, Nakatani Kazuki, Ikeda Kazuo, Yamagishi Toshiyuki, Nakajima Yuji

    DEVELOPMENTAL DYNAMICS   236 ( 2 )   461 - 472   2007年02月( ISSN:1058-8388

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Spatial and temporal control of laminin-332 (5) and -511 (10) expression during induction of anagen hair growth 査読

    Sugawara Koji, Tsuruta Daisuke, Kobayashi Hiromi, Ikeda Kazuo, Hopkinson Susan B., Jones Jonathan C. R., Ishii Masamitsu

    JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY & CYTOCHEMISTRY   55 ( 1 )   43 - 55   2007年01月( ISSN:0022-1554

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1369/jhc.6A6920.2006

    PubMed

  • 心臓のマクロ解剖実習 : 切開法と分離法を同時に行う試み 査読

    坂部 正英, 安部 みき子, 仲谷 和記, 池田 一雄, 葭山 稔, 中島 裕司

    日本解剖学会 解剖學雜誌   81 ( 4 )   117 - 124   2006年12月( ISSN:00227722

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • [Dissection of the heart: a useful guide to understanding the three-dimensional gross anatomy]. 査読

    Sakabe M, Abe M, Nakatani K, Ikeda K, Yoshiyamal M, Nakajima Y

    Kaibogaku zasshi. Journal of anatomy   81 ( 4 )   117 - 24   2006年12月( ISSN:0022-7722

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Genipin suppression of fibrogenic behaviors of the alpha-TN4 lens epithelial cell line. 査読

    Kitano A, Saika S, Yamanaka O, Reinach PS, Ikeda K, Okada Y, Shirai K, Ohnishi Y

    Journal of cataract and refractive surgery   32 ( 10 )   1727 - 35   2006年10月( ISSN:0886-3350

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcrs.2006.05.015

    PubMed

  • Gene transfer of Smad7 modulates injury-induced conjunctival wound healing in mice 査読

    Yamanaka Osamu, Ikeda Kazuo, Saika Shizuya, Miyazaki Ken-ichi, Ooshima Akira, Ohnishi Yoshitaka

    MOLECULAR VISION   12 ( 95 )   841 - 851   2006年08月( ISSN:1090-0535

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Interleukin-7 modulates extracellular matrix production and TGF-beta signaling in cultured human subconjunctival fibroblasts 査読

    Yamanaka O, Saika S, Ikeda K, Miyazaki KI, Ohnishi Y, Ooshima A

    CURRENT EYE RESEARCH   31 ( 6 )   491 - 499   2006年06月( ISSN:0271-3683

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/02713680600701380

    PubMed

  • Loss of tumor necrosis factor alpha potentiates transforming growth factor beta-mediated pathogenic tissue response during wound healing. 査読

    Saika S, Ikeda K, Yamanaka O, Flanders KC, Okada Y, Miyamoto T, Kitano A, Ooshima A, Nakajima Y, Ohnishi Y, Kao WW

    The American journal of pathology   168 ( 6 )   1848 - 60   2006年06月( ISSN:0002-9440

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • TNP-470 blockage of VEGF synthesis is dependent on MAPK/COX-2 signaling pathway in PDGF-BB-activated hepatic stellate cells 査読

    Wang YQ, Luk JM, Chu AC, Ikeda K, Man K, Kaneda K, Fan ST

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   341 ( 1 )   239 - 244   2006年03月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2005.12.175

    PubMed

  • Expression of NCAM in activated portal fibroblasts during regeneration of the rat liver after partial hepatectomy 査読

    NAKATANI Kazuki, TANAKA Hisao, IKEDA Kazuo, SAKABE Masahide, KADOYA Hirokazu, SEKI Shuichi, KANEDA Kenji, NAKAJIMA Yuji

    Archives of histology and cytology   69 ( 1 )   61 - 72   2006年03月( ISSN:09149465

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • BMP-7 opposes TGF-beta 1-mediated collagen induction in mouse pulmonary myofibroblasts through Id2 査読

    Izumi N, Mizuguchi S, Inagaki Y, Saika S, Kawada N, Nakajima Y, Inoue K, Suehiro S, Friedman SL, Ikeda K

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LUNG CELLULAR AND MOLECULAR PHYSIOLOGY   290 ( 1 )   L120 - L126   2006年01月( ISSN:1040-0605

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajplung.00171.2005

    PubMed

  • Adenoviral gene transfer of BMP-7, Id2, or Id3 suppresses injury-induced epithelial-to-mesenchymal transition of lens epithelium in mice 査読

    Saika S, Ikeda K, Yamanaka O, Flanders KC, Ohnishi Y, Nakajima Y, Muragaki Y, Ooshima A

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-CELL PHYSIOLOGY   290 ( 1 )   C282 - C289   2006年01月( ISSN:0363-6143

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpcell.00306.2005

    PubMed

  • Rho kinases regulate endothelial invasion and migration during valvuloseptal endocardial cushion tissue formation 査読

    Sakabe M, Ikeda K, Nakatani K, Kawada N, Imanaka-Yoshida K, Yoshida T, Yamagishi T, Nakajima Y

    DEVELOPMENTAL DYNAMICS   235 ( 1 )   94 - 104   2006年01月( ISSN:1058-8388

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dvdy.20648

    PubMed

  • Heart myofibrillogenesis occurs in isolated chick posterior blastoderm: A culture model 査読

    Matsui Hiroko, Sakabe Masahide, Sakata Hirokazu, Nakatani Kazuki, Ikeda Kazuo, Fukui Mitsuru, Ando Katsumi, Yamagishi Toshiyuki, Nakajima Yuji

    JAPAN SOCIETY OF HISTOCHEMISTRY AND CYTOCHEMISTRY ACTA HISTOCHEMICA ET CYTOCHEMICA   39 ( 5 )   139 - 144   2006年( ISSN:0044-5991

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Early cardiogenesis including myofibrillogenesis is a critical event during development. Recently we showed that prospective cardiomyocytes reside in the posterior lateral blastoderm in the chick embryo. Here we cultured the posterior region of the chick blastoderm in serum-free medium and observed the process of myofibrillogenesis by immunohistochemistry. After 48 hours, explants expressed sarcomeric proteins (sarcomeric α-actinin, 61%; smooth muscle α-actin, 95%; Z-line titin, 56%; sarcomeric myosin, 48%); however, they did not yet show a mature striation. After 72 hours, more than 92% of explants expressed I-Z-I proteins, which were incorporated into the striation in 75% of explants or more (sarcomeric α-actinin, 75%; smooth muscle α-actin, 81%; Z-line titin, 83%). Sarcomeric myosin was expressed in 63% of explants and incorporated into A-bands in 37%. The percentage incidence of expression or striation of I-Z-I proteins was significantly higher than that of sarcomeric myosin. Results suggested that the nascent I-Z-I components appeared to be generated independently of A-bands in the cultured posterior blastoderm, and that the process of myofibrillogenesis observed in our culture model faithfully reflected that in vivo. Our blastoderm culture model appeared to be useful to investigate the mechanisms regulating the early cardiogenesis.

