2024/05/21 更新

写真a

テライ ヒデトミ
寺井 秀富
TERAI Hidetomi
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2015年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 整形外科学  / 脊椎脊髄病外科学

研究キーワード

  • 脊椎外科 整形外科 骨再生

研究概要

  • 脊椎外科学、低侵襲脊椎手術、小児脊椎脊髄病に関する研究

研究歴

  • 脊椎外科学、内視鏡手術

    脊椎、内視鏡 

    2002年04月 - 継続中 

  • 脊椎外科学に関する研究 骨組織再生に関する研究

    脊椎外科 骨再生  個人研究

    1998年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本整形外科学会

    1997年08月 - 継続中   国内

  • 国際腰痛学会

    2022年10月 - 継続中   国外

  • ムコ多糖症研究会

    2018年08月 - 継続中

  • 北米脊椎外科学会

    2015年07月 - 継続中   国外

  • 日本脊椎インスツルメンテーション学会

    2010年04月 - 継続中

  • 日本腰痛学会

    2009年11月 - 継続中

  • 日本側弯症学会

    2008年10月 - 継続中   国内

  • アジア太平洋低侵襲脊椎外科学会

    2005年04月 - 継続中   国外

  • 日本低侵襲脊椎外科学会

    2005年04月 - 継続中

  • 日本脊椎脊髄病学会

    2003年03月 - 継続中   国内

  • 日本骨代謝学会

    2002年08月 - 2017年06月   国内

▼全件表示

受賞歴

  • 第26回 日本脊椎・脊髄神経手術手技学会 Best presentation賞

    寺井 秀富

    2019年09月   日本脊椎・脊髄神経手術手技学会   『腰椎分離すべり症に対するCBT/TASSを用いた低侵襲椎体間固定術』

     詳細を見る

    新規に開発したCBT/TASS法を用いた低侵襲脊椎椎体間固定術を腰椎分離すべり症に応用し、その手術手技と臨床成績について詳解した。

  • ISSLS award

    Hori Y, Hoshino M 他

    2019年06月  

     詳細を見る

    受賞国:スウェーデン王国

  • 若手研究者表彰事業・奨励賞

    2009年11月   長寿科学振興財団  

職務経歴(学外)

  • マサチューセッツ総合病院、ハーバード大学   Tissue Engineering Lab.   研究員

    1999年12月 - 2001年11月

  • 近畿大学医学部    麻酔科   麻酔科 研修医

    1995年05月 - 1997年04月

学歴

  • 大阪市立大学   医学系研究科   整形外科学   博士課程   卒業・修了

    1998年04月 - 2002年03月

  • 東北大学   医学部     卒業・修了

    1989年04月 - 1995年03月

論文

  • Residual Paresthesia after Surgery for Degenerative Cervical Myelopathy: Incidence and Impact on Clinical Outcomes and Satisfaction. 査読

    Tamai K, Terai H, Iwamae M, Kato M, Toyoda H, Suzuki A, Takahashi S, Sawada Y, Okamura Y, Kobayashi Y, Nakamura H

    Spine   2023年12月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000004907

    PubMed

  • 【脊椎脊髄疾患に対するリハビリテーション~Now and the Future~】腰曲がりに対するリハビリテーション 査読

    寺井 秀富, 高橋 真治, 谷脇 浩志, 星野 雅俊

    Journal of Clinical Rehabilitation   32 ( 13 )   1277 - 1281   2023年11月( ISSN:0918-5259

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The Impact of Multidisciplinary Approaches to Social Functioning on Surgical Outcomes After Surgery for Cervical Myelopathy. 査読

    Tamai K, Terai H, Watanabe S, Tashiro Y, Omine T, Katsuda H, Shimada N, Kobayashi Y, Nakamura H

    Spine   48 ( 19 )   1365 - 1372   2023年10月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000004764

    PubMed

  • 【リハビリテーション診療update】(IV章)リハビリテーションが必要となる疾患 運動器疾患 脊椎疾患 査読

    寺井 秀富, 中村 博亮, 池淵 充彦

    日本医師会雑誌   152 ( 特別2 )   S160 - S161   2023年10月( ISSN:0021-4493

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prognostic impact of respiratory dysfunction in elderly patients with cervical spinal cord injury and/or fractures: a multicenter survey. 査読

    Hirota R, Terashima Y, Ohnishi H, Yamashita T, Yokogawa N, Sasagawa T, Nakashima H, Segi N, Ito S, Funayama T, Eto F, Yamaji A, Watanabe K, Nori S, Takeda K, Furuya T, Yunde A, Nakajima H, Yamada T, Hasegawa T, Suzuki H, Imajo Y, Ikegami S, Uehara M, Tonomura H, Sakata M, Hashimoto K, Onoda Y, Kawaguchi K, Haruta Y, Suzuki N, Kato K, Uei H, Sawada H, Nakanishi K, Misaki K, Terai H, Tamai K, Kuroda A, Inoue G, Kakutani K, Kakiuchi Y, Kiyasu K, Tominaga H, Tokumoto H, Iizuka Y, Takasawa E, Akeda K, Takegami N, Funao H, Oshima Y, Kaito T, Sakai D, Yoshii T, Ohba T, Otsuki B, Seki S, Miyazaki M, Ishihara M, Okada S, Imagama S, Kato S

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   32 ( 10 )   3522 - 3532   2023年10月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-023-07828-9

    PubMed

  • 特集 整形外科領域における人工知能(AI) 人工知能技術を活用した椎体骨折の画像診断 査読

    藪 晋人, 高橋 真治, 星野 雅俊, 寺井 秀富

    整形・災害外科   66 ( 10 )   1169 - 1174   2023年09月( ISSN:03874095

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18888/se.0000002701

  • 【整形外科領域における人工知能(AI)】人工知能技術を活用した椎体骨折の画像診断 査読

    藪 晋人, 高橋 真治, 星野 雅俊, 寺井 秀富

    整形・災害外科   66 ( 10 )   1169 - 1174   2023年09月( ISSN:0387-4095

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>椎体骨折において,適切な診断や治療介入の遅れは患者の著しい生活の質の低下を引き起こし,問題となる。よって診断の質の確保は喫緊の課題であり,その中で画像診断は重要な役割を担う。高齢者では陳旧性椎体骨折を有することが多く,新鮮骨粗鬆症性椎体骨折(OVF)の診断に加え,脊椎腫瘍や感染性脊椎炎などによる病的骨折との鑑別も必要となるため,画像診断に難渋することが多い。近年,人工知能(AI)を活用した椎体骨折画像診断システムの報告が増加しており,診断精度の向上にかかる期待は大きい。われわれが構築したMRIにおける新鮮・陳旧性OVFのAI識別システム1)の識別能は良好であり,脊椎外科医と同等であった。AIを活用した椎体骨折画像診断システム開発の今後のさらなる発展が望まれる。

  • Risk of Revision After Vertebral Augmentation for Osteoporotic Vertebral Fracture: A Narrative Review. 査読

    Takahashi S, Inose H, Tamai K, Iwamae M, Terai H, Nakamura H

    Neurospine   20 ( 3 )   852 - 862   2023年09月( ISSN:2586-6583

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14245/ns.2346560.280

    PubMed

  • Management of Antithrombotic Drugs before Elective Spine Surgery: A Nationwide Web-Based Questionnaire Survey in Japan(タイトル和訳中) 査読

    Tezuka Fumitake, Sakai Toshinori, Imagama Shiro, Takahashi Hiroshi, Takaso Masashi, Aizawa Toshimi, Otani Koji, Okuda Shinya, Kato Satoshi, Kanemura Tokumi, Kawaguchi Yoshiharu, Konishi Hiroaki, Suda Kota, Terai Hidetomi, Nakanishi Kazuo, Nishida Kotaro, Machino Masaaki, Miyakoshi Naohisa, Murakami Hideki, Yamato Yu, Yukawa Yasutsugu, Medical Safety Promotion Committee of The Japanese Society for Spine Surgery and Related Research

    Spine Surgery and Related Research   7 ( 5 )   428 - 435   2023年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【成人脊柱変形とロコモ】骨粗鬆症性椎体骨折と体幹筋力・脊椎アライメントの関連 査読

    高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Loco Cure   9 ( 3 )   236 - 242   2023年08月( ISSN:2189-4221

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    脊椎アライメントの異常は腰背部痛や歩行障害,QOL低下などの要因となりうる.脊椎アライメント不良の関連因子として年齢や骨粗鬆症性椎体骨折(osteoporotic vertebral fracture:OVF),体幹筋低下などが報告されている.OVFは脊椎および骨盤のパラメーターを変化させるが,筋力により代償機構がはたらくと脊椎のバランスを保持できる.しかし体幹筋量が減少すると脊椎アライメントや腰痛,QOLに影響を及ぼすことが示されている.さらに,縦断研究では,ロコモ度2が脊椎アライメント悪化の予測因子であり,運動介入が予防に有効である可能性も示唆された.これらの知見は,高齢者の健康寿命維持に重要な情報となりうる.(著者抄録)

  • Prognosis of Cervical Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis-Related Spine Injuries in Elderly Patients: Analyses of Both Fracture and Spinal Cord Injury Without Fracture. 査読

    Segi N, Nakashima H, Machino M, Ito S, Yokogawa N, Sasagawa T, Funayama T, Eto F, Yamaji A, Watanabe K, Nori S, Takeda K, Furuya T, Yunde A, Nakajima H, Yamada T, Hasegawa T, Terashima Y, Hirota R, Suzuki H, Imajo Y, Ikegami S, Uehara M, Tonomura H, Sakata M, Hashimoto K, Onoda Y, Kawaguchi K, Haruta Y, Suzuki N, Kato K, Uei H, Sawada H, Nakanishi K, Misaki K, Terai H, Tamai K, Shirasawa E, Inoue G, Kakutani K, Kakiuchi Y, Iizuka Y, Takasawa E, Akeda K, Takegami N, Kiyasu K, Tominaga H, Tokumoto H, Funao H, Oshima Y, Yoshii T, Kaito T, Sakai D, Ohba T, Seki S, Otsuki B, Ishihara M, Miyazaki M, Okada S, Imagama S, Kato S

    Global spine journal   21925682231186757   2023年07月( ISSN:2192-5682

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/21925682231186757

    PubMed

  • Development of locomotive syndrome in elderly population after COVID-19 outbreak: A population-based cross-sectional study with over 12,000 participants(タイトル和訳中) 査読

    Terai Hidetomi, Tamai Koji, Takahashi Shinji, Katsuda Hiroshi, Shimada Nagakazu, Hori Yusuke, Kobayashi Yuto, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   28 ( 4 )   895 - 900   2023年07月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Factors Predicting the Final Diagnosis in Image-Guided Percutaneous Needle Biopsy for Suspected Spinal Tumors. 査読

    Oka M, Suzuki A, Terai H, Kato M, Toyoda H, Takahashi S, Tamai K, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   12 ( 13 )   2023年06月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm12134292

    PubMed

  • Muscle strength rather than appendicular skeletal muscle mass might affect spinal sagittal alignment, low back pain, and health-related quality of life. 査読

    Tanaka Y, Miyagi M, Inoue G, Hori Y, Inage K, Murata K, Fujimaki H, Kuroda A, Yokozeki Y, Inoue S, Mimura Y, Takahashi S, Ohyama S, Terai H, Hoshino M, Suzuki A, Tsujio T, Toyoda H, Orita S, Eguchi Y, Shiga Y, Furuya T, Maki S, Ikeda S, Shirasawa E, Imura T, Nakazawa T, Uchida K, Ohtori S, Nakamura H, Takaso M

    Scientific reports   13 ( 1 )   9894   2023年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-023-37125-w

    PubMed

  • MRIの予後不良因子を持たない新鮮骨粗鬆症性椎体骨折の保存加療における腰痛遺残リスク 査読

    岩前 真由, 寺井 秀富, 玉井 孝司, 星野 雅俊, 高橋 真治, 馬野 雅之, 小林 祐人, 勝田 紘史, 金田 国一, 島田 永和, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   14 ( 5 )   786 - 793   2023年05月( ISSN:18847137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>はじめに:</b>新鮮OVFのうちMRI予後不良因子(T2強調像で高信号限局型,低信号広範囲型)がないにも関わらず腰痛が遺残した症例について検討した.</p><p><b>対象と方法:</b>後ろ向きコホート研究.対象はOVFに対し保存加療を選択し,6ヶ月以上経過観察できた55例(平均年齢75.1歳,女性47例).MRIの予後不良因子を有する症例,馬尾・神経根の圧排を認める症例は除外した.6ヶ月時の腰痛VAS≧40の症例を腰痛遺残群(16例),その他を対照群(39例)に群分けした.評価項目は,初診時のX線動態撮影(座位・仰臥位側面)や全脊柱X線各種パラメーター,腰痛/臀部痛VAS,ODIを用いた.</p><p><b>結果:</b>単変量解析にて,初診時の臀部痛VAS(p=0.002),椎体可動角(p=0.047),TK(p=0.046),LL(p=0.031)に有意差があった.以上の有意な項目に年齢,性別,初診時腰痛VASを加えた多変量解析の結果,初診時の臀部痛VASが独立した腰痛遺残の危険因子であった(調整Odds比=1.526,p=0.019).</p><p><b>結語:</b>OVF受傷後6ヶ月時の腰痛遺残の危険因子は,初診時の臀部痛であった.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2022-0050

  • Risk Factors for Poor Outcome after Palliative Surgery for Metastatic Spinal Tumors. 査読

    Suzuki A, Terai H, Takahashi S, Kato M, Toyoda H, Tamai K, Hori Y, Okamura Y, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   12 ( 10 )   2023年05月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm12103442

    PubMed

  • 診断に難渋した胸椎病的骨折の1例 査読

    鈴木 摩耶, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 玉井 孝司, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   66 ( 3 )   507 - 508   2023年05月( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2023.507

  • Single-cell analyses and host genetics highlight the role of innate immune cells in COVID-19 severity 査読

    Edahiro R.

    Nature Genetics   55 ( 5 )   753 - 767   2023年05月( ISSN:10614036

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41588-023-01375-1

  • 高齢のロコモティブシンドローム患者の検出に用いられる人工知能モデル 横断研究(Artificial intelligence model to identify elderly patients with locomotive syndrome: A cross-section study) 査読

    Takahashi Shinji, Nonomiya Yuta, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Ohyama Shoichiro, Shintani Ayumi, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   28 ( 3 )   656 - 661   2023年05月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    高齢のロコモティブシンドローム(LS)患者の検出に用いられる人工知能(AI)ベースの決定システムを開発し、その有用性について検討した。高齢者409名(男性164名、女性245名、平均73.5±5.4歳)を対象に、横断研究を実施して足部スキャン圧システムとして歩行中の足底圧分布を測定し、さらに画像処理システムには畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いて足底圧をベースにLSの発症可能性を推定した。AIモデルのロジスティック回帰段階では、年齢、性別、身長、体重およびCNNの出力にもとづいて発症予測方程式を作成した。開発コホートの対象者は300名で、このうち104名(34.7%)がLSと診断された。三分割交差検証データセットの平均確度はトレーニングセットが0.71、検証セットが0.68を示しており、CNN出力はLS発症群の方が健常者群より有意に高かった。開発コホートにおける平均AUCは0.84、臨床モデルの平均AUCは0.80であった。足底圧分布をベースとしたAIモデルはLSのスクリーニングに有用なツールであることが示された。

  • 診断に難渋した胸椎病的骨折の1例 査読

    鈴木 摩耶, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 玉井 孝司, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   66 ( 3 )   507 - 508   2023年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は54歳女性で、人間ドックにて全身に多発する骨硬化性病変を指摘され、精査目的に当院紹介となった。経過中に腰痛が出現し、MRIで第9胸椎に病的骨折を認めた。血液検査や骨生検では異常所見は認めず、入院後に硬性コルセット装着にて安静加療を行ったが、徐々に骨折部の圧壊の進行を認めたため、第21病日に第7~12胸椎の後方除圧固定術を施行した。術中迅速病理検査では急性骨髄炎の診断であったが、術後の病理組織検査では悪性リンパ腫を否定できず、その後の精査結果よりSAPHO症候群の診断に至った。

  • MRIの予後不良因子を持たない新鮮骨粗鬆症性椎体骨折の保存加療における腰痛遺残リスク 査読

    岩前 真由, 寺井 秀富, 玉井 孝司, 星野 雅俊, 高橋 真治, 馬野 雅之, 小林 祐人, 勝田 紘史, 金田 国一, 島田 永和, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   14 ( 5 )   786 - 793   2023年05月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    はじめに:新鮮OVFのうちMRI予後不良因子(T2強調像で高信号限局型,低信号広範囲型)がないにも関わらず腰痛が遺残した症例について検討した.対象と方法:後ろ向きコホート研究.対象はOVFに対し保存加療を選択し,6ヶ月以上経過観察できた55例(平均年齢75.1歳,女性47例).MRIの予後不良因子を有する症例,馬尾・神経根の圧排を認める症例は除外した.6ヶ月時の腰痛VAS≧40の症例を腰痛遺残群(16例),その他を対照群(39例)に群分けした.評価項目は,初診時のX線動態撮影(座位・仰臥位側面)や全脊柱X線各種パラメーター,腰痛/臀部痛VAS,ODIを用いた.結果:単変量解析にて,初診時の臀部痛VAS(p=0.002),椎体可動角(p=0.047),TK(p=0.046),LL(p=0.031)に有意差があった.以上の有意な項目に年齢,性別,初診時腰痛VASを加えた多変量解析の結果,初診時の臀部痛VASが独立した腰痛遺残の危険因子であった(調整Odds比=1.526,p=0.019).結語:OVF受傷後6ヶ月時の腰痛遺残の危険因子は,初診時の臀部痛であった.(著者抄録)

  • Deep Learning Algorithm for Identifying Cervical Cord Compression Due to Degenerative Canal Stenosis on Radiography. 査読

    Tamai K, Terai H, Hoshino M, Tabuchi H, Kato M, Toyoda H, Suzuki A, Takahashi S, Yabu A, Sawada Y, Iwamae M, Oka M, Nakaniwa K, Okada M, Nakamura H

    Spine   48 ( 8 )   519 - 525   2023年04月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000004595

    PubMed

  • Delirium Risk Score in Elderly Patients with Cervical Spinal Cord Injury and/or Cervical Fracture. 査読

    Tamai K, Terai H, Nakamura H, Yokogawa N, Sasagawa T, Nakashima H, Segi N, Ito S, Funayama T, Eto F, Yamaji A, Watanabe K, Yamane J, Takeda K, Furuya T, Yunde A, Nakajima H, Yamada T, Hasegawa T, Terashima Y, Hirota R, Suzuki H, Imajo Y, Ikegami S, Uehara M, Tonomura H, Sakata M, Hashimoto K, Onoda Y, Kawaguchi K, Haruta Y, Suzuki N, Kato K, Uei H, Sawada H, Nakanishi K, Misaki K, Kuroda A, Inoue G, Kakutani K, Kakiuchi Y, Kiyasu K, Tominaga H, Tokumoto H, Iizuka Y, Takasawa E, Akeda K, Takegami N, Funao H, Oshima Y, Kaito T, Sakai D, Yoshii T, Ohba T, Otsuki B, Seki S, Miyazaki M, Ishihara M, Okada S, Imagama S, Kato S

    Journal of clinical medicine   12 ( 6 )   2023年03月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm12062387

    PubMed

  • Effects of Dementia on Outcomes after Cervical Spine Injuries in Elderly Patients: Evaluation of 1512 Cases in a Nationwide Multicenter Study in Japan. 査読

    Yamada Y, Yokogawa N, Kato S, Sasagawa T, Tsuchiya H, Nakashima H, Segi N, Ito S, Funayama T, Eto F, Yamaji A, Yamane J, Nori S, Furuya T, Yunde A, Nakajima H, Yamada T, Hasegawa T, Terashima Y, Hirota R, Suzuki H, Imajo Y, Ikegami S, Uehara M, Tonomura H, Sakata M, Hashimoto K, Onoda Y, Kawaguchi K, Haruta Y, Suzuki N, Kato K, Uei H, Sawada H, Nakanishi K, Misaki K, Terai H, Tamai K, Kuroda A, Inoue G, Kakutani K, Kakiuchi Y, Kiyasu K, Tominaga H, Tokumoto H, Iizuka Y, Takasawa E, Akeda K, Takegami N, Funao H, Oshima Y, Kaito T, Sakai D, Yoshii T, Ohba T, Otsuki B, Seki S, Miyazaki M, Ishihara M, Okada S, Imagama S, Watanabe K

    Journal of clinical medicine   12 ( 5 )   2023年02月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm12051867

    PubMed

  • Characteristics of the cervical spine and cervical cord injuries in older adults with cervical ossification of the posterior longitudinal ligament. 査読

    Okuwaki S, Funayama T, Koda M, Eto F, Yamaji A, Yokogawa N, Sasagawa T, Ando K, Nakashima H, Segi N, Watanabe K, Nori S, Takeda K, Furuya T, Yunde A, Nakajima H, Yamada T, Hasegawa T, Terashima Y, Hirota R, Suzuki H, Imajo Y, Ikegami S, Uehara M, Tonomura H, Sakata M, Hashimoto K, Onoda Y, Kawaguchi K, Haruta Y, Suzuki N, Kato K, Uei H, Sawada H, Nakanishi K, Misaki K, Terai H, Tamai K, Shirasawa E, Inoue G, Kakutani K, Kakiuchi Y, Kiyasu K, Tominaga H, Tokumoto H, Iizuka Y, Takasawa E, Akeda K, Takegami N, Funao H, Oshima Y, Kaito T, Sakai D, Yoshii T, Ohba T, Otsuki B, Seki S, Miyazaki M, Ishihara M, Okada S, Imagama S, Kato S

    Scientific reports   13 ( 1 )   2689   2023年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-023-29877-2

    PubMed

  • Relationship between body mass index and spinal pathology in community-dwelling older adults. 査読

    Takeuchi Y, Takahashi S, Ohyama S, Hori Y, Tsujio T, Kotake S, Yabu A, Hoshino M, Terai H, Kobayashi A, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   32 ( 2 )   428 - 435   2023年02月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-022-07495-2

    PubMed

  • Periostin increased by mechanical stress upregulates interleukin-6 expression in the ligamentum flavum. 査読

    Yabu A, Suzuki A, Hayashi K, Hori Y, Terai H, Orita K, Habibi H, Salimi H, Kono H, Toyoda H, Maeno T, Takahashi S, Tamai K, Ozaki T, Iwamae M, Ohyama S, Imai Y, Nakamura H

    FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   37 ( 2 )   e22726   2023年02月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1096/fj.202200917RR

    PubMed

  • Less-invasive decompression procedures can reduce risk of reoperation for lumbar spinal stenosis with diffuse idiopathic skeletal hyperostosis extended to the lumbar segment: analysis of two retrospective cohorts. 査読

    Yamada K, Toyoda H, Hyakumachi T, Abe Y, Takahashi S, Suzuki A, Terai H, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   32 ( 2 )   505 - 516   2023年02月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-022-07496-1

    PubMed

  • Influence of the timing of surgery for cervical spinal cord injury without bone injury in the elderly: A retrospective multicenter study. 査読

    Nori S, Watanabe K, Takeda K, Yamane J, Kono H, Yokogawa N, Sasagawa T, Ando K, Nakashima H, Segi N, Funayama T, Eto F, Yamaji A, Furuya T, Yunde A, Nakajima H, Yamada T, Hasegawa T, Terashima Y, Hirota R, Suzuki H, Imajo Y, Ikegami S, Uehara M, Tonomura H, Sakata M, Hashimoto K, Onoda Y, Kawaguchi K, Haruta Y, Uei H, Sawada H, Nakanishi K, Misaki K, Terai H, Tamai K, Shirasawa E, Inoue G, Kiyasu K, Iizuka Y, Takasawa E, Funao H, Kaito T, Yoshii T, Ishihara M, Okada S, Imagama S, Kato S

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   2023年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2023.01.004

    PubMed

  • Risk Factors for Early Mortality in Older Patients with Traumatic Cervical Spine Injuries-A Multicenter Retrospective Study of 1512 Cases. 査読

    Kobayashi M, Yokogawa N, Kato S, Sasagawa T, Tsuchiya H, Nakashima H, Segi N, Ito S, Funayama T, Eto F, Yamaji A, Yamane J, Nori S, Furuya T, Yunde A, Nakajima H, Yamada T, Hasegawa T, Terashima Y, Hirota R, Suzuki H, Imajo Y, Ikegami S, Uehara M, Tonomura H, Sakata M, Hashimoto K, Onoda Y, Kawaguchi K, Haruta Y, Suzuki N, Kato K, Uei H, Sawada H, Nakanishi K, Misaki K, Terai H, Tamai K, Kuroda A, Inoue G, Kakutani K, Kakiuchi Y, Kiyasu K, Tominaga H, Tokumoto H, Iizuka Y, Takasawa E, Akeda K, Takegami N, Funao H, Oshima Y, Kaito T, Sakai D, Yoshii T, Ohba T, Otsuki B, Seki S, Miyazaki M, Ishihara M, Okada S, Imagama S, Watanabe K

    Journal of clinical medicine   12 ( 2 )   2023年01月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm12020708

    PubMed

  • 私論 医療における確率について思うこと 査読

    寺井 秀富

    整形外科   74 ( 1 )   32 - 32   2023年01月( ISSN:00305901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15106/j_seikei74_32

  • Management of Antithrombotic Drugs before Elective Spine Surgery: A Nationwide Web-based Questionnaire Survey in Japan 査読

    Tezuka Fumitake, Sakai Toshinori, Imagama Shiro, Takahashi Hiroshi, Takaso Masashi, Aizawa Toshimi, Otani Koji, Okuda Shinya, Kato Satoshi, Kanemura Tokumi, Kawaguchi Yoshiharu, Konishi Hiroaki, Suda Kota, Terai Hidetomi, Nakanishi Kazuo, Nishida Kotaro, Machino Masaaki, Miyakoshi Naohisa, Murakami Hideki, Yamato Yu, Yukawa Yasutsugu, Medical Safety Promotion Committee of The Japanese Society for Spine Surgery and Related Research

    Spine Surgery and Related Research   advpub ( 0 )   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Introduction: </b>The number of patients on antithrombotic drugs for coronary heart disease or cerebrovascular disease has been increasing with the aging of society. We occasionally need to decide whether to continue or discontinue antithrombotic drugs before spine surgery. The purpose of this study is to understand the current perioperative management of antithrombotic drugs before elective spine surgery in Japan.</p><p><b>Methods: </b>In 2021, members of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research (JSSR) were asked to complete a web-based questionnaire survey that included items concerning the respondents' surgical experience, their policy regarding discontinuation or continuation of antithrombotic drugs, their reasons for decisions concerning the management of antithrombotic drugs, and their experience of perioperative complications related to the continuation or discontinuation of these drugs.</p><p><b>Results: </b>A total of 1,181 spine surgeons returned completed questionnaires, giving a response rate of 32.0%. JSSR board-certified spine surgeons comprised 75.1% of the respondents. Depending on the management policy regarding antithrombotic drugs for each comorbidity, approximately 73% of respondents discontinued these drugs before elective spine surgery, and about 80% also discontinued anticoagulants. Only 4%–5% of respondents reported continuing antiplatelet drugs, and 2.5% reported continuing anticoagulants. Among the respondents who discontinued antiplatelet drugs, 20.4% reported having encountered cerebral infarction and 3.7% reported encountering myocardial infarction; among those who discontinued anticoagulants, 13.6% reported encountering cerebral embolism and 5.4% reported encountering pulmonary embolism. However, among the respondents who continued antiplatelet drugs and those who continued anticoagulants, 26.3% and 27.2%, respectively, encountered an unexpected increase in intraoperative bleeding, and 10.3% and 8.7%, respectively, encountered postoperative spinal epidural hematoma requiring emergency surgery.</p><p><b>Conclusions:</b></p><p>Our findings indicate that, in principle, >70% of JSSR members discontinue antithrombotic drugs before elective spine surgery. However, those with a discontinuation policy have encountered thrombotic complications, while those with a continuation policy have encountered hemorrhagic complications.</p>

    DOI: 10.22603/ssrr.2023-0015

  • Epidemiology of Cervical Fracture/Cervical Spinal Cord Injury and Changes in Surgical Treatment Modalities in Elderly Individuals During a 10-year Period: A Nationwide Multicenter Study in Japan 査読

    Segi N.

    Global Spine Journal   2023年( ISSN:21925682

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/21925682231151643

  • Efficacy of Early Rehabilitation for Severe Coronavirus Disease 2019 Pneumonia: Factor Analysis Using Machine Learning.

    Ikebuchi M, Ohta Y, Minoda Y, Toki A, Nakatsuchi T, Terai H, Nakamura H, Kato R, Nakajima S

    Progress in rehabilitation medicine   8 ( 0 )   20230027   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2490/prm.20230027

    PubMed

  • Efficacy of Early Rehabilitation for Severe Coronavirus Disease 2019 Pneumonia: Factor Analysis Using Machine Learning(タイトル和訳中) 査読

    Ikebuchi Mitsuhiko, Ohta Yoichi, Minoda Yukihide, Toki Akiko, Nakatsuchi Tamotsu, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki, Kato Ryoichi, Nakajima Sigeyoshi

    Progress in Rehabilitation Medicine   8   1 - 15   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of low body mass index on clinical recovery after fusion surgery for osteoporotic vertebral fracture: A retrospective, multicenter study of 237 cases. 査読

    Inoue G, Miyagi M, Saito W, Shirasawa E, Uchida K, Hosogane N, Watanabe K, Katsumi K, Kaito T, Yamashita T, Fujiwara H, Nagamoto Y, Nojiri K, Suzuki S, Okada E, Ueda S, Hikata T, Shiono Y, Watanabe K, Terai H, Tamai K, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Ohtori S, Furuya T, Orita S, Inage K, Yoshii T, Ushio S, Funao H, Isogai N, Harimaya K, Okada S, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Doi T, Kiyasu K, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Sakai D, Tanaka M, Kimura A, Inoue H, Nakano A, Ikegami S, Shimizu M, Futatsugi T, Kakutani K, Yurube T, Nakanishi K, Oshima M, Uei H, Aoki Y, Takahata M, Iwata A, Endo H, Seki S, Murakami H, Kato S, Yoshioka K, Hongo M, Abe T, Tsukanishi T, Takaso M, Ishii K

    Medicine   101 ( 52 )   e32330   2022年12月( ISSN:0025-7974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000032330

    PubMed

  • The whole blood transcriptional regulation landscape in 465 COVID-19 infected samples from Japan COVID-19 Task Force 査読

    Wang Q.S.

    Nature Communications   13 ( 1 )   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-022-32276-2

  • Exome Sequencing Reveals De Novo Variants in Congenital Scoliosis. 査読

    Murakami K, Kikugawa S, Seki S, Terai H, Suzuki T, Nakano M, Takahashi J, Nakamura Y

    Journal of pediatric genetics   11 ( 4 )   287 - 291   2022年12月( ISSN:2146-4596

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0041-1726282

    PubMed

  • Prevalence, risk factors, and potential symptoms of hyponatremia after spinal surgery in elderly patients. 査読

    Kinoshita Y, Tamai K, Oka M, Habibi H, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Suzuki A, Takahashi S, Nakamura H

    Scientific reports   12 ( 1 )   18622   2022年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-022-23583-1

    PubMed

  • Increased Surgical Experience in Microendoscopic Spinal Surgery Can Reduce Development of Postoperative Spinal Epidural Hematoma and Improve the Clinical Outcomes. 査読

    Iwamae M, Tamai K, Kaneda K, Terai H, Katsuda H, Shimada N, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   11 ( 21 )   2022年11月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm11216495

    PubMed

  • Real-World Data Analysis of Pembrolizumab Monotherapy for NSCLC Using Japanese Postmarketing All-Case Surveillance Data 査読

    Terai H.

    JTO Clinical and Research Reports   3 ( 11 )   2022年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtocrr.2022.100404

  • 特集 整形外科領域における人工知能の応用 各論 人工知能を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の画像診断補助システム-MR画像における新鮮椎体骨折の識別 査読

    藪 晋人, 星野 雅俊, 田淵 仁志, 高橋 真治, 寺井 秀富, 升本 浩紀, 前野 考史, 岩前 真由, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳, 中村 博亮

    臨床整形外科   57 ( 10 )   1205 - 1211   2022年10月( ISSN:05570433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.1408202457

  • Machine-learning-based approach for nonunion prediction following osteoporotic vertebral fractures. 査読

    Takahashi S, Terai H, Hoshino M, Tsujio T, Kato M, Toyoda H, Suzuki A, Tamai K, Yabu A, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   2022年10月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-022-07431-4

    PubMed

  • 【整形外科領域における人工知能の応用】人工知能を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の画像診断補助システム MR画像における新鮮椎体骨折の識別 査読

    藪 晋人, 星野 雅俊, 田淵 仁志, 高橋 真治, 寺井 秀富, 升本 浩紀, 前野 考史, 岩前 真由, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳, 中村 博亮

    臨床整形外科   57 ( 10 )   1205 - 1211   2022年10月( ISSN:0557-0433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いてMR画像(T1強調画像,矢状断)による新鮮骨粗鬆症性椎体骨折(OVF)の診断を行い,その精度を2人の脊椎外科医と比較した.新鮮OVFの診断においてCNNのROC曲線下面積は0.949であった.感度,特異性および精度は(CNN/脊椎外科医1/脊椎外科医2)感度:0.881/0.881/1.000,特異度:0.879/0.862/0.655,精度:0.880/0.870/0.800であった.MR画像を用いた新鮮OVF診断において,CNN分類器の診断能は良好であり,また脊椎外科医と同等であった.

  • Factors Affecting the Waiting Time from Injury to Surgery in Elderly Patients with a Cervical Spine Injury: A Japanese Multicenter Survey. 査読

    Uehara M, Ikegami S, Takizawa T, Oba H, Yokogawa N, Sasagawa T, Ando K, Nakashima H, Segi N, Funayama T, Eto F, Yamaji A, Watanabe K, Nori S, Takeda K, Furuya T, Yunde A, Nakajima H, Yamada T, Hasegawa T, Terashima Y, Hirota R, Suzuki H, Imajo Y, Tonomura H, Sakata M, Hashimoto K, Onoda Y, Kawaguchi K, Haruta Y, Suzuki N, Kato K, Uei H, Sawada H, Nakanishi K, Misaki K, Terai H, Tamai K, Shirasawa E, Inoue G, Kakutani K, Kakiuchi Y, Kiyasu K, Tominaga H, Tokumoto H, Iizuka Y, Takasawa E, Akeda K, Takegami N, Funao H, Oshima Y, Kaito T, Sakai D, Yoshii T, Otsuki B, Seki S, Miyazaki M, Ishihara M, Okada S, Imagama S, Kato S

    World neurosurgery   166   e815 - e822   2022年10月( ISSN:1878-8750

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2022.07.104

    PubMed

  • Differences in clinical characteristics of cervical spine injuries in older adults by external causes: a multicenter study of 1512 cases. 査読

    Yokogawa N, Kato S, Sasagawa T, Hayashi H, Tsuchiya H, Ando K, Nakashima H, Segi N, Funayama T, Eto F, Yamaji A, Nori S, Yamane J, Furuya T, Yunde A, Nakajima H, Yamada T, Hasegawa T, Terashima Y, Hirota R, Suzuki H, Imajo Y, Ikegami S, Uehara M, Tonomura H, Sakata M, Hashimoto K, Onoda Y, Kawaguchi K, Haruta Y, Suzuki N, Kato K, Uei H, Sawada H, Nakanishi K, Misaki K, Terai H, Tamai K, Shirasawa E, Inoue G, Kakutani K, Kakiuchi Y, Kiyasu K, Tominaga H, Tokumoto H, Iizuka Y, Takasawa E, Akeda K, Takegami N, Funao H, Oshima Y, Kaito T, Sakai D, Yoshii T, Ohba T, Otsuki B, Seki S, Miyazaki M, Ishihara M, Okada S, Imagama S, Watanabe K

    Scientific reports   12 ( 1 )   15867   2022年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-022-19789-y

    PubMed

  • DOCK2 is involved in the host genetics and biology of severe COVID-19 査読

    Namkoong H.

    Nature   609 ( 7928 )   754 - 760   2022年09月( ISSN:00280836

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41586-022-05163-5

  • Postoperative Physical Therapy Program Focused on Low Back Pain Can Improve Treatment Satisfaction after Minimally Invasive Lumbar Decompression. 査読

    Terai H, Tamai K, Kaneda K, Omine T, Katsuda H, Shimada N, Kobayashi Y, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   11 ( 19 )   2022年09月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm11195566

    PubMed

  • Change in Physical and Mental Quality-of-Life between the Short- and Mid-Term Periods after Cervical Laminoplasty for Cervical Spondylotic Myelopathy: A Retrospective Cohort Study with Minimum 5 Years Follow-up. 査読

    Tamai K, Suzuki A, Terai H, Kato M, Toyoda H, Takahashi S, Yabu A, Sawada Y, Iwamae M, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   11 ( 17 )   2022年09月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm11175230

    PubMed

  • A multicenter study of 1-year mortality and walking capacity after spinal fusion surgery for cervical fracture in elderly patients. 査読

    Sasagawa T, Yokogawa N, Hayashi H, Tsuchiya H, Ando K, Nakashima H, Segi N, Watanabe K, Nori S, Takeda K, Furuya T, Yunde A, Ikegami S, Uehara M, Suzuki H, Imajo Y, Funayama T, Eto F, Yamaji A, Hashimoto K, Onoda Y, Kakutani K, Kakiuchi Y, Suzuki N, Kato K, Terashima Y, Hirota R, Yamada T, Hasegawa T, Kawaguchi K, Haruta Y, Seki S, Tonomura H, Sakata M, Uei H, Sawada H, Tominaga H, Tokumoto H, Kaito T, Iizuka Y, Takasawa E, Oshima Y, Terai H, Tamai K, Otsuki B, Miyazaki M, Nakajima H, Nakanishi K, Misaki K, Inoue G, Kiyasu K, Akeda K, Takegami N, Yoshii T, Ishihara M, Okada S, Aoki Y, Harimaya K, Murakami H, Ishii K, Ohtori S, Imagama S, Kato S

    BMC musculoskeletal disorders   23 ( 1 )   798   2022年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12891-022-05752-5

    PubMed

  • Decreased daily exercise since the COVID-19 pandemic and the deterioration of health-related quality of life in the elderly population: a population-based cross-sectional study. 査読

    Tamai K, Terai H, Takahashi S, Katsuda H, Shimada N, Habibi H, Nakamura H

    BMC geriatrics   22 ( 1 )   678   2022年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12877-022-03316-9

    PubMed

  • 特集 脊椎・脊髄感染症の診断と治療-最近の知見 脊椎感染症の手術療法 査読

    寺井 秀富, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   35 ( 3 )   153 - 160   2022年08月( ISSN:09144412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.5002201812

  • 【脊椎・脊髄感染症の診断と治療-最近の知見】脊椎感染症の手術療法 査読

    寺井 秀富, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   35 ( 3 )   153 - 160   2022年08月( ISSN:0914-4412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>はじめに 近年,人口の高齢化に伴って脊椎感染症の発生も増加している.脊椎感染症の治療戦略は,基本的に適切な抗菌薬投与と局所安静による保存療法である.しかし,抗菌薬投与のみで感染を鎮静化できない場合,疼痛を制御できない場合,神経障害を生じている場合,椎体破壊が進行し脊柱不安定性を生じる場合などでは手術加療を検討しなければならない.手術療法として,ドレナージ,後方除圧術,後方固定術,前方固定術などさまざまな方法が報告されている.個々の症例の状態に応じた手術療法を選択すべきであるが,骨粗鬆症,糖尿病といった併存症の多い高齢者,ステロイド・免疫抑制剤の使用や血液透析患者などの易感染性宿主など本来手術を避けたい症例にこそ手術加療が必要になることも多く,可能な限り低侵襲な治療法が望まれる.近年,経皮的スクリューや低侵襲前方アプローチといった低侵襲脊椎手術の発展とともに,脊椎感染症の治療も変化してきている.本稿では,脊椎感染症に対する手術療法としてドレナージ,後方除圧,後方固定,前方固定(椎体間固定)の各手技について概説する.

