2024/05/21 更新

写真a

ヤマザキ タカノリ
山崎 貴紀
YAMAZAKI Takanori
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2024年04月 - 継続中

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 2024年03月

  • 医学部 医学科 

    准教授  2024年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 2024年03月

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

研究キーワード

  • 循環器

  • 虚血性心疾患

  • 末梢動脈疾患

  • 心不全

  • 血管内視鏡

  • 血管内イメージング

  • 光干渉断層像

  • 高血圧

研究概要

  • 動脈硬化の病態解析

研究歴

  • 血管内視鏡を用いた病変観察と分子マーカーの測定による、担癌患者の動脈血栓症発症予測因子の探索

    血管内視鏡  個人研究

    2019年04月 - 2021年03月 

  • 大豆イソフラボンによるい血管周囲脂肪組織におけるGPR120の役割

    血管周囲脂肪組織  個人研究

    2013年04月 - 2014年03月 

所属学協会

  • 日本心臓病学会

    2021年08月 - 継続中

  • 日本フットケア・足病医学会

      国内

  • 日本静脈学会

      国内

  • 日本内科学会

      国内

  • 日本循環器学会

      国内

  • 日本心血管インターベンション治療学会

      国内

  • 日本静脈学会

  • 日本フットケア・足病医学会

  • JET

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 近畿支部運営委員   日本心血管インターベンション治療学会  

    2023年02月 - 継続中 

  • 近畿支部評議員   日本循環器学会  

    2021年07月 - 継続中 

  • 近畿支部評議員   日本内科学会  

    2021年06月 - 継続中 

  • Faculty   TransーCatheter Imaging Forum  

    2020年05月 - 継続中 

受賞歴

  • 2022年JVIR編集者選出臨床研究論文優秀賞

    Takanori Yamazaki

    2023年03月  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  • 会長賞

    山崎 貴紀

    2014年03月   大阪市医学会   トルバプタンはラットにおける心筋梗塞後の左室機能障害を改善させる

職務経歴(学外)

  • NPO法人日本血管映像化研究機構   監事

    2023年08月 - 継続中

  • 大阪公立大学   大学院医学研究科 循環器内科

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪市立大学大学院医学研究科   循環器内科

    2020年04月 - 2022年03月

  • 大阪市立大学大学院医学研究科   循環器内科

    2019年04月 - 2020年03月

  • 大阪市立大学大学院医学研究科   循環器内科   病院講師

    2017年04月 - 2019年03月

  • 公益財団法人 浅香山病院   循環器内科   医員

    2014年04月 - 2017年03月

  • 公益財団法人 浅香山病院   循環器内科

    2014年04月 - 2017年03月

  • 大阪市立大学大学院医学研究科   循環器内科   後期研究医

    2012年04月 - 2014年03月

  • 大阪市立大学大学院医学研究科   循環器内科   大学院生

    2008年04月 - 2012年03月

  • 財団法人 浅香山病院   循環器内科   医員

    2007年04月 - 2008年03月

  • 公益財団法人 浅香山病院   内科

    2007年04月 - 2008年03月

  • 公益財団法人 浅香山病院   初期臨床研修医

    2005年04月 - 2007年03月

▼全件表示

学歴

  • 大阪市立大学大学院医学研究科   -   博士課程   卒業・修了

    2008年04月 - 2012年03月

  • 大阪市立大学   医学部     卒業・修了

    1999年04月 - 2005年03月

論文

  • Utility and optimal dose of nicorandil for physiological assessment of the femoropopliteal artery. 査読

    Yoshioka N, Shimada T, Iwasaki Y, Yoshida H, Otsuka K, Yamazaki T, Morita Y, Nakamura S, Fukuda D, Morishima I

    Catheterization and cardiovascular interventions : official journal of the Society for Cardiac Angiography & Interventions   2024年02月( ISSN:1522-1946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ccd.30976

    PubMed

  • Plaque Morphological Changes in Femoropopliteal Arterial Lesions Caused by Balloon Angioplasty: Analysis Through Integrated Backscatter Intravascular Ultrasound. 査読

    Hayashi O, Shimada T, Fujisawa N, Yamazaki T, Izumiya Y, Fukuda D

    European journal of vascular and endovascular surgery : the official journal of the European Society for Vascular Surgery   2024年02月( ISSN:1078-5884

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejvs.2024.02.003

    PubMed

  • Tissue responses to everolimus-eluting stents implanted in severely calcified lesions following atherectomy. 査読

    Yamaguchi T, Yamazaki T, Yoshida H, Matsumoto K, Yahiro R, Nakao K, Kure Y, Okai T, Shimada T, Otsuka K, Izumiya Y, Fukuda D

    Cardiovascular intervention and therapeutics   39 ( 1 )   34 - 44   2024年01月( ISSN:1868-4300

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1007/s12928-023-00965-4

    PubMed

  • Correction: Tissue responses to everolimus-eluting stents implanted in severely calcified lesions following atherectomy.

    Yamaguchi T, Yamazaki T, Yoshida H, Matsumoto K, Yahiro R, Nakao K, Kure Y, Okai T, Shimada T, Otsuka K, Izumiya Y, Fukuda D

    Cardiovascular intervention and therapeutics   39 ( 1 )   45 - 46   2024年01月( ISSN:1868-4300

     詳細を見る

    国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1007/s12928-023-00973-4

    PubMed

  • Thrombus or tumor? 査読

    Wakasa S, Hayashi H, Yamazaki T, Izumiya Y, Fukuda D

    Clinical case reports   11 ( 10 )   e7975   2023年10月( ISSN:2050-0904

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/ccr3.7975

    PubMed

  • Endoscopic assessment of WATCHMAN 17 months after implantation. 査読

    Yamazaki T, Yoshiyama T, Ito A, Izumiya Y, Fukuda D

    Cardiovascular intervention and therapeutics   38 ( 2 )   258 - 259   2023年04月( ISSN:18684300

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1007/s12928-022-00902-x

    PubMed

  • Quantification of pulmonary perfusion using LSIM-CT correlates with pulmonary hemodynamics in patients with CTEPD. 査読

    Yamaguchi T, Ehara S, Yoshida H, Himoto D, Izuta S, Hayashi O, Hayashi H, Ogawa M, Shibata A, Yamazaki T, Izumiya Y, Fukuda D

    Frontiers in cardiovascular medicine   10   1237296 - 1237296   2023年( ISSN:2297-055X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3389/fcvm.2023.1237296

    PubMed

  • 両心不全で搬送された超高齢慢性血栓塞栓性肺高血圧症の一例

    山口 智大, 泉家 康宏, 林 央, 林 浩也, 柴田 敦, 山崎 貴紀, 福田 大受

    脈管学   62 ( Suppl. )   S174 - S174   2022年10月( ISSN:0387-1126

  • 全身性強皮症に伴う重症間質性肺疾患を合併した肺動脈高血圧症における吸入一酸化窒素を用いた肺血管反応性試験 1症例報告(Vaso reactivity test using inhaled nitric oxide for pulmonary arterial hypertension accompanied by severe interstitial lung disease attributed to systemic sclerosis: A case report)

    Yamaguchi Tomohiro, Izumiya Yasuhiro, Hayashi Ou, Hayashi Hiroya, Ogawa Mana, Shibata Atsushi, Yamazaki Takanori, Yoshiyama Minoru

    Journal of Cardiology Cases   25 ( 3 )   144 - 148   2022年03月

     詳細を見る

    症例は70歳男性で、安静時の呼吸困難を主訴に来院した。限局皮膚硬化型全身性強皮症に伴う間質性肺炎の既往があった。受診時の血圧は90/61mmHg、心拍数は111bpm、酸素飽和度は84%であった。手指皮膚硬化、頸静脈怒張、両下肢に圧痕性浮腫を認めた。臨床検査で脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)は289.4pg/mL、抗核抗体は640倍であった。心電図は洞調律で、I、aVL、V4~V6誘導で陰性T波を認めた。高分解能CTで両肺野に著明な線維化を認めたが、疾患の進行は見られなかった。心臓カテーテル検査で平均肺動脈圧(mPAP)は48mmHg、肺血管抵抗(PVR)は9.0 Wood unitであった。酸素流量を2L/分で酸素療法を併用し、一酸化窒素を用いた肺血管反応性試験を行ったところ、mPAPは27mmHg、PVRは5.3W.U、動脈血酸素分圧は129 Torrに改善した。以上の所見から肺血管拡張薬が有効と判断し、タダラフィル(10mg)とイロプロスト吸入剤(5μg)を1日6回投与した。3週間後にPVRは4.2 W.U、BNPは183.7pg/mLに低下した。呼吸困難は改善し、退院に至った。

  • Vaso reactivity test using inhaled nitric oxide for pulmonary arterial hypertension accompanied by severe interstitial lung disease attributed to systemic sclerosis: A case report. 査読

    Yamaguchi T, Izumiya Y, Hayashi O, Hayashi H, Ogawa M, Shibata A, Yamazaki T, Yoshiyama M

    Journal of cardiology cases   25 ( 3 )   144 - 148   2022年03月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2021.08.003

    PubMed

  • Angioscopic Ulcerated Plaques in the Femoropopliteal Artery Associated with Impaired Infrapopliteal Runoff. 査読

    Yamaguchi T, Yamazaki T, Yoshida H, Hayashi O, Yahiro R, Nakao K, Okai T, Ehara S, Izumiya Y, Yoshiyama M

    Journal of vascular and interventional radiology : JVIR   33 ( 2 )   97 - 103.e1   2022年02月( ISSN:1051-0443

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jvir.2021.10.013

    PubMed

  • Acute pulmonary embolism with high-intensity signals on magnetic resonance direct thrombus imaging. 査読

    Yamaguchi T, Ehara S, Shibata A, Yamazaki T, Izumiya Y

    European heart journal. Cardiovascular Imaging   22 ( 11 )   e159   2021年10月( ISSN:2047-2404

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/ehjci/jeab123

    PubMed

  • Relationship of high-intensity plaques on T1-weighted magnetic resonance imaging with coronary intraplaque hemorrhage: A directional coronary atherectomy study 査読

    Ehara S.