    DOI: 10.1267/ahc.06009

    PubMed

    CiNii Article

  • Induction of initial cardiomyocyte alpha-actin - Smooth muscle alpha-actin - in cultured avian pregastrula epiblast: A role for nobal and BMP antagonist 査読

    Matsui H, Ikeda K, Nakatani K, Sakabe M, Yamagishi T, Nakanishi T, Nakajima Y

    DEVELOPMENTAL DYNAMICS   233 ( 4 )   1419 - 1429   2005年08月( ISSN:1058-8388

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dvdy.20477

    PubMed

  • Cell type-specific intervention of transforming growth factor beta/Smad signaling suppresses collagen gene expression and hepatic fibrosis in mice 査読

    Inagaki Y, Kushida M, Higashi K, Itoh J, Higashiyama R, Hong YY, Kawada N, Namikawa K, Kiyama H, Bou-Gharios G, Watanabe T, Ikeda K

    GASTROENTEROLOGY   129 ( 1 )   259 - 268   2005年07月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.gastro.2004.03.088

  • Inhibition of p38MAP kinase suppresses fibrotic reaction of retinal pigment epithelial cells 査読

    Saika S, Yamanaka O, Ikeda K, Kim-Mitsuyama S, Flanders KC, Yoo JY, Roberts AB, Nishikawa-Ishida I, Ohnishi Y, Muragaki Y, Ooshima A

    LABORATORY INVESTIGATION   85 ( 7 )   838 - 850   2005年07月( ISSN:0023-6837

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/labinvest.3700294

    PubMed

  • Expression of Smad7 in mouse eyes accelerates healing of corneal tissue after exposure to alkali 査読

    Saika S, Ikeda K, Yamanaka O, Miyamoto T, Ohnishi Y, Sato M, Muragaki Y, Ooshima A, Nakajima Y, Kao WWY, Flanders KC, Roberts AB

    AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY   166 ( 5 )   1405 - 1418   2005年05月( ISSN:0002-9440

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Therapeutic effect of topical administration of SN50, an inhibitor of nuclear factor-kappaB, in treatment of corneal alkali burns in mice. 査読

    Saika S, Miyamoto T, Yamanaka O, Kato T, Ohnishi Y, Flanders KC, Ikeda K, Nakajima Y, Kao WW, Sato M, Muragaki Y, Ooshima A

    The American journal of pathology   166 ( 5 )   1393 - 403   2005年05月( ISSN:0002-9440

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • FK778単独およびFK778・FK506併用によるラット肝移植後免疫反応の抑制効果(第105回日本外科学会定期学術集会)

    山本 訓史, 奥田 豊一, 山崎 圭一, 竹村 茂一, 南山 幸子, 池田 一雄, 田中 宏, 裴 正寛, 高台 真太郎, 久保 正二

    日本外科学会雑誌   106 ( 0 )   414   2005年04月( ISSN:03014894

     詳細を見る

  • Therapeutic effects of adenoviral gene transfer of bone morphogenic proteinalkali injury model in mice 査読

    Saika S, Ikeda K, Yamanaka O, Flanders KC, Nakajima Y, Miyamoto T, Ohnishi Y, Kao WWY, Muragaki Y, Ooshima A

    LABORATORY INVESTIGATION   85 ( 4 )   474 - 486   2005年04月( ISSN:0023-6837

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/labinvest.3700247

    PubMed

  • FK778 controls acute rejection after rat liver allotransplantation showing positive interaction with FK506 査読

    Yamamoto S, Okuda T, Yamasaki K, Tanaka H, Takemura S, Minamiyama Y, Ikeda K, Hirohashi K, Suehiro S

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   37 ( 1 )   126 - 129   2005年( ISSN:0041-1345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2005.02.016

  • Transient adenoviral gene transfer of Smad7 prevents injury-induced epithelial-mesenchymal transition of lens epithelium in mice 査読 国際共著

    Saika S, Ikeda K, Yamanaka O, Sato M, Muragaki Y, Ohnishi Y, Ooshima A, Nakajima Y, Namikawa K, Kiyama H, Flanders KC, Roberts AB

    Lab Invest   84 ( 10 )   1259 - 1270   2004年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Sulfur-containing amino acids attenuate the development of liver fibrosis in rats through down-regulation of stellate cell activation 査読 国際共著

    Matsui H, Ikeda K, Nakajima Y, Horikawa S, Imanishi Y, Kawada N

    J Hepatol   40 ( 6 )   917 - 925   2004年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Regulatory role of vHL/HIF-1alpha in hypoxia-induced VEGF production in hepatic stellate cells 査読 国際共著

    Wang YQ, Luk JM, Ikeda K, Man K, Chu AC, Kaneda K, Fan ST

    Biochem Biophys Res Commun   317 ( 2 )   358 - 362   2004年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Localization of lymphocyte apoptosis in murine lymphoid tissues after stimulation of natural killer T cells with alpha-galactosylceramide 査読 国際共著

    Fujii H, Seki S, Nakatani K, Ikeda K, Ikemoto M, Nakajima Y, Arakawa T, Kaneda K

    Arch Histol Cytol   66 ( 5 )   397 - 406   2003年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Carbenoxolone inhibits DNA synthesis and collagen gene expression in rat hepatic stellate cells in culture 査読 国際共著

    Uyama N, Shimahara Y, Okuyama H, Kawada N, Kamo S, Ikeda K, Yamaoka Y

    J Hepatol   39 ( 5 )   749 - 755   2003年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Interferon alfa down-regulates collagen gene transcription and suppresses experimental hepatic fibrosis in mice 査読 国際共著

    Inagaki Y, Nemoto T, Kushida M, Sheng Y, Higashi K, Ikeda K, Kawada N, Shirasaki F, Takehara K, Sugiyama K, Fujii M, Yamauchi H, Nakao A, de Crombrugghe B, Watanabe T, Okazaki I

    Hepatology   38 ( 4 )   890 - 899   2003年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Stimulation of proliferation of rat hepatic stellate cells by galectin-1 and galectin-3 through different intracellular signaling pathways 査読 国際共著

    Maeda N, Kawada N, Seki S, Arakawa T, Ikeda K, Iwao H, Okuyama H, Hirabayashi J, Kasai K, Yoshizato K

    J Biol Chem   278 ( 21 )   18938 - 18944   2003年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Oxidative stress-induced cell death of human oral neutrophils 査読 国際共著

