2024/04/02 更新

写真a

シノダ サトシ
篠田 哲史
SHINODA Satoshi
担当
大学院理学研究科 化学専攻 教授
理学部 化学科
職名
教授
所属
理学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院理学研究科 化学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 化学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(理学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学  / 希土類錯体化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学  / 分子認識化学

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学  / 機能化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 分子認識化学

研究キーワード

  • ランタノイド

  • 分子認識

  • 超分子

  • 発光

  • 近赤外

  • 錯体化学

  • 超分子化学

  • 光化学

  • ランタノイド

研究概要

  • 希土類錯体・分子認識化学・超分子化学を基盤とした機能性分子の開発

研究歴

  • ランタノイドイオンをプローブとする近赤外分光法の開発

    近赤外分光 

    2015年04月 - 継続中 

  • 自己集合型ランタノイド錯体の開発と応用

    自己集合  個人研究

    2009 - 2014 

  • 高次錯体キラリティーの動的変換とその応用

    錯体キラリティー  個人研究

    2008 - 2014 

  • 遷移金属ー希土類混合錯体の合成開発

    個人研究

    2005 - 2010 

  • アルカリ金属錯体・希土類錯体の開発

    アルカリ金属、希土類金属、錯体  個人研究

    1999 - 2003 

  • アニオン認識分子の開発と応用

    アニオン認識、ホスト-ゲスト  個人研究

    1998 - 2000 

所属学協会

  • 日本化学会

      国内

  • 日本希土類学会

      国内

  • 錯体化学会

  • 光化学協会

委員歴(学外)

  • 理事   日本希土類学会  

    2016年 - 継続中 

受賞歴

  • 近赤外研究会奨励賞

    篠田 哲史

    2012   近赤外研究会  

  • 日本希土類学会奨励賞(足立賞)

    2006年05月   日本希土類学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • ホスト・ゲスト化学シンポジウム賞

    2006   ホストゲスト・超分子研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

学歴

  • 京都大学   理学研究科   化学   博士課程   中退

    1995年04月 - 1996年03月

  • 京都大学   理学研究科   化学   修士課程   卒業・修了

    1993年04月 - 1995年03月

  • 京都大学   理学部     卒業・修了

    - 1993年03月

論文

  • Synthesis and Luminescence Properties of Self-Assembled Lanthanide Complexes with an EDTA-Type Chelating Ligand in Aqueous Ethanol Solution 査読

    Mieda E.

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   96 ( 6 )   538 - 544   2023年( ISSN:00092673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.20230069

  • Reduction and precipitation of aqueous europium (III) under an air atmosphere by near-infrared femtosecond laser pulses 査読

    Tamejima K.

    Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry   427   2022年05月( ISSN:10106030

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jphotochem.2022.113853

  • One-pot analysis of enantiomeric excess of free amino acids by electrospray ionization mass spectrometry 査読

    Nakakoji Takashi, Sato Hirofumi, Ono Daisuke, Miyake Hiroyuki, Mieda Eiko, Shinoda Satoshi, Tsukube Hiroshi, Kawasaki Hideya, Arakawa Ryuichi, Shizuma Motohiro

    RSC ADVANCES   11 ( 57 )   36237 - 36241   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d1ra06542d

  • Enantioselectivity-Evaluation of Chiral Copper(II) Complexes Coordinated by Novel Chiral Tetradentate Ligands for Free Amino Acids by Mass Spectrometry Coupled With the Isotopically Labeled Enantiomer Method 査読

    Nakakoji Takashi, Yoshino Kaori, Izutsu Kazuki, Sato Hirofumi, Miyake Hiroyuki, Mieda Eiko, Shinoda Satoshi, Tsukube Hiroshi, Kawasaki Hideya, Arakawa Ryuichi, Ono Daisuke, Shizuma Motohiro

    FRONTIERS IN CHEMISTRY   8   2020年11月( ISSN:2296-2646

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fchem.2020.598598

  • 希土類錯体を近赤外分光プローブとする有機酸・アミンの微量成分分析 招待

    篠田哲史

    ケミカル・エンジニアリング   65   609 - 615   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Mass spectrometric detection of enantioselectivity in three-component complexation, copper(II)-chiral tetradentate ligand-free amino acid in solution 査読

    Nakakoji Takashi, Sato Hirofumi, Ono Daisuke, Miyake Hiroyuki, Shinoda Satoshi, Tsukube Hiroshi, Kawasaki Hideya, Arakawa Ryuichi, Shizuma Motohiro

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   56 ( 1 )   54 - 57   2020年01月( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9cc07231d

  • Mass spectrometric detection of enantioselectivity in three-component complexation, copper(II)-chiral tetradentate ligand-free amino acid in solution 査読

    T. Nakakoji, H. Sato, D. Ono, H. Miyake, S. Shinoda, H. Tsukube, H. Kawasaki, R. Arawaka, and M. Shizuma

    Chem. Commun.   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • pH-Responsive Cotton Effects in the d-d Transition Band of Self-Assembling Copper(II) Complexes with a Cholesteryl-Armed Ligand 査読

    Sagami Takuya, Umemoto Shota, Tahara Yuhei O., Miyata Makoto, Yonamine Yusuke, Ishikawa Daisuke, Mori Taizo, Ariga Katsuhiko, Miyake Hiroyuki, Shinoda Satoshi

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   90 ( 6 )   739 - 745   2017年06月( ISSN:0009-2673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.20170054

  • Luminescence sensing of weakly-hydrated anions in aqueous solution by self-assembled europium(III) complexes 査読

    Sagami Takuya, Tahara Yuhei O., Miyata Makoto, Miyake Hiroyuki, Shinoda Satoshi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   53 ( 28 )   3967 - 3970   2017年04月( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7cc00477j

  • 希土類錯体の形態制御と発光特性 招待

    相模 拓哉,篠田 哲史,三宅 弘之

    化学工業   66 ( 9 )   696 - 702   2015年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Chirality sensing and size recognition of N-Boc-amino acids by cage-type dimeric lanthanide complexes: chirality detection of N-Boc-aspartate anions via luminescence colour change 査読

    Ito Hiroshi, Shinoda Satoshi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   51 ( 18 )   3808 - 3811   2015年( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c4cc10384j

  • Chirality Sensing and Size Discrimination of Anions by Macrotricyclic Cyclen-Disodium Complexes 査読

    Ito Hiroshi, Shinoda Satoshi

    CHEMISTRYOPEN   3 ( 6 )   238 - 241   2014年12月( ISSN:2191-1363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/open.201402049

  • 側鎖ピリジンを利用したサイクレン-希土類錯体の集積化 査読

    篠田 哲史, 武田 浩志, 伊藤 宏

    希土類 = Rare earths   ( 62 )   180 - 181   2013年05月( ISSN:09102205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Chirality Transfer in Propeller-Shaped CyclenCalcium(II) Complexes: Metal-Coordinating and Ion-Pairing Anion Procedures 査読

    Ito Hiroshi, Tsukube Hiroshi, Shinoda Satoshi

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   19 ( 10 )   3330 - 3339   2013年03月( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201204323

  • Dynamic cyclen-metal complexes for molecular sensing and chirality signaling 査読

    Shinoda Satoshi

    CHEMICAL SOCIETY REVIEWS   42 ( 4 )   1825 - 1835   2013年( ISSN:0306-0012

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1039/c2cs35295h

  • Apo-transferrin-ytterbium complex as an NIR luminescent pH indicator 招待

    Satoshi Shinoda

    NIR news   24   7 - 8   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • サイクレン-希土類錯体とカルボン酸アニオン間の相互キラリティー転写 査読

    安枝 裕貴, 篠田 哲史, 三宅 弘之, 築部 浩

    希土類 = Rare earths   ( 60 )   160 - 161   2012年05月( ISSN:09102205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • トリス(β-ジケトナト)ランタノイド錯体の三元錯体形成特性を活用する分離分析システムの構築 査読

    篠田 哲史, 築部 浩

    公益社団法人 日本分析化学会 分析化学 = Japan analyst   61 ( 3 )   169 - 176   2012年03月( ISSN:05251931

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    トリス(β-ジケトナト)ランタノイド錯体の特徴を活用した分離・分析システムを,著者らの研究成果を例として概観した.ランタノイド錯体は,高配位数や置換活性に加えて高いルイス酸性をもち,外部基質と選択的な三元錯体を生成できる.これに伴って様々な情報発信が可能なため,アニオン選択性電極系や発光センシング,アミノ酸の近赤外発光センシング,ランタノイドイオンの分離など,多彩な分析・分離システムを構築できることを紹介する.特に,トリス(β-ジケトナト)ランタノイド錯体の発光特性を活用したセンシング機能の発現など,新たな視点に立脚したアプローチを展開すると,古くから用いられてきたランタノイド錯体試薬に,バイオサイエンスや臨床分析にも有効な分離・分析機能を付与できることを示す.

