2022/10/03 更新

写真a

サカイ ヒデキ
酒井 英樹
SAKAI Hideki
担当
大学院生活科学研究科 生活科学専攻 教授
生活科学部 居住環境学科
職名
教授
所属
生活科学研究院

担当・職階

  • 大学院生活科学研究科 生活科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 生活科学部 居住環境学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(理学) ( 早稲田大学 )

  • 修士(理学) ( 早稲田大学 )

研究分野

  • 情報通信 / 感性情報学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学  / 家政学一般(含衣・住環境)

研究キーワード

  • 色彩科学

  • 感性情報

  • 居住環境

研究概要

  • 製品や建築物,居住空間の安全性,快適性,省資源・省エネルギー性を追求し,物性評価,生理心理評価,環境への負荷の考慮など,包括的な視点にたって,居住安全人間工学分野の諸課題の解決を目指しています。(専門分野:居住安全人間工学)

研究歴

  • 安全で快適な照明環境の提案

    照明、視覚、色彩  国内共同研究

    2020 - 継続中 

  • 材料表面の質感評価,測色技術の開発

    視覚、デザイン  個人研究

    2014 - 継続中 

  • 都市環境に配慮した太陽熱高反射材の開発・評価(ヒートアイランド対策)

    ヒートアイランド、日射反射率、都市環境  機関内共同研究

    2005 - 継続中 

所属学協会

  • 日本色彩学会

      国内

  • 日本建築学会

      国内

  • 日本人間工学会

      国内

  • アメリカ光学会(Optical Society of America)

      国外

  • 日本感性工学会

      国内

委員歴(学外)

  • 委員   日本色彩学会JIS改定原案作成委員会  

    2019年10月 - 2021年04月 

  • 委員   アジア色彩学会2019大会実行委員会  

    2019年01月 - 2019年12月 

  • 委員   アジア色彩学会2018大会実行委員会  

    2018年01月 - 2018年12月 

  • 委員   日本照明委員会第1部国内委員会  

    2017年07月 - 2021年03月 

  • 委員   日本照明委員会JTC10国内技術委員会  

    2017年07月 - 2021年03月 

  • 実行委員長   日本色彩学会第49回全国大会実行委員会  

    2017年06月 - 2018年06月 

  • 委員   岸和田市環境デザイン委員会  

    2017年05月 - 2023年03月 

  • 委員   女子中高生のための関西科学塾実行委員会  

    2017年04月 - 2020年03月 

  • 副会長   日本色彩学会理事会  

    2016年06月 - 2018年05月 

▼全件表示

受賞歴

  • 第11回色彩学論文奨励賞

    2007  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本色彩学会令和2年度査読功労賞

    2021年06月   日本色彩学会  

  • 平成24年度大阪市立大学第6回教職員提案奨励賞

    2013年03月  

学歴

  • 早稲田大学   理工学研究科   物理学   博士課程  

    - 1996年

  • 早稲田大学   理工学部   物理学科    

    - 1991年

論文

  • 砂利の乾燥過程における濡れ色・濡れ光沢の測定 査読

    磯見 麻衣,酒井 英樹

    日本色彩学会誌   45 ( 2 )   55 - 62   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 正伝寺庭園の好まれる風景と視点場 査読

    高畑雅一, 酒井英樹, 森一彦

    日本建築学会計画系論文集   86 ( 779 )   105 - 114   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 濡れレンガの乾燥過程における色調変化の測定 査読

    磯見麻衣,酒井英樹,渡部嗣道

    日本建築学会構造系論文集   85 ( 777 )   1367 - 1373   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 二条城二の丸庭園の好まれる風景と視点場 査読

    高畑雅一, 酒井英樹, 森一彦

    日本建築学会計画系論文集   84 ( 765 )   2281 - 8889   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 蒙古斑および静脈の測色事例報告:静脈錯視の理解のために 査読

    酒井 英樹

    日本色彩学会誌   42 ( 2 )   59 - 64   2018年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Development of Two New Types of Retroreflective Materials as Countermeasures to Urban Heat Islands 査読

    Sakai Hideki, Iyota Hiroyuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF THERMOPHYSICS   38 ( 9 )   2017年09月( ISSN:0195-928X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10765-017-2266-y

  • Application of glass beads as retro-reflective facades for urban heat island mitigation: Experimental investigation and simulation analysis 査読

    Yuan Jihui, Emura Kazuo, Farnham Craig, Sakai Hideki

    BUILDING AND ENVIRONMENT   105   140 - 152   2016年08月( ISSN:0360-1323

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.buildenv.2016.05.039

  • Optical analysis of glass bead retro-reflective materials for urban heat island mitigation 査読

    Yuan Jihui, Emura Kazuo, Sakai Hideki, Farnham Craig, Lu Siqiang

    SOLAR ENERGY   132   203 - 213   2016年07月( ISSN:0038-092X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.solener.2016.03.011

  • Gray and Grayness- Its Complexities in Color Appearance of Surface Colors 査読

    Nayatani Yoshinobu, Sakai Hideki

    COLOR RESEARCH AND APPLICATION   39 ( 1 )   37 - 44   2014年02月( ISSN:0361-2317

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/col.21758

  • Color Measurement Methods for Optimization of Oven Operation (Baking of Sliced Bread with Superheated Steam and Hot Air)

    Hiroyuki Iyota, Hideki Sakai, Yusuke Mamiya

    Food Science and Technology Research   19 ( 6 )   939 - 947   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Evaluation of the solar reflectance of highly reflective roofing sheets installed on building roofs 査読

    Yuan Jihui, Emura Kazuo, Sakai Hideki

    JOURNAL OF BUILDING PHYSICS   37 ( 2 )   170 - 184   2013年10月( ISSN:1744-2591

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1744259112459263

  • Color Measurement Methods for Optimization of Oven Operation (Baking of Sliced Bread with Superheated Steam and Hot Air) 査読

    IYOTA Hiroyuki, SAKAI Hideki, MAMIYA Yusuke

    Japanese Society for Food Science and Technology Food Science and Technology Research   19 ( 6 )   939 - 947   2013年( ISSN:1344-6606

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An in-situ color measurement method during heating in an oven is required for optimizing the oven cooking operation. However, conventional colorimetric apparatus is not applicable because such processes usually involve high temperatures and wet surfaces. In this study, we equip an oven chamber with optical fibers connected to a halogen light and spectrometer to perform the in-situ (real time) color measurement. To demonstrate the usability of this method, we observed the color change in white bread heated by hot air and superheated steam at 200°C as a trial experiment, and compared results from two other types of colorimetric measurements of the samples after heating: a color image recording system using a digital camera, and a commercial spectrophotometer. We found that the value of <i>L</i>* decreased more quickly, and <i>b</i>* had a lower value for baking by superheated steam in comparison with baking by hot air at the same temperature.

