2023/03/22 更新

写真a

イタザキ マスミ
板崎 真澄
ITAZAKI Masumi
担当
大学院理学研究科 化学専攻 講師
理学部 化学科
職名
講師
所属
理学研究院

担当・職階

  • 大学院理学研究科 化学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 化学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(理学) ( 東京工業大学 )

  • 修士(工学) ( 明治大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学  / 有機金属化学

研究キーワード

  • 有機合成化学

  • インジウム

  • 有機金属化学

研究概要

  • 遷移金属錯体による分子変換反応の開発

研究歴

  • 遷移金属錯体による分子変換反応の開発

    有機金属化学  個人研究

    2004年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本化学会

      国内

  • 錯体化学会

      国内

  • 近畿化学協会

      国内

  • ケイ素化学協会

      国内

  • 有機合成化学協会

      国内

受賞歴

  • 日本化学会 優秀講演賞(学術)

    2008  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 大阪市立大学 優秀テキスト賞

    中沢 浩, 西岡 孝訓, 篠田 哲史, 廣津 昌和, 三宅 弘之, 板崎 真澄

    2012   大阪市立大学   無機化学演習 : 大学院入試問題を中心に

  • 有機合成化学協会 研究企画賞(ダイセル化学工業)

    2007  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 大阪市立大学 優秀テキスト賞

    市村,板崎 他

    2005  

学歴

  • 東京工業大学   総合理工学研究科   化学環境学専攻   博士課程   卒業・修了

    2001年04月 - 2004年03月

  • 明治大学   理工学研究科   工業化学専攻   博士課程前期   卒業・修了

    1999年04月 - 2001年03月

  • 明治大学   理工学部   工業化学科     卒業・修了

    1995年04月 - 1999年03月

論文

  • Synthesis and Characterization of Phosphinecarboxamide and Phosphinecarbothioamide, and Their Complexation with Palladium(II) Complex †

    Itazaki M.

    Molecules   27 ( 17 )   2022年09月

     詳細を見る

  • Macrocyclic dimer of Fc(NHC(O)PPh2-AuCl)2 induced by aurophilic interactions, and chirality induction into Fc core 査読

    Takanari Matsutani, Masumi Itazaki, Shigehisa Akine, Toshiyuki Moriuchi

    Journal of Organometallic Chemistry   912   121182   2020年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Convenient synthesis of phosphinecarboxamide and phosphinecarbothioamide by hydrophosphination of isocyanates and isothiocyanates 査読

    Itazaki Masumi, Matsutani Takanari, Nochida Tomoya, Moriuchi Toshiyuki, Nakazawa Hiroshi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   56 ( 3 )   443 - 445   2020年01月( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9cc08329d

  • Iron-Indium Complex Catalyzing Selective Double Hydrosilylation, Double Hydroborylation, and Dihydroborylsilylation of a C≡N Bond in Organonitriles 査読

    Itazaki Masumi, Nakazawa Hiroshi

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   77 ( 3 )   220 - 226   2019年03月( ISSN:0037-9980

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Dehydrogenative Sn-E (E = S, Se) bond formation catalyzed by an iron complex 招待 査読

    Itazaki Masumi, Ogawa Yudai, Nakamura Wataru, Nakazawa Hiroshi

    HETEROATOM CHEMISTRY   29 ( 5-6 )   2018年12月( ISSN:1042-7163

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/hc.21461

  • Selective Double Addition Reaction of an E-H Bond (E = Si, B) to a C equivalent to N Triple Bond of Organonitriles 査読

    Itazaki Masumi, Nakazawa Hiroshi

    MOLECULES   23 ( 11 )   2018年11月( ISSN:1420-3049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.3390/molecules23112769

  • Iridium-Catalyzed Aerobic Coupling of Salicylaldehydes with Alkynes: A Remarkable Switch of Oxacyclic Product 査読

    Yamane Shintaro, Hinoue Tomoaki, Usuki Yoshinosuke, Itazaki Masumi, Nakazawa Hiroshi, Hayashi Yoshihiro, Kawauchi Susumu, Miura Masahiro, Satoh Tetsuya

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   24 ( 31 )   7852 - 7855   2018年06月( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/chem.201801245

