2024/04/08 更新

写真a

タチ ヨシミツ
舘 祥光
TACHI Yoshimitsu
担当
大学院理学研究科 化学専攻 講師
理学部 化学科
職名
講師
所属
理学研究院

担当・職階

  • 大学院理学研究科 化学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 化学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(理学) ( 九州大学 )

  • 修士(工学) ( 同志社大学 )

  • 学士(工学) ( 同志社大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 生体機能関連化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学  / 生体機能関連化学

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学  / 生物無機化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 生物有機化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学  / 生物有機化学

  • その他 / その他  / 錯体化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学  / 生体機能関連化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学  / 生物有機化学

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学  / 生物無機化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 生体機能関連化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 生物有機化学

  • ナノテク・材料 / 有機機能材料

▼全件表示

研究キーワード

  • 錯体化学

  • 多環式複素環化合物

  • 酸化反応

  • 酸化触媒

  • 生物無機化学

  • 発光材料

  • bioinorganic chemistry

  • 二核銅錯体

  • 二核鉄錯体

  • MOF

  • Organic Chemistry

  • Biological Organic Chemistry

研究概要

  • 生体内の機能性の触媒としてよく知られている酵素の機能を人工的に再現する分子をつくることを目的に研究を行っています。実際には、できるだけ簡単な単純な分子をいくつか組み合わせることにより、より機能性をもつ分子集積体について研究を進めています。

研究歴

  • 酵素活性中心の精密モデル化と機能解明

    機能性分子、酸素活性化、金属酵素  個人研究

    2001年04月 - 継続中 

  • 発光性配位高分子の開発

    配位高分子(MOFs)  個人研究

    2005年09月 - 継続中 

  • バイオインスパイアード触媒の開発

    バイオインスパイアード触媒  個人研究

    2005年09月 - 継続中 

  • 非対称型金属錯体の合成と酸素活性化

    非対称型金属錯体、二核金属錯体、酸素活性化  個人研究

    2001年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本化学会

      国内

  • アメリカ化学会

      国外

  • 生体機能関連部会

  • 錯体化学会

      国内

  • 基礎有機化学会

      国内

  • 錯体化学会

  • 生体機能関連部会

  • 日本化学会

  • 基礎有機化学会

  • アメリカ化学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 代表   錯体化学会 若手の会 事務局  

    2007年04月 - 2008年03月 

  • 代表幹事   日本化学会 生体機能関連部会 若手の会  

    2006年04月 - 2007年03月 

職務経歴(学外)

  • 和歌山県立医科大学   教養・医学教育大講座   非常勤講師

    2014年09月 - 2015年03月

  • 和歌山県立医科大学   教養・医学教育大講座   非常勤講師

    2014年09月 - 2015年03月

  • 大阪市立大学   理学研究科   講師(専任)

    2008年10月 - 継続中

  • 大阪市立大学   理学研究科

    2007年04月 - 2008年10月

  • ミネソタ大学   在外研究員

    2004年09月 - 2005年09月

  • ミネソタ大学   在外研究員

    2004年09月 - 2005年09月

  • 大阪市立大学   理学研究科 物質分子系専攻

    2001年04月 - 継続中

  • 大阪市立大学   理学研究科   助手

    2001年04月 - 2007年03月

  • 九州大学   有機化学基礎研究センター   日本学術振興会特別研究員PD

    2000年04月 - 2001年03月

  • 九州大学   有機化学基礎研究センター    日本学術振興会特別研究員DC

    1999年01月 - 2000年03月

▼全件表示

学歴

  • 九州大学   理学研究科   化学   博士課程   卒業・修了

    1997年04月 - 2000年03月

  • 同志社大学   工学研究科   工業化学専攻   博士課程前期   卒業・修了

    1995年04月 - 1997年03月

  • 同志社大学   工学部   工業化学科     卒業・修了

    1991年04月 - 1995年03月

論文

  • Isolation and Crystal Structure of a Peroxo-Bridged Heme-Copper Complex 査読

    Takefumi Chishiro, Yuichi.Shimazaki, Fumito Tani, Yoshimitsu Tachi, Yoshinori Naruta, S.Karasawa, S.

    Angew. Chem. Int. Ed.   42 ( 24 )   2788 - 2791   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Canine induced pluripotent stem cells can be successfully maintained in weekend-free culture systems. 査読

    Kimura K, Nagakura H, Tsukamoto M, Yoshida T, Sugisaki H, Shishida K, Tachi Y, Shimasaki S, Sugiura K, Hatoya S

    The Journal of veterinary medical science   86 ( 3 )   247 - 257   2024年03月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.23-0422

    PubMed

  • Synthesis and Metal-Complexation of a Trimer of Dendrimers with Bipyridine Cores in the Center of Conjugated Chains 査読

    Sawada A.

    ChemistrySelect   8 ( 47 )   2023年12月( ISSN:2365-6549

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/slct.202303500

  • Platinum octaethylporphyrin-diphenylanthracene dyad with an ethynylene linker 査読

    Wada T.

    Tetrahedron Letters   108   2022年10月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2022.154131

  • A fused polycyclic compound containing phenothiazine and diazapyrene skeletons with weak D-A interactions. 査読

    Matsumoto K, Tachi Y, Kozaki M

    Chemical communications (Cambridge, England)   58 ( 61 )   8572 - 8575   2022年07月( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d2cc02635j

    PubMed

  • Mechanistic Study for the Reaction of B(12) Complexes with m-Chloroperbenzoic Acid in Catalytic Alkane Oxidations. 査読

    Cheng J, Shiota Y, Yamasaki M, Izukawa K, Tachi Y, Yoshizawa K, Shimakoshi H

    Inorganic chemistry   61 ( 25 )   9710 - 9724   2022年06月( ISSN:0020-1669

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.2c01174

    PubMed

  • Synthesis of Triazabenzo[a]pyrenes and Their Photophysical, Acid-Responsive, and Electrochemical Properties 査読

    Masani Y.