    DOI: 10.3136/fstr.19.939

    CiNii Article

  • Reduction of Reflected Heat of the Sun by Retroreflective Materials

    Hideki Sakai, Kazuo Emura, Norio Igawa, Hiroyuki Iyota

    Journal of Heat Island Institute International   7 ( 2 )   218 - 221   2012年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Method for Measuring Solar Reflectance of Retroreflective Materials Using Emitting-Receiving Optical Fiber

    Hiroyuki Iyota, Hideki Sakai, Kazuo Emura, Norio Igawa, Hideya Shimada, Nobuya Nishimura

    Journal of Heat Island Institute International   7 ( 2 )   213 - 217   2012年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 学校屋上での高反射防水シートの反射率の測定 査読

    袁 継輝, 永村 一雄, 酒井 英樹

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会 論文集   37 ( 180 )   23 - 30   2012年( ISSN:0385275X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ヒートアイランド現象の対策の1つに、都市表面の被覆の改善が挙げられる。その中で、建物外皮の高反射化は、建物内部への日射熱侵入を防ぐのに効果的であるとされ、多くの製品が登場している。本報では、高反射化した実際の建物屋上の反射率を把握することを目的として、2010年11月と2011年3月に大阪市内の20校小中学校の屋上に施工された高反射防水シートの反射率の測定を行った。さらに、高反射防水シートの省エネルギー効果を試算し、屋根断熱材を使用した場合との比較を行った。

    DOI: 10.18948/shase.37.180_23

    CiNii Article

  • 41221 学校屋上での高反射防水シートの反射率の実測(日射遮蔽,環境工学II) 査読

    袁 継輝, 永村 一雄, 酒井 英樹

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   2011   449 - 450   2011年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 指向性を有する再帰反射材の試作及び日射反射特性の測定:指向性再帰反射材によるヒートアイランド対策その1

    酒井英樹,伊與田浩志,永村一雄,井川憲男

    日本建築学会構造系論文集   665   1229 - 1234   2011年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 画像処理による視覚能力レベルに応じたロービジョン再現環境に関する研究

    森一彦,酒井英樹,戒田真由美

    日本建築学会計画系論文集   665   1213 - 1221   2011年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Predictions of Munsell Values with the Same Perceived Lightness at Any Specified Chroma Irrespective of Hues-Determination of Any Tonal Colors 査読

    Nayatani Yoshinobu, Sakai Hideki

    COLOR RESEARCH AND APPLICATION   36 ( 2 )   140 - 147   2011年04月( ISSN:0361-2317

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/col.20596

  • 指向性を有する再帰反射材の試作及び日射反射特性の測定 査読

    酒井 英樹, 伊與田 浩志, 永村 一雄, 井川 憲男

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   76 ( 665 )   1229 - 1234   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Two kinds of directional retroreflective materials are manufactured, which are designed to show abrupt change in reflectance at the incident angle (&Theta;) of around 30 degrees. The measured solar reflectances are 17.7 percent for &Theta; &ge; 40 deg. and 39.0 percent for &Theta; &le; 20 deg. for one type; 54.4 percent and 40.8 percent for the other. Building materials having these kinds of incident angle dependences can be used as cool roofs free of side effect; they can be high-reflective exclusively against summer sunlight, and low-reflective against other light sources, such as, winter sunlight, headlights of cars, and street lights.

    DOI: 10.3130/aijs.76.1229

    CiNii Article

  • 画像処理による視覚能力レベルに応じたロービジョン再現環境に関する研究 査読

    森 一彦, 酒井 英樹, 戒田 真由美

    Architectural Institute of Japan 日本建築学会計画系論文集   76 ( 665 )   1213 - 1221   2011年( ISSN:1340-4210

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We focused to develop the low-vision environmental simulation system in which subjects could experience moving through the environment in the condition of low vision. In this study, we have made the fundamental experiments on the validity of the environmental simulation system to evaluate the spatial legibility and the accessibility for low-vision person.We had examined three kinds of experiments as follows.<br>1. First experiment is measuring Reproducing Low-Vision (R-vision) with picture effect.<br>2. Second experiment is a validity study about the recognition of signage, steps and stairs.<br>3.Third experiment is a validity study about the way-finding in common space. Each experiment had been done with 40 subjects including 4 comparative groups of vision 0.6, 0.3, 0.1 measured by Landolt C.

    DOI: 10.3130/aija.76.1213

    CiNii Article

  • デジタルカメラを用いた食品の焼き色評価装置の開発 査読

    伊與田 浩志, 酒井 英樹, 高砂 裕行, 島田 秀弥

    日本食品工学会 日本食品工学会誌   11 ( 4 )   203 - 213   2010年( ISSN:1345-7942

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    食品を評価する際に視覚情報は重要である.とくに焼く調理は,見た目を変化させることが操作目的の1つである.本研究では,食品を一般化できる画像データとして記録するための装置,ならびに画像処理ソフトウェアの開発を行った.積分球を模擬した内面に白い塗料を塗布した直径500 mmの球形のドームを作成し,その中に中央部に被写体となる食品を置いた.被写体の下面に,検査用のD65蛍光灯を2本設置することで,間接光のみが被写体に照射されるようにした.白色と24色の標準色票を用いて,撮影画像のシェーディング補正と色補正を行うことで,マンセル彩度C値が5以下の色で,標準色票のsRGB規格値と画像データから得た値がよい一致を示した.また,<i>L</i><sup>*</sup>は,色差1以内で規格値と一致した.さらに,食パンのクラム部を200℃の空気で焼成した際の色変化について,<i>L</i><sup>*</sup>値をパラメータとしたヒストグラムによる焼き色の評価例を示した.

    DOI: 10.11301/jsfe.11.203

    CiNii Article

  • Method for Measuring Solar Reflectance of Retroreflective Materials Using Emitting-Receiving Optical Fiber 査読

    Hiroyuki Iyota, Hideki Sakai, Kazuo Emura, Norio Igawa, Hideya Shimada, Nobuya Nishimura

    Proceedings of the Second International Conference on Countermeasures to Urban Heat Islands (SICCUHI)   CD-ROM ( 211510 )   1 - 6   2009年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Reduction of Reflected Heat of the Sun by Retroreflective Materials 査読

    Hideki Sakai, Kazuo Emura, Norio Igawa, Hiroyuki Iyota

    Proceedings of the Second International Conference on Countermeasures to Urban Heat Islands (SICCUHI)   CD-ROM ( 211450 )   1 - 6   2009年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Proposal for Selecting Two-Color Combinations with Various Affections. Part I: Introduction of the Method 査読

    Nayatani Yoshinobu, Sakai Hideki

    COLOR RESEARCH AND APPLICATION   34 ( 2 )   128 - 134   2009年04月( ISSN:0361-2317

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/col.20481

    CiNii Article

  • Proposal for Selecting Two-Color Combinations with Various Affections. Part II: Demonstration of the System 査読

    Sakai Hideki, Nayatani Yoshinobu

    COLOR RESEARCH AND APPLICATION   34 ( 2 )   135 - 140   2009年04月( ISSN:0361-2317

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/col.20480

    CiNii Article

  • 屋外測定による再帰反射材の日射に対する再帰反射率推定

    酒井英樹,小林春奈,永村一雄,井川憲男

    日本建築学会構造系論文集   ( 632 )   1713 - 1718   2008年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 再帰反射材の照り返し抑制効果 査読

    酒井 英樹, 永村 一雄, 井川 憲男

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会構造系論文集 = Transactions of AIJ. Journal of structural and construction engineering   ( 630 )   1239 - 1244   2008年08月( ISSN:13404202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We show experimentally that retroreflective materials reduce the reflected heat. They can be used as the building materials to reduce urban heat island effect. We measure the retroreflective component of retroreflective materials for the first time. The procedures are as follows. First, the total reflectance is deduced from the thermal measurement. Then, the reflectance without retroreflection is measured by using a spectrophotometer with the integrating sphere. Finally, the retroreflective component is calculated by subtracting the latter from the former. The measured retroreflective components are about 10 percent for bead-embedded type, and 20 percent for capsule-lens type.

