2024/04/12 更新

写真a

オイヌマ ケンイチ
老沼 研一
OINUMA Ken-Ichi
担当
大学院医学研究科 基礎医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 基礎医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(農学) ( 筑波大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 細菌学

研究キーワード

  • 緑膿菌

  • クオラムセンシング

  • 薬剤耐性

  • 感染症

  • 細菌

研究概要

  • 1) 日和見感染菌の細胞間コミュニケーションと病原性制御機構の解析
    2) 病原菌の薬剤耐性機構の解明

所属学協会

  • 日本バイオフィルム学会

      国内

  • 日本生化学会

      国内

  • 日本感染症学会

      国内

  • 緑膿菌感染症研究会

      国内

  • 日本農芸化学会

      国内

  • 日本医真菌学会

      国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 会員   日本バイオフィルム学会  

    2020年12月 - 継続中 

  • 会員   日本医真菌学会  

    2016年08月 - 継続中 

  • 会員   日本感染症学会  

    2016年06月 - 継続中 

  • 会員   緑膿菌感染症研究会  

    2015年11月 - 継続中 

  • 会員   糸状菌分子生物学研究会  

    2012年09月 - 2023年06月 

  • 会員   日本生化学会  

    2003年05月 - 継続中 

  • 会員   日本農芸化学会  

    2001年11月 - 継続中 

▼全件表示

受賞歴

  • 筑波大学学長表彰

    2006年03月  

職務経歴(学外)

  • 東京農業大学   生命科学研究科バイオサイエンス専攻   非常勤講師

    2021年11月 - 継続中

  • 帝塚山大学   現代生活学部   非常勤講師

    2017年09月 - 継続中

  • 筑波大学   生命環境系   助教

    2012年04月 - 2015年03月

  • 日本大学   生物資源科学部   ポストドクトラルフェロー

    2011年04月 - 2012年03月

  • ワシントン大学   微生物学部   ポストドクトラルフェロー

    2009年04月 - 2011年03月

  • ワシントン大学   微生物学部   日本学術振興会海外特別研究員

    2007年04月 - 2009年03月

  • 筑波大学大学院   生命環境科学研究科   日本学術振興会特別研究員(DC2, PD)

    2005年04月 - 2007年03月

▼全件表示

学歴

  • 筑波大学大学院   生命環境科学研究科   生物機能科学専攻   博士課程   卒業・修了

    2001年04月 - 2006年03月

  • 日本大学   生物資源科学部   応用生物科学科     卒業・修了

    1997年04月 - 2001年03月

論文

  • Identification of a mycobacterial hydrazidase, an isoniazid-hydrolyzing enzyme. 査読

    Sakiyama A, Saren C, Kaneko Y, Oinuma K

    Scientific reports   13 ( 1 )   8180   2023年05月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-023-35213-5

    PubMed

  • Differences in severity of bacteraemia caused by hypermucoviscous and non-hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae. 査読

    Namikawa H, Oinuma KI, Yamada K, Kaneko Y, Kakeya H, Shuto T

    International journal of antimicrobial agents   61 ( 5 )   106767 - 106767   2023年05月( ISSN:0924-8579

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ijantimicag.2023.106767

    PubMed

  • Predictors of hypervirulent Klebsiella pneumoniae infections: a systematic review and meta-analysis. 査読

    Namikawa H, Oinuma KI, Yamada K, Kaneko Y, Kakeya H, Shuto T

    The Journal of hospital infection   134   153 - 160   2023年04月( ISSN:0195-6701

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jhin.2023.02.005

    PubMed

  • Rifampicin exerts anti-mucoviscous activity against hypervirulent Klebsiella pneumoniae via binding to the RNA polymerase β subunit. 査読

    Tohda M, Oinuma KI, Sakiyama A, Tsubouchi T, Niki M, Namikawa H, Yamane K, Yamada K, Watanabe T, Asai K, Kakeya H, Kaneko Y, Kawaguchi T

    Journal of global antimicrobial resistance   32   21 - 28   2023年03月( ISSN:2213-7165

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jgar.2022.11.018

    PubMed

  • Discovery of a LuxR-type regulator involved in isoniazid-dependent gene regulation in Mycobacterium smegmatis. 査読

    Sakiyama A, Oinuma KI, Kaneko Y

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 3 )   322 - 328   2023年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2022.12.011

    PubMed

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000443

  • A Culture Supernatant from an Actinomycete sp. Affects Biofilm Formation and Virulence Expression of Candida auris(和訳中) 査読

    Yamane Kenshi, Niki Mamiko, Tsubouchi Taishi, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Oinuma Ken-Ichi, Sakiyama Arata, Saren Chaogetu, Matsumoto Yuki, Makimura Koichi, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya

    Medical Mycology Journal   64 ( 1 )   7 - 17   2023年01月( ISSN:2185-6486

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Siderophore production as a biomarker for Klebsiella pneumoniae strains that cause sepsis: A pilot study. 査読

    Namikawa H, Niki M, Niki M, Oinuma KI, Yamada K, Nakaie K, Tsubouchi T, Tochino Y, Takemoto Y, Kaneko Y, Kakeya H, Shuto T

    Journal of the Formosan Medical Association = Taiwan yi zhi   121 ( 4 )   848 - 855   2022年04月( ISSN:0929-6646

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jfma.2021.06.027

    PubMed

  • Genomic characterization of triple-carbapenemase-producing Acinetobacter baumannii. 査読

    Oinuma KI, Suzuki M, Sakiyama A, Tsubouchi T, Saeki K, Sato K, Niki M, Yamada K, Shibayama K, Kakeya H, Kaneko Y

    JAC-antimicrobial resistance   3 ( 4 )   dlab191   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/jacamr/dlab191

    PubMed

  • Complete Genome Sequence of a Clinical Isolate of Acinetobacter baumannii Harboring 11 Plasmids. 査読

    Sakiyama A, Matsumoto Y, Tsubouchi T, Suzuki M, Niki M, Niki M, Oinuma KI, Kakeya H, Kaneko Y

    Microbiology resource announcements   10 ( 39 )   e0069521   2021年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/MRA.00695-21

    PubMed

  • Nutritional status positively impacts humoral immunity against its Mycobacterium tuberculosis, disease progression, and vaccine development 査読

    Niki Mamikoc, Yoshiyama Takashi, Nagai Hideaki, Miyamoto Yuji, Niki Makoto, Oinuma Ken-ichi, Tsubouchi Taishi, Kaneko Yukihiro, Matsumoto Sohkichi, Sasaki Yuka, Hoshino Yoshihiko

    PLOS ONE   15 ( 8 )   e0237062   2020年08月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Nutritional status contributes to the regulation of immune responses against pathogens, and malnutrition has been considered as a risk factor for tuberculosis (TB). Mycobacterium tuberculosis (Mtb), the causative agent of TB, can modulate host lipid metabolism and induce lipid accumulation in macrophages, where the bacilli adopt a dormant phenotype. In addition, serum lipid components play dual roles in the regulation of and protection from Mtb infection. We analyzed the relationship between nutritional status and the humoral immune response in TB patients. We found that serum HDL levels are positively correlated with the serum IgA specific for Mtb antigens. Analysis of the relationship between serum nutritional parameters and clinical parameters in TB patients showed that serum albumin and CRP levels were negatively correlated before treatment. We also observed reduced serum LDL levels in TB patients following treatment. These findings may provide insight into the role of serum lipids in host immune responses against Mtb infection. Furthermore, improving the nutritional status may enhance vaccination efficacy.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0237062

    PubMed

  • Complete Genome Sequence of Acinetobacter baumannii ATCC 19606(T), a Model Strain of Pathogenic Bacteria Causing Nosocomial Infection 査読

    Tsubouchi Taishi, Suzuki Masato, Niki Makoto, Oinuma Ken-Ichi, Niki Mamiko, Kakeya Hiroshi, Kaneko Yukihiro

    MICROBIOLOGY RESOURCE ANNOUNCEMENTS   9 ( 20 )   2020年05月( ISSN:2576-098X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Acinetobacter baumannii ATCC 19606T, which is often used in genetic studies as a routine model microorganism, belongs to sequence type 52 (ST52), showing beta-lactam resistance. We present the complete 3.996-Mbp genome sequence (1 chromosome plus 2 plasmids), generated by combining long-read (MinION) and short-read (MiniSeq) sequencing data.