    American Heart Journal Plus: Cardiology Research and Practice   10   100047 - 100047   2021年10月( ISSN:2666-6022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ahjo.2021.100047

  • Successful treatment for a patient with chronic thromboembolic pulmonary hypertension comorbid with essential thrombocythemia with the JAK2 V617F mutation by balloon pulmonary angioplasty 査読

    Yamaguchi Tomohiro, Izumiya Yasuhiro, Hayashi Hiroya, Ichikawa Yoshitaka, Ishikawa Hirotoshi, Shibata Atsushi, Yamazaki Takanori, Yoshiyama Minoru

    RESPIRATORY MEDICINE CASE REPORTS   31   101235 - 101235   2020年( ISSN:2213-0071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A-71-year-old woman was diagnosed as chronic thromboembolic pulmonary hypertension (CTEPH) accompanied by essential thrombocythemia (ET) with JAK2 V617F mutation. Blood test showed remarkable increase of platelet counts (132.9 × 10^4/μL) and elevated plasma BNP level (125.1pg/mL). Right heart catheterization (RHC) revealed remarkably high mean pulmonary arterial pressure (mPAP) of 43 mmHg. We gave her riociguat of 7.5mg, oral anticoagulants, oxygen inhalation for CTEPH, and anagrelide for ET. We performed 4 sessions of balloon pulmonary angioplasty (BPA) in 9 months RHC revealed successful hemodynamic improvement (mPAP = 21 mmHg) after final BPA procedure without riociguat. At six month later after final BPA procedure, RHC showed steadily improvement of mPAP (21 mmHg) without riociguat and oxygen inhalation. She lives well without oxygen inhalation and PH targeted therapy. This is the first report of successful treatment for a patient with CTEPH comorbid with ET with JAK2 V617F mutation by BPA.

    DOI: 10.1016/j.rmcr.2020.101235

    PubMed

  • Neointimal coverage after second generation drug-eluting stent implantation has a relationship with pre-existing atherosclerotic lesion characteristics 査読

    Nomoto Yohta, Nakagawa Masashi, Shirai Nobuyuki, Kajio Keiko, Mizutani Kazuki, Yamazaki Takanori, Sugioka Kenichi, Kamimori Kimio, Ueda Makiko, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru

    MEDICINE   98 ( 37 )   e17097   2019年09月( ISSN:0025-7974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000017097

    PubMed

  • Association between debulking area of rotational atherectomy and platform revolution speed-Frequency domain optical coherence tomography analysis. 査読

    Mizutani K, Hara M, Nakao K, Yamaguchi T, Okai T, Nomoto Y, Kajio K, Kaneno Y, Yamazaki T, Ehara S, Kamimori K, Izumiya Y, Yoshiyama M

    Catheterization and cardiovascular interventions : official journal of the Society for Cardiac Angiography & Interventions   2019年04月( ISSN:1522-1946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ccd.28212

    PubMed

  • Cardioprotective effects of dipeptidyl peptidase-4 (DPP-4) inhibitors independently of DPP-4 査読

    Yamaguchi T., Yasukatsu I., Yamazaki T., Nakamura Y., Shimada K., Yoshiyama M., Iwao H.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   36   777 - 777   2015年08月( ISSN:0195-668X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Percutaneous treatment of carbon dioxide mist attenuates the development of right ventricular dysfunction in monocrotaline-induced pulmonary hypertensive rats 査読

    Yamaguchi T., Izumi Y., Yamazaki T., Nakamura Y., Shimada K., Yoshiyama M., Iwao H.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   36   784 - 784   2015年08月( ISSN:0195-668X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ガスミスト生成器を用いた経皮的な二酸化炭素治療はモノクロタリン誘発性肺高血圧症ラットにおいて右室機能障害の進行を抑制する(Percutaneous Carbon Dioxide Treatment Using a Gas Mist Generator Attenuates the Development of Right Ventricular Dysfunction in Monocrotaline-induced Pulmonary Hypertensive Rats) 査読

    Yamaguchi Takehiro, Izumi Yasukatsu, Yamazaki Takanori, Nakamura Yasuhiro, Sano Soichi, Shiota Masayuki, Miura Katsuyuki, Iwao Hiroshi, Yoshiyama Minoru

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   61 ( 1 )   31 - 41   2015年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Percutaneous Carbon Dioxide Treatment Using a Gas Mist Generator Attenuates the Development of Right Ventricular Dysfunction in Monocrotaline-induced Pulmonary Hypertensive Rats. 査読

    Yamaguchi T, Izumi Y, Yamazaki T, Nakamura Y, Sano S, Shiota M, Miura K, Iwao H, Yoshiyama M

    Osaka city medical journal   61 ( 1 )   31 - 41   2015年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 経皮二酸化炭素ミスト療法による実験的心筋梗塞の保護効果(Percutaneous carbon dioxide mist treatment has protective effects in experimental myocardial infarction) 査読

    Yamaguchi Takehiro, Yamazaki Takanori, Nakamura Yasuhiro, Shiota Masayuki, Shimada Kenei, Miura Katsuyuki, Iwao Hiroshi, Yoshiyama Minoru, Izumi Yasukatsu

    (公社)日本薬理学会 Journal of Pharmacological Sciences   127 ( 4 )   474 - 480   2015年04月( ISSN:1347-8613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    心筋梗塞(MI)後の心不全に対して炭酸ガス(CO2)ミストを反復投与した際の効果を検討した。CO2ミストをドライミスト生産ユニットで生成させ、ラット全体の腋窩以下をポリエチレン袋で覆って密閉した後にCO2ミストを1日30分、7日間充満させた。ラットは未処理(UT)群、CO2ガス前処理(CG)群、CO2ミスト前処理(CM)群の3群に分け、各ラットの冠動脈を結紮してMIを誘起させ、CO2の効果を比較した。その結果、MIに起因する梗塞サイズと酸化ストレスの増加は、CM群がUT群より有意に低く、単球走化性蛋白質1などの炎症関連遺伝子、形質転換増殖因子β1などの線維症関連遺伝子の発現はCM群で有意に抑制されていた。また、CM群はMI後7日目の左室駆出分画率がUT群より有意に良好であり、これらのパラメータはCG群とUT群が類似していた。以上より、CO2ミストはMIの軽減にとって有用であると考えた。

  • Percutaneous carbon dioxide mist treatment has protective effects in experimental myocardial infarction 査読

    Yamaguchi Takehiro, Yamazaki Takanori, Nakamura Yasuhiro, Shiota Masayuki, Shimada Kenei, Miura Katsuyuki, Iwao Hiroshi, Yoshiyama Minoru, Izumi Yasukatsu

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   127 ( 4 )   474 - 480   2015年04月( ISSN:1347-8613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2015.03.009

    PubMed

  • Repeated remote ischemic conditioning attenuates left ventricular remodeling via exosome-mediated intercellular communication on chronic heart failure after myocardial infarction 査読

    Yamaguchi Takehiro, Izumi Yasukatsu, Nakamura Yasuhiro, Yamazaki Takanori, Shiota Masayuki, Sano Soichi, Tanaka Masako, Osada-Oka Mayuko, Shimada Kenei, Miura Katuyuki, Yoshiyama Minoru, Iwao Hiroshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   178   239 - 246   2015年01月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2014.10.144

    PubMed

  • ガスミスト発生装置を用いた経皮的炭酸ガス治療は虚血後肢における側副血行を増大させる(Percutaneous Carbon Dioxide Treatment using a Gas Mist Generator Enhances the Collateral Blood Flow in the lschemic Hindlimb) 査読

    Izumi Yasukatsu, Yamaguchi Takehiro, Yamazaki Takanori, Yamashita Naoto, Nakamura Yasuhiro, Shiota Masayuki, Tanaka Masako, Sano Soichi, Osada-Oka Mayuko, Shimada Kenei, Wanibuchi Hideki, Miura Katsuyuki, Yoshiyama Minoru, Iwao Hiroshi

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   22 ( 1 )   38 - 51   2015年01月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    虚血誘発型血管形成マウスモデルを用いて、炭酸ガスミストが血管形成を促進するかどうかを調査した。さらに、炭酸ガスミスト療法が血管新生増殖因子発現を亢進させ、虚血誘発型血行再建を刺激するか確認した。片側虚血後肢マウスを未処理(UT)群、100%炭酸ガス処理(CG)群、O2とN2の混合気体ミスト処理(AM)群、100%炭酸ガスミスト処理(CM)群に分け、ガスミスト発生装置によってガス状薬剤を充填させたポリエチレン袋内にマウス下半身を1日10分間入れた。虚血後肢における血流、血管内皮増殖因子(VEGF)mRNA発現、蛋白質値、リン酸化内皮一酸化窒素合成酵素(eNOS)値を評価した。UT群と比べてCM群の方が虚血導入7日後では血流が高く維持された。28日後の毛細血管密度はUT群よりもCM群で高かった。AM群とCG群はUT群と同様であった。VEGF mRNA発現、蛋白質値、eNOS値はUT群と比較してCM群で増加した。eNOS欠損マウスにCM処理しても血流量が増加しなかったため、炭酸ガスミストによる血行再建刺激作用はeNOSに依存することが示された。経皮的炭酸ガスミスト療法は、虚血誘発型血管形成の治療に有用であることが示された。

