2023/04/01 更新

写真a

イヂチ ノリコ
伊地知 紀子
IJICHI Noriko
担当
大学院文学研究科 人間行動学専攻 教授
文学部 人間行動学科
職名
教授
所属
文学研究院
プロフィール
私は朝鮮地域研究をしています。その一環として、済州島にルーツをもつ方を中心に在日コリアンの生活史調査を行っています。日本の植民地支配によって生活の場を奪われた朝鮮人は生きる道を求めて、あるいは労働力として連れてこられ、日本の敗戦で解放を迎えたものの、すぐに朝鮮半島が冷戦構造下に置かれ、多くが日本に残らざるをえなくなりました。人びとが朝鮮から日本、特に大阪へ移動することで生じた暮らしの変化について研究をしています。大阪には済州島ルーツの方が多く、植民地期以降、海女として出稼ぎに来た人もいました。その姿を学ぶには、映画『海女のリャンさん』がオススメです。済州島でも調査を行っており、まず漁村に2年間住み込んでフィールドワークし、通い続けて23年目となりました。一人ひとりの人生潭をとおして人びとの移動史、そして日本と朝鮮半島の関係史をふまえ、私たちが生きる現代社会の多様性と公共性についても研究や調査を行っています。
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院文学研究科 人間行動学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 文学部 人間行動学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(文学) ( 大阪市立大学 )

  • 修士(文学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学  / 生活世界の社会学、朝鮮地域研究

  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学

  • 人文・社会 / 社会学

研究キーワード

  • 日本と朝鮮半島の関係史

  • 地域研究

  • 済州島研究

  • 生活史

  • 生活誌

研究歴

  • 日本と朝鮮半島の海域生活者について

    日本、朝鮮半島、海域 

    1991 - 継続中 

  • 東アジアにおける国際移動とローカリティについて

    東アジア、国際移動、ローカリティ 

    1991 - 継続中 

  • 在日済州島出身者の生活史

    在日、済州島、生活史 

    1991 - 継続中 

所属学協会

  • 国際高麗学会本部

      国外

  • AAS

      国外

  • 国際高麗学会日本支部

  • IUAES

  • 関西社会学会

  • 日本文化人類学会

  • 日本社会学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 会長   国際高麗学会日本支部  

    2022年 - 継続中 

  • 倫理委員   日本文化人類学会  

    2019年 - 継続中 

  • 植松基金委員   日本文化人類学会  

    2019年 - 2021年 

  • 奨励賞選考委員会委員   関西社会学会  

    2019年 - 2021年 

  • 理事   関西社会学会  

    2019年 - 2021年 

  • 研究活動委員会委員   関西社会学会  

    2019年 - 2021年 

  • 事務次長   国際高麗学会本部  

    2017年 - 継続中 

  • 評議員   日本文化人類学会  

    2016年 - 2018年 

  • 国際交流委員   日本社会学会  

    2015年10月 - 継続中 

  • 学会誌専門委員   関西社会学会  

    2015年04月 - 継続中 

▼全件表示

受賞歴

  • 2022年度教育功労者賞

    2023年02月   駐大阪韓国領事館  

     詳細を見る

    受賞国:大韓民国

職務経歴(学外)

  • 大阪市立大学

    2014年04月 - 継続中

  • 大阪市立大学

    2011年10月 - 2014年03月

  • - 愛媛大学法文学部

    2000年10月 - 2011年09月

  • 愛媛大学法文学部/助教授   -

    2000年 - 2011年

  • 愛媛大学法文学部/助教授

    2000年 - 2011年

学歴

  • 大韓民国国立済州大学校大学院社会学科   -     その他

    - 1998年

  • 大阪市立大学   文学研究科   社会学   博士課程   単位取得満期退学

    - 1997年

  • 大韓民国国立済州大学校博物館客員研究員   -     その他

    - 1995年

論文

  • 일본・오사카의 시민운동이 구축하는 로컬적 화해 실천(大阪4・3運動が構築するローカルな和解実践)

    伊地知紀子

    비판적 4·3연구 시리즈 1(批判的4・3研究 シリーズ1)   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • 序 : 何が書かれるのか、何を書こうとするのか 特集 女が書く、女を書く : 文学の中の在日朝鮮人女性

    伊地知紀子

    コリアン・スタディーズ   ( 10 )   1 - 3   2022年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 生野区の在日朝鮮人高齢者の生活状況とネットワーク、健康

    川野英二・伊地知紀子

    阪神都市圏の研究   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

  • 大阪と在日コリアン

    伊地知紀子

    阪神都市圏の研究   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • 済州四・三と市民運動―ローカルな和解実践

    伊地知 紀子

    [和解学叢書4=市民運動]和解をめぐる市民運動の取り組みーその意義と課題   4   227 - 256   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 済州島の日常から-潜る女と潜らない女

    伊地知 紀子

    抗路   8   70 - 78   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 生野区高齢者のネットワークと健康 : 日本人と在日朝鮮人高齢者の比較を中心に (進藤雄三教授 関茂樹教授 塚田孝教授退任記念) 査読

    川野 英二, 伊地知 紀子

    人文研究 : 大阪市立大学大学院文学研究科紀要 = Studies in the humanities : Bulletin of the Graduate School of Literature and Human Sciences, Osaka City University   71   87 - 104   2020年( ISSN:0491-3329

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本稿は、2017年に実施した生野区高齢者調査の結果の報告である。これまで生野区の在日コリアン高齢者にたいするサーベイ調査やフィールド調査は行われてきたものの、日本人を含む生野区の高齢者全体を代表するサンプルにたいするサーベイは行われてこなかった。外国籍高齢者の実態を正確に把握するうえでも、日本人高齢者を含めた調査が必要であり、本研究では、サンプリング調査と生活史調査を組み合わせた混合研究法をもちいた。今回はとくにネットワークと健康を中心に分析を行なった。調査の結果、在日高齢者の所得が低いうえに年金以外の収入が多い、ネットワークが親族中心であるほど抑うつの傾向があり、在日高齢者はさらにその傾向を強める傾向があるなどがわかった。上述したサンプリング調査から明らかになった論点に関連して生活史調査から見出したのは次の3点、(1)済州島ネットワーク、(2)独自のケアネットワーク、(3)制度の限界と課題である。

    DOI: 10.24544/ocu.20200416-005

    CiNii Article

    その他URL: https://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/il/meta_pub/G0000438repository_04913329-71-87