    DOI: 10.3130/aijs.73.1239

    CiNii Article

  • An integrated color-appearance model using CIELUV and its applications 査読

    Nayatani Yoshinobu, Sakai Hideki

    COLOR RESEARCH AND APPLICATION   33 ( 2 )   125 - 134   2008年04月( ISSN:0361-2317

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/col.20397

  • A relationship between zero-grayness luminance by Evans and perceived brightness of spectrum colors 査読

    Nayatani Yoshinobu, Sakai Hideki

    COLOR RESEARCH AND APPLICATION   33 ( 1 )   19 - 26   2008年02月( ISSN:0361-2317

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/col.20368

  • 屋外測定による再帰反射材の日射に対する再帰反射率推定 査読

    酒井 英樹, 小林 春奈, 永村 一雄, 井川 憲男

    Architectural Institute of Japan 日本建築学会構造系論文集   73 ( 632 )   1713 - 1718   2008年( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The solar reflective performance of several retroreflective materials are evaluated by outdoor measurements. Their reflectances were derived from the quantity of heat energy received, which were calculated from temperature data. By correcting the measured data to fit the reflectivities of several non-retroreflective materials, the value of retroreflective component can be determined with an accuracy of about 1 percent, irrespective of measurement date. The measured retroreflective components are 5 and 13 percent for the bead-embedded type, 18 percent for the capsule-lens type, and 24 and 30 percent for the prism-array type.

    DOI: 10.3130/aijs.73.1713

    CiNii Article

  • A tentative proposal for integrated photometric system, and its application to luminous colors 査読

    Nayatani Yoshinobu, Sakai Hideki

    COLOR RESEARCH AND APPLICATION   32 ( 6 )   440 - 448   2007年12月( ISSN:0361-2317

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Complexity of the color appearance of obiects with nonuniform illumination 査読

    Nayatani Yoshinobu, Sakai Hideki

    COLOR RESEARCH AND APPLICATION   32 ( 5 )   372 - 377   2007年10月( ISSN:0361-2317

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/col.20340

  • 分光反射率に基づく建築材料の日射反射率の測定方法ー測定条件の妥当性の検討ー

    酒井英樹,永村一雄,井川憲男

    日本建築学会環境系論文集   ( 616 )   31 - 36   2007年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A comment about the chroma scale of Nayatani-theoretical color order system 査読

    Sakai Hideki, Nayatani Yoshinobu

    COLOR RESEARCH AND APPLICATION   32 ( 3 )   230 - 233   2007年06月( ISSN:0361-2317

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/col.20310

  • Complexity of the Color Appearance of Objects with Nonuniform Illumination

    Yoshinobu Nayatani, Hideki Sakai

    Color Research and Application   32 ( 5 )   372 - 377   2007年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Proposal of a new concept for color-appearance modeling 査読

    Nayatani Yoshinobu, Sakai Hideki

    COLOR RESEARCH AND APPLICATION   32 ( 2 )   113 - 120   2007年04月( ISSN:0361-2317

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/col.20292

  • 分光反射率に基づく建築材料の日射反射率の測定方法 : 測定条件の妥当性の検討 査読

    酒井 英樹, 永村 一雄, 井川 憲男

    日本建築学会 日本建築学会環境系論文集   72 ( 616 )   31 - 36   2007年( ISSN:13480685

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A procedure is described for evaluating the solar reflectance of building materials by using a spectrophotometer. The point is that one should use the calibrated diffuser as a standard reference for reflectance; values of sample reflectance measured with a calibrated polytetrafluoroethylene resin (PTFE) are most reliable. Pressed barium sulfate, which is widely used in colorimetry, is not adequate as a standard reference for measuring the solar reflectance.

    DOI: 10.3130/aije.72.31_2

    CiNii Article

  • Clarification of differences between variable achromatic color and variable chromatic color methods in the Helmholtz-Kohlrausch effect 査読

    Nayatani Y, Sakai H

    COLOR RESEARCH AND APPLICATION   31 ( 2 )   146 - 155   2006年04月( ISSN:0361-2317

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/col.20194

  • 一般色観察光源特性の許容度-その理論的考察

    酒井英樹,納谷嘉信

    日本色彩学会誌   29 ( 2 )   96 - 104   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 都市環境に配慮した高反射率塗料による熱負荷軽減技術の開発・評価 : 温度測定による塗面の絶対反射率の推定 査読

    酒井 英樹, 永村 一雄, 土井 正

    大阪市立大学 生活科学研究誌   4   75 - 81   2005年( ISSN:13486926

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    CiNii Article

  • 一般色観察光源特性の許容度-その理論的考察 査読

    酒井 英樹, 納谷 嘉信

    日本色彩学会 日本色彩学会誌   29 ( 2 )   96 - 104   2005年( ISSN:03899357

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    デザイナーや色に関心のある一般の人が, D65などの標準の光に相当する光源を使って, 色を観察することは少ない。多くの場合, 一般的な白色蛍光灯を使っている。一般的な蛍光灯の下では, 色ズレは避けられないだろう。しかし, それを問題視することは少ないように思われる。これは, 配色デザイン等を考えることが主な目的である日常的な色彩観察では, 厳密な色比較は必要とされておらず, 観察している色の色相が大きく変化してしまったり, トーンを隣接する別のトーンと見間違えてしまったりさえしなければ, 多少の色ズレは許容されるからだと考えられる。では, 色相やトーンを正しく確認することができる光源の相関色温度Tcp, 平均演色評価数Raの許容範囲はどの程度か。理論的な評価を行ったところ, Tcpが6000K以上でRaが70以上, または, 4000K以上でRaが80以上であれば, 色相, トーンとも大きく崩れることはなく, 日常的な色彩観察のための光源としては十分であることが判った。本報では, その評価方法の詳細を述べるとともに, 相関色温度および演色性の低下による色ズレの大きさを図示する。

    CiNii Article

  • The tolerance level of practical light sources for a visual comparison of surface colors (in relation to the Helmholtz-Kohlrausch effect)

    Hideki Sakai, Yoshinobu Nayatani

    10th Congress of the International Colour Association-Procedings Book   2   1099 - 1102   2005年

  • The Physiological and Psychological Effects of Color in the Interior Space

    Hideki Sakai, Aya Enami, Tomomi Shimonaka, Kuniko Yamashita,Masako Sato

    Proceedings of the AIC2003: Color Communication and Management   110 - 114   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • パーソナルカラーにおける肌色の見えと似合う色との関係

    酒井英樹,鈴木夏生,佐藤昌子,松田博子

    日本色彩学会誌   27 ( S )   90 - 91   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 色彩のもつ熱効果-色が赤外線反射特性に及ぼす影響-

    酒井英樹,佐藤昌子

    日本色彩学会誌   26 ( S )   52 - 53   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Determination of the acid-base properties of surfaces bycontact angle titration with buffered and unbuffered solutions

    -

    Studies in Surface Science and Catalysis   132   825 - 828   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 非緩衝液の微小液滴を使った接触角滴定による固体表面の酸・塩基特性の測定

    -

    表面科学   21 ( 7 )   420 - 425   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • The Dependence of the Apparent Contact Angles on Gravity

    Hideki Sakai, Tomiko Fujii

    Journal of Colloid and Interface Science   210   152 - 156   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 粗面における見かけの接触角の重力依存性

    酒井英樹,藤井富美子

    表面科学   19   453   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • How does a slab-shaped solid melt?

