2024/06/03 更新

写真a

ヨシダ カヨ
吉田 佳世
YOSHIDA Kayo
担当
大学院医学研究科 基礎医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 基礎医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪大学 )

  • 薬学修士 ( 大阪大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 分子生物学  / Molecular Biology

研究キーワード

  • DNA損傷、相同組換え、修復、染色体異常

研究歴

  • 哺乳動物の相同組換え遺伝子に関する研究

    相同組換え、Rad51遺伝子、Dmc1遺伝子  個人研究

    1996年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本実験動物学会

      国内

  • 日本分子生物学会

      国内

受賞歴

  • ICRR2015 優秀ポスター賞

    2015年05月  

学歴

  • 大阪大学   薬学研究科   応用薬学専攻   修士課程   卒業・修了

    - 1998年

論文

  • Transcriptome Analysis by RNA Sequencing of Mouse Embryonic Stem Cells Stocked on International Space Station for 1584 Days in Frozen State after Culture on the Ground 査読 国際共著

    Kayo Yoshida,Megumi Hada ,Masami Hayashi,Akane Kizu,Kohei Kitada ,Kiyomi Eguchi-Kasai,Toshiaki Kokubo,Takeshi Teramura,Hiromi Hashizume Suzuki,Hitomi Watanabe,Gen Kondoh,Aiko Nagamatsu,Premkumar Saganti,Masafumi Muratani,Francis A. Cucinotta andTakashi Morita

    International Journal of Molecular Sciences   25 ( 6 )   3283 - 3283   2024年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: https://doi.org/10.3390/ijms25063283

    その他URL: https://www.mdpi.com/1422-0067/25/6/3283

  • Comparison of biological measurement and physical estimates of space radiation in the International Space Station. 査読 国際共著

    Yoshida K, Hada M, Kizu A, Kitada K, Eguchi-Kasai K, Kokubo T, Teramura T, Yano S, Suzuki HH, Watanabe H, Kondoh G, Nagamatsu A, Saganti P, Cucinotta FA, Morita T

    Heliyon   8 ( 8 )   e10266   2022年08月( ISSN:2405-8440

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.heliyon.2022.e10266

    PubMed

  • Galectin-3 promotes the adipogenic differentiation of PDGFRα+ cells and ectopic fat formation in regenerating muscle 査読

    Takada N, Takasugi M, Nonaka Y, Kamiya T, Takemura K, Satoh J, Ito S, Fujimoto K, Uematsu S, Yoshida K, Morita T, Nakamura H, Uezumi A, Ohtani N

    Development   149 ( 3 )   2022年02月( ISSN:0950-1991

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1242/dev.199443

  • Upregulation of PTK7 and β-catenin after vaginal mechanical dilatation: an examination of fiblin-5 knockout mice 査読 国際共著

    R. Uemura, D. Tachibana, M. Shiota, K. Yoshida, K. Kitada, A. Hamuro, T. Misugi, M. Koyama

    International Urogynecology Journal   2021年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007//s00192-021-04693-2.

  • Enhanced homologous recombination by the modulation of targeting vector ends. 査読 国際共著

    S. Hirotsune, H. Kiyonari, M. Jin, K. Kumamoto, K. Yoshida, M. Shinohara, H. Watanabe, A. Wynshaw-Boris, F. Matsuzaki

    Scientific Reports   10 ( 1 )   2020年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Low-dose irradiation of mouse embryos increases Smad-p21 pathway activity and preserves pluripotency. 査読

    Hayashi M, Yoshida K, Kitada K, Kizu A, Tachibana D, Fukui M, Morita T, Koyama M

    Journal of assisted reproduction and genetics   2018年03月( ISSN:1058-0468

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10815-018-1156-y

    PubMed

  • Mutation-induced loss of APP function causes GABAergic depletion in recessive familial Alzheimer's disease: analysis of Osaka mutation-knockin mice 査読

