2023/10/27 更新

写真a

サエキ ダイスケ
佐伯 大輔
SAEKI Daisuke
担当
大学院文学研究科 人間行動学専攻 教授
文学部 人間行動学科
職名
教授
所属
文学研究院
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院文学研究科 人間行動学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 文学部 人間行動学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(文学)、修士(文学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 実験心理学  / 行動分析、学習心理学

研究キーワード

  • 選択行動、オペラント条件づけ

研究概要

  • 「今手に入る1万円」は「1カ月後に手に入る1万円」よりも好まれますが、これは、「1カ月」という待ち時間によって報酬の価値が低まったためと考えられます。これを遅延割引といいます。この遅延割引がどのように生じるのか、また、遅延割引はどのような要因によって影響を受けるのかを、学習心理学の観点から、ヒトや動物を対象に研究しています。

研究歴

  • 選択行動

    価値割引、遅延、確率  個人研究

    1997年04月 

所属学協会

  • 日本心理学会

    1996年04月 - 継続中   国内

  • 日本行動分析学会

    1995年04月 - 継続中   国内

  • 日本動物心理学会

    1995年04月 - 継続中   国内

  • 日本基礎心理学会

    1999年04月 - 継続中

  • 国際行動分析学会

    1997年04月 - 継続中   国外

  • 定量的行動分析学会

    1997年04月 - 継続中   国外

  • 行動数理研究会

    1996年04月 - 継続中   国内

  • 人間行動分析研究会

    1997年03月 - 継続中   国内

  • 日本自然災害学会

    2016年04月 - 継続中   国内

  • 地域安全学会

    2017年04月 - 継続中   国内

  • 日本小児精神神経学会

    2019年04月 - 継続中   国内

  • 日本行動科学学会

    2016年04月 - 継続中   国内

  • 関西心理学会

    2013年04月 - 継続中   国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 理事   日本行動分析学会  

    2019年06月 - 2023年06月 

  • 第34回年次大会委員長   日本行動分析学会  

    2016年09月 

  • 編集委員   日本行動分析学会  

    2009年 - 継続中 

受賞歴

  • 日本基礎心理学会優秀発表賞

    2002  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 2017年度大阪市立大学教員活動表彰(教育分野)

    2017年05月  

職務経歴(学外)

  • 日本学術振興会   特別研究員(DC2)

    2000年04月 - 2001年03月

  • 日本学術振興会   特別研究員(PD)

    2001年04月 - 2003年03月

学歴

  • 大阪市立大学   文学研究科   心理学   博士課程   単位取得満期退学

    - 2001年

  • 岡山大学   文学部   哲学科 心理学・社会心理学履修コース     卒業・修了

    - 1995年

論文

  • A self‐control choice paradigm including loss of rewards: Effects of amount of experience of larger‐later outcomes and social comparison information 査読

    64 ( 3 )   351 - 359   2021年01月( ISSN:0021-5368

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1111/jpr.12324

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/jpr.12324

  • ADHD児とASD児における遅延割引率の測定 査読

    池上 将永, 荒木 章子, 増山 裕太郎, 空間 美智子, 佐伯 大輔, 奥村 香澄, 高橋 雅治

    小児の精神と神経   60 ( 3 )   223 - 231   2020年10月( ISSN:0559-9040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    遅延時間に伴う報酬価値の割引を遅延割引と呼ぶ。遅延割引は即時小報酬への選好を予測することから、衝動性の指標とされている。本研究では、ADHD児およびASD児の衝動性を評価するために、児童用遅延割引質問紙を用いてADHD児とASD児の遅延割引率を測定した。また、得られた割引率の妥当性を確認するために、日常場面における自己制御質問紙と割引率の関連性を検討した。自己制御質問紙において即時小報酬を選択した参加児は遅延大報酬を選択した参加児よりも有意に高い割引率を示し、割引率の妥当性が確認された。ADHD群とASD群の割引率に有意な差はみられなかったが、定型発達児で報告されている値よりも大きいことから、ADHD児とASD児は衝動性が高い傾向があると考えられた。ADHD群において割引率は年齢と負の相関を示し、加齢とともに割引率が低下する可能性が示唆された。本研究の結果、ADHD児やASD児の衝動性を評価する際に、割引率が有用な指標となることが示唆された。(著者抄録)

