2024/04/15 更新

写真a

ホソカワ チエ
細川 千絵
HOSOKAWA Chie
担当
大学院理学研究科 化学専攻 教授
理学部 化学科
職名
教授
所属
理学研究院
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院理学研究科 化学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 化学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 大阪大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / ナノバイオサイエンス

  • ナノテク・材料 / 基礎物理化学

  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学

  • ナノテク・材料 / 光工学、光量子科学

研究キーワード

  • 顕微分光

  • 蛍光イメージング

  • ニューロフォトニクス

  • 神経情報コード

  • 脳・神経

  • 生物物理

  • 生体生命情報学

  • ナノバイオ

  • 光ピンセット

所属学協会

  • 応用物理学会

      国内

  • 日本生物物理学会

      国内

  • 日本化学会

      国内

  • 日本分光学会

      国内

  • Society for Neuroscience

      国外

  • 応用物理学会有機分子・バイオエレクトロニクス分科会

      国内

  • 日本神経科学学会

      国内

  • 電気学会

  • 計測自動制御学会

  • ナノ学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 分野別専門委員   日本生物物理学会  

    2024年01月 - 2024年12月 

  • Organizing Committee   21st IUPAB Congress 2024 (IUPAB2024)  

    2023年06月 - 継続中 

  • 量子ビームによる機能性ミクロ構造創生とバイオメディカルシステム応用技術調査専門委員会   一般社団法人電気学会  

    2023年05月 - 2025年04月 

  • Organizing Committee   The 11th International Conference on Molecular Electronics & Bioelectronics (M&BE11)  

    2023年04月 - 継続中 

  • 2023・2024年度 代議員   日本生物物理学会  

    2023年04月 - 2025年03月 

  • Symposium Chair   16th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2023)  

    2023年01月 - 2023年11月 

  • 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会 庶務幹事   公益社団法人応用物理学会  

    2022年04月 - 2024年03月 

  • 専門調査員   文部科学省 科学技術・学術政策研究所  

    2022年04月 - 継続中 

  • R041バイオ・分子・ナノテクノロジー融合委員会委員   日本学術振興会 産学協力委員会  

    2022年04月 - 継続中 

  • 第61期、第62期 代議員   公益社団法人応用物理学会  

    2022年04月 - 2024年03月 

  • 「分子ナノテクノロジー」第174委員会委員   日本学術振興会 産学協力研究委員会  

    2021年08月 - 2022年03月 

  • 光・量子デバイス技術委員会 「量⼦ビームによるナノ構造・界⾯形成とバイオメディカル応⽤」技術調査専門委員会委員   電気学会  

    2021年05月 - 2023年04月 

  • 分野別専門委員   日本生物物理学会  

    2021年01月 - 2022年12月 

  • 理事   日本生物物理学会  

    2019年06月 - 2021年05月 

  • 光・量子デバイス技術委員会 「量子ビームによるナノ構造形成とその医療・バイオ応用」技術調査専門委員会委員   電気学会  

    2019年05月 - 2021年04月 

  • 代議員   日本生物物理学会  

    2019年04月 - 2021年03月 

  • 幹事   日本分光学会 関西支部  

    2018年04月 - 継続中 

  • 「生物物理」会誌編集委員   日本生物物理学会  

    2017年04月 - 2018年12月 

  • 常任幹事   応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会  

    2015年04月 - 2017年03月 

▼全件表示

受賞歴

  • 第9回 2013年 第51回年会 若手招待講演者

    細川 千絵

    2013年09月   日本生物物理学会  

  • 第6回資生堂女性研究者サイエンスグラント

    細川 千絵

    2013年06月   資生堂  

  • 研究奨励賞

    細川 千絵

    2011年09月   計測自動制御学会 生体・生理工学部会  

  • 第20回(2006年春季) 講演奨励賞

    細川 千絵

    2006年09月   応用物理学会  

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学   大学院理学研究科 化学専攻

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪市立大学   大学院理学研究科 物質分子系専攻   非常勤講師

    2019年01月 - 2022年03月

  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所   主任研究員

    2013年03月 - 2018年12月

  • 独立行政法人科学技術振興機構   さきがけ研究者 (兼任)

    2006年10月 - 2011年03月

  • 独立行政法人産業技術総合研究所   研究員

    2006年04月 - 2013年02月

  • 大阪大学   大学院工学研究科   特任研究員

    2006年01月 - 2006年03月

  • 日本学術振興会   特別研究員(DC2)

    2003年04月 - 2005年03月

▼全件表示

学歴

  • 大阪大学   大学院工学研究科    応用物理学専攻   博士課程後期   卒業・修了

    2002年04月 - 2005年12月

  • 大阪大学   大学院工学研究科    応用物理学専攻   博士課程前期   卒業・修了

    2000年04月 - 2002年03月

  • 大阪大学   工学部   応用自然科学科   学士課程   卒業・修了

    1996年04月 - 2000年03月

論文

  • Mechanisms of neuronal stimulation with a focused nanosecond optical vortex

    Yumi Segawa, Yasushi Tanimoto, Ken-ichi Yuyama, Wataru Minoshima, Kyoko Masui, Takashige Omatsu, Chie Hosokawa

    Optical Manipulation and Structured Materials Conference   12606   126061H   2023年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1117/12.3008385

  • Network-wide neuronal activity under optical trapping of synaptic vesicles in cultured neurons

    Optical Manipulation and Structured Materials Conference   12606   1260613   2023年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1117/12.3008362

  • 集光レーザービームの光摂動を利用した神経回路網の細胞機能操作 査読

    細川 千絵

    応用物理   92 ( 3 )   166 - 170   2023年03月( ISSN:03698009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>神経回路網は電気的結合とシナプス結合を介して情報伝達を行う.神経細胞間の結合強度を動的に変化させることにより脳の情報処理を実現している.我々は,この神経伝達過程を能動的に,かつ非接触に操作可能な手法として集光レーザービームの光摂動を利用した細胞操作手法の開発を進めている.本稿では,集光レーザー摂動を用いた神経細胞の局所操作について紹介するとともに,神経回路網の細胞機能操作への展望について述べる.</p>

    DOI: 10.11470/oubutsu.92.3_166

  • Recent advances in optical manipulation of cells and molecules for biological science 査読

    T. Kishimoto, K. Masui, W. Minoshima, C. Hosokawa

    Journal of Photochemistry and Photobiology C: Photochemistry Reviews   53   100554   2022年12月( ISSN:13895567

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jphotochemrev.2022.100554

  • Optical trapping dynamics of nanoparticles by resonant optical response 査読

    Ko Ueno, Tatsunori Kishimoto, Kyoko Masui, Chie Hosokawa

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   12479   78   2022年12月( ISSN:0277786X ( ISBN:9781510660656

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1117/12.2659047

  • Drastic photostability improvement of silica particles impregnated with multiple emitting CdSe quantum dots prepared through efficient surface silanization 査読 国際共著

    N. Murase, C. Hosokawa, C. Li, M. Onishi, T. Sawai

    Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects   654   130084   2022年12月( ISSN:09277757

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2022.130084

  • Detection of Glutamate Encapsulated in Liposomes by Optical Trapping Raman Spectroscopy 査読

    K. Masui, Y. Nawa, S. Tokumitsu, T. Nagano, M. Kawarai, H. Tanaka, T. Hamamoto, W. Minoshima, T. Tani, S. Fujita, H. Ishitobi, C. Hosokawa, Y. Inouye

    ACS Omega   7 ( 11 )   9701 - 9709   2022年03月( ISSN:2470-1343

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acsomega.1c07206

    PubMed

  • Optical trapping of nanoparticles suspended in water with a bull’s eye-type plasmonic chip 査読

    細川 千絵

    Proceedings of SPIE   11926   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Single particle tracking analysis of optical trapping dynamics of ampa-type glutamate receptors 査読

    Kishimoto T.