    -

    Surface Science   348   387   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Surface-induced melting of small particles

    -

    Surface Science   351   285   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング,評価・応用 第1章第1節, 防汚・防水・腐食技術の基となるぬれと接触角の基礎知識

    酒井 英樹( 担当: 分担執筆)

    技術情報協会  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:3-10  

  • ぬれと接触角の基礎知識〜粘着・接着・剥離技術へ向けて〜

    -( 担当: 単著)

    粘着剤,接着剤の最適設計と適用技術,技術情報協会  2014年06月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 太陽熱高反射材料の開発と評価

    -( 担当: 単著)

    断熱材/遮熱材の開発と応用および評価・試験法,R&D支援センター出版  2012年08月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 新編色彩科学ハンドブック第3版 2.1節-2.5節 色の見えモデル

    納谷 嘉信, 酒井 英樹( 担当: 共著)

    東京大学出版  2011年 

     詳細を見る

    担当ページ:544-551  

  • 目的・用途に応じたぬれ性の制御・評価技術ノウハウ集

    酒井英樹

    技術情報協会  2008年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • ぬれと接触角の基礎知識

    酒井英樹

    ぬれと(超)撥水, (超)親水技術, そのコントロール(技術情報協会)  2007年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 都市と故郷のフィクション<<知の対流II>> 色と音の共感覚

    酒井 英樹( 担当: 分担執筆)

    清文堂出版  2007年 

     詳細を見る

    担当ページ:45-53  

  • 色と音の共感覚

    酒井英樹

    都市と故郷のフィクション 知の対流II(清文堂)  2007年 

  • ぬれ性評価の基礎

    -( 担当: 単著)

    撥水・親水・防汚剤の開発とコーティングおよびぬれ性の制御  2006年 

  • 濡れをコントロールする

    -( 担当: 単著)

    生活科学最前線90のトピック  1999年 

▼全件表示

MISC(その他記事)

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • ドーム型照明を用いた温湿度環境の制御機能を有する色彩・光沢の二次元評価装置の開発 国内会議

    深河慎平,伊與田浩志,酒井英樹,磯見麻衣

    日本色彩学会関西支部大会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムによるレンガの濡れ色・光沢度評価 国内会議

    磯見麻衣, 酒井英樹, 渡部嗣道

    日本建築学会2020年度大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 圓通寺庭園の好まれる風景と視点場 国内会議

    髙畑雅一,酒井英樹,森一彦

    日本建築学会2020年度大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムの開発(その5:食品の色彩と光沢の測定) 国内会議

    磯見麻衣, 酒井英樹, 廣内綾, 伊與田浩志

    日本食品工学会第21回(2020年度)年次大会  2020年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムの開発その3:自動化及び測定精度の検証 国内会議

    磯見麻衣,廣内綾,伊與田浩志,酒井英樹

    日本色彩学会第51回全国大会  2020年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 在宅介護の照明環境:夜間の気管吸引作業に必要な照度の検討 国内会議

    西谷美智子,酒井英樹

    日本色彩学会第51回全国大会  2020年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムの開発その4:色彩・光沢・再帰反射の同時測定 国内会議

    酒井英樹,伊與田浩志

    日本色彩学会第51回全国大会  2020年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Automatization of 2D-image recording system for analysis of change in food appearance using dome illumination with digital camera 国際会議

    Aya Hirouchi, Hiroyuki Iyota, Mai Isomi, Hiroyuki Yamamoto, Hideki Sakai

    5th Asian Color Association Conference (ACA2019)  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Measurement of wet colors of bricks and gravels by using a non-contact colorimetric system with dome illumination 国際会議

    Mai Isomi, Hideki Sakai, Tsugumichi Watanabe, Hiroyuki Iyota

    5th Asian Color Association Conference (ACA2019)  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Device independent simultaneous lightness contrast 国際会議

    Saran Chantra, Mitsuo Ikeda, Hideki Sakai, Hiroyuki Iyota, Chanprapha Phuangsuwan

    5th Asian Color Association Conference (ACA2019)  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Color of cooked rice to improve appetite for elderlies 国際会議

    Pantakan Sukontee, Chanprapha Phuangsuwan, Hiroyuki Iyota, Hideki Sakai, Mitsuo Ikeda

    5th Asian Color Association Conference (ACA2019)  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムによるレンガ及び砂利の濡れ色評価 国内会議

    磯見 麻衣,酒井 英樹,渡部 嗣道

    日本建築学会2019年度大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Theory and Practice of Color Measurement 招待 国際会議

    Hideki Sakai

    The 2nd International Conference on Applied Science, Engineering and Interdisciplinary Studies 2019  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • In-situ Color Measurement in Steam Oven for Food Quality Anaysis 国際会議

    Hiroyuki Iyota, Hideki Sakai

    The 2nd International Conference on Applied Science, Engineering and Interdisciplinary Studies 2019  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 閉眼時の明るさ感評価:まぶたの光透過率測定 国内会議

    酒井英樹

    日本色彩学会第50回全国大会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 面光源と点光源における光沢感評価 国内会議

    磯見麻衣,酒井英樹,伊與田浩志

    日本色彩学会第50回全国大会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Gloss Distribution measurement of foods and their visual palatability evaluation 国際会議

    Mai Isomi, Hideki Sakai, Hiroyuki Iyota

    4th Asian Color Association Conference (ACA2018)  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of heating test equipment for improved utilization of superheated steam: monitoring color change of food at high temperature 国際会議

    Yusuke Tanada, Hiroyuki Iyota, Hideki Sakai, Kouhei Fukuchi

    4th Asian Color Association Conference (ACA2018)  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Non-contact colorimetric measurement using dome illumination for complex shape objects 国際会議

    Hideki Sakai, Mai Isomi, Hiroyuki Iyota

    4th Asian Color Association Conference (ACA2018)  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Evaluation of surface color of steam-cooked manju through non-contact colorimetric measurement using dome illumination: effect of processing conditions 国際会議

    Hiroyuki Yamamoto, Hideki Sakai, Syota Kitamura, Masahiro Takayama, and Hiroyuki Iyota

    4th Asian Color Association Conference (ACA2018)  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 日射反射率及び透過率等の計算に用いる基準太陽光の規格間比較 国内会議

    酒井英樹

    日本ヒートアイランド学会第13回全国大会  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムによる塗膜面の屋外暴露試験試料評価 国内会議

    酒井英樹

    環境色彩研究会第17回発表会  2018年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食品の光沢度分布測定とおいしさ感評価 国内会議

    磯見 麻衣, 酒井 英樹, 伊與田 浩志

    日本色彩学会誌  2018年  一般社団法人 日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    <p> 食品・食材の示す色彩や光沢(つや)は,鮮度評価や調理具合の手がかりとなるほか,見た目そのものが,おいしさ評価に繋がることから,適切に調整・演出することが求められる.そこで,本研究では,光沢に注目し,食品の光沢を人がどのように感じるかを明らかにすることを目的として,光沢の程度の異なる焼き鳥(つくね),クッキー,ライス(チャーハン)の樹脂製食品サンプルの光沢度測定と主観評価を行った.光沢度分布は,光トラップ付きドーム型照明を用いた非接触式測色システムを使い,デジタルカメラで撮影した正反射成分を含むSCI画像と,正反射成分を含まないSCE画像の差分から,二次元光沢度分布を算出した.主観評価では,昼白色と電球色の点光源下で感じるつやの程度と感情を,32名の被験者に回答させた.その結果,食品のつや評価は,光源の色温度に影響を受けない,食品に対してはガラスやプラスチックなどの工業材料としては中程度の光沢度を強いつやと感じる,平均光沢度の高い(つやのある)ものほど温かく新鮮でおいしそうであると感じること,が分かった.</p>