  • セルフ・コントロール選択における全体的利得—局所的利得パラダイムの検討 査読

    片山 綾, 佐伯大輔

    人文研究   71   129 - 142   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Pigeons' choice between shared and unshared feeding sites in game situations. 査読

    Shoko Kitano, Tetsuo Yamaguchi, Daisuke Saeki, Masato Ito

    Mexican Journal of Behavior Analysis   45 ( 2 )   434 - 453   2019年12月( ISSN:0185-4534

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Cooperative behavior in nonhuman animals has been studied within the framework of game theory, typically by using the prisoner’s dilemma game. Previous studies on cooperation by pigeons using this game have revealed that, under these conditions, the animals did not learn the tit-for-tat strategy played by their opponents. In many cases, animals fail to choose cooperation and in so doing do not maximize their gains. The present experiment examined pigeons’ cooperative choices in the prisoner’s dilemma game situation by using a different type of apparatus than that used in previous studies: Subjects moved to choose one of two feeding sites, one of which was shared by another, stooge, pigeon whose choices were controlled by a computer and the other of which was not shared by other pigeons. In this choice situation, the presence of the stooge pigeon increased the subjects’ choices of the shared feeding site significantly. Further, the pigeons learned the other player’s choice strategy (tit-for-tat and random), showing that choice proportions for the shared feeding site were significantly higher in the tit-for-tat condition than in the random condition. These results suggest that the presence of a conspecific at the feeding site is a reinforcer for choosing it and that the choice situation constituted by the apparatus used in the present experiment could promote learning of the opponent’s choice strategy.

    DOI: 10.5514/rmac.v45.i2.75576

  • Discounting of shared rewards in pigeons 査読

    Mexican Journal of Behavior Analysis   45 ( 2 )   454 - 467   2019年12月( ISSN:01854534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.5514/RMAC.V45.I2.75577

  • 平常時の防災意識や防災対策が水害発生時の意思決定に与える影響 ―2017年台風21号の避難行動調査結果を事例として― 査読

    二宮 佳一, 生田 英輔, 佐伯 大輔

    地域安全学会論文集   35 ( 0 )   233 - 242   2019年11月( ISSN:13452088

     詳細を見る

    <p>People can often avoid flood damage in advance by implementation of measures, development of weather forecast and so on. But implementation rate of preparedness for disaster and evacuation is low. In this study, we took Typhoon Lan as a case, conducted a questionnaire survey on residents in Osaka City, Osaka Prefecture in order to investigate disaster consciousness and how did they act in the disaster."Based on the obtained data, we analyzed for the purpose of clarifying the factor affecting the behavior in flood disaster. As a result, it turned out that evacuation assumption and disaster consciousness affect decision-making att the time of disaster.</p>

    DOI: 10.11314/jisss.35.233

    CiNii Article

  • 社会的影響とルール支配行動――ルール呈示者数がルール性制御に及ぼす影響――

    中村 敏, 佐伯 大輔

    行動分析学研究   34 ( 1 )   20 - 33   2019年08月( ISSN:09138013

     詳細を見る

    <p><b>研究の目的</b> 本研究は、複数の他者からルールを呈示されることがルール性制御にどのような影響を及ぼすかを検討した。<b>研究計画</b> 3群の群間比較法。<b>場面</b> 参加者は個室で2成分の多元スケジュールに曝された後、大部屋で点数の獲得方法(ルール)を他の参加者(実際は協力者)と共有した。<b>参加者</b> 66名の大学生。<b>独立変数の操作</b> 共に実験に従事する他者の人数(参加者間)、および1強化あたりの反応数に依存する点数配分(参加者内)。<b>行動の指標</b> 2成分の多元スケジュール下の各成分に対する1強化あたりの反応数、およびルールの選択。<b>結果</b> ルール呈示者数とルール追従反応数の間には、有意な線形の関係がみられた。また、ルール呈示者2人群の自己ルールと反応は相関していなかった。<b>結論</b> 本研究の結果は、社会心理学の領域で指摘されている、影響源の数が増加することで社会的影響が強まるという知見と一致しており、ルール呈示者数が自他のルール性制御に影響を及ぼす可能性を示唆している。</p>