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   141 ( 5 )   668 - 675   2021年( ISSN:03854221

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejeiss.141.668

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Optical trapping of nanoparticles suspended in water with a bull's eye-type plasmonic chip 査読

    Hosokawa C.

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   11926   2021年( ISSN:0277786X ( ISBN:9781510647206

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2616159

  • Fluid convection driven by suspended particles in optical trapping 査読

    Tsuji T.

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   11926   1 - 2   2021年( ISSN:0277786X ( ISBN:9781510647206

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2616108

  • Deuterated Glutamate-Mediated Neuronal Activity on Micro-Electrode Arrays. 査読

    Minoshima W, Masui K, Tani T, Nawa Y, Fujita S, Ishitobi H, Hosokawa C, Inouye Y

    Micromachines   11 ( 9 )   830 - 830   2020年09月( ISSN:2072-666X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/MI11090830

    PubMed

  • Two-Photon-Excited Emission of Quantum Dots with a Plasmonic Chip 査読

    Omura Y.

    Journal of Physical Chemistry C   124 ( 29 )   16076 - 16082   2020年07月( ISSN:1932-7447

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.0c00826

  • Neuronal electrical activity induced by optical trapping of neurotransmitter receptors on neuron 査読

    Tatsunori Kishimoto, Suguru N. Kudoh, Takahisa Taguchi, Chie Hosokawa

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   11522   1152217   2020年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

    DOI: https://doi.org/10.1117/12.2573759

  • Convection Dynamics Forced by Optical Trapping with a Focused Laser Beam 査読

    Hosokawa C.

    Journal of Physical Chemistry C   124 ( 15 )   8323 - 8333   2020年04月( ISSN:1932-7447

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.9b11663

  • Real-time fluorescence measurement of spontaneous activity in a high-density hippocampal network cultivated on a plasmonic dish 査読

    Wataru Minoshima, Chie Hosokawa, Suguru N. Kudoh, Keiko Tawa

    Journal of Chemical Physics   152 ( 1 )   2020年01月( ISSN:0021-9606

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2020 Author(s). High-density cultured neuronal networks have been used to evaluate synchronized features of neuronal populations. Voltage-sensitive dye (VSD) imaging of a dissociated cultured neuronal network is a critical method for studying synchronized neuronal activity in single cells. However, the signals of VSD are generally too faint - that is, the signal-to-noise ratio (S/N) is too low - to detect neuronal activity. In our previous research, a silver (Ag) plasmonic chip enhanced the fluorescence intensity of VSD to detect spontaneous neural spikes on VSD imaging. However, no high-density network was cultivated on the Ag plasmonic chip, perhaps because of the chemical instability of the Ag surface. In this study, to overcome the instability of the chip, we used a chemically stable gold (Au) plasmonic dish, which was a plastic dish with a plasmonic chip pasted to the bottom, to observe neuronal activity in a high-density neuronal network. We expected that the S/N in real-time VSD imaging of the Au plasmonic chip would be improved compared to that of a conventional glass-bottomed dish, and we also expected to detect frequent neural spikes. The increase in the number of spikes when inhibitory neurotransmitter receptors were inhibited suggests that the spikes corresponded to neural activity. Therefore, real-time VSD imaging of an Au plasmonic dish was effective for measuring spontaneous network activity in a high-density neuronal network at the spatial resolution of a single cell.

    DOI: 10.1063/1.5131497

    PubMed

  • Neuronal electrical activity induced by optical trapping of neurotransmitter receptors on neuron 査読

    Kishimoto T.

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   11522   2020年( ISSN:0277-786X ( ISBN:9781510638518

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1117/12.2573759

  • Long-term real-time imaging of a voltage sensitive dye in cultured hippocampal neurons using the silver plasmonic dish 査読

    Minoshima W.

    Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry   384   111949   2019年11月( ISSN:1010-6030

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jphotochem.2019.111949

  • Learning process for identifying different types of communication via repetitive stimulation: feasibility study in a cultured neuronal network 査読

    Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa, Yuko Mizuno-Matsumoto, Tomomitsu Miyoshi, Shinichi Tamura

    AIMS Neuroscience   6 ( 4 )   240 - 249   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3934/Neuroscience.2019.4.240

  • Asynchronous Multiplex Communication Channels in 2-D Neural Network with Fluctuating Characteristics 査読

    Shinichi Tamura, Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa, Yuko Mizuno-Matsumoto

    IEEE Transactions on Neural Networks and Learning Systems   30 ( 8 )   2336 - 2345   2019年08月( ISSN:2162-237X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2012 IEEE. Neurons behave like transistors, but have fluctuating characteristics. In this paper, we show that several asynchronous multiplex communication channels can be established in a 2-D mesh neural network with randomly generated weights between eight neighbors. Neurons were simulated by integrate-and-fire neuron models without leakage and with fluctuating refractory period and output delay. If one of the transmitting neuron groups is stimulated, the signal is propagated in the form of spike waves. The corresponding receiving neuron group is able to identify the signal after having learned to form an asynchronous multiplex communication channel. The channel is composed of many intermediate/interstitial neurons working as relays. Each neuron can work as an I/O and as a relay element, i.e., as a multiuse unit. Grouping and synchronic firing is often seen in natural neuronal networks and seems to be effective for stable/robust communication in conjunction with spatial multiplex communication. This communication pattern corresponds to our wet lab experiments on cultured neuronal networks and is similar to sound identification by the ear and mobile adaptive communication systems.

    DOI: 10.1109/TNNLS.2018.2880565

    PubMed

  • Non-uniform stochastic dynamics of nanoparticle clusters at a solid-liquid interface induced by laser trapping 査読

    Itsuo Hanasaki, Chie Hosokawa

    Japanese Journal of Applied Physics   58 ( SD )   SDDK07-1 - 8   2019年06月( ISSN:0021-4922

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.7567/1347-4065/ab0887

    その他URL: https://doi.org/10.7567/1347-4065/ab0887

  • Anisotropic dynamics of nanoparticles in clusters at a solid-liquid interface by laser trapping 査読

    Itsuo Hanasaki, Chie Hosokawa

    Journal of Physics: Conference Series   1220 ( 1 )   012015   2019年05月( ISSN:1742-6588

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    © Published under licence by IOP Publishing Ltd. It is well-recognized that the Brownian motion of particles in fluids is random. Nevertheless, there can be characteristics depending on the specific physical conditions. We analyze the system of nanoparticle clusters formed by the laser trapping force field at the solid-liquid interface, based on the microscopy movie data. Since the laser trapping force field is basically a function of radial distance from the focal point in the two dimension at the liquid-solid interface, we examine the difference of displacement distributions in the radial and circumferential directions. The results show that the basic characteristics in this system depends on the laser power, and there is an anisotropy in the stochastic motion of the nanoparticles.