    DOI: 10.2116/bunsekikagaku.61.169

    CiNii Article

  • Development of Analytical and Separation Systems Using Ternary Complexation Characteristics of Tris(beta-diketonato)lanthanides 査読

    Shinoda Satoshi, Tsukube Hiroshi

    BUNSEKI KAGAKU   61 ( 3 )   169 - 176   2012年03月( ISSN:0525-1931

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Induced Circular-Dichroism Chirality Probes for Selective Amino Acid Detection through Screening of a Dynamic Combinatorial Library of Lanthanide Complexes

    S. Shinoda, K. Terada, and H. Tsukube

    Chem.–Asian J.   7   400 - 405   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ytterbium-substituted transferrin and lactoferrin for near-infrared luminescent pH indication 査読

    Shinoda Satoshi, Terada Keiko, Masaki Miyuki Eiraku, Kataoka Yumiko, Tsukube Hiroshi

    NEW JOURNAL OF CHEMISTRY   36 ( 8 )   1545 - 1547   2012年( ISSN:1144-0546

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2nj40201g

  • A chirality rewriting cycle mediated by a dynamic cyclen-calcium complex 査読

    Ito Hiroshi, Tsukube Hiroshi, Shinoda Satoshi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   48 ( 89 )   10954 - 10956   2012年( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2cc35350d

  • トリス(β-ジケトナト)ランタノイド錯体の三元錯体形成特性を活用する分離分析システムの構築(review) 査読

    篠田 哲史

    分析化学(Bunseki Kagaku)   61   169 - 176   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Luminescent lanthanide complexes as analytical tools in anion sensing, pH indication and protein recognition 査読

    Shinoda Satoshi, Tsukube Hiroshi

    ANALYST   136 ( 3 )   431 - 435   2011年( ISSN:0003-2654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c0an00808g

  • サイクレンーカルシウム錯体によるキラリティー認識およびキラリティー変換 査読

    伊藤 宏, 篠田 哲史, 築部 浩

    ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集   2011 ( 0 )   18 - 18   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1つのトリアゾール–クマリン誘導体と3つのN-ヘテロ環を側鎖に有する、2種類のCa(II)–サイクレン錯体を合成した。これらの錯体は、L-アミノ酸やΔ-TRISPHATなど、不斉源となる種々の外部基質と相互作用し、サイクレンアーム部位に一方向巻きに偏ったねじれ構造を誘起した。さらに、この構造変化は連続的にトリアゾール–クマリン部位の軸不斉を誘起する事が明らかとなり、これらのサイクレン錯体がキラリティー変換素子として働く事が示された。

    DOI: 10.14916/hgsupra.2011.0.18.0

    CiNii Article

  • Molecular recognition of cytochrome c by designed receptors for generation of in vivo and in vitro functions 査読

    Shinoda Satoshi, Tsukube Hiroshi

    CHEMICAL SCIENCE   2 ( 12 )   2301 - 2305   2011年( ISSN:2041-6520

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c1sc00162k

  • Dynamically Capped Rotaxanes: Metal Coordination vs. Acid-Base Pairing in the Chiral End-Cappinge

    S. Shinoda, T. Maeda, H. Miyake, and H. Tsukube

    Supramol. Chem.   23   244 - 248   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Langmuir Monolayer of Cholesterol-Armed Cyclen Complex That Can Control Enantioselectivity of Amino Acid Recognition by Surface Pressure

    T. Michinobu, S. Shinoda, T. Nakanishi, J. P. Hill, K. Fujii, T. N. Player, H. Tsukube, and K. Ariga

    Phys. Chem. Chem. Phys.   13   4895 - 4900   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Luminescent Double-Decker Type Guanine Octets with Trivalent Lanthanide Cations: In situ Self-Assembling and Stability Evaluation in Homogeneous Organic Media

    S. Shinoda, T. Noguchi, M. Ikeda, Y. Habata, and H. Tsukube

    J. Inclusion Phenom. Macrocycl. Chem.   71   523 - 527   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mechanical Tuning of Molecular Machines for Nucleotide Recognition at the Air-Water Interface

    T. Mori, K. Okamoto, H. Endo, K. Sakakibara, J. P. Hill, S. Shinoda, M. Matsukura, H. Tsukube, Y. Suzuki, Y. Kanekiyo, and K. Ariga

    Nanoscale Res. Lett.   6   304   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mixed-Metal Complexes Incorporating Platinum and Lanthanide Centers for Selective Binding and Chirality Sensing of Succinates

    S. Shinoda, A. Mizote, M. Eiraku Masaki, M. Yoneda, H. Miyake, and H. Tsukube

    Inorg. Chem.   50   5876 - 5878   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Langmuir monolayers of a cholesterol-armed cyclen complex that can control enantioselectivity of amino acid recognition by surface pressure 査読

    Tsuyoshi Michinobu, Satoshi Shinoda, Takashi Nakanishi, Jonathan P. Hill, Kazuko Fujii, Tomoko N. Player, Hiroshi Tsukube, Katsuhiko Ariga

    PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   13 ( 11 )   4895 - 4900   2011年( ISSN:1463-9076

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The cholesterol-armed cyclen Na(+) complex formed stable Langmuir monolayers at the air-water interface. The pi-A isotherm displayed a reasonable limiting molecular area of similar to 1.57 nm(2) and the areas expanded when amino acids were dissolved in water, indicating the efficient accommodation in the monolayers. Brewster angle microscopy (BAM) images exhibited almost no defects of the compressed Langmuir monolayers regardless of the presence of amino acids. Based on the idea that the increase in the limiting molecular areas corresponds to the amount of the adsorbed amino acid, the binding constants of three enantiomeric amino acids, namely valine (Val), leucine (Leu), and phenylalanine (Phe), were calculated at different surface pressures. Remarkably, a surface pressure dependent enantioselectivity of amino acid recognition was observed. Upon compression of the monolayers, the binding constants of amino acids increased accompanying an inversion of chiral selectivity from the D-to L-form in the case of Val and, conversely, from L-to D-form in the case of Phe.

    DOI: 10.1039/c0cp01990a

  • Dynamically capped rotaxanes: metal coordination vs. acid-base pairing in the chiral end-capping 査読

    Satoshi Shinoda, Takayuki Maeda, Hiroyuki Miyake, Hiroshi Tsukube

    SUPRAMOLECULAR CHEMISTRY   23 ( 3-4 )   244 - 248   2011年( ISSN:1061-0278

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A series of pseudorotaxanes were formed by mixing a thread molecule and several crown ethers. Crystal structure analysis clearly indicated that hydrogen bonding between NH2+ of the thread molecule and crown ether oxygen atoms was significantly involved, together with cation-dipole interactions between cationic nitrogen and ether oxygen atoms. End-capping of the pseudorotaxane with chiral metal complexes gave dynamically capped rotaxanes including dibenzo-24-crown-8. This exhibited induced circular dichroism signals around the benzo-crown and anthracene-thread chromophore regions, while a chiral organic acid formed rotaxane exhibiting weaker signals.

    DOI: 10.1080/10610278.2010.521838

  • 希土類錯体の近赤外発光を利用した基質センシング 査読

    篠田 哲史

    光化学協会 光化学 = Photochemistry   41 ( 3 )   140 - 143   2010年12月( ISSN:09134689

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 希土類イオンの配位化学を活用した分子認識・センシング 査読

    篠田 哲史

    希土類 = Rare earths   ( 56 )   134 - 135   2010年05月( ISSN:09102205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Photoluminescent Properties of Chalcobromide-capped Octahedral Hexarhenium(III) Complexes [{Re(6)Q(8-n)Br(n)}Br-6](n-4) (Q = Se, n=1-3; Q = S, n=1, 2) 査読

    Takashi Yoshimura, Ayumi Matsuda, Yuki Ito, Shoji Ishizaka, Satoshi Shinoda, Hiroshi Tsukube, Noboru Kitamura, Atsushi Shinohara