  • Percutaneous Carbon Dioxide Treatment using a Gas Mist Generator Enhances the Collateral Blood Flow in the Ischemic Hindlimb 査読

    Izumi Yasukatsu, Yamaguchi Takehiro, Yamazaki Takanori, Yamashita Naoto, Nakamura Yasuhiro, Shiota Masayuki, Tanaka Masako, Sano Soichi, Osada-Oka Mayuko, Shimada Kenei, Wanibuchi Hideki, Miura Katsuyuki, Yoshiyama Minoru, Iwao Hiroshi

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   22 ( 1 )   38 - 51   2015年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Percutaneous carbon dioxide treatment using a gas mist generator enhances the collateral blood flow in the ischemic hindlimb. 査読

    Izumi Y, Yamaguchi T, Yamazaki T, Yamashita N, Nakamura Y, Shiota M, Tanaka M, Sano S, Osada-Oka M, Shimada K, Wanibuchi H, Miura K, Yoshiyama M, Iwao H

    一般社団法人 日本動脈硬化学会 Journal of atherosclerosis and thrombosis   22 ( 1 )   38 - 51   2015年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b><i>Aim</i></b>: Highly concentrated carbon dioxide (CO<sub>2</sub>) is thought to be useful for ischemic diseases. We investigated whether treatment with a few micrometers of CO<sub>2</sub> molecules atomized via two fluidnozzles (CO<sub>2</sub> mist) exerts an angiogenic effect in a mouse ischemic hindlimb model.<br><b><i>Methods</i></b>: Mice with unilateral hindlimb ischemia were divided into untreated (UT), 100% CO<sub>2</sub> gas alone-treated (CG), mixed air (O<sub>2</sub>; 20%, N<sub>2</sub>; 80%) mist-treated (AM) and 100% CO<sub>2</sub> mist-treated (CM) groups. The lower body of the mice was encased in a polyethylene bag filled with each gaseous agent using a gas mist generator for 10 minutes daily.<br><b><i>Results</i></b>: According to a laser Doppler analysis, the ischemic hindlimb blood flow was persistently higher after the seventh day of induction of ischemia in the CM group than in the UT group. The capillary density was also greater in the CM group on day 28 compared with that observed in the UT group. In addition, the parameters in the AM and CG groups were similar to those obtained in the UT group. The observed effects were abolished by the administration of an inhibitor of nitric oxide synthase (NOS). The vascular endothelial growth factor mRNA expression and protein levels and the phosphorylated endothelial NOS level were increased in the CM group compared with that observed in the UT group. A proteomic analysis using liquid chromatography-tandem mass spectrometry identified novel protein candidates regulated by CO<sub>2</sub> mist.<br><b><i>Conclusion</i></b>: Percutaneous CO<sub>2</sub> mist therapy may be useful for treating ischemia-induced angiogenesis.

    DOI: 10.5551/jat.23770

    PubMed

    CiNii Article

  • The Role of Exosomes on Cardiac Hypertrophy 査読

    Yamaguchi Takehiro, Izumi Yasukatsu, Yamazaki Takanori, Yoshiyama Minoru

    JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   20 ( 10 )   S205 - S205   2014年10月( ISSN:1071-9164

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Noninvasive Metabolic Syndrome Model Using an Extremely Small Minipig, the Microminipig 査読

    Yamaguchi Takehiro, Yamazaki Takanori, Kawaguchi Hiroaki, Tawa Masashi, Nakamura Yasuhiro, Shiota Masayuki, Osada-Oka Mayuko, Tanimoto Akihide, Okamura Tomio, Miura Katsuyuki, Iwao Hiroshi, Yoshiyama Minoru, Izumi Yasukatsu

    公益社団法人 日本薬理学会 JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   126 ( 2 )   168 - 171   2014年10月( ISSN:1347-8613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Metabolic syndrome (MetS) induces serious complications; therefore, we developed a noninvasive MetS model using an extremely small minipig, the Microminipig. For 8 weeks, Microminipigs were administrated a high-fat and high-cholesterol diet (HFCD) for atherosclerosis and <i>N</i><sup>G</sup>-nitro-<span style="font-variant: small-caps;">l</span>-arginine methyl ester (<span style="font-variant: small-caps;">l</span>-NAME) for inhibiting nitric oxide synthase. HFCD significantly increased serum low-density lipoprotein levels, <span style="font-variant: small-caps;">l</span>-NAME increased blood pressure and cardiac hypertrophy, and HFCD-induced aortal arteriosclerosis was accelerated by <span style="font-variant: small-caps;">l</span>-NAME administration. Endothelium-dependent relaxation of the coronary artery was remarkably decreased by <span style="font-variant: small-caps;">l</span>-NAME administration. This model may be useful for elucidating the mechanisms of MetS and developing new therapeutic medicines for its treatment.

    DOI: 10.1254/jphs.14171SC

    PubMed

    CiNii Article

  • 超小型ミニブタ、マイクロミニピッグを用いた非侵襲的メタボリックシンドロームモデル(A Noninvasive Metabolic Syndrome Model Using an Extremely Small Minipig, the Microminipig) 査読

    Yamaguchi Takehiro, Yamazaki Takanori, Kawaguchi Hiroaki, Tawa Masashi, Nakamura Yasuhiro, Shiota Masayuki, Osada-Oka Mayuko, Tanimoto Akihide, Okamura Tomio, Miura Katsuyuki, Iwao Hiroshi, Yoshiyama Minoru, Izumi Yasukatsu

    (公社)日本薬理学会 Journal of Pharmacological Sciences   126 ( 2 )   168 - 171   2014年10月( ISSN:1347-8613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    超小型ミニブタを用いて非侵襲的メタボリックシンドローム(MetS)モデルを作成した。雄の3.5および4.5ヵ月齢の超小型ミニブタに高脂肪・高コレステロール食(HFCD)を8週間摂食させてアテローム性動脈硬化症を誘発し、酸化窒素シンターゼ阻害剤、NG-ニトロ-L-アルギニンメチルエステル(L-NAME)を投与した。HFCDは血清中低密度リポ蛋白質濃度を有意に上昇させ、L-NAMEは血圧を上昇させ、心肥大を増大させた。HFCD誘発性大動脈アテローム性硬化症はL-NAMEの投与により促進された。冠動脈の内皮依存的弛緩は、L-NAMEの投与により顕著に抑制された。本モデルはMetSの機序の解明に有用で、新規治療薬の開発に有用と考えられた。

  • Repetitive treatment of percutaneous carbon dioxide mist prevents high fat diet-induced arteriosclerosis in extremely small size minipig 査読

    Izumi Y., Yamaguchi T., Kawaguchi H., Tawa M., Yamazaki T., Shiota M., Tanimoto A., Okamura T., Yoshiyama M., Iwao H.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   35   1124 - 1124   2014年09月( ISSN:0195-668X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Exosome-mediated intercellular communication by repetitive remote ischemic conditioning reduces left ventricular remodeling on chronic heart failure 査読

    Yamaguchi T., Izumi Y., Yamazaki T., Nakamura Y., Sano S., Hanatani A., Shimada K., Yoshiyama M.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   35   6 - 7   2014年09月( ISSN:0195-668X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The strain pattern, and not Sokolow-Lyon electrocardiographic voltage criteria, is independently associated with anatomic left ventricular hypertrophy 査読

    Ehara Shoichi, Hasegawa Takao, Matsumoto Kenji, Otsuka Kenichiro, Yamazaki Takanori, Iguchi Tomokazu, Izumi Yasukatsu, Shimada Kenei, Yoshiyama Minoru

    HEART AND VESSELS   29 ( 5 )   638 - 644   2014年09月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00380-013-0408-0

    PubMed

  • 心電図上のSokolow-Lyon電位基準ではなくストレイン型が解剖学的左室肥大と独立の関係がある(The strain pattern, and not Sokolow-Lyon electrocardiographic voltage criteria, is independently associated with anatomic left ventricular hypertrophy) 査読

    Ehara Shoichi, Hasegawa Takao, Matsumoto Kenji, Otsuka Kenichiro, Yamazaki Takanori, Iguchi Tomokazu, Izumi Yasukatsu, Shimada Kenei, Yoshiyama Minoru

    シュプリンガー・ジャパン(株) Heart and Vessels   29 ( 5 )   638 - 644   2014年09月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    多断面CT画像で左室重量を評価した患者93例を対象とした研究を行った。左室肥大をSokolow-Lyonの基準で判断すると感度57%、特異度67%、陽性適中度37%、陰性適中度82%であったが、ストレイン型の基準で判断すると感度65%、特異度87%、陽性適中度63%、陰性的中度88%であった。多変量解析によるとストレイン型は左室肥大と関連があったがSokolow-Lyon基準は関連がなかった。

  • Lipid synthesis is promoted by hypoxic adipocyte-derived exosomes in 3T3-L1 cells 査読

    Sano Soichi, Izumi Yasukatsu, Yamaguchi Takehiro, Yamazaki Takanori, Tanaka Masako, Shiota Masayuki, Osada-Oka Mayuko, Nakamura Yasuhiro, Wei Min, Wanibuchi Hideki, Iwao Hiroshi, Yoshiyama Minoru

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   445 ( 2 )   327 - 333   2014年03月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2014.01.183

    PubMed

  • Insulin resistance is associated with coronary plaque vulnerability: insight from optical coherence tomography analysis 査読