    DOI: 10.15048/jcsaj.42.3__30

    CiNii Article

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムによる蒸し饅頭の色彩評価:蒸し条件の影響 国内会議

    山本 裕之, 酒井 英樹, 北村 祥太, 高山 正宏, 伊與田 浩志

    日本色彩学会誌  2018年  一般社団法人 日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    <p> 表面の色や光沢の分布は,食品の品質や価値を評価する際に重要な情報である.発表者らはこれまで,ディジタルカメラとドーム型照明を用いることで,食品の色情報を二次元で記録することができる非接触式測色システムの開発を行ってきた.また,食品の品質向上を目指して,実際の食品工場で使用される連続式蒸し器を用い,蒸し加熱時に蒸し器内への空気の混入が加熱後の製品の表面色に与える影響を調べてきた.本報では,これらの測色装置の開発と実験的研究の続報として二種類の蒸し饅頭(黒糖,よもぎ)を試料として実験を行った結果を報告する.今回の実験ならびに解析では,開発した測色システムにより得られたSCE並びにSCI画像からハイライト成分を除くことでより正確な色情報を取得し,蒸し器内への空気混入量が加熱後の食品の色や光沢に与える影響を前報のデータを含めて調べた.その結果,加熱により明度L*の値は増加し,空気混入量が少ないほどL*は大きくなる傾向がみられた.また,光沢Gs(20°)の値は,加熱により減少し,空気混入量が少ないほど小さくなる傾向を有することがわかった.</p>

    DOI: 10.15048/jcsaj.42.3__169

    CiNii Article

  • ディスプレイの図と地の配色における感性と視認性に関する世代差と地域差 国内会議

    馬 君, 岡田 明, 山下 久仁子, 酒井 英樹

    日本色彩学会誌  2018年  一般社団法人 日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    <p> PCやタブレット端末などの液晶ディスプレイに表示する色の組み合わせの適正条件を明らかにする実験を行った.ここでは日本人と中国人の若年者高齢者男女を対象に,好き嫌いや見やすさ等の主観的評価および情報判別の速さを指標とした視認性評価を試みた.まず,ディスプレイ表示をモデル化した様々な図と地の配色画面を用いたアンケート調査を実施し,日本人68名(若年者39名,高齢者29名)と中国人75名(若年者43名,高齢者32名)のデータを得た.その結果,世代差や地域による文化の違いに基づく評価の違いが生じる配色が明らかとなった.次に,画面上に表示された様々な図と地の配色による文字または図形の意味や方向の情報を読み取る実験画面を作成し,表示されてから認知するまでの時間を計測する一連の実験を行った.参加者を世代および地域に基づき10名前後ずつのグループに分けて比較した結果,認知しやすい図と地の配色,そして世代差の大きい配色を明らかにした.以上の結果に基づき,好みや視認性に影響を与える要因について心理的生理的側面からの考察を試みた.</p>

    DOI: 10.15048/jcsaj.42.3__126

    CiNii Article

  • 審美歯科修復における光学的シミュレーション解析-第4報 シミュレーション結果と実測との比較- 国内会議

    天羽 康介, 若林 一道, 酒井 英樹, 木林 博之, 中村 隆志, 矢谷 博文

    日本色彩学会誌  2018年  一般社団法人 日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    <p> 近年,歯科治療において患者の口腔内の審美性に対する要求が高まっているが,天然歯に近似した色調,光透過性の再現は,歯科医師や歯科技工士の経験によるところが大きい.そのため,コンピュータシミュレーションを用い,光の振る舞いを定量的に解析することが可能となれば,より審美性の高い歯科治療を行うための多くの知見を得ることができる.これまで我々は,光線追跡シミュレーションに必要な各種歯科材料の光学特性の測定を行った.</p><p> 本研究では,実際に歯冠補綴装置(二ケイ酸リチウムガラスセラミックス)と支台築造体(コア用レジン,金属)を製作し,人工太陽灯を照射した際の輝度の測定を行った.そして,照明設計解析ソフトウェア上で実験1と同様の状況を再現し,輝度のシミュレーションを行い,実測と比較した.</p><p> その結果,同一試料内で部位による明度差(ΔL*)が認められ,切縁-中央でΔL*は大きい傾向を示した.シミュレーションの結果,中央,歯頸部では実測よりも低い値となったが,近似した傾向を示した.本研究で行った光線追跡シミュレーションは,歯冠補綴治療における光の現象を解析するために有用であるものと考えられた.</p>

    DOI: 10.15048/jcsaj.42.3__19

    CiNii Article

  • 水蒸気高度利用のための加熱試験装置の開発:高温中での食品色変化モニタリング 国内会議

    棚田 優祐, 福地 航平, 伊與田 浩志, 酒井 英樹

    日本色彩学会誌  2018年  一般社団法人 日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    <p> 食品や農産物の高品質化や新たな用途開発を目的に,高温の水蒸気(過熱水蒸気)を利用した加熱方法に関する研究が行われている.また,すでに調理用スチームオーブンなど食品加工機械として市販もされている.しかし,このようなオーブン庫内の水蒸気量が加熱中の食品に与える影響は明らかにされていない.本研究では,加熱条件を任意に設定でき,加熱中の食品試料の色(分光反射率)を小型分光器と光ファイバーで測定できる装置の開発を行った.試料を加熱するためのテストセクション部は円筒状の縦長で,試料は底部から挿入する.上部からはハロゲン光源により光が照射できる.白色標準には高温中で使用できるウォラストナイト多孔質板を用いた.まず,カラーチェッカー色票24色を用いて常温で本装置による色測定の妥当性を検討した結果,規格値との色差は5未満であった.次に200°C,風速1m/sで加熱中の食品(サツマイモスライス)の分光反射率から色の変化を観察した結果,過熱水蒸気を用いる方がL*値(D65/2度視野)が早い時間で低下をはじめること,a*値(D65/2度視野)は過熱水蒸気を用いる方が赤みを増す傾向があることを示した.</p>

    DOI: 10.15048/jcsaj.42.3__34

    CiNii Article

  • Analysis of Relationship between Hair Colors and Personalities of Character Illustrations and Its Application 国際会議

    Motonori Doi, Hideki Sakai, Masashi Komori

    13th International AIC Congress  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 審美歯科修復における光学的シミュレーション解析 -第2報 歯冠形態CADモデルを用いた光線追跡シミュレーション- 国内会議

    天羽康介,若林一道,木林博之,酒井英樹,中村隆志,矢谷博文

    日本歯科審美学会第28回学術大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 連続式蒸し器への空気供給操作が庫内環境と食品の色に与える影響 国内会議

    高山正宏,児玉飛翔,北村祥太,伊與田浩志,酒井英樹,辻岡哲夫

    日本食品工学会第18回年次大会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 塗膜防水材料及び滑り止め材料の日射再帰反射特性の簡易評価 国内会議

    酒井英樹

    日本ヒートアイランド学会第12回全国大会  2017年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムの開発その1:自由曲面試料の色彩測定 国内会議

    酒井 英樹, 磯見 麻衣, 伊與田 浩志

    日本色彩学会誌  2017年  一般社団法人 日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

     平らで均一な測定用試料を作ることが困難な天然由来の材料などの物体の色彩及び光沢を測定する方法を提案する(光沢測定はその2で報告).複雑形状の試料をそのまま測定するには,非接触で行う必要があるが,照明は別途用意しなければならず,一般に測定精度を担保することが難しい.この問題に対して,我々は積分球を模した内壁が白色のドーム型照明装置を作成し,常に一定の照明条件とすることで,非接触であっても再現性よく測色できることを示した(既発表).しかし,ドーム型照明では,高光沢の試料は,試料面の傾きに係わらず,測色値に照明光の正反射成分が必ず含まれる.すなわち,色彩の測定には,正反射成分を含まない測色(SCE)と含む測色(SCI)とがあるが,従来のドーム型照明では,SCI測定しかできなかった.そこで,その改良版として,ドーム内に可動式の光トラップ板を設置することで,SCEとSCIを切り替えて測定することを試みた.その結果に基づき,光トラップ付きドーム型照明装置を,SCE / SCIの同時測定が可能な非接触式測色システムとして提案する.