    DOI: 10.24456/jjba.34.1_20

    CiNii Article

  • ルール支配行動を制御する他者の役割:教示者、観察者、媒介者 査読

    中村敏・佐伯大輔

    人文研究(大阪市立大学大学院文学研究科紀要)   70   229 - 244   2019年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:単著  

  • 都市的環境と居住者の人生満足度―都市生活環境尺度に基づく検討― 査読

    宮崎弦太・佐伯大輔・矢田尚也・池上知子

    心理学研究   89 ( 1 )   50 - 60   2018年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 平成30年大阪北部を震源とする地震時の大学生の避難行動分析 査読

    生田 英輔, 三田村 宗樹, 重松 孝昌, 佐伯 大輔

    都市防災研究論文集   5   41 - 44   2018年

  • ハトにおける強化前遅延と強化後遅延が選択に及ぼす効果 査読

    畑 佑美, 佐伯 大輔

    日本動物心理学会 動物心理学研究   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>The present study examined effects of pre- and post-reinforcer delays on pigeons' choice using concurrent-chains schedules. Subjects were exposed to concurrent-chains schedules in which a single variable-interval 30-s schedule was arranged for the initial link, followed by different fixed-time schedules for pre- and post-reinforcer delays as the terminal links. The pre- and post-reinforcer delays were fixed at 2 s for one alternative and they were manipulated across conditions (2 s, 8 s, 20 s, or 40 s) for the other alternative. Based on the sensitivities estimated from the overall reinforcement density model, it is suggested that pigeons have higher sensitivity to the pre-reinforcer delay relative to the post-reinforcer delay. These results are consistent with those reported in a previous study using rats. Comparisons of choice proportion data from different post-reinforcer delays reveal that pigeons have sensitivity to post-reinforcer delay, although it is not high.</p>

    DOI: 10.2502/janip.68.1.6

    CiNii Article

  • 報酬の損失を考慮したセルフ・コントロール選択パラダイムの検討――セルフ・コントロール選択と遅延割引との関係および教示内容の効果―― 査読

    片山 綾, 佐伯 大輔

    一般社団法人 日本行動分析学会 行動分析学研究   33 ( 1 )   2 - 11   2018年( ISSN:0913-8013

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>研究の目的</b> 本研究では、これまでのセルフ・コントロール選択場面には組み込まれていない「損失」の随伴性を設定した新たなパラダイムを考案し、このパラダイムに基づいて測定したセルフ・コントロール選択と遅延割引との関係を調べることで、新たなパラダイムの妥当性を示すことを目的とした。また、先行研究でセルフ・コントロールに影響するとされる教示内容の効果についても検討した。<b>研究計画</b> 参加者間デザインを用いた。<b>場面</b> 新しいパラダイムに基づくセルフ・コントロール選択課題と遅延割引課題を実験室で実施した。<b>実験参加者</b> 大学生45名が実験に参加した。<b>独立変数の操作</b> セルフ・コントロール選択測定における教示内容と遅延割引測定における遅延時間と報酬量を操作した。<b>行動の指標</b> セルフ・コントロール選択率および曲線下面積(AUC)を指標とした。<b>結果</b> 教示内容が詳しい条件下でセルフ・コントロール選択率とAUCの間に有意な正の相関関係が見られた。また、教示内容の詳しい条件の方が、セルフ・コントロール選択率が高いことが示された。<b>結論</b> 教示内容の詳しい条件でセルフ・コントロール選択率とAUCの間に正の相関関係が見られたことから、新しいパラダイムは、実験参加者が随伴性についてのルールを理解した状況下で、セルフ・コントロールの個人差を測定可能である。さらに、教示内容の詳しい条件の方がセルフ・コントロール選択率が高いという事実は、先行研究の結果と整合的である。</p>