    Iguchi Tomokazu, Hasegawa Takao, Otsuka Kenichiro, Matsumoto Kenji, Yamazaki Takanori, Nishimura Satoshi, Nakata Shinji, Ehara Shoichi, Kataoka Toru, Shimada Kenei, Yoshiyama Minoru

    EUROPEAN HEART JOURNAL-CARDIOVASCULAR IMAGING   15 ( 3 )   284 - 291   2014年03月( ISSN:2047-2404

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ehjci/jet158

    PubMed

  • Beneficial Effects of Repeated Remote Ischemic Conditioning on Chronic Heart Failure at Chronic Phase After Myocardial Infarction 査読

    Yamaguchi Takehiro, Izumi Yasukatsu, Yamazaki Takanori, Nakamura Yasuhiro, Sano Soichi, Hanatani Akihisa, Shimada Kenei, Iwao Hiroshi, Yoshiyama Minoru

    CIRCULATION   128 ( 22 )   2013年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Intraluminal and Intrawall Hyperintense Plaques Identified by Noncontrast T1-Weighted Magnetic Resonance Imaging Showed Different Vulnerable Plaque Morphology Assessed by Optical Coherence Tomography 査読

    Matsumoto Kenji, Ehara Shoichi, Hasegawa Takao, Sakaguchi Mikumo, Inanami Hitoshi, Otsuka Kenichiro, Yamazaki Takanori, Iguchi Tomokazu, Shimada Kenei, Yoshiyama Minoru

    CIRCULATION   128 ( 22 )   2013年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Repeated Remote Ischemic Conditioning Inhibits Cardiac Remodeling with Chronic Heart Failure after Myocardial Infarction in Rats 査読

    Yamaguchi Takehiro, Izumi Yasukatsu, Yamazaki Takanori, Nakamura Yasuhiro, Hanatani Akihisa, Shimada Kenei, Yoshiyama Minoru

    JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   19 ( 10 )   S137 - S137   2013年10月( ISSN:1071-9164

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tolvaptan Attenuates Left Ventricular Fibrosis After Acute Myocardial Infarction in Rats 査読

    Yamazaki Takanori, Nakamura Yasuhiro, Shiota Masayuki, Osada-Oka Mayuko, Fujiki Hiroyuki, Hanatani Akihisa, Shimada Kenei, Miura Katsuyuki, Yoshiyama Minoru, Iwao Hiroshi, Izumi Yasukatsu

    公益社団法人 日本薬理学会 JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   123 ( 1 )   58 - 66   2013年09月( ISSN:1347-8613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Tolvaptan, a non-peptide V<sub>2</sub>-receptor antagonist, is a newly developed diuretic agent. Recently, we reported that tolvaptan has diuretic as well as anti-inflammatory and anti-fibrotic actions in chronic heart failure. In this study, we investigated whether tolvaptan has a cardioprotective effect in acute heart failure after myocardial infarction (MI). After MI induction, rats were randomized into 6 groups as follows: vehicle group, group treated with 15 mg∙kg<sup>−1</sup>∙day<sup>−1</sup> furosemide, 2 groups treated with 3 or 10 mg∙kg<sup>−1</sup>∙day<sup>−1</sup> tolvaptan, and 2 groups treated with 15 mg∙kg<sup>−1</sup>∙day<sup>−1</sup> furosemide combined with 3 or 10 mg∙kg<sup>−1</sup>∙day<sup>−1</sup> tolvaptan. Each agent was administered for 2 weeks, and blood pressure levels and infarct sizes were similar in all MI groups. Lower left ventricular end-systolic volumes and greater improvement of left ventricular ejection fraction were observed in the tolvaptan-treated groups compared with the vehicle group. In contrast, furosemide alone did not improve them. Sirius red staining revealed that tolvaptan significantly repressed MI-induced interstitial fibrosis in the left ventricle. MI-induced mRNA expressions related to cardiac load, inflammation, and fibrosis were significantly attenuated in the combination group. The combination treatment also repressed MI-induced mineralocorticoid receptor expression. Tolvaptan, or combination of furosemide and tolvaptan, may improve cardiac function in acute MI.

    DOI: 10.1254/jphs.13086FP

    PubMed

    CiNii Article

  • トルバプタンはラットにおいて心筋梗塞後の左心室線維症を軽減する(Tolvaptan Attenuates Left Ventricular Fibrosis After Acute Myocardial Infarction in Rats) 査読

    Yamazaki Takanori, Nakamura Yasuhiro, Shiota Masayuki, Osada-Oka Mayuko, Fujiki Hiroyuki, Hanatani Akihisa, Shimada Kenei, Miura Katsuyuki, Yoshiyama Minoru, Iwao Hiroshi, Izumi Yasukatsu

    (公社)日本薬理学会 Journal of Pharmacological Sciences   123 ( 1 )   58 - 66   2013年09月( ISSN:1347-8613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    心筋梗塞(MI)後の急性心不全において、利尿薬のトルバプタン(TOL)の心臓保護作用について検討した。MI誘発後、ラットを6群に分け、賦形薬、フロセミド(FUR)15mg/kg/日、TOL 3mg/kg/日、TOL 10mg/kg/日、FUR+TOL 3mg/kg/日、FUR+TOL 10mg/kg/日を2週間投与した。賦形薬群と比較してTOL群では、左室収縮末期容量が低下し、左室駆出分画が改善した。FUR単独では改善作用を示さなかった。TOLは左室のMI誘発性間質線維症を有意に抑制した。MI誘発性mRNA発現は併用群で有意に低下した。併用群ではMI誘発性ミネラルコルチコイド受容体の発現を抑制した。TOLあるいはTOL+FURは急性MIにおける心機能を改善すると考えられた。

  • A case of a lesion containing an intracoronary thrombus detected as hyperintense plaque on T1-weighted cardiovascular magnetic resonance in a patient with silent myocardial ischemia 査読

    Matsumoto Kenji, Ehara Shoichi, Hasegawa Takao, Otsuka Kenichiro, Yamazaki Takanori, Iguchi Tomokazu, Shimada Kenei, Yoshiyama Minoru

    JOURNAL OF CARDIOVASCULAR MAGNETIC RESONANCE   15   50   2013年06月( ISSN:1097-6647

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1532-429X-15-50

    PubMed

  • Vasopressin V2 Receptor Antagonist Tolvaptan Prevents The Development of Chronic Heart Failure via Its Anti-inflammatory and Anti-fibrotic Actions 査読

    Yamazaki Takanori, Izumi Yasukatsu, Nakamura Yasuhiro, Yamaguchi Takehiro, Hanatani Akihisa, Shimada Kenei, Iwao Hiroshi, Yoshiyama Minoru

    CIRCULATION   126 ( 21 )   2012年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Percutaneous Carbon Dioxide Treatment Using a Gas Mist Generator Accelerates Angiogenesis in the Ischemic Hindlimb 査読

    Izumi Yasukatsu, Yamazaki Takanori, Nakamura Yasuhiro, Yamaguchi Takehiro, Hanatani Akihisa, Shimada Kenei, Yoshiyama Minoru, Iwao Hiroshi

    CIRCULATION   126 ( 21 )   2012年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Percutaneous Carbon Dioxide Gas Mist Treatment Improves Cardiac Function after Myocardial Infarction in Rats via Nitric Oxide Activity 査読

    Yamazaki Takanori, Izumi Yasukatsu, Nakamura Yasuhiro, Yamaguchi Takehiro, Hanatani Akihisa, Shimada Kenei, Iwao Hiroshi, Yoshiyama Minoru

    CIRCULATION   126 ( 21 )   2012年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tolvaptan Improves Left Ventricular Dysfunction after Myocardial Infarction in Rats 査読

    Yamazaki Takanori, Izumi Yasukatsu, Nakamura Yasuhiro, Yamashita Naoto, Fujiki Hiroyuki, Osada-Oka Mayuko, Shiota Masayuki, Hanatani Akihisa, Shimada Kenei, Iwao Hiroshi, Yoshiyama Minoru

    CIRCULATION-HEART FAILURE   5 ( 6 )   794 - 802   2012年11月( ISSN:1941-3289

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCHEARTFAILURE.112.968750

    PubMed

  • The Efficacy of Tolvaptan on Renal Function under Reduced Loop Diuretics in Patients with Congestive Heart Failure 査読

    Hanatani Akihisa, Yamazaki Takanori, Sugioka Kenichi, Ehara Shoichi, Nakamura Yasuhiro, Izumi Yasukatsu, Takemoto Yasuhiko, Takagi Masahiko, Shimada Kenei, Yoshiyama Minoru

    JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   18 ( 10 )   S156 - S156   2012年10月( ISSN:1071-9164

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Increased Angiogenesis and Improved Left Ventricular Function after Transplantation of Myoblasts Lacking the MyoD Gene into Infarcted Myocardium 査読

    Nakamura Yasuhiro, Asakura Yoko, Piras Bryan A., Hirai Hiroyuki, Tastad Christopher T., Verma Mayank, Christ Amanda J., Zhang Jianyi, Yamazaki Takanori, Yoshiyama Minoru, Asakura Atsushi

    PLOS ONE   7 ( 7 )   e41736   2012年07月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0041736

    PubMed

  • Novel Device That Produces Carbon Dioxide Mist for Myocardial Infarction Treatment in Rats 査読

    Yamazaki Takanori, Izumi Yasukatsu, Nakamura Yasuhiro, Hanatani Akihisa, Shimada Kenei, Muro Takashi, Shiota Masayuki, Iwao Hiroshi, Yoshiyama Minoru

