2024/06/24 更新

写真a

タニグチ ヨシヤ
谷口 与史也
TANIGUCHI Yoshiya
担当
大学院工学研究科 都市系専攻 教授
工学部 建築学科
職名
教授
所属
工学研究院
ホームページ
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院工学研究科 都市系専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 建築学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料  / 建築構造・材料

研究キーワード

  • 木質構造、木材の強度特性、木材の非線形特性

  • 空間骨組構造,静的耐荷特性,耐震性能

研究概要

  • 震災などの緊急時に避難所として用いられる体育館などを含む空間構造物の耐震性能の統合的評価を確立するために,耐荷性能と動的崩壊地震動レベルの関係を調べ,終局耐震性能の評価法を研究している。
    新しい構法として、木材の高層建築への適用のための高強度化、高耐火化技術の研究および木材の横断面接触接合による木トラスの開発を行っている。

研究歴

  • 木材の圧縮応力ひずみ関係の非線形特性

    個人研究

    2020年04月 - 継続中 

  • 金輪継手を有するひのき柱の構造性能に関する研究

    金輪継手、曲げ実験、座屈実験  国内共同研究

    2018年07月 - 2021年03月 

  • 低環境負荷型被覆材料を用いた高耐震・高耐火木質部材及び接合法の開発

    低環境負荷型被覆材料,高耐震,高耐火,木質部材  国内共同研究

    2017年04月 - 継続中 

  • 横断面接触型の木トラスの開発

    木トラス,ドリフトピン接合,プレカット技術  国内共同研究

    2015年04月 - 2021年03月 

  • 土木および建築分野で用いられている立体ラチス梁構造の終局変形時の限界耐力と動的崩壊に至る地震動レベルの関係を調べて,終局耐震性能を評価方法の提案による耐震性能の統合的評価の実現を目指す

    動的崩壊、限界変形、限界耐力  個人研究

    2008年04月 - 2020年03月 

  • 木造軸組構造の制振装置の開発

    軸組構造、木造、ダンパー  国内共同研究

    2008年04月 

  • 空間骨組構造の応答制御と減衰機構に関する研究

    応答制御、減衰機構、空間構造  国内共同研究

    2002年04月 

  • 建築骨組座屈の統合的評価に関する研究

    鋼構造、座屈  国内共同研究

    2001年04月 - 2005年03月 

  • 空間構造物の非構造部材の耐震性能向上に関する研究

    空間構造、非構造部材  国内共同研究

    2001年04月 

  • 立体トラス構造物の座屈後解析法

    トラス、座屈、解析  機関内共同研究

    1900年04月 - 2008年03月 

  • 空間構造物の制振ダンパーの開発

    制振ダンパー、復元力特性、空間構造物  個人研究

    1900年04月 - 2007年03月 

  • 立体トラス構造物の耐荷能力

    トラス、座屈、強度  機関内共同研究

    1900年04月 

  • 立体トラス構造と仕上げ材を用いた複合構造の開発

    トラス、複合、座屈  機関内共同研究

    1900年04月 

所属学協会

  • 日本コンクリート工学会

    2020年04月 - 継続中   国内

  • 日本膜構造協会

      国内

  • 日本鋼構造協会

      国内

  • 日本建築学会

      国内

  • シェル・空間構造国際学会

委員歴(学外)

  • シェル空間構造運営委員会 立体骨組構造小委員会主査   日本建築学会  

    2017年04月 - 2021年03月 

  • シェル空間構造運営委員会 立体骨組構造小委員会幹事   日本建築学会  

    2012年04月 - 2017年03月 

  • シェル空間構造運営委員会 柔および剛な立体構造の形態と力学特性WG主査   日本建築学会  

    2011年04月 - 2016年03月 

  • 近畿支部構造力学部会幹事   日本建築学会  

    2010年04月 - 2013年03月 

  • シェル空間構造の応答制御減衰機構小委員会幹事   日本建築学会  

    2002年 - 2007年03月 

受賞歴

  • 膜構造研究論文賞

    2003  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 大林組   -

    1985年 - 1990年

学歴

  • 大阪市立大学   工学研究科   建築学   博士課程後期  

    - 1993年

  • 大阪市立大学   工学部   建築学科    

    - 1983年

論文

  • Seismic retrofitting by double layer grids for HP suspension gymnasium 査読

    Kazuya MIYAGAWA, Yoshiya TANIGUCHI

    Proceedings of the International Association for Shell and Spatial Structures Annual Symposium 2023   2042 - 2051   2023年07月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   国際・国内誌:国際誌  

  • Coupling effect of member eccentricity and nodal deviation on stability of kiewitt reticulated shell 査読 国際共著

    Huijun LI, Yoshiya TANIGUCHI

    Journal of International Association for Shell and Spatial Structures   63 ( 1 )   51 - 64   2022年02月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: https://doi.org/10.20898/j.iass.2022.003

  • 非抗圧性のケーブルで補強されたラーメン骨組の振動性状

    工藤 潤哉, 吉中 進, 谷口 与史也

    構造工学論文集B   68B ( 0 )   135 - 142   2022年( ISSN:09108033

     詳細を見る

  • 門型平面ラチス構造の終局耐震性能レベル予測法と特性係数について 査読

    有田裕太郎、谷口与史也

    日本建築学会 構造工学論文集B   ( 67B )   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • Coupling Effect of Nodal Deviation and Member Imperfection on Load-Carrying Capacity of Single-Layer Reticulated Shell 査読

    Li Hui-jun, Taniguchi Yoshiya

    INTERNATIONAL JOURNAL OF STEEL STRUCTURES   20 ( 3 )   919 - 930   2020年06月( ISSN:1598-2351

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13296-020-00332-6

  • LOAD CARRYING CAPACITY OF THREE-WAY SINGLE-LAYER RETICULATED DOME WITH INITIAL MEMBER CROOKEDNESS OF PRESCRIBED PROBABILISTIC AMPLITUDE 査読

    Li Huijun, Taniguchi Yoshiya

    JOURNAL OF THE INTERNATIONAL ASSOCIATION FOR SHELL AND SPATIAL STRUCTURES   60 ( 2 )   133 - 144   2019年06月( ISSN:1028-365X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20898/j.iass.2019.200.022

  • Load-carrying capacity of semi-rigid double-layer grid structures with initial crookedness of member 査読

    Li Huijun, Taniguchi Yoshiya

    ENGINEERING STRUCTURES   184   421 - 433   2019年04月( ISSN:0141-0296

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.engstruct.2019.01.094

  • Load-carrying capacity of semi-rigid double-layer grid structures with initial crookedness of member 査読

    Huijun LI, Yoshiya TANIGUCHI

    Engineering Structures   184   421 - 433   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Load-carrying capacity of semi-rigid double-layer grid structures with initial crookedness of member 査読 国際共著

    Huijun LI, Yoshiya TANIGUCHI

    Engineering Structures   184   421 - 433   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effect of Member Eccentricity on Load-Carrying Capacity of Three-Way Single-Layer Cylindrical Reticulated Shell 査読

    Hui-Jun LI, Yoshiya TANIGUCHI

    Proceedings of the 12th Asian Pacific Conference on Shell & Spatial Structures, APCS2018   215 - 225   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prediction Method of Bearable PGA for Single Layer Lattice Domes under Vertical Loading 査読

    Yoshiya TANIGUCHI, Tomoya MATSUI, Susumu YOSHINAKA

    Proceedings of the 12th Asian Pacific Conference on Shell & Spatial Structures, APCS2018   458 - 467   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Effect of Member Eccentricity on Load-Carrying Capacity of Three-Way Single-Layer Cylindrical Reticulated Shell 査読 国際共著

    Hui-Jun LI, Yoshiya TANIGUCHI

    Proceedings of the 12th Asian Pacific Conference on Shell & Spatial Structures, APCS2018   215 - 225   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Prediction Method of Bearable PGA for Single Layer Lattice Domes under Vertical Loading 査読

    Yoshiya TANIGUCHI, Tomoya MATSUI, Susumu YOSHINAKA

    Proceedings of the 12th Asian Pacific Conference on Shell & Spatial Structures, APCS2018   458 - 467   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鉛直荷重下単層ラチスドームの静的および動的応答における弾塑性挙動の比較 査読

    谷口 与史也, 松井 知也, 吉中 進

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   83 ( 747 )   709 - 716   2018年( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    &nbsp;This paper focuses on the elasto - plastic behavior of static and dynamic responses for single layer lattice domes, which are subjected to vertical loads. The purpose is to make clear the relationship between seismic responses and static responses such as static absorbed energy properties after and before yielding, and to estimate bearable seismic levels with the information of static elasto - plastic behaviors. The two responses compared are shown in Fig. 14. The dimensions of both figures are equal in multiplying or dividing by circular frequency.<br>&nbsp;The single layer lattice domes are shown in Fig. 1. Half open angle of members and self-weight are adopted as numerical parameters as shown in Table 3. The static elasto - plastic behaviors are shown in Fig. 3. In the figure, The solid lines are the equivalent velocity of strain energies, the dotted and dashed lines are that of static absorbed energies and the dashed lines are that of potential energy performed by the product of self-weight and vertical displacements. These relationships obtained are simplified into bi-linear relationships as shown in Fig. 4 to obtain the static elasto - plastic property coefficient j. The obtained results of coefficient j are shown in Table 4.<br>&nbsp;Secondary, the dynamic elasto - plastic behaviors are estimated against 4 seismic waves of Fig. 5. The dynamic behavior obtained is the relationships between maximum ground acceleration PGA and strain energies. The obtained results are shown in Figs. 6-9 and simplified into bi-linear relationships to obtain the dynamic elasto - plastic property coefficient q, as shown in Fig. 14(b). The obtained results are shown in Table 5.<br>&nbsp;In comparing the two property coefficients j and q as shown in Fig. 10, BCJ wave is relatively large about the dynamic effect. On the contrary, El Centro wave is the smallest among the four waves. This reason is made clear in considering the input acceleration power history as shown in Fig. 11. BCJ wave of Fig. 11(a) has many peaks during the motions, but El Centro wave of Fig. 11(b) has a few peaks during the first half of motions. These strong characteristics of seismic waves can be considered with the input energy spectrum V<sub>E</sub> as shown in Fig. 12. Then the ratios q/j are compared with the ratios V<sub>E</sub>/S<sub>V</sub>. The ratio q/j decreases as the ratio V<sub>E</sub>/S<sub>V</sub> increases.<br>&nbsp;The Eqn. 5 is the regression formula obtained by the data distributed in the quadrangle of Fig. 13, expressed as dotted and dashed line in the figure. The PGA corresponding to the limit state deformations can be estimated with Eqns. 4 and 5. The predicted results are shown in Fig. 15 and Table 6.<br>&nbsp;The following conclusions are obtained in the present study: (1) The relationship of maximum earthquake input acceleration PGA and strain energies of domes shows bi-linear type such as the relationships of static absorbed energies and displacements. (2) In comparing the preceding two relationships as for dynamic and static responses, the change ratios among elastic and plastic ranges are dependent upon the seismic waves. The distribution tendencies are able to be explained with the information of input acceleration power history of seismic waves. (3) The ratios of dynamic property q against static property j becomes smaller, as the ratios of energy spectrum V<sub>E</sub> against velocity response spectrum S<sub>V</sub> becomes larger. (4) The present estimation method of PGA corresponding to limit state deformations shows a relatively good accuracy.

    DOI: 10.3130/aijs.83.709

    CiNii Article

  • 初期変位付与型TMDの同調比の設定 査読

    吉中進、小鶴佳太、谷口与史也

    日本建築学会構造系論文集   82 ( 738 )   1177 - 1187   2017年08月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 初期変位付与型TMDの同調比の設定 査読

    吉中進, 小鶴佳太, 谷口与史也

    日本建築学会構造系論文集   82 ( 738 )   1177 - 1187   2017年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 初期変位付与型TMDの同調比の設定 査読

    吉中 進, 小鶴 桂太, 谷口 与史也

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   82 ( 738 )   1177 - 1187   2017年( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    &nbsp;A TMD (Tuned Mass Damper) is a passive-type control device that consists of a small mass, a spring and a damper. And it absorbs the oscillation energy of structures as the kinetic energy of its mass and disperses it via its damper. The TMD shows high control performance for harmonic responses. On the other hand, the TMD has limited capacity to suppress transient responses. The reason is that there is some time delay before the TMD becomes fully effective because they are initially at rest.<br>&nbsp;Thus, to control the transient response more effectively, we propose TMDs with initial displacement, that is, dampers whose springs are stretched until the release moment.<br>&nbsp;In our previous study, we focused on the considerably high modal damping ratio of the second mode compared to the first mode based on the relationship between the TMD damping ratio and the modal damping ratio of a two-degree-of-freedom model. And we proposed the design formulas for the optimal tuning and damping ratios and the initial displacement to attain high control performance under impulse loading. The proposed design formulas are based on the principle that by giving the specific TMD initial displacement under the specific structural initial condition the structural response of the first mode with low modal damping is eliminated while the structural response of the second mode with high modal damping is only oscillated. But the physical meaning of the design formula for TMD initial displacement is not clear because it is an approximate solution based on the perturbation method.<br>&nbsp;Then, we formulated the equation for initial conditions to release TMD initial displacement from the theoretical free vibration solution and showed its physical meaning clearly. We studied about TMD initial displacement and structural conditions to release initial displacement using the complex plane, and we showed that the initial structural condition to oscillate only the second mode was limited to a neighborhood of <i>ẋ</i><sub>0</sub>&ne;0, <i>x</i><sub>0</sub>=0. On the other hand, we proved that, by dividing one TMD into plural TMDs that have different natural frequencies, any initial structural conditions to release TMDs became possible.<br>&nbsp;In this paper, firstly, we analytically study the effect of different settings of two TMDs tuning ratios on TMD initial displacements to eliminate the first modal response with the lowest modal damping and structural responses for free vibration using a basic three-degree-of-freedom model. Next, we decompose the initial condition to modal eigenvectors on the complex plane and study the interrelationship between each initial condition of a main mass and two TMDs. Then, we show the reason why different settings of TMDs tuning ratios affect the TMD initial displacements to eliminate the first modal response and the structural responses. Finally, by using the energy indicator &ldquo;TMD power flow&rdquo; that shows an additional TMD damping effect proposed by Soong, T.T. and Dargush, G.F., we study the control performance of TMDs with different tuning ratios condition.