  • Is Blood Loss Greater in Elderly Patients under Antiplatelet or Anticoagulant Medication for Cervical Spine Injury Surgery?: A Japanese Multicenter Survey(和訳中) 査読

    Uehara Masashi, Ikegami Shota, Takizawa Takashi, Oba Hiroki, Yokogawa Noriaki, Sasagawa Takeshi, Ando Kei, Nakashima Hiroaki, Segi Naoki, Funayama Toru, Eto Fumihiko, Yamaji Akihiro, Watanabe Kota, Nori Satoshi, Takeda Kazuki, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Nakajima Hideaki, Yamada Tomohiro, Hasegawa Tomohiko, Terashima Yoshinori, Hirota Ryosuke, Suzuki Hidenori, Imajo Yasuaki, Tonomura Hitoshi, Sakata Munehiro, Hashimoto Ko, Onoda Yoshito, Kawaguchi Kenichi, Haruta Yohei, Suzuki Nobuyuki, Kato Kenji, Uei Hiroshi, Sawada Hirokatsu, Nakanishi Kazuo, Misaki Kosuke, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Shirasawa Eiki, Inoue Gen, Kakutani Kenichiro, Kakiuchi Yuji, Kiyasu Katsuhito, Tominaga Hiroyuki, Tokumoto Hiroto, Iizuka Yoichi, Takasawa Eiji, Akeda Koji, Takegami Norihiko, Funao Haruki, Oshima Yasushi, Kaito Takashi, Sakai Daisuke, Yoshii Toshitaka, Ohba Tetsuro, Otsuki Bungo, Seki Shoji, Miyazaki Masashi, Ishihara Masayuki, Okada Seiji, Aoki Yasuchika, Harimaya Katsumi, Murakami Hideki, Ishii Ken, Ohtori Seiji, Imagama Shiro, Kato Satoshi

    Spine Surgery and Related Research   6 ( 4 )   366 - 372   2022年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shiraniwa Studyからみた高齢者腰痛の特徴とその対策 査読

    大山 翔一朗, 高橋 真治, 星野 雅俊, 堀 悠介, 藪 晋人, 辻尾 唯雄, 竹内 雄一, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   13 ( 6 )   809 - 817   2022年06月( ISSN:18847137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.34371/jspineres.2022-0602

  • 人工知能技術を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の画像診断補助システム 査読

    藪 晋人, 高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   13 ( 6 )   844 - 850   2022年06月( ISSN:18847137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.34371/jspineres.2022-0607

  • Does surgery improve neurological outcomes in older individuals with cervical spinal cord injury without bone injury? A multicenter study. 査読

    Nori S, Watanabe K, Takeda K, Yamane J, Kono H, Yokogawa N, Sasagawa T, Ando K, Nakashima H, Segi N, Funayama T, Eto F, Yamaji A, Furuya T, Yunde A, Nakajima H, Yamada T, Hasegawa T, Terashima Y, Hirota R, Suzuki H, Imajo Y, Ikegami S, Uehara M, Tonomura H, Sakata M, Hashimoto K, Onoda Y, Kawaguchi K, Haruta Y, Suzuki N, Kato K, Uei H, Sawada H, Nakanishi K, Misaki K, Terai H, Tamai K, Shirasawa E, Inoue G, Kiyasu K, Iizuka Y, Takasawa E, Funao H, Kaito T, Yoshii T, Ishihara M, Okada S, Imagama S, Kato S

    Spinal cord   2022年06月( ISSN:1362-4393

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41393-022-00818-6

    PubMed

  • Development of locomotive syndrome in elderly population after COVID-19 outbreak: A population-based cross-sectional study with over 12,000 participants. 査読

    Terai H, Tamai K, Takahashi S, Katsuda H, Shimada N, Hori Y, Kobayashi Y, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   2022年06月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2022.05.012

    PubMed

  • Decreased muscle mass and strength affected spinal sagittal malalignment. 査読

    Miyagi M, Inoue G, Hori Y, Inage K, Murata K, Kawakubo A, Fujimaki H, Koyama T, Yokozeki Y, Mimura Y, Takahashi S, Ohyama S, Terai H, Hoshino M, Suzuki A, Tsujio T, Dohzono S, Sasaoka R, Toyoda H, Orita S, Eguchi Y, Shiga Y, Furuya T, Maki S, Shirasawa E, Saito W, Imura T, Nakazawa T, Uchida K, Ohtori S, Nakamura H, Takaso M

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   31 ( 6 )   1431 - 1437   2022年06月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-022-07151-9

    PubMed

  • 【超高齢社会における腰痛診療】Shiraniwa Studyからみた高齢者腰痛の特徴とその対策 査読

    大山 翔一朗, 高橋 真治, 星野 雅俊, 堀 悠介, 藪 晋人, 辻尾 唯雄, 竹内 雄一, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   13 ( 6 )   809 - 817   2022年06月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は2016年8月より都市圏在住65歳以上の高齢者409名を対象に,腰痛を含めた身体症状や,身体機能評価,画像検査からなる観察研究(Shiraniwa Study)を行っている.その横断解析の結果より,高齢者腰痛の独立した関連因子は脊柱インバランス(SVA>95),肥満(BMI≧25.0),既存椎体骨折,不安の強さであり,腰痛対策としてこれらに介入することが有効と考えた.縦断的に脊柱インバランス進行を生じた高齢者の特徴を解析したところ,ロコモ度2は独立した脊柱インバランス進行の予測因子であった.また,経時的にロコモ度が改善した高齢者は体重減少を認めていたことから,減量はロコモ度改善を介して脊柱インバランス進行の抑制に寄与する可能性があると考えられた.減量は高齢者腰痛の関連因子である,肥満,脊柱インバランスの両者に影響することから,有効な高齢者腰痛対策となり得ると注目している.(著者抄録)

  • 【新技術の腰痛診療への応用】人工知能技術を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の画像診断補助システム 査読

    藪 晋人, 高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   13 ( 6 )   844 - 850   2022年06月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    高齢化社会の進行に伴い,骨粗鬆症患者数も増加の一途をたどっている.骨粗鬆症性椎体骨折は高齢者のADLやQOLを低下させるため,早期に適切な治療介入を行う必要があり,精度の高い診断が重要となる.近年,人工知能による物体認識は畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional neural network:CNN)の開発により著しく改善を認め,画像診断サポートツールに応用されている.過去に我々はCNNを用いてMR画像で新鮮椎体骨折を検出するシステムを構築した.本稿ではその研究成果を述べるとともに骨粗鬆症性椎体骨折に関する診断や画像診断サポートツールとしての人工知能の有用性についてレビューした.(著者抄録)

  • Mid-term changes in spinopelvic sagittal alignment in lumbar spinal stenosis with coexisting degenerative spondylolisthesis or scoliosis after minimally invasive lumbar decompression surgery: minimum five-year follow-up. 査読

    Salimi H, Toyoda H, Terai H, Yamada K, Hoshino M, Suzuki A, Takahashi S, Tamai K, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   22 ( 5 )   819 - 826   2022年05月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2021.11.012

    PubMed

  • Long-Term Outcomes in Elderly Patients After Deferral of Coronary Revascularization Guided by Fractional Flow Reserve. 査読

    Ueki Y, Kuramitsu S, Saigusa T, Senda K, Matsuo H, Horie K, Takashima H, Terai H, Kikuta Y, Ishihara T, Sakamoto T, Suematsu N, Shiono Y, Asano T, Tsujita K, Masamura K, Doijiri T, Sasaki Y, Ogita M, Kurita T, Matsuo A, Harada K, Yaginuma K, Kanemura N, Sonoda S, Yokoi H, Tanaka N, J-CONFIRM Investigators.

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   2022年03月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-21-1024

    PubMed

  • Facet Joint Opening on Computed Tomography Is a Predictor of Poor Clinical Outcomes After Minimally Invasive Decompression Surgery for Lumbar Spinal Stenosis. 査読

    Yamada K, Toyoda H, Takahashi S, Tamai K, Suzuki A, Hoshino M, Terai H, Nakamura H

    Spine   47 ( 5 )   405 - 413   2022年03月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000004262

    PubMed

  • 【アスリートの椎間板-椎間板を制するものは腰痛を制す-】アスリートの椎間板 ラグビー選手の椎間板 査読

    寺井 秀富, 橋本 祐介, 西野 壱哉, 中村 博亮

    臨床スポーツ医学   39 ( 3 )   256 - 261   2022年03月( ISSN:0289-3339

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression and function of fibroblast growth factor 1 in the hypertrophied ligamentum flavum of lumbar spinal stenosis. 査読

    Habibi H, Suzuki A, Hayashi K, Salimi H, Hori Y, Orita K, Yabu A, Terai H, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   27 ( 2 )   299 - 307   2022年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2021.01.004

    PubMed

  • Expression and function of fibroblast growth factor 1 in the hypertrophied ligamentum flavum of lumbar spinal stenosis(和訳中) 査読

    Habibi Hasibullah, Suzuki Akinobu, Hayashi Kazunori, Salimi Hamidullah, Hori Yusuke, Orita Kumi, Yabu Akito, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   27 ( 2 )   299 - 307   2022年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anti-seizure effects of medicinal plants in Malawi on pentylenetetrazole-induced seizures in zebrafish larvae. 査読

    Gwedela MNV, Terai H, Lampiao F, Matsunami K, Aizawa H

    Journal of ethnopharmacology   284   114763   2022年02月( ISSN:0378-8741

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jep.2021.114763

    PubMed

  • Artificial intelligence model to identify elderly patients with locomotive syndrome: A cross-section study. 査読

    Takahashi S, Nonomiya Y, Terai H, Hoshino M, Ohyama S, Shintani A, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   2022年02月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2022.01.010

    PubMed

  • A deep learning algorithm to identify cervical ossification of posterior longitudinal ligaments on radiography. 査読

    Tamai K, Terai H, Hoshino M, Yabu A, Tabuchi H, Sasaki R, Nakamura H

    Scientific reports   12 ( 1 )   2113   2022年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-022-06140-8

    PubMed

  • Incidence of postoperative progressive segment degeneration at decompression and adjacent segments after minimally invasive lumbar decompression surgery: a 5-year follow-up study. 査読

    Habibi H, Toyoda H, Terai H, Yamada K, Hoshino M, Suzuki A, Takahashi S, Tamai K, Salimi H, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Spine   37 ( 1 )   1 - 8   2022年02月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2021.12.SPINE211151

    PubMed

  • Association of Guideline-Directed Medical Therapy Adherence with Outcomes After Fractional Flow Reserve-Based Deferral of Revascularization. 査読

    Ishii M, Kuramitsu S, Yamanaga K, Matsuo H, Horie K, Takashima H, Terai H, Kikuta Y, Ishihara T, Saigusa T, Sakamoto T, Suematsu N, Shiono Y, Asano T, Masamura K, Doijiri T, Toyota F, Ogita M, Kurita T, Matsuo A, Harada K, Yaginuma K, Kanemura N, Sonoda S, Yokoi H, Tanaka N, Tsujita K, J- CONFIRM Registry Investigators .

    European heart journal. Cardiovascular pharmacotherapy   2022年02月( ISSN:2055-6837

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ehjcvp/pvac008

    PubMed

  • The health-related quality of life of patients with musculoskeletal disorders after the COVID-19 pandemic. 査読

    Terai H, Tamai K, Takahashi S, Hori Y, Iwamae M, Ohyama S, Yabu A, Hoshino M, Nakamura H

    International orthopaedics   46 ( 2 )   189 - 195   2022年02月( ISSN:0341-2695

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00264-021-05256-2

    PubMed

  • Five-Year Outcomes After Fractional Flow Reserve-Based Deferral of Revascularization in Chronic Coronary Syndrome: Final Results From the J-CONFIRM Registry. 査読

    Kuramitsu S, Matsuo H, Shinozaki T, Horie K, Takashima H, Terai H, Kikuta Y, Ishihara T, Saigusa T, Sakamoto T, Suematsu N, Shiono Y, Asano T, Tsujita K, Masamura K, Doijiri T, Toyota F, Ogita M, Kurita T, Matsuo A, Harada K, Yaginuma K, Sonoda S, Yokoi H, Tanaka N, J-CONFIRM Investigators.

    Circulation. Cardiovascular interventions   15 ( 2 )   e011387   2022年02月( ISSN:1941-7640

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCINTERVENTIONS.121.011387

    PubMed

  • Impact of the COVID-19 Pandemic on Elderly Patients with Spinal Disorders. 査読

    Terai H, Takahashi S, Tamai K, Hori Y, Iwamae M, Hoshino M, Ohyama S, Yabu A, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   11 ( 3 )   2022年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm11030602

    PubMed

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するBalloon Kyphoplastyと保存治療の医療費の比較:介護費とインフォーマルケア費の検討 査読

    高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   13 ( 1 )   57 - 64   2022年01月( ISSN:18847137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>はじめに:</b>骨粗鬆症性椎体骨折(OVF)は高齢者の多くが罹患する骨折であり介護費用に与える影響が懸念される.一方でBalloon kyphoplasty(BKP)はOVFに対して広く行われている治療の一つである.本研究目的は過去の報告をもとに介護費用及び介護者の生産性損失を含めた保存治療およびBKPの費用を推計することである.</p><p><b>対象と方法:</b>OVF後のADL分布は,新規にOVFを発症した受傷後2ヶ月以内の65歳以上の者を対象としてBKPあるいは保存治療を実施した6ヶ月間の多施設前向き研究のデータを使用した.介護費用の推計やインフォーマルケア費用の推計について,主に厚生労働省が公表しているデータを基に推計した.</p><p><b>結果:</b>介護費用は,治療実施6ヶ月後時点のADL分布と要介護度と日常生活自立度の分布を基に算出した.治療実施6ヶ月後時点の要介護度別の1人あたり介護費は,BKP群39,497円/月,保存療法群58,298円/月,差分18,801円/月であった.インフォーマルケア費用の比較として,治療実施6ヶ月後時点の要介護度別の1人あたりインフォーマルケア費用は,BKP群で35,722円/月,保存療法群で44,102円/月,差分は8,380円/月であった.</p><p><b>結語:</b>BKPによるADLの改善が,介護費用および介護者の生産性損失を削減する可能性がある.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2021-0041

    CiNii Article

  • 臨床室 脊椎術後に発生した鉱質コルチコイド反応性低ナトリウム血症の1例 査読

    木下 右貴, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    整形外科   73 ( 1 )   28 - 31   2022年01月( ISSN:00305901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15106/j_seikei73_28

  • Improvements in Mental Well-Being and its Predictive Factors in Patients who Underwent Cervical versus Lumbar Decompression Surgery(和訳中) 査読

    Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Takahashi Shinji, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   6 ( 1 )   10 - 16   2022年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 臨床室 脊椎術後に発生した鉱質コルチコイド反応性低ナトリウム血症の1例 査読

    木下 右貴, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    整形外科   73 ( 1 )   28 - 31   2022年01月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は77歳女性で、両下肢痛、両下肢しびれ、腰痛を主訴とした。腰部脊椎管狭窄症の診断でL4/L5前側方進入椎体間固定術を施行した。術後3日に低Na血症(129mEq/l)を認め、食塩経口負荷で一旦改善傾向を認めたが、術後12日のリハビリテーション後よりNa 116mEq/lの重篤な低Na血症を認めた。アンジオテンシンII受容体拮抗薬系降圧薬とNSAIDsを定期内服し、初回の腰椎後方除圧術後にも低Na血症で入院加療した既往が判明し、鉱質コルチコイド反応性低Na血症の可能性を考えた。イルベサルタン・アムロジピンベシル酸塩配合、セレコキシブの内服を中止し、1.7%生理食塩水投与を開始した。翌日にNa 124mEq/lまで改善したため1.2%生理食塩水投与に変更し、術後17日より食塩経口負荷を、術後19日よりフルドロコルチゾン酢酸エステル投与を開始した。術後22日にNa 133mEq/lで自宅退院し、退院後4ヵ月でフルドロコルチゾン酢酸エステルを終了した。

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するBalloon Kyphoplastyと保存治療の医療費の比較 介護費とインフォーマルケア費の検討 査読

    高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   13 ( 1 )   57 - 64   2022年01月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    はじめに:骨粗鬆症性椎体骨折(OVF)は高齢者の多くが罹患する骨折であり介護費用に与える影響が懸念される.一方でBalloon kyphoplasty(BKP)はOVFに対して広く行われている治療の一つである.本研究目的は過去の報告をもとに介護費用及び介護者の生産性損失を含めた保存治療およびBKPの費用を推計することである.対象と方法:OVF後のADL分布は,新規にOVFを発症した受傷後2ヵ月以内の65歳以上の者を対象としてBKPあるいは保存治療を実施した6ヵ月間の多施設前向き研究のデータを使用した.介護費用の推計やインフォーマルケア費用の推計について,主に厚生労働省が公表しているデータを基に推計した.結果:介護費用は,治療実施6ヵ月後時点のADL分布と要介護度と日常生活自立度の分布を基に算出した.治療実施6ヵ月後時点の要介護度別の1人あたり介護費は,BKP群39,497円/月,保存療法群58,298円/月,差分18,801円/月であった.インフォーマルケア費用の比較として,治療実施6ヵ月後時点の要介護度別の1人あたりインフォーマルケア費用は,BKP群で35,722円/月,保存療法群で44,102円/月,差分は8,380円/月であった.結語:BKPによるADLの改善が,介護費用および介護者の生産性損失を削減する可能性がある.(著者抄録)

  • Improvements in Mental Well-Being and its Predictive Factors in Patients who Underwent Cervical versus Lumbar Decompression Surgery.

    Tamai K, Suzuki A, Toyoda H, Terai H, Hoshino M, Takahashi S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Spine surgery and related research   6 ( 1 )   10 - 16   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22603/ssrr.2021-0060

    PubMed

    CiNii Article

  • Prognostic Factors for Respiratory Dysfunction for Cervical Spinal Cord Injury and/or Cervical Fractures in Elderly Patients: A Multicenter Survey 査読

    Hirota R.

    Global Spine Journal   2022年( ISSN:21925682

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/21925682221095470

  • Finding of the factors affecting the severity of COVID-19 based on mathematical models. 査読

    Qu J, Sumali B, Lee H, Terai H, Ishii M, Fukunaga K, Mitsukura Y, Nishimura T

    Scientific reports   11 ( 1 )   24224   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-03632-x

    PubMed

  • Clinical Comparison of Combined Cortical Bone Trajectory and Transarticular Surface Screw Versus Standard Pedicle Screw Insertion by Wiltse Approach for L5 Isthmic Spondylolisthesis. 査読

    Terai H, Tamai K, Takahashi S, Umano M, Iwamae M, Toyoda H, Suzuki A, Hoshino M, Nakamura H

    Clinical spine surgery   34 ( 10 )   E580 - E587   2021年12月( ISSN:2380-0186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0000000000001170

    PubMed

  • Electrophysiological and pharmacological characterization of spreading depolarization in the adult zebrafish tectum. 査読

    Terai H, Gwedela MNV, Kawakami K, Aizawa H

    Journal of neurophysiology   126 ( 6 )   1934 - 1942   2021年12月( ISSN:0022-3077

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/jn.00343.2021

    PubMed

  • 経験と考察 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行による生活様式の変化に対して運動指導を希望する整形外科患者の特徴 査読

    馬野 雅之, 寺井 秀富, 玉井 孝司, 勝田 紘史, 島田 永和, 中村 博亮

    整形外科   72 ( 13 )   1327 - 1332   2021年12月( ISSN:00305901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15106/j_seikei72_1327

  • A phase I/II study of osimertinib in EGFR exon 20 insertion mutation-positive non-small cell lung cancer. 査読

    Yasuda H, Ichihara E, Sakakibara-Konishi J, Zenke Y, Takeuchi S, Morise M, Hotta K, Sato M, Matsumoto S, Tanimoto A, Matsuzawa R, Kiura K, Takashima Y, Yano S, Koyama J, Fukushima T, Hamamoto J, Terai H, Ikemura S, Takemura R, Goto K, Soejima K

    Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   162   140 - 146   2021年12月( ISSN:0169-5002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2021.10.006

    PubMed

  • 【高齢者の脊椎脆弱性骨折に対する最小侵襲手術】骨粗鬆症性椎体骨折の画像診断と治療戦略 査読

    寺井 秀富

    整形外科最小侵襲手術ジャーナル   ( 101 )   10 - 16   2021年12月( ISSN:1342-3991

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    超高齢社会の到来に伴い、すべての整形外科医にとって骨粗鬆症性椎体骨折は向き合わなければならない疾患となった。骨粗鬆症性椎体骨折は1つの疾患として呼称されているが、病期によって様々な症状と病態を呈し、それらを一括りにすることはできない。治療方法は病態に即した方法を選択しなければ十分な治療効果が望めないため、正確な病期・病態の把握が治療の第一歩となる。骨粗鬆症性椎体骨折の病期・病態の把握には症状や身体所見とあわせ、画像診断を欠かすことはできない。限られた医療資源のなかで必要な画像検査を取捨選択し、適切な治療方針を立てる必要がある。本稿では各病期・病態に応じた画像検査とその解釈を示し、どのように治療戦略を立てていくのかを解説する。(著者抄録)

  • 経験と考察 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行による生活様式の変化に対して運動指導を希望する整形外科患者の特徴 査読

    馬野 雅之, 寺井 秀富, 玉井 孝司, 勝田 紘史, 島田 永和, 中村 博亮

    整形外科   72 ( 13 )   1327 - 1332   2021年12月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2020年11〜12月に大阪府内で行われた大規模アンケート調査から、COVID-19流行以後の生活様式の変化に対して運動指導を希望する整形外科患者の特徴について分析した。その結果、運動指導の希望がある患者は高齢、女性、膝関節疾患や股関節疾患、外出頻度が低下した患者、運動頻度が低下した患者、運動頻度が増加した患者で有意に多かった。また、運動指導の希望がない患者でも運動習慣の低下が約1/3、ADLの増悪が約1割の患者に存在することが明らかになった。

  • Characteristics and Short-Term Surgical Outcomes of Patients with Recurrent Lumbar Disc Herniation after Percutaneous Laser Disc Decompression. 査読

    Terai H, Tamai K, Iwamae M, Kaneda K, Katsuda H, Shimada N, Nakamura H

    Medicina (Kaunas, Lithuania)   57 ( 11 )   2021年11月( ISSN:1010-660X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/medicina57111225

    PubMed

  • Reductions in the Frequency of Going Out Due to the COVID-19 Pandemic Negatively Affect Patients with Spinal Disorders(和訳中) 査読

    Terai Hidetomi, Iwamae Masayoshi, Tamai Koji, Takahashi Shinji, Hori Yusuke, Ohyama Shoichiro, Yabu Akito, Hoshino Masatoshi, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   5 ( 6 )   365 - 374   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Percutaneous Endovascular Retrieval of Large Cement Leakage into the Right Atrium Following Cement-Augmented Pedicle Screw Instrumentation(和訳中) 査読

    Takahashi Shinji, Sohgawa Etsuji, Suzuki Akinobu, Yamamoto Akira, Sasaki Ryo, Tanaka Katsuaki, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Tamai Koji, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   5 ( 6 )   446 - 449   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comprehensive and long-term surveys of COVID-19 sequelae in Japan, an ambidirectional multicentre cohort study: study protocol. 査読

    Nakagawara K, Namkoong H, Terai H, Masaki K, Tanosaki T, Shimamoto K, Lee H, Tanaka H, Okamori S, Kabata H, Chubachi S, Ikemura S, Kamata H, Yasuda H, Kawada I, Ishii M, Ishibashi Y, Harada S, Fujita T, Ito D, Bun S, Tabuchi H, Kanzaki S, Shimizu E, Fukuda K, Yamagami J, Kobayashi K, Hirano T, Inoue T, Kagyo J, Shiomi T, Ohgino K, Sayama K, Otsuka K, Miyao N, Odani T, Oyamada Y, Masuzawa K, Nakayama S, Suzuki Y, Baba R, Nakachi I, Kuwahara N, Ishiguro T, Mashimo S, Minematsu N, Ueda S, Manabe T, Funatsu Y, Koh H, Yoshiyama T, Saito F, Ishioka K, Takahashi S, Nakamura M, Goto A, Harada N, Kusaka Y, Nakano Y, Nishio K, Tateno H, Edahiro R, Takeda Y, Kumanogoh A, Kodama N, Okamoto M, Umeda A, Hagimura K, Sato T, Miyazaki N, Takemura R, Sato Y, Takebayashi T, Nakahara J, Mimura M, Ogawa K, Shimmura S, Negishi K, Tsubota K, Amagai M, Goto R, Ibuka Y, Hasegawa N, Kitagawa Y, Kanai T, Fukunaga K

    BMJ open respiratory research   8 ( 1 )   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bmjresp-2021-001015

    PubMed

  • Prevalence of Restless Legs Syndrome and its Symptoms among Patients with Spinal Disorders. 査読

    Terai H, Toyoda H, Hoshino M, Suzuki A, Takahashi S, Tamai K, Ohyama S, Yabu A, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   10 ( 21 )   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm10215001

    PubMed

  • Relationship between facet joint opening on CT and facet joint effusion on MRI in patients with lumbar spinal stenosis: analysis of a less invasive decompression procedure. 査読

    Yamada K, Toyoda H, Takahashi S, Tamai K, Suzuki A, Hoshino M, Terai H, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Spine   36 ( 3 )   1 - 9   2021年10月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2021.6.SPINE21721

    PubMed

  • Using artificial intelligence to diagnose fresh osteoporotic vertebral fractures on magnetic resonance images. 査読

    Yabu A, Hoshino M, Tabuchi H, Takahashi S, Masumoto H, Akada M, Morita S, Maeno T, Iwamae M, Inose H, Kato T, Yoshii T, Tsujio T, Terai H, Toyoda H, Suzuki A, Tamai K, Ohyama S, Hori Y, Okawa A, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   21 ( 10 )   1652 - 1658   2021年10月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2021.03.006

    PubMed

  • Clinical Efficacy and Future Prospects of Immunotherapy in Lung Cancer. 査読

    Kinoshita T, Terai H, Yaguchi T

    Life (Basel, Switzerland)   11 ( 10 )   2021年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/life11101029

    PubMed

  • Clinical outcomes of laminoplasty for patients with lysosomal storage disease including mucopolysaccharidosis and mucolipidoses: a retrospective cohort study. 査読

    Terai H, Tamai K, Hoshino M, Toyoda H, Suzuki A, Takahashi S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Orphanet journal of rare diseases   16 ( 1 )   401   2021年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13023-021-02031-9

    PubMed

  • Clinical Outcomes of Minimally Invasive Posterior Decompression for Lumbar Spinal Stenosis with Degenerative Spondylolisthesis. 査読

    Kobayashi Y, Tamai K, Toyoda H, Terai H, Hoshino M, Suzuki A, Takahashi S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Spine   46 ( 18 )   1218 - 1225   2021年09月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000003997

    PubMed

  • Direct Lateral Corpectomy and Reconstruction Using an Expandable Cage Improves Local Kyphosis but Not Global Sagittal Alignment. 査読

    Terai H, Takahashi S, Yasuda H, Konishi S, Maeno T, Kono H, Matsumura A, Namikawa T, Kato M, Hoshino M, Tamai K, Toyoda H, Suzuki A, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   10 ( 17 )   2021年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm10174012

    PubMed

  • Impact of the COVID-19 pandemic on the development of locomotive syndrome. 査読

    Terai H, Hori Y, Takahashi S, Tamai K, Iwamae M, Hoshino M, Ohyama S, Yabu A, Nakamura H

    Journal of orthopaedic surgery (Hong Kong)   29 ( 3 )   23094990211060967   2021年09月( ISSN:1022-5536

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/23094990211060967

    PubMed

  • Can Conventional Magnetic Resonance Imaging Substitute Three-Dimensional Magnetic Resonance Imaging in the Diagnosis of Lumbar Foraminal Stenosis? 査読

    Hasib MM, Yamada K, Hoshino M, Yamada E, Tamai K, Takahashi S, Suzuki A, Toyoda H, Terai H, Nakamura H

    Asian spine journal   15 ( 4 )   472 - 480   2021年08月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.31616/asj.2020.0133

    PubMed

  • 【痛み-慢性痛研究の最近の話題と将来展望】治療 骨粗鬆症性椎体骨折の治療にエビデンスはあるのか? 査読

    星野 雅俊, 寺井 秀富, 高橋 真治

    医学のあゆみ   278 ( 1 )   88 - 93   2021年07月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    痛みの克服は高齢者の日常生活動作(ADL)や生活の質(QOL)の向上に大きく寄与するため重要テーマであり、骨粗鬆症性椎体骨折(OVF)は高齢者の痛みの原因となる代表的疾患である。急性期臨床椎体骨折の治療に関する文献的考察と自験データをまとめたところ、「骨粗鬆症性椎体骨折の治療にエビデンスはあるのか?」への答えは「いいえ」であった。われわれ整形外科医が第一義的責任を持ってその治療体系の策定を行うべきであり、超高齢社会におけるその責務は大きい。(著者抄録)

  • Spontaneous Improvement of Postoperative Coronal Imbalance Following Selective Thoracolumbar-Lumbar Fusion in Lenke 5C Adolescent Idiopathic Scoliosis. 査読

    Matsumura A, Iwamae M, Namikawa T, Kato M, Hori Y, Hidaka N, Nakamura H, Terai H

    World neurosurgery   151   e241 - e249   2021年07月( ISSN:1878-8750

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2021.04.024

    PubMed

  • The effect of minimally invasive lumbar decompression surgery on sagittal spinopelvic alignment in patients with lumbar spinal stenosis: a 5-year follow-up study. 査読

    Salimi H, Toyoda H, Yamada K, Terai H, Hoshino M, Suzuki A, Takahashi S, Tamai K, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Spine   35 ( 2 )   1 - 8   2021年06月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2020.11.SPINE201552

    PubMed

  • Expression and function of FGF9 in the hypertrophied ligamentum flavum of lumbar spinal stenosis patients. 査読

    Habibi H, Suzuki A, Hayashi K, Salimi H, Terai H, Hori Y, Tamai K, Orita K, Ohyama S, Yabu A, Maruf MH, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   21 ( 6 )   1010 - 1020   2021年06月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2021.02.004

    PubMed

  • Differences in surgical outcome after anterior corpectomy and reconstruction with an expandable cage with rectangular footplates between thoracolumbar and lumbar osteoporotic vertebral fracture. 査読

    Terai H, Takahashi S, Yasuda H, Konishi S, Maeno T, Kono H, Matsumura A, Namikawa T, Kato M, Hoshino M, Tamai K, Toyoda H, Suzuki A, Nakamura H

    North American Spine Society journal   6   100071   2021年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.xnsj.2021.100071

    PubMed

  • 特集 ロコモティブシンドロームの現況 Ⅳ.住民コホートによる評価 8.Shiraniwaスタディ 査読

    大山 翔一朗, 高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    整形外科   72 ( 6 )   642 - 645   2021年05月( ISSN:00305901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15106/j_seikei72_642

  • 脊柱インバランスが進行する高齢者の特徴は?―都市圏高齢者運動器コホート研究(Shiraniwa Study)2年経過の結果より― 査読

    大山 翔一朗, 高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 辻尾 唯雄, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   12 ( 5 )   759 - 765   2021年05月( ISSN:18847137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>はじめに:</b>本研究の目的は脊柱インバランスが進行する高齢者の特徴を示すことである.</p><p><b>対象と方法:</b>Shiraniwa Study初年度,3年次のいずれにも参加した321名(男性133名,女性188名,平均72.9±4.9歳)を対象とした.全脊柱X線写真より計測したC7SVAより,≦40 mm,40 mm~95 mm,>95 mmの3段階に分け,2年の経過で1段階以上増悪したものを進行群とし,その特徴を評価した.</p><p><b>結果:</b>14.0%(45名)が進行群に該当した.ロコモ度2該当者は進行群で有意に多く(55.6%/28.0%,p<0.01),調整オッズ比2.35(95%信頼区間:1.08~5.12)と脊柱インバランス進行の独立した予測因子であった一方で,既存椎体骨折,椎間板変性,背筋力,サルコペニア有病率に有意差は認めなかった.また,体幹部重量に占める筋量が進行群で有意に低かった(男:74.1%/78.2%,p=0.02,女:63.7%/70.9%,p<0.01).</p><p><b>結語:</b>ロコモ度2は脊柱インバランス進行の予測因子であり,進行群で体幹部重量に占める筋量が有意に低かった.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2021-0014

    CiNii Article

  • 特集 ロコモティブシンドロームの現況 Ⅵ.疾患とロコモ 3.脊柱アライメントと筋量,筋力 査読

    堀 悠介, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    整形外科   72 ( 6 )   667 - 670   2021年05月( ISSN:00305901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15106/j_seikei72_667

  • 特集 骨粗鬆症性椎体骨折-難治例の診断・治療を中心に- 急性期骨粗鬆症性椎体骨折の診断-難治例の予測も含めて 査読

    寺井 秀富, 高橋 真治, 星野 雅俊, 藪 晋人, 中村 博亮

    関節外科 基礎と臨床   40 ( 5 )   482 - 488   2021年05月( ISSN:02865394

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18885/jjs.0000000631

  • 特集 骨粗鬆症性椎体骨折-難治例の診断・治療を中心に- 骨粗鬆症性椎体骨折に対するBKP治療-難治例への応用とピットフォール 査読

    高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    関節外科 基礎と臨床   40 ( 5 )   529 - 534   2021年05月( ISSN:02865394

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18885/jjs.0000000637

  • Risk Factor for Poor Patient Satisfaction After Lumbar Spine Surgery in Elderly Patients Aged Over 80 years. 査読

    Hikata T, Ishii K, Matsumoto M, Kobayashi K, Imagama S, Ando K, Ishiguro N, Yamashita M, Seki S, Terai H, Suzuki A, Tamai K, Aramomi M, Ishikawa T, Kimura A, Inoue H, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Yamada K, Hongo M, Endo K, Suzuki H, Nakano A, Watanabe K, Ohya J, Chikuda H, Aoki Y, Shimizu M, Futatsugi T, Mukaiyama K, Hasegawa M, Kiyasu K, Iizuka H, Kobayashi R, Iizuka Y, Nishida K, Kakutani K, Nakajima H, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Namikawa T, Watanabe K, Nakanishi K, Nakagawa Y, Yoshimoto M, Fujiwara H, Nishida N, Imajo Y, Yamazaki M, Abe T, Fujii K, Kaito T, Eguchi Y, Furuya T, Orita S, Ohtori S

    Clinical spine surgery   34 ( 4 )   E223 - E228   2021年05月( ISSN:2380-0186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0000000000001101

    PubMed

  • 【運動器疼痛】運動器疼痛の臨床研究 脊柱インバランス進行予測因子 査読

    大山 翔一朗, 高橋 真治, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 中村 博亮

    ペインクリニック   42 ( 別冊春 )   S139 - S147   2021年05月( ISSN:0388-4171

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    脊柱インバランスは運動器疼痛のみならず、高齢者のQOLを著しく損なうことが知られているが、その原因については十分に解明されていない。われわれが実施している都市圏高齢者運動器コホート研究(Shiraniwa Study)の結果より、加齢、椎間板変性、背筋力低下、ロコモ度2はそれぞれ独立した脊柱インバランスの関連因子であることが判明した。また、ロコモ度2は2年の経過で新たに脊柱インバランスが進行することを予測する因子でもあり、脊柱インバランス進行を予防する上でのターゲットとなり得る。(著者抄録)

  • 【ロコモティブシンドロームの現況】疾患とロコモ 脊柱アライメントと筋量,筋力 査読

    堀 悠介, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    整形外科   72 ( 6 )   667 - 670   2021年05月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>はじめに 超高齢社会において脊椎疾患の病的意義はますます大きい.特に脊柱矢状面アライメントの悪化は腰痛や生活の質(QOL)に大きな影響を及ぼし,高齢者の日常生活を著しく障害する.手術機器,技術の進歩により脊柱変形に対する矯正固定術が行われるようになってはいるが,高齢者では高い合併症率や高コストが報告されており,予防的治療を中心とした治療戦略への見直しが必要である.近年ではサルコペニアをはじめ,筋量減少と疾病との関係に注目が集まっている.体幹筋は脊柱の支持に不可欠な要素であり,体幹筋への介入により脊柱変形を予防できる可能性はあるが,脊柱アライメントと体幹筋量や筋力との関係は十分に解明されていない.本稿では脊柱アライメントと,特に体幹部の筋量,筋力との関係について筆者らの研究成果を最新の知見をふまえて考察する.

  • 【ロコモティブシンドロームの現況】住民コホートによる評価 Shiraniwaスタディ 査読

    大山 翔一朗, 高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    整形外科   72 ( 6 )   642 - 645   2021年05月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>はじめに 本邦の超高齢社会への対策上の課題として,高齢者の実数や,今後の高齢者増加率が都市部で圧倒的に高いという現状を考慮すると,都市部在住高齢者の健康実態,特に整形外科にとっては運動器の実態調査をする必要がある.そこでわれわれは2016年8月より,第三次産業に従事してきた高齢者を中心とする大都市圏ベッドタウンである奈良県生駒市において都市圏高齢者運動器コホート研究(Shiraniwaスタディ)を開始した.対象は歩行可能な65歳以上の高齢者で,縦断5年間,計6回の運動器調査に参加する意志がある方とし,自治体回覧板および院内掲示により参加を募った.初年度409名(男性164名,女性245名,平均年齢73.5歳)が参加し,現在進行形で調査中である.本稿ではShiraniwaスタディより得たロコモティブシンドローム(ロコモ)に関する知見について述べる.

  • 【骨粗鬆症性椎体骨折-難治例の診断・治療を中心に-】急性期骨粗鬆症性椎体骨折の診断 難治例の予測も含めて 査読

    寺井 秀富, 高橋 真治, 星野 雅俊, 藪 晋人, 中村 博亮

    関節外科   40 ( 5 )   482 - 488   2021年05月( ISSN:0286-5394

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>診断の目的は大きく2つであり,1つは骨粗鬆症治療に重要な形態骨折を判別すること,もう1つは骨折治療が必要な臨床骨折を判別することである。「疼痛持続・ADL(activities of daily living)低下」や単純X線で「強い椎体圧壊やクレフト」がみられた患者にはMRIを撮像し精度の高い予後予測を行うべきであり,予後不良が予見される患者には慎重な経過観察を施さなくてはならない。

  • 脊柱インバランスが進行する高齢者の特徴は? 都市圏高齢者運動器コホート研究(Shiraniwa Study)2年経過の結果より 査読

    大山 翔一朗, 高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 辻尾 唯雄, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   12 ( 5 )   759 - 765   2021年05月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    はじめに:本研究の目的は脊柱インバランスが進行する高齢者の特徴を示すことである.対象と方法:Shiraniwa Study初年度,3年次のいずれにも参加した321名(男性133名,女性188名,平均72.9±4.9歳)を対象とした.全脊柱X線写真より計測したC7SVAより,≦40mm,40mm〜95mm,>95mmの3段階に分け,2年の経過で1段階以上増悪したものを進行群とし,その特徴を評価した.結果:14.0%(45名)が進行群に該当した.ロコモ度2該当者は進行群で有意に多く(55.6%/28.0%,p<0.01),調整オッズ比2.35(95%信頼区間:1.08〜5.12)と脊柱インバランス進行の独立した予測因子であった一方で,既存椎体骨折,椎間板変性,背筋力,サルコペニア有病率に有意差は認めなかった.また,体幹部重量に占める筋量が進行群で有意に低かった(男:74.1%/78.2%,p=0.02,女:63.7%/70.9%,p<0.01).結語:ロコモ度2は脊柱インバランス進行の予測因子であり,進行群で体幹部重量に占める筋量が有意に低かった.(著者抄録)

  • 思春期特発性側彎症に対する新たな凸型ロット回旋矯正法の手術成績(Surgical Outcomes of a New Technique Using a Convex Rod Rotation Maneuver for Adolescent Idiopathic Scoliosis) 査読

    Takahashi Shinji, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   5 ( 3 )   205 - 210   2021年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【骨粗鬆症性椎体骨折-難治例の診断・治療を中心に-】骨粗鬆症性椎体骨折に対するBKP治療 難治例への応用とピットフォール 査読

    高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    関節外科   40 ( 5 )   529 - 534   2021年05月( ISSN:0286-5394

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>Balloon kyphoplasty(BKP)は,骨粗鬆症性椎体骨折(osteoporotic vertebral fracture;OVF)に対してよく行われる手技ではあるが,BKPが適応となる骨折型にはまだまだ議論の余地がある。患者の全身状態やOVFが多発している場合など後方固定を選択しにくい状況もあるが,その場合にBKPでどこまで対応可能かは未知な部分も多い。本稿ではBKPがどういった症例に有用なのか,筆者らの過去のデータを示しながら具体例を論じている。本稿を参考にしていただき今後の診療に役立てていただきたい。

  • Gender-specific analysis for the association between trunk muscle mass and spinal pathologies. 査読

    Hori Y, Hoshino M, Inage K, Miyagi M, Takahashi S, Ohyama S, Suzuki A, Tsujio T, Terai H, Dohzono S, Sasaoka R, Toyoda H, Kato M, Matsumura A, Namikawa T, Seki M, Yamada K, Habibi H, Salimi H, Yamashita M, Yamauchi T, Furuya T, Orita S, Maki S, Shiga Y, Inoue M, Inoue G, Fujimaki H, Murata K, Kawakubo A, Kabata D, Shintani A, Ohtori S, Takaso M, Nakamura H

    Scientific reports   11 ( 1 )   7816   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-87334-4

    PubMed

  • Classification and prognostic factors of residual symptoms after minimally invasive lumbar decompression surgery using a cluster analysis: a 5-year follow-up cohort study. 査読

    Toyoda H, Yamada K, Terai H, Hoshino M, Suzuki A, Takahashi S, Tamai K, Ohyama S, Hori Y, Yabu A, Salimi H, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   30 ( 4 )   918 - 927   2021年04月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-021-06754-y

    PubMed

  • Trunk Muscle Mass Measured by Bioelectrical Impedance Analysis Reflecting the Cross-Sectional Area of the Paravertebral Muscles and Back Muscle Strength: A Cross-Sectional Analysis of a Prospective Cohort Study of Elderly Population. 査読

    Salimi H, Ohyama S, Terai H, Hori Y, Takahashi S, Hoshino M, Yabu A, Habibi H, Kobayashi A, Tsujio T, Kotake S, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   10 ( 6 )   1 - 10   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm10061187

    PubMed

  • Biglycan expression and its function in human ligamentum flavum. 査読

    Salimi H, Suzuki A, Habibi H, Orita K, Hori Y, Yabu A, Terai H, Tamai K, Nakamura H

    Scientific reports   11 ( 1 )   4867   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-84363-x

    PubMed

  • Time Course of Physical and Mental Well-being Improvements After Cervical Surgery. 査読

    Tamai K, Suzuki A, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Spine   46 ( 5 )   E303 - E309   2021年03月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000003787

    PubMed

  • Relationship between number of radiological risk factors for delayed union after osteoporotic vertebral fracture and clinical outcomes. 査読

    Toyoda H, Hoshino M, Takahashi S, Terai H, Namikawa T, Kato M, Matsumura A, Suzuki A, Takayama K, Sasaoka R, Yasuda H, Kanematsu F, Kono H, Tsujio T, Nakamura H

    Archives of osteoporosis   16 ( 1 )   20   2021年02月( ISSN:1862-3522

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11657-021-00884-y

    PubMed

  • Presence of sarcopenia does not affect the clinical results of balloon kyphoplasty for acute osteoporotic vertebral fracture. 査読

    Ohyama S, Hoshino M, Takahashi S, Hori Y, Yasuda H, Terai H, Hayashi K, Tsujio T, Kono H, Suzuki A, Tamai K, Toyoda H, Dohzono S, Nakamura H

    Scientific reports   11 ( 1 )   122   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-80129-z

    PubMed

  • Risk factors of the poor long-term prognosis of osteoporotic vertebral fractures: A multicenter cohort study. 査読

    Takahashi S, Terai H, Hoshino M, Tsujio T, Suzuki A, Namikawa T, Kato M, Matsumura A, Takayama K, Toyoda H, Tamai K, Ohyama S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Journal of orthopaedic surgery (Hong Kong)   29 ( 1 )   2309499021994969   2021年01月( ISSN:1022-5536

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2309499021994969

    PubMed

  • Surgical Outcomes of a New Technique Using a Convex Rod Rotation Maneuver for Adolescent Idiopathic Scoliosis.

    Takahashi S, Terai H, Toyoda H, Hoshino M, Suzuki A, Tamai K, Ohyama S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Spine surgery and related research   5 ( 3 )   205 - 210   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22603/ssrr.2020-0185

    PubMed

    CiNii Article

  • Reductions in the Frequency of Going Out Due to the COVID-19 Pandemic Negatively Affect Patients with Spinal Disorders.

