2024/04/11 更新

写真a

フクナガ シュウセイ
福永 周生
FUKUNAGA Shusei
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 消化器内科学

所属学協会

  • 消化管学会

      国内

  • 消化器内視鏡学会

      国内

  • 消化器病学会

      国内

  • 内科学会

      国内

  • 日本胃癌学会

  • 日本消化管学会

  • 日本消化器病学会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 日本内科学会

▼全件表示

論文

  • An Analysis of Delayed Bleeding in Cases of Colorectal Endoscopic Submucosal Dissection Due to Types of Direct Oral Anticoagulants in Japan.

    2023年

  • Gastrointestinal IgG4 Deposition Is a New Histopathological Feature of Eosinophilic Gastroenteritis.

    Kosaka S, Tanaka F, Nakata A, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    Digestive diseases and sciences   67 ( 8 )   3639 - 3648   2022年08月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

  • Long-term rebleeding rate and predictive factors of rebleeding after capsule endoscopy in patients with obscure gastrointestinal bleeding.

    Otani K, Shimada S, Watanabe T, Nadatani Y, Higashimori A, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Fujiwara Y

    Gastrointestinal endoscopy   2022年07月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

  • Evaluation of long-term survival in patients with severe comorbidities after endoscopic submucosal dissection for esophageal squamous cell carcinoma.

    Hirano S, Nagami Y, Yamamura M, Tanoue K, Sakai T, Maruyama H, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Shiba M, Watanabe T, Fujiwara Y

    Surgical endoscopy   36 ( 7 )   5011 - 5022   2022年07月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

  • Antithrombotics increase bleeding after endoscopic submucosal dissection for gastric cancer: Nationwide propensity score analysis.

    Nagami Y, Hatta W, Tsuji Y, Yoshio T, Kakushima N, Hoteya S, Tsuji S, Fukunaga S, Hikichi T, Kobayashi M, Morita Y, Sumiyoshi T, Iguchi M, Tomida H, Inoue T, Mikami T, Hasatani K, Nishikawa J, Matsumura T, Nebiki H, Nakamatsu D, Ohnita K, Suzuki H, Ueyama H, Hayashi Y, Yoshida H, Fujishiro M, Masamune A, Fujiwara Y

    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society   34 ( 5 )   974 - 983   2022年07月( ISSN:0915-5635

     詳細を見る

  • Lustrous White Erosions Surrounded by an Erythematous Mucosa: A Novel Endoscopic Finding of Gastric Lesions in Patients with Wilson Disease.

    Kitagawa D, Ominami M, Taira K, Tanoue K, Higashimori A, Maruyama H, Itani S, Nishida Y, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Nagami Y, Kamata N, Kuwae Y, Watanabe T, Ohsawa M, Fujiwara Y, F-study Group.

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   61 ( 12 )   1835 - 1841   2022年06月( ISSN:0918-2918

  • Pirfenidone prevents esophageal stricture by inhibiting nucleotide binding oligomerization domain like receptor protein 3 inflammasome activation.

    Hirano S, Higashimori A, Nagami Y, Nadatani Y, Tanigawa T, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   37 ( 6 )   1096 - 1106   2022年06月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

  • Angle of covered self-expandable metallic stents after placement is a risk factor for recurrent biliary obstruction.

    Tanoue K, Maruyama H, Ishikawa-Kakiya Y, Kinoshita Y, Hayashi K, Yamamura M, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    World journal of hepatology   14 ( 5 )   992 - 1005   2022年05月

     詳細を見る

  • Effect of the Coronavirus Disease 2019 Lockdown on Lifestyle Factors in Japanese Patients with Inflammatory Bowel Disease.

    Nishida Y, Hosomi S, Fujimoto K, Nakata R, Itani S, Ohminami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Ohfuji S, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   61 ( 9 )   1329 - 1336   2022年05月( ISSN:0918-2918

  • Effect of the Coronavirus Disease 2019 Lockdown on Lifestyle Factors in Japanese Patients with Inflammatory Bowel Disease(和訳中)

    Nishida Yu, Hosomi Shuhei, Fujimoto Koji, Nakata Rieko, Itani Shigehiro, Ohminami Masaki, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Kamata Noriko, Ohfuji Satoko, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   61 ( 9 )   1329 - 1336   2022年05月( ISSN:0918-2918

  • Isolated pancreatic metastasis from a malignant pleural mesothelioma diagnosed using endoscopic ultrasonography-guided fine needle aspiration biopsy.

    Ishikawa-Kakiya Y, Maruyama H, Tanoue K, Fukunaga S, Nagami Y, Fujiwara Y

    Hepatobiliary & pancreatic diseases international : HBPD INT   21 ( 2 )   196 - 198   2022年04月( ISSN:1499-3872

     詳細を見る

  • A questionnaire-based survey on the etiopathogenesis of chronic constipation during a medical check-up in Japan.

    Otani K, Watanabe T, Takahashi K, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kimura T, Fukumoto S, Fujiwara Y

    Journal of clinical biochemistry and nutrition   70 ( 2 )   205 - 211   2022年03月( ISSN:0912-0009

  • Clinical Implication of Preoperative C-Reactive Protein/Albumin Ratio in Malignant Transformation of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm: A Propensity Score Analysis.

    Maruyama H, Tanoue K, Ishikawa-Kakiya Y, Yamamura M, Higashimori A, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Ohira G, Kimura K, Amano R, Fujiwara Y

    Diagnostics (Basel, Switzerland)   12 ( 2 )   2022年02月

     詳細を見る

  • Gel improves visibility despite post-prandial timing of endoscopy for accidental ingestion.

    Ochiai T, Ominami M, Nagami Y, Manabe T, Kono M, Fukunaga S, Fujiwara Y

    Endoscopy   2022年02月( ISSN:0013-726X

     詳細を見る

  • Pyogenic Spondylitis Caused by Staphylococcus schleiferi in a Patient with Crohn's Disease.

    Fujimoto K, Hosomi S, Nakata R, Sugita N, Nishida Y, Fukunaga S, Nadatani Y, Otani K, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   61 ( 4 )   577 - 580   2022年02月( ISSN:0918-2918

  • Pyogenic Spondylitis Caused by Staphylococcus schleiferi in a Patient with Crohn's Disease(和訳中)

    Fujimoto Koji, Hosomi Shuhei, Nakata Rieko, Sugita Naoko, Nishida Yu, Fukunaga Shusei, Nadatani Yuji, Otani Koji, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   61 ( 4 )   577 - 580   2022年02月( ISSN:0918-2918

  • Performance of perioperative antibiotics against post-endoscopic submucosal dissection coagulation syndrome: a multicenter randomized controlled trial.

    Shichijo S, Takeuchi Y, Shimodate Y, Yamashina T, Yamasaki T, Hayashi T, Hirasawa K, Fukunaga S, Yamaguchi S, Asai S, Kawamura T, Fukata N, Yamamoto M, Teramoto A, Kinjo Y, Matsuno K, Kinjo T, Sano Y, Iwatsubo T, Nagaike K, Matsumoto M, Hoki N, Kawamura I, Shimokawa T, Uedo N, Ishikawa H, Tanaka K, Kitano M, Kansai Endoscopic Device Selection Conference in Kansai Research Group.

    Gastrointestinal endoscopy   95 ( 2 )   349 - 359   2022年02月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

  • Interferon-α exerts proinflammatory properties in experimental radiation-induced esophagitis: Possible involvement of plasmacytoid dendritic cells.

    Kitamura H, Tanigawa T, Kuzumoto T, Nadatani Y, Otani K, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Uematsu S, Watanabe T, Fujiwara Y

    Life sciences   289   120215   2022年01月( ISSN:0024-3205

     詳細を見る

  • Prevalence and risk factor for chronic diarrhea in participants of a Japanese medical checkup.

    Matsumoto Y, Nadatani Y, Otani K, Higashimori A, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Kimura T, Fukumoto S, Tanaka F, Taira K, Nagami Y, Watanabe T, Fujiwara Y

    JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology   6 ( 1 )   69 - 75   2022年01月

     詳細を見る

  • Acceptance of COVID-19 Vaccines among Patients with Inflammatory Bowel Disease in Japan.

    Nishida Y, Hosomi S, Kobayashi Y, Nakata R, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Fujiwara Y

    Healthcare (Basel, Switzerland)   10 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

  • Ovariectomy-Induced Dysbiosis May Have a Minor Effect on Bone in Mice.

    Kosaka S, Nadatani Y, Higashimori A, Otani K, Fujimoto K, Nagata Y, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Imoto S, Uematsu S, Watanabe T, Fujiwara Y

    Microorganisms   9 ( 12 )   2021年12月

  • Successful treatment using a side-viewing duodenoscope for esophagojejunal varices on the jejunal side of the anastomosis site after total gastrectomy.

    Maruyama H, Higashimori A, Maeda N, Ominami M, Fukunaga S, Nagami Y, Fujiwara Y

    Endoscopy   2021年10月( ISSN:0013-726X

     詳細を見る

  • Endoscopic Biopsy Technique using an Alcohol Swab to Prevent Transmission through the Instrument Channel in the COVID-19 Era.

    Fukunaga S, Manabe T, Kono M, Ochiai T, Higashimori A, Ominami M, Nagami Y, Fujiwara Y

    Clinical endoscopy   54 ( 5 )   771 - 773   2021年09月( ISSN:2234-2400

     詳細を見る

  • Prevalence and risk factors of functional constipation in the Rome IV criteria during a medical check-up in Japan.

    Otani K, Watanabe T, Takahashi K, Nadatani Y, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Kimura T, Fukumoto S, Kawada N, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   36 ( 8 )   2157 - 2164   2021年08月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

  • Predictive factors for difficult endoscopic submucosal dissection for esophageal neoplasia including failure of en bloc resection or perforation.

    Nagami Y, Ominami M, Sakai T, Maruyama H, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe T, Fujiwara Y

    Surgical endoscopy   35 ( 7 )   3361 - 3369   2021年07月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

  • Gastrointestinal endoscopic practice during COVID-19 pandemic: a multi-institutional survey.

    Maruyama H, Hosomi S, Nebiki H, Fukuda T, Nakagawa K, Okazaki H, Yamagami H, Hara J, Tanigawa T, Machida H, Aomatsu K, Watanabe Y, Sato H, Uno H, Takaishi O, Nomura T, Ochi M, Oshitani N, Adachi K, Higashimori A, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    Romanian journal of internal medicine = Revue roumaine de medecine interne   59 ( 2 )   166 - 173   2021年06月( ISSN:1220-4749

     詳細を見る

  • Classification of patients with esophageal eosinophilia by patterns of sensitization revealed by a diagnostic assay for multiple allergen-specific IgEs.

    Nakata A, Tanaka F, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Watanabe T, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology   56 ( 5 )   422 - 433   2021年05月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

  • 早期胃癌のために内視鏡的粘膜下層剥離術を受けた患者におけるHelicobacter pylori除菌後の胃内ディスバイオシスの長期的持続(Long-term persistence of gastric dysbiosis after eradication of Helicobacter pylori in patients who underwent endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer)

    Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Suda Wataru, Higashimori Akira, Otani Koji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Nakatsu Geicho, Hattori Masahira, Fujiwara Yasuhiro

    Gastric Cancer   24 ( 3 )   710 - 720   2021年05月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    早期胃癌のために内視鏡的粘膜下層剥離術を受けた患者のペアサンプル(Helicobacter pylori除菌前と除菌後)について、胃粘膜におけるH.pyloriの除菌に伴う微生物叢の変化について検討した。内視鏡的粘膜下層剥離術の対象となった早期胃癌患者でH.pylori感染者19例(年齢中央値67歳)を登録した。H.pylori陰性の患者10例を対照とした。H.pylori陽性患者では、Blautia、Ralstonia、Faecalibacterium、Methylobacterium、Megamonasなどの複数の属が除去されており、細菌の豊富さと均一性が低かった。H.pylori除菌後の追跡期間の中央値13ヵ月において、細菌の多様性が部分的に回復したが、H.pylori除菌患者の細菌は対照群に比べて多様性が低く、前述の5属の存在率も低かった。また、H.pylori除菌により細菌組成が変化したが、対照群と同様の組成ではなかった。さらに、胃内の微生物群は、H.pylori陰性、除菌前、除菌後の三つのグループに分類することができた。以上より、胃癌を発症したことのある患者では、H.pylori除菌後もディスバイオシスが長く続く可能性があった。また、そのような患者では、H.pyloriの除菌後の原発性および異時性胃癌の発症にディスバイオシスが関与している可能性があった。

  • 多種アレルゲン特異的IgEの診断的アッセイにより示された感作パターンに基づいた、食道好酸球増多症症例の分類(Classification of patients with esophageal eosinophilia by patterns of sensitization revealed by a diagnostic assay for multiple allergen-specific IgEs)

    Nakata Akinobu, Tanaka Fumio, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Journal of Gastroenterology   56 ( 5 )   422 - 433   2021年05月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    食道好酸球増多症(EE)患者における、IgE媒介性アレルギー感作パターンを検討することを目的とした。多種アレルゲン特異的IgE診断パネルによる評価を受けたEE症例を検討対象とした。クラスター解析により統計学的に有意な3群を同定し、アレルゲンを室外、室内、植物および動物アレルゲンと定義した。第1群(62例)は花粉およびハウスダスト以外の殆どのアレルゲンに対して軽度感作されていた。第2群(30例)は屋外および植物アレルゲンに高度感作されていた。第3群(15例)は殆どのアレルゲンに高度感作されており、特に室内および動物アレルゲンに対する反応が高度であった。第1、2、3群における嚥下障害の頻度は、それぞれ35.5%、46.7%、73.3%であった(P=0.028)。好酸球性食道炎(EoE)内視鏡的参照スコア(EREFS)は、それぞれ3.0、6.0、8.0であった(P<0.001)。また第3群では、第1群と比較して嚥下障害の頻度が有意に高く(35.5%対73.3%、P=0.030)、EREFSスコアに関して、輪状溝(0.3対0.9、P=0.003)および狭窄(0.0対0.13、P=0.011)の値が高かった。IgE媒介性アレルギー感作パターンはEE患者の臨床像と関連しており、IgEパネルは患者の特徴を明らかにするために有用であると考えられた。

  • Long-term persistence of gastric dysbiosis after eradication of Helicobacter pylori in patients who underwent endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer.