    Asian Journal of Organic Chemistry   11 ( 5 )   2022年03月( ISSN:2193-5807

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ajoc.202200015

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/ajoc.202200015

  • Time-course changes in liver functional reserve after successful sofosbuvir/velpatasvir treatment in patients with decompensated cirrhosis 査読

    Atsukawa M.

    Hepatology Research   52 ( 3 )   235 - 246   2022年03月( ISSN:13866346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.13739

  • Integrin α2β1 plays an important role in the interaction between human articular cartilage-derived chondrocytes and atelocollagen gel 査読

    Kanamoto T.

    Scientific Reports   11 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-81378-2

  • Condensed Phenoxazine Dimer and Its Radical Cation 査読

    Miyamae Takayuki, Haraguchi Makoto, Tachi Yoshimitsu, Suzuki Shuichi, Kozaki Masatoshi, Okada Keiji

    ORGANIC LETTERS   22 ( 17 )   6790 - 6793   2020年09月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.0c02305

    PubMed

  • Inhibition of Ligand Binding Ability of Three Porphyrins by an Organic Effector 査読

    Nishimura Tomoaki, Sasaki Yoshito, Tachi Yoshimitsu, Suzuki Shuichi, Okada Keiji, Kozaki Masatoshi

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   15 ( 5 )   594 - 600   2020年01月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201901711

    PubMed

  • Synthesis and Properties of Nitrogen-Containing Pyrenes 査読

    Omura Yuta, Tachi Yoshimitsu, Okada Keiji, Kozaki Masatoshi

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   84 ( 4 )   2032 - 2038   2019年02月( ISSN:0022-3263

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/acs.joc.8b02962

    PubMed

  • Ligand-Binding Ability of a Porphyrin Core in a Dendrimer with Rigid Branched Terminal Components 査読

    Akisada Mami, Kimura Ryo, Tachi Yoshimitsu, Suzuki Shuichi, Okada Keiji, Kozaki Masatoshi

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   83 ( 17 )   9631 - 9640   2018年09月( ISSN:0022-3263

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/acs.joc.8b00932

  • Total synthesis of nitropyrrolins A, B, and D 査読

    Mitani Hikaru, Matsuo Tomoki, Kodama Takeshi, Nishikawa Keisuke, Tachi Yoshimitsu, Morimoto Yoshiki

    TETRAHEDRON   72 ( 45 )   7179 - 7184   2016年11月( ISSN:0040-4020

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.tet.2016.09.058

  • Total Synthesis of (-)-Lepadiformine A Utilizing Hg(OTf)(2)-Catalyzed Cycloisomerization Reaction 査読

    Nishikawa Keisuke, Kikuchi Seiho, Ezaki Shinnosuke, Koyama Tomoyuki, Nokubo Haruka, Kodama Takeshi, Tachi Yoshimitsu, Morimoto Yoshiki

    ORGANIC LETTERS   17 ( 23 )   5772 - 5775   2015年12月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.5b02867

  • Total synthesis and complete stereochemical assignment of heronapyrroles A and B 査読

    Matsuo Tomoki, Hashimoto Subaru, Nishikawa Keisuke, Kodama Takeshi, Kikuchi Seiho, Tachi Yoshimitsu, Morimoto Yoshiki

    TETRAHEDRON LETTERS   56 ( 39 )   5345 - 5348   2015年09月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2015.07.094

  • Biomimetic Total Synthesis of (-)-Neroplofurol and (+)-Ekeberin D-4 Triggered by Hydrolysis of Terminal Epoxides 査読

    Kodama Takeshi, Aoki Shingo, Matsuo Tomoki, Tachi Yoshimitsu, Nishikawa Keisuke, Morimoto Yoshiki

    公益社団法人 日本化学会 CHEMISTRY LETTERS   43 ( 10 )   1662 - 1664   2014年10月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    To accumulate the chemical basis of epoxide-opening cascade biogenesis, chemical syntheses of sesqui- and triterpenoids were performed. The biomimetic total syntheses of (&minus;)-neroplofurol (<b>1</b>) and (+)-ekeberin D<sub>4</sub> (<b>2</b>) were accomplished by protic acid-catalyzed hydrolysis of the terminal epoxide from nerolidol diepoxide <b>3</b> and squalene tetraepoxide <b>4</b> through single and double 5-<i>exo</i> cyclizations in intermediates <b>5</b> and <b>6</b>, respectively. This chemical reaction mimics the direct hydrolysis mechanism of epoxide hydrolases, enzymes that catalyze an epoxide-opening reaction to finally produce vicinal diols.