    DOI: 10.1088/1742-6596/1220/1/012015

  • Time-scale dependent Brownian motion of nanoparticles in clusters at a solid-liquid interface by laser trapping 査読

    Itsuo Hanasaki, Chie Hosokawa

    Journal of Physics: Conference Series   1220 ( 1 )   012014   2019年05月( ISSN:1742-6588

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    © Published under licence by IOP Publishing Ltd. Nanoparticles in a cluster trapped by laser-induced force field show Brownian motion at solid-liquid interfaces. The cluster formation means that the particles are highly concentrated. In general, the diffusion coefficients of particles in fluids decrease with substantially high concentration and also in the vicinity of solid walls due to the hydrodynamic effect. The particle trajectory data obtained from the experimental measurements show that the longer time span of observation leads to smaller diffusion coefficient due to the confinement effect. However, they also exhibit higher diffusion coefficient compared to the the bulk condition when evaluated at a sufficiently short time span of the frame interval under the condition of sufficiently high laser powers.

    DOI: 10.1088/1742-6596/1220/1/012054

  • Resonance laser effect on optical trapping of cell surface molecules 査読

    Tatsunori Kishimoto, Suguru N. Kudoh, Takahisa Taguchi, Chie Hosokawa

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   11141   1114101   2019年( ISSN:0277-786X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

    その他URL: http://orcid.org/0000-0002-0289-4680

  • Learning process for identifying different types of communication via repetitive stimulation: feasibility study in a cultured neuronal network 査読

    Nishitani Yoshi, Hosokawa Chie, Mizuno-Matsumoto Yuko, Miyoshi Tomomitsu, Tamura Shinichi

    AIMS NEUROSCIENCE   6 ( 4 )   240 - 249   2019年( ISSN:2373-8006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3934/Neuroscience.2019.4.240

  • Preparation and biomedical applications of bright robust silica nanocapsules with multiple incorporated InP/ZnS quantum dots 査読

    Li Chunliang, Hosokawa Chie, Suzuki Mariko, Taguchi Takahisa, Murase Norio

    NEW JOURNAL OF CHEMISTRY   42 ( 23 )   18951 - 18960   2018年12月( ISSN:1144-0546

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1039/c8nj02465k

  • Quantitative Evaluation of Optical Forces by Single Particle Tracking in Slit-like Microfluidic Channels 査読

    Fumika Nito, Tetsuya Shiozaki, Ryo Nagura, Tetsuro Tsuji, Kentaro Doi, Chie Hosokawa, Satoyuki Kawano

    Journal of Physical Chemistry C   122 ( 31 )   17963 - 17975   2018年08月( ISSN:1932-7447

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2018 American Chemical Society. Optical trapping and manipulation techniques have attracted significant attention in various research fields. Optical forces divided into two terms, such as a scattering force and gradient one, work to push forward and attract objects, respectively. This is a typical property of optical forces. In particular, a tool known as optical tweezers can be created when a laser beam is converged at a focal point, causing strong forces to be generated so as to trap and manipulate small objects. In this study, we propose a novel method to build up assembled structures of polystyrene particles by using optical trapping techniques. Recording trajectories of single particles, the optical forces are quantitatively evaluated using particle tracking velocimetry. Herein, we treat various particle sizes whose diameters range from 1 to 4 μm and expose them to a converged laser beam of 1064 nm wavelength. As a result, both experimental and theoretical results are in good agreement. The behavior of particles is understood in the framework of Ashkin's ray optics. This finding clarifies optical force fields of microparticles distributed in a slit-like microfluidic channel and will be applicable for effectively forming ordered structures in liquids.

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.8b02701

  • Effect of correlating adjacent neurons for identifying communications: Feasibility experiment in a cultured neuronal network 査読

    Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa, Yuko Mizuno-Matsumoto, Tomomitsu Miyoshi, Shinichi Tamura

    AIMS Neuroscience   5 ( 1 )   18 - 31   2018年01月( ISSN:2373-8006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    © 2018 the Author(s). Neuronal networks have fluctuating characteristics, unlike the stable characteristics seen in computers. The underlying mechanisms that drive reliable communication among neuronal networks and their ability to perform intelligible tasks remain unknown. Recently, in an attempt to resolve this issue, we showed that stimulated neurons communicate via spikes that propagate temporally, in the form of spike trains. We named this phenomenon "spike wave propagation". In these previous studies, using neural networks cultured from rat hippocampal neurons, we found that multiple neurons, e.g., 3 neurons, correlate to identify various spike wave propagations in a cultured neuronal network. Specifically, the number of classifiable neurons in the neuronal network increased through correlation of spike trains between current and adjacent neurons. Although we previously obtained similar findings through stimulation, here we report these observations on a physiological level. Considering that individual spike wave propagation corresponds to individual communication, a correlation between some adjacent neurons to improve the quality of communication classification in a neuronal network, similar to a diversity antenna, which is used to improve the quality of communication in artificial data communication systems, is suggested.

    DOI: 10.3934/Neuroscience.2018.1.18

    その他URL: http://orcid.org/0000-0002-0289-4680

  • Optical trapping of quantum-dot conjugated AMPA-type receptors depened on initial assembling states 査読

    Tatsunori Kishimoto, Yasuyo Maezawa, Suguru N. Kudoh, Takahisa Taguchi, Chie Hosokawa

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   10712   1071204   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1117/12.2319362

    その他URL: http://orcid.org/0000-0002-0289-4680

  • Fluorescent imaging of live hippocampal neurons with platinum nanoclusters 査読

    Minami Fujieda, Kyoko Masui, Chie Hosokawa, Hidekazu Ishitobi, Yasushi Inouye

    Optics InfoBase Conference Papers   Part F125-JSAP 2018   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2018 OSA - The Optical Society. All rights reserved. Fluorescent imaging is a powerful technique to reveal how target cells or biomolecules work in biological tissues and cells. So far, organic dyes, fluorescent proteins, and quantum dots have been developed and widely used as a fluorescent probe. However, these fluorescent probes do not work well in certain conditions: they have cytotoxicity and steric hindrance due to inclusion of harmful atoms and/or their sizes. Hence, metal nanoclusters, that are composed of several metal atoms and emit fluorescence owing to quantum size effect, have been anticipated as a newly categorized fluorescent probe. Since the fluorescent wavelength depends on their sizes, it is possible to control the fluorescent wavelength by adjusting the number of composed atoms [1].