    Watanabe T, Nadatani Y, Suda W, Higashimori A, Otani K, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Tanigawa T, Nakatsu G, Hattori M, Fujiwara Y

    Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   24 ( 3 )   710 - 720   2021年05月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

  • A case of nivolumab-induced cervical lymphadenopathy in a patient with gastric cancer.

    Taira K, Kimura A, Nakata A, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Watanabe T, Fujiwara Y

    Journal of gastrointestinal oncology   12 ( 2 )   880 - 884   2021年04月( ISSN:2078-6891

     詳細を見る

  • Comparison of the Diagnostic Efficiency of Radial- and Convex-Arrayed Echoendoscopes for Indirect Findings of Pancreatic Cancer: A Retrospective Comparative Study Using Propensity Score Method.

    Ishikawa-Kakiya Y, Maruyama H, Yamamoto K, Yamamura M, Tanoue K, Higashimori A, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Shiba M, Watanabe T, Fujiwara Y

    Cancers   13 ( 6 )   1 - 13   2021年03月

     詳細を見る

  • Underwater endoscopic submucosal dissection for a duodenal neuroendocrine tumor using pocket creation and ring-shaped thread countertraction methods.

    Kono M, Nagami Y, Kitagawa D, Manabe T, Ominami M, Fukunaga S, Fujiwara Y

    Endoscopy   53 ( 3 )   E110 - E111   2021年03月( ISSN:0013-726X

     詳細を見る

  • Ring-Shaped Thread Counter Traction-Assisted Endoscopic Retrograde Cholangiopancreatography of a Huge Periampullary Diverticula.

    Ishikawa-Kakiya Y, Maruyama H, Yamamoto K, Yamamura M, Tanoue K, Ominami M, Fukunaga S, Taira K, Nagami Y, Watanabe T, Fujiwara Y

    The American journal of gastroenterology   116 ( 1 )   12   2021年01月( ISSN:0002-9270

  • Impact of the Lockdown Due to the COVID-19 Pandemic on Patients With Inflammatory Bowel Disease.

    Nishida Y, Hosomi S, Fujimoto K, Nakata R, Sugita N, Itani S, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Watanabe T, Ohfuji S, Fujiwara Y

    Frontiers in medicine   8   649759   2021年

     詳細を見る

  • The impact of cytochrome P450 3A genetic polymorphisms on tacrolimus pharmacokinetics in ulcerative colitis patients.

    Furuse M, Hosomi S, Nishida Y, Itani S, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Watanabe T, Watanabe K, Fujiwara Y

    PloS one   16 ( 4 )   e0250597   2021年

  • Successful Eradication of Helicobacter pylori Could Prevent Metachronous Gastric Cancer: A Propensity Matching Analysis.

    Nakata R, Nagami Y, Hashimoto A, Sakai T, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Ohira M, Taira K, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Digestion   102 ( 2 )   236 - 245   2021年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

  • Safety of Endoscopic Mucosal Resection Using a Bipolar Snare for Superficial Nonampullary Duodenal Epithelial Tumors and the Predictive Factors of Piecemeal Resection.

    Yamamura M, Nagami Y, Sakai T, Maruyama H, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Digestion   102 ( 5 )   682 - 690   2021年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

  • Rebamipide ameliorates indomethacin-induced small intestinal damage and proton pump inhibitor-induced exacerbation of this damage by modulation of small intestinal microbiota.

    Tanigawa T, Watanabe T, Higashimori A, Shimada S, Kitamura H, Kuzumoto T, Nadatani Y, Otani K, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Shiba M, Suda W, Hattori M, Fujiwara Y

    PloS one   16 ( 1 )   e0245995   2021年

  • Protective role of resolvin D1, a pro-resolving lipid mediator, in nonsteroidal anti-inflammatory drug-induced small intestinal damage.

    Kuzumoto T, Tanigawa T, Higashimori A, Kitamura H, Nadatani Y, Otani K, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    PloS one   16 ( 5 )   e0250862   2021年

  • 胃癌患者における斜台転移(clival metastasis)の稀な1症例(A Rare Case of Clival Metastasis in a Patient with Gastric Cancer)

    Yoshikawa-Kimura Akie, Taira Koichi, Katanosaka Yuki, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   59 ( 24 )   3161 - 3164   2020年12月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は73歳男性で、腹膜播種を伴う進行胃癌に対し、三次療法として1年前からニボルマブ単独療法を行っていた。6サイクルのニボルマブ投与後、追跡CT検査で左頸部リンパ節腫脹、左骨盤骨転移、小型肺転移が認められた。12サイクルのニボルマブ投与により、原発腫瘍は縮小し、腫瘍マーカーが有意に低下した。全体でニボルマブは約1年継続したが(28サイクル)、原発腫瘍が再び拡大した。ある日、後頭部頭痛が生じ、自宅で非ステロイド性抗炎症薬を服用した。5日後、頭痛が改善せず、舌偏位と発話困難を認めたため、来院した。脳卒中または脳転移を疑ったが、脳造影MRI検査で斜台腫瘤が特定され、胃癌の斜台転移と診断した。斜台腫瘤は、単純CT検査や単純MRI検査のみでは特定されなかった。斜台腫瘤が頭痛、舌咽神経麻痺、舌下神経麻痺に関与していると考えられた。緩和的放射線療法を行うと、症状が徐々に改善した。

  • Endoscopic findings of gastric lesions in patients with eosinophilic gastrointestinal disorders.

    Fujiwara Y, Tanoue K, Higashimori A, Nishida Y, Maruyama M, Itani S, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Machida H, Tanigawa T, Watanabe T, Ohsawa M, F-Study group .

    Endoscopy international open   8 ( 12 )   E1817 - E1825   2020年12月( ISSN:2364-3722

     詳細を見る

  • Early Colon Cancer That Changed Its Morphology Twice.

    Kono M, Fukunaga S, Nagami Y, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 ( 22 )   2961 - 2962   2020年11月( ISSN:0918-2918

  • Utility of Kyoto Classification of Gastritis in subjects with a high-negative titer of anti-<i>Helicobacter pylori</i> antibody during a medical check-up.

    Otani K, Watanabe T, Kosaka S, Matsumoto Y, Nakata A, Nadatani Y, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Kimura T, Fukumoto S, Kawada N, Fujiwara Y

    Journal of clinical biochemistry and nutrition   67 ( 3 )   317 - 322   2020年11月( ISSN:0912-0009

  • 健診時のピロリ菌抗体価が陰性高値であった被験者における胃炎の京都分類の有用性(Utility of Kyoto Classification of Gastritis in subjects with a high-negative titer of anti-Helicobacter pylori antibody during a medical check-up)

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Kosaka Satoshi, Matsumoto Yuji, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   67 ( 3 )   317 - 322   2020年11月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    ピロリ菌抗体価が陰性高値と判定された被験者におけるピロリ菌感染診断のための胃炎の京都分類の有用性を調べた。研究デザインは単施設後ろ向き観察研究とした。健診でピロリ菌のIgG抗体価を測定した13203名のうち1690名に陰性高値が認められ、そのうちの当院を受診した111名について13C尿素の呼気試験(UBT)または糞便中の抗原検査(HpSA)、内視鏡検査を行った。評価者3名による所見の評価には木村-竹本分類の他に胃炎の京都分類を用いた。UBT陽性者またはHpSA陽性者を現感染者と判定した。胃炎の京都分類に基づく内視鏡5所見(び漫性発赤、粘膜浮腫、ひだ肥厚蛇行、粘稠性粘液、結節形成)の有(1)無(0)スコアを合計した「ピロリ菌感染スコア」を開発した。ROC曲線を描いて最適なカットオフ値を設定した。111名のピロリ菌抗体価中央値は4.0、UBT陽性10名、HpSA陽性3名で、13名(11.7%)が現感染、54名(48.6%)は除菌後の既感染、44名(39.6%)はその他であった。ピロリ菌感染スコアのROC曲線下面積は0.92で、感度と特異度が最大となるピロリ菌感染スコアのカットオフ値は1であった(内視鏡5所見のうちの1所見が確認されることを意味する)。多変量ロジスティック回帰分析により、ピロリ菌感染スコアがピロリ菌感染を予測する独立因子であることが判明した。

  • Repeated Endoscopic Submucosal Dissection for Esophageal Neoplasia Located Close to a Previous Endoscopic Submucosal Dissection Scar.

    Nagami Y, Ominami M, Sakai T, Maruyama H, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe T, Fujiwara Y

    Clinical and translational gastroenterology   11 ( 8 )   e00226   2020年08月

  • Endoscopic closure of refractory esophageal fistula after esophagectomy using polyglycolic acid sheets: a pilot study.

    Nagami Y, Ominami M, Sakai T, Fukunaga S, Tanaka F, Taira K, Tanigawa T, Lee S, Watanabe T, Fujiwara Y

    Endoscopy international open   8 ( 5 )   E591 - E595   2020年05月( ISSN:2364-3722

     詳細を見る

  • Positive correlation between pancreatic volume and post-endoscopic retrograde cholangiopancreatography pancreatitis.

    Maruyama H, Shiba M, Ishikawa-Kakiya Y, Kato K, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Yamamoto A, Kabata D, Shintani A, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   35 ( 5 )   769 - 776   2020年05月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

  • Endoscopic closure using polyglycolic acid sheets for delayed perforation after colonic endoscopic submucosal dissection.

    Nagami Y, Fukunaga S, Kanamori A, Sakai T, Ominami M, Watanabe T, Fujiwara Y

    Endoscopy   52 ( 1 )   E11 - E12   2020年01月( ISSN:0013-726X

     詳細を見る

  • A Rare Case of Clival Metastasis in a Patient with Gastric Cancer.

    Yoshikawa-Kimura A, Taira K, Katanosaka Y, Nakata A, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Watanabe T, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 ( 24 )   3161 - 3164   2020年( ISSN:0918-2918

  • Novel prognostic biomarkers of pouchitis after ileal pouch-anal anastomosis for ulcerative colitis: Neutrophil-to-lymphocyte ratio.

    Nishida Y, Hosomi S, Yamagami H, Fujimoto K, Nakata R, Itani S, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Watanabe T, Iseki Y, Fukuoka T, Shibutani M, Nagahara H, Ohfuji S, Fujiwara Y

    PloS one   15 ( 10 )   e0241322   2020年

  • 今月の主題 上部消化管感染症-最近の話題を含めて 症例アトラス 感染性食道炎 食道結核

    丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 田中 史生, 細見 周平, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    胃と腸   54 ( 12 )   1614 - 1617   2019年11月( ISSN:05362180

     詳細を見る

  • 13. 頭頸部表在癌に対する ESD の治療成績と偶発症の危険因子の検討

    大南 雅揮, 永見 康明, 福永 周生, 藤原 靖弘

    耳鼻咽喉科展望   62 ( 5 )   240 - 240   2019年10月( ISSN:03869687

  • Long-term outcome of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer in patients with severe comorbidities: a comparative propensity score analysis. 査読

    Tanoue K, Fukunaga S, Nagami Y, Sakai T, Maruyama H, Ominami M, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe T, Fujiwara Y

    Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   22 ( 3 )   558 - 566   2019年05月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1007/s10120-018-0889-8

    PubMed

  • 重症併存症がみられる患者の早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術の晩期成績 傾向スコアを用いた比較解析(Long-term outcome of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer in patients with severe comorbidities: a comparative propensity score analysis)

    Tanoue Kojiro, Fukunaga Shusei, Nagami Yasuaki, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Ominami Masaki, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Gastric Cancer   22 ( 3 )   558 - 566   2019年05月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    早期胃癌の患者に対し内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を施行した場合の晩期成績を重症併存症の有無で比較する後ろ向きコホート研究を施行した。早期胃癌に罹患し、当院にて2004年2月〜2013年6月にESDを施行され、2016年7月まで経過観察が続けられた患者488名を解析対象とした。そのうち、米国麻酔科学会術前全身状態分類(ASA-PS)にてクラス1または2と分類された患者は375名(対照群)、3と分類され重症併存症を有すると定義された患者は113名(重症併存症群)であった。傾向スコア分析にて比較した結果、重症併存症群の5年全生存率は79.1%であり、対照群での87.7%よりも有意に低かった。Cox比例ハザード回帰分析およびinverse probability of treatment weighting法による分析を施行した結果、どちらの分析方法を用いた場合でも重症併存症群に属することは死亡に関し有意な危険因子となることが示された。有害事象については、傾向スコアマッチングを行った後の両群間において有意差は認められなかった。重症の併存症を有する早期胃癌患者では、重症併存症がみられない患者に比べESDの長期予後が悪化することが示された。

  • Endoscopic technique for closure of a large gastric tube perforation by using endoclips with line-assisted complete closure. 査読

    Ominami M, Nagami Y, Tanaka C, Sakai T, Fukunaga S, Watanabe T, Fujiwara Y

    Endoscopy   51 ( 3 )   E49 - E50   2019年03月( ISSN:0013-726X

     詳細を見る

  • Colorectal polyps located across a fold are difficult to resect completely using endoscopic mucosal resection: A propensity score analysis. 査読

    Minamino H, Nagami Y, Shiba M, Hayashi K, Sakai T, Ominami M, Fukunaga S, Hayakawa T, Aomatsu K, Sugimori S, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe T, Fujiwara Y

    United European gastroenterology journal   6 ( 10 )   1547 - 1555   2018年12月( ISSN:2050-6406

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/2050640618797854

    PubMed

  • Lymph Node Metastasis of Mixed Adenoneuroendocrine Carcinoma after Curative Resection Using the Expanded Criteria for Early Gastric Cancer.

