2023/03/20 更新

写真a

タキヤマ タケシ
瀧山 武
TAKIYAMA Takeshi
担当
大学院工学研究科 機械系専攻 准教授
工学部 機械工学科
職名
准教授
所属
工学研究院

担当・職階

  • 大学院工学研究科 機械系専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 機械工学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 工学博士 ( - )

研究分野

  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス  / 知能機械学・機械システム

  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム  / 知能機械学・機械システム

  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス  / 自動車の動力駆動系の最適化制御に関する研究

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 熱工学  / 内燃機関の制御

研究概要

  • 自動車の排出ガス浄化と燃料消費が最適になるような制御システムの構築や制御理論の適用方法などについて、実験とシミュレーションにより研究している

研究歴

  • 空燃比制御による排出ガス最適化制御

    ガソリン機関、空燃比、排ガス浄化  機関内共同研究

    1900年04月 

  • 機関・CVT統合制御による燃料消費率改善に関する研究

    ガソリン機関、無段変速機、燃料消費率  機関内共同研究

    1900年04月 

所属学協会

  • 日本機械学会

      国内

  • 自動車技術会(フェロー)

      国内

  • システム制御情報学会

      国内

  • 計測自動制御学会

      国内

  • ロボット学会

      国内

学歴

  • 大阪市立大学   工学研究科   機械工学   修士課程  

    - 1986年

  • 大阪市立大学   工学部   機械工学科    

    - 1984年

論文

  • バックステッピング法を用いた操舵制御による自動旋回走行の検討 査読

    瀧山 武,藤田 純一

    日本機械学会論文集   88 ( 915 )   1 - 13   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1299/transjsme.22-00074

  • リーン限界性能向上のための燃焼変動率の予測に関する基礎検討:-燃焼圧センサーを用いたIMEP 変動率の予測- 査読

    阿部 己和, 梶谷 満信, 瀧山 武

    公益社団法人 自動車技術会 自動車技術会論文集   52 ( 1 )   1 - 6   2021年01月( ISSN:0287-8321

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ガソリンエンジンの安定限界制御に関する研究の歴史は非常に長く、その多くは過去のサイクルの燃焼変動率を制御してきた。しかし、次サイクルの変動率を予測できれば、リーン限界を向上させることができると考える。そこで、本論文では燃焼圧センサーを用いたIMEP変動率の予測方法を提案する。

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.52.1

    CiNii Article

  • REAL-TIME TRAJECTORY PLANNING AND VEHICLE CONTROL FOR AUTOMATED TURNING TO THE SPECIFIED EXIT POINT 査読

    Takeshi TAKIYAMA, Junichi FUJITA

    Proceedings of the FISITA Web Congress 2020   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 任意の目標地点を通る車両旋回制御のためのクロソイド曲線を用いた旋回軌道実時間生成 査読

    瀧山 武, 藤田純一

    自動車技術会論文集   51 ( 6 )   1012 - 1018   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 障害物回避自動走行のためのクロソイド曲線を用いた目標軌道生成と車両制御 査読

    瀧山 武, 藤田 純一

    一般社団法人 日本機械学会 日本機械学会論文集   86 ( 883 )   2020年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    <p>In order to avoid an obstacle automatically for an automated vehicle, this paper investigated a method to generate a target trajectory using a clothoid curve and to control the vehicle. Although a mathematical constraints or a potential methods are often used to generate the target trajectory for an obstacle avoidance, it requires trial and error and experience, and it is also necessary to consider the vehicle's drivability. The clothoid curve is often used for a road curve design, therefore, the curve is considered to be suitable for the characteristics of a vehicle driving. Although a clothoid curve passing through a target point is necessary for obstacle avoidance, such clothoid curve is often obtained by trial and error. Therefore, the numerical analyses were executed to obtain the characteristics of the clothoid curve, then, the method was investigated to generate the clothoid curve to pass through the target point. Furthermore, a method to generate a target avoidance trajectory was also investigated expanding the generated clothoid curve based on the traveling characteristics of a vehicle. For driving on the target trajectory satisfactory, both the position and turning angle of the vehicle are controlled by means of a steering manuplation. The controller was constructed using a 1-input 2-output system, therefore, it is very difficult to satisfy both value at the same time. Furthermore, it is also necessary to consider a nonholonomic characteristics of the vehicle. From these point, this paper investigated the optimal control using nonlinear least square probrem sequential quadratic programming(NLSSQP) by means of the time behaviour of input and output in the evaluation value. Well expected results are obtained and shown in the simulation and the experiment.</p>

