2024/04/03 更新

写真a

クニモト ヒロユキ
國本 浩之
KUNIMOTO Hiroyuki
担当
大学院医学研究科 基礎医科学専攻 助教
医学部 医学科
職名
助教
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 基礎医科学専攻 

    助教  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    助教  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

  • 修士(薬学) ( 京都薬科大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 分子生物学

研究キーワード

  • 遺伝子発現

  • 転写

研究歴

  • 遺伝子スプライシング制御

    個人研究

    2011 - 継続中 

  • サイトカインシグナルによる転写の制御機構

    サイトカイン、転写  個人研究

    2003 - 継続中 

所属学協会

  • 日本分子生物学会

      国内

  • 日本生化学会

      国内

  • 日本アンドロロジー学会

      国内

  • 日本免疫学会

      国内

職務経歴(学外)

  • 沢井製薬株式会社   学術部

    1996年04月 - 1999年03月

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   免疫学   博士課程   単位取得満期退学

    - 2003年03月

  • 京都薬科大学   薬学研究科   生化学   修士課程   卒業・修了

    - 1996年03月

  • 京都薬科大学   薬学部   薬学科   学士課程   卒業・修了

    - 1994年03月

論文

  • Sequestration of RBM10 in Nuclear Bodies: Targeting Sequences and Biological Significance. 査読

    Wang LY, Xiao SJ, Kunimoto H, Tokunaga K, Kojima H, Kimura M, Yamamoto T, Yamamoto N, Zhao H, Nishio K, Tani T, Nakajima K, Sunami K, Inoue A

    International journal of molecular sciences   22 ( 19 )   2021年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/ijms221910526

    PubMed

  • RBM10 regulates centriole duplication in HepG2 cells by ectopically assembling PLK4-STIL complexes in the nucleus. 査読

    Kunimoto H, Inoue A, Kojima H, Yang J, Zhao H, Tsuruta D, Nakajima K

    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   25 ( 2 )   100 - 110   2020年02月( ISSN:1356-9597

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/gtc.12741

    PubMed

  • PhosphoSer727 triggers a multi-step inactivation of STAT3 by rapid dissociation of pY705-SH2 through C-terminal tail modulation. 査読

    Yang J, Kunimoto H, Katayama B, Zhao H, Shiromizu T, Wang L, Ozawa T, Tomonaga T, Tsuruta D, Nakajima K

    International immunology   2019年09月( ISSN:0953-8178

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/intimm/dxz061

    PubMed

  • The Molecular Basis of Chemical Chaperone Therapy for Oculocutaneous Albinism Type 1A. 査読

    Teramae A, Kobayashi Y, Kunimoto H, Nakajima K, Suzuki T, Tsuruta D, Fukai K

    The Journal of investigative dermatology   2018年11月( ISSN:0022-202X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jid.2018.10.033

    PubMed

  • IL-6-STAT3 signaling and premature senescence. 査読

    Kojima H, Inoue T, Kunimoto H, Nakajima K

    JAK-STAT   2 ( 4 )   e25763   2013年10月( ISSN:2162-3988

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.4161/jkst.25763

    PubMed

  • S1-1/RBM10: Multiplicity and cooperativity of nuclear localisation domains 査読 国際共著

    Xiao Sheng-Jun, Wang Ling-Yu, Kimura Masatsugu, Kojima Hirotada, Kunimoto Hiroyuki, Nishiumi Fumiko, Yamamoto Naoki, Nishio Koji, Fujimoto Shunsuke, Kato Takayuki, Kitagawa Seiichi, Yamane Hideo, Nakajima Koichi, Inoue Akira

    BIOLOGY OF THE CELL   105 ( 4 )   162 - 174   2013年04月( ISSN:0248-4900

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1111/boc.201200068

    PubMed

  • Phospho-Ser727 of STAT3 regulates STAT3 activity by enhancing dephosphorylation of phospho-Tyr705 largely through TC45 査読

    Wakahara Ryohei, Kunimoto Hiroyuki, Tanino Kanae, Kojima Hirotada, Inoue Akira, Shintaku Haruo, Nakajima Koichi