    Sato EF, Higashino M, Ikeda K, Wake R, Matsuo M, Utsumi K, Inoue M

    Am J Physiol Cell Physiol   284 ( 4 )   C1048 - 1053   2003年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Apoptosis of T cells in the hepatic fibrotic tissue of the rat: a possible inducing role of hepatic myofibroblast-like cells 査読 国際共著

    Kobayashi S, Seki S, Kawada N, Morikawa H, Nakatani K, Uyama N, Ikeda K, Nakajima Y, Arakawa T, Kaneda K

    Cell Tissue Res   311 ( 3 )   353 - 364   2003年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Expression of SPARC by activated hepatic stellate cells and its correlation with the stages of fibrogenesis in human chronic hepatitis 査読 国際共著

    Nakatani K, Seki S, Kawada N, Kitada T, Yamada T, Sakaguchi H, Kadoya H, Ikeda K, Kaneda K

    Virchows Arch   441 ( 5 )   466 - 474   2002年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Discoidin domain receptor 2 interacts with Src and Shc following its activation by type I collagen 査読 国際共著

    Ikeda K, Wang LH, Torres R, Zhao H, Olaso E, Eng FJ, Labrador P, Klein R, Lovett D, Yancopoulos GD, Friedman SL, Lin HC

    J Biol Chem   277 ( 21 )   19206 - 19212   2002年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Leptin in hepatic fibrosis: evidence for increased collagen production in stellate cells and lean littermates of ob/ob mice 査読 国際共著

    Saxena NK, Ikeda K, Rockey DC, Friedman SL, Anania FA

    Hepatology   35 ( 4 )   762 - 771   2002年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Discoidin domain receptor 2 regulates fibroblast proliferation and migration through the extracellular matrix in association with transcriptional activation of matrix metalloproteinase-2 査読 国際共著

    Olaso E, Labrador JP, Wang L, Ikeda K, Eng FJ, Klein R, Lovett DH, Lin HC, Friedman SL

    J Biol Chem   277 ( 5 )   3606 - 3613   2002年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • DDR2 receptor promotes MMP-2-mediated proliferation and invasion by hepatic stellate cells 査読 国際共著

    Olaso E, Ikeda K, Eng FJ, Xu L, Wang LH, Lin HC, Friedman SL

    J Clin Invest   108 ( 9 )   1369 - 1378   2001年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cellular prion protein expression in non-ciliated epithelial cells (Clara cells) of proliferating bronchioles during bleomycin-induced pulmonary fibrosis in hamster 査読 国際共著

    Kadoya H, Ikeda K, Nakatani K, Seki S, Kaneda K

    Osaka City Med J   47 ( 1 )   23 - 32   2001年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Prevention of rat hepatic fibrosis by the protease inhibitor, camostat mesilate, via reduced generation of active TGF-beta 査読 国際共著

    Okuno M, Akita K, Moriwaki H, Kawada N, Ikeda K, Kaneda K, Suzuki Y, Kojima S

    Gastroenterology   120 ( 7 )   1784 - 1800   2001年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ultrastructure of early phase hepatic metastasis of human colon carcinoma cells with special reference to desmosomal junctions with hepatocytes 査読 国際共著

    Shimizu S, Yamada N, Sawada T, Ikeda K, Nakatani K, Seki S, Kaneda K, Hirakawa K

    Pathol Int   50 ( 12 )   953 - 959   2000年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • In vivo and in vitro interactions between human colon carcinoma cells and hepatic stellate cells 査読 国際共著

    Shimizu S, Yamada N, Sawada T, Ikeda K, Kawada N, Seki S, Kaneda K, Hirakawa K

    Jpn J Cancer Res   91 ( 12 )   1285 - 1295   2000年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Clinicopathological characterization of prion: a novel marker of activated human hepatic stellate cells 査読 国際共著

    Kitada T, Seki S, Ikeda K, Nakatani K, Sakaguchi H, Kawada N, Kadoya H, Kaneda K

    J Hepatol   33 ( 5 )   751 - 757   2000年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Inhibition of hepatic stellate cell proliferation and activation by the semisynthetic analogue of fumagillin TNP-470 in rats 査読 国際共著

    Wang YQ, Ikeda K, Ikebe T, Hirakawa K, Sowa M, Nakatani K, Kawada N, Kaneda K

    Hepatology   32 ( 5 )   980 - 989   2000年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Preventive effect of preoperative portal vein ligation on endotoxin-induced hepatic failure in hepatectomized rats is associated with reduced tumour necrosis factor alpha production 査読 国際共著

    Yachida S, Ikeda K, Kaneda K, Goda F, Maeba T, Maeta H

    Br J Surg   87 ( 10 )   1382 - 1390   2000年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phenotypical and morphological alterations to rat sinusoidal endothelial cells in arterialized livers after portal branch ligation 査読 国際共著

    Yamasaki M, Ikeda K, Nakatani K, Yamamoto T, Kawai Y, Hirohashi K, Kinoshita H, Kaneda K

    Arch Histol Cytol   62 ( 5 )   401 - 411   1999年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Expression of cyclins D1, D2 and E correlates with proliferation of rat stellate cells in culture 査読 国際共著

    Kawada N, Ikeda K, Seki S, Kuroki T

    J Hepatol   30 ( 6 )   1057 - 1064   1999年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • In vitro migratory potential of rat quiescent hepatic stellate cells and its augmentation by cell activation 査読 国際共著

    Ikeda K, Wakahara T, Wang YQ, Kadoya H, Kawada N, Kaneda K

    Hepatology   29 ( 6 )   1760 - 1767   1999年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Expression of cellular prion protein in activated hepatic stellate cells 査読 国際共著

    Ikeda K, Kawada N, Wang YQ, Kadoya H, Nakatani K, Sato M, Kaneda K

    Am J Pathol   153 ( 6 )   1695 - 1700   1998年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Immunohistochemical and ultrastructural analyses of in situ activation of hepatic stellate cells around Propionibacterium acnes-induced granulomas in the rat liver 査読 国際共著

    Tsuji N, Kawada N, Ikeda K, Kinoshita H, Kaneda K

    J Submicrosc Cytol Pathol   29 ( 1 )   125 - 133   1997年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Morphological study of endothelin-1-induced contraction of cultured hepatic stellate cells on hydrated collagen gels 査読 国際共著

    Kawada N, Harada K, Ikeda K, Kaneda K

    Cell Tissue Res   286 ( 3 )   477 - 486   1996年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Mechanism that regulates nitric oxide production by lipopolysaccharide-stimulated rat Kupffer cells 査読 国際共著

    Ikeda K, Kubo S, Hirohashi K, Kinoshita H, Kaneda K, Kawada N, Sato EF, Inoue M

    Physiol Chem Phys Med NMR   28 ( 4 )   239 - 253   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The ultrastructure, kinetics and intralobular distribution of apoptotic hepatocytes after portal branch ligation with special reference to their relationship to necrotic hepatocytes 査読 国際共著