    DOI: 10.1299/transjsme.19-00174

    CiNii Article

  • フィードフォワード制御系の適応化による過渡時エンジン回転速度制御の精度向上の検討 査読

    瀧山 武

    公益社団法人 自動車技術会 自動車技術会論文集   50 ( 3 )   963 - 969   2019年( ISSN:0287-8321

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    内燃機関のさらなる高効率化のために、過渡運転状態での使用頻度が多い自動車用ガソリン機関を、パラメータ変化しても精度良く制御することが望まれる。そこで速応性の優れたフィードフォワード制御系において、非線形計画法をオンライン実施して適応化を行い、過渡時のエンジン回転速度制御の精度向上を検討した。

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.50.963

    CiNii Article

  • PI and Adaptive Model Matching Control System that Satisfies the Setting Settling Time application to engine speed control 査読

    Takeshi Takiyama, Tatsuya Yoshikawa, Jinto Noh, Yuzo Ohta

    Elsevier B.V. IFAC-PapersOnLine   51 ( 4 )   394 - 399   2018年01月( ISSN:2405-8963

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A new design method that satisfies the setting settling time with small maximum overshoot in a servo controller was developed using a PI controller and an internal feedback system. The internal feedback system consists of the model parameter of the controlled object that was approximated as a second-order lag-time system. Therefore, an adaptive ability that counteracts the changing model parameters was required. In this paper, the variable parameters of the controlled object were obtained by on-line execution of a non-linear least-squares method. Suitable adaptation by the developed method was confirmed in simulation and experimental tests.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2018.06.126

  • 整定時間指定サーボ系設計手法を用いたガソリン機関回転速度制御系の適応化の検討 査読

    瀧山 武, 吉川 達哉, 野 仁人, 太田 有三

    一般社団法人 日本機械学会 日本機械学会論文集   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>In order to satisfy the setting settling time and overshoot, a new design method of controller was developed using a model parameter which was approximated as a second-order lag-time system. Then, an effectiveness was experimentally demonstrated as an engine speed controller. In order to operate wide conditions, however, an adaptive ability was required for parameter change. This paper investigated regarding an on-line execution of non-linear least square problem to obtain the changed controlled plant model parameter. A simulation study were carried out and a suitable adaption were experimentally demonstrated.</p>

    DOI: 10.1299/transjsme.17-00562

    CiNii Article

  • PI and Adaptive Model Matching Control System that Satisfies the Setting Settling Time, application to engine speed control 査読

    Takeshi Takiyama, Tatsuya Yoshikawa, Jinto Noh, Yuzo Ohta

    IFAC Papers OnLine, 3rd IFAC Conference on Advances in Proportional-Integral-Derivative Control PID 2018   51 ( 4 )   394 - 399   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 過渡時空燃比制御におけるモデル予測制御の適用の検討 査読

    瀧山 武, 東野 充宏

    公益社団法人 自動車技術会 自動車技術会論文集   48 ( 3 )   757 - 762   2017年( ISSN:0287-8321

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ガソリン機関の燃費向上のために,EGR利用や,頻繁なエンジンの停止起動などが増加している.そのような場合においても排出ガス浄化効率最適化のためには空燃比の精密な制御が必要である.近年様々な制御対象に対して適用されているモデル予測制御を過渡時空燃比制御に適用するための検討を行い実験により検証した.

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.48.757

    CiNii Article

  • 過渡時空燃比制御におけるモデル予測制御のオンライン適応化の検討 査読

    瀧山 武, 東野 充宏

    公益社団法人 自動車技術会 自動車技術会論文集   48 ( 2 )   569 - 574   2017年( ISSN:0287-8321

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    モデル予測制御において,制御対象を線形モデル化して設計した場合,モデルパラメータが設計時から変化すると制御性能は悪化するが,モデルパラメータが制御対象と一致していれば,常に最適制御が可能である.そこで,MPCを用いた過渡時空燃比制御において遺伝的アルゴリズムを用いたオンライン適応化について検討した.