    一般社団法人 日本循環器学会 CIRCULATION JOURNAL   76 ( 5 )   1203 - 1212   2012年05月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b><i>Background:</i></b> Carbon dioxide (CO<sub>2</sub>) baths have been used to treat a variety of diseases, but developing an artificial bath of highly concentrated CO<sub>2</sub> is difficult. Here, we tried the efficacy of a novel device instead of a CO<sub>2</sub> bath. <b><i>Methods and Results:</i></b> Using a device equipped with double fluid nozzles, CO<sub>2</sub> gas and H<sub>2</sub>O were compounded and compressed at 4 barometric pressures. As a result, CO<sub>2</sub> gas was dissolved in H<sub>2</sub>O, which contained a few micrometers of CO<sub>2</sub> particles, namely, a CO<sub>2</sub> mist. Wistar rats with myocardial infarction (MI) by ligation of the left coronary artery were percutaneously administered CO<sub>2</sub> mist or CO<sub>2</sub> gas alone or no treatment for 30min daily. With regard to tissue blood flow during treatment, the group treated with CO<sub>2</sub> mist had significantly increased tissue oxygenated hemoglobin levels and tissue saturation levels, and significantly decreased deoxygenated hemoglobin levels compared with the group treated with CO<sub>2</sub> gas. After 4 weeks treatment, the group treated with CO<sub>2</sub> mist had a significantly improved ejection fraction by echocardiography compared with the untreated group. Interestingly, the group treated with CO<sub>2</sub> mist had significantly increased nitrate concentrations in serum and vascular endothelial growth factor mRNA expression levels in the myocardium compared with the untreated group. <b><i>Conclusions:</i></b> Our new mist production device may be potentially useful for the treatment of heart failure caused by MI. (<i>Circ J</i> 2012; <b>76:</b> 1203-1212)<br>

    DOI: 10.1253/circj.CJ-11-1116

    PubMed

    CiNii Article

  • 二酸化炭素霧を発生する新装置によるラットの心筋梗塞治療(Novel Device That Produces Carbon Dioxide Mist for Myocardial Infarction Treatment in Rats) 査読

    Yamazaki Takanori, Izumi Yasukatsu, Nakamura Yasuhiro, Hanatani Akihisa, Shimada Kenei, Muro Takashi, Shiota Masayuki, Iwao Hiroshi, Yoshiyama Minoru

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   76 ( 5 )   1203 - 1212   2012年04月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    二酸化炭素(CO2)浴は各種疾患の治療に利用されているが高濃度のCO2を含む人工浴を作ることは困難である。本研究は高濃度のCO2粒子であるCO2霧を発生する装置を考案し、ラット心筋梗塞に対する治療効果を検討した。左冠動脈を結紮してラットの心筋梗塞を作成し、CO2霧(n=9)、CO2ガス(n=8)を毎日30分間経皮的に投与し、無処置(n=9)ラットと比較した。CO2霧投与群はCO2ガス投与群と比較して組織中の酸化ヘモグロビンと組織中の酸素飽和度が増加した。4週後にはCO2霧投与群は無処置群と比較して心エコー法による駆出率が有意に増加した。以上、CO2霧は心筋梗塞による心不全の治療に有用と思われた。

  • The antifibrotic agent pirfenidone inhibits angiotensin II-induced cardiac hypertrophy in mice 査読

    YAMAZAKI Takanori, YAMASHITA Naoto, IZUMI Yasukatsu, NAKAMURA Yasuhiro, SHIOTA Masayuki, HANATANI Akihisa, SHIMADA Kenei, MURO Takashi, IWAO Hiroshi, YOSHIYAMA Minoru

    Hypertension research : clinical and experimental : official journal of the Japanese Society of Hypertension   35 ( 1 )   34 - 40   2012年01月( ISSN:09169636

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 抗線維症薬ピルフェニドンはマウスにおけるアンジオテンシンII誘発性心肥大を阻害する(The antifibrotic agent pirfenidone inhibits angiotensin II-induced cardiac hypertrophy in mice) 査読

    Yamazaki Takanori, Yamashita Naoto, Izumi Yasukatsu, Nakamura Yasuhiro, Shiota Masayuki, Hanatani Akihisa, Shimada Kenei, Muro Takashi, Iwao Hiroshi, Yoshiyama Minoru

    Nature Publishing Group Hypertension Research   35 ( 1 )   34 - 40   2012年01月( ISSN:0916-9636

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アンジオテンシン(Ang)II誘発性心肥大マウスにおけるピルフェニドン(PFD)の予防効果について検討した。マウスを3群に分け、生理食塩水(対照)、AngII、AngII+PFDを2週間投与した。PFDはAngIIを注入中、強制経口投与した。AngII群の血圧は対照群よりも有意に高かった。AngII群とPFD群間で血圧に有意差は見られなかったが、心重量はPFD群で有意に減少した。心エコーでは、AngII群で左室肥大の増加が見られたが、PFDはこれを抑制した。AngIIの連続注入はANP、BNP、TGFβ1のmRNA発現を増加させ、PFDはこれらの増加を阻止した。ミネラルコルチコイド受容体の発現はPFDにより抑制された。PFDは高血圧誘発性心肥大の治療に有効な抗線維症薬である。

  • The antifibrotic agent pirfenidone inhibits angiotensin II-induced cardiac hypertrophy in mice 査読

    Yamazaki Takanori, Yamashita Naoto, Izumi Yasukatsu, Nakamura Yasuhiro, Shiota Masayuki, Hanatani Akihisa, Shimada Kenei, Muro Takashi, Iwao Hiroshi, Yoshiyama Minoru

    HYPERTENSION RESEARCH   35 ( 1 )   34 - 40   2012年01月( ISSN:0916-9636

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/hr.2011.139

    PubMed

  • Vasopressin V2 Receptor Antagonist Inhibits Cardiac Remodeling with Old Myocardial Infarction in Rats 査読

    Yamazaki Takanori, Nakamura Yasuhiro, Izumi Yasukatsu, Hanatani Akihisa, Muro Takashi, Yoshiyama Minoru

    JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   17 ( 9 )   S149 - S150   2011年09月( ISSN:1071-9164

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Percutaneous carbon dioxide gas mist ameliorates cardiac remodeling after myocardial infarction in rats 査読

    Yamazaki T., Nakamura Y., Izumi Y., Hanatani A., Shimada K., Muro T., Yoshiyama M.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   32   291 - 292   2011年08月( ISSN:0195-668X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cushing's Syndrome by Left Adrenocortical Adenoma Synchronously Associated with Primary Aldosteronism by Right Adrenocortical Adenoma : Report of a Case 査読

    ONODA NAOYOSHI, ISHIKAWA TETSURO, NISHIO KOHEI, TAHARA HIDEKI, INABA MASAAKI, WAKASA KENICHI, SUMI TOMOHIKO, YAMAZAKI TAKANORI, SHIGEMATU KAZUTO, HIRAKAWA KOSEI

    Endocrine journal   56 ( 3 )   495 - 502   2009年06月( ISSN:09188959

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Cushing's Syndrome by Left Adrenocortical Adenoma Synchronously Associated with Primary Aldosteronism by Right Adrenocortical Adenoma: Report of a Case 査読

    Onoda Naoyoshi, Ishikawa Tetsuro, Nishio Kohei, Tahara Hideki, Inaba Masaaki, Wakasa Kenichi, Sumi Tomohiko, Yamazaki Takanori, Shigematu Kazuto, Hirakawa Kosei

    ENDOCRINE JOURNAL   56 ( 3 )   495 - 502   2009年06月( ISSN:0918-8959

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cushing's syndrome by left adrenocortical adenoma synchronously associated with primary aldosteronism by right adrenocortical adenoma: report of a case. 査読

    Onoda N, Ishikawa T, Nishio K, Tahara H, Inaba M, Wakasa K, Sumi T, Yamazaki T, Shigematsu K, Hirakawa K

    一般社団法人 日本内分泌学会 Endocrine journal   56 ( 3 )   495 - 502   2009年( ISSN:0918-8959

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Synchronous associations of Cushing&rsquo;s syndrome (CS) and primary aldosteronism (PA) with multiple adrenocortical adenomas secreting each hormone independently have rarely been reported. Herein, we describe a unique case of PA associated with CS with detailed clinical and pathological investigations. Bilateral adrenal masses with clinical symptoms of CS and PA were found in a 43-year-old woman. Venous sampling demonstrated excess secretion of cortisol, and aldosterone from right, and left tumor, respectively. A bilateral laparoscopic partial adrenalectomy was undergone. The right adrenal tumor (3 cm) was yellow in color with abundant lipofuscin granules, and was composed of both eosinophilic compact cells and clear cells. In situ hybridization showed that both mRNAs for HSD3B2 and CYP17A1 were strongly expressed in the tumor, suggesting cortisol synthesis. Left adrenal tumor (2.4 cm) was golden-yellow in color, and composed of clear cells only. Expression of HSD3B2 and CYP11B mRNAs were observed in the tumor compatible with the aldosterone synthesis. Furthermore, minute nodules were found at the surface of normal-appearing cortex on both sides of the adrenal glands, and the expression of HSD3B2 and CYP11B mRNAs was clearly demonstrated within the nodules, indicating aldosterone synthesis. We diagnosed that the present case had 1) cortisol-producing right adrenocortical adenoma, 2) aldosterone producing left adrenocortical adenoma, and 3) cortical minute nodules with aldosterone production in both adrenal glands compatible with idiopathic adrenal hyperplasia. We reviewed the cases reported, and discussed the significance of the minute nodules in the adrenal cortex, often found in association with the adrenocortical adenoma.