  • Dihydride Iron Complex Bearing a Silyl-Tethered Cyclopentadienyl Ligand 査読

    Kamitani Masahiro, Nishiguchi Yoshinori, Itazaki Masumi, Nakazawa Hiroshi

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   91 ( 4 )   588 - 593   2018年04月( ISSN:0009-2673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    <p>A silyl-tethered dihydride iron complex was synthesized by photolysis of a monohydride iron complex bearing a pendant hydrosilyl group. The coordination mode of the two hydrides and the tethered silyl ligand was investigated by <sup>1</sup>H NMR spectroscopy and DFT calculations. Despite the Si–H interactions, the prepared complex readily eliminated molecular hydrogen upon heating or addition of L-type ligands, namely, pyridine or CO, to afford new silyl-tethered complexes. Notably, the pyridine complex exhibited alcohol dehydrogenation activity.</p>

    DOI: 10.1246/bcsj.20170403

    CiNii Article

  • Selective Double Hydroboration and Dihydroborylsilylation of Organonitriles by an Iron-indium Cooperative Catalytic System 査読

    Ito Masaki, Itazaki Masumi, Nakazawa Hiroshi

    INORGANIC CHEMISTRY   56 ( 22 )   13709 - 13714   2017年11月( ISSN:0020-1669

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.7b01369

  • Syntheses, structures, and electrochemical properties of iron(II) and ruthenium(IV)-hydrido complexes with ferrocenylsilyl ligand(s) 招待 査読

    Itazaki Masumi, Shigesato Yuka, Minakata Makiko, Ishii Sho, Ichimura Akio, Nakazawa Hiroshi

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   847   251 - 257   2017年10月( ISSN:0022-328X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2017.05.045

  • Hydrogenation of Chlorosilanes by NaBH4 査読

    Ito Masaki, Itazaki Masumi, Abe Takashi, Nakazawa Hiroshi

    公益社団法人 日本化学会 CHEMISTRY LETTERS   45 ( 12 )   1434 - 1436   2016年12月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    <p>Hydrogenation of chlorosilane was achieved in acetonitrile using NaBH<sub>4</sub>, a safe and easy-to-handle reagent. This reaction converted Si–Cl portion(s) in organosilanes into Si–H portion(s) without hydrogenation of cyano, chloro, and aldehyde groups on an alkyl substituent of the Si reagents. In addition, the Si–Cl/Si–H exchange reaction was applicable to dichlorodisilane without Si–Si bond cleavage.</p>

    DOI: 10.1246/cl.160808

    CiNii Article

  • Selective Double Hydrosilylation of Nitriles Catalyzed by an Iron Complex Containing Indium Trihalide 査読

    Ito Masaki, Itazaki Masumi, Nakazawa Hiroshi

    CHEMCATCHEM   8 ( 21 )   3323 - 3325   2016年11月( ISSN:1867-3880

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/cctc.201600940

  • Tetrahedral cage complex with planar vertices: selective synthesis of Pt4L6 cage complexes involving hydrogen bonds driven by halide binding 査読

    Ito Masaki, Iseki Masato, Itazaki Masumi, Nakazawa Hiroshi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   52 ( 45 )   7205 - 7208   2016年( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1039/c6cc01448h

  • Synthesis of vinylphosphines and unsymmetric diphosphines: iron-catalyzed selective hydrophosphination reaction of alkynes and vinylphosphines with secondary phosphines 査読

    Itazaki Masumi, Katsube Shinya, Kamitani Masahiro, Nakazawa Hiroshi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   52 ( 15 )   3163 - 3166   2016年( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1039/c5cc10185a

  • Synthesis and characterization of [Fe(NCCH3)(6)][cis-Fe(InX3)(2)(CO)(4)] (X = Cl, Br, I) containing two terminal indium fragments 査読

    Itazaki Masumi, Ito Masaki, Nakashima Satoru, Nakazawa Hiroshi

    DALTON TRANSACTIONS   45 ( 4 )   1327 - 1330   2016年( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1039/c5dt03745j

  • R/X exchange reactions in cis-[M(R)(2){P(X)(NMeCH2)(2)}(2)] (M = Pd, Pt), via a phosphenium intermediate 査読

    Itazaki Masumi, Tsuchida Noriko, Shigesato Yuka, Takano Keiko, Nakazawa Hiroshi

    DALTON TRANSACTIONS   45 ( 48 )   19216 - 19220   2016年( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1039/c6dt02314b