    GENES TO CELLS   17 ( 2 )   132 - 145   2012年02月( ISSN:1356-9597

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/j.1365-2443.2011.01575.x

    PubMed

  • The STAT3-IGFBP5 axis is critical for IL-6/gp130-induced premature senescence in human fibroblasts. 国際共著

    Kojima H, Kunimoto H, Inoue T, Nakajima K

    Cell Cycle   11 ( 4 )   730 - 9   2012年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Laminin-511, inducer of hair growth, is down-regulated and its suppressor in hair growth, laminin-332 up-regulated in chemotherapy-induced alopecia (vol 58, pg 43, 2010) 査読 国際共著

    Imanishi Hisayoshi, Tsuruta Daisuke, Tateishi Chiharu, Sugawara Koji, Paus Ralf, Tsuji Tsutomu, Ishii Masamitsu, Ikeda Kazuo, Kunimoto Hiroyuki, Nakajima Koichi, Jones Jonathan C. R., Kobayashi Hiromi

    JOURNAL OF DERMATOLOGICAL SCIENCE   60 ( 1 )   58 - 58   2010年10月( ISSN:0923-1811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.jdermsci.2010.08.001

  • STAT3 regulates Nemo-like kinase by mediating its interaction with IL-6-stimulated TGF beta-activated kinase 1 for STAT3 Ser-727 phosphorylation 査読 国際共著

    Kojima H, Sasaki T, Ishitani T, Iemura S, Zhao H, Kaneko S, Kunimoto H, Natsume T, Matsumoto K, Nakajima K

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   102 ( 12 )   4524 - 4529   2005年03月( ISSN:0027-8424

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1073/pnas.0500679102

    PubMed

  • Region 752-761 of STAT3 is critical for SRC-1 recruitment and Ser727 phosphorylation. 査読 国際共著

    Zhao H., Nakajima R., Kunimoto H., Sasaki T., Kojima H. and Nakajima K.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   325   541 - 548   2004年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Proximal promoter polymorphisms of the interleukin-4 receptor alpha are associated with psoriasis in Japan: inverse association pattern compared with atopic dermatitis. 査読 国際共著

    Fukai K., Hosomi N., Oiso N., Kato A., Ishii M, Kunimoto H. and Nakajima K

    Jounal of Dermatological Science   35   78 - 80   2004年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Polymorphisms in the promoter of the interleukin-4 receptor alpha chain gene are associated with atopic dermatitis in Japan. 査読 国際共著

    Hosomi N., Fukai K., Oiso N., Kato A., Ishii M, Kunimoto H. and Nakajima K.

    Journal of Investigative Dermatology   122 ( 3 )   843 - 845   2004年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cytoplasmic c-Fos induced by the YXXQ-derived STAT3 signal requires the co-operative MEK/ERK signal for its nuclear translocation. 査読

    Higashi N., Kunimoto H., Kaneko S., Sasaki T., Ishii M., Kojima H. and Nakajima K.

    Genes to Cells   9   233 - 242   2004年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • IL-6-STAT3 signaling and premature senescence

    Hirotada Kojima, Toshiaki Inoue, Hiroyuki Kunimoto, Koichi Nakajima

    JAK-STAT   2 ( 4 )   e25763   2013年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • 細胞核RNAスプライシング制御因子RBM10の中枢神経系及び末梢組織における発現と機能 国内会議

    山本 直樹、中谷 善彦、樫村 剛、熊谷 望海、須藤 千晴、塙 雄大、生井 莉奈子、黒川 信、國本 浩之、井上 晃

    第46回日本神経科学大会  2023年08月  日本神経科学学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市  

  • 四量体形成に基づく、STAT3活性化-不活性化のモデル 国内会議

    王 凌宇, 趙 虹, 楊 峻浩, 國本 浩之, 中嶋 弘一

    第48回 日本免疫学会総会  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • RBM10はHepG2において中心小体複製に関わる新規の調節因子である 国内会議

    國本 浩之, 井上 晃, 趙 虹, 中嶋 弘一

    第42回 日本分子生物学会年会  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Cytokines and chemokines Tetramer-based model of STAT3 activation-inactivation(和訳中) 国内会議