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.48.569

    CiNii Article

  • 整定時間指定サーボ系設計手法の ガソリン機関回転速度制御系への適用の検討 査読

    瀧山 武, 太田 有三

    公益社団法人 自動車技術会 自動車技術会論文集   47 ( 5 )   1177 - 1183   2016年( ISSN:0287-8321

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    著者らは,所望する時間応答の整定時間とオーバーシュート量を指定するだけで構成できる,簡便な閉ループサーボ系設計手法を提案してきた.本報告はこの設計手法をガソリン機関の点火時期~回転速度制御系へ適用するための検討を行い,実験において検証を行った.

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.47.1177

    CiNii Article

  • 内部EGR使用時における過渡時空燃比制御のロバスト性検討 査読

    瀧山 武

    公益社団法人 自動車技術会 自動車技術会論文集   46 ( 3 )   705 - 711   2015年( ISSN:0287-8321

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    ガソリン機関の燃費改善の目的でEGRが用いられることが近年多い。どのようなEGR条件においても理論空燃比近傍に制御するためにはロバストな制御系が必要不可欠である。そこで,吸気弁開時期変化による内部EGR使用時において,適応FF+FB制御機構を用いて様々な運転状態における過渡時空燃比制御のロバスト性を検討した。

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.46.705

    CiNii Article

  • Investigation on the Highly Precise Air Fuel Ratio Adaptive Control in Transient States under Changes in the Intake Valve Opening Timing 査読

    Takeshi TAKIYAMA

    SAE Paper   2014-01-1162   2014年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 整定時間を指定するサーボ系設計 査読

    太田 有三, 瀧山 武, 増淵 泉

    一般社団法人 システム制御情報学会 システム制御情報学会論文誌   27 ( 1 )   1 - 7   2014年( ISSN:1342-5668

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper, we treat 2 dimensional systems or systems which can be approximated as 2 dimensional systems. We will propose a PI control scheme of a servo system design that gives the shortest M% settling time and satisfies a percent overshoot requirement for an assigned M. The usefulness of the proposing method is demonstrated through examples.

    DOI: 10.5687/iscie.27.1

    CiNii Article

  • 過渡時空燃比制御におけるバックステッピング法と適応FF機構の適用の検討 査読

    瀧山 武

    The Japan Society of Mechanical Engineers 日本機械学会論文集   80 ( 813 )   DR0124 - DR0124   2014年( ISSN:2187-9761

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Recently, in order to improve the fuel consumption of a gasoline engine, a condition of mixed intake gas was varied to improve combustion efficiency. Besides, a transient state was increased in the test-mode of regulation. In order to purify the exhaust gas efficiently with a three-way catalyst, the AFR should be controlled within the window around a stoichiometric ratio. Therefore, a precise control system was required to control AFR to the target value under any intake gas condition. For a fast-response and highly robust control system, both a feed-forward(FF) controller and a feed back(FB) controller were required. And those controller were desirable to equip with a robustness or an adaptability. From this point of view, in order to add an adaptability to the model based FF controller, the error value was used to adjust the compensation value. And the feedback controller was designed using the backstepping method that was well known as a nonlinear adaptive controller. And both controller was operated as if those were fused in one-controller, then, a precise AFR control results were obtained. Then, Two sets of parameters in each controller were provided and an investigation was carried out as to which combination is superior for robustness regarding several initial starting engine speeds.

