2022/07/13 更新

写真a

ヤシロ マサカズ
八代 正和
YASHIRO Masakazu
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院
プロフィール
1988年3月大阪市立大学医学部 卒業 1991年4月大阪市立大学大学院 医学研究科 外科系専攻 外科学 入学 1995年3月 大阪市立大学大学院 医学研究科 外科系専攻 外科学課程修了 医学博士

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( - )

研究分野

  • ライフサイエンス / 消化器外科学  / 消化器外科学

  • ライフサイエンス / 病態医化学  / 腫瘍学

  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学

研究キーワード

  • がん、分子生物学、分子標的治療

研究概要

  • 腫瘍の増殖進展や転移の機序の解明や、その機序に立脚した新しい癌治療法の確立を目指しています。胃癌、大腸癌、膵癌、乳癌を研究対象にしています。癌細胞の増殖・転移の機序やその分子標的治療法の開発を目指しています。

研究歴

所属学協会

  • 米国癌学会

      国外

  • 遺伝性腫瘍学会

      国内

  • 日本癌学会

  • 日本消化器外科学会

  • 日本乳癌学会

      国内

  • 日本外科学会

  • 日本消化器内視鏡学会

      国内

  • 日本消化器病学会

      国内

  • 日本大腸肛門病学会

      国内

  • 日本消化器癌発生学会

  • 日本胃癌学会

▼全件表示

受賞歴

  • 日本消化器癌発生学会奨励賞

    2007  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 癌研究奨励賞

    2006  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成18年度大阪市医学会市長賞

    2005  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 大阪市医学会市長賞

    1998  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 大阪市医学会市長賞

    1997  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 国際胃癌学会ポスター賞(Poster Prize)

    1995  

  • 消化器癌発生研究会(Young Researchers Award)

    1995  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本消化器外科学会研究者賞(Young Researchers Award)

    1993  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪市立住吉市民病院・研究医   研究医

    1990年06月 - 1991年05月

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   外科学   博士課程  

    - 1995年

  • 大阪市立大学   医学部   医学科    

    - 1988年

論文

  • Clinicopathologic significance of TROP2 and phospho-TROP2 in gastric cancer 査読

    Kushiyama Shuhei, Yashiro Masakazu, Yamamoto Yurie, Sera Tomohiro, Sugimoto Atsushi, Nishimura Sadaaki, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Yoshii Mami, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Nakada Hiroshi, Ohira Masaichi

    MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY   14 ( 5 )   105   2021年05月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2021.2267

    PubMed

  • Expression of asporin reprograms cancer cells to acquire resistance to oxidative stress 査読

    Sasaki Yuto, Takagane Kurara, Konno Takumi, Itoh Go, Kuriyama Sei, Yanagihara Kazuyoshi, Yashiro Masakazu, Yamada Satoru, Murakami Shinya, Tanaka Masamitsu

    CANCER SCIENCE   112 ( 3 )   1251 - 1261   2021年03月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14794

    PubMed

  • Clinical benefit for clinical sequencing using cancer panel testing 査読

    Nishimura Sadaaki, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Shuhei, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Yamamoto Yurie, Yamauchi Makoto, Sumi Toshiyuki, Kaneda Hiroyasu, Kawaguchi Tomoya, Kato Minoru, Tagami Mizuki, Oebisu Naoto, Hoshi Manabu, Kimura Kenjiro, Kubo Shoji, Muguruma Kazuya, Takashima Tsutomu, Ohira Masaichi, Yashiro Masakazu

    PLOS ONE   16 ( 2 )   e0247090   2021年02月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0247090

    PubMed

  • Clinical difference between fibroblast growth factor receptor 2 subclass, type IIIb and type IIIc, in gastric cancer 査読

    Yashiro Masakazu, Kuroda Kenji, Masuda Go, Okuno Tomohisa, Miki Yuichiro, Yamamoto Yurie, Sera Tomohiro, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Shuhei, Nishimura Sadaaki, Togano Shingo, Ohira Masaichi

    SCIENTIFIC REPORTS   11 ( 1 )   4698   2021年02月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-84107-x

    PubMed

  • The duration of systemic inflammatory response syndrome is a reliable indicator of long-term survival after curative esophagectomy for esophageal squamous cell carcinoma 査読

    Kubo Naoshi, Sakurai Katsunobu, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi

    ESOPHAGUS   2021年02月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-021-00821-5

    PubMed

  • Analysis of clinicopathologic factors associated with false negative of lymph node metastasis by FDG-PET in lung cancer 査読

    Ito Ryuichi, Yashiro Masakazu, Inoue Hidetoshi

    CANCER SCIENCE   112   498 - 498   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The clinicopathological significance of CXCR2 ligand family in gastric carcinoma 査読

    Yamamoto Yurie, Yashiro Masakazu, Sera Tomohiro, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Shuhei, Nishimura Sadaaki, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Okuno Tomohisa, Yoshii Mami, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   112   422 - 422   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Spondin2 secreted from cancer-associated fibroblasts (CAF) facilitates gastric cancer motility 査読

    Saito Hideyuki, Masuda Takaaki, Kuramitsu Shotaro, Yashiro Masakazu, Koike Kensuke, Kobayashi Yuta, Takahashi Junichi, Takao Seiichiro, Motomura Yushi, Otsu Hajime, Takeishi Kazuki, Yonemura Yusuke, Saeki Hiroshi, Mimori Koshi

    CANCER SCIENCE   112   358 - 358   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Significance of Circulating Tumor Cells with Fibroblast growth factor receptor 2 Expression in Gastric Cancer 査読

    Kuroda Kenji, Yashiro Masakazu, Miki Yuichiro, Sera Tomohiro, Yamamoto Yurie, Sugimoto Atsushi, Nishimura Sadaaki, Kushiyama Shuhei, Togano Shingo, Okuno Tomohisa, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   112   475 - 475   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Scirrhous gastric cancer extracellular vesicles cells might stimulate the proliferation of cancer-associated fibroblasts 査読

    Sugimoto Atsushi, Yashiro Masakazu, Okuno Tomohisa, Miki Yuichiro, Yamamoto Yurie, Sera Tomohiro, Kushiyama Shuhei, Nishimura Sadaaki, Kuroda Kenji, Togano Shingo, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   112   712 - 712   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Is Cancer Panel Testing useful for cancer treatment? 査読

    Nishimura Sadaaki, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Shuhei, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Yamauchi Makoto, Sumi Toshiyuki, Sawa Kenji, Kawaguchi Tomoya, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Muguruma Kazuya, Takashima Tsutomu, Ohira Masaichi, Yashiro Masakazu

    CANCER SCIENCE   112   325 - 325   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dynamics of giant cancer cells cooperating with cancer associated fibroblasts 査読

    Itoh Go, Yashiro Masakazu, Tanaka Masamitsu

    CANCER SCIENCE   112   307 - 307   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Distance from tumor to serosa might be a useful predictive factor for dissemination after operation of T3-gastric cancer 査読

    Togano Shingo, Yashiro Masakazu, Miki Yuichiro, Yamamoto Yurie, Sera Tomohiro, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Shuhei, Nishimura Sadaaki, Kuroda Kenji, Okuno Tomohisa, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Tanaka Sayaka, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   112   782 - 782   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinicopathological significance of TROP-2 and pTROP-2 in gastric cancer 査読

    Kushiyama Shuhei, Yashiro Masakazu, Nishimura Sadaaki, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Sugimoto Atsushi, Sera Tomohiro, Yamamoto Yurie, Okuno Tomohisa, Miki Yuichiro, Nakada Hiroshi, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   112   780 - 780   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical significance of BRACAnalysis and PARP inhibitors at Osaka City University Hospital 査読

    Sera Tomohiro, Takashima Tsutomu, Yamamoto Yurie, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Shuhei, Nishimura Sadaaki, Kashiwagi Shinichiro, Ohira Masaichi, Yashiro Masakazu

    CANCER SCIENCE   112   825 - 825   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CEA positive circulating tumor cells and its clinical significance 査読

    Miki Yuichiro, Yashiro Masakazu, Kuroda Kenji, Yoshii Mami, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Lee Shigeru, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   112   425 - 425   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cancer-associated fibroblasts educate normal fibroblasts to facilitate gastric cancer dissemination 査読

    Tanaka Masamitsu, Itoh Go, Takagane Kurara, Kuriyama Sei, Yashiro Masakazu

    CANCER SCIENCE   112   356 - 356   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Stromal SOX2 Upregulation Promotes Tumorigenesis through the Generation of a SFRP1/2-Expressing Cancer-Associated Fibroblast Population 査読

    Kasashima Hiroaki, Duran Angeles, Martinez-Ordonez Anxo, Nakanishi Yuki, Kinoshita Hiroto, Linares Juan F., Reina-Campos Miguel, Kudo Yotaro, L'Hermitte Antoine, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Bao Fei, Tauriello Daniele V. F., Batlle Eduard, Diaz-Meco Maria T., Moscat Jorge

    DEVELOPMENTAL CELL   56 ( 1 )   95 - +   2021年01月( ISSN:1534-5807

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.devcel.2020.10.014

    PubMed

  • Circulating CEA-positive and EpCAM-negative tumor cells might be a predictive biomarker for recurrence in patients with gastric cancer 査読

    Miki Yuichiro, Yashiro Masakazu, Kuroda Kenji, Okuno Tomohisa, Togano Shingo, Masuda Go, Kasashima Hiroaki, Ohira Masaichi

    CANCER MEDICINE   10 ( 2 )   521 - 528   2021年01月( ISSN:2045-7634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.3616

    PubMed

  • SDF1 alpha/CXCR4 axis may be associated with the malignant progression of gastric cancer in the hypoxic tumor microenvironment 査読

    Yashiro Masakazu, Kinoshita Haruhito, Tsujio Gen, Fukuoka Tatsunari, Yamamoto Yurie, Sera Tomohiro, Sugimoto Atsushi, Nishimura Sadaaki, Kushiyama Shuhei, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Toyokawa Takahiro, Ohira Masaichi

    ONCOLOGY LETTERS   21 ( 1 )   38   2021年01月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2020.12299

    PubMed

  • Combination of p53 and Ki67 as a Promising Predictor of Postoperative Recurrence of Meningioma 査読

    Nagahama Atsufumi, Yashiro Masakazu, Kawashima Toshiyuki, Nakajo Kosuke, Morisako Hiroki, Uda Takehiro, Naito Kentaro, Ichinose Tsutomu, Ohata Kenji, Goto Takeo

    ANTICANCER RESEARCH   41 ( 1 )   203 - 210   2021年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14766

    PubMed

  • がん遺伝子パネル検査を用いたクリニカルシーケンスの課題と現状 査読

    西村 貞德, 加藤 実, 木村 健二郎, 永原 央, 六車 一哉, 李 栄柱, 高島 勉, 久保 正二, 大平 雅一, 八代 正和, 杉本 敦史, 櫛山 周平, 栂野 真吾, 黒田 顕慈, 山内 真, 角 俊幸, 金田 裕靖, 川口 知哉

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   36 ( 0 )   5 - 6   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.36.5

    CiNii Article

  • Circulating tumor cells with FGFR2 expression might be useful to identify patients with existing FGFR2-overexpressing tumor 査読

    Kuroda Kenji, Yashiro Masakazu, Miki Yuichiro, Sera Tomohiro, Yamamoto Yurie, Sugimoto Atsushi, Nishimura Sadaaki, Kushiyama Shuhei, Togano Shingo, Okuno Tomohisa, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   111 ( 12 )   4500 - 4509   2020年12月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14654

    PubMed

  • Circulating tumor cells with FGFR2 expression might be useful to identify patients with existing FGFR2-overexpressing tumor(和訳中) 査読

    Kuroda Kenji, Yashiro Masakazu, Miki Yuichiro, Sera Tomohiro, Yamamoto Yurie, Sugimoto Atsushi, Nishimura Sadaaki, Kushiyama Shuhei, Togano Shingo, Okuno Tomohisa, Ohira Masaichi

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   111 ( 12 )   4500 - 4509   2020年12月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical update with plasma and tumour-based genomic analyses in expansion part of phase I study of selective FGFR inhibitor E7090 査読

    Morizane C., Ueno M., Ioka T., Tajika M., Ikeda M., Yamaguchi K., Hara H., Yabusaki H., Miyamoto A., Iwasa S., Muto M., Takashima T., Minashi K., Komatsu Y., Nishina T., Nakajima T., Sahara T., Funasaka S., Yashiro M., Furuse J.

    ANNALS OF ONCOLOGY   31   S1292 - S1293   2020年11月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.annonc.2020.10.149

  • Serine threonine kinase 11/liver kinase B1 mutation in sporadic scirrhous-type gastric cancer cells 査読

    Nishimura Sadaaki, Yashiro Masakazu, Sera Tomohiro, Yamamoto Yurie, Kushitani Yukako, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Shuhei, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Okuno Tomohisa, Murakami Yoshiki, Ohira Masaichi

    CARCINOGENESIS   41 ( 11 )   1616 - 1623   2020年11月( ISSN:0143-3334

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/carcin/bgaa031

    PubMed

  • Futibatinib Is a Novel Irreversible FGFR 1-4 Inhibitor That Shows Selective Antitumor Activity against FGFR-Deregulated Tumors 査読

    Sootome Hiroshi, Fujita Hidenori, Ito Kenjiro, Ochiiwa Hiroaki, Fujioka Yayoi, Ito Kimihiro, Miura Akihiro, Sagara Takeshi, Ito Satoru, Ohsawa Hirokazu, Otsuki Sachie, Funabashi Kaoru, Yashiro Masakazu, Matsuo Kenichi, Yonekura Kazuhiko, Hirai Hiroshi

    CANCER RESEARCH   80 ( 22 )   4986 - 4997   2020年11月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-19-2568

    PubMed

  • Crosstalk Between Cancer Associated Fibroblasts and Cancer Cells in Scirrhous Type Gastric Cancer 査読

    Miki Yuichiro, Yashiro Masakazu, Moyano-Galceran Lidia, Sugimoto Atsushi, Ohira Masaichi, Lehti Kaisa

    FRONTIERS IN ONCOLOGY   10   568557   2020年10月( ISSN:2234-943X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fonc.2020.568557

    PubMed

  • Extracellular Vesicles from Cancer-Associated Fibroblasts Containing Annexin A6 Induces FAK-YAP Activation by Stabilizing beta 1 Integrin, Enhancing Drug Resistance 査読

    Uchihara Tomoyuki, Miyake Keisuke, Yonemura Atsuko, Komohara Yoshihiro, Itoyama Rumi, Koiwa Mayu, Yasuda Tadahito, Arima Kota, Harada Kazuto, Eto Kojiro, Hayashi Hiromitsu, Iwatsuki Masaaki, Iwagami Shiro, Baba Yoshifumi, Yoshida Naoya, Yashiro Masakazu, Masuda Mari, Ajani Jaffer A., Tan Patrick, Baba Hideo, Ishimoto Takatsugu

    CANCER RESEARCH   80 ( 16 )   3222 - 3235   2020年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-19-3803

    PubMed

  • Association between FGFR4 Gly388Arg polymorphism rs351855 or the IDH1 rs11554137 and Japanese gastric cancer 査読

    Sera Tomohiro, Yashiro Masakazu, Yamamoto Yurie, Kushitani Yukako, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Syuhei, Kuroda Kenji, Togano Shingo, Okuno Tomohisa, Yoshii Mami, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   80 ( 16 )   2020年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2020-5856

  • Serine threonine kinase 11/liver kinase B1 mutation in sporadic scirrhous-type gastric cancer cells 査読

    Nishimura Sadaaki, Yashiro Masakazu, Sera Tomohiro, Yamamoto Yurie, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Shuhei, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Okuno Tomohisa, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   80 ( 16 )   2020年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2020-1217A

  • Lysyl oxidase is associated with the epithelial-mesenchymal transition of gastric cancer cells in hypoxia 査読

    Yashiro Masakazu, Kasashima Hiroaki, Yamamoto Yurie, Kuroda Kenji, Sera Tomohiro, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Shuhei, Togano Shingo, Okuno Tomohisa, Miki Yuichiro, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   80 ( 16 )   2020年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2020-3566

  • Clinicopathological features of TROP-2 and pTROP-2 in gastric cancer 査読

    Kushiyama Syuhei, Yashiro Masakazu, Nishimura Sadaaki, Togano Shingo, Kuroda Kanji, Sugimoto Atsushi, Sera Tomohiro, Yamamoto Yurie, Okuno Tomohisa, Miki Yuichiro, Nakada Hiroshi, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   80 ( 16 )   2020年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2020-6465

  • Cancer cells with high-metastatic potential promote a glycolytic shift in activated fibroblasts 査読

    Kogure Akiko, Naito Yutaka, Yamamoto Yusuke, Yashiro Masakazu, Kiyono Tohru, Yanagihara Kazuyoshi, Hirakawa Kosei, Ochiya Takahiro

    PLOS ONE   15 ( 6 )   e0234613   2020年06月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0234613

    PubMed

  • Clinical significance of prognostic inflammation-based and/or nutritional markers in patients with stage III gastric cancer 査読

    Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Yoshii Mami, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Lee Shigeru, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi

    BMC CANCER   20 ( 1 )   517   2020年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-020-07010-0

    PubMed

  • Establishment of a Liver Transplant Patient-derived Tumor Xenograft (PDX) Model Using Cryopreserved Pancreatic Ductal Adenocarcinoma 査読

    Tanaka Ryota, Kageyama Ken, Kimura Kenjiro, Eguchi Shinpei, Tauchi Jun, Shinkawa Hiroji, Ohira Go, Yamazoe Sadaaki, Yamamoto Akira, Tanaka Shogo, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Kubo Shoji, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   40 ( 5 )   2637 - 2644   2020年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14234

    PubMed

  • Preoperative Neutrophil-to-lymphocyte Ratio Predicts Tumor-infiltrating CD8(+) T Cells in Biliary Tract Cancer 査読

    Tanaka Ryota, Kimura Kenjiro, Eguchi Shinpei, Tauchi Jun, Shibutani Masatune, Shinkawa Hiroji, Ohira Go, Yamazoe Sadaaki, Tanaka Shogo, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Kubo Shoji, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   40 ( 5 )   2881 - 2887   2020年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14264

    PubMed

  • 横行結腸癌術後Sister Mary Josephʼs noduleの1例 査読

    伊藤 厳太郎, 大澤 尚志, 永原 央, 八代 正和, 大平 雅一

    (株)南江堂 外科   82 ( 4 )   376 - 380   2020年04月( ISSN:0016-593X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    79歳女性。横行結腸癌術後10ヵ月目に臍部痛と臍部腫瘍が触知され、精査加療目的で入院となった。所見ではCEAの上昇が認められ、腹部超音波検査では低エコーを示す腫瘍がみられ、転移が疑われた。また、腹部造影CTでは造影効果を示す臍部に皮下組織から腹膜に至る33×32mmの辺縁不整な腫瘍が確認され、PET/CTでは臍部に強い集積が認められた。以上より、本症例は横行結腸癌術後の異時性孤立臍転移と診断され、臍腫瘍切除術が施行された。その結果、臍部痛は消失し、病理組織学的には横行結腸癌術後のSister Mary Joseph's noduleと確定診断された。退院後はUFT/UZELによる化学療法が行われたが、術後7ヵ月より肝転移が出現し、best supportive careへ移行されたものの、肝転移の増大や癌性腹水、悪液質の進行を認め、臍転移切除術後24ヵ月目に死亡となった。

  • Adaptive RSK-EphA2-GPRC5A signaling switch triggers chemotherapy resistance in ovarian cancer. 査読

    Moyano-Galceran L, Pietilä EA, Turunen SP, Corvigno S, Hjerpe E, Bulanova D, Joneborg U, Alkasalias T, Miki Y, Yashiro M, Chernenko A, Jukonen J, Singh M, Dahlstrand H, Carlson JW, Lehti K

    EMBO molecular medicine   e11177   2020年03月( ISSN:1757-4676

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15252/emmm.201911177

    PubMed

  • Expansion part of phase I study of E7090 in patients with cholangiocarcinoma harboring FGFR2 gene fusion and with gastric cancer harboring FGFR2 gene amplification or FGFR2 protein high expression 査読

    Morizane Chigusa, Ueno Makoto, Ioka Tatsuya, Tajika Masahiro, Ikeda Masafumi, Yamaguchi Kensei, Hara Hiroki, Yabusaki Hiroshi, Miyamoto Atsushi, Iwasa Satoru, Muto Manabu, Takashima Tsutomu, Minashi Keiko, Komatsu Yoshito, Nishina Tomohiro, Nakajima Takako Eguchi, Sahara Takatoshi, Funasaka Setsuo, Yashiro Masakazu, Furuse Junji

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 ( 4 )   2020年02月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Giant Gastric Gastrointestinal Stromal Tumor Successfully Resected Following Neoadjuvant Treatment With Imatinib Mesylate. 査読

    Takahashi R, Toyokawa T, Yoshii M, Tamura T, Tanaka H, Lee S, Muguruma K, Yashiro M, Ohira M

    Anticancer research   40 ( 2 )   1147 - 1152   2020年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14056

    PubMed

  • Generation of Rat Monoclonal Antibodies Specific for Human Stromal Cell-Derived Factor-2. 査読

    Tanaka M, Shiota M, Koyama M, Nakayama J, Yashiro M, Semba K, Goda N

    Monoclonal antibodies in immunodiagnosis and immunotherapy   39 ( 1 )   23 - 26   2020年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/mab.2019.0043

    PubMed

  • Precision medicine for gastrointestinal cancer: Recent progress and future perspective. 査読

    Matsuoka T, Yashiro M

    World journal of gastrointestinal oncology   12 ( 1 )   1 - 20   2020年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4251/wjgo.v12.i1.1

    PubMed

  • Epigenetic priming sensitizes gastric cancer cells to irinotecan and cisplatin by restoring multiple pathways 査読

    Moro Hiroshi, Hattori Naoko, Nakamura Yoshiaki, Kimura Kana, Imai Toshio, Maeda Masahiro, Yashiro Masakazu, Ushijima Toshikazu

    GASTRIC CANCER   23 ( 1 )   105 - 115   2020年01月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-019-01010-1

    PubMed

  • Epigenetic priming sensitizes gastric cancer cells to irinotecan and cisplatin by restoring multiple pathways(和訳中) 査読

    Moro Hiroshi, Hattori Naoko, Nakamura Yoshiaki, Kimura Kana, Imai Toshio, Maeda Masahiro, Yashiro Masakazu, Ushijima Toshikazu

    シュプリンガー・ジャパン(株) Gastric Cancer   23 ( 1 )   105 - 115   2020年01月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Epigenetic priming sensitizes gastric cancer cells to irinotecan and cisplatin by restoring multiple pathways (vol 12, pg 289, 2019) 査読

    Moro Hiroshi, Hattori Naoko, Nakamura Yoshiaki, Kimura Kana, Imai Toshio, Maeda Masahiro, Yashiro Masakazu, Ushijima Toshikazu

    GASTRIC CANCER   23 ( 1 )   116 - 117   2020年01月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-019-01013-y

    PubMed

  • Gastric cancer cells alter the immunosuppressive function of neutrophils 査読

    Hiramatsu Soichiro, Tanaka Hiroaki, Nishimura Junya, Yamakoshi Yoshihito, Sakimura Chie, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ONCOLOGY REPORTS   43 ( 1 )   251 - 259   2020年01月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2019.7410

    PubMed

  • Microscopic distance from tumor invasion front to serosa might be a useful predictive factor for peritoneal recurrence after curative resection of T3-gastric cancer. 査読

    Togano S, Yashiro M, Miki Y, Yamamato Y, Sera T, Kushitani Y, Sugimoto A, Kushiyama S, Nishimura S, Kuroda K, Okuno T, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Tanaka S, Ohira M

    PloS one   15 ( 1 )   e0225958   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0225958

    PubMed

  • Correction: Microscopic distance from tumor invasion front to serosa might be a useful predictive factor for peritoneal recurrence after curative resection of T3-gastric cancer. 査読

    Togano S, Yashiro M, Miki Y, Yamamoto Y, Sera T, Kushitani Y, Sugimoto A, Kushiyama S, Nishimura S, Kuroda K, Okuno T, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Tanaka S, Ohira M

    PloS one   15 ( 5 )   e0233743   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0233743

    PubMed

  • The Clinicopathological Significance of the CXCR2 Ligands, CXCL1, CXCL2, CXCL3, CXCL5, CXCL6, CXCL7, and CXCL8 in Gastric Cancer. 査読

    Yamamoto Y, Kuroda K, Sera T, Sugimoto A, Kushiyama S, Nishimura S, Togano S, Okuno T, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Yashiro M

    Anticancer research   39 ( 12 )   6645 - 6652   2019年12月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13879

    PubMed

  • High tissue MMP14 expression predicts worse survival in gastric cancer, particularly with a low PROX1 査読

    Kasurinen Aaro, Gramolelli Silvia, Hagstrom Jaana, Laitinen Alli, Kokkola Arto, Miki Yuichiro, Lehti Kaisa, Yashiro Masakazu, Ojala Paivi M., Bockelman Camilla, Haglund Caj

    CANCER MEDICINE   8 ( 16 )   6995 - 7005   2019年11月( ISSN:2045-7634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.2576

    PubMed

  • Feasibility of Identifying Patients at High Risk of Hereditary Gastric Cancer Based on Clinicopathological Variables 査読

    Nishimura Sadaaki, Yashiro Masakazu, Sera Tomohiro, Yamamoto Yurie, Kushitani Yukako, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Shuhei, Kuroda Kenji, Togano Shingo, Okuno Tomohisa, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   39 ( 9 )   5057 - 5064   2019年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13698

    PubMed

  • Induction of Trop-2 expression through the binding of galectin-3 to MUC1 査読

    Yamashita Tomoko, Mori Yugo, Alzaaqi Shouq M., Yashiro Masakazu, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei, Nakada Hiroshi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   516 ( 1 )   44 - 49   2019年08月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2019.06.003

    PubMed

  • Identification of candidates for driver oncogenes in scirrhous-type gastric cancer cell lines 査読

    Sai Eirin, Miwa Yoshiyuki, Takeyama Reina, Kojima Shinya, Ueno Toshihide, Yashiro Masakazu, Seto Yasuyuki, Mano Hiroyuki

    CANCER SCIENCE   110 ( 8 )   2643 - 2651   2019年08月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14111

    PubMed

  • [A Case of Lymph Node Recurrence Seven Years after Curative Esophagectomy for T1a(LPM)Upper Thoracic Esophageal Cancer]. 査読

    Sasaki M, Tamura T, Toyokawa T, Sakurai K, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 8 )   1295 - 1297   2019年08月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • スキルス胃癌細胞株における発癌ドライバー遺伝子の候補の同定(Identification of candidates for driver oncogenes in scirrhous-type gastric cancer cell lines) 査読

    Sai Eirin, Miwa Yoshiyuki, Takeyama Reina, Kojima Shinya, Ueno Toshihide, Yashiro Masakazu, Seto Yasuyuki, Mano Hiroyuki

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   110 ( 8 )   2643 - 2651   2019年08月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    確立したスキルス胃癌細胞株2種に対し全エクソーム配列解析とRNA配列解析とを施行することでスキルス胃癌の発癌ドライバー遺伝子の新規候補を検索することを試みた。両細胞株で発見された突然変異の大部分は未報告のものであった。片方の細胞株ではCD44遺伝子とIGF1R遺伝子の新規融合遺伝子が発見され、ゲノム内でCD44遺伝子とIGF1R遺伝子とが著明に増幅され豊富に発現していた。さらに同融合遺伝子は形質転換能を有することが細胞株を用いたフォーカス形成アッセイとマウスでの腫瘍形成アッセイで示された。もう片方の細胞株はゲノム中に複数の発癌イベントを所有していると思われる所見が得られ、中でも新規に見出されたBORCS5-ETV6融合遺伝子は発癌活性を有することが明らかになった。これらの新規融合遺伝子が実際のスキルス胃癌でも出現しているのかはこれから検討する必要があるものの、スキルス胃癌の詳細なゲノム解析を行うための被検物として細胞株は重要であることが確認された。

  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術中に胆嚢底部に認めた異所性肝の1例 査読

    伊藤 厳太郎, 八代 正和, 山添 定明, 木村 健二郎, 天野 良亮, 大平 雅一

    (株)南江堂 外科   81 ( 9 )   999 - 1002   2019年08月( ISSN:0016-593X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    69歳女性。近医より心窩部痛の精査目的で当院へ紹介となった。腹部CTおよび超音波所見より胆嚢結石と診断され、腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行したところ、胆嚢底部に付着する約15mmの結節を認めたため胆嚢とともに切除した。病理組織学的に胆嚢底部に生じた異所性肝と診断され、術後は経過良好で術後7日目に退院となった。

  • 根治術後7年目に左鎖骨上リンパ節再発を来した胸部食道T1a(LPM)癌の1例 査読

    佐々木 麻帆, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   46 ( 8 )   1295 - 1297   2019年08月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    食道癌根治手術後の再発は28〜47%、その約85%が2年以内の早期に認められ、再発診断時からの生存期間中央値は5〜10ヵ月と極めて不良である。一方、壁深達度T1a(MM)、T1b(SM1)の症例でのリンパ節転移は10〜20%であることが知られており多くは手術治療が行われるが、T1a(LPM)ではリンパ節転移の頻度は極めてまれである。今回われわれは、pT1a(LPM)の食道癌根治術後7年という長期経過後に左鎖骨上リンパ節(No.104L)に再発したまれな症例を経験したので文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • Cancer extracellular vesicles contribute to stromal heterogeneity by inducing chemokines in cancer-associated fibroblasts 査読

    Naito Yutaka, Yamamoto Yusuke, Sakamoto Naoya, Shimomura Iwao, Kogure Akiko, Kumazaki Minami, Yokoi Akira, Yashiro Masakazu, Kiyono Tohru, Yanagihara Kazuyoshi, Takahashi Ryou-u, Hirakawa Kosei, Yasui Wataru, Ochiya Takahiro