    Ochiai T, Ominami M, Nagami Y, Fukunaga S, Toyokawa T, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Ohira M, Ohsawa M, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   57 ( 19 )   2837 - 2842   2018年10月( ISSN:0918-2918

  • 早期胃癌に対する拡大適応を用いた根治的切除後のmixed adenoneuroendocrine carcinomaのリンパ節転移(Lymph Node Metastasis of Mixed Adenoneuroendocrine Carcinoma after Curative Resection Using the Expanded Criteria for Early Gastric Cancer)

    Ochiai Tadashi, Ominami Masaki, Nagami Yasuaki, Fukunaga Shusei, Toyokawa Takahiro, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Ohira Masaichi, Ohsawa Masahiko, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   57 ( 19 )   2837 - 2842   2018年10月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は70歳男性で、食道胃十二指腸内視鏡検査で、胃前庭部小彎と胃粘膜部に2つの早期胃癌病変が検出されたため入院となった。生検所見は高分化型腺癌であった。CTでリンパ節転移や遠隔転移は認められなかったため、両病変を内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)により一括切除した。病理診断の結果、小型の病変(17×9mm)は高分化型管状腺癌、大型で粘膜下に位置する病変(25×14mm)は高分化型管状腺癌であった。ESDから26ヵ月後、造影CTで幽門下リンパ節の腫大を認め、18F-FDG PET/CTで同部位にFDGの異常集積が認められた。早期胃癌の転移と診断し、腹腔鏡下幽門側胃切除術とD2リンパ節郭清を施行した。術後の病理所見でmixed adenoneuroendocrine carcinomaと診断した。術後補助化学療法としてイリノテカンとシスプラチンを4ヵ月間、S-1を8ヵ月間投与した。28ヵ月後の経過観察で転移の徴候は認めていない。

  • Heparin-bridging therapy is associated with post-colorectal polypectomy bleeding in patients whose oral anticoagulation therapy is interrupted. 査読

    Sakai T, Nagami Y, Shiba M, Hayashi K, Kinoshita Y, Maruyama H, Kato K, Minamino H, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Scandinavian journal of gastroenterology   53 ( 10-11 )   1304 - 1310   2018年10月( ISSN:0036-5521

  • Use of a Laparoscopic Bag for the Endoscopic Retrieval of a Large Gastric Tumor After Endoscopic Submucosal Dissection. 査読

    Nagami Y, Ominami M, Sawada A, Sakai T, Fukunaga S, Watanabe T, Fujiwara Y

    The American journal of gastroenterology   113 ( 4 )   463   2018年04月( ISSN:0002-9270

     詳細を見る

  • 食道扁平上皮癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術におけるプロポフォールとミダゾラムの比較 無作為化比較対照試験(Comparison of propofol with midazolam in endoscopic submucosal dissection for esophageal squamous cell carcinoma: a randomized controlled trial)

    Ominami Masaki, Nagami Yasuaki, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Kato Kunihiro, Minamino Hiroaki, Fukunaga Shusei, Tanaka Fumio, Sugimori Satoshi, Kamata Noriko, Machida Hirohisa, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    Journal of Gastroenterology   53 ( 3 )   397 - 406   2018年03月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    食道扁平上皮癌(ESCC)に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)時の鎮静におけるプロポフォールの有効性と安全性をミダゾラムと比較した。ESDを要するESCC患者132例をミダゾラム群66例(女性12例、男性54例、平均70.1±8.8歳)とプロポフォール群66例(女性14例、男性52例、平均69.5±8.2歳)に無作為に割り付け、鎮静不良によるESDの中断率と鎮静不良の危険因子を調べた。鎮静不良によるESDの中断率は、プロポフォール群で0%、ミダゾラム群で37.9%であった。多重ロジスティック回帰分析では、若年、ミダゾラムの使用が鎮静不良の独立危険因子であった。鎮痛時間は両群間で有意差がなかった。ミダゾラム群よりもプロポフォール群で低血圧が頻繁に発生した。有害事象発生率は両群間で同等であった。プロポフォールはミダゾラムよりもESCCに対するESD時の鎮静に効果的であった。

  • 食道内視鏡的粘膜下層剥離術の直後にトリアムシノロンを局注した患者における術後狭窄の予測(Prediction of esophageal stricture in patients given locoregional triamcinolone injections immediately after endoscopic submucosal dissection)

    Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Shiba Masatsugu, Sakai Taishi, Fukunaga Shusei, Sugimori Satoshi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Ishihara Takuma, Yamamoto Kouji, Fujiwara Yasuhiro

    Digestive Endoscopy   30 ( 2 )   198 - 205   2018年03月( ISSN:0915-5635

     詳細を見る

    表在型食道癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の直後にトリアムシノロンを局所注入した患者を対象に、術後狭窄の予測因子について検討した。対象は食道ESD後の狭窄予防を目的にトリアムシノロンを局注した一括切除101件(患者96例)で、それ以外の狭窄予防を施行した症例は除外した。術後狭窄は17件(16.8%)で発生した。症例を狭窄17件(男性15例、女性2例、平均69.4±5.3歳)と狭窄なし84件(男性67例、女性17例、平均69.9±8.7歳)の2群に分類した。術後狭窄群は狭窄なし群に比べて病変の縦径が有意に大きく、粘膜欠損の範囲が有意に広かった。多重ロジスティック回帰分析の結果、広範囲な粘膜欠損が術後狭窄を予測する独立因子であった(オッズ比2.42、95%信頼区間1.01〜5.80、P=0.048)。ROC曲線解析で粘膜欠損のカットオフ値を5/6周性と設定した場合の術後狭窄の予測感度は69.0%、特異度は64.7%であった。

  • Prediction of esophageal stricture in patients given locoregional triamcinolone injections immediately after endoscopic submucosal dissection. 査読

    Nagami Y, Ominami M, Shiba M, Sakai T, Fukunaga S, Sugimori S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Ishihara T, Yamamoto K, Fujiwara Y

    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society   30 ( 2 )   198 - 205   2018年03月( ISSN:0915-5635

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/den.12946

    PubMed

  • Comparison of propofol with midazolam in endoscopic submucosal dissection for esophageal squamous cell carcinoma: a randomized controlled trial. 査読

    Ominami M, Nagami Y, Shiba M, Tominaga K, Sakai T, Maruyama H, Kato K, Minamino H, Fukunaga S, Tanaka F, Sugimori S, Kamata N, Machida H, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T

    Journal of gastroenterology   53 ( 3 )   397 - 406   2018年03月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-017-1358-6

    PubMed

  • A Metastatic Gastric Tumor from Ovarian Cancer.

    Kono M, Nagami Y, Ominami M, Sakai T, Fukuda T, Fukunaga S, Tanaka F, Sugimori S, Yamagami H, Tanigawa T, Shiba M, Tominaga K, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   57 ( 3 )   345 - 349   2018年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.9147-17

    PubMed

    CiNii Article

  • 卵巣癌原発の転移性胃腫瘍(A Metastatic Gastric Tumor from Ovarian Cancer)

    Kono Mitsuhiro, Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Sakai Taishi, Fukuda Takeshi, Fukunaga Shusei, Tanaka Fumio, Sugimori Satoshi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    Internal Medicine   57 ( 3 )   345 - 349   2018年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は64歳女性で、高血圧、糖尿病、慢性腎不全の病歴があり、両側卵巣腫瘍のため当院に入院となった。身体検査で眼瞼結膜貧血、下肢浮腫、下腹部に圧痛を伴う腫瘍が認められ、MRIで右卵巣に13cm、左卵巣に6cmの嚢胞性腫瘤が検出された。胸部-骨盤部の単純CTまたは骨盤MRIでは転移は認められなかったが、診断および病期確定目的で開腹術を施行した際の迅速病理診断で右卵巣の粘液癌が明らかになった。両側卵管卵巣摘出術、単純子宮摘出術、骨盤・傍大動脈リンパ節郭清、大網部分切除術を施行した。転移や血管/リンパ管浸潤はみられず、ステージIA卵巣癌と診断した。術後1ヵ月時に背部痛が出現し、腫瘍マーカーが再度上昇したためシンチグラフィーを行ったところ、骨転移を検出した。食道胃十二指腸内視鏡検査で胃内に頂点部が潰瘍化した10mmの隆起病変が認められ、生検検体の免疫染色により本病変は卵巣癌の転移病変であることが示された。化学療法を追加したが、3ヵ月後に死亡した。

  • Risk of pancreatitis after pancreatic duct guidewire placement during endoscopic retrograde cholangiopancreatography. 査読

    Ishikawa-Kakiya Y, Shiba M, Maruyama H, Kato K, Fukunaga S, Sugimori S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    PloS one   13 ( 1 )   e0190379   2018年( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0190379

    PubMed

  • Brushing the distal biliary stricture in the surrounding of the papilla increased the risk of post-endoscopic retrograde cholangiopancreatography pancreatitis: A retrospective study using propensity score analysis. 査読

    Kato K, Sugimori S, Kakiya Y, Maruyama H, Fukunaga S, Nagami Y, Shiba M, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    United European gastroenterology journal   5 ( 7 )   1015 - 1023   2017年11月( ISSN:2050-6406

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2050640617694279

    PubMed

  • Celecoxib Oral Administration for Prevention of Post-Endoscopic Retrograde Cholangiopancreatography Pancreatitis: A Randomized Prospective Trial. 査読

    Kato K, Shiba M, Kakiya Y, Maruyama H, Ominami M, Fukunaga S, Sugimori S, Nagami Y, Watanabe T, Tominaga K, Fujiwara Y

    Pancreas   46 ( 7 )   880 - 886   2017年08月( ISSN:0885-3177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPA.0000000000000852

    PubMed

  • The five-year survival rate after endoscopic submucosal dissection for superficial esophageal squamous cell neoplasia. 査読

    Nagami Y, Ominami M, Shiba M, Minamino H, Fukunaga S, Kameda N, Sugimori S, Machida H, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe T, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    Digestive and liver disease : official journal of the Italian Society of Gastroenterology and the Italian Association for the Study of the Liver   49 ( 4 )   427 - 433   2017年04月( ISSN:1590-8658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dld.2016.12.009

    PubMed

  • A comparison between capsule endoscopy and double balloon enteroscopy using propensity score-matching analysis in patients with previous obscure gastrointestinal bleeding. 査読

    Kakiya Y, Shiba M, Okamoto J, Kato K, Minamino H, Ominami M, Fukunaga S, Nagami Y, Sugimori S, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe T, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    Scandinavian journal of gastroenterology   52 ( 3 )   306 - 311   2017年03月( ISSN:0036-5521

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00365521.2016.1253766

    PubMed

  • Single Locoregional Triamcinolone Injection Immediately After Esophageal Endoscopic Submucosal Dissection Prevents Stricture Formation. 査読

    Nagami Y, Shiba M, Ominami M, Sakai T, Minamino H, Fukunaga S, Sugimori S, Tanaka F, Kamata N, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe T, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    Clinical and translational gastroenterology   8 ( 2 )   e75   2017年02月( ISSN:2155-384X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ctg.2017.5

    PubMed

  • Long-term prognosis of expanded-indication differentiated-type early gastric cancer treated with endoscopic submucosal dissection or surgery using propensity score analysis. 査読

    Fukunaga S, Nagami Y, Shiba M, Ominami M, Tanigawa T, Yamagami H, Tanaka H, Muguruma K, Watanabe T, Tominaga K, Fujiwara Y, Ohira M, Hirakawa K, Arakawa T

    Gastrointestinal endoscopy   85 ( 1 )   143 - 152   2017年01月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gie.2016.06.049

    PubMed

  • Hybrid therapy with locoregional steroid injection and polyglycolic acid sheets to prevent stricture after esophageal endoscopic submucosal dissection. 査読

    Nagami Y, Shiba M, Tominaga K, Ominami M, Fukunaga S, Sugimori S, Tanaka F, Kamata N, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T

    Endoscopy international open   4 ( 9 )   E1017 - 22   2016年09月( ISSN:2364-3722

     詳細を見る

  • Locoregional steroid injection prevents stricture formation after endoscopic submucosal dissection for esophageal cancer: a propensity score matching analysis. 査読

    Nagami Y, Shiba M, Tominaga K, Minamino H, Ominami M, Fukunaga S, Sugimori S, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe K, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T

    Surgical endoscopy   30 ( 4 )   1441 - 9   2016年04月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-015-4348-x

    PubMed

  • Comparison of Risk Factors Between Small Intestinal Ulcerative and Vascular Lesions in Occult Versus Overt Obscure Gastrointestinal Bleeding. 査読

    Okamoto J, Tominaga K, Sugimori S, Kato K, Minamino H, Ominami M, Fukunaga S, Nagami Y, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T

    Digestive diseases and sciences   61 ( 2 )   533 - 41   2016年02月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-015-3904-5

    PubMed

  • Prediction of Poor Response to Modified Neuroleptanalgesia with Midazolam for Endoscopic Submucosal Dissection for Esophageal Squamous Cell Carcinoma. 査読

    Ominami M, Nagami Y, Shiba M, Tominaga K, Maruyama H, Okamoto J, Kato K, Minamino H, Fukunaga S, Sugimori S, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T

    Digestion   94 ( 2 )   73 - 81   2016年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000447666

    PubMed

  • 早期胃癌研究会症例 proton pump inhibitor投与にて治癒したHelicobacter pylori陰性肉芽腫性胃炎の1例

    永見 康明, 富永 和作, 岡本 純一, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 大澤 政彦, 荒川 哲男

    胃と腸   50 ( 12 )   1581 - 1589   2015年11月( ISSN:05362180

     詳細を見る

  • 早期胃癌研究会症例 proton pump inhibitor投与にて治癒したHelicobacter pylori陰性肉芽腫性胃炎の1例

    永見 康明, 富永 和作, 岡本 純一, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 大澤 政彦, 荒川 哲男