  • Creation of nanoparticle arrays by integration of nanofluidics and optical forces 査読

    Satoshi Nishioka, Tatsunori Kishimoto, Chie Hosokawa, Toshiyuki Kawabata, Takehiro Tsujikawa, Toshiyuki Nomura, Suguru N. Kudoh, Yan Xu

    22nd International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, MicroTAS 2018   1   416 - 418   2018年( ISBN:9781510897571

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Copyright© (2018) by Chemical and Biological Microsystems Society.All rights reserved. Optical forces are well known as providing a noncontact method of manipulating micro- or nano-sized particles. In previous studies, however, it has been reported that the trapping power of the optical tweezers is smaller than that of the movement of the particles (eg. Brownian motion) and it becomes unstable trapping. Since the trapping force decreases in proportion to the size of the target, it is extremely difficult to precisely manipulate nano-sized particles. On the other hand, the use of ultrasmall confined spaces of well-defined nanofluidic environments will provide new mechanisms and technologies for manipulating nano-sized particles in liquid phase. These features contribute to the suppression of the Brownian motion of nanoparticles in 3D nano space. The integration of optical forces and nanofluidics would allow single nanoparticles to be captured, transported and arrayed in nanofluidic systems.

  • Preparation and biomedical applications of bright robust silica nanocapsules with multiple incorporated InP/ZnS quantum dots 査読

    Chunliang Li, Chie Hosokawa, Mariko Suzuki, Takahisa Taguchi, Norio Murase

    New Journal of Chemistry   42 ( 23 )   18951 - 18960   2018年( ISSN:1144-0546

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © The Royal Society of Chemistry and the Centre National de la Recherche Scientifique. InP-based quantum dots (QDs) have been proposed as an alternative to CdSe-based QDs for both bioimaging and device displays. In this work, we incorporate hydrophilic InP/ZnS QDs into silica nanocapsules. The morphology, number of incorporated QDs, and photoluminescence (PL) properties of the capsules depend on the alkoxide hydrolysis conditions. By selecting a method of QD surface silanization, multiple QDs (typically 3) are incorporated into the nanocapsules (∼40 nm in size) without causing significant deterioration of the initial PL efficiency (up to 36%). Degradation analysis in different buffer solutions indicates that silica nanocapsules have higher stabilities than pristine QDs. The surface of the nanocapsules was modified with carboxyl groups without any change in morphology. Bright PL images with high resolution were obtained after introducing the nanocapsules into rat hippocampal neurons, when compared with commercial Q-trackers (polymer coated CdSe/ZnS QDs).

    DOI: 10.1039/c8nj02465k

  • Enhanced fluorescence microscopy with the Bull's eye-plasmonic chip 査読

    Tawa Keiko, Izumi Shota, Sasakawa Chisato, Hosokawa Chie, Toma Mana

    OPTICS EXPRESS   25 ( 9 )   10622 - 10631   2017年05月( ISSN:1094-4087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1364/OE.25.010622

    その他URL: http://orcid.org/0000-0002-0289-4680

  • Molecular dynamics in an optical trap of glutamate receptors labeled with quantum-dots on living neurons 査読

    Tatsunori Kishimoto, Yasuyo Maezawa, Suguru N. Kudoh, Takahisa Taguchi, Chie Hosokawa

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   10252   1025208   2017年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1117/12.2275026

    その他URL: http://orcid.org/0000-0002-0289-4680

  • Multiplex communication by BP learning in neural network 査読

    Shinichi Tamura, Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa, Tomomitsu Miyoshi, Hajime Sawai, Yuko Mizuno-Matsumoto, Yen Wei Chen

    Proceedings - 2016 9th International Congress on Image and Signal Processing, BioMedical Engineering and Informatics, CISP-BMEI 2016   825 - 828   2017年02月( ISBN:9781509037100

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    © 2016 IEEE. It is a mystery that neural network composed of neurons with fluctuating characteristics can transmit information well reliably. In this paper, we show, in a simulation using a 9×9 2D mesh neural network, 9 to 1 multiplex communication is possible with 99% correct rate. Neurons are modeled by integrate and fire model without leak. Spikes spreads from transmitting neuron groups, propagated as spike waves, and received by receiving neurons. Then, the receiving neurons classify from which neuron group the spike waves come by back propagation neural network (BPN) method.

    DOI: 10.1109/CISP-BMEI.2016.7852824

  • Classification of Spike Wave Propagations in a Cultured Neuronal Network: Investigating a Brain Communication Mechanism 査読

    Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa, Yuko Mizuno-Matsumoto, Tomomitsu Miyoshi, Shinichi Tamura

    AIMS Neuroscience   4 ( 1 )   1 - 13   2017年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.3934/Neuroscience.2017.1.1.

  • Feasibility of Multiplex Communication in a 2D Mesh Asynchronous Neural Network with Fluctuations 査読

    Shinichi Tamura, Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa

    AIMS Neuroscience   3 ( 4 )   385 - 397   2016年10月( ISSN:2373-8006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.3934/Neuroscience.2016.4.385.

  • Surface plasmon-enhanced optical trapping of quantum-dot-conjugated surface molecules on neurons cultured on a plasmonic chip 査読

    Kohei Miyauchi, Keiko Tawa, Suguru N. Kudoh, Takahisa Taguchi, Chie Hosokawa

    Japanese Journal of Applied Physics   55 ( 6 )   06GN04   2016年06月( ISSN:00214922

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    © 2016 The Japan Society of Applied Physics.Living neurons in a complex neuronal network communicate with each other through synaptic connections. The molecular dynamics of cell surface molecules localized at synaptic terminals is essential for functional connections via synaptic plasticity in the neuronal network. Here, we demonstrate surface-plasmon-resonance-based optical trapping using a plasmonic chip toward realizing effective manipulation of molecules on the surface of neurons. Surface-plasmon-enhanced optical trapping was evaluated by the fluorescence analysis of nanoparticles suspended in water and neural cell adhesion molecules (NCAMs) labeled with quantum dots (Q-dots) on rat hippocampal neurons. The motion of nanoparticles in water and the molecular dynamics of NCAMs on neuronal cells cultured on a plasmonic chip were constrained at the laser focus more effectively than those on a glass substrate because of the surface plasmon resonance effect.

    DOI: 10.7567/JJAP.55.06GN04

  • Fluorescence microscopy imaging of cells with a plasmonic dish integrally molded 査読

    Keiko Tawa, Chisato Sasakawa, Tsuyoshi Fujita, Tsuyoshi Fujita, Kazuyuki Kiyosue, Chie Hosokawa, Junji Nishii, Makoto Oike, Norihiro Kakinuma

    Japanese Journal of Applied Physics   55 ( 3 )   03DF12   2016年03月( ISSN:00214922

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    © 2016 The Japan Society of Applied Physics. A plastic dish with a wavelength-scale periodic structure at a bottom panel was integrally molded and coated with thin metal films. The integrally molded dish called plasmonic dish was applied to bioimaging under a fluorescence microscope. On the plasmonic substrate, the enhanced electric field based on a grating-coupled surface plasmon resonance (GC-SPR) can provide an enhanced fluorescence. In this study, two kinds of cells, human embryonic kidney (HEK) cells and neuronal cells, were observed in our plasmonic dish. Fluorescence images of HEK cells were above 10 times brighter than those obtained on a conventional glass-bottomed dish. Neuronal cells were successfully cultured for 10 d on the plasmonic dish integrally molded, and in fluorescence images with transmitted light, a higher contrast was obtained than in epifluorescence images. The plasmonic dish integrally molded, as well as that fabricated by the UV nanoimprint method, was also found to be useful for sensitive bioimaging.