  • 調査実習の事例報告 朝鮮学校の教育に学ぶ 査読

    伊地知 紀子

    社会と調査 = Advances in social research   ( 22 )   94 - 97   2019年03月( ISSN:2188-8450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 書評 鄭栄鎮『在日朝鮮人アイデンティティの変容と揺らぎ : 「民族」の想像/創造』 査読

    伊地知 紀子

    コリアン・スタディーズ = Korean studies   ( 7 )   54 - 57   2019年( ISSN:2188-1022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 植民地解放後、済州島出身女性の渡日と生活世界 (全国大会セッション特集号) 査読

    伊地知 紀子

    朝鮮族研究学会誌 = Journal of the Association for the Korean-Chinese Studies   8   74 - 87   2018年12月( ISSN:2186-7038

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 済州4・3を語る、済州4・3から語る (特集 歴史経験の語られ方、記憶のされ方) 査読

    伊地知 紀子

    関西社会学会 ; 2002- フォーラム現代社会学 = Kansai sociological review : official journal of the Kansai Sociological Association   17   127 - 136   2018年( ISSN:1347-4057

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 織り込まれていく加害と被害:韓国・済州島民の経験と記憶 査読

    伊地知 紀子

    日本文化人類学会 日本文化人類学会研究大会発表要旨集   2018 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    本報告では、韓国・済州島民が経験した植民地支配、済州4・3事件、朝鮮戦争によって生まれた加害と被害の様相を検討する。これら歴史経験による反日/親日、反託/賛託、武装隊/討伐隊、南/北といった対立は、個々の人生のなかで複雑に絡み合い、村の人間関係にも影響する。幾重にも織り込まれていく加害/被害に人びとはいかにして折り合いをつけようとするのか、フィールドからの知見を踏まえて考えたい。

    DOI: 10.14890/jasca.2018.0_56

    CiNii Article

  • 朴沙羅著『外国人をつくりだす : 戦後日本における「密航」と入国管理制度の運用』 査読

    伊地知 紀子

    理論と動態   ( 11 )   131 - 133   2018年( ISSN:2185-4432

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 植民地解放後、済州島出身者女性の渡日と生活世界

    伊地知 紀子

    朝鮮族研究学会誌   8   74 - 87   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 済州4・3を語る、済州4・3から語る

    伊地知 紀子

    フォーラム現代社会学   17 ( 0 )   127 - 136   2018年( ISSN:13474057

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>本シンポジウムのテーマである「歴史経験の語られ方、記憶のされ方」について、済州4・3を事例として報告した。済州4・3をめぐる語りは、語り手である個人、その家族あるいは親戚姻戚が何をしていたのか、どこにいたのか、どのように犠牲となったかといった事件当時だけではなく、事件後にこれらの人びとがどこでどのように暮らしたのかによっても規定される。他二本の報告は、東北大震災(金菱報告)と三池炭鉱報告(松浦報告)であった。各報告と合わせて議論することにより、歴史経験の語られ方、記憶のされ方についての論点として気づいたことがある。それは、歴史経験や記憶を開いていく場をどのように設定するのか、別の表現をとるとすればpublic memoryの時間軸をどう設定するのか、空間をどこまで広げるのか、つまりpublicと形容する時どのような枠組みを前提として論ずるのかということだ。この問いは、ある地域のある時期における歴史経験が、後の生活にいかなる影響を及ぼすのかという視点を複眼的に置くことなくしては深めることが困難なものである。この気づきを踏まえて、済州4・3とはいかなる歴史経験であり、体験者や遺族などがどのように語り、さらに済州4・3から何を語りうるのか、本稿は在日済州島出身者の生活史調査からの試論である。</p>

    DOI: 10.20791/ksr.17.0_127

    CiNii Article

  • 映画の紹介 1987、ある闘いの真実 査読

    伊地知 紀子

    ひょうご部落解放   169   78 - 81   2018年( ISSN:1348-4036

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • <特集論文 1>序--「壁」はどこにあるのか? -- 戦争・難民・記憶のポリティクスに向けて 査読

    伊地知 紀子

    京都大学大学院人間・環境学研究科 文化人類学分野 コンタクト・ゾーン = Contact zone   9 ( 2017 )   191 - 197   2017年12月( ISSN:2188-5974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    現代世界に巻き起こる戦争、難民、記憶をめぐる諸相について、加害/被害、受入/移住、正史/野史といった二項対立軸で分析論述することには困難がともなう。そもそも、この二項は、戦争が起こされ、難民が生み出され、これらをめぐる記憶が形作られる際に要請されるカテゴリーである。例に挙げた二項は、構造的には前者が優勢であり、後者は劣勢であることはいうまでもない。これら、戦争、難民、記憶は、いずれも大きな課題であり、人類学や社会学において日本語による研究成果も増えてきている。前提として、帝国主義、植民地支配、ポストコロニアリズムをめぐる議論がグローバル化のなかで生まれ、より具体的な様相へと展開してきた潮流があることは論を待たない。「記憶」を例にとっても、1929年のアルヴァックスによる集団的記憶研究が脚光を浴びたのは1980年代である。ホブズボウムやアンダーソンを嚆矢とする「伝統」や「国民国家」への問いが、1990年代新自由主義が席巻する世界のなかでこれらの課題を発見したともいえるだろう。それぞれの課題をめぐり、構造的問題を分析するマクロレベルの研究や、個別の事例に基づくミクロな実証研究に向けて多様なアプローチを設定することは可能である。こうしたなかで、本特集の執筆陣による問いは、これらマクロとミクロの両者をつなぐ社会性や共同性はいかに捉えうるのかというものだ。冒頭で例示した二項に分類される対象の選別基準は時代や社会に拘束されており、いずれの側も正当性を主張しうるものであるが、完全に分離対立しているのではなく折れ目に深浅のあるひだのようでもある。日常の現実では幾重にも織り込まれていき、時間の幅が広くなるにつれ、そのひだすら見いだせなくなりかねない。そこで、こうしたひだをあえて本特集では「壁」とした。「壁」は法制度、知識、社会意識、発話、ふるまい、判断、社会関係などいたるところに立ちはだかる。これらの「壁」は、構造的優勢側によって立てられるほうが劣勢側が立てるよりもはるかにハードである。しかし、前者とて時代や社会の変化に対応せざるをえない局面においては「壁」の質や高さを変更せざるをえない。本特集では、各自のフィールドにおける「壁」をはさんでの折衷、妥協、融合の諸側面に向き合う様を捉えることを狙いとしている。War, refugees, and memory are major themes receiving increasing attention in Japanese anthropology and sociology recently. Globalization --despite producing debates over imperialism, colonial rule, and postcolonialism-- does not wait for theorization. Halbwachs's 1929 research on memory did not reach the spotlight until the 1980s, for example. It can also be said that questioning "tradition" and the "nation-state, " initially led by Hobsbawm and Anderson, was spawned by neoliberalism's global conquest in the 1990s. Diverse theoretical approaches, from macro-level structural analysis to empiricism based on individual case studies, are possible concerning each of these themes. Within said possibility, this feature investigates the sociality and cooperation that bind the macro and micro together. The rampant phenomena of war, diaspora, and memory today cannot be reduced to simple dichotomies of aggressor-victim, acceptance-mobility, or official-unofficial history. After all, such dichotomies are not parallel, but are rather categories necessary for understanding process: war breaks out, refugees are produced, and memory of these events is formed. While both sides can make a claim to generational and socially-bound legitimacy, layers of everyday reality are repeatedly interwoven over time, to the point that the dividing creases become hardly perceptible. Here we purposefully refer to such creases as "walls." Today, "walls" constantly obstruct systems of law, knowledge, consciousness, speech, judgment, and social relationships. "Walls" are much harder to build for the structurally disadvantaged than for the privileged; however, when adapting to social and generational change, even the privileged are forced to alter the character and height of their "walls." This feature aims to interpret processes of compromise, collaboration, and blending over and across "walls" present in diverse sociological fields.