    DOI: 10.1128/MRA.00289-20

    PubMed

  • 高粘稠性Klebsiella pneumoniaeに対するリファンピシンの有用性 招待

    並川 浩己, 老沼 研一, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    (公財)日本感染症医薬品協会 The Japanese Journal of Antibiotics   72 ( 4 )   301 - 306   2019年12月( ISSN:0368-2781

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年、日本を含めた東・東南アジアを中心として、高粘稠性のKlebsiella pneumoniae(hvKP)が臨床上問題となっている。本菌の高病原性には、莢膜多糖合成遺伝子であるregulator of mucoid phenotype A(rmpA)等の働きによる莢膜多糖の過剰産生が関与している。今までhvKPの高病原性のメカニズムに関する研究は数多くされてきているが、抗病原性療法に焦点をあてた研究はない。我々は、hvKPの高粘稠性を抑制することができる薬剤を既存の抗菌薬の中から探索した。結果、リファンピシン(RFP)に強い粘稠性抑制作用があることを発見した。またRFPは莢膜の厚さを減少させ、さらにrmpAを中心とした莢膜関連遺伝子の転写を抑制することが判明した。以上のことから、リファンピシンが本菌による難治性感染症に対する治療薬として役立つ可能性があることが示唆された。(著者抄録)

  • Clinical and virulence factors related to the 30-day mortality of Klebsiella pneumoniae bacteremia at a tertiary hospital: a case-control study 査読

    Namikawa Hiroki, Niki Makoto, Niki Mamiko, Yamada Koichi, Nakaie Kiyotaka, Sakiyama Arata, Oinuma Ken-Ichi, Tsubouchi Taishi, Tochino Yoshihiro, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL MICROBIOLOGY & INFECTIOUS DISEASES   38 ( 12 )   2291 - 2297   2019年10月( ISSN:0934-9723

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10096-019-03676-y

    PubMed

  • Clinical characteristics of bacteremia caused by hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae at a tertiary hospital 査読

    Namikawa Hiroki, Yamada Koichi, Sakiyama Arata, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Yoshii Naoko, Niki Makoto, Nakaie Kiyotaka, Oinuma Ken-Ichi, Tsubouchi Taishi, Niki Mamiko, Tochino Yoshihiro, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    DIAGNOSTIC MICROBIOLOGY AND INFECTIOUS DISEASE   95 ( 1 )   84 - 88   2019年09月( ISSN:0732-8893

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diagmicrobio.2019.04.008

    PubMed

  • Discovery of anti-mucoviscous activity of rifampicin and its potential as a candidate antivirulence agent against hypervirulent Klebsiella pneumoniae 査読

    Namikawa Hiroki, Oinuma Ken-Ichi, Sakiyama Arata, Tsubouchi Taishi, Tahara Yuhei O., Yamada Koichi, Niki Mamiko, Takemoto Yasuhiko, Miyata Makoto, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS   54 ( 2 )   167 - 175   2019年08月( ISSN:0924-8579

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijantimicag.2019.05.018

    PubMed

  • Mortality caused by extended-spectrum beta-lactamase-producing Enterobacteriaceae bacteremia; a case control study: alert to Enterobacteriaceae strains with high minimum inhibitory concentrations of piperacillin/tazobactam. 査読

    Hiroki Namikawa, Koichi Yamada, Kazushi Yamairi, Wataru Shibata, Hiroki Fujimoto, Etsuko Takizawa, Makoto Niki, Kiyotaka Nakaie, Ken-Ichi Oinuma, Mamiko Niki, Yasuhiko Takemoto, Yukihiro Kaneko, Taichi Shuto, Hiroshi Kakeya

    Diagnostic microbiology and infectious disease   94 ( 3 )   287 - 292   2019年07月( ISSN:0732-8893

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study aimed to assess the prognostic factors of patients with bacteremia due to extended-spectrum beta-lactamase-producing Enterobacteriaceae (ESBL-PE) as well as the antimicrobial susceptibility, particularly to piperacillin/tazobactam (PTZ), among ESBL-PE strains. The medical records of 65 patients with ESBL-PE bacteremia divided into the survivor group (n = 52) and nonsurvivor group (n = 13) were retrospectively reviewed. The male-to-female ratio, age, underlying disease, leukocyte count, C-reactive protein level, and treatment did not differ between the 2 groups. Multivariate analysis showed that the independent predictors associated with hospital mortality of ESBL-PE bacteremia were sepsis (P = 0.047) and febrile neutropenia (P = 0.008); thus, early assessment of these conditions is important. Further, the minimum inhibitory concentration values of ESBL-PE isolates in nonsurvivors tended to be higher than those in survivors. PTZ should be used with caution in cases of ESBL-PE strains with low susceptibility to the drug.

    DOI: 10.1016/j.diagmicrobio.2019.01.018

    PubMed

  • Genome-Based Epidemiological Analysis of 13 Acinetobacter Strains Isolated from Blood Cultures of Hospitalized Patients from a University Hospital in Japan 査読

    Oinuma Ken-Ichi, Suzuki Masato, Nakaie Kiyotaka, Sato Kanako, Saeki Kozo, Sakiyama Arata, Takizawa Etsuko, Niki Makoto, Niki Mamiko, Yamada Koichi, Shibayama Keigo, Kakeya Hiroshi, Kaneko Yukihiro

    国立感染症研究所 Japanese Journal of Infectious Diseases 編集委員会 JAPANESE JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES   72 ( 4 )   274 - 280   2019年07月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>The genus <i>Acinetobacter</i> comprises many species that can cause infectious diseases. Despite their importance as nosocomial pathogens, the clinical distributions of individual species or clones are not well understood. In this study, we aimed to characterize 13 <i>Acinetobacter</i> strains isolated from blood cultures from Osaka City University Hospital. We conducted whole-genome sequencing to reveal their genetic background. We also performed PCR-based open reading frame typing (POT) and compared the results with those of multilocus sequence typing (MLST) to confirm its reliability as a genotyping method. Although biochemical analysis suggested that most isolates were <i>A. baumannii</i>, genomic analysis revealed that the collection of <i>Acinetobacter</i> isolates comprised six different species, with non-<i>baumannii Acinetobacter</i> species representing the majority. All strains possessed an inherent ADC-type β-lactamase gene, whereas the distribution of OXA-type enzymes was limited to <i>A. baumannii, A. pittii</i>, and <i>A. colistiniresistens</i>. While MLST properly discriminated four <i>A. baumannii</i> strains as different clones, POT failed to distinguish three of the four <i>A. baumannii</i> strains from each other, highlighting a potential pitfall that may be encountered when applying POT to non-epidemiological <i>A. baumannii</i> strains.</p>

    DOI: 10.7883/yoken.JJID.2018.403

    CiNii Article

  • Extracytoplasmic diaphorase activity of Streptomyces coelicolor A3(2) 査読

    Oinuma Ken-Ichi, Yamaguchi Itaru, Shindo Daiki, Fujimoto Masahiro, Nishiyama Tatsuya, Takano Hideaki, Takaya Naoki, Ueda Kenji

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   503 ( 3 )   1581 - 1586   2018年09月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.07.083

    PubMed

  • The Pseudomonas aeruginosa Orphan Quorum Sensing Signal Receptor QscR Regulates Global Quorum Sensing Gene Expression by Activating a Single Linked Operon 査読

    Ding Fengming, Oinuma Ken-Ichi, Smalley Nicole E., Schaefer Amy L., Hamwy Omar, Greenberg E. Peter, Dandekar Ajai A.