    Terai H, Iwamae M, Tamai K, Takahashi S, Hori Y, Ohyama S, Yabu A, Hoshino M, Nakamura H

    Spine surgery and related research   5 ( 6 )   365 - 374   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22603/ssrr.2021-0088

    PubMed

    CiNii Article

  • Percutaneous Endovascular Retrieval of Large Cement Leakage into the Right Atrium Following Cement-Augmented Pedicle Screw Instrumentation.

    Takahashi S, Sohgawa E, Suzuki A, Yamamoto A, Sasaki R, Tanaka K, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Tamai K, Nakamura H

    Spine surgery and related research   5 ( 6 )   446 - 449   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22603/ssrr.2021-0011

    PubMed

    CiNii Article

  • Is Blood Loss Greater In Elderly Patients Under Antiplatelet Or Anticoagulant Medication For Cervical Spine Injury Surgery? A Japanese Multicenter Survey

    Uehara Masashi, Ikegami Shota, Takizawa Takashi, Oba Hiroki, Yokogawa Noriaki, Sasagawa Takeshi, Ando Kei, Nakashima Hiroaki, Segi Naoki, Funayama Toru, Eto Fumihiko, Yamaji Akihiro, Watanabe Kota, Nori Satoshi, Takeda Kazuki, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Nakajima Hideaki, Yamada Tomohiro, Hasegawa Tomohiko, Terashima Yoshinori, Hirota Ryosuke, Suzuki Hidenori, Imajo Yasuaki, Tonomura Hitoshi, Sakata Munehiro, Hashimoto Ko, Onoda Yoshito, Kawaguchi Kenichi, Haruta Yohei, Suzuki Nobuyuki, Kato Kenji, Uei Hiroshi, Sawada Hirokatsu, Nakanishi Kazuo, Misaki Kosuke, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Shirasawa Eiki, Inoue Gen, Kakutani Kenichiro, Kakiuchi Yuji, Kiyasu Katsuhito, Tominaga Hiroyuki, Tokumoto Hiroto, Iizuka Yoichi, Takasawa Eiji, Akeda Koji, Takegami Norihiko, Funao Haruki, Oshima Yasushi, Kaito Takashi, Sakai Daisuke, Yoshii Toshitaka, Ohba Tetsuro, Otsuki Bungo, Seki Shoji, Miyazaki Masashi, Ishihara Masayuki, Okada Seiji, Aoki Yasuchika, Harimaya Katsumi, Murakami Hideki, Ishii Ken, Ohtori Seiji, Imagama Shiro, Kato Satoshi

    Spine Surgery and Related Research   advpub ( 0 )   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Background: </b>In elderly patients with cervical spinal cord injury, comorbidities such as cardiovascular and cerebrovascular diseases are common, with frequent administration of antiplatelet/anticoagulant (APAC) drugs. Such patients may bleed easily or unexpectedly during surgery despite prior withdrawal of APAC medication. Few reports have examined the precise relationship between intraoperative blood loss and history of APAC use regarding surgery for cervical spine injury in the elderly.<b></b>The present<b></b>multicenter database survey aimed to answer the question of whether the use of APAC drugs affected the amount of intraoperative blood loss in elderly patients with cervical spinal cord trauma.</p><p><b>Methods:</b> The case histories of 1512 patients with cervical spine injury at 33 institutes were retrospectively reviewed. After excluding cases without spinal surgery or known blood loss volume, 797 patients were enrolled. Blood volume loss was the outcome of interest. We calculated propensity scores using the inverse probability of treatment weighting (IPTW) method. As an alternative sensitivity analysis, linear mixed model analyses were conducted as well.</p><p><b>Results:</b> Of the 776 patients (mean age: 75.1 ± 6.4 years) eligible for IPTW calculation, 157 (20.2%) were taking APAC medications before the injury. After weighting, mean estimated blood loss was 204 mL for non-APAC patients and 215 mL for APAC patients. APAC use in elderly patients was not significantly associated with surgical blood loss according to the IPTW method with propensity scoring or linear mixed model analyses. Thus, it appeared possible to perform surgery expecting comparable blood loss in APAC and non-APAC cases.</p><p><b>Conclusions:</b> This multicenter study revealed no significant increase in surgical blood loss in elderly patients with cervical trauma taking APAC drugs. Surgeons may be able to prioritize patient background, complications, and preexisting conditions over APAC use before injury when examining the surgical indications for cervical spine trauma in the elderly.</p>

    DOI: 10.22603/ssrr.2021-0183

    CiNii Article

  • Clinical Characteristics and Therapeutic Outcomes of Metastatic Peritoneal Carcinomatosis in Non-Small-Cell Lung Cancer. 査読

    Tani T, Nakachi I, Ikemura S, Nukaga S, Ohgino K, Kuroda A, Terai H, Masuzawa K, Shinozaki T, Ishioka K, Funatsu Y, Koh H, Fukunaga K, Soejima K, Keio Lung Oncology Group (KLOG).

    Cancer management and research   13   7497 - 7503   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/CMAR.S330103

    PubMed

  • 特集 脊椎骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療戦略-薬物療法を中心にUP TO DATE 骨粗鬆症性椎体骨折の保存療法の限界について-前向き多施設研究結果を踏まえて 査読

    寺井 秀富, 高橋 真治, 星野 雅俊, 藪 晋人, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   33 ( 12 )   1052 - 1057   2020年12月( ISSN:09144412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.5002201543

  • 【脊椎骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療戦略-薬物療法を中心にUP TO DATE】骨粗鬆症性椎体骨折の保存療法の限界について 前向き多施設研究結果を踏まえて 査読

    寺井 秀富, 高橋 真治, 星野 雅俊, 藪 晋人, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   33 ( 12 )   1052 - 1057   2020年12月( ISSN:0914-4412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>はじめに 人生100年時代といわれる超長寿社会において,疫学的に医療の重要課題は"老化"といわれている.骨粗鬆症は老化に典型的な伴う疾患であり,人類に与える影響は各種がん以上とされる.基礎的臨床的集学的な研究が進み,骨粗鬆症が治療可能な時代となった理由のうち最も中心的な役割を担うのが薬物療法である.一方で,われわれ脊椎外科医が最前線に立って治療にあたるべき骨粗鬆症性椎体骨折(osteoporotic vertebral fracture:OVF)の治療成績は改善されているのであろうか.本稿では,われわれが15年以上にわたって注力してきた臨床OVFのデータとともに現在進行形の研究を紹介し,OVF研究の問題点と今後の展望を私見ながら提案したい.

  • The short-term outcomes of minimally invasive decompression surgery in patients with lumbar ossification or calcification of the ligamentum flavum. 査読

    Tamai K, Kaneda K, Iwamae M, Terai H, Katsuda H, Shimada N, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Spine   34 ( 2 )   1 - 8   2020年11月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2020.6.SPINE20946

    PubMed

  • Simultaneous Opposition Tendon Transfer with Median Nerve Decompression for Severe Bilateral Carpal Tunnel Syndrome in Adolescents with Hunter Syndrome: A Case Report. 査読

    Uemura T, Okada M, Terai H, Yokoi T, Onode E, Shintani K, Konishi S, Nakamura H

    Plastic and reconstructive surgery. Global open   8 ( 11 )   e3251   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/GOX.0000000000003251

    PubMed

  • Clinical characteristics of 345 patients with coronavirus disease 2019 in Japan: A multicenter retrospective study. 査読

    Ishii M, Terai H, Kabata H, Masaki K, Chubachi S, Tateno H, Nakamura M, Nishio K, Koh H, Watanabe R, Ueda S, Terashima T, Suzuki Y, Yagi K, Miyao N, Minematsu N, Inoue T, Nakachi I, Namkoong H, Okamori S, Ikemura S, Kamata H, Yasuda H, Kawada I, Hasegawa N, Fukunaga K, Keio COVID-19 Research Consortium (K-CORC) and the Keio Donner Project Team.

    The Journal of infection   81 ( 5 )   e3 - e5   2020年11月( ISSN:0163-4453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jinf.2020.08.052

    PubMed

  • The Severity of Cervical Disc Degeneration Does Not Impact 2-year Postoperative Outcomes in Patients With Cervical Spondylotic Myelopathy Who Underwent Laminoplasty. 査読

    Habibi H, Suzuki A, Tamai K, Ohyama S, Hori Y, Yabu A, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Ahmadi SA, Nakamura H

    Spine   45 ( 18 )   E1142 - E1149   2020年09月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000003528

    PubMed

  • Short- versus long-segment posterior spinal fusion with vertebroplasty for osteoporotic vertebral collapse with neurological impairment in thoracolumbar spine: a multicenter study. 査読

    Ishikawa Y, Watanabe K, Katsumi K, Ohashi M, Shibuya Y, Izumi T, Hirano T, Endo N, Kaito T, Yamashita T, Fujiwara H, Nagamoto Y, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Terai H, Tamai K, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Yoshii T, Ushio S, Harimaya K, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Doi T, Kimura A, Inoue H, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Nakano A, Sakai D, Nukaga T, Ikegami S, Shimizu M, Futatsugi T, Ohtori S, Furuya T, Orita S, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Kiyasu K, Murakami H, Yoshioka K, Seki S, Hongo M, Kakutani K, Yurube T, Aoki Y, Oshima M, Takahata M, Iwata A, Endo H, Abe T, Tsukanishi T, Nakanishi K, Watanabe K, Hikata T, Suzuki S, Isogai N, Okada E, Funao H, Ueda S, Shiono Y, Nojiri K, Hosogane N, Ishii K

    BMC musculoskeletal disorders   21 ( 1 )   513   2020年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12891-020-03539-0

    PubMed

  • Residual numbness of the upper extremity after cervical surgery in patients with cervical spondylotic myelopathy. 査読

    Iwamae M, Suzuki A, Tamai K, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Ohyama S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Spine   33 ( 6 )   1 - 8   2020年07月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2020.4.SPINE191566

    PubMed

  • Effect of bisphosphonates or teriparatide on mechanical complications after posterior instrumented fusion for osteoporotic vertebral fracture: a multi-center retrospective study. 査読

    Kawabata A, Yoshii T, Hirai T, Ushio S, Kaito T, Yamashita T, Fujiwara H, Nagamoto Y, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Terai H, Tamai K, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Watanabe K, Katsumi K, Ohashi M, Shibuya Y, Harimaya K, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Doi T, Kimura A, Inoue H, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Nakano A, Sakai D, Nukaga T, Ikegami S, Shimizu M, Futatsugi T, Ohtori S, Furuya T, Orita S, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Kiyasu K, Murakami H, Yoshioka K, Seki S, Hongo M, Kakutani K, Yurube T, Aoki Y, Oshima M, Takahata M, Iwata A, Endo H, Abe T, Tsukanishi T, Nakanishi K, Watanabe K, Hikata T, Suzuki S, Isogai N, Okada E, Funao H, Ueda S, Shiono Y, Nojiri K, Hosogane N, Ishii K

    BMC musculoskeletal disorders   21 ( 1 )   420   2020年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12891-020-03452-6

    PubMed

  • The factors related to the poor ADL in the patients with osteoporotic vertebral fracture after instrumentation surgery. 査読

    Murata K, Matsuoka Y, Nishimura H, Endo K, Suzuki H, Takamatsu T, Sawaji Y, Aihara T, Kusakabe T, Maekawa A, Yamamoto K, Watanabe K, Kaito T, Terai H, Tamai K, Tagami A, Yoshii T, Harimaya K, Kawaguchi K, Kimura A, Inoue G, Nakano A, Sakai D, Hiyama A, Ikegami S, Ohtori S, Furuya T, Orita S, Imagama S, Kobayashi K, Kiyasu K, Murakami H, Yoshioka K, Seki S, Hongo M, Kakutani K, Yurube T, Aoki Y, Uei H, Ajiro Y, Takahata M, Endo H, Abe T, Nakanishi K, Watanabe K, Okada E, Hosogane N, Funao H, Isogai N, Ishii K

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   29 ( 7 )   1597 - 1605   2020年07月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-019-06092-0

    PubMed

  • 「神経障害を伴う骨粗鬆症性椎体骨折に対する外科的治療 日本で行われた全国多施設研究」に関する編集者への回答(Reply to the Editor: Surgical Treatment of Osteoporotic Vertebral Fracture with Neurological Deficit: A Nationwide Multicenter Study in Japan) 査読

    Hosogane Naobumi, Nojiri Kenya, Suzuki Satoshi, Funao Haruki, Okada Eijiro, Isogai Norihiro, Ueda Seiji, Hikata Tomohiro, Shiono Yuta, Watanabe Kota, Watanabe Kei, Kaito Takashi, Yamashita Tomoya, Fujiwara Hiroyasu, Nagamoto Yukitaka, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Nishimura Hirosuke, Tagami Atsushi, Yamada Syuta, Adachi Shinji, Ohtori Seiji, Orita Sumihisa, Furuya Takeo, Yoshii Toshitaka, Ushio Shuta, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Imagama Shiro, Ando Kei, Sakai Daisuke, Nukaga Tadashi, Kiyasu Katsuhito, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Nakano Atsushi, Harimaya Katsumi, Kawaguchi Kenichi, Yokoyama Nobuhiko, Oishi Hidekazu, Doi Toshio, Ikegami Shota, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Kakutani Kenichiro, Yurube Takashi, Oshima Masashi, Uei Hiroshi, Aoki Yasuchika, Takahata Masahiko, Iwata Akira, Seki Shoji, Murakami Hideki, Yoshioka Katsuhito, Endo Hirooki, Hongo Michio, Nakanishi Kazuyoshi, Abe Tetsuya, Tsukanishi Toshinori, Ishii Ken

    Spine Surgery and Related Research   4 ( 3 )   292 - 293   2020年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 神経障害を伴う下位腰椎の骨粗鬆症性椎体骨折に対する脊椎固定術の手術転帰(The Surgical Outcomes of Spinal Fusion for Osteoporotic Vertebral Fractures in the Lower Lumbar Spine with a Neurological Deficit) 査読

    Isogai Norihiro, Hosogane Naobumi, Funao Haruki, Nojiri Kenya, Suzuki Satoshi, Okada Eijiro, Ueda Seiji, Hikata Tomohiro, Shiono Yuta, Watanabe Kota, Watanabe Kei, Kaito Takashi, Yamashita Tomoya, Fujiwara Hiroyasu, Nagamoto Yukitaka, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Nishimura Hirosuke, Tagami Atsushi, Yamada Shuta, Adachi Shinji, Ohtori Seiji, Orita Sumihisa, Furuya Takeo, Yoshii Toshitaka, Ushio Shuta, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Imagama Shiro, Ando Kei, Sakai Daisuke, Nukaga Tadashi, Kiyasu Katsuhito, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Nakano Atsushi, Harimaya Katsumi, Kawaguchi Kenichi, Yokoyama Nobuhiko, Oishi Hidekazu, Doi Toshiro, Ikegami Shota, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Kakutani Kenichiro, Yurube Takashi, Oshima Masashi, Uei Hiroshi, Aoki Yasuchika, Takahata Masahiko, Iwata Akira, Seki Shoji, Murakami Hideki, Yoshioka Katsuhito, Endo Hirooki, Hongo Michio, Nakanishi Kazuyoshi, Abe Tetsuya, Tsukanishi Toshinori, Ishii Ken

    Spine Surgery and Related Research   4 ( 3 )   199 - 207   2020年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    神経障害を伴う骨粗鬆症性椎体骨折患者403例を対象に、脊椎固定術を施行して、下位腰椎椎体骨折患者と胸腰椎移行部の椎体骨折患者における臨床的および放射線学的転帰を比較した。患者を、骨折部位に応じて下位腰椎(L3〜5)群76例(男性17例、女性59例、平均73.2±8.0歳)と腰椎移行部(T10〜L2)群327例(男性72例、女性255例、平均74.0±7.8歳)の2群に分類した。骨密度は下位腰椎群(0.59±0.21g/cm2)の方が胸腰椎移行部群(0.65±0.21g/cm2)より有意に低かった。年齢、性別、骨密度をマッチングし、下位腰椎群の患者1人に対して胸腰椎移行部群の患者2人を割り付け、L群73例とT群146例の2群に再分類した。手術時間および術中出血量に有意な群間差はなかった。融合セグメント数はT群(4.2±2.0)の方がL群(3.4±2.2)より有意に多かった(P<0.01)。内固定の機械的破綻率(mechanical failure)はL群(64%)の方がT群(39%)より有意に高かった(P<0.001)。周術期合併症および修正手術の発生率に有意な群間差はなく、臨床的および放射線学的転帰にも有意な群間差はなかった。

  • CTにおけるfacet joint openingは腰椎変性疾患に対する低侵襲除圧術の再手術の危険因子である 査読

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   11 ( 6 )   936 - 941   2020年06月( ISSN:18847137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>CTにおけるfacet joint opening(FO)は不安定性の指標になるとの報告がある一方で,腰椎変性疾患に対して低侵襲除圧術の限界について一定した見解がない.本研究は低侵襲除圧術で手術加療を行い最低5年の経過観察をしえた244例の再手術についてFOを含めて危険因子解析を行った.その結果,除圧椎間のFOのみならず,腰椎全体でFOをきたす椎間が多いことも再手術の危険因子であることが示された.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2020-0512

    CiNii Article

  • CTにおけるfacet joint openingは腰椎変性疾患に対する低侵襲除圧術の再手術の危険因子である 査読

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   11 ( 6 )   936 - 941   2020年06月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CTにおけるfacet joint opening(FO)は不安定性の指標になるとの報告がある一方で,腰椎変性疾患に対して低侵襲除圧術の限界について一定した見解がない.本研究は低侵襲除圧術で手術加療を行い最低5年の経過観察をしえた244例の再手術についてFOを含めて危険因子解析を行った.その結果,除圧椎間のFOのみならず,腰椎全体でFOをきたす椎間が多いことも再手術の危険因子であることが示された.(著者抄録)

  • Improvement in Patient Mental Well-being After Surgery for Cervical Spondylotic Myelopathy. 査読

    Tamai K, Suzuki A, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Ohyama S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Spine   45 ( 10 )   E568 - E575   2020年05月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000003337

    PubMed

  • 内視鏡とナビゲーションを併用し低侵襲に治療しえたC2動脈瘤様骨嚢腫の1例 査読

    河合 秀幸, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 3 )   461 - 462   2020年05月( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2020.461

    CiNii Article

  • 内視鏡とナビゲーションを併用し低侵襲に治療しえたC2動脈瘤様骨嚢腫の1例 査読

    河合 秀幸, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 3 )   461 - 462   2020年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    17歳男。頸部痛を主訴とした。多発性線維性骨異形成症による併存症、L2・L3の動脈瘤様骨嚢腫に対してハイドロキシアパタイト(HA)を用いた椎体形成術の既往があり、頸椎単純CTでは後頭骨・頭蓋底および各頸椎椎体のすりガラス状陰影、C2椎体に骨溶解像と後壁の菲薄化、病的骨折を疑わせる後壁の一部途絶を認めた。線維性骨異形成症に伴うC2動脈瘤様骨嚢腫による切迫骨折と診断して内視鏡と術中CT navigation下に頸椎前方アプローチでHAを用いたC2椎体形成術を選択し、最小侵襲で安全に椎体形成術を行うことができた。病理診断は線維性骨異形成症に伴う動脈瘤性骨嚢腫で、術後1週の単純CTではC2内にHAが充填されており、脱出や隣接椎体に明らかな骨折などは認めなかった。

  • Scalable implementation of a superconducting nanowire single-photon detector array with a superconducting digital signal processor. 査読

    Yabuno M, Miyajima S, Miki S, Terai H

    Optics express   28 ( 8 )   12047 - 12057   2020年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1364/OE.388302

    PubMed

  • Surgical Management of Spinal Disorders in People with Mucopolysaccharidoses. 査読

    Terai H, Nakamura H

    International journal of molecular sciences   21 ( 3 )   2020年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms21031171

    PubMed

  • Surgical Management of Spinal Disorders in People with Mucopolysaccharidoses. 査読

    Terai H, Nakamura H

    International journal of molecular sciences   21 ( 3 )   2020年02月( ISSN:16616596

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms21031171

    PubMed

  • 特集 骨粗鬆症性椎体骨折治療の最新知見 骨粗鬆症性椎体骨折による脊椎障害に対する手術治療 査読

    寺井 秀富, 中村 博亮

    整形・災害外科   63 ( 2 )   187 - 194   2020年02月( ISSN:03874095

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18888/se.0000001183

    CiNii Article

  • Clinical Impact of Cervical Imbalance on Surgical Outcomes of Laminoplasty: A Propensity Score-Matching Analysis. 査読

    Tamai K, Suzuki A, Yabu A, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Ohyama S, Hori Y, Nakamura H

    Clinical spine surgery   33 ( 1 )   E1 - E7   2020年02月( ISSN:2380-0186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0000000000000849

    PubMed

  • 【骨粗鬆症性椎体骨折治療の最新知見】骨粗鬆症性椎体骨折による脊椎障害に対する手術治療 査読

    寺井 秀富, 中村 博亮

    整形・災害外科   63 ( 2 )   187 - 194   2020年02月( ISSN:0387-4095

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>骨粗鬆症性椎体骨折は背部痛だけでなく,神経圧排や脊柱変形など様々な脊椎障害の原因となる。骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療は薬物治療を含む保存治療から外科的治療まで多岐にわたり現在もエビデンスの構築が進んでいる。椎体形成術に対するエビデンスは本邦を中心として蓄積が進んでいるが,椎体形成術以外の外科的治療に関しては病態のバリエーションが多く,一定の見解が得られていないのが現状である。椎体形成術以外の外科的手術方法の選択には病態の把握が重要であり,病態に即してin situ固定,椎体形成術+後方固定,前方固定,骨切り術を含めた変形矯正などが選択され,時にはそれらを同時に行うこともある。前方固定術では局所後彎の矯正は可能であるが,短い後方固定では脊柱アライメント矯正は得られないが満足な除痛効果とADLの改善は得られることから,病態に即した術式選択が重要であるといえる。

  • Delayed-onset pneumothorax after posterior spinal fusion for idiopathic scoliosis: Report of two cases 査読

    Terai H.

    Indian Spine Journal   3 ( 1 )   110 - 113   2020年01月( ISSN:25895079

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4103/isj.isj_16_19

  • The Surgical Outcomes of Spinal Fusion for Osteoporotic Vertebral Fractures in the Lower Lumbar Spine with a Neurological Deficit 査読

    Isogai Norihiro, Watanabe Kota, Watanabe Kei, Kaito Takashi, Yamashita Tomoya, Fujiwara Hiroyasu, Nagamoto Yukitaka, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Hosogane Naobumi, Nishimura Hirosuke, Tagami Atsushi, Yamada Shuta, Adachi Shinji, Ohtori Seiji, Orita Sumihisa, Furuya Takeo, Yoshii Toshitaka, Ushio Shuta, Inoue Gen, Funao Haruki, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Imagama Shiro, Ando Kei, Sakai Daisuke, Nukaga Tadashi, Kiyasu Katsuhito, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Nakano Atsushi, Nojiri Kenya, Harimaya Katsumi, Kawaguchi Kenichi, Yokoyama Nobuhiko, Oishi Hidekazu, Doi Toshiro, Ikegami Shota, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Kakutani Kenichiro, Yurube Takashi, Suzuki Satoshi, Oshima Masashi, Uei Hiroshi, Aoki Yasuchika, Takahata Masahiko, Iwata Akira, Seki Shoji, Murakami Hideki, Yoshioka Katsuhito, Endo Hirooki, Hongo Michio, Okada Eijiro, Nakanishi Kazuyoshi, Abe Tetsuya, Tsukanishi Toshinori, Ishii Ken, Ueda Seiji, Hikata Tomohiro, Shiono Yuta

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Introduction</b>: Osteoporotic vertebral fracture (OVF) is the most common osteoporotic fracture, and some patients require surgical intervention to improve their impaired activities of daily living with neurological deficits. However, many previous reports have focused on OVF around the thoracolumbar junction, and the surgical outcomes of lumbar OVF have not been thoroughly discussed. We aimed to investigate the surgical outcomes for lumbar OVF with a neurological deficit.</p><p><b>Methods: </b>Patients who underwent fusion surgery for thoracolumbar OVF with a neurological deficit were enrolled at 28 institutions. Clinical information, comorbidities, perioperative complications, Japanese Orthopaedic Association scores, visual analog scale scores, and radiographic parameters were compared between patients with lower lumbar fracture (L3-5) and those with thoracolumbar junction fracture (T10-L2). Each patient with lower lumbar fracture (L group) was matched with to patients with thoracolumbar junction fracture (T group).</p><p><b>Results: </b>A total 403 patients (89 males and 314 females, mean age: 73.8 ± 7.8 years, mean follow-up: 3.9 ± 1.7 years) were included in this study. Lower lumbar OVF was frequently found in patients with lower bone mineral density. After matching, mechanical failure was more frequent in the L group (L group: 64%, T group: 39%; p < 0.001). There was no difference between groups in the clinical and radiographical outcomes, although the rates of complication and revision surgery were still high in both groups.</p><p><b>Conclusions: </b>The surgical intervention for OVF is effective in patients with myelopathy or radiculopathy regardless of the surgical level, although further study is required to improve clinical and radiographical outcomes.</p>

    DOI: 10.22603/ssrr.2019-0079

    CiNii Article

  • The Surgical Outcomes of Spinal Fusion for Osteoporotic Vertebral Fractures in the Lower Lumbar Spine with a Neurological Deficit.

    Isogai N, Hosogane N, Funao H, Nojiri K, Suzuki S, Okada E, Ueda S, Hikata T, Shiono Y, Watanabe K, Watanabe K, Kaito T, Yamashita T, Fujiwara H, Nagamoto Y, Terai H, Tamai K, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Ohtori S, Orita S, Furuya T, Yoshii T, Ushio S, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Imagama S, Ando K, Sakai D, Nukaga T, Kiyasu K, Kimura A, Inoue H, Nakano A, Harimaya K, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Doi T, Ikegami S, Shimizu M, Futatsugi T, Kakutani K, Yurube T, Oshima M, Uei H, Aoki Y, Takahata M, Iwata A, Seki S, Murakami H, Yoshioka K, Endo H, Hongo M, Nakanishi K, Abe T, Tsukanishi T, Ishii K

    Spine surgery and related research   4 ( 3 )   199 - 207   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22603/ssrr.2019-0079

    PubMed

    CiNii Article

  • Reply to the Editor: Surgical Treatment of Osteoporotic Vertebral Fracture with Neurological Deficit-A Nationwide Multicenter Study in Japan.

    Hosogane N, Nojiri K, Suzuki S, Funao H, Okada E, Isogai N, Ueda S, Hikata T, Shiono Y, Watanabe K, Watanabe K, Kaito T, Yamashita T, Fujiwara H, Nagamoto Y, Terai H, Tamai K, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Ohtori S, Orita S, Furuya T, Yoshii T, Ushio S, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Imagama S, Ando K, Sakai D, Nukaga T, Kiyasu K, Kimura A, Inoue H, Nakano A, Harimaya K, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Doi T, Ikegami S, Shimizu M, Futatsugi T, Kakutani K, Yurube T, Oshima M, Uei H, Aoki Y, Takahata M, Iwata A, Seki S, Murakami H, Yoshioka K, Endo H, Hongo M, Nakanishi K, Abe T, Tsukanishi T, Ishii K

    Spine surgery and related research   4 ( 3 )   292 - 293   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22603/ssrr.2020-0033

    PubMed

    CiNii Article

  • Cognitive Modeling of Automation Adaptation in a Time Critical Task. 査読

    Morita J, Miwa K, Maehigashi A, Terai H, Kojima K, Ritter FE

    Frontiers in psychology   11   2149   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpsyg.2020.02149

    PubMed

  • Analysis of clinical outcomes in elderly patients with impaired swallowing function. 査読

    Sunata K, Terai H, Seki H, Mitsuhashi M, Kagoshima Y, Nakayama S, Wakabayashi K, Muraoka K, Suzuki Y, Suzuki Y

    PloS one   15 ( 9 )   e0239440   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0239440

    PubMed

  • Characteristic radiological findings for revision surgery after balloon kyphoplasty 査読

    Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Yasuda Hiroyuki, Hori Yusuke, Ohyama Shoichiro, Terai Hidetomi, Hayashi Kazunori, Tsujio Tadao, Kono Hiroshi, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Toyoda Hiromitsu, Dohzono Sho, Sasaoka Ryuichi, Kanematsu Fumiaki, Terakawa Masaki, Nakamura Hiroaki

    SCIENTIFIC REPORTS   9 ( 1 )   18513   2019年12月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-55054-5

    PubMed

  • Characteristic radiological findings for revision surgery after balloon kyphoplasty. 査読

    Takahashi S, Hoshino M, Yasuda H, Hori Y, Ohyama S, Terai H, Hayashi K, Tsujio T, Kono H, Suzuki A, Tamai K, Toyoda H, Dohzono S, Sasaoka R, Kanematsu F, Terakawa M, Nakamura H

    Scientific reports   9 ( 1 )   18513   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-55054-5

    PubMed

  • Improvement in Patient Mental Well-being After Surgery for Cervical Spondylotic Myelopathy. 査読

    Tamai K, Suzuki A, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Ohyama S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Spine   2019年11月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000003337

    PubMed

  • Impact of Sarcopenia on Clinical Outcomes of Minimally Invasive Lumbar Decompression Surgery. 査読

    Toyoda H, Hoshino M, Ohyama S, Terai H, Suzuki A, Yamada K, Takahashi S, Hayashi K, Tamai K, Hori Y, Nakamura H

    Scientific reports   9 ( 1 )   16619   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-53053-0

    PubMed

  • Surgical outcomes of spinal fusion for osteoporotic vertebral fracture in the thoracolumbar spine: Comprehensive evaluations of 5 typical surgical fusion techniques. 査読

    Watanabe K, Katsumi K, Ohashi M, Shibuya Y, Hirano T, Endo N, Kaito T, Yamashita T, Fujiwara H, Nagamoto Y, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Terai H, Tamai K, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Yoshii T, Ushio S, Harimaya K, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Doi T, Kimura A, Inoue H, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Nakano A, Sakai D, Nukaga T, Ikegami S, Shimizu M, Futatsugi T, Ohtori S, Furuya T, Orita S, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Kiyasu K, Murakami H, Yoshioka K, Seki S, Hongo M, Kakutani K, Yurube T, Aoki Y, Oshima M, Takahata M, Iwata A, Endo H, Abe T, Tsukanishi T, Nakanishi K, Watanabe K, Hikata T, Suzuki S, Isogai N, Okada E, Funao H, Ueda S, Shiono Y, Nojiri K, Hosogane N, Ishii K

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   24 ( 6 )   1020 - 1026   2019年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2019.07.018

    PubMed

  • Complications after spinal fixation surgery for osteoporotic vertebral collapse with neurological deficits: Japan Association of Spine Surgeons with ambition multicenter study. 査読

    Sakai Y, Kaito T, Takenaka S, Yamashita T, Makino T, Hosogane N, Nojiri K, Suzuki S, Okada E, Watanabe K, Funao H, Isogai N, Ueda S, Hikata T, Shiono Y, Watanabe K, Katsumi K, Fujiwara H, Nagamoto Y, Terai H, Tamai K, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Ohtori S, Orita S, Furuya T, Yoshii T, Ushio S, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Imagama S, Ando K, Sakai D, Nukaga T, Kiyasu K, Kimura A, Inoue H, Nakano A, Harimaya K, Doi T, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Ikegami S, Futatsugi T, Shimizu M, Kakutani K, Yurube T, Oshima M, Uei H, Aoki Y, Takahata M, Iwata A, Seki S, Murakami H, Yoshioka K, Endo H, Hongo M, Nakanishi K, Abe T, Tsukanishi T, Ishii K

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   24 ( 6 )   985 - 990   2019年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2019.08.015

    PubMed

  • Complications after spinal fixation surgery for osteoporotic vertebral collapse with neurological deficits: Japan Association of Spine Surgeons with ambition multicenter study(和訳中) 査読

    Sakai Yusuke, Kaito Takashi, Takenaka Shota, Yamashita Tomoya, Makino Takahiro, Hosogane Naobumi, Nojiri Kenya, Suzuki Satoshi, Okada Eijiro, Watanabe Kota, Funao Haruki, Isogai Norihiro, Ueda Seiji, Hikata Tomohiro, Shiono Yuta, Watanabe Kei, Katsumi Keiichi, Fujiwara Hiroyasu, Nagamoto Yukitaka, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Nishimura Hirosuke, Tagami Atsushi, Yamada Shuta, Adachi Shinji, Ohtori Seiji, Orita Sumihisa, Furuya Takeo, Yoshii Toshitaka, Ushio Shuta, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Imagama Shiro, Ando Kei, Sakai Daisuke, Nukaga Tadashi, Kiyasu Katsuhito, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Nakano Atsushi, Harimaya Katsumi, Doi Toshio, Kawaguchi Kenichi, Yokoyama Nobuhiko, Oishi Hidekazu, Ikegami Shota, Futatsugi Toshimasa, Shimizu Masayuki, Kakutani Kenichiro, Yurube Takashi, Oshima Masashi, Uei Hiroshi, Aoki Yasuchika, Takahata Masahiko, Iwata Akira, Seki Shoji, Murakami Hideki, Yoshioka Katsuhito, Endo Hirooki, Hongo Michio, Nakanishi Kazuyoshi, Abe Tetsuya, Tsukanishi Toshinori, Ishii Ken

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   24 ( 6 )   985 - 990   2019年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Surgical outcomes of spinal fusion for osteoporotic vertebral fracture in the thoracolumbar spine: Comprehensive evaluations of 5 typical surgical fusion techniques(和訳中) 査読

    Watanabe Kei, Katsumi Keiichi, Ohashi Masayuki, Shibuya Yohei, Hirano Toru, Endo Naoto, Kaito Takashi, Yamashita Tomoya, Fujiwara Hiroyasu, Nagamoto Yukitaka, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Nishimura Hirosuke, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Tagami Atsushi, Yamada Syuta, Adachi Shinji, Yoshii Toshitaka, Ushio Shuta, Harimaya Katsumi, Kawaguchi Kenichi, Yokoyama Nobuhiko, Oishi Hidekazu, Doi Toshiro, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Nakano Atsushi, Sakai Daisuke, Nukaga Tadashi, Ikegami Shota, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Ohtori Seiji, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Imagama Shiro, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Kiyasu Katsuhito, Murakami Hideki, Yoshioka Katsuhito, Seki Shoji, Hongo Michio, Kakutani Kenichiro, Yurube Takashi, Aoki Yasuchika, Oshima Masashi, Takahata Masahiko, Iwata Akira, Endo Hirooki, Abe Tetsuya, Tsukanishi Toshinori, Nakanishi Kazuyoshi, Watanabe Kota, Hikata Tomohiro, Suzuki Satoshi, Isogai Norihiro, Okada Eijiro, Funao Haruki, Ueda Seiji, Shiono Yuta, Nojiri Kenya, Hosogane Naobumi, Ishii Ken

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   24 ( 6 )   1020 - 1026   2019年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • General Anesthesia Management for Adult Mucopolysaccharidosis Patients Undergoing Major Spine Surgery 査読

    Tsuchiya Masahiko, Terai Hidetomi, Mizutani Koh, Funai Yusuke, Tanaka Katsuaki, Yamada Tokuhiro, Mori Takashi, Nishikawa Kiyonobu

    MEDICAL PRINCIPLES AND PRACTICE   28 ( 6 )   581 - 585   2019年11月( ISSN:1011-7571

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000503051

  • A phase II trial of induction of erlotinib followed by cytotoxic chemotherapy for EGFR mutation-positive non-squamous non-small cell lung cancer patients. 査読

    Tani T, Naoki K, Yasuda H, Arai D, Ishioka K, Ohgino K, Yoda S, Nakayama S, Satomi R, Terai H, Ikemura S, Sato T, Soejima K

    Cancer chemotherapy and pharmacology   84 ( 5 )   1065 - 1071   2019年11月( ISSN:0344-5704

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00280-019-03934-y

    PubMed

  • Surgical outcomes of spinal fusion for osteoporotic vertebral fracture in the thoracolumbar spine: Comprehensive evaluations of 5 typical surgical fusion techniques. 査読

    Watanabe K, Katsumi K, Ohashi M, Shibuya Y, Hirano T, Endo N, Kaito T, Yamashita T, Fujiwara H, Nagamoto Y, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Terai H, Tamai K, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Yoshii T, Ushio S, Harimaya K, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Doi T, Kimura A, Inoue H, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Nakano A, Sakai D, Nukaga T, Ikegami S, Shimizu M, Futatsugi T, Ohtori S, Furuya T, Orita S, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Kiyasu K, Murakami H, Yoshioka K, Seki S, Hongo M, Kakutani K, Yurube T, Aoki Y, Oshima M, Takahata M, Iwata A, Endo H, Abe T, Tsukanishi T, Nakanishi K, Watanabe K, Hikata T, Suzuki S, Isogai N, Okada E, Funao H, Ueda S, Shiono Y, Nojiri K, Hosogane N, Ishii K

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   24 ( 6 )   1020 - 1026   2019年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2019.07.018

    PubMed

  • Complications after spinal fixation surgery for osteoporotic vertebral collapse with neurological deficits: Japan Association of Spine Surgeons with ambition multicenter study. 査読

    Sakai Y, Kaito T, Takenaka S, Yamashita T, Makino T, Hosogane N, Nojiri K, Suzuki S, Okada E, Watanabe K, Funao H, Isogai N, Ueda S, Hikata T, Shiono Y, Watanabe K, Katsumi K, Fujiwara H, Nagamoto Y, Terai H, Tamai K, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Ohtori S, Orita S, Furuya T, Yoshii T, Ushio S, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Imagama S, Ando K, Sakai D, Nukaga T, Kiyasu K, Kimura A, Inoue H, Nakano A, Harimaya K, Doi T, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Ikegami S, Futatsugi T, Shimizu M, Kakutani K, Yurube T, Oshima M, Uei H, Aoki Y, Takahata M, Iwata A, Seki S, Murakami H, Yoshioka K, Endo H, Hongo M, Nakanishi K, Abe T, Tsukanishi T, Ishii K

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   24 ( 6 )   985 - 990   2019年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2019.08.015

    PubMed

  • 神経障害を伴う骨粗鬆症性椎体圧潰に対する脊椎固定術後の合併症 日本脊椎外科学会多施設研究(Complications after spinal fixation surgery for osteoporotic vertebral collapse with neurological deficits: Japan Association of Spine Surgeons with ambition multicenter study) 査読

    Sakai Yusuke, Kaito Takashi, Takenaka Shota, Yamashita Tomoya, Makino Takahiro, Hosogane Naobumi, Nojiri Kenya, Suzuki Satoshi, Okada Eijiro, Watanabe Kota, Funao Haruki, Isogai Norihiro, Ueda Seiji, Hikata Tomohiro, Shiono Yuta, Watanabe Kei, Katsumi Keiichi, Fujiwara Hiroyasu, Nagamoto Yukitaka, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Nishimura Hirosuke, Tagami Atsushi, Yamada Shuta, Adachi Shinji, Ohtori Seiji, Orita Sumihisa, Furuya Takeo, Yoshii Toshitaka, Ushio Shuta, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Imagama Shiro, Ando Kei, Sakai Daisuke, Nukaga Tadashi, Kiyasu Katsuhito, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Nakano Atsushi, Harimaya Katsumi, Doi Toshio, Kawaguchi Kenichi, Yokoyama Nobuhiko, Oishi Hidekazu, Ikegami Shota, Futatsugi Toshimasa, Shimizu Masayuki, Kakutani Kenichiro, Yurube Takashi, Oshima Masashi, Uei Hiroshi, Aoki Yasuchika, Takahata Masahiko, Iwata Akira, Seki Shoji, Murakami Hideki, Yoshioka Katsuhito, Endo Hirooki, Hongo Michio, Nakanishi Kazuyoshi, Abe Tetsuya, Tsukanishi Toshinori, Ishii Ken

    Journal of Orthopaedic Science   24 ( 6 )   985 - 990   2019年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    神経障害を伴う骨粗鬆症性椎体圧潰(OVC)に対する脊椎固定術後の合併症の発症率とリスク因子について検討した。OVC患者403例(男性89例、女性314例、平均73.8±7.8歳)を対象とする後ろ向き多施設共同研究を実施した。年齢、性別、BMI等の患者データを収集するとともに、術後6週以内に生じた合併症を調査した。その結果、術中合併症を15例(3.7%)に認め、硬膜断裂、神経障害、大量出血、静脈損傷などがみられた。6週以内の術後合併症の発症は57例(14.1%)であり、せん妄、硬膜外血腫、手術部位感染症、深部静脈血栓症、肺炎、尿路感染症、脳梗塞、心不全がみられた。このうち、せん妄が23例(5.7%)と最も多く、死亡例はなかった。脊椎固定に際して5種類の手技が用いられていたが、合併症の発症率に差はみられなかった。単変量解析では術後合併症の発症は高齢者、男性、肝疾患、パーキンソン病に多く、BMI、喫煙歴、ステロイドの服用、疼痛VAS、JOAスコア、手術手技、手術時間、予測出血量と合併症発症との関連はみられなかった。単変量解析では、術後合併症発症の独立リスク因子として、年齢、肝疾患、パーキンソン病が抽出された。

  • 胸腰椎の骨粗鬆症性椎体骨折に対する脊椎固定術の成績 5種類の定型手技の包括的評価(Surgical outcomes of spinal fusion for osteoporotic vertebral fracture in the thoracolumbar spine: Comprehensive evaluations of 5 typical surgical fusion techniques) 査読

    Watanabe Kei, Katsumi Keiichi, Ohashi Masayuki, Shibuya Yohei, Hirano Toru, Endo Naoto, Kaito Takashi, Yamashita Tomoya, Fujiwara Hiroyasu, Nagamoto Yukitaka, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Nishimura Hirosuke, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Tagami Atsushi, Yamada Syuta, Adachi Shinji, Yoshii Toshitaka, Ushio Shuta, Harimaya Katsumi, Kawaguchi Kenichi, Yokoyama Nobuhiko, Oishi Hidekazu, Doi Toshiro, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Nakano Atsushi, Sakai Daisuke, Nukaga Tadashi, Ikegami Shota, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Ohtori Seiji, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Imagama Shiro, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Kiyasu Katsuhito, Murakami Hideki, Yoshioka Katsuhito, Seki Shoji, Hongo Michio, Kakutani Kenichiro, Yurube Takashi, Aoki Yasuchika, Oshima Masashi, Takahata Masahiko, Iwata Akira, Endo Hirooki, Abe Tetsuya, Tsukanishi Toshinori, Nakanishi Kazuyoshi, Watanabe Kota, Hikata Tomohiro, Suzuki Satoshi, Isogai Norihiro, Okada Eijiro, Funao Haruki, Ueda Seiji, Shiono Yuta, Nojiri Kenya, Hosogane Naobumi, Ishii Ken