    DOI: 10.15048/jcsaj.41.3__10

    CiNii Article

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムの開発その2:自由曲面試料の光沢測定 国内会議

    磯見 麻衣, 酒井 英樹, 伊與田 浩志

    日本色彩学会誌  2017年  一般社団法人 日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

     平らで均一な測定用試料を作ることが困難な天然由来の材料などの物体の光沢を測定する方法を提案する.その1では,ドーム型照明装置に可動式の光トラップ板を設置することで,正反射成分を含まない測色(SCE)と含む測色(SCI)が同時に行えることを報告したが,SCEとSCIの明度差は,正反射成分によって生じていることから,その差分から正反射成分が抽出できると考えられる.その2では,この考えに基づき,SCEとSCIの明度差から試料面の光沢度を算出する方法を検討した.光沢度が既知の球体試料を測定対象として,明度差から20度鏡面光沢度を予測する実験式を作成した結果,明度L*が80未満の物体について,接触式光沢計で測定した値と15以内で一致した.本測定法の特徴として,複雑な形状の試料について,その形のままで,各部位の光沢度,つまり,光沢の二次元分布を測定できることが挙げられる.

    DOI: 10.15048/jcsaj.41.3__12

    CiNii Article

  • Development of Two New-Type Retroreflective Materials as Countermeasures to Urban Heat Islands 国際会議

    H.Sakai, H.Iyota

    11th Asian Thermophysical Properties Conference  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 3B-4 スチームコンベクションオーブン庫内の加熱環境と食品の色変化との関係(第46回全国大会発表論文集) 国内会議

    仲森 裕司, 伊與田 浩志, 酒井 英樹, 吉岡 秀矩, 高山 正宏

    日本色彩学会誌  2015年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • P-6 アクリルドームとデジタルカメラを用いた色情報記録装置の開発(ポスター発表,日本色彩学会第46回全国大会[米沢]'15 発表論文アブストラクト) 国内会議

    伊與田 浩志, 酒井 英樹, 高山 正宏, 仲森 裕司

    日本色彩学会誌  2015年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 4B-4 イラストキャラクターの髪色印象の回帰分析とその応用(第46回全国大会発表論文集) 国内会議

    土居 元紀, 井上 拓, 折立 純平, 酒井 英樹, 小森 政嗣

    日本色彩学会誌  2015年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 4B-1 Nayatani-Theoretical(NT)表色系の開発 : 色彩強度に基づくNT色相の決定(口頭発表,日本色彩学会第46回全国大会[米沢]'15 発表論文アブストラクト) 国内会議

    酒井 英樹

    日本色彩学会誌  2015年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • P-6 アクリルドームとデジタルカメラを用いた色情報記録装置の開発(第46回全国大会発表論文集) 国内会議

    伊與田 浩志, 酒井 英樹, 高山 正宏, 仲森 裕司

    日本色彩学会誌  2015年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 4B-4 イラストキャラクターの髪色印象の回帰分析とその応用(口頭発表,日本色彩学会第46回全国大会[米沢]'15 発表論文アブストラクト) 国内会議

    土居 元紀, 井上 拓, 折立 純平, 酒井 英樹, 小森 政嗣

    日本色彩学会誌  2015年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 4B-1 Nayatani-Theoretical(NT)表色系の開発 : 色彩強度に基づくNT色相の決定(第46回全国大会発表論文集) 国内会議

    酒井 英樹

    日本色彩学会誌  2015年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5026 日本とアメリカの有料老人ホームにおける色と素材の比較評価 : 有料老人ホームの共用空間に関する研究 その4(建築計画) 国内会議

    北口 有希子, 瀧 はるな, 紀 奈緒, 酒井 英樹, 森 一彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2014年05月  一般社団法人日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 1A-1-2 印象による画像検索を目的とした画像の配色感情値の計算(研究発表,第45回全国大会発表論文集) 国内会議

    西田 周平, 土居 元紀, 酒井 英樹

    日本色彩学会誌  2014年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • P-1 色彩教材を作る : LED素子を使ったRGB混色装置「かんから1号」と生活のリズムを整える「光る健康安心時計」(カラーデザイン作品発表,第2回秋の大会発表論文集) 国内会議

    酒井 英樹, 伊與田 浩志, 辻岡 哲夫

    日本色彩学会誌  2014年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • D-19 アニメーションキャラクターの髪色の与える性格印象(研究発表,第45回全国大会発表論文集) 国内会議

    土居 元紀, 森 美咲, 酒井 英樹

    日本色彩学会誌  2014年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • B-1 蒙古斑および静脈の測色事例報告 : 静脈錯視の理解のために(研究発表,第2回秋の大会発表論文集) 国内会議

    酒井 英樹

    日本色彩学会誌  2014年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • D-01 省エネルギー性と意匠性を備えた指向性再帰反射材を外壁に用いた家(カラーデザイン作品発表,第44回全国大会発表論文集) 国内会議

    酒井 英樹, 伊與田 浩志

    日本色彩学会誌  2013年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • P-7 色彩感情予測式への感情尺度と面積効果の導入 : 3色配色の場合(研究発表,第1回秋の大会特別号発表論文集) 国内会議

    酒井 英樹

    日本色彩学会誌  2013年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 41052 高反射防水シートの現場における反射率とその継時変化(外皮の遮熱,環境工学II,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    永村 一雄, 袁 継輝, 酒井 英樹

    学術講演梗概集  2012年09月  一般社団法人日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • J-16 現場測定による高反射防水シートの反射率の経時変化 国内会議

    永村 一雄, 哀 継輝, 酒井 英樹

    学術講演会論文集  2012年08月  社団法人空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2012.1.0_1049

    CiNii Article

  • 1C-4 各種光源下における高輝度蓄光材の残光輝度評価(1C 色の知覚と感覚,口頭発表,第43回全国大会要旨集) 国内会議

    酒井 英樹, 土井 正

    日本色彩学会誌  2012年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • B-3 学校屋上での高反射防水シートの反射率の実測 国内会議

    袁 継輝, 永村 一雄, 酒井 英樹

    学術講演会論文集  2011年08月  社団法人空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2011.1.0_89

    CiNii Article

  • Z-15 色彩感情予測式への感情尺度と面積効果の導入(ポスター発表,第42回全国大会要旨集) 国内会議

    酒井 英樹, 土居 元紀

    日本色彩学会誌  2011年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • Nayatani-Theoretical表色系とトーン概念(<特集>納谷嘉信記念シンポジウム) 国内会議

    酒井 英樹

    日本色彩学会誌  2011年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5062 視覚障害レベルに応じたグリット迷路のわかりやすさ評価に関する研究 その1 : シンボル効果による歩行者の空間把握の特徴に着目して(建築計画) 国内会議