    Ikeda K, Kinoshita H, Hirohashi K, Kubo S, Kaneda K

    Arch Histol Cytol   58 ( 2 )   171 - 184   1995年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

MISC(その他記事)

  • 【肝類洞壁細胞研究における新知見】肝星細胞と肝細胞の「構造-機能相関」

    宇留島 隼人, 池田 一雄

    肝胆膵   82 ( 4 )   593 - 599   2021年04月( ISSN:0389-4991

  • 肝星細胞活性化の新規initiation factor 招待

    宇留島隼人、池田一雄

    月刊 細胞   51 ( 11 )   526 - 529   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 【肝星細胞活性化と肝硬変・肝がん】肝星細胞活性化の新規initiation factor

    宇留島 隼人, 池田 一雄

    細胞   51 ( 11 )   526 - 529   2019年10月( ISSN:1346-7557

     詳細を見る

    肝星細胞は肝小葉内で唯一ディッセ腔に存在する間葉系細胞であり、spineと呼ばれる突起を肝細胞へと伸ばし接着結合を形成している。しかしながら各種肝病態下でのサイトカインやケモカインなどの外因性刺激によって肝星細胞は活性化し、筋線維芽細胞へと形質転換することで間質細胞としての機能亢進を引き起こす。活性化肝星細胞は、肝細胞との接着を消失させた後、炎症部位に遊走、増殖し、線維化をもたらすと考えられる。細胞接着結合は単なる接着装置としての機能だけでなく、細胞内シグナル伝達を介して増殖や分化などを制御している。今回我々は肝星細胞における肝細胞との接着結合が肝星細胞の活性化抑制に寄与しており、この接着結合の消失が肝星細胞活性化の新規initiation factorであることを明らかにしたので報告する。(著者抄録)

  • 肝星細胞研究の変遷とその成果

    仲谷 和記, 池田 一雄

    日本医事新報   ( 4660 )   66 - 67   2013年08月( ISSN:0385-9215

  • 【肝線維化研究Update-基礎から臨床へ】肝線維化病態へのマイクロRNAの関与

    池田 一雄, 河田 則文

    医学のあゆみ   244 ( 6 )   521 - 525   2013年02月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    各種肝病態下において、肝星細胞はPDGFを代表とする増殖因子、TGFβ1などのサイトカインを主とする炎症性メディエーター、酸化ストレスなどの刺激により筋線維芽様細胞へと変化してI型コラーゲンなどの細胞外マトリックスを産生する。肝線維化は、これら細胞外マトリックスの過剰な蓄積により引き起こされると考えられている。これまで肝星細胞の活性化、線維化に関連するさまざまな遺伝子解析や蛋白発現解析がなされてきたが、最近のゲノム・トランスクリプトーム解析により、蛋白質をコードしていないと考えられるnon-coding RNAのなかに、低分子RNAであるマイクロRNAが存在し、転写・翻訳レベルで遺伝子発現を制御していることがわかってきた。本稿では、肝線維化を中心に肝疾患とマイクロRNAの関連についての著者らの研究成果と最近の知見について概説する。(著者抄録)

  • 【肝胆膵の線維化;研究と診療の最近の進歩】肝臓の線維化 研究の進歩 肝線維化とマイクロRNA

    池田 一雄, 小川 智弘, 河田 則文

    肝胆膵   65 ( 2 )   203 - 209   2012年08月( ISSN:0389-4991

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • LawsoneはYAPシグナルを減弱することで肝線維化を抑制する 国内会議

    松原 勤、大黒 敦子、松原 三佐子、湯浅 秀人、宇留島 隼人、河田 則文、池田 一雄

    第144回日本薬学会年会  2024年03月 

     詳細を見る

    開催地:神奈川県横浜市  

  • Search for genes involved in proliferation of intrahepatic cholangiocarcinoma using clinical samples 国際会議

    Etsushi Kawamura, Tsutomu Matsubara, Naoshi Odagiri, Kohei Kotani, Atsuko Daikoku, Chiho Kadono, Hideto Yuasa, Ritsuzo Kozuka, Atsushi Hagihara, Hideki Fujii, Sawako Uchida-Kobayashi, Takeshi Izawa, Masaru Enomoto, Kazuo Ikeda, Norifumi Kawada

    The 33rd Annual Meeting of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver  2024年03月 

  • CHOP-Mediated FOS Expression Can Be Involved In Protection Against Acetaminophen-Induced Liver Injury 国内会議

    2024年03月 

  • Unveiling of Epithelial Membrane Protein 1 function in Nonalcoholic steatohepatitis and hepatocellular carcinoma 国内会議

    2024年03月 

  • 肝線維化におけるLawsone結合タンパク質の同定ならびに機能解析 国内会議

    大黒 敦子、松原 勤、松原 三佐子、湯浅 秀人、宇留島 隼人、河田 則文、池田 一雄

    129回日本解剖学会総会・全国学術集会  2024年03月 

     詳細を見る

    開催地:沖縄県那覇市  

  • 活性型肝星細胞の生体内における三次元的構造解析 国内会議

    湯浅 秀人、宇留島 隼人、大黒 敦子、松原 勤、池田 一雄

    第129回日本解剖学会総会・全国学術集会  2024年03月 

     詳細を見る

    開催地:沖縄県那覇市  

  • 老化肝星細胞におけるERKリン酸化亢進とSMAD4発現抑制の分子機序解明 国内会議

    中居 暉、松原 勤、宇留島 隼人、湯浅 秀人、池田 一雄

    第37回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催地:東京都  

  • 肝細胞脂質代謝におけるプリオンの機能解析 国内会議

    辜 瓊雅、宇留島 隼人、松原 勤、湯浅 秀人、大黒 敦子、Hung Vu Thai、Nguyen Duc Vien、安藤 美玖、中居 暉、池田 一雄

    第37回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催地:東京都  

  • 増殖様式が異なるHepG2細胞2系統間の遺伝子発現比較と肝機能改善剤スクリーニングシステムの構築 国内会議

    宇留島隼人、松原勤、湯浅秀人、大黒敦子、Gu Qiongya、Hung Vu Thai、Nguyen Duc Vien、安藤美玖、中居暉、池田一雄

    第37回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催地:東京都  

  • 肝内胆管癌の臨床検体から抽出したmicroRNA-3648と癌抑制遺伝子SKIの関係 国内会議

    川村 悦史、松原 勤、大黒 敦子、武藤 芳美、小田桐 直志、元山 宏行、小谷 晃平、小塚 立蔵、萩原 淳司、藤井 英樹、打田 佐和子、榎本 大、池田 一雄、河田 則文