    DOI: 10.1246/cl.140618

    CiNii Article

  • 4-ファルネシル-2-ニトロピロール天然物の全合成 査読

    松尾 知樹, 三谷 光, 児玉 猛, 西川 慶祐, 舘 祥光, 森本 善樹

    天然有機化合物討論会実行委員会 天然有機化合物討論会講演要旨集   56 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    &lt;p&gt; ヘロナピロールA–C (1–3) は2010年にCaponらによってオーストラリアのヘロン島沖の海浜砂で採取された海洋由来放線菌Streptomycessp. (CMB-M0423) から単離された2次代謝産物である(Figure 1)&lt;sup&gt;1&lt;/sup&gt;。ヘロナピロールA–Cはグラム陽性菌Staphylococcus aureus ATCC 9144 (IC&lt;sub&gt;50&lt;/sub&gt; 0.6–1.1 mM) and Bacillus subtilisATCC 6633 (IC&lt;sub&gt;50&lt;/sub&gt; 1.1–6.5 mM) に対して抗菌活性を示すことが報告されているが、グラム陰性菌に対しては活性を示さず、また哺乳類の細胞腫に対しても細胞毒性を示さないことがわかっている。その構造は2D NMRを中心に解析され、ピロール環の4位がファルネシル化され2位がニトロ化された構造が提出された。&lt;/p&gt;&lt;p&gt; このような構造は天然物としては極めて珍しく、他にはニトロピロリンA–E (4–8) が知られているのみである(Figure 2)&lt;sup&gt;2&lt;/sup&gt;。ニトロピロリンA–Eは同じく2010年にFenicalらによってカリフォルニアのLa Jolla海岸で採取された海洋放線菌種CNQ-509から単離された化合物で、ヒト結腸

    DOI: 10.24496/tennenyuki.56.0_Poster48

    CiNii Article

  • A convergent total synthesis of antiplasmodial C-2 symmetric (+)-ekeberin D-4 査読

    Kodama Takeshi, Aoki Shingo, Kikuchi Seiho, Matsuo Tomoki, Tachi Yoshimitsu, Nishikawa Keisuke, Morimoto Yoshiki

    TETRAHEDRON LETTERS   54 ( 41 )   5647 - 5649   2013年10月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2013.08.025

  • Biomimetic Epoxide-Opening Cascades of Oxasqualenoids Triggered by Hydrolysis of the Terminal Epoxide 査読

    Morimoto Yoshiki, Takeuchi Eriko, Kambara Hitomi, Kodama Takeshi, Tachi Yoshimitsu, Nishikawa Keisuke

    ORGANIC LETTERS   15 ( 12 )   2966 - 2969   2013年06月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/ol401081e

  • TIPSOTf-Promoted Tandem Reaction through Rearrangement of Epoxides into Aldehydes with Selective Alkyl Migration Followed by Prins-Type Cyclization to Cyclopentanes 査読

    Kodama Takeshi, Harada Shingo, Tanaka Takeshi, Tachi Yoshimitsu, Morimoto Yoshiki

    SYNLETT   ( 3 )   458 - 462   2012年02月( ISSN:0936-5214

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1055/s-0031-1290324

  • Diastereoselective synthesis of the indeno-tetrahydropyridine core bearing a diaryl-substituted stereogenic quaternary carbon center of haouamine B 査読

    Tanaka Takeshi, Inui Hiromi, Kida Hiroshi, Kodama Takeshi, Okamoto Takuya, Takeshima Aki, Tachi Yoshimitsu, Morimoto Yoshiki

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   47 ( 10 )   2949 - 2951   2011年( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1039/c0cc04453a

  • Coordination Compounds: Tris(2-Picolinyl)Methane and its Copper(I) Complex 査読

    Yuuji Kajita, Yoshimitsu Tachi, Yutaka Hitomi, Tomoyuki Nakagawa, Yoshihisa Kishima, Masahito Kodera, Christopher S. Letko, Thomas B. Rauchfuss

    Wiley Blackwell Inorganic Syntheses   35   74 - 77   2010年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/9780470651568.ch3

    その他URL: http://orcid.org/0000-0002-2448-296X

  • Tris(2-picolinyl)methane and its copper(I) complex 査読

    Kajita, Yuuji; Tachi, Yoshimitsu; Hitomi, Yutaka; Nakagawa, Tomoyuki; Kishima, Yoshihisa; Kodera, Masahito; Letko, Christopher S.; Rauchfuss, Thomas B.

    Inorganic Syntheses   ( 35 )   74 - 77   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A Stable Cu2O2 Complex Supported by an Asymmetric Dinucleating Pentapyridine Ligand Involving an Amide Linkage 査読

    Tachi Yoshimitsu, Matsukawa Yumi, Teraoka Junji, Itoh Shinobu

    公益社団法人 日本化学会 CHEMISTRY LETTERS   38 ( 3 )   202 - 203   2009年03月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    We have synthesized an asymmetric dinucleating ligand connecting the N<SUB>3</SUB> and N<SUB>4</SUB> coordination sites with an amido linkage and characterized the corresponding dicopper(I) complex by spectroscopic methods. The dicopper(I) complex reacted with O<SUB>2</SUB> at low temperature to yield a (&mu;-peroxo)Cu<SUB>2</SUB> species with a &mu;-&eta;<SUP>1</SUP>:&eta;<SUP>2</SUP>-binding mode. We also explored an effect of this amide linkage that contributed to stabilizing a &mu;-&eta;<SUP>1</SUP>:&eta;<SUP>2</SUP>-Cu<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB> adduct.