    CiNii Article

  • Book Review 『ルポ思想としての朝鮮籍』中村一成

    伊地知 紀子

    抗路 = 항로 : 在日総合誌   ( 4 )   198 - 200   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 在日コリアンによる文化継承実践の様相―日本で受け継がれる家醸酒文化をとおして 査読 国際共著

    伊地知 紀子

    Studies of Koreans Abroad   42   45 - 68   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(16・下) : 高大成さんへのインタビュー記録 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩

    大阪産業大学 大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   28   167 - 191   2016年10月( ISSN:18825966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 書評に応えて

    伊地知 紀子

    ソシオロジ   61 ( 2 )   116 - 121   2016年10月( ISSN:0584-1380

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(16・上) : 高大成さんへのインタビュー記録 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩

    大阪産業大学 大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   27   101 - 123   2016年06月( ISSN:18825966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(15・下) : 金慶海さんへのインタビュー記録 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩

    大阪産業大学 大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   25   99 - 125   2015年10月( ISSN:18825966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(15・中) : 金慶海さんへのインタビュー記録 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩

    大阪産業大学 大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   24   163 - 190   2015年06月( ISSN:18825966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(15・上) : 金慶海さんへのインタビュー記録 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩

    大阪産業大学 大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   23   225 - 250   2015年02月( ISSN:18825966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 序 負の自画像としてのレイシズム (特集 ヘイト・スピーチ、排外主義の台頭と在日コリアン) 査読

    伊地知 紀子

    国際高麗学会日本支部 コリアン・スタディーズ = Korean studies   ( 3 )   1 - 5   2015年( ISSN:2188-1022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 高正子、藤永壯他6名「解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(15・中) : 金慶海さんへのインタビュー記録」

    伊地知 紀子

    『大阪産業大学論集. 人文・社会科学編 』   24   163 - 190   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高正子、藤永壯他6名「解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(15・下) : 金慶海さんへのインタビュー記録」

    伊地知 紀子

    『大阪産業大学論集. 人文・社会科学編 』   25   99 - 125   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高正子、藤永壯他6名「解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(15・上) : 金慶海さんへのインタビュー記録」

    伊地知 紀子

    『大阪産業大学論集. 人文・社会科学編 』   23   225 - 250   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 序 負の自画像としてのレイシズム (特集 ヘイト・スピーチ、排外主義の台頭と在日コリアン)

    伊地知 紀子

    コリアン・スタディーズ = Korean studies   ( 3 )   1 - 5   2015年( ISSN:2188-1022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(14・下) : 金玉来さんへのインタビュー記録 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩

    大阪産業大学 大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   22   123 - 138   2014年10月( ISSN:18825966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(14・上) : 金玉来さんへのインタビュー記録 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩

    大阪産業大学 大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   21   55 - 74   2014年06月( ISSN:18825966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(13・下) : 夫煕錫さんへのインタビュー記録 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩

    大阪産業大学 大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   20   31 - 55   2014年02月( ISSN:18825966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(13・下) : 夫煕錫さんへのインタビュー記録

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩

    大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   20   31 - 55   2014年02月( ISSN:1882-5966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 韓国・済州からの渡日史 : 東回泉マウル調査の事例から 査読

    伊地知 紀子, 高 正子, 藤永 壮

    国際高麗学会日本支部 コリアン・スタディーズ = Korean studies   ( 2 )   117 - 131   2014年( ISSN:2188-1022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(13・上) : 夫煕錫さんへのインタビュー記録 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩

    大阪産業大学 大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   19   151 - 177   2013年10月( ISSN:18825966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(12・上) : 李性好さんへのインタビュー記録

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩, フジナガ タケシ, イジチ ノリコ, タカムラ リョウヘイ, ムラカミ ナオコ, フクモト タク, Takeshi FUJINAGA, Jeongja KO, Noriko IJICHI, Ahyoung CHUNG, Kayoung HWANGBO, Ryohei TAKAMURA, Naoko MURAKAMI, Taku FUKUMOTO, Sungman KOH

    大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   18   139 - 157   2013年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(12・下) : 李性好さんへのインタビュー記録

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩, フジナガ タケシ, イジチ ノリコ, タカムラ リョウヘイ, ムラカミ ナオコ, フクモト タク, Takeshi FUJINAGA, Jeongja KO, Noriko IJICHI, Ahyoung CHUNG, Kayoung HWANGBO, Ryohei TAKAMURA, Naoko MURAKAMI, Taku FUKUMOTO, Sungman KOH

    大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   18   159 - 176   2013年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 韓国における現代の巡礼―無辜な死を悼む旅路 査読

    伊地 知紀子

    愛媛大学「四国遍路と世界の巡礼」研究会編『巡礼の歴史と現在―四国遍路と世界の巡礼―』(岩田書院)   ―   323 - 342   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 「解放」と朝鮮人の移動

    伊地知紀子

    『人の移動事典・日本とアジア』丸善出版   68-69   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 帝国日本と済州島チャムスの出稼ぎ

    -

    『日本学』東國大学校文化学術院日本学研究所、韓国   ( 34 )   71 - 117   2012年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:単著  