    ONCOGENE   38 ( 28 )   5566 - 5579   2019年07月( ISSN:0950-9232

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41388-019-0832-4

    PubMed

  • A factor (> MR 30 kDa) from cancer-associated fibroblasts may stimulate the progression of schirrous gastric cancer without FGFR2 overexpression 査読

    Kushiyama Syuhei, Yashiro Masakazu, Okuno Tomohisa, Kuroda Kenji, Tanaka Ryota, Togano Shingo, Nishimura Sadaaki, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   79 ( 13 )   2019年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2019-2045

  • Macrophage Inflammatory Protein-3 beta (MIP-3 beta) from cancer-associated fibroblasts promote the proliferation of melanoma cells 査読

    Fujikawa Heishiro, Yashiro Masakazu, Hatano Takaharu, Maeda Shusaku, Motomura Hisashi

    CANCER RESEARCH   79 ( 13 )   2019年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2019-2037

  • Long-term survival estimates in older patients with pathological stage I gastric cancer undergoing gastrectomy: Duocentric analysis of simplified scoring system 査読

    Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tamamori Yutaka, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Nishiguchi Yukio, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    JOURNAL OF GERIATRIC ONCOLOGY   10 ( 4 )   604 - 609   2019年07月( ISSN:1879-4068

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jgo.2019.01.003

    PubMed

  • Effect of cancer-associated fibroblasts on lymphatic vessel formation in malignant melanoma 査読

    Maeda Shusaku, Yashiro Masakazu, Motomura Hisashi, Hatano Takaharu, Fujikawa Heishiro

    CANCER RESEARCH   79 ( 13 )   2019年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2019-3763

  • Bone marrow-derived stromal cells in the tumor microenvironment might be associated with the progression of gastric cancer 査読

    Yashiro Masakazu, Kasashima Hiroaki, Kushiyama Syuhei, Nishimura Sadaaki, Kuroda Kenji, Togano Shingo, Okuno Tomohisa, Miki Yuichiro, Fukuoka Tatsunari, Nakamae Hirohisa, Hino Masayuki, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   79 ( 13 )   2019年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2019-2742

  • p53 expression is a useful predictive marker for recurrence of meningioma 査読

    Nagahama Atsufumi, Yashiro Masakazu, Miki Yuichiro, Morisako Hiroki, Uda Takehiro, Goto Takeo, Takami Takehiro, Ohata Kenji

    CANCER RESEARCH   79 ( 13 )   2019年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2019-4901

  • Extracellular vesicles from scirrhous gastric cancer cells induce premetastatic niche formation for peritoneal metastasis 査読

    Okuno Tomohisa, Yashiro Masakazu, Kushiyama Shuhei, Nishimura Sadaaki, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   79 ( 13 )   2019年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.SABCS18-5160

  • Postoperative Inflammation Is an Independent Prognostic Factor in Patients With Thoracic Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読

    Toyokawa Takahiro, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   39 ( 6 )   2777 - 2784   2019年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13404

    PubMed

  • [Efficacy and Safety of Paclitaxel plus Ramucirumab Therapy for Unresectable or Recurrent Gastric Cancer]. 査読

    Tsujio G, Toyokawa T, Fukuoka T, Tamura T, Ohira G, Shibutani M, Yamazoe S, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 5 )   895 - 899   2019年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 切除不能進行・再発胃癌に対するPaclitaxel+Ramucirumab療法の治療成績 査読

    辻尾 元, 豊川 貴弘, 福岡 達成, 田村 達郎, 大平 豪, 渋谷 雅常, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   46 ( 5 )   895 - 899   2019年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    進行・再発胃癌に対する二次以降の化学療法として施行したpaclitaxel(PTX)+ramucirumab(RAM)療法(PTX 80mg/m2、day 1、8、15、RAM 8mg/kg、day 1、15)の安全性および有効性について検討した。対象は当科でPTX+RAM療法を施行した進行・再発胃癌33例で、年齢中央値は68歳、PS2以上の症例は5例であった。投与コース数の中央値は4コースで、Grade 3以上の有害事象は28例(85%)[白血球・好中球減少21例(64%)、末梢神経障害3例(9%)など]に認められた。抗腫瘍効果は奏効率14.8%、病勢コントロール率66.7%であり、全生存期間および無増悪生存期間中央値はそれぞれ9.3ヵ月、4.7ヵ月であった。切除不能進行・再発胃癌に対するPTX+RAM療法は一定の効果が期待できるが、実地臨床においては高齢かつPSの悪い症例に対して使用することも多く、慎重なマネージメントが必要である。(著者抄録)

  • 食道癌患者の食道切除後の手術成績に対するGeriatric Nutritional Risk Indexの影響(The impact of geriatric nutritional risk index on surgical outcomes after esophagectomy in patients with esophageal cancer) 査読

    Kubo Naoshi, Sakurai Katsunobu, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi

    シュプリンガー・ジャパン(株) Esophagus   16 ( 2 )   147 - 154   2019年04月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    食道扁平上皮癌(ESCC)患者におけるGeriatric Nutritional Risk Index(GNRI)と短期・長期手術成績との関連を調査した。2000〜2012年に当施設で外科的切除後に組織学的にESCCを確認した患者240例(男性196例、女性44例、平均63.4歳)を後ろ向きに調査した。全例が2〜3領域リンパ節郭清と併用して根治的食道切除術を受けた。GNRIのカットオフ値を92として、GNRI<92の低GNRI群44例とGNRI≧92の高GNRI群196例に分けた。リンパ節転移率と病理学的病期は高GNRI群よりも低GNRI群の方が有意に高かった。肺合併症の割合は高GNRI群よりも低GNRI群の方が有意に高かったが、多変量解析ではGNRIは肺合併症発症に対する独立危険因子ではなかった。5年全生存率は高GNRI群よりも低GNRI群の方が有意に低かった。GNRIは全生存率に対する独立予後因子であったが、癌特異的生存率(CSS)は予後因子ではなかった。腫瘍病期の階層化による解析では、全生存率、CSSともに病期III ESCC患者で高GNRI群よりも低GNRI群の方が悪化した。病期III ESCCでは原発腫瘍サイズは高GNRI群よりも低GNRI群の方が大きい傾向にあり、術前嚥下障害の発生率は高GNRI群よりも低GNRI群の方が有意に高かった。

  • Establishment of a New Scirrhous Gastric Cancer Cell Line with FGFR2 Overexpression, OCUM-14 査読

    Okuno Tomohisa, Yashiro Masakazu, Masuda Go, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Miki Yuichiro, Hirakawa Kosei, Ohsawa Masahiko, Wanibuchi Hideki, Ohira Masaichi

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   26 ( 4 )   1093 - 1102   2019年04月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-018-07145-2

    PubMed

  • The impact of geriatric nutritional risk index on surgical outcomes after esophagectomy in patients with esophageal cancer 査読

    Kubo Naoshi, Sakurai Katsunobu, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi

    ESOPHAGUS   16 ( 2 )   147 - 154   2019年04月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-018-0644-6

    PubMed

  • Macrophage-mediated transfer of cancer-derived components to stromal cells contributes to establishment of a pro-tumor microenvironment 査読

    Umakoshi Michinobu, Takahashi So, Itoh Go, Kuriyama Sei, Sasaki Yuto, Yanagihara Kazuyoshi, Yashiro Masakazu, Maeda Daichi, Goto Akiteru, Tanaka Masamitsu

    ONCOGENE   38 ( 12 )   2162 - 2176   2019年03月( ISSN:0950-9232

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41388-018-0564-x

    PubMed

  • Clinicopathological Significance of Autophagy-related Proteins and its Association With Genetic Alterations in Gliomas 査読

    Tamrakar Samantha, Yashiro Masakazu, Kawashima Toshiyuki, Uda Takehiro, Terakawa Yuzo, Kuwae Yuko, Ohsawa Masahiko, Ohata Kenji

    ANTICANCER RESEARCH   39 ( 3 )   1233 - 1242   2019年03月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13233

    PubMed

  • A Pretreatment-Free, Polymer-Based Platform Prepared by Molecular Imprinting and Post-Imprinting Modifications for Sensing Intact Exosomes 査読

    Mori Kisho, Hirase Mitsuhiro, Morishige Takahiro, Takano Eri, Sunayama Hirobumi, Kitayama Yukiya, Inubushi Sachiko, Sasaki Ryohei, Yashiro Masakazu, Takeuchi Toshifumi

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   58 ( 6 )   1612 - 1615   2019年02月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201811142

    PubMed

  • Adverse Effects of Preoperative Sarcopenia on Postoperative Complications of Patients With Gastric Cancer 査読

    Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Nambara Mikio, Miki Yuichiro, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   39 ( 2 )   987 - 992   2019年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13203

    PubMed

  • Oligodendrocytes Up-regulate the Invasive Activity of Glioblastoma Cells via the Angiopoietin-2 Signaling Pathway 査読

    Kawashima Toshiyuki, Yashiro Masakazu, Kasashima Hiroaki, Terakawa Yuzo, Uda Takehiro, Nakajo Kosuke, Umaba Ryoko, Tanoue Yuta, Tamrakar Samantha, Ohata Kenji

    ANTICANCER RESEARCH   39 ( 2 )   577 - 584   2019年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13150

    PubMed

  • スキルス胃癌細胞株由来Exosomeは腹膜中皮細胞のmesothelial-mesenchymal transitionを引き起こし腹膜転移に関与する 査読

    奥野 倫久, 八代 正和, 櫛山 周平, 西村 貞徳, 栂野 真吾, 黒田 顕慈, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   34   23 - 25   2019年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    スキルス胃癌(SGC)細胞由来Exosomeの腹膜への分布とその影響を検討した。In vitroにおけるlive imagingと蛍光顕微鏡による検討の結果、SGC細胞由来Exosomeは腹膜中皮細胞に取り込まれやすく、腹膜中皮細胞を敷石状から紡錘形に形態変化させた。SGC由来のPKH26標識Exosomeをヌードマウスに3週間尾静脈投与を行った結果、腹膜に指向性に集積した。また胃癌切除組織症例における腹膜のExosomeマーカー(CD9、CD63)の発現は遠隔転移と有意に相関していたことから、CD9およびCD63は腹膜転移の予測因子であることが示唆された。

  • The clinicopathological significance of Thrombospondin-4 expression in the tumor microenvironment of gastric cancer. 査読

    Kuroda K, Yashiro M, Sera T, Yamamoto Y, Kushitani Y, Sugimoto A, Kushiyama S, Nishimura S, Togano S, Okuno T, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M

    PloS one   14 ( 11 )   e0224727   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0224727

    PubMed

  • スキルス胃癌細胞株由来Exosomeは腹膜中皮細胞のmesothelial-mesenchymal transitionを引き起こし腹膜転移に関与する 査読

    奥野 倫久, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一, 八代 正和, 櫛山 周平, 西村 貞徳, 栂野 真吾, 黒田 顕慈, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   34 ( 0 )   23 - 25   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.34.23

    CiNii Article

  • [A Case of Appendiceal Cancer Wherein the Abdominal Abscess Ruptured into the Urinary Bladder Owing to Obstructive Appendicitis]. 査読

    Tsujio G, Nagahara H, Shibutani M, Fukuoka T, Matsutani S, Kusunoki C, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   2458 - 2460   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Macrophages transmit tumor-derived extracellular vesicles to stromal cells and create pro-tumor microenvironment 査読

    Tanaka Masamitsu, Umakoshi Michinobu, Takahashi So, Itoh Go, Kuriyama Sei, Yashiro Masakazu, Goto Akiteru

    CANCER SCIENCE   109   281 - 281   2018年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical significance of diffuse-type histologic type coexistence in gastric cancer 査読

    Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Shibutani Masatsune, Nagahara Hisashi, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   479 - 479   2018年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Extracellular vesicles from gastric carcinoma induce mesothelial-mesenchymal transition of peritoneal mesothelial cells 査読

    Okuno Tomohisa, Yashiro Masakazu, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Miki Yuichiro, Kasashima Hiroaki, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   475 - 475   2018年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 閉塞性虫垂炎による腹腔内膿瘍膀胱穿通を来した虫垂癌の1例 査読

    辻尾 元, 永原 央, 渋谷 雅常, 福岡 達成, 松谷 慎治, 楠 誓子, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   45 ( 13 )   2458 - 2460   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は73歳、女性。下腹部痛、腹部膨満感を主訴に近医を受診、下腹部に腫瘍性病変を認め当院紹介となった。造影CT検査で、膀胱右前壁に壁肥厚および虫垂先端に連続する約6cm大の内部に壊死性変化を疑う腫瘤を認めた。虫垂腫瘍膀胱浸潤や膀胱腫瘍虫垂浸潤が疑われ手術の方針とした。約1ヵ月後の入院時に施行した造影CT検査にて虫垂先端の腫瘤は著明に縮小していたが膀胱の壁肥厚は残存しており、虫垂に造影効果を受ける腫瘤を認め、虫垂癌もしくは膀胱癌と考え手術を施行した。術中所見では虫垂先端が膀胱壁と一塊になっており、膀胱壁を含めた虫垂切除を行い、虫垂中部に約1cm大の腫瘍を認めた。迅速病理検査にて虫垂癌と診断されたため、回盲部切除+D2リンパ節郭清を追加した。病理組織学的検査で虫垂癌、pT2N0M0、pStage Iの診断、虫垂癌による閉塞性虫垂炎で虫垂が穿破し、腹腔内膿瘍を形成、膀胱に穿通したものと考えた。(著者抄録)

  • The significance of autophagy of gastric cancer stem cells 査読

    Togano Shingo, Yashiro Masakazu, Masuda Go, Kuroda Kenji, Okuno Tomohisa, Miki Yuichiro, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER SCIENCE   109   1253 - 1253   2018年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Functional Heterogeneity in Activated Fibroblasts Created by Extracellular Vesicles 査読

    Naito Yutaka, Yamamoto Yusuke, Yashiro Masakazu, Kiyono Tohru, Hirakawa Kosei, Yanagihara Kazuyoshi, Yasui Wataru, Ochiya Takahiro

    CANCER SCIENCE   109   266 - 266   2018年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • High stromaltransforming growth factor -induced expression is a novel marker of progression and poor prognosis in gastric cancer 査読

    Suzuki Masaki, Yokobori Takehiko, Gombodorj Navchaa, Yashiro Masakazu, Turtoi Andrei, Handa Tadashi, Ogata Kyoichi, Oyama Tetsunari, Shirabe Ken, Kuwano Hiroyuki

    JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   118 ( 6 )   966 - 974   2018年11月( ISSN:0022-4790

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.25217

    PubMed

  • The significance of scirrhous gastric cancer cell lines: the molecular characterization using cell lines and mouse models 査読

    Yashiro Masakazu, Matsuoka Tasuku, Ohira Masaichi

    HUMAN CELL   31 ( 4 )   271 - 281   2018年10月( ISSN:1749-0774

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13577-018-0211-4

    PubMed

  • Clinico-pathological significance of exosome marker CD63 expression on cancer cells and stromal cells in gastric cancer 査読

    Miki Yuichiro, Yashiro Masakazu, Okuno Tomohisa, Kuroda Kenji, Togano Shingo, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    PLOS ONE   13 ( 9 )   e0202956   2018年09月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0202956

    PubMed

  • C-X-C Motif Ligand 1 (CXCL1) from melanoma cells down-regulates the invasion of their metastatic melanoma cells. 査読

    Hatano T, Yashiro M, Fujikawa H, Motomura H

    Oncotarget   9 ( 57 )   31090 - 31097   2018年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.25783

    PubMed

  • Biomarkers of gastric cancer: Current topics and future perspective 査読

    Matsuoka Tasuku, Yashiro Masakazu

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   24 ( 26 )   2818 - 2832   2018年07月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v24.i26.2818

    PubMed

  • Loss of E-cadherin expression is a critical step for peritoneal metastasis of gastric cancer with sub-serosal invasion 査読

    Togano Shingo, Yashiro Masakazu, Kuroda Kenji, Okuno Tomohisa, Miki Yuichiro, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   78 ( 13 )   2018年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2018-4030

  • Effect of extracellular vesicles from gastric cancer cells on the morphologic and genetic changes of peritoneal mesothelial cells 査読

    Okuno Tomohisa, Yashiro Masakazu, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Miki Yuichiro, Kasashima Hiroaki, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   78 ( 13 )   2018年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2018-5219

  • Effect of cancer-associated fibroblasts on the progression of malignant melanoma cells 査読

    Fujikawa Heishiro, Yashiro Masakazu, Hatano Takaharu, Maeda Shusaku, Motomura Hisashi

    CANCER RESEARCH   78 ( 13 )   2018年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2018-4489

  • C-X-C motif ligand 1 from melanoma cells downregulates the invasion of their metastatic melanoma cells 査読

    Hatano Takaharu, Yashiro Masakazu, Motomura Hisashi, Fujikawa Heishiro, Maeda Shusaku

    CANCER RESEARCH   78 ( 13 )   2018年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2018-4507

  • Pyruvate kinase isozymes M2 and glutaminase might be promising molecular targets for the treatment of gastric cancer 査読

    Yashiro Masakazu, Kitayama Kishu

    CANCER RESEARCH   78 ( 13 )   2018年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2018-5484

  • Comparison of the prognostic impact and combination of preoperative inflammation-based and/or nutritional markers in patients with stage II gastric cancer. 査読

    Toyokawa T, Muguruma K, Tamura T, Sakurai K, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Oncotarget   9 ( 50 )   29351 - 29364   2018年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.25486

    PubMed

  • Neutrophils in primary gastric tumors are correlated with neutrophil infiltration in tumor-draining lymph nodes and the systemic inflammatory response 査読

    Hiramatsu Soichiro, Tanaka Hiroaki, Nishimura Junya, Sakimura Chie, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC IMMUNOLOGY   19 ( 1 )   13   2018年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12865-018-0251-2

    PubMed

  • CD9-positive exosomes from cancer-associated fibroblasts stimulate the migration ability of scirrhous-type gastric cancer cells 査読

    Miki Yuichiro, Yashiro Masakazu, Okuno Tomohisa, Kitayama Kishu, Masuda Go, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   118 ( 6 )   867 - 877   2018年03月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2017.487

    PubMed

  • [Significance of Immune-Cell Infiltration in Gastric]. 査読

    Tanaka H, Tamura T, Okita Y, Yoshii M, Tokumoto M, Go Y, Sakimura C, Hiramatsu S, Nishimura J, Yamagoe Y, Yashiro M, Miki Y, Toyokawa T, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 2 )   217 - 221   2018年02月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • CD9-positive Exosomes from CaF Stimulate the Migration Ability of Scirrhous-type Gastric Cancer Cells 査読

    Miki Yuichiro, Yashiro Masakazu, Okuno Tomohisa, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kesei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   875 - 875   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Possibility of inducing tumor infiltrating lymphocytes by B cells in tertiary lymphoid structures in gastric cancer 査読

    Tanaka Hiroaki, Sakimura Chie, Kazuya Muguruma, Tamura Tatsuro, Shibutani Masatsune, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   837 - 837   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【Borderline resectable膵癌に対する集学的治療】技術的切除可能な主要動脈浸潤局所進行膵癌に対するR0を目指した集学的治療 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 西尾 康平, 大平 豪, 渋谷 雅常, 永原 央, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)篠原出版新社 癌の臨床   63 ( 5 )   447 - 453   2018年01月( ISSN:0021-4949

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    肝動脈浸潤・接触、上腸間膜動脈接触を認める局所進行膵癌42例中、膵切除を行った30例を対象とした。術前化学放射線療法の完遂率は97.6%、外科切除率は71.4%であった。NCCNガイドラインにおけるBorderline resectable(BR)が14例、Unresectable(UR)が16例で、術前治療により腫瘍径、腫瘍マーカーともに有意な低下を認めた。PD-CARやPD-CHAR、TP-CARなどの肝動脈合併膵切除症例が14例で、10例に肝動脈再建を要した。門脈合併切除は70%に行い、術中輸血率は60%であった。grade 3a以上の術後合併症発症率は36.7%であった。胃排出遅延は16.7%に認め、1例が在院死亡に至った。病理所見では、リンパ節転移例は33.3%、膵頭神経叢浸潤は43.3%、門脈浸潤率は30%であった。病理学的な90%以上の腫瘍壊死効果は43.3%に認め、R0切除率は93.3%であった。S-1による術後補助化学療法導入率は82.6%であった。2年生存率は56.1%であった。

  • Extracellular vesicle-driven crosstalk between cancer and stromal cells orchestrates the microenvironment for metastasis 査読

    Naito Yutaka, Yamamoto Yusuke, Yoshioka Yusuke, Yashiro Masakazu, Kiyono Tohru, Hirakawa Kosei, Yanagihara Kazuyoshi, Yasui Wataru, Ochiya Takahiro

    CANCER SCIENCE   109   486 - 486   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Establishment of a new scirrhous gastric cancer cell line with FGFR2 overexpression, OCUM-14. 査読

    Okuno Tomohisa, Yashiro Masakazu, Masuda Go, Kitayama Kishu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   644 - 644   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Protection of SDF-2 by Hsp72 prevents oxaliplatin-induced cell death in oxaliplatin-resistant human gastric cancer cells 査読

    Shiota Masayuki, Takahashi Katsuyuki, Yashiro Masakazu, Tanaka Masako

    CANCER SCIENCE   109   64 - 64   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Significance of the Lysyl Oxidase Members Lysyl Oxidase Like 1, 3, and 4 in Gastric Cancer 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Okuno Tomohisa, Miki Yuichiro, Kitayama Kisyu, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    DIGESTION   98 ( 4 )   238 - 248   2018年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000489558

    PubMed

  • Pyruvate kinase isozyme M2 and glutaminase might be promising molecular targets for the treatment of gastric cancer 査読

    Kitayama Kishu, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Miki Yuichiro, Okuno Tomohisa, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   108 ( 12 )   2462 - 2469   2017年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13421

    PubMed

  • ピルビン酸キナーゼアイソザイムM2およびグルタミナーゼは胃癌の治療に対する有望な分子標的となる可能性がある(Pyruvate kinase isozyme M2 and glutaminase might be promising molecular targets for the treatment of gastric cancer) 査読

    Kitayama Kishu, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Miki Yuichiro, Okuno Tomohisa, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   108 ( 12 )   2462 - 2469   2017年12月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    低酸素環境下の胃癌細胞の増殖に対する反応における解糖系およびグルタミン代謝に対する酵素の重要性を評価した。4種の低酸素耐性胃癌細胞株と患者細胞株を用い、代謝に関連した酵素のmRNA発現解析および、これらの酵素が細胞増殖に及ぼす影響について調べた。全ての低酸素耐性胃癌細胞株において、解糖系酵素ピルビン酸キナーゼのアイソザイムM2(PKM2)およびグルタミナーゼ(GLS)mRNAは患者細胞と比較して高値を示した。siRNAによるノックダウンにより低酸素耐性胃癌細胞株の増殖は減少した。また、siRNAによるノックダウンまたはPKM2阻害剤シコニンとGLS阻害剤BPTES処置では、それぞれ単体よりも併用により有意に細胞増殖が減少した。in vivoにおいても併用処置により腫瘍サイズが減少した。以上より、PKM2とGLSは低酸素胃癌細胞の増殖に重要な役割を果たし、これら阻害剤の併用が胃癌治療に有用と考えられた。

  • Examination of cancer cells exposed to gastric serosa by serosal stamp cytology plus RT-PCR is useful for the identification of gastric cancer patients at high risk of peritoneal recurrence 査読

    Miki Yuichiro, Yashiro Masakazu, Ando Kanae, Okuno Tomohisa, Kitayama Kishu, Masuda Go, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Osawa Masahiko, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    SURGICAL ONCOLOGY-OXFORD   26 ( 4 )   352 - 358   2017年12月( ISSN:0960-7404

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.suronc.2017.07.008

    PubMed

  • [A Case of Laparoscopic Surgery Performed for Locally Advanced Rectal Cancer Suspected of Invasion to Prostate]. 査読

    Nagahara H, Nakao S, Fukuoka T, Shibutani M, Maeda K, Matsutani S, Doi Y, Ohtani H, Yamazaki T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1523 - 1525   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Small Intestinal Metastasis with Intussusception Due to Barium]. 査読

    Tsujio G, Nagahara H, Nakao S, Fukuoka T, Shibutani M, Maeda K, Matsutani S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1973 - 1975   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • バリウム内服を契機に発症した小腸重積により診断された転移性小腸腫瘍の1例 査読

    辻尾 元, 永原 央, 中尾 重富, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 前田 清, 松谷 慎治, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   44 ( 12 )   1973 - 1975   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は48歳、男性。受診2日前より嘔気を自覚、翌日に健康診断を受診し、胸部X線検査および食道・胃・十二指腸造影検査を施行した。胸部に異常陰影を指摘されたため当院に紹介受診となった。胸部〜骨盤部CT検査にて左肺門部に約4cm大の腫瘤を認め、小腸にtarget signを認めた。小腸重積の診断となり緊急手術の方針となった。開腹にて腹腔内を観察したところ、Treitz靱帯より約20cm、130cm肛門側の小腸に重積を認め、Hutchinson手技にて重積を解除し得た。口側の重積部では先進部に腫瘍を認めたが、肛門側の重積部では先進部に明らかな腫瘍性病変は認めずバリウム内服による蠕動亢進が原因と考えた。検索を進めたところ小腸に3ヶ所腫瘍性病変を認め、1ヶ所は口側腸重積の先進部となっていた。腫瘍を有する部位の小腸計3ヶ所を部分切除・再建し手術を終了した。病理組織検査では肺多型癌小腸転移の診断となり、現在外来で加療中である。(著者抄録)

  • 前立腺浸潤が疑われた局所進行直腸癌に対し腹腔鏡下に手術を施行した1例 査読

    永原 央, 中尾 重富, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 前田 清, 松谷 慎治, 土井 洋輔, 大谷 博, 山崎 健史, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   44 ( 12 )   1523 - 1525   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は58歳、男性。肛門痛、血便を主訴に他院を受診し、前立腺浸潤を伴う直腸癌と診断、人工肛門造設術を施行され、術前化学療法としてmFOLFOX6を6コース施行後、手術目的に当院を紹介受診となった。術前評価はPRであったが前立腺の浸潤は残存していると判断し、腹腔鏡下に腹会陰式直腸切断術、前立腺合併切除、尿道膀胱吻合による尿路再建を行い、術後第10病日に軽快退院となった。術後2年を経過した現在、明らかな排尿障害、残尿は認めず無再発生存中である。本術式は良好な術野が得られ、確実な切除が得られる点で非常に有用な術式であると思われた。(著者抄録)

  • Adverse Effects of Low Preoperative Skeletal Muscle Mass in Patients Undergoing Gastrectomy for Gastric Cancer 査読

    Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   24 ( 9 )   2712 - 2719   2017年09月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-017-5875-6

    PubMed

  • Cancer-associated fibroblasts induce cancer cell apoptosis that regulates invasion mode of tumours 査読

    Itoh G., Chida S., Yanagihara K., Yashiro M., Aiba N., Tanaka M.