    Journal of Orthopaedic Science   24 ( 6 )   1020 - 1026   2019年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    胸腰椎の骨粗鬆症性椎体骨折(OVF)に対する脊椎固定術の術後成績について検討した。脊椎固定術を施行され、2年以上の経過観察が可能であったOVF症例315例を対象とし、術式に基づいて前方固定群(ASF群)19例(男性6例、女性13例、中央値70歳)、前方/後方併用固定群(APSF群)27例(男性5例、女性22例、中央値72歳)、後方固定群(PSF群)40例(男性11例、女性29例、中央値75歳)、3-カラム骨切り+後方固定群(3CO群)92例(男性4例、女性88例、中央値72歳)、椎体形成+後方固定群(VP+PSF群)137例(男性42例、女性95例、中央値77歳)に分類した。平均手術時間はAPSF群が最も長く、術中出血量は3CO群の方がPSF群、VP+PSF群より多かった。周術期合併症の発症率に有意な群間差はなかった。術後の局所後彎角はPSF群を除く各群で有意に改善しており、改善度はAPSF群と3CO群が他の手技群と比較して良好であった。器具破損は59例(18.7%)にみられ、有意な群間差はみられなかった。また、腰痛と下肢痛のVASスコアは各群とも術後に有意に改善し、有意な群間差はなかった。JOAスコアも各群で有意に改善したが、ASF群の回復率は他の手技群と比較して低値を示していた。今回検討した5種類の脊椎固定術はいずれも神経学的・機能的成績の改善に優れていると考えられた。

  • Fibroblast Growth Factor 9 Is Upregulated Upon Intervertebral Mechanical Stress-Induced Ligamentum Flavum Hypertrophy in a Rabbit Model 査読

    Hayashi Kazunori, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Ahmadi Sayed Abdullah, Rahmani Mohammad Suhrab, Maruf Mohammad Hasib, Habibi Hasibullah, Hori Yusuke, Yamada Kentaro, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Imai Yuuki, Nakamura Hiroaki

    SPINE   44 ( 20 )   E1172 - E1180   2019年10月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000003089

  • Fibroblast Growth Factor 9 Is Upregulated Upon Intervertebral Mechanical Stress-Induced Ligamentum Flavum Hypertrophy in a Rabbit Model. 査読

    Hayashi K, Suzuki A, Terai H, Ahmadi SA, Rahmani MS, Maruf MH, Habibi H, Hori Y, Yamada K, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Tamai K, Ohyama S, Imai Y, Nakamura H

    Spine   44 ( 20 )   E1172 - E1180   2019年10月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000003089

    PubMed

  • Surgical Treatment of Osteoporotic Vertebral Fracture with Neurological Deficit: A Nationwide Multicenter Study in Japan(和訳中) 査読

    Hosogane Naobumi, Nojiri Kenya, Suzuki Satoshi, Funao Haruki, Okada Eijiro, Isogai Norihiro, Ueda Seiji, Hikata Tomohiro, Shiono Yuta, Watanabe Kota, Watanabe Kei, Kaito Takashi, Yamashita Tomoya, Fujiwara Hiroyasu, Nagamoto Yukitaka, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Nishimura Hirosuke, Tagami Atsushi, Yamada Syuta, Adachi Shinji, Ohtori Seiji, Orita Sumihisa, Furuya Takeo, Yoshii Toshitaka, Ushio Shuta, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Imagama Shiro, Ando Kei, Sakai Daisuke, Nukaga Tadashi, Kiyasu Katsuhito, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Nakano Atsushi, Harimaya Katsumi, Kawaguchi Kenichi, Yokoyama Nobuhiko, Oishi Hidekazu, Doi Toshio, Ikegami Shota, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Kakutani Kenichiro, Yurube Takashi, Oshima Masashi, Uei Hiroshi, Aoki Yasuchika, Takahata Masahiko, Iwata Akira, Seki Shoji, Murakami Hideki, Yoshioka Katsuhito, Endo Hirooki, Hongo Michio, Nakanishi Kazuyoshi, Abe Tetsuya, Tsukanishi Toshinori, Ishii Ken

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   3 ( 4 )   361 - 367   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Increased advanced glycation end products in hypertrophied ligamentum flavum of diabetes mellitus patients. 査読

    Maruf MH, Suzuki A, Hayashi K, Habibi H, Salimi H, Terai H, Tamai K, Hoshino M, Toyoda H, Yamada K, Takahashi S, Ohyama S, Hori Y, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   19 ( 10 )   1739 - 1745   2019年10月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2019.06.001

    PubMed

  • 神経障害を伴う骨粗鬆症性椎体骨折に対する外科的治療 日本における全国多施設共同研究(Surgical Treatment of Osteoporotic Vertebral Fracture with Neurological Deficit: A Nationwide Multicenter Study in Japan) 査読

    Hosogane Naobumi, Nojiri Kenya, Suzuki Satoshi, Funao Haruki, Okada Eijiro, Isogai Norihiro, Ueda Seiji, Hikata Tomohiro, Shiono Yuta, Watanabe Kota, Watanabe Kei, Kaito Takashi, Yamashita Tomoya, Fujiwara Hiroyasu, Nagamoto Yukitaka, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Nishimura Hirosuke, Tagami Atsushi, Yamada Syuta, Adachi Shinji, Ohtori Seiji, Orita Sumihisa, Furuya Takeo, Yoshii Toshitaka, Ushio Shuta, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Imagama Shiro, Ando Kei, Sakai Daisuke, Nukaga Tadashi, Kiyasu Katsuhito, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Nakano Atsushi, Harimaya Katsumi, Kawaguchi Kenichi, Yokoyama Nobuhiko, Oishi Hidekazu, Doi Toshio, Ikegami Shota, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Kakutani Kenichiro, Yurube Takashi, Oshima Masashi, Uei Hiroshi, Aoki Yasuchika, Takahata Masahiko, Iwata Akira, Seki Shoji, Murakami Hideki, Yoshioka Katsuhito, Endo Hirooki, Hongo Michio, Nakanishi Kazuyoshi, Abe Tetsuya, Tsukanishi Toshinori, Ishii Ken

    Spine Surgery and Related Research   3 ( 4 )   361 - 367   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性椎体圧迫骨折(OVF)偽関節に対する外科的治療のアウトカムについて検討した。後ろ向き多施設研究を実施し、OVF後に椎体圧潰または偽関節による神経障害をきたし、骨折固定術を施行した403例(男性89例、女性314例、平均73.8±7.8歳)を対象とした。術後1年以上にわたり経過観察を行い、術前と最終観察時のX線学的・臨床的アウトカムを評価した。平均手術時間は256.8±115.0分、平均出血量は676.3±1166.9gであり、周術期合併症の発症率は18.1%、せん妄を23例、硬膜破砕を5例、深部感染を4例、表在性感染を4例、血腫を4例、肺炎を3例、深部静脈血栓を3例に認めた。また、機器不全が41.2%にみられ、椎弓根スクリューの緩みが最も多かった。術前局所後彎角は22.0±16.9°であったが、5.2±13.1°に補正され、最終観察時には12.0±15.2°となっていた。腰痛と下肢痛のVASスコアは術後に有意に改善を示し、JOAスコアも最終観察時に有意な改善を認めた。歩行不能であったのは術前が52.4%であったが、最終観察時には7.5%に減少していた。偽関節を有する骨粗鬆症性椎体圧迫骨折に対して、骨折固定法は有用であることが示された。

  • Sarcopenia is related to spinal sagittal imbalance in patients with spinopelvic mismatch 査読

    Ohyama Shoichiro, Hoshino Masatoshi, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Hayashi Kazunori, Tamai Koji, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   28 ( 9 )   1929 - 1936   2019年09月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-019-06066-2

    PubMed

  • Sarcopenia is related to spinal sagittal imbalance in patients with spinopelvic mismatch. 査読

    Ohyama S, Hoshino M, Terai H, Toyoda H, Suzuki A, Takahashi S, Hayashi K, Tamai K, Hori Y, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   28 ( 9 )   1929 - 1936   2019年09月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-019-06066-2

    PubMed

  • The factors related to the poor ADL in the patients with osteoporotic vertebral fracture after instrumentation surgery. 査読

    Murata K, Matsuoka Y, Nishimura H, Endo K, Suzuki H, Takamatsu T, Sawaji Y, Aihara T, Kusakabe T, Maekawa A, Yamamoto K, Watanabe K, Kaito T, Terai H, Tamai K, Tagami A, Yoshii T, Harimaya K, Kawaguchi K, Kimura A, Inoue G, Nakano A, Sakai D, Hiyama A, Ikegami S, Ohtori S, Furuya T, Orita S, Imagama S, Kobayashi K, Kiyasu K, Murakami H, Yoshioka K, Seki S, Hongo M, Kakutani K, Yurube T, Aoki Y, Uei H, Ajiro Y, Takahata M, Endo H, Abe T, Nakanishi K, Watanabe K, Okada E, Hosogane N, Funao H, Isogai N, Ishii K

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   2019年08月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-019-06092-0

    PubMed

  • 特集 DISHの臨床 DISHの疫学 査読

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 山田 賢太郎, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   32 ( 7 )   653 - 660   2019年07月( ISSN:09144412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.5002201171

  • 特集 DISHの臨床 腰椎変性疾患とDISH 査読

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   32 ( 7 )   685 - 692   2019年07月( ISSN:09144412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.5002201177

  • 臨床室 多椎間腰椎黄色靱帯石灰化症により神経根性疼痛をきたした1例 査読

    津本 柊子, 玉井 孝司, 久保 卓也, 藪 晋人, 寺井 秀富, 中村 博亮

    整形外科   70 ( 8 )   857 - 860   2019年07月( ISSN:00305901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15106/j_seikei70_857

    CiNii Article

  • 【DISHの臨床】DISHの疫学 査読

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 山田 賢太郎, 中村 博亮

    (株)三輪書店 脊椎脊髄ジャーナル   32 ( 7 )   653 - 660   2019年07月( ISSN:0914-4412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>はじめに 近年,びまん性特発性骨増殖症(diffuse idiopathic skeletal hyperostosis:DISH)に対する関心が高まりつつある.DISHは前縦靱帯骨化を主病変とする病態から脊柱不撓性をもたらすものの,後縦靱帯骨化症(ossification of the posterior longitudinal ligament:OPLL)や黄色靱帯骨化症(ossification of the yellow ligament:OYL)とは異なり単独で神経障害や著しい疼痛をもたらすことはまれな疾患である.しかしながら,高齢者の脊椎疾患の治療を行っていると,DISHが背景に存在する脊椎外傷や変性疾患に遭遇することは少なくない.本稿では,DISHに関する本邦の臨床研究の歴史を振り返り,疫学知見に関するレビューを行った.

  • 【DISHの臨床】腰椎変性疾患とDISH 査読

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    (株)三輪書店 脊椎脊髄ジャーナル   32 ( 7 )   685 - 692   2019年07月( ISSN:0914-4412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>はじめに Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis(DISH)は,Resnickらにより定義された椎体に骨性架橋を認める病態である.DISHの弊害の中で脊椎脊髄外科医にとって最も特徴的なものは,DISHに伴う椎体骨折である.DISHによる椎体骨折は低エネルギー外傷で起こり得,遅発性神経麻痺,また骨折部の高度な不安定性に留意するべきと報告されている.これらはDISHによる骨性架橋による長いレバーアームのため,骨折部へ応力が集中され引き起こされると考えられている.同様の機序で,慢性疾患である腰部脊柱管狭窄症に対してもDISHは負の影響があると推察されるが,古くにDISHと脊柱管狭窄に関する症例報告がなされて以降,まとまった症例での報告は数少ない.本稿では,著者らの臨床研究結果も交えて,DISHの腰椎変性疾患への影響に焦点を当てて解説する.

  • Development of a scoring system for predicting adjacent vertebral fracture after balloon kyphoplasty. 査読

    Takahashi S, Hoshino M, Yasuda H, Hori Y, Ohyama S, Terai H, Hayashi K, Tsujio T, Kono H, Suzuki A, Tamai K, Toyoda H, Dohzono S, Sasaoka R, Kanematsu F, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   19 ( 7 )   1194 - 1201   2019年07月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2019.02.013

    PubMed

  • 【DISHの臨床】腰椎変性疾患とDISH 査読

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   32 ( 7 )   685 - 692   2019年07月( ISSN:0914-4412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>はじめに Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis(DISH)は,Resnickらにより定義された椎体に骨性架橋を認める病態である.DISHの弊害の中で脊椎脊髄外科医にとって最も特徴的なものは,DISHに伴う椎体骨折である.DISHによる椎体骨折は低エネルギー外傷で起こり得,遅発性神経麻痺,また骨折部の高度な不安定性に留意するべきと報告されている.これらはDISHによる骨性架橋による長いレバーアームのため,骨折部へ応力が集中され引き起こされると考えられている.同様の機序で,慢性疾患である腰部脊柱管狭窄症に対してもDISHは負の影響があると推察されるが,古くにDISHと脊柱管狭窄に関する症例報告がなされて以降,まとまった症例での報告は数少ない.本稿では,著者らの臨床研究結果も交えて,DISHの腰椎変性疾患への影響に焦点を当てて解説する.

  • 【DISHの臨床】DISHの疫学 査読

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 山田 賢太郎, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   32 ( 7 )   653 - 660   2019年07月( ISSN:0914-4412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>はじめに 近年,びまん性特発性骨増殖症(diffuse idiopathic skeletal hyperostosis:DISH)に対する関心が高まりつつある.DISHは前縦靱帯骨化を主病変とする病態から脊柱不撓性をもたらすものの,後縦靱帯骨化症(ossification of the posterior longitudinal ligament:OPLL)や黄色靱帯骨化症(ossification of the yellow ligament:OYL)とは異なり単独で神経障害や著しい疼痛をもたらすことはまれな疾患である.しかしながら,高齢者の脊椎疾患の治療を行っていると,DISHが背景に存在する脊椎外傷や変性疾患に遭遇することは少なくない.本稿では,DISHに関する本邦の臨床研究の歴史を振り返り,疫学知見に関するレビューを行った.

  • 臨床室 多椎間腰椎黄色靱帯石灰化症により神経根性疼痛をきたした1例 査読

    津本 柊子, 玉井 孝司, 久保 卓也, 藪 晋人, 寺井 秀富, 中村 博亮

    整形外科   70 ( 8 )   857 - 860   2019年07月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    71歳女性。右下肢痛が出現し、黄色靱帯石灰化症による右L2/L3椎間孔部狭窄症と診断され、L2/L3右椎間孔拡大術が施行された。その後、黄色靱帯石灰化症による右L3/L4椎間孔部狭窄症に対しL3/L4椎間孔拡大術を施行した。今回、右下肢痛、しびれが再度出現し、黄色靱帯石灰化症によるL2/L3、L3/L4腰部脊柱管狭窄を認めたため、L2/L3、L3/L4顕微鏡下後方除圧術を行った。その結果、術後は右下肢の疼痛は速やかに改善したが、しびれは残存した。

  • Clinical Impact of Cervical Imbalance on Surgical Outcomes of Laminoplasty: A Propensity Score-Matching Analysis. 査読

    Tamai K, Suzuki A, Yabu A, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Ohyama S, Hori Y, Nakamura H

    Clinical spine surgery   2019年05月( ISSN:2380-0186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0000000000000849

    PubMed

  • Answer to the Letter to the Editor concerning "The association of back muscle strength and sarcopenia-related parameters in the patients with spinal disorders" by Toyoda H, et al. (Eur Spine J; doi.org/10.1007/s00586-018-5858-8). 査読

    Toyoda H, Hoshino M, Ohyama S, Terai H, Suzuki A, Yamada K, Takahashi S, Hayashi K, Tamai K, Hori Y, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   28 ( 5 )   1252 - 1253   2019年05月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-019-05942-1

    PubMed

  • ISSLS PRIZE IN CLINICAL SCIENCE 2019: clinical importance of trunk muscle mass for low back pain, spinal balance, and quality of life-a multicenter cross-sectional study. 査読

    Hori Y, Hoshino M, Inage K, Miyagi M, Takahashi S, Ohyama S, Suzuki A, Tsujio T, Terai H, Dohzono S, Sasaoka R, Toyoda H, Kato M, Matsumura A, Namikawa T, Seki M, Yamada K, Habibi H, Salimi H, Yamashita M, Yamauchi T, Furuya T, Orita S, Maki S, Shiga Y, Inoue M, Inoue G, Fujimaki H, Murata K, Kawakubo A, Kabata D, Shintani A, Ohtori S, Takaso M, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   28 ( 5 )   914 - 921   2019年05月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-019-05904-7

    PubMed

  • Impact of Hemodialysis on Surgical Outcomes and Mortality Rate after Lumbar Spine Surgery: A Matched Cohort Study.

    Hori Y, Takahashi S, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Suzuki A, Hayashi K, Tamai K, Ohyama S, Nakamura H

    Spine surgery and related research   3 ( 2 )   151 - 156   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22603/ssrr.2018-0025

    PubMed

    CiNii Article

  • Risk Factors for Proximal Junctional Fracture Following Fusion Surgery for Osteoporotic Vertebral Collapse with Delayed Neurological Deficits: A Retrospective Cohort Study of 403 Patients.

    Tamai K, Terai H, Suzuki A, Nakamura H, Watanabe K, Katsumi K, Ohashi M, Shibuya Y, Izumi T, Hirano T, Kaito T, Yamashita T, Fujiwara H, Nagamoto Y, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Yoshii T, Ushio S, Harimaya K, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Doi T, Kimura A, Inoue H, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Nakano A, Sakai D, Nukaga T, Ikegami S, Shimizu M, Futatsugi T, Ohtori S, Furuya T, Orita S, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Kiyasu K, Murakami H, Yoshioka K, Seki S, Hongo M, Kakutani K, Yurube T, Aoki Y, Oshima M, Takahata M, Iwata A, Endo H, Abe T, Tsukanishi T, Nakanishi K, Watanabe K, Hikata T, Suzuki S, Isogai N, Okada E, Funao H, Ueda S, Shiono Y, Nojiri K, Hosogane N, Ishii K

    Spine surgery and related research   3 ( 2 )   171 - 177   2019年04月( ISSN:2432261X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22603/ssrr.2018-0068

    PubMed

    CiNii Article

  • 誌上シンポジウム 超高齢社会における脊椎手術 骨粗鬆症性脊椎椎体骨折に対する脊椎固定術 査読

    寺井 秀富

    臨床整形外科   54 ( 4 )   351 - 360   2019年04月( ISSN:05570433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.1408201329

  • Risk Factors for Proximal Junctional Fracture Following Fusion Surgery for Osteoporotic Vertebral Collapse with Delayed Neurological Deficits: A Retrospective Cohort Study of 403 Patients(和訳中) 査読

    Tamai Koji, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki, Watanabe Kei, Katsumi Keiichi, Ohashi Masayuki, Shibuya Yohei, Izumi Tomohiro, Hirano Toru, Kaito Takashi, Yamashita Tomoya, Fujiwara Hiroyasu, Nagamoto Yukitaka, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Nishimura Hirosuke, Tagami Atsushi, Yamada Syuta, Adachi Shinji, Yoshii Toshitaka, Ushio Shuta, Harimaya Katsumi, Kawaguchi Kenichi, Yokoyama Nobuhiko, Oishi Hidekazu, Doi Toshiro, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Nakano Atsushi, Sakai Daisuke, Nukaga Tadashi, Ikegami Shota, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Ohtori Seiji, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Imagama Shiro, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Kiyasu Katsuhito, Murakami Hideki, Yoshioka Katsuhito, Seki Shoji, Hongo Michio, Kakutani Kenichiro, Yurube Takashi, Aoki Yasuchika, Oshima Masashi, Takahata Masahiko, Iwata Akira, Endo Hirooki, Abe Tetsuya, Tsukanishi Toshinori, Nakanishi Kazuyoshi, Watanabe Kota, Hikata Tomohiro, Suzuki Satoshi, Isogai Norihiro, Okada Eijiro, Funao Haruki, Ueda Seiji, Shiono Yuta, Nojiri Kenya, Hosogane Naobumi, Ishii Ken

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   3 ( 2 )   171 - 177   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 超高齢社会における脊椎手術 骨粗鬆症性脊椎椎体骨折に対する脊椎固定術 査読

    寺井 秀富

    (株)医学書院 臨床整形外科   54 ( 4 )   351 - 360   2019年04月( ISSN:0557-0433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    <文献概要>超高齢社会の現在,骨粗鬆症性椎体骨折(OVFs)に対する治療は大きな問題である.従来,保存療法と薬物療法が基本とされてきたが,奏効しない場合には外科的介入が必要となる.椎体形成術の登場によりOVFsに対する治療戦略は大きく変化したが,椎体形成術だけで解決できない椎体骨折例も多数存在し,それらに対しては脊椎固定術が必要となる.脊椎固定の手術手技はIn situ固定,椎体形成術+後方固定,骨切り,前方固定など多岐にわたり,病態に応じた術式の選択と合併症を回避する高度な技術力が要求される.

  • 腰椎手術後の手術成績と死亡率に対する血液透析の影響 対応コホート研究(Impact of Hemodialysis on Surgical Outcomes and Mortality Rate after Lumbar Spine Surgery: A Matched Cohort Study) 査読

    Hori Yusuke, Takahashi Shinji, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Hayashi Kazunori, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   3 ( 2 )   151 - 156   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腰椎手術後の臨床転帰と合併症率を血液透析(HD)の有無で比較した。2010年1月〜2015年12月に当施設で腰椎手術を施行されたHD患者と非HD患者を比較する後ろ向き対応コホート研究を実施した。臨床転帰は日本整形外科学会(JOA)スコアで、腰痛、下肢痛、下肢のしびれは視覚アナログスケール(VAS)で評価した。HD群29例(男性58.6%、平均69.7±6.8歳)と非HD群57例(男性57.9%、平均70.1±6.7歳)を比較した。HD群のJOAスコアは8.0改善し、非HD群の10.9よりも改善度が有意に低かった。腰痛、下肢痛、下肢のしびれに対するVASスコアの改善はHD群と非HD群で差はなかった。経過観察期間中、HD群では5例が死亡したのに対し、非HD群では死亡が認められず、死亡率はHD群が有意に高かった。再手術率はHD群が17.2%で非HD群の3.5%よりも有意に高かった。

  • 遅発性神経障害を伴った骨粗鬆症性椎体圧潰に対する固定術後のproximal junctional fractureの危険因子 患者403例の後ろ向きコホート研究(Risk Factors for Proximal Junctional Fracture Following Fusion Surgery for Osteoporotic Vertebral Collapse with Delayed Neurological Deficits: A Retrospective Cohort Study of 403 Patients) 査読

    Tamai Koji, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki, Watanabe Kei, Katsumi Keiichi, Ohashi Masayuki, Shibuya Yohei, Izumi Tomohiro, Hirano Toru, Kaito Takashi, Yamashita Tomoya, Fujiwara Hiroyasu, Nagamoto Yukitaka, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Nishimura Hirosuke, Tagami Atsushi, Yamada Syuta, Adachi Shinji, Yoshii Toshitaka, Ushio Shuta, Harimaya Katsumi, Kawaguchi Kenichi, Yokoyama Nobuhiko, Oishi Hidekazu, Doi Toshiro, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Nakano Atsushi, Sakai Daisuke, Nukaga Tadashi, Ikegami Shota, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Ohtori Seiji, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Imagama Shiro, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Kiyasu Katsuhito, Murakami Hideki, Yoshioka Katsuhito, Seki Shoji, Hongo Michio, Kakutani Kenichiro, Yurube Takashi, Aoki Yasuchika, Oshima Masashi, Takahata Masahiko, Iwata Akira, Endo Hirooki, Abe Tetsuya, Tsukanishi Toshinori, Nakanishi Kazuyoshi, Watanabe Kota, Hikata Tomohiro, Suzuki Satoshi, Isogai Norihiro, Okada Eijiro, Funao Haruki, Ueda Seiji, Shiono Yuta, Nojiri Kenya, Hosogane Naobumi, Ishii Ken

    Spine Surgery and Related Research   3 ( 2 )   171 - 177   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性椎体圧潰(OVC)に対する外科的治療後のproximal junctional fracture(PJFr)の発生率と独立危険因子を同定した。Japan Association of Spine Surgeons with Ambitionに所属する機関の2016年の登録データを後ろ向きに解析した。T10以下のOVCによる神経障害に対して矯正手術を実施し、2年以上経過観察を行った403例(女性331例、男性72例、平均73.8±7.8歳)を解析した。63例にPJFrを認めた。多重ロジスティック回帰分析の結果、骨粗鬆症のグレードとlower instrumented vertebraレベルがPJFrの独立危険因子であった。受信者動作特性曲線解析では、腰椎骨密度が良好な予測能の有意な因子であったが、股関節骨密度は有意な因子ではなかった。初回手術後のPJFrの予測に対する最適カットオフ値は腰椎骨密度0.61g/cm2であった。

  • 超高齢社会における脊椎手術 骨粗鬆症性脊椎椎体骨折に対する脊椎固定術 査読

    寺井 秀富

    臨床整形外科   54 ( 4 )   351 - 360   2019年04月( ISSN:0557-0433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>超高齢社会の現在,骨粗鬆症性椎体骨折(OVFs)に対する治療は大きな問題である.従来,保存療法と薬物療法が基本とされてきたが,奏効しない場合には外科的介入が必要となる.椎体形成術の登場によりOVFsに対する治療戦略は大きく変化したが,椎体形成術だけで解決できない椎体骨折例も多数存在し,それらに対しては脊椎固定術が必要となる.脊椎固定の手術手技はIn situ固定,椎体形成術+後方固定,骨切り,前方固定など多岐にわたり,病態に応じた術式の選択と合併症を回避する高度な技術力が要求される.

  • Surgical outcomes of spinal fusion for osteoporotic thoracolumbar vertebral fractures in patients with Parkinson's disease: what is the impact of Parkinson's disease on surgical outcome? 査読

    Watanabe Kei, Katsumi Keiichi, Ohashi Masayuki, Shibuya Yohei, Izumi Tomohiro, Hirano Toru, Endo Naoto, Kaito Takashi, Yamashita Tomoya, Fujiwara Hiroyasu, Nagamoto Yukitaka, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Nishimura Hirosuke, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Tagami Atsushi, Yamada Syuta, Adachi Shinji, Yoshii Toshitaka, Ushio Shuta, Harimaya Katsumi, Kawaguchi Kenichi, Yokoyama Nobuhiko, Oishi Hidekazu, Doi Toshiro, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Nakano Atsushi, Sakai Daisuke, Nukaga Tadashi, Ikegami Shota, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Ohtori Seiji, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Imagama Shiro, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Kiyasu Katsuhito, Murakami Hideki, Yoshioka Katsuhito, Seki Shoji, Hongo Michio, Kakutani Kenichiro, Yurube Takashi, Aoki Yasuchika, Oshima Masashi, Takahata Masahiko, Iwata Akira, Endo Hirooki, Abe Tetsuya, Tsukanishi Toshinori, Nakanishi Kazuyoshi, Watanabe Kota, Hikata Tomohiro, Suzuki Satoshi, Isogai Norihiro, Okada Eijiro, Funao Haruki, Ueda Seiji, Shiono Yuta, Nojiri Kenya, Hosogane Naobumi, Ishii Ken

    BMC MUSCULOSKELETAL DISORDERS   20 ( 1 )   103   2019年03月( ISSN:1471-2474

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12891-019-2473-8

    PubMed

  • Surgical outcomes of spinal fusion for osteoporotic thoracolumbar vertebral fractures in patients with Parkinson's disease: what is the impact of Parkinson's disease on surgical outcome? 査読

    Watanabe K, Katsumi K, Ohashi M, Shibuya Y, Izumi T, Hirano T, Endo N, Kaito T, Yamashita T, Fujiwara H, Nagamoto Y, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Terai H, Tamai K, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Yoshii T, Ushio S, Harimaya K, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Doi T, Kimura A, Inoue H, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Nakano A, Sakai D, Nukaga T, Ikegami S, Shimizu M, Futatsugi T, Ohtori S, Furuya T, Orita S, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Kiyasu K, Murakami H, Yoshioka K, Seki S, Hongo M, Kakutani K, Yurube T, Aoki Y, Oshima M, Takahata M, Iwata A, Endo H, Abe T, Tsukanishi T, Nakanishi K, Watanabe K, Hikata T, Suzuki S, Isogai N, Okada E, Funao H, Ueda S, Shiono Y, Nojiri K, Hosogane N, Ishii K

    BMC musculoskeletal disorders   20 ( 1 )   103   2019年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12891-019-2473-8

    PubMed

  • Answer to the Letter to the Editor concerning "The association of back muscle strength and sarcopenia-related parameters in the patients with spinal disorders" by Toyoda H, et al. (Eur Spine J; doi.org/10.1007/s00586-018-5858-8). 査読

    Toyoda H, Hoshino M, Ohyama S, Terai H, Suzuki A, Yamada K, Takahashi S, Hayashi K, Tamai K, Hori Y, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   2019年03月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-019-05942-1

    PubMed

  • Cost-effectiveness of Balloon Kyphoplasty for Patients With Acute/Subacute Osteoporotic Vertebral Fractures in the Super-Aging Japanese Society. 査読

    Takahashi S, Hoshino M, Yasuda H, Terai H, Hayashi K, Tsujio T, Kono H, Suzuki A, Tamai K, Ohyama S, Toyoda H, Dohzono S, Kanematsu F, Hori Y, Nakamura H

    Spine   44 ( 5 )   E298 - E305   2019年03月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000002829

    PubMed

  • Development of a scoring system for predicting adjacent vertebral fracture after balloon kyphoplasty. 査読

    Takahashi S, Hoshino M, Yasuda H, Hori Y, Ohyama S, Terai H, Hayashi K, Tsujio T, Kono H, Suzuki A, Tamai K, Toyoda H, Dohzono S, Sasaoka R, Kanematsu F, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   2019年03月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2019.02.013

    PubMed

  • Cost-effectiveness of Balloon Kyphoplasty for Patients With Acute/Subacute Osteoporotic Vertebral Fractures in the Super-Aging Japanese Society. 査読

    Takahashi S, Hoshino M, Yasuda H, Terai H, Hayashi K, Tsujio T, Kono H, Suzuki A, Tamai K, Ohyama S, Toyoda H, Dohzono S, Kanematsu F, Hori Y, Nakamura H

    Spine   44 ( 5 )   E298 - E305   2019年03月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000002829

    PubMed

  • ISSLS PRIZE IN CLINICAL SCIENCE 2019: clinical importance of trunk muscle mass for low back pain, spinal balance, and quality of life-a multicenter cross-sectional study. 査読

    Hori Y, Hoshino M, Inage K, Miyagi M, Takahashi S, Ohyama S, Suzuki A, Tsujio T, Terai H, Dohzono S, Sasaoka R, Toyoda H, Kato M, Matsumura A, Namikawa T, Seki M, Yamada K, Habibi H, Salimi H, Yamashita M, Yamauchi T, Furuya T, Orita S, Maki S, Shiga Y, Inoue M, Inoue G, Fujimaki H, Murata K, Kawakubo A, Kabata D, Shintani A, Ohtori S, Takaso M, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   2019年02月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-019-05904-7

    PubMed

  • Preoperative severity of facet joint degeneration does not impact the 2-year clinical outcomes and cervical imbalance following laminoplasty 査読

    Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Yabu Akito, Takahashi Shinji, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    SPINE JOURNAL   19 ( 2 )   246 - 252   2019年02月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2018.06.343

    PubMed

  • The association of back muscle strength and sarcopenia-related parameters in the patients with spinal disorders 査読

    Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Ohyama Shoichiro, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Yamada Kentaro, Takahashi Shinji, Hayashi Kazunori, Tamai Koji, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   28 ( 2 )   241 - 249   2019年02月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-018-5858-8

    PubMed

  • The association of back muscle strength and sarcopenia-related parameters in the patients with spinal disorders. 査読

    Toyoda H, Hoshino M, Ohyama S, Terai H, Suzuki A, Yamada K, Takahashi S, Hayashi K, Tamai K, Hori Y, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   28 ( 2 )   241 - 249   2019年02月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-018-5858-8

    PubMed

  • Preoperative severity of facet joint degeneration does not impact the 2-year clinical outcomes and cervical imbalance following laminoplasty. 査読

    Tamai K, Suzuki A, Yabu A, Takahashi S, Toyoda H, Hoshino M, Terai H, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   19 ( 2 )   246 - 252   2019年02月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2018.06.343

    PubMed

  • Balloon Kyphoplasty Versus Conservative Treatment for Acute Osteoporotic Vertebral Fractures With Poor Prognostic Factors: Propensity Score Matched Analysis Using Data From Two Prospective Multicenter Studies. 査読

    Hoshino M, Takahashi S, Yasuda H, Terai H, Watanabe K, Hayashi K, Tsujio T, Kono H, Suzuki A, Tamai K, Ohyama S, Toyoda H, Dohzono S, Kanematsu F, Hori Y, Nakamura H

    Spine   44 ( 2 )   110 - 117   2019年01月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000002769

    PubMed

  • Balloon Kyphoplasty Versus Conservative Treatment for Acute Osteoporotic Vertebral Fractures With Poor Prognostic Factors: Propensity Score Matched Analysis Using Data From Two Prospective Multicenter Studies. 査読

    Hoshino M, Takahashi S, Yasuda H, Terai H, Watanabe K, Hayashi K, Tsujio T, Kono H, Suzuki A, Tamai K, Ohyama S, Toyoda H, Dohzono S, Kanematsu F, Hori Y, Nakamura H

    Spine   44 ( 2 )   110 - 117   2019年01月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000002769

    PubMed

  • Surgical Treatment of a Patient with Prolonged Exacerbation of Hirayama Disease(和訳中) 査読

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Tamura Akiko, Hayashi Kazunori, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   3 ( 1 )   95 - 97   2019年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anatomical analysis of the human ligamentum flavum in the thoracic spine: Clinical implications for posterior thoracic spinal surgery(和訳中) 査読

    Ahmadi Sayed Abdullah, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Akhgar Javid, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Rahmani Mohammad Suhrab, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   24 ( 1 )   62 - 67   2019年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anatomical analysis of the human ligamentum flavum in the thoracic spine: Clinical implications for posterior thoracic spinal surgery 査読

    Ahmadi Sayed Abdullah, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Akhgar Javid, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Rahmani Mohammad Suhrab, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   24 ( 1 )   62 - 67   2019年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2018.08.023

    PubMed

  • 広汎性特発性骨増殖症は手術を必要とする腰部脊柱管狭窄症と関連する(Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis is associated with lumbar spinal stenosis requiring surgery) 査読

    Yamada Kentaro, Satoh Shigenobu, Hashizume Hiroshi, Yoshimura Noriko, Kagotani Ryohei, Ishimoto Yuyu, Abe Yuichiro, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Masuda Takeshi, Muraki Shigeyuki, Nakamura Hiroaki, Yoshida Munehito

    (一社)日本骨代謝学会 Journal of Bone and Mineral Metabolism   37 ( 1 )   118 - 124   2019年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    手術を必要とする腰部脊柱管狭窄症(LSS)患者とLSSの症状のない被験者における広汎性特発性骨増殖症(DISH)の有病率を調査し、手術を必要とするLSSとDISHとの関連を明らかにした。症候性LSSに対して手術を実施した患者2363例(男性49.8%、平均68.0±8.4歳)とLSSのない対照787例(男性33.4%、平均67.2±12.4歳)を調査した。DISHの有病率はX線検査でLSSのない無症候性対照では14.4%、X線検査でLSSのある無症候性対照では21.1%、手術を必要とするLSS患者では31.7%で、有意に増加した。DISHの分布は群間で同様であったが、手術を必要とするLSS患者では胸郭下部と上部中央腰椎域の頻度が高かった。年齢、性別、BMI、糖尿病の補正後、多変量解析ではDISHが手術を必要とするLSSに関連する独立因子であった。手術を必要とするLSS患者では、DISHのない患者よりも手術を必要とするDISH患者において、腰椎上部での狭窄と多層狭窄の高発生率が観察された。DISHによる下部可動域における減少によって、LSSの発症または重度が増加することが示唆された。

  • Anatomical analysis of the human ligamentum flavum in the thoracic spine: Clinical implications for posterior thoracic spinal surgery. 査読

    Ahmadi SA, Suzuki A, Terai H, Tamai K, Akhgar J, Hoshino M, Toyoda H, Rahmani MS, Hayashi K, Ohyama S, Takahashi S, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   24 ( 1 )   62 - 67   2019年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2018.08.023

    PubMed

  • Efficacy of afatinib or osimertinib plus cetuximab combination therapy for non-small-cell lung cancer with EGFR exon 20 insertion mutations. 査読

    Hasegawa H, Yasuda H, Hamamoto J, Masuzawa K, Tani T, Nukaga S, Hirano T, Kobayashi K, Manabe T, Terai H, Ikemura S, Kawada I, Naoki K, Soejima K

    Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   127   146 - 152   2019年01月( ISSN:0169-5002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2018.11.039

    PubMed

  • Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis is associated with lumbar spinal stenosis requiring surgery. 査読

    Yamada K, Satoh S, Hashizume H, Yoshimura N, Kagotani R, Ishimoto Y, Abe Y, Toyoda H, Terai H, Masuda T, Muraki S, Nakamura H, Yoshida M

    Journal of bone and mineral metabolism   37 ( 1 )   118 - 124   2019年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-017-0901-0

    PubMed

  • 平山病の長期悪化患者に対する外科的治療(Surgical Treatment of a Patient with Prolonged Exacerbation of Hirayama Disease) 査読

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Tamura Akiko, Hayashi Kazunori, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   3 ( 1 )   95 - 97   2019年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は48歳女性で、右遠位上手部と前腕の進行性脱力を呈していた。症状は15歳時に始まり、右手の冷感も伴っていた。3年後には右手指の伸展が困難となり、寒冷気候中では巧緻運動障害も経験していた。筋力低下の悪化も進行し、近位同側下肢の緩徐な進行性脱力も現れたため当院に来院した。神経学的検査で、右遠位上肢の顕著な萎縮と鷲手変形が明らかとなり、罹患した前腕の尺骨側と手で中程度から重度の感覚障害が観察された。頸部MRIでは、C4-5、C5-6、C6-7レベルでのT2強調画像上に高輝度領域を伴う非対称な前後方向平坦化が見られ、屈位の頸部MRIでは後部硬膜壁の変位がない脊髄前方移動、当該脊髄のC4-5およびC5-6レベルでの圧迫が明らかとなった。C4-5およびC5-6レベルでの前方除圧固定術を行い、ポリエーテルエーテルケトンケージを各椎体間スペースに配置して頸椎前彎を達成した。術後2年で右足は完全な強さを維持しているが、右遠位上肢の顕著な萎縮と鷲手変形は残存している。

  • 胸椎におけるヒト黄色靱帯の解剖学的解析 後胸椎手術の臨床適応(Anatomical analysis of the human ligamentum flavum in the thoracic spine: Clinical implications for posterior thoracic spinal surgery) 査読

    Ahmadi Sayed Abdullah, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Akhgar Javid, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Rahmani Mohammad Suhrab, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   24 ( 1 )   62 - 67   2019年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    防腐処理死体20検体を用いて、胸椎黄色靱帯の解剖学的解明を試みた。全椎体を採取後に椎弓根を垂直面で切断、T1/T2からT12/L1の黄色靱帯を造影剤で染色し、CT像によって形状と椎体骨構造との関係を評価した。その結果、胸椎の層間腔内に左右二つの黄色靱帯が存在しており、腹側でcranial laminae、背側でcaudal laminaeを被覆していた。正中における黄色靱帯の高さは頭側から尾側に向かって徐々に増大しており、平均高はT1/T2で11.8±1.6mm、T12/L1で15.1±0.1mmを示していた。黄色靱帯の幅も頭側から尾側にかけて緩やかに増加しており、平均幅はT1/T2で13.8±1.4mm、T12/L1で17.8±1.6mmであった。なお、いずれの脊椎レベルでも幅に有意な左右差はなかった。また、黄色靱帯によるcaudal laminaの被覆率は上位脊椎から下位脊椎に向かって徐々に増加し、平均被覆率はT1で31.7%、T12で41.7%であったが、cranial laminaの被覆率は減少しており、平均被覆率はT2で12.6%、L1で4.3%であった。黄色靱帯で被覆されない空白域に関して脊椎レベルでの差はなく、平均53.9±2.5%を示していた。胸椎椎間孔において、黄色靱帯は椎間関節をT2/T3からT12/L1のレベルで被覆していたが、T1/T2レベルでの被覆はみられなかった。

  • 広汎性特発性骨増殖症は手術を必要とする腰部脊柱管狭窄症と関連する(Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis is associated with lumbar spinal stenosis requiring surgery) 査読

    Yamada Kentaro, Satoh Shigenobu, Hashizume Hiroshi, Yoshimura Noriko, Kagotani Ryohei, Ishimoto Yuyu, Abe Yuichiro, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Masuda Takeshi, Muraki Shigeyuki, Nakamura Hiroaki, Yoshida Munehito

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   37 ( 1 )   118 - 124   2019年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    手術を必要とする腰部脊柱管狭窄症(LSS)患者とLSSの症状のない被験者における広汎性特発性骨増殖症(DISH)の有病率を調査し、手術を必要とするLSSとDISHとの関連を明らかにした。症候性LSSに対して手術を実施した患者2363例(男性49.8%、平均68.0±8.4歳)とLSSのない対照787例(男性33.4%、平均67.2±12.4歳)を調査した。DISHの有病率はX線検査でLSSのない無症候性対照では14.4%、X線検査でLSSのある無症候性対照では21.1%、手術を必要とするLSS患者では31.7%で、有意に増加した。DISHの分布は群間で同様であったが、手術を必要とするLSS患者では胸郭下部と上部中央腰椎域の頻度が高かった。年齢、性別、BMI、糖尿病の補正後、多変量解析ではDISHが手術を必要とするLSSに関連する独立因子であった。手術を必要とするLSS患者では、DISHのない患者よりも手術を必要とするDISH患者において、腰椎上部での狭窄と多層狭窄の高発生率が観察された。DISHによる下部可動域における減少によって、LSSの発症または重度が増加することが示唆された。

  • Surgical Treatment of Osteoporotic Vertebral Fracture with Neurological Deficit-A Nationwide Multicenter Study in Japan- 査読

    Hosogane Naobumi, Nojiri Kenya, Suzuki Satoshi, Funao Haruki, Okada Eijiro, Isogai Norihiro, Ueda Seiji, Hikata Tomohiro, Shiono Yuta, Watanabe Kota, Watanabe Kei, Kaito Takashi, Yamashita Tomoya, Fujiwara Hiroyasu, Nagamoto Yukitaka, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Nishimura Hirosuke, Tagami Atsushi, Yamada Syuta, Adachi Shinji, Ohtori Seiji, Orita Sumihisa, Furuya Takeo, Yoshii Toshitaka, Ushio Shuta, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Imagama Shiro, Ando Kei, Sakai Daisuke, Nukaga Tadashi, Kiyasu Katsuhito, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Nakano Atsushi, Harimaya Katsumi, Kawaguchi Kenichi, Yokoyama Nobuhiko, Oishi Hidekazu, Doi Toshio, Ikegami Shota, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Kakutani Kenichiro, Yurube Takashi, Oshima Masashi, Uei Hiroshi, Aoki Yasuchika, Takahata Masahiko, Iwata Akira, Seki Shoji, Murakami Hideki, Yoshioka Katsuhito, Endo Hirooki, Hongo Michio, Nakanishi Kazuyoshi, Abe Tetsuya, Tsukanishi Toshinori, Ishii Ken

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 SPINE SURGERY AND RELATED RESEARCH   3 ( 4 )   361 - 367   2019年( ISSN:2432-261X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Introduction: The prevalence of patients with osteoporosis continues to increase in aging societies, including Japan. The first choice for managing osteoporotic vertebral compression fracture (OVF) is conservative treatment. Failure in conservative treatment for OVF may lead to non-union or vertebral collapse, resulting in neurological deficit and subsequently requiring surgical intervention. This multicenter nationwide study in Japan was conducted to comprehensively understand the outcomes of surgical treatments for OVF non-union.</p><p>Methods: This multicenter, retrospective study included 403 patients (89 males, 314 females, mean age 73.8 ± 7.8 years, mean follow-up 3.9 ± 1.7 years) with neurological deficit due to vertebral collapse or non-union after OVF at T10-L5 who underwent fusion surgery with a minimum 1-year follow-up. Radiological and clinical outcomes at baseline and at the final follow-up (FU) were evaluated.</p><p>Results: OVF was present at a thoracolumbar junction such as T12 (124 patients) and L1 (117 patients). A majority of OVF occurred after a minor trauma, such as falling down (55.3%) or lifting objects (8.4%). Short segment fusion, including affected vertebra, was conducted (mean 4.0 ± 2.0 vertebrae) with 256.8 minutes of surgery and 676.1 g of blood loss. A posterior approach was employed in 86.6% of the patients, followed by a combined anterior and posterior (8.7%), and an anterior (4.7%) approach. Perioperative complications and implant failures were observed in 18.1% and 41.2%, respectively. VAS scores of low back pain (74.7 to 30.8 mm) and leg pain (56.8 to 20.7 mm) improved significantly at FU. Preoperatively, 52.6% of the patients were unable to walk and the rate of non-ambulatory patients decreased to 7.5% at FU.</p><p>Conclusions: This study demonstrated that substantial improvement in activity of daily living (ADL) was achieved by fusion surgery. Although there was a considerable rate of complications, fusion surgery is beneficial for elderly OVF patients with non-union.</p>

    DOI: 10.22603/ssrr.2019-0004

    CiNii Article

  • General Anesthesia Management for Adult Mucopolysaccharidosis Patients Undergoing Major Spine Surgery. 査読

    Tsuchiya M, Terai H, Mizutani K, Funai Y, Tanaka K, Yamada T, Mori T, Nishikawa K

    Medical principles and practice : international journal of the Kuwait University, Health Science Centre   28 ( 6 )   581 - 585   2019年( ISSN:1011-7571

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000503051

    PubMed

  • Surgical Treatment of Osteoporotic Vertebral Fracture with Neurological Deficit-A Nationwide Multicenter Study in Japan.