    DOI: 10.7567/JJAP.55.03DF12

  • Base of brain intelligence: Information flow in cultured neuronal networks and its simulation on 2D mesh network 査読

    Shinichi Tamura, Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa, Yuko Mizuno-Matsumoto, Yen Wei Chen

    2015 12th International Conference on Fuzzy Systems and Knowledge Discovery, FSKD 2015   1747 - 1752   2016年01月( ISBN:9781467376822

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    © 2015 IEEE. It's important for understanding brain intelligence to investigate how the signal/information is flown in neuronal network. We observed spike trains obtained by one-shot electrical stimulation with 8 × 8 multi-electrodes in cultured neuronal networks. Each electrode is considered to collect spikes from several neurons. We then constructed code flow maps as movies of the electrode array to observe the code flow especially of 1101 and 1011. To quantify the flow, we calculated the cross-correlations of the maximum direction of the codes with lengths less than 8. Normalized cross-correlations in the maximum direction were almost constant irrespective of code. Thus, the analysis suggested that the local codes for electrode flow maintained the code shape to some extent and conveyed information in the neural network. Then we made simulation of such code flow, and could estimate rough characteristics of neurons including refractory period and distribution of connection weights between neurons.

    DOI: 10.1109/FSKD.2015.7382211

  • Simulation of Code Spectrum and Code Flow of Cultured Neuronal Networks. 査読

    Shinichi Tamura,Yoshi Nishitani,Chie Hosokawa,Tomomitsu Miyoshi,Hajime Sawai

    Computational Intelligence and Neuroscience   2016   7186092:1-7186092:12   2016年( ISSN:1687-5265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1155/2016/7186092

    その他URL: http://dblp.uni-trier.de/db/journals/cin/cin2016.html#journals/cin/TamuraNHMS16

  • Spike Code Flow in Cultured Neuronal Networks. 査読

    Shinichi Tamura,Yoshi Nishitani,Chie Hosokawa,Tomomitsu Miyoshi,Hajime Sawai,Takuya Kamimura,Yasushi Yagi,Yuko Mizuno-Matsumoto,Yen-Wei Chen

    Computational Intelligence and Neuroscience   2016   7267691:1-7267691:11   2016年( ISSN:1687-5265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1155/2016/7267691

    その他URL: http://dblp.uni-trier.de/db/journals/cin/cin2016.html#journals/cin/TamuraNHMSKYMC16

  • feasibility of multiplex communication in a 2D mesh asynchronous neural network with fluctuations 査読

    Shinichi Tamura, Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa

    AIMS Neuroscience   3 ( 4 )   385 - 397   2016年( ISSN:2373-7972

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2016 Shinichi Tamura et al. It remains a mystery how neural networks composed of neurons with fluctuating characteristics can reliably transmit information. In this study, we simulated a 9 × 9 2D mesh neural network consisting of an integrate-and-fire model without leak, and connection weights that were randomly generated. The characteristics of the refractory period and output delay of the neurons were fluctuated time to time. Spikes from transmitting neuron groups spread (propagated as spike waves) to receiving neurons. For 9 to 1 multiplex communication with a back propagation neural network (BPN), the receiving neurons successfully classified which neuron group transmitted the spike at a rate of 99%. In other words, the activity of the neuron group is propagated in the neural network as spike waves in a broadcasting manner and the wave fragment is received by receiving neurons. Next, point-to-point signal transmission in the neural network is carried out by multi-path, multiplex communication, and diversity reception. Each neuron can function in 3 ways of transmit, relay (transfer), and receive; however, most neurons act as a local relaying media. This type of mechanism is similar to sound propagation through air. Our research group studies the functions of neural networks by combining experiments with cultured neuronal networks with artificial neural network simulations. This current study corresponding to our previous work on the ability of remote receiving neurons to identify two transmitting neuron groups stimulated in a cultured neuronal network, i.e., 2 to 1 communication. These mechanisms may be the basis of higher cortical functions.

    DOI: 10.3934/Neuroscience.2016.4.385

  • Variance of spatiotemporal spiking patterns by different stimulated neurons in cultured neuronal networks 査読

    Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa, Yuko Mizuno-Matsumoto, Tomomitsu Miyoshi, Hajime Sawai, Shinichi Tamura

    International Journal of Academic Research and Reflection   4 ( 3 )   11 - 19   2016年( ISSN:2309-0405

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Spike code and information flow in cultured neuronal networks and its simulation on 2D mesh network 査読

    Shinichi Tamura, Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa, Yuko Mizuno-Matsumoto

    Proceedings of the 2015 7th IEEE International Conference on Cybernetics and Intelligent Systems, CIS 2015 and Robotics, Automation and Mechatronics, RAM 2015   191 - 195   2015年09月( ISBN:9781467373364

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    © 2015 IEEE. It's important to investigate natural intelligence how the signal/ information is flown in neuronal network. We observed spike trains produced by one-shot electrical stimulation with 8 × 8 multi-electrodes in cultured neuronal networks. Each electrode accepted spikes from several neurons. We then constructed code flow maps as movies of the electrode array to observe the code flow especially of '1101' and '1011.' To quantify the flow, we calculated the cross-correlations of the maximum direction of the codes with lengths less than 8. Normalized cross-correlations in the maximum direction were almost constant irrespective of code. Thus, the analysis suggested that the local codes for electrode flow maintained the code shape to some extent and conveyed information in the neural network. Then we made simulation of such code flow.

    DOI: 10.1109/ICCIS.2015.7274571

  • Base of brain intelligence: Information flow in cultured neuronal networks and its simulation on 2D mesh network. 査読

    Shinichi Tamura,Yoshi Nishitani,Chie Hosokawa,Yuko Mizuno-Matsumoto,Yen-Wei Chen

    IEEE Proceedings of 12th International Conference on Fuzzy Systems and Knowledge Discovery   1747 - 1752   2015年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1109/FSKD.2015.7382211

    その他URL: http://dblp.uni-trier.de/db/conf/fskd/fskd2015.html#conf/fskd/TamuraNHMC15

  • Laser-induced perturbation into molecular dynamics localized in neuronal cell 査読

    Hosokawa Chie, Takeda Naoko, Kudoh Suguru N., Taguchi Takahisa

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   9305   93052N   2015年01月( ISSN:0277-786X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1117/12.2076348

  • In situ sensitive fluorescence imaging of neurons cultured on a plasmonic dish using fluorescence microscopy 査読

    Keiko Tawa, Chikara Yasui, Chie Hosokawa, Hiroyuki Aota, Junji Nishii

    ACS Applied Materials and Interfaces   6 ( 22 )   20010 - 20015   2014年11月( ISSN:1944-8244

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2014 American Chemical Society. A plasmonic dish was fabricated as a novel cellculture dish for in situ sensitive imaging applications, in which the cover glass of a glass-bottomed dish was replaced by a grating substrate coated with a film of silver. Neuronal cells were successfully cultured over a period of more than 2 weeks in the plasmonic dish. The fluorescence images of their cells including dendrites were simply observed in situ using a conventional fluorescence microscope. The fluorescence from neuronal cells growing along the dish surface was enhanced using the surface plasmon resonance field. Under an epi-fluorescence microscope and employing a donut-type pinhole, the fluorescence intensity of the neuron dendrites was found to be enhanced efficiently by an order of magnitude compared with that using a conventional glass-bottomed dish. In a transmitted-light fluorescence microscope, the surface-selective fluorescence image of a fine dendrite growing along the dish surface was observed; therefore, the spatial resolution was improved compared with the epi-fluorescence image of the identical dendrite. (Chemical Equation Presented).