    MBIO   9 ( 4 )   2018年08月( ISSN:2150-7511

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/mBio.01274-18

    PubMed

  • Longitudinal Evaluation of Humoral Immunity and Bacterial and Clinical Parameters Reveals That Antigen-Specific Antibodies Suppress Inflammatory Responses in Active Tuberculosis Patients 査読

    Niki Mamiko, Yoshiyama Takashi, Miyamoto Yuji, Okumura Masao, Niki Makoto, Oinuma Ken-ichi, Kaneko Yukihiro, Matsumoto Sohkichi, Sasaki Yuka, Ogata Hideo, Goto Hajime, Kudoh Shoji, Hoshino Yoshihiko

    JOURNAL OF IMMUNOLOGY RESEARCH   2018   4928757   2018年07月( ISSN:2314-8861

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2018/4928757

    PubMed

  • Two-Component Flavin-Dependent Riboflavin Monooxygenase Degrades Riboflavin in Devosia riboflavina. 査読

    Kanazawa H, Shigemoto R, Kawasaki Y, Oinuma KI, Nakamura A, Masuo S, Takaya N

    Journal of bacteriology   200 ( 12 )   2018年06月( ISSN:0021-9193

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JB.00022-18

    PubMed

  • NOVEL ANTIOXIDANT ISOLATED FROM WARCUPIELLA SPINULOSA JCM 2358, 7-HYDROXYCORDYLACTAM 査読

    Shigemoto, Ryosuke, Oinuma, Ken-Ichi, Masuo, Shunsuke, Takaya, Naoki

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD HETEROCYCLES   96 ( 6 )   1075 - 1079   2018年06月( ISSN:0385-5414

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3987/COM-18-13895

  • Successful Treatment of Intestinal Mycosis Caused by a Simultaneous Infection with Lichtheimia ramosa and Aspergillus calidoustus 査読

    Kaneko Yukihiro, Oinuma Ken-Ichi, Terachi Tsuneko, Arimure Yasuaki, Niki Mamiko, Yamada Koichi, Kakeye Hiroshi, Mizutani Tetsu

    INTERNAL MEDICINE   57 ( 16 )   2421 - 2424   2018年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.0254-17

  • Clinical Characteristics and Low Susceptibility to Daptomycin in Enterococcus faecium Bacteremia 査読

    Namikawa Hiroki, Yamada Koichi, Shibata Wataru, Fujimoto Hiroki, Takizawa Etsuko, Niki Makoto, Nakaie Kiyotaka, Nakamura Yasutaka, Oinuma Ken-Ichi, Niki Mamiko, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    東北ジャーナル刊行会 TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE   243 ( 3 )   211 - 218   2017年11月( ISSN:0040-8727

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1620/tjem.243.211

    PubMed

    CiNii Article

  • Identification of a Novel Rhizopus-specific Antigen by Screening with a Signal Sequence Trap and Evaluation as a Possible Diagnostic Marker of Mucormycosis 査読

    Sato Kanako, Oinuma Ken-Ichi, Niki Mamiko, Yamagoe Satoshi, Miyazaki Yoshitsugu, Asai Kazuhisa, Yamada Koichi, Hirata Kazuto, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    MEDICAL MYCOLOGY   55 ( 7 )   713 - 719   2017年10月( ISSN:1369-3786

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1093/mmy/myw146

    PubMed

  • Sirtuin A regulates secondary metabolite production by Aspergillus nidulans. 査読

    Itoh E, Shigemoto R, Oinuma K, Shimizu M, Masuo S, Takaya N

    The Journal of general and applied microbiology   63 ( 4 )   228 - 235   2017年09月( ISSN:0022-1260

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.2323/jgam.2016.11.002

    PubMed

  • Sirtuin E is a fungal global transcriptional regulator that determines the transition from the primary growth to the stationary phase. 査読

    Itoh E, Odakura R, Oinuma K, Shimizu M, Masuo S, Takaya N

    The Journal of biological chemistry   292 ( 26 )   11043 - 11054   2017年06月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1074/jbc.M116.753772

    PubMed

  • Structural basis of the substrate recognition of hydrazidase isolated from Microbacterium sp. strain HM58-2, which catalyzes acylhydrazide compounds as its sole carbon source. 査読

    Akiyama T, Ishii M, Takuwa A, Oinuma K, Sasaki Y, Takaya N, Yajima S

    Biochemical and biophysical research communications   482 ( 4 )   1007 - 1012   2017年01月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2016.11.148

    PubMed

  • Clinical Characteristics of Bacteremia Caused by Extended-spectrum Beta-lactamase-producing Escherichia coli at a Tertiary Hospital 査読

    Namikawa Hiroki, Yamada Koichi, Fujimoto Hiroki, Oinuma Ken-Ichi, Tochino Yoshihiro, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   56 ( 14 )   1807 - 1815   2017年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.56.7702

    PubMed

    CiNii Article

  • Genome Sequence of an Acinetobacter baumannii Strain Carrying Three Acquired Carbapenemase Genes. 査読

    Oinuma K, Suzuki M, Sato K, Nakaie K, Niki M, Takizawa E, Niki M, Shibayama K, Yamada K, Kakeya H, Kaneko Y

    Genome announcements   4 ( 6 )   2016年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1128/genomeA.01290-16

    PubMed

  • Two unusual cases of successful treatment of hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae invasive syndrome 査読

    Namikawa Hiroki, Yamada Koichi, Fujimoto Hiroki, Oinuma Ken-Ichi, Tochino Yoshihiro, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    BMC INFECTIOUS DISEASES   16 ( 1 )   680   2016年11月( ISSN:1471-2334

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1186/s12879-016-2011-3

    PubMed

  • Alternative fermentation pathway of cinnamic acid production via phenyllactic acid. 査読

    Masuo S, Kobayashi Y, Oinuma K, Takaya N

    Applied microbiology and biotechnology   100 ( 20 )   8701 - 9   2016年10月( ISSN:0175-7598

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007/s00253-016-7623-4

    PubMed

  • Draft Genome Sequence of Microbacterium sp. Strain HM58-2, Which Hydrolyzes Acylhydrazides. 査読

    Akiyama T, Ishige T, Kanesaki Y, Ito S, Oinuma K, Takaya N, Sasaki Y, Yajima S

    Genome announcements   4 ( 3 )   2016年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1128/genomeA.00554-16

    PubMed

  • An Intrinsic Strain of Colistin-resistant Acinetobacter Isolated from a Japanese Patient 査読

    Takizawa Etsuko, Yamada Koichi, Oinuma Ken-Ichi, Sato Kanako, Niki Mamiko, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   55 ( 16 )   2301 - 2306   2016年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.55.6807

    PubMed

    CiNii Article

  • Phenyllactic acid production by simultaneous saccharification and fermentation of pretreated sorghum bagasse. 査読

    Kawaguchi H, Teramura H, Uematsu K, Hara KY, Hasunuma T, Hirano K, Sazuka T, Kitano H, Tsuge Y, Kahar P, Niimi-Nakamura S, Oinuma K, Takaya N, Kasuga S, Ogino C, Kondo A

    Bioresource technology   182   169 - 78   2015年04月( ISSN:0960-8524

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.biortech.2015.01.097

    PubMed

  • Hydrazidase, a novel amidase signature enzyme that hydrolyzes acylhydrazides. 査読

    Oinuma K, Takuwa A, Taniyama K, Doi Y, Takaya N

    Journal of bacteriology   197 ( 6 )   1115 - 24   2015年03月( ISSN:0021-9193

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1128/JB.02443-14

    PubMed

  • Simultaneous saccharification and fermentation of kraft pulp by recombinant Escherichia coli for phenyllactic acid production 査読

    Kawaguchi H, Uematsu K, Ogino C, Teramura H, Niimi-Nakamura S, Tsuge Y, Hasunuma T, Oinuma K, Takaya N, Kondo A