    ONCOGENE   36 ( 31 )   4434 - 4444   2017年08月( ISSN:0950-9232

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/onc.2017.49

  • Activation of Transforming Growth Factor Beta 1 Signaling in Gastric Cancer-associated Fibroblasts Increases Their Motility, via Expression of Rhomboid 5 Homolog 2, and Ability to Induce Invasiveness of Gastric Cancer Cells 査読

    Ishimoto Takatsugu, Miyake Keisuke, Nandi Tannistha, Yashiro Masakazu, Onishi Nobuyuki, Huang Kie Kyon, Lin Suling Joyce, Kalpana Ramnarayanan, Tay Su Ting, Suzuki Yuka, Cho Byoung Chul, Kuroda Daisuke, Arima Kota, Izumi Daisuke, Iwatsuki Masaaki, Baba Yoshifumi, Oki Eiji, Watanabe Masayuki, Saya Hideyuki, Hirakawa Kosei, Baba Hideo, Tan Patrick

    GASTROENTEROLOGY   153 ( 1 )   191 - +   2017年07月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.gastro.2017.03.046

    PubMed

  • Clinicopathologic significance of the CXCL1-CXCR2 axis in the tumor microenvironment of gastric carcinoma 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Nakamae Hirohisa, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    PLOS ONE   12 ( 6 )   e0178635   2017年06月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0178635

    PubMed

  • Immunoregulatory Function of Lymphatic Endothelial Cells in Tumor-draining Lymph Nodes of Human Gastric Cancer 査読

    Tokumoto Mao, Tanaka Hiroaki, Tauchi Yukie, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Kimura Kenjiro, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   37 ( 6 )   2875 - 2883   2017年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11640

    PubMed

  • [Clinical Experience of S-1 and Oxaliplatin(SOX)as the First-Line Chemotherapy for Metastatic/Recurrent Gastric Cancer]. 査読

    Toyokawa T, Tamura T, Shibutani M, Ohira G, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 5 )   405 - 408   2017年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 進行再発胃癌に対するSOX療法の治療成績 査読

    豊川 貴弘, 田村 達郎, 渋谷 雅常, 大平 豪, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   44 ( 5 )   405 - 408   2017年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    進行再発胃癌に対する一次治療としてのS-1+oxaliplatin(SOX)療法の有効性と安全性について検討した。対象は当科でSOX療法を施行した進行再発胃癌27例である。投与方法はoxaliplatin 100mg/m2を第1日目に点滴静注、S-1 80〜120mg/bodyを2週投与1週休薬で投与し、3週1コースとした。投与コース中央値は7コースで、奏効率47.6%、病勢コントロール率は76.2%であった。Grade 3以上の有害事象は、好中球減少33.3%、末梢神経障害、食欲不振11.1%、血小板減少7.4%、貧血、下痢、疲労、高カルシウム血症を3.7%に認めた。生存期間中央値には到達せず、1年生存率は63.2%であった。実地臨床においてもSOX療法の治療効果は良好で、外来で安全に施行可能であった。(著者抄録)

  • C-Reactive Protein Indicates Early Stage of Postoperative Infectious Complications in Patients Following Minimally Invasive Esophagectomy 査読

    Miki Yuichiro, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   41 ( 3 )   796 - 803   2017年03月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-016-3803-8

    PubMed

  • Cervical chylous leakage following esophagectomy treated by intranodal lipiodol lymphangiography: a case report 査読

    Tamura Tatsuro, Kubo Naoshi, Yamamoto Akira, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC SURGERY   17 ( 1 )   20   2017年02月( ISSN:1471-2482

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-017-0218-x

    PubMed

  • Mesothelial Cells Create a Novel Tissue Niche That Facilitates Gastric Cancer Invasion 査読

    Tanaka Masamitsu, Kuriyama Sei, Itoh Go, Maeda Daichi, Goto Akiteru, Tamiya Yutaro, Yanagihara Kazuyoshi, Yashiro Masakazu, Aiba Namiko

    CANCER RESEARCH   77 ( 3 )   684 - 695   2017年02月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-16-0964

    PubMed

  • Prognostic significance of baseline nutritional index for patients with esophageal squamous cell carcinoma after radical esophagectomy 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Yamashita Yoshito, Hirakawa Kosei

    ESOPHAGUS   14 ( 1 )   84 - 90   2017年01月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-016-0548-2

  • 根治的食道切除後の食道扁平上皮癌患者における術前の予後指標としての栄養指数の意義(Prognostic significance of baseline nutritional index for patients with esophageal squamous cell carcinoma after radical esophagectomy) 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Yamashita Yoshito, Hirakawa Kosei

    シュプリンガー・ジャパン(株) Esophagus   14 ( 1 )   84 - 90   2017年01月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    食道扁平上皮癌(ESCC)に対する根治的食道切除後の短期および長期成績に、術前のprognostic nutritional index(PNI)がどのような影響を及ぼすか後ろ向きに検討した。対象はESCC患者202例(男性162例、女性40例、年齢43〜87歳)で、PNIは10×血清アルブミン値(g/dL)+0.005×総リンパ球計数(per mm3)で計算した。平均PNIは48.9±4.6で、多重ロジスティック回帰分析における受信者動作特性曲線下面積は0.5367であった。予測5年生存率はPNIが44.1の場合に最適であったためカットオフ値を44とし、患者をPNI 44以上の高PNI群(173例)と44未満の低PNI群(29例)に分類した。全生存率(OS)および無再発生存率(RFS)は高PNI群に比して低PNI群で有意に不良で、5年OSとRFSは高PNI群で67.2%と61.5%、低PNI群で41.2%と38.8%であった。術後合併症は両群で差は認められなかった。OSおよびRFSに対するCox比例ハザードモデルを用いた単変量および多変量解析では、PNIが両者に対する重要な予後因子であることが明らかとなった。PNIは根治手術を予定されているESCC患者に対する実践的予後マーカーであり、低PNIのESCC患者に対する術後の腫瘍再発に対する注意深いフォローアップが必要であることが示唆された。

  • 癌微小環境における胃癌細胞の糖代謝関連酵素(PKM2, ENO1, GLS)の意義 査読

    北山 紀州, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一, 八代 正和, 森崎 珠実, 奥野 倫久, 三木 友一朗, 笠島 裕明, 増田 剛, 豊川 貴弘, 田中 浩明

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   32 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.32.55

    CiNii Article

  • 胃癌診療における腫瘍マーカー 査読

    八代 正和

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   32 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.32.10

    CiNii Article

  • Identification of the novel molecules mediating gastric cancer invasion based on genomic analysis of cancer-associated fibroblasts 査読

    Ishimoto T., Miyake K., Nandi T., Yashiro M., Huang K. K., Arima K., Izumi D., Baba Y., Baba H., Tan P.

    ANNALS OF ONCOLOGY   27   2016年12月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 癌宿主因子における予後および効果予測 査読

    後藤 航, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 渋谷 雅常, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 平川 弘聖, 大平 雅一

    大道学館出版部 臨牀と研究   93 ( 12 )   1614 - 1615   2016年12月( ISSN:0021-4965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    癌宿主因子における炎症指標の有用性について検証した。グラスゴー予後予測スコアはCRP値とアルブミン値によって算出されるが、その他の指標はそれぞれの因子の絶対値の組み合わせで求められる。カットオフ値はROC解析で求めることが多く、評価項目は全生存期間または無病生存期間に関連して測定されることが多い。すべての指標において基準とされる数値は存在しない。末梢血から求められる炎症反応や栄養状態、免疫環境などの宿主因子は、有用な予後および治療効果予測因子である可能性が示唆された。

  • Elevated alpha1-acid glycoprotein in gastric cancer patients inhibits the anticancer effects of paclitaxel, effects restored by co-administration of erythromycin 査読

    Ohbatake Yoshinao, Fushida Sachio, Tsukada Tomoya, Kinoshita Jun, Oyama Katsunobu, Hayashi Hironori, Miyashita Tomoharu, Tajima Hidehiro, Takamura Hiroyuki, Ninomiya Itasu, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kousei, Ohta Tetsuo

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL MEDICINE   16 ( 4 )   585 - 592   2016年11月( ISSN:1591-8890

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10238-015-0387-9

    PubMed

  • CXCL1-Chemokine (C-X-C Motif) Receptor 2 Signaling Stimulates the Recruitment of Bone Marrow-Derived Mesenchymal Cells into Diffuse-Type Gastric Cancer Stroma 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Nakamae Hirohisa, Kitayama Kisyu, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY   186 ( 11 )   3028 - 3039   2016年11月( ISSN:0002-9440

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2016.07.024

    PubMed

  • [A Case of Metastatic Lung Cancer from Colon Cancer with a Long Partial Response with Regorafenib Treatment]. 査読

    Iseki Y, Yashiro M, Shibutani M, Nagahara H, Maeda K, Matsutani S, Tamura T, Ohira G, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2338 - 2340   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • レゴラフェニブにて18ヵ月間の長期PRが得られた大腸癌肺転移の1例 査読

    井関 康仁, 八代 正和, 渋谷 雅常, 永原 央, 前田 清, 松谷 慎治, 田村 達郎, 大平 豪, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   43 ( 12 )   2338 - 2340   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は66歳、女性。2005年12月、当科にてS状結腸癌に対してS状結腸切除術を施行。病理結果にてpT2N0M0、fStage Iであり、術後補助化学療法は施行せず経過観察していた。2011年11月にCEA 9.7ng/mLと上昇を認め、精査にて転移性肺癌を認めた。FOLFOX+bevacizumab(BV)療法を21コース、FOLFIRI+BV療法を6コース、XELOX+BV療法を13コース施行した。いずれのレジメンもprogressive disease(PD)となったため、fourth-lineとしてレゴラフェニブ療法を開始した。レゴラフェニブ開始前のレジメンにて手足症候群がみられたため、80mg/dayで開始した、Grade 2以上の副作用はでることなく投与開始後18ヵ月経過し、長期間partial response(PR)が持続し現在22コース施行中である。大腸癌肺転移再発症例に対してレゴラフェニブ投与により長期にわたるPRを得ることができた1例を経験した。(著者抄録)

  • Low Preoperative Prognostic Nutritional Index Predicts Poor Survival Post-gastrectomy in Elderly Patients with Gastric Cancer 査読

    Sakurai Katsunobu, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   23 ( 11 )   3669 - 3676   2016年10月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-016-5272-6

    PubMed

  • The pretreatment Controlling Nutritional Status (CONUT) score is an independent prognostic factor in patients with resectable thoracic esophageal squamous cell carcinoma: results from a retrospective study 査読

    Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC CANCER   16   722   2016年09月( ISSN:1471-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-016-2696-0

    PubMed

  • Pancreatic Fibroblasts Stimulate the Motility of Pancreatic Cancer Cells through IGF1/IGF1R Signaling under Hypoxia 査読

    Hirakawa Toshiki, Yashiro Masakazu, Doi Yosuke, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Hirakawa Kosei

    PLOS ONE   11 ( 8 )   e0159912   2016年08月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0159912

    PubMed

  • Protection of stromal cell-derived factor 2 by heat shock protein 72 prevents oxaliplatin-induced cell death in oxaliplatin-resistant human gastric cancer cells 査読

    Takahashi Katsuyuki, Tanaka Masako, Yashiro Masakazu, Matsumoto Masaki, Ohtsuka Asuka, Nakayama Keiichi I., Izumi Yasukatsu, Nagayama Katsuya, Miura Katsuyuki, Iwao Hiroshi, Shiota Masayuki

    CANCER LETTERS   378 ( 1 )   8 - 15   2016年08月( ISSN:0304-3835

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2016.05.002

    PubMed

  • Tumor-associated macrophages induce capillary morphogenesis of lymphatic endothelial cells derived from human gastric cancer 査読

    Tauchi Yukie, Tanaka Hiroaki, Kumamoto Kanako, Tokumoto Mao, Sakimura Chie, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER SCIENCE   107 ( 8 )   1101 - 1109   2016年08月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.12977

    PubMed

  • 腫瘍関連マクロファージはヒト胃癌由来リンパ管内皮細胞の毛細管形成を誘導する(Tumor-associated macrophages induce capillary morphogenesis of lymphatic endothelial cells derived from human gastric cancer) 査読

    Tauchi Yukie, Tanaka Hiroaki, Kumamoto Kanako, Tokumoto Mao, Sakimura Chie, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   107 ( 8 )   1101 - 1109   2016年08月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    胃癌の予後指標である腫瘍リンパ管形成におけるマクロファージの役割について検討するため、当院で胃癌の外科的処置が施行された患者の転移リンパ節(LN)由来リンパ管内皮細胞(LEC)と腫瘍関連マクロファージ間の相互作用について評価した。LECをマクロファージと直接的または間接的に、胃癌細胞系OCUM-12の培養上清の有無の条件下で共培養を行い、LECにおよぼすマクロファージの影響を解析し、共培養したLECの形態学的変化およびマクロファージとLECのリンパ管形成遺伝子発現について検討した。その結果、LECの管形成は接触培養時にのみ観察され、OCUM-12はマクロファージ誘導性の管形成を促進した。また、毛細管形成中のLECおよび共培養マクロファージの双方で、MMPと接着分子の遺伝子発現が有意にアップレギュレートされ、癌で前処理されたマクロファージにおいて、炎症性サイトカイン、MMP、接着分子、VEGF-Cなどのリンパ管形成因子のアップレギュレーションが示され、ICAM-1とマクロファージ活性化を阻害するとLECの管形成が抑制され、免疫組織化学から、リンパ管周囲に局在するマクロファージが検出された。以上の所見から、LECとマクロファージ間の相互作用が、LN転移を発症する腫瘍リンパ管形成の初期段階で重要なことが示唆された。

  • Identification of anti-cancer chemical compounds using Xenopus embryos 査読

    Tanaka Masamitsu, Kuriyama Sei, Itoh Go, Kohyama Aki, Iwabuchi Yoshiharu, Shibata Hiroyuki, Yashiro Masakazu, Aiba Namiko

    CANCER SCIENCE   107 ( 6 )   803 - 811   2016年06月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.12940

    PubMed

  • Xenopus胚を用いた抗癌化合物の同定(Identification of anti-cancer chemical compounds using Xenopus embryos) 査読

    Tanaka Masamitsu, Kuriyama Sei, Itoh Go, Kohyama Aki, Iwabuchi Yoshiharu, Shibata Hiroyuki, Yashiro Masakazu, Aiba Namiko

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   107 ( 6 )   803 - 811   2016年06月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Xenopus胚の原腸形成または頭部神経冠細胞(CNCC)移動の阻害を指標として、癌浸潤を抑制する抗癌化合物をスクリーニングする手法について検討した。原腸形成に及ぼす効果は、ステージ10(原腸形成開始時)に達した胚を化合物で処理し、対照胚のステージ12 1/2およびステージ14到達時に原口閉鎖の状態を評価した。また、CNCCに及ぼす効果は、原腸形成後の胚を化合物で処理し、ホールマウントin situハイブリダイゼーションによりCNCCの移動の評価を行った。その結果、AMD3100およびパクリタキセルは、原口閉鎖を阻害し、CNCC移動に影響を及ぼした。さらに、100の合成化合物を盲検的にスクリーニングし、胚致死性を示さず、原腸形成または神経冠発生に重篤な欠損を認めた9つの化合物を候補化合物としたところ、候補化合物中、ポドフィロトキシンアナログであるC-157およびインドールアルカロイドであるD-572は、間期微小管の破壊を通して癌細胞浸潤を阻害し、SAS細胞のアポトーシスを誘導し、マウスに異種移植された腫瘍増殖および浸潤を抑制した。以上の所見から、Xenopus胚は、腫瘍増殖および浸潤に影響を及ぼす化合物のスクリーニングに有用と考えられた。

  • Orthotopic Implantation of Intact Tumor Tissue Leads to Metastasis of OCUM-2MD3 Human Gastric Cancer in Nude Mice Visualized in Real Time by Intravital Fluorescence Imaging 査読

    Murakami Takashi, Zhang Yong, Wang Xiaoen, Hiroshima Yukihiko, Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Miwa Atsushi, Kiyuna Tasuku, Matsuyama Ryusei, Tanaka Kuniya, Bouvet Michael, Endo Itaru, Hoffman Robert M.

    ANTICANCER RESEARCH   36 ( 5 )   2125 - 2130   2016年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Orthotopic Implantation of Intact Tumor Tissue Leads to Metastasis of OCUM-2MD3 Human Gastric Cancer in Nude Mice Visualized in Real Time by Intravital Fluorescence Imaging. 査読

    Murakami T, Zhang Y, Wang X, Hiroshima Y, Kasashima H, Yashiro M, Hirakawa K, Miwa A, Kiyuna T, Matsuyama R, Tanaka K, Bouvet M, Endo I, Hoffman RM

    Anticancer research   36 ( 5 )   2125 - 30   2016年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Establishment and characterization of new cell lines of anaplastic pancreatic cancer, which is a rare malignancy: OCUP-A1 and OCUP-A2 査読

    Miura Kotaro, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Yamazoe Sadaaki, Ohira Go, Murata Akihiro, Nishio Kohei, Hasegawa Tsuyoshi, Yashiro Masakazu, Nakata Bunzo, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    BMC CANCER   16   268   2016年04月( ISSN:1471-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-016-2297-y

    PubMed

  • Lysyl oxidaseは低酸素状態における胃癌細胞の上皮間葉移行に関連している(Lysyl oxidase is associated with the epithelial-mesenchymal transition of gastric cancer cells in hypoxia) 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    シュプリンガー・ジャパン(株) Gastric Cancer   19 ( 2 )   431 - 442   2016年04月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    低酸素状態の胃癌細胞における上皮間葉移行(EMT)とlysyl oxidase(LOX)の関係を検討した。2種類の胃癌細胞株(OCUM-2MD3とOCUM-12)をin vitro試験に用いた。LOXの低分子干渉RNA(siRNA)がEMTに及ぼす影響、および低酸素状態での癌細胞の運動性を、逆転写PCR法、ウェスタンブロット法、創傷治癒アッセイ法および細胞浸潤アッセイ法により解析した。544例の胃癌患者におけるLOX発現と臨床病理学的特性との相関性を免疫組織化学法により検討した。低酸素状態によって、胃癌細胞のEMTに起因する多角細胞または紡錘状細胞が増加した。低酸素状態によって誘発された癌細胞のEMTは、LOXのsiRNA処理により抑制された。低酸素状態で遊走および浸潤する胃癌細胞数は、LOXノックダウンにより有意に減少した。LOXのsiRNAは、胃癌細胞のE-cadherin濃度を有意に増加させ、vimentin濃度を有意に低下させた。LOX発現は、深達度、腫瘍分化度、リンパ節転移、リンパ浸潤、血管浸潤および腹膜転移と有意に関係していた。多変量解析の結果、LOXは、全生存期間の独立したパラメータであった。

  • Lysyl oxidase is associated with the epithelial-mesenchymal transition of gastric cancer cells in hypoxia 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    GASTRIC CANCER   19 ( 2 )   431 - 442   2016年04月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-015-0510-3

    PubMed

  • Current status in remnant gastric cancer after distal gastrectomy 査読

    Ohira Masaichi, Toyokawa Takahiro, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Onoda Naoyoshi, Hirakawa Kosei

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   22 ( 8 )   2424 - 2433   2016年02月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v22.i8.2424

    PubMed

  • Fibroblast growth factor receptor signaling as therapeutic targets in gastric cancer 査読

    Yashiro Masakazu, Matsuoka Tasuku

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   22 ( 8 )   2415 - 2423   2016年02月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v22.i8.2415

    PubMed

  • Predictive Potential of Preoperative Nutritional Status in Long-Term Outcome Projections for Patients with Gastric Cancer 査読

    Sakurai Katsunobu, Ohira Masaichi, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   23 ( 2 )   525 - 533   2016年02月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-015-4814-7

    PubMed

  • Molecular targets for the treatment of pancreatic cancer: Clinical and experimental studies 査読

    Matsuoka Tasuku, Yashiro Masakazu

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   22 ( 2 )   776 - 789   2016年01月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v22.i2.776

    PubMed

  • Clinicopathological Correlations of Autophagy-related Proteins LC3, Beclin 1 and p62 in Gastric Cancer 査読

    Masuda Go, Yashiro Masakazu, Kitayama Kishu, Miki Yuichiro, Kasashima Hiroaki, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatshunari, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Masaichi Ohira, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   36 ( 1 )   129 - 136   2016年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinicopathological Correlations of Autophagy-related Proteins LC3, Beclin 1 and p62 in Gastric Cancer. 査読

    Masuda GO, Yashiro M, Kitayama K, Miki Y, Kasashima H, Kinoshita H, Morisaki T, Fukuoka T, Hasegawa T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Masaichi O, Hirakawa K

    Anticancer research   36 ( 1 )   129 - 36   2016年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 4ヵ月のプレドニゾロン療法とポリープ切除術により完全寛解したCronkhite-Canada症候群(Cronkhite-Canada Syndrome with Complete Remission after Four Months of Prednisolone Therapy and Polypectomy) 査読

    Namikawa Hiroki, Takemoto Yasuhiko, Kamata Noriko, Yashiro Masakazu, Hirohashi Kazuhiro, Shuto Taichi

    (一社)日本プライマリ・ケア連合学会 Journal of General and Family Medicine   16 ( 4 )   297 - 301   2015年12月( ISSN:2189-6577

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    66歳男。脱毛症、味覚異常および下痢のため受診した。全身性脱毛、爪異栄養症、皮膚色素沈着および両下肢浮腫がみられ、リウマチ因子、メタロプロテアーゼ3および抗CCP抗体の上昇から自己免疫疾患が疑われた。上部消化管内視鏡および大腸鏡検査にて胃、十二指腸および結腸にポリープが観察された。以上の所見はCronkhite-Canada症候群(CCS)に一致した。生検にて胃ポリープに過形成、結腸ポリープに過形成および腺腫がみられた。CCSの診断後速やかに経口プレドニゾロン療法を開始し、症状の著明な改善を得た。4ヵ月間のプレドニゾロン漸減投与により上部消化管ポリープは消失し、残存していた4個の結腸ポリープは切除された。結腸ポリープの1つに粘膜内腺癌が発見されたが、断端に悪性所見はなく、CCSの完全寛解が確認された。プレドニゾロン療法中止から9ヵ月現在、再発はみられなかった。

  • Diffuse-type gastric cancer cells switch their driver pathways from FGFR2 signaling to SDF1/CXCR4 axis in hypoxic tumor microenvironments 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Morisaki Tamami, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Noda Satoru, Hirakawa Kosei

    CARCINOGENESIS   36 ( 12 )   1511 - 1520   2015年12月( ISSN:0143-3334

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/carcin/bgv134

    PubMed

  • Cronkhite-Canada Syndrome with Complete Remission after Four Months of Prednisolone Therapy and Polypectomy 査読

    Namikawa Hiroki, Takemoto Yasuhiko, Kamata Noriko, Yashiro Masakazu, Hirohashi Kazuhiro, Shuto Taichi

    JOURNAL OF GENERAL AND FAMILY MEDICINE   16 ( 4 )   297 - 301   2015年12月( ISSN:2189-7948

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Transforming somatic mutations of mammalian target of rapamycin kinase in human cancer 査読

    Yamaguchi Hiroyuki, Kawazu Masahito, Yasuda Takahiko, Soda Manabu, Ueno Toshihide, Kojima Shinya, Yashiro Masakazu, Yoshino Ichiro, Ishikawa Yuichi, Sai Eirin, Mano Hiroyuki

    CANCER SCIENCE   106 ( 12 )   1687 - 1692   2015年12月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.12828

    PubMed

  • ヒト癌における哺乳類ラパマイシンキナーゼ標的蛋白質の形質転換体細胞変異(Transforming somatic mutations of mammalian target of rapamycin kinase in human cancer) 査読

    Yamaguchi Hiroyuki, Kawazu Masahito, Yasuda Takahiko, Soda Manabu, Ueno Toshihide, Kojima Shinya, Yashiro Masakazu, Yoshino Ichiro, Ishikawa Yuichi, Sai Eirin, Mano Hiroyuki

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   106 ( 12 )   1687 - 1692   2015年12月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ヒト癌における哺乳類ラパマイシン標的蛋白質(mTOR)遺伝子自体が体細胞変異を経て癌遺伝子となるか検討した。大細胞神経内分泌癌試料において、2209位のアミノ酸がロイシンからバリンに置換したmTORの体細胞非同義変異を同定した。mTOR(L2209V)変異はマウス3T3線維芽細胞を用いるフォーカス形成アッセイで顕著な形質転換能を示し、p70 S6キナーゼ、S6リボソーム蛋白質、真核生物翻訳開始因子4E結合蛋白質1のリン酸化を誘導した。追加の腫瘍標本や癌ゲノム変異データベースから種々の癌でmTORの別の独立した非同義変異が28同定され、そのうち12が形質転換能を示した。以上より、癌の変異によりmTORは形質転換能を獲得するため、このような腫瘍はmTOR阻害剤による分子標的治療の候補となり得ると考えられた。

  • Is Anaplastic Pancreatic Cancer Originated from Invasive Ductal Carcinoma of Pancreas? 査読

    Miura K., Kimura K., Amano R., Yamazoe S., Ohira G., Nishio K., Shibutani M., Sakurai K., Nagahara H., Toyokawa T., Kubo N., Tanaka H., Muguruma K., Otani H., Yashiro M., Maeda K., Ohira M., Hirakawa K.

    PANCREAS   44 ( 8 )   1398 - 1398   2015年11月( ISSN:0885-3177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Polymeric Micelle Platform for Multimodal Tomographic Imaging to Detect Scirrhous Gastric Cancer 査読

    Miura Yutaka, Tsuji Atsushi B., Sugyo Aya, Sudo Hitomi, Aok Ichio, Inubushi Masayuki, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Cabral Horacio, Nishiyama Nobuhiro, Saga Tsuneo, Kataoka Kazunori

    ACS BIOMATERIALS SCIENCE & ENGINEERING   1 ( 11 )   1067 - 1076   2015年11月( ISSN:2373-9878

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsbiomaterials.5b00142

  • Binding of Galectin-3, a beta-Galactoside-binding Lectin, to MUC1 Protein Enhances Phosphorylation of Extracellular Signal-regulated Kinase 1/2 (ERK1/2) and Akt, Promoting Tumor Cell Malignancy 査読

    Mori Yugo, Akita Kaoru, Yashiro Masakazu, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei, Murata Takeomi, Nakada Hiroshi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   290 ( 43 )   26125 - 26140   2015年10月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M115.651489

    PubMed

  • Identification of tumour-reactive lymphatic endothelial cells capable of inducing progression of gastric cancer 査読

    Tokumoto Mao Watanabe, Tanaka Hiroaki, Tauchi Yukie, Kasashima Hiroaki, Kurata Kento, Yashiro Masakazu, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Muguruma Kazuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   113 ( 7 )   1046 - 1054   2015年09月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2015.282

    PubMed

  • Prostaglandin D synthase is a potential novel therapeutic agent for the treatment of gastric carcinomas expressing PPAR gamma 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatsu Naoki, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   137 ( 5 )   1235 - 1244   2015年09月( ISSN:0020-7136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.29392

    PubMed

  • Epithelial mesenchymal transition may contribute to anaplastic change of pancreatic ductal adenocarcinoma 査読

    Miura Kotaro, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Yamazoe Sadaaki, Ohira Go, Nishio Kohei, Shibutani Masatsune, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-5276

  • Novel biomarkers for gastric cancer stem cells utilizing comparative proteomics analysis 査読

    Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Kakehashi Anna, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Wanibuchi Hideki, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-1405

  • Lysyl oxidase-like 2 (LOXL2) from cancer-associated fibroblasts stimulates the progression of gastric carcinoma 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Kitayama Kisyu, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-5063

  • SDF1 alpha/CXCR4 axis might be associated with growth-interaction between cancer-associated fibroblasts and gastric cancer cells in hypoxic tumor microenvironment 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kimura Kenjiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-436

  • Significance of an autophagy protein, microtubule-associated protein light chain 3 (LC3), in gastric cancer 査読

    Masuda Go, Yashiro Masakazu, Kasashima Hiroaki, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Chung Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-992

  • Molecular Alterations of Colorectal Cancer with Inflammatory Bowel Disease 査読

    Yashiro Masakazu

    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   60 ( 8 )   2251 - 2263   2015年08月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1007/s10620-015-3646-4

    PubMed

  • Bone marrow-derived stromal cells are associated with gastric cancer progression 査読

    Kasashima H., Yashiro M., Nakamae H., Masuda G., Kinoshita H., Morisaki T., Fukuoka T., Hasegawa T., Sakurai K., Toyokawa T., Kubo N., Tanaka H., Muguruma K., Ohira M., Nakane T., Hino M., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   113 ( 3 )   443 - 452   2015年07月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2015.236

  • Exosomal miRNAs from Peritoneum Lavage Fluid as Potential Prognostic Biomarkers of Peritoneal Metastasis in Gastric Cancer 査読

    Tokuhisa Motohiko, Ichikawa Yasushi, Kosaka Nobuyoshi, Ochiya Takahiro, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Kosaka Takashi, Makino Hirochika, Akiyama Hirotoshi, Kunisaki Chikara, Endo Itaru

    PLOS ONE   10 ( 7 )   e0130472   2015年07月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0130472

    PubMed

  • Tks5 activation in mesothelial cells creates invasion front of peritoneal carcinomatosis 査読

    Satoyoshi R., Aiba N., Yanagihara K., Yashiro M., Tanaka M.

    ONCOGENE   34 ( 24 )   3176 - 3187   2015年06月( ISSN:0950-9232

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/onc.2014.246

  • The Outcome of Surgical Treatment for Elderly Patients With Gastric Carcinoma 査読

    Sakurai Katsunobu, Muguruma Kazuya, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   111 ( 7 )   848 - 854   2015年06月( ISSN:0022-4790

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.23896

    PubMed

  • The pretreatment Controlling Nutritional Status (CONUT) score as an independent prognostic factor in patients with clinical Stage I-III esophageal squamous cell carcinoma 査読

    Toyokawa T., Kubo N., Shibutani M., Sakurai K., Nagahara H., Tanaka H., Muguruma K., Ohtani H., Yashiro M., Maeda K., Ohira M., Hirakawa K.

    ANNALS OF ONCOLOGY   26   2015年06月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdv233.45

  • Two-surgeon technique for liver transection using precoagulation by a soft-coagulation system and ultrasonic dissection. 査読

    Yamada N, Amano R, Kimura K, Murata A, Yashiro M, Tanaka S, Wakasa K, Hirakawa K

    Hepato-gastroenterology   62 ( 138 )   389 - 92   2015年03月( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Impact of Body Mass Index on Surgical Outcomes after Esophagectomy for Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読

    Hasegawa Tsuyoshi, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Yamashita Yoshito, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Shibutani Masatsune, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF GASTROINTESTINAL SURGERY   19 ( 2 )   226 - 233   2015年02月( ISSN:1091-255X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11605-014-2686-y

    PubMed

  • Protein-bound polysaccharide K suppresses tumor fibrosis in gastric cancer by inhibiting the TGF-beta signaling pathway 査読

    Shinbo Toshifumi, Fushida Sachio, Tsukada Tomoya, Harada Shinichi, Kinoshita Jun, Oyama Katsunobu, Okamoto Koichi, Ninomiya Itasu, Takamura Hiroyuki, Kitagawa Hirohisa, Fujimura Takeshi, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kousei, Ohta Tetsuo

    ONCOLOGY REPORTS   33 ( 2 )   553 - 558   2015年02月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2014.3636

    PubMed

  • Asporin activates coordinated invasion of scirrhous gastric cancer and cancer-associated fibroblasts 査読

    Satoyoshi R., Kuriyama S., Aiba N., Yashiro M., Tanaka M.

