2024/04/25 更新

写真a

カミヤ トモノリ
神谷 知憲
KAMIYA Tomonori
担当
大学院医学研究科 基礎医科学専攻 助教
医学部 医学科
職名
助教
所属
医学研究院
プロフィール
生体内の共生微生物が疾患発症、または恒常性維持への関与を対象とし、免疫学、バイオインフォマティクス、代謝物解析、細菌学、実験動物学的手法を用いて研究を実施している。
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 基礎医科学専攻 

    助教  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    助教  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(理学) ( 東京大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 生理学  / 病態生理学, 腸管免疫学, 微生物学,生物情報学

研究キーワード

  • 共生微生物、代謝物、免疫、肝臓、肥満、メタゲノム解析

研究概要

  • 腸内細菌による肝疾患促進/抑制メカニズムに関する研究

  • 共生微生物による疾患発症、恒常性維持機構の解明

所属学協会

  • 日本免疫学会

      国内

  • 日本がん免疫学会

  • 腸内細菌学会

学歴

  • 東京大学   理学系研究科   生物化学   博士課程   単位取得満期退学

    2011年04月 - 2014年03月

  • 東京大学   理学系研究科   生物化学   修士課程   卒業・修了

    2009年04月 - 2011年03月

  • 東京工業大学   生命理工学部   生体機構コース     卒業・修了

    2005年04月 - 2009年03月

論文

  • Oral Microbial Profile Analysis in Patients with Oral and Pharyngeal Cancer Reveals That Tumoral Fusobacterium nucleatum Promotes Oral Cancer Progression by Activating YAP. 査読

    Yamamoto Y, Kamiya T, Yano M, Huyen VT, Oishi M, Nishio M, Suzuki A, Sunami K, Ohtani N

    Microorganisms   11 ( 12 )   2023年12月( ISSN:2076-2607

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/microorganisms11122957

    PubMed

  • Visualization of hydrocarbon chain length and degree of saturation of fatty acids in mouse livers by combining near-infrared hyperspectral imaging and machine learning. 査読

    Mori A, Umezawa M, Okubo K, Kamiya T, Kamimura M, Ohtani N, Soga K

    Scientific reports   13 ( 1 )   20555   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-023-47565-z

    PubMed

  • Recent updates on the role of the gut-liver axis in the pathogenesis of NAFLD/NASH, HCC, and beyond. 査読

    Ohtani N, Kamiya T, Kawada N

    Hepatology communications   7 ( 9 )   2023年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/HC9.0000000000000241

    PubMed

  • Characterization of Transcriptomic and Proteomic Changes in the Skin after Chronic Fluocinolone Acetonide Treatment. 査読

    Choi Y, Takasugi M, Takemura K, Yoshida Y, Kamiya T, Adachi J, Tsuruta D, Ohtani N

    Biomolecules   12 ( 12 )   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/biom12121822

    PubMed

  • The role of immune cells in the liver tumor microenvironment: an involvement of gut microbiota-derived factors.

    Kamiya T, Ohtani N

    International immunology   34 ( 9 )   467 - 474   2022年09月( ISSN:0953-8178

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <jats:title>Abstract</jats:title><jats:p>Abstract</jats:p><jats:p>More than 500 species of microbiota reside in the human intestine and coexist with humans, their host. Gut microbial metabolites and components are absorbed from the intestine and influence cells in the liver, including hepatocytes and stromal cells, such as liver sinusoidal endothelial cells, hepatic stellate cells, Kupffer cells, natural killer (NK) cells, NK T cells and other immune cells. This gut-originated axis to the liver is called the “gut–liver axis”, which underscores the importance of the link between the gut and the liver. In this review, we discuss the gut microbial components and metabolites that affect cells in the liver, particularly in association with immune cells, and the related responses. We also highlight the mechanisms underlying gut microbiota-mediated liver carcinogenesis and discuss cancer prevention, including the recently clarified modulation of immune checkpoint inhibitor efficacy by the gut microbiota.</jats:p>