    DOI: 10.3130/aijs.82.1177

    CiNii Article

  • Experimental study on new jointing system for timber lattice structures by direct contact of member cross sections in the fiber direction 査読 国際共著

    Hitoshi Okuyama, Yoshiya Taniguchi, Susumu Yoshinaka

    Proc. of the IASS Annual Symposium 2016   ID1255   2016年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Study on jointing system of torus double-layer lattice structures consisting of rectangular section members 査読 国際共著

    Yuki Taniguchi, Yoshiya Taniguchi, Susumu Yoshinaka

    Proc. of the IASS Annual Symposium 2016   ID1107   2016年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Effect of joints eccentricity of web members on load-carrying capacity for parallel chord truss beams 査読 国際共著

    Ryosuke Takaoka, Yoshiya Taniguchi, Susumu Yoshinaka

    Proc. of the IASS Annual Symposium 2016   ID1232   2016年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Comparison study of elasto plastic behavior on static and dynamic responses for single layer lattice domes 査読 国際共著

    Yoshiya Taniguchi, Tomoya Matsui, Susumu Yoshinaka

    Proc. of the IASS Annual Symposium 2016   ID1129   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Comparison study of elasto plastic behavior on static and dynamic responses for single layer lattice domes 査読

    Yoshiya Taniguchi, Tomoya Matsui, Susumu Yoshinaka

    Proc. of the IASS Annual Symposium 2016   ID1129   2016年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Study on jointing system of torus double-layer lattice structures consisting of rectangular section members 査読

    Yuki Taniguchi, Yoshiya Taniguchi, Susumu Yoshinaka

    Proc. of the IASS Annual Symposium 2016   ID1107   2016年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Experimental study on new jointing system for timber lattice structures by direct contact of member cross sections in the fiber direction 査読

    Hitoshi Okuyama, Yoshiya Taniguchi, Susumu Yoshinaka

    Proc. of the IASS Annual Symposium 2016   ID1255   2016年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of joints eccentricity of web members on load-carrying capacity for parallel chord truss beams 査読

    Ryosuke Takaoka, Yoshiya Taniguchi, Susumu Yoshinaka

    Proc. of the IASS Annual Symposium 2016   ID1232   2016年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 平面ラチス構造の静的および動的応答における弾塑性挙動の比較考察 査読

    谷口与史也, 徳田研多

    日本建築学会構造系論文集   81 ( 723 )   859 - 869   2016年05月( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 平面ラチス構造の静的および動的応答における弾塑性挙動の比較考察 査読

    谷口与史也, 徳田研多

    日本建築学会構造系論文集   81 ( 723 )   859 - 869   2016年05月( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 初期変位付与型TMDを設置したアーチモデルの打撃試験 査読

    吉中 進, 谷口 与史也, 山川 誠

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   81 ( 722 )   735 - 745   2016年( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    &nbsp;The TMD (Tuned Mass Damper) is a passive type control device that absorbs oscillation energy of structures as kinetic energy of a weight of the TMD and disperses kinetic energy by damping of a damper of the TMD. However, we recognize that the performance of the TMD in suppressing seismic responses is relatively limited compared to harmonic responses. The reason is that there is some delay before the TMD become fully effective because they are initially at rest.<br>&nbsp;Thus, to effectively control transient response, especially impulsive seismic responses, we propose TMDs with initial displacement, that is to say, dampers whose springs are stretched until the release timing.<br>&nbsp;In our previous study, we focused on the considerably high modal damping ratio of the second mode compared to the first mode based on the relationship between the TMD damping ratio and the modal damping ratio of a two-degrees-of-freedom model. And we proposed the design formulas about the TMD tuning and damping ratios and the TMD initial displacement for high control performance under impulse loading. The proposed design formulas are based on the principle that by giving the specific TMD initial displacement under the specific structural initial condition the structural response of the first mode with low modal damping can be eliminated and only the structural response of the second mode with high modal damping is oscillated. But the physical meaning of the design formula about the TMD initial displacement used in this study is not clear because it is an approximate solution obtained by the perturbation method.<br>&nbsp;Then, in the next study, we introduced a formula for initial conditions to release TMD initial displacement by applying the theoretical free vibration solution and showed its physical meaning clearly. We studied about TMD initial displacement and structural conditions to release initial displacement by using the complex plane, and we saw that the initial structural condition to oscillate only the second mode was a neighborhood of <i><ruby>x<rt>●</rt></ruby></i><sub>0</sub> ≠ 0, <i>x</i><sub>0</sub> = 0 . But by dividing one TMD into plural TMDs that have different natural frequencies, we proved that initial structural conditions to release initial displacement could be changed.<br>&nbsp;In this paper, we describe the vibration test using an arch model under impulse loading to verify the control performance of the proposed method experimentally. From test results, we can see that a TMD with initial displacement model show the high control performance for early impulse responses and is most effective in a neighborhood of the TMD initial displacement to oscillate only the second mode using a converted two-degrees-of-freedom model. On the other hand, we can see that the control performance of TMD is very sensitive to the length and the release time of initial displacement. Then, we study the influence of different conditions about the length and the release time of initial displacement on the control performance using a basic two-degrees-of-freedom model analytically.

    DOI: 10.3130/aijs.81.735

    CiNii Article

  • 平面ラチス構造の静的および動的応答における弾塑性挙動の比較考察 査読

    谷口 与史也, 徳田 研多

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   81 ( 723 )   859 - 869   2016年( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    &nbsp;This paper focuses on the elasto-plastic behavior on static responses and dynamic responses for plane lattice structures, which are considered as a beam type structure. The purpose is to make clear the relationship between seismic responses and static responses such as load displacement relationships, and to estimate allowable seismic levels with the information of static elasto-plastic behaviors. Two portal frames and column or beam models are treated, as shown in Fig. 1. The energy equilibrium is expressed as Eqn. 2 in static elasto-plastic behaviors. The right term <i>E<sup>F</sup></i> is equal to the energy done by load and may be defined as a static absorbed energy of structures. In this paper, each energy is expressed as an equivalent velocity as Eqn. 3. The maximum value of <i>E<sup>F</sup></i> may be an allowable amount of input energy, for instances, by seismic loads. The relationships between each energy and displacements are shown in Fig. 5. The equivalent velocity of <i>E<sup>F</sup></i> is expressed as a dash and dotted line. The response curves are almost equal although the loading shapes are different as shown in Fig. 3. The fact may show that the differences between static uniform load and quasi-static seismic load do not affect the energy responses, and that the estimation with input energy may not be affected by the shape of loading.<br>&nbsp;Secondly, the elasto-plastic behavior on dynamic responses is investigated under seismic loads. The relationships between maximum input acceleration and strain energy of each model are shown in Figs. 11, 16 and 21. The curves of 3 parameters are drawn in each figure. The effect of static safety coefficients <i>v</i> is made clear with the curves, to confirm the effect of vertical oscillations is larger than that of horizontal oscillations. In the three figures, the each curve shows the relationship of bi-linear type. In the range after yielding, the maximum input energies at the limit state are compared as shown in Figs. 22 - 24, which show the ratio of dynamic responses against static ones. The static safety coefficient <i>v</i> is smaller, and then the increasing ratio of dynamic responses is larger than static ones.<br>&nbsp;In order to estimate allowable maximum input accelerations, the comparisons between elasto-plastic behavior of dynamic responses as Fig. 25 and that of static response as Fig. 26 are shown in Fig. 27. The dynamic elasto-plastic property q represents the decreasing properties of plastic range against elastic range in the relationships between maximum earthquake input acceleration and input strain energy. The static elasto-plastic property j represents the relationship of two slopes in the static elasto-plastic behavior. The dynamic property q is smaller than the static property j under vertical oscillations and is almost equal to each other under horizontal oscillations. The preceding considerations are carried out under additional seismic waves of Table 6 and the additional models<sup>10)</sup>. The obtained results are shown in Fig. 28. The results show the same tendency at each seismic loads. The dash and dotted line in Fig. 28 could be presented to estimate the allowable maximum earthquake input acceleration.<br>&nbsp;The conclusions are follows in the present study.<br>&nbsp;(1) The relationships between the static absorbed energy and displacements are not affected by the loading shape. It may be able to estimate the response of structures with an index of potential energy.<br>&nbsp;(2) The fact is confirmed that the allowable maximum earthquake input accelerations are affected with the self-weight under vertical oscillations more than horizontal oscillations.<br>&nbsp;(3) In comparing the dynamic property q and the static property j, the dash and dotted line in Fig. 28 could be presented to estimate the allowable maximum earthquake acceleration with the static elasto-plastic behaviors for beam type structures.

    DOI: 10.3130/aijs.81.859

    CiNii Article

  • 20331 磁気ダンパーを用いた初期変位付与型TMDのアーチ振動実験 : その1 実験概要(立体骨組の動的挙動(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    大庭 直, 吉田 力, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015 ( 0 )   661 - 662   2015年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 70363 炭素繊維強化熱可塑性樹脂複合材を用いたシェルの形状決定に関する研究(構造システム,構造I,学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    高天 健臣, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015 ( 0 )   725 - 726   2015年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 5375 梅田地下街浸水時における接続ビルへの避難シミュレーション(日常災害・避難・防犯,建築計画,学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    瀧澤 重志, 高木 尚哉, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015 ( 0 )   749 - 750   2015年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20343 トーラス型二層立体ラチス構造の全体形状と接合部種類について(体育館ほか,構造I,学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    奥山 仁嗣, 谷口 雄基, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015 ( 0 )   685 - 686   2015年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20333 初期変位付与型TMDの地震力に対する制振効果に関する一考察(立体骨組の動的挙動(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    吉中 進, 谷口 与史也, 山川 誠

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015 ( 0 )   665 - 666   2015年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20332 磁気ダンパーを用いた初期変位付与型TMDのアーチ振動実験 : その2 実験結果(立体骨組の動的挙動(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    吉田 力, 大庭 直, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015 ( 0 )   663 - 664   2015年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 5375 梅田地下街浸水時における接続ビルへの避難シミュレーション(日常災害・避難・防犯,建築計画,学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    瀧澤 重志, 高木 尚哉, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015   749 - 750   2015年09月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20343 トーラス型二層立体ラチス構造の全体形状と接合部種類について(体育館ほか,構造I,学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    奥山 仁嗣, 谷口 雄基, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015   685 - 686   2015年09月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20333 初期変位付与型TMDの地震力に対する制振効果に関する一考察(立体骨組の動的挙動(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    吉中 進, 谷口 与史也, 山川 誠

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015   665 - 666   2015年09月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20332 磁気ダンパーを用いた初期変位付与型TMDのアーチ振動実験 : その2 実験結果(立体骨組の動的挙動(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    吉田 力, 大庭 直, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015   663 - 664   2015年09月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20331 磁気ダンパーを用いた初期変位付与型TMDのアーチ振動実験 : その1 実験概要(立体骨組の動的挙動(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    大庭 直, 吉田 力, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015   661 - 662   2015年09月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 70363 炭素繊維強化熱可塑性樹脂複合材を用いたシェルの形状決定に関する研究(構造システム,構造I,学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    高天 健臣, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015   725 - 726   2015年09月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 1995年の兵庫県南部地震における公共スポーツホール等の被害調査および被災14年後の実状調査 査読

    川口 健一, 石川 浩一郎, 谷口 与史也, 荻 芳郎, 大場 康史

    Institute of Industrial Science The University of Tokyo 生産研究   67 ( 6 )   653 - 659   2015年( ISSN:0037-105X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    死者6000 人以上を出した1995 年の兵庫県南部地震では,大規模施設において非構造部材の重大な被害が発生した.筆者等は,これらの被害が早朝の地震ではなく昼間に発生した場合の大きな危険性を指摘し,また,避難所としての機能が損なわれる点等を指摘し続けてきた.それらの活動の一環として,震災直後の調査を行った35 の大規模施設を対象として震災14 年目に再び実地調査を行い,改修,復旧,利用状況を調査した.本報告では,この調査の概要と,3 つの調査対象施設を例として示し,それぞれの調査結果について報告する.

    DOI: 10.11188/seisankenkyu.67.653

    CiNii Article

  • 20429 平面ラチス構造物の地震入力エネルギーと入力加速度に関する研究(立体骨組の動的挙動(2),構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    谷口 与史也, 徳田 研多, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2014 ( 0 )   857 - 858   2014年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20467 吊り天井の振動応答に及ぼす減衰効果に関する基礎的研究(天井:動的特性,構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    中村 志帆, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2014   933 - 934   2014年09月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20442 東北地方太平洋沖地震による鉄骨置屋根構造における支承部破断に関する研究(置屋根構造の支承部,構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    植田 泰介, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2014   883 - 884   2014年09月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20432 初期変位付与型TMDの初期変位解放条件式とアーチモデルへの適用(立体骨組の動的挙動(2),構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    吉中 進, 光藤 龍郎, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2014   863 - 864   2014年09月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20429 平面ラチス構造物の地震入力エネルギーと入力加速度に関する研究(立体骨組の動的挙動(2),構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    谷口 与史也, 徳田 研多, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2014   857 - 858   2014年09月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 21074 大阪駅前地下街の津波避難計画に関する研究(防災(1),構造II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    合田 祥子, 谷口 与史也, 吉中 進, 瀧澤 重志

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2014 ( 0 )   147 - 148   2014年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20467 吊り天井の振動応答に及ぼす減衰効果に関する基礎的研究(天井:動的特性,構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    中村 志帆, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2014 ( 0 )   933 - 934   2014年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20442 東北地方太平洋沖地震による鉄骨置屋根構造における支承部破断に関する研究(置屋根構造の支承部,構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    植田 泰介, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2014 ( 0 )   883 - 884   2014年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20432 初期変位付与型TMDの初期変位解放条件式とアーチモデルへの適用(立体骨組の動的挙動(2),構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    吉中 進, 光藤 龍郎, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2014 ( 0 )   863 - 864   2014年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 21074 大阪駅前地下街の津波避難計画に関する研究(防災(1),構造II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    合田 祥子, 谷口 与史也, 吉中 進, 瀧澤 重志

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2014   147 - 148   2014年09月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2055 アーチモデルにおける初期変位付与型TMDによる振動制御に関する研究(構造) 査読

    光藤 龍郎, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 54 )   249 - 252   2014年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2055 アーチモデルにおける初期変位付与型TMDによる振動制御に関する研究(構造) 査読

    光藤 龍郎, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 54 )   249 - 252   2014年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 初期変位付与型TMDの初期変位解放条件に関する考察 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   79 ( 703 )   1247 - 1257   2014年( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We propose tuned mass dampers with initial displacement that are possible to control impulsive seismic responses effectively. In our previous study, we focused on the considerably high modal damping ratio of the second mode compared to the first mode and proposed the design formulas for high control performance under impulse loading. The proposed design formulas are based on the principle that by giving the specific TMD initial displacement under the specific structural initial condition the structural response of the first mode can be eliminated. In this paper, we introduce a formula for initial conditions to release initial displacement by the theoretical solution and study about TMD initial displacement and structural conditions by using the complex plane. Next, we propose a design method that can change initial structural conditions.