    Hosogane N, Nojiri K, Suzuki S, Funao H, Okada E, Isogai N, Ueda S, Hikata T, Shiono Y, Watanabe K, Watanabe K, Kaito T, Yamashita T, Fujiwara H, Nagamoto Y, Terai H, Tamai K, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Ohtori S, Orita S, Furuya T, Yoshii T, Ushio S, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Imagama S, Ando K, Sakai D, Nukaga T, Kiyasu K, Kimura A, Inoue H, Nakano A, Harimaya K, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Doi T, Ikegami S, Shimizu M, Futatsugi T, Kakutani K, Yurube T, Oshima M, Uei H, Aoki Y, Takahata M, Iwata A, Seki S, Murakami H, Yoshioka K, Endo H, Hongo M, Nakanishi K, Abe T, Tsukanishi T, Ishii K

    Spine surgery and related research   3 ( 4 )   361 - 367   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22603/ssrr.2019-0004

    PubMed

    CiNii Article

  • Comparison of minimally invasive decompression and combined minimally invasive decompression and fusion in patients with degenerative spondylolisthesis with instability 査読

    Hayashi Kazunori, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE   57   79 - 85   2018年11月( ISSN:0967-5868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jocn.2018.08.032

    PubMed

  • Spinopelvic Sagittal Alignment after Microendoscopic Laminotomy in Patients with Lumbar Degenerative Spondylolisthesis 査読

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Hori Yusuke, Takahashi Shinji, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF NEUROLOGICAL SURGERY PART A-CENTRAL EUROPEAN NEUROSURGERY   79 ( 6 )   479 - 485   2018年11月( ISSN:2193-6315

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0038-1666847

    PubMed

  • Comparison of minimally invasive decompression and combined minimally invasive decompression and fusion in patients with degenerative spondylolisthesis with instability. 査読

    Hayashi K, Toyoda H, Terai H, Hoshino M, Suzuki A, Takahashi S, Tamai K, Ohyama S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   57   79 - 85   2018年11月( ISSN:0967-5868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jocn.2018.08.032

    PubMed

  • Spinopelvic Sagittal Alignment after Microendoscopic Laminotomy in Patients with Lumbar Degenerative Spondylolisthesis. 査読

    Dohzono S, Toyoda H, Hori Y, Takahashi S, Suzuki A, Terai H, Nakamura H

    Journal of neurological surgery. Part A, Central European neurosurgery   79 ( 6 )   479 - 485   2018年11月( ISSN:2193-6315

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0038-1666847

    PubMed

  • RA腰椎病変を合併する腰部脊柱管狭窄症の手術成績 非RA患者とのMatched Case Control Study 査読

    山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   9 ( 6 )   1044 - 1048   2018年06月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    関節リウマチ(RA)の腰椎病変にはすべり・側彎・椎体骨折が含まれるが、これらはいずれも非RA患者でもみられる。本研究はRA腰椎病変を合併する脊柱管狭窄症手術を行った15例と年齢・性別・病態・手術術式をmatchさせた非RA患者25例の術後成績を比較検討した。その結果、術前画像が同様のRA群/非RA群で臨床成績に差がなかったものの固定後隣接椎間障害・除圧後すべり増強がRAで多くみられる傾向にあった。(著者抄録)

  • RA腰椎病変を合併する腰部脊柱管狭窄症の手術成績 非RA患者とのMatched Case Control Study 査読

    山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   9 ( 6 )   1044 - 1048   2018年06月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    関節リウマチ(RA)の腰椎病変にはすべり・側彎・椎体骨折が含まれるが、これらはいずれも非RA患者でもみられる。本研究はRA腰椎病変を合併する脊柱管狭窄症手術を行った15例と年齢・性別・病態・手術術式をmatchさせた非RA患者25例の術後成績を比較検討した。その結果、術前画像が同様のRA群/非RA群で臨床成績に差がなかったものの固定後隣接椎間障害・除圧後すべり増強がRAで多くみられる傾向にあった。(著者抄録)

  • 予後不良因子を持つ骨粗鬆症性新鮮椎体骨折に対するBKPの有用性 多施設前向き介入研究(第1報) 査読

    星野 雅俊, 高橋 真治, 安田 宏之, 寺井 秀富, 渡辺 享永, 林 和憲, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 豊田 宏光, 笹岡 隆一, 堂園 将, 兼松 文昭, 白 隆光, 高山 和士, 加藤 相勲, 堀 悠介, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   9 ( 5 )   959 - 964   2018年05月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    予後不良因子(MRI・T2強調画像における高信号あるいは低信号広範)を持つ骨粗鬆症性新鮮椎体骨折に対するBKP早期介入の多施設単群前向き介入試験における中間解析では、BKP早期介入の45例は、同一の予後不良因子を持ち保存治療を受けた患者で性・年齢・骨折高位をマッチさせた45例との比較で、有意にADLの低下を防ぎ、QOLを回復させ、椎体変形を改善した。しかし隣接椎体骨折の発生は高率に認められた。(著者抄録)

  • <i>Candida</i> is a protractive factor of chronic oral ulcers among usual outpatients. 査読

    Terai H, Ueno T, Suwa Y, Omori M, Yamamoto K, Kasuya S

    The Japanese dental science review   54 ( 2 )   52 - 58   2018年05月( ISSN:1882-7616

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jdsr.2017.12.001

    PubMed

  • 予後不良因子を持つ骨粗鬆症性新鮮椎体骨折に対するBKPの有用性 多施設前向き介入研究(第1報) 査読

    星野 雅俊, 高橋 真治, 安田 宏之, 寺井 秀富, 渡辺 享永, 林 和憲, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 豊田 宏光, 笹岡 隆一, 堂園 将, 兼松 文昭, 白 隆光, 高山 和士, 加藤 相勲, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   9 ( 5 )   959 - 964   2018年05月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    予後不良因子(MRI・T2強調画像における高信号あるいは低信号広範)を持つ骨粗鬆症性新鮮椎体骨折に対するBKP早期介入の多施設単群前向き介入試験における中間解析では、BKP早期介入の45例は、同一の予後不良因子を持ち保存治療を受けた患者で性・年齢・骨折高位をマッチさせた45例との比較で、有意にADLの低下を防ぎ、QOLを回復させ、椎体変形を改善した。しかし隣接椎体骨折の発生は高率に認められた。(著者抄録)

  • 特集 アスリートの脊椎・脊髄障害-病態と早期復帰への工夫 スポーツ選手の腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡下後方手術 査読

    寺井 秀富, 金田 国一, 大嶺 俊充, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   31 ( 3 )   239 - 245   2018年03月( ISSN:09144412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.5002200823

  • Validity and Reproducibility of Various Measurement Methods for Craniocervical Sagittal Balance 査読

    Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Kishimura Yuichi, Onode Ema, Umano Masayuki, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    CLINICAL SPINE SURGERY   31 ( 2 )   80 - 85   2018年03月( ISSN:2380-0186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0000000000000590

  • Validity and Reproducibility of Various Measurement Methods for Craniocervical Sagittal Balance. 査読

    Tamai K, Suzuki A, Takahashi S, Hoshino M, Toyoda H, Hayashi K, Ohyama S, Kishimura Y, Onode E, Umano M, Terai H, Nakamura H

    Clinical spine surgery   31 ( 2 )   80 - 85   2018年03月( ISSN:2380-0186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0000000000000617

    PubMed

  • Validity and Reproducibility of Various Measurement Methods for Craniocervical Sagittal Balance. 査読

    Tamai K, Suzuki A, Takahashi S, Hoshino M, Toyoda H, Hayashi K, Ohyama S, Kishimura Y, Onode E, Umano M, Terai H, Nakamura H

    Clinical spine surgery   31 ( 2 )   80 - 85   2018年03月( ISSN:2380-0186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0000000000000617

    PubMed

  • 【アスリートの脊椎・脊髄障害-病態と早期復帰への工夫】スポーツ選手の腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡下後方手術 査読

    寺井 秀富, 金田 国一, 大嶺 俊充, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   31 ( 3 )   239 - 245   2018年03月( ISSN:0914-4412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>はじめに 腰椎椎間板ヘルニアに対する手術療法(椎間板摘出術)として,顕微鏡下椎間板ヘルニア摘出術(microscopic discectomy:MD)や内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術(microendoscopic discectomy:MED),経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術(percutaneous endoscopic lumbar discectomy:PELD)など,さまざまな低侵襲手術手技が確立している.一般患者におけるそれら低侵襲手術手技の成績は非常に良好であり,術式間で大きな差はないとされている5).しかし,アプローチやワーキングスペースの大きさなど各術式の特徴とそれらの手技に適するヘルニアのタイプについて知っておく必要がある.本稿では,アスリートの腰椎椎間板ヘルニアの手術に関して,どのような場合にMEDが適しているか,実際にMEDを行う際の注意点,MED術後のスポーツ復帰の状況などについて述べる.

  • ER Stress Signaling Promotes the Survival of Cancer "Persister Cells" Tolerant to EGFR Tyrosine Kinase Inhibitors. 査読

    Terai H, Kitajima S, Potter DS, Matsui Y, Quiceno LG, Chen T, Kim TJ, Rusan M, Thai TC, Piccioni F, Donovan KA, Kwiatkowski N, Hinohara K, Wei G, Gray NS, Fischer ES, Wong KK, Shimamura T, Letai A, Hammerman PS, Barbie DA

    Cancer research   78 ( 4 )   1044 - 1057   2018年02月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-17-1904

    PubMed

  • Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis is associated with lumbar spinal stenosis requiring surgery. 査読

    Yamada K, Satoh S, Hashizume H, Yoshimura N, Kagotani R, Ishimoto Y, Abe Y, Toyoda H, Terai H, Masuda T, Muraki S, Nakamura H, Yoshida M

    Journal of bone and mineral metabolism   2018年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-017-0901-0

    PubMed

  • Differences in short-term clinical and radiological outcomes depending on timing of balloon kyphoplasty for painful osteoporotic vertebral fracture 査読

    Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Watanabe Kyoei, Tsujio Tadao, Yasuda Hiroyuki, Kono Hiroshi, Sasaoka Ryuichi, Dohzono Sho, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   23 ( 1 )   51 - 56   2018年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2017.09.019

    PubMed

  • 有痛性骨粗鬆症性椎体骨折に対するバルーン後彎形成術の時期に応じた短期臨床的および放射線学的転帰の差(Differences in short-term clinical and radiological outcomes depending on timing of balloon kyphoplasty for painful osteoporotic vertebral fracture) 査読

    Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Watanabe Kyoei, Tsujio Tadao, Yasuda Hiroyuki, Kono Hiroshi, Sasaoka Ryuichi, Dohzono Sho, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   23 ( 1 )   51 - 56   2018年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2012年1月-2016年1月にバルーン後彎形成術を受けた連続患者72例を対象とした多施設共同コホート研究を行った。患者を有痛性骨粗鬆症性椎体骨折(OVF)発症後の後彎形成術時期に応じた2群(早期群(2ヵ月以内):女性19名、男性8名、平均年齢79.9歳、晩期群(2ヵ月より後):女性31名、男性14名、平均年齢77.9歳)に分けて解析した。6ヵ月超継続して追跡した。晩期群では術前の骨折椎体の角運動と前方椎体高の圧迫が大きかった。年齢および術前転帰について調整した最終転帰では、早期群で晩期群よりも腰痛の視覚的アナログ尺度(VAS)スコアが低くなった。最終の相対前方椎体高および後彎角は、早期群で晩期群よりも大きく維持されたが、絶対差は有意ではなかった。

  • Differences in short-term clinical and radiological outcomes depending on timing of balloon kyphoplasty for painful osteoporotic vertebral fracture. 査読

    Takahashi S, Hoshino M, Terai H, Toyoda H, Suzuki A, Tamai K, Watanabe K, Tsujio T, Yasuda H, Kono H, Sasaoka R, Dohzono S, Hayashi K, Ohyama S, Hori Y, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   23 ( 1 )   51 - 56   2018年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2017.09.019

    PubMed

  • 有痛性骨粗鬆症性椎体骨折に対するバルーン後彎形成術の時期に応じた短期臨床的および放射線学的転帰の差(Differences in short-term clinical and radiological outcomes depending on timing of balloon kyphoplasty for painful osteoporotic vertebral fracture) 査読

    Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Watanabe Kyoei, Tsujio Tadao, Yasuda Hiroyuki, Kono Hiroshi, Sasaoka Ryuichi, Dohzono Sho, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   23 ( 1 )   51 - 56   2018年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2012年1月-2016年1月にバルーン後彎形成術を受けた連続患者72例を対象とした多施設共同コホート研究を行った。患者を有痛性骨粗鬆症性椎体骨折(OVF)発症後の後彎形成術時期に応じた2群(早期群(2ヵ月以内):女性19名、男性8名、平均年齢79.9歳、晩期群(2ヵ月より後):女性31名、男性14名、平均年齢77.9歳)に分けて解析した。6ヵ月超継続して追跡した。晩期群では術前の骨折椎体の角運動と前方椎体高の圧迫が大きかった。年齢および術前転帰について調整した最終転帰では、早期群で晩期群よりも腰痛の視覚的アナログ尺度(VAS)スコアが低くなった。最終の相対前方椎体高および後彎角は、早期群で晩期群よりも大きく維持されたが、絶対差は有意ではなかった。

  • Surgical Treatment of a Patient with Prolonged Exacerbation of Hirayama Disease 査読

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Tamura Akiko, Hayashi Kazunori, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22603/ssrr.2018-0037

    CiNii Article

  • Risk Factors for Proximal Junctional Fracture following Fusion Surgery for Osteoporotic Vertebral Collapse with Delayed Neurological Deficits: A Retrospective Cohort Study of 403 Patients 査読

    Tamai Koji, Hirano Toru, Kaito Takashi, Yamashita Tomoya, Fujiwara Hiroyasu, Nagamoto Yukitaka, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Nishimura Hirosuke, Tagami Atsushi, Yamada Syuta, Terai Hidetomi, Adachi Shinji, Yoshii Toshitaka, Ushio Shuta, Harimaya Katsumi, Kawaguchi Kenichi, Yokoyama Nobuhiko, Oishi Hidekazu, Doi Toshiro, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Suzuki Akinobu, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Nakano Atsushi, Sakai Daisuke, Nukaga Tadashi, Ikegami Shota, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Ohtori Seiji, Nakamura Hiroaki, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Imagama Shiro, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Kiyasu Katsuhito, Murakami Hideki, Yoshioka Katsuhito, Seki Shoji, Hongo Michio, Watanabe. Kei, Kakutani Kenichiro, Yurube Takashi, Aoki Yasuchika, Oshima Masashi, Takahata Masahiko, Iwata Akira, Endo Hirooki, Abe Tetsuya, Tsukanishi Toshinori, Nakanishi Kazuyoshi, Katsumi Keiichi, Watanabe Kota, Hikata Tomohiro, Suzuki Satoshi, Isogai Norihiro, Okada Eijiro, Funao Haruki, Ueda Seiji, Shiono Yuta, Nojiri Kenya, Hosogane Naobumi, Ohashi Masayuki, Ishii Ken, Shibuya Yohei, Izumi Tomohiro

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Introduction</b></p><p>Approximately 3% of osteoporotic vertebral fractures develop osteoporotic vertebral collapse (OVC) with neurological deficits, and such patients are recommended to be treated surgically. However, a proximal junctional fracture (PJFr) following surgery for OVC can be a serious concern. Therefore, the aim of this study is to identify the incidence and risk factors of PJFr following fusion surgery for OVC.</p><p><b>Methods</b></p><p>This study retrospectively analyzed registry data collected from facilities belonging to the Japan Association of Spine Surgeons with Ambition (JASA) in 2016. We retrospectively analyzed 403 patients who suffered neurological deficits due to OVC below T10 and underwent corrective surgery; only those followed up for ≥2 years were included. Potential risk factors related to the PJFr and their cut-off values were calculated using multivariate logistic regression analysis and receiver operating characteristic (ROC) analysis.</p><p><b>Results</b></p><p>Sixty-three patients (15.6%) suffered PJFr during the follow-up (mean 45.7 months). In multivariate analysis, the grade of osteoporosis (grade 2, 3: adjusted odds ratio (aOR) 2.92; p=0.001) and lower instrumented vertebra (LIV) level (sacrum: aOR 6.75; p=0.003) were independent factors. ROC analysis demonstrated that lumbar bone mineral density (BMD) was a predictive factor (area under curve: 0.72, p=0.035) with optimal cut-off value of 0.61 g/cm² (sensitivity, 76.5%; specificity, 58.3%), but that of the hip was not (p=0.228).</p><p><b>Conclusion</b></p><p>PJFr was found in 16% cases within 4 years after surgery; independent risk factors were severe osteoporosis and extended fusion to the sacrum. The lumbar BMD with cut-off value 0.61 g/cm² may potentially predict PJFr. Our findings can help surgeons select perioperative adjuvant therapy, as well as a surgical strategy to prevent PJFr following surgery.</p>

    DOI: 10.22603/ssrr.2018-0068

    CiNii Article

  • Impact of Hemodialysis on Surgical Outcomes and Mortality Rate After Lumbar Spine Surgery: A Matched Cohort Study 査読

    Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki, Takahashi Shinji, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Hayashi Kazunori, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Introduction: </b>Despite ongoing improvements in both dialysis and surgical techniques, spinal surgery in patients undergoing hemodialysis (HD) is a challenge to surgeons because of the high mortality rate. However, no previous studies have examined clinical outcomes after lumbar surgery in HD patients. The purpose of this study is to compare clinical outcomes and complication rates after lumbar spinal surgery in patients with or without hemodialysis.</p><p><b>Methods:</b> This retrospective, matched cohort study was conducted to compare surgical outcomes between HD vs non-HD patients who underwent lumbar surgery at our hospital. Controls were individually matched to cases at a ratio of 1:2. Clinical outcomes, complications, and mortality rates were compared between the two groups.</p><p><b>Results: </b>Twenty-nine patients in the HD group and 57 in the non-HD group were included in the current study. Five patients in the HD group died during the follow-up period, whereas no patients died in the non-HD group (mortality rate, 17.2% vs. 0%, <i>P</i> = 0.003). Japanese Orthopaedic Association (JOA) scores were significantly less improved in the HD group than in the non-HD group (11.9 vs. 14.2 preoperatively, <i>P</i> = 0.001; 19.9 vs. 25.1 at final follow-up, <i>P</i> < 0.001). Five patients underwent repeat surgery in the HD group, which was significantly higher than the non-HD group (17.2% vs. 3.5%, <i>P</i> = 0.041).</p><p><b>Conclusions:</b> The current study indicates that patients undergoing HD had poor outcomes after lumbar spinal surgery. Moreover, 5 of 29 patients died within a mean 2.4-years follow-up. The indications for lumbar spine surgery in HD patients must be carefully considered because of poor surgical outcomes and high mortality rate.</p>

    DOI: 10.22603/ssrr.2018-0025

    CiNii Article

  • Difference of clinical course between cases with bone union and those with delayed union following osteoporotic vertebral fractures 査読

    Yasuda Hiroyuki, Hoshino Masatoshi, Tsujio Tadao, Terai Hidetomi, Namikawa Takashi, Kato Minori, Matsumura Akira, Suzuki Akinobu, Takayama Kazushi, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    ARCHIVES OF OSTEOPOROSIS   13 ( 1 )   3   2017年12月( ISSN:1862-3522

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11657-017-0411-7

    PubMed

  • Difference of clinical course between cases with bone union and those with delayed union following osteoporotic vertebral fractures. 査読

    Yasuda H, Hoshino M, Tsujio T, Terai H, Namikawa T, Kato M, Matsumura A, Suzuki A, Takayama K, Takahashi S, Nakamura H

    Archives of osteoporosis   13 ( 1 )   3   2017年12月( ISSN:1862-3522

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11657-017-0411-7

    PubMed

  • Restrictions of cervical flexion after laminoplasty increase in the mechanical stress at the occipitocervical junction in non-rheumatoid arthritis patients 査読

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE   45   187 - 192   2017年11月( ISSN:0967-5868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jocn.2017.06.001

    PubMed

  • Anatomical analysis of human ligamentum flavum in the cervical spine: Special consideration to the attachments, coverage, and lateral extent 査読

    Rahmani Mohammad Suhrab, Terai Hidetomi, Akhgar Javid, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Tamai Koji, Ahmadi Sayed Abdullah, Hayashi Kazunori, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   22 ( 6 )   994 - 1000   2017年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2017.07.008

    PubMed

  • ヒト頸椎黄色靱帯の解剖学的解析 付着、被覆、横方向の広がりに関する特記事項(Anatomical analysis of human ligamentum flavum in the cervical spine: Special consideration to the attachments, coverage, and lateral extent) 査読

    Rahmani Mohammad Suhrab, Terai Hidetomi, Akhgar Javid, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Tamai Koji, Ahmadi Sayed Abdullah, Hayashi Kazunori, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   22 ( 6 )   994 - 1000   2017年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ヒト頸椎黄色靱帯(LF)の寸法、付着部、被覆範囲、LFと神経孔または椎間関節との関連性を検討した。ホルマリン固定死体15体(男性7体、女性8体、平均死亡時年齢83歳)から全脊柱を一塊として摘出し、椎弓根基部で2つに切離した。C2-C3〜C7-T1のLF90本を背側から測定した後、鉄材含有造影剤を塗布してCT撮影を行った。CT画像データから3次元CT画像を構築し、腰椎後方視認時の黄色靱帯の位置や、黄色靱帯と椎弓峡部、椎間間隙との正確な位置関係を計測した。LF高はC2-C3からC7-T1にかけて次第に長くなり、各レベルで内側部から外側部にかけて次第に縮小していた。LF幅およびLF厚は、頭側端から尾側端まで比較的一定であった。頸椎椎間関節の頭側端は平均4.6±0.7mmのLFで被覆されていたが、頸椎神経孔へのLFの進入はみられなかった。

  • Restrictions of cervical flexion after laminoplasty increase in the mechanical stress at the occipitocervical junction in non-rheumatoid arthritis patients. 査読

    Dohzono S, Toyoda H, Takahashi S, Suzuki A, Terai H, Nakamura H

    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   45   187 - 192   2017年11月( ISSN:0967-5868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jocn.2017.06.001

    PubMed

  • Anatomical analysis of human ligamentum flavum in the cervical spine: Special consideration to the attachments, coverage, and lateral extent. 査読

    Rahmani MS, Terai H, Akhgar J, Suzuki A, Toyoda H, Hoshino M, Tamai K, Ahmadi SA, Hayashi K, Takahashi S, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   22 ( 6 )   994 - 1000   2017年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2017.07.008

    PubMed

  • ヒト頸椎黄色靱帯の解剖学的解析 付着、被覆、横方向の広がりに関する特記事項(Anatomical analysis of human ligamentum flavum in the cervical spine: Special consideration to the attachments, coverage, and lateral extent) 査読

    Rahmani Mohammad Suhrab, Terai Hidetomi, Akhgar Javid, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Tamai Koji, Ahmadi Sayed Abdullah, Hayashi Kazunori, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   22 ( 6 )   994 - 1000   2017年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ヒト頸椎黄色靱帯(LF)の寸法、付着部、被覆範囲、LFと神経孔または椎間関節との関連性を検討した。ホルマリン固定死体15体(男性7体、女性8体、平均死亡時年齢83歳)から全脊柱を一塊として摘出し、椎弓根基部で2つに切離した。C2-C3〜C7-T1のLF90本を背側から測定した後、鉄材含有造影剤を塗布してCT撮影を行った。CT画像データから3次元CT画像を構築し、腰椎後方視認時の黄色靱帯の位置や、黄色靱帯と椎弓峡部、椎間間隙との正確な位置関係を計測した。LF高はC2-C3からC7-T1にかけて次第に長くなり、各レベルで内側部から外側部にかけて次第に縮小していた。LF幅およびLF厚は、頭側端から尾側端まで比較的一定であった。頸椎椎間関節の頭側端は平均4.6±0.7mmのLFで被覆されていたが、頸椎神経孔へのLFの進入はみられなかった。

  • Mechanical stress induces elastic fibre disruption and cartilage matrix increase in ligamentum flavum 査読

    Hayashi Kazunori, Suzuki Akinobu, Ahmadi Sayed Abdullah, Terai Hidetomi, Yamada Kentaro, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Javid Akgar, Rahmani Mohammad Suhrab, Hasib Maruf Mohammad, Nakamura Hiroaki

    SCIENTIFIC REPORTS   7 ( 1 )   13092   2017年10月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-13360-w

    PubMed

  • Mechanical stress induces elastic fibre disruption and cartilage matrix increase in ligamentum flavum. 査読

    Hayashi K, Suzuki A, Abdullah Ahmadi S, Terai H, Yamada K, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Tamai K, Ohyama S, Javid A, Suhrab Rahmani M, Hasib MM, Nakamura H

    Scientific reports   7 ( 1 )   13092   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-13360-w

    PubMed

  • 特集 高齢者(75歳以上)の運動器変性疾患に対する治療 脊椎の変性疾患に対する高齢者治療 頸椎変性疾患 高齢者のmidcervical central cord syndromeに対する頸椎前方固定術 査読

    寺井 秀富, 玉井 孝司, 中村 博亮

    別冊整形外科   1 ( 72 )   78 - 84   2017年10月( ISSN:02871645

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15106/j04037.2018088649

  • Complications Associated With Spine Surgery in Patients Aged 80 Years or Older: Japan Association of Spine Surgeons with Ambition (JASA) Multicenter Study 査読

    Kobayashi Kazuyoshi, Imagama Shiro, Ando Kei, Ishiguro Naoki, Yamashita Masaomi, Eguchi Yawara, Matsumoto Morio, Ishii Ken, Hikata Tomohiro, Seki Shoji, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Aramomi Masaaki, Ishikawa Tetsuhiro, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Yamada Kei, Hongo Michio, Nishimura Hirosuke, Suzuki Hidekazu, Nakano Atsushi, Watanabe Kazuyuki, Chikuda Hirotaka, Ohya Junichi, Aoki Yasuchika, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Mukaiyama Keijiro, Hasegawa Masaichi, Kiyasu Katsuhito, Iizuka Haku, Iizuka Yoichi, Kobayashi Ryoichi, Nishida Kotaro, Kakutani Kenichiro, Nakajima Hideaki, Murakami Hideki, Demura Satoru, Kato Satoshi, Yoshioka Katsuhito, Namikawa Takashi, Watanabe Kei, Nakanishi Kazuyoshi, Nakagawa Yukihiro, Yoshimoto Mitsunori, Fujiwara Hiroyasu, Nishida Norihiro, Imajo Yasuaki, Yamazaki Masashi, Sakane Masataka, Abe Tetsuya, Fujii Kengo, Kaito Takashi, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Ohtori Seiji

    GLOBAL SPINE JOURNAL   7 ( 7 )   636 - 641   2017年10月( ISSN:2192-5682

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2192568217716144

    PubMed

  • 80歳以上の患者における頸部手術に関連した合併症の危険因子(Risk factors of cervical surgery related complications in patients older than 80 years) 査読

    Tamai Koji, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki, Yamashita Masaomi, Eguchi Yawara, Imagama Shiro, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Matsumoto Morio, Ishii Ken, Hikata Tomohiro, Seki Shoji, Aramomi Masaaki, Ishikawa Tetsuhiro, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Yamada Kei, Hongo Michio, Endo Kenji, Suzuki Hidekazu, Nakano Atsushi, Watanabe Kazuyuki, Ohya Junichi, Chikuda Hirotaka, Aoki Yasuchika, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Mukaiyama Keijiro, Hasegawa Masaichi, Kiyasu Katsuhito, Iizuka Haku, Nishida Kotaro, Kakutani Kenichiro, Nakajima Hideaki, Murakami Hideki, Demura Satoru, Kato Satoshi, Yoshioka Katsuhito, Namikawa Takashi, Watanabe Kei, Nakanishi Kazuyoshi, Nakagawa Yukihiro, Yoshimoto Mitsunori, Fujiwara Hiroyasu, Nishida Norihiro, Sakane Masataka, Yamazaki Masashi, Kaito Takashi, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Ohtori Seiji

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   1 ( 4 )   179 - 184   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    80歳以上の高齢患者に頸部手術を施行する場合における手術合併症の危険因子を同定するため、多施設の登録症例データを後ろ向きに解析した。35施設にてdegenerative cervical myelopathyと診断され頸部手術を施行された80歳以上患者の登録症例66例(女性35例、年齢80〜91歳)の診療録を解析した。全合併症発生例は21例(32%)で、そのうち重大な合併症は7例(11%)、軽度の合併症は14例(21%)であった。年齢調整済みの多重ロジスティック回帰分析の結果、全合併症の発生に関する有意な危険因子として術前の脳血管障害の存在が、また重大な合併症の発生に関する有意な危険因子として癌の既往歴の存在が、それぞれ同定された。年齢、糖尿病の存在、診断疾患、の各因子は合併症の有意な予測因子とは認められなかった。

  • 80歳以上の患者における頸部手術に関連した合併症の危険因子(Risk factors of cervical surgery related complications in patients older than 80 years) 査読

    Tamai Koji, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki, Yamashita Masaomi, Eguchi Yawara, Imagama Shiro, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Matsumoto Morio, Ishii Ken, Hikata Tomohiro, Seki Shoji, Aramomi Masaaki, Ishikawa Tetsuhiro, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Yamada Kei, Hongo Michio, Endo Kenji, Suzuki Hidekazu, Nakano Atsushi, Watanabe Kazuyuki, Ohya Junichi, Chikuda Hirotaka, Aoki Yasuchika, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Mukaiyama Keijiro, Hasegawa Masaichi, Kiyasu Katsuhito, Iizuka Haku, Nishida Kotaro, Kakutani Kenichiro, Nakajima Hideaki, Murakami Hideki, Demura Satoru, Kato Satoshi, Yoshioka Katsuhito, Namikawa Takashi, Watanabe Kei, Nakanishi Kazuyoshi, Nakagawa Yukihiro, Yoshimoto Mitsunori, Fujiwara Hiroyasu, Nishida Norihiro, Sakane Masataka, Yamazaki Masashi, Kaito Takashi, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Ohtori Seiji

    Spine Surgery and Related Research   1 ( 4 )   179 - 184   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    80歳以上の高齢患者に頸部手術を施行する場合における手術合併症の危険因子を同定するため、多施設の登録症例データを後ろ向きに解析した。35施設にてdegenerative cervical myelopathyと診断され頸部手術を施行された80歳以上患者の登録症例66例(女性35例、年齢80〜91歳)の診療録を解析した。全合併症発生例は21例(32%)で、そのうち重大な合併症は7例(11%)、軽度の合併症は14例(21%)であった。年齢調整済みの多重ロジスティック回帰分析の結果、全合併症の発生に関する有意な危険因子として術前の脳血管障害の存在が、また重大な合併症の発生に関する有意な危険因子として癌の既往歴の存在が、それぞれ同定された。年齢、糖尿病の存在、診断疾患、の各因子は合併症の有意な予測因子とは認められなかった。

  • Complications Associated With Spine Surgery in Patients Aged 80 Years or Older: Japan Association of Spine Surgeons with Ambition (JASA) Multicenter Study. 査読

    Kobayashi K, Imagama S, Ando K, Ishiguro N, Yamashita M, Eguchi Y, Matsumoto M, Ishii K, Hikata T, Seki S, Terai H, Suzuki A, Tamai K, Aramomi M, Ishikawa T, Kimura A, Inoue H, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Yamada K, Hongo M, Nishimura H, Suzuki H, Nakano A, Watanabe K, Chikuda H, Ohya J, Aoki Y, Shimizu M, Futatsugi T, Mukaiyama K, Hasegawa M, Kiyasu K, Iizuka H, Iizuka Y, Kobayashi R, Nishida K, Kakutani K, Nakajima H, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Namikawa T, Watanabe K, Nakanishi K, Nakagawa Y, Yoshimoto M, Fujiwara H, Nishida N, Imajo Y, Yamazaki M, Sakane M, Abe T, Fujii K, Kaito T, Furuya T, Orita S, Ohtori S

    Global spine journal   7 ( 7 )   636 - 641   2017年10月( ISSN:2192-5682

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2192568217716144

    PubMed

  • 【高齢者(75歳以上)の運動器変性疾患に対する治療】脊椎の変性疾患に対する高齢者治療 頸椎変性疾患 高齢者のmidcervical central cord syndromeに対する頸椎前方固定術 査読

    寺井 秀富, 玉井 孝司, 中村 博亮

    別冊整形外科   ( 72 )   78 - 84   2017年10月( ISSN:0287-1645

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折後の認知機能低下の危険因子 多施設共同コホート研究(Risk factors for cognitive decline following osteoporotic vertebral fractures: A multicenter cohort study) 査読

    Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Tsujio Tadao, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Namikawa Takashi, Kato Minori, Matsumura Akira, Takayama Kazushi, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   22 ( 5 )   834 - 839   2017年09月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性椎体骨折患者339例(男性58例、女性281例)を対象に、認知機能の変化、認知機能低下の危険因子を前向き多施設共同コホート研究によって検討した。ミニメンタルステート検査(MMSE)を実施して認知機能を評価し、認知機能低下の危険因子として病歴、X線学的所見、ADLについて検討した。5例に外科術を施行し、234例が急性期に数日間の入院、109例が外来治療を受けていた。コルセットの装着は305例であった。ベースライン時、認知障害なしが283例(83.5%)、軽度認知障害が56例(16.5%)であり、6ヵ月後のフォローアップ時に認知機能低下をきたしたのは26例(7.7%)であった。認知機能低下群と非低下群に関して、年齢、性別、骨密度、教育レベル、喫煙習慣、スポーツ習慣に差はなく、ベースライン時のMMSEスコアにも差は認められなかった。病歴については、糖尿病患者の比率が認知機能低下群に高い傾向にあった。また、認知機能低下のオッズ比の上昇は骨折遷延治癒、6ヵ月後のADL低下と関連していた。骨粗鬆症性椎体骨折患者において、骨折遷延治癒とADL低下が認知機能低下の危険因子と成りうることが示された。

  • Risk Factors for Delirium After Spine Surgery in Extremely Elderly Patients Aged 80 Years or Older and Review of the Literature: Japan Association of Spine Surgeons with Ambition Multicenter Study 査読

    Kobayashi Kazuyoshi, Imagama Shiro, Ando Kei, Ishiguro Naoki, Yamashita Masaomi, Eguchi Yawara, Matsumoto Morio, Ishii Ken, Hikata Tomohiro, Seki Shoji, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Aramomi Masaaki, Ishikawa Tetsuhiro, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Yamada Kei, Hongo Michio, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Nakano Atsushi, Watanabe Kazuyuki, Chikuda Hirotaka, Ohya Junichi, Aoki Yasuchika, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Mukaiyama Keijiro, Hasegawa Masaichi, Kiyasu Katsuhito, Iizuka Haku, Iizuka Yoichi, Kobayashi Ryoichi, Nishida Kotaro, Kakutani Kenichiro, Nakajima Hideaki, Murakami Hideki, Demura Satoru, Kato Satoshi, Yoshioka Katsuhito, Namikawa Takashi, Watanabe Kei, Nakanishi Kazuyoshi, Nakagawa Yukihiro, Yoshimoto Mitsunori, Fujiwara Hiroyasu, Nishida Norihiro, Imajo Yasuaki, Yamazaki Masashi, Sakane Masataka, Abe Tetsuya, Fujii Kengo, Kaito Takashi, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Ohtori Seiji

    GLOBAL SPINE JOURNAL   7 ( 6 )   560 - 566   2017年09月( ISSN:2192-5682

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2192568217700115

    PubMed

  • Risk factors for cognitive decline following osteoporotic vertebral fractures: A multicenter cohort study 査読

    Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Tsujio Tadao, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Namikawa Takashi, Kato Minori, Matsumura Akira, Takayama Kazushi, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   22 ( 5 )   834 - 839   2017年09月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2017.04.008

    PubMed

  • Risk factors for cognitive decline following osteoporotic vertebral fractures: A multicenter cohort study. 査読

    Takahashi S, Hoshino M, Tsujio T, Terai H, Suzuki A, Namikawa T, Kato M, Matsumura A, Takayama K, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   22 ( 5 )   834 - 839   2017年09月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2017.04.008

    PubMed

  • Risk Factors for Delirium After Spine Surgery in Extremely Elderly Patients Aged 80 Years or Older and Review of the Literature: Japan Association of Spine Surgeons with Ambition Multicenter Study. 査読

    Kobayashi K, Imagama S, Ando K, Ishiguro N, Yamashita M, Eguchi Y, Matsumoto M, Ishii K, Hikata T, Seki S, Terai H, Suzuki A, Tamai K, Aramomi M, Ishikawa T, Kimura A, Inoue H, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Yamada K, Hongo M, Matsuoka Y, Suzuki H, Nakano A, Watanabe K, Chikuda H, Ohya J, Aoki Y, Shimizu M, Futatsugi T, Mukaiyama K, Hasegawa M, Kiyasu K, Iizuka H, Iizuka Y, Kobayashi R, Nishida K, Kakutani K, Nakajima H, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Namikawa T, Watanabe K, Nakanishi K, Nakagawa Y, Yoshimoto M, Fujiwara H, Nishida N, Imajo Y, Yamazaki M, Sakane M, Abe T, Fujii K, Kaito T, Furuya T, Orita S, Ohtori S

    Global spine journal   7 ( 6 )   560 - 566   2017年09月( ISSN:2192-5682

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2192568217700115

    PubMed

  • 骨粗鬆症性椎体骨折後の認知機能低下の危険因子 多施設共同コホート研究(Risk factors for cognitive decline following osteoporotic vertebral fractures: A multicenter cohort study) 査読

    Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Tsujio Tadao, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Namikawa Takashi, Kato Minori, Matsumura Akira, Takayama Kazushi, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   22 ( 5 )   834 - 839   2017年09月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性椎体骨折患者339例(男性58例、女性281例)を対象に、認知機能の変化、認知機能低下の危険因子を前向き多施設共同コホート研究によって検討した。ミニメンタルステート検査(MMSE)を実施して認知機能を評価し、認知機能低下の危険因子として病歴、X線学的所見、ADLについて検討した。5例に外科術を施行し、234例が急性期に数日間の入院、109例が外来治療を受けていた。コルセットの装着は305例であった。ベースライン時、認知障害なしが283例(83.5%)、軽度認知障害が56例(16.5%)であり、6ヵ月後のフォローアップ時に認知機能低下をきたしたのは26例(7.7%)であった。認知機能低下群と非低下群に関して、年齢、性別、骨密度、教育レベル、喫煙習慣、スポーツ習慣に差はなく、ベースライン時のMMSEスコアにも差は認められなかった。病歴については、糖尿病患者の比率が認知機能低下群に高い傾向にあった。また、認知機能低下のオッズ比の上昇は骨折遷延治癒、6ヵ月後のADL低下と関連していた。骨粗鬆症性椎体骨折患者において、骨折遷延治癒とADL低下が認知機能低下の危険因子と成りうることが示された。