    DOI: 10.1299/transjsme.2014dr0124

    CiNii Article

  • 適応PID制御と適応FF機構が融合した過渡時空燃比制御のロバスト性検討 査読

    瀧山 武

    Society of Automotive Engineers of Japan 自動車技術会論文集   43 ( 2 )   331 - 336   2012年( ISSN:0287-8321

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    燃費低減と排出ガス浄化のために吸排気バルブ駆動などガソリン機関運転パラメータの可変化が進み、過渡時空燃比制御の高精度化がますます必要である。適応制御を組み合わせることにより高精度でロバストな過渡時空燃比制御ができたことを示す。

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.43.331

    CiNii Article

  • 適応PID制御と適応FF機構が融合した過渡時空燃比制御の検討 査読

    瀧山 武

    The Japan Society of Mechanical Engineers 日本機械学会論文集 C編   78 ( 790 )   2084 - 2096   2012年( ISSN:0387-5024

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    The regulation about emission purification and fuel consumption of an automobile becomes increasingly strict for environmental issue. Especially, the performance while transient state is focused on because transient state was increased in the new JC08 emission test-mode. Emission purification of the gasoline engine is attained both using a three way catalyst and controlling air fuel ratio(AFR) by means of an oxygen sensor while steady state. However, while transient state, AFR is deteriorated because of non-linear character such as a fuel wall-wet flow balance, allowance of each engine, aging and ambient of operation. Therefore, highly performed controller is necessary for AFR control at transient state. Both a feedforward and a feedback control were required to obtain such performance. However, each control system was designed independently. Therefore harmonizing both control system is desired when those were performed at a same time. In this paper, adaptive gain system was respectively equipped to the feedforward system and the feedback control. After some time repeat of a regulate control, those control system were fused and performed as a feedforward controller with a small feedback compensation. Then, the experiment were also carried out at different operating condition. The results showed a good regulating performance as a transient state regulator.

    DOI: 10.1299/kikaic.78.2084

    CiNii Article

  • 過渡時空燃比制御における単純適応制御の適用の検討 査読

    瀧山 武

    The Japan Society of Mechanical Engineers 日本機械学会論文集 C編   77 ( 779 )   2673 - 2683   2011年( ISSN:0387-5024

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    The regulation about emission purification and fuel consumption of an automobile becomes increasingly strict for environmental issue. Especially, the performance while transient state is focused on because transient state was increased in the new JC08 emission test-mode. Emission purification of the gasoline engine is attained both using a three way catalyst and controlling air fuel ratio(AFR) by means of an oxygen sensor while steady state. However, while transient state, AFR is deteriorated because of non-linear character such as a fuel wall-wet flow balance, allowance of each engine, aging and ambient of operation. Therefore, highly performed controller is necessary for AFR control at transient state. In this paper, an application of simple adaptive control(SAC) is investigated for AFR regulate control to compensate a disturbance affection at transient state. SAC has two degrees freedom system that was consist of both a feed forward tracker and a feedback stabilizer. Then, SAC control the time response of a plant to agree with that of a reference model. However, there were few report that SAC was applied as a regulator to overcome a disturbance. This paper investigated the control system to apply SAC for AFR regulate control at transient state. Then, the experiment were carried out at different operating condition, and the results showed a good regulating performance as a transient state regulator.

    DOI: 10.1299/kikaic.77.2673

    CiNii Article

  • 単純適応制御を用いた過渡時空燃比制御のロバスト性検討 査読

    瀧山 武

    公益社団法人 自動車技術会 自動車技術会論文集   42 ( 5 )   1073 - 1078   2011年( ISSN:0287-8321

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    燃費低減と排出ガス浄化のために吸排気バルブ駆動などガソリン機関運転パラメータの可変化が進み、過渡時空燃比制御の高精度化がますます必要である。モデル適応制御の一つである単純適応制御をレギュレータである過渡時空燃比制御に用い、高精度に空燃比制御ができたことを示す。

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.42.1073

    CiNii Article

  • 三元触媒出口酸素センサを用いた空燃比制御システム : GAを用いたオンライン適応化 査読

    瀧山 武, 桐村 明寛

    自動車技術会論文集 = Transactions of Society of Automotive Engneers of Japan   37 ( 2 )   25 - 30   2006年03月( ISSN:02878321

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 三元触媒出口酸素センサを用いた空燃比制御システム 査読