    DOI: 10.24456/jjba.33.1_2

    CiNii Article

  • 都市的環境と居住者の人生満足度 査読

    宮崎 弦太, 佐伯 大輔, 矢田 尚也, 池上 知子

    公益社団法人 日本心理学会 心理学研究   89 ( 1 )   50 - 60   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Previous findings regarding the effects of living in urban environments on residents' subjective well-being have been inconsistent. The present study developed a scale to measure the multifaceted nature of urban living environments and investigated the aspects of urban environments that enhance or reduce residents' life satisfaction. We conducted two online surveys in which adults living in urban or rural areas in Japan (1,000 participants for each survey) completed the Multifaceted Urban Living Environment Scale and the Life Satisfaction Scale. Results indicated that urban living environments are characterized by quality of facilities, life convenience, life unpleasantness, and easy accessibility to public transportation. Of importance, each of these aspects affected residents' life satisfaction differently. Specifically, the quality of facilities was positively associated with life satisfaction, whereas life convenience was negatively associated. However, life unpleasantness and easy accessibility to public transportation had no effect on life satisfaction. These results suggest that it is important to measure the multifaceted nature of urban living environments to gain a deeper understanding of the effects of urbanization on residents' subjective well-being.</p>

    DOI: 10.4992/jjpsy.89.16074

    CiNii Article

  • 上方比較経験と関係流動性が親密な二者関係における交換不安に及ぼす影響 査読

    宮崎弦太・矢田尚也・池上知子・佐伯大輔

    社会心理学研究   33 ( 2 )   61 - 72   2017年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 報酬共有場面における他者への信頼―他者の共有選択確率の効果― 査読

    片山 綾, 佐伯 大輔

    行動科学   55 ( 2 )   129 - 135   2017年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 上方比較経験と関係流動性が親密な二者関係における交換不安に及ぼす影響 査読

    宮崎 弦太, 矢田 尚也, 池上 知子, 佐伯 大輔

    日本社会心理学会 社会心理学研究   33 ( 2 )   61 - 72   2017年( ISSN:0916-1503

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>This study investigated the determinants of <i>exchange anxiety</i> in close relationships—generalized worries that one's partner will replace him/her with a more suitable person. We hypothesized that exchange anxiety would increase when individuals compare themselves with others who are more competent (experiencing upward social comparisons), especially in environments where they cannot easily find alternative relationships (environments with low relational mobility). By experimentally manipulating the type of social comparison, the results from Study 1 revealed that undergraduates (<i>n</i>=299) living in environments with low relational mobility felt stronger exchange anxiety when they experienced upward social comparison than downward social comparison. In Study 2, an online survey was conducted with a sample of adults living in either urban or rural areas (<i>n</i>=1000). The results showed that the frequency of upward social comparison was positively associated with exchange anxiety and that this tendency was moderated by the combined effect of relational mobility and trait self-esteem. These results suggest that the characteristics of one's interpersonal environments affect the impact of the perceived risk of being replaced on exchange anxiety in one's close relationships.</p>

    DOI: 10.14966/jssp.1621

    CiNii Article

  • 日常生活防災力の育成に向けたコミュニティ防災システムの社会実装に関する研究

    森 一彦, 三田村 宗樹, 重松 孝昌, 渡辺 一志, 佐伯 大輔, 生田 英輔

    都市防災研究論文集 = Annual journal of urban disaster reduction research   3   7 - 12   2016年11月( ISSN:2189-0536

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    CiNii Article

  • 成人を対象とした実験におけるオペランダム―タッチパネルとゲームパッドの比較―

    佐伯大輔

    行動分析学研究   31 ( 1 )   72 - 76   2016年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Sensitivity to pre- and post-reinforcer delays in self-control choice 査読

    山口哲生・佐伯大輔・伊藤正人

    Behavioural Processes   121   8 - 12   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • ハトの実験空間―個別実験から集団実験まで―

    佐伯大輔

    行動分析学研究   30 ( 1 )   51 - 55   2015年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 価値割引の観点から見た衝動性と利己性:ゲーム課題を用いた実験的研究 査読

    八木広大・伊藤正人・佐伯大輔

    人文研究   66   87 - 103   2015年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:単著  