    ONCOGENE   34 ( 5 )   650 - 660   2015年01月( ISSN:0950-9232

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/onc.2013.584

  • Sentinel node navigation surgery for gastric cancer: Overview and perspective 査読

    Yashiro Masakazu, Matsuoka Tasuku

    WORLD JOURNAL OF GASTROINTESTINAL SURGERY   7 ( 1 )   1 - 9   2015年01月( ISSN:1948-9366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4240/wjgs.v7.i1.1

    PubMed

  • Recent advances in the HER2 targeted therapy of gastric cancer 査読

    Matsuoka Tasuku, Yashiro Masakazu

    WORLD JOURNAL OF CLINICAL CASES   3 ( 1 )   42 - 51   2015年01月( ISSN:2307-8960

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12998/wjcc.v3.i1.42

    PubMed

  • Agr2 Mediates Paracrine Effects on Stromal Fibroblasts That Promote Invasion by Gastric Signet-Ring Carcinoma Cells 査読

    Tsuji Tadahiro, Satoyoshi Rika, Aiba Namiko, Kubo Takanori, Yanagihara Kazuyoshi, Maeda Daichi, Goto Akiteru, Ishikawa Kazuo, Yashiro Masakazu, Tanaka Masamitsu

    CANCER RESEARCH   75 ( 2 )   356 - 366   2015年01月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-14-1693

    PubMed

  • Epigenetic modulation and repression of miR-200b by cancer-associated fibroblasts contribute to cancer invasion and peritoneal dissemination in gastric cancer 査読

    Kurashige Junji, Mima Kosuke, Sawada Genta, Takahashi Yusuke, Eguchi Hidetoshi, Sugimachi Keishi, Mori Masaki, Yanagihara Kazuyoshi, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Baba Hideo, Mimori Koshi

    CARCINOGENESIS   36 ( 1 )   133 - 141   2015年01月( ISSN:0143-3334

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/carcin/bgu232

    PubMed

  • New molecular staging with G-factor supplements TNM classification in gastric cancer: a multicenter collaborative research by the Japan Society for Gastroenterological Carcinogenesis G-Project committee 査読

    Sawada Tetsuji, Yashiro Masakazu, Sentani Kazuhiro, Oue Naohide, Yasui Wataru, Miyazaki Kohji, Kai Keita, Fushida Sachio, Fujimura Takashi, Ohira Masaichi, Kakeji Yoshihiro, Natsugoe Shoji, Shirabe Ken, Nomura Sachiyo, Shimada Yutaka, Tomita Naohiro, Hirakawa Kosei, Maehara Yoshihiko

    GASTRIC CANCER   18 ( 1 )   119 - 128   2015年01月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-014-0338-2

    PubMed

  • G-factorを加えたTNM分類による胃癌の新規分子ステージング 日本消化器癌発生学会のGプロジェクト委員会による多施設共同研究(New molecular staging with G-factor supplements TNM classification in gastric cancer: a multicenter collaborative research by the Japan Society for Gastroenterological Carcinogenesis G-Project committee) 査読

    Sawada Tetsuji, Yashiro Masakazu, Sentani Kazuhiro, Oue Naohide, Yasui Wataru, Miyazaki Kohji, Kai Keita, Fushida Sachio, Fujimura Takashi, Ohira Masaichi, Kakeji Yoshihiro, Natsugoe Shoji, Shirabe Ken, Nomura Sachiyo, Shimada Yutaka, Tomita Naohiro, Hirakawa Kosei, Maehara Yoshihiko

    シュプリンガー・ジャパン(株) Gastric Cancer   18 ( 1 )   119 - 128   2015年01月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Gプロジェクト委員会では、従来のTNM分類に分子生物学的特性に基づくG-factorを加えた新たな分類スキームを考案している。今回、胃癌に関する論文を検索し、G-factorの候補として8分子を選定した。根治的R0切除術を受けた胃癌患者210例から得られた切除標本を用いて、8分子に対する免疫染色を行い、臨床病理学的因子と各分子の発現との関連について検討した。8分子の免疫染色発現と術後再発の間に有意な相関は観察されなかった。しかし、p53およびマトリックスメタロプロテイナーゼ-7(MMP-7)の発現は全生存(OS)と有意に相関した。p53およびMMP-7の発現に基づいて210例を3群に分けた場合(G0群:両分子ともに陰性、G1群:どちらかが陽性、G2群:両分子ともに陽性)、G2群はG0群に比して有意に高い再発率を示した。多変量解析では、G2群が短い無病生存(DFS)と独立して関連することが示された。G2群のステージII患者はG0/G1群のステージII患者に比してOSとDFSに関して有意に予後が不良であり、生存曲線はステージIII患者と同様であった。p53およびMMP-7の発現に基づくG-factorは、ステージII/III胃癌の転帰を予測し、ステージII癌に対する治療選択において有用であると考えられた。

  • Cronkhite-Canada Syndrome with Complete Remission after Four Months of Prednisolone Therapy and Polypectomy 査読

    Namikawa Hiroki, Takemoto Yasuhiko, Kamata Noriko, Yashiro Masakazu, Hirohashi Kazuhiro, Shuto Taichi

    一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会 Journal of General and Family Medicine   16 ( 4 )   297 - 301   2015年( ISSN:2189-6577

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The etiology of and optimal treatments for Cronkhite-Canada syndrome (CCS) are still undetermined. Fewer than 5% of CCS patients experience complete remission and 15% of CCS patients develop malignancies. Here, we present a case of CCS involving autoimmune disorders, in which rapid diagnosis, rapid commencement of therapy, and complete remission were achieved after 4 months of prednisolone therapy and polypectomy, although biopsy specimens from all residual colonic polyps revealed adenocarcinoma in one polyp 4 months after prednisolone therapy. It is important to identify gastrointestinal or colonic polyps harboring malignant changes and to examine the involvement of autoimmune mechanisms for better outcomes in CCS patients.

    DOI: 10.14442/jgfm.16.4_297

    CiNii Article

  • gemcitabine感受性関連分子は切除不能・再発胆道癌におけるgemcitabine単独投与例の予後予測に有用か 査読

    三浦 光太郎, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖, 天野 良亮, 村田 哲洋, 仲田 文造, 木村 健二郎, 山添 定明, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   15 - 16   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.15

    CiNii Article

  • 胃癌組織における間質酵素Lysyl Oxidase family発現の臨床病理学的意義 査読

    笠島 裕明, 大平 雅一, 平川 弘聖, 八代 正和, 増田 剛, 木下 春人, 櫻井 克宜, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   43 - 44   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.43

    CiNii Article

  • 胃癌所属リンパ節内に浸潤する腫瘍関連マクロファージの臨床的意義 査読

    田内 幸枝, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 六車 一哉, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖, 田中 浩明, 崎村 千恵, 徳本 真央, 渋谷 雅常, 山添 定明, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   27 - 28   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.27

    CiNii Article

  • 胃癌微小環境の骨髄由来細胞は癌の進展に関与する 査読

    笠島 裕明, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 中根 孝彦, 日野 雅之, 平川 弘聖, 八代 正和, 中前 博久, 三木 友一朗, 北山 紀州, 増田 剛, 櫻井 克宜, 豊川 貴弘, 久保 尚士

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   31 ( 0 )   71 - 72   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.31.71

    CiNii Article

  • 胃癌予後マーカーとしてのRetinoblastoma binding protein 6(RBBP6)の意義 査読

    森崎 珠実, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 木下 春人, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   47 - 48   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.47

    CiNii Article

  • 胃癌におけるオートファジーの臨床病理学的意義 査読

    増田 剛, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖, 八代 正和, 北山 紀州, 笠島 裕明, 木下 春人, 福岡 達成, 森崎 珠美, 久保 尚士, 田中 浩明

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   31 ( 0 )   70 - 70   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.31.70

    CiNii Article

  • Two-Surgeon Technique For Liver Transection Using Precoagulation By A Soft-Coagulation System And Ultrasonic Dissection 査読

    Yamada Nobuya, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Murata Akihiro, Yashiro Masakazu, Tanaka Sayaka, Wakasa Kenichi, Hirakawa Kosei

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   62 ( 138 )   389 - 392   2015年( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5754/hge14950

  • MUC1 Protein Induces Urokinase-type Plasminogen Activator (uPA) by Forming a Complex with NF-kappa B p65 Transcription Factor and Binding to the uPA Promoter, Leading to Enhanced Invasiveness of Cancer Cells 査読

    Mori Yugo, Akita Kaoru, Tanida Shuhei, Ishida Akiko, Toda Munetoyo, Inoue Mizue, Yashiro Masakazu, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei, Nakada Hiroshi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   289 ( 51 )   35193 - 35204   2014年12月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M114.586461

    PubMed

  • Lysyl oxidase-like 2 (LOXL2) from stromal fibroblasts stimulates the progression of gastric cancer 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER LETTERS   354 ( 2 )   438 - 446   2014年11月( ISSN:0304-3835

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2014.08.014

    PubMed

  • Ulcerative colitis-associated colorectal cancer 査読

    Yashiro Masakazu

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   20 ( 44 )   16389 - 16397   2014年11月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.3748/wjg.v20.i44.16389

    PubMed

  • Early gastric cancer with suspected brain metastasis arising eight years after curative resection: a case report. 査読

    Sakurai K, Muguruma K, Murata A, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    BMC research notes   7   818   2014年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1756-0500-7-818

    PubMed

  • Comparative Proteomics Analysis of Gastric Cancer Stem Cells 査読

    Morisaki Tamami, Yashiro Masakazu, Kakehashi Anna, Inagaki Azusa, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Wanibuchi Hideki, Hirakawa Kosei

    PLOS ONE   9 ( 11 )   e110736   2014年11月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0110736

    PubMed

  • [A case of lymph node recurrence occurring nine years after surgery for sigmoid colon cancer]. 査読

    Togano S, Shibutani M, Maeda K, Yashiro M, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1614 - 6   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Stage IV small cell esophageal carcinoma that responded to various chemotherapeutic regimens with relative longevity - a case report]. 査読

    Yamakoshi Y, Kubo N, Ohira M, Sakurai K, Toyokawa T, Shibutani M, Yamazoe S, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   2021 - 3   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Effect of recombinant human soluble thrombomodulin in patients with solid carcinoma with DIC]. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Shibutani M, Yamazoe S, Noda S, Sakurai K, Nagahara H, Kimura K, Kawajiri H, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohtani H, Takashima T, Yashiro M, Onoda N, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   2503 - 5   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Pazopanib, a Novel Multitargeted Kinase Inhibitor, Shows Potent In Vitro Antitumor Activity in Gastric Cancer Cell Lines with FGFR2 Amplification 査読

    Kim Seung Tae, Jang Hye-Lim, Lee Su Jin, Lee Jeeyun, Choi Yoon-La, Kim Kyoung-Mee, Cho Jeonghee, Park Se Hoon, Park Young Suk, Lim Ho Yeong, Yashiro Masakazu, Kang Won Ki, Park Joon Oh

    MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS   13 ( 11 )   2527 - 2536   2014年11月( ISSN:1535-7163

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1535-7163.MCT-14-0255

    PubMed

  • Significance of Ductal Region in Anaplastic Pancreatic Cancer 査読

    Miura K., Kimura K., Amano R., Yamazoe S., Ohira G., Nishio K., Shibutani M., Sakurai K., Nagahara H., Toyokawa T., Kubo N., Tanaka H., Muguruma K., Otani H., Yashiro M., Maeda K., Ohira M., Hirakawa K.

    PANCREAS   43 ( 8 )   1391 - 1391   2014年11月( ISSN:0885-3177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 術後9年目に局所リンパ節再発を来したS状結腸癌の1例 査読

    栂野 真吾, 渋谷 雅常, 前田 清, 八代 正和, 永原 央, 大谷 博, 櫻井 克宣, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   41 ( 12 )   1614 - 1616   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は64歳、男性。55歳時にS状結腸癌に対してS状結腸切除術を施行した。術後5年間無再発で経過し、サーベイランス終了を予定していたが本人の希望で継続していた。術後9年目、CEA値の上昇を認めPET-CT検査を施行したところ、骨盤内に異常集積を伴う長径35mm大の腫瘍を認めた。腹骨盤CTおよびMRI検査の結果、S状結腸への浸潤を伴うリンパ節再発が疑われた。その他の部位に再発を示唆する病変を認めず、根治切除が可能と判断し、腫瘍摘出およびS状結腸切除を行った。病理検査の結果、リンパ節再発と診断された。現在、術後1年が経過するが無再発生存中である。術後5年以降の遠隔期再発についての報告は散見されるが、その特徴やサーベイランス法について文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • 様々な化学療法により長期生存したStage IVb食道小細胞癌の1例 査読

    山越 義仁, 久保 尚士, 大平 雅一, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 渋谷 雅常, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   41 ( 12 )   2021 - 2023   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    食道小細胞癌は、非常に予後が悪く、なかでもStage IVの長期生存例の報告は少ない。今回われわれは、種々の化学療法により約2年と比較的長期に生存したStage IVb食道小細胞癌の1例を経験したので報告する。症例は70歳、男性。主訴は心窩部不快感。上部消化管内視鏡検査で胸部中部食道に1型病変を認め、生検にて小細胞癌と診断された。胸腹部CT検査で多発肝転移、遠隔リンパ節転移を認め、食道小細胞癌cT3N4M1、cStage IVbと診断した。肺小細胞癌に準じてCDDP/CPT-11療法を開始。4コース施行後、腫瘍は著明に縮小し、PRと判定した。しかし、8コース施行後、腫瘍の再増大を認めたため、CBDCA/VP-16、AMR、NGT、CDGP/5-FUを順次投与したが腫瘍はしだいに増大し、治療開始から約2年後に永眠された。(著者抄録)

  • 固形癌DICに対する遺伝子組換えヒトトロンボモジュリン製剤の臨床的検討 査読

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 渋谷 雅常, 山添 定明, 野田 諭, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 川尻 成美, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 高島 勉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   41 ( 12 )   2503 - 2505   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景:固形癌患者は凝固活性亢進状態にあり、播種性血管内凝固症候群(DIC)の基礎疾患として重要である。一方で、新たなDIC治療薬として注目されている遺伝子組換えヒトトロンボモジュリン製剤(rTM)は、感染に伴うDICでの有用性は散見されるが、担癌患者における有用性の証明は十分とはいえない。今回、固形癌担癌患者のDICを対象とし、rTMの有用性・安全性について検討を行った。対象と方法:固形癌担癌患者のDICに対してrTMを投与した40例を対象とし、rTM製剤の有用性・安全性を検討した。結果:固形癌担癌患者40例のうち、消化器系17例(42.5%)、泌尿器系が15例(37.5%)などであった。13例(32.5%)がDIC離脱に成功しており、離脱までに要した日数の中央値は3.0日であった。有害事象は4例(10.0%)に出血傾向などが認められた。臨床因子との検討では、出血症状を有する症例は有意に離脱困難であった(p=0.043)。また、DIC離脱に成功した症例は有意に良好な転帰であった(p<0.001)。結語:固形癌担癌患者のDICに対し、rTM療法は治療選択肢の一つになると考えられた。(著者抄録)

  • Rho/ROCK signaling in motility and metastasis of gastric cancer 査読

    Matsuoka Tasuku, Yashiro Masakazu

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   20 ( 38 )   13756 - 13766   2014年10月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v20.i38.13756

    PubMed

  • Effect of cancer associated fibroblast on gastric cancer cells under hypoxia 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Masuda Go, Kasashima Hiroaki, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Shibutani Masatune, Yamazoe Sadaaki, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3612

  • Role of lysyl oxidase and lysyl oxidase-like 2 in gastric carcinoma 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Go Yukie, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Tokumoto Mao, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-1980

  • Tumor budding and E-cadherin expression are useful predictors of nodal involvement in T1 esophageal squamous cell carcinoma 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Onoda Naoyoshi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3818

  • The stemness of gastric cancer stem cells is sustained by TGF beta produced from cancer-associated fibroblasts 査読

    Yashiro Masakazu, Hasegawa Tsuyoshi, Fukuoka Tatsunari, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Kubo Naoshi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3863

  • The effect of PGE2 receptor inhibitor on the microenviroment of scirrhous gastric cancer 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Sakurai Katsunobu, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3606

  • Extent of intranodal macrophage correlates with lymph node metastasis of gastric cancer 査読

    Go Yukie, Tanaka Hiroaki, Tokumoto Mao, Okita Yoshihiro, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-1081

  • Establishment and characterization of two cell lines of anaplastic pancreatic cancer 査読

    Miura Kotaro, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Yamazoe Sadaaki, Hirata Keiichiro, Shibutani Masatsune, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3924

  • Stromal fibroblasts mediate extracellular matrix remodeling and invasion of scirrhous gastric carcinoma cells 査読

    Yamaguchi Hideki, Yanagihara Kazuyoshi, Yashiro Masakazu, Sakai Ryuichi

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3601

  • MicroRNA-145 is a potential prognostic factor of scirrhous type gastric cancer 査読

    Naito Yutaka, Yasuno Kyohei, Tagawa Hiroko, Sakamoto Naoya, Oue Naohide, Yashiro Masakazu, Sentani Kazuhiro, Goto Keisuke, Shinmei Shunsuke, Oo Htoo Zarni, Yanagihara Kazuyoshi, Hirakawa Kosei, Yasui Wataru

    ONCOLOGY REPORTS   32 ( 4 )   1720 - 1726   2014年10月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2014.3333

    PubMed

  • Significance of preoperative nutritional assessment for gastric cancer patients with gastrectomy 査読

    Sakurai Katsunobu, Muguruma Kazuya, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF SURGEONS   219 ( 4 )   E173 - E173   2014年10月( ISSN:1072-7515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Epigenetic silencing of miR-210 increases the proliferation of gastric epithelium during chronic Helicobacter pylori infection 査読

    Kiga Kotaro, Mimuro Hitomi, Suzuki Masato, Shinozaki-Ushiku Aya, Kobayashi Taira, Sanada Takahito, Kim Minsoo, Ogawa Michinaga, Iwasaki Yuka W., Kayo Hiroyuki, Fukuda-Yuzawa Yoko, Yashiro Masakazu, Fukayama Masashi, Fukao Taro, Sasakawa Chihiro

    NATURE COMMUNICATIONS   5   4497   2014年09月( ISSN:2041-1723

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms5497

    PubMed

  • The Role of PI3K/Akt/mTOR Signaling in Gastric Carcinoma 査読

    Matsuoka Tasuku, Yashiro Masakazu

    CANCERS   6 ( 3 )   1441 - 1463   2014年09月( ISSN:2072-6694

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers6031441

    PubMed

  • A prognostic indicator for the resection of liver metastasis of colorectal cancer 査読

    Amano Ryosuke, Yamada Nobuya, Nakata Bunzo, Kimura Kenjiro, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    SURGERY TODAY   44 ( 7 )   1287 - 1292   2014年07月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-013-0699-x

    PubMed

  • Comparative study of the antitumor activity of Nab-paclitaxel and intraperitoneal solvent-based paclitaxel regarding peritoneal metastasis in gastric cancer. 査読

    Kinoshita J, Fushida S, Tsukada T, Oyama K, Watanabe T, Shoji M, Okamoto K, Nakanuma S, Sakai S, Makino I, Furukawa H, Hayashi H, Nakamura K, Inokuchi M, Nakagawara H, Miyashita T, Tajima H, Takamura H, Ninomiya I, Fujimura T, Masakazu Y, Hirakawa K, Ohta T

    Oncology reports   32 ( 1 )   89 - 96   2014年07月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2014.3210

    PubMed

  • 大腸癌肝転移の切除の予後指標(A prognostic indicator for the resection of liver metastasis of colorectal cancer) 査読

    Amano Ryosuke, Yamada Nobuya, Nakata Bunzo, Kimura Kenjiro, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    シュプリンガー・ジャパン(株) Surgery Today   44 ( 7 )   1287 - 1292   2014年07月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大腸癌肝転移の外科的切除の予後を予測する指標を検討とした。大腸癌肝転移患者117例に132ヶ所の肝切除を施行した。肝転移の範囲を大腸癌取扱い規約(JCCRC)に従って分類し、患者をJCCRC分類および原発腫瘍のリンパ節浸潤の状態に基づいて病期別に分類した。生存期間中央値は58ヵ月であり、生存率は1年目が92.3%、3年目が60.0%、および5年目が46.1%であった。多変量解析では、JCCRC病期分類が生存期間中央値および5年生存率の独立予後指標であった。JCCRC病期分類は大腸癌肝転移における有意な予後指標であり、肝転移の治療の選択に有用な可能性があることが示された。

  • Carbonic anhydrase 9 is associated with chemosensitivity and prognosis in breast cancer patients treated with taxane and anthracycline 査読

    Aomatsu Naoki, Yashiro Masakazu, Kashiwagi Shinichiro, Kawajiri Hidemi, Takashima Tsutomu, Ohsawa Masahiko, Wakasa Kenichi, Hirakawa Kosei

    BMC CANCER   14   400   2014年06月( ISSN:1471-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2407-14-400

    PubMed

  • The Role of Type D Prostanoid Receptors and PPAR gamma in Gastric Cancer Progression 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Kinoshita Haruhito, Hasegawa Tsuyoshi, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   34 ( 6 )   2771 - 2778   2014年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The role of type D prostanoid receptors and PPARγ in gastric cancer progression. 査読

    Fukuoka T, Yashiro M, Morisaki T, Kinoshita H, Hasegawa T, Kasashima H, Masuda G, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Kubo N, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 6 )   2771 - 8   2014年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • The Impact of Combined Thoracoscopic and Laparoscopic Surgery on Pulmonary Complications After Radical Esophagectomy in Patients With Resectable Esophageal Cancer 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Yamashita Yoshito, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   34 ( 5 )   2399 - 2404   2014年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The impact of combined thoracoscopic and laparoscopic surgery on pulmonary complications after radical esophagectomy in patients with resectable esophageal cancer. 査読

    Kubo N, Ohira M, Yamashita Y, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 5 )   2399 - 404   2014年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Cancer-associated fibroblasts might sustain the stemness of scirrhous gastric cancer cells via transforming growth factor-beta signaling 査読

    Hasegawa Tsuyoshi, Yashiro Masakazu, Nishii Takafumi, Matsuoka Junko, Fuyuhiro Yuhiko, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Shimizu Kiyoshi, Shimizu Toshiyuki, Miwa Atsushi, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   134 ( 8 )   1785 - 1795   2014年04月( ISSN:0020-7136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.28520

    PubMed

  • Thoracoscopic Esophagectomy in the Prone Position Versus in the Lateral Position for Patients With Esophageal Cancer: A Comparison of Short-term Surgical Results 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Yamashita Yoshito, Sakurai Katsunobu, Lee Tomohiro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    SURGICAL LAPAROSCOPY ENDOSCOPY & PERCUTANEOUS TECHNIQUES   24 ( 2 )   158 - 163   2014年04月( ISSN:1530-4515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLE.0b013e31828fa6d7

    PubMed

  • OP-009-6 主要動脈浸潤を伴う局所進行膵癌に対する化学放射線療法後の外科切除の意義(OP-009 膵 膵癌-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 平田 啓一郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 仲田 文造, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-210-7 併存疾患を有する胃癌患者に対する鏡視下手術の周術期成績(PS-210 胃 高齢者-2・その他,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    櫻井 克宣, 六車 一哉, 石原 沙江, 西尾 康平, 田村 達郎, 平田 啓一郎, 渋谷 雅常, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 大谷 博, 八代 正和, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-207-3 胸部食道癌に対する腹臥位胸腔鏡下食道切除術の有用性(PS-207 食道 鏡視下手術-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    久保 尚士, 大平 雅一, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 渋谷 雅常, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 山下 好人, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-175-6 胃癌における間質酵素Lysyl Oxidase発現の臨床病理学的意義(PS-175 基礎 発癌・バイオマーカー・その他-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    笠島 裕明, 八代 正和, 増田 剛, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-135-7 スキルス胃癌微笑環境におけるプロスタグランジンE2の影響とその阻害剤の有効性(PS-135 胃 基礎-3,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 櫻井 克宣, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-134-7 胃癌におけるオートファジー関連分子p62/SQSTM1の臨床病理学的検討(PS-134 胃 基礎-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    増田 剛, 八代 正和, 笠島 裕明, 渡邊 真央, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 大谷 博, 六車 一哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-123-3 胃全摘術におけるNo.10リンパ節転移の意義(OP-123 胃 リンパ節郭清・手術適応,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 呉 幸枝, 笠島 裕明, 増田 剛, 渡邊 真央, 木下 春人, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-060-2 低酸素微小環境がスキルス胃癌に与える影響(OP-060 胃 基礎-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    木下 春人, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • The Niche Component Periostin Is Produced by Cancer-Associated Fibroblasts, Supporting Growth of Gastric Cancer through ERK Activation 査読

    Kikuchi Yoshinao, Kunita Akiko, Iwata Caname, Komura Daisuke, Nishiyama Takashi, Shimazu Kazuhiro, Takeshita Kimiko, Shibahara Junji, Kii Isao, Morishita Yasuyuki, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Miyazono Kohei, Kudo Akira, Fukayama Masashi, Kashima Takeshi G.

    AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY   184 ( 3 )   859 - 870   2014年03月( ISSN:0002-9440

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2013.11.012

    PubMed

  • MicroRNA-143 regulates collagen type III expression in stromal fibroblasts of scirrhous type gastric cancer 査読

    Naito Yutaka, Sakamoto Naoya, Oue Naohide, Yashiro Masakazu, Sentani Kazuhiro, Yanagihara Kazuyoshi, Hirakawa Kosei, Yasui Wataru

    CANCER SCIENCE   105 ( 2 )   228 - 235   2014年02月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.12329

    PubMed

  • Successful Resection of Esophageal Carcinoma with Aberrant Right Subclavian Artery Using Video-assisted Thoracoscopic Surgery: Report of Two Cases 査読

    Kasashima Hiroaki, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Keviura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   34 ( 2 )   899 - 904   2014年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • マイクロRNA-143はスキルス型胃癌の間質線維芽細胞におけるコラーゲンIII型発現を調節する(MicroRNA-143 regulates collagen type III expression in stromal fibroblasts of scirrhous type gastric cancer) 査読

    Naito Yutaka, Sakamoto Naoya, Oue Naohide, Yashiro Masakazu, Sentani Kazuhiro, Yanagihara Kazuyoshi, Hirakawa Kosei, Yasui Wataru

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   105 ( 2 )   228 - 235   2014年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    スキルス型胃癌(GC)の間質細胞におけるマイクロRNA(miRNA)-143(miR-143)の機能を検討し、miR-143と患者予後の関係を調べた。マイクロRNA(miRNA)マイクロアレイ分析により、非スキルス型よりもスキルス型GCにおいてより高レベルで発現するいくつかのmiRNAを同定し、miR-143の発現が高かった。in situハイブリダイゼーションおよび定量的RT-PCR分析では、miR-143は間質線維芽細胞に発現していたが、癌細胞によっては発現しなかった。間質細胞では、miR-143が転換増殖因子-β/SMADシグナル伝達の活性化を介して、正常胃線維芽細胞および癌関連線維芽細胞におけるコラーゲンIII型の発現を増強した。GCにおけるmiR-143高発現は癌特異的死亡率の悪化と関連していた。多変量解析では、miR-143が独立した予後因子であった。GC細胞株を5-aza-2'-deoxycytidineで処理するとmiR-143の発現が元に戻った。miR-143前駆体は癌細胞の浸潤を阻害した。

  • Successful resection of esophageal carcinoma with aberrant right subclavian artery using video-assisted thoracoscopic surgery: report of two cases. 査読

    Kasashima H, Kubo N, Ohira M, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 2 )   899 - 904   2014年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Stromal Fibroblasts Mediate Extracellular Matrix Remodeling and Invasion of Scirrhous Gastric Carcinoma Cells 査読

    Yamaguchi Hideki, Yoshida Nachi, Takanashi Miho, Ito Yuumi, Fukami Kiyoko, Yanagihara Kazuyoshi, Yashiro Masakazu, Sakai Ryuichi

    PLOS ONE   9 ( 1 )   e85485   2014年01月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0085485

    PubMed

  • Portal Vein Stenting to Treat Portal Vein Stenosis in a Patient With Malignant Tumor and Gastrointestinal Bleeding 査読

    Sakurai Katsunobu, Amano Ryosuke, Yamamoto Akira, Nishida Norifumi, Matsutani Shinya, Hirata Keiichiro, Kimura Kenjiro, Muguruma Kazuya, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL SURGERY   99 ( 1 )   91 - 95   2014年( ISSN:0020-8868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9738/INTSURG-D-13-00128.1

    PubMed

  • プロテオーム解析による胃癌幹細胞関連マーカーの同定 査読

    森崎 珠実, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 鰐渕 英機, 平川 弘聖, 八代 正和, 梯 アンナ, 笠島 裕明, 増田 剛, 木下 春人, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 ( 0 )   40 - 41   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.29.40

    CiNii Article

  • プロスタグランジンD2による胃癌抑制効果 査読

    福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 森崎 珠実, 大北 仁裕

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 ( 0 )   36 - 37   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.29.36

    CiNii Article

  • Gastric Metastasis From Renal Cell Carcinoma With Gastrointestinal Bleeding: A Case Report and Review of the Literature 査読

    Sakurai Katsunobu, Muguruma Kazuya, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL SURGERY   99 ( 1 )   86 - 90   2014年( ISSN:0020-8868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9738/INTSURG-D-13-00115.1

    PubMed

  • New molecular staging with G-factors (VEGF-C and Reg IV) by supplementing TNM classification in colorectal cancers 査読

    Sawada Tetsuji, Yashiro Masakazu, Sentani Kazuhiro, Oue Naohide, Yasui Wataru, Miyazaki Kohji, Kai Keita, Fujita Hideto, Nakamura Keishi, Maeda Kiyoshi, Kakeji Yoshihiro, Natsugoe Shoji, Shirabe Ken, Nomura Sachiyo, Shimada Yutaka, Tomita Naohiro, Hirakawa Kosei, Maehara Yoshihiko

    ONCOLOGY REPORTS   30 ( 6 )   2609 - 2616   2013年12月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2013.2787

    PubMed

  • Heregulin induces resistance to lapatinib-mediated growth inhibition of HER2-amplified cancer cells 査読

    Sato Yuji, Yashiro Masakazu, Takakura Nobuyuki

    CANCER SCIENCE   104 ( 12 )   1618 - 1625   2013年12月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.12290

    PubMed

  • ヘレグリンはHER2増幅性癌細胞のラパチニブ仲介増殖阻害に対する耐性を誘導する(Heregulin induces resistance to lapatinib-mediated growth inhibition of HER2-amplified cancer cells) 査読

    Sato Yuji, Yashiro Masakazu, Takakura Nobuyuki

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   104 ( 12 )   1618 - 1625   2013年12月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    胃癌および胃食道接合部癌において、HER3とHER4の特異的リガンドであるヘレグリン1(HRG1)が、HER2とEGF受容体の両者を標的化するチロシンキナーゼ阻害剤ラパチニブに対する耐性を付与する機構を、細胞系を用いたin vitro実験で調べた。HER2増幅性の胃癌および胃食道接合部癌はラパチニブに高い感受性を示した。HRG1をラパチニブと併用すると癌細胞は細胞周期停止やアポトーシスから救済されたが、HER3をsiRNAでダウンレギュレートするとHER2増幅性癌細胞のラパチニブ感受性が回復した。免疫ブロット解析からラパチニブ存在下においてHRG1はHER3とAKTを活性化し、活性化はHER2の残余活性により仲介されていた。HRG1が付与するラパチニブ耐性はPI3K/mTOR阻害剤やHER2の完全阻害により低下した。以上によりHRG1によるラパチニブ耐性にはHER3とAKT情報伝達の再活性化が関与し、HER2の残余活性に依存することが示された。