  • 在日済州島人の移動と生活—解放前後を中心に−

    -

    『東アジアの間地方交流の過去と現在―済州と沖縄・奄美を中心にして―(琉球大学人の移動と21世紀のグローバル社会V)』彩流社   123 - 141   2012年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 贈る言葉 査読

    伊地知 紀子

    社会学研究会 ソシオロジ   57 ( 2 )   86 - 93   2012年( ISSN:0584-1380

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.14959/soshioroji.57.2_86

    CiNii Article

  • 贈る言葉 査読

    伊地知 紀子

    ソシオロジ   57 ( 2 )   86 - 93   2012年( ISSN:05841380

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14959/soshioroji.57.2_86

    CiNii Article

  • 在日済州島人の移動と生活—解放前後を中心に−

    『東アジアの間地方交流の過去と現在―済州と沖縄・奄美を中心にして―(琉球大学人の移動と21世紀のグローバル社会V)』彩流社   123 - 141   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日本で飲まれる朝鮮の酒▷韓流でにぎわう繁華街から歴史の路地へ

    伊地知紀子

    『酒読み―文学と歴史で読むお酒』社会評論社   157 - 177   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 帝国日本と済州島チャムスの出稼ぎ 査読

    伊地知 紀子

    日本学   34   71 - 117   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(9・下) : 梁寿玉さんへのインタビュー記録 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩

    大阪産業大学 大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   12   111 - 127   2011年06月( ISSN:18825966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(9・上) : 梁寿玉さんへのインタビュー記録 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩

    大阪産業大学 大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   11   71 - 90   2011年02月( ISSN:18825966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 국외 출가 해녀=国外出稼ぎ海女(韓国語)

    -

    『제주여성사Ⅱ 일제강점기』(=済州女性史Ⅱ 日帝強占期)済州発展研究院   291 - 344   2011年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(10 上)朴榮萬さんへのインタビュー記録 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩

    大阪産業大学 大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   0 ( 13 )   55 - 81   2011年( ISSN:1882-5966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 全羅南道・莞島に設営された移住漁村—伊予村と加馬九味

    -

    『植民地朝鮮と愛媛の人びと』愛媛新聞社   101 - 138   2011年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 泉靖一『済州島』が示す済州島研究の意義と課題

    -

    『耽羅文化』済州大学校耽羅文化研究所   ( 38 )   37 - 56   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:単著  

  • 국외 출가 해녀=国外出稼ぎ海女(韓国語)

    『제주여성사Ⅱ 일제강점기』(=済州女性史Ⅱ 日帝強占期)済州発展研究院   291 - 344   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(10・上)-朴榮萬さんへのインタビュー記録- 査読

    藤永 壯, 伊地知 紀子, 高 正子

    大阪産業大学論集人文・社会科学編   13   55 - 81   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(8・下)―金春海さんへのインタビ ュー記録―」 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩

    大阪産業大学 大阪産業大学論集 人文・社会科学編   9   .143-158 - 158   2010年06月( ISSN:18825966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(8・上)―金春海さんへのインタビ ュー記録―

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 高 誠晩, フジナガ タケシ, イジチ ノリコ, タカムラ リョウヘイ, ムラカミ ナオコ, フクモト タク, Takeshi FUJINAGA, Jeongja KO, Noriko IJICHI, Ahyoung CHUNG, Kayoung HWANGBO, Ryohei TAKAMURA, Naoko MURAKAMI, Taku FUKUMOTO, KOH Sungman

    大阪産業大学論集 人文・社会科学編   8   69 - 88   2010年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 日韓の海域生活者と近代-19世紀末以降の移動経験から- 査読

    伊地知 紀子

    愛媛大学法文学部長裁量経費共同研究プロジェクト研究成果報告書「海域世界の知をめぐる動態的研究」   20 - 23   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(7・下) : 玄瑽玟さんへのインタビュー記録 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, フジナガ タケシ, / イチジ ノリコ, タカムラ リョウヘイ, ムラカミ ノリコ, フクモト タク, Takeshi FUJINAGA, Jeongja KO, Noriko IJICHI, Ahyoung CHUNG, Kayoung HWANGBO, Ryohei TAKAMURA, Naoko MURAKAMI, Taku FUKUMOTO

    大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   7   115 - 137   2009年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(7・上)―玄瑽玟さんへのインタビュー記録― 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓

    大阪産業大学 大阪産業大学論集 人文・社会科学編   6   85 - 105   2009年06月( ISSN:18825966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 書評 倉石一郎著『差別と日常の経験社会学--解読する〈私〉の研究誌』

    伊地知 紀子

    ソシオロジ   54 ( 1 )   133 - 138   2009年05月( ISSN:0584-1380

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(6・下)―金好珍さんへのインタビュー記録―

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, フジナガ タケシ, イジチ ノリコ, タカムラ リョウヘイ, ムラカミ ノリコ, フクモト タク, Takeshi FUJINAGA, Jeongja KO, Noriko IJICHI, Ahyoung CHUNG, Kayoung HWANGBO, Ryohei TAKAMURA, Naoko MURAKAMI, Taku FUKUMOTO

    大阪産業大学論集 人文・社会科学編   5   115 - 138   2009年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • オールドカマー

    伊地知紀子

    『文化人類学事典』丸善   318 - 319   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(6・上)-金好珍さんへのインタビュー記録

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓

    大阪産業大学論集人文・社会科学編   4   131 - 155   2008年10月( ISSN:1882-5966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(5・下)-高蘭姫さんへのインタビュー記録

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 塚原 理夢, フジナガ タケシ, イジチ ノリコ, タカムラ リョウヘイ, ムラカミ ナオコ, フクモト タク, ツカハラ リム, Takeshi FUJINAGA, Jeongja KO, Noriko IJICHI, Ahyoung CHUNG, Kayoung HWANGBO, Ryohei TAKAMURA, Naoko MURAKAMI, Taku FUKUMOTO, Rimu TSUKAHARA

    大阪産業大学論集人文・社会科学編   3   125 - 147   2008年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(5・上)―高蘭姫さんへのインタビュー記録― 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 塚原 理夢, フジナガ タケシ, イジチ ノリコ, タカムラ リョウヘイ, ムラカミ ナオコ, フジモト タク, ツカハラ リム, Takeshi FUJINAGA, Jeongja KO, Noriko IJICHI, Ahyoung CHUNG, Kayoung HWANGBO, Ryohei TAKAMURA, Naoko MURAKAMI, Taku FUKUMOTO, Rimu TSUKAHARA

