2024/04/25 更新

写真a

コジマ ヒロタダ
小島 裕正
Kojima Hirotada
担当
大学院医学研究科 基礎医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 基礎医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 医化学  / 分子細胞生物学, タンパク質科学

  • ライフサイエンス / 病態医化学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

研究キーワード

  • サイトカイン

  • 細胞増殖・細胞死・細胞老化

  • オミックス解析

研究歴

  • サイトカインシグナル伝達

    サイトカイン、シグナル伝達  個人研究

    1991年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本分子生物学会

      国内

  • 日本癌学会

  • 日本免疫学会

  • 日本生化学会

学歴

  • 大阪大学   医学研究科   博士課程  

論文

  • RBM10 regulates centriole duplication in HepG2 cells by ectopically assembling PLK4-STIL complexes in the nucleus 査読

    Kunimoto Hiroyuki, Inoue Akira, Kojima Hirotada, Yang Junhao, Zhao Hong, Tsuruta Daisuke, Nakajima Koichi

    GENES TO CELLS   25 ( 2 )   100 - 110   2020年02月( ISSN:1356-9597

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gtc.12741

    PubMed

  • PITX1 protein interacts with ZCCHC10 to regulate hTERT mRNA transcription 査読

    Ohira Takahito, Kojima Hirotada, Kuroda Yuko, Aoki Sayaka, Inaoka Daigo, Osaki Mitsuhiko, Wanibuchi Hideki, Okada Futoshi, Oshimura Mitsuo, Kugoh Hiroyuki

    PLOS ONE   14 ( 8 )   e0217605   2019年08月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0217605

    PubMed

  • Deacetylation of the mitotic checkpoint protein BubR1 at lysine 250 by SIRT2 and subsequent effects on BubR1 degradation during the prometaphase/anaphase transition 査読

    Suematsu Tomohisa, Li Yanze, Kojima Hirotada, Nakajima Koichi, Oshimura Mitsuo, Inoue Toshiaki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   453 ( 3 )   588 - 594   2014年10月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2014.09.128

    PubMed

  • SIRT2 knockdown increases basal autophagy and prevents postslippage death by abnormally prolonging the mitotic arrest that is induced by microtubule inhibitors 査読

    Inoue Toshiaki, Nakayama Yuji, Li Yanze, Matsumori Haruka, Takahashi Haruka, Kojima Hirotada, Wanibuchi Hideki, Katoh Motonobu, Oshimura Mitsuo

    FEBS JOURNAL   281 ( 11 )   2623 - 2637   2014年06月( ISSN:1742-464X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/febs.12810

    PubMed

  • IL-6-STAT3 signaling and premature senescence. 査読

    Kojima H, Inoue T, Kunimoto H, Nakajima K

    JAK-STAT   2 ( 4 )   e25763   2013年10月( ISSN:2162-3988

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4161/jkst.25763

    PubMed

  • S1-1/RBM10: Multiplicity and cooperativity of nuclear localisation domains 査読

    Xiao Sheng-Jun, Wang Ling-Yu, Kimura Masatsugu, Kojima Hirotada, Kunimoto Hiroyuki, Nishiumi Fumiko, Yamamoto Naoki, Nishio Koji, Fujimoto Shunsuke, Kato Takayuki, Kitagawa Seiichi, Yamane Hideo, Nakajima Koichi, Inoue Akira

    BIOLOGY OF THE CELL   105 ( 4 )   162 - 174   2013年04月( ISSN:0248-4900

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/boc.201200068

    PubMed

  • The STAT3-IGFBP5 axis is critical for IL-6/gp130-induced premature senescence in human fibroblasts 査読

    Kojima Hirotada, Kunimoto Hiroyuki, Inoue Toshiaki, Nakajima Koichi

    CELL CYCLE   11 ( 4 )   730 - 739   2012年02月( ISSN:1538-4101

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4161/cc.11.4.19172

    PubMed

  • Phospho-Ser727 of STAT3 regulates STAT3 activity by enhancing dephosphorylation of phospho-Tyr705 largely through TC45 査読

    Wakahara Ryohei, Kunimoto Hiroyuki, Tanino Kanae, Kojima Hirotada, Inoue Akira, Shintaku Haruo, Nakajima Koichi

    GENES TO CELLS   17 ( 2 )   132 - 145   2012年02月( ISSN:1356-9597

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2443.2011.01575.x

    PubMed

  • SIRT2 down-regulation in HeLa can induce p53 accumulation via p38 MAPK activation-dependent p300 decrease, eventually leading to apoptosis 査読

    Li Yanze, Matsumori Haruka, Nakayama Yuji, Osaki Mitsuhiko, Kojima Hirotada, Kurimasa Akihiro, Ito Hisao, Mori Seiichi, Katoh Motonobu, Oshimura Mitsuo, Inoue Toshiaki

    GENES TO CELLS   16 ( 1 )   34 - 45   2011年01月( ISSN:1356-9597

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2443.2010.01460.x

    PubMed

  • STAT3 regulates Nemo-like kinase by mediating its interaction with IL-6-stimulated TGF beta-activated kinase 1 for STAT3 Ser-727 phosphorylation 査読

    Kojima H, Sasaki T, Ishitani T, Iemura S, Zhao H, Kaneko S, Kunimoto H, Natsume T, Matsumoto K, Nakajima K

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   102 ( 12 )   4524 - 4529   2005年03月( ISSN:0027-8424

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0500679102

    PubMed

  • STAT3 regulates Nemo-like kinase by mediating its interaction with IL-6-stimulated TGFβ-activated kinase 1 for STAT3 Ser727 phosphorylation.