    DOI: 10.1246/cl.2009.202

    CiNii Article

  • Ligand effects on Ni-II-catalysed alkane-hydroxylation with m-CPBA 査読

    Nagataki Takayuki, Ishii Kenta, Tachi Yoshimitsu, Itoh Shinobu

    DALTON TRANSACTIONS   ( 11 )   1120 - 1128   2007年( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1039/b615503k

  • Modeling the mononuclear, dinuclear, and trinuclear copper(I) reaction centers of copper proteins using pyridylalkylamine ligands connected to 1,3,5-triethylbenzene spacer 査読

    Ohi Hiromi, Tachi Yoshimitsu, Itoh Shinobu

    INORGANIC CHEMISTRY   45 ( 26 )   10825 - 10835   2006年12月( ISSN:0020-1669

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/ic061509j

  • Syntheses, structures, and O-2-reactivities of copper(I) complexes with bis(2-pyridylmethyl)amine and bis(2-quinolylmethyl)amine tridentate ligands 査読

    Kunishita Atsushi, Osako Takao, Tachi Yoshimitsu, Teraoka Junji, Itoh Shinobu

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   79 ( 11 )   1729 - 1741   2006年11月( ISSN:0009-2673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Significant enhancement of monooxygenase activity of oxygen carrier protein hemocyanin by urea 査読

    Morioka Chiyuki, Tachi Yoshimitsu, Suzuki Shinnichiro, Itoh Shinobu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   128 ( 21 )   6788 - 6789   2006年05月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/ja061631h

  • A functional model for pMMO (particulate methane monooxygenase): Hydroxylation of alkanes with H2O2 catalyzed by beta-diketiminatocopper(II) complexes 査読

    Shimokawa Chizu, Teraoka Junji, Tachi Yoshimitsu, Itoh Shinobu

    JOURNAL OF INORGANIC BIOCHEMISTRY   100 ( 5-6 )   1118 - 1127   2006年05月( ISSN:0162-0134

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.jinorgbio.2006.02.005

  • Structural Characterization of Copper(I) Complexes Supported by β-Diketiminate Ligands with Different Substitution Patterns 査読

    Shimokawa Chizu, Tachi Yoshimitsu, Nishiwaki Nagatoshi, ARIGA Masahiro, ITOH Shinobu

    Chemical Society of Japan Bulletin of the Chemical Society of Japan   79 ( 1 )   118 - 125   2006年01月( ISSN:00092673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Article

  • Ni-II(TPA) as an efficient catalyst for alkane hydroxylation with m-CPBA 査読

    Nagataki Takayuki, Tachi Yoshimitsu, Itoh Shinobu

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   ( 38 )   4016 - 4018   2006年( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1039/b608311k

  • Syntheses, structures, and O2-reactivities of copper(I) complexes with bis(2-pyridylmethyl)amine and bis(2-quinolylmethyl)amine tridentate ligands 査読

    Kunishita, Atsushi; Osako, Takao; Tachi, Yoshimitsu; Teraoka, Junji; Itoh, Shinobu

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   79 ( 11 )   1729 - 1741   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Structure and O-2-reactivity of copper(I) complexes supported by pyridylalkylamine ligands 査読

    Itoh Shinobu, Tachi Yoshimitsu

    DALTON TRANSACTIONS   ( 38 )   4531 - 4538   2006年( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1039/b607964d

  • Syntheses, Structures, and O2-Reactivities of Copper(I) Complexes with Bis(2-pyridylmethyl)amine and Bis(2-quinolylmethyl)amine Tridentate Ligands

    Kunishita Atsushi, Osako Takao, Tachi Yoshimitsu, Teraoka Junji, Itoh Shinobu

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   79 ( 11 )   1729 - 1741   2006年( ISSN:00092673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The structure and O<SUB>2</SUB>-reactivity of the copper(I) complexes supported by bis[(6-phenyl-2-pyridyl)methyl]amine tridentate ligands (L5<SUP>R</SUP>) and bis(2-quinolylmethyl)amine tridentate ligands (L6<SUP>R</SUP>) have been investigated in detail in order to get insights into the steric effects of the tridentate ligands on copper(I)/O<SUB>2</SUB> chemistry. In the cases of benzyl amine and phenethyl amine derivatives [R = –CH<SUB>2</SUB>Ph (Bz) and –CH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Ph (Phe)], the reaction between the ligands and [Cu<SUP>I</SUP>(CH<SUB>3</SUB>CN)<SUB>4</SUB>]<SUP>+</SUP> gave the corresponding copper(I)–acetonitrile complexes having a distorted tetrahedral geometry. On the other hand, the 2,2-diphenylethyl amine derivative L6<SUP>R</SUP> [R = –CH<SUB>2</SUB>CHPh<SUB>2</SUB> (PhePh)] afforded a copper(I) complex without an ancillary ligand (CH<SUB>3</SUB>CN) and having intramolecular d–π interaction between the copper(I) ion and the phenyl group of the alkyl substituent PhePh. The acetonitrile complexes were then converted to the corresponding CO-complexes by reacting with CO gas. The X-ray structures of all CO-complexes have been determined, and the complexes have a similar distorted tetrahedral geometry. In addition, the 6-phenyl group of L5<SUP>R</SUP> imparts a large steric effect on the metal-binding. The CO-complexes were converted to the copper(I) complexes without having any ancillary ligands in order to examine their O<SUB>2</SUB>-reactivity. Significantly large differences in O<SUB>2</SUB>-reactivity were found among the copper(I) complexes. On the basis of O<SUB>2</SUB>-reactivity together with the X-ray structures and the oxidation potentials of the copper(I) complexes, the steric effects of the hetero-aromatic donor groups (6-substituted pyridine and quinoline) as well as the alkyl substituents (R) are discussed in detail.