    DOI: 10.3130/aijs.79.1247

    CiNii Article

  • C03 伸縮膜を用いた展開構造物DCMSの構成(展開構造物) 査読

    加藤 潤一, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本機械学会 スペース・エンジニアリング・コンファレンス講演論文集 : Space Engineering Conference   2013 ( 22 )   "C03 - 1"-"C03-6"   2013年12月( ISSN:09189238

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本論文では、伸縮膜を用いた新しい展開構造としてDCMS(Deployable Closed-Membrane StruGture)を紹介する。DCMSは4つの棒材と4つの自由継手によって構成された四角形のフレームの中に伸縮性の膜材を張ることで構成される膜パネルを構成要素とし、これらを棒材、自由継手を共有することで連結して構成させる構造体である。DCMSは膜材の張力が構造体内部で自己釣合い系を形成することで安定し、同時に弾性変形能と展開メカニズムを有する。また、DCMSの基本ユニットの一つである4つの膜パネルから構成される4膜ユニットが空間充填可能であることを示し、これにより4膜ユニットの連結による様々な形状のモジュールが形成可能であることを示し、その例として線状モジュール、および面状モジュールを紹介する。最後にDCMSの適用例としてプロトタイプユニットを用いたパビリオン用のテント型モジュールを紹介し、その折り畳みプロセスを示すことでモジュールに対して展開メカニズムが保存され、効率的な展開構造物が構成可能であることを示す。

    CiNii Article

  • C03 伸縮膜を用いた展開構造物DCMSの構成(展開構造物) 査読

    加藤 潤一, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本機械学会 スペース・エンジニアリング・コンファレンス講演論文集 : Space Engineering Conference   2013 ( 22 )   "C03 - 1"-"C03-6"   2013年12月( ISSN:0918-9238

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本論文では、伸縮膜を用いた新しい展開構造としてDCMS(Deployable Closed-Membrane StruGture)を紹介する。DCMSは4つの棒材と4つの自由継手によって構成された四角形のフレームの中に伸縮性の膜材を張ることで構成される膜パネルを構成要素とし、これらを棒材、自由継手を共有することで連結して構成させる構造体である。DCMSは膜材の張力が構造体内部で自己釣合い系を形成することで安定し、同時に弾性変形能と展開メカニズムを有する。また、DCMSの基本ユニットの一つである4つの膜パネルから構成される4膜ユニットが空間充填可能であることを示し、これにより4膜ユニットの連結による様々な形状のモジュールが形成可能であることを示し、その例として線状モジュール、および面状モジュールを紹介する。最後にDCMSの適用例としてプロトタイプユニットを用いたパビリオン用のテント型モジュールを紹介し、その折り畳みプロセスを示すことでモジュールに対して展開メカニズムが保存され、効率的な展開構造物が構成可能であることを示す。

  • 20496 地震による吊天井落下原因の数値シミュレーションによる一考察(天井:動的特性,構造I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    谷口 与史也, 吉中 進, 鈴木 秀明

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2013 ( 0 )   991 - 992   2013年08月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20536 伸縮膜による可展多面体構造の構成(膜構造・展開構造の形状決定,構造I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    加藤 潤一, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2013   1071 - 1072   2013年08月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20496 地震による吊天井落下原因の数値シミュレーションによる一考察(天井:動的特性,構造I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    谷口 与史也, 吉中 進, 鈴木 秀明

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2013   991 - 992   2013年08月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 21519 調和地動加振を受けたときの初期変位付与型TMDの初期変位の設定(スロッシング・TMD,構造II,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2013 ( 0 )   1037 - 1038   2013年08月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20536 伸縮膜による可展多面体構造の構成(膜構造・展開構造の形状決定,構造I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    加藤 潤一, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2013 ( 0 )   1071 - 1072   2013年08月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 21519 調和地動加振を受けたときの初期変位付与型TMDの初期変位の設定(スロッシング・TMD,構造II,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2013   1037 - 1038   2013年08月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2069 圧縮・曲げを受ける超高強度有機繊維補強コンクリートの力学性状に関する研究(構造) 査読

    田邉 俊貴, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 53 )   273 - 276   2013年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2132 地震による吊天井落下被害の原因分析に関する研究(構造) 査読

    鈴木 秀明, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 53 )   525 - 528   2013年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2131 調和地動加振を受けたときの初期変位付与型TMDの最適初期変位と制振効果時間(構造) 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 53 )   521 - 524   2013年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2069 圧縮・曲げを受ける超高強度有機繊維補強コンクリートの力学性状に関する研究(構造) 査読

    田邉 俊貴, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 53 )   273 - 276   2013年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2131 調和地動加振を受けたときの初期変位付与型TMDの最適初期変位と制振効果時間(構造) 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 53 )   521 - 524   2013年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2132 地震による吊天井落下被害の原因分析に関する研究(構造) 査読

    鈴木 秀明, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 53 )   525 - 528   2013年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 振動モードに着目したインパルス応答制御のための初期変位付与型TMD設計式の提案 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   78 ( 688 )   1071 - 1079   2013年( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, we aim to propose tuned mass dampers with initial displacement that are possible to control impulsive seismic responses effectively for architectural structures. In advance of the study on control of seismic responses, we aim to propose design formulas to control the structural responses subjected to impulse forces. In our previous study, we have proposed the design formulas using the optimal tuning and damping ratios for harmonic ground vibration. But to improve control effect on overall time history responses is difficult, because these formulas are based on the principle of the beating phenomenon. Then, in this paper, we focus on the vibration property when the damping ratio of the tuned mass damper is larger than that of our previous study and propose new design formulas with high control effect on impulse forces. Moreover, we propose design formulas considering the damping of the structure.

    DOI: 10.3130/aijs.78.1071

    CiNii Article

  • Ultimate Seismic Resistance Capacity for Long Span Lattice Structures under Vertical Ground Motions

    Yoshiya Taniguchi

    Memoirs of the Faculty of Engineering Osaka City University   Vol.53   1 - 14   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:単著  

  • Ultimate Seismic Resistance Capacity for Long Span Lattice Structures under Vertical Ground Motions 査読

    Taniguchi Yoshiya

    大阪市立大学 Memoirs of the Faculty of Engineering, Osaka City University   53   1 - 14   2012年12月( ISSN:00786659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Ultimate Seismic Resistance Capacity for Long Span Lattice Structures under Vertical Ground Motions 査読

    Taniguchi Yoshiya

    大阪市立大学 Memoirs of the Faculty of Engineering, Osaka City University   53   1 - 14   2012年12月( ISSN:0078-6659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Ultimate Seismic Resistance Capacity for Long Span Lattice Structures under Vertical Ground Motions 査読

    Taniguchi Yoshiya

    大阪市立大学 Memoirs of the Faculty of Engineering, Osaka City University   53   1 - 14   2012年12月( ISSN:0078-6659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 20426 天井重量に着目した兵庫県南部地震以降の天井落下被害分類(天井の被害(1),構造I,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    鈴木 秀明, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2012 ( 0 )   851 - 852   2012年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20426 天井重量に着目した兵庫県南部地震以降の天井落下被害分類(天井の被害(1),構造I,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    鈴木 秀明, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2012   851 - 852   2012年09月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 21619 大阪駅周辺地下街の津波避難距離に関する研究(津波と避難計画,構造II,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    合田 祥子, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2012 ( 0 )   1237 - 1238   2012年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 21440 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究 : その2 調和外力と地震力に対する制振効果(マスダンパー,構造II) 査読

    光藤 龍郎, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2012 ( 0 )   879 - 880   2012年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 21439 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究(マスダンパー,構造II) 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2012 ( 0 )   877 - 878   2012年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 21439 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究(マスダンパー,構造II) 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2012   877 - 878   2012年09月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 21619 大阪駅周辺地下街の津波避難距離に関する研究(津波と避難計画,構造II,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    合田 祥子, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2012   1237 - 1238   2012年09月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 21440 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究 : その2 調和外力と地震力に対する制振効果(マスダンパー,構造II) 査読

    光藤 龍郎, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2012   879 - 880   2012年09月( ISSN:1883-9363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2092 熱可塑性樹脂を用いた自由曲面シェルの実験的形状決定法に関する研究(構造) 査読

    渡邊 祥, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 52 )   365 - 368   2012年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2091 2種類の吊り下げ実験によって得られたシェル曲面の数学的表現と力学性状に関する研究(構造) 査読

    三宅 真彦, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 52 )   361 - 364   2012年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2090 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMD設計式の提案(構造) 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 52 )   357 - 360   2012年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2090 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMD設計式の提案(構造) 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 52 )   357 - 360   2012年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2092 熱可塑性樹脂を用いた自由曲面シェルの実験的形状決定法に関する研究(構造) 査読

    渡邊 祥, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 52 )   365 - 368   2012年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2091 2種類の吊り下げ実験によって得られたシェル曲面の数学的表現と力学性状に関する研究(構造) 査読

    三宅 真彦, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 52 )   361 - 364   2012年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 平面ラチス梁の終局耐震性能に及ぼす静的安全率の効果 査読

    谷口与史也, 松浦由紀

    日本建築学会構造系論文集   77 ( 674 )   603 - 609   2012年04月( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 平面ラチス梁の終局耐震性能に及ぼす静的安全率の効果 査読

    谷口与史也, 松浦由紀

    日本建築学会構造系論文集   77 ( 674 )   603 - 609   2012年04月( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 平面ラチス梁の終局耐震性能に及ぼす静的安全率の効果 査読

    谷口 与史也, 松浦 由紀

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   77 ( 674 )   603 - 609   2012年( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Earthquake input energies have been discussed in considering seismic resistant capacities of structures. In the literature, it had been pointed out by the author et al. that potential energies due to self-weight and dead loads would be necessary to be taken into account in order to estimate the seismic resistance capacity in a good accuracy especially for beam type structures. The author presented an estimation method of ultimate seismic resistance capacity with the static absorbed energies considering potential energies. The method presented utilizes the two strain energies at an initial yield and a limit state, and a pseudo velocity response spectrum of seismic waves. Although it is based on an extrapolation method, it shows a good accuracy in the estimation of maximum input acceleration of seismic waves. The method includes a modification equation to improve the accuracy, considering the properties of elastic and plastic strain energies of structures during a pushover analysis. Then in this paper, the effect of static safety factors is investigated to make clear the meanings of coefficient in the modification equation, for lattice beams of two types, cross web type and warren type. As the results, a further modified estimation method is presented to predict the dynamic collapse level under excessive seismic motions with the information of pushover and free vibration analyses.

    DOI: 10.3130/aijs.77.603

    CiNii Article

  • 振動モードを選択可能な初期変位付与型TMDの提案 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」 理論応用力学講演会 講演論文集   61 ( 0 )   118 - 118   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本論文は、初期変位付与型TMDを用いた建築構造物の応答制御に関するものである。これまでの研究により、TMDに初期変位を付与することにより、従来のTMDで弱点とされてきたインパルス応答を効果的に低減させることを示した。さらに調和外力に対する最適化パラメーターを用いた時の最適初期変位の設計式を提案し、空間構造モデルに対する制振効果を解析的に確認した。また鋼板を用いたモデル実験により、制振効果を実験的に検証するとともに、初期変位付与型TMDを試作し、試作したモデルが有効に機能することを確認した。本論文ではこれまでの研究を発展させ、TMDの減衰比を変化させたときにモード減衰比と固有振動数比に特異な現象が生じることに着目し、これまでの研究と比較して大幅に制振効果の高い初期変位付与型TMDの設計式を新たに提案することを目的とする。

    DOI: 10.11345/japannctam.61.0.118.0

    CiNii Article

  • 20335 梁型構造物の動的崩壊地震動レベルに及ぼす塑性仕事の効果(立体骨組の振動(1),構造I) 査読

    鈴木 秀明, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2011   669 - 670   2011年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20408 膜材料のインベントリ分析による膜構造の環境性能評価(膜・エアビーム,構造I) 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2011   815 - 816   2011年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20408 膜材料のインベントリ分析による膜構造の環境性能評価(膜・エアビーム,構造I) 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2011   815 - 816   2011年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20335 梁型構造物の動的崩壊地震動レベルに及ぼす塑性仕事の効果(立体骨組の振動(1),構造I) 査読

    鈴木 秀明, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2011   669 - 670   2011年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2042 梁型構造物の動的崩壊地震動レベルに及ぼす塑性仕事の効果について(構造) 査読

    鈴木 秀明, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 51 )   165 - 168   2011年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2041 平面ラチス梁における終局耐震性能に及ぼす静的安全率の効果についての研究(構造) 査読

    松浦 由紀, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 51 )   161 - 164   2011年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2042 梁型構造物の動的崩壊地震動レベルに及ぼす塑性仕事の効果について(構造) 査読

    鈴木 秀明, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 51 )   165 - 168   2011年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2041 平面ラチス梁における終局耐震性能に及ぼす静的安全率の効果についての研究(構造) 査読

    松浦 由紀, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 51 )   161 - 164   2011年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 二層立体ラチス平板の弾塑性挙動に及ぼす部材配置の効果 査読

    閻 崇兵, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 構造工学論文集. B   57   133 - 140   2011年03月( ISSN:09108033

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper is intended as an investigation of the elasto-plastic behavior of double-layer lattice grids with member layout and various mesh patterms. The treated mesh patterns for each layer are a square pattern and a diagonal pattern. The loading types are an uniformly distributed loading and an asymmetrically distributed loading. The effect of member layout on the elasto-plastic behavior and stress states are investigated for double layer lattice grids. In addition, the usefulness of the method to estimate the effective strength by the segment consisting of 3 x 3 structural units is discussed.

    CiNii Article

  • 二層立体ラチス平板の弾塑性挙動に及ぼす部材配置の効果 査読

    閻 崇兵, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 構造工学論文集. B   57   133 - 140   2011年03月( ISSN:0910-8033

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper is intended as an investigation of the elasto-plastic behavior of double-layer lattice grids with member layout and various mesh patterms. The treated mesh patterns for each layer are a square pattern and a diagonal pattern. The loading types are an uniformly distributed loading and an asymmetrically distributed loading. The effect of member layout on the elasto-plastic behavior and stress states are investigated for double layer lattice grids. In addition, the usefulness of the method to estimate the effective strength by the segment consisting of 3 x 3 structural units is discussed.

  • インパルス外力下における初期変位付与型TMD制振効果の確認のための平板モデル実験 査読

    吉中 進, 西山 秀司, 谷口 与史也

    日本建築学会 日本建築学会技術報告集   17 ( 37 )   835 - 840   2011年( ISSN:1341-9463

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To effectively control transient responses, we propose TMDs with initial displacement. The initial displacement can change the phases of beat envelope curves resulting from superposition of two vibration modes with closely spaced natural frequencies. In this paper, we describe the vibration test under impulse loading to verify the effect of the proposed system experimentally and that a model of TMD made on an experimental basis works validly. Firstly, we explain the effect of vibration control of the proposed method to the plate model on the analytical basis. Then, we explain experimental results and lastly compared experimental results and analytical results.