    DOI: 10.1021/am505579u

    PubMed

  • Bright fluorescence imaging of cells cultured on the plasmonic dish 査読

    Keiko Tawa, Tsuyoshi Fujita, Chikara Yasui, Kazuyuki Kiyosue, Chie Hosokawa, Chisato Sasakawa, Hiroyuki Aota, Norihiro Kakinuma, Makoto Oike, Junji Nishii

    AMER CHEMICAL SOC ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   248   2014年08月( ISSN:0065-7727

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他URL: http://orcid.org/0000-0002-5736-1187

  • 共鳴光ピンセットによる神経細胞接着分子の捕捉 査読

    武田尚子, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    電気学会論文誌 C   134 ( 8 )   1071 - 1077   2014年( ISSN:0385-4221

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1541/ieejeiss.134.1071

    J-GLOBAL

  • Synchronized code sequences from spike trains in cultured neuronal networks 査読

    Nishitani Y, Hosokawa C, Mizuno-Matsumoto Y, Miyoshi T, Sawai H, Tamura S

    International Journal of Engineering and Industries   5 ( 3 )   12 - 24   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Bright fluorescence imaging of cells cultured on the plasmonic dish

    Tawa Keiko, Fujita Tsuyoshi, Yasui Chikara, Kiyosue Kazuyuki, Hosokawa Chie, Sasakawa Chisato, Aota Hiroyuki, Kakinuma Norihiro, Oike Makoto, Nishii Junji

    Abstracts of Papers of the American Chemical Society   248   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:共著  

    その他URL: http://orcid.org/0000-0002-0289-4680

  • 共鳴光ピンセットによる神経細胞接着分子の捕捉 査読

    武田尚子, 武田尚子, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    電気学会論文誌 C   134 ( 8 )   1071 - 1077   2014年( ISSN:0385-4221

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejeiss.134.1071

    J-GLOBAL

  • An influence of bit timing function in neuron spike trains on M-sequence detection 査読

    Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa, Yuko Mizuno-Matsumoto, Tomomitsu Miyoshi, Hajime Sawai, Shinichi Tamura

    グローバル経営学会誌   2 ( 1 )   51 - 56   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synchronized code sequences from spike trains in cultured neuronal networks 査読

    Nishitani Y, Hosokawa C, Mizuno-Matsumoto Y, Miyoshi T, Sawai H, Tamura S

    International Journal of Engineering and Industries   5 ( 3 )   12 - 24   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Multiplexed Spatiotemporal Communication Model in Artificial Neural Networks 査読

    Tamura S, Nishitani Y, Kamimura T, Yagi Y, Hosokawa C, Miyoshi T, Sawai H, Mizuno-Matsumoto Y, Chen Y-W

    Automation, Control and Intelligent Systems   1 ( 6 )   121 - 130   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.11648/j.acis.20130106.11

  • Laser manipulation of intracellular molecular dynamics in hippocampal neurons 査読

    C. Hosokawa, Y. Ueda, N. Takeda, S. N. Kudoh, and T. Taguchi

    IEEE Proceedings of Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics   WJ3   2013年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1109/CLEOPR.2013.6600270

  • Femtosecond laser-induced stimulation of a single neuron in a neuronal network 査読

    Chie Hosokawa, Yasutaka Sakamoto, Suguru N. Kudoh, Yoichiroh Hosokawa, Takahisa Taguchi

    Applied Physics A: Materials Science and Processing   110 ( 3 )   607 - 612   2013年03月( ISSN:0947-8396

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We demonstrated the stimulation of neurons at a single-cell level in cultured neuronal network by a focused femtosecond laser. When the femtosecond laser was focused on a neuron loaded with a fluorescent calcium indicator, the fluorescence intensity immediately increased at the laser spot, suggesting that intracellular Ca2+ increases in the neuronal cell due to the femtosecond laser irradiation. The probability of Ca2+ elevation at the laser spot depended on the average laser power, irradiation time, and position of the focal point along the optical axis, indicating that the femtosecond laser activates neurons because of multiphoton absorption. Moreover, after laser irradiation of a single neuron cultured on multielectrode arrays, the evoked electrical activity of the neurons was demonstrated by electrophysiological systems, which concluded that the focused femtosecond laser could achieve stimulating a single neuron in a neuronal network with high spatial and temporal resolution. © Springer-Verlag 2012.

    DOI: 10.1007/s00339-012-7137-6

    その他URL: http://orcid.org/0000-0002-0289-4680

  • Clear images of neuronal cells cultured on a plasmonic dish observed with the inverted fluorescence microscope 査読

    Keiko Tawa, Tsuyoshi Fujita, Chie Hosokawa, Junji Nishii

    Optics InfoBase Conference Papers   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1364/jsap.2013.16p_d5_8

  • Laser manipulation of intracellular molecular dynamics in hippocampal neurons 査読

    C. Hosokawa, Y. Ueda, N. Takeda, S. N. Kudoh, T. Taguchi

    Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics, CLEO - Technical Digest   WJ3   2013年( ISBN:9781467364751

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    We demonstrated laser manipulation of intracellular molecular dynamics in neurons to realize artificial control toward modulating synaptic transmission in a neuronal network. The optical trapping and assembling dynamics of synaptic vesicles and neural cell adhesion molecules in neurons was revealed by fluorescence analysis. © 2013 IEEE.