    大阪産業大学論集 人文・社会科学編   2   43 - 62   2008年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本稿は,在日の済州島出身者の方に,解放直後の生活体験を伺うインタビュー調査の第5回報告である。この調査の目的や方法などは,「解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(1・上)」『大阪産業大学論集人文科学編』(第102号,2000年10月)に掲載しているので,ご参照いただきたい。今回の記録は,大阪市在住の高蘭姫さんのお話をまとめたものである。高蘭姫さんは1930年ごろ兵庫県西宮市で生まれた。解放直後に韓国・済州道済州市朝天邑新村里(現在の行政地名)に帰国,その後再び渡日され大阪市で生活されている。インタビューは2006年12月23日,大阪市の高蘭姫さんのご自宅で,高正子・伊地知紀子・鄭雅英・皇甫佳英・高村竜平・村上尚子・塚原理夢の8名が聞き手となって実施し,その後2007年10月20日には高村が確認のために再度高さん宅を訪問した。今回の原稿については,高村が全体の整理と校正,村上が用語解説,福本が参考地図の作成,藤永が最終チェックを担当した。また,高蘭姫さんの生涯については,すでに以下の記事で取り上げられたことがある。「母に詫びた半世紀の「親不孝」高蘭姫さん」『月刊イオ』第110号,2005年8月(文・写真:鄭茂憲)「生涯現役11時間の心臓手術に耐え抜いた高蘭姫さん」『朝鮮新報』2006年7月24日(朴日粉記者)宋連玉「4・3事件を体験した在日朝鮮人女性たち」『季刊前夜』第11号,2007年4月〓〓〓「〓〓〓,〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓」『〓〓〓〓〓4・3〓〓〓〓〓』〓〓4・3〓〓〓〓〓〓〓,〓〓〓〓〓〓4・3〓〓〓,2003(高蘭姫「お父さん,親不孝な子を許して下さい」『在日済州人4・3証言採録集』済州4・3事件支援事業所,社団法人済州4・3研究所,2003年)以下,凡例的事項を箇条書きにしておく。(1)本文中,文脈からの推測が難しくて誤解が発生しそうな場合や,補助的な解説が必要な場合は,[ ]で説明を挿入した。(2)とくに重要な歴史用語などには初出の際*を付し,本文の終わりに解説を載せた。前号および前々号に掲載した第4回報告で解説した用語については,丸数字で報告番号を,アラビア数字で注番号を記し,かっこでくくった(例:((4)-*13)は第4回報告の*13をあらわす)。また,2000~2001年の第1回から第3回の報告でとりあげた用語は「(再掲)」と記して解説した。(3)朝鮮語で語られた言葉は,一般的な単語や固有名詞などの場合には漢字やカタカナで,特殊な単語や文章の場合はハングルで表記し,日本語のルビをふった。(4)インタビューの際に生じたインタビュアー側の笑いや驚きなどの反応については,〈 〉で挿入した。なお本稿は言うまでもなく,高蘭姫さんの証言からとくに重要と思われる箇所を中心に抜粋,編集したものである。できるだけ客観性に配慮しつつ証言を再現しようと努めたが,編集の手が入っている以上,叙述に編者の主観が反映されている可能性は排除できない。本稿の内容に関する責任は全面的に編者にあることを,あらかじめおことわりしておく。

    CiNii Article

  • 解放直後・済州島の人びとの移動と生活史−在日済州島出身者の語りから

    村上尚子

    『日本帝国をめぐる人口移動の国際社会学』不二出版   87 - 145   2008年

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(6 上)金好珍さんへのインタビュー記録 査読

    金 好珍, 藤永 壯, 高 正子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓

    大阪産業大学 大阪産業大学論集 人文・社会科学編   ( 4 )   131 - 155   2008年( ISSN:18825966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 書評:文京洙『済州島四・三事件―「島のくに」の死と再生の物語』(2008、平凡社) 査読

    伊地知 紀子

    朝日新聞社論座   8月号   320 - 321   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(4・下) : 李健三さんへのインタビュー記録 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 塚原 理夢, 李 陽子

    大阪産業大学 大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   1   31 - 56   2007年10月( ISSN:18825966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(4・上) : 李健三さんへのインタビュー記録 査読

    藤永 壯, 高 正子, 伊地知 紀子, 鄭 雅英, 皇甫 佳英, 高村 竜平, 村上 尚子, 福本 拓, 塚原 理夢, 李 陽子

    大阪産業大学 大阪産業大学論集. 人文科学編   122   99 - 123   2007年06月( ISSN:02871378

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本稿は,在日の済州島出身者の方に,解放直後の生活体験を伺うインタビュー調査の第4回報告である。かつて私たちは3回分の調査報告を『大阪産業大学論集 人文科学編』第102〜105号(2000年10月,2001年2月,6月,10月)に掲載したが,メンバーの就職,留学などの事情でしばらく活動を中断していた。その後,2005年より新しいメンバーを加えて調査を再開させることができ,その最初の成果が本稿ということになる。なおこの調査の目的や方法などは,「解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(1・上)」前掲『大阪産業大学論集 人文科学編』第102号,に掲載しているので,ご参照いただきたい。今回の記録は,東大阪市在住の李健三さん(仮名)のお話をまとめたものである。李さんは1937年,大阪市のお生まれだが,ご両親は,韓国・済州道済州市朝天邑新村里(現行の行政地名)のご出身である。また,インタビューには妻の張玉蓮さんが同席してくださった。張さんは1934年,済州道済州市禾北洞(現行の行政地名)のお生まれである。(済州道は2006年7月1日より「済州特別自治道」となり,北済州郡は済州市に,また南済州郡は西帰浦市に統合された。したがって現行の行政地名は,前3回の調査報告時から変更されている場合がある。)インタビューは2006年4月29日,東大阪市の李さんのご自宅で,藤永壯・高正子・伊地知紀子・鄭雅英・皇甫佳英・高村竜平・福本拓・塚原理夢の8名が聞き手となって実施し,これに村上尚子が加わって,テープ起こしと第1次編集をおこなった。李さん,張さんに第1次編集原稿をチェックしていただき,テープ起こしに際しての不明箇所を確認するため,2007年2月19日,藤永が再度李さん宅を訪問した。鄭と伊地知が全体の整理と校正,村上と藤永が用語解説,鄭と高がルビ校正,福本が参考地図の作成,藤永が最終チェックを担当した。なお李さん,張さんご夫妻の三女・李陽子さんには,インタビューに同席していただき,確認作業でも多大なご協力をいただいたため,記録者の一員としてお名前を掲載させていただくことにした。以下,凡例的事項を箇条書きにしておく。(1)本文中,文脈からの推測が難しくて誤解が発生しそうな場合や,補助的な解説が必要な場合は,[ ]で説明を挿入した。(2)とくに重要な歴史用語などには初出の際*を付し,本文の終わりに解説を載せた。なお前3回の調査報告からかなり時日が経過しているため,今回は以前掲載した用語も再掲することとした。(3)朝鮮語で語られた言葉は,一般的な単語や固有名詞などの場合には漢字やカタカナで,特殊な単語や文章の場合はハングルで表記し,日本語のルビをふった。(4)インタビューの際に生じたインタビュアー側の笑いや驚きなどについては,〈 〉で挿入した。