  • Electronic Lability in a Dinuclear Cobalt-Bis(dioxolene) Complex 査読 国際共著

    Madadi Azadeh, Itazaki Masumi, Gable Robert W., Moubaraki Boujemaa, Murray Keith S., Boskovic Colette

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   ( 30 )   4991 - 4995   2015年10月( ISSN:1434-1948

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/ejic.201500980

  • Synthesis, Structure, and Reactivity of Ruthenium(0) Indane Complexes fac-[Ru(NCMe)(3)(CO)(2)(InX3)] (X = Cl, Br) 査読

    Itazaki Masumi, Ito Masaki, Nakazawa Hiroshi

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   ( 12 )   2033 - 2036   2015年04月( ISSN:1434-1948

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/ejic.201500112

  • Selective Boryl Silyl Ether Formation in the Photoreaction of Bisboryloxide/Boroxine with Hydrosilane Catalyzed by a Transition-Metal Carbonyl Complex 査読

    Ito Masaki, Itazaki Masumi, Nakazawa Hiroshi

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   136 ( 17 )   6183 - 6186   2014年04月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/ja500465x

  • Synthesis of Fe-H/Si-H and Fe-H/Ge-H Bifunctional Complexes and Their Catalytic Hydrogenation Reactions toward Nonpolar Unsaturated Organic Molecules 査読

    Kamitani Masahiro, Nishiguchi Yoshinori, Tada Ryosuke, Itazaki Masumi, Nakazawa Hiroshi

    ORGANOMETALLICS   33 ( 7 )   1532 - 1535   2014年04月( ISSN:0276-7333

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/om5000562

  • Effective dehydrogenation of 2-pyridylmethanol derivatives catalyzed by an iron complex 査読

    Kamitani Masahiro, Ito Masaki, Itazaki Masumi, Nakazawa Hiroshi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   50 ( 59 )   7941 - 7944   2014年( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1039/c4cc01498g

  • 8族遷移金属錯体を触媒とした水素発生反応に関する最近の研究 査読

    板崎 真澄, 神谷 昌宏

    Japan Society of Coordination Chemistry Bulletin of Japan Society of Coordination Chemistry   62 ( 0 )   23 - 26   2013年( ISSN:1882-6954

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Hydrogen is a promising potential source of environmentally-clean energy. However, the transport, storage, and handling of hydrogen gas have some problems because of its physical properties. Transition metal-catalyzed hydrogen generation has attracted significant attention as a resolution method for these problems and can be classified into three major types, including (i) decomposition of formic acid, (ii) dehydrogenation of ammonia borane, (iii) dehydrogenation of methanol. In this topics, the recent researches on hydrogen generation catalyzed by group 8 transition-metal complex are described, and the plausible reaction pathway of these reactions is also described.

    DOI: 10.4019/bjscc.62.23

    CiNii Article

  • Regioselective Double Hydrophosphination of Terminal Arylacetylenes Catalyzed by an Iron Complex 査読

    Kamitani Masahiro, Itazaki Masumi, Tamiya Chihiro, Nakaiawa Hiroshi

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   134 ( 29 )   11932 - 11935   2012年07月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/ja304818c

  • Catalytic Synthesis of Cyclic and Linear Germoxanes Mediated by an Iron Complex 査読

    Kamitani Masahiro, Fukumoto Kozo, Tada Ryosuke, Itazaki Masumi, Nakazawa Hiroshi

    ORGANOMETALLICS   31 ( 8 )   2957 - 2960   2012年04月( ISSN:0276-7333

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/om3001845

  • O-CN Bond Cleavage of Cyanates by a Transition-Metal Complex 査読

    Fukumoto Kozo, Dahy AbdelRahman A., Oya Tsukuru, Hayasaka Kazumasa, Itazaki Masumi, Koga Nobuaki, Nakazawa Hiroshi

    ORGANOMETALLICS   31 ( 3 )   787 - 790   2012年02月( ISSN:0276-7333

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/om201257h

  • Selective Dehydrogenative Silylation-Hydrogenation Reaction of Divinyldisiloxane with Hydrosilane Catalyzed by an Iron Complex 査読

    Naumov Roman N., Itazaki Masumi, Kamitani Masahiro, Nakazawa Hiroshi

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   134 ( 2 )   804 - 807   2012年01月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/ja209436s

  • Synthesis of Silyl-Molybdenum Complexes Connected by a 1,1 '-Metallocenylene Unit and Their Electrochemical Properties 査読