    Umeda Tomohiro, Kimura Tetsuya, Yoshida Kayo, Takao Keizo, Fujita Yuki, Matsuyama Shogo, Sakai Ayumi, Yamashita Minato, Yamashita Yuki, Ohnishi Kiyouhisa, Suzuki Mamiko, Takuma Hiroshi, Miyakawa Tsuyoshi, Takashima Akihiko, Morita Takashi, Mori Hiroshi, Tomiyama Takami

    ACTA NEUROPATHOLOGICA COMMUNICATIONS   5 ( 1 )   59   2017年07月( ISSN:2051-5960

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40478-017-0461-5

    PubMed

  • Gene-modified embryonic stem cell test to characterize chemical risks 査読

    Kitada Kohei, Kizu Akane, Teramura Takeshi, Takehara Toshiyuki, Hayashi Masami, Tachibana Daisuke, Wanibuchi Hideki, Fukushima Shoji, Koyama Masayasu, Yoshida Kayo, Morita Takashi

    ENVIRONMENTAL SCIENCE AND POLLUTION RESEARCH   22 ( 22 )   18252 - 18259   2015年11月( ISSN:0944-1344

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11356-015-5051-0

    PubMed

  • ISP-19-7 The evaluation of sensitivity of mouse early embryos to X-ray irradiation by time-lapse movie(Group 19 Reproduction 2,IS Poster,International Session) : 査読

    Kitada Kohei, Yamamoto Hiroko, Hamuro Akihiro, Hamasaki Shin, Nakano Akemi, Terada Hiroyuki, Ozaki Koji, Kizu Akane, Tachibana Daisuke, Koyama Masayasu, Yoshida Kayo

    日本産科婦人科学会 日本産科婦人科學會雜誌   66 ( 2 )   2014年( ISSN:03009165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Promotion of liver and lung tumorigenesis in DEN-treated cytoglobin-deficient mice. 査読

    Thuy le TT, Morita T, Yoshida K, Wakasa K, Iizuka M, Ogawa T, Mori M, Sekiya Y, Momen S, Motoyama H, Ikeda K, Yoshizato K, Kawada N.

    Am J Pathol.   179 ( 2 )   1050 - 1060   2011年08月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2011.05.006.

  • Damage-Induced Neuronal Endopeptidase Is Critical for Presynaptic Formation of Neuromuscular Junctions 査読

    Nagata Kenichi, Kiryu-Seo Sumiko, Maeda Mitsuyo, Yoshida Kayo, Morita Takashi, Kiyama Hiroshi

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   30 ( 20 )   6954 - 6962   2010年05月( ISSN:0270-6474

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.4521-09.2010

    PubMed

  • Study of the Effects of Space Radiation on Mouse ES cells 査読

    Yoshida Kayo, Yoshida Shuhei, Eguchi-Kasai Kiyomi, MORITA Takashi

    日本宇宙生物科学会 宇宙生物科学 = Biological sciences in space   24 ( 1 )   11 - 15   2010年04月( ISSN:09149201

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Rad18 is required for long-term maintenance of spermatogenesis in mouse testes 査読

    Sun Jinghua, Yomogida Kentaro, Sakao Suzu, Yamamoto Haruna, Yoshida Kayo, Watanabe Kenji, Morita Takashi, Araki Kimi, Yamamura Ken-ichi, Tateishi Satoshi

    MECHANISMS OF DEVELOPMENT   126 ( 3-4 )   173 - 183   2009年( ISSN:0925-4773

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mod.2008.11.004

    PubMed

  • Unified mode of centromeric protection by shugoshin in mammalian oocytes and somatic cells 査読

    Lee Jibak, Kitajima Tomoya S., Tanno Yuji, Yoshida Kayo, Morita Takashi, Miyano Takashi, Miyake Masashi, Watanabe Yoshinori

    NATURE CELL BIOLOGY   10 ( 1 )   42 - U29   2008年01月( ISSN:1465-7392

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncb1667

    PubMed

  • Mitochondria-related male infertility 査読

    Nakada Kazuto, Sato Akitsugu, Yoshida Kayo, Morita Takashi, Tanaka Hiromitsu, Inoue Shin-Ichi, Yonekawa Hiromichi, Hayashi Jun-Ichi