  • A c-Met inhibitor increases the chemosensitivity of cancer stem cells to the irinotecan in gastric carcinoma 査読

    Yashiro M., Nishii T., Hasegawa T., Matsuzaki T., Morisaki T., Fukuoka T., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   109 ( 10 )   2619 - 2628   2013年11月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2013.638

  • Binding of the Sialic Acid-binding Lectin, Siglec-9, to the Membrane Mucin, MUC1, Induces Recruitment of beta-Catenin and Subsequent Cell Growth 査読

    Tanida Shuhei, Akita Kaoru, Ishida Akiko, Mori Yugo, Toda Munetoyo, Inoue Mizue, Ohta Mariko, Yashiro Masakazu, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei, Nakada Hiroshi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   288 ( 44 )   31842 - 31852   2013年11月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M113.471318

    PubMed

  • 食道癌の化学放射線療法中に放射線性肺臓炎を来した5例の治療経験 査読

    櫻井 克宣, 久保 尚士, 渋谷 雅常, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   40 ( 12 )   2139 - 2142   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    食道癌に対する化学放射線療法(chemoradiotherapy:CRT)は、局所進行症例だけでなく切除可能例にも有効な治療法である。CRTに関連した有害事象の一つである放射線性肺臓炎(radiation pneumonitis:RP)は、重篤な経過をたどることがあり注意を要する。今回われわれは、CRT後に発症し、重症化した5例のRPを経験したので報告する。患者はすべて男性で、平均年齢は72(66〜76)歳であった。食道癌の病期はStage I、II、IVaがそれぞれ1、2、2例であった。総放射線照射量の平均値は51.8(43.4〜61.4)Gyであった。初発症状は発熱4例、血中CRP高値が1例で、咳嗽や呼吸困難などの呼吸器症状で発症したものは認めなかった。診断時期は放射線終了から平均6.8(1〜18)日で、全例胸部CT検査にてRPと診断された。5例中4例は人工呼吸器による集中治療が必要となり、全例にステロイドパルス治療が施行された。2例は軽快したが、3例は死亡した(1例は多臓器不全、2例は呼吸不全で死亡)。食道癌に対するCRT施行中に発熱やCRPの上昇を認めた場合、RPを念頭に置くことが重要である。(著者抄録)

  • [Successful treatment of locally advanced squamous cell carcinoma of the esophagus by combination chemotherapy with 5-fluorouracil plus nedaplatin following tracheal stent tube placement-a case report]. 査読

    Nishimura J, Kubo N, Lee T, Shinto O, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2112 - 4   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Five cases of severe radiation pneumonitis after chemoradiotherapy for esophageal cancer]. 査読

    Sakurai K, Kubo N, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2139 - 42   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Glyoxalase 1 as a candidate for indicating the metastatic potential of SN12C human renal cell carcinoma cell clones 査読

    Tanaka Toshiyuki, Kuramitsu Yasuhiro, Wang Yufeng, Baron Byron, Kitagawa Takao, Tokuda Kazuhiro, Hirakawa Kosei, Yashiro Masakazu, Naito Seiji, Nakamura Kazuyuki

    ONCOLOGY REPORTS   30 ( 5 )   2365 - 2370   2013年11月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2013.2699

    PubMed

  • 気管ステント留置後に5-FU/Nedaplatinが著効した切除不能進行食道癌の1例 査読

    西村 潤也, 久保 尚士, 李 友浩, 神藤 理, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 渋谷 雅常, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   40 ( 12 )   2112 - 2114   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は68歳、男性。主訴は嗄声、呼吸困難。上部消化管内視鏡検査にて門歯から30cmの胸部中部食道に1/4周性の3型腫瘍を認め、生検で中分化型扁平上皮癌であった。胸部CT検査では腫大した左反回神経周囲リンパ節が気管を圧排し、著明な気道狭窄を伴っていた。以上から、cT4(106recL-trachea)、N2(101L、106recL、106recR)、M0、Stage IVaの切除不能進行食道癌と診断した。呼吸困難を改善するために、気管ステント(spiral Z stent:直径18mm、長径80mm)を留置し、自覚症状が改善した後に、5-fluorouracil(5-FU)とnedaplatinを併用した化学療法を開始した。治療開始後、原発巣と転移リンパ節の著明な縮小を認めた。同療法を19コース施行したが、目立った有害事象は認めず、2年6ヵ月間、完全奏効(complete response:CR)を維持している。気道狭窄を伴う局所進行食道癌に対し気管ステント留置後に化学療法を行い、CRを得られたまれな症例を経験したので報告する。(著者抄録)

  • Tumor budding and E-cadherin expression are useful predictors of nodal involvement in T1 esophageal squamous cell carcinoma. 査読

    Nakagawa Y, Ohira M, Kubo N, Yamashita Y, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   33 ( 11 )   5023 - 9   2013年11月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Tumor Budding and E-Cadherin Expression Are Useful Predictors of Nodal Involvement in T1 Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読

    Nakagawa Yasuo, Ohira Masaichi, Kubo Naoshi, Yamashita Yoshito, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   33 ( 11 )   5023 - 5029   2013年11月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • IGF-1 receptor and IGF binding protein-3 might predict prognosis of patients with resectable pancreatic cancer 査読

    Hirakawa Toshiki, Yashiro Masakazu, Murata Akihiro, Hirata Keiichiro, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Yamada Nobuya, Nakata Bunzo, Hirakawa Kosei

    BMC CANCER   13   392   2013年08月( ISSN:1471-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2407-13-392

    PubMed

  • SPan-1 Is a Useful Prognostic Marker for Patients with Stage IV Gastric Cancer Who Underwent Palliative Gastrectomy: A Retrospective Multivariate Study 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   37 ( 7 )   1681 - 1687   2013年07月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-013-2016-7

    PubMed

  • Prognostic predictive values of gemcitabine sensitivity-related gene products for unresectable or recurrent biliary tract cancer treated with gemcitabine alone 査読

    Murata Akihiro, Amano Ryosuke, Yamada Nobuya, Kimura Kenjiro, Yashiro Masakazu, Nakata Bunzo, Hirakawa Kosei

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   11   117   2013年05月( ISSN:1477-7819

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1477-7819-11-117

    PubMed

  • Hypoxia Stimulates the EMT of Gastric Cancer Cells through Autocrine TGF beta Signaling 査読

    Matsuoka Junko, Yashiro Masakazu, Doi Yosuke, Fuyuhiro Yuhiko, Kato Yukihiro, Shinto Osamu, Noda Satoru, Kashiwagi Shinichiro, Aomatsu Naoki, Hirakawa Toshiki, Hasegawa Tsuyoshi, Shimizu Kiyoshi, Shimizu Toshiyuki, Miwa Atsushi, Yamada Nobuya, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    PLOS ONE   8 ( 5 )   e62310   2013年05月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0062310

    PubMed

  • Association of MHC Class I Expression and Lymph Node Metastasis of Gastric Carcinoma 査読

    Yoshii Mami, Tanaka Hiroaki, Ohira Masaichi, Muguruma Kazuya, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Yashiro Masakazu, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   60 ( 123 )   611 - 615   2013年05月( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5754/hge12433

    PubMed

  • Antitumor effect of prostaglandin D2 by peroxisome proliferator-activated receptor gamma (PPAR gamma)-dependent pathway in gastric carcinoma 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamammi, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatsu Naoki, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   73 ( 8 )   2013年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2013-3995

  • Design and synthesis of a series of alpha-benzyl phenylpropanoic acid-type peroxisome proliferator-activated receptor (PPAR) gamma partial agonists with improved aqueous solubility 査読

    Ohashi Masao, Oyama Takuji, Putranto Endy Widya, Waku Tsuyoshi, Nobusada Hiromi, Kataoka Ken, Matsuno Kenji, Yashiro Masakazu, Morikawa Kosuke, Huh Nam-ho, Miyachi Hiroyuki

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY   21 ( 8 )   2319 - 2332   2013年04月( ISSN:0968-0896

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2013.02.003

    PubMed

  • Significance of CXCR4/SDF-1 axis expression in gastric cancer under hypoxic enviroment 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatsu Naoki, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   73 ( 8 )   2013年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of E-cadherin and KRAS mutation may serve as biomarkers of cetuximab-based therapy in metastatic colorectal cancer 査読

    Nakamoto Kentaro, Nagahara Hisashi, Maeda Kiyoshi, Noda Eiji, Inoue Toru, Yashiro Masakazu, Nishiguchi Yukio, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ONCOLOGY LETTERS   5 ( 4 )   1295 - 1300   2013年04月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2013.1187

    PubMed

  • Successful resection of esophageal cancer with right aortic arch by video-assisted thoracoscopic surgery: a case report. 査読

    Kubo N, Ohira M, Lee T, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Kimura K, Nagahara H, Noda E, Amano R, Ohtani H, Yamashita Y, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   33 ( 4 )   1635 - 40   2013年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Successful Resection of Esophageal Cancer with Right Aortic Arch by Video-Assisted Thoracoscopic Surgery: A Case Report 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Lee Tomohiro, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Ohtani Hiroshi, Yamashita Yoshito, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   33 ( 4 )   1635 - 1640   2013年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PS-004-2 乳癌術前化学療法効果予測因子としての癌幹細胞マーカーの意義(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    青松 直撥, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • YT-6-6(YRA) 進行再発胆道癌gemcitabine治療症例におけるhENT1,dCK発現の意義(YT Young Researcher Award & Traveler's Grant,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    村田 哲洋, 天野 良亮, 平田 啓一郎, 木村 健二郎, 山田 靖哉, 仲田 文造, 永原 央, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • YT-4-1(YRA) 胃癌幹細胞関連蛋白の同定と臨床的意義(YT Young Researcher Award & Traveler's Grant,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 渡邊 真央, 大北 仁裕, 福岡 達成, 長谷川 毅, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 梯 アンナ, 鰐渕 英機, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • WS-5-6 ニッチ線維芽細胞はTGF一βによってスキルス胃癌幹細胞の幹細胞性を維持する(WS ワークショップ,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    長谷川 毅, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • WS-4-2 スキルス胃がん幹細胞の特性(WS ワークショップ,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    八代 正和, 長谷川 毅, 西居 孝文, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 櫻井 克宣, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • VF-061-3 安全確実な膵空腸吻合を目指した手技の工夫(VF ビデオフォーラム,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山田 靖哉, 平田 啓一郎, 村田 哲洋, 永原 央, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-305-4 4型スキルス胃癌腹膜播種転移の分子機序と新たな治療戦略(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 野田 論, 木下 春人, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 青松 直擾, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真美, 李 友浩, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-304-3 胃癌腹膜播種細胞株に対するヒストン脱アセチル化酵素阻害剤バルプロ酸ナトリウムの増殖抑制効果(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    伏田 幸夫, 柄田 智也, 木下 淳, 尾山 勝信, 岡本 浩一, 中村 慶史, 田島 秀浩, 高村 博之, 二宮 致, 藤村 隆, 太田 哲生, 八代 正和, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-115-3 膵癌における癌間質相互作用の役割とIGFシグナルの関与(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平川 俊基, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 長谷川 毅, 青松 直撲, 吉井 真美, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-057-4 胃癌癌性腹水・術中洗浄水及び細胞株におけるエクソソームmiRNAの発現解析(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    徳久 元彦, 市川 靖史, 小坂 展慶, 落谷 孝広, 八代 正和, 平川 弘聖, 小坂 隆司, 小野 秀高, 秋山 浩利, 國埼 主税, 遠藤 格

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-051-6 スキルス胃癌細胞の増殖能におよぼす癌周囲微小環境の影響(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    木下 春人, 八代 正和, 渡辺 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 福岡 達成, 青松 直擾, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-039-3 胸部食道癌患者に対する鏡視下食道切除術は術後肺合併症の発生を抑制するか(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大平 雅一, 久保 尚士, 李 友浩, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 野田 英児, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 山下 好人, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-013-2 トリプルネガティブ乳癌における基礎的研究と新たな分子標的治療の可能性(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    柏木 伸一郎, 八代 正和, 青松 直撥, 川尻 成美, 池田 克実, 高島 勉, 小川 佳成, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • c-Kit expression as a prognostic molecular marker in patients with basal-like breast cancer 査読

    Kashiwagi S., Yashiro M., Takashima T., Aomatsu N., Kawajiri H., Ogawa Y., Onoda N., Ishikawa T., Wakasa K., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF SURGERY   100 ( 4 )   490 - 496   2013年03月( ISSN:0007-1323

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bjs.9021

  • Locoregional recurrence after neoadjuvant chemotherapy. 査読

    Yashiro M, Aomatsu N, Takashima T

    Gland surgery   2 ( 1 )   40 - 1   2013年02月( ISSN:2227-684X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3978/j.issn.2227-684X.2012.12.01

    PubMed

  • MUC1 and HER2 might be Associated with Invasive Phenotype of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm 査読

    Ohira Go, Kimura Kenjiro, Yamada Nobuya, Amano Ryosuke, Nakata Bunzo, Doi Yosuke, Murata Akihiro, Yashiro Masakazu, Tanaka Sayaka, Ohsawa Masahiko, Wakasa Kenichi, Hirakawa Kosei

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   60 ( 125 )   1067 - 1072   2013年( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5754/hge121268

    PubMed

  • Port Site Metastasis After Laparoscopic-Assisted Distal Gastrectomy (LADG) 査読

    Sakurai Katsunobu, Tanaka Hiroaki, Lee Tomohiro, Muguruma Kazuya, Kubo Naoshi, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL SURGERY   98 ( 4 )   363 - 366   2013年( ISSN:0020-8868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9738/INTSURG-D-13-00049.1

    PubMed

  • Coordinated expression of REG4 and aldehyde dehydrogenase 1 regulating tumourigenic capacity of diffuse-type gastric carcinoma-initiating cells is inhibited by TGF-beta 査読

    Katsuno Yoko, Ehata Shogo, Yashiro Masakazu, Yanagihara Kazuyoshi, Hirakawa Kosei, Miyazono Kohei

    JOURNAL OF PATHOLOGY   228 ( 3 )   391 - 404   2012年11月( ISSN:0022-3417

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/path.4020

    PubMed

  • [Mechanisms responsible for the progression of scirrhous gastric cancer]. 査読

    Yashiro M, Ohira M, Muguruma K, Shinto O, Hirakawa K

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   70 ( 10 )   1812 - 6   2012年10月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • PAZOPANIB, A NOVEL MULTI-TARGETED KINASE INHIBITOR, SHOWS POTENT IN VITRO ANTITUMOR ACTIVITY IN GASTRIC CANCER CELL LINES WITH FGFR2 AMPLIFICATION 査読

    Park J. O., Jang H. -L., Lee J., Choi Y. -L., Kim K. -M., Cho J., Park S. H., Park Y. S., Lim H. Y., Yashiro M., Kang W. K.

    ANNALS OF ONCOLOGY   23   27 - 27   2012年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CD133 Is a Useful Surrogate Marker for Predicting Chemosensitivity to Neoadjuvant Chemotherapy in Breast Cancer 査読

    Aomatsu Naoki, Yashiro Masakazu, Kashiwagi Shinichiro, Takashima Tsutomu, Ishikawa Tetsuro, Ohsawa Masahiko, Wakasa Kenichi, Hirakawa Kosei

    PLOS ONE   7 ( 9 )   e45865   2012年09月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0045865

    PubMed

  • SIGNIFICANCE OF C-MET AS A THERAPEUTIC TARGET IN TRIPLE-NEGATIVE BREAST CANCER 査読

    Kashiwagi S., Yashiro M., Aomatsu N., Kawajiri H., Takashima T., Onoda N., Ishikawa T., Hirakawa K.

    ANNALS OF ONCOLOGY   23   84 - 84   2012年09月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Foretinib (GSK1363089), a multi-kinase inhibitor of MET and VEGFRs, inhibits growth of gastric cancer cell lines by blocking inter-receptor tyrosine kinase networks 査読

    Kataoka Yu, Mukohara Toru, Tomioka Hideo, Funakoshi Yohei, Kiyota Naomi, Fujiwara Yutaka, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Hirai Midori, Minami Hironobu

    INVESTIGATIONAL NEW DRUGS   30 ( 4 )   1352 - 1360   2012年08月( ISSN:0167-6997

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10637-011-9699-0

    PubMed

  • VEGF-A/VEGFR-2 Signaling Plays an Important Role for the Motility of Pancreas Cancer Cells 査読

    Doi Yosuke, Yashiro Masakazu, Yamada Nobuya, Amano Ryosuke, Noda Satoru, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   19 ( 8 )   2733 - 2743   2012年08月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-011-2181-6

    PubMed

  • Successful resection of esophageal carcinoma associated with double aortic arch: a case report. 査読

    Kubo N, Ohira M, Yamashita Y, Sakurai K, Tanaka H, Muguruma K, Kimura K, Nagahara H, Noda E, Amano R, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   32 ( 8 )   3351 - 5   2012年08月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Successful Resection of Esophageal Carcinoma Associated with Double Aortic Arch: A Case Report 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Yamashita Yoshito, Sakurai Katsunobu, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   32 ( 8 )   3351 - 3355   2012年08月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Concurrent biological targeting therapy of squamous cell carcinoma of the esophagus with cetuximab and trastuzumab 査読

    Yamazaki Masanao, Yamashita Yoshito, Kubo Naoshi, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Ako Eiji, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    ONCOLOGY REPORTS   28 ( 1 )   49 - 54   2012年07月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2012.1803

    PubMed

  • Correlation between efficacy of PSK postoperative adjuvant immunochemotherapy for gastric cancer and expression of MHC class I 査読

    Ito Gentaro, Tanaka Hiroaki, Ohira Masaichi, Yoshii Mami, Muguruma Kazuya, Kubo Naoshi, Yashiro Masakazu, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE   3 ( 6 )   925 - 930   2012年06月( ISSN:1792-0981

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/etm.2012.537

    PubMed

  • Expression of Forkhead box P3 in tumour cells causes immunoregulatory function of signet ring cell carcinoma of the stomach 査読

    Yoshii M., Tanaka H., Ohira M., Muguruma K., Iwauchi T., Lee T., Sakurai K., Kubo N., Yashiro M., Sawada T., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   106 ( 10 )   1668 - 1674   2012年05月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2012.141

  • Role of the Stemness Factors Sox2, Oct3/4, and Nanog in Gastric Carcinoma 査読

    Matsuoka Junko, Yashiro Masakazu, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF SURGICAL RESEARCH   174 ( 1 )   130 - 135   2012年05月( ISSN:0022-4804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jss.2010.11.903

    PubMed

  • Polymeric micelles incorporating (1,2-diaminocyclohexane)platinum (II) suppress the growth of orthotopic scirrhous gastric tumors and their lymph node metastasis 査読

    Rafi Md, Cabral H., Kano M. R., Mi P., Iwata C., Yashiro M., Hirakawa K., Miyazono K., Nishiyama N., Kataoka K.

    JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE   159 ( 2 )   189 - 196   2012年04月( ISSN:0168-3659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jconrel.2012.01.038

  • PI3K/Akt signalling is required for the attachment and spreading, and growth in vivo of metastatic scirrhous gastric carcinoma 査読

    Matsuoka T., Yashiro M., Nishioka N., Hirakawa K., Olden K., Roberts J. D.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   106 ( 9 )   1535 - 1542   2012年04月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2012.107

  • An EGFR inhibitor enhances the efficacy of SN38, an active metabolite of irinotecan, in SN38-refractory gastric carcinoma cells 査読

    Yashiro Masakazu, Qiu Hong, Hasegawa Tsuyoshi, Zhang Xiaotian, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsuynari, Aomatsu Naoki, Hirakawa Toshiki, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-780

  • Effect of neoadjuvant therapy for the number of lymph node micrometastasis in esophageal squamous cell carcinoma 査読

    Lee Tomohiro, Tanaka Hiroaki, Yoshii Mami, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjirou, Amano Ryousuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Onoda Naoyoshi, Sawada Tetsuji, Nakata Bunzo, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsurou, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-3440

  • Comparison proteome analysis of scirrhous gastric carcinoma stem cell-like SP and hypoxia-resistant cell lines 査読

    Morisaki Tamami, Yashiro Masakazu, Kakehashi Anna, Okita Yoshihiro, Fukuoka Tatsunari, Aomatsu Naoki, Yoshii Mami, Hasegawa Tsuyoshi, Matsuoka Junko, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Nakata Bunzo, Ohira Masaichi, Wanibuchi Hideki, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-3380

  • Clinical significance of insulin-like growth factor 1 receptor (IGF1R) expression in pancreatic cancer 査読

    Hirakawa Toshiki, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Aomatsu Naoki, Fukuoka Tatsunari, Yoshii Mami, Hasegawa Tsuyoshi, Matsuoka Junko, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Nakata Bunzo, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-708

  • CD133 is a useful surrogate marker to predict chemosensitivity of neoadjuvant chemotherapy for breast cancer 査読

    Aomatsu Naoki, Yashiro Masakazu, Kashiwagi Shinichiro, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hirakawa Tosiki, Hasegawa Tsuyoshi, Matsuoka Junko, Takashima Tsutomu, Kawajiri Hidemi, Onoda Naoyoshi, Ishikawal Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-707

  • Cancer-associated fibroblasts mediate extracellular matrix remodeling and three-dimensional invasion of scirrhous gastric carcinoma cells 査読

    Yamaguchi Hideki, Yanagihara Kazuyoshi, Yashiro Masakazu, Sakai Ryuichi

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-47

  • Antitumor effect of prostaglandin E2 receptor inhibitors in gastric carcinoma 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatshu Naoki, Matsuoka Junko, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-1211

  • Predictive value of metastatic lymph node ratio in diagnosis of recurrence after surgical resection of gastric cancer 査読

    Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yoshii Mami, Lee Tomohiro, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Yashiro Masakazu, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-3396

  • The expression of human equilibrative nucleoside transporter 1 (hENT1) is associated with overall survival in advanced biliary tract carcinoma (BTC) treated with gemcitabine 査読

    Murata Akihiro, Amano Ryousuke, Kimura Kenjiro, Yamada Nobuya, Nakata Bunzo, Nagahara Hisashi, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsurou, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-711

  • The epithelial-mesenchymal transition of gastric cancer cells was stimulated by TGF beta R signaling in hypoxia 査読

    Matsuoka Junko, Yashiro Masakazu, Aomatsu Naoki, Hirakawa Toshiki, Hasegawa Tsuyoshi, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-2411

  • TGF-beta from niche fibroblasts increases the stemness cancer stem cell-like side population cells in gastric cancer 査読

    Hasegawa Tsuyoshi, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Aomatsu Naoki, Hirakawa Toshiki, Fukuoka Tatsunari, Matsuoka Junko, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-3337

  • Relationship between loss of heterozygosity of HLA-A gene and HLA class I expression in gastric cancer 査読

    Yoshii Mami, Tanaka Hiroaki, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-514

  • Cancer-associated orthotopic myofibroblasts stimulates the motility of gastric carcinoma cells 査読

    Fuyuhiro Yuhiko, Yashiro Masakazu, Noda Satoru, Matsuoka Junko, Hasegawa Tsuyoshi, Kato Yukihiro, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    CANCER SCIENCE   103 ( 4 )   797 - 805   2012年04月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2012.02209.x

    PubMed

  • 癌に関連した同所性筋線維芽細胞は胃癌細胞の運動性を刺激する(Cancer-associated orthotopic myofibroblasts stimulates the motility of gastric carcinoma cells) 査読

    Fuyuhiro Yuhiko, Yashiro Masakazu, Noda Satoru, Matsuoka Junko, Hasegawa Tsuyoshi, Kato Yukihiro, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   103 ( 4 )   797 - 805   2012年04月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    癌に関連した同所性線維芽細胞(CaF)-29とCaF-33を腫瘍胃壁から、正常な同所性線維芽細胞(NF)-29とNF-33を非腫瘍胃壁から樹立した。α-平滑筋アクチン陽性線維芽細胞を筋線維芽細胞と定義したところ、筋線維芽細胞の比率はCaF-29が33%、CaF-33が46%で、NF-29の11%、NF-33の13%に比べて高かった。同所性線維芽細胞株は四つとも胃癌細胞の運動性(遊走能と浸潤能を含む)を増加させたが、その運動刺激活性はCaF-29とCaF-33の方がNF-29とNF-33に比べて有意に大きかった。CaFの運動刺激活性はSmad2 siRNA処理および抗形質転換増殖因子-β中和抗体によりダウンレギュレートされた。以上より、癌に関連した同所性筋線維芽細胞は胃癌の進行に重要な役割を果たしている可能性があることが示唆された。筋線維芽細胞により産生される形質転換増殖因子-βは胃癌細胞株の侵攻性に関連する因子の一つであると考えられた。

  • PS-005-5 低酸素環境下における胃癌細胞の上皮間葉転換(EMT)の機序と阻害剤の検討(PS-005 胃 基礎-1,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    松岡 順子, 八代 正和, 青松 直撥, 平川 俊基, 長谷川 毅, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-093-3 大腸癌先進部における低分化胞巣の臨床的意義(SF-093 サージカルフォーラム(93)大腸 病理,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    渋谷 雅常, 野田 英児, 前田 清, 永原 央, 井上 透, 川尻 成美, 木村 健二郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 西口 幸雄, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-064-2 ニッチ線維芽細胞は胃癌幹細胞様SP細胞分画を増加させる(SF-064 サージカルフォーラム(64)胃 基礎-3,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    長谷川 毅, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 吉井 真美, 松岡 順子, 櫻井 克宣, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-064-1 腹腔内微小環境下における線維化メカニズムの解明とその制御(SF-064 サージカルフォーラム(64)胃 基礎-3,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    伏田 幸夫, 寺井 志郎, 柄田 智也, 八木 康道, 木下 淳, 尾山 勝信, 岡本 浩一, 中村 慶史, 牧野 勇, 藤田 秀人, 田島 秀浩, 高村 博之, 二宮 致, 藤村 隆, 八代 正和, 平川 弘聖, 太田 哲生

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-034-1 膵頭十二指腸切除後の周術期および遠隔期合併症の検証(SF-034 サージカルフォーラム(34)膵 合併症-2,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    天野 良亮, 山田 靖哉, 木村 健二郎, 村田 哲洋, 櫻井 克宣, 平田 啓一郎, 松岡 順子, 川尻 成美, 永原 央, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-023-2 乳癌術前化学療法における低酸素マーカーCarbonic anhydrase9の有用性(SF-023 サージカルフォーラム(23)乳腺 基礎-1,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    青松 直撥, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 松岡 順子, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • VD-009-5 腹腔鏡下大腸癌手術における縫合不全ゼロを目指したDST吻合法の工夫(VD-009 ビデオセッション(9)直腸 鏡視下-1,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    永原 央, 前田 清, 野田 英児, 渋谷 雅常, 木村 健二郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 八代 正和, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-148-7 膵癌におけるIGF1R発現と予後の相関関係(PS-148 膵 基礎-2,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平川 俊基, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 吉井 真美, 長谷川 毅, 青松 直撥, 松岡 順子, 村田 哲洋, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保尚士, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-129-5 胃癌リンパ節転移は,HLA class I発現低下と相関する(PS-129 胃 基礎-5,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    吉井 真美, 田中 浩明, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 六車 一哉, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-128-1 長期成績からみた胃癌幽門側切除後消化管再建法についての検討(PS-128 胃 手術手技,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    六車 一哉, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 久保 尚士, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 八代 正和, 山田 靖哉, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-124-8 原発性十二指腸癌切除例の検討(PS-124 胃 臨床,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平田 啓一郎, 天野 良亮, 山田 靖哉, 木村 健二郎, 村田 哲洋, 櫻井 克宣, 川尻 成美, 永原 央, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 八代 正和, 前田 清, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-068-6 食道癌に対する術前治療のリンパ節微小転移個数に及ぼす効果(PS-068 食道 基礎・病理,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    李 友浩, 田中 浩明, 森本 純也, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 六車 一哉, 山田 靖哉, 八代 正和, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-063-2 術後合併症からみた胸部食道癌手術における腹腔鏡補助下胃管作成術(HALS)の有用性(PS-063 食道 術後合併症,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大平 雅一, 久保 尚士, 田中 浩明, 櫻井 克宜, 六車 一哉, 李 友浩, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 八代 正和, 山田 靖哉, 前田 清, 山下 好人, 澤田 鉄二, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-018-1 大腸癌同時性腹膜播種症例の臨床病理学的検討(PS-018 大腸 腹膜播種,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    野田 英児, 前田 清, 永原 央, 井上 透, 木村 健二郎, 天野 良亮, 渋谷 雅常, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 山田 靖哉, 高島 勉, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 川尻 成美, 西口 幸男, 大平 雅一, 石川 哲郎, 池原 照幸, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-010-3 未分化型早期胃癌に対する組織型からみた外科治療戦略(PS-010 胃 手術適応-2,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    田中 浩明, 六車 一哉, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 山田 靖哉, 八代 正和, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-009-2 外科的切除を行なったstage IV胃癌患者の予後因子の検討(PS-009 胃 手術適応-1,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    久保 尚士, 櫻井 克宣, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 澤田 鉄二, 山下 好人, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 高島 勉, 山田 靖哉, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-008-7 胃癌によるCD11b陽性樹状細胞誘導の意義(PS-008 胃 基礎-4,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大北 仁裕, 田中 浩明, 岩内 武彦, 吉井 真実, 李 友浩, 久保 尚士, 六車 一哉, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-007-8 胃癌における血清SPan-1およびCEA高値例の臨床病理学的意義(PS-007 胃 基礎-3,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 大北 仁裕, 福岡 達成, 青松 直撥, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真実, 松岡 順子, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-007-1 スキルス胃癌に対するプロスタグランジンE2受容体(EP2)阻害剤の有効性(PS-007 胃 基礎-3,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 青松 直撥, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真実, 松岡 順子, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • スキルス胃癌に対するペプチドワクチン療法 : 新規エピトープペプチドの同定 査読

    田中 浩明, 岩内 武彦, 六車 一哉, 吉井 真美, 久保 尚士, 八代 正和, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科系連合学会誌   37 ( 1 )   36 - 40   2012年02月( ISSN:03857883

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Plasminogen activator inhibitor 1 RNAi suppresses gastric cancer metastasis in vivo 査読

    Nishioka Nobuaki, Matsuoka Tasuku, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Olden Kenneth, Roberts John D.