    Itazaki Masumi, Ichimura Akio, Nakazawa Hiroshi

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   ( 36 )   5496 - 5501   2011年12月( ISSN:1434-1948

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/ejic.201100867

  • Dehydrogenative Coupling of Thiol with Hydrosilane Catalyzed by an Iron Complex 査読

    Fukumoto Kozo, Kasa Michiho, Oya Tsukuru, Itazaki Masumi, Nakazawa Hiroshi

    ORGANOMETALLICS   30 ( 13 )   3461 - 3463   2011年07月( ISSN:0276-7333

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/om200377e

  • Trans-selective hydrogermylation of alkynes promoted by methyliron and bis(germyl)hydridoiron complexes as catalyst precursor 査読

    Masumi Itazaki, Masahiro Kamitani, Hiroshi Nakazawa

    Chem. Commun.   47   7854 - 7856   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis, Characterization, and Crystal Structure of cis-[Pt(Me)(2){PPh2(OMe)}(2)] and the Conversion into cis-[Pt(OH2)(2) {PPh2(OMe)}(2)][OTf](2) 招待 査読

    Itazaki Masumi, Shigesato Yuka, Nakazawa Hiroshi

    HETEROATOM CHEMISTRY   22 ( 3-4 )   371 - 376   2011年( ISSN:1042-7163

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/hc.20692

  • Platinum Complexes with Diamino-substituted Phosphorus Ligands: Synthesis, Characterization, and Their Reactivity with a Lewis Acid 招待 査読

    Masumi Itazaki, Yuka Shigesato, Hiroshi Nakazawa

    C.R.Chim.   13   943 - 953   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis, Characterization, and Crystal Structure of Germyl(phosphine)iron Complexes, Cp(CO)Fe(PPh3)(GeR3) (R = Et, nBu, Ph), Prepared from Cp(CO)Fe(PPh3)(Me) and HGeR3 査読

    M. Itazaki, M. Kamitani, Y. Hashimoto, H. Nakazawa

    Phosphorus, Sulfur Silicon Relat. Elem.   185   1054 - 1060   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • N-CN Bond Cleavage of Cyanamides by a Transition-Metal Complex 査読

    Fukurnoto Kozo, Oya Tsukuru, Itazaki Masumi, Nakazawa Hiroshi

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   131 ( 1 )   38 - +   2009年01月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/ja807896b

  • Syntheses and Ligand Exchange Reaction of Iron(IV) Complexes with Two Different Group 14 Element Ligands, Cp(CO)FeH(EEt3)(E'Et3) (E, E' = Si, Ge, Sn) 査読

    Masumi Itazaki, Masahiro Kamitani, Hiroshi Nakazawa

    Organometallics   28   3601 - 3603   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Reactivity of Hydridomolybdenum Complex Having Diamino-Substituted Phosphite Ligand with Me3SiOSO2CF3 招待 査読

    Itazaki Masumi, Nakazawa Hiroshi

    PHOSPHORUS SULFUR AND SILICON AND THE RELATED ELEMENTS   184 ( 6 )   1454 - 1461   2009年( ISSN:1042-6507

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1080/10426500902947724

  • Iron-Catalyzed Dehygrogenative Coupling of Tertiary Slanes 査読

    Masumi Itazaki, Kensuke Ueda, Hiroshi Nakazawa

    Angew. Chem., Int. Ed.   48   3313-3316, 6938   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A Chemical Device That Exhibits Dual Mode Motions: Dynamic Coupling of Amide Coordination Isomerism and Metal-Centered Helicity Inversion in a Chiral Cobalt(II) Complex 査読

    Hiroyuki Miyake, Masahiro Hikita, Masumi Itazaki, Hiroshi Nakazawa, Hideki Sugimoto, Hiroshi Tsukube

    Chem. Eur. J.   14   5393 - 5396   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • [(Carbonyl)(h5-cyclopentadienyl)(triethylstannyl)(pyridine)iron(II)] 査読

    Masumi Itazaki, Masahiro Kamitani, Hiroshi Nakazawa

    Acta Crystallogr.   E64   m1578   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Carbonyl(h5-cycylopentadienyl)(3,5-dimethylpyridine-kN)(triethylsilyl)iron(II) 査読