    第45回日本肝臓学会西部会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催地:京都府  

  • 肝内胆管癌の臨床検体から抽出したmicroRNA-3648と癌抑制遺伝子SKIの関係

    川村 悦史, 松原 勤, 大黒 敦子, 武藤 芳美, 小田桐 直志, 元山 宏行, 小谷 晃平, 小塚 立蔵, 萩原 淳司, 藤井 英樹, 打田 佐和子, 榎本 大, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2023年10月  (一社)日本肝臓学会

  • 老化肝星細胞におけるERKリン酸化亢進の意義 国内会議

    中居 暉、松原 勤、高田 さゆり、安藤 美玖、宇留島 隼人、湯浅 秀人、池田 一雄

    第30回肝細胞研究会  2023年08月 

     詳細を見る

    開催地:鹿児島県  

  • 肝星細胞のスパイン形成および活性化抑制に関わる細胞膜タンパク質の同定と機能解明 国内会議

    井上 喜来々、松原 三佐子、松原 勤、宇留島 隼人、湯浅 秀人、大黒 敦子、池田 一雄、吉里 勝利、河田 則文、鈴木孝幸

    第30回肝細胞研究会  2023年08月 

     詳細を見る

    開催地:鹿児島県  

  • 非アルコール性脂肪肝炎の病態変化に関連した因子の探索 国内会議

    安藤美玖、松原勤、大黒敦子、VU THAI HUNG、門野千穂、湯浅秀人、宇留島隼人、池田一雄

    第30回肝細胞研究会  2023年08月 

     詳細を見る

    開催地:鹿児島県  

  • Aged-Related Changes in Hepatic Mesenchymal Cells (HMCs) 国内会議

    Nguyen Duc Vien, Tsutomu Matsubara, Atsuko Daikoku, Miku Ando, Chiho Kadono, Moe Higuchi, Hikaru Nakai, Hideto Yuasa, Hayato Urushima, Kazuo Ikeda

    2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Gene Expression Analysis Related to Pathological Changes in Non-alcoholic Steatohepatitis 国内会議

    Vu Thai Hung, Tsutomu Matsubara, Atsuko Daikoku, Miku Ando, Chiho Kadono, Moe Higkuchi, Hideto Yuasa, Hayato Urushima, Kazuo Ikeda

    2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Induction of apoptosis in hepatocellular carcinoma-derived cells by Oligonol®, a low-molecular-weight polyphenol derived from lychee fruit 国際会議

    Hideto Yuasa, Hayato Urushima, Tsutomu Matsubara, Kazuo Ikeda

    The 31st Annual Meeting of International Congress on Nutrition and Integrative Medicine  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Hepatocyte Regeneration-Promoting Effects of AHCCⓇ in a Partial Hepatectomy Model 国際会議

    Qiongya Gu, Hayato Urushima,Chiho Kadono,Atsuko Daikoku, Hideto Yuasa,Tsutomu Matsubara,Kazuo Ikeda

    The 31st Annual Meeting of International Congress on Nutrition and Integrative Medicine  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • AHCC® inhibited hepatic stellate cells activation by induction of cytoglobin expression through Toll-like receptor 2-JNK pathway and suppressed liver fibrosis 国際会議

    Hayato Urushima, Tsutomu Matsubara, Gu Qiongya, Atsuko Daikoku, Chiho Kadono, Hideto Yuasa, Kazuo Ikeda

    The 31st Annual Meeting of International Congress on Nutrition and Integrative Medicine  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 肝星細胞活性化抑制作用を有する肝細胞膜タンパク質の探索

    井上 喜来々, 松原 三佐子, 松原 勤, 大黒 敦子, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2023年04月  (一社)日本肝臓学会

  • Lawsoneが示す抗線維化作用機序の解明 国内会議

    大黒敦子、松原勤、松原三佐子、湯浅秀人、宇留島隼人、河田則文、池田一雄

    第128回日本解剖学会総会・全国学術集会  2023年03月  日本解剖学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

  • Age-related changes in hepatic mesenchymal cells 国内会議

    2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Gene expression analysis related to pathological changes in non-alcoholic steatohepatitis 国内会議

    2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝転移におけるがん細胞‐肝類洞内皮細胞相互作用機構の解明 国内会議

    Huu Hoang Truong、松原三佐子、湯浅秀人、Le Thi Thanh Thuy、松原勤、池田一雄、吉里勝利、河田則文

    第36回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2022年12月  肝類洞壁細胞研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良  

  • 肝細胞膜による肝星細胞活性化抑制作用 国内会議

    井上喜来々、松原三佐子、松原勤、宇留島隼人、湯浅秀人、大黒敦子、池田一雄、吉里勝利、鈴木孝幸、河田則文

    第36回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2022年12月  肝類洞壁細胞研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良  

  • 電子顕微鏡を用いた肝類洞壁構成細胞の三次元的構造解析 国内会議

    湯浅秀人、太田啓介、大黒敦子、宇留島隼人、松原勤、池田一雄

    第36回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2022年12月  肝類洞壁細胞研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良  

  • 肝星細胞研究:今昔 招待 国内会議

    池田一雄

    第36回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2022年12月  肝類洞壁細胞研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:奈良  

  • 肝星細胞研究:今昔 招待 国内会議

    池田一雄

    第36回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2022年12月  肝類洞壁細胞研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:奈良  

  • 肝細胞と肝星細胞との細胞膜を介した直接的なクロストーク 国内会議

    井上喜来々、松原三佐子、松原勤、宇留島隼人、湯浅秀人、大黒敦子、池田一雄、吉里勝利、鈴木孝幸、河田則文

    第45回日本分子生物学会年会  2022年11月  日本分子生物学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 肝細胞膜による肝星細胞の脱活性化機構の解明 国内会議

    井上喜来々、松原三佐子、松原勤、宇留島隼人、湯浅秀人、大黒敦子、池田一雄、吉里勝利、河田則文

    第29回日本門脈圧亢進症学会総会  2022年09月  日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 抗線維化薬としてのLawsoneの評価と作用機序の解明 国内会議

    大黒敦子、松原勤、松原三佐子、湯浅秀人、宇留島隼人、河田則文、池田一雄

    第29回肝細胞研究会  2022年08月  肝細胞研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:埼玉  

  • 肝細胞の肝星細胞活性化抑制作用における肝細胞膜の重要性 国内会議

    井上喜来々、松原三佐子、松原勤、宇留島隼人、湯浅秀人、大黒敦子、池田一雄、吉里勝利、鈴木孝幸、河田則文

    第29回肝細胞研究会  2022年08月  肝細胞研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:埼玉  

  • Oligonol, a standardized oligomerized-polyonenol from Litchi chinensis fruit extract, incrases E-cadherin expression in hepatocyte 国際会議

    Hideto Yuasa, Hayato Urushima, Tsutomu Matsubara, Kazuo Ikeda

    International Congress on Nutrition and Integrative Medicine  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • AHCCⓇ inhibited hepatic stellate cells activation and suppressed liver fibrosis progression via induction of cytoglobin 国際会議