    井口 礼, 中屋 昌之, 森 一彦, 酒井 英樹, 戒田 真由美, 柴田 良一

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2010年05月  一般社団法人日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5063 視覚障害レベルに応じたグリット迷路のわかりやすさ評価に関する研究 その2 : ライン効果による歩行者の空間把握の特徴に着目して(建築計画) 国内会議

    中屋 昌之, 井口 礼, 森 一彦, 酒井 英樹, 戒田 真由美, 柴田 良一

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2010年05月  一般社団法人日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 1S-2 Nayatani-Theoretical表色系の特徴と活用方法(1S 表色系,色彩分析,口頭発表,第41回全国大会要旨集) 国内会議

    酒井 英樹

    日本色彩学会誌  2010年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 1186 建築材料の日射反射率の算出方法 : (その3)トレーサビリティのある耐候性試験の実施例(木造,材料施工) 国内会議

    酒井 英樹, 伊與田 浩志, 永村 一雄, 井川 憲男

    学術講演梗概集. A-1, 材料施工  2009年07月  一般社団法人日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 蓄光標識の視認性評価に関する検討 国内会議

    土井 正, 酒井 英樹, 岡 晃子, 山口 智世

    照明学会 全国大会講演論文集  2009年  一般社団法人 照明学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    災害による夜間停電時の避難誘導には、停電や断線による機能停止がなく、商用電源がない場所にも設置可能で、メンテナンスフリーの利点のある蓄光標識の設置が行われるようになってきた。蓄光顔料の励起光(200~450nm)の照射が停電等によって喪失すると、その残光輝度は指数関数的に減少していく。そのため、残光標識の視認性評価実験の精度はその非定常性から必ずしも高いものにはなっていない。そこで、本研究では残光顔料の励起が主として紫外領域で生じることに着目し、ブラックライトを用いて停電から任意の経過時間後の残光輝度を安定的に維持する実験手法を開発した。これを用いて誘導標識の大きさや設置間隔を決める指標となる標識輝度と誘目性の検討を行った。10分間暗順応させた被験者(14名、平均年齢23.1歳)に左右で30-100 mcd/_m2_、100-300 mcd/_m2_、300-1000 mcd/_m2_の明るさの異なる3パターンの指標を提示し、高輝度側の指標の面積を変化させ低輝度側の標識と同じ目立ち感(誘目性)になる面積を求めた。面積を視野角に換算し、等誘目性となる輝度との関係式を得た。これにより、停電直後の蓄光標識の誘目性と任意の経過時間後において等しい誘目性を得るために必要な蓄光標識の大きさを予測することができるようになった。

    DOI: 10.11515/ieijac.42.0.87.0

    CiNii Article

  • 1219 再帰反射材の日射反射特性 : (その3)再帰反射成分の分光特性および入射角依存性の測定(塗料(2),材料施工) 国内会議

    酒井 英樹, 伊與田 浩志, 永村 一雄, 井川 憲男

    学術講演梗概集. A-1, 材料施工  2008年07月  一般社団法人日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 4053 再帰反射材の再帰反射率推定と指向特性計測の試み(環境) 国内会議

    永村 一雄, 小林 春奈, 酒井 英樹, 井川 憲男

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系  2008年05月  一般社団法人日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 104 再帰反射性塗料の塗布乾燥と簡易性能評価手法の検討(GS-6 乾燥・サーモサイフォン) 国内会議

    徳田 裕太, 伊與田 浩志, 酒井 英樹, 西村 伸也

    関西支部講演会講演論文集  2008年03月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • A2-1 不均一照明下における明度とブライトネスの乖離現象 : その実験的検証(色覚、色の見え,口頭発表,第39回全国大会要旨集) 国内会議

    岡 晃子, 酒井 英樹, 井川 憲男, 納谷 嘉信

    日本色彩学会誌  2008年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 屋外防災照明システムの現状:防災対策推進地域自治体に対するアンケート調査 国内会議

    土井 正, 秋月 有紀, 岩田 三千子, 奥田 紫乃, 唐澤 宜典, 塚田 敏美, 酒井 英樹, 松本 泰幸, 森下 昌治

    照明学会 全国大会講演論文集  2008年  一般社団法人 照明学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    夜間に地震災害が発生した場合、円滑な避難行動には避難路の明かりの確保が重要である。近い将来の発生が確実視されている東南海・南海地震では広域停電が発生し、1000万人以上が停電の影響を受けると想定されている。また、津波災害によって大きな人的被害が発生すると予測されているが、住民の災害に対する備えなど防災意識の高まりによって減災が可能であるとしている。しかしながら、夜間屋外避難時の明かりの確保については法的根拠ないため、地域によってその設置状況に大きな差異が生じている。そこで、強い地震動や3m以上の津波が予測される地域である防災対策推進地域や同強化地域の地方自治体を対象に、屋外防災照明システムの設置状況ついてアンケート調査を行った。その結果、地域防災計画において停電の発生は想定しているものの、予備電源をもった街路灯を設置する自治体は少なく、さらに、自発光式、蓄光式、再帰反射材など停電時にも視認性の高い誘導標識や避難所案内地図などの設置は半数あまりで、夜間停電下の避難に支障が出る可能性が高いことがわかった。その要因として、屋外防災照明システムの設置に関する法的根拠の欠如が示唆された。

    DOI: 10.11515/ieijac.41.0.58.0

    CiNii Article

  • A3-4 色知覚におけるChromatic Strength(CS)の重要性 : CS関数による均等色空間から色の見え空間への変換(表色系、色彩情報,口頭発表,第39回全国大会要旨集) 国内会議

    酒井 英樹, 納谷 嘉信

    日本色彩学会誌  2008年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • D-28 再帰反射材の日射反射率算出方法の検討 国内会議

    小林 春奈, 永村 一雄, 酒井 英樹, 井川 憲男

    学術講演会論文集  2007年08月  社団法人空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    We practiced .thermal measurement outdoors using solar reflective materials that have the potential to suppress heat-island effect. Solar reflectance is calculated by heat balance in one case that samples are horizontal and the other case that samples are inclined so that the angle of incidence is almost normal incidence (about 7degree).We estimate that retroreflective components are 4 to 14 percent for bead-embedded type, 17 to 19 percent for capsule-lens type, and 23 to 30 percent for prism-array type.