    Masumi Itazaki, Kensuke Ueda, Hiroshi Nakazawa

    Acta Crystallogr.   E63   m1312-m1313   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Iron-complex-catalyzed C-C bond cleavage of organonitriles: Catalytic metathesis reaction between H-Si and R-CN bonds to afford R-H and Si-CN bonds 査読

    Nakazawa Hiroshi, Itazaki Mastumi, Kamata Kouji, Ueda Kensuke

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   2 ( 7 )   882 - 888   2007年( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/asia.200700076

  • Molybdenum Complexes Bearing a Diaminosubstituted-phosphiteboryl Ligand: Syntheses, Structures, and Reactivity Involving the Mo-B, B-P, and B-H Activation 査読

    Hiroshi Nakazawa, Masumi Itazaki, Masaharu Ohba

    J. Organomet. Chem.   692   201 - 207   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • fac-[Bis(2-pyridylmethyl)amine-k3N]tribromoindium(III) 査読

    Masumi Itazaki, Rie Ujihara, Hiroshi Nakazawa

    Acta Crystallogr.   E62   m1649-m1650   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis and Reactivity of Phosphiteboryl Complex of Molybdenum. Formation of (h5-C5Me5)Mo(CO)3(BH2-Phosphite) and Its Mo-B, B-P, and B-H Bond Reactions 査読

    Hiroshi Nakazawa, Masaharu Ohba, Masumi Itazaki

    Organometallics   25   2903 - 2905   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ring-opening isomerization of methylenecyclopropanes catalyzed by hydridorhodium(I) complexes 査読

    Masumi Itazaki, Yasushi Nishihara, Hisami Takimoto, Chikako Yoda, Kohtaro Osakada

    Journal of Molecular Catalysis A: Chemical   241   65 - 71   2005年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Catalytic C-C Bond Cleavage and C-Si Bond Formation in the Reaction of RCN with Et3SiH Promoted by an Iron Complex 査読

    Hiroshi Nakazawa, Kouji Kamata, Masumi Itazaki

    Chem. Commun.   4004 - 4006   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Preparation of Pd(PPh2H2(PPh3)2 and its Role as a Precursor of a Dinuclear Complex with Bridging Phosphide Ligands 査読

    Masumi Itazaki, Yasushi Nishihara, Kohtaro Osakada

    Transit. Met. Chem.   30   828 - 830   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Selective C-C Bond Activation of 2-Aryl-1-methylenecyclopropanes Promoted by Ir(I) and Rh(I) Hydrido Complexes. Mechanism of Ring-opening Isomerization of the Strained Molecules 査読

    Yasushi Nishihara, Chikako Yoda, Masumi Itazaki, Kohtaro Osakada

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   78   1469 - 1480   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Dinuclear Pt(II) and Pd(I) Complexes with Bridging PPh2 Ligands from the Reaction of PPh2H with Zero-valent Complexes of These Metals 査読

    Makoto Tanabe, Masumi Itazaki, Osamu Kitami, Yasushi Nishihara, Kohtaro Osakada

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   78   1288 - 1290   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Dicarbonyl(h5-pentamethylcyclopentadienyl)(triphenylphosphine)iron(II)hexafluorophosphate 査読

    Hiroshi Nakazawa, Masumi Itazaki, Mari Owaribe

    Acta Crystallogr.   E61   m1275-m1276   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Carbonyl(h5cyclopentadienyl)(trimethylsilylisocyanide)(triphenylphosphine)iron(II)trifluoromethanesulfonate dichloromethane hemisolvate 査読

    Hiroshi Nakazawa, Masumi Itazaki, Mari Owaribe

    Acta Crystallogr.   E61   m1172-m1173   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Carbonyl(h5-cyclopentadienyl)(isocyanotriphenylborato-kC)(triphenylphosphine-kP)iron(II) 査読

    Hiroshi Nakazawa, Masumi Itazaki, Mari Owaribe

    Acta Crystallogr.   E61   m1166-m1168   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Dicarbonyl(h5-cyclopentadienyl)(trimethylsilylisocyanide)iron(II)trifluoromethanesulfonate 査読

    Hiroshi Nakazawa, Masumi Itazaki, Mari Owaribe

    Acta Crystalogr.   E61   m1073-m1074   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Chloropyridinebis[tricarbonyl(h5cyclopentadienyl)tungstenio]indium 査読