    胃と腸   50 ( 12 )   1581 - 1589   2015年11月( ISSN:0536-2180

     詳細を見る

    患者は59歳,女性.心窩部不快感を主訴に上部消化管内視鏡検査を受けたところ,胃体中部大彎に40mm大の急峻な立ち上がりの辺縁隆起を伴う潰瘍性病変を認め,悪性リンパ腫が疑われた.潰瘍辺縁からの生検組織には非乾酪性類上皮細胞肉芽腫が多数認められた.全身検索を行ったが,肺や眼などにはサルコイドーシスを疑う所見を認めず,結核,梅毒,Crohn病の所見も認めなかった.以上から特発性肉芽腫性胃炎と診断したが,Helicobacter pyloriは陰性であった.前医より開始されたPPIの投与のみで病変は治癒,瘢痕化し,病理組織学的にも肉芽腫は消退した.(著者抄録)

  • Rectal biopsy, rather than ileal, is appropriate to confirm the diagnosis of early gastrointestinal graft-versus-host disease. 査読

    Minamino H, Machida H, Tominaga K, Morimoto K, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Hayashi Y, Nagami Y, Sugimori S, Kamata N, Shiba M, Nakamae H, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y, Ohsawa M, Hino M, Arakawa T

    Scandinavian journal of gastroenterology   50 ( 11 )   1428 - 34   2015年( ISSN:0036-5521

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/00365521.2015.1054421

    PubMed

  • バルーン小腸内視鏡検査で診断された小腸原発粘膜関連リンパ組織リンパ腫(Primary Small Intestinal Mucosa-associated Lymphoid Tissue Lymphoma Diagnosed by Balloon-assisted Enteroscopy)

    Nadatani Yuji, Tanigawa Tetsuya, Fukunaga Shusei, Kinoshita Yosuke, Ominami Masaki, Obayashi Tomoko, Morimoto Kenichi, Sogawa Mitsue, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Watanabe Kenji, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    Internal Medicine   53 ( 23 )   2671 - 2674   2014年12月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は78歳女性で、2011年6月に貧血、2012年2月に下血のため近医に入院したが、食道胃十二指腸内視鏡検査と結腸鏡検査で出血源が特定できず、精査のため当院に紹介となった。身体所見で重度貧血と下肢の浮腫がみられた。経口ダブルバルーン内視鏡検査(DBE)を施行したところ、空腸中部から約20cm上に伸びる凝塊を覆う多発性潰瘍性病変が検出された。組織病理学的検査の所見から、小腸の粘膜関連リンパ組織(MALT)リンパ腫と診断した。2回目のDBE時に潰瘍性病変の一つで小腸穿孔が起こり、緊急小腸部分切除術を施行した。病変の外科的切除に成功し、23日後に退院となった。経過観察時点でMALTリンパ腫の再発は観察されなかった。

  • The prevalence of adverse events associated with double-balloon enteroscopy from a single-centre dataset in Japan. 査読

    Nakayama S, Tominaga K, Obayashi T, Okamoto J, Minamino H, Ominami M, Fukunaga S, Nagami Y, Sugimori S, Machida H, Okazaki H, Sogawa M, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe K, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T

    Digestive and liver disease : official journal of the Italian Society of Gastroenterology and the Italian Association for the Study of the Liver   46 ( 8 )   706 - 9   2014年08月( ISSN:1590-8658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dld.2014.03.016

    PubMed

  • 早期胃癌研究会症例 内視鏡的治療を施行した胃I型カルチノイドの1例

    福永 周生, 町田 浩久, 上村 理沙, 永見 康明, 杉森 聖司, 十河 光栄, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    胃と腸   49 ( 8 )   1223 - 1231   2014年07月( ISSN:05362180

     詳細を見る

    患者は80歳代,女性.近医にて貧血の精査目的で受診した上部消化管内視鏡検査で,胃体中部小彎に10mm大の立ち上がり明瞭で扁平な隆起性病変を認めた.インジゴカルミン色素撒布観察では,表面に不整な陥凹や潰瘍形成を認めなかった.NBI併用拡大内視鏡観察では,拡張した血管の末梢で細かいnetworkを形成した異常血管を認めた.また,胃体部優位の胃粘膜萎縮を認め,抗胃壁細胞抗体と抗内因子抗体が陽性であった.以上から,I型カルチノイドと診断した.超音波内視鏡検査で,腫瘤は第2層に限局しており,ESDを施行した.クロモグラニンA陽性の腫瘍細胞は,粘膜内に限局して横方向に伸展し,脈管侵襲を認めず,断端陰性であった.非典型的な形態のI型カルチノイドに対して,詳細な内視鏡観察の後にESDを施行した症例を経験したので報告する.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1403114233

  • 早期胃癌研究会症例 内視鏡的治療を施行した胃I型カルチノイドの1例

    福永 周生, 町田 浩久, 上村 理沙, 永見 康明, 杉森 聖司, 十河 光栄, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    胃と腸   49 ( 8 )   1223 - 1231   2014年07月( ISSN:0536-2180

     詳細を見る

    患者は80歳代,女性.近医にて貧血の精査目的で受診した上部消化管内視鏡検査で,胃体中部小彎に10mm大の立ち上がり明瞭で扁平な隆起性病変を認めた.インジゴカルミン色素撒布観察では,表面に不整な陥凹や潰瘍形成を認めなかった.NBI併用拡大内視鏡観察では,拡張した血管の末梢で細かいnetworkを形成した異常血管を認めた.また,胃体部優位の胃粘膜萎縮を認め,抗胃壁細胞抗体と抗内因子抗体が陽性であった.以上から,I型カルチノイドと診断した.超音波内視鏡検査で,腫瘤は第2層に限局しており,ESDを施行した.クロモグラニンA陽性の腫瘍細胞は,粘膜内に限局して横方向に伸展し,脈管侵襲を認めず,断端陰性であった.非典型的な形態のI型カルチノイドに対して,詳細な内視鏡観察の後にESDを施行した症例を経験したので報告する.(著者抄録)

  • 小腸潰瘍性病変と起因薬剤との関連性 OGIB症例からの検討

    岡本 純一, 富永 和作, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 永見 康明, 杉森 聖司, 谷川 徹也, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    潰瘍   41   5 - 9   2014年05月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    2007年5月〜2012年3月にカプセル内視鏡(CE)もしくはバルーン内視鏡(BAE)を受けた顕性原因不明消化管出血(overt OGIB)症例263例(男110例、女153例、平均年齢65.14歳)を対象に、小腸潰瘍性病変と薬剤を含めた臨床的背景との関連性を後方視的に検討した。多変量解析の結果、小腸潰瘍性病変が診断される関連因子として非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が抽出され、オッズ比は3.177であった。overt OGIBを検査前最低ヘモグロビン(Hb)値で3群に分類した場合、最低Hb値が最も低い群(2.6-7.1)と次に低い群(7.2-9.3)ではNSAIDsが関連因子として抽出されたが、高い群(9.4-15.8)ではNSAIDsは関連因子として抽出されなかった。overt OGIB症例において検査前最低Hb値が低いNSAIDs服用者では小腸潰瘍が強く疑われる。

  • Clinical Efficacy of Endoscopic Submucosal Dissection for Adenocarcinomas of the Esophagogastric Junction. 査読

    Nagami Y, Machida H, Shiba M, Obayashi T, Ominami M, Fukunaga S, Sugimori S, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe K, Watanabe T, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    Endoscopy international open   2 ( 1 )   E15 - 20   2014年03月( ISSN:2364-3722

     詳細を見る

  • Primary small intestinal mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma diagnosed by balloon-assisted enteroscopy.

    Nadatani Y, Tanigawa T, Fukunaga S, Kinoshita Y, Ominami M, Obayashi T, Morimoto K, Sogawa M, Yamagami H, Shiba M, Watanabe K, Watanabe T, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   53 ( 23 )   2671 - 4   2014年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.53.2271

    PubMed

    CiNii Article

  • 上部消化管内視鏡検査中に広範囲に胃粘膜裂創を来した胃サルコイドーシスの1例

    大林 倫子, 富永 和作, 福永 周生, 永見 康明, 杉森 聖司, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   55 ( 9 )   3102 - 3108   2013年09月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    症例は68歳女性。腹部膨満感を主訴に近医を受診、上部消化管内視鏡検査(EGD)による胃粘膜生検にて非乾酪性肉芽腫性病変を認めた。全身精査にて胃サルコイドーシスと診断した。翌年経過観察のEGDにて胃体下部から体上部小彎にかけて出血を伴う多数の粘膜裂創を認め同日緊急入院となった。絶食後3日目のEGDにて粘膜裂創は治癒傾向であった。消化管サルコイドーシス患者の内視鏡操作は粘膜の脆弱性を考慮することが重要であると思われた。(著者抄録)

  • 【原因不明消化管出血の診断と治療】当院における原因不明消化管出血症例の検討

    岡本 純一, 富永 和作, 杉森 聖司, 大林 倫子, 加藤 邦洋, 南野 弘明, 大南 雅揮, 灘谷 裕二, 中山 佐容子, 福永 周生, 永見 康明, 岡崎 博俊, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    消化器内科   56 ( 5 )   517 - 523   2013年05月( ISSN:1884-2895

     詳細を見る

    2005年1月〜2012年1月の間にカプセル内視鏡(CE)またはバルーン内視鏡(BAE)を施行した原因不明消化管出血(OGIB)446症例(occult OGIBが107例、overt OGIBが339例、CEが362例、BAEが224例)を対象に後方視的に検討した。その結果、1)小腸病変の診断率はoccult OGIB群では潰瘍性病変30例(28.0%)、血管性病変11例(10.3%)、腫瘍性病変31例(13.1%)に認められ、全病変に対する診断率は55.1%であった。2)overt OGIB群では潰瘍性病変86例(25.4%)、血管性病変64例(18.9%)、腫瘍性病変31例(9.1%)に認められ、全病変に対する診断率は60.2%であった。両群間に有意差はみられず、病変別では血管性病変の診断率がovert OGIB群の方が有意に高かった。3)病変別の背景因子の検討ではびらんを含む潰瘍性病変ではNSAIDs内服が、血管性病変では年齢・抗凝固薬内服・透析・最低Hb値が、腫瘍性病変では男性・透析・最低Hb値が関連危険因子であった。4)CEとBAEの選択に関してはそれぞれの特性を理解して検査法を選択すべきであり、検査前の最低Hb値が低い症例では積極的かつ早期に小腸内視鏡検査を行う必要があると考えられた。

  • 上部消化管内視鏡検査中に広範囲に胃粘膜裂創を来した胃サルコイドーシスの1例

    大林 倫子, 富永 和作, 福永 周生, 永見 康明, 杉森 聖司, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    日本消化器内視鏡学会雑誌   55 ( 9 )   3102 - 3108   2013年( ISSN:03871207

     詳細を見る

    症例は68歳女性.腹部膨満感を主訴に近医を受診,上部消化管内視鏡検査(EGD)による胃粘膜生検にて非乾酪性肉芽腫性病変を認めた.全身精査にて胃サルコイドーシスと診断した.翌年経過観察のEGDにて胃体下部から体上部小弯にかけて出血を伴う多数の粘膜裂創を認め同日緊急入院となった.絶食後3日目のEGDにて粘膜裂創は治癒傾向であった.消化管サルコイドーシス患者の内視鏡操作は粘膜の脆弱性を考慮することが重要であると思われた.

    DOI: 10.11280/gee.55.3102

    CiNii Article

    その他URL: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014007396

  • Risk factors for delayed bleeding after endoscopic resection for large colorectal tumors. 査読

    Matsumoto M, Fukunaga S, Saito Y, Matsuda T, Nakajima T, Sakamoto T, Tamai N, Kikuchi T

    Japanese journal of clinical oncology   42 ( 11 )   1028 - 34   2012年11月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hys131

    PubMed

  • 大型結腸直腸腫瘍の内視鏡的切除後における遅発性出血の危険因子(Risk Factors for Delayed Bleeding After Endoscopic Resection for Large Colorectal Tumors)

    Matsumoto Minori, Fukunaga Shusei, Saito Yutaka, Matsuda Takahisa, Nakajima Takeshi, Sakamoto Taku, Tamai Naoto, Kikuchi Tsuyoshi

    Japanese Journal of Clinical Oncology   42 ( 11 )   1028 - 1034   2012年11月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    直径20mm以上の結腸直腸腫瘍の内視鏡的切除後における、遅発性出血に関する危険因子について検討した。前向きに登録されたデータベースおよび患者の診療記録を利用する、後向き研究を行った。連続患者375例(男性240名、女性135名、平均年齢63.3歳)において、結腸直腸の内視鏡的切除403件が施行されていた。データベースを分析し、患者の年齢、性別、高血圧、抗凝固薬(warfarin)または抗血小板薬(aspirin、ticlopidineなど)の現在の使用、腫瘍位置、腫瘍サイズ、肉眼的タイプ、病理組織学的所見、切除方法、内視鏡的切除中に予防的クリップの留置が行われたか否かについて、後向きに評価した。遅発性出血の全発現率は4.2%であり、内視鏡的切除から遅発性出血発現までの期間の中央値は2日であった。すべての遅発性出血が、クリッピングおよび/または電気凝固による内視鏡的止血によりコントロールされ、外科的処置や輸血は必要ではなかった。単変量解析により、遅発性出血率は、男性および予防的クリップを留置されなかった患者の双方で有意に高かった。大型結腸直腸腫瘍の内視鏡的切除後における遅発性出血を予防する上で、クリップの予防的留置は有効であると考えられた。

  • Impact of endoscopic submucosal dissection knife on risk of perforation with an animal model-monopolar needle knife and with a bipolar needle knife. 査読

    Nonaka S, Saito Y, Fukunaga S, Sakamoto T, Nakajima T, Matsuda T

    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society   24 ( 5 )   381 - 381   2012年09月( ISSN:0915-5635