  • 社会的場面における一般対応法則の適用:他個体と共有する餌場の選択行動の分析 査読

    北野翔子・伊藤正人・佐伯大輔・山口哲生

    人文研究   64   115 - 131   2013年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:単著  

  • Sharing, discounting, and selfishness:A Japanese-American comparison

    Masato ITO, Leonard GREEN

    The Psychological Record   60   59 - 76   2011年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Humans' temporal and probabilistic discounting derived from choice proportions in a choice situation 査読

    Daisuke SAEKI and Masato ITO

    61   62 - 80   2010年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 自閉症児のセルフコントロール訓練における選択手続きの検討 査読

    空間 美智子, 伊藤 正人, 佐伯 大輔, 嶋崎 まゆみ

    大阪市立大学大学院文学研究科・人文研究   61   162 - 171   2010年03月( ISSN:04913329

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   国際・国内誌:国内誌  

    CiNii Article

  • Local and overall reinforcement density as a determiner of self-control in preschool children : A preliminary analysis 査読

    伊藤 正人, 佐伯 大輔, 空間 美智子

    大阪市立大学大学院文学研究科・人文研究   60   94 - 109   2009年03月( ISSN:04913329

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   国際・国内誌:国内誌  

    CiNii Article

  • ハト集団における社会的順位の尺度化 査読

    山口 哲生, 伊藤 正人, 佐伯 大輔, 大西 佑佳

    日本動物心理学会 動物心理学研究   58 ( 2 )   133 - 138   2008年12月( ISSN:09168419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 遅延による価値割引の枠組みを用いた就学前児の自己制御に関する実験的検討 査読

    空間 美智子, 伊藤 正人, 佐伯 大輔

    一般社団法人 日本行動分析学会 行動分析学研究   20 ( 2 )   101 - 108   2007年04月( ISSN:09138013

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    研究の目的 : 就学前足の自己制御の発達について、遅延による価値割引の枠組みを用いて、定量的な分析を試みた。研究計画 : 被験児は、並立連鎖スケジュールにもとづく同時選択手続きにおいて、10秒の遅延後に12枚のアニメキャラクター画像が呈示される標準選択肢と、1秒の遅延後にX枚のアニメキャラクター画像が呈示される調整選択肢間の選択を行った。調整選択肢の強化量は1枚から開始し、調整量手続きにより試行毎に変化した。調整選択肢の強化量は、前試行で標準選択肢が選択された場合は1枚増加し、調整選択肢が選択された場合は1枚減少した。このような選択を20試行終了した時点でのXの値を10秒後の12枚と主観的に等価な1秒後の強化量(等価点)とした。場面 : 保育園の一室で行われた。被験児 : 4歳の保育園児9名(男児5名、女児4名)、6歳の保育園足10名(男児5名、女児5名)を対象とした。行動の指標 : 被験児の選択にもとづく等価点を行動の指標とした。結果 : 等価点は6歳児の方が4歳児よりも有意に高かった。結論 : 就学前児の自己制御の発達に関する研究において、価値割引の枠組みを用いた定量的な分析が可能であることを示唆している。

    DOI: 10.24456/jjba.20.2_101

    CiNii Article

  • 都市の放置自転車問題に対する心理学的アプローチ 査読

    佐伯大輔・伊藤正人

    大阪市立大学大学院文学研究科・都市文化研究   ( 4 )   44 - 45   2004年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 利己性と社会性から見た都市生活者の行動パターン:大阪と他都市の地域比較 査読

    伊藤正人・佐伯大輔

    大阪市立大学大学院文学研究科・都市文化研究   ( 4 )   98 - 105   2004年09月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 放置自転車問題に見る大阪人気質:都市生活者の行動パターンに関する地域比較研究 査読

    伊藤正人・佐伯大輔

    大阪市立大学大学院文学研究科・都市文化研究   ( 2 )   101 - 111   2003年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • The effect of reward amount on discounting of delayed rewards in rats 査読

    Daisuke Saeki, Tetsuo Yamaguchi, & Masato Ito

    21 ( 1 )   39 - 40   2002年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 強化量選択の行動経済学的研究:絶対強化量・体重レベル・経済環境の効果 査読