    DOI: 10.3130/aijt.17.835

    CiNii Article

  • 東日本大震災における公共大空間施設での天井落下被害事例 査読

    川口 健一, 谷口 与史也, 小澤 雄樹, 中楚 洋介, 渡邊 祥

    東京大学生産技術研究所 生産研究   63 ( 6 )   765 - 772   2011年( ISSN:0037-105X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震以降の一連の地震による, 東日本大震災での天井落下事故の被害分布及び現地調査結果について報告する.天井落下被害は震度5以上の地震が観測された地域に多く発生しており, 被害が広範囲に及んでいる.なかでも, ホール建築は不特定多数の人が集まるため高い安全性を保持する必要があるが, その多くは音響効果を目的とし, 段丘状の天井が重い仕上げ材で構成されている場合が多い.吊り長や固定方法の場所ごとの違いから, 落下事故が発生しやすく, 今後の緊急に対策を考えていく必要がある.[本要旨はPDFには含まれない]

    DOI: 10.11188/seisankenkyu.63.765

    CiNii Article

  • 屋根型ラチスアーチ・シリンダーの耐荷性能と動的崩壊地震動レベルの関係 査読

    谷口与史也, 福島理沙

    日本建築学会構造系論文集   75 ( 658 )   2189 - 2196   2010年12月( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 屋根型ラチスアーチ・シリンダーの耐荷性能と動的崩壊地震動レベルの関係 査読

    谷口与史也, 福島理沙

    日本建築学会構造系論文集   75 ( 658 )   2189 - 2196   2010年12月( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20396 初期変位付与型TMDによる空間構造の過渡応答の振動制御 : その3単層円筒ラチスシェルにおける制振効果(立体骨組の振動(1),構造I) 査読

    西山 秀司, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2010   791 - 792   2010年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20415 自重下における曲げのない軸力抵抗型の任意形状格子シェルの形状決定法の提案(形態創生・最適化(1),構造I) 査読

    渡邊 祥, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2010   829 - 830   2010年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20405 屋根型ラチスアーチ・シリンダーの耐荷性能と動的崩壊地震レベルの関係について(立体骨組の振動(2),構造I) 査読

    松浦 由紀, 谷口 与史也, 福島 理沙

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2010   809 - 810   2010年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20396 初期変位付与型TMDによる空間構造の過渡応答の振動制御 : その3単層円筒ラチスシェルにおける制振効果(立体骨組の振動(1),構造I) 査読

    西山 秀司, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2010   791 - 792   2010年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20415 自重下における曲げのない軸力抵抗型の任意形状格子シェルの形状決定法の提案(形態創生・最適化(1),構造I) 査読

    渡邊 祥, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2010   829 - 830   2010年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20405 屋根型ラチスアーチ・シリンダーの耐荷性能と動的崩壊地震レベルの関係について(立体骨組の振動(2),構造I) 査読

    松浦 由紀, 谷口 与史也, 福島 理沙

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2010   809 - 810   2010年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2078 インパルスを受けた時の初期変位付与型TMDの制振効果に関する平板モデル実験(構造) 査読

    西山 秀司, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 50 )   309 - 312   2010年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2077 屋根型ラチスアーチ・シリンダーの耐荷性能と動的崩壊地震動レベルの関係に関する研究(構造) 査読

    松浦 由紀, 谷口 与史也, 福島 理沙

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 50 )   305 - 308   2010年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2076 自重下における曲げのない軸力抵抗型の任意形状格子シェルの形状決定法の提案(構造) 査読

    渡邊 祥, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 50 )   301 - 304   2010年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2075 ラチス・トラス・チューブ構造の高層建築の連続体類似法による性能評価に関する研究(構造) 査読

    上口 真路, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 50 )   297 - 300   2010年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2078 インパルスを受けた時の初期変位付与型TMDの制振効果に関する平板モデル実験(構造) 査読

    西山 秀司, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 50 )   309 - 312   2010年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2077 屋根型ラチスアーチ・シリンダーの耐荷性能と動的崩壊地震動レベルの関係に関する研究(構造) 査読

    松浦 由紀, 谷口 与史也, 福島 理沙

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 50 )   305 - 308   2010年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2076 自重下における曲げのない軸力抵抗型の任意形状格子シェルの形状決定法の提案(構造) 査読

    渡邊 祥, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 50 )   301 - 304   2010年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2075 ラチス・トラス・チューブ構造の高層建築の連続体類似法による性能評価に関する研究(構造) 査読

    上口 真路, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 50 )   297 - 300   2010年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 和歌山県産80年生スギ中径材の曲げ弾性特性 査読

    木村 文則, 谷口 与史也

    一般社団法人 日本木材学会 木材学会誌   56 ( 1 )   17 - 24   2010年01月( ISSN:00214795

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本報告は80年生スギ中径材の構造用材料としての利用促進を目的に,和歌山県産の原木丸太35本とそれから製材された平割材(標準寸法:45&times;90 mm)275本について,縦振動法による動的ヤング率および小荷重載荷法による静的曲げヤング率の測定をおこないそれらの相互関係を検討した。その結果以下の主な知見を得た。一つ目は,平割材の動的ヤング率(<i>E</i><sub>d</sub>)と静的曲げヤング率(<i>MOE</i>)との間に非常に高い相関関係が認められたことである。二つ目は,<i>MOE</i>のロットによる差が高度に有意であり,かつロット別の相関係数も高いことからロット別による区分が有効なことである。三つ目は,原木丸太の動的ヤング率(<i>E</i><sub>fr</sub>)と<i>MOE</i>との間に高い相関関係が認められ,さらに<i>E</i><sub>fr</sub>に基づく機械等級区分が有効なことである。これは,ロットごとに木材の材質にバラツキがあることを考えると,いろいろなロットが集まる地域を区分とした場合には大きな意味を持っている。

    DOI: 10.2488/jwrs.56.17

    CiNii Article

  • 初期変位付与型TMD を用いた空間構造の過渡応答の振動制御:-初期変位設計式に関する基礎的検討- 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   75 ( 653 )   1299 - 1308   2010年( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper, we propose tuned mass dampers with initial displacement to control transient response for spatial structures. The initial displacement of the TMD changes the phase of a beat envelope curve resulted from two vibration modes with closely spaced natural frequencies. We propose design formulas of tuned mass dampers with initial displacement and studied analytically the effect of vibration control on an impulse force and an impulsive earthquake force. As a consequence, we could recognize that the proposed system improve especially the control performance of the initial response. Lastly, to confirm the applicability of the proposed design formulas for controlling real structures, we studied analytically the effect of vibration control of the proposed method in this paper by using a single layer lattice shell model.

    DOI: 10.3130/aijs.75.1299

    CiNii Article

  • Bending Elasticity Properties of Medium Size Logs of 80-Years-Old Sugi (Cryptomeria japonica) Grown in Wakayama Prefecture 査読

    Kimura Fuminori, Taniguchi Yoshiya

    MOKUZAI GAKKAISHI   56 ( 1 )   17 - 24   2010年( ISSN:0021-4795

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 屋根型ラチスアーチ・シリンダーの耐荷性能と動的崩壊地震動レベルの関係 査読

    谷口 与史也, 福島 理沙

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   75 ( 658 )   2189 - 2196   2010年( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Lattice structures consisting of various mesh patterns show different static buckling and post-buckling behaviors even if the compression members have the same slenderness ratios. There are not sufficient studies in the literature to finding document to know the effect of these static characteristics on the seismic resistant capacity. In this paper as for plane lattice arches and double-layer cylindrical lattice roofs, the relation between dynamic collapse behavior and static collapse behavior, under excessive vertical loads, is numerically investigated to present a prediction method for the load level of dynamic collapse. The prediction method can be done with the information of load-deformation curves, natural periods and velocity response spectrum of seismic motions. The value predicted may be modified with the information of the elastic and plastic strain energies at a limit state of structures.

    DOI: 10.3130/aijs.75.2189

    CiNii Article

  • 工芸用割竹の引張特性と推定指標に関する実験的研究 査読

    木村 文則, 谷口 与史也

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   75 ( 650 )   839 - 848   2010年( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have developed the new earthquake resisting wall which made KAGOME-knits of the bamboo material. This study proposes the tensile properties of the bamboo material for crafts used as the material. Full-size tensile tests were conducted in order to examine the tensile character of 162 tensile specimen. And the correlation of thickness(<i>t</i>) of a node and a internode, and tensile properties was mainly examined. Main findings are given in the below. First, very strong linear relationships are observed between breaking strain and failure modes. And the difference of the thickness of right and left of a node had influenced the failure modes. Second, strong linear relationships are observed between tensile properties and <i>t</i>. Therefore, the stress grading based on <i>t</i> was examined as a next phase. As a result, it was found that it was effective. From these results in the above, the bamboo material, of which quality is controlled by the present method, is available as structural bamboo, since stiffness, strength, and maximum load are guaranteed.

    DOI: 10.3130/aijs.75.839

    CiNii Article

  • 20457 フルグラス・ブリッジの最適形状と接合部に関する一考察(新素材,構造I) 査読

    宮脇 和紀, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   913 - 914   2009年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20385 初期変位付与型TMDによる過渡応答の振動制御 : その1 提案概要と衝撃力に対する制振効果(立体骨組の振動(2),構造I) 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   769 - 770   2009年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20384 上下面に剛性差がある複層立体トラスの基本振動性状(立体骨組の振動(2),構造I) 査読

    松浦 由紀, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   767 - 768   2009年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20382 平面ラチスアーチの動的崩壊地震動レベルの予測に関する研究 : その2 速度応答スペクトルを用いる方法(立体骨組の振動(1),構造I) 査読

    福島 理沙, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   763 - 764   2009年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20381 平面ラチスアーチの動的崩壊地震動レベルの予測に関する研究 : その1 地震動の最大入力加速度の予測(立体骨組の振動(1),構造I) 査読

    谷口 与史也, 福島 理沙

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   761 - 762   2009年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20371 正方形網目と菱形網目からなる二層立体ラチスドームの弾性座屈性状に及ぼす部材配置の効果について(立体骨組の座屈(2),構造I) 査読

    閣 崇兵, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   741 - 742   2009年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20457 フルグラス・ブリッジの最適形状と接合部に関する一考察(新素材,構造I) 査読

    宮脇 和紀, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   913 - 914   2009年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20385 初期変位付与型TMDによる過渡応答の振動制御 : その1 提案概要と衝撃力に対する制振効果(立体骨組の振動(2),構造I) 査読

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   769 - 770   2009年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20384 上下面に剛性差がある複層立体トラスの基本振動性状(立体骨組の振動(2),構造I) 査読

    松浦 由紀, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   767 - 768   2009年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20382 平面ラチスアーチの動的崩壊地震動レベルの予測に関する研究 : その2 速度応答スペクトルを用いる方法(立体骨組の振動(1),構造I) 査読

    福島 理沙, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   763 - 764   2009年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20381 平面ラチスアーチの動的崩壊地震動レベルの予測に関する研究 : その1 地震動の最大入力加速度の予測(立体骨組の振動(1),構造I) 査読

    谷口 与史也, 福島 理沙

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   761 - 762   2009年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20371 正方形網目と菱形網目からなる二層立体ラチスドームの弾性座屈性状に及ぼす部材配置の効果について(立体骨組の座屈(2),構造I) 査読

    閣 崇兵, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   741 - 742   2009年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20370 断面設計された二層立体ラチスドームの有効強度を用いた座屈耐力評価(立体骨組の座屈(2),構造I) 査読

    熊谷 知彦, 谷口 与史也, 舟橋 靖之, 小河 利行

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   739 - 740   2009年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20370 断面設計された二層立体ラチスドームの有効強度を用いた座屈耐力評価(立体骨組の座屈(2),構造I) 査読

    熊谷 知彦, 谷口 与史也, 舟橋 靖之, 小河 利行

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   739 - 740   2009年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2039 平行弦平面ラチス梁の個材の弾性座屈と降伏で定まるセグメント有効強度に関する(構造) 査読

    大林 正道, 上口 真路, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 )   153 - 156   2009年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2076 木造建物の履歴エネルギー利用型制震装置の開発(構造) 査読

    伊藤 舞衣子, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 )   301 - 304   2009年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2069 竹繊維を用いた建築用部材の材料特性とボルト接合強度に関する実験的研究(構造) 査読

    海妻 伴之, 谷口 与史也, 清岡 久幸

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 )   273 - 276   2009年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2046 フルグラス・ブリッジの最適形状と接合部に関する研究(構造) 査読

    宮脇 和紀, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 )   181 - 184   2009年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2043 単層2方向格子シェルの座屈挙動に及ぼすブレースの配置効果に関する研究(構造) 査読

    勝田 大輔, 中島 宏幸, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 )   169 - 172   2009年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2040 発電所鉄骨ラチス屋根構造の基本振動性状に関する研究(構造) 査読

    松浦 由紀, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 )   157 - 160   2009年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2039 平行弦平面ラチス梁の個材の弾性座屈と降伏で定まるセグメント有効強度に関する(構造) 査読

    大林 正道, 上口 真路, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 )   153 - 156   2009年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2076 木造建物の履歴エネルギー利用型制震装置の開発(構造) 査読

    伊藤 舞衣子, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 )   301 - 304   2009年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2069 竹繊維を用いた建築用部材の材料特性とボルト接合強度に関する実験的研究(構造) 査読

    海妻 伴之, 谷口 与史也, 清岡 久幸

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 )   273 - 276   2009年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2046 フルグラス・ブリッジの最適形状と接合部に関する研究(構造) 査読

    宮脇 和紀, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 )   181 - 184   2009年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2043 単層2方向格子シェルの座屈挙動に及ぼすブレースの配置効果に関する研究(構造) 査読

    勝田 大輔, 中島 宏幸, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 )   169 - 172   2009年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2041 正方形網目と菱形網目からなる二層立体ラチスドームの弾性座屈性状に及ぼす部材配置の効果(構造) 査読

    閻 崇兵, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 )   161 - 164   2009年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2040 発電所鉄骨ラチス屋根構造の基本振動性状に関する研究(構造) 査読

    松浦 由紀, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 )   157 - 160   2009年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 竹材を使用した籠目ユニットを用いた木造軸組耐震壁の開発 査読

    木村 文則, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会技術報告集   15 ( 29 )   121 - 126   2009年02月( ISSN:13419463

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A new earthquake resisting wall using the &ldquo;KAGOME-unit&rdquo; was developed to improve the earthquake resistant performance of timber frame. The advantage of the KAGOME-unit is superior constructivity because of light-weighted, and that it is able to improve the earthquake resistant performance keeping open space because of transparent and permeable. To evaluate the earthquake resistant performance of the earthquake resisting wall which built KAGOME-unit into timber frame, horizontal cyclic static loading tests has been conducted. As a result, it could be verified that the earthquake resistant performance of the earthquake resisting wall was about that of so-called &ldquo;MITSUWARI&rdquo; diagonal bracing.