    DOI: 10.1109/CLEOPR.2013.6600270

  • Carbon nanotube-liposome supramolecular nanotrains for intelligent molecular-transport systems. 査読

    Miyako E, Kono K, Yuba E, Hosokawa C, Nagai H, Hagihara Y

    Nature communications   3   1226   2012年11月( ISSN:2041-1723

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1038/ncomms2233

    PubMed

  • M-Sequence Family from Cultured Neural Circuits 査読

    Tamura Shinichi, Nishitani Yoshi, Hosokawa Chie, Mizuno-Matsumoto Yuko, Kamimura Takuya, Chen Yen-Wei, Miyoshi Tomomitsu, Sawai Hajime

    IEEE Proceedings of 6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON NEW TRENDS IN INFORMATION SCIENCE, SERVICE SCIENCE AND DATA MINING (ISSDM2012)   466 - 471   2012年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Sensitive Fluorescence Microscopy of Neurons Cultured on a Plasmonic Chip 査読

    YASUI Chikara, TAWA Keiko, HOSOKAWA Chie, NISHII Junji, AOTA Hiroyuki, MATSUMOTO Akira

    Japanese Journal of Applied Physics   51 ( 6,Issue 2 )   06FK10.1-06FK10.5   2012年06月( ISSN:0021-4922

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1143/JJAP.51.06FK10

    J-GLOBAL

  • Electroluminescence of Hybrid Self-Organised Fibres Incorporating CdTe Quantum Dots 査読

    ANDO Masanori, HOSOKAWA Chie, YANG Ping, MURASE Norio

    Australian Journal of Chemistry   65 ( 9 )   1257 - 1259   2012年( ISSN:0004-9425

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1071/CH12127

  • Detection of M-sequences from spike sequence in neuronal networks 査読

    Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa, Yuko Mizuno-Matsumoto, Tomomitsu Miyoshi, Hajime Sawai, Shinichi Tamura

    Computational Intelligence and Neuroscience   2012   862579   2012年( ISSN:1687-5265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In circuit theory, it is well known that a linear feedback shift register (LFSR) circuit generates pseudorandom bit sequences (PRBS), including an M-sequence with the maximum period of length. In this study, we tried to detect M-sequences known as a pseudorandom sequence generated by the LFSR circuit from time series patterns of stimulated action potentials. Stimulated action potentials were recorded from dissociated cultures of hippocampal neurons grown on a multielectrode array. We could find several M-sequences from a 3-stage LFSR circuit (M3). These results show the possibility of assembling LFSR circuits or its equivalent ones in a neuronal network. However, since the M3 pattern was composed of only four spike intervals, the possibility of an accidental detection was not zero. Then, we detected M-sequences from random spike sequences which were not generated from an LFSR circuit and compare the result with the number of M-sequences from the originally observed raster data. As a result, a significant difference was confirmed: a greater number of 01 reversed the 3-stage M-sequences occurred than would have accidentally be detected. This result suggests that some LFSR equivalent circuits are assembled in neuronal networks. © Copyright 2012 Yoshi Nishitani et al.

    DOI: 10.1155/2012/862579

    PubMed

  • A photo-thermal-electrical converter based on carbon nanotubes for bioelectronic applications 査読

    Eijiro Miyako, Chie Hosokawa, Masami Kojima, Masako Yudasaka, Ryoji Funahashi, Isao Oishi, Yoshihisa Hagihara, Mototada Shichiri, Mizuki Takashima, Keiko Nishio, Yasukazu Yoshida

    Angewandte Chemie - International Edition   50 ( 51 )   12266 - 12270   2011年12月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Electrifying! A device based on carbon nanotubes wrapped with poly(3-hexylthiophene) (and dispersed in poly(dimethylsiloxane)) sheets can effectively convert laser light into thermal energy and subsequently to electricity. The converter is flexible and extremely compact (see picture), and can be manipulated by using a laser that functions in the wavelength range that can be transmitted through living tissue. © 2011 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim.

    DOI: 10.1002/anie.201106136

    PubMed

  • Optical trapping of synaptic vesicles in neurons 査読

    HOSOKAWA Chie, KUDOH Suguru N., KIYOHARA Ai, TAGUCHI Takahisa

    Applied Physics Letters   98 ( 16 )   163705   2011年04月( ISSN:0003-6951

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1063/1.3579191

  • Vitroid - The robot system with an interface between a living neuronal network and outer world 査読

    Suguru N. Kudoh, Minori Tokuda, Ai Kiyohara, Chie Hosokawa, Takahisa Taguchi, Isao Hayashi

    International Journal of Mechatronics and Manufacturing Systems   4 ( 2 )   135 - 149   2011年03月( ISSN:1753-1039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have developed a neuro-robot-hybrid system using a living neuronal network and a miniature moving robot. The living network of rat hippocampal neurons can distinguish patterns of action potentials evoked by different inputs, suggesting that a cultured neuronal network can represent particular states as symbols. We used a Khepera II robot and a robot made using a LEGO mindstorm NXT kit to interface with a living neuronal network and the outer world. We call the system 'vitroid'. Vitroid has living neurons, a robot body, and direct coupling controllers to interface the neurons with the robot. Vitroid was able to perform obstacle avoidance behaviour with premised control rule sets. Copyright © 2011 Inderscience Enterprises Ltd.

    DOI: 10.1504/IJMMS.2011.039264

  • Optical stimulation of hippocampal neurons by a focused femtosecond laser 査読

    Sakamoto Yasutaka, Hosokawa Chie, Kudoh Suguru N., Taguchi Takahisa

    NEUROSCIENCE RESEARCH   71   E206 - E207   2011年( ISSN:0168-0102

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.neures.2011.07.894

  • Micro-channel fabrication by femtosecond laser to arrange neuronal cells on multi-electrode arrays 査読

    Chie Hosokawa, Suguru N. Kudoh, Mariko Suzuki, Ai Kiyohara, Yoichiroh Hosokawa, Kazunori Okano, Hiroshi Masuhara, Takahisa Taguchi

    Applied Physics A: Materials Science and Processing   101 ( 2 )   423 - 428   2010年11月( ISSN:0947-8396

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We propose and demonstrate micro-channel fabrication by femtosecond-laser processing to arrange neuronal cells on multi-electrode arrays (MEAs). When neuronal cells were seeded in the micro-channels on MEAs, they elongated their neurites along the channel and finally formed the network patterned on MEAs. The spontaneous electrical activity of the neuronal networks on MEAs was evaluated by using electrophysiological systems, indicating that patterned network was functionally activated along the channels. The present method is applicable to analyze network dynamics of living neuronal cells patterned artificially. © 2010 Springer-Verlag.

    DOI: 10.1007/s00339-010-5836-4

    CiNii Article

  • Bright, non-blinking, and less-cytotoxic SiO2 beads with multiple CdSe/ZnS nanocrystals 査読

    Ping Yang, Norio Murase, Mariko Suzuki, Chie Hosokawa, Kazunori Kawasaki, Tomoki Kato, Takahisa Taguchi

    Chemical Communications   46 ( 25 )   4595 - 4597   2010年07月( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A method including surface silanization, phase transfer and self-assembly, and SiO2 shell growth has been developed to incorporate multiple hydrophobic CdSe/ZnS nanocrystals into SiO2 beads where they are well suited for bio-application due to their high brightness, less-cytotoxic, and non-blinking nature. © 2010 The Royal Society of Chemistry.