    INORGANIC CHEMISTRY   49 ( 7 )   3473 - 3481   2010年04月( ISSN:0020-1669

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Photoluminescent properties of chalcobromide-capped octahedral hexarhenium(III) complexes with terminal bromide ligands [{Re(6)Q(8-n)Br(n)}Br-6](n-4) (Q = Se, n = 1 ([1-Se](3-)), n = 2 ([2a-Se](2-) and [2b-Se](2-)), and n=3 ([3-Se](-)); Q = S, n = 1 ([1-S](3-)), n = 2 ([2a-S](2-), [2b-S](2-), and [2c-S](2-)) were studied. The Q(7)Br capped complex [{Re(6)Q(7)Br}Br-6](3-) and Q(6)Br(2) [{Re(6)Q(6)Br(2)}Br-6](2-) (both D-3d and C-2 nu symmetric geometrical isomers) were successfully separated by column chromatography. All of the chalcobromide-capped complexes studied showed photoluminescence in both crystalline and solution phases. The emission maximum wavelength of the complexes at 296 K spans 853-915 or 868-968 nm in the crystalline phase or in acetonitrile, respectively. The selenobromide-capped complexes showed more intense emission as compared with the thiobromide analogues. The emission quantum yield (Phi(em)) and emission lifetime (tau(em)) became smaller and shorter, respectively, with an increase in the number of a capping bromide ligand in [{Re(6)Q(8-n)Br(n)}-Br-6](n-4). In the crystalline phase at 80 K, the emission maximum of the chalcobromide-capped complex shifted to the longer wavelength relative to that at 296 K. The emissive excited-state of the chalcobromide-capped hexarhenium(III) complexes was concluded to originate from the {Re(6)Q(8-n)Br(n)}(n+2) core with a spin-triplet type. The Phi(em) and tau(em) values of the {Re(6)Q(8-n)Br(n)}(n+2) complex were dependent significantly on the symmetry of the hexarhenium core, showing more intense emission for the complex with the higher symmetric core. A linear correlation between natural logarithm of the nonradiative decay rate constant and the emission maximum energy was observed for [{Re(6)Q(6)Br(2)}Br-6](2-).

    DOI: 10.1021/ic902582r

  • Poly(arginine)-Selective Coprecipitation Properties of Self-Assembling Apoferritin and Its Tb3+ Complex: A New Luminescent Biotool for Sensing of Poly(arginine) and Its Protein Conjugates

    H. Tsukube, Y. Noda, and S. Shinoda

    Chem.–Eur. J.   16   4273 - 4278   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photoluminescent Properties of Chalcobromide-capped Octahedral Hexarhenium(III) Complexes [{Re6Q8-nBrn}Br6]n-4 (Q = Se, n = 1-3; Q = S, n = 1, 2)

    T. Yoshimura, A. Matsuda, Y. Ito, S. Ishizaka, S. Shinoda, H. Tsukube, N. Kitamura, and A. Shinohara

    Inorg. Chem.   49   3473 - 3481   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Combinatorial Screening of Lanthanide Complex Library for Luminescence Sensing of Amino Acids

    S. Shinoda, K. Yano, and H. Tsukube

    Chem. Commun.   46   3110 - 3112   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mechanical Tuning of Molecular Recognition to Discriminate the Single-Methyl-Group Difference between Thymine and Uracil

    T. Mori, K. Okamoto, H. Endo, J. P. Hill, S. Shinoda, M. Matsukura, H. Tsukube, Y. Suzuki, Y. Kanekiyo, and K. Ariga

    J. Am. Chem. Soc.   132   12868 - 12870   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 金属錯体への配位結合を利用したロタキサンの動的キャッピング 査読

    前田 崇之, 篠田 哲史, 三宅 弘之, 築部 浩

    ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集   2010 ( 0 )   94 - 94   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14916/hgsupra.2010.0.94.0

    CiNii Article

  • 希土類―白金多核錯体によるジアニオンのCDセンシング 査読

    篠田 哲史, 溝手 昭彦, 正木 深雪, 米田 稔, 三宅 弘之, 築部 浩

    ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集   2010 ( 0 )   27 - 27   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14916/hgsupra.2010.0.27.0

    CiNii Article

  • Poly(arginine)-Selective Coprecipitation Properties of Self-Assembling Apoferritin and Its Tb^<3+> Complex : A New Luminescent Biotool for Sensing of Poly(arginine) and Its Protein Conjugates 査読

    篠田 哲史

    Chem.-Eur.J. 16   4273 - 4278   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Combinatorial screening of a lanthanide complex library for luminescence sensing of amino acids 査読

    Satoshi Shinoda, Keiko Yano, Hiroshi Tsukube

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   46 ( 18 )   3110 - 3112   2010年( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A lanthanide complex library including 196 combinations of N-heteroaromatic ligands, luminescent lanthanide centers and amino acid substrates was prepared to develop visible and near-infrared luminescent sensory systems for a series of amino acids.

    DOI: 10.1039/c000542h

  • Transferrin-Terbium Complexes as Luminescent pH Sensing Devices 査読

    Kataoka Yumiko, Shinoda Satoshi, Tsukube Hiroshi

    JOURNAL OF NANOSCIENCE AND NANOTECHNOLOGY   9 ( 1 )   655 - 657   2009年01月( ISSN:1533-4880

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1166/jnn.2009.J080

  • Synergistic Extraction of Am(III) and Eu(III) by Tris(2-pyridylmethyl)Amine with Various Anions in 1,2-Dichloroethane

    K. Ishimori, M. Watanabe, T. Yaita, S. Shinoda, H. Tsukube et al.

    Solvent Extraction and Ion Exchange   27   489 - 500   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chiral Tripode Approach toward Multiple Anion-Sensing with Lanthanide Complexes

    M. Eiraku Masaki, D. Paul, R. Nakamura, S. Shinoda, H. Tsukube et al.

    Tetrahedron   65   2525 - 2530   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cytochrome c-Binding“Proteo-Dendrimers" as New Types of Apoptosis Inhibitors Working in HeLa Cell Systems

    H. Azuma, Y. Yoshida, S. Shinoda, H. Tsukube, T. Nagasaki et al.

    Org. Biomol. Chem.   7   1700 - 1704   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • In situ Generation of Fluorescent Macrocyclic Europium(II) Complexes via Zinc Reduction

    S. Shinoda, M. Nishioka, and H. Tsukube

    J. Alloys Compd.   488   603 - 605   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Near-Infrared Luminescence Sensing of Glutamic Acid, Aspartic Acid and their Dipeptides using Lanthanide Tris(β-diketonate) Probes

    H. Tsukube, K. Yano, and S. Shinoda

    Helv. Chim. Acta   92   2488 - 2496   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Asymmetric Twisting and Chirality Probing Properties of Quadruple-Stranded Helicates: Coordination Versatility and Chirality Response of Na+, Ca2+, and La3+ Complexes with Octadentate Cyclen Ligand

    H. Misaki, H. Miyake, S. Shinoda, and H. Tsukube

    Inorg. Chem.   48   11921 - 11928   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 希土類錯体によるアミノ酸類の発光センシング 査読

    篠田 哲史, 矢野 径子, 築部 浩

    ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集   2009 ( 0 )   17 - 17   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14916/hgsupra.2009.0.17.0

    CiNii Article

  • HeLa細胞を用いたシトクロムc結合性proteo-dendrimerの新規アポトーシス阻害剤としての評価 査読

    東 秀紀, 吉田 友香, Paul Dharam, 篠田 哲史, 築部 浩, 長崎 健

    ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集   2009 ( 0 )   13 - 13   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14916/hgsupra.2009.0.13.0

    CiNii Article

  • Near-Infrared Luminescence Sensing of Glutamic Acid, Aspartic Acid, and Their Dipeptides with Tris(beta-diketonato)lanthanide Probes 査読

    Hiroshi Tsukube, Keiko Yano, Satoshi Shinoda

    HELVETICA CHIMICA ACTA   92 ( 11 )   2488 - 2496   2009年( ISSN:0018-019X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A series of tris(beta-diketonato)lanthanides with Yb(3+), Eu(3+), and Nd(3+) centers were characterized as luminescent sensing probes specific to glutamic acid, aspartic acid, and their dipeptides, which are important substrates involved in nervous systems, taste receptors, and other biological systems. In particular, tris(6,6,7,7,8,8,8-heptafluoro-2,2-dimethyloctane-3,5-dionato)ytterbium(III) exhibited a near-infrared emission around 980 nm in response to these biological substrates. Near-infrared-emissive complexes have several advantages over common luminescent probes; therefore, the proposed lanthanide complexes have potential analytical applications in proteomics, metabolics, food science, astrobiology, and related technologies.