    CiNii Article

  • 定住と非定住の位相−済州島からの移動/済州島への移動とともに− 査読

    伊地知 紀子

    大阪市立大学社会学研究会 大阪市立大学社会学研究会市大社会学   8 ( 8 )   1 - 16   2007年( ISSN:13458019

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 海域生活世界から見る日常的実践の可能性 査読

    伊地知 紀子

    愛媛大学法文学部多文化研究会平成19年度愛媛大学法文学部多文化研究会 第13回公開シンポジウム報告 海域アジアのポテンシャリティ   21 - 24   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査(<特集1>地域におけるオーラル・ヒストリー実践の課題と可能性)

    伊地知 紀子

    日本オーラル・ヒストリー研究   ( 2 )   40 - 51   2006年09月( ISSN:1882-3033

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    So many Korean people live in Osaka and most of the people have been from Jeju Island. Because the liner route was established between Osaka and Jeju in 1920&#039;s, a lot of Jeju people have been to Osaka to get their daily bread. Though a lot of people returned to Jeju before and after liberating from the colonization, not a few people have gone to Japan again to avoid the political turmoil due to Jeju 4.3 affair afterwards. The existent research is not necessarily much accumulated about lives of Korean people in this period. So we considered reconstructing the present age life-size history of the East Asia by oral history of the Jeju people in Japan.

    CiNii Article

  • 済州島と日本における済州人の生活−旧左邑杏源里と大阪市生野区でのフィールドワークから− 査読

    伊地知 紀子

    耽羅研究会済州島   10   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 書評 「帰化」から見えてくるもの--浅川晃広『在日外国人と帰化制度』の書評として 査読

    伊地知 紀子

    大阪大学大学院文学研究科日本学研究室 大阪大学日本学報   ( 24 )   165 - 171   2005年03月( ISSN:02864207

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 営まれる日常・縒りあう力−語りからの多様な『在日』像−

    -

    『歴史のなかの「在日」』藤原書店   337 - 355   2005年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 韓国済州島と大阪からみた日韓関係--「国境をまたぐ生活圏」からの問い 査読

    伊地知 紀子

    大阪国際平和センタ- 戦争と平和   14   85 - 100   2005年( ISSN:09194576

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 名前をめぐる表象・文化・社会−在日朝鮮人の本名と通名 査読

    伊地知 紀子

    愛媛大学新ソフィア学研究会表象・文化・社会(平成16年度愛媛大学法文学部学部長裁量経費研究成果報告書)   65 - 71   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 植民地化と生活世界の可変性−韓国・済州島の一海村の事例から−

    -

    『植民地主義と人類学』関西学院大学出版会   491 - 511   2002年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 日常の生活実践誌−韓国近現代と済州島の経験から−

    -

    『変貌する現代韓国社会』世界思想社   188 - 211   2000年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 비판적 4·3연구 시리즈(批判的4・3研究シリーズ)

    伊地知紀子( 担当: 共著)

    ハングル  2023年03月 

  • 舊韓末 済州島一般現況

    神谷卓男、高暎子、伊地知紀子( 担当: 監修)

    済州市ウダン図書館  2022年11月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 和解学叢書4 市民運動 和解をめぐる市民運動の取り組み

    明石書店  2022年03月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 阪神都市圏の研究

    ナカニシヤ出版  2022年03月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 雑草たちの奇妙な声 : 現場ってなんだ?!

    松田素二とゆかいな仲間たち, 松田,素二, 伊地知紀子, 大野哲也, 田原範子, 土屋雄一郎, 林泰子, 松居和子他( 担当: 単著 ,  範囲: 関わり合いからの人間学)

    風響社  2021年03月  ( ISBN:9784894892958

     詳細を見る

    総ページ数:463p   著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • 街場の日韓論

    内田 樹, 平田 オリザ, 白井 聡, 渡邊 隆, 中田 考, 小田嶋 隆, 鳩山 由紀夫, 山崎 雅弘, 松竹 伸幸, 伊地知 紀子, 平川 克美( 担当: 単著)

    晶文社  2020年  ( ISBN:9784794970404

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • スポーツをひらく社会学 : 歴史・メディア・グローバリゼーション

    今泉, 隆裕, 大野, 哲也, 伊地知紀子( 担当: 単著 ,  範囲: スポーツに国境はあるのか?)

    嵯峨野書院  2019年11月  ( ISBN:9784782305867

     詳細を見る

    総ページ数:xiii, 357p   著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • 済州島を知るための55章 (エリア・スタディーズ166)

    梁 聖宗, 金 良淑, 伊地知 紀子( 担当: 単著)

    明石書店  2018年09月  ( ISBN:4750346764

     詳細を見る

    総ページ数:368   著書種別:学術書  

    ASIN

    その他リンク: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51xDjSmQxAL._SL75_.jpg

  • 本当は怖い自民党改憲草案

    伊地知 紀子, 新ヶ江 章友, 山室 信一( 担当: 単著)

    法律文化社  2017年  ( ISBN:9784589038593

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • Rethinking representations of Asian women : changes, continuity, and everyday life

    伊地知 紀子, 加藤 敦典, Sakurada Ryoko( 担当: 単著)

    Palgrave Macmillan  2016年  ( ISBN:9781137531513

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • 消されたマッコリ。-朝鮮・家醸酒(カヤンジュ)文化を今に受け継ぐ- (ほろよいブックス)

    伊地知 紀子( 担当: 単著)

    社会評論社  2015年05月  ( ISBN:4784517251

     詳細を見る

    総ページ数:184   著書種別:学術書  

    ASIN

    その他リンク: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51xJ2Y6%2BfoL._SL75_.jpg