    Hayato Urushima, Hideto Yuasa, Tsutomu Matsubara, and Kazuo Ikeda

    International Congress on Nutrition and Integrative Medicine  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝硬変治療薬を目指した化合物スクリーニングとその分子機序解析

    松原勤、大黒敦子、池田一雄

    第58回日本肝臓学会総会  2022年06月  日本肝臓学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜  

  • 肝硬変治療薬を目指した化合物スクリーニングとその分子機序解析

    松原勤, 大黒敦子, 池田一雄

    第58回日本肝臓学会総会  2022年06月  日本肝臓学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜  

  • 肝線維化研究Revisited-肝臓学のBiologyからTranslationalへ 肝硬変治療薬を目指した化合物スクリーニングとその分子機序解析

    松原 勤, 大黒 敦子, 池田 一雄

    肝臓  2022年04月  (一社)日本肝臓学会

  • 臨床検体から抽出した癌抑制遺伝子SKIによる胆管癌細胞周期の抑制

    川村 悦史, 松原 勤, 大黒 敦子, 武藤 芳美, 高田 さゆり, 新川 寛二, 木下 正彦, 小田桐 直志, 小谷 晃平, 元山 宏行, 小塚 立蔵, 松原 美三子, 萩原 淳司, 藤井 英樹, 打田 佐和子, 田中 肖吾, 竹村 茂一, 榎本 大, 田守 昭博, 久保 正二, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2021年11月  (一社)日本肝臓学会

  • Inter-organ communication networks maintain organismal homeostasis 肝脂質の恒常性維持における臓器ネットワーク(The organic networks for hepatic lipid homeostasis)

    Matsubara Tsutomu, Ikeda Kazuo

    The Journal of Physiological Sciences  2021年08月  (一社)日本生理学会

  • 肝星細胞の培養条件下における静止型形態の維持について 国内会議

    湯浅秀人、宇留島隼人、髙山実紗子、松原勤、池田一雄

    第34回肝類洞壁細胞研究会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • AHCC®に含まれる肝星細胞活性化抑制能を有する新規活性成分の探索 国内会議

    髙山実紗子、宇留島隼人、湯浅秀人、松原勤、岡田芳治、池谷幸信、池田一雄

    第34回肝類洞壁細胞研究会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝細胞との接着結合による肝星細胞活性抑制と肝機能単位Stellonの再認識 国内会議

    宇留島隼人、湯浅秀人、松原勤、井上孝二、和氣健二郎、池田一雄

    第34回肝類洞壁細胞研究会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胆管細胞がん治療のためのSKI利用可能性に関するin vitro評価(In vitro assessment of SKI availability for the cholangiocarcinoma therapy.)

    Kawamura Etsushi, Matsubara Tsutomu, Yuasa Hideto, Urushima Hayato, Enomoto Masaru, Tamori Akihiro, Kubo Shoji, Ikeda Kazuo, Kaneko Akira, Kawada Norifumi

    グローバルヘルス合同大会プログラム・抄録集  2020年11月  グローバルヘルス合同大会事務局

  • 肝星細胞におけるfilopodia関連タンパク質の発現解析 国内会議

    湯浅秀人、宇留島隼人、松原勤、池田一雄

    第125回日本解剖学会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 老化肝星細胞におけるTGFbetaシグナルの変化 国内会議

    松原勤、高田さゆり、小田桐直志、宇留島隼人、河田則文、池田一雄

    第125回日本解剖学会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 正常ないし障害肝の肝星細胞におけるfilopodia関連タンパク質の発現解析 国内会議

    湯浅秀人、宇留島隼人、松原勤、池田一雄

    第33回肝類洞壁細胞研究会  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非アルコール性脂肪性肝炎におけるCytoglobin発現制御機構 国内会議

    翁良徳、松原三佐子、松原勤、大黒敦子、池田一雄、吉里勝利、河田則文

    第33回肝類洞壁細胞研究会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 若年胆管癌組織を使った癌抑制遺伝子の探索

    川村 悦史, 松原 勤, 樋口 萌, 出口 早苗, 高田 さゆり, 大黒 敦子, 伊藤 得路, 木下 正彦, 松原 三佐子, 小田桐 直志, 田中 肖吾, 竹村 茂一, 村上 善基, 榎本 大, 田守 昭博, 久保 正二, 祝迫 惠子, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2019年11月  (一社)日本肝臓学会

  • 老化肝星細胞におけるTGFβシグナル変化についての解析

    高田 さゆり, 松原 勤, 樋口 萌, 小田桐 直志, 松原 三佐子, 河田 則文, 池田 一雄

    肝臓  2019年11月  (一社)日本肝臓学会

  • Downregulation of cytoglobin by TGF-β leads to hydroxyl radical-induced oxidative DNA damage in human HSCs 国際会議

    Okina Y, Sato-Matsubara M, Matsubara T, Daikoku A, Rombouts K, Fujii H, Ikeda K, Pinzani M, Kawada N.

    JSH:International Liver Conference 2019  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Stellate cells initiate the activation by the loss of adherens junction with hepatocytes 国際会議

    Urushima H, Yuasa H, Matsubara T, Hara Y, Inoue K, Wake K, Sato T, Ikeda K

    20th International Symposium on Cells of the Hepatic Sinusoid  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • TGF-β1 transcriptionally repressed cytoglobin expression and enhanced H2O2-induced oxidative DNA damage in activated HSCs 国際会議

    Sato-Matsubara M, Okina Y, Matsubara T, Daikoku A, Rombouts K, Thuy LTT, Fujii H, Ikeda K, Yoshizato K, Pinzani M, Kawada N

    20th International Symposium on Cells of the Hepatic Sinusoid  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 門亢症の病態解明~基礎から臨床へ~ 肝硬変時の低ナトリウム血症による低浸透圧環境が門脈圧亢進に及ぼす影響

    宇留島 隼人, 松原 勤, 湯浅 秀人, 河田 則文, 池田 一雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2019年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

  • Search for novel component with ability to suppress the hepatic stellate cell acitivation in AHCC 国際会議

    Takayama M, Urushima H, Yuasa H,Matsubara T, Ikeda K.

    27 th International Congress on Nutrition and Integrative Medicine  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Oligonol ameliorates hepatic fibrosis through the inhibition of FAK-YAP pathway in hepatic stellate cells 国際会議

    Urushima H, Yuasa H, Takayama M, Matsubara T,Ikeda K.