  • Comparison of narrowband imaging with autofluorescence imaging for endoscopic visualization of superficial squamous cell carcinoma lesions of the esophagus. 査読

    Suzuki H, Saito Y, Oda I, Kikuchi T, Kiriyama S, Fukunaga S

    Diagnostic and therapeutic endoscopy   2012   507597   2012年( ISSN:1070-3608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2012/507597

    PubMed

  • Learning curve associated with colorectal endoscopic submucosal dissection for endoscopists experienced in gastric endoscopic submucosal dissection. 査読

    Sakamoto T, Saito Y, Fukunaga S, Nakajima T, Matsuda T

    Diseases of the colon and rectum   54 ( 10 )   1307 - 12   2011年10月( ISSN:0012-3706

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/DCR.0b013e3182282ab0

    PubMed

  • Treatment strategy for recurrent or residual colorectal tumors after endoscopic resection. 査読

    Sakamoto T, Saito Y, Matsuda T, Fukunaga S, Nakajima T, Fujii T

    Surgical endoscopy   25 ( 1 )   255 - 60   2011年01月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-010-1169-9

    PubMed

  • 虚血性大腸炎に続発したサイトメガロウイルス腸炎の1例

    西田 直浩, 青松 和輝, 星 智子, 上田 美和, 福永 周生, 田淵 真彦, 田中 史生, 藤崎 公達, 格谷 洋和, 山形 知, 押谷 伸英, 山内 周

    Gastroenterological Endoscopy   52 ( 3 )   412 - 418   2010年03月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    80歳女性。患者は血便を主訴に精査入院となった。第4病日目に大腸内視鏡検査が予定されたが、腸管洗浄法による前処置中に突然気分不良、37.7度の発熱が出現したため、検査延期後、第6病日目に施行された。その結果、虚血性大腸炎と診断され、抗生剤の投与、絶食、中心静脈栄養にて加療が行なわれたが、経口摂取再開後に水様性下痢、発熱が再び出現した。第40病日目に再度大腸内視鏡検査を行ったところ、下行結腸に潰瘍がみられ、病理組織学的に核内封入体が認められた。虚血性大腸炎に続発したサイトメガロウイルス腸炎と診断され、第48病日目よりganciclovir投与を開始、下痢と発熱は速やかに消失し、患者は第88病日目に軽快退院となった。

  • Clinical outcome of endoscopic submucosal dissection versus endoscopic mucosal resection of large colorectal tumors as determined by curative resection. 査読

    Saito Y, Fukuzawa M, Matsuda T, Fukunaga S, Sakamoto T, Uraoka T, Nakajima T, Ikehara H, Fu KI, Itoi T, Fujii T

    Surgical endoscopy   24 ( 2 )   343 - 52   2010年02月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-009-0562-8

    PubMed

  • Endoscopic submucosal dissection (ESD) for colorectal tumors. 査読

    Saito Y, Sakamoto T, Fukunaga S, Nakajima T, Kiriyama S, Matsuda T

    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society   21 Suppl 1   S7 - 12   2009年07月( ISSN:0915-5635

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1443-1661.2009.00870.x

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

  • 症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 食道・胃ESD ITナイフによる実際

    福永 周生( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 穿孔が生じた場合の対応・処置, クリップ閉鎖後気腫への対処)

MISC(その他記事)

  • 形態が2回変化した早期結腸癌(Early Colon Cancer That Changed Its Morphology Twice)

    Kono Mitsuhiro, Fukunaga Shusei, Nagami Yasuaki, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   59 ( 22 )   2961 - 2962   2020年11月( ISSN:0918-2918

  • 【上部消化管感染症-最近の話題を含めて】症例アトラス 感染性食道炎 食道結核

    丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 田中 史生, 細見 周平, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    胃と腸   54 ( 12 )   1614 - 1617   2019年11月( ISSN:0536-2180

  • 【大腸腫瘍の内視鏡治療戦略-攻めるか、引くか?】早期癌の治療方針 リンパ節転移リスクのうち、浸潤距離以外の因子がマイナスであれば、経過観察をすすめる No

    福永 周生, 永見 康明, 片之坂 友喜, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 平良 高一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    消化器内視鏡   31 ( 10 )   1556 - 1561   2019年10月( ISSN:0915-3217

  • 【膵管intervention】膵炎予防のための自然脱落型膵管ステント

    丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 永見 康明, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    消化器・肝臓内科   5 ( 3 )   278 - 284   2019年03月( ISSN:2432-3446

  • 2cm未満の食道・胃粘膜下腫瘍に対するボーリング生検の有用性の検討

    木下 陽亮, 丸山 紘嗣, 杉森 聖司, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 山村 匡史, 林 克平, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.2 )   2113 - 2113   2018年10月( ISSN:0387-1207

  • 【あれから5年 抗血栓薬-とめない覚悟と勇気】通常大腸内視鏡検査において偶然見つかった小さな腺腫への対応は?

    永見 康明, 福永 周生, 大南 雅揮, 坂井 大志, 藤原 靖弘

    消化器内視鏡   30 ( 10 )   1452 - 1458   2018年10月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    2012年に抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドラインが発表され、抗血栓薬を継続したままでの内視鏡治療が推奨されるようになった。1cm以下の小さな大腸ポリープに対する通電を伴う当科の内視鏡的摘除の検討では、後出血割合は1.6%で、そのうち抗血栓薬内服症例では4.3%、ヘパリン置換症例を除いた抗血栓薬内服症例では1.6%であった。鉗子を用いるCFPは後出血の報告がなく3mmまでの微小ポリープではよい適応と考えられる。また、スネアを用いるCSPは治療後の出血をほとんど起こさないことが報告されているが、抗血栓薬内服症例では1.1〜2.5%の後出血割合と報告されている。CSPは抗血栓薬内服症例がよい適応となる可能性があるが、十分なエビデンスがあるとはいいがたく、今後多施設、多数例での検討が必要と考えられる。外来での治療も可能ではあるものの、治療前のインフォームド・コンセントは必須と考えられる。(著者抄録)

  • 【あれから5年 抗血栓薬-とめない覚悟と勇気】 通常大腸内視鏡検査において偶然見つかった小さな腺腫への対応は?

    永見 康明, 福永 周生, 大南 雅揮, 坂井 大志, 藤原 靖弘

    消化器内視鏡   30 ( 10 )   1452 - 1458   2018年10月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    2012年に抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドラインが発表され、抗血栓薬を継続したままでの内視鏡治療が推奨されるようになった。1cm以下の小さな大腸ポリープに対する通電を伴う当科の内視鏡的摘除の検討では、後出血割合は1.6%で、そのうち抗血栓薬内服症例では4.3%、ヘパリン置換症例を除いた抗血栓薬内服症例では1.6%であった。鉗子を用いるCFPは後出血の報告がなく3mmまでの微小ポリープではよい適応と考えられる。また、スネアを用いるCSPは治療後の出血をほとんど起こさないことが報告されているが、抗血栓薬内服症例では1.1〜2.5%の後出血割合と報告されている。CSPは抗血栓薬内服症例がよい適応となる可能性があるが、十分なエビデンスがあるとはいいがたく、今後多施設、多数例での検討が必要と考えられる。外来での治療も可能ではあるものの、治療前のインフォームド・コンセントは必須と考えられる。(著者抄録)

  • ポリグルコール酸シートとフィブリン製剤による食道癌術後瘻孔の閉鎖 Pilot study

    永見 康明, 大南 雅揮, 坂井 大志, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.2 )   2089 - 2089   2018年10月( ISSN:0387-1207

  • 表在性非乳頭部十二指腸上皮性腫瘍に対するバイポーラスネアを用いたEMRの治療成績の検討

    山村 匡史, 永見 康明, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.2 )   2117 - 2117   2018年10月( ISSN:0387-1207

  • 食道粘膜下層剥離術および化学療法後に長期経過を追えた食道Neuroendocrine cell carcinomaの1例

    垣谷 有紀, 永見 康明, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   799 - 799   2018年04月( ISSN:0387-1207 ( eISSN:1884-5738

  • 2cm未満の上部消化管粘膜下腫瘍に対するボーリング生検の有用性の検討

    木下 陽亮, 加藤 邦洋, 杉森 聖司, 中村 吉宏, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 林 克平, 坂井 大志, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   690 - 690   2018年04月( ISSN:0387-1207

  • 2cm未満の上部消化管粘膜下腫瘍に対するボーリング生検の有用性の検討

    木下 陽亮, 加藤 邦洋, 杉森 聖司, 中村 吉宏, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 林 克平, 坂井 大志, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   690 - 690   2018年04月( ISSN:0387-1207 ( eISSN:1884-5738

  • 食道粘膜下層剥離術および化学療法後に長期経過を追えた食道Neuroendocrine cell carcinomaの1例

    垣谷 有紀, 永見 康明, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   799 - 799   2018年04月( ISSN:0387-1207

  • ポリグルコール酸シートとフィブリン糊を用いた食道癌術後瘻孔の閉鎖

    永見 康明, 大南 雅揮, 坂井 大志, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   870 - 870   2018年04月( ISSN:0387-1207

  • 食道ESD後狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術の偶発症

    中村 吉宏, 永見 康明, 山村 匡史, 林 克平, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   719 - 719   2018年04月( ISSN:0387-1207 ( eISSN:1884-5738

  • 食道ESD後狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術の偶発症

    中村 吉宏, 永見 康明, 山村 匡史, 林 克平, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   719 - 719   2018年04月( ISSN:0387-1207

  • 術後再建胃の早期胃癌に対するESDの検討

    大南 雅揮, 永見 康明, 中村 吉宏, 林 克平, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 山村 匡史, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   714 - 714   2018年04月( ISSN:0387-1207

  • 術後再建胃の早期胃癌に対するESDの検討

    大南 雅揮, 永見 康明, 中村 吉宏, 林 克平, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 山村 匡史, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   714 - 714   2018年04月( ISSN:0387-1207 ( eISSN:1884-5738

  • 細径経鼻内視鏡を使用した直接的経口胆道検査の有用性の検討

    田上 光治郎, 杉森 聖司, 中村 吉宏, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 林 克平, 山村 匡史, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   755 - 755   2018年04月( ISSN:0387-1207 ( eISSN:1884-5738

  • 細径経鼻内視鏡を使用した直接的経口胆道検査の有用性の検討

    田上 光治郎, 杉森 聖司, 中村 吉宏, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 林 克平, 山村 匡史, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   755 - 755   2018年04月( ISSN:0387-1207

  • 早期胃癌ESD後ヘリコバクター・ピロリ除菌治療の有用性の検討

    中田 理恵子, 永見 康明, 坂井 大志, 灘谷 祐二, 福永 周生, 湯川 知洋, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌   115 ( 臨増総会 )   A291 - A291   2018年04月( ISSN:0446-6586

  • 早期胃癌ESD後ヘリコバクター・ピロリ除菌治療の有用性の検討

    中田 理恵子, 永見 康明, 坂井 大志, 灘谷 祐二, 福永 周生, 湯川 知洋, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌   115 ( 臨増総会 )   A291 - A291   2018年04月( ISSN:0446-6586

  • 抗凝固薬内服者における大腸ESD後出血の予測は可能か?

    福永 周生, 永見 康明, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   833 - 833   2018年04月( ISSN:0387-1207

  • 抗凝固薬内服者における大腸ESD後出血の予測は可能か?

    福永 周生, 永見 康明, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   833 - 833   2018年04月( ISSN:0387-1207

  • 当院における乳頭部腫瘍に対する内視鏡的乳頭切除術の検討

    山村 匡史, 杉森 聖司, 中村 吉宏, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 林 克平, 田上 光治郎, 坂井 大志, 加藤 邦弘, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   722 - 722   2018年04月( ISSN:0387-1207 ( eISSN:1884-5738

  • 当院における乳頭部腫瘍に対する内視鏡的乳頭切除術の検討

    山村 匡史, 杉森 聖司, 中村 吉宏, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 林 克平, 田上 光治郎, 坂井 大志, 加藤 邦弘, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   722 - 722   2018年04月( ISSN:0387-1207

  • ポリグルコール酸シートとフィブリン糊を用いた食道癌術後瘻孔の閉鎖

    永見 康明, 大南 雅揮, 坂井 大志, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   870 - 870   2018年04月( ISSN:0387-1207

  • 食道ESD後狭窄症例における内視鏡的バルーン拡張術の検討

    中村 吉宏, 永見 康明, 山村 匡史, 林 克平, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 福永 周生, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌   2 ( Suppl. )   260 - 260   2018年02月( ISSN:2433-3840

  • 食道ESD後狭窄症例における内視鏡的バルーン拡張術の検討

    中村 吉宏, 永見 康明, 山村 匡史, 林 克平, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 福永 周生, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌   2 ( Suppl. )   260 - 260   2018年02月( ISSN:2433-3840

  • 当科における切除不能膵癌に対するmodified FOLFIRINOX療法の治療成績

    前田 夏美, 平良 高一, 平野 慎二, 渡部 公彦, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 平田 直人, 永見 康明, 湯川 知洋, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 町田 浩久, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌   114 ( 臨増大会 )   A864 - A864   2017年09月( ISSN:0446-6586

  • 食道内視鏡下粘膜下層剥離術における穿孔の予測因子

    永見 康明, 大南 雅揮, 坂井 大志, 福永 周生, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   59 ( Suppl.2 )   2167 - 2167   2017年09月( ISSN:0387-1207

  • 術後腸管(Roux-en-Y再建)におけるバルーン内視鏡下ERCPの胆管困難症例の予測

    林 克平, 加藤 邦洋, 杉森 聖司, 中村 吉宏, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 木下 陽亮, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 永見 康明, 田中 史生, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   59 ( Suppl.2 )   2196 - 2196   2017年09月( ISSN:0387-1207 ( eISSN:1884-5738