  • 제일제주인의 생활사2 고향의 가족, 복의 가족=在日済州人の生活史2 故郷の家族、北の家族(韓国語)

    高正子,藤永壯,鄭雅英,皇甫佳英,高村竜平,村上尚子,福本拓,高誠晩( 担当: 共著)

    ソニン:ソウル  2015年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 제일제주인의 생활사2 고향의 가족, 복의 가족(=在日済州人の生活史2 故郷の家族、北の家族)

    伊地知 紀子他( 担当: 単著)

    ソウル;ソニン  2015年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 在日済州人とマイノリティ

    伊地知 紀子( 担当: 共著)

    済州大学校在日済州人センター  2015年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 탐라무화학술총서 16 日本人学者가 본 제주인의 삶-생활세계의 창조와 실천=耽羅文化学術叢書16 日本人学者が見た済州人の生—生活世界の創造と実践(韓国語)

    -( 担当: 単著)

    済州大学校耽羅文化研究所、景仁文化社、ソウル  2013年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 酒読み ―文学と歴史で読むお酒─ (ほろよいブックス)

    岩佐 善哉, 伊吹隼人, 中村 浩訳, 高橋 龍夫, 板橋 春夫, 森村 夏子, 才津 祐美子, 阪井 芳貴, 増渕 鏡子, 伊地知 紀子, 渋谷 豊, 菅原 孝平, 板垣 由美子, 近松 義昭, 元森 絵里子, 室田 元美, 三島 万里, 板垣 誠一郎, 石倉 一雄, 伊藤 博一, 三瓶 はるみ, 稲垣 高広( 担当: 単著)

    社会評論社  2012年12月  ( ISBN:4784517138

     詳細を見る

    総ページ数:295   著書種別:学術書  

    ASIN

    その他リンク: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61WzQ2y7d7L._SL75_.jpg

  • 在日コリアン辞典

    国際高麗学会日本支部『在日コリアン辞典』編集委員会, 朴 一, 伊地知 紀子( 担当: 単著)

    明石書店  2012年  ( ISBN:9784750333007

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • 재일제주인의 생활사1 안구의 땅을 찾아서=在日済州人生活史1 安住の地を求めて(韓国語)

    藤永壮, 高正子, 鄭雅英, 皇甫佳英, 高村竜平, 村上尚子, 福本拓, 高誠晩( 担当: 共著)

    ソウル:ソニン  2012年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 『植民地朝鮮と愛媛の人びと』

    伊地知 紀子( 担当: 単著)

    愛媛新聞出版社  2011年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 昔話で学ぶ韓国語中級リーディング

    金 京子, 高 正子, 伊地知 紀子( 担当: 単著)

    アルク  2011年  ( ISBN:9784757420632

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • 在日コリアン辞典

    朴一,文京洙他( 担当: 監修)

    明石書店  2010年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 文化人類学事典

    伊地知 紀子( 担当: 単著)

    丸善  2009年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 朝鮮文化のとびら 平成19年度愛媛大学研究開発支援経費研究成果報告書

    池貞姫, 伊地知紀子( 担当: 単著)

    愛媛大学法文学部  2008年03月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    ASIN

  • 日本帝国をめぐる人口移動の国際社会学

    蘭 信三( 担当: 単著)

    不二出版  2008年  ( ISBN:9784835055862

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • 等身大のグローバリゼーション : オルタナティブを求めて

    中村 則弘, 栗田 英幸, 松浦 一悦, 楢林 建司, 土屋 由香, 吉田 正広, 藤江 啓子, 伊地知 紀子, Ballescas Ma. Rosario Piquero (Maria Rosario Piquero-), 下窪 日登美, 秋谷 裕幸( 担当: 単著)

    明石書店  2008年  ( ISBN:9784750327389

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • 歴史のなかの「在日」

    伊地知 紀子( 担当: 単著)

    藤原書店  2005年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 生活世界の創造と実践−韓国・済州島の生活誌から−

    -( 担当: 単著 ,  範囲: Tokyo : Ochanomizu Shobo巻)

    御茶の水書房  2000年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 在日朝鮮人の名前

    -( 担当: 単著)

    明石書店  1994年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 書評 中村一成『ウトロ ここで生き、ここで死ぬ』三一書房

    伊地知紀子

    共同通信   2022年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • Book Review 『ルポ思想としての朝鮮籍』中村一成 査読

    伊地知 紀子

    抗路舎 ; 2015- 抗路 = 항로 : 在日総合誌   ( 4 )   198 - 200   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 書評に応えて 査読

    伊地知 紀子

    社会学研究会 ソシオロジ   61 ( 2 )   116 - 121   2016年10月( ISSN:0584-1380

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 韓国・済州からの渡日史―東回泉マウル調査の事例から

    高正子,藤永壮

    『コリアン・スタディーズ』国際高麗学会日本支部   ( 2 )   117 - 131   2014年

     詳細を見る

    研究ノート

  • 「解放」と朝鮮人の移動

    -

    『人の移動事典・日本とアジア』丸善出版   68−69   2013年

     詳細を見る

  • 昔話で学ぶ韓国語中級リーディング

    金京子,高正子

    アルク   2012年

  • 日本で飲まれる朝鮮の酒▷韓流でにぎわう繁華街から歴史の路地へ

    -

    『酒読み―文学と歴史で読むお酒』社会評論社   157 - 177   2012年

     詳細を見る

  • 書評 倉石一郎著『差別と日常の経験社会学--解読する〈私〉の研究誌』 査読

    伊地知 紀子

    社会学研究会 ソシオロジ   54 ( 1 )   133 - 138   2009年05月( ISSN:05841380

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • オールドカマー

    -

    『文化人類学事典』丸善   318 - 319   2009年

     詳細を見る

  • 書評:文京洙『済州島四・三事件―「島のくに」の死と再生の物語』(2008、平凡社) 査読

    伊地知 紀子

    朝日新聞社論座   8月号   320 - 321   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 海域生活世界から見る日常的実践の可能性 査読

    伊地知 紀子

    愛媛大学法文学部多文化研究会平成19年度愛媛大学法文学部多文化研究会 第13回公開シンポジウム報告 海域アジアのポテンシャリティ   21 - 24   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Oral Historical Approach to Lives of the jeju People in Japan Immediately After Release from Colonization 査読

    IJICHI Noriko

    Japan Oral History AssociationJapan Oral History Review, Volume 2, September 2006   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 名前をめぐる表象・文化・社会−在日朝鮮人の本名と通名 査読