    Biochemical Engineering Journal   88   188 - 194   2014年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Divergent effects of desferrioxamine on bacterial growth and characteristics. 査読

    Eto D, Watanabe K, Saeki H, Oinuma K, Otani K, Nobukuni M, Shiratori-Takano H, Takano H, Beppu T, Ueda K

    The Journal of antibiotics   66 ( 4 )   199 - 203   2013年04月( ISSN:0021-8820

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1038/ja.2012.111

    PubMed

  • Crystal structure of aldoxime dehydratase and its catalytic mechanism involved in carbon-nitrogen triple-bond synthesis. 査読

    Nomura J, Hashimoto H, Ohta T, Hashimoto Y, Wada K, Naruta Y, Oinuma K, Kobayashi M

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   110 ( 8 )   2810 - 5   2013年02月( ISSN:0027-8424

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1073/pnas.1200338110

    PubMed

  • Crystal structure of QscR, a Pseudomonas aeruginosa quorum sensing signal receptor. 査読 国際共著

    Lintz MJ, Oinuma K, Wysoczynski CL, Greenberg EP, Churchill ME

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108 ( 38 )   15763 - 8   2011年09月( ISSN:0027-8424

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1073/pnas.1112398108

    PubMed

  • Acyl-homoserine lactone binding to and stability of the orphan Pseudomonas aeruginosa quorum-sensing signal receptor QscR. 査読 国際共著

    Oinuma K, Greenberg EP

    Journal of bacteriology   193 ( 2 )   421 - 8   2011年01月( ISSN:0021-9193

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1128/JB.01041-10

    PubMed

  • Reversible signal binding by the Pseudomonas aeruginosa quorum-sensing signal receptor LasR. 査読 国際共著

    Sappington KJ, Dandekar AA, Oinuma K, Greenberg EP

    mBio   2 ( 1 )   e00011 - 11   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1128/mBio.00011-11

    PubMed

  • Quorum-sensing-regulated bactobolin production by Burkholderia thailandensis E264. 査読 国際共著

    Seyedsayamdost MR, Chandler JR, Blodgett JA, Lima PS, Duerkop BA, Oinuma K, Greenberg EP, Clardy J

    Organic letters   12 ( 4 )   716 - 9   2010年02月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1021/ol902751x

    PubMed

  • Transcriptional regulation of the nitrile hydratase gene cluster in Pseudomonas chlororaphis B23. 査読

    Sakashita T, Hashimoto Y, Oinuma K, Kobayashi M

    Journal of bacteriology   190 ( 12 )   4210 - 7   2008年06月( ISSN:0021-9193

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1128/JB.00061-08

    PubMed

  • Discovery and characterization of a novel aliphatic aldoxime dehydratase involved in carbon-nitrogen triple bond synthesis

    老沼 研一

    筑波大学   2006年03月

     詳細を見る

    掲載種別:学位論文(博士)   共著区分:単著  

  • Discovery of a reaction intermediate of aliphatic aldoxime dehydratase involving heme as an active center. 査読

    Konishi K, Ohta T, Oinuma K, Hashimoto Y, Kitagawa T, Kobayashi M

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   103 ( 3 )   564 - 8   2006年01月( ISSN:0027-8424

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1073/pnas.0505412103

    PubMed

  • Nitrile pathway involving acyl-CoA synthetase: overall metabolic gene organization and purification and characterization of the enzyme. 査読

    Hashimoto Y, Hosaka H, Oinuma K, Goda M, Higashibata H, Kobayashi M

    The Journal of biological chemistry   280 ( 10 )   8660 - 7   2005年03月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1074/jbc.M405686200

    PubMed

  • Stopped-flow spectrophotometric and resonance Raman analyses of aldoxime dehydratase involved in carbon-nitrogen triple bond synthesis. 査読

    Oinuma K, Kumita H, Ohta T, Konishi K, Hashimoto Y, Higashibata H, Kitagawa T, Shiro Y, Kobayashi M

    FEBS letters   579 ( 6 )   1394 - 8   2005年02月( ISSN:0014-5793

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.febslet.2005.01.037

    PubMed

  • Identification of crucial histidines involved in carbon-nitrogen triple bond synthesis by aldoxime dehydratase. 査読

    Konishi K, Ishida K, Oinuma K, Ohta T, Hashimoto Y, Higashibata H, Kitagawa T, Kobayashi M

    The Journal of biological chemistry   279 ( 46 )   47619 - 25   2004年11月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1074/jbc.M407223200

    PubMed

  • Heme environment in aldoxime dehydratase involved in carbon-nitrogen triple bond synthesis. 査読

    Oinuma K, Ohta T, Konishi K, Hashimoto Y, Higashibata H, Kitagawa T, Kobayashi M

    FEBS letters   568 ( 1-3 )   44 - 8   2004年06月( ISSN:0014-5793

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.febslet.2004.05.008

    PubMed

  • Novel aldoxime dehydratase involved in carbon-nitrogen triple bond synthesis of Pseudomonas chlororaphis B23. Sequencing, gene expression, purification, and characterization. 査読

    Oinuma K, Hashimoto Y, Konishi K, Goda M, Noguchi T, Higashibata H, Kobayashi M

    The Journal of biological chemistry   278 ( 32 )   29600 - 8   2003年08月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1074/jbc.M211832200

    PubMed

  • Site-directed mutagenesis for cysteine residues of cobalt-containing nitrile hydratase. 査読

    Hashimoto Y, Sasaki S, Herai S, Oinuma K, Shimizu S, Kobayashi M

    Journal of inorganic biochemistry   91 ( 1 )   70 - 7   2002年07月( ISSN:0162-0134

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • AmfS, an extracellular peptidic morphogen in Streptomyces griseus. 査読

    Ueda K, Oinuma K, Ikeda G, Hosono K, Ohnishi Y, Horinouchi S, Beppu T

    Journal of bacteriology   184 ( 5 )   1488 - 92   2002年03月( ISSN:0021-9193

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

MISC(その他記事)

  • 【エキスパートに聞く 耐性菌と院内感染-産婦人科医に必要な基礎知識】耐性菌総論 検出菌と原因菌 感染症治療の考え方

    榮山 新, 老沼 研一, 金子 幸弘

    臨床婦人科産科   75 ( 8 )   721 - 728   2021年08月( ISSN:0386-9865

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    <文献概要>●抗菌薬の適正使用とは,不必要な使用を避けつつ,必要な場合には,適切な抗菌薬の選択に加え,適切な投与経路で,量・期間ともに十分に使用することである.●原因菌や抗菌薬の特性を理解したうえで,検査の意義を十分に吟味し,「念のため」の抗菌薬使用や「とりあえず」の広域抗菌薬の選択を避ける.●耐性菌が検出された場合には,治療対象となるかどうかの判断に加え,接触予防策などの感染対策が必要となる.