  • Anterior Cervical Discectomy and Fusion Provides Better Surgical Outcomes Than Posterior Laminoplasty in Elderly Patients With C3-4 Level Myelopathy 査読

    Tamai Koji, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Takahashi Shinji, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Nakamura Hiroaki

    SPINE   42 ( 8 )   548 - 555   2017年04月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000001874

    PubMed

  • Incidence of Pleural Fluid and Its Associated Risk Factors After Posterior Spinal Fusion in Patients With Adolescent Idiopathic Scoliosis 査読

    Hayashi Kazunori, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Hoshino Masatoshi, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Nakamura Hiroaki

    SPINE   42 ( 8 )   603 - 609   2017年04月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000001861

    PubMed

  • Anterior Cervical Discectomy and Fusion Provides Better Surgical Outcomes Than Posterior Laminoplasty in Elderly Patients With C3-4 Level Myelopathy. 査読

    Tamai K, Terai H, Suzuki A, Toyoda H, Hoshino M, Takahashi S, Hayashi K, Ohyama S, Nakamura H

    Spine   42 ( 8 )   548 - 555   2017年04月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000001874

    PubMed

  • Incidence of Pleural Fluid and Its Associated Risk Factors After Posterior Spinal Fusion in Patients With Adolescent Idiopathic Scoliosis. 査読

    Hayashi K, Terai H, Toyoda H, Suzuki A, Hoshino M, Tamai K, Ohyama S, Nakamura H

    Spine   42 ( 8 )   603 - 609   2017年04月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000001861

    PubMed

  • Clinical and Radiological Outcomes after Microscopic Bilateral Decompression via a Unilateral Approach for Degenerative Lumbar Disease: Minimum 5-Year Follow-Up 査読

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Matsumura Akira, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki

    ASIAN SPINE JOURNAL   11 ( 2 )   285 - 293   2017年04月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4184/asj.2017.11.2.285

    PubMed

  • Cervical lordotic alignment following posterior spinal fusion for adolescent idiopathic scoliosis: reciprocal changes and risk factors for malalignment 査読

    Hayashi Kazunori, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Hoshino Masatoshi, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF NEUROSURGERY-PEDIATRICS   19 ( 4 )   440 - 447   2017年04月( ISSN:1933-0707

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2016.9.PEDS16298

    PubMed

  • Clinical and Radiological Outcomes after Microscopic Bilateral Decompression via a Unilateral Approach for Degenerative Lumbar Disease: Minimum 5-Year Follow-Up. 査読

    Dohzono S, Toyoda H, Matsumura A, Terai H, Suzuki A, Nakamura H

    Asian spine journal   11 ( 2 )   285 - 293   2017年04月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4184/asj.2017.11.2.285

    PubMed

  • Cervical lordotic alignment following posterior spinal fusion for adolescent idiopathic scoliosis: reciprocal changes and risk factors for malalignment. 査読

    Hayashi K, Toyoda H, Terai H, Suzuki A, Hoshino M, Tamai K, Ohyama S, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Pediatrics   19 ( 4 )   440 - 447   2017年04月( ISSN:1933-0707

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2016.9.PEDS16298

    PubMed

  • Anatomical analysis of the relation between human ligamentum flavum and posterior spinal bony prominence 査読

    Akhgar Javid, Terai Hidetomi, Rahmani Mohammad Suhrab, Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Ikebuchi Mitsuhiko, Ahmadi Sayed Abdullah, Hayashi Kazunori, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   22 ( 2 )   260 - 265   2017年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2016.11.020

    PubMed

  • ヒトの黄色靱帯と脊椎後方骨性隆起の関連についての解剖学的解析(Anatomical analysis of the relation between human ligamentum flavum and posterior spinal bony prominence) 査読

    Akhgar Javid, Terai Hidetomi, Rahmani Mohammad Suhrab, Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Ikebuchi Mitsuhiko, Ahmadi Sayed Abdullah, Hayashi Kazunori, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   22 ( 2 )   260 - 265   2017年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨性隆起と黄色靱帯との正確な位置関係を明らかにした。20体のホルマリン固定屍体から脊柱を離断した後に椎弓根基部にて椎弓根を切離し、椎弓と黄色靱帯を取り出した。黄色靱帯と椎弓の位置関係を計測した後、CT撮影を行った。CT撮影で得られたDICOMデータを用いて三次元CT画像解析装置により解析し、腰椎を後方からみた場合の黄色靱帯の位置を視覚化した。また、黄色靱帯と脊椎後方骨性隆起との正確な位置関係を調べた。両側LFはV型であり、付随する椎弓の形に沿っていた。LFの形状は腰上部において変化が認められたが、L5-S1のLFの形状は他の位置のLFとは異なっており、L5-S1のLFは各例で多様であった。椎弓根の内側縁とLFの外側縁の平均幅は腰上部から腰下部にかけて拡大していた。正中部における層間の空間とLFの頭蓋境界との幅は徐々に拡大し、L1で8.2mm、L4で11.1mm、L5で9.3mmであった。コントラストLFおよび再構成CTを用いた解剖学的解析により、骨性隆起とLF境界との関連が明らかとなった。

  • Anatomical analysis of the relation between human ligamentum flavum and posterior spinal bony prominence. 査読

    Akhgar J, Terai H, Rahmani MS, Tamai K, Suzuki A, Toyoda H, Hoshino M, Ikebuchi M, Ahmadi SA, Hayashi K, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   22 ( 2 )   260 - 265   2017年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2016.11.020

    PubMed

  • ヒトの黄色靱帯と脊椎後方骨性隆起の関連についての解剖学的解析(Anatomical analysis of the relation between human ligamentum flavum and posterior spinal bony prominence) 査読

    Akhgar Javid, Terai Hidetomi, Rahmani Mohammad Suhrab, Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Ikebuchi Mitsuhiko, Ahmadi Sayed Abdullah, Hayashi Kazunori, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   22 ( 2 )   260 - 265   2017年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨性隆起と黄色靱帯との正確な位置関係を明らかにした。20体のホルマリン固定屍体から脊柱を離断した後に椎弓根基部にて椎弓根を切離し、椎弓と黄色靱帯を取り出した。黄色靱帯と椎弓の位置関係を計測した後、CT撮影を行った。CT撮影で得られたDICOMデータを用いて三次元CT画像解析装置により解析し、腰椎を後方からみた場合の黄色靱帯の位置を視覚化した。また、黄色靱帯と脊椎後方骨性隆起との正確な位置関係を調べた。両側LFはV型であり、付随する椎弓の形に沿っていた。LFの形状は腰上部において変化が認められたが、L5-S1のLFの形状は他の位置のLFとは異なっており、L5-S1のLFは各例で多様であった。椎弓根の内側縁とLFの外側縁の平均幅は腰上部から腰下部にかけて拡大していた。正中部における層間の空間とLFの頭蓋境界との幅は徐々に拡大し、L1で8.2mm、L4で11.1mm、L5で9.3mmであった。コントラストLFおよび再構成CTを用いた解剖学的解析により、骨性隆起とLF境界との関連が明らかとなった。

  • Chip-based quantum key distribution. 査読

    Sibson P, Erven C, Godfrey M, Miki S, Yamashita T, Fujiwara M, Sasaki M, Terai H, Tanner MG, Natarajan CM, Hadfield RH, O'Brien JL, Thompson MG

    Nature communications   8   13984   2017年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms13984

    PubMed

  • Prevalence of Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis in Patients with Spinal Disorders 査読

    Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Yamada Kentaro, Suzuki Akinobu, Dohzono Sho, Matsumoto Tomiya, Nakamura Hiroaki

    ASIAN SPINE JOURNAL   11 ( 1 )   63 - 70   2017年02月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4184/asj.2017.11.1.63

    PubMed

  • Prevalence of Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis in Patients with Spinal Disorders. 査読

    Toyoda H, Terai H, Yamada K, Suzuki A, Dohzono S, Matsumoto T, Nakamura H

    Asian spine journal   11 ( 1 )   63 - 70   2017年02月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4184/asj.2017.11.1.63

    PubMed

  • A Prospective Multicenter Study Using a Virtual 3 Fr Percutaneous Coronary Intervention System: The V3 Registry. 査読

    Yoshimachi F, Takagawa Y, Terai H, Takahashi A, Shimada Y, Katsuki T, Tohara S, Ueno H, Takada M, Shiode N, Yamada K, Kinoshita N, Honda T, Asano H, Takeshita S, Koiwa H, Shin T, Masutani M, Matsukage T, Saito S, Ikari Y, The V3 Registry Investigators.

    The Journal of invasive cardiology   29 ( 1 )   16 - 23   2017年01月( ISSN:1042-3931

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Risk factors of cervical surgery related complications in patients older than 80 years 査読

    Tamai Koji, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki, Yamashita Masaomi, Eguchi Yawara, Imagama Shiro, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Matsumoto Morio, Ishii Ken, Hikata Tomohiro, Seki Shoji, Aramomi Masaaki, Ishikawa Tetsuhiro, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Yamada Kei, Hongo Michio, Endo Kenji, Suzuki Hidekazu, Nakano Atsushi, Watanabe Kazuyuki, Ohya Junichi, Chikuda Hirotaka, Aoki Yasuchika, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Mukaiyama Keijiro, Hasegawa Masaichi, Kiyasu Katsuhito, Iizuka Haku, Nishida Kotaro, Kakutani Kenichiro, Nakajima Hideaki, Murakami Hideki, Demura Satoru, Kato Satoshi, Yoshioka Katsuhito, Namikawa Takashi, Watanabe Kei, Nakanishi Kazuyoshi, Nakagawa Yukihiro, Yoshimoto Mitsunori, Fujiwara Hiroyasu, Nishida Norihiro, Sakane Masataka, Yamazaki Masashi, Kaito Takashi, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Ohtori Seiji

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   1 ( 4 )   179 - 184   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Introduction: With an aging population, the proportion of patients aged ≥80 years requiring cervical surgery is increasing. Surgeons are concerned with the high incidence of complications in this population, because "age" itself has been reported as a strong risk factor for complications. However, it is still unknown which factors represent higher risk among these elderly patients. Therefore, this study was conducted to identify the risk factors related to surgical complications specific to elderly patients by analyzing the registry data of patients aged ≥80 years who underwent cervical surgery.</p><p>Methods: We retrospectively studied multicenter collected registry data using multivariate analysis. Sixty-six patients aged ≥80 years who underwent cervical surgery and were followed up for more than one year were included in this study. Preoperative patient demographic data, including comorbidities and postoperative complications, were collected from multicenter registry data. Complications were considered as major if they required invasive intervention, caused prolonged morbidity, or resulted in prolongation of hospital stay. Logistic regression analysis was performed to analyze the risk factors for complications. A <i>p</i>-value of <0.05 was considered as statistically significant.</p><p>Results: The total number of patients with complications was 21 (31.8%), with seven major (10.6%) and 14 minor (21.2%) complications. Multivariate logistic regression analysis, after adjusting for age, revealed two significant risk factors: preoperative cerebrovascular disorders (OR, 6.337; p=0.043) for overall complications and cancer history (OR, 8.168; p=0.021) for major complications. Age, presence of diabetes mellitus, and diagnosis were not significant predictive factors for complications in this study.</p><p>Conclusions: Preoperative cerebrovascular disorders and cancer history were risk factors for complications after cervical surgery in patients over 80 years old. Surgeons should pay attention to these specific risk factors before performing cervical surgery in elderly patients.</p>

    DOI: 10.22603/ssrr.1.2017-0002

    CiNii Article

  • Risk factors of cervical surgery related complications in patients older than 80 years.

    Tamai K, Terai H, Suzuki A, Nakamura H, Yamashita M, Eguchi Y, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Matsumoto M, Ishii K, Hikata T, Seki S, Aramomi M, Ishikawa T, Kimura A, Inoue H, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Yamada K, Hongo M, Endo K, Suzuki H, Nakano A, Watanabe K, Ohya J, Chikuda H, Aoki Y, Shimizu M, Futatsugi T, Mukaiyama K, Hasegawa M, Kiyasu K, Iizuka H, Nishida K, Kakutani K, Nakajima H, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Namikawa T, Watanabe K, Nakanishi K, Nakagawa Y, Yoshimoto M, Fujiwara H, Nishida N, Sakane M, Yamazaki M, Kaito T, Furuya T, Orita S, Ohtori S

    Spine surgery and related research   1 ( 4 )   179 - 184   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22603/ssrr.1.2017-0002

    PubMed

    CiNii Article

  • Clinical Outcome of Cervical Laminoplasty and Postoperative Radiological Change for Cervical Myelopathy With Degenerative Spondylolisthesis 査読

    Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Nakamura Hiroaki

    SPINE   41 ( 23 )   1808 - 1812   2016年12月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000001706

    PubMed

  • Clinical Outcome of Cervical Laminoplasty and Postoperative Radiological Change for Cervical Myelopathy With Degenerative Spondylolisthesis. 査読

    Suzuki A, Tamai K, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Hayashi K, Ohyama S, Nakamura H

    Spine   41 ( 23 )   1808 - 1812   2016年12月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000001706

    PubMed

  • Detection-dependent six-photon Holland-Burnett state interference. 査読

    Jin RB, Fujiwara M, Shimizu R, Collins RJ, Buller GS, Yamashita T, Miki S, Terai H, Takeoka M, Sasaki M

    Scientific reports   6   36914   2016年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep36914

    PubMed

  • 咽頭部違和感で発見された頸椎巨大神経鞘腫の1例 査読

    林 和憲, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 6 )   1215 - 1216   2016年11月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    16歳男。1ヵ月前より咽頭部違和感を自覚し、学校健診にて咽頭部腫瘤を指摘され、同時期より左上肢の脱力を自覚するようになった。喉頭内視鏡にて咽頭後壁、左側粘膜下に弾性硬の腫瘤を認め、各種画像所見よりEden分類type 3の頸椎砂時計腫と診断して摘出術を計画した。当科と耳鼻科との合同で前方後方進入を用いた切除術を施行し、病理診断は神経鞘腫であった。術後、一時的に右耳介後方C3領域に軽度の知覚低下を認めたが、術後1年の現在、知覚低下は改善し、筋力も術前MMT4からMMT5に回復した。

  • 咽頭部違和感で発見された頸椎巨大神経鞘腫の1例 査読

    林 和憲, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 6 )   1215 - 1216   2016年11月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    16歳男。1ヵ月前より咽頭部違和感を自覚し、学校健診にて咽頭部腫瘤を指摘され、同時期より左上肢の脱力を自覚するようになった。喉頭内視鏡にて咽頭後壁、左側粘膜下に弾性硬の腫瘤を認め、各種画像所見よりEden分類type 3の頸椎砂時計腫と診断して摘出術を計画した。当科と耳鼻科との合同で前方後方進入を用いた切除術を施行し、病理診断は神経鞘腫であった。術後、一時的に右耳介後方C3領域に軽度の知覚低下を認めたが、術後1年の現在、知覚低下は改善し、筋力も術前MMT4からMMT5に回復した。

  • Laminar closure after expansive open-door laminoplasty: fixation methods and cervical alignments impact on the laminar closure and surgical outcomes 査読

    Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Nakamura Hiroaki

    SPINE JOURNAL   16 ( 9 )   1062 - 1069   2016年09月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2016.04.018

    PubMed

  • 頸椎に発生した軟骨肉腫clear cell typeの1例 査読

    小林 祐人, 鈴木 亨暢, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 5 )   1089 - 1090   2016年09月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    58歳女性。頸部痛を主訴に近医を受診、頸椎X線にてC3脊椎腫瘍と診断され、紹介となった。MRIではT1強調像にて低信号、T2強調像にて等信号を示し、ガドリニウム造影およびCTでC3全周性に広がる造影効果の強い腫瘍が認められた。CTガイド下針生検の結果、grade Iの軟骨肉腫(通常型)と診断され、右椎骨動脈塞栓術を施行後、後方・前方からの椎骨動脈合併腫瘍全摘出術を行った。病理組織学的にgrade IIの軟骨肉腫(clear cell type)と判明し、術後3ヵ月で良好な骨癒合が得られたが、術後1年で同部位に再発を認めた。再切除後の再発が懸念されたため、インプラント抜去およびセパレーションサージェリー後に陽子線治療を行ったところ、照射後3ヵ月の時点で腫瘍の増大はみられず、経過は良好である。

  • Laminar closure after expansive open-door laminoplasty: fixation methods and cervical alignments impact on the laminar closure and surgical outcomes. 査読

    Tamai K, Suzuki A, Terai H, Toyoda H, Hoshino M, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   16 ( 9 )   1062 - 9   2016年09月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2016.04.018

    PubMed

  • 頸椎に発生した軟骨肉腫clear cell typeの1例 査読

    小林 祐人, 鈴木 亨暢, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 5 )   1089 - 1090   2016年09月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    58歳女性。頸部痛を主訴に近医を受診、頸椎X線にてC3脊椎腫瘍と診断され、紹介となった。MRIではT1強調像にて低信号、T2強調像にて等信号を示し、ガドリニウム造影およびCTでC3全周性に広がる造影効果の強い腫瘍が認められた。CTガイド下針生検の結果、grade Iの軟骨肉腫(通常型)と診断され、右椎骨動脈塞栓術を施行後、後方・前方からの椎骨動脈合併腫瘍全摘出術を行った。病理組織学的にgrade IIの軟骨肉腫(clear cell type)と判明し、術後3ヵ月で良好な骨癒合が得られたが、術後1年で同部位に再発を認めた。再切除後の再発が懸念されたため、インプラント抜去およびセパレーションサージェリー後に陽子線治療を行ったところ、照射後3ヵ月の時点で腫瘍の増大はみられず、経過は良好である。

  • Utility of Discography as a Preoperative Diagnostic Tool for Intradural Lumbar Disc Herniation 査読

    Matsumoto Tomiya, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Dohzono Sho, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    ASIAN SPINE JOURNAL   10 ( 4 )   771 - 775   2016年08月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4184/asj.2016.10.4.771

    PubMed

  • Far-out Syndromeに対する内視鏡下後方除圧術の治療成績 術後の疼痛、しびれ感に着目して 査読

    金田 国一, 島田 永和, 寺井 秀富

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   7 ( 8 )   1251 - 1255   2016年08月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Far-out syndromeと診断した45症例に対し内視鏡下後方除圧術を行い治療成績を調査した。JOAスコアの平均改善率は77%と良好であった。術後に下肢痛の再燃を2例、強いしびれの残存を5例、臀部痛の持続を1例に認めたがNSAIDs、トラマドール配合錠、プレガバリン投与により3ヵ月以内に症状は軽快した。本病態の診断には病態の認識と前額断MRI、3D-CTが不可欠であると考えられた。(著者抄録)

  • 転移性脊椎腫瘍に対するCTガイド局所麻酔下椎体形成術 当科での手技とその効果及び安全性 査読

    鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 林 和憲, 大山 翔一郎, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   7 ( 8 )   1313 - 1318   2016年08月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究の目的は転移性脊椎腫瘍に対する椎体形成術の当科での手法を報告し、その効果と問題点を明らかにすることである。局所麻酔下にCT下で椎体形成術を4例に施行し、術前後の疼痛、ADL、合併症について調査した。術後疼痛は全例で改善し、3例でADLの改善が認められた。セメントの脊柱管への漏出が3例に認められたが、重篤な合併症は認めなかった。転移性脊椎腫瘍に対する局麻下椎体形成術は低侵襲で有効な治療法となり得る。(著者抄録)

  • 椎体骨折癒合不全に伴う神経根症 査読

    玉井 孝司, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 高橋 真治, 林 和憲, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   7 ( 8 )   1246 - 1250   2016年08月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性椎体骨折後癒合不全に起因する神経根症の頻度や推移を明らかにするため、椎体形成術を行った症例を後ろ向きに解析した。結果、椎体骨折後癒合不全の20%に根症状を伴っており、70%の症例で腰痛≦下肢痛であったが、90%の症例で罹患椎体単独の椎体形成術にて早期に根症状が消失していた。発症要因としては、静的因子である椎間孔狭窄などより、動的因子である椎体不安定性の関与が強い可能性が示唆された。(著者抄録)

  • [Dual process in large number estimation under uncertainty]. 査読

    Matsumuro M, Miwa K, Terai H, Yamada K

    Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology   87 ( 3 )   229 - 39   2016年08月( ISSN:0021-5236

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4992/jjpsy.87.14077

    PubMed

  • Utility of Discography as a Preoperative Diagnostic Tool for Intradural Lumbar Disc Herniation. 査読

    Matsumoto T, Toyoda H, Terai H, Dohzono S, Hori Y, Nakamura H

    Asian spine journal   10 ( 4 )   771 - 5   2016年08月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4184/asj.2016.10.4.771

    PubMed

  • Far-out Syndromeに対する内視鏡下後方除圧術の治療成績 術後の疼痛、しびれ感に着目して 査読

    金田 国一, 島田 永和, 寺井 秀富

    Journal of Spine Research   7 ( 8 )   1251 - 1255   2016年08月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Far-out syndromeと診断した45症例に対し内視鏡下後方除圧術を行い治療成績を調査した。JOAスコアの平均改善率は77%と良好であった。術後に下肢痛の再燃を2例、強いしびれの残存を5例、臀部痛の持続を1例に認めたがNSAIDs、トラマドール配合錠、プレガバリン投与により3ヵ月以内に症状は軽快した。本病態の診断には病態の認識と前額断MRI、3D-CTが不可欠であると考えられた。(著者抄録)

  • 椎体骨折癒合不全に伴う神経根症 査読

    玉井 孝司, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 高橋 真治, 林 和憲, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   7 ( 8 )   1246 - 1250   2016年08月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性椎体骨折後癒合不全に起因する神経根症の頻度や推移を明らかにするため、椎体形成術を行った症例を後ろ向きに解析した。結果、椎体骨折後癒合不全の20%に根症状を伴っており、70%の症例で腰痛≦下肢痛であったが、90%の症例で罹患椎体単独の椎体形成術にて早期に根症状が消失していた。発症要因としては、静的因子である椎間孔狭窄などより、動的因子である椎体不安定性の関与が強い可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 転移性脊椎腫瘍に対するCTガイド局所麻酔下椎体形成術 当科での手技とその効果及び安全性 査読

    鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 林 和憲, 大山 翔一郎, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   7 ( 8 )   1313 - 1318   2016年08月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究の目的は転移性脊椎腫瘍に対する椎体形成術の当科での手法を報告し、その効果と問題点を明らかにすることである。局所麻酔下にCT下で椎体形成術を4例に施行し、術前後の疼痛、ADL、合併症について調査した。術後疼痛は全例で改善し、3例でADLの改善が認められた。セメントの脊柱管への漏出が3例に認められたが、重篤な合併症は認めなかった。転移性脊椎腫瘍に対する局麻下椎体形成術は低侵襲で有効な治療法となり得る。(著者抄録)

  • Factors associated with improvement in sagittal spinal alignment after microendoscopic laminotomy in patients with lumbar spinal canal stenosis 査読

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Matsumoto Tomiya, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE   25 ( 1 )   39 - 45   2016年07月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2015.12.SPINE15805

    PubMed

  • Factors associated with improvement in sagittal spinal alignment after microendoscopic laminotomy in patients with lumbar spinal canal stenosis. 査読

    Dohzono S, Toyoda H, Takahashi S, Matsumoto T, Suzuki A, Terai H, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Spine   25 ( 1 )   39 - 45   2016年07月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2015.12.SPINE15805

    PubMed

  • Duality picture of Superconductor-insulator transitions on Superconducting nanowire. 査読

    Makise K, Terai H, Tominari Y, Tanaka S, Shinozaki B

    Scientific reports   6   27001   2016年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep27001

    PubMed

  • 特集 骨粗鬆症性椎体骨折 −治療の現状と問題点 骨粗鬆症性椎体骨折における後壁損傷の追跡調査 査読

    星野 雅俊, 高橋 真治, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 中村 博亮

    整形・災害外科   59 ( 7 )   903 - 907   2016年06月( ISSN:03874095

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18888/j00767.2016273416

    CiNii Article

  • 腰椎椎弓部分切除術の術後疼痛に対して脊髄後枝内側枝ブロックを含めた術中ロピバカイン局所投与は有効である 査読

    林 和憲, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   7 ( 6 )   1065 - 1069   2016年06月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腰椎除圧術に対し、脊髄後枝ブロックと皮神経ブロックを含めた、術中ロピバカイン局所注射法(DRCCR)を考案した。DRCCRを施行した20例と年齢性別手術椎間をマッチさせた対照群20例を比較検討。局注群で術後24時間まで有意に創部痛VASが少なく、14日目まで少ない傾向がみられた。局注に伴う重大な合併症は認めなかった。DRCCRは従来の鎮痛法と比較し術後早期の創部痛軽減に有効かつ簡便、安全であった。(著者抄録)

  • 【骨粗鬆症性椎体骨折-治療の現状と問題点】骨粗鬆症性椎体骨折における後壁損傷の追跡調査 査読

    星野 雅俊, 高橋 真治, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 中村 博亮

    整形・災害外科   59 ( 7 )   903 - 907   2016年06月( ISSN:0387-4095

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腰椎椎弓部分切除術の術後疼痛に対して脊髄後枝内側枝ブロックを含めた術中ロピバカイン局所投与は有効である 査読

    林 和憲, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   7 ( 6 )   1065 - 1069   2016年06月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腰椎除圧術に対し、脊髄後枝ブロックと皮神経ブロックを含めた、術中ロピバカイン局所注射法(DRCCR)を考案した。DRCCRを施行した20例と年齢性別手術椎間をマッチさせた対照群20例を比較検討。局注群で術後24時間まで有意に創部痛VASが少なく、14日目まで少ない傾向がみられた。局注に伴う重大な合併症は認めなかった。DRCCRは従来の鎮痛法と比較し術後早期の創部痛軽減に有効かつ簡便、安全であった。(著者抄録)

  • Effect of Spinal Fixation in Rabbits With Metastatic Tumor Using a Novel Spinal Fusion Model. 査読

    Yamada K, Terai H, Matsumoto T, Okabe T, Suzuki A, Toyoda H, Nakamura H

    Clinical spine surgery   29 ( 4 )   E215 - 21   2016年05月( ISSN:2380-0186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0b013e3182693f56

    PubMed

  • 2つの側方経路腰椎椎体間固定(OLIF/XLIF)の手術成績の比較 査読

    山田 祐太郎, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 3 )   449 - 450   2016年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    著者らは2椎間以内の側方経路腰椎椎体間固定を行った19例の短期成績について、術式別にOLIF群9例とXLIF群10例に分け、比較検討した。その結果、1)手術時間、総出血量、JOAスコア改善率は両群間で有意差がなく、術前症状は全例で改善が得られた。2)合併症はOLIF群で腹膜損傷を1例に認められた。術後1週時点の大腿部痛はOLIF群が3例、XLIF群が8例と、XLIF群で有意に多く認められたが、全例、術後3週以内に消失していた。3)画像評価として、椎間板高・椎間前彎角の変化量および脊柱管前後径拡大率には有意差を認められなかったが、OLIF群ではケージが前方に設置される傾向にあった。

  • 頸椎手術後に後彎変形が進行し頸椎前方・後方矯正固定術を行った関節リウマチの1例 査読

    上田 昭一, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 3 )   499 - 500   2016年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    66歳女性(関節リウマチ罹病歴19年)。脊髄症に対する椎弓形成術後4年目に脊髄麻痺症状が再燃し、入院となった。椎弓X線では頸椎後彎変形の進行がみられ、MRIおよびCTでは後彎、すべりの進行によりC3/4レベルの再圧迫が認められた。入院後はハローベストを装着することで、頸椎アライメントの改善が得られ。それに伴い、筋力もMMT 3から4程度に回復した。以後、臨床経過から頸椎後彎による脊髄症と診断され、頸椎前方・後方矯正固定術を施行した。その結果、術後MMTは上下肢ともに4から5レベルまで回復し、術後矯正損失は認めず、JOAスコアも術前の4点から術後9.5点まで改善した。

  • Effect of Spinal Fixation in Rabbits With Metastatic Tumor Using a Novel Spinal Fusion Model 査読

    Yamada Kentaro, Terai Hidetomi, Matsumoto Tomiya, Okabe Takahiro, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki

    CLINICAL SPINE SURGERY   29 ( 4 )   E215 - E221   2016年05月( ISSN:1536-0652

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2つの側方経路腰椎椎体間固定(OLIF/XLIF)の手術成績の比較 査読

    山田 祐太郎, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 3 )   449 - 450   2016年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    著者らは2椎間以内の側方経路腰椎椎体間固定を行った19例の短期成績について、術式別にOLIF群9例とXLIF群10例に分け、比較検討した。その結果、1)手術時間、総出血量、JOAスコア改善率は両群間で有意差がなく、術前症状は全例で改善が得られた。2)合併症はOLIF群で腹膜損傷を1例に認められた。術後1週時点の大腿部痛はOLIF群が3例、XLIF群が8例と、XLIF群で有意に多く認められたが、全例、術後3週以内に消失していた。3)画像評価として、椎間板高・椎間前彎角の変化量および脊柱管前後径拡大率には有意差を認められなかったが、OLIF群ではケージが前方に設置される傾向にあった。

  • 【脊椎領域におけるスポーツ医学の最近の話題】スポーツ選手の腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡下後方手術 査読

    寺井 秀富, 中村 博亮

    関節外科   35 ( 5 )   476 - 481   2016年05月( ISSN:0286-5394

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of Spinal Fixation in Rabbits With Metastatic Tumor Using a Novel Spinal Fusion Model. 査読

    Yamada K, Terai H, Matsumoto T, Okabe T, Suzuki A, Toyoda H, Nakamura H

    Clinical spine surgery   29 ( 4 )   E215 - 21   2016年05月( ISSN:2380-0186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0b013e3182693f56

    PubMed

  • 頸椎手術後に後彎変形が進行し頸椎前方・後方矯正固定術を行った関節リウマチの1例 査読

    上田 昭一, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 3 )   499 - 500   2016年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    66歳女性(関節リウマチ罹病歴19年)。脊髄症に対する椎弓形成術後4年目に脊髄麻痺症状が再燃し、入院となった。椎弓X線では頸椎後彎変形の進行がみられ、MRIおよびCTでは後彎、すべりの進行によりC3/4レベルの再圧迫が認められた。入院後はハローベストを装着することで、頸椎アライメントの改善が得られ。それに伴い、筋力もMMT 3から4程度に回復した。以後、臨床経過から頸椎後彎による脊髄症と診断され、頸椎前方・後方矯正固定術を施行した。その結果、術後MMTは上下肢ともに4から5レベルまで回復し、術後矯正損失は認めず、JOAスコアも術前の4点から術後9.5点まで改善した。

  • 治療選択誌上ディベート(第4回) 椎体骨折の治療選択 Balloon Kyphoplasty(BKP)VSインストゥルメンテーション インストゥルメンテーションの立場から 査読

    寺井 秀富

    Loco Cure   2 ( 1 )   65 - 69   2016年02月( ISSN:2189-4221

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    インストゥルメンテーションよりもBKPを優先的に考える。術式により矯正角度、脊柱アライメントを任意に調整できる。高侵襲である。術前の入念な全身状態の評価と手術計画を。高齢者が多いため、可能な限り短時間で終わらせることができる術式を選択する。再手術まで考えた手術計画を立て、患者への説明をしておく。(著者抄録)

  • Anatomical Location of the Common Iliac Veins at the Level of the Sacrum: Relationship between Perforation Risk and the Trajectory Angle of the Screw 査読

    Akhgar Javid, Terai Hidetomi, Rahmani Mohammad Suhrab, Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Ahmadi Sayed Abdullah, Hayashi Kazunori, Nakamura Hiroaki

    BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL   2016   1457219   2016年( ISSN:2314-6133

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2016/1457219

    PubMed

  • 2つの側方経路腰椎椎体間固定(OLIF/XLIF)の手術成績の比較 査読

    山田 祐太郎, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 3 )   449 - 450   2016年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2016.449

    CiNii Article

  • 頚椎手術後に後弯変形が進行し頚椎前方・後方矯正固定術を行った関節リウマチの1例 査読

    上田 昭一, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 3 )   499 - 500   2016年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2016.499

    CiNii Article

  • 第448回整形外科集談会京阪神地方会 Best Paper Award 査読

    小林 祐人, 鈴木 亨暢, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 5 )   1089 - 1090   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2016.1089

    CiNii Article

  • 咽頭部違和感で発見された頚椎巨大神経鞘腫の1例 査読

    林 和憲, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 6 )   1215 - 1216   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2016.1215

    CiNii Article

  • Anatomical Location of the Common Iliac Veins at the Level of the Sacrum: Relationship between Perforation Risk and the Trajectory Angle of the Screw. 査読

    Akhgar J, Terai H, Suhrab Rahmani M, Tamai K, Suzuki A, Toyoda H, Hoshino M, Abdullah Ahmadi S, Hayashi K, Nakamura H

    BioMed research international   2016   1457219   2016年( ISSN:2314-6133

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2016/1457219

    PubMed

  • 2つの側方経路腰椎椎体間固定(OLIF/XLIF)の手術成績の比較 査読

    山田 祐太郎, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 3 )   449 - 450   2016年( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2016.449

    CiNii Article

  • 咽頭部違和感で発見された頚椎巨大神経鞘腫の1例 査読

    林 和憲, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 6 )   1215 - 1216   2016年( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2016.1215

    CiNii Article

  • 頚椎手術後に後弯変形が進行し頚椎前方・後方矯正固定術を行った関節リウマチの1例 査読

    上田 昭一, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 3 )   499 - 500   2016年( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2016.499

    CiNii Article

  • 第448回整形外科集談会京阪神地方会 Best Paper Award 査読

    小林 祐人, 鈴木 亨暢, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 5 )   1089 - 1090   2016年( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2016.1089

    CiNii Article

  • Characterization of DDR2 Inhibitors for the Treatment of DDR2 Mutated Nonsmall Cell Lung Cancer. 査読

    Terai H, Tan L, Beauchamp EM, Hatcher JM, Liu Q, Meyerson M, Gray NS, Hammerman PS

    ACS chemical biology   10 ( 12 )   2687 - 96   2015年12月( ISSN:1554-8929

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acschembio.5b00655

    PubMed

  • 思春期特発性側彎症に対する剛性の異なる2種類の太径ロッドを用いた後方矯正固定術の矯正効果 査読

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 玉井 孝司, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   6 ( 11 )   1607 - 1613   2015年11月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    われわれは純チタン製の6.35mm径ロッドを先に凸側挿入し、変形矯正を行った後に、さらに剛性の強いチタン合金製の6.35mmロッドを挿入する術式を考案し、本術式の矯正効果と頂椎の回旋度についての評価を行った。矯正率は、胸椎カーブが主であるLenke 1、2、3群では74.5%、胸腰椎カーブが主であるLenke 5、6では75.8%であった。また、頂椎の回旋角度の改善も認められ、凸側から変形矯正を行っても回旋変形は悪化しないことが判明した。(著者抄録)

  • 思春期特発性側彎症に対する剛性の異なる2種類の太径ロッドを用いた後方矯正固定術の矯正効果 査読

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 玉井 孝司, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   6 ( 11 )   1607 - 1613   2015年11月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    われわれは純チタン製の6.35mm径ロッドを先に凸側挿入し、変形矯正を行った後に、さらに剛性の強いチタン合金製の6.35mmロッドを挿入する術式を考案し、本術式の矯正効果と頂椎の回旋度についての評価を行った。矯正率は、胸椎カーブが主であるLenke 1、2、3群では74.5%、胸腰椎カーブが主であるLenke 5、6では75.8%であった。また、頂椎の回旋角度の改善も認められ、凸側から変形矯正を行っても回旋変形は悪化しないことが判明した。(著者抄録)

  • 延髄から胸髄まで広範囲信号変化と脊髄腫大を来し、脊髄炎との鑑別を要した頸椎後縦靱帯骨化症の1例 査読

    柴田 雄輝, 林 和憲, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   58 ( 5 )   939 - 940   2015年09月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    82歳女。歩行困難と巧緻運動障害を主訴とした。10年前より両上肢の痺れが出現し、半年前より歩行困難と巧緻運動障害が生じた。身体所見でRomberg徴候が強陽性であり、Hoffman反射は右側で陽性、Babinski反射は両側で陽性であった。MRIで延髄からT2高位にかけてT1強調像で低〜等信号、T2強調像で高信号の連続した髄内信号変化と脊髄腫大の所見を認め、CTでC6-7に後縦靱帯骨化がみられた。脊髄炎を疑い、各種ウイルス抗体検査、抗AQP抗体およびACEを含めた血液検査および髄液検査を施行した。しかし、検査結果は陰性であったため、頸椎後縦靱帯骨化症および脊髄浮腫と診断した。C3-6椎弓形成とC2、C7部分椎弓切除術を施行したところ、巧緻運動障害が改善した。また、術後1週のMRIで延髄からT2高位にかけて連続した脊髄内信号変化はC5/6に限局するまでに縮小し、脊髄腫大も改善した。術後3ヵ月に四点杖歩行が可能になるまで回復した。

  • 延髄から胸髄まで広範囲信号変化と脊髄腫大を来し、脊髄炎との鑑別を要した頸椎後縦靱帯骨化症の1例 査読

    柴田 雄輝, 林 和憲, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   58 ( 5 )   939 - 940   2015年09月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    82歳女。歩行困難と巧緻運動障害を主訴とした。10年前より両上肢の痺れが出現し、半年前より歩行困難と巧緻運動障害が生じた。身体所見でRomberg徴候が強陽性であり、Hoffman反射は右側で陽性、Babinski反射は両側で陽性であった。MRIで延髄からT2高位にかけてT1強調像で低〜等信号、T2強調像で高信号の連続した髄内信号変化と脊髄腫大の所見を認め、CTでC6-7に後縦靱帯骨化がみられた。脊髄炎を疑い、各種ウイルス抗体検査、抗AQP抗体およびACEを含めた血液検査および髄液検査を施行した。しかし、検査結果は陰性であったため、頸椎後縦靱帯骨化症および脊髄浮腫と診断した。C3-6椎弓形成とC2、C7部分椎弓切除術を施行したところ、巧緻運動障害が改善した。また、術後1週のMRIで延髄からT2高位にかけて連続した脊髄内信号変化はC5/6に限局するまでに縮小し、脊髄腫大も改善した。術後3ヵ月に四点杖歩行が可能になるまで回復した。

  • 腰椎すべり症に対する内視鏡下椎弓切除術の治療成績 すべりのない腰部脊柱管狭窄症の治療成績との比較 査読

    鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 林 和憲, 玉井 孝司, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   6 ( 8 )   1325 - 1330   2015年08月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    内視鏡下椎弓切除術を行い除圧レベルにすべりがあるすべり有群36例とすべり無群46例の2群にて術後成績を比較・検討した。術後JOA score及び各VAS値は両群共に術後有意な改善が認められたが、2群間には有意差を認めなかった。しかし改善率25%以下である成績不良例の症例はすべり有群にのみ3例8%に認められた。腰椎すべり症に対しても内視鏡下椎弓切除術の治療成績はすべりの無い症例と同等で概ね良好だが、成績不良例が少数存在する。(著者抄録)

  • 腰椎すべり症に対する内視鏡下椎弓切除術の治療成績 すべりのない腰部脊柱管狭窄症の治療成績との比較 査読

    鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 林 和憲, 玉井 孝司, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   6 ( 8 )   1325 - 1330   2015年08月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    内視鏡下椎弓切除術を行い除圧レベルにすべりがあるすべり有群36例とすべり無群46例の2群にて術後成績を比較・検討した。術後JOA score及び各VAS値は両群共に術後有意な改善が認められたが、2群間には有意差を認めなかった。しかし改善率25%以下である成績不良例の症例はすべり有群にのみ3例8%に認められた。腰椎すべり症に対しても内視鏡下椎弓切除術の治療成績はすべりの無い症例と同等で概ね良好だが、成績不良例が少数存在する。(著者抄録)

  • The influence of preoperative spinal sagittal balance on clinical outcomes after microendoscopic laminotomy in patients with lumbar spinal canal stenosis 査読

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Matsumoto Tomiya, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE   23 ( 1 )   49 - 54   2015年07月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2014.11.SPINE14452

    PubMed

  • The influence of preoperative spinal sagittal balance on clinical outcomes after microendoscopic laminotomy in patients with lumbar spinal canal stenosis. 査読

    Dohzono S, Toyoda H, Matsumoto T, Suzuki A, Terai H, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Spine   23 ( 1 )   49 - 54   2015年07月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2014.11.SPINE14452

    PubMed

  • PCSK5 mutation in a patient with the VACTERL association. 査読

    Nakamura Y, Kikugawa S, Seki S, Takahata M, Iwasaki N, Terai H, Matsubara M, Fujioka F, Inagaki H, Kobayashi T, Kimura T, Kurahashi H, Kato H

    BMC research notes   8   228   2015年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13104-015-1166-0

    PubMed

  • PCSK5 mutation in a patient with the VACTERL association. 査読

    Nakamura Y, Kikugawa S, Seki S, Takahata M, Iwasaki N, Terai H, Matsubara M, Fujioka F, Inagaki H, Kobayashi T, Kimura T, Kurahashi H, Kato H

    BMC research notes   8   228   2015年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13104-015-1166-0

    PubMed

  • 【腰椎椎間板ヘルニアに対する手術療法 低侵襲手術の実際と合併症対策】手術の実際 内視鏡を用いた椎間板ヘルニア摘出術 査読

    寺井 秀富, 中村 博亮

    整形外科Surgical Technique   5 ( 3 )   271 - 278   2015年06月( ISSN:2185-7733

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Phase II study of S-1 and irinotecan combination therapy in previously treated patients with advanced non-small cell lung cancer. 査読

    Ikemura S, Naoki K, Yasuda H, Kawada I, Yoda S, Terai H, Sato T, Ishioka K, Arai D, Ohgino K, Kamata H, Miyata J, Kabata H, Betsuyaku T, Soejima K

    Japanese journal of clinical oncology   45 ( 4 )   356 - 61   2015年04月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyu226

    PubMed

  • A phase II study of biweekly paclitaxel and carboplatin in elderly patients with advanced non-small cell lung cancer. 査読