    DOI: 10.1002/hlca.200900112

  • Near-Infrared Luminescence Sensing of Glutamic Acid, Aspartic Acid and Their Dipeptides with Tris(β-diketonato)lanthanide Probes 査読

    篠田 哲史

    Helv.Chim.Acta 92   2488 - 2496   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Asymmetric Twisting and Chirality Probing Properties of Quadruple-Stranded Helicates : Coordination Versatility and Chirality Response of Na^+, Ca^<2+>, and La^<3+> Complexes with Octadentate Cyclen Ligand 査読

    三宅 弘之, 篠田 哲史

    Inorg.Chem. 48   11921 - 11928   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • サイクレン-希土類錯体を基盤とするd-f複核錯体の構築 査読

    篠田 哲史, 築部 浩

    希土類 = Rare earths   ( 52 )   82 - 83   2008年05月( ISSN:09102205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Temperature dependence of excitonic energy transfer in light-harvesting dendrimers 査読

    Akai Ichiro, Kato Tadashi, Okada Akira, Kanemoto Katsuichi, Karasawa Tsutomu, Kimura Mutsumi, Ohashi Masakazu, Shinoda Satoshi, Tsukube Hiroshi

    熊本大学 熊本大学極低温装置室ユーザー研究報告書 : 熊大極低温   18   93 - 94   2008年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Lanthanide Metal Complex-based Membrane Electrodes for Sensing of Biological Amino Alcohols

    R. K. Mahajan, R. Kaur, S. Shinoda, and H. Tsukube

    J. Alloys Compd.   451   578 - 581   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lanthanide Complex Strategy for Near-Infrared Luminescence Sensing of Glutamic Acid and Related Bio-Targets

    H. Tsukube, K. Yano, and S. Shinoda

    Luminescence   23   274 - 275   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oligopyridine Ligands Derived from Amino Acid Precursors: Their Zn2+ Complexation and Effects on Hepatic Stellate Cell Functions

    H. Tsukube, Y. Noda, Y. Kataoka, H. Miyake, S. Shinoda et al.

    Dalton Trans.   4038 - 4043   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Experimental and theoretical approaches toward anion-responsive tripod-lanthanide complexes: Mixed-donor ligand effects on lanthanide complexation and luminescence sensing profiles 査読

    Kataoka Yumiko, Paul Dharam, Miyake Hiroyuki, Yaita Tsuyoshi, Miyoshi Eisaku, Mori Hirotoshi, Tsukamoto Shinya, Tatewaki Hiroshi, Shinoda Satoshi, Tsukube Hiroshi

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   14 ( 17 )   5258 - 5266   2008年( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.200701898

  • Oligopyridine ligands derived from amino acid precursors: Their Zn(2+) complexation and effects on hepatic stellate cell functions 査読

    Hiroshi Tsukube, Yuki Noda, Yumiko Kataoka, Hiroyuki Miyake, Satoshi Shinoda, Akiko Kojima-Yuasa, Yoshitake Nishida, Isao Matsui-Yuasa

    DALTON TRANSACTIONS   ( 30 )   4038 - 4043   2008年( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A series of oligopyridine ligands were derived from amino acid amides in which amide oxygen and ternary nitrogen atoms were combined with pyridine moieties. (1)H NMR and circular dichroism spectroscopic characterizations revealed that they formed stable Zn(2+) complexes in neutral aqueous solutions and caused Zn(2+) deficiency in the hepatic stellate cell systems. Since collagen synthesis was effectively promoted in the cells, the present oligopyridine derivatives worked as biocompatible ligands for Zn(2+) complexation and cell activation.

    DOI: 10.1039/b806548a

  • Nanoscale substrate recognition by porphyrin dendrimers with patched structures 査読

    Shinoda Satoshi

    JOURNAL OF INCLUSION PHENOMENA AND MACROCYCLIC CHEMISTRY   59 ( 1-2 )   1 - 9   2007年10月( ISSN:1388-3127

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1007/s10847-007-9315-2

  • 希土類-レニウム複核錯体による効率的な可視-近赤外変換 査読

    篠田 哲史, 杉本 秀樹, 築部 浩

    希土類 = Rare earths   ( 50 )   84 - 85   2007年05月( ISSN:09102205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Dendrimer Container for Anion-responsive Lanthanide Complexation and"on-off" Switchable Near-infrared Luminescence

    H. Tsukube, Y. Suzuki, D. Paul, Y. Kataoka, S. Shinoda

    Chem. Commun.   2533 - 2535   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lanthanide Complex Strategy for Detection and Separation of Histidine-tagged Proteins

    H. Tsukube, K. Yano, A. Ishida, S. Shinoda

    Chem. Lett.   36   554 - 555   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Cl- Anion-responsive Luminescent Eu3+ Complex with a Chiral Tripode: Ligand Substituent Effects on Ternary Complex Stoichiometry and Anion Sensing Selectivity

    Y. Kataoka, D. Paul, H. Miyake, S. Shinoda, H. Tsukube

    Dalton Trans.   2784 - 2791   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • "Pocket Dendrimers" as Nanoscale Receptors for Bimolecular Guest Accommodation

    Shinoda, M. Ohashi, H. Tsukube

    Chem.-Eur. J.   13 ( 1 )   81 - 89   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 希土類錯体による水溶液中での分子・イオン認識 招待

    篠田 哲史

    化学工業   58 ( 10 )   9 - 13   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Dendrimer container for anion-responsive lanthanide complexation and "on-off'' switchable near-infrared luminescence 査読

    Hiroshi Tsukube, Yukiko Suzuki, Dharam Paul, Yumiko Kataoka, Satoshi Shinoda

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   ( 24 )   2533 - 2535   2007年( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A new dendrimer-type ligand dynamically switched the lanthanide complexation and luminescence profiles in response to external anions.

    DOI: 10.1039/b618847h

  • A Cl- anion-responsive luminescent Eu3+ complex with a chiral tripod: Ligand substituent effects on ternary complex stoichiometry and anion sensing selectivity 査読

    Yumiko Kataoka, Dharam Paul, Hiroyuki Miyake, Satoshi Shinoda, Hiroshi Tsukube

    DALTON TRANSACTIONS   ( 26 )   2784 - 2791   2007年( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A new series of N-3, O-mixed donor tripods was prepared for luminescent Eu3+ complexes, in which the soft quinoline nitrogen, tertiary amine nitrogen, and hard amide oxygen donors were cooperatively involved. The mixed donor tripods formed more stable 1 : 1 complexes with Eu( NO3)(3), La( NO3)(3) and Tb(NO3)(3) than the corresponding N-4 donor tripods, and their Eu3+ complexes particularly exhibited anion-responsive luminescence properties. NMR, UV, and luminescence spectroscopic characterizations revealed that -CH3 substitution on the tripod skeleton remarkably altered the preferred stoichiometry of the "tripod -Eu3+ - anion" ternary complex and gave anion-dependent europium luminescence. Although the disubstituted tripod preferred to form non-luminescent 2 : 1 ( tripod : Eu3+) complexes with Eu( NO3)(3) and other salts, it formed a luminescent 1 : 1 complex with EuCl3. Thus, this type of tripod offered Cl- anion- selective luminescence enhancement that was easily observed by the naked eye.

    DOI: 10.1039/b703944a

  • 希土類錯体の発光特性を活用したアニオンセンシング系の構築 査読

    篠田 哲史

    日本希土類学会 希土類 = Rare earths   ( 49 )   1 - 8   2006年11月( ISSN:09102205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • タンパク-テルビウム錯体を活用するpHセンシング系の構築 査読

    片岡 悠美子, 篠田 哲史, 築部 浩

    希土類 = Rare earths   ( 48 )   178 - 179   2006年05月( ISSN:09102205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 29pRF-3 光捕集性デンドリマーにおけるエネルギー伝達効率の枝分かれ世代数および空間形態依存性(29pRF 光誘起相転移・超伝導体・強相関系・低次元物質,領域5(光物性)) 査読

    加藤 賢, 赤井 一郎, 鐘本 勝一, 唐沢 力, 大橋 正和, 篠田 哲史, 築部 浩

    一般社団法人日本物理学会 日本物理学会講演概要集   61 ( 1 )   2006年03月( ISSN:13428349

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Mechanical Control of Enantioselectivity of Amino Acid Recognition by Cholesterol-Armed Cyclen Monolayer at the Air-Water Interface

    T. Michinobu, S. Shinoda, H. Tsukube, K. Ariga et al.

    J. Am. Chem. Soc.   128   14478 - 14479   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Morphology Dependence of Excitonic Energy Transfer in Light-Harvesting Dendrimers having Benzyl Ether-Type Peripheries

    I. Akai, S. Shinoda, H. Tsukube et al.

    Phys. Stat. Sol. (C)   3   3420 - 3425   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Depression of Excitonic Energy Transfer by Freezing Molecular Vibrations in meta-Linked Branching Dendrimers

    I. Akai, S. Shinoda, H. Tsukube et al.

    Phys. Stat. Sol. (C)   3   3414 - 3419   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Proteo-Dendrimers Designed for Complementary Recognition of Cytochromec: Dendrimer Architecture toward Nano-Scale Protein Complexation

    D. Paul, H. Miyake, S. Shinoda, H. Tsukube

    Chem.-Eur. J.   12 ( 5 )   1328 - 1338   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anion Sensing with Luminescent Tris(β-diketonato)europium(III) Complexes and Naked-Eye Detection of Fluoride Anion