    瀧山 武, 桐村 明寛

    一般社団法人日本機械学会 日本機械学會論文集. B編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. B   72 ( 714 )   550 - 555   2006年02月( ISSN:03875016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The utilisation of the oxygen storage capacity of TWC is recently focused on for the improvement of emission purification and the purification of an engine exhaust gas is achieved fairly high level. However, the control system is seemed to be complicated to use such ability. For the simple utilisation of this ability, a new air fuel ratio control system and algorithm was investigated. The fuel injection mass was modulated periodically and the air excess ratio was detected at the TWC outlet by an oxygen sensor. As the output signal of an oxygen sensor was switching type, the signal value was filtered by a moving average method for translation to an analog value and the moving average value was used for the periodic modulation control as the control value. Furthermore, the two feed forward control system were equipped for fast response and stability of the fuel control. This simple control system was operated at transient state in many driving conditions, and compared with other control systems. The proposed control system can cut the emissions of NO_x and THC concurrently and the reduced amount were larger than other control system.

    CiNii Article

  • Investigation About Optimisation of Fuel Consumption and Exhaust Emission Using Engine-CVT-AFR Consolidated Control

    Takeshi TAKIYAMA

    CVT-2002 Congress, VDI-Berichte   435--449   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 機関・CVT・A/F統合制御へのモデル追従制御の適用に関する検討 査読

    奥田 晃弘, 瀧山 武, 脇坂 知行

    日本機械学会論文集(B編)   68 ( 665 )   284 - 289   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 周期変調を用いた過渡運転時空燃比制御 査読

    瀧山 武,塩見 英介, 守田 栄之

    日本機械学会論文集(B編)   67 ( 656 )   1086 - 1092   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • DBWによるAT車の発進時燃費の改善 査読

    谷 英明, 守田 栄之, 瀧山 武, 高田 洋吾

    日本機械学会論文集(B編)   67 ( 658 )   1591 - 1597   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Air-fuel ratio control system using pulse width and amplitude modulation at transient state 査読

    Takeshi TAKIYAMA, Eisuke SHIOMI, Shigeyuki MORITA

    JSAE Review   22   537 - 544   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 機関・CVT・A/F統合制御における非干渉制御理論の適用の検討 査読

    瀧山 武

    日本機械学会論文集(B編)   67 ( 658 )   1598 - 1604   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Engine-CVT-A/F consolidated control using decoupling control theory 査読

    Takeshi TAKIYAMA

    JSAE Review   22 ( 1 )   9 - 14   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 機関・CVT統合制御における過渡時空燃比制御の検討 査読

    瀧山 武

    日本機械学会論文集(B編)   66 ( 648 )   2235 - 2240   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • スライディングモード制御を用いた機関・CVT統合制御 査読

    瀧山 武

    日本機械学会論文集(C編)   66 ( 643 )   134 - 139   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Engine-CVT Consolidated Control for Variable A/F 査読

    Takeshi TAKIYAMA

    Proc. of Int. Congress on CVT"99   36   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Engine-CVT Consolidated Control using LQI Control Theory 査読

    Takeshi TAKIYAMA, Shigeyuki MORITA

    JSAE Review   20 ( 2 )   251   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 自動車用ガソリンエンジンのISCフィードフォワード制御--ニューラルネットワークを用いた適応化-- 査読

    衣川 成也, 守田 栄之, 瀧山 武

    自動車技術会論文集   29 ( 4 )   11 - 16   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Transient exhaust gas improvement by adaptive neural network 査読

    Satoshi TAKAGI, Takeshi SAKAMAKI, Shigeyuki MORITA, Takeshi TAKIYAMA, Masuo TAKIGAWA

    JSAE Review   19 ( 1 )   15   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 自動車のアクセル感度の任意設定(車重と道路勾配の変化の補償) 査読

    衣川 正芳, 守田 栄之, 瀧山 武, 高田 洋吾, 楊 慧

    日本機械学会論文集(B編)   64 ( 628 )   4267   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Automobile Simulation Model and Its Identitication 査読

    Shigeyuki MORITA, Hiroshi SUZUKI, Yuzuru MATSUURA, Takeshi TAKIYAMA, Yogo TAKADA, Hideaki KATASHIBA

    Proc. of IASTED, AMS"98   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Simulation Study of Engine and CVT Control using Sliding Mode Control Theory 査読