    CANCER SCIENCE   103 ( 2 )   228 - 232   2012年02月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2011.02155.x

    PubMed

  • CY1P0胃癌において肉眼型およびSmad2シグナルは予後マーカーとして有用である 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 野田 諭, 桜井 克宣, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   ( 27 )   41 - 42   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.27.41

    CiNii Article

  • NC-6301, a polymeric micelle rationally optimized for effective release of docetaxel, is potent but is less toxic than native docetaxel in vivo 査読

    Harada Mitsunori, Iwata Caname, Saito Hiroyuki, Ishii Kenta, Hayashi Tatsuyuki, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Miyazono Kohei, Kato Yasuki, Kano Mitsunobu R.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF NANOMEDICINE   7   2713 - 2727   2012年( ISSN:1178-2013

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/IJN.S31247

    PubMed

  • E-cadherin発現およびKras変異を分子マーカーとする切除不能大腸癌に対するCetuximabの治療効果 査読

    中本 健太郎, 永原 央, 野田 英児, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   ( 27 )   59 - 60   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.27.59

    CiNii Article

  • Predictive Value of Expression of ERCC 1 and GST-p for 5-Fluorouracil/Oxaliplatin Chemotheraphy in Advanced Colorectal Cancer 査読

    Noda Eiji, Maeda Kiyoshi, Inoue Toru, Fukunaga Shinya, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatsune, Amano Ryosuke, Nakata Bunzo, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   59 ( 113 )   130 - 133   2012年( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5754/hge11022

    PubMed

  • 胃癌における多能性維持因子発現と癌幹細胞との関連についての検討 査読

    松岡 順子, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖, 八代 正和, 青松 直撥, 平川 俊基, 長谷川 毅, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   ( 27 )   13 - 14   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.27.13

    CiNii Article

  • 乳癌術前化学療法効果予測における癌幹細胞マーカーCD133の意義 査読

    青松 直撥, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖, 八代 正和, 森崎 珠美, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 松岡 順子, 柏木 伸一郎, 高島 勉

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   ( 27 )   51 - 51   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.27.51

    CiNii Article

  • スキルス胃癌に特徴的な分子と標的治療 査読

    八代 正和, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖, 福岡 達成, 森崎 珠美, 青松 直撥, 平川 俊基, 長谷川 毅, 松岡 順子, 桜井 克宣, 久保 尚士

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   ( 27 )   5 - 6   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.27.5

    CiNii Article

  • スキルス胃癌に対するペプチドワクチン療法―新規エピトープペプチドの同定― 査読

    田中 浩明, 岩内 武彦, 六車 一哉, 吉井 真美, 久保 尚士, 八代 正和, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科系連合学会 日本外科系連合学会誌   37 ( 1 )   36 - 40   2012年( ISSN:0385-7883

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    スキルス胃癌は,高率にリンパ節転移や腹膜播種転移をきたす予後不良な疾患であり,現在の外科治療,化学療法では有効性が未だ不十分である.癌に対するワクチン療法は,副作用がない安全な治療法であり,各種癌腫に対する臨床試験が進みその有効性が示されつつある.ワクチン療法の効果を上げるためには,強い免疫原性を有する癌拒絶抗原の同定が必須である.今回の研究では,スキルス胃癌におけるES細胞の腫瘍形成に関与するERasの発現を検討し,HLA-A*2402拘束性ペプチドの同定を試みた.スキルス胃癌においてERasは26%の症例に発現を認めた.ERas蛋白由来の9merのペプチド(FALDDPSSL)により誘導された細胞傷害性T細胞(CTL)は,ERasを内在性に発現している癌細胞株に対してHLA拘束性に細胞傷害効果を示した.つまり,ERasはスキルス胃癌において癌抗原となり,ペプチドワクチン療法に応用できる可能性が示唆された.

    DOI: 10.4030/jjcs.37.36

    CiNii Article

  • Bone Morphogenetic Protein-2 and-4 Play Tumor Suppressive Roles in Human Diffuse-Type Gastric Carcinoma 査読

    Shirai Yo-taro, Ehata Shogo, Yashiro Masakazu, Yanagihara Kazuyoshi, Hirakawa Kosei, Miyazono Kohei

    AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY   179 ( 6 )   2920 - 2930   2011年12月( ISSN:0002-9440

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2011.08.022

    PubMed

  • Borrmann's Macroscopic Criteria and p-Smad2 Expression Are Useful Predictive Prognostic Markers for Cytology-Positive Gastric Cancer Patients Without Overt Peritoneal Metastasis 査読

    Noda Satoru, Yashiro Masakazu, Toyokawa Takahiro, Morimoto Jyunya, Shinto Osamu, Muguruma Kazuya, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   18 ( 13 )   3718 - 3725   2011年12月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-011-1768-2

    PubMed

  • Linoleic acid enhances angiogenesis through suppression of angiostatin induced by plasminogen activator inhibitor 1 査読

    Nishioka N., Matsuoka T., Yashiro M., Hirakawa K., Olden K., Roberts J. D.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   105 ( 11 )   1750 - 1758   2011年11月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2011.434

  • An EGFR inhibitor enhances the efficacy of SN38, an active metabolite of irinotecan, in SN38-refractory gastric carcinoma cells 査読

    Yashiro M., Qiu H., Hasegawa T., Zhang X., Matsuzaki T., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   105 ( 10 )   1522 - 1532   2011年11月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2011.397

  • [A case of long-term survival after undergoing S-1 based multidisciplinary therapy for liver metastasis of gastric cancer]. 査読

    Ito G, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Sakurai K, Kimura K, Nagahara H, Noda E, Amano R, Yamada N, Yashiro M, Maeda K, Sawada T, Nakata B, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   2348 - 50   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Salvage esophagectomy after definitive chemoradiation therapy]. 査読

    Kubo N, Tanaka H, Sakurai K, Muguruma K, Nagahara H, Kimura K, Noda E, Amano R, Yamada N, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   1948 - 50   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Our experience of the treatment with XELOX±Bevacizumab for unresectable advanced colorectal cancer]. 査読

    Kashiwagi S, Maeda K, Fuyuhiro Y, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Noda E, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Yamada N, Nakata B, Ohira M, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   1936 - 8   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Effects of Acute and Chronic Hypoxia on the Radiosensitivity of Gastric and Esophageal Cancer Cells 査読

    Kato Yukihiro, Yashiro Masakazu, Fuyuhiro Yuhiko, Kashiwagi Shinichiro, Matsuoka Junko, Hirakawa Toshiki, Noda Satoru, Aomatsu Naoki, Hasegawa Tsuyoshi, Matsuzaki Taro, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   31 ( 10 )   3369 - 3375   2011年10月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of acute and chronic hypoxia on the radiosensitivity of gastric and esophageal cancer cells. 査読

    Kato Y, Yashiro M, Fuyuhiro Y, Kashiwagi S, Matsuoka J, Hirakawa T, Noda S, Aomatsu N, Hasegawa T, Matsuzaki T, Sawada T, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   31 ( 10 )   3369 - 75   2011年10月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • RhoA/ROCK signaling mediates plasticity of scirrhous gastric carcinoma motility 査読

    Matsuoka Tasuku, Yashiro Masakazu, Kato Yukihiro, Shinto Osamu, Kashiwagi Shinichiro, Hirakawa Kosei

    CLINICAL & EXPERIMENTAL METASTASIS   28 ( 7 )   627 - 636   2011年10月( ISSN:0262-0898

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10585-011-9396-6

    PubMed

  • THBS4, a novel stromal molecule of diffuse-type gastric adenocarcinomas, identified by transcriptome-wide expression profiling 査読

    Foerster Susann, Gretschel Stephan, Joens Thomas, Yashiro Masakazu, Kemmner Wolfgang

    MODERN PATHOLOGY   24 ( 10 )   1390 - 1403   2011年10月( ISSN:0893-3952

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/modpathol.2011.99

    PubMed

  • Upregulation of cancer-associated myofibroblasts by TGF-beta from scirrhous gastric carcinoma cells 査読

    Fuyuhiro Y., Yashiro M., Noda S., Kashiwagi S., Matsuoka J., Doi Y., Kato Y., Hasegawa T., Sawada T., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   105 ( 7 )   996 - 1001   2011年09月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2011.330

  • A FGFR2 inhibitor, Ki23057, enhances the chemosensitivity of drug-resistant gastric cancer cells 査読

    Qiu Hong, Yashiro Masakazu, Zhang Xiaotian, Miwa Atsushi, Hirakawa Kosei

    CANCER LETTERS   307 ( 1 )   47 - 52   2011年08月( ISSN:0304-3835

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2011.03.015

    PubMed

  • PS-013-3 スキルス胃癌細胞による樹状細胞の直接的機能抑制(PS-013 ポスターセッション(13)胃:基礎-1,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    岩内 武彦, 田中 浩明, 吉井 真美, 伊藤 厳太郎, 久保 尚士, 六車 一哉, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-089-3 トリプルネガティブ乳癌における化学療法感受性マーカーとしてのE-cadherin/Ki67発現(サージカルフォーラム(89)乳腺:化学療法-1,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    柏木 伸一郎, 八代 正和, 高島 勉, 青松 直撥, 川尻 成美, 池田 克実, 小川 佳成, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-039-5 胃癌幹細胞様SP細胞の腫瘍形成におけるニッチ線維芽細胞の影響(SF-039 サージカルフォーラム(39)胃:基礎-1,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    長谷川 毅, 八代 正和, 松岡 順子, 冬廣 雄彦, 櫻井 克宣, 木村 健二郎, 永原 央, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • VW-4-7 尾側膵切除術におけるDuetを用いた膵切離の試み(VW4 ビデオワークショップ(4) 肝胆膵手術-合併症を防ぐ工夫,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    天野 良亮, 山田 靖哉, 大平 豪, 永原 央, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • VW-2-1-3 ベットローテーションを利用した半腹臥位胸腔鏡下食道切除術(VW2-1 ビデオワークショップ(2)-1 食道鏡視下手術の工夫,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    久保 尚士, 中村 雅憲, 李 友浩, 櫻井 克宣, 森本 純也, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 山田 靖哉, 山下 好人, 八代 正和, 仲田 文造, 前田 清, 小野田 尚佳, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SY-2-4 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の亜型分類と悪性度の検討(SY-2 シンポジウム(2)IPMNをめぐる諸問題-診断から治療まで-,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大平 豪, 山田 靖哉, 天野 良亮, 木村 健二郎, 村田 哲洋, 中本 健太郎, 永原 央, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-200-7 腹腔鏡下大腸手術におけるエンドラクターの有用性(PS-200 ポスターセッション(200)大腸:手術-9,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    永原 央, 野田 英児, 前田 清, 井上 透, 中本 健太郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 山田 靖哉, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 西口 幸雄, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-162-1 胃癌におけるMHC classI発現の有無と術後補助免疫化学療法の効果(PS-162 ポスターセッション(162)胃:その他-4,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    伊藤 厳太郎, 田中 浩明, 六車 一哉, 吉井 真美, 岩内 武彦, 久保 尚志, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-119-6 StageIV胃癌に対する外科的治療介入の意義(PS-119 ポスターセッション(119)胃:集学的治療-1,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    六車 一哉, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 李 友浩, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 八代 正和, 山田 靖哉, 山下 好人, 豊川 貴弘, 山本 篤, 清水 貞利, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-115-7 NAC効果予測マーカーとしての癌細胞E-cadherin発現の有用性(PS-115 ポスターセッション(115)乳腺:基礎-4,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    青松 直撥, 八代 正和, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 吉井 真美, 平川 俊基, 松岡 順子, 加藤 幸裕, 冬廣 雄彦, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-094-7 切除不能遠隔転移を有する大腸癌の原発巣非切除例に対する化学療法(PS-094 ポスターセッション(94)大腸:化学療法-1,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    野田 英児, 前田 清, 永原 央, 井上 透, 中本 健太郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 山田 靖哉, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 高島 勉, 小野田 尚佳, 西口 幸雄, 大平 雅一, 石川 哲郎, 池原 照幸, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-089-5 胃癌術後におけるPSK併用補助免疫化学療法の効果(PS-089 ポスターセッション(89)胃:化学療法-1,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    田中 浩明, 六車 一哉, 久保 尚士, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 山田 靖哉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 仲田 文造, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-053-5 circular staplerを用いた安全かつ簡便な腹腔鏡下食道・空腸吻合術(PS-053 ポスターセッション(53)胃:手術-4,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    櫻井 克宣, 六車 一哉, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 小野田 尚佳, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-015-5 低酸素環境下におけるスキルス胃癌細胞の上皮間葉転換(EMT)の機序と阻害物質の検討(PS-015 ポスターセッション(15)胃:基礎-3,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    松岡 順子, 八代 正和, 柏木 伸一郎, 加藤 幸裕, 冬廣 雄彦, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-013-4 制御性T細胞浸潤と胃癌組織型との関係(PS-013 ポスターセッション(13)胃:基礎-1,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    吉井 真美, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 六車 一哉, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Is E-cadherin a useful surrogate marker to predict chemosensitivity of chemotherapy for triple-negative breast cancer? 査読

    Kashiwagi S., Yashiro M., Takashima T., Aomatsu N., Kawajiri H., Onoda N., Nakata B., Ishikawa T., Hirakawa K.

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   29 ( 15 )   2011年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • c-Kit / CD117 is a predictive prognostic marker for patients with basal-like breast cancer 査読

    Kashiwagi Shinichiro, Yashiro Masakazu, Takashima Tsutomu, Aomatsu Naoki, Kawajiri Hidemi, Tanaka Hiroaki, Onoda Naoyoshi, Nakata Bunzo, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   71   2011年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-3136

  • Impact of histological types on infiltration of regulatory T cells in gastric cancer 査読

    Yoshii Mami, Tanaka Hiroaki, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjirou, Amano Ryousuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsurou, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   71   2011年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-796

  • Effect of cancer-associated fibroblast on the progression of gastric cancer stem cells 査読

    Hasegawa Tsuyoshi, Yashiro Masakazu, Matsuoka Junko, Kashiwagi Shinichiro, Fuyuhiro Yuhiko, Sakurai Katsunobu, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   71   2011年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-5200

  • E-cadherin is a useful surrogate maker to predict chemosensitivity of neoadjuvant chemotherapy for breast cancer 査読

    Aomatsu Naoki, Yashiro Masakazu, Kashiwagi Shinichiro, Takashima Tsutomu, Kawajiri Hidemi, Onoda Naoyoshi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   71   2011年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-3137

  • Direct inhibitory effects of gastric cancer against dendritic cells 査読

    Iwauchi Takehiko, Tanaka Hiroaki, Yoshii Mami, Ito Gentaro, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   71   2011年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-793

  • Clinical significance of HER3 expression in curatively resected pancreatic cancer 査読

    Hirakawa Toshiki, Nakata Bunzo, Kashiwagi Shinichiro, Kato Yukihiro, Fuyuhiro Yuhiko, Iwauchi Takehiko, Matsusoka Junko, Itoh Gentaro, Aomatsu Naoki, Yoshii Mami, Hasegawa Tsuyoshi, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   71   2011年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-2265

  • Synergistic antitumor effects of FGFR2 inhibitor with 5-fluorouracil on diffuse-type gastric carcinoma 査読

    Yashiro Masakazu, Shinto Osamu, Nakamura Kazunori, Tendo Masashige, Matsuoka Tasuku, Matsuzaki Taro, Kaizaki Ryoji, Miwa Atsushi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   71   2011年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-2552

  • The impact of adjuvant immunochemotherapy using protein-bound polysaccharide-K on overall survival of gastric cancer 査読

    Tanaka Hiroaki, Ohira Masaichi, Muguruma Kazuya, Kubo Naoshi, Nagahara Hsashi, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Onoda Naoyoshi, Sawada Tetsuji, Nakata Bunzo, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   71   2011年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-1796

  • The effect of synergic anti-proliferation of DNA methyltransferase inhibitor binding to anti-cancer drugs in gastric cancer 査読

    Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Tanaka Hiroaki, Kimura Kenjirou, Nagahara Hisashi, Amano Ryousuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsurou, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   71   2011年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-100

  • Identification of HLA-A^*2402-restricted epitope peptide derived from ERas oncogene expressed in human scirrhous gastric cancer 査読

    IWAUCHI Takehiko, TANAKA Hiroaki, YAMAZOE Sadaaki, YASHIRO Masakazu, YOSHII Mami, KUBO Naoshi, MUGURUMA Kazuya, SAWADA Tetsuji, OHIRA Masaichi, HIRAKAWA Kosei

    Cancer science   102 ( 4 )   683 - 689   2011年04月( ISSN:13479032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Identification of HLA-A*2402-restricted epitope peptide derived from ERas oncogene expressed in human scirrhous gastric cancer 査読

    Iwauchi Takehiko, Tanaka Hiroaki, Yamazoe Sadaaki, Yashiro Masakazu, Yoshii Mami, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER SCIENCE   102 ( 4 )   683 - 689   2011年04月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2010.01843.x

    PubMed

  • Intraperitoneal administration of an adenovirus vector carrying REIC/Dkk-3 suppresses peritoneal dissemination of scirrhous gastric carcinoma 査読

    Than Swe Swe, Kataoka Ken, Sakaguchi Masakiyo, Murata Hitoshi, Abarzua Fernando, Taketa Chika, Du Gang, Yashiro Masakazu, Yanagihara Kazuyoshi, Nasu Yasutomo, Kumon Hiromi, Huh Nam-Ho

    ONCOLOGY REPORTS   25 ( 4 )   989 - 995   2011年04月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2011.1149

    PubMed

  • Transforming growth factor-beta decreases the cancer-initiating cell population within diffuse-type gastric carcinoma cells 査読

    Ehata S., Johansson E., Katayama R., Koike S., Watanabe A., Hoshino Y., Katsuno Y., Komuro A., Koinuma D., Kano M. R., Yashiro M., Hirakawa K., Aburatani H., Fujita N., Miyazono K.

    ONCOGENE   30 ( 14 )   1693 - 1705   2011年04月( ISSN:0950-9232

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/onc.2010.546

  • E-cadherinとKi67はトリプルネガティブ乳癌の化学療法感受性に有用なマーカーである 査読

    柏木 伸一郎, 八代 正和, 高島 勉, 川尻 成美, 池田 克実, 小川 佳成, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   ( 26 )   55 - 56   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.26.55

    CiNii Article

  • Advantages of adjuvant chemotherapy for patients with triple-negative breast cancer at Stage II: usefulness of prognostic markers E-cadherin and Ki67 査読

    Kashiwagi Shinichiro, Yashiro Masakazu, Takashima Tsutomu, Aomatsu Naoki, Ikeda Katsumi, Ogawa Yoshinari, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    BREAST CANCER RESEARCH   13 ( 6 )   R122   2011年( ISSN:1465-542X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/bcr3068

    PubMed

  • 原発巣切除後10年以上経過して左腸腰筋内再発を認めた食道gastrointestinal stromal tumorの1例 査読

    森本 純也, 平川 弘聖, 大平 雅一, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 澤田 鉄二, 大澤 政彦, 山下 好人

    一般社団法人 日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   44 ( 5 )   519 - 525   2011年( ISSN:0386-9768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    食道gastrointestinal stromal tumor(以下,GISTと略記)は消化管GISTの約2%と比較的まれな疾患である.症例は52歳の男性で,平成8年12月上旬より嚥下困難感,心窩部痛,背部痛を自覚し近医受診し,精査にて胸部中部食道に2型の腫瘍を認め当科紹介となった.平成9年2月に根治術を施行し,病理組織学的診断は平滑筋肉腫であった.術後11年10か月目に左腰背部痛を自覚し,精査にて左腸腰筋内腫瘍を認め,平成21年3月に摘出術を施行した.病理組織学的診断はc-kit +,CD34 +,desmin -,&alpha;SMA -,S-100 -でありGISTと診断し,また,食道腫瘍を再度病理組織学的検査を施行したところ,同様の結果であり,今回の左腸腰筋内腫瘍は食道GISTの再発と診断された.術後経過良好で現在,外来にてメシル酸イマチニブ400mg/dayの補助化学療法を開始し経過観察中である.

    DOI: 10.5833/jjgs.44.519

    CiNii Article

  • Monoclonal Antibodies to Fibroblast Growth Factor Receptor 2 Effectively Inhibit Growth of Gastric Tumor Xenografts 査読

    Zhao Wei-meng, Wang Lihong, Park Hangil, Chhim Sophea, Tanphanich Melanie, Yashiro Masakazu, Kim K. Jin

    CLINICAL CANCER RESEARCH   16 ( 23 )   5750 - 5758   2010年12月( ISSN:1078-0432

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-10-0531

    PubMed

  • Clinical Significance of Vimentin-positive Gastric Cancer Cells 査読

    Fuyuhiro Yuhiko, Yashiro Masakazu, Noda Satoru, Kashiwagi Shinichiro, Matsuoka Junko, Doi Yosuke, Kato Yukihiro, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   30 ( 12 )   5239 - 5243   2010年12月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical significance of vimentin-positive gastric cancer cells. 査読

    Fuyuhiro Y, Yashiro M, Noda S, Kashiwagi S, Matsuoka J, Doi Y, Kato Y, Kubo N, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   30 ( 12 )   5239 - 43   2010年12月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Transforming growth factor beta signaling inhibitor, SB-431542, induces maturation of dendritic cells and enhances anti-tumor activity 査読

    Tanaka Hiroaki, Shinto Osamu, Yashiro Masakazu, Yamazoe Sadaaki, Iwauchi Takehiko, Muguruma Kazuya, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ONCOLOGY REPORTS   24 ( 6 )   1637 - 1643   2010年12月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or_00001028

    PubMed

  • Phosphorylated Smad2 in Advanced Stage Gastric Carcinoma 査読

    Shinto Osamu, Yashiro Masakazu, Toyokawa Takahiro, Nishii Takafumi, Kaizaki Ryoji, Matsuzaki Taro, Noda Satoru, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Doi Yosuke, Ohira Masaichi, Muguruma Kazuya, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    BMC CANCER   10   652   2010年11月( ISSN:1471-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2407-10-652

    PubMed

  • Effects of valproic acid on the cell cycle and apoptosis through acetylation of histone and tubulin in a scirrhous gastric cancer cell line 査読

    Yagi Yasumichi, Fushida Sachio, Harada Shinichi, Kinoshita Jun, Makino Isamu, Oyama Katsunobu, Tajima Hidehiro, Fujita Hideto, Takamura Hiroyuki, Ninomiya Itasu, Fujimura Takashi, Ohta Tetsuo, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL & CLINICAL CANCER RESEARCH   29   149   2010年11月( ISSN:1756-9966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1756-9966-29-149

    PubMed

  • [A case of type 4 gastric cancer with positive peritoneal lavage cytology, which relapsed at the peritoneum at the time of seven years and eight months after resection]. 査読

    Nakamura M, Kubo N, Morimoto J, Tanaka H, Muguruma K, Amano R, Noda E, Inoue T, Takashima T, Yamada N, Yashiro M, Yamashita Y, Maeda K, Onoda N, Sawada T, Nakata B, Ohira M, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   37 ( 12 )   2436 - 8   2010年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • ANTI-TUMOR EFFECT OF LAPATINIB PLUS S-1 AGAINST PANCREATIC CANCER 査読

    Nakata Bunzo, Komoto Masahiro, Takashima Tsutomu, Amano Ryosuke, Yamada Nobuya, Nakano Taeko, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF ONCOLOGY   21   19 - 19   2010年11月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Two cases of the primary small intestine cancer successfully treated with S-1 and UFT/LV therapy]. 査読

    Lee T, Noda E, Maeda K, Inoue T, Nagahara H, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Takashima T, Yamada N, Yashiro M, Onoda N, Sawada T, Nakata B, Ohira M, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   37 ( 12 )   2789 - 91   2010年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Two cases of lymph node recurrence after endoscopic mucosal resection of esophageal cancer]. 査読

    Morimoto J, Kubo N, Tanaka H, Ohira M, Muguruma K, Sawada T, Yamada N, Yashiro M, Yamashita Y, Nishiguchi Y, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   37 ( 12 )   2379 - 81   2010年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [The outcome of chemotherapy by sorafenib in advanced hepatocellular carcinoma]. 査読

    Amano R, Yamada N, Noda E, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Takashima T, Yashiro M, Maeda K, Onoda N, Sawada T, Nakata B, Ohira M, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   37 ( 12 )   2676 - 8   2010年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Effect of PSK on recurrence of stage II/III gastric cancer]. 査読

    Tanaka H, Muguruma K, Kubo N, Amano R, Noda E, Yamada N, Yashiro M, Maeda K, Sawada T, Ohira M, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   37 ( 12 )   2258 - 60   2010年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Docetaxel with concurrent radiotherapy in patients with inoperable or relapsed oesophageal cancer]. 査読

    Kubo N, Morimoto J, Sakurai K, Tanaka H, Muguruma K, Amano R, Noda E, Nagahara H, Takashima T, Yashiro M, Yamada N, Onoda N, Maeda K, Sawada T, Nakata B, Ohira M, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   37 ( 12 )   2261 - 3   2010年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Proteomic Differential Display Analysis Shows Up-regulation of 14-3-3 Sigma Protein in Human Scirrhous-type Gastric Carcinoma Cells 査読

    Kuramitsu Yasuhiro, Baron Byron, Yoshino Shigefumi, Zhang Xiulian, Tanaka Toshiyuki, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Oka Masaaki, Nakamura Kazuyuki

    ANTICANCER RESEARCH   30 ( 11 )   4459 - 4465   2010年11月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Foretinib (GSK1363089) inhibits growth of gastric cancer cell lines through blockade of inter-receptor tyrosine kinases networks 査読

    Mukohara T., Kataoka Y., Tomioka H., Kiyota N., Fujiwara Y., Yashiro M., Hirakawa K., Hirai M., Minami H.