    Wang Lingyu, Zhao Hong, Yang Junhao, Kunimoto Hiroyuki, Nakajima Koichi

    日本免疫学会総会・学術集会記録  2019年11月  (NPO)日本免疫学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Dissociation of STAT3 C-terminal tail from its own SH2 is critical for phosphoSer727-dependent STAT3 inactivation 国内会議

    Junhao Yang, Hiroyuki Kunimoto, Hong Zhao, Lingyu Wang, Koichi Nakajima

    The 47th Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Cytokines and chemokines-1:Inflammation Dissociation of STAT3 C-terminal tail from its own SH2 is critical for phophoSer727-dependent STAT3 inactivation(和訳中) 国内会議

    Yang Junhao, Kunimoto Hiroyuki, Zhao Hong, Wang Lingyu, Nakajima Koichi

    日本免疫学会総会・学術集会記録  2018年12月  (NPO)日本免疫学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Suppression of ectopic assembly of centrioles by nuclear RBM10 国内会議

    Hiroyuki Kunimoto, Hong Zhao, Akira Inoue, Koichi Nakajima

    Consortium of Biological Scienes 2017  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 核内RBM10による中心小体形成の制御機序について 国内会議

    國本 浩之, 趙 虹, 井上 晃, 中嶋 弘一

    生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • RBM10の活動度を制御する自己調節機構 S1-1 NB-targeting 国内会議

    井上 晃, 國本 浩之, 王 凌宇, 肖 勝軍, 小島 裕正, 山本 隆博, 山本 直樹, 木村 政継, 徳永 和明, 谷 時雄, 中嶋 弘一, 井口 広義

    生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fate decision of activated STAT3 for nuclear accumulation or export through regulated multiple conformational changes 国際会議

    Yang Junhao, Kunimoto Hiroyuki, Katayama Bumpei, Wang Lingyu, Zhao Hong, Ozawa Toshiyuki, Tsuruta Daisuke, Nakajima Koichi

    5th Annual Meeting of the International Cytokine & Interferon Society  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Molecular basis of chemical chaperone therapy for oculocutaneous albinism type1 国際会議

    Teramae A., Kobayashi Y., Kunimoto H., Nakajima K., Suzuki T., Tsuruta D., Fukai K

    International Pigment Cell Conference 2017  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 眼皮膚白皮症1型(OCA1)ナンセンス変異の薬剤によるリードスルー治療の基礎実験 国内会議

    小林 悠衣, 深井 和吉, 國本 浩之, 中嶋 弘一, 梅香路 綾乃, 鈴木 民夫, 鶴田 大輔

    日本皮膚科学会雑誌  2017年05月  (公社)日本皮膚科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A basic in-vitro study of a novel therapy for oculocutaneous albinism type 1 国際会議

    Teramae A., Kobayashi Y., Kunimoto H., Nakajima K., Suzuki T., Tsuruta D., Fukai K

    76 th Annual meeting Social For investigative Dermatology  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • RBM10過剰発現による増殖抑制機序の解析 国内会議

    -

    第39回 日本分子生物学会年会  2016年12月 

  • レンチウイルスを導入したHeLa細胞におけるチロシナーゼのR77Q、H211Y、およびP431L変異体の細胞内局在の分析(Subcelluar localization of tyrosinase R77Q, H211Y and P431L mutants in lentivirus transfected Hela cells) 国内会議

    Teramae Ayako, Kobayashi Yui, Fukai Kazuyoshi, Kunimoto Hiroyuki, Nakajima Koichi, Tsuruta Daisuke

    日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム  2016年12月  (一社)日本研究皮膚科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Hela細胞に発現させたチロシナーゼ変異体(R77Q,H211Y,P431L)の細胞内局在 国内会議

    -

    第41回 日本研究皮膚科学会総会  2016年12月 

  • STAT3二量体のリン酸化Tyr705非依存的な新規機序による核内安定性の制御 国内会議

    -

    第45回 日本免疫学会総会  2016年12月 

  • サイトカインとケモカイン 新たな機序による核におけるSTAT3二量体のphospho-tyr705非依存性安定化(Cytokines and chemokines Phospho-Tyr705-independent stabilization of STAT3 dimers in the nucleus by a novel mechanism) 国内会議