    DOI: 10.3130/aijt.15.121

    CiNii Article

  • Collapse Behaviors of Plane Lattice Arches under Excessive Dynamic and Static Vertical Loads 査読 国際共著

    Yoshiya Taniguchi, Risa Fukushima, Susumu Yoshinaka

    Proceedings of the International Association for Shell and Spatial Structures (IASS) Symposium 2009   2804 - 2813   2009年( ISBN:9788483634615

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Collapse Behaviors of Plane Lattice Arches under Excessive Dynamic and Static Vertical Loads 査読

    Yoshiya Taniguchi, Risa Fukushima, Susumu Yoshinaka

    Proceedings of the International Association for Shell and Spatial Structures (IASS) Symposium 2009   2804 - 2813   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 和歌山県産スギ中径材の曲げ強度特性と推定指標に関する実験的研究 査読

    木村 文則, 谷口 与史也, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会構造系論文集 = Transactions of AIJ. Journal of structural and construction engineering   ( 629 )   1135 - 1142   2008年07月( ISSN:13404202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Flatwize bending tests were conducted after a measurement of the visual grading factors and dynamic modulus of elasticity for a full scale rectangular-cut lumber sawed from Sugi (Cryptomeria japonica D.Don) mediumsize logs grown in Wakayama Prefecture. The purpose is to verify the applicability of machine stress grading of JAS (Japanese Agricultural Standards) and to examine utilization of the materials as structural lumber under flatwize bending. Main results are as follows. 1) As visual features rectangular-cut lumber whose ratio of knot size to face depth exceeded more than 60%, and which had dead knot showed brittle fracture. 2) Although visual stress grading and machine stress grading were both effective as stress grading system, the machine stress grading was more effective than the other. 3) Very strong linear relationships are observed between bending modulus of elasticity and dynamic modulus of elasticity. From these results in the above, the strong standard characteristic values of lumber by the machine stress grading using bending modulus of elasticity of the standard size of 45mm, were calculated. Therefore, the rectangular-cut lumber, of which quality is controlled by the present method, is available as structural lumber, since stiffness, strength, and ductility are guaranteed.

    DOI: 10.3130/aijs.73.1135

    CiNii Article

  • 20428 正方形網目と菱形網目からなる二層立体ラチス板の静的弾塑性性状に及ぼす部材配置の効果(立体骨組の座屈(1),構造I) 査読

    閻 崇兵, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2008   855 - 856   2008年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20430 平面ラチスアーチの静的および動的過大鉛直荷重下での崩壊挙動に関する研究(立体骨組の座屈(1),構造I) 査読

    福島 理沙, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2008   859 - 860   2008年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20428 正方形網目と菱形網目からなる二層立体ラチス板の静的弾塑性性状に及ぼす部材配置の効果(立体骨組の座屈(1),構造I) 査読

    閻 崇兵, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2008   855 - 856   2008年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 22208 竹材を使用した籠目耐震壁の開発に関する基礎的研究について : その4-籠目耐震壁の復元力特性(面格子壁,構造III) 査読

    木村 文則, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造   2008   415 - 416   2008年07月( ISSN:1341447X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20430 平面ラチスアーチの静的および動的過大鉛直荷重下での崩壊挙動に関する研究(立体骨組の座屈(1),構造I) 査読

    福島 理沙, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2008   859 - 860   2008年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 22208 竹材を使用した籠目耐震壁の開発に関する基礎的研究について : その4-籠目耐震壁の復元力特性(面格子壁,構造III) 査読

    木村 文則, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造   2008   415 - 416   2008年07月( ISSN:1341-447X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2043 正方形網目と菱形網目からなる二層立体ラチス板の静的弾塑性性状に及ぼす部材配置の効果(構造) 査読

    閻 崇兵, 谷口 与史也, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 48 )   169 - 172   2008年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2044 二方向二層立体ラチスシリンダーの部材レイアウトと構造特性に関する研究(構造) 査読

    木下 直人, 坂 壽二, 谷口 与史也, 青池 弘樹

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 48 )   173 - 176   2008年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2043 正方形網目と菱形網目からなる二層立体ラチス板の静的弾塑性性状に及ぼす部材配置の効果(構造) 査読

    閻 崇兵, 谷口 与史也, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 48 )   169 - 172   2008年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2044 二方向二層立体ラチスシリンダーの部材レイアウトと構造特性に関する研究(構造) 査読

    木下 直人, 坂 壽二, 谷口 与史也, 青池 弘樹

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 48 )   173 - 176   2008年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 正方形網目と菱形網目からなる二層立体ラチス板の弾性座屈性状に及ぼす部材配置の効果 査読

    閻 崇兵, 谷口 与史也, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 構造工学論文集. B   54   671 - 678   2008年03月( ISSN:0910-8033

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper is concerned with the elastic buckling behavior of double-layer lattice structures. The lattice patterns treated as "square-on-diagonal" and "diagonal-on square". The teams refer to member layout in the top and bottom layer respectively. On designing this lattice structures, the relation between the member layout and the edge of plan must be decided. Then, in this paper the effect of member layout on the buckling behavior and stress states are investigated for double layer lattice grids and cylinders. The other numerical parameter is the support conditions.

  • 網目形状および境界条件の異なる二層立体ラチスドームの弾塑性座屈性状および耐力評価 査読

    熊谷 知彦, 谷口 与史也, 小河 利行, 舟橋 靖之

    一般社団法人日本建築学会 構造工学論文集. B   54   337 - 344   2008年03月( ISSN:09108033

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper is intended as an investigation of the effects of mesh patterns, arrangements of member cross sections and boundary conditions on the static buckling behavior of double-layer latticed domes and an estimation of ultimate loads by elasto-plastic static buckling analyses. The treated mesh patterns for each layer are a square pattern and a diagonal pattern. The boundary conditions for the structural design and the loading are pin support and pin-roller support. The loading types are a distributed loading in proportion to the distribution of dead load. Based on the numerical results, the effects of mesh pattern and boundary condition on the elastic stiffness, the sequences of occurrences of member yield, the initial and ultimate loads and so on were made clear. The ultimate loads were estimated in safe side by using Modified Dunkerley Formulation with the knock-down factor γ=1.0.

    CiNii Article

  • 正方形網目と菱形網目からなる二層立体ラチス板の弾性座屈性状に及ぼす部材配置の効果 査読

    閻 崇兵, 谷口 与史也, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 構造工学論文集. B   54   671 - 678   2008年03月( ISSN:09108033

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper is concerned with the elastic buckling behavior of double-layer lattice structures. The lattice patterns treated as "square-on-diagonal" and "diagonal-on square". The teams refer to member layout in the top and bottom layer respectively. On designing this lattice structures, the relation between the member layout and the edge of plan must be decided. Then, in this paper the effect of member layout on the buckling behavior and stress states are investigated for double layer lattice grids and cylinders. The other numerical parameter is the support conditions.

    CiNii Article

  • VR型都市問題研究成果データベースの開発:-東横堀川周辺地区を対象として- 査読

    鈴木 広隆, 鍋島 美奈子, 北田 俊行, 山口 隆司, 谷口 与史也, 梅宮 典子, 横山 俊祐, 宗意 祐典

    日本図学会 図学研究   42 ( 1 )   53 - 56   2008年( ISSN:0387-5512

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年、都市が抱える様々な問題を解決するため、分野横断的なプロジェクト研究が多数行われている。しかし、それらの成果は、論文などの情報として蓄積されるため、プロジェクトに参加しているメンバー同士であっても相互に理解することが容易ではない。本研究ではこれらの問題点を解決するため、3DVR空間をプラットホームとし、空間情報をインデックスとしてビジュアル/ノンビジュアルな研究成果を蓄積するスタイルのデータベースの開発を行った。

    DOI: 10.5989/jsgs.42.Supplement1_53

    CiNii Article

  • 網目形状および境界条件の異なる二層立体ラチスドームの弾塑性座屈性状および耐力評価

    熊谷知彦,谷口与史也,小河利行,舟橋靖之

    構造工学論文集   54B   337 - 344   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 正方形網目と菱形網目からなる二層立体ラチス板の弾性座屈性状に及ぼす部材配置の効果

    閻崇兵,谷口与史也,坂壽二

    構造工学論文集   54B   671 - 678   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Earthquake Input Energy at Dynamic Collapse for Double-layer Cylindrical Lattice Roofs 査読 国際共著

    Yoshiya Taniguchi, Phillip L. Gould, Masahiro Kurano

    Journal of the International Associtation for Shell and Spatial Structures (J.IASS)   49 ( 2 )   89 - 96   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Earthquake Input Energy at Dynamic Collapse for Double-layer Cylindrical Lattice Roofs 査読

    Yoshiya Taniguchi, Phillip L. Gould, Masahiro Kurano

    Journal of the International Associtation for Shell and Spatial Structures (J.IASS)   49 ( 2 )   89 - 96   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 正方形網目と菱形網目からなる二層立体ラチス板の弾性座屈性状に及ぼす部材配置の効果 査読

    閻崇兵, 谷口与史也, 坂壽二

    構造工学論文集   54B   671 - 678   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20383 ローラー支持された二層立体ラチスドームの静的弾塑性座屈性状(立体骨組の座屈(1),構造I) 査読

    舟橋 靖之, 熊谷 知彦, 谷口 与史也, 小河 利行

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2007   765 - 766   2007年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20391 二層屋根型円筒ラチスシェルの動的崩壊と地震入力エネルギーについて(立体骨組の地震応答性状(1),構造I) 査読

    谷口 与史也, 坂 壽二, 蔵野 昌浩

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2007   781 - 782   2007年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20385 二層屋根型円筒ラチスシェルの座屈および座屈後挙動に関する一考察 : その2 座屈後挙動および構造ユニットの強度への適用(立体骨組の座屈(1),構造I) 査読

    坂 壽二, 平野 篤, 木下 直人, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2007   769 - 770   2007年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20384 二層屋根型円筒ラチスシェルの座屈および座屈後挙動に関する一考察 : その1 弾性座屈耐力に及ぼす接合部の影響(立体骨組の座屈(1),構造I) 査読

    坂 壽二, 平野 篤, 木下 直人, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2007   767 - 768   2007年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20383 ローラー支持された二層立体ラチスドームの静的弾塑性座屈性状(立体骨組の座屈(1),構造I) 査読

    舟橋 靖之, 熊谷 知彦, 谷口 与史也, 小河 利行

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2007   765 - 766   2007年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 22018 竹材を使用した籠目耐震壁の開発に関する基礎的研究について : その3-原木丸太のヤング係数(材料・部材性能(2),構造III) 査読

    木村 文則, 谷口 与史也, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造   2007   35 - 36   2007年07月( ISSN:1341447X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20391 二層屋根型円筒ラチスシェルの動的崩壊と地震入力エネルギーについて(立体骨組の地震応答性状(1),構造I) 査読

    谷口 与史也, 坂 壽二, 蔵野 昌浩

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2007   781 - 782   2007年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20385 二層屋根型円筒ラチスシェルの座屈および座屈後挙動に関する一考察 : その2 座屈後挙動および構造ユニットの強度への適用(立体骨組の座屈(1),構造I) 査読

    坂 壽二, 平野 篤, 木下 直人, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2007   769 - 770   2007年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20384 二層屋根型円筒ラチスシェルの座屈および座屈後挙動に関する一考察 : その1 弾性座屈耐力に及ぼす接合部の影響(立体骨組の座屈(1),構造I) 査読

    坂 壽二, 平野 篤, 木下 直人, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2007   767 - 768   2007年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 22018 竹材を使用した籠目耐震壁の開発に関する基礎的研究について : その3-原木丸太のヤング係数(材料・部材性能(2),構造III) 査読

    木村 文則, 谷口 与史也, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造   2007   35 - 36   2007年07月( ISSN:1341-447X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2062 二層屋根型円筒ラチスシェルの座屈および座屈後挙動(構造) 査読

    坂 壽二, 平野 篤, 木下 直人, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 47 )   245 - 248   2007年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2063 二層屋根型円筒ラチスシェルの動的崩壊と地震入力エネルギー(構造) 査読

    谷口 与史也, 蔵野 昌浩, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 47 )   249 - 252   2007年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2062 二層屋根型円筒ラチスシェルの座屈および座屈後挙動(構造) 査読

    坂 壽二, 平野 篤, 木下 直人, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 47 )   245 - 248   2007年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2063 二層屋根型円筒ラチスシェルの動的崩壊と地震入力エネルギー(構造) 査読

    谷口 与史也, 蔵野 昌浩, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 47 )   249 - 252   2007年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • BUCKLING BEHAVIOR AND LIMIT STATE LOAD OF DOUBLE-LAYER CYLINDRICAL LATTICE ROOFS

    TANIGUCHI Yoshiya, ZHANG Fangyi, SAKA Toshitsugu

    Journal of the International Association for Shell and Spatial Structures, IASS   48 ( 1 )   53 - 61   2007年( ISSN:0304-3622

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • BUCKLING BEHAVIOR AND LIMIT STATE LOAD OF DOUBLE-LAYER CYLINDRICAL LATTICE ROOFS 査読

    TANIGUCHI Yoshiya, ZHANG Fangyi, SAKA Toshitsugu

    Journal of the International Association for Shell and Spatial Structures, IASS   48 ( 1 )   53 - 61   2007年( ISSN:0304-3622

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 竹材を使用した籠目耐震壁の開発に関する基礎的研究 その3-平割材のヤング係数に関する実験的研究 査読

    木村文則, 谷口 与史也, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系   47   321 - 324   2007年( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 竹材を使用した籠目耐震壁の開発に関する基礎的研究 その3-平割材のヤング係数に関する実験的研究 査読

    木村文則, 谷口 与史也, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系   47   321 - 324   2007年( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20369 網目形状の異なる二層立体ラチスドームの弾塑性座屈性状 : その1 静的弾塑性座屈性状(立体骨組の静的構造挙動, 構造I) 査読

    佐藤 英佑, 熊谷 知彦, 谷口 与史也, 小河 利行, 増山 真紀子

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2006   737 - 738   2006年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20386 立体ラチス構造の限界耐力と動的崩壊について : その2 屋根型二層立体ラチスシリンダー(立体骨組の地震応答評価, 構造I) 査読

    谷口 与史也, 蔵野 昌浩, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2006   771 - 772   2006年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20385 立体ラチス構造の限界耐力と動的崩壊について : その1 単層ラチスドーム(立体骨組の地震応答評価, 構造I) 査読

    谷口 与史也, 犬伏 徹志, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2006   769 - 770   2006年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 22131 竹材を使用した籠目耐震壁の開発に関する基礎的研究について : その2-繰り返しせん断実験および解析検証(新工法耐力壁, 構造III) 査読

    木村 文則, 谷口 与史也, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造   2006   261 - 262   2006年07月( ISSN:1341447X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20386 立体ラチス構造の限界耐力と動的崩壊について : その2 屋根型二層立体ラチスシリンダー(立体骨組の地震応答評価, 構造I) 査読