    H. Tsukube, A. Onimaru, S. Shinoda

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   79 ( 5 )   725 - 730   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Metal cation recognition and lanthanide luminescence sensing systems via ligand chirality approach 査読

    Shinoda S, Kataoka Y, Tsukube H

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   63 ( 12 )   1209 - 1217   2005年12月( ISSN:0037-9980

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 21aXF-12 光捕集性3/4デンドリマーのエネルギー伝達効率(表面・微粒子・ナノ結晶・低次元,領域5(光物性)) 査読

    加藤 賢, 赤井 一郎, 鐘本 勝一, 唐沢 力, 大橋 正和, 篠田 哲史, 築部 浩

    一般社団法人日本物理学会 日本物理学会講演概要集   60 ( 2 )   2005年08月( ISSN:13428349

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 希土類イオンをテンプレートとするグアニン8量体構造の形成と長寿命希土類発光 査読

    篠田 哲史, 野口 高志, 築部 浩

    希土類 = Rare earths   46   94 - 95   2005年05月( ISSN:09102205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 24aPS-99 光捕集性3世代3/4デンドリマーのエネルギー伝達ダイナミクス(領域5ポスターセッション,領域5(光物性)) 査読

    加藤 賢, 赤井 一郎, 鐘本 勝一, 唐沢 力, 大橋 正和, 篠田 哲史, 築部 浩

    一般社団法人日本物理学会 日本物理学会講演概要集   60 ( 1 )   2005年03月( ISSN:13428349

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Novel Separation System of Trivalent Actinides - Combined Effects of Substituted Tris(2-pyridylmethyl)amine Ligand and Hydrophobic Counter-Anion

    K. Ishimori, T. Yamada, Y. Kataoka, S. Shinoda, H. Tsukube et al.

    Chem. Lett.   34   1112 - 1113   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Visual Sensing of Ca2+ Ion via Photoreaction of Fluorenyl Ester-Armed Cyclen

    T. N. Player, S. Shinoda, H. Tsukube,

    Org. Biomol. Chem.   1615 - 1616   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cytochrome c - Crown Ether Complexes as Supramolecular Catalysts: Cold-Active Synzymes for Asymmetric Sulfoxide Oxidation in Methanol

    A. Suzumura, D. Paul, H. Sugimoto, S. Shinoda, H. Tsukube et al.

    Inorg. Chem.   44   904 - 910   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cholesterol-Armed Cyclens for Helical Metal Complexes Offering Chiral Self-Aggregation and Sensing of Amino Acid Anions in Aqueous Solutions

    S. Shinoda, T. Okazaki, T. N. Player, H. Misaki, H. Tsukube et al.

    J. Org. Chem.   70   1835 - 1843   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lipophilic Lanthanide Tris(beta-diketonate) Complexes as a Novel Type of Ionophores of Cl- Anion Selective Electrodes

    R. K. Mahajan, A. Onimaru, S. Shinoda, H. Tsukube et al.

    Anal. Chem.   76   7354 - 7359   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chiral Recognition of Octadentate Na+ Complex with Tetra-Armed Cyclen by Molecularly Imprinted Polymers

    H. Kubo, T. N. Player, S. Shinoda, H. Tsukube, T. Takeuchi et al.

    Anal. Chim. Acta   504   137 - 140   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 希土類錯体とアニオン認識:アニオンの発光センシングを目指して 招待

    篠田 哲史

    希土類   45   35 - 43   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Effective Modulation of Lanthanide Luminescence Functions via Stereo-Controlled Ligand Synthesis: Effects of Ligand Chirality on Lanthanide Anion Sensing 招待

    H. Tsukube, T. Yamada, S. Shinoda

    J. Alloys Compd.   374   40 - 45   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Luminescent Lanthanide Complexes with Stereocontrolled Tris(2-pyridylmethyl)amine Ligands: Chirality Effects on Lanthanide Complexation and Luminescence Properties

    T. Yamada, S. Shinoda, H. Sugimoto, J. Uenishi, H. Tsukube

    Inorg. Chem.   42   7932 - 7937   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Induced Circular Dichroism by Complexation of Gadolinium(III) Porphyrinates with Chiral Amino Acids and Dipeptides: Effects of Axial beta-Diketonate Ligands on Chirality Sensing and Recognition

    H. Tamiaki, N. Tameshige, S. Shinoda, H. Tsukube et al.

    Tetrahedron   59   10477 - 10483   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chemical Activation of Cytochrome c Proteins via Crown Ether Complexation: Cold-Active Synzymes for Enantiomer-Selective Sulfoxide Oxidation in Methanol

    D. Paul, A. Suzumura, H. Sugimoto, J. Teraoka, S. Shinoda and H. Tsukube

    J. Am. Chem. Soc.   125 ( 38 )   11478 - 11479   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anion Receptor Functions of Lanthanide Tris((]J0946[)-diketonate) Complexes: Naked Eye Detection and Ion-Selective Electrode Determination of Cl- Anion

    R. K. Mahajan, S. Uchida, A. Onimaru, S. Shinoda, H. Tsukube et al.

    Chem. Commun.   ( 17 )   2238 - 2239   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Specific Receptor of Biological Cystine Polyion: Distance-Selective Extraction and Efficient Chirality Sensing with Ytterbium Porphyrinate Tweezer

    H. Tsukube, N. Tameshige, S. Shinoda, S. Unno, and H. Tamiaki

    Chem. Commun.   ( 21 )   2574 - 2575   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anion Sensing with Luminescent Lanthanide Complexes of Tris(2-pyridylmethyl)amines: Pronounced Effects of Lanthanide Center and Ligand Chirality on Anion Selectivity and Sensitivity

    T. Yamada, S. Shinoda, and H. Tsukube

    Chem. Commun.   ( 11 )   1218 - 1219   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chirality Induction in Supramolecular Aggregate: Chiral Recognition between Armed Cyclen-Na+ Complexes Having Quadruplicated Helical Geometry

    T. Nishimura, S. Shinoda, and H. Tsukube

    Chirality   14 ( 7 )   555 - 557   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Recognition and Sensing of Chiral Biological Substrates via Lanthanide Coordination Chemistry 招待 査読

    H. Tsukube, S. Shinoda, and H. Tamiaki

    Coord. Chem. Rev.   226 ( 1-2 )   226 - 234   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 超分子相互作用を活用した生体基質の認識と円二色性スペクトル法によるキラリティーセンシングへの展開 招待 査読

    築部 浩,西村智子,篠田哲史

    分析化学   51 ( 6 )   359 - 366   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Lanthanide Complexes in Molecular Recognition and Chirality Sensing of Biological Substrates 招待 査読

    H. Tsukube and S. Shinoda

    Chem. Rev.   102 ( 6 )   2389 - 2404   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Stereo-Controlled Substitution on Tris(2-pyridylmethyl)amine Ligands and Chirality Tuning of Luminescence in Their Lanthanide Complexes

    T. Yamada, S. Shinoda, J. Uenishi and H. Tsukube

    Tetrahedron Lett.   42 ( 51 )   9031 - 9033   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • "Conjugate Strategy" of Lanthanide Porphyrinate with Crown Ether toward Synergistic Binding and Chirality Sensing of Biological Substrates

    H. Tsukube, M. Wada, S. Shinoda and H. Tamiaki

    J. Alloys Comp.   323-324   133 - 137   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cholesterol-Armed Cyclen - Na+ Complex as a Chiral, Helicated Amphiphile for Supramolecular Architecture: Self-Aggregation and Chirality Induction in Aqueous Solution

    S. Shinoda, T. Okazaki, T. Nishimura, K. Hori, H. Tsukube

    Chem. Commun.   ( 11 )   976 - 977   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Specific Recognition of Chiral Amino Alcohols via Lanthanide Coordination Chemistry: Structural Optimization of Lanthanide Tris (beta-diketonates) Toward Effective CD / Fluorescence Probing

    H. Tsukube, M. Hosokubo, M. Wada, S. Shinoda, H. Tamiaki

    Inorg. Chem.   40 ( 4 )   740 - 745   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Crown Ether Strategy Toward Chemical Activation of Biological Protein Functions 招待 査読

    H. Tsukube, T. Yamada and S. Shinoda

    J. Heterocycl. Chem.   38 ( 6 )   1401 - 1408   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 希土類錯体の特性を活用するキラルセンシング 招待

    H. Miyake, S. Shinoda and H. Tsukube

    希土類   39   41 - 50   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ester-Armed Cyclens Having Quadruplicated Helical Geometry: Remarkably Stable and Selective Encapsulation of Na+ Ion