    DOI: 10.1093/intimm/dxac020

    PubMed

  • Gasdermin D-mediated release of IL-33 from senescent hepatic stellate cells promotes obesity-associated hepatocellular carcinoma. 査読

    Yamagishi R, Kamachi F, Nakamura M, Yamazaki S, Kamiya T, Takasugi M, Cheng Y, Nonaka Y, Yukawa-Muto Y, Thuy LTT, Harada Y, Arai T, Loo TM, Yoshimoto S, Ando T, Nakajima M, Taguchi H, Ishikawa T, Akiba H, Miyake S, Kubo M, Iwakura Y, Fukuda S, Chen WY, Kawada N, Rudensky A, Nakae S, Hara E, Ohtani N

    Science immunology   7 ( 72 )   eabl7209   2022年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciimmunol.abl7209

    PubMed

  • Distinct responsiveness to rifaximin in patients with hepatic encephalopathy depends on functional gut microbial species. 査読

    Yukawa-Muto Y, Kamiya T, Fujii H, Mori H, Toyoda A, Sato I, Konishi Y, Hirayama A, Hara E, Fukuda S, Kawada N, Ohtani N

    Hepatology communications   2022年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hep4.1954

    PubMed

  • Galectin-3 promotes the adipogenic differentiation of PDGFRα+ cells and ectopic fat formation in regenerating muscle. 査読

    Takada N, Takasugi M, Nonaka Y, Kamiya T, Takemura K, Satoh J, Ito S, Fujimoto K, Uematsu S, Yoshida K, Morita T, Nakamura H, Uezumi A, Ohtani N

    Development (Cambridge, England)   149 ( 3 )   2022年02月( ISSN:0950-1991

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/dev.199443

    PubMed

  • Galectin-3 promotes the adipogenic differentiation of PDGFRα+ cells and ectopic fat formation in regenerating muscle. 査読

    Takada N, Takasugi M, Nonaka Y, Kamiya T, Takemura K, Satoh J, Ito S, Fujimoto K, Uematsu S, Yoshida K, Morita T, Nakamura H, Uezumi A, Ohtani N

    Development (Cambridge, England)   2022年01月( ISSN:0950-1991

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/dev.199443

    PubMed

  • Bioinformatics Analysis of Oral, Vaginal, and Rectal Microbial Profiles during Pregnancy: A Pilot Study on the Bacterial Co-Residence in Pregnant Women. 査読

    Fudaba M, Kamiya T, Tachibana D, Koyama M, Ohtani N

    Microorganisms   9 ( 5 )   2021年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/microorganisms9051027

    PubMed

  • Bioinformatics Analysis of Oral, Vaginal, and Rectal Microbial Profiles during Pregnancy: A Pilot Study on the Bacterial Co-Residence in Pregnant Women 査読

    Fudaba Megumi, Kamiya Tomonori, Tachibana Daisuke, Koyama Masayasu, Ohtani Naoko

    MICROORGANISMS   9 ( 5 )   2021年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/microorganisms9051027

    PubMed

  • Visualization of quantitative lipid distribution in mouse liver through near-infrared hyperspectral imaging 査読

    Okubo Kyohei, Kitagawa Yuichi, Hosokawa Naoki, Umezawa Masakazu, Kamimura Masao, Kamiya Tomonori, Ohtani Naoko, Soga Kohei

    BIOMEDICAL OPTICS EXPRESS   12 ( 2 )   823 - 835   2021年02月( ISSN:2156-7085

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1364/BOE.413712

    PubMed

  • Visualization of quantitative lipid distribution in mouse liver through near-infrared hyperspectral imaging. 査読

    Okubo K, Kitagawa Y, Hosokawa N, Umezawa M, Kamimura M, Kamiya T, Ohtani N, Soga K

    Biomedical optics express   12 ( 2 )   823 - 835   2021年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1364/BOE.413712

    PubMed

  • Gut microbial metabolite and obesity-associated liver cancer 査読

    Ohtani Naoko, Kamiya Tomonori, Kamachi Fumitaka, Yamagishi Ryota

    CANCER SCIENCE   112   1031 - 1031   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suppression of IL-17F, but not of IL-17A, provides protection against colitis by inducing T-reg cells through modification of the intestinal microbiota 査読