    Yang Junhao, Wang Lingyu, Kunimoto Hiroyuki, Zhao Hong, Nakajima Koichi

    日本免疫学会総会・学術集会記録  2016年11月  (NPO)日本免疫学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • R77Q、H211Y、P431L変異体におけるチロシナーゼの細胞局在 国内会議

    -

    第27回 日本色素細胞学術大会  2016年11月 

  • 活性化核内STAT3の不活性化と核外輸送の制御機序-安定化キナーゼとSer727リン酸化の役割 国内会議

    -

    第39回 日本分子生物学会年会  2016年11月 

  • MTHFR遺伝子C677T多型と高ホモシステイン血症に伴ったlivedoid vasculopathy 国内会議

    -

    第114回 日本皮膚科学会総会  2015年05月 

  • MTHFR遺伝子C677T多型と高ホモシステイン血症に伴ったlivedoid vasculopathy 国内会議

    堀口 悠衣, 清水 奈美, 安水 真規子, 鶴田 大輔, 國本 浩之, 深井 和吉

    日本皮膚科学会雑誌  2015年04月  (公社)日本皮膚科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • チロシナーゼ遺伝子に新規ミスセンス変異H211Yをホモで認めた眼皮膚白皮症1型の姉妹 国内会議

    堀口 悠依, 深井 和吉, 梅香路 綾乃, 鶴田 大輔, 阿部 優子, 鈴木 民夫, 國本 浩之, 中嶋 弘一, 佐藤 行人, 田宮 元

    日本皮膚科学会雑誌  2014年12月  (公社)日本皮膚科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • STAT3の安定性の調節におけるSTAT3のカルボキシル末端領域の役割(The role of STAT3 C-terminal region in the regulation of STAT3 stability) 国内会議

    楊 俊浩, 小島 裕正, 國本 浩之, 仲野 汐美, 中嶋 弘一

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2014年10月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • OCA1 白皮症患者の薬物治療―リードスルー効果によるナンセンス変異回避の研究 国内会議

    -

    第113回 日本皮膚科学会総会  2014年05月 

  • OCA1白皮症患者の薬物治療 リードスルー効果によるナンセンス変異回避の研究 国内会議

    梅香路 綾乃, 國本 浩之, 中嶋 弘一, 鈴木 民夫, 鶴田 大輔, 深井 和吉

    日本皮膚科学会雑誌  2014年04月  (公社)日本皮膚科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • RNA結合タンパクRBM10の転写活性化機序の解析 国内会議

    -

    第35回 日本分子生物学会  2012年12月 

  • サイトカイン・ケモカイン 発現調節とシグナル伝達機構 STAT3 S727のリン酸化はTC45を介してY705チロシン脱リン酸化を制御する(Phospho-Ser727 of STAT3 shortens the duration of STAT3 activity by enhancing the dephosphorylation of pY705 through nuclear TC45) 国内会議

    Wakahara Ryohei, Kunimoto Hiroyuki, Kojima Hirotada, Nakajima Koichi

    日本免疫学会総会・学術集会記録  2011年11月  (NPO)日本免疫学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費

  • 選択的スプライシング制御因子RBM10欠損による精子形成不全の分子機序解明

    基盤研究(C)  2023年04月

  • マルチオミクスを用いた生体レジリエンスにおける老化統括制御分子の包括的解析

    基盤研究(C)  2023年04月

  • 細胞核ダイナミクスの分子機能に着目した抗核抗体関連精神疾患の解明

    基盤研究(C)  2023年04月

  • 膵臓ガンで延命を可能にする遺伝子変異:機序解析と実践への基盤提示

    基盤研究(C)  2019年04月

  • RNA結合タンパク質RBM10欠損による無精子症の発症機序解明と治療法の探索

    基盤研究(C)  2019年04月

  • 核内STAT3運命決定シグナルの同定

    基盤研究(C)  2017年04月

  • 白皮症の治療-ケミカルシャペロン効果の基礎研究

    基盤研究(C)  2016年04月

  • 選択的スプライシング制御因子RBM10に由来する多様な疾病の一元的細胞病態の解明

    基盤研究(C)  2015年04月

  • 白皮症の治療-ナンセンス変異リードスルー効果の基礎研究

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2013年04月

▼全件表示

受託研究

  • メンケス病・フェニルケトン尿症に対する遺伝子治療法の開発

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)  遺伝子・細胞治療研究開発基盤事業  2022年07月