    Kojima H, Sasaki T, Natsume T, Matsumoto K, Nakajima K.他

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA.   102 ( 12 )   4524 - 4529   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cytoplasmic c-Fos induced by the YXXQ-derived STAT3 signal requires the co-operative MEK/ERK signal for its nuclear translocation

    Higashi N, Kunimoto H, Ishii M, Kojima H, Nakajima K. 他

    Genes to Cells   9   233 - 242   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Region 752-761 of STAT3 is critical for SRC-1 recruitment and Ser727 phosphorylation.

    Zhao H, Kunimoto H, Sasaki T, Kojima H, Nakajima K. 他

    Biochem. Biophys. Res. Commun. 325(2): 541-548   325 ( 2 )   541 - 548   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Interleukin-18 induces interferon-gamma production through NF-kappaB and NFAT activation in murine T helper type 1 cells.

    Tsuji-Takayama K, Aizawa Y, Okamoto I, Kojima H et al.

    Cell Immunol   196 ( 1 )   41 - 50   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • An essential role for NF-kappa B in IL-18-induced IFN-gamma expression in KG-1 cells

    Kojima H, Aizawa Y, Yanai Y, Nagaoka K, Takeuchi M et.al.

    J. Immunol.   162 ( 9 )   5063 - 5069   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Interleukin-18 activates the IRAK-TRAF6 pathway in mouse EL-4 cells

    Kojima H, Takeuchi M, Ohta T, Nishida Y, Arai N, Ikeda M, Ikegami H, Kurimoto M

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   244 ( 1 )   183 - 186   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Purification and characterization of the human interleukin-18 receptor

    Torigoe K, Ushio S, Okura T, Kobayashi S, Taniai M et.al.

    J. Biol. Chem   272 ( 41 )   25737 - 25742   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • IL-6-inducible complexes on an IL-6 response element of the junB promoter contain Stat3 and 36 kDa CRE-like site binding protein(s)

    Kojima H, Nakajima K, Hirano T

    Oncogene   12 ( 3 )   547 - 554   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A central role for Stat3 in IL-6-induced regulation of growth and differentiation in M1 leukemia cells

    Nakajima K, Yamanaka Y, Nakae K, Kojima H, Ichiba M et al.

    EMBO J.   5 ( 14 )   3651 - 3658   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • IL-6-STAT3 signaling and premature senescence 招待 査読

    Hirotada Kojima, Toshiaki Inoue, Hiroyuki Kunimoto, Koichi Nakajima

    JAK-STAT   2 ( 4 )   e25763   2013年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • IL-6-STAT3 signaling and premature senescence 査読

    Hirotada Kojima, Toshiaki Inoue, Hiroyuki Kunimoto, Koichi Nakajima

    JAK-STAT   2 ( 4 )   e25763   2013年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【サイトカインと疾患 あらたな病態モデルから治療へ】 サイトカインシグナル伝達機構 JAK-STATの標準経路と非標準経路モデル 査読

    中嶋 弘一, 小島 裕正

    医歯薬出版(株) 医学のあゆみ   234 ( 5 )   325 - 330   2010年07月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    サイトカイン受容体からのシグナルのうち、JAK-STATシグナル伝達系について、STATによる転写制御に重点をおきつつ、この経路発見の歴史から現状までを述べる。核内JAKがSTATとヒストンH3をチロシンリン酸化することで、直接クロマチンに作用し、遺伝子発現を制御する非標準経路モデルも紹介する。(著者抄録)

  • 【サイトカインと疾患 あらたな病態モデルから治療へ】 サイトカインシグナル伝達機構 JAK-STATの標準経路と非標準経路モデル 査読

    中嶋 弘一, 小島 裕正

    医歯薬出版(株) 医学のあゆみ   234 ( 5 )   325 - 330   2010年07月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    サイトカイン受容体からのシグナルのうち、JAK-STATシグナル伝達系について、STATによる転写制御に重点をおきつつ、この経路発見の歴史から現状までを述べる。核内JAKがSTATとヒストンH3をチロシンリン酸化することで、直接クロマチンに作用し、遺伝子発現を制御する非標準経路モデルも紹介する。(著者抄録)

講演・口頭発表等

▼全件表示

科研費

  • STAT3による細胞老化誘導とその後のクリアランス機構の解明

    基盤研究(C)  2013年04月

担当教育概要

  • M2講義(細胞生物学コース・免疫学コース),M2分子系実習,M1講義(遺伝と遺伝子コース・遺伝医学コース)

担当授業科目

  • 医学研究推進コース2

    2023年度    

  • 医学研究推進コース3

    2023年度    

  • 医学研究推進コース2

    2022年度    

  • 医学研究推進コース3

    2022年度    

  • 生体構造機能学1

    2019年度     大学院

  • 細胞生物学コース

    2019年度     大学

  • 分子系実習

    2019年度     大学

  • 免疫学コース

    2019年度     大学

  • 遺伝医学コース

    2019年度     大学

  • 遺伝と遺伝子コース

    2019年度     大学

  • 免疫学コース

    2018年度     大学

  • 遺伝と遺伝子コース

    2018年度     大学

  • 細胞生物学コース

    2018年度     大学

  • 生体構造機能学1

    2018年度     大学院

  • 分子系実習

    2018年度     大学

  • 分子系実習

    2017年度     大学

  • 生体構造機能学1

    2017年度     大学院

  • 免疫学コース

    2017年度     大学

  • 遺伝と遺伝子コース

    2017年度     大学

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • サイトカインについて

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, 行政機関, メディア

    免疫をはじめ様々な生命現象を司るサイトカインの概要について、分類、一般的な特徴、シグナル伝達並びに医療への応用例について紹介する。