    谷口 与史也, 蔵野 昌浩, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2006   771 - 772   2006年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20385 立体ラチス構造の限界耐力と動的崩壊について : その1 単層ラチスドーム(立体骨組の地震応答評価, 構造I) 査読

    谷口 与史也, 犬伏 徹志, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2006   769 - 770   2006年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20368 二層立体ラチス平板の耐荷力 : その2 座屈後解析を用いた崩壊挙動(立体骨組の静的構造挙動, 構造I) 査読

    坂 壽二, 平野 篤, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2006   735 - 736   2006年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20367 二層立体ラチス平板の耐荷力 : その1 構造ユニットの強度(立体骨組の静的構造挙動, 構造I) 査読

    坂 壽二, 平野 篤, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2006   733 - 734   2006年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20370 網目形状の異なる二層立体ラチスドームの弾塑性座屈性状 : その2 動的弾塑性座屈性状および耐力評価(立体骨組の静的構造挙動, 構造I) 査読

    熊谷 知彦, 谷口 与史也, 小河 利行, 増山 真紀子

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2006   739 - 740   2006年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 22131 竹材を使用した籠目耐震壁の開発に関する基礎的研究について : その2-繰り返しせん断実験および解析検証(新工法耐力壁, 構造III) 査読

    木村 文則, 谷口 与史也, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造   2006   261 - 262   2006年07月( ISSN:1341-447X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20370 網目形状の異なる二層立体ラチスドームの弾塑性座屈性状 : その2 動的弾塑性座屈性状および耐力評価(立体骨組の静的構造挙動, 構造I) 査読

    熊谷 知彦, 谷口 与史也, 小河 利行, 増山 真紀子

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2006   739 - 740   2006年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20369 網目形状の異なる二層立体ラチスドームの弾塑性座屈性状 : その1 静的弾塑性座屈性状(立体骨組の静的構造挙動, 構造I) 査読

    佐藤 英佑, 熊谷 知彦, 谷口 与史也, 小河 利行, 増山 真紀子

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2006   737 - 738   2006年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20368 二層立体ラチス平板の耐荷力 : その2 座屈後解析を用いた崩壊挙動(立体骨組の静的構造挙動, 構造I) 査読

    坂 壽二, 平野 篤, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2006   735 - 736   2006年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20367 二層立体ラチス平板の耐荷力 : その1 構造ユニットの強度(立体骨組の静的構造挙動, 構造I) 査読

    坂 壽二, 平野 篤, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2006   733 - 734   2006年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2078 立体ラチス構造の限界耐力と動的崩壊 : その1 単層ラチスドーム(構造) 査読

    谷口 与史也, 犬伏 徹志, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 46 )   309 - 312   2006年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2080 二層立体ラチス平板の耐荷力と構造ユニットの強度(構造) 査読

    坂 壽二, 平野 篤, 鄭 泰允, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 46 )   317 - 320   2006年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2079 立体ラチス構造の限界耐力と動的崩壊 : その2 屋根型二層立体ラチスシリンダー(構造) 査読

    谷口 与史也, 蔵野 昌浩, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 46 )   313 - 316   2006年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2078 立体ラチス構造の限界耐力と動的崩壊 : その1 単層ラチスドーム(構造) 査読

    谷口 与史也, 犬伏 徹志, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 46 )   309 - 312   2006年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2080 二層立体ラチス平板の耐荷力と構造ユニットの強度(構造) 査読

    坂 壽二, 平野 篤, 鄭 泰允, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 46 )   317 - 320   2006年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2079 立体ラチス構造の限界耐力と動的崩壊 : その2 屋根型二層立体ラチスシリンダー(構造) 査読

    谷口 与史也, 蔵野 昌浩, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 46 )   313 - 316   2006年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 網目形状および載荷形式の異なる二層立体ラチスドームの弾塑性座屈性状および耐力評価 査読

    熊谷 知彦, 谷口 与史也, 小河 利行, 増山 真紀子

    一般社団法人日本建築学会 構造工学論文集. B   52   69 - 76   2006年03月( ISSN:09108033

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper is intended as an investigation of the static buckling behavior of double-layer latticed domes with various mesh patterns and loading types. The treated mesh patterns are a square pattern (S-pattern) and a diagonal pattern (D-pattern). The combining mesh patterns for the domes as "mesh pattern for upper layer + mesh pattern for lower layer" are "S-pattern + S-pattern", "S-pattern + D-pattern" and "D-pattern + S-pattern". The loading types are an uniformly distributed loading and an asymmetrically distributed loading. The method of numerical analysis is an elasto-plastic buckling analysis taking into account the geometrical nonlinearity. Based on the results, first, the effects of the mesh pattern and the loading type on the static buckling behavior are made clear. Finally the initial yield load and the ultimate load are estimated by using Modified Dunkerley Formulation as a function of generalized slenderness ratio Λ with knock-down factor γ.

    CiNii Article

  • LIMIT STATE LOAD AND DYNAMIC COLLAPSE ESTIMATION FOR DOUBLE-LAYER CYLINDRICAL LATTICED ROOFS

    Yoshiya TANIGUCHI, Masahiro KURANO, Fangyi ZHANG, Toshitsugu SAKA

    Proc. of International Symposium New Olympics New Shell and Spatial Structures, IASS-APCS 2006   DR13   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • STATIC AND DYNAMIC BUCKLING BEHAVIOR OF DOUBLE-LAYER LATTICED DOMES WITH VARIOUS MESH PATTERNS

    Tomohiko KUMAGAI, Yoshiya TANIGUCHI, Toshiyuki OGAWA, Makiko MASUYAMA

    Proc. of International Symposium New Olympics New Shell and Spatial Structures, IASS-APCS 2006   BK10   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of Joints and Member Slenderness Ratios on Collapse Behavior of Double-Layer Space Grids

    Toshitsugu SAKA, Atsushi HIRANO, Yasunobu TEI, Yoshiya TANIGUCHI

    Proc. of International Symposium New Olympics New Shell and Spatial Structures, IASS-APCS 2006   SF03   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 網目形状の異なる二層立体ラチスドームの静的および動的弾塑性座屈性状

    熊谷知彦,谷口与史也,小河利行,増山真紀子

    日本建築学会構造系論文集   ( 610 )   107 - 114   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 網目形状および載荷形式の異なる二層立体ラチスドームの弾塑性座屈性状および耐力評価

    熊谷知彦,谷口与史也,小河利行,増山真紀子

    構造工学論文集   ( 52B )   69 - 76   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of Joints and Member Slenderness Ratios on Collapse Behavior of Double-Layer Space Grids 査読

    Toshitsugu SAKA, Atsushi HIRANO, Yasunobu TEI, Yoshiya TANIGUCHI

    Proc. of International Symposium New Olympics New Shell and Spatial Structures, IASS-APCS 2006   SF03   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 網目形状の異なる二層立体ラチスドームの静的および動的弾塑性座屈性状 査読

    熊谷 知彦, 谷口 与史也, 小河 利行, 増山 真紀子

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   71 ( 610 )   107 - 114   2006年( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper is intended as an investigation of the static and dynamic buckling behavior of double-layer latticed domes with various mesh patterns. The treated mesh patterns are a square pattern (S-pattern) and a diagonal pattern (D-pattern). The combining mesh patterns for the domes as "mesh pattern for upper layer+mesh pattern for lower layer" are "S-pattern+S-pattern", "S-pattern+D-pattern" and "D-pattern+S-pattern". The static or dynamic loads are applied to the nodes in proportion to the distribution of dead load. The methods of numerical analyses are an elastoplastic buckling analysis (static analysis) and a time history response analysis (dynamic analysis) taking into account the geometrical and material nonlinearities. In the dynamic analysis, the input waveform is a vertical step wave. Based on the results, first, the effects of the mesh pattern and the half subtended angle of dome on the static and dynamic buckling behavior are made clear. Then, the static ultimate loads and the dynamic buckling loads are estimated by using Modified Dunkerley Formulation as a function of generalized slenderness ratio A with knock-down factor γ. Finally the strain and input energy obtained by the static and dynamic analyses are compared and discussed.

    DOI: 10.3130/aijs.71.107_3

    CiNii Article

  • 竹材を使用した籠目耐震壁の開発に関する基礎的研究 その2-繰り返しせん断実験および解析検証 査読

    木村文則, 谷口 与史也, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系   46   33 - 36   2006年( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 竹材を使用した籠目耐震壁の開発に関する基礎的研究 その2-繰り返しせん断実験および解析検証 査読

    木村文則, 谷口 与史也, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集, 構造系   46   33 - 36   2006年( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • STATIC AND DYNAMIC BUCKLING BEHAVIOR OF DOUBLE-LAYER LATTICED DOMES WITH VARIOUS MESH PATTERNS 査読

    Tomohiko KUMAGAI, Yoshiya TANIGUCHI, Toshiyuki OGAWA, Makiko MASUYAMA

    Proc. of International Symposium New Olympics New Shell and Spatial Structures, IASS-APCS 2006   BK10   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • LIMIT STATE LOAD AND DYNAMIC COLLAPSE ESTIMATION FOR DOUBLE-LAYER CYLINDRICAL LATTICED ROOFS 査読

    Yoshiya TANIGUCHI, Masahiro KURANO, Fangyi ZHANG, Toshitsugu SAKA

    Proc. of International Symposium New Olympics New Shell and Spatial Structures, IASS-APCS 2006   DR13   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20436 立体ラチス構造の座屈挙動および限界耐力評価について : その1 屋根型二層立体ラチスシリンダー(立体骨組の座屈挙動,構造I) 査読

    谷口 与史也, 張 方翊, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2005   871 - 872   2005年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20439 立体ラチス板の座屈および座屈後挙動に関する各種汎用数値解析法の適用性について(立体骨組の座屈挙動,構造I) 査読

    鄭 泰允, 坂 壽二, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2005   877 - 878   2005年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20438 三角形と六角形網目からなる二層立体ラチス平板の座屈崩壊実験(立体骨組の座屈挙動,構造I) 査読

    坂 壽二, 谷口 与史也, 平野 亮太, 蔵野 昌浩

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2005   875 - 876   2005年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20437 立体ラチス構造の座屈挙動および限界耐力評価について : その2 単層ラチスドーム(立体骨組の座屈挙動,構造I) 査読

    谷口 与史也, 犬伏 徹志, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2005   873 - 874   2005年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20436 立体ラチス構造の座屈挙動および限界耐力評価について : その1 屋根型二層立体ラチスシリンダー(立体骨組の座屈挙動,構造I) 査読

    谷口 与史也, 張 方翊, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2005   871 - 872   2005年07月( ISSN:1341-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 20439 立体ラチス板の座屈および座屈後挙動に関する各種汎用数値解析法の適用性について(立体骨組の座屈挙動,構造I) 査読

    鄭 泰允, 坂 壽二, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2005   877 - 878   2005年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20438 三角形と六角形網目からなる二層立体ラチス平板の座屈崩壊実験(立体骨組の座屈挙動,構造I) 査読

    坂 壽二, 谷口 与史也, 平野 亮太, 蔵野 昌浩

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2005   875 - 876   2005年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 20437 立体ラチス構造の座屈挙動および限界耐力評価について : その2 単層ラチスドーム(立体骨組の座屈挙動,構造I) 査読

    谷口 与史也, 犬伏 徹志, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2005   873 - 874   2005年07月( ISSN:13414453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2028 立体ラチス構造の座屈挙動および限界耐力評価に関する研究 : その1 屋根型二層立体ラチスシリンダー(構造) 査読

    谷口 与史也, 張 方翊, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 45 )   109 - 112   2005年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2035 三角形と六角形網目からなる二層立体ラチス平板の座屈崩壊実験(構造) 査読

    坂 壽二, 谷口 与史也, 平野 亮太, 蔵野 昌浩

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 45 )   137 - 140   2005年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2031 立体ラチス板の座屈挙動に関する各種汎用数値解析法の適用性について(構造) 査読

    鄭 泰允, 坂 壽二, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 45 )   121 - 124   2005年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2029 立体ラチス構造の座屈挙動および限界耐力評価に関する研究 : その2 単層ラチスドーム(構造) 査読

    谷口 与史也, 犬伏 徹志, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 45 )   113 - 116   2005年05月( ISSN:13456660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 2028 立体ラチス構造の座屈挙動および限界耐力評価に関する研究 : その1 屋根型二層立体ラチスシリンダー(構造) 査読

    谷口 与史也, 張 方翊, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 45 )   109 - 112   2005年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2035 三角形と六角形網目からなる二層立体ラチス平板の座屈崩壊実験(構造) 査読

    坂 壽二, 谷口 与史也, 平野 亮太, 蔵野 昌浩

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 45 )   137 - 140   2005年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2031 立体ラチス板の座屈挙動に関する各種汎用数値解析法の適用性について(構造) 査読

    鄭 泰允, 坂 壽二, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 45 )   121 - 124   2005年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2029 立体ラチス構造の座屈挙動および限界耐力評価に関する研究 : その2 単層ラチスドーム(構造) 査読

    谷口 与史也, 犬伏 徹志, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 45 )   113 - 116   2005年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Buckling Behavior of TH-H Mesh Double-Layer Grids

    Yoshiya Taniguchi, Toshitsugu Saka, Masahiro Kurano

    Proc. of the International Symposium on Shell and Spatial Structures   2   459 - 466   2005年( ISBN:973-713-056-1

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Buckling Behavior of TH-H Mesh Double-Layer Grids 査読

    Yoshiya Taniguchi, Toshitsugu Saka, Masahiro Kurano

    Proc. of the International Symposium on Shell and Spatial Structures   2   459 - 466   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 竹材を使用した籠目耐震壁の開発に関する基礎的研究 査読

    木村文則, 谷口 与史也, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会大会学術講演梗概集 (近畿) 構造III, 2005. 9   411 - 412   2005年( ISSN:1341447X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 竹材を使用した籠目耐震壁の開発に関する基礎的研究 査読

    木村文則, 谷口 与史也, 坂 壽二

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会大会学術講演梗概集 (近畿) 構造III, 2005. 9   411 - 412   2005年( ISSN:1341-447X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 二層立体ラチス平板,シリンダー及びドームの弾性座屈挙動に及ぼす網目形状の効果に関する研究

    張方翊,谷口与史也,坂壽二

    日本建築学会構造工学論文集   Vol.50B   199 - 206   2004年( ISSN:0910-8033

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Structural Damping of Double-layer Cylindrical Latticed Roofs with Membrane Material

    Yoshiya Taniguchi, Toshitsugu Saka

    Extended Abstracts and CD-ROM of International Symposium Shell and Spatial Structures from Models to Realization, IASS, Montpellier, France   TP077   2004年( ISBN:2-912261-22-8

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Elastic Buckling Behavior of Double-Layer Latticed Structures with Various Forms and Mesh Patterns

    -

    Extended Abstracts and CD-ROM of International Symposium Shell and Spatial Structures from Models to Realization, IASS, Montpellier, France   TP089   2004年( ISBN:2-912261-22-8