担当授業科目

  • 病理病態学概論

    2024年度     大学院

  • 基礎医学研究推進コース1

    2024年度     大学

  • 基礎医学研究推進コース2

    2024年度     大学

  • 基礎医学研究推進コース3

    2024年度     大学

  • 病理病態学概論

    2023年度     大学院

  • 基礎医学研究推進コース1

    2023年度     大学

  • 基礎医学研究推進コース2

    2023年度     大学

  • 基礎医学研究推進コース3

    2023年度     大学

  • 基礎医学研究推進コース2

    2022年度     大学

  • 基礎医学研究推進コース3

    2022年度     大学

  • 病理病態学概論

    2022年度     大学院

  • 基礎医学研究推進コース1

    2022年度     大学

  • 遺伝医学

    2021年度     大学

  • 修業実習

    2021年度     大学

  • 分子系実習

    2021年度     大学

  • 病理病態学概論

    2021年度     大学院

  • 基礎医学研究推進コース

    2021年度     大学

  • 分子系実習

    2020年度     大学

  • 修業実習

    2020年度     大学

  • 基礎医学研究推進コース

    2020年度     大学

  • 病理病態学概論

    2020年度     大学院

  • 遺伝医学

    2020年度     大学

  • 病理病態学概論

    2019年度     大学院

  • 遺伝と遺伝子コース

    2019年度     大学

  • 免疫系コース

    2019年度     大学

  • 修業実習

    2019年度     大学

  • 分子系実習

    2019年度     大学

  • 遺伝医学

    2019年度     大学

  • 分子系実習

    2018年度     大学

  • 免疫系コース

    2018年度     大学

  • 遺伝と遺伝子コース

    2018年度     大学

  • 修業実習

    2018年度     大学

  • 修業実習

    2017年度     大学

  • 免疫系コース

    2017年度     大学

  • 分子系実習

    2017年度     大学

  • 遺伝と遺伝子コース

    2017年度     大学

  • 分子系実習

    2016年度     大学

  • 遺伝と遺伝子コース

    2016年度     大学

  • 修業実習

    2016年度     大学

  • 生体構造機能学

    2016年度     大学院

  • 分子系実習

    2015年度     大学

  • 遺伝と遺伝子コース

    2015年度     大学

  • 生体構造機能学

    2015年度    

  • 修業実習

    2015年度     大学

  • PBLチュートリアル

    2015年度     大学

  • 分子系実習

    2014年度     大学

  • 遺伝と遺伝子コース

    2014年度     大学

  • 修業実習

    2014年度     大学

  • 修業実習

    2013年度     大学

  • 分子系実習

    2013年度     大学

  • 遺伝と遺伝子コース

    2013年度     大学

  • PBLチュートリアル

    2011年度     大学

▼全件表示

外国人受入実績

  • 2019年度

    研究者受入数 :1名

    留学生受入数 :1名

  • 2018年度

    留学生受入数 :2名

  • 2017年度

    留学生受入数 :2名

  • 2016年度

    留学生受入数 :2名

役職

  • 部局内役職

    医学部 医学科 

    カリキュラム策定委員  2024年04月 - 2025年03月

  • 部局内役職

    医学部 医学科 

    カリキュラム策定委員  2023年04月 - 2024年03月

  • 部局内役職

    医学部 医学科 

    カリキュラム策定委員  2022年04月 - 2023年03月

独自項目・特記事項(管理運営)

  • 2024年度

      詳細を見る

    独自項目:先端融合研究施設 施設管理

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:先端融合研究施設 施設管理

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:先端融合研究施設 施設管理