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   103 ( 41 )   15148 - 15153   2006年10月( ISSN:0027-8424

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0604641103

    PubMed

  • A histone H3 methyltransferase controls epigenetic events required for meiotic prophase 査読

    Hayashi K, Yoshida K, Matsui Y

    NATURE   438 ( 7066 )   374 - 378   2005年11月( ISSN:0028-0836

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature04112

    PubMed

  • RNA interference during spermatogenesis in mice 査読

    Shoji M, Chuma S, Yoshida K, Morita T, Nakatsuji N

    DEVELOPMENTAL BIOLOGY   282 ( 2 )   524 - 534   2005年06月( ISSN:0012-1606

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ydbio.2005.03.030

    PubMed

  • p53 Protein interacts specifically with the meiosis-specific mammalian RecA-like protein DMC1 in meiosis.

    Habu T., Wakabayashi N., Yoshida K., Nishimune Y., Morita T.

    Carcinogenesis.   25   889 - 893   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Control of radiosensitivity of F9 mouse teratocarcinoma cells by regulation of histone H2AX gene expression using a tetracycline turn-off system. 査読 国際共著

    Yoshida K, Morita T.

    Cancer Res.   64   4131 - 4136   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Expression and Radiation-induced Phosphorylation of Histone H2AX in Mammalian Cells

    SHU-HEI YOSHIDA, CHIKASHI SHIMODA and TAKASHI MORITA

    J. RADIAT. RES.   44   47 - 51   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Easy assessment of ES cell clone potency for chimeric development and germ-line competency by an optimized aggregation method.

    Kondoh,G.,Yamamoto,Y.,Suzuki,Y.,Morita,T.,Takeda,J et al.

    J. Biochem.Biophys. Methods   39   137 - 142   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The Mouse RecA-like Gene, Dmc1 is required for homologous chromosome synapsis during meiosis. 査読

    Yoshida. K., Kondoh, G., Matsuda, Y., Habu, T., Nishimune, Y., Morita,T.

    Mol. Cell   1 ( 5 )   707 - 718   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/s1097-2765(00)80070-2.

  • Cell cycle-dependent expression of the mouse Rad51 gene in proliferating cells.

    Yamamoto, A., Taki, T., Yagi, H., Nishimune, Y. and Morita, T.et al.

    Mol. Gen. Genet.   251   1 - 12   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • Rad18 is required for long-term maintenance of spermatogenesis in mouse testes.

    Sun J,Yomogida K,Sakao S,Yamamoto H,Yoshida K,Watanabe K,Morita T,Araki K,Yamamura K and Tateishi S

    Mechanisms. Dev.   126   173 - 183   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【宇宙放射線が生物に与える影響(2)】 マウスのES細胞に対する宇宙放射線の影響についての研究(【Biological effects of space radiation (Part II)】 Study of the Effects of Space Radiation on Mouse ES cells) 査読

    Yoshida Kayo, Yoshida Shuhei, Eguchi-Kasai Kiyomi, Morita Takashi

    (一社)日本宇宙生物科学会 Biological Sciences in Space   24 ( 1 )   11 - 15   2010年04月( ISSN:0914-9201

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 哺乳動物細胞の放射線感受性を抑制する -DNA修復遺伝子の発現抑制-(分担)

    吉田佳世、森田隆

    放射線生物研究   36 ( 3 )   286 - 299   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 哺乳動物の遺伝子研究に活用されるRNAi

    森田隆

    共立出版、蛋白質 核酸 酵素   47 ( 14 )   1939 - 1945   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • recA/Rad51ファミリー遺伝子欠損の病態(分担)

    森田隆

    共立出版・蛋白 核酸 酵素   46 ( 8 )   1021 - 1029   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 技術予測レポート 4巻 バイオテクノロジー編; 遺伝子相同組換えによる遺伝子操作の可能性(分担)