    Takeshi TAKIYAMA

    Proc. of IASTED, AMS"98   215   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 適応型ニューラルネットワークを用いた過渡時排気ガス改善 査読

    高木 聡, 酒巻 武史, 守田 栄之, 瀧山 武, 瀧川 益生

    自動車技術会論文集   28 ( 4 )   29   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Analysis of Improvement of Fuel Consumption by Engine-CVT Consoliclated Control 査読

    Takeshi TAKIYAMA, Shigeyuki MORITA

    Proc. Advanced Vehicle Control"96   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 機関・CVT総合制御による燃費最適化とアクセル感度の同時制御 査読

    瀧山武, 守田栄之

    日本機械学会論文集(B編)   62 ( 593 )   386   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Analysis of the Accerelation of Engine-CVT Consolidated Control 査読

    Takeshi TAKIYAMA, Masayoshi KINUGAWA, Shigeyuki MORITA

    Proc. IASTED MSO"96   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Investigation of Acceleratur Pedal Sensivitivity by DBW 査読

    Yogo TAKADA, Shigeyuki MORITA, Takeshi TAKIYAMA

    Proc. of IASTED MSO"96   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Control of Robot Arms using Neural Networks 査読

    Shigeyuki MORITA, Fumihiko SHINODA, Takeshi TAKIYAMA

    Proc.of IASTED ACR"96   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • ドライブバイワイヤによる任意アクセルペダル感度の実現 査読

    守田栄之, 高田洋吾, 瀧山武

    自動車技術会論文集   26 ( 4 )   130 - 135   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 機関・CVT総合制御の実験的解析 査読

    瀧山武, 守田栄之

    自動車技術会論文集   26 ( 4 )   157   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Application of Fuzzy Control to Internal Combustion Engines 査読

    Hisashi MATSUMOTO,Shigeyuki MORITA

    JSME Int. Jour(Ser.B)   37 ( 1 )   159 - 164   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • アダプティブトラクションコントロール 査読

    中谷文彦, 守田栄之, 瀧山武

    日本機械学会論文集(C編)   60 ( 580 )   4190   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 内燃機関の制御における非線形対応についての検討 査読

    瀧山武, 守田栄之

    日本機械学会論文集(C編)   60 ( 572 )   1303   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 機関・CVT統合制御における制御アルゴリズムの検討 査読

    瀧山武, 守田栄之

    日本機械学会論文集(B編)   59 ( 567 )   3679   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ファジイ制御の内燃機関への適用 査読

    松本久 ,守田栄之, 瀧山武

    日本機械学会論文集   58 ( 545 )   276 - 280   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 機関・CVT統合制御におけるCVTの要求性能について 査読

    瀧山武, 守田栄之

    日本機械学会論文集(B編)   58 ( 555 )   3495   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 機関CVT統合制御における燃料消費率改善に関する比較検討 査読

    瀧山武, 守田栄之

    日本機械学会論文集   58 ( 547 )   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Exact Model Matching制御による機関AT負荷系の加速性改善 査読

    山本和久, 守田栄之, 瀧山武

    日本機械学会論文集   57 ( 538 )   1866 - 1869   1991年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 希薄燃焼の空燃比制御 査読

    守田栄之, 瀧山武

    日本機械学会論文集   52 ( 484 )   4075 - 4078   1986年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • LQ制御理論の内燃機関への適用(第2報,図示仕事補償装置への応用) 査読

    守田栄之, 瀧山武

    日本機械学会論文集   52 ( 481 )   3396 - 3400   1986年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • OHM 大学テキスト 制御工学

    太田有三(編著)小西啓治,安田寿彦,増淵泉,澤田祐一( 担当: 共著)

    オーム社  2012年11月  ( ISBN:9784274212888

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 自動車触媒の最新技術および劣化対策と貴金属低減

    村木秀昭他23名

    情報機構  2010年12月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

MISC(その他記事)

  • メカトロニクスの制御設計(PIDからロバスト制御) 招待

    瀧山武

    日本マリンエンジニアリング学会メカトロニクス研究小委員会   2005年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