    Soejima K, Naoki K, Ishioka K, Nakamura M, Nakatani M, Kawada I, Watanabe H, Nakachi I, Yasuda H, Satomi R, Nakayama S, Yoda S, Ikemura S, Terai H, Sato T, Ohgino K, Arai D, Tani T, Kuroda A, Nishino M, Betsuyaku T

    Cancer chemotherapy and pharmacology   75 ( 3 )   513 - 9   2015年03月( ISSN:0344-5704

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00280-014-2673-8

    PubMed

  • 骨粗鬆症性椎体骨折の長期予後(5年以上) 生存・ADL・遺残疼痛に影響する因子解析 査読

    星野 雅俊, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 鈴木 亨暢, 並川 崇, 加藤 相勲, 松村 昭, 高岡 邦夫, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   6 ( 1 )   12 - 16   2015年01月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性椎体骨折患者で5年以上追跡できた107例を対象とし、死亡や寝たきりなどの重篤な長期予後に関連する因子を解析した。追跡調査時の生存状況は死亡が26例、ADLは寝たきりが11例、準寝たきりが19例、自立が51例であった。多変量解析の結果、受傷時の椎体後壁損傷と6ヵ月時の高度椎体圧潰が長期予後には最も関連しており、治療上最も留意すべきポイントと考えられた。(著者抄録)

  • 骨粗鬆症性椎体骨折の長期予後(5年以上) 生存・ADL・遺残疼痛に影響する因子解析 査読

    星野 雅俊, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 鈴木 亨暢, 並川 崇, 加藤 相勲, 松村 昭, 高岡 邦夫, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   6 ( 1 )   12 - 16   2015年01月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性椎体骨折患者で5年以上追跡できた107例を対象とし、死亡や寝たきりなどの重篤な長期予後に関連する因子を解析した。追跡調査時の生存状況は死亡が26例、ADLは寝たきりが11例、準寝たきりが19例、自立が51例であった。多変量解析の結果、受傷時の椎体後壁損傷と6ヵ月時の高度椎体圧潰が長期予後には最も関連しており、治療上最も留意すべきポイントと考えられた。(著者抄録)

  • 延髄から胸髄まで広範囲信号変化と脊髄腫大を来し, 脊髄炎との鑑別を要した頚椎後縦靱帯骨化症の1例 査読

    柴田 雄輝, 林 和憲, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    THE CENTRAL JAPAN ASSOCIATION OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND TRAUMATOLOGY 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   58 ( 5 )   939 - 940   2015年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2015.939

    CiNii Article

  • Which is the best schedule of autologous blood storage for preoperative adolescent idiopathic scoliosis patients? 査読

    Tamai Koji, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Yasuda Hiroyuki, Dozono Shou, Nakamura Hiroaki

    SCOLIOSIS AND SPINAL DISORDERS   10 ( Suppl 2 )   S11   2015年( ISSN:1748-7161

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1748-7161-10-S2-S11

    PubMed

  • A new corrective technique for adolescent idiopathic scoliosis: convex manipulation using 6.35 mm diameter pure titanium rod followed by concave fixation using 6.35 mm diameter titanium alloy 査読

    Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Dozono Sho, Yasuda Hiroyuki, Tamai Koji, Nakamura Hiroaki

    SCOLIOSIS AND SPINAL DISORDERS   10 ( Suppl 2 )   S14   2015年( ISSN:1748-7161

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1748-7161-10-S2-S14

    PubMed

  • Which is the best schedule of autologous blood storage for preoperative adolescent idiopathic scoliosis patients? 査読

    Tamai K, Terai H, Toyoda H, Suzuki A, Yasuda H, Dozono S, Nakamura H

    Scoliosis   10 ( Suppl 2 )   S11   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1748-7161-10-S2-S11

    PubMed

  • A new corrective technique for adolescent idiopathic scoliosis: convex manipulation using 6.35 mm diameter pure titanium rod followed by concave fixation using 6.35 mm diameter titanium alloy. 査読

    Terai H, Toyoda H, Suzuki A, Dozono S, Yasuda H, Tamai K, Nakamura H

    Scoliosis   10 ( Suppl 2 )   S14   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1748-7161-10-S2-S14

    PubMed

  • 延髄から胸髄まで広範囲信号変化と脊髄腫大を来し, 脊髄炎との鑑別を要した頚椎後縦靱帯骨化症の1例 査読

    柴田 雄輝, 林 和憲, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   58 ( 5 )   939 - 940   2015年( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2015.939

    CiNii Article

  • Efficient generation of twin photons at telecom wavelengths with 2.5 GHz repetition-rate-tunable comb laser. 査読

    Jin RB, Shimizu R, Morohashi I, Wakui K, Takeoka M, Izumi S, Sakamoto T, Fujiwara M, Yamashita T, Miki S, Terai H, Wang Z, Sasaki M

    Scientific reports   4   7468   2014年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep07468

    PubMed

  • Distal embolic brain infarction due to recanalization of asymptomatic vertebral artery occlusion resulting from cervical spine injury: a case report. 査読

    Nakao Y, Terai H

    Journal of chiropractic medicine   13 ( 4 )   266 - 72   2014年12月( ISSN:1556-3707

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcm.2014.09.002

    PubMed

  • 【骨粗鬆症性椎体骨折治療のコツとpitfall】骨粗鬆症性椎体骨折に対するリン酸カルシウムセメントを用いた椎体形成術のコツとpitfall 骨セメント塊逸脱や再圧潰発生の危険因子からみた椎体形成術の適応と限界 査読

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    整形外科最小侵襲手術ジャーナル   ( 73 )   53 - 62   2014年12月( ISSN:1342-3991

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当院では、骨粗鬆症性椎体骨折骨癒合不全に対して経椎弓根的に挿入した内視鏡下に椎体クレフト腔内を掻爬し、ウロマチックバルーンを用いてリン酸カルシウムペーストの充填空間を形成する椎体形成術を行っている。1年以上経過観察が可能であった49椎体の臨床成績は良好であり、除痛効果、ADL改善ともに優れた術式であった。しかし、続発性新規椎体骨折や術後再圧潰(再骨折)、骨セメント塊の逸脱などが課題として挙げられた。多変量解析を用いて、術後再圧潰、骨セメント塊の逸脱の危険因子を検討した結果、American Society of Anesthesiologists-Physical Statusが3以上、椎体壁損傷数が3以上であることが、年齢や骨密度よりも重要な因子であることが判明した。椎体形成術単独療法の良い適応は、椎体壁損傷数が2以下の生体材料を格納する椎体の壁がしっかりと保たれた椎体骨折であり、3以上の高度椎体壁破壊例に対しては、後方インストゥルメンテーションの併用が推奨される。(著者抄録)

  • Fluorescence correlation spectroscopy with visible-wavelength superconducting nanowire single-photon detector. 査読

    Yamashita T, Liu D, Miki S, Yamamoto J, Haraguchi T, Kinjo M, Hiraoka Y, Wang Z, Terai H

    Optics express   22 ( 23 )   28783 - 9   2014年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1364/OE.22.028783

    PubMed

  • Embolic brain infarction related to posttraumatic occlusion of vertebral artery resulting from cervical spine injury: a case report. 査読

    Nakao Y, Terai H

    Journal of medical case reports   8   344   2014年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1752-1947-8-344

    PubMed

  • 整形外科の手術手技-私はこうしている 脊椎・骨盤・体幹 腰椎 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式片側進入両側除圧術 査読

    鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 中村 博亮

    別冊整形外科   1 ( 66 )   222 - 226   2014年10月( ISSN:02871645

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15106/j04037.2015040721

  • 【整形外科の手術手技-私はこうしている】 脊椎・骨盤・体幹 腰椎 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式片側進入両側除圧術 査読

    鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 中村 博亮

    (株)南江堂 別冊整形外科   ( 66 )   222 - 226   2014年10月( ISSN:0287-1645

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式片側進入両側除圧術について検討した。腰部脊柱管狭窄症に対して棘突起縦割式片側進人両側除圧を行い、2年以上経過観察可能であった34例(縦割群)を対象とした。通常の傍脊柱筋を棘突起から切離する方法で片側進入両側除圧術を行った34例(筋切離群)を対照群とした。術前腰痛VASは縦割群で有意に高かった。1椎間あたりの平均手術時間は、有意に縦割群のほうが短かったが、1椎間あたり平均出血量は両群間に有意差は認めなかった。両群ともに術前JOAスコアおよび各種VASは術後有意に改善し、術後2年時まで改善は保たれた。術後2年時の下肢しびれVASは有意に縦割群で低かったが、その他の項目は両群間に有意差は認めなかった。再手術例の割合に両群間で有意差は認めなかった。縦割群における術後2年時点での縦割棘突起の癒合率は86.7%であった。

  • Efficacy of coronary artery screening tests and intervention in hemodialysis patients. 査読

    Daimon S, Mizushima I, Hamano R, Terai H

    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy   18 ( 5 )   443 - 9   2014年10月( ISSN:1744-9979

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1744-9987.12167

    PubMed

  • 【整形外科の手術手技-私はこうしている】脊椎・骨盤・体幹 腰椎 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式片側進入両側除圧術 査読

    鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 中村 博亮

    別冊整形外科   ( 66 )   222 - 226   2014年10月( ISSN:0287-1645

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式片側進入両側除圧術について検討した。腰部脊柱管狭窄症に対して棘突起縦割式片側進人両側除圧を行い、2年以上経過観察可能であった34例(縦割群)を対象とした。通常の傍脊柱筋を棘突起から切離する方法で片側進入両側除圧術を行った34例(筋切離群)を対照群とした。術前腰痛VASは縦割群で有意に高かった。1椎間あたりの平均手術時間は、有意に縦割群のほうが短かったが、1椎間あたり平均出血量は両群間に有意差は認めなかった。両群ともに術前JOAスコアおよび各種VASは術後有意に改善し、術後2年時まで改善は保たれた。術後2年時の下肢しびれVASは有意に縦割群で低かったが、その他の項目は両群間に有意差は認めなかった。再手術例の割合に両群間で有意差は認めなかった。縦割群における術後2年時点での縦割棘突起の癒合率は86.7%であった。

  • Claudin-1 is a novel target of miR-375 in non-small-cell lung cancer. 査読

    Yoda S, Soejima K, Hamamoto J, Yasuda H, Nakayama S, Satomi R, Terai H, Ikemura S, Sato T, Naoki K, Betsuyaku T

    Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   85 ( 3 )   366 - 72   2014年09月( ISSN:0169-5002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2014.06.009

    PubMed

  • Spinopelvic alignment of diffuse idiopathic skeletal hyperostosis in lumbar spinal stenosis 査読

    Yamada Kentaro, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   23 ( 6 )   1302 - 1308   2014年06月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-013-3154-1

    PubMed

  • THE FEATURES OF DEGENERATIVE LUMBAR SCOLIOSIS IN RHEUMATOID ARTHRITIS PATIENTS - MATCHED COHORT STUDY 査読

    Anno S., Yasuda H., Suzuki A., Koike T., Inui K., Terai H., Toyoda H., Tada M., Sugioka Y., Okano T., Yamada K., Takahashi S., Mamoto K., Nakamura H.

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   73   305 - 305   2014年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2014-eular.2459

  • Spinopelvic alignment of diffuse idiopathic skeletal hyperostosis in lumbar spinal stenosis. 査読

    Yamada K, Toyoda H, Terai H, Takahashi S, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   23 ( 6 )   1302 - 8   2014年06月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-013-3154-1

    PubMed

  • Tandem keyhole foraminotomy in the treatment of cervical radiculopathy: retrospective review of 35 cases 査読

    Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Yasuda Hiroyuki, Kaneda Kunikazu, Katsutani Hirofumi, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND RESEARCH   9   38   2014年05月( ISSN:1749-799X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1749-799X-9-38

    PubMed

  • Tandem keyhole foraminotomy in the treatment of cervical radiculopathy: retrospective review of 35 cases. 査読

    Terai H, Suzuki A, Toyoda H, Yasuda H, Kaneda K, Katsutani H, Nakamura H

    Journal of orthopaedic surgery and research   9   38   2014年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1749-799X-9-38

    PubMed

  • A 64-pixel NbTiN superconducting nanowire single-photon detector array for spatially resolved photon detection. 査読

    Miki S, Yamashita T, Wang Z, Terai H

    Optics express   22 ( 7 )   7811 - 20   2014年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1364/OE.22.007811

    PubMed

  • Expression of fibroblast growth factor 9 is associated with poor prognosis in patients with resected non-small cell lung cancer. 査読

    Ohgino K, Soejima K, Yasuda H, Hayashi Y, Hamamoto J, Naoki K, Arai D, Ishioka K, Sato T, Terai H, Ikemura S, Yoda S, Tani T, Kuroda A, Betsuyaku T

    Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   83 ( 1 )   90 - 6   2014年01月( ISSN:0169-5002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2013.10.016

    PubMed

  • Radiographic Evaluation of Segmental Motion of Scoliotic Wedging Segment in Degenerative Lumbar Scoliosis 査読

    Yasuda Hiyoyuki, Matsumura Akira, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Dozono Sho, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF SPINAL DISORDERS & TECHNIQUES   26 ( 7 )   379 - 384   2013年10月( ISSN:1536-0652

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0b013e31824a4129

    PubMed

  • [Development and evaluation of the Japanese remote associates test]. 査読

    Terai H, Miwa K, Asami K

    Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology   84 ( 4 )   419 - 28   2013年10月( ISSN:0021-5236

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4992/jjpsy.84.419

    PubMed

  • Radiographic evaluation of segmental motion of scoliotic wedging segment in degenerative lumbar scoliosis. 査読

    Yasuda H, Matsumura A, Terai H, Toyoda H, Suzuki A, Dozono S, Nakamura H

    Journal of spinal disorders & techniques   26 ( 7 )   379 - 84   2013年10月( ISSN:1536-0652

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0b013e31824a4129

    PubMed

  • 硬膜内に脱出した腰椎椎間板ヘルニアの1例 査読

    松本 富哉, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 堂園 将, 堀 悠介, 中村 博亮

    THE CENTRAL JAPAN ASSOCIATION OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND TRAUMATOLOGY 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 4 )   863 - 864   2013年07月( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2013.863

    CiNii Article

  • 硬膜内に脱出した腰椎椎板ヘルニアの1例 査読

    松本 富哉, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 堂園 将, 堀 悠介, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 4 )   863 - 864   2013年07月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    63歳男。3年ほど前から腰痛、右臀部から下腿外側痛が出現した。腰椎椎間板ヘルニアを指摘され、保存治療にて軽快していた。突然激しい右臀部から下腿外側痛が出現した。MRIの矢状断像でL4/5椎間板の後方への突出、また硬膜内にT1、T2ともに等信号の腫瘤陰影をみとめ、水平断像では椎間板レベルでは硬膜嚢の連続性の途絶、また椎弓根レベルでは硬膜内に腫瘤陰影をみとめた。CTでL4/5椎間板内、脊柱管内にガス像をみとめた。L4/5椎間板造影、椎間板造影後CTでは硬膜管内への造影剤の流入をみとめた。硬膜内腰椎椎間板ヘルニアと診断し、手術を施行した。足部のしびれが軽度残存しているが、筋力低下、疼痛は消失した。

  • The role of internal fixation for long bone metastasis prior to impending fracture: an experimental model 査読

    Ibrahim Mohammad, Terai Hidetomi, Yamada Kentaro, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   18 ( 4 )   659 - 666   2013年07月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00776-013-0380-7

    PubMed

  • 切迫骨折に先立つ長骨転移に対する内部固定の役割 実験モデル(The role of internal fixation for long bone metastasis prior to impending fracture: an experimental model) 査読

    Ibrahim Mohammad, Terai Hidetomi, Yamada Kentaro, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   18 ( 4 )   659 - 666   2013年07月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    内部固定による長骨転移モデルを確立し、切迫骨折に先立つ長骨転移に対する予防的内部固定の骨破壊、腫瘍進行、死亡に及ぼす影響について検討した。ウサギ45匹を均等に内部固定、対照、シャムの3群に分け、脛骨にVX2腫瘍細胞を移植した。ウサギをX線とCTでモニターし、2週間ごとに血清検査を行った。固定群に比べてシャム群と対照群でウサギ脛骨の有意に高い骨破壊率が認められた。3週間目に固定群、シャム群、対照群でそれぞれ0.2、0.4、2.3%の容積骨量減少を認め、5週目にはそれぞれ1.2、2.5、6.1%に増加した。固定群はシャム群と対照群に比べ、有意な生存延長を示した。予防的内部固定は骨破壊と腫瘍進行を抑制し、長骨転移患者の生存期間を延長することが示唆された。

  • Activation of the FGF2-FGFR1 autocrine pathway: a novel mechanism of acquired resistance to gefitinib in NSCLC. 査読

    Terai H, Soejima K, Yasuda H, Nakayama S, Hamamoto J, Arai D, Ishioka K, Ohgino K, Ikemura S, Sato T, Yoda S, Satomi R, Naoki K, Betsuyaku T

    Molecular cancer research : MCR   11 ( 7 )   759 - 67   2013年07月( ISSN:1541-7786

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1541-7786.MCR-12-0652

    PubMed

  • The role of internal fixation for long bone metastasis prior to impending fracture: an experimental model. 査読

    Ibrahim M, Terai H, Yamada K, Suzuki A, Toyoda H, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   18 ( 4 )   659 - 66   2013年07月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00776-013-0380-7

    PubMed

  • 切迫骨折に先立つ長骨転移に対する内部固定の役割 実験モデル(The role of internal fixation for long bone metastasis prior to impending fracture: an experimental model) 査読

    Ibrahim Mohammad, Terai Hidetomi, Yamada Kentaro, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   18 ( 4 )   659 - 666   2013年07月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    内部固定による長骨転移モデルを確立し、切迫骨折に先立つ長骨転移に対する予防的内部固定の骨破壊、腫瘍進行、死亡に及ぼす影響について検討した。ウサギ45匹を均等に内部固定、対照、シャムの3群に分け、脛骨にVX2腫瘍細胞を移植した。ウサギをX線とCTでモニターし、2週間ごとに血清検査を行った。固定群に比べてシャム群と対照群でウサギ脛骨の有意に高い骨破壊率が認められた。3週間目に固定群、シャム群、対照群でそれぞれ0.2、0.4、2.3%の容積骨量減少を認め、5週目にはそれぞれ1.2、2.5、6.1%に増加した。固定群はシャム群と対照群に比べ、有意な生存延長を示した。予防的内部固定は骨破壊と腫瘍進行を抑制し、長骨転移患者の生存期間を延長することが示唆された。

  • 硬膜内に脱出した腰椎椎板ヘルニアの1例 査読

    松本 富哉, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 堂園 将, 堀 悠介, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 4 )   863 - 864   2013年07月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    63歳男。3年ほど前から腰痛、右臀部から下腿外側痛が出現した。腰椎椎間板ヘルニアを指摘され、保存治療にて軽快していた。突然激しい右臀部から下腿外側痛が出現した。MRIの矢状断像でL4/5椎間板の後方への突出、また硬膜内にT1、T2ともに等信号の腫瘤陰影をみとめ、水平断像では椎間板レベルでは硬膜嚢の連続性の途絶、また椎弓根レベルでは硬膜内に腫瘤陰影をみとめた。CTでL4/5椎間板内、脊柱管内にガス像をみとめた。L4/5椎間板造影、椎間板造影後CTでは硬膜管内への造影剤の流入をみとめた。硬膜内腰椎椎間板ヘルニアと診断し、手術を施行した。足部のしびれが軽度残存しているが、筋力低下、疼痛は消失した。

  • Impact of Initial Conservative Treatment Interventions on the Outcomes of Patients With Osteoporotic Vertebral Fractures 査読

    Hoshino Masatoshi, Tsujio Tadao, Terai Hidetomi, Namikawa Takashi, Kato Minori, Matsumura Akira, Suzuki Akinobu, Takayama Kazushi, Takaoka Kunio, Nakamura Hiroaki

    SPINE   38 ( 11 )   E641 - E648   2013年05月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0b013e31828ced9d

    PubMed

  • Impact of initial conservative treatment interventions on the outcomes of patients with osteoporotic vertebral fractures. 査読

    Hoshino M, Tsujio T, Terai H, Namikawa T, Kato M, Matsumura A, Suzuki A, Takayama K, Takaoka K, Nakamura H

    Spine   38 ( 11 )   E641 - 8   2013年05月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0b013e31828ced9d

    PubMed

  • Radiographic evaluation of postoperative bone regrowth after microscopic bilateral decompression via a unilateral approach for degenerative lumbar spondylolisthesis 査読

    Dohzono Sho, Matsumura Akira, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE   18 ( 5 )   472 - 478   2013年05月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2013.2.SPINE12633

    PubMed

  • Radiographic evaluation of postoperative bone regrowth after microscopic bilateral decompression via a unilateral approach for degenerative lumbar spondylolisthesis. 査読

    Dohzono S, Matsumura A, Terai H, Toyoda H, Suzuki A, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Spine   18 ( 5 )   472 - 8   2013年05月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2013.2.SPINE12633

    PubMed

  • 【再生医療の現況と最前線】再生医療の現状と展望 細胞を用いない再生医療 BMPを用いた骨再生治療研究の現状と展望 査読

    寺井 秀富, 中村 博亮, 高岡 邦夫

    整形・災害外科   56 ( 5 )   643 - 649   2013年04月( ISSN:0387-4095

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Characteristics of Diabetes Associated With Poor Improvements in Clinical Outcomes After Lumbar Spine Surgery 査読

    Takahashi Shinji, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Dohzono Sho, Yamada Kentarou, Matsumoto Tomiya, Yasuda Hiroyuki, Tsukiyama Kuniaki, Shinohara Yoshikazu, Ibrahim Mohammad, Nakamura Hiroaki

    SPINE   38 ( 6 )   516 - 522   2013年03月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0b013e318273583a

    PubMed

  • Characteristics of Diabetes Associated With Poor Improvements in Clinical Outcomes After Lumbar Spine Surgery 査読

    TAKAHASHI Shinji, SUZUKI Akinobu, TOYODA Hiromitsu, TERAI Hidetomi, DOHZONO Sho, YAMADA Kentarou, MATSUMOTO Tomiya, YASUDA Hiroyuki, TSUKIYAMA Kuniaki, SHINOHARA Yoshikazu, IBRAHIM Mohammad, NAKAMURA Hiroaki

    Spine   38 ( 6 )   516 - 522   2013年03月( ISSN:03622436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Characteristics of Diabetes Associated With Poor Improvements in Clinical Outcomes After Lumbar Spine Surgery 査読

    TAKAHASHI Shinji, SUZUKI Akinobu, TOYODA Hiromitsu, TERAI Hidetomi, DOHZONO Sho, YAMADA Kentarou, MATSUMOTO Tomiya, YASUDA Hiroyuki, TSUKIYAMA Kuniaki, SHINOHARA Yoshikazu, IBRAHIM Mohammad, NAKAMURA Hiroaki

    38 ( 6 )   516 - 522   2013年03月( ISSN:03622436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Characteristics of diabetes associated with poor improvements in clinical outcomes after lumbar spine surgery. 査読

    Takahashi S, Suzuki A, Toyoda H, Terai H, Dohzono S, Yamada K, Matsumoto T, Yasuda H, Tsukiyama K, Shinohara Y, Ibrahim M, Nakamura H

    Spine   38 ( 6 )   516 - 22   2013年03月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0b013e318273583a

    PubMed

  • 【脊椎椎体骨折の治療】骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対する内視鏡併用椎体形成術 査読

    寺井 秀富, 豊田 宏光, 中村 博亮

    Orthopaedics   26 ( 3 )   7 - 13   2013年03月( ISSN:0914-8124

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    高齢者の増加に伴って骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節となる症例が増加している。偽関節レベルでの不安定性が疼痛の原因となっていれば、偽関節腔にセメントを注入する椎体形成術によって疼痛や歩行機能障害の劇的な改善が期待できる。椎体形成術にはHAやPMMA、CPC(リン酸カルシウムセメント)が用いられるが、我々は偽関節に対してはCPCを用いている。椎体内で長期にCPCを安定させるには、ある程度大きなセメント塊を形成させる必要がある。そのためにはセメント注入スペース確保のための偽関節腔掻爬が重要なステップとなる。本稿ではバルーンを使って偽関節腔を広げた後に内視鏡を用いて偽関節腔内を掻爬し、十分なセメント注入スペースを確保する術式を詳説し、当院で施行した本法の手術加療成績を併せて報告する。(著者抄録)

  • Countermeasure against tailored bright illumination attack for DPS-QKD. 査読

    Honjo T, Fujiwara M, Shimizu K, Tamaki K, Miki S, Yamashita T, Terai H, Wang Z, Sasaki M

    Optics express   21 ( 3 )   2667 - 73   2013年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1364/OE.21.002667

    PubMed

  • 軸椎歯突起後方偽腫瘍に対し手術加療を行った超高齢者の2例 査読

    尾崎 友則, 堂園 将, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 松本 富哉, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   119 - 120   2013年01月( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 高度 (第5) 腰椎分離すべり症に対して経仙骨的椎間固定を行った1例 査読

    寺川 雅基, 堂園 将, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   103 - 104   2013年01月( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 軸椎歯突起後方偽腫瘍に対し手術加療を行った超高齢者の2例 査読

    尾崎 友則, 堂園 将, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 松本 富哉, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   119 - 120   2013年01月( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 高度 (第5) 腰椎分離すべり症に対して経仙骨的椎間固定を行った1例 査読

    寺川 雅基, 堂園 将, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   103 - 104   2013年01月( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 高度(第5)腰椎分離すべり症に対して経仙骨的椎間固定を行った1例 査読

    寺川 雅基, 堂園 将, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   103 - 104   2013年01月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 軸椎歯突起後方偽腫瘍に対し手術加療を行った超高齢者の2例 査読

    尾崎 友則, 堂園 将, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 松本 富哉, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   119 - 120   2013年01月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 軸椎歯突起後方偽腫瘍に対し手術加療を行った超高齢者の2例 査読

    尾崎 友則, 堂園 将, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 松本 富哉, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   119 - 120   2013年01月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高度(第5)腰椎分離すべり症に対して経仙骨的椎間固定を行った1例 査読

    寺川 雅基, 堂園 将, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   103 - 104   2013年01月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高度 (第5) 腰椎分離すべり症に対して経仙骨的椎間固定を行った1例 査読

    寺川 雅基, 堂園 将, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    THE CENTRAL JAPAN ASSOCIATION OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND TRAUMATOLOGY 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   103 - 104   2013年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2013.103

    CiNii Article

  • 軸椎歯突起後方偽腫瘍に対し手術加療を行った超高齢者の2例 査読

    尾崎 友則, 堂園 将, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 松本 富哉, 中村 博亮

    THE CENTRAL JAPAN ASSOCIATION OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND TRAUMATOLOGY 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   119 - 120   2013年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2013.119

    CiNii Article

  • 硬膜内に脱出した腰椎椎間板ヘルニアの1例 査読

    松本 富哉, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 堂園 将, 堀 悠介, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 4 )   863 - 864   2013年( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2013.863

    CiNii Article

  • 高度 (第5) 腰椎分離すべり症に対して経仙骨的椎間固定を行った1例 査読

    寺川 雅基, 堂園 将, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   103 - 104   2013年( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2013.103

    CiNii Article

  • 軸椎歯突起後方偽腫瘍に対し手術加療を行った超高齢者の2例 査読

    尾崎 友則, 堂園 将, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 松本 富哉, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   119 - 120   2013年( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2013.119

    CiNii Article

  • 【1からわかる脊椎圧迫骨折のすべて】手術療法 脊椎圧迫骨折の手術療法 査読

    寺井 秀富

    整形外科看護   17 ( 10 )   986 - 992   2012年10月( ISSN:1342-4718

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 神経障害を合併した骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対する内視鏡下椎体形成術の治療成績 査読

    鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 中村 博亮, 辻尾 唯雄, 星野 雅俊

    (一社)日本骨折治療学会 骨折   34 ( 3 )   528 - 531   2012年09月( ISSN:0287-2285

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    今回我々は神経障害を合併した骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対して行った内視鏡下椎体形成術単独の治療成績を検討した。対象は13例(男性2例、女性11例)であり、治療成績は腰背部痛VAS、歩行状態、modified Frankel scaleにより評価した。画像的評価として椎体楔状角、椎体高比率および骨片の脊柱管占拠率を測定・評価した。腰背部痛VASは術後有意に改善し、全例で術後歩行可能となった。神経障害は11例で改善が認められた。椎体楔状角および椎体高比率はいずれも術後改善を認めたが、骨片の脊柱管占拠率は術前後で有意な変化は認められなかった。本研究より神経障害を有する骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対しても椎体形成術のみで一定の治療成績が得られることが判明した。骨片の脊柱管占拠率が変化しないにも関わらず神経障害の改善が認められたことから、椎体の安定化が神経障害の改善に非常に重要であることが示唆された。(著者抄録)

  • 神経障害を合併した骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対する内視鏡下椎体形成術の治療成績 査読

    鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 中村 博亮, 辻尾 唯雄, 星野 雅俊

    骨折   34 ( 3 )   528 - 531   2012年09月( ISSN:0287-2285

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    今回我々は神経障害を合併した骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対して行った内視鏡下椎体形成術単独の治療成績を検討した。対象は13例(男性2例、女性11例)であり、治療成績は腰背部痛VAS、歩行状態、modified Frankel scaleにより評価した。画像的評価として椎体楔状角、椎体高比率および骨片の脊柱管占拠率を測定・評価した。腰背部痛VASは術後有意に改善し、全例で術後歩行可能となった。神経障害は11例で改善が認められた。椎体楔状角および椎体高比率はいずれも術後改善を認めたが、骨片の脊柱管占拠率は術前後で有意な変化は認められなかった。本研究より神経障害を有する骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対しても椎体形成術のみで一定の治療成績が得られることが判明した。骨片の脊柱管占拠率が変化しないにも関わらず神経障害の改善が認められたことから、椎体の安定化が神経障害の改善に非常に重要であることが示唆された。(著者抄録)

  • Asymmetric Degeneration of Paravertebral Muscles in Patients With Degenerative Lumbar Scoliosis 査読

    Shafaq Najibullah, Suzuki Akinobu, Matsumura Akira, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Yasuda Hiroyuki, Ibrahim Mohammad, Nakamura Hiroaki

    SPINE   37 ( 16 )   1398 - 1406   2012年07月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0b013e31824c767e

    PubMed

  • Asymmetric degeneration of paravertebral muscles in patients with degenerative lumbar scoliosis. 査読

    Shafaq N, Suzuki A, Matsumura A, Terai H, Toyoda H, Yasuda H, Ibrahim M, Nakamura H

    Spine   37 ( 16 )   1398 - 406   2012年07月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0b013e31824c767e

    PubMed

  • Crosstalk-free operation of multielement superconducting nanowire single-photon detector array integrated with single-flux-quantum circuit in a 0.1 W Gifford-McMahon cryocooler. 査読

    Yamashita T, Miki S, Terai H, Makise K, Wang Z

    Optics letters   37 ( 14 )   2982 - 4   2012年07月( ISSN:0146-9592

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1364/OL.37.002982

    PubMed

  • 【脊柱再建と生体材料-中・長期成績】生体活性リン酸カルシウムセメントによる椎体形成の中・長期成績 査読

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 辻尾 唯雄, 星野 雅俊, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   25 ( 7 )   679 - 686   2012年07月( ISSN:0914-4412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • スポーツ復帰のための腰椎手術療法 スポーツ選手の腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡下後方手術の実際 査読

    中村 博亮, 金田 国一, 吉田 玄, 寺井 秀富, 島田 永和

    日本整形外科スポーツ医学会雑誌   32 ( 3 )   215 - 218   2012年07月( ISSN:1340-8577

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    われわれはスポーツ選手の腰椎椎間板ヘルニア手術適応症例にMicro Endoscopic Discectomy(以下MED)を施行してきた。対象症例は21例で、年齢は18.2歳、罹患椎間はL3/4間1例、L4/5間12例、L5/S間8例であった。スポーツレベルはすべて学生スポーツのレベルで、サッカー、バレーボールが最も多かった。JOAスコアーは術前平均13.4点が術後27.4点に改善し、その改善率は平均89.8%であった。また21例中、18例が元のスポーツレベルへ復帰し、その復帰率は86%、復帰までの期間は平均3.0ヵ月であった。スポーツ選手に対するMED後の予後は良好で、スポーツ復帰に支障をきたすものではないことが判明した。(著者抄録)

  • Prognostic Factors for Reduction of Activities of Daily Living Following Osteoporotic Vertebral Fractures 査読

    Matsumoto Tomiya, Hoshino Masatoshi, Tsujio Tadao, Terai Hidetomi, Namikawa Takashi, Matsumura Akira, Kato Minori, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Takayama Kazushi, Takaoka Kunio, Nakamura Hiroaki

    SPINE   37 ( 13 )   1115 - 1121   2012年06月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0b013e3182432823

    PubMed

  • Prognostic Factors for Reduction of Activities of Daily Living Following Osteoporotic Vertebral Fractures 査読

    MATSUMOTO Tomiya, HOSHINO Masatoshi, TSUJIO Tadao, TERAI Hidetomi, NAMIKAWA Takashi, MATSUMURA Akira, KATO Minori, TOYODA Hiromitsu, SUZUKI Akinobu, TAKAYAMA Kazushi, TAKAOKA Kunio, NAKAMURA Hiroaki

    Spine   37 ( 13 )   1115 - 1121   2012年06月( ISSN:03622436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Prognostic Factors for Reduction of Activities of Daily Living Following Osteoporotic Vertebral Fractures 査読

    MATSUMOTO Tomiya, HOSHINO Masatoshi, TSUJIO Tadao, TERAI Hidetomi, NAMIKAWA Takashi, MATSUMURA Akira, KATO Minori, TOYODA Hiromitsu, SUZUKI Akinobu, TAKAYAMA Kazushi, TAKAOKA Kunio, NAKAMURA Hiroaki

    37 ( 13 )   1115 - 1121   2012年06月( ISSN:03622436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Prognostic factors for reduction of activities of daily living following osteoporotic vertebral fractures. 査読

    Matsumoto T, Hoshino M, Tsujio T, Terai H, Namikawa T, Matsumura A, Kato M, Toyoda H, Suzuki A, Takayama K, Takaoka K, Nakamura H

    Spine   37 ( 13 )   1115 - 21   2012年06月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0b013e3182432823

    PubMed

  • Cellularity and Cartilage Matrix Increased in Hypertrophied Ligamentum Flavum Histopathological Analysis Focusing on the Mechanical Stress and Bone Morphogenetic Protein Signaling 査読

    Shafaq Najibullah, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Wakitani Shigeyuki, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF SPINAL DISORDERS & TECHNIQUES   25 ( 2 )   107 - 115   2012年04月( ISSN:1536-0652

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cellularity and cartilage matrix increased in hypertrophied ligamentum flavum: histopathological analysis focusing on the mechanical stress and bone morphogenetic protein signaling. 査読

    Shafaq N, Suzuki A, Terai H, Wakitani S, Nakamura H

    Journal of spinal disorders & techniques   25 ( 2 )   107 - 15   2012年04月( ISSN:1536-0652

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0b013e31820bb76e

    PubMed

  • Cellularity and cartilage matrix increased in hypertrophied ligamentum flavum: histopathological analysis focusing on the mechanical stress and bone morphogenetic protein signaling. 査読

    Shafaq N, Suzuki A, Terai H, Wakitani S, Nakamura H

    Journal of spinal disorders & techniques   25 ( 2 )   107 - 15   2012年04月( ISSN:1536-0652

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0b013e31820bb76e

    PubMed

  • [A case of elderly advanced squamous cell lung carcinoma successfully treated with nedaplatin and S-1 combination chemotherapy]. 査読

    Terai H, Soejima K, Naoki K, Ikemura S, Ogura-Tomomatsu H, Sato T, Asano K, Betsuyaku T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 3 )   429 - 32   2012年03月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 骨粗鬆症性椎体骨折後QOL低下に関与する因子についての調査研究 査読

    豊田 宏光, 松本 富哉, 星野 雅俊, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 並川 崇, 松村 昭, 加藤 相勲, 鈴木 亨暢, 高山 和士, 高岡 邦夫, 中村 博亮

    ライフサイエンス出版(株) Osteoporosis Japan   20 ( 1 )   70 - 73   2012年02月( ISSN:0919-6307

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性椎体骨折患者310例(男性44例、女性266例、年齢64〜93歳、平均年齢75.8歳)を対象に受傷時と受傷後6ヵ月目のQOL/ADL評価を行い、QOL低下に関与する因子について検討した。その結果、QOL回復を阻害する因子として「椎体後壁に損傷を認める」と「定期的な運動をしていない」が有意な危険因子として抽出された。特に椎体後壁に損傷を認める症例では認めない症例と比較し、受傷後6ヵ月目のVAS、椎体高比率、骨折部の骨癒合が得られていない偽関節になる割合が有意に高いことが判明した。

  • 骨粗鬆症性椎体骨折後QOL低下に関与する因子についての調査研究 査読

    豊田 宏光, 松本 富哉, 星野 雅俊, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 並川 崇, 松村 昭, 加藤 相勲, 鈴木 亨暢, 高山 和士, 高岡 邦夫, 中村 博亮

    Osteoporosis Japan   20 ( 1 )   70 - 73   2012年02月( ISSN:0919-6307

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性椎体骨折患者310例(男性44例、女性266例、年齢64〜93歳、平均年齢75.8歳)を対象に受傷時と受傷後6ヵ月目のQOL/ADL評価を行い、QOL低下に関与する因子について検討した。その結果、QOL回復を阻害する因子として「椎体後壁に損傷を認める」と「定期的な運動をしていない」が有意な危険因子として抽出された。特に椎体後壁に損傷を認める症例では認めない症例と比較し、受傷後6ヵ月目のVAS、椎体高比率、骨折部の骨癒合が得られていない偽関節になる割合が有意に高いことが判明した。

  • 【理由がわかる!整形外科のNGケアとOKケア】腰椎術後のNGケアとOKケア 査読

    寺井 秀富

    整形外科看護   17 ( 1 )   30 - 35   2012年01月( ISSN:1342-4718

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Skill Up 最新・手術手技講座(第21回) 内視鏡とバルーンを用いた椎体形成術 査読

    寺井 秀富

    Arthritis-運動器疾患と炎症-   9 ( 3 )   242 - 247   2011年12月( ISSN:1348-270X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ウェアラブル加速度計を用いた歩行時動揺測定と頸椎疾患患者の歩行能力評価 査読

    赤松 波子, 今久保 伸二, 加藤 良一, 三好 隆志, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 寺井 秀富, 中村 博亮

    日本臨床バイオメカニクス学会 臨床バイオメカニクス   32   149 - 154   2011年10月( ISSN:1884-5274

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    頸椎疾患患者の歩行不安定性を評価するにあたって、ウェアラブル加速度計を用いた歩行時動揺評価が臨床において有用か検討した。頸椎疾患で手術を施行した33例を対象とした。下肢JOA scoreは、重症群では有意に改善し、その後は術後12ヵ月まで有意な変化を認めなかった。軽症群では術前から術後12ヵ月まで有意な変化を認めなかった。静止時動揺は、両群とも術前から術後1ヵ月にかけて動揺が減少する傾向がみられ、どの時期においても正常範囲より動揺は増加した。歩行時動揺は、重症群では有意に減少し、術後歩行自立時より術後12ヵ月まで正常範囲内であった。軽症群では術前から正常範囲内で有意な変化は認めなかった。下肢JOA scoreと静止時動揺・歩行時動揺に相関を認めた。重心動揺計を用いた静止時動揺測定(静的評価)およびウェアラブル加速度計を用いた歩行時動揺測定(動的評価)はそれぞれ臨床的に有用であると示された。

  • ウェアラブル加速度計を用いた歩行時動揺測定と頸椎疾患患者の歩行能力評価 査読

    赤松 波子, 今久保 伸二, 加藤 良一, 三好 隆志, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 寺井 秀富, 中村 博亮

    臨床バイオメカニクス   32   149 - 154   2011年10月( ISSN:1884-5274

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    頸椎疾患患者の歩行不安定性を評価するにあたって、ウェアラブル加速度計を用いた歩行時動揺評価が臨床において有用か検討した。頸椎疾患で手術を施行した33例を対象とした。下肢JOA scoreは、重症群では有意に改善し、その後は術後12ヵ月まで有意な変化を認めなかった。軽症群では術前から術後12ヵ月まで有意な変化を認めなかった。静止時動揺は、両群とも術前から術後1ヵ月にかけて動揺が減少する傾向がみられ、どの時期においても正常範囲より動揺は増加した。歩行時動揺は、重症群では有意に減少し、術後歩行自立時より術後12ヵ月まで正常範囲内であった。軽症群では術前から正常範囲内で有意な変化は認めなかった。下肢JOA scoreと静止時動揺・歩行時動揺に相関を認めた。重心動揺計を用いた静止時動揺測定(静的評価)およびウェアラブル加速度計を用いた歩行時動揺測定(動的評価)はそれぞれ臨床的に有用であると示された。

  • Characteristic Radiographic or Magnetic Resonance Images of Fresh Osteoporotic Vertebral Fractures Predicting Potential Risk for Nonunion 査読

    Tsujio Tadao, Nakamura Hiroaki, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Namikawa Takashi, Matsumura Akira, Kato Minori, Suzuki Akinobu, Takayama Kazushi, Fukushima Wakaba, Kondo Kyoko, Hirota Yoshio, Takaoka Kunio

    SPINE   36 ( 15 )   1229 - 1235   2011年07月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0b013e3181f29e8d

    PubMed

  • Characteristic Radiographic or Magnetic Resonance Images of Fresh Osteoporotic Vertebral Fractures Predicting Potential Risk for Nonunion : A Prospective Multicenter Study 査読

    TSUJIO Tadao, NAKAMURA Hiroaki, TERAI Hidetomi, HOSHINO Masatoshi, NAMIKAWA Takashi, MATSUMURA Akira, KATO Minori, SUZUKI Akinobu, TAKAYAMA Kazushi, FUKUSHIMA Wakaba, KONDO Kyoko, HIROTA Yoshio, TAKAOKA Kunio

    Spine   36 ( 15 )   1229 - 1235   2011年07月( ISSN:03622436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Characteristic Radiographic or Magnetic Resonance Images of Fresh Osteoporotic Vertebral Fractures Predicting Potential Risk for Nonunion : A Prospective Multicenter Study 査読

    TSUJIO Tadao, NAKAMURA Hiroaki, TERAI Hidetomi, HOSHINO Masatoshi, NAMIKAWA Takashi, MATSUMURA Akira, KATO Minori, SUZUKI Akinobu, TAKAYAMA Kazushi, FUKUSHIMA Wakaba, KONDO Kyoko, HIROTA Yoshio, TAKAOKA Kunio