  • EUS-FNA後に遅発性膵膿瘍を形成したSolid-Pseudopapillary neoplasmの一例

    田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 杉森 聖司, 木下 陽亮, 林 克平, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    膵臓   32 ( 3 )   637 - 637   2017年05月( ISSN:0913-0071 ( eISSN:1881-2805

  • ヘパリン置換例における大腸ESD後出血に関する検討 傾向スコア法を用いて

    福永 周生, 永見 康明, 中村 吉宏, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   59 ( Suppl.1 )   941 - 941   2017年04月( ISSN:0387-1207 ( eISSN:1884-5738

  • 重篤な並存疾患を有する早期胃癌患者に対するESDの長期予後の検討

    田上 光治郎, 福永 周生, 永見 康明, 中村 吉宏, 木下 陽亮, 林 克平, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   59 ( Suppl.1 )   1002 - 1002   2017年04月( ISSN:0387-1207 ( eISSN:1884-5738

  • 傾向スコアを用いたERCP後膵炎と胆管擦過細胞診の関連性についての検討

    加藤 邦洋, 杉森 聖司, 垣谷 有紀, 林 克平, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 丸山 弘嗣, 福永 周生, 永見 康明, 斯波 将次, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   59 ( Suppl.1 )   991 - 991   2017年04月( ISSN:0387-1207 ( eISSN:1884-5738

  • ステロイド局注およびポリグリコール酸シートの併用療法による食道ESD後狭窄予防

    永見 康明, 斯波 将次, 富永 和作, 坂井 大志, 南野 弘明, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 田中 史生, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   58 ( Suppl.2 )   1987 - 1987   2016年10月( ISSN:0387-1207

  • 高齢者(80歳以上)におけるERCP後膵炎の検討

    林 克平, 加藤 邦洋, 斯波 将次, 中村 吉宏, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 木下 陽亮, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 田中 史生, 永見 康明, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘

    日本高齢消化器病学会誌   19 ( 1 )   71 - 71   2016年07月( ISSN:1881-0837

  • 80歳以上の高齢者における早期胃癌内視鏡治療後の長期予後

    南野 弘明, 永見 康明, 斯波 将次, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 大南 雅輝, 福永 周生, 田中 史生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   58 ( Suppl.1 )   719 - 719   2016年04月( ISSN:0387-1207

  • ESDによる完全摘除可能な大腸T1b癌の予測

    木下 陽亮, 福永 周生, 永見 康明, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 南野 弘明, 大南 雅揮, 田中 史生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   58 ( Suppl.1 )   669 - 669   2016年04月( ISSN:0387-1207 ( eISSN:1884-5738

  • トリアムシノロン局所注射による表在型食道癌ESD後の狭窄予防 傾向スコアマッチ分析

    永見 康明, 大南 雅揮, 斯波 将次, 南野 弘明, 福永 周生, 杉森 聖司, 田中 史生, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   58 ( Suppl.1 )   622 - 622   2016年04月( ISSN:0387-1207

  • 確定診断に至るまで複数回の生検を要した早期食道悪性黒色腫の一例

    林 克平, 大南 雅揮, 永見 康明, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 南野 弘明, 福永 周生, 田中 史生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 雅次, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男, 藤原 有史, 岸田 哲, 李 栄柱, 大杉 治司

    Gastroenterological Endoscopy   58 ( Suppl.1 )   787 - 787   2016年04月( ISSN:0387-1207 ( eISSN:1884-5738

  • 大腸LSTの内視鏡治療 進歩と限界 大腸LSTに対するESDに術前生検が及ぼす影響

    福永 周生, 永見 康明, 斯波 将次

    Gastroenterological Endoscopy   58 ( Suppl.1 )   486 - 486   2016年04月( ISSN:0387-1207

  • 食道胃接合部癌に対する内視鏡治療 病理組織による治癒判定の個別化

    永見 康明, 大南 雅揮, 斯波 将次, 坂井 大志, 南野 弘明, 福永 周生, 杉森 聖史, 田中 史生, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    胃病態機能研究会誌   48   63 - 63   2016年02月( ISSN:1880-3652

  • 早期胃癌研究会症例 proton pump inhibitor投与にて治癒したHelicobacter pylori陰性肉芽腫性胃炎の1例

    永見 康明, 富永 和作, 岡本 純一, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 大澤 政彦, 荒川 哲男

    胃と腸   50 ( 12 )   1581 - 1589   2015年11月( ISSN:0536-2180

     詳細を見る

    患者は59歳,女性.心窩部不快感を主訴に上部消化管内視鏡検査を受けたところ,胃体中部大彎に40mm大の急峻な立ち上がりの辺縁隆起を伴う潰瘍性病変を認め,悪性リンパ腫が疑われた.潰瘍辺縁からの生検組織には非乾酪性類上皮細胞肉芽腫が多数認められた.全身検索を行ったが,肺や眼などにはサルコイドーシスを疑う所見を認めず,結核,梅毒,Crohn病の所見も認めなかった.以上から特発性肉芽腫性胃炎と診断したが,Helicobacter pyloriは陰性であった.前医より開始されたPPIの投与のみで病変は治癒,瘢痕化し,病理組織学的にも肉芽腫は消退した.(著者抄録)

  • 高齢者食道扁平上皮癌に対するESDの長期成績

    永見 康明, 大南 雅揮, 斯波 将次, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 岡本 純一, 南野 弘明, 福永 周生, 杉森 聖司, 田中 史生, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   57 ( Suppl.2 )   2117 - 2117   2015年09月( ISSN:0387-1207

  • ヘパリン置換を施行した抗凝固剤内服症例での大腸polypectomy、EMR後出血の検討

    坂井 大志, 永見 康明, 斯波 将次, 丸山 紘嗣, 岡本 純一, 加藤 邦洋, 南野 弘明, 大南 雅揮, 福永 周生, 田中 史生, 鎌田 紀子, 杉森 聖司, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   57 ( Suppl.2 )   2151 - 2151   2015年09月( ISSN:0387-1207

  • 表在型食道扁平上皮癌に対するESDの長期成績

    大南 雅揮, 永見 康明, 斯波 将次, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 岡本 純一, 加藤 邦洋, 南野 弘明, 福永 周生, 田中 史生, 鎌田 紀子, 杉森 聖司, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   57 ( Suppl.2 )   2116 - 2116   2015年09月( ISSN:0387-1207

  • 早期胃癌内視鏡治療非治癒切除症例の長期予後

    南野 弘明, 永見 康明, 斯波 将次, 坂井 大志, 大南 雅揮, 福永 周生, 豊川 貴弘, 田中 史生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 山上 博一, 田中 浩明, 六車 一哉, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 大平 雅一, 平川 弘聖, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   57 ( Suppl.2 )   2095 - 2095   2015年09月( ISSN:0387-1207

  • 抗血栓薬ガイドライン導入は大腸ESD後出血を増加させるか?

    福永 周生, 永見 康明, 斯波 将次, 大南 雅揮, 杉森 聖司, 湯川 知洋, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   57 ( Suppl.1 )   845 - 845   2015年04月( ISSN:0387-1207

  • ESDの実際 大型Is病変に対するESDの実際

    福永 周生, 永見 康明, 斯波 将次, 南野 弘明, 大南 雅揮, 杉森 聖司, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    消化器の臨床   17 ( 6 )   591 - 596   2014年12月( ISSN:1344-3070

     詳細を見る

    大きな丈の高い隆起成分を有する大腸腫瘍(大型Is病変)に対するESDでは、粘膜下層剥離時に高度の線維化に遭遇しやすく、しばしば病変の展開や剥離ラインの想定に難渋する。早めに粘膜下層深層にアプローチし、線維化と筋層を判別して線維化が高度な部分をアイソレートする。デバイスや手技を工夫しても、線維化を突破できない場合は中止を決断する。大型Is病変のESDは熟練医が行うべきであるが、手技時間は長く術者の負担は大きい。特に結腸においては中止例も多く、外科的切除も視野に入れるべきである。(著者抄録)

  • ESDの実際 大型Is病変に対するESDの実際

    福永 周生, 永見 康明, 斯波 将次, 南野 弘明, 大南 雅揮, 杉森 聖司, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    消化器の臨床   17 ( 6 )   591 - 596   2014年12月( ISSN:1344-3070

     詳細を見る

    大きな丈の高い隆起成分を有する大腸腫瘍(大型Is病変)に対するESDでは、粘膜下層剥離時に高度の線維化に遭遇しやすく、しばしば病変の展開や剥離ラインの想定に難渋する。早めに粘膜下層深層にアプローチし、線維化と筋層を判別して線維化が高度な部分をアイソレートする。デバイスや手技を工夫しても、線維化を突破できない場合は中止を決断する。大型Is病変のESDは熟練医が行うべきであるが、手技時間は長く術者の負担は大きい。特に結腸においては中止例も多く、外科的切除も視野に入れるべきである。(著者抄録)

  • 食道表在癌ESD後のステロイド局所注射による狭窄予防の検討 propensity score matching法を用いて

    永見 康明, 斯波 将次, 富永 和作, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   56 ( Suppl.2 )   3069 - 3069   2014年09月( ISSN:0387-1207

  • 食道表在癌ESDに対するプロポフォールによる鎮静法の安全性と有用性 パイロット試験

    大南 雅揮, 永見 康明, 富永 和作, 丸山 紘嗣, 岡本 純一, 加藤 邦洋, 福永 周生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   56 ( Suppl.2 )   3132 - 3132   2014年09月( ISSN:0387-1207

  • 大腸EMRにおける一括切除不成功予測因子の検討

    南野 弘明, 斯波 将次, 林 克平, 橋村 直英, 黄田 桂司, 福永 周生, 永見 康明, 早川 剛, 青松 和輝, 山形 知, 押谷 伸英, 町田 浩久, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   56 ( Suppl.2 )   3148 - 3148   2014年09月( ISSN:0387-1207 ( eISSN:1884-5738

  • 小腸潰瘍性病変と起因薬剤との関連性 OGIB症例からの検討

    岡本 純一, 富永 和作, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 永見 康明, 杉森 聖司, 谷川 徹也, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    潰瘍   41   5 - 9   2014年05月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    2007年5月〜2012年3月にカプセル内視鏡(CE)もしくはバルーン内視鏡(BAE)を受けた顕性原因不明消化管出血(overt OGIB)症例263例(男110例、女153例、平均年齢65.14歳)を対象に、小腸潰瘍性病変と薬剤を含めた臨床的背景との関連性を後方視的に検討した。多変量解析の結果、小腸潰瘍性病変が診断される関連因子として非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が抽出され、オッズ比は3.177であった。overt OGIBを検査前最低ヘモグロビン(Hb)値で3群に分類した場合、最低Hb値が最も低い群(2.6-7.1)と次に低い群(7.2-9.3)ではNSAIDsが関連因子として抽出されたが、高い群(9.4-15.8)ではNSAIDsは関連因子として抽出されなかった。overt OGIB症例において検査前最低Hb値が低いNSAIDs服用者では小腸潰瘍が強く疑われる。

  • 大腸ESDの適応と手技 大きなIs成分を有する大腸腫瘍におけるESDの特徴

    福永 周生, 永見 康明, 斯波 将次

    Gastroenterological Endoscopy   56 ( Suppl.1 )   878 - 878   2014年04月( ISSN:0387-1207

  • 食道ESD後狭窄に対するステロイド局注療法

    永見 康明, 斯波 将次, 富永 和作, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖史, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   56 ( Suppl.1 )   1103 - 1103   2014年04月( ISSN:0387-1207

  • UM領域大彎側における胃ESDの特徴とITナイフ2による手技の工夫

    福永 周生, 斯波 将次, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   55 ( Suppl.2 )   2770 - 2770   2013年09月( ISSN:0387-1207

  • 当院における十二指腸静脈瘤18例の検討

    大南 雅揮, 斯波 将次, 藤原 靖弘, 大林 倫子, 岡本 純一, 加藤 邦弘, 灘谷 祐二, 福永 周生, 永見 康明, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   55 ( Suppl.2 )   2827 - 2827   2013年09月( ISSN:0387-1207

  • 胃粘膜下層剥離術(ESD)によって診断しえた胃顆粒細胞腫の1例

    山村 匡史, 氷見 康明, 灘谷 祐二, 大林 倫子, 岡本 純一, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 谷川 徹也, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   55 ( Suppl.2 )   2805 - 2805   2013年09月( ISSN:0387-1207

  • 【治療に直結する大腸腫瘍診断のストラテジー】 大腸LSTの治療法選択に直結する診断のストラテジー 20mm以上のLST-Gにおける臨床病理学的特徴と治療法の選択 通常診断重視の立場から

    福永 周生, 町田 浩久, 斯波 将次, 大南 雅揮, 永見 康明, 杉森 聖司, 十河 光栄, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    消化器内視鏡   25 ( 8 )   1235 - 1243   2013年08月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    LST-Gに対する適切な治療方針を模索するため、内視鏡的に一括切除が困難となりうる20mm以上のLST-G 136病変の臨床病理学的特徴を検討した。平均腫瘍径は36mm、盲腸、上行結腸、直腸で72%を占め、担癌率は72%、SM浸潤率は9%であった。136病変をLST-G(Uni)38病変とLST-G(Mix)98病変に分けると、LST-G(Uni)ではSM浸潤癌はSM1の1例のみ(3%)で、LST-G(Mix)では30mm以上でのSM浸潤率は15%となった。色素拡大観察が可能であった病変では、SM1の8病変はIIIL型が1例のみで、その他はVI型軽度不整を呈した。SM2の4病変はすべてV型を呈し、VI型軽度不整が1例、VI型高度不整が3例であった。LST-G(Mix)のSM浸潤様式は、粗大結節直下のSM浸潤が7病変(64%)で、3病変がSM2であった。粗大結節直下以外の浸潤は4病変(36%)、1病変がSM2で、内訳は、粗大結節の辺縁部(立ち上がり部)が3例、粗大結節から離れた辺縁部が1例であった。以上より、EPMRでSM浸潤部位が分断される危険性が否めない病変は、30mm以上のLST-G(Mix)と考えられた。これらには一括切除による詳細な病理組織学的評価が必要と思われた。(著者抄録)