    DOI: 10.1507/endocrj.k08e-268

    PubMed

    CiNii Article

▼全件表示

書籍等出版物

  • NOGA血流維持型汎用血管内視鏡ガイドブック

    児玉 和久, 小松 誠, 由谷 親夫, 樋口 義治, 上田 泰敬, 木村 茂樹, 臺 和興, 塩出 宣雄, 市川 稔, 川上 秀生, 高山 忠輝, 小嶋 啓介, 片野 雄大, 木村 和美, 持田 泰寛, 小林 修三, 山崎 貴紀, 高橋 覚, 安永 元樹, 松岡 宏, 廣 高史, 安達 賢太郎, 濱中 佑馬, 伊苅 裕二, 中渡瀬 智, 大原 知樹, 深町 大介, 西 宏之, 村上 貴志, 小泉 淳( 担当: 共著 ,  範囲: Ⅰ 総論 C 大動脈 25 「下肢の治療に血管内視鏡がどう役立ちますか?」、Ⅲ 手技 C 大動脈 16「EVTの際に行うシステムは、血管内視鏡にどう活用できますか?」)

    株式会社 中山書店  2022年04月  ( ISBN:9784521749365

MISC(その他記事)

  • 血管内視鏡により静脈内血栓と鑑別した静脈内腫瘍浸潤の一例

    林 浩也, 若狭 志保, 山崎 貴紀, 泉家 康宏, 福田 大受

    静脈学   34 ( 2 )   266 - 266   2023年06月( ISSN:0915-7395 ( eISSN:2186-5523

  • 移植後17ヵ月のWATCHMANの内視鏡評価(Endoscopic assessment of WATCHMAN 17 months after implantation)

    Yamazaki Takanori, Yoshiyama Tomotaka, Ito Asahiro, Izumiya Yasuhiro, Fukuda Daiju

    Cardiovascular Intervention and Therapeutics   38 ( 2 )   258 - 259   2023年04月( ISSN:1868-4300

  • 高血圧診療におけるARNIへの期待~ARBからARNIへ~

    山崎貴紀, 工藤新三, 泉家康宏, 福田大受

    日本心臓病学会学術集会(Web)   71st   2023年

     詳細を見る

  • 血管内視鏡により静脈内血栓と鑑別した静脈内腫瘍浸潤の一例

    林浩也, 若狭志保, 山崎貴紀, 泉家康宏, 福田大受

    静脈学(Web)   34 ( 2 )   2023年( ISSN:2186-5523

     詳細を見る

  • 両心不全で搬送された超高齢慢性血栓塞栓性肺高血圧症の一例

    山口智大, 泉家康宏, 林央, 林浩也, 柴田敦, 山崎貴紀, 福田大受

    脈管学(Web)   62 ( supplement )   2022年( ISSN:1880-8840

     詳細を見る

  • 両上肢深部静脈血栓症をきっかけに肺癌が疑われるも早期診断に至らなかった一例

    林浩也, 辻明宏, 山崎貴紀, 泉家康宏, 葭山稔

    静脈学(Web)   32 ( 2 )   2021年( ISSN:2186-5523

     詳細を見る

  • 当院における慢性血栓塞栓性肺高血圧症診療の取り組み

    山口智大, 泉家康宏, 林央, 林浩也, 小川真奈, 柴田敦, 山崎貴紀, 葭山稔

    日本循環制御医学会総会・学術集会プログラム・抄録集   42nd   2021年

     詳細を見る

  • Stent fractureによる度重なる再狭窄に対して、OCTガイド下のRotablatorが有効であった一例 査読

    藤原 良亮, 岡井 主, 八尋 亮介, 山口 智大, 梶尾 啓子, 山崎 貴紀, 紙森 公雄, 水谷 一輝, 泉家 康宏, 葭山 稔

    (一社)日本心血管インターベンション治療学会 日本心血管インターベンション治療学会抄録集   28回   [MO116 - 001]   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 肺高血圧症の難渋症例から学ぶ診療のキーポイント 免疫抑制療法の選択と調整に難渋した全身性エリテマトーデスに伴う重症肺高血圧症の一例 査読

    山口 智大, 泉家 康宏, 石川 裕敏, 柴田 敦, 山崎 貴紀, 葭山 稔

    (一社)日本心臓病学会 日本心臓病学会学術集会抄録   67回   S - C1   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 肺高血圧症の難渋症例から学ぶ診療のキーポイント 免疫抑制療法の選択と調整に難渋した全身性エリテマトーデスに伴う重症肺高血圧症の一例 査読

    山口 智大, 泉家 康宏, 石川 裕敏, 柴田 敦, 山崎 貴紀, 葭山 稔

    (一社)日本心臓病学会 日本心臓病学会学術集会抄録   67回   S - 3   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 十分な血栓吸引後にRotablatorを施行したSTEMIの一例 査読

    吉村 隆太郎, 八尋 亮介, 山口 智大, 岡井 主, 梶尾 啓子, 山崎 貴紀, 江原 省一, 紙森 公雄, 水谷 一輝, 泉家 康宏, 葭山 稔

    (一社)日本心血管インターベンション治療学会 日本心血管インターベンション治療学会抄録集   28回   [MO55 - 004]   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Left Ventricular Outpouchingを有する重症大動脈弁狭窄症に対して経カテーテル的大動脈弁植え込み術を施行し得た2症例 査読

    梶尾 啓子, 水谷 一輝, 中尾 真奈, 岡井 主, 野元 陽太, 伊藤 朝広, 山崎 貴紀, 岩田 真一, 紙森 公雄, 葭山 稔

    (一社)日本心血管インターベンション治療学会 日本心血管インターベンション治療学会抄録集   27回   MO428 - MO428   2018年08月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 短期間でのcalcified noduleの急激な増悪により不安定狭心症を起こした一症例 査読

    野元 陽太, 岡井 主, 梶尾 啓子, 水谷 一輝, 山崎 貴紀, 紙森 公雄, 葭山 稔

    (一社)日本心血管インターベンション治療学会 日本心血管インターベンション治療学会抄録集   27回   MO471 - MO471   2018年08月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ローターブレーター後の、カッティングバルーンの頻回拡張の有効性と安全性について 査読

    山口 智大, 水谷 一輝, 岡井 主, 梶尾 啓子, 野元 陽太, 山崎 貴紀, 江原 省一, 紙森 公雄, 葭山 稔

    (一社)日本心血管インターベンション治療学会 日本心血管インターベンション治療学会抄録集   27回   MO245 - MO245   2018年08月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • IVUSでの鑑別に苦慮した血栓性病変に対して,ステントレス治療が有効であった急性心筋梗塞の一例

    吉村隆太郎, 山口智大, 水谷一輝, 岡井主, 梶尾啓子, 野元陽太, 山崎貴紀, 江原省一, 紙森公雄, 泉家康宏, 葭山稔

    日本循環器学会近畿地方会(Web)   126th   2018年

     詳細を見る

  • 光干渉断層法で脂質プラークが疑われたが,病理診断では多量のマクロファージを認めた方向性粥腫切除施行例

    山口智大, 水谷一輝, 岡井主, 梶尾啓子, 野元陽太, 山崎貴紀, 江原省一, 紙森公雄, 成子隆彦, 葭山稔

    日本循環器学会近畿地方会(Web)   125th   2018年

     詳細を見る

  • 第二世代薬剤溶出性ステント留置後の新生内膜厚と既存動脈硬化病変の性状との関係について 光干渉断層撮影法での検討 査読

    野元 陽太, 仲川 将志, 岡井 主, 梶尾 啓子, 水谷 一輝, 山崎 貴紀, 白井 伸幸, 紙森 公雄, 上田 真喜子, 葭山 稔

    (一社)日本心臓病学会 日本心臓病学会学術集会抄録   65回   P - 483   2017年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 急性期及び慢性期のIVUS/OFDI評価により良好な治療過程を確認し得た特発性冠動脈解離の一例 査読

    野元 陽太, 水谷 一輝, 岡井 主, 梶尾 啓子, 山崎 貴紀, 紙森 公雄, 葭山 稔

    (一社)日本心血管インターベンション治療学会 日本心血管インターベンション治療学会抄録集   26回   YI2 - 9   2017年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • PDA先行治療で心不全症状が改善したASの一例 査読

    梶尾啓子, 水谷一輝, 中尾真奈, 岡井主, 野元陽太, 伊藤朝広, 山崎貴紀, 岩田真一, 紙森公雄, 葭山稔

    日本循環器学会近畿地方会(Web)   124th   KINKI124,G01 (WEB ONLY)   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • Calcified noduleが原因と考えられた冠動脈バイパス後の急性冠症候群の一例

    野元陽太, 水谷一輝, 岡井主, 梶尾啓子, 山崎貴紀, 紙森公雄, 葭山稔

    日本循環器学会近畿地方会(Web)   124th   2017年

     詳細を見る

  • 肺高血圧による右室モデリングに対する炭酸ガスミストの有効性 査読

    泉 康雄, 山崎 貴紀, 中村 泰浩, 岩尾 洋

    (NPO)日本高血圧学会 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   38回   456 - 456   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 広範囲に水疱、びらんを認め、中毒性表皮壊死症(TEN)と考えた1例 査読

    松村 泰宏, 上間 優香, 大霜 智子, 山崎 貴紀, 寺前 彩子, 鶴田 大輔

    日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会 皮膚の科学   14 ( 4 )   188 - 189   2015年08月( ISSN:1347-1813

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • The Role of Exosomes on Cardiac Hypertrophy 査読