    Hiroshi Nakazawa, Masumi Itazaki, Mari Owaribe

    Acta Crystallogr.   E61   m945-m946   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Hexanuclear Pt Complexes Composed of Two Cyclic Triplatinum Units Connected with 1,4-Diphenylene and 1,1'-Ferrocenylene Spacer 査読

    Masumi Itazaki, Osamu Kitami, Makoto Tanabe, Yasushi Nishihara, Kohtaro Osakada

    J. Organomet. Chem.   690   3957 - 3962   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Iron-Catalyzed Silylcyanation with Aldehydesand Ketones of Silyl cyanide Prepared from Silane and acetonitrile 査読

    Masumi Itazaki, Hiroshi Nakazawa

    Chem. Lett.   34   1054 - 1055   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Palladium-catalyzed cyanoesterfication of norbornenes with cyanoformates via the NC-Pd-COOR (R = Me and Et) intermediate 査読

    Yasushi Nishihara, Yoshiaki Inoue, Masumi Itazaki, Kentaro Takagi

    Org. Lett.   7   2639 - 2641   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • C-C and C-H Bond Activation of Dialkylmethylenecyclopropane Promoted by Rhodium and Iridium Complexes. Preparation and Structures of M(h1:h2-CH2CR2CH=CH2)(CO) (PPh3)2 and trans-M(CH=CHCMeR2)(CO)(PPh3)2 (M = Rh, Ir, R = CH2CH2Ph) 査読

    Masumi Itazaki, Chikako Yoda, Yasushi Nishihara, Kohtaro Osakada

    Organometallics   23   5402 - 5409   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Syntheses of Dinuclear and Trinuclear Hydridoplatinum Complexes with Bridging Phosphido Ligands [Pt2H2(m-PR2)2(PEt3)2] (R = tBu, Ph) and [Pt3H2(m-PPh2)4(PEt3)2]. Characterization of the Triangular Intermediate [Pt3H(m-PPh2)3(PEt3)3] and Its ChemicalProperties 査読

    Masumi Itazaki, Yasushi Nishihara, Kohtaro Osakada

    Organometallics   23   1610 - 1621   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Platinum Complex Catalyzed Hydrosilylation and Isomerization of Methylene cyclopropane Derivatives. Effect of Structures of the Substrate and Catalyst 査読

    Masumi Itazaki, Yasushi Nishihara, Kohtaro Osakada

    J. Org. Chem.   67   6889 - 6895   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Platinum complex catalyzed hydrosilylation of 2,2-diaryl-1-methylenecyclopropane affording (silylmethyl)cyclopropane 査読

    Yasushi Nishihara, Masumi Itazaki, Kohtaro Osakada

    Tetrahedron Lett.   43   2059 - 2061   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 錯体化合物事典

    板崎真澄 他( 担当: 共著)

    朝倉書店  2019年09月 

     詳細を見る

    総ページ数:1000   担当ページ:3  

  • Iron-Catalyzed Cross-Dehydrogenative-Coupling Reactions

    Itazaki Masumi, Nakazawa Hiroshi( 担当: 共著)

    IRON CATALYSIS II Springer  2015年 

     詳細を見る

    総ページ数:361   担当ページ:47-81  

  • 無機化学演習 : 大学院入試問題を中心に

    中沢 浩, 西岡 孝訓, 篠田 哲史, 廣津 昌和, 三宅 弘之, 板崎 真澄( 担当: 共著)

    東京化学同人  2012年10月  ( ISBN:9784807907960

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • Fe-H Complexes in Catalysis

    Nakazawa Hiroshi, Itazaki Masumi( 担当: 共著)

    IRON CATALYSIS: FUNDAMENTALS AND APPLICATIONS Springer  2011年 

     詳細を見る

    総ページ数:218   担当ページ:27-81  

MISC(その他記事)

  • 選択的なかご状錯体の合成―これまでにない頂点構造を有するかご状錯体― 査読

    板崎真澄、伊藤昌輝、中沢 浩

    化学 化学同人   2   62 - 63   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 瓢箪がなければ駒はでない-Fe-Si結合をもつ錯体によるアセトニトリル C-C 結合切断-

    中沢 浩、板崎真澄

    化学同人 「化学」   62   36 - 40   2007年( ISSN:0451-1964

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 三種類のσ結合を持つシリル-ボリル-ヒドリド-ロジウム錯体