    DOI: 10.1246/bcsj.79.1729

    CiNii Article

  • Synthesis and characterization of ruthenium(II)-nitrile complexes with bisamide-tpa ligands (tpa = tris(2-pyridylmethyl)amine) 査読

    Kojima T, Hayashi KI, Shiota Y, Tachi Y, Naruta Y, Suzuki T, Uezu K, Yoshizawa K

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   78 ( 12 )   2152 - 2158   2005年12月( ISSN:0009-2673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1246/bcsj.78.2152

  • Synthesis and characterization of novel Cu(II)-bipyridine complexes having functional groups and their application toward molecular recognition 査読

    Kojima T, Kitaguchi H, Tachi Y, Yasutake M, Naruta Y, Matsuda Y

    INORGANICA CHIMICA ACTA   358 ( 13 )   3592 - 3600   2005年09月( ISSN:0020-1693

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.ica.2005.06.007

  • Synthesis, characterization, and catalytic oxygenation activity of dinuclear iron(III) complex supported by binaphthol-containing chiral ligand 査読

    Nagataki T, Tachi Y, Itoh S

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS A-CHEMICAL   225 ( 1 )   103 - 109   2005年01月( ISSN:1381-1169

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.molcata.2004.08.032

  • Structure and photoluminescence property of two-dimensional coordination polymer complexes involving (Cu6X6)-X-I (X = Cl, Br, I) hexagon prism cluster supported by a tripodal tripyridine ligand with 1,3,5-triethylbenzene spacer 査読

    Ohi H, Tachi Y, Kunimoto T, Itoh S

    DALTON TRANSACTIONS   ( 19 )   3146 - 3147   2005年( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1039/b508747c

  • Supramolecular and Coordination Polymer Complexes Supported by a Tripodal Tripyridine Ligand Containing a 1,3,5-Triethylbenzene Spacer 査読

    Ohi, Hiromi; Tachi, Yoshimitsu; Itoh, Shinobu

    Inorganic Chemistry   43 ( 15 )   4561 - 4563   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Quantitative evaluation of d-π interaction in copper(I) complexes and control of copper(I)-dioxygen reactivity 査読

    Osako, Takao; Tachi, Yoshimitsu; Doe, Matsumi; Shiro, Motoo; Ohkubo, Kei; Fukuzumi, Shunichi; Itoh, Shinobu

    Chemistry - A European Journal   10 ( 1 )   237 - 246   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis, structure, and greatly improved reversible O2 binding in a structurally modulated μ-η2:η2-peroxodicopper(II) complex with room-temperature stability 査読

    Kodera, Masahito; Kajita, Yuuji; Tachi, Yoshimitsu; Katayama, Kou; Kano, Koji; Hirota, Shun; Fujinami, Shuhei; Suzuki, Masatatsu

    Angewandte Chemie, International Edition   43 ( 3 )   334 - 337   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Formation and spectroscopic characterization of the dioxygen adduct of a heme-Cu complex possessing a cross-linked tyrosine-histidine mimic: Modeling the active site of cytochrome c oxidase 査読

    Liu, Jin-Gang; Naruta, Yoshinori; Tani, Fumito; Chishiro, Takefumi; Tachi, Yoshimitsu

    Chemical Communications (Cambridge, United Kingdom)   ( 1 )   120 - 121   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Dicopper-Dioxygen Complex Supported by Asymmetric Pentapyridine Dinucleating Ligand 査読

    Tachi, Yoshimitsu; Aita, Kazuki; Teramae, Shinichi; Tani, Fumito; Naruta, Yoshinori; Fukuzumi, Shunichi; Itoh, Shinobu

    Inorganic Chemistry   43 ( 15 )   4558 - 4560   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • C-S Bond Formation Reaction between a Phenolate and Disulfide-Bridged Dicopper(I) Complexes 査読

    Osako, Takao; Ueno, Yoshiki; Tachi, Yoshimitsu; Itoh, Shinobu

    Inorganic Chemistry   43 ( 21 )   6516 - 6518   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A model compound of the novel organic cofactor CTQ (cysteine tryptophylquinone) of quinohemoprotein amine dehydrogenase 査読

    Murakami, Yoko; Tachi, Yoshimitsu; Itoh, Shinobu

    European Journal of Organic Chemistry   ( 14 )   3074 - 3079   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Substituent Effects of β-Diketiminate Ligands on the Structure and Physicochemical Properties of Copper(II) Complexes 査読

    Shimokawa, Chizu; Yokota, Seiji; Tachi, Yoshimitsu; Nishiwaki, Nagatoshi; Ariga, Masahiro; Itoh, Shinobu

    Inorganic Chemistry   42 ( 25 )   8395 - 8405   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Oxidation Mechanism of Phenols by Dicopper-Dioxygen (Cu2/O2) Complexes 査読

    Osako, Takao; Ohkubo, Kei; Taki, Masayasu; Tachi, Yoshimitsu; Fukuzumi, Shunichi; Itoh, Shinobu

    Journal of the American Chemical Society   125 ( 36 )   11027 - 11033   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Structures and Redox Reactivities of Copper Complexes of (2-Pyridyl)alkylamine Ligands. Effects of the Alkyl Linker Chain Length 査読

    Osako, Takao; Ueno, Yoshiki; Tachi, Yoshimitsu; Itoh, Shinobu

    Inorganic Chemistry   42 ( 24 )   8087 - 8097   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Mechanism for aerobic oxidation of 3,5-di-tert-butylcatechol to 3,5-di-tert-butyl-o-benzoquinone catalyzed by di-μ-hydroxo-dicopper(II) complexes of peralkylated ethylenediamine ligands 査読

    Kodera, Masahito; Kawata, Tomohisa; Kano, Koji; Tachi, Yoshimitsu; Itoh, Shinobu; Kojo, Shosuke

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   76 ( 10 )   1957 - 1964   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Molecular recognition by a Cu(II)-2,2'-bipyridine complex involving coordination and hydrogen bonding 査読

    Kojima, Takahiko; Kitaguchi, Hironori; Tachi, Yoshimitsu; Naruta, Yoshinori; Matsuda, Yoshihisa