    Spine (Phila Pa 1976)   36 ( 15 )   1229 - 1235   2011年07月( ISSN:03622436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Characteristic radiographic or magnetic resonance images of fresh osteoporotic vertebral fractures predicting potential risk for nonunion: a prospective multicenter study. 査読

    Tsujio T, Nakamura H, Terai H, Hoshino M, Namikawa T, Matsumura A, Kato M, Suzuki A, Takayama K, Fukushima W, Kondo K, Hirota Y, Takaoka K

    Spine   36 ( 15 )   1229 - 35   2011年07月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0b013e3181f29e8d

    PubMed

  • 【頸椎神経根症に対する手術的治療】頸椎症性神経根症に対する顕微鏡視下key hole foraminotomy 査読

    寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 中村 博亮, 金田 国一, 谷内 政俊

    整形・災害外科   54 ( 6 )   679 - 685   2011年05月( ISSN:0387-4095

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bronchoscopic microsampling is a useful complementary diagnostic tool for detecting lung cancer. 査読

    Yasuda H, Soejima K, Nakayama S, Kawada I, Nakachi I, Yoda S, Satomi R, Ikemura S, Terai H, Sato T, Watanabe H, Naoki K, Hayashi Y, Ishizaka A

    Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   72 ( 1 )   32 - 8   2011年04月( ISSN:0169-5002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2010.07.016

    PubMed

  • A phase I study of S-1 and irinotecan combination therapy in previously treated advanced non-small cell lung cancer patients. 査読

    Yoda S, Soejima K, Yasuda H, Naoki K, Kawada I, Watanabe H, Nakachi I, Satomi R, Nakayama S, Ikemura S, Terai H, Sato T, Morosawa M, Asano K

    Cancer chemotherapy and pharmacology   67 ( 3 )   717 - 22   2011年03月( ISSN:0344-5704

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00280-010-1539-y

    PubMed

  • Risk Factor Analysis for Motor Deficit and Delayed Recovery Associated With L4/5 Lumbar Disc Herniation 査読

    Suzuki Akinobu, Matsumura Akira, Konishi Sadahiko, Terai Hidetomi, Tsujio Tadao, Dozono Sho, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF SPINAL DISORDERS & TECHNIQUES   24 ( 1 )   1 - 5   2011年02月( ISSN:1536-0652

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0b013e3181c5be1d

    PubMed

  • 骨粗鬆症性脊椎骨折後骨癒合不全患者の神経学的欠損に影響を及ぼす因子(Factors Affecting Neurological Deficits in Patients with Insufficient Bone Union following Osteoporotic Vertebral Fracture) 査読

    Hoshino Masatoshi, Nakamura Hiroaki, Terai Hidetomi, Tsujio Tadao, Nabeta Masaharu, Namikawa Takashi, Matsumura Akira, Suzuki Akinobu, Takayama Kazushi, Takaoka Kunio

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   2 ( 2 )   319 - 323   2011年02月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性脊椎骨折(OVF)は通常数ヵ月以内に自然治癒するが、難治性の腰痛や神経学的欠損がみられる症例が存在する。これら患者では骨癒合不全がしばしばみられる。単純X線撮影またはCTおよびMRI T2強調像で骨癒合不全と診断されたOVF患者45名(男10名、女35名、56〜87歳)を対象として、神経学的欠損の有無を徒手筋力テストで調べた。骨折の部位はT9 1名、T11 3名、T12 22名、L1 11名、L2 6名、L4 1名、L5 1名であった。その結果、21名(46.7%)で軽度または重度神経学的欠損が認められた。神経学的欠損は骨折のみられた椎体において15°以上の角不安定性がみられた患者と骨片による脊柱管占拠率が42%以上の患者で多く認められた。神経学的欠損に対しては神経除圧を行わずに骨折した脊椎を安定化させることが重要である。骨侵入率が高い患者に対しては除圧術が必要となるかもしれない。

  • Risk factor analysis for motor deficit and delayed recovery associated with L4/5 lumbar disc herniation. 査読

    Suzuki A, Matsumura A, Konishi S, Terai H, Tsujio T, Dozono S, Nakamura H

    Journal of spinal disorders & techniques   24 ( 1 )   1 - 5   2011年02月( ISSN:1536-0652

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0b013e3181c5be1d

    PubMed

  • 骨粗鬆症性脊椎骨折後骨癒合不全患者の神経学的欠損に影響を及ぼす因子(Factors Affecting Neurological Deficits in Patients with Insufficient Bone Union following Osteoporotic Vertebral Fracture) 査読

    Hoshino Masatoshi, Nakamura Hiroaki, Terai Hidetomi, Tsujio Tadao, Nabeta Masaharu, Namikawa Takashi, Matsumura Akira, Suzuki Akinobu, Takayama Kazushi, Takaoka Kunio

    Journal of Spine Research   2 ( 2 )   319 - 323   2011年02月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性脊椎骨折(OVF)は通常数ヵ月以内に自然治癒するが、難治性の腰痛や神経学的欠損がみられる症例が存在する。これら患者では骨癒合不全がしばしばみられる。単純X線撮影またはCTおよびMRI T2強調像で骨癒合不全と診断されたOVF患者45名(男10名、女35名、56〜87歳)を対象として、神経学的欠損の有無を徒手筋力テストで調べた。骨折の部位はT9 1名、T11 3名、T12 22名、L1 11名、L2 6名、L4 1名、L5 1名であった。その結果、21名(46.7%)で軽度または重度神経学的欠損が認められた。神経学的欠損は骨折のみられた椎体において15°以上の角不安定性がみられた患者と骨片による脊柱管占拠率が42%以上の患者で多く認められた。神経学的欠損に対しては神経除圧を行わずに骨折した脊椎を安定化させることが重要である。骨侵入率が高い患者に対しては除圧術が必要となるかもしれない。

  • The influence of approach side on facet preservation in microscopic bilateral decompression via a unilateral approach for degenerative lumbar scoliosis 査読

    Matsumura Akira, Namikawa Takashi, Terai Hidetomi, Tsujio Tadao, Suzuki Akinobu, Dozono Sho, Yasuda Hiroyuki, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE   13 ( 6 )   758 - 765   2010年12月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2010.5.SPINE091001

    PubMed

  • Distinct epigenetic regulation of tumor suppressor genes in putative cancer stem cells of solid tumors. 査読

    Yasuda H, Soejima K, Watanabe H, Kawada I, Nakachi I, Yoda S, Nakayama S, Satomi R, Ikemura S, Terai H, Sato T, Suzuki S, Matsuzaki Y, Naoki K, Ishizaka A

    International journal of oncology   37 ( 6 )   1537 - 46   2010年12月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo_00000807

    PubMed

  • The influence of approach side on facet preservation in microscopic bilateral decompression via a unilateral approach for degenerative lumbar scoliosis. Clinical article. 査読

    Matsumura A, Namikawa T, Terai H, Tsujio T, Suzuki A, Dozono S, Yasuda H, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Spine   13 ( 6 )   758 - 65   2010年12月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2010.5.SPINE091001

    PubMed

  • 長寿フロントライン 骨粗鬆性椎体骨折の治療成績不良をもたらす因子の解明と効果的かつ効率的な治療法の確立 査読

    寺井 秀富

    Aging & Health   19 ( 3 )   38 - 39   2010年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Upper migrated ヘルニアに対する内視鏡下経椎弓進入法の治療成績 査読

    金田 国一, 吉田 玄, 松浦 健司, 富原 朋弘, 島田 永和, 寺井 秀富

    日本脊椎脊髄病学会 Journal of spine research   1 ( 9 )   1700 - 1704   2010年09月( ISSN:18847137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • ウェアラブル加速度計を用いた頚椎疾患患者の歩行評価 査読

    赤松 波子, 今久保 伸二, 加藤 良一, 三好 隆志, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 寺井 秀富, 中村 博亮

    日本臨床バイオメカニクス学会 臨床バイオメカニクス = Japanese journal of clinical biomechanics   31   85 - 90   2010年09月( ISSN:18845274

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Upper migratedヘルニアに対する内視鏡下経椎弓進入法の治療成績 査読

    金田 国一, 吉田 玄, 松浦 健司, 富原 朋弘, 島田 永和, 寺井 秀富

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   1 ( 9 )   1700 - 1704   2010年09月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    脊柱管内にupper migrateした腰椎椎間板ヘルニアを摘出する際、下関節突起骨折の危険性を回避するため、椎弓に約10mmの骨孔を開け、経椎弓的にヘルニアを摘出する内視鏡下経椎弓進入法を行った。2008年8月以降の1年間に、当院で同法を行った7症例(男6例、女1例)を対象とした。手術時平均年齢は56歳(42〜68歳)、ヘルニア高位は、L3/4 3例、L4/5 4例であった。骨孔の幅は平均10.9mm(8.9〜11.2mm)、骨孔と椎弓下縁の距離は平均8.1mm(4.2〜11.9mm)であった。手術時間は平均62分(36〜84分)、JOA scoreの平均改善率は83%と良好であった。本法は、従来法に較べ、(1)骨切除量が少なく、下関節突起骨折の危険が少ない。(2)組織侵襲が少ない、などの利点がある。骨孔内に斜視鏡を挿入することで硬膜外腔を広く見渡すことができ、内視鏡の特徴をいかした手術方法であると考えられる。(著者抄録)

  • ウェアラブル加速度計を用いた頸椎疾患患者の歩行評価 査読

    赤松 波子, 今久保 伸二, 加藤 良一, 三好 隆志, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 寺井 秀富, 中村 博亮

    日本臨床バイオメカニクス学会 臨床バイオメカニクス   31   85 - 90   2010年09月( ISSN:1884-5274

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    頸椎手術前後の歩行における不安定性を簡便かつ客観的に評価する方法とし歩行リズムに着目し、ウェアラブル加速度計で測定したデータを離散コサイン変換(DCT)解析し、これにBand pass filterの手法を加えてピーク占有率を求めることで定量化を試みた。頸椎疾患で手術施行した37例および健常者10例を対象とした。術前JOA scoreの下肢運動機能点数で群分けし、重症群27例、軽症群10例であった。健常者のピーク占有率は0.64±0.07で、これを健常モデルとした。術前、重症群のピーク占有率は健常モデルに比べて低く、軽症群は健常モデルとほぼ同じ値であった。重症群のピーク占有率は、術前に比べ術後1ヵ月、術後3ヵ月で有意に増加し、健常モデルに近づいた。軽症群においてはいずれの時期でも有意な変化を認めなかった。

  • Upper migratedヘルニアに対する内視鏡下経椎弓進入法の治療成績 査読

    金田 国一, 吉田 玄, 松浦 健司, 富原 朋弘, 島田 永和, 寺井 秀富

    Journal of Spine Research   1 ( 9 )   1700 - 1704   2010年09月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    脊柱管内にupper migrateした腰椎椎間板ヘルニアを摘出する際、下関節突起骨折の危険性を回避するため、椎弓に約10mmの骨孔を開け、経椎弓的にヘルニアを摘出する内視鏡下経椎弓進入法を行った。2008年8月以降の1年間に、当院で同法を行った7症例(男6例、女1例)を対象とした。手術時平均年齢は56歳(42〜68歳)、ヘルニア高位は、L3/4 3例、L4/5 4例であった。骨孔の幅は平均10.9mm(8.9〜11.2mm)、骨孔と椎弓下縁の距離は平均8.1mm(4.2〜11.9mm)であった。手術時間は平均62分(36〜84分)、JOA scoreの平均改善率は83%と良好であった。本法は、従来法に較べ、(1)骨切除量が少なく、下関節突起骨折の危険が少ない。(2)組織侵襲が少ない、などの利点がある。骨孔内に斜視鏡を挿入することで硬膜外腔を広く見渡すことができ、内視鏡の特徴をいかした手術方法であると考えられる。(著者抄録)

  • ウェアラブル加速度計を用いた頸椎疾患患者の歩行評価 査読

    赤松 波子, 今久保 伸二, 加藤 良一, 三好 隆志, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 寺井 秀富, 中村 博亮

    臨床バイオメカニクス   31   85 - 90   2010年09月( ISSN:1884-5274

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    頸椎手術前後の歩行における不安定性を簡便かつ客観的に評価する方法とし歩行リズムに着目し、ウェアラブル加速度計で測定したデータを離散コサイン変換(DCT)解析し、これにBand pass filterの手法を加えてピーク占有率を求めることで定量化を試みた。頸椎疾患で手術施行した37例および健常者10例を対象とした。術前JOA scoreの下肢運動機能点数で群分けし、重症群27例、軽症群10例であった。健常者のピーク占有率は0.64±0.07で、これを健常モデルとした。術前、重症群のピーク占有率は健常モデルに比べて低く、軽症群は健常モデルとほぼ同じ値であった。重症群のピーク占有率は、術前に比べ術後1ヵ月、術後3ヵ月で有意に増加し、健常モデルに近づいた。軽症群においてはいずれの時期でも有意な変化を認めなかった。

  • A prospective multicenter registry of 0.010-inch guidewire and compatible system for chronic total occlusion: the PIKACHU registry. 査読

    Matsukage T, Masutani M, Yoshimachi F, Takahashi A, Katsuki T, Saito S, Terai H, Katahira Y, Uehara Y, Tohara S, Ohba Y, Shinohara S, Asano H, Matsumura T, Hata T, Ikari Y, PIKACHU Registry Investigators.

    Catheterization and cardiovascular interventions : official journal of the Society for Cardiac Angiography & Interventions   75 ( 7 )   1006 - 12   2010年06月( ISSN:1522-1946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ccd.22434

    PubMed

  • Chronic oral ulcer associated with Candida. 査読

    Terai H, Shimahara M

    Mycoses   53 ( 2 )   168 - 72   2010年03月( ISSN:0933-7407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1439-0507.2008.01675.x

    PubMed

  • 頸椎手術前後における歩行時の身体動揺の評価 : ウェアラブル加速度計と重心動揺計を用いた検討 査読

    赤松 波子, 今久保 伸二, 加藤 良一, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 寺井 秀富, 高岡 邦夫

    日本臨床バイオメカニクス学会 臨床バイオメカニクス = Japanese journal of clinical biomechanics   30   161 - 166   2009年09月( ISSN:18845274

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰部脊柱管狭窄症に対する手術侵襲度の比較(内視鏡下手術vs顕微鏡視下手術) 査読

    寺井 秀富, 中村 博亮

    整形外科   60 ( 10 )   1072 - 1072   2009年09月( ISSN:00305901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15106/j00764.2009320271

  • Factors affecting neurological deficits and intractable back pain in patients with insufficient bone union following osteoporotic vertebral fracture 査読

    Hoshino Masatoshi, Nakamura Hiroaki, Terai Hidetomi, Tsujio Tadao, Nabeta Masaharu, Namikawa Takashi, Matsumura Akira, Suzuki Akinobu, Takayama Kazushi, Takaoka Kunio

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   18 ( 9 )   1279 - 1286   2009年09月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-009-1041-6

    PubMed

  • 頸椎手術前後における歩行時の身体動揺の評価 ウェアラブル加速度計と重心動揺計を用いた検討 査読

    赤松 波子, 今久保 伸二, 加藤 良一, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 寺井 秀富, 高岡 邦夫

    日本臨床バイオメカニクス学会 臨床バイオメカニクス   30   161 - 166   2009年09月( ISSN:1884-5274

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    頸椎手術前後の歩行における不安定性を簡便かつ客観的に評価する方法の検討とし、ウェアラブル加速度計による歩行時の身体動揺(歩行時動揺)測定と重心動揺計による静止立位時の足圧中心動揺(静止時動揺)測定とを比較・検討した。頸椎疾患を有し、手術施行した44例を対象とした。術前の動揺比較では、軽症群に対して重症群は左右・前後・上下方向の歩行時動揺および静止時動揺すべての項目で有意に動揺が増加した。術後早期の歩行不安定性を客観的に評価するには重心動揺計による静的評価のみでは不十分で、実際の歩行を動的に評価することが必要であると示唆された。ウェアラブル加速度計は三次元動作解析器のように詳細な解析は困難であるが、簡便、測定条件の自由度が高いなどの利点があった。ウェアラブル加速度計による動的評価が従来定量化困難であった術後早期の歩行不安定性を簡便かつ客観的に評価できる方法であることが示唆された。

  • 腰部脊柱管狭窄症に対する手術侵襲度の比較(内視鏡下手術vs顕微鏡視下手術) 査読

    寺井 秀富, 中村 博亮

    (株)南江堂 整形外科   60 ( 10 )   1072 - 1072   2009年09月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Factors affecting neurological deficits and intractable back pain in patients with insufficient bone union following osteoporotic vertebral fracture. 査読

    Hoshino M, Nakamura H, Terai H, Tsujio T, Nabeta M, Namikawa T, Matsumura A, Suzuki A, Takayama K, Takaoka K

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   18 ( 9 )   1279 - 86   2009年09月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-009-1041-6

    PubMed

  • 腰部脊柱管狭窄症に対する手術侵襲度の比較(内視鏡下手術vs顕微鏡視下手術) 査読

    寺井 秀富, 中村 博亮

    整形外科   60 ( 10 )   1072 - 1072   2009年09月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 頸椎手術前後における歩行時の身体動揺の評価 ウェアラブル加速度計と重心動揺計を用いた検討 査読

    赤松 波子, 今久保 伸二, 加藤 良一, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 寺井 秀富, 高岡 邦夫

    臨床バイオメカニクス   30   161 - 166   2009年09月( ISSN:1884-5274

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    頸椎手術前後の歩行における不安定性を簡便かつ客観的に評価する方法の検討とし、ウェアラブル加速度計による歩行時の身体動揺(歩行時動揺)測定と重心動揺計による静止立位時の足圧中心動揺(静止時動揺)測定とを比較・検討した。頸椎疾患を有し、手術施行した44例を対象とした。術前の動揺比較では、軽症群に対して重症群は左右・前後・上下方向の歩行時動揺および静止時動揺すべての項目で有意に動揺が増加した。術後早期の歩行不安定性を客観的に評価するには重心動揺計による静的評価のみでは不十分で、実際の歩行を動的に評価することが必要であると示唆された。ウェアラブル加速度計は三次元動作解析器のように詳細な解析は困難であるが、簡便、測定条件の自由度が高いなどの利点があった。ウェアラブル加速度計による動的評価が従来定量化困難であった術後早期の歩行不安定性を簡便かつ客観的に評価できる方法であることが示唆された。

  • Repair of long intercalated rib defects in dogs using recombinant human bone morphogenetic protein-2 delivered by a synthetic polymer and beta-tricalcium phosphate 査読

    Hoshino Masatoshi, Egi Takeshi, Terai Hidetomi, Namikawa Takashi, Kato Minori, Hashimoto Yusuke, Takaoka Kunio

    JOURNAL OF BIOMEDICAL MATERIALS RESEARCH PART A   90A ( 2 )   514 - 521   2009年08月( ISSN:1549-3296

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jbm.a.32123

    PubMed

  • Repair of long intercalated rib defects in dogs using recombinant human bone morphogenetic protein-2 delivered by a synthetic polymer and beta-tricalcium phosphate. 査読

    Hoshino M, Egi T, Terai H, Namikawa T, Kato M, Hashimoto Y, Takaoka K

    Journal of biomedical materials research. Part A   90 ( 2 )   514 - 21   2009年08月( ISSN:1549-3296

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jbm.a.32123

    PubMed

  • Chronic tongue ulceration resolved by sulpiride: a report of two cases. 査読

    Terai H, Shimahara M

    Clinical and experimental dermatology   34 ( 5 )   e40 - 2   2009年07月( ISSN:0307-6938

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2230.2008.03110.x

    PubMed

  • 骨粗鬆症性脊椎骨折の治療 骨粗鬆症性椎体骨折偽関節発生の予測因子 査読

    中村 博亮, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 伊達 優子, 高岡 邦夫

    ライフサイエンス出版(株) Osteoporosis Japan   17 ( 2 )   177 - 181   2009年04月( ISSN:0919-6307

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大阪市立大学整形外科関連25施設に登録され、6ヵ月間の経過観察を終了した新鮮骨粗鬆症性椎体骨折280例を対象に、偽関節の発生率と偽関節発生を予測する受傷時の画像的因子について検討した。内訳は男性43例、女性237例で、平均年齢は75.9歳であった。その結果、6ヵ月後の偽関節発生率は12.7%(37例)であった。6ヵ月後の偽関節を目的変数とした多変量解析の結果、胸腰椎移行部の骨折、MRI T2強調画像における高輝度限局性変化、広範な低輝度性変化が、偽関節発生を予測させる受傷時の画像的変化であることが判明した。

  • 骨粗鬆症性脊椎骨折の治療 骨粗鬆症性椎体骨折偽関節発生の予測因子 査読

    中村 博亮, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 伊達 優子, 高岡 邦夫

    Osteoporosis Japan   17 ( 2 )   177 - 181   2009年04月( ISSN:0919-6307

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大阪市立大学整形外科関連25施設に登録され、6ヵ月間の経過観察を終了した新鮮骨粗鬆症性椎体骨折280例を対象に、偽関節の発生率と偽関節発生を予測する受傷時の画像的因子について検討した。内訳は男性43例、女性237例で、平均年齢は75.9歳であった。その結果、6ヵ月後の偽関節発生率は12.7%(37例)であった。6ヵ月後の偽関節を目的変数とした多変量解析の結果、胸腰椎移行部の骨折、MRI T2強調画像における高輝度限局性変化、広範な低輝度性変化が、偽関節発生を予測させる受傷時の画像的変化であることが判明した。

  • 【骨粗鬆症性脊椎骨折 診断、治療の最前線】骨粗鬆症性椎体骨折偽関節発生の予測因子 査読

    中村 博亮, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 高岡 邦夫

    (株)三輪書店 脊椎脊髄ジャーナル   22 ( 3 )   240 - 246   2009年03月( ISSN:0914-4412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    椎体骨折後における偽関節の発生率と偽関節発生を予測するため、大阪府下の関連25施設において、6ヵ月間の観察期間を有する前向きコ-ホ-ト研究を行った。研究対象は、65歳以上の新鮮骨粗鬆症性椎体骨折例280例291椎体で、男性43例、女性237例、登録時平均75.9歳であった。研究の結果、6ヵ月の経過観察において、骨粗鬆症性椎体骨折の後、偽関節が発生する頻度は12.7%であった。偽関節例は、骨癒合例に比較して、寝たきりになる症例数比率、ADLの低下する症例比率、高度疼痛が遷延する症例比率が高く、その経過はより不良であった。また、偽関節発生を予測させる受傷時の画像的変化として、胸腰椎移行部の骨折、T2強調像における高輝度限局性変化、広範な低輝度性変化が有効であった。

  • 【骨粗鬆症性脊椎骨折 診断、治療の最前線】骨粗鬆症性椎体骨折偽関節発生の予測因子 査読

    中村 博亮, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 高岡 邦夫

    脊椎脊髄ジャーナル   22 ( 3 )   240 - 246   2009年03月( ISSN:0914-4412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    椎体骨折後における偽関節の発生率と偽関節発生を予測するため、大阪府下の関連25施設において、6ヵ月間の観察期間を有する前向きコ-ホ-ト研究を行った。研究対象は、65歳以上の新鮮骨粗鬆症性椎体骨折例280例291椎体で、男性43例、女性237例、登録時平均75.9歳であった。研究の結果、6ヵ月の経過観察において、骨粗鬆症性椎体骨折の後、偽関節が発生する頻度は12.7%であった。偽関節例は、骨癒合例に比較して、寝たきりになる症例数比率、ADLの低下する症例比率、高度疼痛が遷延する症例比率が高く、その経過はより不良であった。また、偽関節発生を予測させる受傷時の画像的変化として、胸腰椎移行部の骨折、T2強調像における高輝度限局性変化、広範な低輝度性変化が有効であった。

  • 腰部脊柱管狭窄症における手術侵襲に対する臨床的前向き研究 内視鏡下後方除圧と顕微鏡下後方除圧間の比較(A Clinical Prospective Study on the Operative Invasion for Lumbar Spinal Canal Stenosis: A Comparison between Microendoscopic and Microscopic Posterior Decompression) 査読

    Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Tsujio Tadao, Matsumura Akira, Douzono Shou, Maeno Takashi, Takayama Kazushi, Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki, Takaoka Kunio

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 日本脊椎脊髄病学会雑誌   19 ( 3 )   609 - 612   2008年11月( ISSN:1346-4876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腰部脊柱管狭窄症患者22例を、顕微鏡下(Micro)群(平均68.6歳)13例と、内視鏡下(MEPD)群(同71.6歳)9例に分けて、両群共に片側進入両側除圧を行い検討した。その結果、Micro群、MEPD群において、術後、術後12ヵ月のJOAスコア及び腰痛に関して、視覚的アナログ尺度に有意差は認められなかった。平均手術時間、1レベル毎の調整後手術時間、出血量、術後鎮痛剤使用頻度、CRP、IL-6値に有意差は認められなかった。3)CRPは術後3日にピークを迎え、7日以内に術前値に戻った。以上より、内視鏡下後方除圧と顕微鏡下後方除圧の2方法は、手術成績と同様に手術侵襲性に関しても同等であることが示された。

  • 腰部脊柱管狭窄症における手術侵襲に対する臨床的前向き研究 内視鏡下後方除圧と顕微鏡下後方除圧間の比較(A Clinical Prospective Study on the Operative Invasion for Lumbar Spinal Canal Stenosis: A Comparison between Microendoscopic and Microscopic Posterior Decompression) 査読

    Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Tsujio Tadao, Matsumura Akira, Douzono Shou, Maeno Takashi, Takayama Kazushi, Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki, Takaoka Kunio

    日本脊椎脊髄病学会雑誌   19 ( 3 )   609 - 612   2008年11月( ISSN:1346-4876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腰部脊柱管狭窄症患者22例を、顕微鏡下(Micro)群(平均68.6歳)13例と、内視鏡下(MEPD)群(同71.6歳)9例に分けて、両群共に片側進入両側除圧を行い検討した。その結果、Micro群、MEPD群において、術後、術後12ヵ月のJOAスコア及び腰痛に関して、視覚的アナログ尺度に有意差は認められなかった。平均手術時間、1レベル毎の調整後手術時間、出血量、術後鎮痛剤使用頻度、CRP、IL-6値に有意差は認められなかった。3)CRPは術後3日にピークを迎え、7日以内に術前値に戻った。以上より、内視鏡下後方除圧と顕微鏡下後方除圧の2方法は、手術成績と同様に手術侵襲性に関しても同等であることが示された。

  • Why does delay exist in the diagnosis of intradural spinal cord tumor despite the availability of MRI? 査読

    Kato Minori, Nakamura Hiroaki, Terai Hidetomi, Konishi Sadahiko, Nagayama Ryuichi, Takaoka Kunio

    JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE   15 ( 8 )   880 - 885   2008年08月( ISSN:0967-5868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jocn.2007.03.019

    PubMed

  • Why does delay exist in the diagnosis of intradural spinal cord tumor despite the availability of MRI? 査読

    Kato M, Nakamura H, Terai H, Konishi S, Nagayama R, Takaoka K

    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   15 ( 8 )   880 - 5   2008年08月( ISSN:0967-5868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jocn.2007.03.019

    PubMed

  • Ependymal cyst in the lumbar spine associated with cauda equina compression 査読

    Kato Minori, Nakamura Hiroaki, Suzuki Eisuke, Terai Hidetomi, Wakasa Kenichi, Wakasa Tomoko, Takaoka Kunio

    JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE   15 ( 7 )   827 - 830   2008年07月( ISSN:0967-5868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jocn.2006.12.020

    PubMed

  • Ependymal cyst in the lumbar spine associated with cauda equina compression. 査読

    Kato M, Nakamura H, Suzuki E, Terai H, Wakasa K, Wakasa T, Takaoka K

    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   15 ( 7 )   827 - 30   2008年07月( ISSN:0967-5868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jocn.2006.12.020

    PubMed

  • 脊椎・末梢神経の成長・発達 査読

    寺井 秀富

    バイオメカニズム学会 バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms   32 ( 2 )   65 - 68   2008年05月( ISSN:02850885

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    体を動かすということは,筋を収縮させて体の関節を動かすということに他ならない.そのためには中枢神経で生じた命令が電気的信号として末梢神経を経て筋に達し,最終的に筋の収縮が起こるという一連のメカニズムが働いている.これら運動神経-筋の関係は胎生期に形成され,その関係を保ったまま成長し終生変わることがない.そのため,末梢神経-筋の情報伝達メカニズムを理解するためには胎生期での神経,筋の発生に関する知識が必要となる.本稿では,末梢神経,筋の発生と神経の構造についての解説を加え,2次ニューロンレベルでの神経支配メカニズムの形成に着目して解説する.

    DOI: 10.3951/sobim.32.65

    CiNii Article

  • 硬膜内外に存在した石灰化を伴った胸椎髄膜腫の1例 査読

    前野 考史, 松村 昭, 中村 博亮, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 月山 国明, 高岡 邦夫

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   51 ( 3 )   397 - 399   2008年05月( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 【成長・発達のバイオメカニズム】脊椎・末梢神経の成長・発達 査読

    寺井 秀富

    バイオメカニズム学会誌   32 ( 2 )   65 - 68   2008年05月( ISSN:0285-0885

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    体を動かすということは、筋を収縮させて体の関節を動かすということに他ならない。そのためには中枢神経で生じた命令が電気的信号として末梢神経を経て筋に達し、最終的に筋の収縮が起こるという一連のメカニズムが働いている。これら運動神経-筋の関係は胎生期に形成され、その関係を保ったまま成長し終生変わることがない。そのため、末梢神経-筋の情報伝達メカニズムを理解するためには胎生期での神経、筋の発生に関する知識が必要となる。本稿では、末梢神経、筋の発生と神経の構造についての解説を加え、2次ニューロンレベルでの神経支配メカニズムの形成に着目して解説する。(著者抄録)

  • 硬膜内外に存在した石灰化を伴った胸椎髄膜腫の1例 査読

    前野 考史, 松村 昭, 中村 博亮, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 月山 国明, 高岡 邦夫

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   51 ( 3 )   397 - 399   2008年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    68歳女。左側腹痛と左優位の両下肢痛・痺れを主訴とした。単純レントゲンで脊柱管内の硬化像を認め、MRIではTh10レベル脊柱管内にT1強調像で低〜等信号、T2強調像で低信号、ガドリニウム造影で不均一に造影される腫瘍を認めた。石灰化を伴う硬膜内髄外腫瘍、特に髄膜腫を疑い、胸椎後方進入により腫瘍摘出術を施行した。腫瘍は硬膜を含め完全切除し、硬膜欠損部には右外側広筋より筋膜を採取し硬膜形成を施行した。病理組織学的所見では腫瘍組織の大部分を砂粒体が占め、砂粒体は硬膜内の腫瘍部分に多く見られた。また、楕円形で淡色の核を持つ紡錘形の異型細胞が、細胞間線維化を伴い増殖しており、移行性〜砂粒腫性髄膜腫と診断した。術後経過は良好で、術後3ヵ月の現在、両足趾の痺れは残存しているが、腫瘍の再発は認めていない。

  • 誌上シンポジウム 骨粗鬆症性脊椎骨折の病態 骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節発生に関与する予後不良因子について-多施設前向きコーホート研究 査読

    中村 博亮, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 松村 昭, 加藤 相勲, 鈴木 亨暢, 高山 和士, 高岡 邦夫

    臨床整形外科   43 ( 4 )   309 - 314   2008年04月( ISSN:05570433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.1408101256

    CiNii Article

  • 骨粗鬆症性脊椎骨折の病態 骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節発生に関与する予後不良因子について 多施設前向きコーホート研究 査読

    中村 博亮, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 松村 昭, 加藤 相勲, 鈴木 亨暢, 高山 和士, 高岡 邦夫

    臨床整形外科   43 ( 4 )   309 - 314   2008年04月( ISSN:0557-0433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    関連27施設において65歳以上の骨粗鬆症性椎体骨折例を登録し,6ヵ月後の予後を検討した.登録時に疼痛部位の単純X線とルーチンMRIを施行した.6ヵ月後に症例を偽関節症例群と骨癒合症例群に分類し,登録時の画像的所見を比較検討した.対象症例は150例で,6ヵ月後のX線像で骨癒合群が129例に,偽関節が21例にみられ,偽関節への移行率は14.0%であった.登録時のMRI T2強調画像で高輝度限局型が最も偽関節への移行率が高く,次いで低輝度広範型が高かった.また椎体後壁損傷がある症例では,ない症例に比較して偽関節へ移行しやすかった.(著者抄録)

  • C2、C7棘突起付着筋群を温存し、吸収性PLLAの Lateral mass screw を用いた片開き式頚椎椎弓形成術の術後成績 査読

    前野 考史, 寺井 秀富, 堂園 将, 高山 和士, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 松村 昭, 辻尾 唯雄, 中村 博亮, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 2 )   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 骨粗鬆症性脊椎椎体骨折の早期MRIを中心にした予後不良因子 査読

    辻尾 唯雄, 中村 博亮, 寺井 秀富, 松村 昭, 鈴木 亨暢, 高山 和士, 堂園 将, 前野 考史, 星野 雅俊, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 2 )   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰部脊柱管狭窄症に対する手術侵襲度の比較 : 内視鏡視下手術vs顕微鏡視下手術 査読

    寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 辻尾 唯雄, 松村 昭, 堂園 将, 前野 考史, 高山 和士, 豊田 宏光, 中村 博亮, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 2 )   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰椎椎間板ヘルニアによる筋力低下発生及び改善遅延に関わる危険因子解析 査読

    鈴木 亨暢, 松村 昭, 小西 定彦, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 堂園 将, 高山 和士, 前野 考史, 高岡 邦夫, 中村 博亮

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 2 )   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰椎変性側弯症に対する顕微鏡下片側進入両側除圧術術後画像評価 : 画像上の侵襲度評価 査読

    松村 昭, 並川 崇, 堂園 将, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 鈴木 亨暢, 前野 考史, 高山 和士, 高岡 邦夫, 中村 博亮

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 1 )   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰椎変性側弯症に対する経椎間孔腰椎椎体間固定術(TLIF)の治療成績 査読

    早川 景子, 松村 昭, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 並川 崇, 鈴木 亨暢, 前野 考史, 堂園 将, 高山 和士, 安田 宏之, 錦野 匠一, 高岡 邦夫, 中村 博亮

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 1 )   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰椎変性すべり症に対する顕微鏡視下片側進入両側除圧術の術後成績に影響を与える因子の検討 : 椎間関節温存と骨新生に着目して 査読

    堂園 将, 松村 昭, 並川 崇, 前野 考史, 高山 和士, 鈴木 亨暢, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 高岡 邦夫, 中村 博亮

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 1 )   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 側弯症術後長期経過症例の腰痛に関する評価 : 術後15年以上経過例での検討 査読

    高山 和士, 中村 博亮, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 松村 昭, 鈴木 亨暢, 前野 考史, 堂園 将, 松田 英樹, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 2 )   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • C2、C7棘突起付着筋群を温存し、吸収性PLLAの Lateral mass screw を用いた片開き式頚椎椎弓形成術の術後成績 査読

    前野 考史, 寺井 秀富, 堂園 将, 高山 和士, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 松村 昭, 辻尾 唯雄, 中村 博亮, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 2 )   275   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 側弯症術後長期経過症例の腰痛に関する評価 : 術後15年以上経過例での検討 査読

    高山 和士, 中村 博亮, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 松村 昭, 鈴木 亨暢, 前野 考史, 堂園 将, 松田 英樹, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 2 )   285   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 骨粗鬆症性脊椎椎体骨折の早期MRIを中心にした予後不良因子 査読

    辻尾 唯雄, 中村 博亮, 寺井 秀富, 松村 昭, 鈴木 亨暢, 高山 和士, 堂園 将, 前野 考史, 星野 雅俊, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 2 )   374   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰部脊柱管狭窄症に対する手術侵襲度の比較 : 内視鏡視下手術vs顕微鏡視下手術 査読

    寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 辻尾 唯雄, 松村 昭, 堂園 将, 前野 考史, 高山 和士, 豊田 宏光, 中村 博亮, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 2 )   220   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰椎椎間板ヘルニアによる筋力低下発生及び改善遅延に関わる危険因子解析 査読

    鈴木 亨暢, 松村 昭, 小西 定彦, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 堂園 将, 高山 和士, 前野 考史, 高岡 邦夫, 中村 博亮

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 2 )   311   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰椎変性側弯症に対する顕微鏡下片側進入両側除圧術術後画像評価 : 画像上の侵襲度評価 査読

    松村 昭, 並川 崇, 堂園 将, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 鈴木 亨暢, 前野 考史, 高山 和士, 高岡 邦夫, 中村 博亮

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 1 )   67   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰椎変性側弯症に対する経椎間孔腰椎椎体間固定術(TLIF)の治療成績 査読

    早川 景子, 松村 昭, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 並川 崇, 鈴木 亨暢, 前野 考史, 堂園 将, 高山 和士, 安田 宏之, 錦野 匠一, 高岡 邦夫, 中村 博亮

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 1 )   56   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰椎変性すべり症に対する顕微鏡視下片側進入両側除圧術の術後成績に影響を与える因子の検討 : 椎間関節温存と骨新生に着目して 査読

    堂園 将, 松村 昭, 並川 崇, 前野 考史, 高山 和士, 鈴木 亨暢, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 高岡 邦夫, 中村 博亮

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 1 )   82   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰椎変性側弯症に対する顕微鏡視下片側進入両側除圧術の治療成績 査読

    松村 昭, 並川 崇, 寺井 秀富

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会学術集会 抄録集   109 ( 0 )   5 - 5   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/cjaost.109.0.5.0

    CiNii Article

  • 脊椎カリエス術後隣接椎間障害による胸髄症を呈した1例 査読

    早川 景子, 松村 昭, 寺井 秀富

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会学術集会 抄録集   109 ( 0 )   173 - 173   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/cjaost.109.0.173.0

    CiNii Article

  • 硬膜内外に存在した石灰化を伴った胸椎髄膜腫の1例 査読

    前野 考史, 松村 昭, 中村 博亮, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 月山 国明, 高岡 邦夫

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   51 ( 3 )   397 - 399   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    今回我々は比較的稀な, 硬膜内外に存在した石灰化を伴う胸椎髄膜腫の1例を経験したので報告する. 症例は68歳, 女性. 主訴は左側腹痛, 左優位の両下肢痛・しびれ. 現病歴は2002年頃より誘因なく左側腹痛が出現, 2005年頃より両下肢痛・しびれを認めるようになった. 2007年12月より症状が増悪し精査加療目的に当科紹介となった. 単純レントゲン正面像にて硬化像を認め, MRIではTh10レベル脊柱管内にT1強調像でlow~iso intensity, T2強調像でlow intensity, ガドリニウム造影にて不均一に造影される腫瘍を認めた. この症例に対し胸椎後方進入により腫瘍摘出術を行った. 腫瘍は硬膜を含め完全切除した. 病理組織検査では組織の大部分を砂粒体が占めた髄膜腫であった. 術後3ヵ月の現在, 症状軽快し腫瘍の再発は認めないが, 完全切除できた本症例においても今後長期の経過観察が必要であると考える. <br> 今回我々は比較的稀な, 硬膜内外に存在した石灰化を伴う胸椎髄膜腫の1例を経験したので報告する. <br>

    DOI: 10.11359/chubu.2008.397

    CiNii Article

  • 脊椎カリエス術後隣接椎間障害による胸髄症を呈した1例 査読

    早川 景子, 松村 昭, 寺井 秀富

    中部日本整形外科災害外科学会学術集会 抄録集   109 ( 0 )   173 - 173   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/cjaost.109.0.173.0

    CiNii Article

  • 腰椎変性側弯症に対する顕微鏡視下片側進入両側除圧術の治療成績 査読

    松村 昭, 並川 崇, 寺井 秀富

    中部日本整形外科災害外科学会学術集会 抄録集   109 ( 0 )   5 - 5   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/cjaost.109.0.5.0

    CiNii Article

  • 脊椎・末梢神経の成長・発達

    寺井 秀富

    バイオメカニズム学会誌   32 ( 2 )   65 - 68   2008年( ISSN:02850885

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    体を動かすということは,筋を収縮させて体の関節を動かすということに他ならない.そのためには中枢神経で生じた命令が電気的信号として末梢神経を経て筋に達し,最終的に筋の収縮が起こるという一連のメカニズムが働いている.これら運動神経-筋の関係は胎生期に形成され,その関係を保ったまま成長し終生変わることがない.そのため,末梢神経-筋の情報伝達メカニズムを理解するためには胎生期での神経,筋の発生に関する知識が必要となる.本稿では,末梢神経,筋の発生と神経の構造についての解説を加え,2次ニューロンレベルでの神経支配メカニズムの形成に着目して解説する.

    DOI: 10.3951/sobim.32.65

    CiNii Article

  • 骨粗鬆症性椎骨骨折後の偽関節に関する予測因子 前向き多施設共同研究(Factors predictive of pseudoarthrosis following osteoporotic vertebral fracture: A prospective multicenter study) 査読

    Nakamura Hiroaki, Terai Hidetomi, Tsujio Tadao, Hoshino Masatoshi, Matsumura Akira, Namikawa Takashi, Suzuki Akinobu, Takayama Kazushi, Takaoka Kunoio

    日本脊椎脊髄病学会雑誌   18 ( 3 )   620 - 623   2007年12月( ISSN:1346-4876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症による椎骨骨折において、背部痛は通常骨が癒合するにつれ改善するが、骨折後に偽関節が生じると背部痛は遷延する。そこで、偽関節の発生率や、画像検査上における偽関節関連の予後因子について検討するため、骨粗鬆症性椎骨骨折患者について前向き多施設共同研究を行った。25施設から145名の患者(平均年齢76.2歳)を登録し、6ヵ月間追跡した。登録時と6ヵ月後に、単純X線とMRIの検査を行った。6ヵ月後、14%の患者で癒合がみられなかった。非癒合の予測因子として、胸腰移行部の骨折、後壁の損傷、T2強調画像における局所的な高信号変化や全体的な低信号変化が挙げられた。

  • Enhancing effects of a prostaglandin EP4 receptor agonist on recombinant human bone morphogenetic protein-2 mediated spine fusion in a rabbit model. 査読

    Namikawa T, Terai H, Hoshino M, Kato M, Toyoda H, Yano K, Nakamura H, Takaoka K

    Spine   32 ( 21 )   2294 - 9   2007年10月( ISSN:0362-2436

    <