    伊地知 紀子

    愛媛大学新ソフィア学研究会表象・文化・社会(平成16年度愛媛大学法文学部学部長裁量経費研究成果報告書)   65 - 71   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 朝鮮文化の諸相と言葉 査読

    伊地知 紀子

    平成17年度愛媛大学研究開発支援経費研究成果報告書   1-14(共同執筆),41-72   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 境界を生きる人びとー在日済州島出身者の生活世界=경계를 살아가는 사람들 - 재일 제주도 출신자의 생활세계 招待 国際会議

    伊地知紀子

    韓国研究財団重点研究所支援事業「在日ディアスポラの生態学的文化地形とグローカリティー」 2022年度アジェンダ「グローカル時代の多文化共生のための在日ディアスポラの複合的価値」  2022年11月  韓国東国大学校日本学研究所

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東国大学校日本学研究所オンライン  

  • ドラマ「パチンコ」が映し出す世界と「在日」の生 招待 国際会議

    伊地知紀子

    グローバルな物語としての「パチンコ」-「在日」の表象と植民地主義の記憶   2022年10月  北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院東アジアメディア研究センター、 早稲田大学アジア研究所、東京大学大学院情報学環李美淑研究室

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京大学大学院情報学環・福武ホール  

  • 大阪と在日コリアン 招待

    伊地知紀子

    北海道大学「パチンコ」研究会   2022年07月  北海道大学「パチンコ」研究会 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:北海道大学オンライン  

  • 済州4・3の犠牲者と遺族 存在の規定とジェンダー、そして在日済州人

    伊地知紀子

    東アジアの脱植民地化とジェンダー秩序ー女性たちの経験と集合的記憶の再構築   2022年07月  京都大学人文研アカデミー 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:京都大学  

  • 織り込まれていく加害と被害:韓国・済州島民の経験と記憶 国内会議

    伊地知 紀子

    日本文化人類学会研究大会発表要旨集  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    本報告では、韓国・済州島民が経験した植民地支配、済州4・3事件、朝鮮戦争によって生まれた加害と被害の様相を検討する。これら歴史経験による反日/親日、反託/賛託、武装隊/討伐隊、南/北といった対立は、個々の人生のなかで複雑に絡み合い、村の人間関係にも影響する。幾重にも織り込まれていく加害/被害に人びとはいかにして折り合いをつけようとするのか、フィールドからの知見を踏まえて考えたい。

Works(作品等)

  • 「冷戦期日韓におけるアメリカの存在―映像文化と生活世界から見える「アメリカ」

    2010年
    -
    2012年

  • 日本在外同胞の歴史的経験と生活:日本・関西地域を中心に

    2010年

  • 解放前海外居住および帰還経験:職業と家族を中心とした日本での生活史

    2009年

  • 海域世界の知をめぐる動態的研究

    2008年
    -
    2009年

  • 現代の巡礼

    2006年
    -
    2007年

  • アジア太平洋地域におけるオルタナティブな発展の可能性に関する学際的研究

    2006年

  • 「日韓の海域生活者による漁撈文化形成に関する実証的研究−19世紀末以降の社会変化への対応過程として」

    2005年
    -
    2007年

  • 四国遍路と世界の巡礼

    2005年

  • 学際的アプローチからの異文化理解教育の可能性 −言語と文化を統合する朝鮮語テキストの作成−

    2005年

  • 解放直後・在日済州島出身者の生活史調査

    1999年

  • A Survey of the Life Histories of Resident Koreans in Japan from Cheju Island in the Immediate Postwar Period

    1999年

  • A History of Interchange in the Everyday Life between Japan and Korea

    1997年

  • 日韓の民衆生活交流史

    1997年

  • 韓国・済州島の一海村の生活誌調査

    1994年

  • An Ethnographic Research of a seaside village at Cheju in Korea

    1994年

▼全件表示

研究員受入実績

  • 2022年度  研究員数:4名

担当教育概要

  • 質的調査に関する研究法をベースとし、概論、実習、演習を担当している。

社会貢献活動

  • トーク&文化体験イベント「生野の女たち」

    役割:助言・指導, 企画

    大阪公立大学大阪コリアン研究プラットフォーム  2022年11月 - 2022年12月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 大阪韓国文化院「秋夕の風習」

    役割:助言・指導, 情報提供, 寄稿

    大阪韓国文化院  秋夕の風習  2022年09月

     詳細を見る

    種別:その他

メディア報道

  • コリアタウンを、国際タウンに…大阪・生野 多文化共生の取り組み進む  新聞・雑誌

    読売新聞  読売新聞  2023年01月

      詳細を見る

    SDGs:

  • 済州MBC NEWS DESK テレビ・ラジオ番組

    済州MBC  NEWS DESK  2022年10月

      詳細を見る

    SDGs:

  • 「大阪コリアタウン歴史資料館」提案 伊地知紀子教授 新聞・雑誌

    漢拏日報  2022年08月

      詳細を見る

    SDGs:

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 関わりあいからの人間学

    分野:文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー)

     詳細を見る

    対象:高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 学術団体, 市民団体

    キーワード:多様性、複雑性、共存、異文化 

    大小様々な困難に直面した人たちが、日常生活のなかで繋がり創りだす場について、具体的な事例から考えます。こうした場には、困難を抱えていない人も行きがかりで、あるいは止むに止まれず繋がっていってしまいます。サークル、コミュニティ、共同体などと呼ばれるこうした場では、複数の人間が共同で何かをするため創意工夫が必要ですが、そもそもテキストは存在しません。では、ではどうやって?この問いを考えていきます。

学術貢献活動

  • 日本文化人類学会倫理委員会第3回シンポジウム

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    日本文化人類学会倫理委員会  2023年02月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • 国際高麗学会世界大会「第15回コリア学国際学術討論会」

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等, 査読

    国際高麗学会  2022年08月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • 日本文化人類学会大会倫理委員会シンポジウム

    役割:企画立案・運営等

    日本文化人類学会倫理委員会  2022年06月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • 関西社会学会大会

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    関西社会学会  2022年05月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • 大阪コリアタウン歴史資料館

    役割:企画立案・運営等

    伊地知紀子  2021年04月 - 継続中

  • 大阪コリアン研究プラットフォーム

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等, 学術調査立案・実施

    伊地知紀子  2020年04月 - 継続中

▼全件表示

外国人受入実績

  • 2022年度

    留学生受入数 :3名

役職

  • 部局内役職

    大学院文学研究科 人間行動学専攻 

    専攻長  2023年04月 - 継続中