    Chemistry Letters   32 ( 12 )   1172 - 1173   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Structural Modulation of Cu(I) and Cu(II) Complexes of Sterically Hindered Tripyridine Ligands by the Bridgehead Alkyl Groups 査読

    Masahito Kodera, Yuji Kajita, Yoshimitsu Tachi, Koji Kano

    Inorganic Chemistry   42 ( 4 )   1193 - 1203   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Oxidative Degradation of b-Diketiminate Ligand in Copper(II) and Zinc(II) Complexes 査読

    Seji Yokota, Yoshimitsu Tachi, Shinobu Itoh

    Inorganic Chemistry   41   1342 - 1344   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Fine-Tuning of Copper(I)-Dioxygen Reactivity by 2-(2-Pyridyl)ethylamine Bidentate Ligands 査読

    Masayasu Taki, Shinichi Teramae, Shigenori Nagatomo, Yoshimitsu Tachi, Teizo Kitagawa, Shinobu Itoh,

    Journal of American Chemical Society   124   6367 - 6377   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Preparation of 4-(4,5-Diphenyl-1H-imidazol-2-yl)benzaldehyde and Its Practical Synthetic Use in the Synthesis of Unsymmetrically Substituted Imidazoles 査読

    Masaru Kimura, Mitsuru Tunenaga, Takuji Koyama, Hiroshi Iga, Rie Aizawa, Yoshimitsu Tachi, and Yoshi

    ITE Lett. Batter. New Technol. Med.   3 ( 1 )   30 - 34   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Low-Temperature Stopped-Flow Studies on the Reactions of Copper(II) Complexes and H2O2: The First Detection of a Mononuclear Copper(II)-Peroxo Intermediate 査読

    Takao Osako, Shigenori Nagatomo, Yoshimitsu TACHI, Teizo Kitagawa, Shinobu Itoh

    Angew. Chem. Int. Ed.   41 ( 22 )   4325 - 4328   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Interconversion between Bis(m-thiolato)dicopper(II) and Disulfide-Bridged Dicopper(I) Complexes Mediated by Chloride Ion 査読

    Yoshiki Ueno, Yoshimitsu Tachi, and Shinobu Itoh

    Journal of American Chemical Society   124   12428 - 12429   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Oxidation Mechanism of Phenols by Dicopper-Dioxygen (Cu2/O2) Complexes 査読

    Takao Osako, Kei Ohkubo, Masayasu Taki, Yoshimitsu Tachi, Shunichi Fukuzumi, Shinobu Itoh

    Journal of American Chemical Society   125 ( 36 )   11027 - 11033   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Copper Chemistry of b-Diketiminate Ligands: Monomer/Dimer Equilibria and a New Class of Bis(m-oxo)dicopper Compounds 査読 国際共著

    Spencer, D. J. E.; Reynolds, A. M.; Holland, P. L.; Jazdzewski, B. A.; Duboc-Toia, C.; Le Pape, L. ;Tachi, Y;Itoh, S; et al.

    Inorganic Chemistry   41 ( 24 )   6307 - 6321   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Modulation of Coordination Chemistry in Copper(I) Complexes Supported by Bis[2-(2-pyridyl)ethyl]amine-Based Tridentate Ligands 査読

    Osako, Takao; Tachi, Yoshimitsu; Taki, Masayasu; Fukuzumi, Shunichi; Itoh, Shinobu

    Inorganic Chemistry   40 ( 26 )   6604 - 6609   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Formation and cleavage of a dicobalt complex bridged with a pentamethylene group 査読

    Shimakoshi, Hisashi; Koga, Masaomi; Hayashi, Takashi; Tachi, Yoshimitsu; Naruta, Yoshinori; Hisaeda, Yoshio

    Chemistry Letters   ( 4 )   346 - 347   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 2-(Imidazol-1-yl)-4-methylphenol 査読

    Naruta, Yoshinori; Tachi, Yoshimitsu; Chishiro, Takefumi; Shimazaki, Yuichi; Tani, Fumito

    Acta Crystallographica, Section E: Structure Reports Online   57 ( 6 )   o550 - o552   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A New β-Diketiminate Ligand Carrying a Functional Group on the Carbon Framework. Synthesis and Characterization of a Linear Polymeric Copper(I) Complex 査読

    Yokota, Seiji; Tachi, Yoshimitsu; Nishiwaki, Nagatoshi; Ariga, Masahiro; Itoh, Shinobu

    Inorganic Chemistry   40 ( 21 )   5316 - 5317   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 錯体化合物辞典

    増田秀樹、大川尚、舘 祥光、ほか( 担当: 共著)

    株)朝倉書店  2019年09月 

     詳細を見る

    総ページ数:944   担当ページ:130,233,236  

  • 錯体化合物辞典

    増田秀樹, 大川尚, 舘 祥光, ほか( 担当: 単著)

    株)朝倉書店  2019年09月 

     詳細を見る

    総ページ数:944   担当ページ:130,233,236   著書種別:学術書  

  • 錯体化合物辞典

    増田秀樹, 大川尚, 舘 祥光, ほか( 担当: 共著)

    株)朝倉書店  2019年09月 

     詳細を見る

    総ページ数:944   担当ページ:130,233,236   著書種別:学術書  

  • 基礎化学実験 改訂3版

    大阪市立大学大学院理学研究科基礎教育化学実験グループ編( 担当: 共著)

    ふくろう出版  2017年02月 

  • 基礎化学実験 改訂3版

    大阪市立大学大学院理学研究科基礎教育化学実験グループ編( 担当: 単著)