    S. Shinoda, T. Nishimura, M. Tadokoro, H. Tsukube

    J. Org. Chem.   66 ( 18 )   6104 - 6108   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synergistic Binding and Chirality Sensing of Unprotected Amino Acids with Ferrocenecarboxylic Acid - Crown Ether Conjugate

    H. Tsukube, H. Fukui, S. Shinoda

    Tetrahedron Lett.   42 ( 43 )   7583 - 7585   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chirality Technology in Metal Separation: Stereochemical Design of Ag+ Ion-Specific Ionophores for Practical Membrane Separation 招待 査読

    H. Tsukube, T. Yamada, S. Shinoda

    Ind. Eng. Chem. Res.   39 ( 10 )   3412 - 3418   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Lanthanide Complexes as Smart CD Probes for Chirality Sensing of Biological Substrates 招待 査読

    H. Tsukube, S. Shinoda

    Enantiomer   5 ( 1 )   13 - 22   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Induced Circular Dichroism Active Complexes of Synthetic Gadolinium(III) Porphyrinates with Chiral Amino Acids

    H. Tamiaki, N. Matsumoto, S. Unno, S. Shinoda, H. Tsukube

    Inorg. Chim. Acta   300   243 - 249   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Supramolecular Complex of Cytochrome c with Lariat Ether: Solubilization, Redox Behavior and Catalytic Activity of Cytochrome c in Methanol

    T. Yamada, S. Shinoda, K. Kikawa, H. Tsukube et al

    Inorg. Chem.   39 ( 14 )   3049 - 3056   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cytochrome c-Crown Ether Complexes As a New Type of Biocatalysts Effective in Methanol

    T. Yamada, K. Kikawa, S. Shinoda, H. Tsukube

    Tetrahedron Lett.   40 ( 38 )   6967 - 6970   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chirality Probing of Amino Alcohols with Lanthanide Complexes via Induced Circular Dichroism Spectroscopy

    H. Tsukube, M. Hosokubo, M. Wada, S. Shinoda, H. Tamiaki

    J. Chem. Soc. Dalton Trans.   ( 1 )   11 - 13   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ESI-MS Analysis of Tetrapyridinium Macrocycle Complexation with Carboxylic Anions

    T. Abura, T. Fukuo, S. Shinoda, H. Tsukube, R. Arakawa

    J. Mass Spectrom. Soc. Jpn.   47 ( 4 )   270 - 273   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Porphyrinatoerbium-Crown Ether Conjugate for Synergistic Binding and Chirality Sensing of Zwitterionic Amino Acids

    H. Tsukube, M. Wada, S. Shinoda, H. Tamiaki

    Chem. Commun.   ( 11 )   1007 - 1008   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Side Arm Effects on Cyclen-Alkali Metal Cation Complexation : Highly Selective and Three-Dimensional Encapsulation of Na+ Ion

    H. Tsukube, Y. Mizutani, S. Shinoda, T. Okazaki, M. Tadokoro, K. Hori

    Inorg. Chem.   38 ( 15 )   3506 - 3512   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Highly Efficient Energy Dissipation by Carotenoid in Face-to-Face Porphyrin-Carotenoid Dyads

    S. Shinoda, H. Tsukube, Y. Nishimura, I. Yamazaki, A. Osuka

    J. Org. Chem.   64 ( 10 )   3757 - 3762   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photochemisty of Photosynthesis Model Compounds Containing Naturally Occurring Carotenoids 査読

    Satoshi Shinoda

    大阪市立大学 博士論文   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:学位論文(博士)   共著区分:単著  

  • Carotenoid-Pyropheophorbide Dyads : Synthetic Approaches to Biological Functions of Carotenoids in Photosynthesis Systems 招待 査読

    S. Shinoda, H. Tsukube

    Recent Research Developments in Org. Chem.   2   429 - 439   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ag+-Specific Pyridine Podands : Effects of Ligand Geometry and Stereochemically Controlled Substitution on Cation Complexation and Transport Functions

    H. Tsukube, S. Shinoda, J. Uenishi, T. Hiraoka, N. Kojima et al.

    J. Org. Chem.   63   3884 - 3894   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Molecular Recognition with Lanthanide(III) Tris(β-diketonate)Complex : Extraction, Transport and Chiral Recognition of Unprotected Amino Acids

    H. Tsukube, S. Shinoda, J. Uenishi, T. Kanatani, H. Itoh et al.

    Inorg. Chem.   37   1585 - 1591   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • One-Step Synthesis of Quaternary Tetrapyridinium Macrocycle as a New Specific Receptor of Tricarboxylate Anions

    S. Shinoda, M. Tadokoro, H. Tsukube, R. Arakawa

    Chem. Commun.   181 - 182   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enhanced Li+Ion-Selective Ionophoric Properties of Double Armed Diaza-12-Crown-4 Derivatives

    H. Tsukube, S. Shinoda, Y. Mizutani, M. Okano, K. Takagi et al.

    Tetrahedron   53   3487 - 3496   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Molecular Recognition with Lanthanide Complex-Type Receptor : A Review 招待 査読

    H. Tsukube, S. Shinoda

    Bol. Soc. Chil. Quim.   42   237 - 245   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Singlet-Singlet Energy Transfer Mechanisms in Covalently-Linked Fucoxanthin-and Zeaxantiin-Pyropheophorbide Molecules

    M. P. Debreczeny, M. R. Wasielewski, S. Shinoda, A. Osuka

    J. Am. Chem. Soc.   119   6407 - 6414   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Energy and Electron Transfer Properties of Methyl Pheophorbide-a in Zinc Porphyrin-Pheophorbide Dyads

    S. Shinoda, H. Tsukube, Y. Nishimura, I. Yamazaki, A. Osuka

    Tetrahedron   53   13657 - 13666   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Na+-Ion Specific Binding and Extraction by Lipophilic Armed Cyclens Via Octadentate Encapsulation

    H. Tsukube, Y. Mizutani, S. Shinoda, M. Tadokoro and K. Hori

    Tetrahedron Lett.   38   5021 - 5024   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 光合成モデルと電子移動 招待

    篠田 哲史,大須賀篤弘

    高分子加工   45 ( 5 )   2   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Efficient Transport of Aliphatic Amino Acids Mediated by Lanthanide Complex Carriers under Neutral Conditions

    H. Tsukube, S. Shinoda, J. Uenishi, M. Shiode, O. Yonemitsu

    Chem. Lett.   969   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Trans-esterification of the α-Keto Ester in Methyl Pheophorbide-a

    S. Shinoda, A. Osuka

    Tetrahedron Lett.   37   4945   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Covalently Linked Pyropheophorbide Dimers as Models of the Special Pair in the Photosynthetic Reaction Center

    A. Osuka, Y. Wada, S. Shinoda

    Tetrahedron   52   4311   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Intramolecular Charge Recombination in Carotenoid-Porphyrin-Pyromellitimide Triads.

    A. Osuka, H. Yamada, S. Shinoda, K. Nozaki, T. Ohno

    Chem, Phys, Lett.   238   37   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synthesis of Natural Carotenoid-Modified Pyropheophorbide Dyads for Investigation of Carotenoid-Chlorophyll Excited State Interactions

    S. Shinoda, A. Osuka, Y. Nishimura, I. Yamazaki

    Chem. Lett.   1139   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fucoxanthin-Pyropheophorbide and Zeaxanthin-Pyropheophorbide Dyads as New Models for Study on Carotenoid-Chlorophyll Excited State Interactions

    A. Osuka, S. Shinoda, S. Marumo, H. Yamada, T. Katoh et al.

    Bull. Chem, Soc, Jpn.   68   3255   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Studies on Energy Transfer between Carotenoids and Chlorophylls using Model Compounds 査読

    Satoshi Shinoda

    京都大学 修士論文   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:学位論文(修士)   共著区分:単著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 錯体化合物事典

    篠田 哲史( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2019年09月  ( ISBN:978-4-254-14105-4

     詳細を見る

    著書種別:事典・辞書  

  • Encyclopedia of Metalloproteins

    S. Shinoda and H. Tsukube( 担当: 共著)

    Lanthanide-Substitution of Iron-Containing Transferrin, Lactoferrin, and Ferritin toward Development of Luminescent Reporter Proteins  2013年  ( ISBN:978-1-4614-1532-9

     詳細を見る

    著書種別:事典・辞書  

  • 無機化学演習 : 大学院入試問題を中心に

    中沢 浩, 西岡 孝訓, 篠田 哲史, 廣津 昌和, 三宅 弘之, 板崎 真澄( 担当: 単著)

    東京化学同人  2012年  ( ISBN:9784807907960

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • 超分子サイエンス&テクノロジー

    篠田 哲史( 担当: 単著)