    Tang Ce, Kakuta Shigeru, Shimizu Kenji, Kadoki Motohiko, Kamiya Tomonori, Shimazu Tomoyuki, Kubo Sachiko, Saijo Shinobu, Ishigame Harumichi, Nakae Susumu, Iwakura Yoichiro

    NATURE IMMUNOLOGY   19 ( 7 )   755 - +   2018年07月( ISSN:1529-2908

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41590-018-0134-y

    PubMed

  • β-Glucans in food modify colonic microflora by inducing antimicrobial protein, calprotectin, in a Dectin-1-induced-IL-17F-dependent manner 査読

    Kamiya. T, Tang. C, Kadoki. M, Oshima. K, Hattori. M, Saijo. S, Adachi. Y, Ohno. N, Iwakura. Y

    Mucosal Immunology   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • An optimistic protein assembly from sequence reads salvaged an uncharacterized segment of mouse picobirnavirus. 査読

    Gonzalez G, Sasaki M, Burkitt-Gray L, Kamiya T, Tsuji NM, Sawa H, Ito K

    Scientific reports   7   40447   2017年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep40447

    PubMed

  • Improvement of Intestinal Immune Cell Function by Lactic Acid Bacteria for Dairy Products. 査読

    Kamiya T, Watanabe Y, Makino S, Kano H, Tsuji NM

    Microorganisms   5 ( 1 )   2016年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/microorganisms5010001

    PubMed

  • Visualization of Probiotic-Mediated Ca2+ Signaling in Intestinal Epithelial Cells In Vivo. 査読

    Adachi T, Kakuta S, Aihara Y, Kamiya T, Watanabe Y, Osakabe N, Hazato N, Miyawaki A, Yoshikawa S, Usami T, Karasuyama H, Kimoto-Nira H, Hirayama K, Tsuji NM

    Frontiers in immunology   7   601   2016年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fimmu.2016.00601

    PubMed

  • Targeting C-type lectin receptors for cancer immunity 査読

    Huimin Yan, Tomomori Kamiya, Papawee Suabjakyong, Noriko M. Tsuji

    Frontiers Immunology   2015年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Inhibition of Dectin-1 Signaling Ameliorates Colitis by Inducing Lactobacillus-Mediated Regulatory T Cell Expansion in the Intestine. 査読

    Tang C, Kamiya T, Liu Y, Kadoki M, Kakuta S, Oshima K, Hattori M, Takeshita K, Kanai T, Saijo S, Ohno N, Iwakura Y

    Cell host & microbe   18 ( 2 )   183 - 97   2015年08月( ISSN:1931-3128

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chom.2015.07.003

    PubMed

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 【知っておくべきアレルギー・免疫の知識】腸内細菌叢と免疫 査読

    神谷 知憲, 大谷 直子

    ENTONI   ( 292 )   69 - 79   2024年01月( ISSN:1346-2067

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    ヒトの腸内には500~1,000種類ほど,数にして40兆個以上の腸内細菌が存在するといわれている.腸内細菌は栄養素を産生したり,病原体の感染防御に役立つなど,宿主とよい関係性で共生し,宿主の生体恒常性維持に役立っている.近年,次世代シーケンサーによる大量のシーケンシング技術の発達により,菌のDNA解析が進み,様々な病態で腸内細菌叢の変化が生じていることがわかってきた.腸内細菌叢のdysbiosisにより,腸管免疫を含む宿主の免疫反応の乱れが生じ,宿主の病態発症につながることがある.近年,炎症性腸疾患などの消化管疾患だけでなく,肥満,非アルコール性脂肪肝炎など,腸から離れた様々な遠隔臓器の疾患・病態において腸内細菌叢のdysbiosisとの関連が報告されている.腸内細菌は周囲の免疫細胞へ影響を及ぼすが,それは多くの場合,菌体そのものの成分や腸内細菌が産生する代謝物質を介することが報告されている.本稿では,特に研究が進んでいる腸内細菌と炎症性腸疾患とのかかわりや,筆者が専門としている腸肝軸を介する肝疾患への影響を重点的に紹介する.(著者抄録)