  • ヒドラジン類縁化合物の微生物代謝 明らかとなった新規分解機構 招待

    老沼 研一, 高谷 直樹

    化学と生物 (日本農芸化学会 学会誌)   54 ( 4 )   228 - 230   2016年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 多様な微生物代謝を利用した芳香族バイオ素材の開発 招待

    桝尾 俊介, 老沼 研一, 高谷 直樹

    ケミカルエンジニヤリング (株式会社 化学工業社)   58 ( 8 )   38 - 43   2013年08月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 細菌のクオラムセンシング機構:アシルホモセリンラクトンレセプター研究の新展開 招待

    老沼 研一

    B&I バイオサイエンスとインダストリー (一般財団法人 バイオインダストリー協会)   71 ( 2 )   138 - 141   2013年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • クオラムセンシング研究の最前線 -孤立したシグナル受容体の役割を考える- 招待

    老沼 研一

    生物工学会誌   90 ( 6 )   350 - 350   2012年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

講演・口頭発表等

  • Acinetobacter baumannii OCU_Ac16b株の莢膜型転換メカニズムの解析 国内会議

    薩仁朝格吐, 榮山 新, 老沼 研一, 鈴木 仁人, 坪内 泰志, 仁木 満美子, 金子 幸弘

    第58回緑膿菌感染症研究会  2024年01月  緑膿菌感染症研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Mycobacterium smegmatisが有するイソニアジド依存的な遺伝子制御に関与するLuxR型制御因子の解析 国内会議

    榮山 新, 金子 幸弘, 老沼 研一

    第7回抗酸菌研究会  2023年11月  抗酸菌研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Acinetobacter baumannii OCU_Ac16b-L株の厚莢膜形成メカニズムの解析 国内会議

    薩仁 朝格吐, 榮山 新, 老沼 研一, 鈴木 仁人, 佐伯 康匠, 坪内 泰志, 仁木 満美子, 山田 康一, 柴山 恵吾, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    第57回緑膿菌感染症研究会  2023年02月  緑膿菌感染症研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Mycobacterium smegmatisからのINH分解酵素の発見とその役割の解明 国内会議

    榮山 新, 薩仁朝格吐, 金子 幸弘, 老沼 研一

    第6回抗酸菌研究会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山国際交流センター  

  • リファンピシンの高病原性肺炎桿菌に対する粘性抑制作用機序の解明 (第64回日本感染症学会中日本地方会学術奨励賞受賞講演) 招待 国内会議

    東田 充功, 老沼 研一, 並川 浩己, 榮山 新, 坪内 泰志, 山田 康一, 仁木 満美子, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 掛屋 弘, 金子 幸弘, 川口 知哉

    第65回日本感染症学会中日本地方会学術集会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:出島メッセ長崎  

  • Persisterに対する抗菌化学療法 招待 国内会議

    老沼 研一

    第65回日本感染症学会中日本地方会学術集会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:出島メッセ長崎  

  • Discovery and analysis of an isoniazid-hydrolyzing enzyme from Mycolicibacterium smegmatis 国際会議

    Arata Sakiyama, Chaogetu Saren, Ken-Ichi Oinuma, Yukihiro Kaneko

    ASM Microbe 2022  2022年06月  American Society for Microbiology

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington D.C.(米国)  

  • RNA-seqを用いたMycolicibacterium smegmatisのイソニアジド分解酵素発現機序の解析 国内会議

    栄山 新,老沼 研一,金子 幸弘

    日本農芸化学会2022年度大会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都(オンライン開催)  

  • Mycobacterium smegmatis由来PzaAの酵素学的特性と発現制御機構の解析 国内会議

    榮山 新, 薩仁朝格吐, 老沼 研一, 金子 幸弘

    日本農芸化学会2021年度大会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 緑膿菌クオラムセンシング制御因子の研究 招待 国内会議

    老沼 研一

    第55回緑膿菌感染症研究会  2021年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪(オンライン開催)  

  • Acinetobacter baumannii OCU_Ac16aが保持するblaTMB-1とblaOXA-58の機能性の検討 国内会議

    榮山 新, 老沼 研一, 鈴木 仁人, 佐伯 康匠, 坪内 泰志, 仁木 満美子, 山田 康一, 柴山 恵吾, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    第55回緑膿菌感染症研究会  2021年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪(オンライン開催)  

  • 当院で分離された多剤耐性Acinetobacter baumannii株の完全長ゲノム解析から見出した知見 国内会議

    藤本 凜太郎, 坪内 泰志, 鈴木 仁人, 仁木 誠, 仁木 満美子, 老沼 研一, 山田 康一, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    第55回緑膿菌感染症研究会  2021年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪(オンライン開催)  

  • カルバペネマーゼ遺伝子多重保持株Acinetobacter baumannii OCU_Ac16aが有するblaTMB-1とblaOXA-58の機能性 国内会議

    榮山 新, 老沼 研一, 鈴木 仁人, 佐伯 康匠, 坪内 泰志, 仁木 満美子, 山田 康一, 柴山 恵吾, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    第63回日本感染症学会中日本地方会学術集会  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 緑膿菌のAHLレセプターRhlRのN末端アミノ酸残基が本タンパク質の活性と可溶性に与える影響の検討 国内会議

    老沼 研一, 宮崎 裕太郎, 島内 幸啓, 笹野 敦也, 金子 幸弘

    日本バイオフィルム学会学術集会  2020年08月  日本バイオフィルム学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 緑膿菌クオラムセンシング制御因子RhlRの組換え大腸菌を用いた機能解析 国内会議

    老沼 研一, 矢守 志穏, 松岡 俊佑, 金子 幸弘

    第54回緑膿菌感染症研究会  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長良川国際会議場  

  • Mycobacterium smegmatisが有するINH分解酵素の同定 国内会議

    榮山 新, 薩仁朝格吐, 老沼 研一, 金子 幸弘

    第4回 抗酸菌研究会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Klebsiella pneumoniae菌血症の30日後死亡予測因子の解析 ~遺伝子学的特徴も含めて~ 国内会議

    並川 浩己, 仁木 誠, 仁木 満美子, 山田 康一, 中家 清隆, 榮山 新, 老沼 研一, 坪内 泰志, 金子 幸弘, 首藤 太一, 掛屋 弘

    第62回日本感染症学会中日本地方会学術集会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アクトシティ浜松  

  • Molecular characterization of Pseudomonas aeruginosa quorum sensing signal receptor RhlR 招待 国際会議

    Ken-Ichi Oinuma

    ERATO-MiCS International Symposium on Sociomicrobiology  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:筑波大学 大学会館  

  • 緑膿菌クオラムセンシングシグナルレセプターRhlRの大腸菌による発現と解析 国内会議

    老沼 研一, 秦 大樹, 金子 幸弘

    第33回バイオフィルム学会学術集会  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:久留米大学 筑水会館  

  • Mycobacterium smegmatisが産生するhydrazidaseの発見と解析 国内会議

    栄山 新, 老沼 研一, 金子 幸弘

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農業大学 世田谷キャンパス  

  • アシネトバクター属細菌の内因性因子によるカルバペネム耐性獲得機構の解析 国内会議

    榮山 新, 老沼 研一, 金子 幸弘

    第53回緑膿菌感染症研究会学術集会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田拠点センターALVE  

  • 当院で分離されたカルバペネム高度耐性Acinetobacter baumannii株のカルバペネマーゼ遺伝子の周辺構造と接合伝達性 国内会議

    老沼 研一, 鈴木 仁人, 佐伯 康匠, 坪内 泰志, 仁木 満美子, 山田 康一, 柴山 恵吾, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    第53回緑膿菌感染症研究会学術集会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田拠点センターALVE  

  • hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae感染症に対する新たなる治療戦略の確立にむけた基礎的研究 (第12回日本化学療法学会西日本支部 支部長賞(基礎部門) 受賞講演) 招待 国内会議

    並川 浩己, 老沼 研一, 山入 和志, 柴多 渉, 山田 康一, 藤本 寛樹, 仁木 満美子, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    第66回日本化学療法学会西日本支部総会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:かごしま県民交流センター  

  • hypermucoviscous Klebsiella pneumoniaeによる菌血症の臨床的特徴と予測因子の解析 国内会議

    並川 浩己, 榮山 新, 井本 和紀, 山入 和志, 柴多 渉, 吉井 直子, 山田 康一, 中家 清隆, 老沼 研一, 仁木 満美子, 坪内 泰志, 金子 幸弘, 首藤 太一, 掛屋 弘

    第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:かごしま県民交流センター  

  • protein RSA(Rhizopus-specific antigen)の機能解析 国内会議

    柴多 渉, 仁木 満美子, 老沼 研一, 井本 和紀, 山入 和志, 並川 浩己, 吉井 直子, 山田 康一, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    第62回日本医真菌学会総会・学術集会  2018年09月  (一社)日本医真菌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都大手町サンケイプラザ  