    伊藤正人・小林奈津子・佐伯大輔

    行動分析学研究   16 ( 2 )   122 - 140   2002年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 遅延報酬の価値割引と時間選好 査読

    佐伯大輔

    行動分析学研究   16 ( 2 )   154 - 169   2002年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 遅延・確率・共有による報酬の価値割引

    佐伯大輔

    行動科学   40 ( 2 )   29 - 38   2001年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • Choice between constant and variable alternatives by rats: Effects of different reinforcer amounts and energy budgets 査読

    Masato Ito, Daisuke Saeki, & Sachifu Takatsuru

    Journal of the Experimental Analysis of Behavior   73 ( 1 )   79 - 92   2000年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • ハトを用いた行動実験のための新しい視覚刺激呈示システム 査読

    伊藤正人・内田善久・佐伯大輔・北村憲司

    動物心理学研究   49 ( 2 )   181 - 187   1999年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • ゴールデンハムスターによる確率学習 査読

    佐伯大輔

    動物心理学研究   49 ( 1 )   41 - 47   1999年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • Visual BasicとPCカードを用いた行動実験制御システム 査読

    佐伯大輔・内田善久・伊藤正人

    行動分析学研究   13 ( 1 )   66 - 72   1999年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 不確実状況における意思決定を巡る「選択行動研究」と「認知的意思決定研究」の融合 査読 国際共著

    佐伯大輔・伊藤正人

    行動分析学研究   11 ( 1-2 )   56 - 70   1997年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

▼全件表示

書籍等出版物

  • ユーモア解体新書 : 笑いをめぐる人間学の試み

    佐金 武, 佐伯 大輔, 高梨 友宏

    清文堂出版  2020年  ( ISBN:9784792414788

     詳細を見る

  • はじめての行動分析学実験―Visual Basicでまなぶ実験プログラミング

    中鹿直樹, 桑原正修( 担当: 共著)

    (株)ナカニシヤ出版  2011年09月  ( ISBN:9784779505935

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 価値割引の心理学―動物行動から経済現象まで―

    -( 担当: 単著)

    (株)昭和堂  2011年02月  ( ISBN:9784812211014

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

MISC(その他記事)

  • Altruism, Selfishness, and Social Discounting in Elementary School Children 査読

    Sorama Michiko, Ito Masato, Saeki Daisuke

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51   79 - 79   2016年07月( ISSN:0020-7594

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • The Effect of Visibility of Other Player on Pigeon's Cooperative Choice in the Prisoner's Dilemma Game 査読

    Kitano Shoko, Ito Masato, Saeki Daisuke

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51   75 - 75   2016年07月( ISSN:0020-7594

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

  • The determinants of the relative strength of communal versus exchange norms in close relationships: Self-esteem and relational mobility 査読

    Miyazaki Genta, Saeki Daisuke, Ikegami Tomoko, Yada Naoya

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51   728 - 728   2016年07月( ISSN:0020-7594

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

  • Temporal discounting of hypothetical monetary rewards in humans: Comparison between laboratory experiment and questionnaire 査読

    Saeki Daisuke, Kohara Shuto, Ishikawa Aya

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51   78 - 78   2016年07月( ISSN:0020-7594

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

  • 遅延割引の基礎的事実

    井垣竹晴, 伊藤正人, 川越敏司, 坂上貴之, 嶋崎恒雄, 高橋雅治, 恒松伸, 広田すみれ, 増田真也, 森久美子, 山岸侯彦

    (株)朝倉書店   53 - 61   2009年11月( ISBN:9784254526813

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 割引検査の医療・教育への応用

    高橋 雅治, 伊藤 正人, 佐伯 大輔, 空間 美智子, 坂上 貴之

    公益社団法人 日本心理学会 日心大会論文集   71 ( 0 )   WS021 - WS021   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.4992/pacjpa.71.0_WS021

    CiNii Article

  • 経験による複合確率事象の推定:強化確率の効果

    福嶋 純一, 伊藤 正人, 佐伯 大輔

    公益社団法人 日本心理学会 日心大会論文集   71 ( 0 )   3PM069 - 3PM069   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.4992/pacjpa.71.0_3PM069