    EJC SUPPLEMENTS   8 ( 7 )   42 - 42   2010年11月( ISSN:1359-6349

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Proteomic differential display analysis shows up-regulation of 14-3-3 sigma protein in human scirrhous-type gastric carcinoma cells. 査読

    Kuramitsu Y, Baron B, Yoshino S, Zhang X, Tanaka T, Yashiro M, Hirakawa K, Oka M, Nakamura K

    Anticancer research   30 ( 11 )   4459 - 65   2010年11月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Elevated dietary linoleic acid increases gastric carcinoma cell invasion and metastasis in mice 査読

    Matsuoka T., Adair J. E., Lih F. B., Hsi L. C., Rubino M., Eling T. E., Tomer K. B., Yashiro M., Hirakawa K., Olden K., Roberts J. D.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   103 ( 8 )   1182 - 1191   2010年10月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.bjc.6605881

  • Significance of Keratinocyte Growth Factor Receptor in the Proliferation of Biliary Tract Cancer 査読

    Amano Ryosuke, Yamada Nobuya, Doi Yosuke, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Miwa Atsushi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   30 ( 10 )   4115 - 4121   2010年10月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Significance of keratinocyte growth factor receptor in the proliferation of biliary tract cancer. 査読

    Amano R, Yamada N, Doi Y, Yashiro M, Ohira M, Miwa A, Hirakawa K

    Anticancer research   30 ( 10 )   4115 - 21   2010年10月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Biodistribution of humanized anti-VEGF monoclonal antibody/bevacizumab on peritoneal metastatic models with subcutaneous xenograft of gastric cancer in mice 査読

    Yagi Yasumichi, Fushida Sachio, Harada Shinichi, Tsukada Tomoya, Kinoshita Jun, Oyama Katsunobu, Fujita Hideto, Ninomiya Itasu, Fujimura Takashi, Kayahara Masato, Kinuya Seigo, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kousei, Ohta Tetsuo

    CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY   66 ( 4 )   745 - 753   2010年09月( ISSN:0344-5704

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00280-009-1219-y

    PubMed

  • Combination effect of a TGF-β receptor kinase inhibitor with 5-FU analog S1 on lymph node metastasis of scirrhous gastric cancer in mice 査読

    SHINTO Osamu, YASHIRO Masakazu, KAWAJIRI Hidemi, SHIMIZU Kiyoshi, SHIMIZU Toshiyuki, MIWA Atsushi, HIRAKAWA Kosei

    Cancer science   101 ( 8 )   1846 - 1852   2010年08月( ISSN:13479032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Combination effect of a TGF-beta receptor kinase inhibitor with 5-FU analog S1 on lymph node metastasis of scirrhous gastric cancer in mice 査読

    Shinto Osamu, Yashiro Masakazu, Kawajiri Hidemi, Shimizu Kiyoshi, Shimizu Toshiyuki, Miwa Atsushi, Hirakawa Kosei

    CANCER SCIENCE   101 ( 8 )   1846 - 1852   2010年08月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2010.01606.x

    PubMed

  • Significance of E-cadherin expression in triple-negative breast cancer 査読

    Kashiwagi S., Yashiro M., Takashima T., Nomura S., Noda S., Kawajiri H., Ishikawa T., Wakasa K., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   103 ( 2 )   249 - 255   2010年07月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.bjc.6605735

  • Mutations in TGFbeta-RII and BAX mediate tumor progression in the later stages of colorectal cancer with microsatellite instability 査読

    Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Boland C. Richard

    BMC CANCER   10   303   2010年06月( ISSN:1471-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2407-10-303

    PubMed

  • Significance of phospho-vascular endothelial growth factor receptor-2 expression in pancreatic cancer 査読

    DOI Yosuke, YASHIRO Masakazu, YAMADA Nobuya, AMANO Ryosuke, OHIRA Go, KOMOTO Masahiro, NODA Satoru, KASHIWAGI Shinichiro, KATO Yukihiro, FUYUHIRO Yuhiko, HIRAKAWA Kosei

    Cancer science   101 ( 6 )   1529 - 1535   2010年06月( ISSN:13479032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Significance of phospho-vascular endothelial growth factor receptor-2 expression in pancreatic cancer 査読

    Doi Yosuke, Yashiro Masakazu, Yamada Nobuya, Amano Ryosuke, Ohira Go, Komoto Masahiro, Noda Satoru, Kashiwagi Shinichiro, Kato Yukihiro, Fuyuhiro Yuhiko, Hirakawa Kosei

    CANCER SCIENCE   101 ( 6 )   1529 - 1535   2010年06月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2010.01547.x

    PubMed

  • OP-091-2 右開胸開腹,胃管再建による胸部食道癌術後合併症におよぼす因子の検討(食道治療-1,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大平 雅一, 田中 浩明, 久保 尚士, 森本 純也, 六車 一哉, 天野 良亮, 野田 英児, 井上 透, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 山下 好人, 西口 幸雄, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-041-3 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡手術の妥当性および標準化における問題点(鏡視下手術・消化管良性,サージカルフォーラム,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    前田 清, 野田 英児, 井上 透, 永原 央, 八代 正和, 山田 靖哉, 澤田 鉄二, 六車 一哉, 大平 雅一, 久保 尚士, 田中 浩明, 西口 幸雄, 池原 照幸, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-036-3 癌細胞-線維芽細胞の相互作用における胃癌細胞のビメンチン発現の検討(腫瘍基礎-6,サージカルフォーラム,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    冬廣 雄彦, 八代 正和, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 井上 透, 山田 靖哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-010-2 膵癌細胞に高発現するMUC5AC由来HLA-A*0201, A*2402拘束性エピトープペプチドの同定と膵癌に対するペプチドワクチン療法への応用の可能性(免疫-1,サージカルフォーラム,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    山添 定明, 田中 浩明, 岩内 武彦, 森本 純也, 伊藤 厳太郎, 川尻 成美, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 六車 一哉, 井上 透, 高島 勉, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 小野田 尚佳, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • WS-6-7 胃癌の腹膜播種性転移における低酸素の関与とTGFβR阻害剤の効果(消化器癌腹膜転移の治療:基礎と臨床,ワークショップ(6),第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    野田 諭, 八代 正和, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 井上 透, 山田 靖哉, 小野田 尚佳, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • WS-5-7 オクトレオチドによる膵消化管内分泌腫瘍の治療戦略(難治性内分泌癌(甲状腺未分化癌,再発甲状腺分化癌,副腎癌,Neuroendocrine tumor)の治療戦略,ワークショップ(5),第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    天野 良亮, 山田 靖哉, 大平 豪, 中本 健太郎, 土井 洋輔, 岩内 武彦, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 井上 透, 高島 勉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-268-3 術後胃排泄遅延からみた膵頭十二指腸切除術後消化管再建法の検討(膵・その他,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    中本 健太郎, 天野 良亮, 山田 靖哉, 大平 豪, 土井 洋輔, 岩内 武彦, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 井上 透, 高島 勉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-248-2 膵癌に対するS-1+lapatinib併用療法の基礎的検討(膵・集学的-2,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    河本 真大, 仲田 文造, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 井上 透, 高島 勉, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 小野田 尚佳, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-206-3 cStageII, III食道癌切除症例におけるリンパ節内微小転移の検出と再発との関連について(食道-2,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森本 純也, 田中 浩明, 久保 尚士, 六車 一哉, 山添 定明, 岩内 武彦, 伊藤 厳太郎, 河本 真大, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 井上 透, 山田 靖哉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-201-4 StageIV胃癌に対する外科的手術介入の是非について(Stage IV胃癌-7,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    六車 一哉, 澤田 鉄二, 豊川 貴弘, 森本 純也, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 井上 透, 高島 勉, 八代 正和, 山田 靖哉, 山下 好人, 小野田 尚佳, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-128-3 トリプルネガティブ乳癌におけるE-cadherin発現と予後リスク(乳癌基礎-4,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    柏木 伸一郎, 八代 正和, 高島 勉, 野田 諭, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-123-1 膵癌細胞浸潤能におけるVEGF-A/VEGFR-2シグナルの関与(膵癌-5,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    土井 洋輔, 八代 正和, 山田 靖哉, 天野 良亮, 野田 諭, 河本 真大, 六車 一哉, 田中 浩明, 久保 尚士, 井上 透, 野田 英児, 前田 清, 仲田 文造, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-110-2 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)に対する外科的治療成績と手術適応に関する検討(IPMN,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大平 豪, 山田 靖哉, 天野 良亮, 土井 洋輔, 岩内 武彦, 中本 健太郎, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 井上 透, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Inhibitory effect of a TGF beta receptor type-I inhibitor, Ki26894, on invasiveness of scirrhous gastric cancer cells 査読

    Shinto O., Yashiro M., Kawajiri H., Shimizu K., Shimizu T., Miwa A., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   102 ( 5 )   844 - 851   2010年03月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.bjc.6605561

  • Establishment and characterization of a new hypoxia-resistant cancer cell line, OCUM-12/Hypo, derived from a scirrhous gastric carcinoma 査読

    Kato Y., Yashiro M., Noda S., Tendo M., Kashiwagi S., Doi Y., Nishii T., Matsuoka J., Fuyuhiro Y., Shinto O., Sawada T., Ohira M., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   102 ( 5 )   898 - 907   2010年03月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.bjc.6605543

  • Hypoxia upregulates adhesion ability to peritoneum through a transforming growth factor-beta-dependent mechanism in diffuse-type gastric cancer cells 査読

    Noda Satoru, Yashiro Masakazu, Nshii Takafumi, Hirakawa Kosei

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   46 ( 5 )   995 - 1005   2010年03月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejca.2010.01.007

    PubMed

  • Establishment and Characterization of Multidrug-resistant Gastric Cancer Cell Lines 査読

    Zhang Xiaotian, Yashiro Masakazu, Qiu Hong, Nishii Takafumi, Matsuzaki Taro, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   30 ( 3 )   915 - 921   2010年03月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Establishment and characterization of multidrug-resistant gastric cancer cell lines. 査読

    Zhang X, Yashiro M, Qiu H, Nishii T, Matsuzaki T, Hirakawa K

    Anticancer research   30 ( 3 )   915 - 21   2010年03月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Synergistic antitumor effects of FGFR2 inhibitor with 5-fluorouracil on scirrhous gastric carcinoma 査読

    Yashiro Masakazu, Shinto Osamu, Nakamura Kazunori, Tendo Masashige, Matsuoka Tasuku, Matsuzaki Taro, Kaizaki Ryoji, Miwa Atsushi, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   126 ( 4 )   1004 - 1016   2010年02月( ISSN:0020-7136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.24763

    PubMed

  • In vitro and in vivo evidence that a combination of lapatinib plus S-1 is a promising treatment for pancreatic cancer 査読

    KOMOTO Masahiro, NAKATA Bunzo, NISHII Takafumi, KAWAJIRI Hidemi, SHINTO Osamu, AMANO Ryosuke, YAMADA Nobuya, YASHIRO Masakazu, HIRAKAWA Kosei

    Cancer science   101 ( 2 )   468 - 473   2010年02月( ISSN:13479032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • In vitro and in vivo evidence that a combination of lapatinib plus S-1 is a promising treatment for pancreatic cancer 査読

    Komoto Masahiro, Nakata Bunzo, Nishii Takafumi, Kawajiri Hidemi, Shinto Osamu, Amano Ryosuke, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei

    CANCER SCIENCE   101 ( 2 )   468 - 473   2010年02月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2009.01405.x

    PubMed

  • Cancer-stromal interactions in scirrhous gastric carcinoma. 査読

    Yashiro M, Hirakawa K

    Cancer microenvironment : official journal of the International Cancer Microenvironment Society   3 ( 1 )   127 - 35   2010年01月( ISSN:1875-2292

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12307-010-0036-5

    PubMed

  • Myofibroblasts are associated with the progression of scirrhous gastric carcinoma 査読

    Fuyuhiro Yuhiko, Yashiro Masakazu, Noda Satoru, Kashiwagi Shinichiro, Matsuoka Junko, Doi Yosuke, Kato Yukihiro, Muguruma Kazuya, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE   1 ( 4 )   547 - 551   2010年( ISSN:1792-0981

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/etm_00000086

    PubMed

  • Expression of a Hypoxia-Associated Protein, Carbonic Anhydrase-9, Correlates with Malignant Phenotypes of Gastric Carcinoma 査読

    Kato Yukihiro, Yashiro Masakazu, Noda Satoru, Kashiwagi Shinichiro, Matsuoka Junko, Fuyuhiro Yuhiko, Doi Yosuke, Hirakawa Kosei

    DIGESTION   82 ( 4 )   246 - 251   2010年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000297208

    PubMed

  • トリプルネガティブ乳癌におけるE-cadherin の発現低下は予後と相関する 査読

    柏木 伸一郎, 八代 正和, 高島 勉, 野田 諭, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   ( 25 )   65 - 65   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.25.65

    CiNii Article

  • Synergistic antiproliferative effect of mTOR inhibitors in combination with 5-fluorouracil in scirrhous gastric cancer 査読

    MATSUZAKI Taro, YASHIRO Masakazu, KAIZAKI Ryoji, YASUDA Koichi, DOI Yosuke, SAWADA Tetsuji, OHIRA Masaichi, HIRAKAWA Kosei

    Cancer science   100 ( 12 )   2402 - 2410   2009年12月( ISSN:13479032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Synergistic antiproliferative effect of mTOR inhibitors in combination with 5-fluorouracil in scirrhous gastric cancer 査読

    Matsuzaki Taro, Yashiro Masakazu, Kaizaki Ryoji, Yasuda Koichi, Doi Yosuke, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER SCIENCE   100 ( 12 )   2402 - 2410   2009年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2009.01315.x

    PubMed

  • [A case of advanced esophageal cancer with para-aortic lymph node metastasis with complete response (CR) to combination chemotherapy including nedaplatin]. 査読

    Noda S, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Yamada N, Maeda K, Sawada T, Ohira M, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   36 ( 12 )   2451 - 3   2009年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Epigenetic regulation of the embryonic oncogene ERas in gastric cancer cells 査読

    Yashiro Masakazu, Yasuda Koichi, Nishii Takafumi, Kaizaki Ryoji, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   35 ( 5 )   997 - 1003   2009年11月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo_00000414

    PubMed

  • [Results of neo-adjuvant chemotherapy by FOLFOX and FOLFIRI for colorectal liver metastasis]. 査読

    Amano R, Yamada N, Noda E, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Inoue T, Yashiro M, Maeda K, Onoda N, Sawada T, Nakata B, Ohira M, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   36 ( 12 )   2003 - 5   2009年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Impacts of PSK and TbetaR inhibitor on immune response in immunosuppressive status associated with cancer]. 査読

    Tanaka H, Yamazoe S, Iwauchi T, Kubo N, Muguruma K, Yashiro M, Yamada N, Sawada T, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   36 ( 12 )   1969 - 71   2009年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Concurrent chemoradiotherapy with nedaplatin and 5-fluorouracil (5-fu) for locally advanced squamous cell carcinoma of the esophagus]. 査読

    Kubo N, Morimoto J, Tanaka H, Ohira M, Noda E, Amano R, Inoue T, Yamada N, Yashiro M, Maeda K, Yamashita Y, Muguruma K, Sawada T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   36 ( 12 )   1997 - 9   2009年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of stage IV advanced esophageal cancer with a long term survival by radiation therapy combined with nedaplatin and 5-FU chemotherapy]. 査読

    Morimoto J, Oohira M, Kubo N, Tanaka H, Dan N, Muguruma K, Yashiro M, Sawada T, Yamashita Y, Nishiguchi Y, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   36 ( 12 )   2436 - 8   2009年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Vitamin D receptor expression is associated with colon cancer in ulcerative colitis 査読

    Wada Koji, Tanaka Hiroaki, Maeda Kiyoshi, Inoue Toru, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Sawada Tetsuji, Nakata Bunzo, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ONCOLOGY REPORTS   22 ( 5 )   1021 - 1025   2009年11月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or_00000530

    PubMed

  • Direct cancer-stromal interaction increases fibroblast proliferation and enhances invasive properties of scirrhous-type gastric carcinoma cells 査読

    Semba S., Kodama Y., Ohnuma K., Mizuuchi E., Masuda R., Yashiro M., Hirakawa K., Yokozaki H.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   101 ( 8 )   1365 - 1373   2009年10月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.bjc.6605309

  • c-Ski overexpression promotes tumor growth and angiogenesis through inhibition of transforming growth factor-β signaling in diffuse-type gastric carcinoma 査読

    KIYONO Kunihiko, SUZUKI Hiroshi I., MORISHITA Yasuyuki, KOMURO Akiyoshi, IWATA Caname, YASHIRO Masakazu, HIRAKAWA Kosei, KANO Mitsunobu R., MIYAZONO Kohei

    Cancer science   100 ( 10 )   1809 - 1816   2009年10月( ISSN:13479032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Allelic Imbalance at p53 and Microsatellite Instability Are Predictive Markers for Resistance to Chemotherapy in Gastric Carcinoma 査読

    Yashiro Masakazu, Inoue Toru, Nishioka Nobuaki, Matsuoka Tasuku, Boland C. Richard, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   16 ( 10 )   2926 - 2935   2009年10月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-009-0590-6

    PubMed

  • c-Ski overexpression promotes tumor growth and angiogenesis through inhibition of transforming growth factor-beta signaling in diffuse-type gastric carcinoma 査読

    Kiyono Kunihiko, Suzuki Hiroshi I., Morishita Yasuyuki, Komuro Akiyoshi, Iwata Caname, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Kano Mitsunobu R., Miyazono Kohei

    CANCER SCIENCE   100 ( 10 )   1809 - 1816   2009年10月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2009.01248.x

    PubMed

  • Effects of VEGFR-3 phosphorylation inhibitor on lymph node metastasis in an orthotopic diffuse-type gastric carcinoma model 査読

    Yashiro M., Shinto O., Nakamura K., Tendo M., Matsuoka T., Matsuzaki T., Kaizaki R., Ohira M., Miwa A., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   101 ( 7 )   1100 - 1106   2009年09月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.bjc.6605296

  • Cancer stem cell-like SP cells have a high adhesion ability to the peritoneum in gastric carcinoma 査読

    Nishii Takafumi, Yashiro Masakazu, Shinto Osamu, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER SCIENCE   100 ( 8 )   1397 - 1402   2009年08月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2009.01211.x

    PubMed

  • HER2 overexpression correlates with survival after curative resection of pancreatic cancer 査読

    KOMOTO Masahiro, NAKATA Bunzo, AMANO Ryosuke, YAMADA Nobuya, YASHIRO Masakazu, OHIRA Masaichi, WAKASA Kenichi, HIRAKAWA Kosei

    Cancer science   100 ( 7 )   1243 - 1247   2009年07月( ISSN:13479032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-1-4 切除再建例の臨床病理所見,異時性頭頚部癌の治療法からみたcStageI胸部食道癌の治療戦略(企画関連口演1 StageI食道癌1,第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    大平 雅一, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 山下 好人, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-3-18 切除不能stageIV進行胃癌に対する化学療法後切除症例の検討(企画関連口演41 新規抗癌剤と胃癌手術1,第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    澤田 鉄二, 六車 一哉, 田中 浩明, 久保 尚士, 豊川 貴弘, 貝崎 亮二, 神藤 理, 八代 正和, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-2-61 予後から見た食道胃接合部癌のリンパ節転移の特徴とその治療戦略(企画関連口演30 Barrett食道癌2,第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    田中 浩明, 大平 雅一, 久保 尚士, 六車 一哉, 澤田 鉄二, 豊川 貴弘, 山下 好人, 八代 正和, 山田 靖哉, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-2-17 Toll like receptor4 ligandとTGFβ阻害剤の併用による消化器癌宿主の免疫寛容克服(企画関連口演21 免疫化学療法1,第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    岩内 武彦, 田中 浩明, 山添 定明, 久保 尚士, 六車 一哉, 八代 正和, 山田 靖哉, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-1-69 大腸癌同時性肝転移の治療戦略(企画関連口演14 同時性両葉肝転移2,第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    天野 良亮, 山田 靖哉, 野田 英児, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-1-468 膵癌に対するS-1+lapatinib併用療法の基礎的検討(膵 集学的治療,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    河本 真大, 仲田 文造, 天野 良亮, 山田 靖哉, 八代 正和, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • RS-24-7 当科で経験したGIST切除症例の検討(要望演題24-2 消化管GISTに対する診断と治療2,第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    貝崎 亮二, 六車 一哉, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 八代 正和, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡手術 : 緊急度別にみた術式選択 査読

    前田 清, 野田 英児, 井上 透, 押谷 伸英, 渡辺 憲治, 山上 博一, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 八代 正和, 山田 靖哉, 西口 幸雄, 池原 照幸, 平川 弘聖

    日本大腸肛門病学会 日本大腸肛門病学会雑誌   62 ( 7 )   453 - 460   2009年07月( ISSN:00471801

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    潰瘍性大腸炎に対して,待機例は腹腔鏡下(LA-RPC)もしくは用手補助腹腔鏡(HALS)大腸全摘術,緊急例でも全身状態が安定している準緊急手術はHALS結腸全摘術を選択し,その妥当性を検討した.2001年7月∼2008年9月の腹腔鏡手術74例と1997∼2001年の開腹術56例とを比較検討した.待機例でのLA-RPCは開腹術と比べ,手術時間は延長するものの,出血量は有意に少なく,術後在院日数も短かった.準緊急例についてはHALS群で手術時間がやや長かったが,出血量は有意に少なく,術後在院日数も有意に短かった.今後,さらなる検討が必要であるが,待機例での腹腔鏡手術,とくにLA-RPCは手術時間は延長するものの,術後回復も早く,低侵襲手術のひとつのオプションとなりうる可能性が示唆された.準緊急手術に対するHALSも手術時間の延長もわずかで,術後回復も早いことから,低侵襲手術のひとつとして有用な可能性が示唆された.<br>

    DOI: 10.3862/jcoloproctology.62.453

    CiNii Article

  • WS-5-5 残胃の癌の臨床病理およびサーベイランスの検討(ワークショップ5 残胃癌に対する治療戦略,第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 澤田 鉄二, 久保 尚士, 田中 浩明, 八代 正和, 山下 好人, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • RS-23-7 当教室における潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下手術の現状(要望演題23-2 炎症性腸疾患に対する外科治療2,第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    前田 清, 井上 透, 野田 英児, 埜村 真也, 八代 正和, 山田 靖哉, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 池原 照幸, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • RS-20-3 大腸癌イレウスに対する腸管減圧法と治療成績(要望演題20-1 大腸癌イレウスの治療方針1,第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    井上 透, 前田 清, 野田 英児, 埜村 真也, 八代 正和, 山田 靖哉, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PD-3-7 切除可能進行胃癌に対するNeoadjuvant Chemotherapy(NAC)の有用性について(パネルディスカッション3 切除可能胃癌に対するNeoadjuvant療法,第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    六車 一哉, 澤田 鉄二, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 八代 正和, 山田 靖哉, 山下 好人, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-3-59 センチネルノードナビゲーションを応用した早期胃癌縮小手術(胃・十二指腸 早期癌1,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    吉井 真美, 澤田 鉄二, 六車 一哉, 久保 尚士, 田中 浩明, 豊川 貴弘, 八代 正和, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-3-32 進行食道癌に対する5-FU/nedaplatin(CDGP)放射線併用療法による集学的治療(食道 CRT,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    久保 尚士, 田中 浩明, 大平 雅一, 山下 好人, 六車 一哉, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 八代 正和, 山田 靖哉, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-2-87 低酸素が胃癌細胞の腹膜接着能におよぼす影響(胃・十二指腸 基礎2,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    野田 諭, 八代 正和, 田中 浩明, 井上 透, 山田 靖哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-2-515 膵癌細胞に及ぼすMUC5ACの影響およびHLA拘束性エピトープペプチドワクチンの可能性(膵基礎1,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    山添 定明, 田中 浩明, 岩内 武彦, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-1-59 胃癌微小環境における筋線維芽細胞およびvimentin陽性胃癌細胞の意義(胃・十二指腸 研究3,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    冬廣 雄彦, 八代 正和, 加藤 幸裕, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 井上 透, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-1-55 胃癌組織における低酸素状態の臨床病理学的意義(胃・十二指腸 研究3,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会) 査読

    加藤 幸裕, 八代 正和, 野田 諭, 西居 孝文, 土井 洋輔, 神藤 理, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • HER2 overexpression correlates with survival after curative resection of pancreatic cancer 査読

    Komoto Masahiro, Nakata Bunzo, Amano Ryosuke, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Wakasa Kenichi, Hirakawa Kosei

    CANCER SCIENCE   100 ( 7 )   1243 - 1247   2009年07月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2009.01176.x

    PubMed

  • O15-1 高齢者胃癌切除症例の検討(第38回胃外科・術後障害研究会) 査読

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 久保 尚士, 田中 浩明, 八代 正和, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 6 )   2009年06月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O15-4 胃癌手術における肥満の影響(第38回胃外科・術後障害研究会) 査読

    檀 信浩, 六車 一哉, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 八代 正和, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 6 )   2009年06月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O18-3 根治切除不能進行胃癌に対する外科治療(第38回胃外科・術後障害研究会) 査読

    中本 健太郎, 六車 一哉, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 八代 正和, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   42 ( 6 )   2009年06月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Local angiotensin II-generation in human gastric cancer: Correlation with tumor progression through the activation of ERK1/2, NF-kappa B and survivin 査読

    Kinoshita Jun, Fushida Sachio, Harada Shinichi, Yagi Yasumichi, Fujita Hideto, Kinami Shinichi, Ninomiya Itasu, Fujimura Takashi, Kayahara Masato, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Ohta Tetsuo

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   34 ( 6 )   1573 - 1582   2009年06月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo_00000287

    PubMed

  • Expression of ERas Oncogene in Gastric Carcinoma 査読

    Kaizaki Ryoji, Yashiro Masakazu, Shinto Osamu, Yasuda Koichi, Matsuzaki Taro, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   29 ( 6 )   2189 - 2193   2009年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of ERas oncogene in gastric carcinoma. 査読

    Kaizaki R, Yashiro M, Shinto O, Yasuda K, Matsuzaki T, Sawada T, Hirakawa K

    Anticancer research   29 ( 6 )   2189 - 93   2009年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • A novel transforming growth factor \#946; receptor kinase inhibitor, A-77, prevents the peritoneal dissemination of scirrhous gastric carcinoma 査読

    Yashiro Masakazu, Kawajiri Hidemi, Shinto Osamu, Noda Satoru, Nshii Takafumi, Fuyuhiro Yuhiko, Kashiwagi Shinichiro, Node Manabu, Miyazono Kohei, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   69   2009年05月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Myofibroblasts and Vimentin-positive cancer cells are associated with the poor prognosis in gastric carcinoma 査読

    Fuyuhiro Yuhiko, Yashiro Masakazu, Noda Satoru, Nishii Takafumi, Kato Yukihiro, Kashiwagi Shinichiro, Tanaka Hiroaki, Inoue Toru, Yamada Nobuya, Yamashita Yoshito, Maeda Kiyoshi, Onoda Naoyoshi, Sawada Tetsuji, Nakata Bunzo, Nishiguchi Yukio, Kato Yasuyuki, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   69   2009年05月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hypoxic condition promotes the adhesion ability of gastric cancer cells to peritoneum 査読

    Noda Satoru, Yashiro Masakazu, Nshii Takafumi, Fuyuhiro Yuhiko, Kato Yukihiro, Kashiwagi Shinichiro, Ohira Masaichi, Node Manabu, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   69   2009年05月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • c-Met inhibitor might be a promising molecular-targeted molecule against for CPT11-resistant cancer stem cells 査読

    Nishii Takafumi, Yashiro Masakazu, Tanaka Hiroaki, Inoue Toru, Yamada Nobuya, Yamashita Yoshito, Onoda Naoyoshi, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Nakata Bunzo, Nishiguchi Yukio, Kato Yasuyuki, Ohira Masaichi, Isihikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   69   2009年05月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Triple-negative breast cancers frequently show the reduction of E-cadherin expression 査読

    Kashiwagi Shinichiro, Yashiro Masakazu, Takashima Tsutomu, Nomura Shinya, Noda Satoru, Kawajiri Hidemi, Onoda Naoyoshi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   69   2009年05月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SB-431542, transforming growth factor beta receptor, induces maturation of dendritic cells and enhances anti-tumor activities in vitro and in vivo 査読

    Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Shintou Osamu, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Yamashita Yoshito, Maeda Kiyoshi, Onoda Naoyoshi, Sawada Tetsuji, Nishiguchi Yukio, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   69   2009年05月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Diffuse-Type Gastric Carcinoma: Progression, Angiogenesis, and Transforming Growth Factor beta Signaling 査読

    Komuro Akiyoshi, Yashiro Masakazu, Iwata Caname, Morishita Yasuyuki, Johansson Erik, Matsumoto Yoshiko, Watanabe Akira, Aburatani Hiroyuki, Miyoshi Hiroyuki, Kiyono Kunihiko, Shirai Yo-taro, Suzuki Hiroshi I., Hirakawa Kosei, Kano Mitsunobu R., Miyazono Kohei

    JNCI-JOURNAL OF THE NATIONAL CANCER INSTITUTE   101 ( 8 )   592 - 604   2009年04月( ISSN:0027-8874

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jnci/djp058

    PubMed

  • Co-expression of keratinocyte growth factor and K-sam is an independent prognostic factor in gastric carcinoma 査読

    Toyokawa Takahiro, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei

    ONCOLOGY REPORTS   21 ( 4 )   875 - 880   2009年04月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or_00000297

    PubMed

  • HP-012-5 高齢者胃癌切除症例における術後合併症の特徴(胃(臨床1),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会) 査読

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 山下 好人, 久保 尚士, 八代 正和, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年02月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • HP-219-6 膵管癌におけるHER 2発現の検討(膵(臨床7),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会) 査読

    河本 真大, 仲田 文造, 天野 良亮, 山田 靖哉, 八代 正和, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年02月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • HP-208-5 PSKとTGFbeta阻害剤の併用による癌宿主の免疫応答増強効果(免疫・分子標的治療,ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会) 査読

    田中 浩明, 八代 正和, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 六車 一哉, 井上 透, 山田 靖哉, 前田 清, 小野田 尚佳, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年02月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • HP-156-2 難治性乳癌(トリプルネガティブ)におけるE-cadherin発現(乳がん(トリプルネガティブ),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会) 査読

    柏木 伸一郎, 八代 正和, 高島 勉, 埜村 真也, 野田 諭, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年02月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • HP-147-3 MUC 5 ACムチン強発現による膵癌細胞の接着・浸潤亢進のメカニズム(膵(浸潤・転移・血管新生),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会) 査読

    山添 定明, 田中 浩明, 澤田 鉄二, 久保 尚士, 六車 一哉, 高島 勉, 井上 透, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年02月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • HP-090-3 TGF-β受容体阻害剤が胃癌浸潤転移におよぼす影響(胃(分子標的・免疫療法),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会) 査読

    神藤 理, 八代 正和, 川尻 成美, 清水 清, 清水 寿通, 宮園 浩平, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年02月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • HP-084-3 マルチキナーゼ阻害剤は低酸素環境における胃癌細胞の抗癌剤感受性を増強させる(胃(発癌・悪性度),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会) 査読

    野田 諭, 八代 正和, 井上 透, 山田 靖哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年02月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • HP-067-6 膵癌外科治療における補助化学療法としてのGEM,TS-1の役割(膵(GEM,TS-1 2),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会) 査読

    天野 良亮, 山田 靖哉, 土井 洋輔, 西居 孝文, 河本 真大, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 井上 透, 山下 好人, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年02月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • HP-018-7 cStage II, III食道癌症例の術後再発に及ぼす因子(食道(手術,CRT),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大平 雅一, 田中 浩明, 久保 尚士, 山下 好人, 六車 一哉, 野田 英児, 天野 良亮, 井上 透, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年02月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • VS-014-1 当科における腹腔鏡補助下胃全摘術(LATG)および噴門側胃切除術後(LAPG)の器械的食道空腸吻合法の変遷(胃3,ビデオセッション,第109回日本外科学会定期学術集会) 査読

    六車 一哉, 豊川 貴弘, 山下 好人, 久保 尚士, 田中 浩明, 山田 靖哉, 八代 正和, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年02月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-111-3 胃癌細胞株におけるバルプロ酸ナトリウムの抗腫瘍効果の検討(分子標的・遺伝子治療1,サージカルフォーラム,第109回日本外科学会定期学術集会) 査読

    八木 康道, 伏田 幸夫, 柄田 智也, 尾山 勝信, 藤田 秀人, 二宮 致, 藤村 隆, 萱原 正都, 太田 哲生, 八代 正和, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年02月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-029-5 胃癌微小環境における筋線維芽細胞の意義(胃癌(基礎研究1),サージカルフォーラム,第109回日本外科学会定期学術集会) 査読

    冬廣 雄彦, 八代 正和, 野田 諭, 加藤 幸裕, 神藤 理, 井上 透, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年02月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • RSF-020-4 胃瘻,回腸人工肛門および腸瘻造設によりQOLを改善させた特発性偽性腸閉塞の一例(下部消化管(その他),研修医の発表セッション,第109回日本外科学会定期学術集会) 査読

    中尾 重富, 井上 透, 貝崎 亮二, 野田 英児, 前田 清, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山下 好人, 山田 靖哉, 八代 正和, 西口 幸雄, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年02月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • VSY-4-1 鏡視下手術を安全に行うための手技と工夫(鏡視下食道癌手術を安全に行うための手技と工夫,ビデオシンポジウム,第109回日本外科学会定期学術集会) 査読

    久保 尚士, 田中 浩明, 大平 雅一, 山下 好人, 豊川 貴弘, 野田 諭, 森本 純也, 天野 良亮, 野田 英児, 六車 一哉, 井上 透, 高島 勉, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 澤田 鉄二, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年02月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • DNA methyltransferase inhibitor 5-aza-CdR enhances the radiosensitivity of gastric cancer cells 査読

    QIU Hong, YASHIRO Masakazu, SHINTO Osamu, MATSUZAKI Taro, HIRAKAWA Kosei

    Cancer science   100 ( 1 )   181 - 188   2009年01月( ISSN:13479032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • DNA methyltransferase inhibitor 5-aza-CdR enhances the radiosensitivity of gastric cancer cells 査読

    Qiu Hong, Yashiro Masakazu, Shinto Osamu, Matsuzaki Taro, Hirakawa Kosei

    CANCER SCIENCE   100 ( 1 )   181 - 188   2009年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2008.01004.x

    PubMed

  • Diffuse-type gastric carcinoma: progression, angiogenesis, and transforming growth factor beta signaling.