  • 【治療に直結する大腸腫瘍診断のストラテジー】大腸LSTの治療法選択に直結する診断のストラテジー 20mm以上のLST-Gにおける臨床病理学的特徴と治療法の選択 通常診断重視の立場から

    福永 周生, 町田 浩久, 斯波 将次, 大南 雅揮, 永見 康明, 杉森 聖司, 十河 光栄, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    消化器内視鏡   25 ( 8 )   1235 - 1243   2013年08月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    LST-Gに対する適切な治療方針を模索するため、内視鏡的に一括切除が困難となりうる20mm以上のLST-G 136病変の臨床病理学的特徴を検討した。平均腫瘍径は36mm、盲腸、上行結腸、直腸で72%を占め、担癌率は72%、SM浸潤率は9%であった。136病変をLST-G(Uni)38病変とLST-G(Mix)98病変に分けると、LST-G(Uni)ではSM浸潤癌はSM1の1例のみ(3%)で、LST-G(Mix)では30mm以上でのSM浸潤率は15%となった。色素拡大観察が可能であった病変では、SM1の8病変はIIIL型が1例のみで、その他はVI型軽度不整を呈した。SM2の4病変はすべてV型を呈し、VI型軽度不整が1例、VI型高度不整が3例であった。LST-G(Mix)のSM浸潤様式は、粗大結節直下のSM浸潤が7病変(64%)で、3病変がSM2であった。粗大結節直下以外の浸潤は4病変(36%)、1病変がSM2で、内訳は、粗大結節の辺縁部(立ち上がり部)が3例、粗大結節から離れた辺縁部が1例であった。以上より、EPMRでSM浸潤部位が分断される危険性が否めない病変は、30mm以上のLST-G(Mix)と考えられた。これらには一括切除による詳細な病理組織学的評価が必要と思われた。(著者抄録)

  • 【原因不明消化管出血の診断と治療】 当院における原因不明消化管出血症例の検討

    岡本 純一, 富永 和作, 杉森 聖司, 大林 倫子, 加藤 邦洋, 南野 弘明, 大南 雅揮, 灘谷 裕二, 中山 佐容子, 福永 周生, 永見 康明, 岡崎 博俊, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    消化器内科   56 ( 5 )   517 - 523   2013年05月( ISSN:1884-2895

     詳細を見る

    2005年1月〜2012年1月の間にカプセル内視鏡(CE)またはバルーン内視鏡(BAE)を施行した原因不明消化管出血(OGIB)446症例(occult OGIBが107例、overt OGIBが339例、CEが362例、BAEが224例)を対象に後方視的に検討した。その結果、1)小腸病変の診断率はoccult OGIB群では潰瘍性病変30例(28.0%)、血管性病変11例(10.3%)、腫瘍性病変31例(13.1%)に認められ、全病変に対する診断率は55.1%であった。2)overt OGIB群では潰瘍性病変86例(25.4%)、血管性病変64例(18.9%)、腫瘍性病変31例(9.1%)に認められ、全病変に対する診断率は60.2%であった。両群間に有意差はみられず、病変別では血管性病変の診断率がovert OGIB群の方が有意に高かった。3)病変別の背景因子の検討ではびらんを含む潰瘍性病変ではNSAIDs内服が、血管性病変では年齢・抗凝固薬内服・透析・最低Hb値が、腫瘍性病変では男性・透析・最低Hb値が関連危険因子であった。4)CEとBAEの選択に関してはそれぞれの特性を理解して検査法を選択すべきであり、検査前の最低Hb値が低い症例では積極的かつ早期に小腸内視鏡検査を行う必要があると考えられた。

  • ESD、外科手術の長期経過からみた食道表在癌の治療選択

    永見 康明, 斯波 将次, 藤原 靖弘, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 憲治, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   55 ( Suppl.1 )   1162 - 1162   2013年04月( ISSN:0387-1207

  • NBI、EUSによる食道癌深達度診断上乗せ効果と誤診の要因

    大南 雅揮, 永見 康明, 斯波 将次, 大林 倫子, 岡本 純一, 加藤 邦洋, 灘谷 祐二, 福永 周生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   55 ( Suppl.1 )   1160 - 1160   2013年04月( ISSN:0387-1207

  • 注水機能付きバイポーラ高周波ナイフ導入後の大腸ESDの治療成績

    福永 周生, 斯波 将次, 大南 雅揮, 永見 康明, 杉森 聖司, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   55 ( Suppl.1 )   1229 - 1229   2013年04月( ISSN:0387-1207

  • 非定型天疱瘡および類天疱瘡による食道潰瘍の1例

    木幡 幸恵, 加藤 邦洋, 岡本 純一, 大南 雅揮, 福永 周生, 田中 史生, 永見 康明, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   55 ( Suppl.1 )   1187 - 1187   2013年04月( ISSN:0387-1207

  • 超音波内視鏡検査による20mm以下の粘膜下腫瘍増大因子の検討

    加藤 邦洋, 杉森 聖司, 斯波 将次, 大林 倫子, 岡本 純一, 大南 雅揮, 福永 周生, 永見 康明, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   55 ( Suppl.1 )   1242 - 1242   2013年04月( ISSN:0387-1207

  • 大腸腫瘍に対するESDの課題と今後の展開 大腸側方進展型腫瘍に対する治療選択 EMRかESDか?

    福永 周生, 斯波 将次, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌   110 ( 臨増総会 )   A168 - A168   2013年02月( ISSN:0446-6586

  • 胃癌診療におけるImaged Enhanced Endoscopyの意義 早期胃癌進展範囲診断に対するNBI、AIMの意義

    永見 康明, 斯波 将次, 藤原 靖弘, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 谷川 徹也, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 荒川 哲男

    日本胃癌学会総会記事   85回   179 - 179   2013年02月

  • 早期胃癌に対するESDと外科手術の治療成績

    福永 周生, 富永 和作, 永見 康明, 町田 浩久, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 平川 弘聖, 荒川 哲男

    日本胃癌学会総会記事   85回   247 - 247   2013年02月

  • ダブルバルーン小腸内視鏡後に粘膜下出血を来たし、慢性DICと診断された1例

    山村 匡史, 永見 康明, 木幡 幸恵, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   54 ( Suppl.2 )   2982 - 2982   2012年09月( ISSN:0387-1207

  • 動物モデルにおける内視鏡的粘膜下層剥離術用の単極needle knifeと双極needle knifeが穿孔リスクにおよぼす影響(Impact of endoscopic submucosal dissection knife on risk of perforation with an animal model-monopolar needle knife and with a bipolar needle knife)

    Nonaka Satoru, Saito Yutaka, Fukunaga Shusei, Sakamoto Taku, Nakajima Takeshi, Matsuda Takahisa

    Digestive Endoscopy   24 ( 5 )   381 - 381   2012年09月( ISSN:0915-5635

  • 当院における食道ESDの鎮静・鎮痛法の検討

    大南 雅揮, 町田 浩久, 富永 和作, 大林 倫子, 岡本 純一, 南野 弘明, 灘谷 祐二, 中山 佐容子, 福永 周生, 永見 康明, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 岡崎 博俊, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   54 ( Suppl.1 )   1278 - 1278   2012年04月( ISSN:0387-1207

  • 胃間葉系腫瘍における経過観察法の検討

    杉森 聖司, 大西 美穂, 富永 和作, 岡本 純一, 大林 倫子, 南野 弘明, 大南 雅揮, 中山 佐容子, 福永 周生, 木幡 幸恵, 大谷 恒史, 田中 史生, 永見 康明, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy   54 ( Suppl.1 )   1251 - 1251   2012年04月( ISSN:0387-1207

  • ESD困難例の克服 ESD困難例の治療戦略 デバイス選択の観点から

    福永 周生, 町田 浩久, 押谷 伸英

    Gastroenterological Endoscopy   53 ( Suppl.1 )   759 - 759   2011年03月( ISSN:0387-1207

  • リンパ節転移を伴った回腸末端カルチノイドに対し腹腔鏡下根治切除術を施行した一例

    野口 浩平, 白井 康嗣, 東郷 直希, 田村 耕一, 和田 聡朗, 吉田 達之, 別所 俊哉, 福永 周生, 押谷 伸英, 永井 祐吾

    日本内視鏡外科学会雑誌   15 ( 7 )   546 - 546   2010年10月( ISSN:1344-6703 ( eISSN:2186-6643

  • 原発部位、組織発生の推定に難渋し、免疫染色を併用した1例

    上田 美和, 田渕 真彦, 星 智子, 福永 周生, 田中 史生, 青松 和輝, 格谷 洋和, 山形 知, 押谷 伸英

    日本消化器病学会雑誌   107 ( 臨増大会 )   A976 - A976   2010年09月( ISSN:0446-6586

  • 【側方発育型大腸腫瘍(laterally spreading tumor ; LST) 分類と意義】 治療法選択からみた側方発育型大腸腫瘍(LST)の分類と意義 ESDの立場から

    斎藤 豊, 坂本 琢, 福永 周生, 青木 貴哉, 大竹 陽介, 中島 健, 松田 尚久, 松本 美野里, 曹 絵里子, 谷口 浩和, 九嶋 亮治

    胃と腸   45 ( 6 )   1001 - 1010   2010年05月( ISSN:0536-2180

     詳細を見る

    内視鏡所見と病理組織における検討から,SM浸潤率が高く多中心性SM浸潤を呈することが多い20mmを超えるLST-NGをESDのよい適応とし,SM浸潤率が低く,たとえSM浸潤するにしても粗大結節下で浸潤することが多いLST-Gに関しては計画的分割切除(EPMR)での対応が可能と報告してきた.しかしながら,LST-Gに対する治療方針に関してはコンセンサスが得られていないのが現状である.最近LST-Gに対するEPMR後に浸潤癌再発を来した症例を経験したため,ESDで一括切除されたLST-GのSM浸潤率・SM浸潤部位の再評価を行い,LST-Gに対する治療適応を考察した.LST-Gにおいても30mmを超えると16%のSM浸潤率を呈し,また全SM癌の25%にてLST-NG同様,粗大結節や陥凹以外の多中心性浸潤を認め,拡大観察でも診断できない場合が多かった.以上より20mmを超えるLST-NGに加え,LST-Gにおいても,30mm以上の結節混在型の病変に関してはESDのよい適応と考える.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1403101958

  • 【側方発育型大腸腫瘍(laterally spreading tumor ; LST) 分類と意義】治療法選択からみた側方発育型大腸腫瘍(LST)の分類と意義 ESDの立場から

    斎藤 豊, 坂本 琢, 福永 周生, 青木 貴哉, 大竹 陽介, 中島 健, 松田 尚久, 松本 美野里, 曹 絵里子, 谷口 浩和, 九嶋 亮治

    胃と腸   45 ( 6 )   1001 - 1010   2010年05月( ISSN:0536-2180

     詳細を見る

    内視鏡所見と病理組織における検討から,SM浸潤率が高く多中心性SM浸潤を呈することが多い20mmを超えるLST-NGをESDのよい適応とし,SM浸潤率が低く,たとえSM浸潤するにしても粗大結節下で浸潤することが多いLST-Gに関しては計画的分割切除(EPMR)での対応が可能と報告してきた.しかしながら,LST-Gに対する治療方針に関してはコンセンサスが得られていないのが現状である.最近LST-Gに対するEPMR後に浸潤癌再発を来した症例を経験したため,ESDで一括切除されたLST-GのSM浸潤率・SM浸潤部位の再評価を行い,LST-Gに対する治療適応を考察した.LST-Gにおいても30mmを超えると16%のSM浸潤率を呈し,また全SM癌の25%にてLST-NG同様,粗大結節や陥凹以外の多中心性浸潤を認め,拡大観察でも診断できない場合が多かった.以上より20mmを超えるLST-NGに加え,LST-Gにおいても,30mm以上の結節混在型の病変に関してはESDのよい適応と考える.(著者抄録)

  • 虚血性大腸炎に続発したサイトメガロウイルス腸炎の1例

    西田 直浩, 青松 和輝, 星 智子, 上田 美和, 福永 周生, 田淵 真彦, 田中 史生, 藤崎 公達, 格谷 洋和, 山形 知, 押谷 伸英, 山内 周

    Gastroenterological Endoscopy   52 ( 3 )   412 - 418   2010年03月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    80歳女性。患者は血便を主訴に精査入院となった。第4病日目に大腸内視鏡検査が予定されたが、腸管洗浄法による前処置中に突然気分不良、37.7度の発熱が出現したため、検査延期後、第6病日目に施行された。その結果、虚血性大腸炎と診断され、抗生剤の投与、絶食、中心静脈栄養にて加療が行なわれたが、経口摂取再開後に水様性下痢、発熱が再び出現した。第40病日目に再度大腸内視鏡検査を行ったところ、下行結腸に潰瘍がみられ、病理組織学的に核内封入体が認められた。虚血性大腸炎に続発したサイトメガロウイルス腸炎と診断され、第48病日目よりganciclovir投与を開始、下痢と発熱は速やかに消失し、患者は第88病日目に軽快退院となった。

    DOI: 10.11280/gee.52.412

  • 【炎症性腸疾患 最新知見】 クローン病 新しい診断技術は実際の臨床に役立つのか

    押谷 伸英, 星 智子, 上田 美和, 福永 周生, 田淵 真彦, 田中 史生, 青松 和輝, 山形 知

    最新医学   64 ( 9 )   1830 - 1834   2009年09月( ISSN:0370-8241

     詳細を見る

    クローン病(CD)の診断や病状把握に関して,欧米ではMRIやCTを用いた小腸造影検査(enteroclysis)により,腸管外病変の描出のみならず,腸管を描出する試みが行われている.本邦においては,内視鏡検査および消化管造影検査法が普及しており,MRIやCTによる小腸造影検査に関してはそれほど行われていない.一方,本邦においてダブルバルーン小腸内視鏡検査が開発され,深部小腸の観察が容易になったことから,CDの診断,治療における深部小腸病変の内視鏡的観察が重要視されるようになった.(著者抄録)