  • hypermucoviscous Klebsiella pneumoniaeによる菌血症の臨床的特徴と予測因子の解析 国内会議

    並川 浩己, 榮山 新, 山内 健, 奥山 直木, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 衣畑 成紀, 老沼 研一, 山田 康一, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 金子 幸弘, 掛屋 弘, 首藤 太一

    第17回日本病院総合診療医学会学術総会  2018年09月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:じゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター)  

  • 当院におけるAcinetobacter属細菌の分子疫学解析 国内会議

    老沼 研一

    第5回感染症科学研究センター研究セミナー  2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪市立大学 医学部学舎  

  • The development of new treatment strategy for hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae infection with rifampicin as a candidate anti-mucoviscosity therapeutic agent 国際会議

    Namikawa H, Oinuma K, Sakiyama A, Yamada K, Kaneko Y, Kakeya H

    ASM Microbe 2018  2018年06月  American Society for Microbiology

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Georgia World Congress Center  

  • 当院で分離されたカルバペネム高度耐性アシネトバクター株の耐性因子の特定と解析 国内会議

    老沼 研一, 鈴木 仁人, 佐藤 佳奈子, 佐伯 康匠, 中家 清隆, 滝沢 恵津子, 仁木 誠, 仁木 満美子, 山田 康一, 柴山 恵吾, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    第52回緑膿菌感染症研究会学術集会  2018年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学 星陵会館  

  • 散発事例でのAcinetobacter baumanniiにおけるPOT法とMLSTでの遺伝子型の相違 国内会議

    榮山 新, 老沼 研一, 鈴木 仁人, 佐藤 佳奈子, 佐伯 康匠, 中家 清隆, 滝沢 恵津子, 仁木 誠, 仁木 満美子, 山田 康一, 柴山 恵吾, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    第52回緑膿菌感染症研究会学術集会  2018年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学 星陵会館  

  • 高病原性Klebsiella pneumoniaeの粘性多糖の解析と抑制方法の開発 国内会議

    老沼 研一

    第8回醗酵学フォーラム  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:天童温泉「滝の湯」  

  • 微生物由来のヒドラジド加水分解酵素の探索と解析 国内会議

    榮山 新, 老沼 研一, 金子 幸弘

    第8回醗酵学フォーラム  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:天童温泉「滝の湯」  

  • NDM型とTMB型の2種のメタロ-β-ラクタマーゼを有するアシネトバクター属臨床分離株の発見と解析 国内会議

    老沼 研一, 鈴木 仁人, 佐藤 佳奈子, 佐伯 康匠, 中家 清隆, 滝沢 恵津子, 仁木 誠, 仁木 満美子, 山田 康一, 柴山 恵吾, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会 第60回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第65回日本化学療法学会西日本支部総会 合同学会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎ブリックホール  

  • hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae感染症に対する新たなる治療戦略の確立にむけた基礎的研究 国内会議

    並川 浩己, 老沼 研一, 山入 和志, 柴多 渉, 山田 康一, 藤本 寛樹, 仁木 満美子, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    第65回日本化学療法学会西日本支部総会  2017年10月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎ブリックホール  

  • 結核菌感染における液性免疫の役割 国内会議

    仁木 満美子, 星野 仁彦, 仁木 誠, 老沼 研一, 金子 幸弘

    第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会 第60回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第65回日本化学療法学会西日本支部総会 合同学会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎ブリックホール  

  • 血液由来Acinetobacter baumanniiのPOT法とMLSTによる遺伝子型の比較 国内会議

    榮山 新, 老沼 研一, 鈴木 仁人, 佐藤 佳奈子, 佐伯 康匠, 中家 清隆, 滝沢 恵津子, 仁木 誠, 仁木 満美子, 山田 康一, 柴山 恵吾, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会 第60回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第65回日本化学療法学会西日本支部総会 合同学会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎ブリックホール  

  • hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae感染症に対する新たな治療法の確立に関する研究 国内会議

    並川 浩己, 老沼 研一, 山田 康一, 藤本 寛樹, 仁木 満美子, 竹本 恭彦, 金子 幸弘, 掛屋 弘, 首藤 太一

    第15回日本病院総合診療医学会学術総会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ディズニーアンバサダーホテル  

  • ゲノム情報に基づくアシネトバクター属臨床分離株の分子疫学解析 国内会議

    老沼 研一, 鈴木 仁人, 佐藤 佳奈子, 中家 清隆, 滝沢 恵津子, 仁木 誠, 仁木 満美子, 山田 康一, 柴山 恵吾, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    第91回日本感染症学会総会・学術講演会 第65回日本化学療法学会学術集会 合同学会  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京王プラザホテル  

  • Enterococcus faecalisとEnterococcus faeciumによる菌血症の比較検討 国内会議

    並川 浩己, 山田 康一, 柴多 渉, 藤本 寛樹, 中家 清隆, 滝沢 恵津子, 中村 安孝, 安倍 順子, 岡田 恵代, 藤田 明子, 老沼 研一, 仁木 満美子, 金子 幸弘, 首藤 太一, 掛屋 弘

    第91回日本感染症学会総会・学術講演会 第65回日本化学療法学会学術集会 合同学会  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京王プラザホテル  

  • Rhizopus属特異的抗原の診断への応用~マウスモデルを用いた検討 国内会議

    佐藤 佳奈子, 金子 幸弘, 老沼 研一, 仁木 満美子, 山田 康一, 山越 智, 宮崎 義継, 掛屋 弘

    第91回日本感染症学会総会・学術講演会 第65回日本化学療法学会学術集会 合同学会  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京王プラザホテル  

  • POT法およびMLST法によるアシネトバクター属臨床分離株の遺伝子型解析 国内会議

    老沼 研一, 鈴木 仁人, 佐藤 佳奈子, 中家 清隆, 滝沢 恵津子, 仁木 誠, 仁木 満美子, 山田 康一, 柴山 恵吾, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    第51回緑膿菌感染症研究会学術集会  2017年02月  緑膿菌感染症研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:レンブラントホテル大分  

  • 当院で血液培養より分離されたアシネトバクター属細菌の分子疫学解析 国内会議

    金子 幸弘, 老沼 研一, 佐藤 佳奈子, 鈴木 仁人, 柴山 恵吾, 滝沢 恵津子, 仁木 誠, 中家 清隆, 仁木 満美子, 山田 康一, 掛屋 弘

    第28回日本臨床微生物学会総会・学術集会  2017年01月  (一社)日本臨床微生物学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎ブリックホール, 長崎新聞文化ホール, 長崎県医師会館  

  • アシネトバクター属臨床分離株の薬剤感受性試験と分子疫学解析 国内会議

    老沼 研一, 佐藤 佳奈子, 鈴木 仁人, 柴山 恵吾, 滝沢 恵津子, 仁木 誠, 中家 清隆, 仁木 満美子, 山田 康一, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会  2016年11月  (一社)日本感染症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄コンベンションセンター, カルチャーリゾートフェストーネ  

  • マウスモデルを用いた侵襲性肺ムーコル症に対する新規診断系の検討 国内会議

    金子 幸弘, 佐藤 佳奈子, 老沼 研一, 仁木 満美子, 山田 康一, 山越 智, 宮﨑 義継, 掛屋 弘

    第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄コンベンションセンター, カルチャーリゾートフェストーネ  

  • Aspergillus calidoustus重複感染が確認されたLichtheimia ramosaによる消化管型ムーコル症の一例 国内会議

    水谷 哲, 老沼 研一, 寺地 つね子, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    第60回日本医真菌学会総会・学術集会  2016年10月  (一社)日本医真菌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都立産業貿易センター 台東館  

  • 侵襲性肺ムーコル症マウスモデルにおけるRhizopus oryzae特異的分泌抗原の有用性の検討 国内会議

    佐藤 佳奈子, 老沼 研一, 山田 康一, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    第60回日本医真菌学会総会・学術集会  2016年10月  (一社)日本医真菌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都立産業貿易センター 台東館  