    Komuro A, Yashiro M

    J Natl Cancer Inst   101   592   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of VEGFR-3 phosphorylation inhibitor on lymph node metastasis in an orthotopic diffuse-type gastric carcinoma model. 査読

    Yashiro, M., Shinto, O.

    Br J Cancer   101   1100   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synergistic antitumor effects of FGFR2 inhibitor with 5-fluorouracil on scirrhous gastric carcinoma.

    Yashiro, M., Shinto, O.,

    Int J Cancer   121   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Allelic imbalance at p53 and microsatellite instability are predictive markers for resistance to chemotherapy in gastric carcinoma.

    Yashiro, M, Inoue, T.

    Ann Surg Oncol   19   2926   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 胃癌における新しい分子腫瘍マーカーとしての ERas 遺伝子 査読

    貝崎 亮二, 平川 弘聖, 八代 正和, 神藤 理, 安田 晃一, 松崎 太郎, 田中 浩明, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   ( 24 )   14 - 15   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.24.14

    CiNii Article

  • 膵癌細胞に及ぼす MUC5AC ムチンの影響 査読

    山添 定明, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖, 田中 浩明, 澤田 鉄二, 久保 尚士, 六車 一哉, 高島 勉, 井上 透, 山田 靖哉, 八代 正和

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   ( 24 )   18 - 18   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.24.18

    CiNii Article

  • [Anti-VEGF therapy for peritoneal dissemination model of gastric cancer considering of pharmacokinetics]. 査読

    Yagi Y, Fushida S, Fujita H, Kinami S, Ninomiya I, Fujimura T, Kayahara M, Ohta T, Yashiro M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   35 ( 12 )   2005 - 8   2008年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Efficacy of S-1 for gastric cancer patients with positive peritoneal lavage cytology. 査読

    Ako E, Ohira M, Yamashita Y, Kubo N, Muguruma K, Yashiro M, Sawada T, Nakata B, Kato Y, Hirakawa K

    Hepato-gastroenterology   55 ( 86-87 )   1939 - 42   2008年09月( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Ulcerative colitis-associated colorectal cancer is frequently associated with the microsatellite instability pathway 査読

    Fujiwara Ichiro, Yashiro Masakazu, Kubo Naoshi, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    DISEASES OF THE COLON & RECTUM   51 ( 9 )   1387 - 1394   2008年09月( ISSN:0012-3706

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10350-008-9212-9

    PubMed

  • O-1-226 低酸素耐性胃癌細胞株の樹立と転移能(基礎研究1,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    野田 諭, 八代 正和, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-2-87 分子標的治療薬mTOR阻害剤は5-FUの抗腫瘍効果を増強する(胃 研究2,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    松崎 太郎, 八代 正和, 田中 浩明, 井上 透, 山田 靖哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-2-348 膵頭十二指腸切除術における膵空腸吻合の手技の工夫と成績(胆・膵 PD再建5,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    山田 靖哉, 天野 良亮, 西居 孝文, 土井 洋輔, 八代 正和, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-2-319 原発性十二指腸癌切除例の検討(十二指腸,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    藤本 珠実, 天野 良亮, 山田 靖哉, 土井 洋輔, 西居 孝文, 八代 正和, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-2-271 大腸低分化腺癌・粘液癌の検討(大腸 悪性3,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    檀 信浩, 前田 清, 井上 透, 野田 英児, 八代 正和, 山田 靖哉, 西口 幸雄, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-2-23 術前化学療法が奏効した胃癌症例の検討(胃 化学療法4,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    貝崎 亮二, 六車 一哉, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 八代 正和, 山下 好人, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-2-185 高齢者(50歳以上)潰瘍性大腸炎の手術成績の検討(炎症性腸疾患1,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    井上 透, 前田 清, 野田 英児, 八代 正和, 埜村 真也, 山田 靖哉, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 西口 幸雄, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-2-145 切除再建症例の臨床病理学的所見からみたT1a(MM)以深の胸部食道表在癌に対する治療戦略(食道 早期,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    大平 雅一, 久保 尚士, 田中 浩明, 山下 好人, 六車 一哉, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-1-98 膵癌細胞におけるMUC5ACムチンの機能解析(胆・膵 研究3,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    山添 定明, 田中 浩明, 澤田 鉄二, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-1-228 癌幹細胞様SP細胞は抗癌剤耐性と腹膜転移に関与する(基礎研究1,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    西居 孝文, 八代 正和, 田中 浩明, 井上 透, 山田 靖哉, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-1-467 胃癌の浸潤・転移に対するTGF-β, TGF-β受容体阻害剤の作用について(胃 研究,一般演題(ポスター),第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    神藤 理, 八代 正和, 川尻 成美, 清水 清, 清水 寿通, 宮園 浩平, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • RS-67 大腸癌における術後創感染の危険因子の検討(要望演題4-3 消化器外科とSSI対策3,第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    野田 英児, 前田 清, 井上 透, 八代 正和, 山田 靖哉, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • RS-329 膵頭十二指腸切除術における消化管器械再建の手技と工夫(要望演題21-3 自動縫合器の使用法 肝・胆・膵,第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    天野 良亮, 山田 靖哉, 西居 孝文, 土井 洋輔, 八代 正和, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • WS-6-11 病態別にみた潰瘍性大腸炎に対する鏡視下手術の術式選択(ワークショップ6 炎症性腸疾患に対する外科治療の現状,第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    前田 清, 井上 透, 野田 英児, 山下 好大, 山田 靖哉, 八代 正和, 六車 一哉, 大平 雅一, 西口 幸雄, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • RS-106 自動縫合器を用いた腹腔補助下幽門側胃切除術(LADG)後の消化管再建法について(要望演題5-2 自動縫合器を用いた胃切除後再建法の功罪2,第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    六車 一哉, 澤田 鉄二, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 八代 正和, 山田 靖哉, 山下 好人, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-2-491 潰瘍性大腸炎におけるVitamin D Receptor発現と大腸癌との関連性(炎症性腸疾患2,一般演題(ポスター),第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    田中 浩明, 前田 清, 和田 光二, 久保 尚士, 六車 一哉, 八代 正和, 山田 靖哉, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-2-16 診断に難渋した多発性膵腫瘍の1例(胆・膵 症例3,一般演題(ポスター),第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    土井 洋輔, 天野 良亮, 西居 孝文, 山田 靖哉, 八代 正和, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Laparoscopic resection of periadrenal paraganglioma - A report of 2 cases 査読

    Noda Eiji, Ishikawa Tetsuro, Maeda Kiyoshi, Inoue Toru, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamashita Yoshito, Yashiro Masakazu, Yamada Nobuya, Onoda Naoyoshi, Sawada Tetsuji, Nishiguchi Yukio, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    SURGICAL LAPAROSCOPY ENDOSCOPY & PERCUTANEOUS TECHNIQUES   18 ( 3 )   310 - 314   2008年06月( ISSN:1530-4515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Laparoscopic resection of periadrenal paraganglioma: a report of 2 cases. 査読

    Noda E, Ishikawa T, Maeda K, Inoue T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Yamashita Y, Yashiro M, Yamada N, Onoda N, Sawada T, Nishiguchi Y, Ohira M, Hirakawa K

    Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques   18 ( 3 )   310 - 4   2008年06月( ISSN:1530-4515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLE.0b013e3181661907

    PubMed

  • A novel transforming growth factor beta receptor kinase inhibitor, A-77, prevents the peritoneal dissemination of scirrhous gastric carcinoma 査読

    Kawajiri Hidemi, Yashiro Masakazu, Shinto Osamu, Nakamura Kazunori, Tendo Masashige, Takemura Satoru, Node Manabu, Hamashima Yoshio, Kajimoto Tetsuya, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CLINICAL CANCER RESEARCH   14 ( 9 )   2850 - 2860   2008年05月( ISSN:1078-0432

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-07-1634

    PubMed

  • DP-007-5 当科における腹腔鏡補助下幽門側胃切除術(LADG)後再建法の工夫(第108回日本外科学会定期学術集会) 査読

    六車 一哉, 澤田 鉄二, 豊川 貴弘, 貝崎 亮二, 久保 尚士, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年04月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • DP-151-2 切除不能大腸癌肝転移症例に対するmFOLFOX6療法の有用性(第108回日本外科学会定期学術集会) 査読

    前田 清, 野田 英児, 天野 亮介, 山田 靖哉, 井上 透, 八代 正和, 六車 一哉, 久保 尚士, 西口 幸雄, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年04月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • DP-064-5 後腹膜神経鞘腫の6例の検討(第108回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大北 仁裕, 天野 良亮, 山田 靖哉, 土井 洋輔, 西居 孝文, 山下 好人, 八代 正和, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年04月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • DP-027-3 大腸疾患手術における機械的腸管前処置の有無による感染性術後合併症の比較検討(第108回日本外科学会定期学術集会) 査読

    野田 英児, 前田 清, 井上 透, 八代 正和, 山田 靖哉, 山下 好人, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年04月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PD-5-3 癌リンパ管新生からみた,スキルス胃癌のリンパ行性転移および腹膜播種の病態についての基礎的研究(第108回日本外科学会定期学術集会) 査読

    岩田 要, 八代 正和, 平川 弘聖, 宮園 浩平, 上西 紀夫

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年04月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-054-5 胃癌細胞株における5-FUとmTOR阻害剤の併用効果の検討(第108回日本外科学会定期学術集会) 査読

    松崎 太郎, 八代 正和, 貝崎 亮二, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 井上 透, 山田 靖哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 西口 幸雄, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年04月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-049-1 分子標的治療薬TGFbetaレセプター阻害剤の癌免疫療法への応用(第108回日本外科学会定期学術集会) 査読

    田中 浩明, 八代 正和, 神藤 理, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 六車 一哉, 井上 透, 山田 靖哉, 前田 清, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年04月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-028-2 胃癌腹膜転移への癌幹細胞様SP細胞の関与(第108回日本外科学会定期学術集会) 査読

    西居 孝文, 八代 正和, 神藤 理, 貝崎 亮二, 田中 浩明, 井上 透, 山田 靖哉, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 加藤 保之, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年04月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • WS-4-6 TGF-β receptorを分子標的とした胃癌リンパ節転移抑制(第108回日本外科学会定期学術集会) 査読

    神藤 理, 八代 正和, 川尻 成美, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 清水 清, 清水 寿通, 宮園 浩平, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年04月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PD-5-9 スキルス胃癌の病態に基づいた分子標的治療薬の検討(第108回日本外科学会定期学術集会) 査読

    八代 正和, 川尻 成美, 神籐 理, 中村 和憲, 豊川 貴弘, 山下 好人, 山田 靖哉, 小野田 尚佳, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 宮園 浩平, 野出 学, 梶本 哲也, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年04月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • FGFR2-amplified gastric cancer cell lines require FGFR2 and Erbb3 signaling for growth and survival 査読

    Kunii Kaiko, Davis Lenora, Gorenstein Julie, Hatch Harold, Yashiro Masakazu, Di Bacco Alessandra, Elbi Cem, Lutterbach Bart

    CANCER RESEARCH   68 ( 7 )   2340 - 2348   2008年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-07-5229

    PubMed

  • Reply: Identification of isolated tumour cells by detection of CEA and CK mRNA in peritoneal lavage fluid of gastric cancer patients 査読

    Katsuragi K., Yashiro M., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   98 ( 2 )   514 - 514   2008年01月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.bjc.6604190

  • A novel transforming growth factor beta receptor kinase inhibitor, A-77, prevents the peritoneal dissemination of scirrhous gastric carcinoma

    Kawajiri H, Yashiro M

    Clin Cancer Res   14   2850   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Efficacy of S-1 for Gastric Cancer Patients with Positive Peritoneal Lavage Cytology 査読

    Ako Eiji, Ohira Masaichi, Yamashita Yoshito, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Sawada Tetsuji, Nakata Bunzo, Kato Yasuyuki, Hirakawa Kosei

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   55 ( 86-87 )   1939 - 1942   2008年( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • FGFR2-amplified gastric cancer cell lines require FGFR2 and Erbb3 signaling for growth and survival.

    Kunii K, Davis L, Gorenstein J, Hatch H, Yashiro M

    Cancer Res   68   2340   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ERas陽性胃癌細胞株に対するRasシグナル伝達阻害剤による増殖抑制効果の検討 査読

    松崎 太郎, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖, 八代 正和, 安田 晃一, 貝崎 亮二, 六車 一哉, 井上 透, 山田 靖哉, 前田 清, 澤田 鉄二

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   23 ( 0 )   59 - 59   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.23.59

    CiNii Article

  • 食道癌に対する分子標的治療―EGFR ファミリーをターゲットとして― 査読

    大平 雅一, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 平川 弘聖, 山下 好人, 山崎 政直, 阿古 英次, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 井上 透, 山田 靖哉

    特定非営利活動法人 日本気管食道科学会 日本気管食道科学会会報   59 ( 2 )   187 - 188   2008年( ISSN:0029-0645

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2468/jbes.59.187

    CiNii Article

  • スキルス胃癌腹膜転移に癌幹細胞様SP細胞が関与する 査読

    西居 孝文, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 加藤 保之, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖, 八代 正和, 神藤 理, 貝崎 亮二, 田中 浩明, 井上 透, 山田 靖哉, 山下 好人, 前田 清

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   23 ( 0 )   58 - 58   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.23.58

    CiNii Article

  • Inhibition of cyclooxygenase-2 suppresses lymph node metastasis via reduction of lymphangiogenesis 査読

    Iwata Caname, Kano Mitsunobu R., Komuro Akiyoshi, Oka Masako, Kiyono Kunihiko, Johansson Erik, Morishita Yasuyuki, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Kaminishi Michio, Miyazono Kohei

    CANCER RESEARCH   67 ( 21 )   10181 - 10189   2007年11月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-07-2366

    PubMed

  • A novel angiogenesis inhibitor, Ki23057, is useful for preventing the progression of colon cancer and the spreading of cancer cells to the liver 査読

    Sakurai Katsunobu, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Matsuzaki Taro, Komatsu Midori, Ohira Masaichi, Miwa Atsushi, Hirakawa Kosei

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   43 ( 17 )   2612 - 2620   2007年11月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejca.2007.09.002

    PubMed

  • ERas oncogene expression and epigenetic regulation by histone acetylation in human cancer cells. 査読

    Yasuda K, Yashiro M, Sawada T, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   27 ( 6B )   4071 - 5   2007年11月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Suppression of tumor lymphangiogenesis and lymph node metastasis by conventional cyclooxygenase-2 (COX-2) inhibitor, Etodolac 査読

    Iwata Caname, Kano Mitsunobu R., Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Miyazono Kohei, Kaminishi Michio

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   22   A229 - A229   2007年10月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • QOLからみた切除不能大腸悪性狭窄に対するステント留置術の有用性 査読

    前田 清, 井上 透, 野田 英児, 西原 承浩, 八代 正和, 福永 真也, 平川 弘聖

    日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine   27 ( 6 )   839 - 843   2007年09月( ISSN:13402242

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Prognostic impact of PCR-based identification of isolated tumour cells in the peritoneal lavage fluid of gastric cancer patients who underwent a curative R0 resection 査読

    Katsuragi K., Yashiro M., Sawada T., Osaka H., Ohira M., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   97 ( 4 )   550 - 556   2007年08月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.bjc.6603909

  • A synergistic antitumor effect of interleukin-2 addition with CD80 immunogene therapy for peritoneal metastasis of gastric carcinoma 査読

    Kosaka Kinshi, Yashiro Masakazu, Sakate Yoji, Hirakawa Kosei

    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   52 ( 8 )   1946 - 1953   2007年08月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-006-9637-8

    PubMed

  • O-1-240 大腸癌肝転移症例における予後規定因子の解析と治療戦略(大腸癌 転移1,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    山田 靖哉, 天野 良亮, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 大平 雅一, 石川 哲朗, 西野 裕二, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-3-114 抗癌剤の腫瘍内投与による抗腫瘍免疫の誘導効果(免疫,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    田中 浩明, 八代 正和, 六車 一哉, 井上 透, 山田 靖哉, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-2-54 胆道癌におけるKGFR/Ksam-IIをターゲットにした分子標的治療の可能性の検討(胆 研究,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    天野 良亮, 山田 靖哉, 八代 正和, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 大平 雅一, 石川 哲郎, 西野 裕二, 三輪 篤史, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-2-34 スキルス胃癌リンパ節転移に対するTGF-β阻害剤を用いた分子標的治療(胃癌 分子生物学2,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    神藤 理, 八代 正和, 川尻 成美, 石川 哲郎, 加藤 保之, 西口 幸雄, 清水 清, 清水 寿通, 宮園 浩平, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-2-33 胃癌細胞におけるERasシグナル伝達阻害剤の増殖抑制効果の検討(胃癌 分子生物学2,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    松崎 太郎, 八代 正和, 安田 晃一, 貝崎 亮二, 山田 靖哉, 山下 好人, 前田 清, 小野田 尚佳, 西口 幸雄, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-2-32 胃癌におけるERas遺伝子発現(胃癌 分子生物学2,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    貝崎 亮二, 八代 正和, 神藤 理, 田中 浩明, 井上 透, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 西口 幸雄, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-2-111 腹腔鏡下大腸切除術における腹直筋鞘ブロックの有用性(大腸癌 腹腔鏡3,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    野田 英児, 前田 清, 井上 透, 山田 靖哉, 八代 正和, 山下 好人, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-1-190 胃癌切除症例におけるKGFおよびK-sam発現の免疫組織学的検討(胃 病理,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    豊川 貴弘, 八代 正和, 井上 透, 山田 靖哉, 小野田 尚佳, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • RS-36 切除再建症例の病理組織学的所見からみた食道m3,sm1癌に対する治療戦略(要望演題8 食道表在癌,第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    大平 雅一, 中川 泰生, 山下 好人, 久保 尚士, 六車 一哉, 山田 靖哉, 八代 正和, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • VW-2-7 遊離空腸移植とその術後管理における工夫(ビデオワークショップ2 消化器外科手術における血行再建の工夫と合併症対策,第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    山下 好人, 大平 雅一, 久保 尚士, 六車 一哉, 井上 透, 山田 靖哉, 八代 正和, 西口 幸雄, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SY-1-1-6 FGF-R2/K-samIIおよびTGF-βreceptorを分子標的としたスキルス胃癌転移の治療(シンポジウム1-1 消化器癌の発生機序から見た治療戦略-消化管癌,第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    八代 正和, 川尻 成美, 神籐 理, 中村 和憲, 豊川 貴弘, 宮園 浩平, 野出 学, 梶本 哲也, 三輪 篤史, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-2-511 腫瘍径5cm以下の進行結腸癌に対する腹腔鏡補助下手術の中期成績(大腸・肛門 鏡視下手術2,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    前田 清, 野田 英児, 井上 透, 福永 真也, 和田 光二, 八代 正和, 山田 靖哉, 西口 幸雄, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-2-497 大腸mp癌の臨床病理学的特徴と治療方針の検討(大腸・肛門 危険因子・予後2,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    井上 透, 前田 清, 野田 英児, 福永 真也, 八代 正和, 山田 靖哉, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-2-136 Adjuvant chemotherapyとしてのTS-1を用いたCY1胃癌の治療戦略(胃癌 CY1-2,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    六車 一哉, 澤田 鉄二, 田中 浩明, 井上 透, 山下 好人, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-1-249 スキルス胃癌腹膜播種におけるTGFβ-R阻害剤と抗癌剤の併用効果(胃癌 進行2,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    川尻 成美, 八代 正和, 井上 透, 西口 幸雄, 石川 哲郎, 加藤 保之, 宮園 浩平, 野出 学, 梶本 哲也, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • A novel K-samII/FGF-R2 autophosphorylation inhibitor is therapeutically useful for scirrhous gastric carcinoma with K-samll amplification 査読

    Yashiro M., Nakamura K., Sawada T., Kawajiri H., Shimizu T., Miwa A., Hirakawa K.

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   25 ( 18 )   2007年06月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical significance of ERas oncogene on cancer 査読

    Yasuda K., Yashiro M., Sawada T., Ohira M., Hirakawa K.

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   25 ( 18 )   2007年06月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 急性虫垂炎を契機に発見された腸間膜静脈硬化症の1例 査読

    大田 浩平, 柳川 憲一, 高畑 哲也, 野田 英児, 井上 透, 西原 承浩, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖

    日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy   49 ( 4 )   1130 - 1135   2007年04月( ISSN:03871207

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • DP-042-4 食道表在癌におけるリンパ節転移とVEGF-Cの発現およびCXCR 4の発現との関連についての検討(第107回日本外科学会定期学術集会) 査読

    中川 泰生, 大平 雅一, 山下 好人, 野田 英児, 六車 一哉, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 石川 哲郎, 西口 幸雄, 加藤 保之, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   108 ( 2 )   2007年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • DP-120-8 大腸癌生検組織でのchemokine receptor CXCR4の発現とリンパ行性転移の検討(第107回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福永 真也, 前田 清, 野田 英児, 西原 承浩, 井上 透, 山田 靖哉, 八代 正和, 山下 好人, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 加藤 保之, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   108 ( 2 )   2007年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 樹状細胞成熟化作用を有する抗癌剤の同定と抗腫瘍免疫の誘導 査読

    田中 浩明, 八代 正和, 山田 靖哉, 山下 好人, 六車 一哉, 澤田 鉄二, 前田 清, 石川 哲郎, 平川 弘聖, MIZUMOTO Norikatsu, TAKASHIMA Akira

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   108   2007年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 胃癌腹膜播種におけるTGFβ-R阻害剤の有用性 査読

    川尻 成美, 八代 正和, 竹村 哲, 中村 和憲, 天道 正成, 井上 透, 山田 靖哉, 山下 好人, 前田 清, 小野田 尚佳, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 西口 幸雄, 大平 雅一, 石川 哲郎, 加藤 保之, 宮園 浩平, 野出 学, 梶本 哲也, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   108   2007年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 胃癌組織におけるERasの発現 査読

    貝崎 亮二, 八代 正和, 神藤 理, 田中 浩明, 六車 一哉, 井上 透, 山下 好人, 山田 靖哉, 小野田 尚佳, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 西口 幸雄, 大平 雅一, 石川 哲郎, 加藤 保之, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   108   2007年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 胃GIST診断における超音波内視鏡下FNAの有用性およびGISTに対する治療戦略 査読

    六車 一哉, 澤田 鉄二, 豊川 貴弘, 井上 透, 山下 好人, 八代 正和, 山田 靖哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   108   2007年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Improvement of cancer-targeting therapy, using nanocarriers for intractable solid tumors by inhibition of TGF-beta signaling 査読

    Kano Mitsunobu R., Bae Younsoo, Iwata Caname, Morishita Yasuyuki, Yashiro Masakazu, Oka Masako, Fujii Tomoko, Komuro Akiyoshi, Kiyono Kunihiko, Kaminishi Michio, Hirakawa Kosei, Ouchi Yasuyoshi, Nishiyama Nobuhiro, Kataoka Kazunori, Miyazono Kohei

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   104 ( 9 )   3460 - 3465   2007年02月( ISSN:0027-8424

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0611660104

    PubMed

  • Selective cyclooxygenase-2 inhibitor downregulates the paracrine epithelial-mesenchymal interactions of growth in scirrhous gastric carcinoma 査読

    Yashiro Masakazu, Nakazawa Kazunori, Tendo Masashige, Kosaka Kinshi, Shinto Osamu, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   120 ( 3 )   686 - 693   2007年02月( ISSN:0020-7136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.22329

    PubMed

  • Inhibition of cyclooxygenase-2 suppresses lymph node metastasis via reduction of lymphangiogenesis.

    Iwata C, Kano MR, Komuro A, Oka M, Kiyono K, Johansson E, Morishita Y, Yashiro M

    Cancer Res   67   10181   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K-sam expression is associated with tumor progression and prognosis in gastric cancer 査読

    Toyokawa Takahiro, Yashiro Masakazu, Muguruma Kazuya, Inoue Toru, Yamashita Yoshito, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CLINICAL & EXPERIMENTAL METASTASIS   24 ( 4 )   288 - 288   2007年( ISSN:0262-0898

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Combination effect of transforming growth factor & beta-receptor inhibitor and S-1 on the lymph node metastasis for gastric cancer 査読

    Kawajiri Hidemi, Yashiro Masakazu, Masashige Tendo, Yamada Nobuya, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    CLINICAL & EXPERIMENTAL METASTASIS   24 ( 4 )   305 - 305   2007年( ISSN:0262-0898

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association between expression of chemokine receptor CXCR4 and lymph node metastasis in colorectal cancer 査読

    Fukunaga Shinya, Maeda Kiyoshi, Noda Eiji, Nishihara Tamahiro, Inoue Touru, Yamada Nobuya, Yamashita Yoshito, Yashiro Masakazu, Sawada Tetuji, Oohira Masaichi, Hirakawa Kousei

    CLINICAL & EXPERIMENTAL METASTASIS   24 ( 4 )   279 - 279   2007年( ISSN:0262-0898

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Selective cyclooxygenase-2 inhibitor downregulates the paracrine epithelial-mesenchymal interactions of growth in scirrhous gastric carcinoma.

    Yashiro M

    Int J Cancer   120   686   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Improvement of cancer-targeting therapy, using nanocarriers for intractable solid tumors by inhibition of TGF-beta signaling.

    Kano MR, Bae Y, Iwata C, Morishita Y, Yashiro M

    Proc Natl Acad Sci USA   104   3460   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • QOLからみた切除不能大腸悪性狭窄に対するステント留置術の有用性 査読

    前田 清, 井上 透, 野田 英児, 西原 承浩, 八代 正和, 福永 真也, 平川 弘聖

    日本腹部救急医学会 日本腹部救急医学会雑誌   27 ( 6 )   839 - 843   2007年( ISSN:1340-2242

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    切除不能の悪性疾患に伴う, 大腸狭窄に対しては従来, 姑息的人工肛門造設術が行われることが多かった。しかし, このような全身状態が不良で, 予後も短い症例に対し, 人工肛門を造設することは精神的, 肉体的負担が大きく, QOLの低下を招くことになる。われわれはかかる症例に対し, 金属ステントを留置することにより, 人工肛門を回避し, QOLの向上を図っている。本法は人工肛門と比べて, 低侵襲であり, 患者のQOL向上に有用であると思われた。

    DOI: 10.11231/jaem.27.839

    CiNii Article

  • 胃癌リンパ節転移におけるTGFβ-R阻害剤A-77と抗癌剤S-1との併用効果 査読

    川尻 成美, 八代 正和, 宮園 浩平, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   22 ( 0 )   59 - 59   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.22.59

    CiNii Article

  • 急性虫垂炎を契機に発見された腸間膜静脈硬化症の1例 査読

    大田 浩平, 柳川 憲一, 高畑 哲也, 野田 英児, 井上 透, 西原 承浩, 入代 正和, 前田 清, 平川 弘聖

    一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 日本消化器内視鏡学会雑誌   49 ( 4 )   1130 - 1135   2007年( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は75歳女性.2000年5月18日急性虫垂炎にて虫垂切除術を施行した.初診時腹部単純X線検査・CT検査にて盲腸から横行結腸にかけて石灰化を認め,術後大腸精査施行.大腸内視鏡検査にて右側結腸の粘膜に浮腫,暗紫色の色調変化を認めた.生検病理組織では好酸性沈着物を認めたが,コンゴーレッドにて染色されず,腸間膜静脈硬化症と診断した.腸間膜静脈硬化症はまれな疾患であり,若干の文献的考察を加えて報告する.

    DOI: 10.11280/gee1973b.49.1130

    CiNii Article

  • 各種癌細胞株におけるERas遺伝子の発現とその制御 査読

    安田 晃一, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 仲田 文造, 石川 哲郎, 西野 裕二, 平川 弘聖, 八代 正和, 六車 一哉, 西原 承浩, 井上 透, 山下 好人, 山田 靖哉, 小野田 尚佳, 前田 清

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   22 ( 0 )   30 - 31   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.22.30

    CiNii Article

  • A synergic inhibitory-effect of combination with selective cyclooxygenase-2 inhibitor and S-1 on the peritoneal metastasis for scirrhous gastric cancer cells 査読

    Tendo Masashige, Yashiro Masakazu, Nakazawa Kazunori, Yamada Nobuya, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER LETTERS   244 ( 2 )   247 - 251   2006年12月( ISSN:0304-3835

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2005.12.019

    PubMed

  • S9-2. 胃全摘術後の全器械吻合によるRoux-en Yおよび空腸間置再建法(第35回胃外科・術後障害研究会) 査読

    六車 一哉, 澤田 鉄二, 山下 好人, 井上 透, 西原 承浩, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   39 ( 11 )   1763 - 1764   2006年11月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • [A case of advanced gastric cancer with malignant ascites responding to weekly paclitaxel therapy]. 査読

    Toyokawa T, Sawada T, Muguruma K, Kim T, Kimura K, Inoue T, Yamashita Y, Yashiro M, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   33 ( 11 )   1637 - 40   2006年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed