2024/02/27 更新

写真a

イワサキ シンイチ
岩崎 進一
IWASAKI Shinichi
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 精神神経科学

研究キーワード

  • 森田療法

  • 産業メンタルヘルス

研究概要

  • 産業精神医学、森田療法

研究歴

  • ストレス

    ストレスと精神疾患との関連  機関内共同研究

    2000年04月 - 継続中 

  • 職場のストレスと精神疾患の関連

    機関内共同研究

    2009年04月 - 継続中 

  • 森田神経質と現代の精神疾患

    機関内共同研究

    2009年04月 - 継続中 

  • グレリン

    食行動、摂食障害、食欲  個人研究

    2000年04月 - 2009年03月 

所属学協会

  • 日本精神神経学会

      国内

  • 日本総合病院精神医学会

      国内

  • 日本産業精神医学会

      国内

  • 日本産業衛生学会

      国内

  • 日本森田療法学会

      国内

  • 日本ストレス学会

      国内

  • 日本生物学的精神医学会

      国内

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • The Scripps Research Institute   Visiting Scientist

    2005年05月 - 2006年04月

  • 財団法人 浅香山病院   医員

    2000年04月 - 2000年06月

学歴

  • 大阪市立大学   医学部     卒業・修了

    1989年04月 - 1995年03月

  • 大阪市立大学   医学   神経精神医学   博士課程   卒業・修了

    - 2000年

論文

  • Association of worker's mental health with changes in exercise time, going-out time, and screen time (TV time, internet time, and game time) before and after the COVID-19 pandemic: A cross-sectional study. 査読

    Okawa Y, Iwasaki S, Deguchi Y, Nakamichi Y, Uesaka Y, Okura S, Maekubo K, Inoue K

    Neuropsychopharmacology reports   2023年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/npr2.12391

    PubMed

  • 日本人就労者におけるワークライフバランスと気質との関連(Relationship between Work Life Balance and Temperament among Japanese Workers) 査読

    Nakamichi Yoko, Deguchi Yasuhiko, Iwasaki Shinichi, Okawa Yutaro, Uesaka Yuki, Inoue Koki

    Osaka City Medical Journal   69 ( 1 )   11 - 19   2023年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    気質は就労者のワークライフバランスに影響を及ぼしていることから、就労者の気質と、仕事と家庭のスピルオーバーとの関連を調べた。2020年12月に、日本在住で20歳以上65歳未満の就労者を対象にオンラインでアンケート調査を行い、完全回答が得られた839名の回答を分析した。仕事と家庭のスピルオーバーの評価には日本語版The Survey Work-Home Interaction NijmeGen(SWING)を用い、気質の評価には日本語版The Temperament Evaluation of Memphis, Pisa, Paris and San Diego-auto questionnaire(TEMPS-A)を用いた。その結果、仕事から家庭への負のスピルオーバーは循環、焦燥、不安気質で有意に高かった。家庭から仕事への負のスピルオーバーは、循環気質と焦燥気質が有意に高く、抑うつ気質が有意に低かった。仕事から家庭および家庭から仕事への正のスピルオーバーは発揚気質で有意に高く、焦燥気質で有意に低かった。

  • Ten-year trends in long-term sickness absence among Japanese public servants: 2009-2018. 査読

    Iwasaki S, Deguchi Y, Hirota T, Shirahama Y, Nakamichi Y, Okawa Y, Uesaka Y, Inoue K

    Industrial health   61 ( 1 )   68 - 77   2023年02月( ISSN:0019-8366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2486/indhealth.2021-0169

    PubMed

  • 日本の公務員における長期病気欠勤に関する10年間の傾向 2009~2018年(Ten-year trends in long-term sickness absence among Japanese public servants: 2009-2018) 査読

    Iwasaki Shinichi, Deguchi Yasuhiko, Hirota Tomoyuki, Shirahama Yoshiki, Nakamichi Yoko, Okawa Yutaro, Uesaka Yuki, Inoue Koki

    Industrial Health   61 ( 1 )   068 - 077   2023年01月( ISSN:0019-8366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    市の公務員で、90日以上続いた病気欠勤の診断名とその期間のデータを分析した。その結果、精神および行動障害(495.0~780.6人/100000人)が長期病欠の最も多い理由で、精神疾患の診断名では気分障害(318.6~584.3人/100000人)がそれぞれの年度で最も多かった。精神疾患による長期病欠の有病率は減少傾向(2009年の781人/100000人から2018年の622人/100000人)を示した。性別と年齢では異なる傾向があった。精神疾患に関連する長期病欠の期間(13.2ヵ月)は循環器系の疾患(15.1ヵ月)を除いて、すべての身体疾患による長期病欠よりも長かった。

  • Somatic Symptoms as Stress Responses among Japanese Workers Measured by the Brief Job Stress Questionnaire(和訳中) 査読

    Kadowaki Aya, Iwasaki Shinichi, Deguchi Yasuhiko, Mitake Tomoe, Okuda Yukako, Niki Akihiro, Hirota Tomoyuki, Shirahama Yoshiki, Nakamichi Yoko, Inoue Koki

    Osaka City Medical Journal   68 ( 1 )   11 - 18   2022年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association between Job Stressors and Extended Long-term Sickness Absence due to Mental Disorders among Public Servants in Japan(和訳中) 査読

    Shirahama Yoshiki, Iwasaki Shinichi, Deguchi Yasuhiko, Kadowaki Aya, Niki Akihiro, Hirota Tomoyuki, Nakamichi Yoko, Inoue Koki

    Osaka City Medical Journal   68 ( 1 )   39 - 49   2022年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Relationships between Occupational Stress, Change in Work Environment during the COVID-19 Pandemic, and Depressive and Anxiety Symptoms among Non-Healthcare Workers in Japan: A Cross-Sectional Study. 査読

    Deguchi Y, Iwasaki S, Niki A, Kadowaki A, Hirota T, Shirahama Y, Nakamichi Y, Okawa Y, Uesaka Y, Inoue K

    International journal of environmental research and public health   19 ( 2 )   2022年01月( ISSN:1661-7827

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijerph19020983

    PubMed

  • 就労者の精神疾患に神経発達症が及ぼすインパクト─主治医および精神科を専門とする産業医の立場から─ 招待

    出口裕彦、岩﨑進一

    精神科治療学   37 ( 1 )   29 - 34   2022年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

  • Relationship between initial self-perceived depressive symptoms and disease severity in working patients with first-onset major depressive disorder. 査読

    Hirota T, Deguchi Y, Iwasaki S, Sakaguchi A, Niki A, Shirahama Y, Nakamichi Y, Inoue K

    PloS one   16 ( 7 )   e0255084   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0255084

    PubMed

  • Gender differences in self-perceived changes among Japanese workers with depression 査読

    Niki A., Deguchi Y., Iwasaki S., Mitake T., Okuda Y., Sakaguchi A., Hirota T., Shirahama Y., Nakamichi Y., Inoue K.

    OCCUPATIONAL MEDICINE-OXFORD   70 ( 9 )   680 - 684   2020年12月( ISSN:0962-7480

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/occmed/kqaa202

  • Gender differences in self-perceived changes among Japanese workers with depression 査読

    Niki A, Deguchi Y, Iwasaki S, Mitake T, Okuda Y, Sakaguchi A, Hirota T, Shirahama Y, Nakamichi Y, Inoue K

    OCCUPATIONAL MEDICINE-OXFORD   70 ( 9 )   680 - 684   2020年12月( ISSN:0962-7480

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/occmed/kqaa202

  • Major depressive disorder due to social isolation during the coronavirus disease 2019 pandemic: an elderly woman's first episode of major depressive disorder 査読

    Deguchi Yasuhiko, Iwasaki Shinichi, Inoue Koki

    PSYCHOGERIATRICS   20 ( 6 )   934 - 935   2020年11月( ISSN:1346-3500

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/psyg.12607

    PubMed

  • Major depressive disorder due to social isolation during the coronavirus disease 2019 pandemic: an elderly woman's first episode of major depressive disorder. 査読

    Deguchi Y, Iwasaki S, Inoue K

    Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   20 ( 6 )   934 - 935   2020年11月( ISSN:1346-3500

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/psyg.12607

    PubMed

  • 新型コロナウイルス感染症パンデミック時の社会的孤立による大うつ病性障害 高齢女性の大うつ病性障害の初回エピソード(Major depressive disorder due to social isolation during the coronavirus disease 2019 pandemic: an elderly woman's first episode of major depressive disorder) 査読

    Deguchi Yasuhiko, Iwasaki Shinichi, Inoue Koki

    Psychogeriatrics   20 ( 6 )   934 - 935   2020年11月( ISSN:1346-3500

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は72歳女性で、うつ症状を呈しており、夫からの強い勧めにより2020年5月中旬に当院を受診した。精神疾患の既往歴や家族歴はなかった。COVID-19パンデミック前は、地域活動への参加、散歩や旅行、ガーデニング、刺繍などの趣味を持っていた。しかし3月中旬には、地域活動や夫との旅行の予定がすべてキャンセルされ、地域社会から孤立していた。ミニメンタルステート検査スコアは26/30であった。脳MRIにより、脳萎縮や血管疾患の兆候は認められなかった。また、血液生化学検査で異常は認められなかった。神経認知障害の可能性は除外された。DSM-5基準により、臨床的に大うつ病性障害と診断され、抗うつ薬が処方された。

  • Burnout and occupational stressors among non-medical occupational health staff. 査読

    Okuda Y, Iwasaki S, Deguchi Y, Nitta T, Mitake T, Sakaguchi A, Niki A, Inoue K

    Occupational medicine (Oxford, England)   70 ( 1 )   45 - 51   2020年03月( ISSN:0962-7480

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/occmed/kqz160

    PubMed

  • Burnout and occupational stressors among non-medical occupational health staff. 査読

    Okuda Y, Iwasaki S, Deguchi Y, Nitta T, Mitake T, Sakaguchi A, Niki A, Inoue K

    Occupational medicine (Oxford, England)   2019年12月( ISSN:0962-7480

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/occmed/kqz160

    PubMed

  • 成人における森田神経質傾向とASD傾向との関連について 査読

    岩崎 進一, 出口 裕彦

    日本森田療法学会 日本森田療法学会雑誌   30 ( 2 )   121 - 127   2019年10月( ISSN:1881-2651

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    森田神経質者にみられる強いとらわれやこだわりは、自閉症スペクトラム(ASD)の特徴である柔軟性の乏しい行動や予測困難性などとの関連が疑われる。そこで森田神経質傾向とASD傾向について森田神経質調査票とASD指数日本語版(AQ-J)を用いその関連を調査した。当院外来通院患者39名(男性22名、女性17名;44.4歳)を対象とした。AQ-J総得点と森田神経質調査票の得点には正の相関を認めた。森田神経質調査票の下位尺度の中では弱力的傾向のみがAQ-J総得点と正の相関を示した。森田神経質調査票の得点とAQ-Jの下位尺度である社会的スキル、注意の切り替え、コミュニケーション、想像力との間に正の相関を認めた。森田神経質の弱力性のみがAQ-Jの下位尺度と正の相関を示した。本研究の結果よりASD傾向と森田神経質の弱力性との関連がある可能性が認められた。生来のASD傾向が森田神経質の弱力性の一部を形作り、森田神経質の中でも独立した要因である可能性が示唆された。(著者抄録)

  • Relationship between Burnout and Mental-Illness-Related Stigma among Nonprofessional Occupational Mental Health Staff 査読

    Mitake Tomoe, Iwasaki Shinichi, Deguchi Yasuhiko, Nitta Tomoko, Nogi Yukako, Kadowaki Aya, Niki Akihiro, Inoue Koki

    BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL   2019   5921703   2019年09月( ISSN:2314-6133

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2019/5921703

    PubMed

  • 就労者の適応障害と森田神経質傾向の関連について 査読

    岩崎 進一

    (公財)メンタルヘルス岡本記念財団 メンタルヘルス岡本記念財団研究助成報告集   ( 30 )   23 - 26   2019年03月( ISSN:0916-9156

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    うつ病と適応障害の就労者の、森田神経質傾向、気質特性(循環気質、発揚気質)との関連を明らかにすることを目的に、当院の当該外来患者82名(男性46名、女性36名、平均年齢41.8±10.6歳)を対象に、森田神経質調査票、気質を検出する質問紙であるTEMPS-Aから循環気質(気分やエネルギーのムラが大きいタイプ)と発揚気質(楽観的でエネルギッシュなタイプ)の42項目を用いた質問紙調査を行った。うつ病群と適応障害群で比較検討した結果、うつ病と適応障害では森田神経質や循環気質、発揚気質などの素因に差は認められなかった。一方、うつ病患者群では森田神経質傾向と循環気質傾向に正の相関を認めたが、適応障害患者群では認めず、両者の成因に違いがあることが推測された。

  • Depression and occupational stress in Japanese school principals and vice-principals 査読

    Nitta Tomoko, Deguchi Yasuhiko, Iwasaki Shinichi, Kanchika Masaru, Inoue Koki

    Occupational Medicine   69 ( 1 )   39 - 46   2019年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Relationship between Burnout and Mental-Illness-Related Stigma among Nonprofessional Occupational Mental Health Staff. 査読

    Mitake T, Iwasaki S, Deguchi Y, Nitta T, Nogi Y, Kadowaki A, Niki A, Inoue K

    BioMed research international   2019   5921703 - 5921703   2019年( ISSN:2314-6133

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1155/2019/5921703

    PubMed

  • Gender differences in the relationships between perceived individual-level occupational stress and hazardous alcohol consumption among Japanese teachers: A cross-sectional study 査読

    Deguchi Yasuhiko, Iwasaki Shinichi, Kanchika Masaru, Nitta Tomoko, Mitake Tomoe, Nogi Yukako, Kadowaki Aya, Niki Akihiro, Inoue Koki

    PLOS ONE   13 ( 9 )   e0204248   2018年09月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0204248

    PubMed

  • 精神障害により長期休職を要した公務員における高い職業性ストレスとストレス反応(Higher Occupational Stress and Stress Responses in Public Servants Requiring Long-term Sickness Absence due to Mental Disorders) 査読

    Ogawa Koichiro, Iwasaki Shinichi, Deguchi Yasuhiko, Fukuda Yuichi, Nitta Tomoko, Nogi Yukako, Mitake Tomoe, Inoue Koki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   64 ( 1 )   9 - 17   2018年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    精神障害による長期休職者(LTSA-MD)と非LTSA-MDにおける職業性ストレス、ストレス反応、社会的サポートを比較した。2011年に職業性ストレス簡易調査票(BJSQ)に回答した公務員のうち、精神障害のため90日以上の長期休職に至ったLTSA-MD 191名と、傾向スコアマッチング法により選定した非LTSA-MD 191名を対象とした。ウィルコクソンの符号順位検定を用いて、BJSQの各カテゴリーのスコアを両群間で比較した。2011年のBJSQでは、LTSA-MD群は非LTSA-MD群に比べ、仕事のストレス要因では高い質的労働負荷、低い技能活用度を、ストレス反応では活気の低さ、イライラ感の高さ、疲労感、不安感、抑うつ感、身体愁訴を、社会的サポートでは同僚からの支援の少なさを認めた。仕事と生活の満足度では低い結果を認めた。

  • Association between work role stressors and sleep quality 査読

    Iwasaki, S Deguchi, Y Inoue, K

    Occupational Medicine   68 ( 3 )   171 - 176   2018年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 成人における森田神経質傾向とASD傾向との関連について 査読

    岩崎 進一

    (公財)メンタルヘルス岡本記念財団 メンタルヘルス岡本記念財団研究助成報告集   ( 29 )   17 - 21   2018年03月( ISSN:0916-9156

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    自閉性スペクトラム傾向(ASD)と森田神経質傾向の関連を自己記入式調査票によって調査し、共通である要素について検討した。当院外来通院患者のうち、本研究に同意が得られた39名(男性22名、女性17名、平均44.4±13.2歳)を対象とした。診断名は気分障害圏が19名、神経症圏が14名、その他6名であった。AQ-JからASDと考えられたものは10名(25.6%)、森田神経質調査票から森田神経質と考えられたものは13名(33.3%)であった。AQ-J合計得点と森田神経質調査票の総得点には正の相関を認め、森田神経質調査票の下位尺度の中では弱力的傾向のみがAQ-J総得点と正の相関を示していた。また、森田神経質調査票の総得点とAQ-Jの下位尺度の社会的スキル、注意の切り替え、コミュニケーション、想像力との間に正の相関を認めた。

  • The effect of long-term sickness absence on coworkers in the same work unit.

    Fukuda Y, Iwasaki S, Deguchi Y, Ogawa K, Nitta T, Inoue K

    Industrial health   56 ( 1 )   2 - 9   2018年02月( ISSN:0019-8366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2486/indhealth.2017-0053

    PubMed

    CiNii Article

  • 長期病欠が同一部署の同僚に及ぼす影響(The effect of long-term sickness absence on coworkers in the same work unit) 査読

    Fukuda Yuichi, Iwasaki Shinichi, Deguchi Yasuhiko, Ogawa Koichiro, Nitta Tomoko, Inoue Koki

    (独)労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所 Industrial Health   56 ( 1 )   2 - 9   2018年01月( ISSN:0019-8366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    精神障害による長期病欠(LTSA-MD)の発生が同僚の職業性ストレスに及ぼす影響について検討した。2011〜2012年に地方公務員16032名(男性11178名、女性4854名、平均42.0±9.5歳)を対象とする後向きコホート研究を行った。職業性ストレスは、職業性ストレス簡易調査票(BJSQ)により評価した。調査期間中に108名が90日を超えるLTSA-MDを取得した。ベースラインのBJSQスコア、性別、年齢、総従業員数、社会的サポートを調整後、LTSA-MD発生後の同僚では職務ストレッサーおよびストレス反応が悪化していた。同僚における社会的サポートの変化は認めなかった。以上より、同一部署のLTSA-MD発生は、同僚の職業性ストレスに悪影響を及ぼすことが示された。同僚における二次的な精神障害や病欠を予防するには、早期の介入的戦略が必要であると考えられた。

  • The effect of long-term sickness absence on coworkers in the same work unit 査読

    FUKUDA Yuichi, IWASAKI Shinichi, DEGUCHI Yasuhiko, OGAWA Koichiro, NITTA Tomoko, INOUE Koki

    独立行政法人 労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所 Industrial health   56 ( 1 )   2 - 9   2018年( ISSN:0019-8366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>After workers take long-term sickness absence due to mental disorders (LTSA-MD), the occupational stress of the coworkers in the same work unit might be affected. The aims of this study were to evaluate the effect of the incident of LTSA-MD on the coworkers' occupational stress. A retrospective cohort study of 16,032 public servants was conducted. The Brief Job Stress Questionnaire (BJSQ) was used, which was administered in 2011 and 2012. To analyze the amount of change in occupational stress, the difference between the scores of the BJSQ scales in 2011 and 2012 was calculated. After adjusting for the baseline BJSQ scales, sex, age, total number of workers, and social support, analysis of covariance of the difference between the BJSQ scales' scores showed that job stressors and stress responses worsened among the coworkers after the incident of LTSA-MD. Social support did not change among the coworkers. This study indicates that an incident of LTSA-MD in the same work unit adversely affects the coworkers' occupational stress. Focusing on the coworkers' mental state after an incident of LTSA-MD in the same work unit and an early intervention strategy are needed to prevent secondary mental illness and sickness absence in the coworkers.</p>

    DOI: 10.2486/indhealth.2017-0053

    CiNii Article

  • Higher Occupational Stress and Stress Responses in Public Servants Requiring Long-term Sickness Absence due to Mental Disorders 査読

    Koichiro Ogawa, Shinichi Iwasaki, Yasuhiko Deguchi, Yuichi Fukuda, Tomoko Nitta, Yukako Nogi, Tomoe Mitake, Koki Inoue

    Osaka City Med J.   64   9 - 17   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Gender differences in the relationships between perceived individual-level occupational stress and hazardous alcohol consumption among Japanese teachers: A cross-sectional study. 査読

    Deguchi Y, Iwasaki S, Kanchika M, Nitta T, Mitake T, Nogi Y, Kadowaki A, Niki A, Inoue K

    PloS one   13 ( 9 )   e0204248   2018年( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0204248

    PubMed

  • Paroxetine増量後10日目にセロトニン症候群を呈した1例 査読

    野木 優香子, 林 皓章, 深田 亮介, 出口 裕彦, 岩崎 進一, 木岡 哲郎, 井上 幸紀

    (株)星和書店 精神科治療学   32 ( 12 )   1671 - 1674   2017年12月( ISSN:0912-1862

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    セロトニン症候群とは、脳内セロトニン機能の異常亢進によって、中枢神経症状、自律神経症状などを呈する症候群である。今回、我々は抑うつ状態に対し加療中にセロトニン症候群を呈した1例を経験した。症例は68歳男性。抑うつ状態に対しparoxetine漸増10日後と遅い時期に錯乱状態となり、さらに3日後より焦燥や不安などの精神症状、意識障害、振戦、発汗、腱反射の亢進が出現し寡動緘黙状態で入院となった。薬剤中止後は徐々に症状の改善を認め、発症22日目に全症状が消失した。抗うつ薬増量後は、24時間以上経過した場合でもセロトニン症候群を念頭に神経学的症状に留意する必要がある。(著者抄録)

  • Paroxetine増量後10日目にセロトニン症候群を呈した1例 査読

    野木 優香子, 林 皓章, 深田 亮介, 出口 裕彦, 岩崎 進一, 木岡 哲郎, 井上 幸紀

    (株)星和書店 精神科治療学   32 ( 12 )   1671 - 1674   2017年12月( ISSN:0912-1862

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    セロトニン症候群とは、脳内セロトニン機能の異常亢進によって、中枢神経症状、自律神経症状などを呈する症候群である。今回、我々は抑うつ状態に対し加療中にセロトニン症候群を呈した1例を経験した。症例は68歳男性。抑うつ状態に対しparoxetine漸増10日後と遅い時期に錯乱状態となり、さらに3日後より焦燥や不安などの精神症状、意識障害、振戦、発汗、腱反射の亢進が出現し寡動緘黙状態で入院となった。薬剤中止後は徐々に症状の改善を認め、発症22日目に全症状が消失した。抗うつ薬増量後は、24時間以上経過した場合でもセロトニン症候群を念頭に神経学的症状に留意する必要がある。(著者抄録)

  • 労働者の職場ストレスは、精神疾患により引き起こされた同僚の長期病欠の部門発生率と関連する(Workers' Job Stress is Associated with Departmental Incidence of Associates' Long-term Sickness Absence Caused by Mental Disorders) 査読

    Konishi Akihito, Iwasaki Shinichi, Deguchi Yasuhiko, Ishimoto Hideyuki, Inoue Koki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   63 ( 1 )   25 - 35   2017年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2011年の簡易職場ストレス質問票データを用いて、部門の精神疾患による長期病欠発生率と、部門の従業員が経験した職場ストレスの関連性を後向きに検討した。対象は公務員12356名(男性8766名、女性3590名、平均43.1±10.6歳)で、管理職者は4339名、従業員は8017名であった。2011〜2013年に精神疾患による長期病欠を取得したのは135名であった。精神疾患による長期病欠リスク上昇と関連する管理職者の因子は、質的に高い過重労働、劣悪な物理的環境、技術の活用が十分でないことであった。精神疾患による長期病欠リスク上昇と関連する従業員の因子は、身体的負荷が高いこと、対人関係の衝突が少ないこと、劣悪な物理的環境、職務コントロールが高いこと、職務の報酬が低いことであった。精神疾患による長期病欠リスクを軽減するためには、職場ストレス因子の軽減(特に心理的および物理的職場環境の改善)が重要であることが示された。

  • 再生不良性貧血の経過中に幻覚妄想状態を呈した1例 査読

    寺川 裕基, 岩崎 進一, 井上 幸紀

    (株)医学書院 精神医学   59 ( 5 )   491 - 495   2017年05月( ISSN:0488-1281

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    再生不良性貧血の経過中に幻覚妄想状態を呈した症例を経験した。症例は68歳の男性でX-28年時に同疾患の診断を受け治療を続けていたが精神障害の既往はない。X-5年より被害妄想が出現。X年4月に貧血の治療目的で入院するも妄想による問題行動のため退院となり当院入院となる。頭部画像検査では異常を認めなかった。多彩な精神症状を認め,抗精神病薬の調整を行うが効果は乏しく,かつ副作用も出やすく,診断,治療ともに難渋した。多年にわたる出血傾向や貧血が精神症状発現に大きな影響を与えたと考えられ,同疾患の合併症として精神神経症状も考慮するべきであると考えられた。同疾患における精神神経症状の合併は稀であり,文献的にも考察を加えた。(著者抄録)

  • 再生不良性貧血の経過中に幻覚妄想状態を呈した1例 査読

    寺川 裕基, 岩崎 進一, 井上 幸紀

    (株)医学書院 精神医学   59 ( 5 )   491 - 495   2017年05月( ISSN:0488-1281

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    再生不良性貧血の経過中に幻覚妄想状態を呈した症例を経験した。症例は68歳の男性でX-28年時に同疾患の診断を受け治療を続けていたが精神障害の既往はない。X-5年より被害妄想が出現。X年4月に貧血の治療目的で入院するも妄想による問題行動のため退院となり当院入院となる。頭部画像検査では異常を認めなかった。多彩な精神症状を認め,抗精神病薬の調整を行うが効果は乏しく,かつ副作用も出やすく,診断,治療ともに難渋した。多年にわたる出血傾向や貧血が精神症状発現に大きな影響を与えたと考えられ,同疾患の合併症として精神神経症状も考慮するべきであると考えられた。同疾患における精神神経症状の合併は稀であり,文献的にも考察を加えた。(著者抄録)

  • 短報:再生不良性貧血の経過中に幻覚妄想状態を呈した一例 査読

    寺川裕基 岩﨑進一 井上幸紀

    精神医学   59 ( 5 )   491 - 495   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.11477/mf.1405205391

  • Workers’ Job Stress is Associated with Departmental Incidence of Associates’ Long-term Sickness Absence Caused by Mental Disorders. 査読

    Akihito Konishi, Shinichi Iwasaki, Yasuhiko Deguchi, Hideyuki Ishimoto, Koki Inoue

    Osaka City Med J.   63   25 - 35   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Relationships between temperaments, occupational stress, and insomnia among Japanese workers. 査読

    Deguchi Y, Iwasaki S, Ishimoto H, Ogawa K, Fukuda Y, Nitta T, Mitake T, Nogi Y, Inoue K

    PloS one   12 ( 4 )   e0175346   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0175346

    PubMed

  • 短報:再生不良性貧血の経過中に幻覚妄想状態を呈した一例 査読

    寺川裕基 岩﨑進一 井上幸紀

    精神医学   59 ( 5 )   491 - 495   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Workers’ Job Stress is Associated with Departmental Incidence of Associates’ Long-term Sickness Absence Caused by Mental Disorders. 査読

    Akihito Konishi, Shinichi Iwasaki, Yasuhiko Deguchi, Hideyuki Ishimoto, Koki Inoue

    Osaka City Med J.   63   25 - 35   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Relationships between temperaments, occupational stress, and insomnia among Japanese workers. 査読

    Deguchi Y, Iwasaki S, Ishimoto H, Ogawa K, Fukuda Y, Nitta T, Mitake T, Nogi Y, Inoue K

    PloS one   12 ( 4 )   e0175346   2017年( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0175346

    PubMed

  • Relationship between depressive symptoms and perceived individual level occupational stress among Japanese schoolteachers 査読

    Nakada Akihiro, Iwasaki Shinichi, Kanchika Masaru, Nakao Takehisa, Deguchi Yasuhiko, Konishi Akihito, Ishimoto Hideyuki, Inoue Koki

    INDUSTRIAL HEALTH   54 ( 5 )   396 - 402   2016年09月( ISSN:0019-8366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日本人教師における抑うつ症状と個人レベルの認識されている職業ストレスとの関連(Relationship between depressive symptoms and perceived individual level occupational stress among Japanese schoolteachers) 査読

    Nakada Akihiro, Iwasaki Shinichi, Kanchika Masaru, Nakao Takehisa, Deguchi Yasuhiko, Konishi Akihito, Ishimoto Hideyuki, Inoue Koki

    (独)労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所 Industrial Health   54 ( 5 )   396 - 402   2016年09月( ISSN:0019-8366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    日本人教師において、抑うつ症状と、役割の問題を含む個人レベルの認識されている職業ストレスとの関連を検討した。日本のある都市の公立学校に勤務する教師1,006名を対象として実施した。Zung's Self-Rating Depression Scale(SDS)日本語版を用いて、抑うつ症状を評価し、一般的職業性ストレス調査票を用いて、職業ストレスおよび社会的サポートの3つの項目を評価した。SDSスコア50超の被験者を「抑うつ群」に分類した。抑うつ症状と、認識されている個人レベルの職業ストレスとの関連を、多重ロジスティック回帰分析を用いて評価した。計202名(20.1%)の教師が抑うつ群に分類された。役割曖昧性が高い、役割葛藤が高い、量的労働負荷が多い、および家族や友人からの社会的サポートが少ないことが、抑うつ症状と有意な関連があることが判明した。

  • 日本人教師における抑うつ症状と個人レベルの認識されている職業ストレスとの関連(Relationship between depressive symptoms and perceived individual level occupational stress among Japanese schoolteachers) 査読

    Nakada Akihiro, Iwasaki Shinichi, Kanchika Masaru, Nakao Takehisa, Deguchi Yasuhiko, Konishi Akihito, Ishimoto Hideyuki, Inoue Koki

    (独)労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所 Industrial Health   54 ( 5 )   396 - 402   2016年09月( ISSN:0019-8366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    日本人教師において、抑うつ症状と、役割の問題を含む個人レベルの認識されている職業ストレスとの関連を検討した。日本のある都市の公立学校に勤務する教師1,006名を対象として実施した。Zung's Self-Rating Depression Scale(SDS)日本語版を用いて、抑うつ症状を評価し、一般的職業性ストレス調査票を用いて、職業ストレスおよび社会的サポートの3つの項目を評価した。SDSスコア50超の被験者を「抑うつ群」に分類した。抑うつ症状と、認識されている個人レベルの職業ストレスとの関連を、多重ロジスティック回帰分析を用いて評価した。計202名(20.1%)の教師が抑うつ群に分類された。役割曖昧性が高い、役割葛藤が高い、量的労働負荷が多い、および家族や友人からの社会的サポートが少ないことが、抑うつ症状と有意な関連があることが判明した。

  • The Usefulness of Assessing and Identifying Workers' Temperaments and Their Effects on Occupational Stress in the Workplace 査読

    Deguchi Yasuhiko, Iwasaki Shinichi, Konishi Akihito, Ishimoto Hideyuki, Ogawa Koichiro, Fukuda Yuichi, Nitta Tomoko, Inoue Koki

    PLOS ONE   11 ( 5 )   e0156339   2016年05月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0156339

    PubMed

  • Brief Screening Tools for Long-Term Sickness Absence Due to Mental Disorders in Public Servants 査読

    Hideyuki Ishimoto, Shinichi Iwasaki, Koki Inoue

    Health   8 ( 14 )   1453 - 1464   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Relationship between depressive symptoms and perceived individual level occupational stress among Japanese schoolteachers 査読

    NAKADA Akihiro, IWASAKI Shinichi, KANCHIKA Masaru, NAKAO Takehisa, DEGUCHI Yasuhiko, KONISHI Akihito, ISHIMOTO Hideyuki, INOUE Koki

    独立行政法人 労働安全衛生総合研究所 Industrial Health   0 ( 0 )   2016年( ISSN:0019-8366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Japanese teachers are mentally and physically burdened with various work stressors. This cross-sectional study examined the relationship between depressive symptoms and perceived individual level occupational stress including role problems among Japanese schoolteachers. This study included 1,006 teachers working in public schools in a Japanese city. The Japanese version of Zung's Self-Rating Depression Scale (SDS) was used to evaluate depressive symptoms, and the Generic Job Stress Questionnaire was used to evaluate occupational stress and three measures of social support. Subjects with SDS scores of more than 50 were categorized into the "depressive group." We examined the relationship between depressive symptoms and perceived individual level occupational stress using multiple logistic regression analyses. A total of 202 (20.1%) teachers belonged to the depressive group. We found that high role ambiguity, high role conflict, high quantitative workload, and low social support from family or friends were significantly related to depressive symptoms. To moderate role ambiguity and role conflict experienced by teachers, it is necessary to clarify the priority order of teachers' work. Furthermore, it is necessary to reduce workload by focusing on the content of teachers' work and the setting of education itself. Focusing on these elements will reduce teachers' depressive symptoms.

    DOI: 10.2486/indhealth.2015-0195

    CiNii Article

  • Brief Screening Tools for Long-Term Sickness Absence Due to Mental Disorders in Public Servants 査読 国際共著

    Hideyuki Ishimoto, Shinichi Iwasaki, Koki Inoue

    Health   8 ( 14 )   1453 - 1464   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The Usefulness of Assessing and Identifying Workers' Temperaments and Their Effects on Occupational Stress in the Workplace. 査読

    Deguchi Y, Iwasaki S, Konishi A, Ishimoto H, Ogawa K, Fukuda Y, Nitta T, Inoue K

    PloS one   11 ( 5 )   e0156339   2016年( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0156339

    PubMed

  • 教師の攻撃性は役割の矛盾と役割の曖昧さの職業ストレスと関連している(Aggression in Teachers is Related to Role Conflict and Role Ambiguity as Occupational Stress) 査読

    Kanchika Masaru, Iwasaki Shinichi, Konishi Akihito, Deguchi Yasuhiko, Kobayashi Yumi, Nakada Akihiro, Inoue Koki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   61 ( 2 )   93 - 104   2015年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 教師の攻撃性は役割の矛盾と役割の曖昧さの職業ストレスと関連している(Aggression in Teachers is Related to Role Conflict and Role Ambiguity as Occupational Stress) 査読

    Kanchika Masaru, Iwasaki Shinichi, Konishi Akihito, Deguchi Yasuhiko, Kobayashi Yumi, Nakada Akihiro, Inoue Koki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   61 ( 2 )   93 - 104   2015年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aggression in Teachers is Related to Role Conflict and Role Ambiguity as Occupational Stress. 査読

    Kanchika M, Iwasaki S, Konish A, Deguchi Y, Kobayashi Y, Nakada A, Inoue K

    Osaka city medical journal   61 ( 2 )   93 - 104   2015年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 雌ラットにおける母仔分離ストレスは性周期における摂餌行動の周期的変化を阻害する(Maternal-infant separation impedes changes in feeding behavior during estrous cycle of rats) 査読

    岩崎 進一, 井上 幸紀

    (公社)日本実験動物学会 Experimental Animals   64 ( 4 )   383 - 390   2015年10月( ISSN:1341-1357

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    幼少時期のストレスフルな出来事は摂食障害発症と関係していると言われている。また、雌ラットにおいては性周期により摂餌行動が影響を受けることはよく知られている。そこで我々は、性周期を同調させた雌ラットを用いて、幼少時期のストレスが成長後の食行動について影響するかどうかを調べた。心理的ストレスとして母仔分離ストレスを用い、幼少時期に親と1日6時間分離されたラット群と母仔分離を行わない群のラットを比較した。腟インピーダンスを測定することにより性周期を測定し、性周期1サイクル中のそれぞれの群において1日摂餌、飲水量を測定した。非母仔分離群では性周期により摂餌、飲水にて周期的な変化を示したが、母仔分離を受けた群では、性周期による変化が失われていた。発情期では母仔分離群は非母子分離群に比して摂餌減少と飲水増加と逆の傾向が見られた。このことから、雌ラットにおいて幼少時期のストレスは性周期における摂餌量の周期的

  • 雌ラットにおける母仔分離ストレスは性周期における摂餌行動の周期的変化を阻害する(Maternal-infant separation impedes changes in feeding behavior during estrous cycle of rats) 査読

    岩崎 進一, 井上 幸紀

    (公社)日本実験動物学会 Experimental Animals   64 ( 4 )   383 - 390   2015年10月( ISSN:1341-1357

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    幼少時期のストレスフルな出来事は摂食障害発症と関係していると言われている。また、雌ラットにおいては性周期により摂餌行動が影響を受けることはよく知られている。そこで我々は、性周期を同調させた雌ラットを用いて、幼少時期のストレスが成長後の食行動について影響するかどうかを調べた。心理的ストレスとして母仔分離ストレスを用い、幼少時期に親と1日6時間分離されたラット群と母仔分離を行わない群のラットを比較した。腟インピーダンスを測定することにより性周期を測定し、性周期1サイクル中のそれぞれの群において1日摂餌、飲水量を測定した。非母仔分離群では性周期により摂餌、飲水にて周期的な変化を示したが、母仔分離を受けた群では、性周期による変化が失われていた。発情期では母仔分離群は非母子分離群に比して摂餌減少と飲水増加と逆の傾向が見られた。このことから、雌ラットにおいて幼少時期のストレスは性周期における摂餌量の周期的変化を阻害し、幼少時期のストレスにより成長後においても摂餌行動に対して持続する影響が及ぼされることが示唆された。(著者抄録)

  • Maternal-infant separation impedes changes in feeding behavior during estrous cycle of rats 査読

    Iwasaki Shinichi, Inoue Koki

    EXPERIMENTAL ANIMALS   64 ( 4 )   383 - 390   2015年10月( ISSN:1341-1357

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 特定の場面におけるうつ状態への対応 産業精神医学 査読

    井上幸紀,岩﨑進一,山内常生,出口裕彦

    内科   15 ( 2 )   245 - 248   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maternal separation impedes the estrous cyclic changes of feeding behavior in female rats 査読

    IWASAKI Shinichi, INOUE Koki

    Japanese Association for Laboratory Animal Science Experimental Animals   0 ( 0 )   2015年( ISSN:1341-1357

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Traumatic and stressful events during childhood are associated with the development of eating disorders. We conducted an animal study to test if association stress in childhood affects ingestive behavior later in life by using female rats that have an adjusted estrous cycle. Food and water intake in maternal separated and non-separated rats was measured in each estrous phase. First, electrical impedance of the vagina was conducted to test estrous cycle adjustment. Second, the effects of 6 h per day maternal separation from birth to weaning, which models a psychologically stressful experience in childhood, was used to test feeding behavior during an ovarian cycle in female adult rats with matched estrous cycles. Non-separated rats showed periodical changes, but maternal separated rats showed no significant changes in food and water intake during an estrous cycle. An opposing tendency for food and water intake was seen between maternal separated and non-separated rats. These observations suggest that electrical impedance of the vagina showed the highest value in the estrous phase of rats housed in a reversed light-dark cycle, and maternal separation was found to disturb changes in feeding behavior during the estrous cycle.

    DOI: 10.1538/expanim.15-0020

    CiNii Article

  • 特定の場面におけるうつ状態への対応 産業精神医学 招待

    井上幸紀,岩﨑進一,山内常生,出口裕彦

    内科   15 ( 2 )   245 - 248   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 精神症状の鑑別に苦慮しジギタリス中毒の診断に至ったアルツハイマー型認知症の1例 査読

    出口 裕彦, 橋本 博史, 小西 章仁, 岩崎 進一, 井上 幸紀

    (株)アークメディア 臨床精神医学   43 ( 8 )   1193 - 1197   2014年08月( ISSN:0300-032X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    長年、大うつ病性障害として治療し、倦怠感、意欲低下や食欲低下などの遷延と認知機能低下が生じ加療目的で入院となり、精神運動抑制を含むこれらの症状について大うつ病エピソードの再発、アパシーなどとの鑑別に苦慮し、不整脈の出現を契機にジギタリス中毒の診断に至ったアルツハイマー型認知症(DAT)の75歳の男性の症例を報告した。入院時主訴は、本人は気分がふさぐ、家族からは3分前のことを忘れてしまう、というものであった。入院時診断はDATの疑い、大うつ病エピソード再発の疑いであった。第42病日頃より連日40回台/分の徐脈傾向、散在性の心室性期外収縮を認め、物が二重に見えると訴えた。ドネペジルを中止したが変化無く経過し、第49病日には36回/分の不正な徐脈、2から3連発の心室性期外収縮を認め、ジゴキシン血中濃度が3.7と高い値を示した。ジギタリス中毒を疑い、すべての内服を中止、補液などの対応となった。ジゴキシン中止後速やかに改善した。

  • 精神症状の鑑別に苦慮しジギタリス中毒の診断に至ったアルツハイマー型認知症の1例 査読

    出口 裕彦, 橋本 博史, 小西 章仁, 岩崎 進一, 井上 幸紀

    (株)アークメディア 臨床精神医学   43 ( 8 )   1193 - 1197   2014年08月( ISSN:0300-032X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    長年、大うつ病性障害として治療し、倦怠感、意欲低下や食欲低下などの遷延と認知機能低下が生じ加療目的で入院となり、精神運動抑制を含むこれらの症状について大うつ病エピソードの再発、アパシーなどとの鑑別に苦慮し、不整脈の出現を契機にジギタリス中毒の診断に至ったアルツハイマー型認知症(DAT)の75歳の男性の症例を報告した。入院時主訴は、本人は気分がふさぐ、家族からは3分前のことを忘れてしまう、というものであった。入院時診断はDATの疑い、大うつ病エピソード再発の疑いであった。第42病日頃より連日40回台/分の徐脈傾向、散在性の心室性期外収縮を認め、物が二重に見えると訴えた。ドネペジルを中止したが変化無く経過し、第49病日には36回/分の不正な徐脈、2から3連発の心室性期外収縮を認め、ジゴキシン血中濃度が3.7と高い値を示した。ジギタリス中毒を疑い、すべての内服を中止、補液などの対応となった。ジゴキシン中止後速やかに改善した。

  • Effects of "Shinkeishitsu" on Occupational Stress in Japanese Workers 査読

    Iwasaki, Shinichi Deguchi, Yasuhiko Inoue, Koki

    SOJ Psychology   1 ( 3 )   1 - 7   2014年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of "Shinkeishitsu" on Occupational Stress in Japanese Workers 査読 国際共著

    Iwasaki, Shinichi Deguchi, Yasuhiko Inoue, Koki

    SOJ Psychology   1 ( 3 )   1 - 7   2014年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Relationships between occupational stress and depressive symptoms among prison officers in Japan. 査読

    Deguchi Y, Inoue K, Muramatsu T, Iwasaki S, Yamauchi T, Nakao T, Muroya M, Kobayashi Y, Kato Y, Kiriike N

    Osaka city medical journal   59 ( 2 )   91 - 8   2013年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 日本の刑務官における職業的ストレスと抑うつ症状の関係性(Relationships between Occupational Stress and Depressive Symptoms among Prison Officers in Japan) 査読

    Deguchi Yasuhiko, Inoue Koki, Muramatsu Tomohiro, Iwasaki Shinichi, Yamauchi Tsuneo, Nakao Takehisa, Muroya Masayo, Kobayashi Yumi, Kato Yasuyuki, Kiriike Nobuo

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   59 ( 2 )   91 - 98   2013年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日本の刑務官における職業的ストレスと抑うつ症状の関係性(Relationships between Occupational Stress and Depressive Symptoms among Prison Officers in Japan) 査読

    Deguchi Yasuhiko, Inoue Koki, Muramatsu Tomohiro, Iwasaki Shinichi, Yamauchi Tsuneo, Nakao Takehisa, Muroya Masayo, Kobayashi Yumi, Kato Yasuyuki, Kiriike Nobuo

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   59 ( 2 )   91 - 98   2013年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 外来での森田療法的アプローチが有効であった社交不安障害を併存するアルコール症者の一例 査読

    出口 裕彦, 岩崎 進一, 井上 幸紀

    日本森田療法学会 日本森田療法学会雑誌   24 ( 2 )   189 - 196   2013年10月( ISSN:1881-2651

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    外来での森田療法的アプローチが有効であった社交不安障害(SAD)を併存するアルコール症(Al症)者の一例を報告した。症例はAl症専門外来を受診、断酒プログラム開始となった45歳女性。社交不安が強くグループミーティング出席や発言に多大な苦痛を伴うことが判明、SADと診断し外来での森田療法的アプローチを開始した。対人不安や社交不安を回避するために飲酒し、自己評価が低下し不安になる、などの悪循環を打破するべく、発言せずともグループミーティングに出席する、抗酒剤内服、1日断酒、など断酒のためにできることを続けるよう促した。次第に社交不安は軽減、グループミーティングで発言できたことや1年以上の断酒が自信に繋がり、患者自ら院外のAAや断酒会、社会活動への参加を希望するようになった。社会生活に復帰したいという欲求に対し目的本位の行動ができるようになったと考えられ、社交不安障害を併存するAl症者に対して有効と考えられた。(著者抄録)

  • 主治医・産業医・人事労務担当者の関係と効果的な連携 査読

    岩﨑進一

    こころの科学   169   70 - 75   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 外来での森田療法的アプローチが有効であった社交不安障害を併存するアルコール症者の一例 査読

    出口裕彦,岩﨑進一,井上幸紀

    日本森田療法学会雑誌   24   189 - 196   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 外来での森田療法的アプローチが有効であった社交不安障害を併存するアルコール症者の一例 査読

    出口裕彦,岩﨑進一,井上幸紀

    日本森田療法学会雑誌   24   189 - 196   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 主治医・産業医・人事労務担当者の関係と効果的な連携 招待

    岩﨑進一

    こころの科学   169   70 - 75   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 過去へのとらわれがみられた身体表現性障害の一例 査読

    岩崎 進一, 出口 裕彦, 小林 由実, 室矢 匡代, 井上 幸紀

    日本森田療法学会雑誌 = Japanese journal of Morita therapy   23 ( 2 )   165 - 171   2012年10月( ISSN:18812651

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 過去へのとらわれがみられた身体表現性障害の一例 査読

    岩崎 進一, 出口 裕彦, 小林 由実, 室矢 匡代, 井上 幸紀

    日本森田療法学会 日本森田療法学会雑誌   23 ( 2 )   165 - 171   2012年10月( ISSN:1881-2651

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    身体化症状に対する強いとらわれと、元来の生の欲望に基づくと考えられる理想化された過去への強いとらわれが見られる身体表現性障害(転換性障害)の症例に対し、外来にて森田療法的アプローチを試みたので若干の考察を加えて報告した。症例は結婚して一子をもつ主婦であるが、現状の生活の行き詰まりがあり、そのことがかえって女性、主婦、母親の理想像への希求を強め、「自分は価値のない人間である」「無能な人間である」という事への恐怖とその裏返しの「人に認められたい」という生の欲望を肥大させていった。その結果、現在の人生を選択したという過去の決断を、理想の実現を妨げたものとしてとらわれていると考えられた。理想への欲求は当然のものと普遍化しつつも、その過剰さを指摘し、その欲求を現実的に対処することに向けていくことを促していくことで、過去への判断へのとらわれも軽減していったものと思われる。また、過去へのとらわれは元来の生の欲望や自己愛性を表していることから、それを治療者が把握しておくことで、行動の促しを支持する際の一助となると考えられた。(著者抄録)

  • ラモトリギンとバルプロ酸の併用が奏効した急速交代型双極性障害の1例 査読

    出口 裕彦, 岩崎 進一, 井上 幸紀, 切池 信夫

    (株)アークメディア 臨床精神医学   41 ( 8 )   1043 - 1047   2012年08月( ISSN:0300-032X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    52歳女。甲状腺機能低下症でレボチロキシン50μg/日を服用していた。8年前に抑うつ気分、不眠、意識低下を主訴とした大うつ病エピソードで発症した。数種類の抗うつ薬を試みたが効果がなく、3度の大うつ病エピソードを経験していた。3年前にパロキセチン20mg/日から40mg/日への増量を試みたところ、軽躁状態となり、2年前に双極性障害と診断された。その後、炭酸リチウム、クエアチピン、バルプロ酸などが効果がなく、急速交代化した。しかし、ラモトリギンとバルプロ酸の併用にて1年4ヵ月の寛解状態が維持できた。ラモトリギンは25mg/日をバルプロ酸400mg/日に加えて、隔月投与から開始して、2週間後から連続投与とした。5週目よりはラモトリギンを50mg/日、7週間後には75mg/日へ増量したが、副作用を訴えたため、50mg/日へと減量した。その後1年4ヵ月は再燃がなかった。

  • ラモトリギンとバルプロ酸の併用が奏効した急速交代型双極性障害の1例 査読

    出口 裕彦, 岩崎 進一, 井上 幸紀, 切池 信夫

    (株)アークメディア 臨床精神医学   41 ( 8 )   1043 - 1047   2012年08月( ISSN:0300-032X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    52歳女。甲状腺機能低下症でレボチロキシン50μg/日を服用していた。8年前に抑うつ気分、不眠、意識低下を主訴とした大うつ病エピソードで発症した。数種類の抗うつ薬を試みたが効果がなく、3度の大うつ病エピソードを経験していた。3年前にパロキセチン20mg/日から40mg/日への増量を試みたところ、軽躁状態となり、2年前に双極性障害と診断された。その後、炭酸リチウム、クエアチピン、バルプロ酸などが効果がなく、急速交代化した。しかし、ラモトリギンとバルプロ酸の併用にて1年4ヵ月の寛解状態が維持できた。ラモトリギンは25mg/日をバルプロ酸400mg/日に加えて、隔月投与から開始して、2週間後から連続投与とした。5週目よりはラモトリギンを50mg/日、7週間後には75mg/日へ増量したが、副作用を訴えたため、50mg/日へと減量した。その後1年4ヵ月は再燃がなかった。

  • 森田療法的アプローチで症状が軽快した疼痛性障害の3症例 査読

    岩崎 進一, 井上 幸紀, 出口 裕彦, 小林 由実, 北西 憲二

    日本森田療法学会 日本森田療法学会雑誌 = Japanese journal of Morita therapy   21 ( 2 )   187 - 194   2010年10月( ISSN:09177485

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 森田療法的アプローチで症状が軽快した疼痛性障害の3症例 査読

    岩崎 進一, 井上 幸紀, 出口 裕彦, 小林 由実, 北西 憲二

    日本森田療法学会 日本森田療法学会雑誌   21 ( 2 )   187 - 194   2010年10月( ISSN:1881-2651

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    疼痛性障害と診断された症例に対して森田療法的アプローチを用いて症状が改善した3例を報告した。3例に共通する要素として、当科受診前に多数の医療機関を受診し解決を求めていたが、期待するような結果は得られず、かえって症状を取り去ることに執着し、痛みが生活、考えの中心に常に居座るようになり、生活を規定し、痛みを取り去らないと生活が出来ないと考えるようになっていた。そのことが痛みへの感覚を鋭敏にし、そのような痛みとの関わりの中で、徐々に疲弊し、自分で対処することを避けるようになり、他者に解決を依存する状態になっていく。治療枠組みとして原因追及、鎮痛剤投与などは行わない約束をし、支持的対応とともに森田療法的アプローチを行った。痛みの症状は軽快したが、他の症状に推移することを認め、適切な生の欲望の発揮と、生活の中でのとらわれの姿勢そのものの治療が重要であると考えられた。(著者抄録)

  • 摂食障害と就労 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 山内 常生, 切池 信夫

    日本精神神経学会 精神神經學雜誌 = Psychiatria et neurologia Japonica   112 ( 8 )   758 - 763   2010年08月( ISSN:00332658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 総合病院における精神科医 : その立場や役割の多様性 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 引地 克仁, 中尾 剛久, 出口 裕彦, 室矢 匡代, 小林 由実, 切池 信夫

    Japanese Society of General Hospital Psychiatry 総合病院精神医学 = Japanese journal of general hospital psychiatry   22 ( 1 )   1 - 6   2010年01月( ISSN:09155872

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    総合病院における精神科医の業務は往診など他科領域を含めて広い。そして設立主体や病床の有無などにより,教育指導や研究の必要性,精神科救急での役割,経営への関与など求められるものに差があり,同じ総合病院精神科医でも立場や役割は多様である。職業性ストレスは「仕事の要求・コントロール度・社会的支援の不均衡」や「努力と報酬の不均衡」などで表されることが多いが,有床公立総合病院の精神科医などでそれらは高くなると考えられる。総合病院精神科医への支援はその多様性に配慮したうえで,個別に自助・互助・公助などから多面的に検討する必要がある。例として,総合病院では症候性精神障害など複雑な症例を数多く経験できる「やりがい」を感じている医師も多く,その長所を強化することなどが自助になる。また大学などからの人的応援体制整備を行うこと(互助)や,医療秘書の導入や経済的支援の増加(公助)が必要となる。

    DOI: 10.11258/jjghp.22.1

    CiNii Article

  • 不眠症に対する認知行動療法 査読

    岩﨑進一,佐野祥子,小林由美,井上幸紀

    産業精神保健   18 ( 2 )   132 - 137   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Eating disorders in the workplace]. 査読

    Inoue K, Iwasaki S, Yamauchi T, Kiriike N

    Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   112 ( 8 )   758 - 63   2010年( ISSN:0033-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 不眠症に対する認知行動療法 招待

    岩﨑進一,佐野祥子,小林由美,井上幸紀

    産業精神保健   18 ( 2 )   132 - 137   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Intracerbroventricular Administration of Leptin Increases Anxiety-like Behavior in Female Rats after Semi-starvation : Implications for Anxiety in Eating Disorders 査読

    Yamauchi Tsuneo, Inoue Koki, [岩崎 進一] [他]

    大阪市立大学 Osaka City Medical journal   55 ( 1 )   9 - 18   2009年06月( ISSN:00306096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Intracerebroventricular administration of leptin increases anxiety-like behavior in female rats after semi-starvation--implications for anxiety in eating disorders. 査読

    Yamauchi T, Inoue K, Iwasaki S, Muramatsu T, Hayashi T, Kiriike N

    Osaka city medical journal   55 ( 1 )   9 - 18   2009年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • F5:生理的障害および身体的要因に関連した行動症候群 査読

    永田利彦,岩﨑進一

    精神科   14 ( 1 )   43 - 47   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 摂食障害の臨床知見を考慮した動物モデル研究(シンポジウム:摂食障害研究の最前線,2008年,第49回日本心身医学会総会(札幌)) 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 村松 知拡, 山内 常生, 切池 信夫

    一般社団法人 日本心身医学会 心身医学   49 ( 1 )   33 - 37   2009年( ISSN:03850307

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    神経性食欲不振症や過食症などの摂食障害患者は若い女性を中心に増加している.心理的要因,生物学的要因,社会文化的要因などが複雑に相互に絡み合って生じると推測されるが病因は明らかではなく,治療法も確立されていない.このような状況で,動物モデルを用いて摂食行動異常の脳内機序の解明が進められている.近年は臨床的知見を考慮し,思春期の雌ラットで摂餌を制限してダイエット類似状態をつくり出したうえで,心理的・身体的ストレスを加えることによる摂餌行動の変化と脳内神経伝達物質との関連などが検討されるようになった.そこから摂食障害の拒食や過食,不安症状などにおける多くの神経伝達物質の異常が推定されている.これら知見を総合的に解釈していくことは摂食障害の生物学的基盤の解明と,合理的で有効性の高い予防法および治療法の確立に結びつくものと考える.

    DOI: 10.15064/jjpm.49.1_33

    CiNii Article

  • F5:生理的障害および身体的要因に関連した行動症候群 招待

    永田利彦,岩﨑進一

    精神科   14 ( 1 )   43 - 47   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 摂食障害の臨床知見を考慮した動物モデル研究(シンポジウム:摂食障害研究の最前線,2008年,第49回日本心身医学会総会(札幌)) 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 村松 知拡, 山内 常生, 切池 信夫

    心身医学   49 ( 1 )   33 - 37   2009年( ISSN:0385-0307

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    神経性食欲不振症や過食症などの摂食障害患者は若い女性を中心に増加している.心理的要因,生物学的要因,社会文化的要因などが複雑に相互に絡み合って生じると推測されるが病因は明らかではなく,治療法も確立されていない.このような状況で,動物モデルを用いて摂食行動異常の脳内機序の解明が進められている.近年は臨床的知見を考慮し,思春期の雌ラットで摂餌を制限してダイエット類似状態をつくり出したうえで,心理的・身体的ストレスを加えることによる摂餌行動の変化と脳内神経伝達物質との関連などが検討されるようになった.そこから摂食障害の拒食や過食,不安症状などにおける多くの神経伝達物質の異常が推定されている.これら知見を総合的に解釈していくことは摂食障害の生物学的基盤の解明と,合理的で有効性の高い予防法および治療法の確立に結びつくものと考える.

    DOI: 10.15064/jjpm.49.1_33

    CiNii Article

  • Changes of feeding behavior by maternal separation and estrus cycle 査読

    Iwasaki S., Inoue K., Muramatsu T., Yamauchi T., Hayashi H., Kiriike N.

    PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES   62 ( 1 )   S9 - S9   2008年02月( ISSN:1323-1316

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Changes of feeding behavior by maternal separation and estrus cycle 査読

    Iwasaki S., Inoue K., Muramatsu T., Yamauchi T., Hayashi H., Kiriike N.

    PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES   62 ( 1 )   S9 - S9   2008年02月( ISSN:1323-1316

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SVI-2 摂食障害の臨床知見を考慮した動物モデル研究(シンポジウムVI 摂食障害研究の最前線,情動ストレス研究の進歩と心身医学,第49回日本心身医学会総会ならびに学術講演会) 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 村松 知拡, 山内 常生, 切池 信夫

    一般社団法人 日本心身医学会 心身医学   48 ( 6 )   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15064/jjpm.48.6_464_2

    CiNii Article

  • SVI-2 摂食障害の臨床知見を考慮した動物モデル研究(シンポジウムVI 摂食障害研究の最前線,情動ストレス研究の進歩と心身医学,第49回日本心身医学会総会ならびに学術講演会) 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 村松 知拡, 山内 常生, 切池 信夫

    心身医学   48 ( 6 )   464   2008年( ISSN:0385-0307

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15064/jjpm.48.6_464_2

    CiNii Article

  • 産業医が知っておくべきうつ病の知識:初期症状の発見および復職時の対応 査読

    井上幸紀,岩崎進一,村松知拡,山内常生,林皓章,中尾剛久

    最新精神医学   12 ( 5 )   443 - 448   2007年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 産業医が知っておくべきうつ病の知識:初期症状の発見および復職時の対応 招待

    井上幸紀,岩崎進一,村松知拡,山内常生,林皓章,中尾剛久

    最新精神医学   12 ( 5 )   443 - 448   2007年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 職業性ストレスと疲労や抑うつ気分、その全人的検討 査読

    井上幸紀,林朝茂,長谷川健,岩崎進一,佐藤恭子,圓藤吟史,切池信夫

    日本疲労学会誌   2 ( 2 )   1 - 7   2007年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 職業性ストレスと疲労や抑うつ気分、その全人的検討 招待

    井上幸紀,林朝茂,長谷川健,岩崎進一,佐藤恭子,圓藤吟史,切池信夫

    日本疲労学会誌   2 ( 2 )   1 - 7   2007年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Leptin increases anxiety-like behavior in female rats with semi-starvation 査読

    Yamauchi Tsuneo, Inoue Koki, Iwasaki Shinichi, Muramatsu Tomohiro, Hayashi Teruaki, Nakao Takehisa, Kiriike Nobuo

    BIOLOGICAL PSYCHIATRY   61 ( 8 )   221S - 221S   2007年04月( ISSN:0006-3223

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Leptin increases anxiety-like behavior in female rats with semi-starvation 査読

    Yamauchi Tsuneo, Inoue Koki, Iwasaki Shinichi, Muramatsu Tomohiro, Hayashi Teruaki, Nakao Takehisa, Kiriike Nobuo

    BIOLOGICAL PSYCHIATRY   61 ( 8 )   221S - 221S   2007年04月( ISSN:0006-3223

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • うつ病−早期発見から職場復帰まで 査読

    井上幸紀,岩崎進一,切池信夫

    日本医師会雑誌   136 ( 1 )   37 - 40   2007年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • うつ病−早期発見から職場復帰まで 招待

    井上幸紀,岩崎進一,切池信夫

    日本医師会雑誌   136 ( 1 )   37 - 40   2007年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Corticotropin-releasing factor receptor type 1, but not type 2, in the ventromedial hypothalamus modulates dopamine release in female rats 査読

    Muramatsu Tomohiro, Inoue Koki, Iwasaki Shinichi, Yamauchi Tsuneo, Hayashi Teruaki, Kiriike Nobuo

    PHARMACOLOGY BIOCHEMISTRY AND BEHAVIOR   85 ( 2 )   435 - 440   2006年10月( ISSN:0091-3057

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pbb.2006.09.013

    PubMed

  • Corticotropin-releasing factor receptor type 1, but not type 2, in the ventromedial hypothalamus modulates dopamine release in female rats. 査読

    Muramatsu T, Inoue K, Iwasaki S, Yamauchi T, Hayashi T, Kiriike N

    Pharmacology, biochemistry, and behavior   85 ( 2 )   435 - 40   2006年10月( ISSN:0091-3057

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pbb.2006.09.013

    PubMed

  • Vaccination against weight gain. 査読

    Zorrilla EP, Iwasaki S, Moss JA, Chang J, Otsuji J, Inoue K, Meijler MM, Janda KD

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   103 ( 35 )   13226 - 31   2006年08月( ISSN:0027-8424

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0605376103

    PubMed

  • 摂食障害の動物モデル 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 村松 知拡, 山内 常生, 切池 信夫

    日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology   26 ( 2 )   89 - 92   2006年04月( ISSN:13402544

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • [Animal model of eating disorders]. 査読

    Inoue K, Iwasaki S, Muramatsu T, Yamauchi T, Kiriike N

    Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology   26 ( 2 )   89 - 92   2006年04月( ISSN:1340-2544

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Animal model of eating disorders]. 査読

    Inoue K, Iwasaki S, Muramatsu T, Yamauchi T, Kiriike N

    Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology   26 ( 2 )   89 - 92   2006年04月( ISSN:1340-2544

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Vaccination against weight gain.

    Zorrilla, EP, Iwasaki, S, Moss, JA, Chang, J, Otsuji, J, Inoue, K, Meijler, MM, Janda, KD

    Proc Natl Acad Sci   103   13226 - 13231   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A comparative proteomic analysis of the rat brain during rebound hyperphagia induced by space-restriction 査読

    Ishihara K, Nakata K, Yamagishi N, Iwasaki S, Kiriike N, Hatayama T

    MOLECULAR AND CELLULAR BIOCHEMISTRY   276 ( 1-2 )   21 - 29   2005年08月( ISSN:0300-8177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11010-005-2465-x

    PubMed

  • A comparative proteomic analysis of the rat brain during rebound hyperphagia induced by space-restriction. 査読

    Ishihara K, Nakata K, Yamagishi N, Iwasaki S, Kiriike N, Hatayama T

    Molecular and cellular biochemistry   276 ( 1-2 )   21 - 9   2005年08月( ISSN:0300-8177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11010-005-2465-x

    PubMed

  • Local perfusion of mCPP into ventromedial hypothalamic nucleus, but not into lateral hypothalamic area and frontal cortex, inhibits food intake in rats 査読

    Katsuhito Hikiji,Koki Inoue,Shinichi Iwasaki,Kyuichiro Ichihara,Nobuo Kiriike

    Psychopharmacology   174 ( 2 )   190 - 196   2004年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Reduction of anxiety after restricted feeding in the rat: Implication for eating disorders. 査読

    Koki Inoue, Eric P. Zorrilla, Antoine Tabarin, Glenn R. Valdez, Sinichi Iwasaki, Nobuo Kiriike, George F. Koob

    Biol Psychiatry   55   1075 - 1081   2004年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 摂食障害の脳内機序の解明を目指してー過食のモデルラットを用いてー 招待

    井上幸紀,岩崎進一,切池信夫

    脳と精神の医学   15 ( 1 )   45 - 49   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 職業性ストレス調査票の精神科臨床への応用 査読

    井上幸紀,岩崎進一,引地克仁,藤嵜泰利,市原久一郎,仲田昭弘,奥野正景,伊藤英樹 切池信夫

    産業精神保健   11 ( 4 )   389 - 396   2003年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 一過性の著明な高CPK血症を呈した統合失調症の1症例 査読

    片上素久,岩崎進一,松永寿人,切池信夫

    精神医学   45 ( 3 )   329 - 332   2003年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ラット前頭葉のセロトニン受容体と摂餌の関係 査読

    脳と精神の医学

    引地克仁,井上幸紀,岩崎進一,切池信夫   12 ( 3 )   243 - 251   2001年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ラット母仔分離により増強されたrebound hyperphagiaに対するfluoxetineの効果

    井上幸紀 引地克仁 切池信夫

    脳と精神の医学   12 ( 2 )   133 - 138   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 就労している精神障害者の職業性ストレスの評価 査読

    井上幸紀,岩崎進一,引地克仁,切池信夫

    ストレス科学   14 ( 4 )   295 - 300   2000年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effect of Maternal Separation on Feeding Behavior of Rats in Later Life

    Shinichi Iwasaki, Koki Inoue, Nobuo Kiriike, Katsuhito Hikiji

    Physiology and Behavior   70 ( 5 )   551 - 556   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ラットにおける母仔分離ストレスが成長後のrebound hyperphagiaにおよぼす影響-microdialysisによる神経科学的考察-

    -

    脳と精神の医学   11 ( 1 )   47 - 56   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 心因性嘔吐ならびに自己誘発性嘔吐を呈した非定形なanorexia nervosaの1例 査読

    岩崎進一,切池信夫,金子浩二

    精神医学   41 ( 12 )   1335 - 1338   1999年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 幻覚・妄想と原因不明の脳萎縮を呈した症例 査読

    岩崎進一,切池信夫,撫井弘二,木岡哲郎,井上幸紀,山上榮

    精神医学   41 ( 10 )   1128 - 1129   1999年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Prefrontal and striatal dopamine metabolism during enhanced rebound hyperphagia induced by space restriction - a rat model of binge eating 査読

    Koki Inoue, Nobuo Kiriike, Masakage Okuno, Yasutoshi Fujisaki, Masanori Kurioka, Shinichi Iwasaki, Sakae Yamagami

    Biological Psychiatry   44 ( 12 )   1329 - 1336   1998年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ビタミンB12 が著効した長時間睡眠の1症例 査読

    井上幸紀,切池信夫,栗岡政典,岩崎進一,山上榮

    精神医学   39 ( 10 )   1109 - 1111   1997年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Bromocriptine enhances feeding behavior without changing dopamine metabolism 査読

    Koki Inoue, Nobuo Kiriike, Masanori Kurioka, Yasutoshi Fujisaki, Shinichi Iwasaki, Sakae Yamagami

    Pharmacology Biochemistry and Behavior   58 ( 1 )   183 - 188   1997年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 精神運動発作を呈し慢性ウイルス脳炎を疑える一例 査読

    岩崎進一,切池信夫,木岡哲郎,吉中宏隆,井上幸紀,山上榮

    精神医学   39 ( 4 )   433 - 435   1997年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ラットのrebound hyperphagiaに閉所ストレスを加えた時の摂餌行動と線条体 ドパミン代謝とそれに及ぼすハロペリドールの影響 査読

    栗岡 政典 , 切池 信夫 , 井上 幸紀 , 藤嵜 泰利 , 岩崎 進一 , 山上 榮

    神経化学   35 ( 3 )   234 - 235   1996年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 制限給餌語のラットのrebound hyperphagiaに閉所条件を加えた時の摂餌行動と扁桃体ドパミン・セロトニン代謝 査読

    井上 幸紀 , 切池 信夫 , 栗岡 政典 , 岩崎 進一 , 藤嵜 泰利 , 山上 榮

    神経化学   35 ( 3 )   232 - 233   1996年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • おとなの発達障がいマネジメントハンドブック

    ( 担当: 共著 ,  範囲: 第2章 メンタルヘルス不調について、第2,3節)

    労働調査会  2021年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:17-22  

  • 面接指導版 嘱託産業医のためのストレスチェック実務Q&A

    岩﨑 進一 他( 担当: 共著)

    公益財団法人産業医学振興財団  2016年 

  • F51 非器質性睡眠障害

    岩﨑進一,佐野祥子( 担当: 共著)

    ICD-10精神科診断ガイドブック  2013年 

     詳細を見る

    担当ページ:427-443  

  • F51 非器質性睡眠障害

    岩﨑進一, 佐野祥子( 担当: 共著)

    ICD-10精神科診断ガイドブック  2013年 

     詳細を見る

    担当ページ:427-443   著書種別:学術書  

  • 妄想性障害など気分障害以外の精神疾患への対応

    井上幸紀,岩﨑進一( 担当: 共著)

    専門医のための精神科臨床リュミエール18 職場復帰のノウハウとスキル  2009年 

     詳細を見る

    担当ページ:125-134  

  • 妄想性障害など気分障害以外の精神疾患への対応

    井上幸紀, 岩﨑進一( 担当: 共著)

    専門医のための精神科臨床リュミエール18 職場復帰のノウハウとスキル  2009年 

     詳細を見る

    担当ページ:125-134   著書種別:学術書  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 【成人精神疾患の背景に潜む神経発達症のインパクト-いかに見抜き、いかに対応するか-】就労者の精神疾患に神経発達症が及ぼすインパクト 主治医および精神科を専門とする産業医の立場から 査読

    出口 裕彦, 岩崎 進一

    精神科治療学   37 ( 1 )   29 - 34   2022年01月( ISSN:0912-1862

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    神経発達症を背景に二次障害を呈する就労者の支援には、「助けられ上手」を目指すという働き方を勧めつつ、不断に変化し続ける人格に働きかけて成長を促すこと、自己効力感が回復できるよう支援すること、「診断、告知は当事者に有益な場合にのみ」という姿勢、が求められる(主治医の立場)。神経発達症ではこれまでの診断概念や疾病性、事例性の概念を変えることが求められ、対応方法も従来の外部医療機関に繋いで任せるという方法では難しい。神経発達症就労者への個別性の高い対応要求には大きな負担を伴い、周囲からの反発も招きやすい。職場への神経発達症への理解を深める働きかけが必要である(産業医の立場)。(著者抄録)

  • 職域のメンタルヘルス不調における最近の知見 査読

    岩崎 進一, 出口 裕彦, 井上 幸紀

    (公財)産業医学振興財団 産業医学レビュー   31 ( 2 )   129 - 151   2018年09月( ISSN:1343-6805

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    社会環境や労働環境の急激な変化により、メンタルヘルス不調は増加している。大阪府において2000〜2014年に調査が行われた精神疾患による休職者数の推移について概説した。次いで、代表的な職業性ストレスモデル、職業性ストレスとメンタルヘルス不調や気質の関連について、文献を基に概観した。最後に、職場のメンタルヘルスにおける基本的概念として、事例性と疾病性、4つのケア、相互連携について解説した。

  • Doctor & Patient Communication 一般精神科臨床医によるストレスチェック制度における面接指導の進め方 査読

    岩崎 進一

    (株)メディカルレビュー社 精神科臨床Legato   3 ( 1 )   42 - 43   2017年01月( ISSN:2189-4388

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【過食!その意味とその対応-職場ストレスとの関わりを含めて-】 動物モデル研究からみた過食 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 山内 常生

    日本ストレス学会 ストレス科学   30 ( 4 )   243 - 251   2016年08月( ISSN:1349-4813

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    神経性やせ症や神経性過食症などの摂食障害患者は若い女性を中心に増加している。職域においても職業性ストレスが過食症状等の食行動異常に関連しており,食行動異常は心理的要因,生物学的要因,社会文化的要因などが複雑に相互に絡み合って生じると推測されるが原因は明らかではなく,対応方法も確立されていない。このような状況で,動物モデルを用いて摂食行動異常の脳内機序の解明が進められている。近年は臨床的知見を考慮し,思春期の雌ラットで摂餌を制限してダイエット類似状態をつくり出したうえで,心理的・身体的ストレスを加えることによる摂餌行動の変化と脳内神経伝達物質との関連などが検討されるようになった。そこから食行動異常としての拒食や過食,不安症状などにおける多くの神経伝達物質や受容体の役割が推定されている。これら知見を総合的に解釈していくことは過食症状を含めた食行動異常の生物学的基盤の解明と,合理的で有効性の高い予防法および対応方法の確立に結びつくものと考える。(著者抄録)

  • ストレスによる身体への影響 職場のストレスと抑うつとの関連 査読

    出口 裕彦, 岩崎 進一, 井上 幸紀

    (株)先端医学社 Depression Strategy   6 ( 2 )   4 - 7   2016年06月( ISSN:2186-2575

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【職場のメンタルヘルスの不調に気づく】 知っておくとタメになる、専門医の対応 職場における妄想性障害の早期発見、早期対応について 査読

    出口 裕彦, 岩崎 進一, 井上 幸紀

    (株)新興医学出版社 Modern Physician   36 ( 1 )   48 - 51   2016年01月( ISSN:0913-7963

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <ポイント>妄想性障害患者は病識が乏しく、自ら進んで受診することはまれである。同僚が妄想の対象となると人間関係への影響は非常に大きく、職場で事例化すれば対応は難しい。妄想性障害では被害型がもっとも多い。妄想性障害に対する早期の気づき、早期対応のためには、事例性に基づいた変化への気づき、具体的には、事実に反した内容のことを繰り返し話すなどの変化を見逃さないことや、気づいたら複数で対応すること、情報を共有すること、証拠を残すことが重要である。産業保健スタッフは、二次的に出現しうる不眠、不安などの精神症状や頭痛、嘔気などの身体的不調を相談する目的で精神科を受診するよう促すのがポイントである。(著者抄録)

  • 【一般内科診療で役立つうつ病の知識-こころの問題にどう対処するか】 特定の場面におけるうつ状態への対応 産業精神医学 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 山内 常生, 出口 裕彦

    (株)南江堂 内科   115 ( 2 )   245 - 248   2015年02月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    急激な社会経済状況の変化に伴い,職域でうつ病を含めたメンタルヘルス不調が増えている.産業医であれば内科医であってもメンタルヘルス不調に対応する必要があり,その場合,安全配慮義務と危機管理を念頭に事例性に注目する.メンタルヘルス不調への一次〜三次予防として国は,「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」,「心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き」など,さまざまな指針や手引きを示している.うつ病を含めたメンタルヘルス不調に対して,産業医は国の示した指針や手引きなどを理解し,精神科主治医との立場の違いを理解し,連携を行うことが求められる.(著者抄録)

  • 職場のうつ 職場における対策 主治医・産業医・人事労務担当者の関係と効果的な連携 査読

    岩崎 進一

    (株)日本評論社 こころの科学   ( 169 )   70 - 75   2013年05月( ISSN:0912-0734

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【産業精神医学】 職場復帰をいかに促すか 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一

    (株)世論時報社 最新精神医学   17 ( 5 )   421 - 427   2012年09月( ISSN:1342-4300

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 精神医学の動向〜海外文献紹介 初発で抗精神病薬未投薬の統合失調症患者における前頭葉のセロトニン2Aレセプター結合の低下(翻訳) 招待

    岩﨑 進一

    Schizophrenia Frontier   11 ( 4 )   56 - 56   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 精神医学の動向〜海外文献紹介 初発で抗精神病薬未投薬の統合失調症患者における前頭葉のセロトニン2Aレセプター結合の低下(翻訳) 招待

    岩﨑 進一

    Schizophrenia Frontier   11 ( 4 )   56 - 56   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【摂食障害:病態・診断・治療の最前線】 摂食障害と就労 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 山内 常生, 切池 信夫

    (公社)日本精神神経学会 精神神経学雑誌   112 ( 8 )   758 - 763   2010年08月( ISSN:0033-2658

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【労働者への認知行動療法の実際】 不眠症に対する認知行動療法 査読

    岩崎 進一, 佐野 祥子, 小林 由実, 井上 幸紀

    (一社)日本産業精神保健学会 産業精神保健   18 ( 2 )   132 - 137   2010年05月( ISSN:1340-2862

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    睡眠障害が職場のメンタルヘルスや社会経済に及ぼす影響が大きくなっている。睡眠をめぐる問題は職場内での対応や産業医への相談だけでは解決が困難な場合が多く専門機関での治療を要することがある。近年認知療法の普及に伴い、不眠症に対する認知行動療法(Cognitive Behavioral Therapy for Insomnia)がわが国でも注目されるようになってきた。これは従来睡眠障害に対して行われていた行動療法的アプローチであるものを発展的に認知療法と融合させたものと考えられる。刺激制御法や睡眠制限法などの従来の行動療法的アプローチとCBTIの概略を簡単に紹介する。(著者抄録)

  • 【総合病院での医師の働き方を支援する】 総合病院における精神科医 その立場や役割の多様性 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 引地 克仁, 中尾 剛久, 出口 裕彦, 室矢 匡代, 小林 由実, 切池 信夫

    (一社)日本総合病院精神医学会 総合病院精神医学   22 ( 1 )   1 - 6   2010年01月( ISSN:0915-5872

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 特集:職場における自殺予防対策 (3)主治医との連携 査読

    岩﨑 進一,井上 幸紀

    産業医学プラザ   18   11 - 16   2009年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 「心身医学・精神医学の基礎」「働く人のうつ病と自殺予防への対応」 招待

    岩﨑 進一

    事業場内メンタルヘルス推進担当者養成研修  2023年11月 

     詳細を見る

    開催地:大阪  

  • 職場におけるセルフケア 気づきと対処 招待

    岩﨑 進一

    クボタ株式会社 メンタルヘルス講習会  2023年10月 

     詳細を見る

    開催地:大阪  

  • 働く人と学生の自殺予防について 招待

    岩﨑 進一

    大阪公立大学 管理監督者のメンタルヘルス講習会  2023年09月 

     詳細を見る

    開催地:大阪  

  • 職場のメンタルヘルス 招待

    岩﨑 進一

    大阪府立高等学校校医会 令和5年度第1回産業医講習会  2023年08月 

     詳細を見る

    開催地:大阪  

  • 事例研究 職場復帰事例 招待

    岩﨑 進一

    令和5年度産業保健実践講習会  2023年07月 

     詳細を見る

    開催地:岡山  

  • 「心身医学・精神医学の基礎」「働く人のうつ病と自殺予防への対応」 招待

    岩﨑 進一

    事業場内メンタルヘルス推進担当者養成研修  2023年06月 

     詳細を見る

    開催地:大阪  

  • 働く世代に多い精神疾患 招待

    岩﨑 進一

    健康保険組合連合会講演会  2023年06月 

     詳細を見る

    開催地:大阪  

  • 新規採用者のための職場のメンタルヘルス

    岩﨑 進一

    新規採用者のための職場のメンタルヘルス講習会  2023年05月 

  • 職場のメンタルヘルス

    岩﨑 進一

    大阪公立大学 新規採用教職員研修  2023年04月 

  • 職場のメンタルヘルス〜一次予防から三次予防まで〜

    岩﨑 進一

    堺市医師会主催 産業医研修会  2022年11月 

  • 職場のメンタルヘルス -困った時の対応について-

    岩﨑 進一

    健康保険組合連合会講演会  2022年11月 

  • 「心身医学・精神医学の基礎」「働く人のうつ病と自殺予防への対応」

    岩﨑 進一

    事業場内メンタルヘルス推進担当者養成研修  2022年10月 

  • 職場のメンタルヘルス:ラインケアについて

    岩﨑 進一

    大阪公立大学 管理監督者等に対するメンタルヘルス講習会   2022年09月 

  • メンタルヘルス不調と発達障がいを理解する

    岩﨑 進一

    精神障がい者・発達障がい者雇用セミナー  2022年09月 

  • 大阪公立大学メンタルヘルスセンターについて

    岩﨑 進一

    住友ファーマ社内研修会  2022年08月 

  • 事例研究 職場復帰事例

    岩﨑 進一

    令和4年度産業保健実践講習会  2022年06月 

  • 「心身医学・精神医学の基礎」「働く人のうつ病と自殺予防への対応」

    岩﨑 進一

    事業場内メンタルヘルス推進担当者養成研修  2022年06月 

  • 新型コロナウイルス感染症拡大による運動、外出、スクリーンタイムの変化とメンタルヘルスとの関連 国内会議

    大川 雄太郎, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 太尾 恵理, 中道 陽子, 上坂 友紀, 大蔵 将平, 前久保 公雄, 井上 幸紀

    産業精神保健  2022年06月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 精神疾患による休職とストレスチェックについて

    岩﨑 進一

    産業精神医学を考える会  2022年05月 

  • 職場のメンタルヘルス

    岩﨑 進一

    大阪公立大学 新規採用者に係るメンタルヘルス講習会  2022年05月 

  • 医療従事者のためのメンタルヘルスケア

    岩﨑 進一

    大阪公立大学病院 新規採用者に係るメンタルヘルス講習会  2022年04月 

  • 新型コロナウイルス感染症に対するスティグマと森田神経質の関連について 国内会議

    岩崎 進一, 出口 裕彦, 井上 幸紀

    日本森田療法学会雑誌  2022年04月  日本森田療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ストレスチェックと職業性ストレス

    岩﨑 進一

    日本産業衛生学会 近畿地方会 第11回研究室訪問  2021年10月 

  • 職場のメンタルヘルス 招待 国内会議

    岩崎 進一

    第33回近畿地区精神科合同卒後研修講座  2021年02月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 精神疾患により長期休職に至った公務員の職業性ストレスについて 国内会議

    白濱 嘉樹, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 坂口 彩, 仁木 晃大, 広田 知行, 中道 陽子, 井上 幸紀

    産業ストレス研究  2020年12月  日本産業ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 「心身医学・精神医学の基礎」「働く人のうつ病と自殺予防への対応」 国内会議

    岩﨑 進一

    事業場内メンタルヘルス推進担当者養成研修  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不眠症治療の基礎+α 招待 国内会議

    岩崎 進一

    研修医の明日に役立つ実践セミナー  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 糖尿病や透析、メンタルヘルス不調の治療と就労の両立支援 国内会議

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 出口 裕彦

    日本透析医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高ストレス就労者における職業性ストレスと心理的および身体的反応の優位性との関連 国内会議

    坂口彩、岩﨑進一、出口裕彦、仁木晃大 白濱嘉樹、広田知行、中道陽子、井上幸紀

    第93回産業衛生学会  2020年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不眠症治療の基礎 招待 国内会議

    岩崎 進一

    研修医の明日に役立つ実践セミナー  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • メンタルヘルス不調者への復職支援 招待 国内会議

    岩崎 進一

    健康保険組合連合会 心の健康講座  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • うつ病就労者における職場での主観的事例性の性差について 国内会議

    仁木 晃大, 出口 裕彦, 岩崎 進一, 三武 友絵, 奥田 優香子, 坂口 彩, 広田 知行, 中道 陽子, 井上 幸紀

    第26回産業精神保健学会  2019年08月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 「心身医学・精神医学の基礎」「働く人のうつ病と自殺予防への対応」 国内会議

    岩﨑 進一

    事業場内メンタルヘルス推進担当者養成研修  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職場のメンタルヘルス~理解と対応のポイント〜 招待 国内会議

    岩崎 進一

    健康保険組合連合会 心の健康講座  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 「心身医学・精神医学の基礎」「働く人のうつ病と自殺予防への対応」 国内会議

    岩﨑 進一

    事業場内メンタルヘルス推進担当者養成研修  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職場のメンタルヘルス~理解と対応のポイント〜 招待 国内会議

    岩崎 進一

    健康保険組合連合会 心の健康講座  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 事業場内メンタルヘルス担当者におけるストレスとバーンアウトの関係 国内会議

    野木 優香子、 岩﨑 進一、 出口 裕彦、 新田 朋子、 三武 友絵、 門脇 彩、 仁木 晃大、 井上 幸紀

    第25回日本産業精神保健学会(東京)  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 企業のメンタルヘルス担当者の精神疾患に対するスティグマとバーンアウトの関連性 国内会議

    三武 友絵、 岩﨑 進一、 出口 裕彦、 新田 朋子、 野木 優香子、 門脇 彩、 仁木 晃大、 井上 幸紀

    第25回日本産業精神保健学会(東京)  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 「心身医学・精神医学の基礎」「働く人のうつ病と自殺予防への対応」 国内会議

    岩﨑 進一

    事業場内メンタルヘルス推進担当者養成研修  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抑うつ症状がみられる労働者の発症初期の疾病性、事例性と森田神経質傾向との関連 国内会議

    岩崎 進一, 出口 裕彦

    日本森田療法学会雑誌  2018年04月  日本森田療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 「心身医学・精神医学の基礎」「働く人のうつ病と自殺予防への対応」 国内会議

    岩﨑 進一

    事業場内メンタルヘルス推進担当者養成研修  2018年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 就労者の気質とその職業性ストレスへの影響を職場において評価、認識することの有効性について 国内会議

    出口 裕彦, 岩崎 進一, 小西 章仁, 石本 英之, 小川 弘一郎, 福田 友一, 新田 朋子, 井上 幸紀

    大阪市医学会雑誌  2017年12月  大阪市医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抑うつ症状がみられる労働者の発症初期の疾病性、事例性と森田神経質傾向との関連 国内会議

    岩﨑進一、出口裕彦

    第35回日本森田療法学会(熊本)  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抑うつ症状がみられる労働者の発症初期の疾病性、事例性と森田神経質傾向との関連 国内会議

    岩﨑進一、出口裕彦

    第35回日本森田療法学会(熊本)  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 日本人就労者における気質、職業性ストレスと不眠の関連ついて 国内会議

    出口 裕彦、 岩﨑 進一、 小川 弘一郎、 福田 友一、 新田 朋子、 三武 友絵、 野木 優香子、 井上 幸紀

    第24回日本産業精神保健学会(東京)  2017年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 日本人就労者における気質、職業性ストレスと不眠の関連について 国内会議

    出口 裕彦, 岩崎 進一, 小川 弘一郎, 福田 友一, 新田 朋子, 三武 友絵, 野木 優香子, 井上 幸紀

    産業精神保健  2017年07月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 日本人就労者における気質、職業性ストレスと不眠の関連ついて 国内会議

    出口 裕彦、 岩﨑 進一、 小川 弘一郎、 福田 友一、 新田 朋子、 三武 友絵、 野木 優香子、 井上 幸紀

    第24回日本産業精神保健学会(東京)  2017年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • (シンポジウム「ストレスチェック実施から1年が経過して」)高ストレス者面接に注目して 国内会議

    岩﨑 進一

    第65回産業衛生学会近畿地方会総会(大阪)  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • (日本精神神経学会 委員会シンポジウム7精神科医が産業医活動をするということ)専属産業医のサポート役としての精神科医 国内会議

    岩﨑 進一

    第113回日本精神神経学会学術総会(名古屋)  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • (シンポジウム「ストレスチェック実施から1年が経過して」)高ストレス者面接に注目して 国内会議

    岩﨑 進一

    第65回産業衛生学会近畿地方会総会(大阪)  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 精神科医が産業医活動をするということ 専属産業医のサポート役としての精神科医 国内会議

    岩崎 進一

    精神神経学雑誌  2017年06月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 精神科医が産業医活動をするということ 専属産業医のサポート役としての精神科医 国内会議

    岩崎 進一

    精神神経学雑誌  2017年06月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • (日本精神神経学会 委員会シンポジウム7精神科医が産業医活動をするということ)専属産業医のサポート役としての精神科医 国内会議

    岩﨑 進一

    第113回日本精神神経学会学術総会(名古屋)  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 森田神経質と自閉症スペクトラム指数との関連 国内会議

    岩崎 進一, 出口 裕彦

    日本森田療法学会雑誌  2017年04月  日本森田療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 森田神経質と自閉症スペクトラム指数との関連 国内会議

    岩﨑進一、出口裕彦

    第34回日本森田療法学会(東京)  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 森田神経質と自閉症スペクトラム指数との関連 国内会議

    岩﨑進一、出口裕彦

    第34回日本森田療法学会(東京)  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 事業所内メンタルヘルス推進担当者のバーンアウトに関連する検討について 国内会議

    新田朋子、岩﨑進一、小川弘一郎、福田友一、石本英之、出口裕彦、井上幸紀

    第119回近畿精神神経学会  2016年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 事業所内メンタルヘルス推進担当者のバーンアウトに関連する検討について 国内会議

    新田朋子、岩﨑進一、小川弘一郎、福田友一、石本英之、出口裕彦、井上幸紀

    第119回近畿精神神経学会  2016年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • (シンポジウム:職域の新たな法律・ストレスチェック制度における面接指導~精神科医に何が求められ、何ができるのか~)一般精神科臨床医によるストレスチェック制度における面接指導について 国内会議

    岩﨑 進一

    第112回日本精神神経学会学術総会(幕張メッセ、千葉)  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • (シンポジウム:職域の新たな法律・ストレスチェック制度における面接指導~精神科医に何が求められ、何ができるのか~)一般精神科臨床医によるストレスチェック制度における面接指導について 国内会議

    岩﨑 進一

    第112回日本精神神経学会学術総会(幕張メッセ、千葉)  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 部署内で休職者が出ることによる周囲の労働者への影響について 国内会議

    福田 友一, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 小西 章仁, 石本 英之, 小川 弘一郎, 井上 幸紀

    産業精神保健  2016年06月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 部署内で休職者が出ることによる周囲の労働者への影響について 国内会議

    福田 友一、岩﨑 進一、出口 裕彦、小西 章仁、石本 英之、小川 弘一郎、井上 幸紀

    第23回日本産業保健精神学会(大阪)  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職域の新たな法律・ストレスチェック制度における面接指導 精神科医に何が求められ、何ができるのか 一般精神科臨床医によるストレスチェック制度における面接指導について 国内会議

    岩崎 進一

    精神神経学雑誌  2016年06月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 教育講演2「認知症・摂食障害」 国内会議

    座長:岩﨑 進一

    第23回日本産業保健精神学会(大阪)  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • メンタルヘルス不調による長期休職者の職業性ストレスの比較-傾向スコアマッチングを用いて- 国内会議

    小川弘一郎、岩﨑進一、出口裕彦、 新田朋子、石本英之、福田友一、井上幸紀

    第23回日本産業保健精神学会(大阪)  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • メンタルヘルス不調による長期休職者の職業性ストレスの比較 傾向スコアマッチングを用いて 国内会議

    小川 弘一郎, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 小西 章仁, 石本 英之, 福田 友一, 井上 幸紀

    産業精神保健  2016年06月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • メンタルヘルス不調による長期休職の職業性ストレス簡易調査票、K6による予測能について 国内会議

    石本 英之, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 小西 章仁, 福田 友一, 小川 弘一郎, 井上 幸紀

    産業精神保健  2016年06月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • メンタルヘルス不調による長期休職の職業性ストレス簡易調査票、K6による予測能について 国内会議

    石本英之、岩﨑進一、出口裕彦、小西章仁 福田友一、小川弘一郎、井上幸紀

    第23回日本産業保健精神学会(大阪)  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職域の新たな法律・ストレスチェック制度における面接指導 精神科医に何が求められ、何ができるのか 一般精神科臨床医によるストレスチェック制度における面接指導について 国内会議

    岩崎 進一

    精神神経学雑誌  2016年06月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • メンタルヘルス不調による長期休職者の職業性ストレスの比較 傾向スコアマッチングを用いて 国内会議

    小川 弘一郎, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 小西 章仁, 石本 英之, 福田 友一, 井上 幸紀

    産業精神保健  2016年06月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 教育講演2「認知症・摂食障害」 国内会議

    座長:岩﨑 進一

    第23回日本産業保健精神学会(大阪)  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • メンタルヘルス不調による長期休職の職業性ストレス簡易調査票、K6による予測能について 国内会議

    石本英之、岩﨑進一、出口裕彦、小西章仁 福田友一、小川弘一郎、井上幸紀

    第23回日本産業保健精神学会(大阪)  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • メンタルヘルス不調による長期休職者の職業性ストレスの比較-傾向スコアマッチングを用いて- 国内会議

    小川弘一郎、岩﨑進一、出口裕彦、 新田朋子、石本英之、福田友一、井上幸紀

    第23回日本産業保健精神学会(大阪)  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 部署内で休職者が出ることによる周囲の労働者への影響について 国内会議

    福田 友一、岩﨑 進一、出口 裕彦、小西 章仁、石本 英之、小川 弘一郎、井上 幸紀

    第23回日本産業保健精神学会(大阪)  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 森田神経質と自閉スペクトラム症のオーバーラップについて 国内会議

    岩崎 進一, 出口 裕彦

    日本森田療法学会雑誌  2016年04月  日本森田療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 森田神経質と自閉スペクトラム症のオーバーラップについて 国内会議

    岩﨑進一、出口裕彦

    第33回日本森田療法学会(倉敷)  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 森田神経質と自閉スペクトラム症のオーバーラップについて 国内会議

    岩﨑進一、出口裕彦

    第33回日本森田療法学会(倉敷)  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過食!その意味とその対応 職場ストレスとの関わりを含めて 動物モデル研究から見た過食 国内会議

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 山内 常生

    ストレス科学  2015年10月  日本ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過食!その意味とその対応 職場ストレスとの関わりを含めて 動物モデル研究から見た過食 国内会議

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 山内 常生

    ストレス科学  2015年10月  日本ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 復職後の就労継続支援に睡眠覚醒リズム表を用いた双極性障害の一例 国内会議

    新田朋子、岩﨑進一、出口裕彦、小西章仁、石本英之、小川弘一郎、福田友一、井上幸紀

    第22回日本産業精神保健学会(東京)  2015年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 教員の抑うつ症状と職業性ストレスの関連性 国内会議

    仲田 昭弘, 岩崎 進一, 菅近 優, 小西 章仁, 出口 裕彦, 小林 由実, 井上 幸紀

    産業精神保健  2015年06月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 教員の抑うつ症状と 職業性ストレスの関連性 国内会議

    仲田昭弘、岩﨑進一、菅近優、小西章仁、出口裕彦、小林由実、井上幸紀

    第22回日本産業精神保健学会(東京)  2015年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 復職後の就労継続支援に睡眠覚醒リズム表を用いた双極性障害の一例 国内会議

    新田朋子、岩﨑進一、出口裕彦、小西章仁、石本英之、小川弘一郎、福田友一、井上幸紀

    第22回日本産業精神保健学会(東京)  2015年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 復職後の就労継続支援に睡眠覚醒リズム表を用いた双極性障害の一例 国内会議

    新田 朋子, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 小西 章仁, 石本 英之, 小川 弘一郎, 福田 友一, 井上 幸紀

    産業精神保健  2015年06月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 労働者の気質は職場ストレスに対して保護的または易損的な役割を果たす(Temperaments of Workers Play a Protective or Vulnerable Role against Occupational Stress) 国内会議

    Deguchi Yasuhiko, Iwasaki Shinichi, Yamauchi Tsuneo, Kanchika Masaru, Konishi Akihito, Ishimoto Hideyuki, Ogawa Kouichiro, Fukuda Yuichi, Nitta Tomoko, Inoue Koki

    精神神経学雑誌  2015年06月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Temperaments of Workers Play a Protective or Vulnerable Role against Occupational Stress 国内会議

    Deguchi, Yasuhiko、Iwasaki, Shinichi、Yamauchi, Tsuneo、Kanchika, Masaru、Konishi, Akihito、Ishimoto, Hideyuki、Ogawa, Kouichiro、Fukuda, Yuichi、Nitta, Tomoko、Inoue, Koki

    WPA REGIONAL CONGRESS (OSAKA)  2015年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 労働者の気質は職場ストレスに対して保護的または易損的な役割を果たす(Temperaments of Workers Play a Protective or Vulnerable Role against Occupational Stress) 国内会議

    Deguchi Yasuhiko, Iwasaki Shinichi, Yamauchi Tsuneo, Kanchika Masaru, Konishi Akihito, Ishimoto Hideyuki, Ogawa Kouichiro, Fukuda Yuichi, Nitta Tomoko, Inoue Koki

    精神神経学雑誌  2015年06月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Temperaments of Workers Play a Protective or Vulnerable Role against Occupational Stress 国際会議

    Deguchi, Yasuhiko、Iwasaki, Shinichi、Yamauchi, Tsuneo、Kanchika, Masaru、Konishi, Akihito、Ishimoto, Hideyuki、Ogawa, Kouichiro、Fukuda, Yuichi、Nitta, Tomoko、Inoue, Koki

    WPA REGIONAL CONGRESS (OSAKA)  2015年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 教員の抑うつ症状と 職業性ストレスの関連性 国内会議

    仲田昭弘、岩﨑進一、菅近優、小西章仁、出口裕彦、小林由実、井上幸紀

    第22回日本産業精神保健学会(東京)  2015年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非休職者のストレス調査からわかるメンタルヘルス不調による休職者の出現 国内会議

    小西章仁、岩崎進一、出口裕彦、菅近優、新田朋子、石本英之、小川弘一郎、福田友一、出雲谷恭子、井上幸紀

    第88回日本産業衛生学会(大阪)  2015年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非休職者のストレス調査からわかるメンタルヘルス不調による休職者の出現 国内会議

    小西 章仁, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 菅近 優, 石本 英之, 新田 朋子, 小川 弘一郎, 福田 友一, 井上 幸紀

    産業衛生学雑誌  2015年05月  (公社)日本産業衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非休職者のストレス調査からわかるメンタルヘルス不調による休職者の出現 国内会議

    小西章仁、岩崎進一、出口裕彦、菅近優、新田朋子、石本英之、小川弘一郎、福田友一、出雲谷恭子、井上幸紀

    第88回日本産業衛生学会(大阪)  2015年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過重労働とメンタルヘルス 精神科医からみた課題 国内会議

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 山内 常生, 出口 裕彦

    日本医学会総会会誌  2015年04月  日本医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過重労働とメンタルヘルス 精神科医からみた課題 国内会議

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 山内 常生, 出口 裕彦

    日本医学会総会会誌  2015年04月  日本医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大学生の学生相談と森田療法的アプローチ 国内会議

    岩崎 進一, 出口 裕彦

    日本森田療法学会雑誌  2015年04月  日本森田療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大学生の学生相談と森田療法的アプローチ 国内会議

    岩﨑 進一、出口 裕彦

    第32回日本森田療法学会(東京)  2014年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大学生の学生相談と森田療法的アプローチ 国内会議

    岩﨑 進一、出口 裕彦

    第32回日本森田療法学会(東京)  2014年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職業ストレスと攻撃性の関連 国内会議

    菅近優、岩﨑進一、小西章仁、出口裕彦、小林由実、石本英之、新田朋子、井上幸紀

    第21回日本産業精神保健学会(北九州)  2014年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職業ストレスと攻撃性の関連 国内会議

    菅近優、岩﨑進一、小西章仁、出口裕彦、小林由実、石本英之、新田朋子、井上幸紀

    第21回日本産業精神保健学会(北九州)  2014年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職業ストレスと攻撃性の関連 国内会議

    菅近 優, 岩崎 進一, 小林 由実, 小西 章人, 出口 裕彦, 石本 英之, 新田 朋子, 井上 幸紀

    産業精神保健  2014年07月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 企業のメンタルヘルス不調者数とその影響・対策について 国内会議

    小西 章仁, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 菅近 優, 石本 英之, 新田 朋子, 井上 幸紀

    産業精神保健  2014年07月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 企業のメンタルヘルス不調者数とその影響・対策について 国内会議

    小西章仁、岩﨑進一、出口裕彦、菅近優、新田朋子、石本英之、井上幸紀

    第21回日本産業精神保健学会(北九州)  2014年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 企業のメンタルヘルス不調者数とその影響・対策について 国内会議

    小西章仁、岩﨑進一、出口裕彦、菅近優、新田朋子、石本英之、井上幸紀

    第21回日本産業精神保健学会(北九州)  2014年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職場での行動異常を契機に診断に至った前頭側頭型認知症の2例 国内会議

    菅近優、出口裕彦、新田朋子、原田朋子、小西章仁、仲田昭弘、村松知拡、小林由実、室矢匡代、中井雄大、山内常生 、岩﨑進一、橋本博史、井上幸紀

    第87回日本産業衛生学会(岡山)  2014年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職場での行動異常を契機に診断に至った前頭側頭型認知症の2例 国内会議

    菅近 優, 出口 裕彦, 小西 章人, 小林 由実, 中井 雄大, 岩崎 進一, 橋本 博史, 井上 幸紀

    産業衛生学雑誌  2014年05月  (公社)日本産業衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職場での行動異常を契機に診断に至った前頭側頭型認知症の2例 国内会議

    菅近優、出口裕彦、新田朋子、原田朋子、小西章仁、仲田昭弘、村松知拡、小林由実、室矢匡代、中井雄大、山内常生 、岩﨑進一、橋本博史、井上幸紀

    第87回日本産業衛生学会(岡山)  2014年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職業性ストレスと森田神経質の関連について 国内会議

    岩崎 進一

    日本森田療法学会雑誌  2014年04月  日本森田療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職業性ストレスと 森田神経質の関連について 国内会議

    岩﨑進一

    第31回日本森田療法学会(徳島)  2013年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職業性ストレスと 森田神経質の関連について 国内会議

    岩﨑進一

    第31回日本森田療法学会(徳島)  2013年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 勤労者におけるうつ病の早期症状・事例性について 国内会議

    小林由実、岩﨑進一、仲田昭弘、菅近優、山内常生、室矢匡代、井上幸紀

    第20回日本産業精神保健学会(東京)  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 勤労者におけるうつ病の早期症状・事例性について 国内会議

    小林由実、岩﨑進一、仲田昭弘、菅近優、山内常生、室矢匡代、井上幸紀

    第20回日本産業精神保健学会(東京)  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 日本における刑務官の職業性ストレスと抑うつ症状の関連について 国内会議

    出口裕彦、岩﨑進一、村松知拡、山内常生 、仲田昭弘、室矢匡代、小林由実、菅近優、小西章仁、井上幸紀、加藤保之

    第10回日本うつ病学会総会(北九州)  2013年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 勤労者におけるうつ病の早期症状・事例性について 国内会議

    小林 由実, 岩崎 進一, 仲田 昭弘, 菅近 優, 山内 常生, 室矢 匡代, 井上 幸紀

    産業精神保健  2013年07月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 日本における刑務官の職業性ストレスと抑うつ症状の関連について 国内会議

    出口裕彦、岩﨑進一、村松知拡、山内常生 、仲田昭弘、室矢匡代、小林由実、菅近優、小西章仁、井上幸紀、加藤保之

    第10回日本うつ病学会総会(北九州)  2013年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 間歇型一酸化炭素中毒の症例 高圧酸素療法の終了時期についての検討 国内会議

    田川 亮, 松田 泰範, 内田 健太郎, 小西 章仁, 児玉 祐也, 岩崎 進一, 橋本 博史, 井上 幸紀

    精神神経学雑誌  2013年05月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 自傷行為を伴う摂食障害患者における養育環境 国内会議

    室矢 匡代, 山内 常生, 切池 信夫, 原田 朋子, 児玉 祐也, 岡本 洋昭, 岩崎 進一, 小林 由実, 菅近 優, 井上 幸紀

    精神神経学雑誌  2013年05月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 間歇型一酸化炭素中毒の症例 高圧酸素療法の終了時期についての検討 国内会議

    田川 亮, 松田 泰範, 内田 健太郎, 小西 章仁, 児玉 祐也, 岩崎 進一, 橋本 博史, 井上 幸紀

    精神神経学雑誌  2013年05月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 自傷行為を伴う摂食障害患者における養育環境 国内会議

    室矢 匡代, 山内 常生, 切池 信夫, 原田 朋子, 児玉 祐也, 岡本 洋昭, 岩崎 進一, 小林 由実, 菅近 優, 井上 幸紀

    精神神経学雑誌  2013年05月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 自傷行為を伴った摂食障害患者における養育環境 国内会議

    室矢匡代、山内常生、切池信夫、原田朋子、児玉祐也、岡本洋昭、岩崎進一、小林由実、菅近優、井上幸紀

    第109回日本精神神経学会学術総会(福岡)  2013年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 自傷行為を伴った摂食障害患者における養育環境 国内会議

    室矢匡代, 山内常生, 切池信夫, 原田朋子, 児玉祐也, 岡本洋昭, 岩崎進一, 小林由実, 菅近優, 井上幸紀

    第109回日本精神神経学会学術総会(福岡)  2013年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 身体表現性障害患者の身体症状の解釈について 国内会議

    岩崎 進一

    日本森田療法学会雑誌  2013年04月  日本森田療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性症候群経過中に痙掌重責発作をきたした一例 国内会議

    原田朋子、岩崎進一、中井雄大、井上幸紀

    第112回近畿精神神経学会(和歌山)  2013年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性症候群経過中に痙掌重責発作をきたした一例 国内会議

    原田朋子、岩崎進一、中井雄大、井上幸紀

    第112回近畿精神神経学会(和歌山)  2013年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 身体表現性障害患者の身体症状の解釈について 国内会議

    岩﨑進一

    第30回日本森田療法学会(東京)  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 身体表現性障害患者の身体症状の解釈について 国内会議

    岩﨑進一

    第30回日本森田療法学会(東京)  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 摂食障害の実態に関するアンケート調査 国内会議

    山内 常生, 井上 幸紀, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 小林 由実, 室矢 匡代, 菅近 優, 切池 信夫

    精神神経学雑誌  2012年05月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 摂食障害の実態に関するアンケート調査 国内会議

    山内 常生, 井上 幸紀, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 小林 由実, 室矢 匡代, 菅近 優, 切池 信夫

    精神神経学雑誌  2012年05月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 就労者における森田神経質性格の影響 国内会議

    岩崎 進一, 出口 裕彦

    日本森田療法学会雑誌  2012年04月  日本森田療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外来での森田療法的アプローチが有効であった社交不安障害を併存するアルコール依存症者の一例 国内会議

    出口 裕彦, 岩崎 進一

    日本森田療法学会雑誌  2012年04月  日本森田療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 就労者における森田神経質性格の影響 国内会議

    岩﨑進一、出口裕彦

    第29回日本森田療法学会(横浜)  2011年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 就労者における森田神経質性格の影響 国内会議

    岩﨑進一、出口裕彦

    第29回日本森田療法学会(横浜)  2011年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外来での森田療法的アプローチが有効であった社交不安障害を併存するアルコール依存症者の一例 国内会議

    出口裕彦、岩﨑進一

    第29回日本森田療法学会(横浜)  2011年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外来での森田療法的アプローチが有効であった社交不安障害を併存するアルコール依存症者の一例 国内会議

    出口裕彦、岩﨑進一

    第29回日本森田療法学会(横浜)  2011年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 治療抵抗性の急速交代型双極性障害重症うつ病エピソードに対してlamotrigineが著効した1例 国内会議

    出口裕彦、井上幸紀、岩﨑進一、松井徳造、小林由実、室矢匡代、切池信夫

    第8回日本うつ病学会(大阪)  2011年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 治療抵抗性の急速交代型双極性障害重症うつ病エピソードに対してlamotrigineが著効した1例 国内会議

    出口裕彦、井上幸紀、岩﨑進一、松井徳造、小林由実、室矢匡代、切池信夫

    第8回日本うつ病学会(大阪)  2011年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 身体表現性障害と過去へのとらわれ 国内会議

    岩崎 進一, 出口 裕彦, 小林 由美, 室矢 匡代, 井上 幸紀

    日本森田療法学会雑誌  2011年04月  日本森田療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 収容分類級別による矯正職員の職業性ストレスの比較検討 国内会議

    出口 裕彦, 井上 幸紀, 村松 知拡, 岩崎 進一, 山内 常生, 中尾 剛久, 室矢 匡代, 小林 由実, 切池 信夫, 加藤 保之

    産業ストレス研究  2010年12月  日本産業ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 教師の抑うつ症状と職業性ストレスの関連について 国内会議

    中尾 剛久, 井上 幸紀, 岩崎 進一, 山内 常生, 出口 裕彦, 室矢 匡代, 小林 由実, 切池 信夫

    産業ストレス研究  2010年12月  日本産業ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 収容分類級別による矯正職員の職業性ストレスの比較検討 国内会議

    出口 裕彦, 井上 幸紀, 村松 知拡, 岩崎 進一, 山内 常生, 中尾 剛久, 室矢 匡代, 小林 由実, 切池 信夫, 加藤 保之

    産業ストレス研究  2010年12月  日本産業ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 教師の抑うつ症状と職業性ストレスの関連について 国内会議

    中尾 剛久, 井上 幸紀, 岩崎 進一, 山内 常生, 出口 裕彦, 室矢 匡代, 小林 由実, 切池 信夫

    産業ストレス研究  2010年12月  日本産業ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 身体表現性障害と過去へのとらわれ 国内会議

    岩﨑進一、出口裕彦、小林由美、室矢匡代、井上幸紀

    第28回日本森田療法学会(札幌)  2010年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 身体表現性障害と過去へのとらわれ 国内会議

    岩﨑進一、出口裕彦、小林由美、室矢匡代、井上幸紀

    第28回日本森田療法学会(札幌)  2010年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 労働者の抑うつ気分と生活習慣 国内会議

    井上 幸紀、岩崎 進一、中尾 剛久、出口 裕彦、山内 常生、室矢 匡代、小林 由実、 切池 信夫

    第7回日本うつ病学会総会(金沢)  2010年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大うつ病エピソードから替え玉妄想を中心とした幻覚妄想状態に移行した一例 国内会議

    出口 裕彦、井上 幸紀、岩崎 進一、松井 徳造、中尾 剛久、小林 由実、室矢 匡代、 切池 信夫

    第7回日本うつ病学会総会(金沢)  2010年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 労働者の抑うつ気分と生活習慣 国内会議

    井上 幸紀、岩崎 進一、中尾 剛久、出口 裕彦、山内 常生、室矢 匡代、小林 由実、 切池 信夫

    第7回日本うつ病学会総会(金沢)  2010年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大うつ病エピソードから替え玉妄想を中心とした幻覚妄想状態に移行した一例 国内会議

    出口 裕彦、井上 幸紀、岩崎 進一、松井 徳造、中尾 剛久、小林 由実、室矢 匡代、 切池 信夫

    第7回日本うつ病学会総会(金沢)  2010年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 栄養状態改善に伴い 劇的にうつ症状が改善された一例 国内会議

    中井雄大、岩崎進一、羽野寧、切池信夫

    第104回近畿精神神経学会(大阪)  2009年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 栄養状態改善に伴い 劇的にうつ症状が改善された一例 国内会議

    中井雄大、岩崎進一、羽野寧、切池信夫

    第104回近畿精神神経学会(大阪)  2009年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 働いている摂食障害患者の現状調査 国内会議

    井上幸紀 岩崎進一  林皓章 中尾剛久 出口裕彦 山内常生 切池信夫

    摂食障害の疫学、病態と診断、治療法、転機と予後に関する総合的研究 研究報告会(東京)  2008年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 働いている摂食障害患者の現状調査 国内会議

    井上幸紀 岩崎進一  林皓章 中尾剛久 出口裕彦 山内常生 切池信夫

    摂食障害の疫学、病態と診断、治療法、転機と予後に関する総合的研究 研究報告会(東京)  2008年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Comparison of Job Stress Recognition between before and after Treatment of Depressive Workers 国際会議

    Koki Inoue, Shinichi Iwasaki, Tsuneo Yamauchi, Teruaki Hayashi, Yasuhiko Deguchi, Nobuo Kiriike

    World Federation of Societies of Biological Psychiatry 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP (Toyama)  2008年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The animal model of eating disorders 国内会議

    Shinichi Iwasaki, Koki Inoue, Nobuo Kiriike

    第51回日本神経化学会大会(シンポジウム)(富山)  2008年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Comparison of Job Stress Recognition between before and after Treatment of Depressive Workers 国内会議

    Koki Inoue, Shinichi Iwasaki, Tsuneo Yamauchi, Teruaki Hayashi, Yasuhiko Deguchi, Nobuo Kiriike

    World Federation of Societies of Biological Psychiatry 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP (Toyama)  2008年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The animal model of eating disorders 国内会議

    Shinichi Iwasaki, Koki Inoue, Nobuo Kiriike

    第51回日本神経化学会大会(シンポジウム)(富山)  2008年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職場における対人関係と睡眠障害の関連について 国内会議

    佐野 祥子、岩崎 進一、林 皓章、切池 信夫

    日本睡眠学会第33回定期学術集会(福島)  2008年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職場における対人関係と睡眠障害の関連について 国内会議

    佐野 祥子、岩崎 進一、林 皓章、切池 信夫

    日本睡眠学会第33回定期学術集会(福島)  2008年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 母子分離ストレスと性周期による摂餌行動変化の関連 国内会議

    岩崎進一 井上幸紀 村松知拡 山内常生 林皓章 切池信夫

    第29回日本生物学的精神医学会(札幌)  2007年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 看護師のメンタルヘルスを向上させる要因についての検討 国内会議

    林皓章、井上幸紀、岩崎進一、村松知拡、山内常生、中尾剛久、切池信夫

    第101回近畿精神神経学会(神戸)  2007年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 母子分離ストレスと性周期による摂餌行動変化の関連 国内会議

    岩崎進一 井上幸紀 村松知拡 山内常生 林皓章 切池信夫

    第29回日本生物学的精神医学会(札幌)  2007年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • セネストパチーの3例 国内会議

    岩崎進一

    第101回近畿精神神経学会(神戸)  2007年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 看護師のメンタルヘルスを向上させる要因についての検討 国内会議

    林皓章、井上幸紀、岩崎進一、村松知拡、山内常生、中尾剛久、切池信夫

    第101回近畿精神神経学会(神戸)  2007年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • セネストパチーの3例 国内会議

    岩崎進一

    第101回近畿精神神経学会(神戸)  2007年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • うつ病の労働者の身体的愁訴と失感情傾向 国内会議

    井上幸紀、岩崎進一、村松知拡、山内常生、林皓章、中尾剛久、切池信夫

    第14回日本産業精神保健学会(名古屋)  2007年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 看護師が前向きに就労するための要因に関する検討 国内会議

    林皓章、井上幸紀、岩崎進一、村松知拡、山内常生、中尾剛久、切池信夫

    第14回日本産業精神保健学会(名古屋)  2007年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • うつ病の労働者の身体的愁訴と失感情傾向 国内会議

    井上幸紀、岩崎進一、村松知拡、山内常生、林皓章、中尾剛久、切池信夫

    第14回日本産業精神保健学会(名古屋)  2007年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 看護師が前向きに就労するための要因に関する検討 国内会議

    林皓章、井上幸紀、岩崎進一、村松知拡、山内常生、中尾剛久、切池信夫

    第14回日本産業精神保健学会(名古屋)  2007年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Leptin increases anxiety-like behavior in female rats with semi-starvation 国際会議

    Tsuneo Yamauchi, Koki Inoue, Shinichi Iwasaki, Tomohiro Muramatsu, Teruaki Hayashi, Takehisa Nakao, Nobuo Kiriike

    Society of Biological Psychiatry (San Diego, USA)  2007年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Leptin increases anxiety-like behavior in female rats with semi-starvation 国内会議

    Tsuneo Yamauchi, Koki Inoue, Shinichi Iwasaki, Tomohiro Muramatsu, Teruaki Hayashi, Takehisa Nakao, Nobuo Kiriike

    Society of Biological Psychiatry (San Diego, USA)  2007年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The effects of stimulation to two subtypes of corticotropin-releasing factor receptors in the hypothalamus of rats on dopaminergic and serotonergic neurotransmission. 国際会議

    T. Muramatsu, K. Inoue, S. Iwasaki, K. Ichihara, T. Yamauchi, T. Hayashi, N. Kiriike

    Society of Neuroscience 2006 (Washington, USA)  2006年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The effects of stimulation to two subtypes of corticotropin-releasing factor receptors in the hypothalamus of rats on dopaminergic and serotonergic neurotransmission. 国内会議

    T. Muramatsu, K. Inoue, S. Iwasaki, K. Ichihara, T. Yamauchi, T. Hayashi, N. Kiriike

    Society of Neuroscience 2006 (Washington, USA)  2006年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 全人的見地からの労働者のうつ病の検討 国内会議

    井上幸紀、林朝茂、市原久一郎、村松知拡、山内常生、林皓章、岩崎進一、佐藤恭子、奥野正景、伊藤英樹、切池信夫

    第13回日本産業精神保健学会  2006年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 全人的見地からの労働者のうつ病の検討 国内会議

    井上幸紀、林朝茂、市原久一郎、村松知拡、山内常生、林皓章、岩崎進一、佐藤恭子、奥野正景、伊藤英樹、切池信夫

    第13回日本産業精神保健学会  2006年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Leptin suppresses the rebound hyperphagia induced by chronic restricted feeding in rat. 国際会議

    Koki Inoue, Antoine Tabarin, Grenn Valdez, Shinichi Iwasaki, Tomohiro Muramatsu, Nobuo Kiriike, George Koob, Eric Zorrilla

    Society of Neuroscience 2004 (San Diego, USA)  2004年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 幼少時期ストレスと摂餌内容が閉所ストレスによる反跳性過食に及ぼす影響 国内会議

    岩崎進一、井上幸紀、引地克仁、市原久一郎、村松知拡、切池信夫

    第34回日本神経精神薬理学会 第26回日本生物学的精神医学会 合同年会  2004年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Cognition of Occupational Stressor in Patients with Major Depression and Adjustment Disorder in Japan. 国際会議

    Koki Inoue, Shinichi Iwasaki, Kyuichiro Ichihara, Tomohiro Muramatsu, Tsuneo Yamauchi, Akihiro Nakada, Hiroshi Aoyama, Katsuhito Hikiji, Hideki Ito, Nobuo Kiriike

    World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 (WCBCT2004) Kobe  2004年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大うつ病性障害患者の職業性ストレスについて 国内会議

    井上幸紀、岩崎進一、市原久一郎、村松知拡、山内常生、切池信夫

    第1回うつ病学会(東京)  2004年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 就労者における職業性ストレスと抑うつとの関係 国内会議

    市原久一郎 井上幸紀 岩崎進一 村松知拡 仲田昭弘 青山洋 切池信夫

    第11回日本産業精神保健学会(東京)  2004年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職場不適応患者の職業性ストレスについて 国内会議

    井上幸紀、岩崎進一、市原久一郎、村松知拡、山内常生、切池信夫

    第11回日本産業精神保健学会(東京)  2004年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大うつ病性障害患者のライフイベントに対するストレス度評価 国内会議

    岩崎進一、井上幸紀、引地克仁、仲田昭弘、市原久一郎、村松知拡、青山洋、切池信夫

    第100回日本精神神経学会(札幌)  2004年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 適応障害患者の性格傾向と職場での対人支援について 国内会議

    村松知拡、井上幸紀、岩崎進一、仲田昭弘、市原久一郎、青山洋、引地克仁、切池信夫

    第100回日本精神神経学会(札幌)  2004年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Comparative proteome analysis of the brain from a rat model of binge eating. 国内会議

    Keiichi ISHIHARA, Kyoko NAKATA, Nobuyuki YAMAGISHI, Shinichi IWASAKI, Nobuo KIRIIKE and Takumi HATAYAMA

    第76回日本生化学会大会 (横浜)  2003年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • エゴグラムによる抑うつ状態を呈する就労者の性格傾向 国内会議

    村松知拡、井上幸紀、岩崎進一、引地克仁、仲田昭弘、市原久一郎、青山洋、切池信夫

    第10回日本産業精神保健学会  2003年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神経性過食症モデルラットにおいて変動する脳タンパク質の同定. 国内会議

    石原慶一、中田恭子、岩崎進一、切池信夫、山岸伸行、畑山 巧

    第50回日本生化学会近畿支部例会 (大阪)  2003年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ラット視床下部腹内側核へのmCPP投与は摂餌を抑制する 国内会議

    引地克仁、井上幸紀、岩崎進一、市原久一郎、切池信夫

    第25回 日本生物学的精神医学会  2003年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職場不適応症例について 国内会議

    井上幸紀、岩崎進一、引地克仁、市原久一郎、村松知拡、仲田昭弘、青山洋、切池信夫

    第一回ストレス関連疾患研究会  2003年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effects of nutrients on enhanced rebound hyperphagia induced by maternal separation and/or space restriction stress. 国際会議

    Shinichi Iwasaki, Koki Inoue, Katsuhito Hikiji, Kyuichiro Ichihara, Akihiro Nakada, Tomohiro Muramatsu, Nobuo Kiriike

    14th Annual Meeting American Neuropsychiatric Association(Honolulu, USA)  2003年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PERSISTENT REDUCTION IN ANXIETY-LIKE BEHAVIOR FOLLOWING RESTRICTED FEEDING IN THE RAT. 国際会議

    K. Inoue, E.P. Zorrilla, A. Tabarin, G.R. Valdez, S. Iwasaki, N. Kiriike, and G.F. Koob

    32nd annual meeting of Society for Neuroscience (Orlando, USA)  2002年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 就労しているうつ病性障害患者の対人ストレス 国内会議

    仲田昭弘、井上幸紀、岩崎進一、引地克仁、市原久一郎、村松知拡、青山洋、藤嵜泰利、切池信夫

    日本ストレス学会(東京)  2002年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神経性過食症モデルラットにおける脳タンパク質のプロテオーム解析. 国内会議

    中田恭子、石原慶一、岩崎進一、切池信夫、山岸伸行、畑山 巧

    第75回日本生化学会大会 (京都)  2002年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Occupational Stressor in Workers with Psychiatric Disorders 国際会議

    Kyuichiro Ichihara, Koki Inoue, Shinichi Iwasaki, Katuhito Hikiji, Akihiro Nakada, Masakage Okuno, Hideki Ito, Yasutoshi Fujisaki, Nobuo Kiriike.

    XII World Congress of Psychiatry (Yokohama, Japan)  2002年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職業性ストレス調査票の精神科臨床場面への応用 国内会議

    井上幸紀、岩崎進一、引地克仁、市原久一郎、仲田昭弘、切池信夫

    第25回 日本プライマリ・ケア学会 (神戸)  2002年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職業性ストレスの男女差 国内会議

    井上幸紀、岩崎進一、引地克仁、藤嵜泰利、伊藤英樹、切池信夫

    第9回 日本日本産業精神保健学会 (東京)  2002年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Serotonin receptors in rat frontal cortex and feeding behavior 国際会議

    K.Hikiji, K.Inoue, S.Iwasaki, A.Nakata, K.Ichihara, N.Kiriike

    31st annual meeting of Society for Neuroscience (San Diego, USA)  2001年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effects of SSRIs on rebound hyperphagia enhanced by maternal separation 国内会議

    S. Iwasaki, K. Inoue, K. Hikiji, A. Nakada, K. Ichihara and N. Kiriike

    国際神経精神薬理学会広島会議(広島)  2001年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ラットにおける幼少時期ストレスの強度が成長後のrebound hyperphagiaにおよぼす影響 国内会議

    岩崎進一 井上幸紀 引地克仁 切池信夫

    第23回 日本生物学的精神医学会(長崎)  2001年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ラット前頭葉の5-HT受容体と摂餌の関係 国内会議

    引地克仁 井上幸紀 岩崎進一 切池信夫

    第23回 日本生物学的精神医学会(長崎)  2001年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ラットにおける母仔分離ストレスは成長後のSSRIによる食欲抑制効果を変化させる 国内会議

    岩崎進一 井上幸紀 引地克仁 切池信夫

    第22回 日本生物学的精神医学会(東京)  2000年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A Case of Cenestopathy Induced by Steroid Treatment of Addison's Disease 国際会議

    K.Inoue, S.Iwasaki, K.Hikiji, N.Kiriike

    The 3rd International Congress of Neuropsychiatry (Kyoto)  2000年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ラット前頭葉への8-OH-DPAT投与が摂餌量と細胞外液中5-HT濃度に及ぼす影響 国内会議

    引地克仁 井上幸紀 岩崎進一 切池信夫

    第22回 日本生物学的精神医学会(東京)  2000年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Maternal separation of rat changes feeding behavior and brain serotonin turnover in later life. 国際会議

    S.Iwasaki, K.Inoue, N.Kiriike, K.Hikiji, Y.Iwasaki

    11th American Neuropsychiatric Association(Florida, USA)  2000年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Video analysis of rats’ hyperphagic behavior induced by scheduled feeding 国際会議

    Koki Inoue, Nobuo Kiriike, Sinnichi Iwasaki, Katsuhito Hikiji, Masakage Okuno, Yasutoshi Fujisaki

    11th American Neuropsychiatric Association(Florida, USA)  2000年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 就労しているうつ病、心身症、不安神経症患者での社会的支援など職業性ストレス評価 国内会議

    井上幸紀、切池信夫、岩崎進一、引地克仁、池谷俊哉、千頭孝史、奥野正景、伊藤英樹、藤嵜泰利

    第15回日本ストレス学会学術総会 シンポジウム「ストレス関連疾患の発症と経過に関与する因子の評価—ストレス関連要因のチェックリストで何がわかるかー」(千葉)  1999年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ラットにおける母仔分離ストレスが成長後のrebound hyperphagiaにおよぼす影響-microdialysisによる神経科学的考察- 国内会議

    岩崎進一 切池信夫 井上幸紀 引地克仁 山上榮

    第21回 日本生物学的精神医学会(仙台)  1999年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療関係者の職場ストレスとその対処行動 国内会議

    井上幸紀、切池信夫、岩崎進一、藤嵜泰利、伊藤英樹、引地克仁

    第6回日本産業精神保健学会(栃木)  1999年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 母仔分離ストレスが成人期のrebound hyperphagiaにおよぼす影響 国内会議

    岩崎進一 切池信夫 井上幸紀 引地克仁 山上榮

    第41回 神経科学・神経化学合同(東京)  1998年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 閉所ストレスによるラットの rebound hyperphagia の増強と脳内ドパミン代謝、およびそれにおよぼす薬物の影響 国内会議

    井上幸紀、切池信夫、栗岡政典、岩崎進一、山上榮

    第20回日本生物学的精神医学会  1998年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Enhanced rebound hyperphagia induced by space restriction and rat brain dopamine metabolism, and efect of drugs on the condition 国際会議

    K.Inoue, N.Kiriike, M.Kurioka, S.Iwasaki, S.Yamagami

    Psychiatry and Clinical Neurosciences  1998年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 閉所ストレスによるラットの rebound hyperphagia の増強と前頭前皮質ドパミン代謝におよぼすジアゼパムの影響 国内会議

    栗岡政典、切池信夫、井上幸紀、岩崎進一、藤嵜泰利、山上榮

    神経化学  1997年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A case of long sleep improved by vitamine B12 administration 国際会議

    K. Inoue, N. Kiriike, M. Kurioka, S. Iwasaki, M. Okuno, H. Ito, Y. Fujisaki, and S. Yamagami

    14 th world Congress on Psychosomatic Medicine, Cairns Australia  1997年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effects of diazepam on feeding behaviour and dopamine metabolism in the prefrontal cortex during rebound hyperphagia under space restriction stress of rat 国際会議

    M.Kurioka, N.Kiriike, K.Inoue, Y.Fujisaki, S.Iwasaki, S,Yamagami

    14 th world Congress on Psychosomatic Medicine, Cairns Australia  1997年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Anorexia nervosaの骨塩量減少モデルラット作製の試み 国内会議

    岩崎進一 切池信夫 井上幸紀 栗岡政典 西浦竹彦 山上榮

    第19回 日本生物学的精神医学会(大阪)  1997年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effects of space restriction on feeding behavior and on dopamine and serotonin metabolism in the amygdala during rebound hyperphagia in rats 国際会議

    K.Inoue, N.Kiriike, M.Kurioka, S.Iwasaki, Y.Fujisaki, S.Yamagami

    Neurochemical Research  1997年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effects of DZP on feeding behavior and dopamine metabolism in the striatum during rebound hyperphagia of rats under space restriction stress 国際会議

    M.Kurioka, N.Kiriike, K.Inoue, Y.Fujisaki, S.Iwasaki, S.Yamagami

    Neurochemical Research  1997年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effects of haloperidol on feeding behavior and dopamine metabolism in the striatum during rebound hyperphagia of rats under space restriction stress 国際会議

    M.Kurioka, N.Kiriike, K.Inoue, Y.Fujisaki, S.Iwasaki, S.Yamagami

    Neurochemical Research  1997年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 時間制限給餌後のラットの rebound hyperphagia に閉所条件を加えた時の摂餌行動と扁桃体ドパミン・セロトニン代謝 国内会議

    井上幸紀、切池信夫、栗岡政典、岩崎進一、藤嵜泰利、山上榮

    神経化学  1996年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ラットの rebound hyperphagia に閉所ストレスを加えた時の摂餌行動と線条体ドパミン代謝とそれに及ぼすハロペリドールの影響 国内会議

    栗岡政典、切池信夫、井上幸紀、藤嵜泰利、岩崎進一、山上榮

    神経化学  1996年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 精神運動発作を呈し慢性ウイルス脳炎を疑える一例 国内会議

    岩崎進一 切池信夫 木岡哲郎 吉中宏隆 井上幸紀 山上榮

    第28回 九大学精神神経科学教室集談会  1996年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Increased prefrontal and striatal dopamine metabolisms during rebound hyperphagia enhanced by space restriction 国際会議

    Koki Inoue, Nobuo Kiriike, Yasutoshi Fujisaki, Masanori Kurioka, Shinichi Iwasaki, Sakae Yamagami

    1st Eating disorders research society meeting Pittsburgh, USA  1996年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • 機械学習を用いたメンタルヘルス不調予防について

科研費

  • 機械学習による職場のメンタルヘルス休職者の予測

    基盤研究(C)  2020年04月

  • 幼少時期ストレスの違いが成長後の摂餌関連ストレス反応行動に及ぼす影響

    若手研究(B)  2002年04月

  • 母仔分離ストレス性反跳性過食時における高炭水化物含有飼料の摂餌量と脳内神経伝達物質への影響

    基盤研究(C)  2002年04月

奨励寄附金・助成金

  • 就労者の適応障害と森田神経質傾向の関連について

    公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団  2017年04月

  • 精神疾患による職場環境と森田神経質傾向のマッチングの調査

    公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団  2015年04月

  • 拒食と無茶食いの体重とグレリン動態

    大学  2009年04月

担当教育概要

  • 産業精神医学、睡眠医学、精神科診断学、神経症、森田療法

担当授業科目

  • 神経精神医学

    2022年度     大学

  • 神経精神医学

    2021年度     大学

  • 神経精神医学

    2020年度     大学

  • 神経精神医学

    2019年度     大学

  • 神経精神医学

    2018年度     大学

  • 神経精神医学

    2017年度     大学

  • 神経精神医学

    2016年度     大学

  • 神経精神医学

    2015年度     大学

  • 神経精神医学

    2014年度     大学

  • 神経精神医学

    2013年度     大学

  • 神経精神医学

    2012年度     大学

  • 神経精神医学

    2011年度     大学

  • 神経精神医学

    2010年度     大学

  • 神経精神医学

    2009年度     大学

  • 神経精神医学

    2008年度     大学

  • 神経精神医学

    2007年度     大学

  • 神経精神医学

    2006年度     大学

  • 神経精神医学

    2005年度     大学

  • 神経精神医学

    2004年度     大学

  • 神経精神医学

    2003年度     大学

  • 神経精神医学

    2002年度     大学

  • 神経精神医学

    2001年度     大学

  • 神経精神医学

    2000年度     大学

▼全件表示

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    所属大学院生発表数:2件

  • 2022年度

    所属大学院生発表数:2件

  • 2021年度

    所属大学院生発表数:1件

  • 2020年度

    所属大学院生発表数:1件

  • 2019年度

    所属大学院生発表数:3件

  • 2018年度

    所属大学院生発表数:2件

  • 2017年度

    所属大学院生発表数:1件

  • 2016年度

    所属大学院生発表数:2件

  • 2015年度

    所属大学院生発表数:1件

  • 2013年度

    所属大学院生発表数:1件

▼全件表示

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    博士後期課程学生指導数:2名

  • 2022年度

    博士前期課程学生指導数:2名 

役職

  • 部局内役職

    メンタルヘルスセンター 

    センター長  2022年04月 - 継続中

その他

  • 職務経歴

    2020年04月 - 2021年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院 医学研究科 病院教授

  • 職務経歴

    2014年10月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院 医学研究科神経精神医学 准教授

  • 職務経歴

    2007年04月 - 2014年09月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院 医学研究科神経精神医学 講師

  • 職務経歴

    2000年04月 - 2007年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院 医学研究科神経精神医学 助手