    CiNii Article

  • ハトにおける餌の共有と独占を巡る社会的相互作用の分析::ゲーム場面におけるコンピュータとの対戦

    佐伯 大輔, 伊藤 正人, 山口 哲生

    公益社団法人 日本心理学会 日心大会論文集   70 ( 0 )   2EV088 - 2EV088   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.4992/pacjpa.70.0_2EV088

    CiNii Article

  • 経験に基づく確率事象の推定::言語的表出と行動的表出の比較

    福嶋 純一, 伊藤 正人, 佐伯 大輔

    公益社団法人 日本心理学会 日心大会論文集   70 ( 0 )   2EV108 - 2EV108   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.4992/pacjpa.70.0_2EV108

    CiNii Article

  • 分割された遅延報酬の主観的価値:―数理モデルの検討-

    岡本 弘司, 伊藤 正人, 佐伯 大輔

    公益社団法人 日本心理学会 日心大会論文集   70 ( 0 )   3AM143 - 3AM143   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.4992/pacjpa.70.0_3AM143

    CiNii Article

  • 他者との共有による報酬の価値割引から見た日露ポーランド異文化比較研究

    伊藤 正人, 佐伯 大輔

    公益社団法人 日本心理学会 日心大会論文集   70 ( 0 )   2EV031 - 2EV031   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.4992/pacjpa.70.0_2EV031

    CiNii Article

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

科研費

  • 都市生活環境尺度による都市度の定量化に関する心理学的研究

    基盤研究(C)  2013年04月

  • 価値割引の心理学

    研究成果公開促進費  2010年04月

その他補助金等

  • 都市生活者の心理学的特性に関する実証的研究―都市生活環境尺度の開発―

    未設定  2012年04月

研究員受入実績

  • 2022年度  研究員数:3名

担当教育概要

  • 行動分析学の立場から、実験心理学や関連する領域について、講義・演習を担当している。

担当授業科目

  • 人間行動学データ解析法2a

    2023年度   週間授業  

  • 心理学研究演習Ⅱ

    2023年度   週間授業   大学

  • 学習・言語心理学特論

    2023年度   週間授業   大学

  • 発達心理学特論

    2023年度   週間授業   大学

  • コミュニティ防災

    2022年度   週間授業   大学

  • 心理学入門

    2022年度   週間授業   大学

  • 心理学総合研究演習1

    2022年度   週間授業   大学院

  • 心理学特殊問題研究A

    2022年度   週間授業   大学院

  • 心理学総合研究演習2

    2022年度   週間授業   大学院

  • 心理学特殊問題研究演習A

    2022年度   週間授業   大学院

  • 人間行動学概論A

    2022年度   週間授業   大学

  • 心理学研究演習Ⅰ

    2022年度   週間授業   大学

  • 心理学実験演習Ⅱ(心理学実験)

    2022年度   週間授業   大学

  • 心理学実験演習Ⅰ(心理学実験)

    2022年度   週間授業   大学

  • 卒業論文演習Ⅰ(心理学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 卒業論文(心理学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 心理学論文指導(長期履修生)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 卒業論文演習Ⅱ(心理学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 人間行動学データ解析法Ⅱa

    2022年度   週間授業   大学

  • 心理学研究演習Ⅱ

    2022年度   週間授業   大学

  • 学習・言語心理学特論

    2022年度   週間授業   大学

  • 発達心理学特論

    2022年度   週間授業   大学

  • 心理学論文指導

    2022年度   集中講義   大学院

  • 博士論文(心理学)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 修士論文(心理学)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 心理学特殊問題研究Ⅱ