  • 【腸内細菌学雑誌】常在細菌叢が関わる病態メカニズムの解明と疾患予防を目指して 招待 査読

    神谷知憲, 大谷直子

    腸内細菌学会   37 ( 4 )   199 - 203   2023年10月( ISSN:1343-0882 ( eISSN:1349-8363

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 【発がん研究の最前線~がんの原因解明から予防法開発まで~】大腸がん発症に対する腸内細菌叢の関与 査読

    神谷 知憲, 大谷 直子

    Precision Medicine   6 ( 4 )   272 - 276   2023年04月( ISSN:2434-3625

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    ヒトと腸内細菌叢はお互い良い共生関係にあり,シンバイオーシス状態を保っているが,ひとたびそのホメオスタシスが崩れると,ディスバイオーシス状態になり様々な疾患の発症につながる可能性がある。がんもそのような腸内細菌のアンバランスにより影響を受ける疾患のひとつであろう。本稿では,大腸がん発症との関連が示されている3種の腸内細菌,Fusobacterium nucleatum,metalloproteaseを分泌するEnterotoxigenic B.fragilis(ETBF),腸内細菌種,DNAをアルキル化するコリバクチンを産生するpks陽性Escherichia coliの作用について紹介する。また,発がんとの関連する腸内細菌の代謝物についても言及する。(著者抄録)

  • 【マイクロバイオームが切り拓く肝胆膵の新未来】マイクロバイオームとがん 査読

    神谷 知憲, 大谷 直子

    肝胆膵   86 ( 3 )   289 - 297   2023年03月( ISSN:0389-4991

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 腸内細菌叢により修飾される胆汁酸とTh17活性 査読

    神谷 知憲, 大谷 直子

    臨床免疫・アレルギー科   78 ( 6 )   729 - 736   2022年12月( ISSN:1881-1930

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【Systemic Organ Interactions in Gastrointestinal Diseases】肝がん微小環境における免疫細胞の役割 腸内細菌叢由来因子の関与(The role of immune cells in the liver tumor microenvironment: an involvement of gut microbiota-derived factors) 査読

    Kamiya Tomonori, Ohtani Naoko

    International Immunology   34 ( 9 )   467 - 474   2022年09月( ISSN:0953-8178

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

科研費

  • 腸内細菌が代謝する新規機能性脂肪酸による肥満誘導性肝がん抑制機構の解明

    若手研究  2020年04月

  • 腸内細菌による新規脂肪酸代謝物の肝疾患に対する作用機構の解明

    研究活動スタート支援  2018年08月

担当教育概要

  • ・消化器系コース(消化管免疫と腸内細菌叢)
    ・機能系実習(血液、呼吸器)
    ・修業実習

担当授業科目

  • 医学研究推進コース1

    2023年度     大学

  • 機能系実習

    2023年度     大学

  • 修業実習

    2023年度     大学

  • 消化器系コース

    2023年度     大学

  • 医学研究推進コース1

    2022年度     大学

  • 機能系実習

    2022年度     大学

  • 消化器系コース

    2022年度     大学

  • 修業実習

    2022年度     大学

  • 修業実習

    2021年度     大学

  • 消化器系コース

    2021年度     大学

  • 機能系実習

    2021年度     大学

  • 医学研究推進コース1

    2021年度     大学

  • 消化器系コース

    2020年度     大学

  • 修業実習

    2020年度     大学

  • 機能系実習

    2020年度     大学

  • 修業実習

    2019年度     大学

  • 機能系実習

    2019年度     大学

  • 修業実習

    2018年度     大学

  • 機能系実習

    2018年度     大学

▼全件表示

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:2名 

    博士前期課程学生指導数:3名  博士後期課程学生指導数:4名

  • 2022年度

    博士前期課程学生指導数:1名  博士後期課程学生指導数:4名

  • 2021年度

    卒業論文指導数:2名 

    博士前期課程学生指導数:1名  博士後期課程学生指導数:5名