  • 遺伝子組換え大腸菌を用いたフェニル乳酸生産に影響を与える遺伝子の発現解析 国内会議

    宮川 寛規, 川口 秀夫, 荻野 千秋, 老沼 研一, 高谷 直樹, 近藤 昭彦

    第68回日本生物工学会大会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山国際会議場, ANAクラウンプラザホテル富山  

  • Discovery and analysis of a novel Rhizopus antigen as a potential diagnostic marker for mucormycosis 招待 国際会議

    Oinuma K, Sato K, Niki M, Kakeya H, Kaneko Y

    2016 International Symposium on New Frontiers in Microbiology and Biotechnology  2016年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学  

  • 血液由来Acinetobacter属細菌の薬剤感受性試験と菌種同定 国内会議

    老沼 研一, 佐藤 佳奈子, 滝沢 恵津子, 仁木 誠, 中家 清隆, 並川 浩己, 藤本 寛樹, 仁木 満美子, 山田 康一, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    第50回緑膿菌感染症研究会学術集会  2016年02月  緑膿菌感染症研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ヒルトン東京お台場  

  • Aspergillus niger由来芳香族ポリエステル分解酵素の発見と解析 国内会議

    老沼 研一, 金子 達雄, 高谷 直樹

    日本農芸化学会2015年度大会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ホテルグランヴィア岡山, 岡山大学 津島キャンパス  

  • Microbacterium sp.におけるヒドラジド代謝遺伝子の解析 国内会議

    秋山 友了, 多久和 篤史, 石毛 太一郎, 佐々木 康幸, 伊藤 晋作, 老沼 研一, 高谷 直樹, 矢嶋 俊介

    日本農芸化学会2015年度大会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ホテルグランヴィア岡山, 岡山大学 津島キャンパス  

  • Streptomyces属放線菌が産生する菌体外ジアホラーゼの解析 国内会議

    老沼 研一, 進藤 大騎, 高野 英晃, 高谷 直樹, 上田 賢志

    日本農芸化学会2015年度大会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ホテルグランヴィア岡山, 岡山大学 津島キャンパス  

  • Development of fermentation production systems for useful aromatic compounds 招待 国際会議

    Oinuma K, Masuo S, Shigemoto R, Takaya N

    2015 International Symposium on New Frontiers in Microbiology and Biotechnology  2015年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:江南大学(無錫市, 中国)  

  • バイオマス糖化液由来成分が大腸菌のフェニル乳酸発酵に与える影響 国内会議

    川口 秀夫, 寺村 浩, 中村 聡子, 荻野 千秋, 原 清敬, 蓮沼 誠久, 老沼 研一, 高谷 直樹, 平野 恒, 佐塚 隆志, 北野 英己, 近藤 昭彦

    第66回日本生物工学会大会  2014年09月  (公社)日本生物工学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌コンベンションセンター  

  • Development of fermentation systems for useful aromatic compounds 国際会議

    Oinuma K

    Kickoff Symposium for Tsukuba-Norwich Collaborative Research Networks  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:筑波大学  

  • 同時糖化発酵によるセルロースからのフェニル乳酸生産 国内会議

    川口 秀夫, 中村 聡子, 荻野 千秋, 老沼 研一, 高谷 直樹, 近藤 昭彦

    第65回日本生物工学会大会  2013年09月  (公社)日本生物工学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島国際会議場  

  • 糸状菌によるフミン酸の分解と吸着 国内会議

    老沼 研一, 中澤 奈美, 岡田 元, 大熊 盛也, 高谷 直樹

    日本農芸化学会2013年度大会  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:電力ホール, 東北大学 川内北キャンパス  

  • Biochemical and structural analyses of bacterial quorum-sensing signal receptors 招待 国際会議

    Oinuma K, Greenberg EP

    2013 International Symposium on New Frontiers in Microbiology and Biotechnology  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:江南大学(無錫市, 中国)  

  • 糸状菌の代謝を活用したバイオマス材料 招待 国内会議

    老沼 研一

    プレ戦略イニシアティブ「生物機能の高度利用を目指した応用微生物学研究拠点」シンポジウム  2012年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:筑波大学  

  • バイオマス利活用に向けた組換えバイオマスの栽培・利用の技術開発 国内会議

    小口 太一, 老沼 研一, 高谷 直樹, 渡邉 和男, 江面 浩

    NC-CARP公開キックオフシンポジウム  2012年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学 弥生講堂一条ホール  

  • 緑膿菌クオラムセンシング受容体QscRへのアシルホモセリンラクトンの結合および安定性の解析 国内会議

    老沼 研一, Greenberg E. Peter

    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会  2010年12月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸ポートアイランド(神戸国際会議場、神戸国際展示場、神戸ポートピアホテル)  

  • 緑膿菌Quorum sensing の分子メカニズム 招待 国内会議

    老沼 研一

    特別講演会  2010年11月  徳島大学歯学部

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:徳島大学歯学部  

  • 緑膿菌Pseudomonas aeruginosaの集団行動~クオラムセンシング機構の新たな側面 招待 国内会議

    老沼 研一

    特別講演  2010年11月  日本大学生物資源科学部

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:日本大学生物資源科学部  

  • Biochemical analysis of QscR, an orphan quorum-sensing signal receptor in Pseudomonas aeruginosa 招待 国内会議

    老沼 研一

    特別講演  2010年11月  筑波大学大学院生命環境科学研究科

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:筑波大学  

  • Investigation of the Pseudomonas aeruginosa quorum-sensing regulator, QscR, leads to a new model of how acyl-homoserine lactone receptors are synthesized 国際会議

    Oinuma K, Greenberg EP

    The 24th Annual North American Cystic Fibrosis Conference  2010年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Baltimore Convention Center (Baltimore, Maryland, USA)  

  • Analysis of the reaction mechanism of aliphatic aldoxime dehydratase from the industrial strain, Pseudomonas chlororaphis B23 国際会議

    Oinuma K, Konishi K, Ohta T, Kumita H, Hashimoto Y, Shiro Y, Kitagawa T, Kobayashi M

    第9回日中韓酵素工学会議  2006年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ピアザ淡海  

  • Analysis of the reaction mechanism of aldoxime dehydratase containing heme as the active center 国際会議

    Oinuma K, Kumita H, Ohta T, Konishi K, Ishida K, Hashimoto Y, Higashibata H, Kitagawa T, Shiro Y, Kobayashi M

    30th FEBS Congress & 9th IUBMB Conference  2005年07月  Federation of European Biochemical Societies, International Union of Biochemistry and Molecular Biology

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Budapest, Hungary  

  • Overall nitrile pathway in the industrial Pseudomonas chlororaphis B23 国際会議

    Hashimoto Y, Hosaka H, Oinuma K, Goda M, Higashibata H, Kobayashi M

    30th FEBS Congress & 9th IUBMB Conference  2005年07月  Federation of European Biochemical Societies, International Union of Biochemistry and Molecular Biology

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Budapest, Hungary  

  • Heme environment in aldoxime dehydratase involved in nitrile synthesis 国際会議

    Oinuma K, Ohta T, Konishi K, Hashimoto Y, Higashibata H, Kitagawa T, Kobayashi M

    ASBMB Annual Meeting and 8th IUBMB Conference  2004年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hynes Convention Center, Boston, USA  

  • Nitrile pathway involving Acyl-CoA synthetase in the industrial microorganism 国際会議

    Hosaka H, Hashimoto Y, Oinuma K, Goda M, Higashibata H, Kobayashi M

    ASBMB Annual Meeting and 8th IUBMB Conference  2004年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hynes Convention Center, Boston, USA  

  • Novel aldoxime dehydratase involved in carbon-nitrogen triple bond synthesis of the industrial Pseudomonas chlororaphis B23 国際会議

    Oinuma K, Hashimoto Y, Konishi K, Goda M, Higashibata H, Kobayashi M

    103rd General Meeting of the American Society for Microbiology  2003年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington Convention Center (Washington, D.C., USA)  