    森田 隆

    日本ビジネスレポート株式会社   4   17 - 26   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • ノックアウトマウスリスト 精子形成:減数分裂(分担)

    森田 隆 他

    (財)金原一郎記念医学医療振興財団/医学書   51 ( 5 )   479 - 480   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ゲノム保全システムとしてのDNA相同組換え機構  標的遺伝子組換えによる解析を中心として(分担)

    森田隆、吉村康秀、續輝久

    放射線生物研究   36 ( 3 )   250 - 267   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 哺乳類の生殖生化学-マウスからヒトまで- 配偶子の形成:減数分裂(分担)

    森田 隆 他

    アイピーシー   1 - 19   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • ヒト染色体の分子生物学と遺伝子医学;染色体の組換え(分担)

    森田 隆 、土生敏行 他

    蛋白質 核酸 酵素   41   102 - 108   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

科研費

  • 宇宙サンプルを用いた宇宙放射線長期被ばくによる染色体異常の研究

    基盤研究(C)  2023年04月

  • 宇宙サンプルを用いた宇宙放射線長期被ばくによる染色体異常の研究

    基盤研究(C)  2022年04月

  • 宇宙サンプルを用いた宇宙放射線長期被ばくによる染色体異常の研究

    基盤研究(C)  2021年04月

  • 染色体軸-ループ構造(染色体3D構造)に基づく減数分裂期の染色体機能の制御

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2019年04月

  • 慢性腎不全の栄養障害・慢性炎症における細胞老化とDNA修復機構の役割の解明

    基盤研究(C)  2017年04月

  • 国際宇宙ステーション内に長期保存したマウス胚性幹細胞を用いた宇宙放射線の影響研究

    基盤研究(C)  2015年04月

  • 精子形成不全における温度依存的に影響を及ぼす分子の解明

    基盤研究(C)  2013年04月

  • 胚性幹細胞を用いた宇宙放射線の影響解析

    基盤研究(C)  2012年04月

  • 卵子の染色体異常と不妊に関する研究

    若手研究(B)  2009年04月

  • 染色体異常による不妊に関する研究

    若手研究(B)  2007年04月

  • 硫酸転移酵素遺伝子(Sultlc2)欠損マウスの作製による腎嚢胞形成の解析

    基盤研究(C)  2004年04月

  • 哺乳動物における相同組み換えタンパク(RAD51)の分子機能の解析

    若手研究(B)  2003年04月

  • 組換え遺伝子(Rad51)を用いた難治がんの放射線治療

    特定領域研究  2001年04月

  • 組換え遺伝子(Rad51)を用いた耐性がんの治療

    特定領域研究  2000年04月

  • 哺乳動物における相同組換え遺伝子と細胞周期チェックポイントに関する研究

    奨励研究  2000年04月

  • DNA修復におけるRad51とP53遺伝子の役割

    特定領域研究  1999年04月

▼全件表示

共同研究(外部資金獲得実績のあるもの)

  • 遺伝子改変マウスを用いた宇宙放射線の影響の解析

    宇宙環境利用専門委員会(JAXA)  2021年09月

  • 遺伝子改変マウスを用いた宇宙放射線の影響の解析

    宇宙環境利用専門委員会(JAXA)  2020年09月

その他

  • 職務経歴

    2018年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科  実験動物学 准教授

  • 職務経歴

    2018年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 動物実験施設 准教授

  • 職務経歴

    2017年04月 - 2018年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 RI実験施設 准教授

  • 職務経歴

    2009年01月 - 2017年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 遺伝子制御学 准教授

  • 職務経歴

    2006年01月 - 2008年12月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 遺伝子制御学 講師

  • 職務経歴

    2001年04月 - 2005年12月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 遺伝子制御学 助手

  • 職務経歴

    1998年10月 - 2001年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部 老年医学研究部門 遺伝子制御分野 助手

▼全件表示