    27 th International Congress on Nutrition and Integrative Medicine  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 肝細胞―肝星細胞間の接着結合喪失は肝星細胞活性化に寄与する 国内会議

    宇留島隼人、湯浅秀人、松原勤、井上孝二、和氣健二郎、佐藤哲二、池田一雄

    第124回日本解剖学会総会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:朱鷺メッセ 新潟  

  • 肝星細胞活性化と肝障害  シンポジウム;肝臓、最新の話題と理論 招待 国内会議

    池田一雄、松原勤、宇留島隼人、湯浅秀人

    第124回日本解剖学会総会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 四塩化炭素投与ラット肝炎モデルにおける肝星細胞活性化の検討 国内会議

    原矢委子、黒田範行、井上孝二、松原勤、宇留島隼人、池田一雄、和氣健二郎、佐藤哲二

    第124回日本解剖学会総会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:朱鷺メッセ 新潟  

  • 肝細胞―星細胞間接着と星細胞活性化との関連 国内会議

    宇留島隼人、松原勤、湯浅秀人、井上孝二、和氣健二郎、佐藤哲二、池田一雄

    第32回肝類洞壁細胞研究会  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脂肪性肝炎の進展におけるCYGB保護作用の分子機序解析 国内会議

    松原三佐子、翁良徳、松原 勤、大黒 敦子、池田 一雄、吉里 勝利、河田 則文

    第32回肝類洞壁細胞研究会  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Promoter Activity of Human Cytoglobin Is Regulated By TGFβ1‐Smad2‐SP3 Pathway in Human, but Not Mouse, Hepatic Stellate Cells 国際会議

    Okina Y, Sato-Matsubara M, Matsubara T, Daikoku A, Rombouts K, Fujii H, Ikeda K, Pinzani M, Kawada N

    69th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • TGFbeta1 reduces Cytoglobin expression via Smad2-SP3 pathway in human, but not mouse, hepatic stellate cells 国際会議

    Sato-Matsubara M, Okina Y, Matsubara T, Daikoku A, Fujii H, Rombouts K, Ikeda K, Yoshizato K, Pinzani M, Kawada N

    AASLD single topic conference; Hepatic fibrosis  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝細胞と肝星細胞の共培養による肝星細胞の活性化抑制 国内会議

    松原三佐子、松原 勤、宇留島隼人、大黒 敦子、池田 一雄、森浦芳枝、門野千穂、河田 則文、吉里 勝利

    第25回肝細胞研究会   2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Oligonol suppresses activation of hepatic stellate cell by inhibition of YAP/TAZ pathway 国際会議

    Urushima H, Matsubara T, Ikeda K.

    26 th International Congress on Nutrition and Integrative Medicine  2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ヒト肝星細胞における脱活性化誘導制御機構の解明 国内会議

    松原三佐子、大黒 敦子、松原 勤、池田 一雄、吉里 勝利、河田 則文

    第54回 日本肝臓学会総会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒト肝星細胞における老化関連分泌因子の遺伝子発現解析 国内会議

    「松原 勤、他」

    第123回日本解剖学会総会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝星細胞のspineを介した肝細胞との接着の意義 国内会議

    「宇留島隼人、他」

    第123回日本解剖学会総会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒト肝星細胞の老化関連分泌表現型解析 国内会議

    「小田桐直志、他」

    第31回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 低浸透圧環境は活性化肝星細胞や肝がん細胞のアポトーシスを抑制する 国内会議

    「宇留島隼人、他」

    第31回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝星細胞におけるTGF-b1/Smadシグナルを介したCytoglobin発現制御機構 国内会議

    「松原三佐子、他」

    第31回肝類洞壁細胞研究会学術集会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒト肝星細胞の老化関連分泌表現型(SASP)解析

    小田桐 直志, 松原 勤, 池田 一雄

    肝臓  2017年09月  (一社)日本肝臓学会

  • 肝星細胞を標的とした細胞表面抗原の樹立

    吹田 安佐詠, 松原 三佐子, 松原 勤, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2017年04月  (一社)日本肝臓学会

  • 肝星細胞の脱活性化を誘導するサイトグロビン発現促進機構の解析

    松原 三佐子, 大黒 敦子, 松原 勤, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2016年04月  (一社)日本肝臓学会

  • ヒト肝星細胞におけるサイトグロビン遺伝子発現調節機構の分子機序解析

    松原 三佐子, 大黒 敦子, 松原 勤, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2015年11月  (一社)日本肝臓学会

  • 抗線維化in vitro評価系の構築と抗線維化物質の探索

    松原 勤, 大黒 敦子, 松原 三佐子, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2015年11月  (一社)日本肝臓学会

  • 肝星細胞によるサイトグロビンの発現に対する酸素分圧と基底膜成分の影響

    沖田 大和, 松原 勤, 池田 一雄, 河田 則文, 吉里 勝利

    肝臓  2015年11月  (一社)日本肝臓学会

  • Identification of FGF2 as a Cytoglobin regulatory factor leading to inactivation of hepatic stellate cells 国際会議

    Sato-Matsubara M, Matsubara T, Daikoku A, Ikeda K, Kawada N.

    66th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases   2015年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • A protective role of C/EBP homologous protein in acetaminophen-induced acute hepatocyte damage in mice 国際会議

    Matsubara T, Kitamura K, Sogabe N, Teranishi Y, Nakatani K, Kawada N, Ikeda K.

    66th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases  2015年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • FGF2 deactivates human hepatic stellate cells following induction of cytoglobin and down-regulation of αSMA expressions 国際会議

    Sato-Matsubara M, Daikoku A, Matsubara T, Rombouts K, Ikeda K, Pinzani M, Kawada N

    18th International Symposium on Cells of the Hepatic Sinusoid  2015年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Inhibitory effect of bile acids on hepatic stellate cell activation 国際会議

    Teranishi Y, Matsubara T, Odagiri N, Ikeda K, Kawada N.

    18th International Symposium on Cells of the Hepatic Sinusoid  2015年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Characterization of senescence-associated hepatic stellate cells using human primary culture cells. 国内会議

    Odagiri N, Matsubara T, Kawada N, Ikeda K.

    18th International Symposium on Cells of the Hepatic Sinusoid  2015年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Enhanced endoplasmic reticulum stress response has a protective role in acetaminophen-induced liver injury in mice 国際会議

    Sogabe N, Matsubara T, Teranishi Y, Nakatani K, Kawada N, Ikeda K.