▼全件表示

科研費

  • 緑膿菌の病原性抑制薬の開発に向けたクオラムセンシング制御機構の基盤研究

    基盤研究(C)  2022年

  • 緑膿菌クオラムセンシング機構の総体的理解に向けたAHLレセプターの機能解析

    若手研究(B)  2017年04月

  • 薬剤耐性アシネトバクターのゲノム疫学解析による耐性機構の解明

    基盤研究(C)  2017年04月

  • 芳香族主鎖型ポリマー加水分解酵素の探索と機能解析

    若手研究(B)  2014年04月

  • ニトリル代謝系の分子機能解析

    特別研究員奨励費  2005年04月

奨励寄附金・助成金

  • 結核菌類縁種由来ヒドラジド分解酵素の同定と解析

    公益財団法人野田産業科学研究所  2018年04月

その他補助金等

  • 緑膿菌のクオラムセンシング制御因子RhlRの分子機能解析

    大学  2017年04月

担当教育概要

  • 1) 医学部学生に対する講義・実習
     大阪市立(公立)大学医学部医学科2,3回生を対象とした「細菌・真菌感染症」において、「インフルエンザ菌」、「緑膿菌とアシネトバクター」、「梅毒と淋菌およびクラミジア感染症」の講義(計3コマ)を受け持つとともに、教授、准教授らと共同で実習を担当している。また、1回生を対象とした医学研究推進コース1では、例年2~3名の学生のレポート評価を担当しており、3回生を対象とした医学研究推進コース3では、2~3名の学生を約3か月間教室で預かり研究指導を行っている。

    2) 大学院生に対する講義・実習
     大阪市立(公立)大学大学院医学研究科(博士課程および修士課程)の専門科目である「細菌学セミナー」、「細菌学研究演習」、「細菌学実習」、「研究指導」、「発表表現演習」、「都市医学」(いずれもオムニバス方式(一部共同))を他教員と分担で受け持っている。また、共通科目である病理病態学概論において、細菌の病原因子に関する講義を担当している(1コマ)。

    3) 大学院生に対する研究指導
     細菌学教室所属の大学院生に対し、研究計画の立案、分子生物学的実験手技、実験データの解釈、報告書・論文の作成等に関する指導を行っている。

担当授業科目

  • 人体を考える

    2023年度   週間授業   大学

  • 医学研究推進コース3

    2023年度   実習   大学

  • 病理病態学概論

    2023年度     大学院

  • 都市医学(細菌学)

    2023年度     大学院

  • 発表表現演習(細菌学)

    2023年度     大学院

  • 研究指導

    2023年度     大学院

  • 細菌学実習

    2023年度   実習   大学院

  • 細菌学研究演習

    2023年度     大学院

  • 細菌学セミナー

    2023年度     大学院

  • 細菌・真菌感染症

    2023年度     大学

  • 病理病態学概論

    2022年度     大学院

  • 都市医学(細菌学)

    2022年度     大学院

  • 発表表現演習(細菌学)

    2022年度     大学院

  • 研究指導

    2022年度     大学院

  • 細菌学実習

    2022年度   実習   大学院

  • 細菌学研究演習

    2022年度     大学院

  • 細菌学セミナー

    2022年度     大学院

  • 細菌・真菌感染症

    2022年度     大学

  • 医学研究推進コース3

    2022年度   実習   大学

  • 修業実習

    2021年度   実習   大学

  • 病理病態学概論

    2021年度     大学院

  • 都市医学(細菌学)

    2021年度     大学院

  • 発表表現演習(細菌学)

    2021年度     大学院

  • 研究指導

    2021年度     大学院

  • 細菌学実習

    2021年度   実習   大学院

  • 細菌学研究演習

    2021年度     大学院

  • 細菌学セミナー

    2021年度     大学院

  • 細菌・真菌感染症コース

    2021年度     大学

  • 修業実習

    2020年度     大学

  • 細菌・真菌感染症コース (M2)

    2020年度     大学

  • 細菌・真菌感染症コース (M3)

    2020年度     大学

  • 細菌学セミナー

    2020年度     大学院

  • 細菌学研究演習

    2020年度     大学院

  • 細菌学実習

    2020年度     大学院

  • 研究指導

    2020年度     大学院

  • 発表表現演習

    2020年度     大学院

  • 都市医学

    2020年度     大学院

  • 病理病態学概論

    2020年度     大学院

  • 環境と健康

    2020年度     大学

  • 都市医学

    2019年度     大学院

  • 発表表現演習

    2019年度     大学院

  • 研究指導

    2019年度     大学院

  • 細菌学実習

    2019年度     大学院

  • 細菌学研究演習

    2019年度     大学院

  • 細菌学セミナー

    2019年度     大学院

  • 細菌・真菌感染症コース (M3)

    2019年度     大学

  • 細菌・真菌感染症コース (M2)

    2019年度     大学

  • 修業実習

    2019年度     大学

  • 病理病態学概論

    2019年度     大学院

  • 細菌・真菌感染症コース (M3)

    2018年度     大学

  • 細菌学実習

    2018年度     大学院

  • 感染制御セミナー

    2018年度     大学院

  • 細菌学研究演習

    2018年度     大学院

  • 細菌学セミナー

    2018年度     大学院

  • 修業実習

    2018年度     大学

  • 細菌・真菌感染症コース (M2)

    2018年度     大学

  • 細菌・真菌感染症コース (M3)

    2017年度     大学

  • 修業実習

    2017年度     大学

  • 病理病態学概論

    2017年度     大学院

  • 細菌・真菌感染症コース (M2)

    2017年度     大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 細胞分子機能科学特論II

    2021年11月
    -
    継続中
    機関名:東京農業大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  • 生化学実験

    2017年09月
    -
    継続中
    機関名:帝塚山大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

FD活動

  • FD活動への貢献  2023年度

     詳細を見る

    教育能力の向上のため、本学医学部が主催する教育分野FD講演会に参加した(4回)。

  • FD活動への貢献  2022年度

     詳細を見る

    教育能力の向上のため、本学医学部が主催する教育分野FD講演会に参加した(4回)。

  • FD活動への貢献  2021年度

     詳細を見る

    教育能力の向上のため、本学医学部が主催する教育分野FD講演会に参加した(4回)。また、第7回 教育分野FDワークショップに受講者として参加した。

  • FD活動への貢献  2020年度

     詳細を見る

    教育分野FD講演会に参加(1回)

  • FD活動への貢献  2019年度

     詳細を見る

    教育分野FD講演会に参加(1回)

  • FD活動への貢献  2018年度

     詳細を見る

    教育分野FD講演会に参加(1回)

  • FD活動への貢献  2017年度

     詳細を見る

    教育分野FD講習会に参加(1回)

▼全件表示

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:リゾーム型研究人材育成プログラム(国立研究開発法人 科学技術振興機構 次世代研究者挑戦的研究プログラム [事業統括: 大阪公立大学 社会連携担当副学長 重松 孝昌教授])において、細菌学教室に所属する1名の大学院生(博士課程)に対し、指導教員として研究指導と資格審査を行った。

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:リゾーム型研究人材育成プログラム(国立研究開発法人 科学技術振興機構 次世代研究者挑戦的研究プログラム [事業統括: 大阪公立大学 社会連携担当副学長 重松 孝昌教授])において、細菌学教室に所属する2名の大学院生(博士課程2名)に対し、指導教員として研究指導と資格審査を行った。

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:リゾーム型研究人材育成プログラム(国立研究開発法人 科学技術振興機構 次世代研究者挑戦的研究プログラム [事業統括: 大阪公立大学 社会連携担当副学長 重松 孝昌教授])において、細菌学教室に所属する2名の大学院生(博士課程2名)に対し、指導教員として研究指導と資格審査を行った。

その他

  • 職務経歴

    2021年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院 医学研究科 講師

  • 職務経歴

    2015年04月 - 2021年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院 医学研究科 助教