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Application of CQC Method to Double-layer Latticed Roof of Various Types -Effect of Grid Patterns and Forms-

    Yoshiya Taniguchi,Toshitsugu Saka, Takashi Nakano

    Proc. of International Symposium on Network and Center-Based Research for Smart Structures Technologies and Earthquake Engineering(SE'04)   549 - 554   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 二層屋根型円筒ラチスシェルの自由振動実験

    谷口与史也,坂壽二

    日本建築学会構造系論文集   ( 570 )   123 - 128   2003年( ISSN:ISSN13404202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 二層立体ラチス平板の個材座屈に及ぼす膜材の配置効果に関する研究

    谷口与史也,坂壽二,前畑徹

    日本膜構造協会膜構造研究論文集   ( 16 )   15 - 20   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Load Carrying Capacity of a Single Layer Latticed Structure with Metallic Sheets

    Hideto Tanaka,Yoshiya Taniguchi, Toshitsugu Saka

    Space structures 5   1   299 - 308   2002年( ISBN:727731734

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 膜材料と二層屋根型円筒ラチスシェルから成るハイブリッド構造の座屈崩壊実験

    谷口与史也,坂壽二,佐竹知希

    日本膜構造協会膜構造研究論文集   ( 16 )   21 - 27   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 屋根型円筒ラチスフレームとポリカーボネイトシートとの複合構造の載荷能力

    田中秀人,谷口与史也,坂壽二

    構造工学論文集   48B   49 - 54   2002年( ISSN:9108033

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鋼管による履歴型ダンパーの水平加力実験

    谷口与史也,藤田正則,坂壽二,和田章

    鋼構造論文集   8 ( 31 )   119 - 128   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of Membrane Arrangement on Member Buckling of Spatial Structures

    Yoshiya Taniguchi,Toshitsugu Saka,Tooru Maehata

    Theory,design and realization of shell and spatial structures   1   TP099   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Member Design and Elastci Buckling Strength of the TH-H Mesh Double-layer Braced Domes

    Toshitsugu Saka,Yoshiya Taniguchi,Takahiro Konishi

    Theory,design and realization of shell and spatial structures   TP100   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Elastic Buckling Behavior of Latticed Structures under Member Lateral Load instead of Nodal Load

    Yoshiya Taniguchi,Toshitsugu Saka

    Memoirs of the faculty of engineering Osaka City Univ.   41   19 - 28   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Elastic Buckling Behavior of (Triangle and Hexagon)-on-Hexagon Double-Layer Braced Domes

    Toshitsugu Saka, Takahiro Konishi,Yoshiya Taniguchi

    Proc. of 6th Asian Pacific Conference on Shell and Spatial Structures   1   2000年( ISBN:8981790310

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Restraint Effect of Membrane on the Member Buckling for Spatial Structures

    Yoshiya Taniguchi,Toshitsugu Saka,Tooru Maehata

    Proc. of 6th Asian Pacific Conference on Shell and Spatial Structures   1   89 - 95   2000年( ISBN:8981790310

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 部材に分布荷重が作用するラチス構造の弾性座屈挙動

    谷口与史也,坂壽二

    日本建築学会構造系論文集   ( 534 )   79 - 85   2000年( ISSN:13404202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 膜材料とラチスフレームから成るハイブリッド構造の基礎的研究

    谷口与史也,坂壽二,南宏和

    日本建築学会構造系論文集   ( 519 )   71 - 77   1999年( ISSN:13404202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tangent Stiffness Equations for Laterally Distributed Loaded Members

    Yoshiya Taniguchi, Toshitsugu Saka, Hideto Tanaka

    Journal of Engineering Mechanics, ASCE   125 ( 5 )   537 - 544   1999年( ISSN:7339399

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 膜材料と二層立体ラチス平板から成るハイブリッド構造の弾性座屈性状

    谷口与史也,坂壽二,前畑徹

    膜構造研究論文集   ( 13 )   33 - 41   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Experimental Method of Double-Layer Space Grids by a Bolted Jointing System

    Toshitsugu Saka,Yoshiya Taniguchi

    Proceedings of the LSA Conference   2   302 - 309   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 立体ラチス構造の水平支持剛性と地震応答性状

    谷口与史也,坂壽二

    京都大学防災研究所共同研究集会論文集   ( 10K-9 )   127 - 139   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Numerical Methods for Non-Linear Behavior of Space Truss Grid

    Toshitsugu Saka, Yoshiya Taniguchi

    Structural Ergineering World Wide   T215-2   1998年( ISBN:80428452

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Buckling Behaviovr of Double-Layer Latticed Cylindrical Roof

    Yoshiya Taniguchi,Toshitsugu Saka

    Proceedings of the IASS International Symposium   815   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 膜材料と立体ラチスから成るハイブリッド構造の座屈実験

    谷口与史也,坂壽二,南宏和

    日本建築学会大会学術講演梗概集(関東)   B-1   825   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Damage to Spatial Structures by the 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake in Japan

    Toshitsugu Saka,Yoshiya Taniguchi

    International Journal of Space Structures   12 ( 42798 )   125 - 133   1997年( ISSN:2663511

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of COVERING PLATES ON BUCKING BEHAVIOUR OF DOUBLE-LAYER GRIDS

    Yoshiya Taniguchi,Toshitsugu Saka

    Proceedings of Asia-Pacific Conference on Shell and Spatial Structures   611 - 618   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 部材に分布荷重が作用する立体ラチス構造の弾性座屈性状

    坂壽二,谷口与史也,田中秀人

    構造工学論文集   ( 42B )   495   1996年( ISSN:9108033

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nonlinear Behavior of Space Frame Structures with Laterally Loaded Members

    Yoshiya Taniguchi,Toshitsugu Saka,Hideto Tanaka

    Proceedings, IASS International Symposium   1   661   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 分布荷重のある部材の座屈撓角式の増分表示

    坂壽二,谷口与史也,田中秀人

    構造工学論文集   41B   239   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ねじ込み接合システムトラスの実験的研究

    谷口与史也,坂壽二

    日本建築学会構造系論文集   ( 468 )   91   1995年( ISSN:13404202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 部材に分布荷重が作用する立体ラチス梁の座屈性状

    田中秀人,谷口与史也,坂壽二

    日本建築学会近畿支部研究報告会   361   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Collapse Behavior of Double-Layer Space Truss Grids with Member Buckling

    Toshitsugu Saka,Yoshiya Taniguchi

    Proceedings, IASS-ASCE International Symposium   529 - 538   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Buckling Behavior of Square-and-Diagonal Double-Layer Grid

    Toshitsugu Saka,Yoshiya Taniguchi

    Journal of Structural Engineering, ASCE   120 ( 4 )   1088 - 1102   1994年( ISSN:7339445

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 二層立体システムトラス板ユニットの座屈実験

    谷口与史也,坂壽二

    日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)B構造   1   1839   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中間荷重がある部材の座屈撓角式の増分表示(その1基礎式の誘導)

    坂壽二,谷口与史也,田中秀人

    日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)B構造   1935 - 1936   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中間荷重がある部材の座屈撓角式の増分表示

    田中秀人,坂壽二,谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究報告集   381 - 384   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 二層立体システムトラス板の座屈実験

    谷口与史也,坂壽二

    日本建築学会近畿支部研究報告集   397   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Buckling Analysis of Space Trusses Constructed by Practical Bolted Jointing Systems

    Yoshiya Taniguchi,Toshitsugu Saka,Yoshiki Shuku

    Proceedings of the Seiken-IASS Symposium, 1993, Tokyo   221 - 228   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Buckling Behavior of Square-and-Diagonal Double-Layer Grid Part 1 Square-on-Diagonal Grid

    Toshitsugu Saka,Yoshiya Taniguchi

    Memoirs of the Fuculty of Engineering Osaka City University   34   55 - 72   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Buckling Behavior of Square-and-Diagonal Double-Layer Grid Part II Diagonal-on-Square Grid

    Toshitsugu Saka,Yoshiya Taniguchi

    Memoirs of the Faculty of Engineering Osaka City University   34   73 - 83   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Post-Buckling Behavior of Square-on-Square Double-Layer Braced Domes

    Toshitsugu Saka,Yoshiya Taniguchi,Hidekazu Konishi

    Proceedings of the Seiken-IASS Symposium, 1993, Tokyo   229   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Load-Bearing Capacity of Square-on-Square Double-Layer Braced Domes

    Toshitsugu Saka,Yoshiya Taniguchi,Hidekazu Konishi

    Proceedings of the Fourth International Conference on Space Structures   1   349 - 357   1993年( ISBN:727719688

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Buckling Behavior of Space Trusses Constructed by a Bolted Jointing System

    Yoshiya Taniguchi,Toshitsugu Saka,Yoshiki Shuku

    Proceedings of the Fourth International Conference on Space Structures   1   89 - 98   1993年( ISBN:727719688

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effective Strength of Square-and-Diagonal Double-Layer Grid

    Toshitsugu Saka,Yoshiya Taniguchi

    Journal of Structural Engineering ASCE   118 ( 1 )   52   1992年( ISSN:7330445

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 直交二方向二層立体トラス板の複合断面力下での有効強度について

    坂壽二,小西秀和,谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)B構造   1   1633 - 1634   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 直交二方向二層立体トラスドームの有効強度による弾性座屈耐力評価について

    小西秀和,坂壽二,谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)B構造   1   1635 - 1636   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ねじ込み接合システムの接続部の曲げ実験結果

    谷口与史也,坂壽二

    日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)B構造   1   1665 - 1666   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of Boundary Beams on the Elastic Buckling Load of Square-and-Diagonal Double-Layer Grids

    Toshitsugu Saka,Yoshiya Taniguchi

    Proceedings of IASS-CSCE International Congress, 1992, Canada   2   244 - 255   1992年( ISBN:921303394

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Post-Buckling Behavior of Square-on-Diagonal Double-Layer Grids Coustructed by a Bolted Jointing System

    Toshitsugu Saka,Yoshiya Taniguchi

    Proceedings of the International IASS Symposium, 1991, Denmark   3   199 - 206   1991年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 正方形網目と菱形網目から成るねじ込み接合二層立体トラス平板の弾性座屈で定まる曲げ有効強度

    坂壽二,日置興一郎,谷口与史也

    日本建築学会構造系論文報告集   ( 414 )   81 - 88   1990年( ISSN:9108025

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 四角錐から成る立体トラス平板の弾性座屈耐力についてその1 曲げ有効強度に及ぼすウェブ材の影響

    谷口与史也,坂壽二,那谷晴一郎

    日本建築学会大会学術講演梗概集(中国)B構造   1   1305 - 1306   1990年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 四角錐から成るねじ込み接合立体トラス平板の座屈耐力についてその3 座屈後挙動の近似解法

    坂壽二,日置興一郎,谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)B構造   1   1137 - 1138   1985年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 東日本大震災合同調査報告 建築編3 シェル・空間構造

    新宮清志,竹内徹,谷口与史也 他( 担当: 分担執筆)

    日本建築学会  2014年09月  ( ISBN:978-4-8189-2039-2

     詳細を見る

    総ページ数:352   担当ページ:14   著書種別:調査報告書  

  • 東日本大震災合同調査報告 建築編3 シェル・空間構造

    新宮清志, 竹内徹, 谷口与史也( 担当: 単著)

    日本建築学会  2014年09月 

     詳細を見る

    総ページ数:352   担当ページ:14   著書種別:学術書  

  • 2011年東北地方太平洋沖地震災害調査速報

    田中礼治,河合直人,谷口与史也 他( 担当: 分担執筆)

    日本建築学会  2011年07月  ( ISBN:978-4-8189-2034-7

     詳細を見る

    総ページ数:577   担当ページ:10   著書種別:調査報告書  

  • 2011年東北地方太平洋沖地震災害調査速報

    田中礼治, 河合直人, 谷口与史也( 担当: 単著)

    日本建築学会  2011年07月 

     詳細を見る

    総ページ数:577   担当ページ:10   著書種別:学術書  

  • シェル・空間構造の減衰と応答制御

    新宮清志, 谷口与史也, 他( 担当: 分担執筆)

    日本建築学会  2008年03月  ( ISBN:978-4-8189-0577-1

     詳細を見る

    総ページ数:357   担当ページ:8   著書種別:学術書  

  • シェル・空間構造の減衰と応答制御

    新宮清志, 谷口与史也( 担当: 単著)

    日本建築学会  2008年03月 

     詳細を見る

    総ページ数:357   担当ページ:8   著書種別:学術書  

  • 空間構造の動的挙動と耐震設計

    谷口与史也,小田憲史,坂壽二( 担当: 共著)

    日本建築学会  2006年  ( ISBN:4818905674

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 空間構造の動的挙動と耐震設計

    谷口与史也, 小田憲史, 坂壽二( 担当: 単著)

    日本建築学会  2006年  ( ISBN:4818905674

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 阪神・淡路大震災調査報告 建築編-3シェル・空間構造

    坂壽二,谷口与史也( 担当: 共著 ,  範囲: 3巻)

    丸善  1997年  ( ISBN:4818920037

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 屋根型円筒ラチスシェル構造の解析・設計

    坂壽二,谷口与史也( 担当: 共著)

    (14)日本建築学会 空間骨組構造小委員会  1995年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 大阪駅周辺地下街の津波避難距離に関する研究

    合田祥子,吉中進

    日本建築学会大会学術講演梗概集   1237 - 1238   2012年09月

  • 天井重量に着目した兵庫県南部地震以降の天井落下被害分類

    鈴木秀明,吉中進

    日本建築学会大会学術講演梗概集   851 - 852   2012年09月

  • 天井重量に着目した兵庫県南部地震以降の天井落下被害分類 査読

    鈴木秀明, 吉中進

    日本建築学会大会学術講演梗概集   851 - 852   2012年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 大阪駅周辺地下街の津波避難距離に関する研究 査読

    合田祥子, 吉中進

    日本建築学会大会学術講演梗概集   1237 - 1238   2012年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 2041 正方形網目と菱形網目からなる二層立体ラチスドームの弾性座屈性状に及ぼす部材配置の効果(構造) 査読

    閻 崇兵, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 )   161 - 164   2009年05月( ISSN:1345-6660

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 網目形状および境界条件の異なる二層立体ラチスドームの弾塑性座屈性状および耐力評価 査読

    熊谷知彦, 谷口与史也, 小河利行, 舟橋靖之

    構造工学論文集   54B   337 - 344   2008年( ISSN:0910-8033

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    This paper is intended as an investigation of the effects of mesh patterns, arrangements of member cross sections and boundary conditions on the static buckling behavior of double-layer latticed domes and an estimation of ultimate loads by elasto-plastic static buckling analyses. The treated mesh patterns for each layer are a square pattern and a diagonal pattern. The boundary conditions for the structural design and the loading are pin support and pin-roller support. The loading types are a distributed loading in proportion to the distribution of dead load. Based on the numerical results, the effects of mesh pattern and boundary condition on the elastic stiffness, the sequences of occurrences of member yield, the initial and ultimate loads and so on were made clear. The ultimate loads were estimated in safe side by using Modified Dunkerley Formulation with the knock-down factor γ=1.0.