    ふくろう出版  2017年02月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 基礎化学実験 改訂3版

    大阪市立大学大学院理学研究科基礎教育化学実験グループ編( 担当: 共著)

    ふくろう出版  2017年02月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 低炭素化に資する配位高分子を基盤とした発光材料の開発

    舘 祥光( 担当: 単著)

    ケミカルエンジニアリング  2016年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:193-198  

  • 低炭素化に資する配位高分子を基盤とした発光材料の開発

    舘 祥光( 担当: 単著)

    ケミカルエンジニアリング  2016年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:193-198   著書種別:学術書  

  • 低炭素化に資する配位高分子を基盤とした発光材料の開発

    舘 祥光( 担当: 単著)

    ケミカルエンジニアリング  2016年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:193-198   著書種別:学術書  

  • Network architectures of transition metal coordination polymers supported by tripodal-type tripyridine ligands and applications for photoluminescent materials

    Tachi, Yoshimitsu( 担当: 単著)

    ファインケミカル  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:41-48  

  • Network architectures of transition metal coordination polymers supported by tripodal-type tripyridine ligands and applications for photoluminescent materials

    Tachi, Yoshimitsu( 担当: 単著)

    ファインケミカル  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:41-48   著書種別:学術書  

  • Network architectures of transition metal coordination polymers supported by tripodal-type tripyridine ligands and applications for photoluminescent materials

    Tachi, Yoshimitsu( 担当: 単著)

    ファインケミカル  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:41-48   著書種別:学術書  

  • Molecular design of porphyrin supramolecular thermometer

    Tachi, Yoshimitsu( 担当: 単著)

    化学と工業  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:961  

  • Dioxygen activation and reactivity of dicopper complexes supported by an asymmetric dinucleating ligand system

    Tachi, Yoshimitsu( 担当: 単著)

    化学工業  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:711-716  

▼全件表示

MISC(その他記事)

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 三脚型トリピリジン配位子を用いた発光性MOF材料の開発 招待 国内会議

    舘 祥光

    新化学技術推進協会 先端化学・材料技術部会 新素材分科会企画講演会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 三脚型トリピリジン配位子を用いた発光性MOF材料の開発 国内会議

    舘 祥光

    新化学技術推進協会 先端化学・材料技術部会 新素材分科会企画講演会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 三脚型トリピリジン配位子を用いた発光性MOF材料の開発 招待 国内会議

    舘 祥光

    新化学技術推進協会 先端化学・材料技術部会 新素材分科会企画講演会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • キラル性の各リポ酸を内包するシクロデキストリン複合体の相互作用と挙動の評価因子としての拡散係数(Diffusion coefficient as an evaluation factor of interaction and behavior of the each chiral lipoic acid-cyclodexitrin inclusion complex) 国内会議

    Doe Matsumi, Nishikawa Keisuke, Tachi Yoshimitsu, Morimoto Yoshiki

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2015年05月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キラル性の各リポ酸を内包するシクロデキストリン複合体の相互作用と挙動の評価因子としての拡散係数(Diffusion coefficient as an evaluation factor of interaction and behavior of the each chiral lipoic acid-cyclodexitrin inclusion complex) 国内会議

    Doe Matsumi, Nishikawa Keisuke, Tachi Yoshimitsu, Morimoto Yoshiki

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2015年05月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キラル性の各リポ酸を内包するシクロデキストリン複合体の相互作用と挙動の評価因子としての拡散係数(Diffusion coefficient as an evaluation factor of interaction and behavior of the each chiral lipoic acid-cyclodexitrin inclusion complex) 国内会議

    Doe Matsumi, Nishikawa Keisuke, Tachi Yoshimitsu, Morimoto Yoshiki

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2015年05月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キラル性の各リポ酸を内包するシクロデキストリン複合体の相互作用と挙動の評価因子としての拡散係数(Diffusion coefficient as an evaluation factor of interaction and behavior of the each chiral lipoic acid-cyclodexitrin inclusion complex) 国内会議

    Doe Matsumi, Nishikawa Keisuke, Tachi Yoshimitsu, Morimoto Yoshiki

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2015年05月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 配位高分子を利用した非レアメタル系発光材料の開発 招待 国内会議

    舘 祥光

    第35回 光化学若手の会  2014年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 配位高分子を利用した非レアメタル系発光材料の開発 国内会議

    舘 祥光

    第35回 光化学若手の会  2014年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 配位高分子を利用した非レアメタル系発光材料の開発 招待 国内会議

    舘 祥光

    第35回 光化学若手の会  2014年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Architectures and Photoluminescent Property of Coordination Polymer Based on Tripodal Triethylbenzene Ligand System 招待 国際会議

    Yoshimitsu Tachi

    1st International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials (ICEAN)  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Architectures and Photoluminescent Property of Coordination Polymer Based on Tripodal Triethylbenzene Ligand System 国内会議

    Yoshimitsu Tachi

    1st International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials (ICEAN)  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Architectures and Photoluminescent Property of Coordination Polymer Based on Tripodal Triethylbenzene Ligand System 招待 国際会議

    Yoshimitsu Tachi

    1st International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials (ICEAN)  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