    2017年度     大学院

  • 人間行動学データ解析法Ⅱa

    2017年度     大学

  • 心理学への招待

    2017年度     大学

  • 学習心理学特論

    2017年度     大学

  • 心理学特殊問題研究演習2

    2017年度     大学院

  • 心理学特殊問題研究Ⅱ

    2016年度     大学院

  • 発達心理学特論

    2016年度     大学

  • 人間行動学概論Ⅰ

    2016年度     大学

  • 人間行動学データ解析法Ⅱa

    2016年度     大学

  • 心理学への招待

    2016年度     大学

  • 心理学特殊問題研究演習2

    2016年度     大学院

  • 心理学特殊問題研究Ⅱ

    2015年度     大学院

  • 文学部基礎演習

    2015年度     大学

  • 人間行動学データ解析法Ⅱa

    2015年度     大学

  • 心理学への招待

    2015年度     大学

  • 学習心理学特論

    2015年度     大学

  • 心理学特殊問題研究演習2

    2015年度     大学院

  • 心理学特殊問題研究演習2

    2014年度     大学院

  • 心理学特殊問題研究Ⅱ

    2014年度     大学院

  • 文学部基礎演習

    2014年度     大学

  • 動物心理学特論

    2014年度     大学

  • 人間行動学データ解析法Ⅱa

    2014年度     大学

  • 心理学への招待

    2014年度     大学

  • 心理学特殊問題研究演習2

    2013年度     大学院

  • 心理学特殊問題研究Ⅱ

    2013年度     大学院

  • 認知心理学特論

    2013年度     大学

  • 人間行動学概論Ⅰ

    2013年度     大学

  • 人間行動学データ解析法Ⅱa

    2013年度     大学

  • 心理学への招待

    2013年度     大学

  • 心理学特殊問題研究演習2

    2012年度     大学院

  • 人間行動学データ解析法Ⅱa

    2012年度     大学

  • 心理学への招待

    2012年度     大学

  • 学習心理学特論

    2012年度     大学

  • 心理学への招待

    2011年度     大学

  • 人間行動学データ解析法Ⅱa

    2011年度     大学

  • 心理学実験演習Ⅲ

    2011年度     大学

  • 心理学実験演習Ⅳ

    2011年度     大学

  • 心理学特殊問題研究Ⅱ

    2011年度     大学院

  • 心理学特殊問題研究演習2

    2011年度     大学院

  • 心理学専門演習Ⅰ

    2011年度     大学

  • 人文学概論Ⅱ

    2011年度     大学

  • 心理学特殊問題研究演習2

    2010年度     大学院

  • 認知の仕組み

    2010年度     大学

  • 人間行動学データ解析法Ⅱa

    2010年度     大学

  • 動物心理学特論

    2010年度     大学

  • 心理学実験演習Ⅲ

    2010年度     大学

  • 心理学実験演習Ⅳ

    2010年度     大学

  • 心理学特殊問題研究Ⅱ

    2010年度     大学院

  • 人間行動学データ解析法Ⅱa

    2009年度     大学

  • 心理学への招待

    2009年度     大学

  • 人間行動学概論Ⅰ

    2009年度     大学

  • 認知心理学特論

    2009年度     大学

  • 心理学専門演習Ⅰ

    2009年度     大学

  • 心理学実験演習Ⅲ

    2009年度     大学

  • 心理学実験演習Ⅳ

    2009年度     大学

  • 心理学特殊問題研究Ⅱ

    2009年度     大学院

  • 心理学特殊問題研究演習2

    2009年度     大学院

▼全件表示

論文・研究指導集計

  • 2022年度

    卒業論文指導数:8名  卒業論文審査数:10件

    博士前期課程学生指導数:0名  博士後期課程学生指導数:3名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):3件

    博士論文審査数(主査):1件  博士論文審査数(副査):1件

社会貢献活動

  • 高校生による研究室訪問

    役割:講師

    2022年11月

     詳細を見る

    種別:出前授業

  • 小中高生向け教育活動

    2011年04月 - 2012年03月

     詳細を見る

    2011年10月3日に、大阪市立東高等学校にて、「心理学とはどういう学問か」という題目の講義を50分実施した。

  • その他活動

    2009年04月 - 2010年03月

     詳細を見る

    2009年8月21日に、大阪産業創造館にて、ナレッジセミナー「社長が社員を変えるための発想法”行動分析学”」という題目の講演を120分行った。

その他

  • 職務経歴

    2003年04月 - 2007年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院文学研究科 COE研究員