講演・口頭発表等

  • クロソイド曲線と非線形計画法を用いた障害物回避軌道生成と車両制御 国内会議

    藤田 純一, 瀧山 武

    第61回自動制御連合講演会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フィードフォワード制御の適応化による過渡時エンジン回転速度制御の精度向上の検討 国内会議

    瀧山武

    自動車技術会秋季大会  2018年10月 

  • PI and Adaptive Model Matching Control System that Satisfies the Setting Settling Time, application to engine speed control 国際会議

    Takeshi Takiyama, Tatsuya Yoshikawa, Jinto Noh, Yuzo Ohta

    IFAC Papers OnLine, 3rd IFAC Conference on Advances in Proportional-Integral-Derivative Control PID 2018  2018年05月 

  • 整定時間指定サーボ系設計手法を用いたガソリン機関回転速度制御系の適応化の検討 国内会議

    瀧山 武, 吉川 達哉, 野 仁人, 太田 有三

    自動制御連合講演会 自動制御連合講演会講演論文集  2017年11月 

  • 過渡時空燃比制御におけるモデル予測制御のオンライン適応化の検討 国内会議

    瀧山武、東野充宏

    自動車技術会2016年秋季大会学術講演会  2016年10月 

  • モデル予測制御を用いた自律走行車の障害物回避における回避領域設定の実験的検討 国内会議

    奥裕作、瀧山武

    自動車技術会2016年秋季大会学術講演会  2016年10月 

  • 過渡時空燃比制御におけるモデル予測制御の適用の検討 国内会議

    瀧山武、東野充宏

    自動車技術会2016年春季大会学術講演会  2016年05月 

  • 整定時間指定サーボ系設計手法の回転速度制御系への適用の検討 国内会議

    瀧山武、太田有三

    自動車技術会秋季大会  2015年10月 

  • Investigation on the Highly Precise Air Fuel Ratio Adaptive Control in Transient States under Changes in the Intake Valve Opening Timing 国際会議

    Takeshi TAKIYAMA

    SAE2014国際会議  2014年04月 

  • 過渡時空燃比制御におけるパックステッピング法と適応FF機構の適用の検討 国内会議

    瀧山武

    第56回自動制御連合講演会  2013年11月 

  • 適応PID制御と適応FF機構が融合した過渡時空燃比制御のロバスト性検討 国内会議

    瀧山武

    自動車技術会秋季大会学術講演会  2011年10月 

  • 画像情報を用いた走行可能領域検出と自動走行 国内会議

    中島正陽、瀧山武

    第29回日本ロボット学会学術講演会  2011年09月 

  • 単純適応制御を用いた過渡時空燃比制御のロバスト性検討 国内会議

    瀧山武

    自動車技術会春季大会学術講演会  2011年05月 

  • 長車間距離における画像情報を用いた車両追従制御 国内会議

    掛井亮快,瀧山武

    第28回日本ロボット学会学術講演会  2010年09月 

  • 多数注視点を用いた車線追従車両運動制御 国内会議

    大皿達郎、瀧山武

    第25回日本ロボット学会学術講演会  2007年09月 

  • 313 触媒後EGOセンサを用いた過渡時排ガス浄化制御アルゴリズム(OS-1 排気DPF,排気触媒,研究発表講演) 国内会議

    桐村 明寛, 瀧山 武, 北野 泰司

    一般社団法人日本機械学会 関西支部講演会講演論文集  2005年03月 

  • 314 三元触媒反応モデルに基づいた過渡運転時における制御系の設計についての検討(OS-1 排気DPF,排気触媒,研究発表講演) 国内会議

    北野 泰司, 瀧山 武

    一般社団法人日本機械学会 関西支部講演会講演論文集  2005年03月 

▼全件表示

担当授業科目

  • 制御工学I

    2017年度     大学

  • 動力システム工学特論

    2017年度     大学院

  • 機械工学演習B

    2017年度     大学

  • 数値計算法

    2017年度     大学

  • 機械設計製作実習

    2017年度     大学

  • エンジニアリングデザイン

    2017年度     大学

  • 前期特別研究

    2017年度     大学院

  • 特別演習

    2017年度     大学院

▼全件表示