  • 網目形状および載荷形式の異なる二層立体ラチスドームの弾塑性座屈性状および耐力評価 査読

    熊谷知彦, 谷口与史也, 小河利行, 増山真紀子

    構造工学論文集   52 ( 52B )   69 - 76   2006年( ISSN:0910-8033

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    This paper is intended as an investigation of the static buckling behavior of double-layer latticed domes with various mesh patterns and loading types. The treated mesh patterns are a square pattern (S-pattern) and a diagonal pattern (D-pattern). The combining mesh patterns for the domes as "mesh pattern for upper layer + mesh pattern for lower layer" are "S-pattern + S-pattern", "S-pattern + D-pattern" and "D-pattern + S-pattern". The loading types are an uniformly distributed loading and an asymmetrically distributed loading. The method of numerical analysis is an elasto-plastic buckling analysis taking into account the geometrical nonlinearity. Based on the results, first, the effects of the mesh pattern and the loading type on the static buckling behavior are made clear. Finally the initial yield load and the ultimate load are estimated by using Modified Dunkerley Formulation as a function of generalized slenderness ratio Λ with knock-down factor γ.

  • 網目形状の異なる二層立体ラチスドームの静的および動的弾塑性座屈性状 査読

    熊谷 知彦, 谷口 与史也, 小河 利行, 増山 真紀子

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   71 ( 610 )   107 - 114   2006年( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    This paper is intended as an investigation of the static and dynamic buckling behavior of double-layer latticed domes with various mesh patterns. The treated mesh patterns are a square pattern (S-pattern) and a diagonal pattern (D-pattern). The combining mesh patterns for the domes as "mesh pattern for upper layer+mesh pattern for lower layer" are "S-pattern+S-pattern", "S-pattern+D-pattern" and "D-pattern+S-pattern". The static or dynamic loads are applied to the nodes in proportion to the distribution of dead load. The methods of numerical analyses are an elastoplastic buckling analysis (static analysis) and a time history response analysis (dynamic analysis) taking into account the geometrical and material nonlinearities. In the dynamic analysis, the input waveform is a vertical step wave. Based on the results, first, the effects of the mesh pattern and the half subtended angle of dome on the static and dynamic buckling behavior are made clear. Then, the static ultimate loads and the dynamic buckling loads are estimated by using Modified Dunkerley Formulation as a function of generalized slenderness ratio A with knock-down factor γ. Finally the strain and input energy obtained by the static and dynamic analyses are compared and discussed.

    DOI: 10.3130/aijs.71.107_3

  • 二層屋根型円筒ラチスシェルの座屈耐力について(その2元挟みを考慮した二層円筒ラチスシェルの弾性座屈性状)

    -

    日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿)   B構造   1031   1996年

  • 二層屋根型円筒ラチスシェルの座屈耐力について(その1正方形網目からなるラチスシェルの座屈実験)

    -

    日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿)   B構造   1029   1996年

  • 上面に菱形網目、下面に正方形網目のねじ込み接合二層立体トラス平板の座屈耐力について(共著)

    -

    日本建築学会大会学術講演梗概集(東北)B構造   1,1257   1991年

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 斜材配置による懸垂型ラチスシェルの応力性状の比較 国内会議

    村口貴紀,吉中進,谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 逆対称モード形状に着目したアーチ構造の振動制御 国内会議

    吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 杉材のバサルト繊維補強シートによる補強効果に関する実験研究 国内会議

    西水真音, 鈴木裕介, 谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 斜材配置による懸垂型ラチスシェルの応力性状の比較 国内会議

    村口貴紀, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 接合部降伏するRC 造ト形柱梁接合部の破壊挙動に関するFEM 解析 国内会議

    高野恭幸, 鈴木裕介, 谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 初期変位付与型TMD の空間配置に関する評価式の提案 国内会議

    小鶴桂太, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 二方向平行弦ラチスグリッドの載荷性能に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果 国内会議

    髙田凌平, 高岡良輔, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会学術講演  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 主筋の一部のSEA を置換したRC 梁の曲げ性状に関するFEM 解析 国内会議

    梅本純也, 鈴木裕介, 谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 接合部降伏するRC 造ト形柱梁接合部の破壊挙動に関するFEM 解析 国内会議

    高野恭幸,鈴木裕介,谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 主筋の一部のSEA を置換したRC 梁の曲げ性状に関するFEM 解析 国内会議

    梅本純也,鈴木裕介,谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 杉材のバサルト繊維補強シートによる補強効果に関する実験研究 国内会議

    西水真音,鈴木裕介,谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 初期変位付与型TMD の空間配置に関する評価式の提案 国内会議

    小鶴桂太,吉中進,谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 逆対称モード形状に着目したアーチ構造の振動制御 国内会議

    吉中進,谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 二方向平行弦ラチスグリッドの載荷性能に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果 国内会議

    髙田凌平,高岡良輔,谷口与史也,吉中進

    日本建築学会大会学術講演  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 木構造への適用のためのトーラス型二層立体ラチスの幾何形状と耐荷性能に関する研究 国内会議

    谷口雄基,谷口与史也,吉中進

    日本建築学会大会学術講演  2017年09月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島県  

  • 木構造への適用のためのトーラス型二層立体ラチスの幾何形状と耐荷性能に関する研究 国内会議

    谷口雄基, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会学術講演  2017年09月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島県  

  • 平面トラスアーチの耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果について 国内会議

    高岡良輔, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会学術講演  2017年09月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島県  

  • 二層立体トラス平板の網目種類と面内および面外方向の強度特性に関する一考察 国内会議

    田中壱成, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会学術講演  2017年09月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島県  

  • 二層立体トラス平板の網目種類と面内および面外方向の強度特性に関する一考察 国内会議

    田中壱成,谷口与史也,吉中進

    日本建築学会大会学術講演  2017年09月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島県  

  • 平面トラスアーチの耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果について 国内会議

    高岡良輔,谷口与史也,吉中進

    日本建築学会大会学術講演  2017年09月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島県  

  • 繊維方向に接触接合する木ラチス構造の接合部の基礎実験 国内会議

    奥山仁嗣, 谷口雄基, 谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2016年09月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡県  

  • 平行弦トラス梁の耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果について 国内会議

    高岡良輔, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会学術講演  2016年09月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡県  

  • 平行弦トラス梁の耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果について 国内会議

    高岡良輔,谷口与史也,吉中進

    日本建築学会大会学術講演  2016年09月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡県  

  • 繊維方向に接触接合する木ラチス構造の接合部の基礎実験 国内会議

    奥山仁嗣,谷口雄基,谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2016年09月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡県  

  • トーラス型二層立体ラチス構造の全体形状と接合部種類について 国内会議

    奥山仁嗣,谷口雄基,谷口与史也,吉中進

    日本建築学会大会学術講演  2015年09月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海大学  

  • 梅田地下街浸水時における接続ビルへの避難シミュレーション 国内会議

    瀧澤重志, 高木尚哉, 谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2015年09月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海大学  

  • トーラス型二層立体ラチス構造の全体形状と接合部種類について 国内会議

    奥山仁嗣, 谷口雄基, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会学術講演  2015年09月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海大学  

  • 梅田地下街浸水時における接続ビルへの避難シミュレーション 国内会議

    瀧澤重志,高木尚哉,谷口与史也

    日本建築学会大会学術講演  2015年09月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海大学  

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究 その2 調和外力と地震力に対する制振効果 国内会議

    谷口 与史也

    日本建築学会大会学術講演(東海)  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究 その1 インパルス外力に対する設計式の提案 国内会議

    谷口 与史也

    日本建築学会大会学術講演(東海)  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 天井重量に着目した兵庫県南部地震以降の天井落下被害分類 国内会議

    谷口 与史也

    日本建築学会大会学術講演(東海)  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪駅周辺地下街の津波避難距離に関する研究 国内会議

    谷口 与史也

    日本建築学会大会学術講演(東海)  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究 その1 インパルス外力に対する設計式の提案 国内会議

    -

    日本建築学会大会学術講演(東海)  2012年09月 

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究 その2 調和外力と地震力に対する制振効果 国内会議

    -

    日本建築学会大会学術講演(東海)  2012年09月 

  • 天井重量に着目した兵庫県南部地震以降の天井落下被害分類 国内会議

    -

    日本建築学会大会学術講演(東海)  2012年09月 

  • 大阪駅周辺地下街の津波避難距離に関する研究 国内会議

    -

    日本建築学会大会学術講演(東海)  2012年09月 

  • 熱可塑性樹脂を用いた自由曲面シェルの実験的形状決定法に関する研究 国内会議

    -

    日本建築学会近畿支部研究発表会  2012年06月 

  • 熱可塑性樹脂を用いた自由曲面シェルの実験的形状決定法に関する研究 国内会議

    谷口 与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会  2012年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2種類の吊り下げ実験によって得られたシェル曲面の数学的表現と力学性状に関する研究 国内会議

    谷口 与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会  2012年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2種類の吊り下げ実験によって得られたシェル曲面の数学的表現と力学性状に関する研究 国内会議

    -

    日本建築学会近畿支部研究発表会  2012年06月 

▼全件表示

Works(作品等)

  • 「シェル・空間構造」セミナー2018 空間構造の座屈と設計法

    2019年02月

  • 竹繊維を原料とした建築構造部材の開発

    2006年
    -
    2007年

  • 新「シェル・空間構造」セミナー シェル・空間構造の減衰と応答制御(日本建築学会 シェル・空間構造運営委員会)

    2002年

  • 新「シェル・空間構造」セミナー シェル・空間構造の減衰と応答制御(日本建築学会 シェル・空間構造運営委員会)

    2002年

  • 鋼構造座屈セミナー -性能設計と統合的評価法-(日本建築学会・構造委員会・鋼構造運営委員会・鋼構造座屈小委員会)

    2001年
    -
    2005年

  • 第8回「シェル・空間構造」セミナー 新しいスペースフレーム-形態・性能・設計(日本建築学会 シェル・空間構造運営委員会)

    1999年

  • 第8回「シェル・空間構造」セミナー 新しいスペースフレーム-形態・性能・設計(日本建築学会 シェル・空間構造運営委員会)

    1999年

  • 阪神・淡路大震災の調査報告《紀要特別号》

    1997年

  • 阪神・淡路大震災の調査報告《紀要特別号》

    1997年

  • 屋根型円筒ラチスシェル構造の解析・設計(日本建築学会 空間骨組構造小委員会)

    1995年

  • 1995年兵庫県南部地震第1次調査報告(日本建築学会)

    1995年

  • 1995年兵庫県南部地震鉄骨造建物被害調査報告書(日本建築学会近畿支部鉄骨構造部会)

    1995年

  • 屋根型円筒ラチスシェル構造の解析・設計(日本建築学会 空間骨組構造小委員会)

    1995年

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 伝統的木造継手の構造評価

     詳細を見る

    交流の種別:受託研究, 共同研究  

    金輪継手に代表される伝統建築の継手の実験的研究

  • 高層建築の高度木造化技術の研究開発

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:共同研究  

    高層建築は鋼、補強コンクリートで実現されている。しかし木材による高層建築は未開発あるいは発展途上にあるといえる。そこで、木材による高層建築を実現普及するために、計画、構法、設計、環境、防火・防災、架構などについて多角的かつ並行して研究開発を進め、具体的な試設計を策定することを目的とする。

  • 空間骨組構造の接合方法の開発研究

    2003.4-2005.3

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究  

    活用分野・応用方法等:建築構造学分野

    予測される波及効果:各種性能を付加した新しい接合部の開発

    木質系,金属系材料の空間骨組構造の構成部材の接合部,接続方法の開発研究を行う。空間骨組構造は通常の柱梁構造,立体トラス構造など広く対象とする。

  • 木造軸組構造の履歴型ダンパー装置の開発研究

    2010-

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究  

    活用分野・応用方法等:ダンパーの復元力特性における履歴エネルギー吸収により,地震入力エネルギーを低減し耐震性能を向上させることが出来る。

    伝統的木造建築に用いられる木造軸組構造の履歴エネルギ-吸収型ダンパ-を提案し,その復元力特性を実験により調べる。

科研費

  • 低環境負荷型被覆材料を用いた高耐震・高耐火木質部材及び接合法の開発

    基盤研究(C)  2017年04月

  • 終局限界に対する余裕度評価と外乱の不確定性を考慮したロバスト設計法の構築

    基盤研究(B)  2015年04月

  • 梁型構造物の終局耐震性能評価法

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2012年04月

担当教育概要

  • 建築構造物の強度,耐久性などを評価する為の基礎理論である建築構造力学分野を担当している。各種建築構造の一つである鋼構造学分野を担当している。

担当授業科目

  • 建築構造力学3

    2021年度     大学

  • コミュニティー防災

    2017年度     大学

  • グローバル経営特論

    2017年度     大学院

  • 建築構造力学1

    2017年度     大学

  • 空間構造学

    2017年度     大学院

  • 鋼構造学

    2017年度     大学

  • 建築構造力学序説

    2017年度     大学

  • 特別演習(建築構造学1)

    2017年度     大学院

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 構造力学3

    2022年04月
    -
    継続中

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 空間構造学

    機関名:大阪大学

  • 鋼構造1

    機関名:摂南大学

FD活動

  • 教育方法の改善  2017年度

     詳細を見る

    AP事業に関連するアクティブラーニング型授業の実践のためのTAを活用して、1年生の専門授業の理解度を向上させた。

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2017年度

      詳細を見る

    独自項目:博士・修士人材キャリア形成支援プログラムの運営

社会貢献活動

  • 富田林市建設工事総合評価審査委員会委員

    役割:助言・指導

    2023年

     詳細を見る

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 日本建築総合試験所市村記念体育館改修に関する構造性能検証委員会委員

    役割:助言・指導

    2023年

     詳細を見る

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 大阪府被災建築物応急危険度判定士

    役割:調査担当

    2008年11月 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    種別:行政・教育機関等との連携事業

外国人受入実績

  • 2018年度

    研究者受入数 :1名

  • 2017年度

    研究者受入数 :1名

国際交流活動

  • Visiting scholar at Washington University in St. Louis, U.S.A.

    活動区分 :研究

    2006年09月 - 2006年12月

役職

  • 部局内役職

    工学部 建築学科 

    学科長  2022年04月 - 2024年03月

  • 全学管理職

    大学教育研究センター

    兼任研究員  2017年04月 - 継続中

その他

  • 職務経歴

    2008年

      詳細を見る

    大阪市立大学 教授

  • 職務経歴

    1999年

      詳細を見る

    大阪市立大学 准教授

  • 職務経歴

    1993年

      詳細を見る

    大阪市立大学 助手