▼全件表示

産業財産権等

  • 熱耐性金属錯体発光体

    舘 祥光

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2014-056463 

    公開番号:特開2015-178563 

    公表番号:特開2015-178563 

    J-GLOBAL

  • 光電気化学セル及び光電気化学測定装置

    舘 祥光, 河井 昌裕

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2012-247596 

    公開番号:特開2014-095634 

    公表番号:特開2014-095634 

    特許番号/登録番号:特許第6137595号 

    J-GLOBAL

  • 光電気化学セル及び光電気化学測定装置

    舘 祥光, 河井 昌裕

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2012-247596 

    公開番号:特開2014-095634 

    公表番号:特開2014-095634 

    J-GLOBAL

  • 発光性金属錯体

    舘 祥光

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2012-159625 

    公開番号:特開2014-019664 

    公表番号:特開2014-019664 

    J-GLOBAL

  • 発光材料

    舘 祥光

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2012-159625 

    公開番号:特開2014-019664 

    公表番号:特開2014-019664 

    特許番号/登録番号:特許第5958903号 

    J-GLOBAL

  • 錯体

    舘 祥光, 小林 憲史, 東村 秀之

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2011-098931 

    公開番号:特開2012-229181 

    公表番号:特開2012-229181 

    特許番号/登録番号:特許第5327671 

    J-GLOBAL

  • 錯体

    舘 ▲祥▼光, 小林 憲史, 東村 秀之

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2011-098931 

    公開番号:特開2012-229181 

    公表番号:特開2012-229181 

    特許番号/登録番号:特許第5733663号 

    J-GLOBAL

  • 発光性遷移金属錯体

    舘 祥光

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2009-014911 

    公開番号:特開2010-174052 

    公表番号:特開2010-174052 

    特許番号/登録番号:特許第5327671号 

    J-GLOBAL

  • 発光性遷移金属錯体

    舘 祥光

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2009-014911 

    公開番号:特開2010-174052 

    公表番号:特開2010-174052 

    J-GLOBAL

  • イヌリン複合体及びその製造方法

    小倉 哲也, 小嶋 良種, ラミロ ゴンザレス, 舘 祥光, 吉川 豊, 梶原 苗美, 谷口 洋

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2007-232445 

    公開番号:特開2008-088168 

    公表番号:特開2008-088168 

    J-GLOBAL

  • ミネラル含有食品及びその製造方法

    小嶋 良種, 吉川 豊, 梶原 苗美, 小倉 哲也, 桜井 弘, 谷口 洋, 木下 勇, 渋江 麻友子, 舘 祥光, ラミロ ゴンザレス, 小島 明子, 湯浅 勲

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:JP2007050958 

    公開番号:WO2007-086362 

    公表番号:WO2007-086362 

    J-GLOBAL

  • 白色LED用金属錯体蛍光体

    槐原 隆義, 鈴木 智之, 宮崎 進, 伊東 忍, 舘 祥光

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2005-004959 

    公開番号:特開2006-193573 

    公表番号:特開2006-193573 

    J-GLOBAL

  • 金属錯体蛍光体

    伊東 忍, 舘 祥光, 槐原 隆義, 宮崎 進

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2004-067142 

    公開番号:特開2005-255773 

    公表番号:特開2005-255773 

    J-GLOBAL

▼全件表示

科研費

  • 新規発散型配位子による高次構造の精密制御と発光材料開発

    若手研究(B)  2005年

  • 銅タンパク質による分子状酸素の活性化機構の解明と応用

    基盤研究(B)  2005年

  • 新規有機補欠分子CTQ(システイン・トリプトファンキノン)の全合成と機能解明

    萌芽研究  2004年

  • 二核銅活性中心を有する銅タンパク質の機能解明と機能改変

    基盤研究(B)  2003年

  • 多核金属錯体による分子状酸素活性化とその精密制御

    若手研究(B)  2002年

  • アミノ酸側鎖の翻訳後化学修飾により誘起された新規な有機補欠分子の機能解明

    基盤研究(B)  2001年

  • 二核金属-活性酸素錯体の構造と反応性の精密制御

    特定領域研究  1999年

  • 抱接型ポリアザマクロサイクル二核金属錯体の合成と酸素活性

    特別研究員奨励費  1999年

▼全件表示

受託研究

  • LED 発光材料用金属錯体の発光効率向上

    2011年10月

  • LED普及による低炭素化に寄与する発光材料開発

    2011年10月

奨励寄附金・助成金

  • 非レアメタル系配位高分子高効率発光材料の 耐久性評価

    地方自治体  2015年04月

  • 耐久性に優れた非レアメタル系発光材料の高効率化と耐久性評価

    その他省庁等  2015年

  • デバイス化の基盤となる発光性銅錯体の薄膜化と電気化学及び発光特性評価に関する試験研究

    その他省庁等  2012年07月

  • 発光性金属錯体の簡易型デバイスへの応用

    (財)加藤科学振興会  2010年04月

その他補助金等

  • 高効率固体発光を実現する三脚型配位子系発光材料と発光 機構解明

    大学  2012年04月

学外での担当授業科目

  • インターネット講座 ー分子の世界を覗いてみようー

    機関名:大阪市立大学

  • 化学B

    機関名:和歌山県立医科大学

  • 化学B

    機関名:和歌山県立医科大学

  • インターネット講座 ー分子の世界を覗いてみようー

    機関名:大阪市立大学

社会貢献活動

  • 大阪市立大学 理科セミナー(SSH)

    役割:講師

    大阪市立大学・基礎教育実験棟  2013年 - 2019年

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:45(人)

  • 大阪市立大学 理科セミナー(SSH)

    役割:講師

    大阪市立大学・基礎教育実験棟  2013年 - 2019年

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

その他

  • 職務経歴

    2008年10月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学 理学研究科 講師(専任)

  • 職務経歴

    2007年04月 - 2008年10月

      詳細を見る

    大阪市立大学 理学研究科 助教

  • 職務経歴

    2001年04月 - 2007年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 理学研究科 助手