    -

    化学と工業   58 ( 7 )   847   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

講演・口頭発表等

  • バナジウム触媒を用いた常圧の二酸化炭素活性化を経由する尿素誘導体合成 国内会議

    青山航太朗、松谷崇生、板崎真澄、森内敏之

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ホスフィンカルボキサミドおよびホスフィンカルボチオアミドと遷移金属錯体との反応 国内会議

    岡林賢仁、板崎真澄、森内敏之

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鉄触媒による二酸化炭素活性化に基づく尿素誘導体の合成 国内会議

    松谷崇生、土中陽介、板崎真澄、森内敏之

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒドロホスフィン化反応によるヘテロクムレンの簡便な変換反応 国内会議

    岡林賢仁、松谷崇生、板崎真澄、中沢 浩、森内敏之

    第11回CSJ化学フェスタ  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 四座リン配位子を有する鉄錯体を用いたヒドロシランの脱水素カップリング反応と中間錯体 国内会議

    長崎 海、土中陽介、板崎真澄、森内敏之、中沢 浩

    錯体化学会第71回討論会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 二酸化炭素の触媒的活性化に基づく尿素誘導体の合成 国内会議

    松谷崇生, 土中陽介, 板崎真澄, 森内敏之

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鉄触媒による二酸化炭素とジシリルアミンを用いた尿素誘導体の合成 国内会議

    土中陽介, 板崎真澄, 森内敏之

    第66回有機金属化学討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水素結合を鍵とする平面頂点構造をもつかご状錯体の創生 国内会議

    松谷崇生, 板崎真澄, 井関柾登, 伊藤昌輝, 森内敏之, 中沢 浩

    錯体化学会第69回討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 四座リン配位子を有する鉄触媒を用いたヒドロシランの重合反応 国内会議

    土中陽介, 板崎真澄, 森内敏之, 中沢浩

    第8回CSJ化学フェスタ  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 複数の配位サイトを有するホスフィン化合物を用いた金(Ⅰ) 錯体の合成と性質 国内会議

    小川雄大, 板崎真澄, 森内敏之, 中沢 浩

    第8回CSJ化学フェスタ  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • イソシアナートのヒドロホスフィン化を用いたホスフィンカルボキシアミドの合成 国内会議

    松谷崇生, 板崎真澄, 森内敏之, 中沢 浩

    第8回CSJ化学フェスタ  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Iron Complex Catalyzing Regioselective Synthesis of Vinylphosphines and Unsymmetric Diphosphines, and Reactivity of Intermediate Complexes 国内会議

    M. Itazaki, S. Katsube, T. Nochida, H. Nakazawa

    43rd International Conference on Coordination Chemistry (ICCC2018)  2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鉄触媒を用いたダブルヒドロホスフィン化反応による四配位リン化合物の合成と反応性 国内会議

    後田朋哉, 板崎真澄, 中沢 浩

    日本化学会第98春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 簡便なホスフィンカルボキシアミドの合成 国内会議

    板崎真澄, 松谷崇生, 中沢 浩

    日本化学会第98春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不完全ダブルキュバン四核亜鉛(II)錯体の合成とその反応性 国内会議

    板崎真澄, 土橋由夏子, 中沢 浩

    第44回有機典型元素化学討論会  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 三ハロゲン化インジウムを Z 型配位子とするルテニウム錯体の反応性 国内会議

    土橋由夏子

    第7回CSJ化学フェスタ  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鉄-インジウム錯体触媒を用いた有機ニトリル化合物への選択的ヒドロシリル化およびヒドロボリル化反応 国内会議

    板崎真澄, 伊藤昌輝, 中沢 浩

    第64回有機金属化学討論会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Iron-Catalyzed Selective Hydrophosphonation of Alkynes and Vinylphosphines 招待 国際会議

    H. Nakazawa, M.Itazaki, M. Kamitani

    6th Latin American Symposium on Coordination and Organometallic Chemistry (SILQCOM2017)  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