    エヌ・ティー・エス  2009年  ( ISBN:978-4-86043-309-3

     詳細を見る

    担当ページ:211-215   著書種別:学術書  

  • Heterocyclic Supramolecules I (Topics in Heterocyclic Chemistry, Vol. 17)

    S. Mameri, S. Shinoda, and H. Tsukube( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Molecular Recognition with Designed Heterocycles and Their Lanthanide Complexes)

    Springer-Verlag, Berlin, Heidelberg  2008年  ( ISBN:978-3-540-68189-2

     詳細を見る

    担当ページ:1-42   著書種別:学術書  

  • 希土類の材料技術ハンドブック

    築部 浩、篠田哲史( 担当: 共著 ,  範囲: 希土類錯体型分子認識ツールの設計と応用)

    エヌ・ティー・エス  2008年  ( ISBN:978-4-86043-194-5

     詳細を見る

    担当ページ:919-925   著書種別:学術書  

  • Molecular Recognition and Sensing via Rare Earth Complexes

    S. Shinoda, H. Miyake, H. Tsukube( 担当: 共著 ,  範囲: 35巻)

    Handbook on the Physics and Chemistry of Rare Earth, Elsevier, Amsterdam  2005年  ( ISBN:0444520287

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • Click ケミストリー

    プレイヤー智子、築部 浩共編、篠田哲史他著( 担当: 共著)

    三共出版  2004年  ( ISBN:4782704747

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • CD-ROM で学ぶ はじめての有機スペクトル解析

    宇野英満、築部 浩共編、篠田哲史他著( 担当: 共著)

    丸善  2004年  ( ISBN:4621075055

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 海からウランを!:ウラニルイオンを捕まえるスーパー配位子の開発

    伊藤 宏,篠田哲史

    化学   66   62 - 63   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • ランタノイド塩によるβ-チオキソケトンの二量化反応の促進 国内会議

    鈴木理子・三枝栄子・三宅弘之・篠田哲史

    第50回有機典型元素化学討論会  2023年12月  第50回有機典型元素化学討論会実行委員会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • キノリン型配位子の合成と錯形成反応 国内会議

    坂本沙優・三枝栄子・三宅弘之・篠田哲史・小川尚輝・林聡子

    第50回有機典型元素化学討論会  2023年12月  第50回有機典型元素化学討論会実行委員会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 塗布型発光体を指向した希土類錯体の合成と発光色変化 国内会議

    藤田智也・三枝栄子・三宅弘之・篠田哲史

    第13回CSJ化学フェスタ2023  2023年10月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Enantiomeric Excess Analysis of Free Amino Acids by Electrospray Ionization Mass Spectrometry via Chiral Recognition Properties of Helical Metal Complexes 国際会議

    H. Miyake, T. Nakakoji, H. Sato, D. Ono, E. Mieda, S. Shinoda, H. Tsukube, H. Kawasaki, R. Arakawa, M. Shizuma

    The 4th International Symposium of Ionic Coordination Compounds  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Lanthanide Complexes as Luminescent Sensors for Anions in Aqueous Solutions 招待 国際会議

    S. Shinoda

    5th International Symposium on Rare Earth Resorce Utilization  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Dynamic Switching of Molecular Assembly: Mononuclear/Hexanuclear Interconversion of Zn(II) Complex 国際会議

    H. Miyake, H. Nakada, S. Yamashita, S. Shinoda

    43rd International Conference on Coordination Chemistry   2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

産業財産権等

  • 近赤外分光法プローブ、および当該プローブを用いた近赤外光法解析方法

    篠田 哲史

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2017-145599 

  • 車体用コーティング組成物およびコーティング方法

    篠田 哲史, 大原 武, 横田 雅美, 若間 麻美

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2015-200162 

    公開番号:特開2017-071718 

    公表番号:特開2017-071718 

    特許番号/登録番号:特許第6161671号 

    J-GLOBAL

  • シトクロムc捕捉型アポトーシス抑制剤

    長崎 健, 東 秀紀, 築部 浩, 篠田 哲史

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2008-185474 

    公開番号:特開2010-024162 

    公表番号:特開2010-024162 

    特許番号/登録番号:特許第4767295号 

    J-GLOBAL

科研費

  • ランタノイド錯体の近赤外吸収を利用したケモメトリックス法の開発

    基盤研究(C)  2020年04月

  • 希土類錯体の近赤外発光を利用したイメージング材料の開発

    基盤研究(B)  2010年

  • 遷移金属と希土類金属の組み合わせによる高性能な発光・磁性材料の開発

    特定領域研究  2008年

  • 空間制御型希土類錯体の創成と高次機能化

    基盤研究(A)  2008年

  • アームドサイクレン配位子を基盤とするd-f複核錯体における発光特性の解明

    基盤研究(B)  2007年

  • 遷移金属と希土類金属の組み合わせによる高性能な近赤外発光プローブ分子の開発

    特定領域研究  2007年

  • 近赤外領域における高感度希土類発光センシング系の構築

    基盤研究(C)  2005年

  • パノスコピック組織制御による希土類錯体超分子発光体の構築とセンシング機能

    特定領域研究  2004年

  • 三次元金属錯体をテンプレートとする不斉な多重環状レセプターの一段階合成

    特定領域研究  2002年

  • 三次元金属錯体をテンプレートとする不斉な多重環状レセプターの一段階合成

    特定領域研究(A)  2001年

  • 環状ポリアミンとアルカリ金属イオンを活用する四重らせん構造体の構築

    奨励研究(A)  2000年

  • アルカリ金属錯体・希土類錯体の開発

    1999年

  • アニオン認識分子の開発と応用

    1998年

  • 高次な分子認識機能をもつハイブリッド型希土類錯体の開発

    基盤研究(B)  1998年

  • 機能性色素の空間配置を規制した超分子光反応系の構築

    奨励研究(A)  1997年

  • 新手法を活用した認識機能分子の精密合成

    基盤研究(B)  1996年

▼全件表示

受託研究

  • ナノとマクロをつなぐ動的界面ナノテクノロジー

    2009年11月

奨励寄附金・助成金

  • カロテノイド超分子を活用する高感度発色センサーの開発

    化学素材研究開発振興財団  2000年

担当教育概要

  • 全学教育:理系学生を対象とする基礎化学実験の担当を毎年務めている。

    学部教育:2〜4回生向けの無機化学系の講義を無機化学講座の教員と分担している。化学実験1(無機化学)を毎年担当(分担)している。4年生の特別研究の指導を行なっている。

    大学院教育:無機化学特論などの講義を担当している。前期・後期特別研究の指導を行なっている。

担当授業科目

  • 海外特別研究4

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究3

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習4A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究4A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究3A

    2023年度   集中講義   大学院

  • プロポーザルディフェンス

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習2A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習1A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究2A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 基礎化学実験

    2023年度   週間授業   大学院

  • 前期海外特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究Ⅱ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究Ⅰ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 基幹無機化学

    2023年度   集中講義   大学院

  • 後期海外特別研究2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 化学実験Ⅰ

    2023年度   週間授業   大学

  • 特別研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 化学セミナー

    2023年度   集中講義   大学

  • 化学特別演習2B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習1B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究2B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学概論

    2023年度   週間授業   大学

  • 先端無機化学

    2023年度   週間授業   大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習4B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究4B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究3B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 無機化学特論B

    2022年度   週間授業   大学院

  • 化学特別演習1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 基幹無機化学

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学実験Ⅰ

    2022年度   週間授業   大学

  • 基礎化学実験*S化T(化)

    2022年度   週間授業   大学院

  • 化学特別演習3B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究3B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究3 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • プロポーザルディフェンス (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究1 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習1B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究(D3物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究(化学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 先端無機化学

    2022年度   週間授業   大学

  • 特別研究(化学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 化学概論

    2022年度   週間授業   大学

  • 後期特別研究(D2物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 前期海外特別研究2(物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期海外特別研究1(物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学概論

    2021年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2021年度     大学

  • 前期特別研究

    2021年度     大学院

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2021年度     大学

  • 化学実験1

    2021年度     大学

  • 基幹無機化学

    2021年度     大学院

  • 化学セミナー

    2021年度     大学

  • 特別研究(化学)

    2021年度     大学

  • 機能分子科学ゼミナール

    2021年度     大学院

  • 前期特別研究

    2021年度     大学院

  • 機能分子科学演習

    2021年度     大学院

  • 先端無機化学

    2021年度     大学

  • 機能分子科学演習

    2020年度     大学院

  • 前期特別研究

    2020年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2020年度     大学院

  • 特別研究(化学)