  • 大腸腫瘍性病変の拾い上げ診断におけるFICEの有用性 通常光との前向き比較試験

    桐山 真典, 松田 尚久, 斎藤 豊, 中島 健, 坂本 琢, 福永 周生

    Gastroenterological Endoscopy   51 ( Suppl.2 )   2313 - 2313   2009年09月( ISSN:0387-1207

  • 【色素内視鏡を見直す 画像強調観察法との比較】 大腸の色素内視鏡 NBIと色素内視鏡とを比較した読影試験

    坂本 琢, 斎藤 豊, 松田 尚久, 中島 健, 福永 周生, 谷口 浩和

    臨床消化器内科   24 ( 10 )   1401 - 1409   2009年08月( ISSN:0911-601X

     詳細を見る

    大腸腫瘍の量的診断において,拡大色素内視鏡によるpitpattern診断の有用性は,多く報告され,実地臨床上,正確な診断に基づく治療選択を可能としている.一方,Narrow Band Imaging(NBI)systemによる微細血管構築パターンの観察が近年普及し,NBIによっても質的診断のみならず量的診断もpitpatternに匹敵する精度の情報が得られると報告されてきている.今回われわれは,pitpattern診断とNBIによる確信度を加味した量的診断をそれぞれ単独で行った際の成績と,評価者間での一致率により信頼性を検討した.結果,モダリティー間での精度に有意差はなかったが,信頼性においてはpitpatternが優れており,質的診断においては現時点ではpitpatternを優先すべきと考えられた.(著者抄録)

  • ESDの手技の工夫 大腸癌 当院における大腸ESDの現状 ボールチップ型B-Knifeの有用性

    福永 周生, 斎藤 豊, 松田 尚久

    Gastroenterological Endoscopy   51 ( Suppl.1 )   795 - 795   2009年04月( ISSN:0387-1207

  • NBI拡大観察とpit pattern観察による深達度診断が異なった2例

    瀧澤 初, 坂本 琢, 福永 周生, 桐山 真典, 中島 健, 松田 尚久, 斎藤 豊

    Gastroenterological Endoscopy   51 ( Suppl.1 )   1005 - 1005   2009年04月( ISSN:0387-1207

  • 大腸腫瘍の内視鏡的治療の選択と問題点 大腸顆粒型側方発育腫瘍(LST-G)に対して一括切除は必要か?

    福永 周生, 斎藤 豊, 松田 尚久

    Gastroenterological Endoscopy   50 ( Suppl.2 )   2121 - 2121   2008年09月( ISSN:0387-1207

  • 【内視鏡による消化器癌治療の現況と将来】 大腸早期がんに対する内視鏡治療 ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)

    斎藤 豊, 福永 周生, 坂本 琢, 野中 哲, 桐山 真典, 鈴木 晴久, 菊地 剛, 中島 健, 松田 尚久

    癌の臨床   54 ( 7 )   517 - 524   2008年07月( ISSN:0021-4949

  • IIa+IIc型早期大腸癌の1例

    桐山 真典, 斎藤 豊, 中島 健, 菊池 剛, 横井 千寿, 草野 央, 鈴木 晴久, 福永 周生, 金 庸民, 松田 尚久

    早期大腸癌   12 ( 3 )   325 - 325   2008年05月( ISSN:1343-2443

  • 大腸腫瘍のEndoscopic day surgeryの適応と問題点 20mm以上の大腸腫瘍に対するEndoscopic Day Surgeryの可能性 後出血率に対する検討を踏まえて

    福永 周生, 斎藤 豊, 松田 尚久

    Gastroenterological Endoscopy   50 ( Suppl.1 )   745 - 745   2008年04月( ISSN:0387-1207

  • 表在性食道癌に対する特殊光観察の有用性 AFI vs. NBI

    鈴木 晴久, 斎藤 豊, 小田 一郎, 菊地 剛, 桐山 真典, 福永 周生

    Gastroenterological Endoscopy   50 ( Suppl.1 )   838 - 838   2008年04月( ISSN:0387-1207

  • 【ESD 食道・大腸への展開】 大腸ESDの偶発症とその対策

    坂本 琢, 斎藤 豊, 福永 周生, 鈴木 晴久, 草野 央, 桐山 真典, 横井 千寿, 菊地 剛, 中島 健, 松田 尚久

    消化器内視鏡   20 ( 3 )   361 - 366   2008年03月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    胃の内視鏡的粘膜下層剥離術(endoscopic submucosal dissection:ESD)は急速に普及したが、大腸のESDは技術的難易度および穿孔の危険性が高いため、一般化していない。しかし、その臨床的有用性から、今後普及することが期待される手技であり、安全性を確立することが肝要である。患者苦痛を軽減し、適度なsedationを維持することで、良好な視野を確保するためのCO2送気や、処置具として従来の針状ナイフに代わり、筋層方向へ流れる高周波電流を軽減したバイポーラ針状ナイフ(B-knife)が開発・実用化されてきた。これにより、安全性は向上し、穿孔の危険性は減少している。また、穿孔時の対応については、保存的治療にて可能であることが経験され報告されている。今後、大腸のESDが普及するために、これらのデバイスの活用による安全性の向上、および偶発症への対応が確立されることが望まれる。(著者抄録)

  • 内視鏡検査時の抗凝固剤・抗血小板剤服用の把握状況の調査

    佐々木 英二, 池原 照幸, 川崎 浩一, 山崎 智朗, 福永 周生, 根引 浩子, 蘆田 玲子, 加島 和俊, 倉井 修, 内視鏡検査研究班

    大阪市勤務医師会研究年報   ( 35 )   155 - 158   2008年03月( ISSN:0289-4521

     詳細を見る

    内視鏡検査時の出血リスクを回避するためには、止血を困難にする抗凝固剤・抗血小板剤を被検者が服用しているか否かを予め把握しておかなければならない。今回、当院外来における内視鏡検査予定患者の抗凝固剤・抗血小板剤服用チェック体制について紹介し、服用把握状況の調査結果を報告した。チェック体制の概要は、まず主治医が検査予約時に服用の有無と薬剤の種類を可能な限りチェックし、問診票に記載する。その後、検査説明時に外来看護師が確認し、また検査前日にオーダリングコンピュータから当院全科での処方内容を事務員が確認、さらに検査当日に内視鏡室の看護師が問診することで主治医の記載漏れの有無を確認し、問診票に追記する。2005年10月〜2006年8月に上部・下部内視鏡検査を受けた2020例の服用把握状況は、主治医が正確に把握できていなかった割合が約5%であった。

  • 【早期胃癌ESD 適応拡大を求めて】 早期胃癌に対する内視鏡的切除後の長期予後 ガイドライン病変と適応拡大病変との比較

    草野 央, 後藤田 卓志, 岩崎 基, 小野 裕之, 小田 一郎, 中島 健, 横井 千寿, 菊地 剛, 桐山 真典, 福永 周生, 坂本 琢, 堀田 洋介, 西谷 仁, 菊山 梨紗, 並木 伸, 下田 忠和

    胃と腸   43 ( 1 )   74 - 80   2008年01月( ISSN:0536-2180

     詳細を見る

    1999年1月から2005年12月までに国立がんセンター中央病院にて早期胃癌に対する内視鏡的切除が施行された全症例を対象に長期予後について検討した.全生存曲線はガイドライン治癒切除群と比較して,非治癒切除非外科切除群で予後が悪く(年齢・性・癌の既往歴の調整ハザード比;2.54,95%信頼区間;1.62〜3.98),多発群ではハザード比が0.44(95%信頼区間;0.21〜0.91)と有意に予後が良いという結果であった.適応拡大治癒切除群とガイドライン治癒切除群とで5年生存率に有意な差を認めなかった.本検討は,がん対策情報センターにて全例の生死・死因の捕捉が行われており,プログラムされた前向き研究ではないが現場における実データとして信頼性の高い結果と考えられた.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1403101260

    CiNii Article

  • 【EMR vs.ESD】 大腸腫瘍に対するESDの手技と治療成績

    福永 周生, 斎藤 豊, 菊地 剛, 中島 健, 松田 尚久

    臨床消化器内科   23 ( 1 )   89 - 98   2007年12月( ISSN:0911-601X

     詳細を見る

    早期胃癌において普及した内視鏡的粘膜下層剥離(ESD)は,大腸腫瘍においても導入されてきた.当院では,術前深達度SM1までの20mm以上のLST-NGとnon-lifting sign陽性の病変をESDの絶対適応,40mm以上の結節混在型Is+IIa(LST-G)を相対的適応としている.ESDの偶発症対策として,内視鏡やデバイスの選択,重力の利用,前処置,C02送気,穿孔時の対応が重要である.当院での大腸ESDにおける穿孔・穿通の頻度は4%(12/293),後出血は1%(4/293)であった.緊急手術は1例のみで,ほかは保存的加療が可能であった.大腸ESDは従来,外科手術を要した病変でも内視鏡的に根治可能とする画期的な手技だが,十分な知識とトレーニングが必要である.(著者抄録)

  • EPMR後に浸潤癌として再発をきたした大腸LSTの一例

    福永 周生, 斎藤 豊, 松田 尚久, 中島 健, 菊地 剛, 横井 千寿, 桐山 真典, 鈴木 晴久, 草野 央, 谷口 洋和, 下田 忠和

    Progress of Digestive Endoscopy   72 ( 1 )   82 - 82   2007年11月( ISSN:1348-9844

  • 食道の内分泌細胞癌の1例

    坂本 琢, 山口 肇, 福永 周生, 鈴木 晴久, 野中 哲, 松田 尚久, 井垣 弘康, 中西 幸浩, 下田 忠和

    Progress of Digestive Endoscopy   71 ( 2 )   54,2 - 55,2   2007年11月( ISSN:1348-9844

     詳細を見る

    症例は65歳男性。上部内視鏡検査にて0-II c+III病変を指摘、生検では陥凹中心部で内分泌細胞癌(endocrine cell carcinoma;以下、ECC)、陥凹周囲より扁平上皮癌(squamous cell carcinoma;以下、SqCC)と診断された。cT1bN1M0,Stage IIの術前診断にて食道亜全摘術を施行した。切除標本ではUtからLtにかけて全周性にSqCCが上皮内伸展し、陥凹部でSqCCに連続したECCが粘膜下層深部に浸潤していた。化学療法を追加し、術後8ヵ月経て無再発生存中である。(著者抄録)

    DOI: 10.11641/pde.71.2_54

  • 食道神経鞘腫の一例

    福永 周生, 山口 肇, 小田 一郎, 松田 尚久, 斉藤 豊, 後藤田 卓志, 斉藤 大三, 井垣 弘康, 中西 幸浩, 下田 忠和

    Progress of Digestive Endoscopy   71 ( 1 )   94 - 94   2007年06月( ISSN:1348-9844

  • 自己免疫性肝炎に対するウルソデオキシコール酸単独治療の長期効果について

    倉井 修, 高塚 聡, 福永 周生, 木岡 清英, 自己免疫性肝炎研究班

    大阪市勤務医師会研究年報   ( 34 )   163 - 166   2007年03月( ISSN:0289-4521

     詳細を見る

    肝生検で自己免疫性肝炎と診断された40例に対し、肝予備能が保たれ、肝線維化がF0〜2の症例には原則としてウルソデオキシコール酸(UDCA)単独投与を行い、治療効果が得られない場合にはステロイド治療(PSL)を追加した。初回治療としてUDCA単独投与を行ったのは25例で、単独継続は20例(男4例・女16例・平均60歳:A群)、PSL追加は5例(男1例・女4例・平均36歳:B群)であった。25例中、UDCA適応基準内は15例、基準外は10例で、うちB群は各々1例、4例であった。残り15例(男3例・女12例・平均56歳)にはPSL単独投与を行った。B群はA群に比較して若年で、AST、ALT、T-Bilが高値、PT活性は低値の傾向であった。A群はALTが治療前平均246IU/Lから1年後31IU/Lに、γグロブリンは1.7から1.6へと改善し、IgGの減少も認めた。5年以上経過観察できたA群の11例では、ALT値は2年後以降もほぼ正常範囲で推移し、コリンエステラーゼやアルブミンの改善も認めた。

  • 当院における内視鏡検査時の抗凝固剤・抗血小板剤服用者への対策の現状

    山崎 智朗, 根引 浩子, 福永 周生, 蘆田 玲子, 加島 和俊, 倉井 修

    Gastroenterological Endoscopy   48 ( Suppl.2 )   2204 - 2204   2006年09月( ISSN:0387-1207

  • 胃潰瘍患者におけるHelicobacter pylori除菌前後の血中グレリン・レプチンの変動についての検討

    根引 浩子, 山崎 智朗, 福永 周生, 蘆田 玲子, 加島 和俊, 倉井 修

    日本消化器病学会雑誌   103 ( 臨増大会 )   A789 - A789   2006年09月( ISSN:0446-6586

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

担当授業科目

  • 修士課程授業

    2023年度   集中講義   大学

  • ユニットB

    2023年度   集中講義   大学

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:京都大腸内視鏡研究会ハンズオンセミナー 特別講演

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:日本消化器内視鏡学会近畿支部例会 ランチョンセミナー

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:心房細動トータルマネジメントセミナー

学術貢献活動

  • 日本消化器内視鏡学会近畿支部例会 シンポジウム

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本消化器内視鏡学会  2024年01月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • Peer review

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

役職

  • 全学管理職

    大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2020年04月 - 継続中

独自項目・特記事項(管理運営)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:長時間労働医師の面接指導実施に係る研修