    18th International Symposium on Cells of the Hepatic Sinusoid  2015年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アセトアミノフェン誘導性肝障害における小胞体ストレス応答因子CHOPの役割 国内会議

    -

    第28回肝類洞壁細胞研究会  2014年12月 

  • ヒト肝星細胞におけるサイトグロビン遺伝子発現調節機構の分子解析 国内会議

    -

    第28回肝類洞壁細胞研究会  2014年12月 

  • 肝星細胞のエピジェネティクス制御機構 国内会議

    -

    第28回肝類洞壁細胞研究会  2014年12月 

  • Hsp47欠損は肝星細胞で小胞体ストレス依存的なアポトーシスを引き起こす

    川崎 邦人, 潮田 亮, 伊藤 進也, 池田 一雄, 真砂 有作, 永田 和宏

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2014年10月  (公社)日本生化学会

  • 肝星細胞のサイトグロビンはアセトアミノフェンによる急性肝障害に関与する

    寺西 優雅, 松原 勤, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2014年04月  (一社)日本肝臓学会

  • 活性増強型Bcl-xL(FNK)過剰発現を利用したヒトiPS細胞由来肝細胞のマウス肝置換効率向上

    長基 康人, 高山 和雄, 田代 克久, 立野 知世, 櫻井 文教, 立花 雅史, 川端 健二, 池田 一雄, 田中 靖人, 水口 裕之

    日本薬学会年会要旨集  2014年03月  (公社)日本薬学会

  • Stress influences on bile acid homeostasis in development of diet-induced steatohepatitis 国際会議

    Matsubara T, Kitamura K, Tranishi Y, Kawada N, Ikeda K

    64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases   2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Stress accelerates derangement of bile acid homeostasis during development of steatohepatitis in mice 国際会議

    Matsubara T, Kitamura K, Tranishi Y, Kawada N, Ikeda K

    17th International Symposium on Cells of the Hepatic Sinusoid & 27th Annual Meeting for Hepatic Sinusoidal Research  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 慢性肝疾患における肝線維化バイオマーカーとしてのmiR-222の有用性

    河田 則文, 小川 智弘, 榎本 大, 藤井 英樹, 村上 善基, 吉里 勝利, 池田 一雄

    日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集  2013年04月  日本臨床分子医学会

  • 肝線維化の病態解明と治療への展開 慢性肝疾患における肝線維化診断マーカーとしてのマイクロRNAの有用性

    河田 則文, 小川 智弘, 榎本 大, 吉里 勝利, 池田 一雄

    肝臓  2012年04月  (一社)日本肝臓学会

  • DENで誘導される肝癌と肺癌の発生はサイトグロビン欠損で促進される 国内会議

    Le Thi Thanh Thuy, 森田 隆, 吉田 佳世, 若狭 研一, 飯塚 昌司, 小川 智弘, 森 真美, 関谷 由美子, 木綿 しのぶ, 元山 宏行, 池田 一雄, 吉里 勝利, 河田 則文

    大阪市医学会雑誌  2011年12月  大阪市医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒトiPS細胞の肝細胞への分化誘導とiPS細胞由来肝細胞のマウス胎仔肝臓への移植方法の検討

    杉山 良典, 立野 知世, 河田 則文, 池田 一雄

    肝臓  2011年11月  (一社)日本肝臓学会

  • 肝線維化と星細胞活性化に関与するマイクロRNAの解析

    飯塚 昌司, 小川 智弘, 関谷 由美子, 榎本 大, 吉里 勝利, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2011年09月  (一社)日本肝臓学会

  • miR-195の肝星細胞増殖における役割についての検討 国内会議

    関谷 由美子, 小川 智弘, 飯塚 昌司, 吉里 勝利, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2011年04月  (一社)日本肝臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • I型インターフェロンのマイクロRNA発現調節を介した肝星細胞増殖抑制作用 国内会議

    関谷 由美子, 小川 智弘, 飯塚 昌司, 吉里 勝利, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2010年04月  (一社)日本肝臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • マイクロRNAによる肝星細胞のI型コラーゲン発現制御

    飯塚 昌司, 小川 智弘, 関谷 由美子, 吉里 勝利, 池田 一雄, 河田 則文

    肝臓  2010年04月  (一社)日本肝臓学会

▼全件表示

科研費

  • 肝星細胞の初期活性化のメカニズム解明と生体外での類洞再構築ならびに人工肝への応用

    基盤研究(C)  2021年04月

  • 肝星細胞のエピジェネティクス制御と肝線維化に関する検討

    基盤研究(C)  2016年04月

  • 肝臓全細胞置換によるヒト化動物モデルの開発

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2013年04月

  • 肝星細胞利用によるヒトiPS細胞からの肝実質細胞誘導法の開発

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2010年04月

  • 肝星細胞活性化,肝線維化に関する機能性ノンコーディングRNA制御機構解析

    基盤研究(B)  2008年04月

  • ShRNAライブラリーを用いた肝線維化,癌化関連因子の網羅的解析と治療への応用

    萌芽研究  2006年04月

  • アデノウイルスベクターを用いた細胞特異的遺伝子制御による肝線維化治療の基礎研究

    基盤研究(C)  2004年04月

  • コラーゲン刺激によるDDR2レセプターシグナル伝達およびその機能解析

    基盤研究(C)  2002年04月

  • 肝星細胞から肝実質細胞へのレチノイド移送

    奨励研究(A)  1997年04月

▼全件表示

その他補助金等

  • 日本人の細胞に由来するiPS細胞からの誘導ヒト肝細胞を用いたキメラマウス肝炎モデル開発とその前臨床応用

    未設定  2009年04月

担当教育概要

  • 医学部(細胞と組織の基本構造と機能コース,生殖器コース,肉眼解剖学実習,修業実習)
    大学院修士課程
    特別研究(機能細胞形態学)分子生体医学(機能細胞形態学)分子生体医学演習(機能細胞形態学)
    大学院博士課程
    機能細胞形態学1、2、3 機能細胞形態学演習1、2、発表表現演習(機能細胞形態学)
    研究指導(機能細胞形態学)

担当授業科目

  • 細胞と組織の基本構造と機能

    2022年度     大学

  • 肉眼解剖実習

    2022年度   実習   大学

  • 腎・泌尿器系・生殖器

    2022年度     大学

  • 消化器系

    2022年度     大学

  • 呼吸器系

    2022年度     大学

  • 感覚器・皮膚コース

    2019年度     大学

  • 神経解剖コース

    2019年度     大学

▼全件表示

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:0名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:2名  博士後期課程学生指導数:3名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):1件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):2件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:0名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:2名  博士後期課程学生指導数:4名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):1件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):1件

役職

  • 部局内役職

    研究推進機構 

    副機構長  2022年04月 - 継続中

  • 部局内役職

    研究推進機構 複合先端研究センター 

    所長  2022年04月 - 継続中

  • 全学管理職

    大阪公立大学

    副学長  2022年04月 - 継続中

その他

  • 職務経歴

    2007年04月 - 2008年08月

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院医学研究科器官構築形態学 准教授

  • 職務経歴

    2004年01月 - 2007年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院医学研究科器官構築形態学 助教授

  • 職務経歴

    2002年04月 - 2003年12月

      詳細を見る

    大阪市立大学 大阪市立大学器官構築形態学 講師

  • 職務経歴

    1995年04月 - 2002年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 医学部第二解剖学教室 助手

  • 職務経歴

    1989年06月 - 1991年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 医学部付属病院 臨床研修医