    2020年度     大学

  • 化学セミナー

    2020年度     大学

  • 基幹無機化学

    2020年度     大学院

  • 化学実験1

    2020年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2020年度     大学

  • 前期特別研究

    2020年度     大学院

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2020年度     大学

  • 化学概論

    2020年度     大学

  • 先端無機化学

    2020年度     大学

  • 創成無機分子化学特論Ⅱ

    2019年度     大学院

  • 後期特別研究

    2019年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール2

    2019年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール1

    2019年度     大学院

  • 前期特別研究

    2019年度     大学院

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2019年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2019年度     大学

  • 化学実験1

    2019年度     大学

  • 化学概論

    2019年度     大学

  • 先端無機化学

    2019年度     大学

  • 無機化学演習

    2019年度     大学

  • 卒業研究

    2019年度     大学

  • 機能分子科学演習

    2019年度     大学院

  • 卒業研究

    2018年度     大学

  • 無機化学演習

    2018年度     大学

  • 先端無機化学

    2018年度     大学

  • 化学概論

    2018年度     大学

  • 化学実験1

    2018年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2018年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2018年度     大学

  • 前期特別研究

    2018年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール1

    2018年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール2

    2018年度     大学院

  • 後期特別研究

    2018年度     大学院

  • 機能分子科学演習

    2018年度     大学院

  • 卒業研究

    2017年度     大学

  • 無機化学演習

    2017年度     大学

  • 先端無機化学

    2017年度     大学

  • 化学概論

    2017年度     大学

  • 化学実験1

    2017年度     大学

  • 化学実験S

    2017年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2017年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2017年度     大学

  • 後期特別研究

    2017年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール2

    2017年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール1

    2017年度     大学院

  • 前期特別研究

    2017年度     大学院

  • 機能分子科学演習

    2017年度     大学院

  • 機能分子科学演習

    2016年度     大学院

  • 基幹無機化学

    2016年度     大学院

  • 前期特別研究

    2016年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール1

    2016年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール2

    2016年度     大学院

  • 後期特別研究

    2016年度     大学院

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2016年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2016年度     大学

  • 化学実験S

    2016年度     大学

  • 化学実験1

    2016年度     大学

  • 化学概論

    2016年度     大学

  • 無機化学1

    2016年度     大学

  • 無機化学演習

    2016年度     大学

  • 卒業研究

    2016年度     大学

  • 機能分子科学演習

    2015年度     大学院

  • 基幹無機化学

    2015年度     大学院

  • 前期特別研究

    2015年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール1

    2015年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール2

    2015年度     大学院

  • 後期特別研究

    2015年度     大学院

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2015年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2015年度     大学

  • 化学実験S

    2015年度     大学

  • 化学実験1

    2015年度     大学

  • 化学概論

    2015年度     大学

  • 無機化学1

    2015年度     大学

  • 無機化学演習

    2015年度     大学

  • 卒業研究

    2015年度     大学

  • 機能分子科学演習

    2014年度     大学院

  • 基幹無機化学

    2014年度     大学院

  • 前期特別研究

    2014年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール1

    2014年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール2

    2014年度     大学院

  • 後期特別研究

    2014年度     大学院

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2014年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2014年度     大学

  • 化学実験S

    2014年度     大学

  • 化学実験1

    2014年度     大学

  • 化学概論

    2014年度     大学

  • 無機化学1

    2014年度     大学

  • 無機化学演習

    2014年度     大学

  • 卒業研究

    2014年度     大学

  • 機能分子科学演習

    2013年度     大学院

  • 前期特別研究

    2013年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール1

    2013年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール2

    2013年度     大学院

  • 後期特別研究

    2013年度     大学院

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2013年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2013年度     大学

  • 化学実験S

    2013年度     大学

  • 化学実験1

    2013年度     大学

  • 先端無機化学

    2013年度     大学

  • 無機化学演習

    2013年度     大学

  • 卒業研究

    2013年度     大学

  • 機能分子科学演習

    2012年度     大学院

  • 分子無機化学特論2

    2012年度     大学院

  • 前期特別研究

    2012年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール1

    2012年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール2

    2012年度     大学院

  • 後期特別研究

    2012年度     大学院

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2012年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2012年度     大学

  • 化学実験S

    2012年度     大学

  • 化学実験1

    2012年度     大学

  • 先端無機化学

    2012年度     大学

  • 無機化学演習

    2012年度     大学

  • 卒業研究

    2012年度     大学

  • 前期特別研究

    2011年度     大学院

  • 先端無機化学

    2011年度     大学

  • 卒業研究

    2011年度     大学

  • 無機化学演習

    2011年度     大学

  • 化学実験1

    2011年度     大学

  • 化学実験S

    2011年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2011年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2011年度     大学

  • 後期特別研究

    2011年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール2

    2011年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール1

    2011年度     大学院

  • 生体関連化学

    2010年度     大学

  • 卒業研究

    2010年度     大学

  • 無機化学演習

    2010年度     大学

  • 化学実験1

    2010年度     大学

  • 化学実験S

    2010年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2010年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2010年度     大学

  • 後期特別研究

    2010年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール2

    2010年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール1

    2010年度     大学院

  • 前期特別研究

    2010年度     大学院

  • 生体関連化学

    2009年度     大学

  • 卒業研究

    2009年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2009年度     大学

  • 基礎化学実験1

    2009年度     大学

  • 無機化学実験

    2009年度     大学

  • 化学セミナー2

    2009年度     大学

  • 分子無機化学演習

    2009年度     大学院

  • 前期特別研究

    2009年度     大学院

  • 分子無機化学ゼミナール

    2009年度     大学院

  • 後期特別研究

    2009年度     大学院

  • 分子無機化学特論2

    2008年度     大学院

  • 卒業研究

    2008年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2008年度     大学

  • 錯体化学

    2008年度     大学

  • 後期特別研究

    2008年度     大学院

  • 分子無機化学ゼミナール

    2008年度     大学院

  • 前期特別研究

    2008年度     大学院

  • 分子無機化学演習

    2008年度     大学院

  • 化学セミナー2

    2008年度     大学

  • 無機化学実験

    2008年度     大学

  • 基礎化学実験1

    2008年度     大学

▼全件表示

FD活動

  • 教育方法の改善  2017年度

     詳細を見る

    教科会議(基礎教育・実験)議長として、実験科目運営の取りまとめを行なった。

論文・研究指導集計

  • 2022年度

    卒業論文指導数:1名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:6名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):1件  修士論文審査数(副査):3件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):2件

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:2019年度入学生のクラス担任を務めた。

  • 2017年度

      詳細を見る

    独自項目:日本化学工業協会・化学人材育成プログラム担当者

社会貢献活動

  • 模擬授業

    役割:講師

    兵庫・川西緑台高校  2021年

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    参加者数:20(人)

  • 西和清陵高校実験指導

    役割:助言・指導, 実演

    2017年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者

    種別:研究指導

  • 大阪市立大学 化学セミナー/先端科学研修

    役割:講師

    大阪市立大学  化学セミナー/先端科学研修  学術情報総合センター10F  2017年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 社会人・一般

    種別:講演会

    高校生向けの講義(3人x60分)の講師の一人として活動

  • 模擬授業

    役割:講師

    大阪・寝屋川高校  2017年

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    参加者数:20(人)

  • 出前講義

    役割:講師

    開智高校  2016年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    参加者数:40(人)

  • 出前講義

    役割:講師

    開智高校  2015年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    参加者数:40(人)

  • 出前講義

    役割:講師

    開智高校  2014年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    参加者数:40(人)

  • 出前講義

    役割:講師

    開智高校  2013年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    参加者数:40(人)

  • 出前講義

    役割:講師

    開智高校  2012年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    参加者数:40(人)

  • 市大授業

    役割:講師

    大阪市立大学  2012年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:200(人)

  • 市大授業

    役割:講師

    大阪市立大学  2012年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 出前講義

    役割:講師

    開智高校  2011年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    参加者数:40(人)

  • 出前講義

    役割:講師

    開智高校  2010年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    参加者数:40(人)

  • 希土類サマースクール

    役割:講師

    日本希土類学会  2010年

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

  • 希土類サマースクール

    役割:講師

    日本希土類学会  2006年

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

  • 希土類サマースクール

    役割:講師

    日本希土類学会  2002年

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

▼全件表示

メディア報道

  • 日本産業新聞記事掲載 新聞・雑誌

    日本産業新聞  日本産業新聞  2017年11月

その他

  • 職務経歴

    2011年10月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学 理学部 教授

  • 職務経歴

    2007年04月 - 2011年09月

      詳細を見る

    大阪市立大学 理学部 准教授

  • 職務経歴

    2003年04月 - 2006年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 理学部 助教授

  • 職務経歴

    1998年10月 - 2003年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 理学部 講師

  • 職務経歴

    1996年04月 - 1998年09月

      詳細を見る

    大阪市立大学 理学部 助手