    Takehiro Yamaguchi, Yasukatsu Izumi, Takanori Yamazaki, Minoru Yoshiyama

    CHURCHILL LIVINGSTONE INC MEDICAL PUBLISHERS JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   20 ( 10 )   S205 - S205   2014年10月( ISSN:1071-9164

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 超小型ミニブタを用いたメタボリック症候群モデル作製 査読

    泉 康雄, 山崎 貴紀, 中村 泰浩, 島田 健永, 葭山 稔, 岩尾 洋

    (NPO)日本高血圧学会 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   37回   399 - 399   2014年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 冠動脈完全閉塞病変においてWhole Heart Coronary T1強調Black Blood MRIで描出される閉塞区間体部の高信号の有無は閉塞期間と相関する 査読

    松本 健嗣, 江原 省一, 長谷川 隆生, 坂口 海雲, 稲波 整, 大塚 憲一郎, 山崎 貴紀, 仲川 将志, 島田 健永, 葭山 稔

    (一社)日本心臓病学会 日本心臓病学会学術集会抄録   62回   O - 261   2014年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 慢性心不全に対する一過性四肢虚血コンディショニング効果 査読

    山口 雄大, 泉 康雄, 山崎 貴紀, 中村 泰浩, 岡 真優子, 塩田 正之, 葭山 稔, 岩尾 洋

    日本心脈管作動物質学会 血管   37 ( 1 )   29 - 29   2014年01月( ISSN:0911-4637

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 急性心筋炎を繰り返した一例

    石川世良, 橋本麻友, 豊島範子, 山崎貴紀, 小川景太郎, 織田茂哉, 泉谷悟, 大村崇, 田原旭

    日本循環器学会近畿地方会(Web)   118th   2014年

     詳細を見る

  • トルバプタンはラットにおける心筋梗塞後の左室機能障害を改善させる 査読

    山崎 貴紀, 泉 康雄, 中村 泰浩, 山下 直人, 藤木 浩之, 岡 真優子, 塩田 正之, 花谷 彰久, 島田 健永, 岩尾 洋, 葭山 稔

    大阪市医学会 大阪市医学会雑誌   62   38 - 39   2013年12月( ISSN:0386-4103

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Beneficial Effects of Repeated Remote Ischemic Conditioning on Chronic Heart Failure at Chronic Phase After Myocardial Infarction 査読

    Takehiro Yamaguchi, Yasukatsu Izumi, Takanori Yamazaki, Yasuhiro Nakamura, Soichi Sano, Akihisa Hanatani, Kenei Shimada, Hiroshi Iwao, Minoru Yoshiyama

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS CIRCULATION   128 ( 22 )   2013年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Intraluminal and Intrawall Hyperintense Plaques Identified by Noncontrast T1-Weighted Magnetic Resonance Imaging Showed Different Vulnerable Plaque Morphology Assessed by Optical Coherence Tomography 査読

    Kenji Matsumoto, Shoichi Ehara, Takao Hasegawa, Mikumo Sakaguchi, Hitoshi Inanami, Kenichiro Otsuka, Takanori Yamazaki, Tomokazu Iguchi, Kenei Shimada, Minoru Yoshiyama

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS CIRCULATION   128 ( 22 )   2013年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Repeated Remote Ischemic Conditioning Inhibits Cardiac Remodeling with Chronic Heart Failure after Myocardial Infarction in Rats 査読

    Takehiro Yamaguchi, Yasukatsu Izumi, Takanori Yamazaki, Yasuhiro Nakamura, Akihisa Hanatani, Kenei Shimada, Minoru Yoshiyama

    CHURCHILL LIVINGSTONE INC MEDICAL PUBLISHERS JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   19 ( 10 )   S137 - S137   2013年10月( ISSN:1071-9164

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Whole Heart Coronary T1-weighted Black Blood MRIで描出される冠動脈プラーク高信号の局在に関する検討 OCT所見との比較検討 査読

    松本 健嗣, 江原 省一, 長谷川 隆生, 坂口 海雲, 稲波 整, 大塚 憲一郎, 山崎 貴紀, 井口 朋和, 島田 健永, 葭山 稔

    (一社)日本心臓病学会 日本心臓病学会誌   8 ( Suppl.I )   302 - 302   2013年09月( ISSN:1882-4501

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 電子顕微鏡を用いた薬剤溶出性ステントのポリマー耐久性の検討 査読

    井口 朋和, 長谷川 隆生, 坂口 海雲, 松本 健嗣, 大塚 憲一郎, 山崎 貴紀, 西村 哲, 江原 省一, 島田 健永, 葭山 稔

    (一社)日本心臓病学会 日本心臓病学会誌   8 ( Suppl.I )   524 - 524   2013年09月( ISSN:1882-4501

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • マルチスライスCTを用いた全冠動脈枝における石灰化の分布に関する検討 査読

    江原 省一, 松本 健嗣, 長谷川 隆生, 井口 朋和, 山崎 貴紀, 大塚 憲一郎, 稲波 整, 坂口 海雲, 島田 健永, 葭山 稔

    (一社)日本心臓病学会 日本心臓病学会誌   8 ( Suppl.I )   529 - 529   2013年09月( ISSN:1882-4501

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ラット心筋梗塞急性期および慢性期に対するバソプレシンV2受容体拮抗薬の有効性 査読

    泉 康雄, 山崎 貴紀, 岡 真優子, 塩田 正之, 岩尾 洋

    日本心脈管作動物質学会 血管   36 ( 1 )   32 - 32   2013年01月( ISSN:0911-4637

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 超小型ミニブタを用いた,非侵襲的メタボリック症候群モデルの作製

    泉康雄, 川口博明, 田和正志, 山崎貴紀, 山口雄大, 岡真優子, 塩田正之, 葭山稔, 谷本昭英, 岡村富夫, 岩尾洋

    高血圧関連疾患モデル学会学術総会抄録集   49th   2013年

     詳細を見る

  • Percutaneous Carbon Dioxide Gas Mist Treatment Improves Cardiac Function after Myocardial Infarction in Rats via Nitric Oxide Activity 査読

    Takanori Yamazaki, Yasukatsu Izumi, Yasuhiro Nakamura, Takehiro Yamaguchi, Akihisa Hanatani, Kenei Shimada, Hiroshi Iwao, Minoru Yoshiyama

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS CIRCULATION   126 ( 21 )   2012年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Vasopressin V2 Receptor Antagonist Tolvaptan Prevents The Development of Chronic Heart Failure via Its Anti-inflammatory and Anti-fibrotic Actions 査読

    Takanori Yamazaki, Yasukatsu Izumi, Yasuhiro Nakamura, Takehiro Yamaguchi, Akihisa Hanatani, Kenei Shimada, Hiroshi Iwao, Minoru Yoshiyama

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS CIRCULATION   126 ( 21 )   2012年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Percutaneous Carbon Dioxide Treatment Using a Gas Mist Generator Accelerates Angiogenesis in the Ischemic Hindlimb 査読

    Yasukatsu Izumi, Takanori Yamazaki, Yasuhiro Nakamura, Takehiro Yamaguchi, Akihisa Hanatani, Kenei Shimada, Minoru Yoshiyama, Hiroshi Iwao

    LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS CIRCULATION   126 ( 21 )   2012年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • The Efficacy of Tolvaptan on Renal Function under Reduced Loop Diuretics in Patients with Congestive Heart Failure 査読

    Akihisa Hanatani, Takanori Yamazaki, Kenichi Sugioka, Shoichi Ehara, Yasuhiro Nakamura, Yasukatsu Izumi, Yasuhiko Takemoto, Masahiko Takagi, Kenei Shimada, Minoru Yoshiyama

    CHURCHILL LIVINGSTONE INC MEDICAL PUBLISHERS JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   18 ( 10 )   S156 - S156   2012年10月( ISSN:1071-9164

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 慢性心不全モデルラットに対するバソプレシンV2受容体拮抗薬トルバプタンの効果 査読

    泉 康雄, 山崎 貴紀, 中村 泰浩, 高橋 延吉, 塩田 正之, 岡 真優子, 三浦 克之, 岩尾 洋

    (公社)日本薬理学会 日本薬理学雑誌   140 ( 4 )   5P - 5P   2012年10月( ISSN:0015-5691

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Nitric Oxide Synthase(NOS)阻害薬に対する種差 査読

    泉 康雄, 中村 泰浩, 山崎 貴紀, 花谷 彰久, 島田 健永, 葭山 稔, 岩尾 洋

    (NPO)日本高血圧学会 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   35回   427 - 427   2012年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 経皮的炭酸ガスミスト処置はラット心筋梗塞後の心機能低下を抑制する 査読

    泉 康雄, 高橋 延吉, 中村 泰浩, 山崎 貴紀, 塩田 正之, 田中 昌子, 山口 麻貴, 岡 真優子, 葭山 稔, 岩尾 洋

    日本心脈管作動物質学会 血管   35 ( 1 )   47 - 47   2012年01月( ISSN:0911-4637

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ラット心筋梗塞急性期に対するバゾプレシンV2受容体拮抗薬の効果