▼全件表示

科研費

  • 鉄触媒による不飽和結合への典型元素-水素結合の不斉付加反応の開発

    基盤研究(C)  2016年04月

  • 鉄触媒によるアルキンへの非共有電子対を有する典型元素-水素結合付加反応の創成

    基盤研究(C)  2013年04月

  • 鉄触媒を用いた脱水素カップリングによる 14 族元素-ホウ素結合生成反応の創製

    若手研究(B)  2011年04月

  • 鉄触媒を用いる 3 級シランの脱水素カップリングと中間錯体の反応性

    若手研究(B)  2008年04月

受託研究

  • 機能性ポリゲルマン合成のための新規なゲルマニウムカップリング法の開発

    2009年04月

その他補助金等

  • アセチレンガスを用いた直接的なジホスフィン化合物の合成法の開発

    大学  2016年04月

担当授業科目

  • 国際ゼミナール

    2020年度     大学院

  • 機能無機分子科学特論Ⅰ

    2020年度     大学院

  • 創成無機分子科学特論Ⅰ

    2020年度     大学院

  • 化学実験S

    2020年度     大学

  • 無機化学演習

    2020年度     大学

  • 無機化学2

    2020年度     大学

  • 化学実験4

    2020年度     大学

  • 化学実験1

    2020年度     大学

  • 特別研究

    2020年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2020年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2020年度     大学

  • 特別研究

    2019年度     大学

  • 化学実験1

    2019年度     大学

  • 創成分子科学演習

    2019年度     大学院

  • 前期特別研究

    2019年度     大学院

  • 基幹無機化学

    2019年度     大学院

  • 基礎化学実験 II

    2019年度     大学

  • 化学実験4

    2019年度     大学

  • 無機化学2

    2019年度     大学

  • 無機化学演習

    2019年度     大学

  • 基礎化学実験 I

    2019年度     大学

  • 創成分子科学演習

    2018年度     大学院

  • 前期特別研究

    2018年度     大学院

  • 特別研究

    2018年度     大学

  • 無機化学演習

    2018年度     大学

  • 化学実験4

    2018年度     大学

  • 基幹無機化学

    2018年度     大学院

  • 無機化学2

    2018年度     大学

  • 化学実験1

    2018年度     大学

  • 基礎化学実験 II

    2018年度     大学

  • 基礎化学実験 I

    2018年度     大学

  • 創成分子科学演習

    2017年度     大学院

  • 前期特別研究

    2017年度     大学院

  • 基礎化学実験 S

    2017年度     大学

  • 基礎化学実験 I

    2017年度     大学

  • 化学実験4

    2017年度     大学

  • 基幹無機化学

    2017年度     大学院

  • 無機化学2

    2017年度     大学

  • 化学実験1

    2017年度     大学

  • 基礎化学実験 II

    2017年度     大学

  • 無機化学演習

    2017年度     大学

  • 特別研究

    2017年度     大学

▼全件表示

FD活動

  • 教育方法の改善  2020年度

     詳細を見る

    授業アンケートをもとに授業改善に取り組んでいる

  • FD活動への貢献  2020年度

     詳細を見る

    適時、参加している

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:高校化学グランドコンテストを通じて、国際化へ貢献している

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:随時、オフィスアワーを設けている

社会貢献活動

  • 研究発表会(富田林高等学校)

    役割:助言・指導

    2022年08月

  • 高校化学グランドコンテスト事業総括委員

    役割:運営参加・支援

    2022年04月 - 継続中

  • 第17回高校化学グランドコンテスト

    役割:助言・指導, 運営参加・支援

    2021年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 社会人・一般

    種別:講演会

  • 研究発表会(富田林高等学校)

    役割:助言・指導

    2021年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:研究指導

  • 高校化学グランドコンテスト(オンライン)

    2020年10月 - 2021年03月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 高校化学グランドコンテスト 研究相談

    役割:助言・指導

    2020年07月 - 2020年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者

  • 第16回高校化学グランドコンテスト

    役割:助言・指導, 運営参加・支援

    2019年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:講演会

  • 市大オープンキャンパス

    役割:講師, 実演

    2019年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:フェスティバル

  • 第15回高校化学グランドコンテスト

    役割:運営参加・支援

    2018年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:フェスティバル

  • 市大オープンキャンパス

    役割:講師, 実演

    2018年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:フェスティバル

  • 第14回高校化学グランドコンテスト

    役割:運営参加・支援

    2017年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:フェスティバル

  • 市大オープンキャンパス

    役割:講師, 実演

    2017年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:フェスティバル

▼全件表示

その他

  • 職務経歴

    2007年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学 講師

  • 職務経歴

    2005年10月 - 2007年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 助手

  • 職務経歴

    2004年04月 - 2005年09月

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学等非常勤研究員