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2007.2.0_1063

    CiNii Article

  • 4052 温熱測定による再帰反射材の日射反射率推定(環境) 国内会議

    小林 春奈, 永村 一雄, 酒井 英樹, 井川 憲男

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系  2007年05月  一般社団法人日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • O43 色彩感情予測式に基づく配色選定システムの実用化(色彩心理(b),口頭発表,第38回全国大会要旨集) 国内会議

    酒井 英樹, 卜部 奈緒, 納谷 嘉信

    日本色彩学会誌  2007年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 順応を考慮した歩行者用街路照明の検討 国内会議

    土井 正, 酒井 英樹, 竹中 環, 山下 由里子, 安藤 美奈

    照明学会 全国大会講演論文集  2006年  一般社団法人 照明学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    歩行者用道路照明基準を順応の観点から再検討した。視対象物は防犯面を考慮した現行の基準値である鉛直面照度0.5lxで照明を行い、歩行者の顔面照度を変化させた。照度変動は実際の道路上での測定値をモデル化したものを使用した。青年及び高齢者を被験者として、写真の表情の見え方、色の識別性および路上の障害物の見え方について評価させた。その結果、高齢者には0.5lxは不十分で、また、光源の分光特性によっては、犯罪の抑止につながる色の識別性を低下させることがわかった。店舗照明や自照式看板などの高輝度光源が歩行者の視野にある場合、現行基準値の明るさでは視認性を低下させる可能性があることがわかった。

    DOI: 10.11515/ieijac.39.0.45.0

    CiNii Article

  • EvansのG0輝度と知覚明るさとの関係 国内会議

    酒井 英樹, 納谷 嘉信

    照明学会 全国大会講演論文集  2006年  一般社団法人 照明学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    EvansのG0輝度における各スペクトル光の知覚明度推定値を,Helmholtz-Kohlrausch効果のVCC法簡易予測式を用いて計算したところ,G0点におけるスペクトル光の輝度は,波長によって大きく変動しているにもかかわらず,その知覚明度は,波長によらず,ほぼ一定であった。これは,G0輝度の決定手続きにおいて,明るさ評価は全くしていないが,G0点が,近似的に等知覚明度条件になっていることを示す。さらに,知覚明度予測式のVCC法(直接比較法による明るさ評価)がスペクトル領域においても有効であることを示すものである。一般的に,直接比較法による有彩色同士の明るさマッチングは,明確な判断基準が存在しないため,その評価が難しく,高クロマになるほど,得られる結果も変動が大きく再現性が悪い。一方,EvansのG0輝度は,心理物理量であり,判断基準も明快であるため,判断誤差は,交照法とおなじく色差弁別誤差程度に小さいと考えられる。

    DOI: 10.11515/ieijac.39.0.93.0

    CiNii Article

  • y1-2 幼児の色彩嗜好 : 保育園児の調査研究から(第36回全国大会要旨集) 国内会議

    酒井 英樹, 安藤 麻里, 村田 浩子, 佐藤 昌子

    日本色彩学会誌  2005年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

▼全件表示

産業財産権等

  • 情報処理装置,情報処理方法,及び,プログラム

    酒井 英樹

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:6296496 

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • ヒートアイランド対策のための材料評価

    2005.11-

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演  

    活用分野・応用方法等:分光反射率測定

    ヒートイランド対策として開発されている種々の建築材料の性能評価を行う。

  • 材料表面の質感評価

    とくに期限はなし

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究  

    活用分野・応用方法等:製品の付加価値向上。視認性向上など。

    材料表面の質感の測定および官能評価。

科研費

  • ヒートアイランド現象の緩和に有効な表面凹凸再帰構造を持つ舗装体の開発

    基盤研究(C)  2016年04月

  • 年間を通して理想的な日射反射特性を示す指向性反射材による環境負荷軽減建材の開発

    基盤研究(C)  2013年04月

  • 視覚能力レベルに応じた「迷い点」による空間の分かりやすさ評価ー居住福祉施設の場合

    基盤研究(C)  2011年04月

  • 夜間大規模停電下において有効な蓄光避難誘導システムの提案

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2010年04月

  • ヒートアイランド対策に有効な反射指向性を有する太陽熱高反射材の開発

    基盤研究(C)  2007年10月

  • 都市環境に配慮した高反射率塗料による熱負荷軽減技術の開発

    若手研究(B)  2005年04月

  • 非緩衝液の微小液滴を使った固体表面の酸・塩基特性の測定方法の開発

    奨励研究(A)  2000年04月

  • 電気的な表面電荷による固体表面の濡れ特性の制御

    奨励研究(A)  1998年04月

▼全件表示

受託研究

  • 複雑形状物の色彩・光沢・再帰反射の同時非接触測色システムの開発

    国立研究開発法人科学技術振興機構  JST起業活動支援プログラム(GAPファンド)  2021年08月

  • 次世代遮熱性舗装体によるヒートアイランド対策技術の開発

    2012年11月

  • 再帰反射材の日射照り返し抑制効果の高効率化試験

    2007年08月

担当教育概要

  • 色彩,感性,数理に関する教科を担当しています。

担当授業科目

  • 人間工学特論演習

    2020年度     大学院

  • 人間工学特論

    2020年度     大学院

  • 生活機器学

    2020年度     大学

  • 人間工学

    2020年度     大学

  • 感性情報学

    2020年度     大学

  • 色彩学

    2020年度     大学

  • 感性情報学演習

    2020年度     大学

  • 居住環境学概論

    2020年度     大学

  • 環境材料感性学特論

    2019年度     大学院

  • 感性情報学演習

    2019年度     大学

  • 感性情報学

    2019年度     大学

  • 居住環境学概論

    2019年度     大学

  • 色彩学

    2019年度     大学

  • 構造設計演習及び材料学実験

    2018年度     大学

  • 物理基礎演習

    2018年度     大学

  • 環境材料感性学特論

    2018年度     大学院

  • 色彩学

    2018年度     大学

  • 居住環境学概論

    2018年度     大学

  • 環境材料感性学特論

    2017年度    

  • 環境材料学

    2017年度     大学

  • 物理基礎演習

    2017年度     大学

  • 色彩学

    2017年度     大学

  • 居住環境学概論

    2017年度     大学

  • 構造設計演習及び材料学実験

    2017年度     大学

▼全件表示

社会貢献活動

  • 実践色彩講座2021 感覚(視覚,触覚,聴覚)を科学する。

    役割:講師

    日本色彩学会関西支部  2021年03月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:講演会

  • 技術セミナー

    役割:講師

    R&D支援センター  2020年12月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業

    種別:講演会

  • 実践色彩講座2019<考える,わかる,使える“色彩学”>

    役割:講師

    日本色彩学会関西支部  2019年12月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:講演会

  • ニューテクフェア2019

    役割:講師

    大阪府立大学,大阪市立大学,大阪市都市型産業振興センター  2019年12月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業

    種別:講演会

  • 関西公立3大学 新技術説明会2019

    役割:講師

    国立研究開発法人 科学技術振興機構  2019年11月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業

    種別:講演会

  • 技術セミナー

    役割:講師

    R&D支援センター  2019年10月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業

    種別:講演会

  • イノベーション・ジャパン2019大学見本市

    役割:講師

    国立研究開発法人 科学技術振興機構  2019年08月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業

    種別:講演会

  • 第13回女子中高生のための関西科学塾

    役割:講師

    2018年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:14(人)

  • 共同通信

    役割:取材協力

    2018年02月

     詳細を見る

    対象: メディア

    種別:新聞・雑誌

  • 第12回女子中高生のための関西科学塾

    役割:講師

    2017年10月

     詳細を見る

    対象: 中学生

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 大阪府中学生サマー・セミナー

    役割:講師

    2017年07月

     詳細を見る

    対象: 中学生

    種別:出前授業

    参加者数:26(人)

  • 出張講義

    役割:講師

    和歌山県立海南高等学校  2017年03月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    参加者数:30(人)

  • 技術セミナー

    役割:講師

    サイエンス&テクノロジー  2017年03月

     詳細を見る

    対象: 企業

    種別:講演会

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 色彩学への招待 ー色はヒトを幸せにするー

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:中学生, 高校生

    色やデザインは私たちの感情に働きかける強い力を持っています。これらを正しく理解し,上手に利用すれば,私たちの生活をより豊かにすることができるでしょう。本講義では,これら色の持つ力を体感してもらいながら,色彩学の魅力についてご紹介します。講義は1回で60分から90分を想定。
    模擬授業として,色彩デザインに関する話題を提供し,居住環境に興味を持たせる。