    泉康雄, 中村泰浩, 山崎貴紀, 高橋延吉, 岡真優子, 岡真優子, 塩田正之, 三浦克之, 岩尾洋

    日本循環薬理学会口演要旨集   22nd   2012年

     詳細を見る

  • 左房に限局するガリウムの異常集積と,全周性左房内膜肥厚を認めた発作性心房細動の一例

    柴田敦, 山崎貴紀, 伊藤朝広, 岩田真一, 松村嘉起, 江原省一, 花谷彰久, 島田健永, 葭山稔

    日本循環器学会近畿地方会(Web)   114th   2012年

     詳細を見る

  • II度以上未治療高血圧治療に対する高用量ARB投与とARB・CCB併用投与の降圧効果 査読

    中村 泰浩, 泉 康雄, 山崎 貴紀, 花谷 彰久, 島田 健永, 室生 卓, 葭山 稔

    (NPO)日本高血圧学会 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   34回   484 - 484   2011年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ラット心筋梗塞モデル慢性期に対するバソプレシンV2受容体拮抗薬トルバプタンの効果 査読

    泉 康雄, 中村 泰浩, 山崎 貴紀, 花谷 彰久, 島田 健永, 室生 卓, 葭山 稔, 岩尾 洋

    (NPO)日本高血圧学会 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   34回   410 - 410   2011年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Vasopressin V2 Receptor Antagonist Inhibits Cardiac Remodeling with Old Myocardial Infarction in Rats 査読

    Takanori Yamazaki, Yasuhiro Nakamura, Yasukatsu Izumi, Akihisa Hanatani, Takashi Muro, Minoru Yoshiyama

    CHURCHILL LIVINGSTONE INC MEDICAL PUBLISHERS JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   17 ( 9 )   S149 - S150   2011年09月( ISSN:1071-9164

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 心筋梗塞後の心臓リモデリングに対するバゾプレシンV<sub>2</sub>受容体拮抗薬の効果

    泉康雄, 中村泰浩, 山崎貴紀, 高橋延吉, 塩田正之, 岡真優子, 岩尾洋

    日本循環薬理学会口演要旨集   21st   2011年

     詳細を見る

  • 高血圧性心肥大に対する抗線維化薬の効果

    泉康雄, 山崎貴紀, 中村泰浩, 花谷彰久, 室生卓, 葭山稔, 岩尾洋

    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   33rd   2010年

     詳細を見る

  • 僧帽弁瘤形成を伴ったMRSA感染性心内膜炎の1例

    安本 寛章, 泉谷 悟, 山崎 貴紀, 織田 茂哉, 田原 旭

    Circulation Journal   72 ( Suppl.II )   996 - 996   2008年04月( ISSN:1346-9843 ( eISSN:1347-4820

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

科研費

  • 光干渉断層像による下肢動脈における潰瘍性プラークの同定とその予後検討

    基盤研究(C)  2024年

奨励寄附金・助成金

  • 血管内視鏡を用いた病変観察と分子マーカーの測定による、担癌患者の動脈血栓症発症予測因子の探索

    公益信託 循環器学研究振興機構  2019年04月

  • 大豆イソフラボンによる血管周囲脂肪組織におけるGPR120の役割

    不二たんぱく質研究振興財団  2013年04月

担当教育概要

  • 胸部の診察
    虚血性心疾患の診断と治療

担当授業科目

  • 心臓カテーテル実習

    2023年度   実習   大学

  • 冠動脈疾患の最新の診断と治療

    2023年度     大学院

  • 虚血性心疾患の診断と治療

    2023年度     大学

  • 胸部聴診実習

    2023年度   実習   大学

  • 心臓カテーテル実習

    2022年度   実習   大学

  • 冠動脈疾患の最新の診断と治療

    2022年度     大学院

  • 虚血性心疾患の診断と治療

    2022年度     大学

  • 虚血性心疾患の診断と治療

    2021年度     大学

  • 心臓カテーテル実習

    2021年度   実習   大学

  • 冠動脈疾患の最新の診断と治療

    2021年度     大学院

  • 胸部聴診実習

    2021年度   実習   大学

  • 胸部聴診実習

    2020年度     大学

  • 虚血性心疾患の診断と治療

    2020年度     大学

  • 心臓カテーテル実習

    2020年度   実習   大学

  • 心臓カテーテル実習

    2020年度   実習   大学

  • 現代の医療

    2019年度     大学

  • 胸部聴診実習

    2019年度   実習   大学

  • 症候学「胸痛」

    2019年度     大学

  • 心臓カテーテル実習

    2019年度   実習   大学

  • 胸部聴診実習

    2018年度   実習   大学

  • 症候学「胸痛」

    2018年度     大学

  • 心臓カテーテル実習

    2018年度   実習   大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 臨床病態学「冠動脈疾患の最新の診断と治療」

    2021年09月
    -
    継続中
    機関名:大阪市立大学大学院医学研究科修士課程

  • 臓器別講義「虚血性心疾患の診断と治療」

    2021年02月
    -
    継続中
    機関名:大阪市立大学医学部

  • 症候学「胸痛」

    2019年02月
    -
    2020年03月
    機関名:大阪市立大学医学部

  • 心臓カテーテル実習

    2018年04月
    -
    継続中
    機関名:大阪市立大学医学部

  • 胸部聴診実習

    2018年
    -
    継続中
    機関名:大阪市立大学医学部

FD活動

  • 臨床研修指導医養成のためのワークショップ  2017年度

     詳細を見る

    受講

社会貢献活動

  • 胸の痛み、続くならコロナ禍でも迷わず受診

    役割:取材協力

    朝日新聞  朝日新聞  2022年02月

     詳細を見る

    種別:新聞・雑誌

メディア報道

  • 胸の痛み、続くならコロナ禍でも迷わず受診 新聞・雑誌

    朝日新聞  元気にキレイに  2022年02月

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 動脈硬化の成り立ち

    分野:医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学)

     詳細を見る

    SDGs:

    対象:中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般, 企業, 市民団体, メディア

  • 急性冠症候群の診断・治療と予防について

    分野:医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学)

     詳細を見る

    SDGs:

    対象:高校生, 大学生, 大学院生, 社会人・一般, 市民団体, メディア

学術貢献活動

  • 第17回Trans Catheter Imaging Forum

    役割:企画立案・運営等

    2024年05月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第243回日本内科学会近畿地方会「循環器4」

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本内科学会  2024年03月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第42回日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会「研修医セッション」

    役割:審査・評価

    日本心血管インターベンション治療学会近畿支部  2024年03月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • BPA MEET UP @ KANSAI

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    株式会社 カネカメディックス  2024年02月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 札幌心臓血管クリニックUltreon2.0 Web Live

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    2023年12月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • ZIDAN-CLTI研究会

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    アステラス製薬・アムジェン株式会社  2023年12月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第41回日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    日本心血管インターベンション治療学会近畿支部  2023年10月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第20回近畿血管内視鏡研究会

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    2023年07月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第16回Trans Catheter Imaging Forum

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    NPO法人日本血管映像化研究機構  2023年05月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第1回Metro Heart Conference

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    大阪公立大学医学部附属病院循環器内科/第一三共株式会社  2023年05月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第87回日本循環器学会学術総会 Poster Session 87 PAD4

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本循環器学会  2023年03月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第87回日本循環器学会学術総会

    役割:査読

    日本循環器学会  2023年03月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第1回Osaka Metropolitan Cardiovascular Conference (OMECC)

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    日本メドトロニック  2023年02月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第4回PELE OSAKA

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    PHILIPS  2022年11月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第3回 ZIDAN-CLTI研究会

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    アステラス製薬・アムジェン株式会社  2022年05月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • BPA Conference 2022 in Osaka

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    カネカメディックス  2022年05月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第86回日本循環器学会学術集会 ポスターセッション39 Atherosclerosis (Pathophysiology/Treatment)

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本循環器学会  2022年03月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第86回日本循環器学会学術集会

    役割:査読

    日本循環器学会  2022年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Complex Case Conference @Osaka

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    ボストンサイエンティフィックジャパン  2021年12月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第2回 ZIDAN-CLTI研究会

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    アステラス製薬、アムジェン株式会社  2021年11月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第3回 PELE OSAKA

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    PHILIPS  2021年10月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第3回 OCU Heart Failure Web Meeting

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    大塚製薬株式会社/ノバルティス・ファーマ株式会社  2021年08月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • CTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)を知る

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    第42回日本循環制御医学会学術集会・総会  2021年07月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • 静脈血栓症webセミナー〜エビデンスに基づいた正しいVTE診療を識る〜

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    2021年06月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • ZIDAN-CLTI研究会

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    アステラス製薬、アムジェン  2021年05月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 興和株式会社社内研修

    役割:審査・評価

    興和株式会社  2021年05月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  • ALI/CLI Summit「どうするALI (acute limb ischemia)」

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    ボストンサイエンティフィックジャパン  2021年05月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • TCIF2021

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    NPO法人日本血管映像化研究機構  2021年05月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • JCS2021 第85回日本循環器学会学術集会

    役割:査読

    日本循環器学会  2021年03月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • EVT Web Seminar @OSAKA2020

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    PHILIPS JAPAN  2020年12月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第2回 PELE OSAKA

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    アステラス製薬株式会社、アムジェン株式会社、PHILIPS JAPAN  2020年10月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • OSCE外部評価委員

    役割:審査・評価

    神戸大学医学部  2019年12月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  • CV Premium Conference

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    アステラス・アムジェン  2019年11月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第12回近畿血管内視鏡研究会

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    2019年10月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • PELE OSAKA

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    PHILIPS JAPAN  2019年10月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 南大阪循環器PLUS2 -Practice Learning Unchained Study 2-

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    大塚製薬株式会社  2016年05月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

▼全件表示

その他

  • 職務経歴

    2019年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 循環器内科 助教

  • 職務経歴

    2017年04月 - 2019年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 循環器内科 病院講師

  • 職務経歴

    2012年04月 - 2014年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 循環器内科 後期研究医

  • 職務経歴

    2008年04月 - 2012年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 循環器内科 大学院生