    DOI: 10.1039/c002243h

    PubMed

    CiNii Article

  • Fluorescence analysis of optical trapping dynamics of synaptic vesicles in dissociated neuron 査読

    Hosokawa Chie, Onishi Eriko, Kudoh Suguru N., Taguchi Takahisa

    NEUROSCIENCE RESEARCH   68   E234   2010年( ISSN:0168-0102

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.neures.2010.07.1034

  • Memory on a chip 査読

    Hidekatsu Ito, Chie Hosokawa, Suguru N. Kudoh

    2010 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science: From Micro and Nano Scale Systems to Robotics and Mechatronics Systems, MHS 2010, Micro-Nano GCOE 2010, Bio-Manipulation 2010   121 - 126   2010年( ISBN:9781424479962

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    The rat hippocampal neurons were cultured on a dish with 64 planer micro electrodes array. Neurons reorganized a functional network, and an external inputs form outer world elicited a reproducible, particular spatiotemporal pattern of evoked action potentials. The patterns were not completely uniform for repeptive stimulation but varied slightly. We previously reported that dissociated rat hippocampal neurons possessed hysterical function in its network dynamics. The spatio-temporal electrical activity of the living neuronal network evoked by paired stimulation is quite different from one evoked by a single stimulation, suggested that the network can "memorize" an existence of precedent stimulation. In this report, the feature of this type of network hysteresis was investigated and the hysteresis was kept for at least 1s and not kept for 10s. In addition, this hysteresis was remarkable only in aged cultures with matured complex network. Network hysteresis depends on internal state of the network, generated by the autonomous activity in self-organized networks. ©2010 IEEE.

    DOI: 10.1109/MHS.2010.5669566

  • Femtosecond laser modification of living neuronal network 査読

    Chie Hosokawa, Suguru N. Kudoh, Ai Kiyohara, Yoichiroh Hosokawa, Kazunori Okano, Hiroshi Masuhara, Takahisa Taguchi

    Applied Physics A: Materials Science and Processing   93 ( 1 )   57 - 63   2008年10月( ISSN:0947-8396

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An all-wet femtosecond laser microprocessing technique was utilized for patterning and cutting functional network of living neuronal cells on a multi-electrode dish (MED). The neuronal cells cultured on a source substrate were transferred onto an electrode in a MED probe in solution by utilizing a femtosecond laser-induced impulsive force and a pattern of neuronal cells were formed on the MED probe. The cellular activity of the detached neurons was supported that neurites could be regenerated around the electrodes. As another processing method, the neurons stretching between electrodes were selectively cut by the direct femtosecond laser irradiation and the spontaneous electrical activity of the neuronal network was evaluated. While the spontaneous action potentials of neurons were synchronized before the cutting, the synchronization disappeared after the cutting, indicating that the neuronal network is locally disconnected by the laser cutting. The present method is applicable to artificial reconstruction of living neuronal network. © 2008 Springer-Verlag.

    DOI: 10.1007/s00339-008-4655-3

  • Resynchronization in neuronal network divided by femtosecond laser processing. 査読

    Hosokawa C, Kudoh SN, Kiyohara A, Taguchi T

    Neuroreport   19 ( 7 )   771 - 775   2008年05月( ISSN:0959-4965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1097/WNR.0b013e3282fdf6b3

    PubMed

  • Vitroid - a robot with link between living neuronal network in vitro and robot body 査読

    Suguru N. Kudoh, Minori Tokuda, Ai Kiyohara, Chie Hosokawa, Takahisa Taguchi, Isao Hayashi

    Proceedings of 2008 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation, ICMA 2008   375 - 378   2008年( ISBN:9781424426324

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Rat hippocampal neurons organized complex networks on a culture dish which has 64 planar microelectrodes and the spontaneous action potentials were frequently observed. The living neuronal network was able to distinguish patterns of action potentials evoked by different inputs, suggesting that a cultured neuronal network can represent and process particular states as symbols. We use a Khepera II robot and a robot made by LEGO mindstorm NXT kit as a robot body for interfacing with a living neuronal network and the outer world. We call the system "Vitroid". Vitroid has the living neurons, robot body, and direct coupling type of controllers to interface neurons with the robot. We succeeded in performing obstacle avoidance behavior with premised control rule sets. Using self-tuning fuzzy reasoning, we associated a distinct spatial pattern of electrical activity with a particular phenomenon in the outside of the culture dish. © 2008 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICMA.2008.4798783

  • Photon force-induced phase transition dynamics of single hydrogel nanoparticles in water 査読

    C. Hosokawa, C. Hosokawa, Y. Matsumura, Y. Matsumura, H. Yoshikawa, K. Iwai, H. Masuhara, H. Masuhara

    Acta Physica Polonica A   112   S57 - S70   2007年11月( ISSN:05874246

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    We investigated laser-induced phase transition dynamics of μm sized single poly(N-isopropylacrylamide) hydrogel particles in water. Single poly(N--isopropylacrylamide) gel particles labeled with a polarity-sensitive fluorescent probe monomer were optically trapped by a focused laser beam and its fluorescence dynamics was analyzed. The fluorescence intensity of trapped single gel particles was increased with the trapping laser power, while the fluorescence peak wavelength was not changed. Temperature-induced changes of fluorescence properties of the single particle were confirmed to be similar to those of the bulk solution. These behaviors are well interpreted by considering that the fluorescence intensity and fluorescence peak reflect local interactions between the fluorescent probe and attaching (bound) water molecules and effective polarity determined by (free) water content in the particle, respectively. A change in the fluorescence peak wavelength after laser trapping was followed and its blue-shift was confirmed to occur within a few hundreds seconds, indicating that a single gel particle gradually attains to a globular state on this timescale, expelling initially free water molecules and then bound ones.

  • Functional regeneration of hippocampal neurons on multielectrode array dish controlled by femtosecond laser processing 査読

    Hosokawa Chie, Kiyohara Ai, Kudoh Suguru N., Taguchi Takahisa

    NEUROSCIENCE RESEARCH   58   S147   2007年( ISSN:0168-0102

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.neures.2007.06.1433

  • Interaction between living neuronal network and outer world by programmable multisite stimulation system 査読

    S. N. Kudoh, A. Kiyohara, C. Hosokawa, T. Taguchi, I. Hayashi

    IEEE Proceedings of 2007 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MICRO-NANO MECHATRONICS AND HUMAN SCIENCE   44 - 49   2007年( ISSN:2474-378X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1109/MHS.2007.4420824

  • Biomodeling System - Interaction Between Living Neuronal Networks and the Outer World. 査読

    Suguru N. Kudoh,Chie Hosokawa,Ai Kiyohara,Takahisa Taguchi,Isao Hayashi

    Journal of Robotics and Mechatronics   19 ( 5 )   592 - 600   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    その他URL: http://dblp.uni-trier.de/db/journals/jrm/jrm19.html#journals/jrm/KudohHKTH07

  • Enhancement of biased diffusion of dye-doped nanopartieles by simultaneous irradiation with resonance and nonresonance laser beams 査読

    Chie Hosokawa, Hiroyuki Yoshikawa, Hiroshi Masuhara

    Japanese Journal of Applied Physics, Part 2: Letters   45   L453 - L456   2006年05月( ISSN:00214922

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    We propose and demonstrate the enhancement of the biased diffusion of dye-doped nanoparticles using resonance and nonresonance laser beams. The Brownian motion of nanoparticles in a laser focus is investigated by fluorescence correlation spectroscopy (PCS) and the time variation in fluorescence intensity. From the analysis of autocorrelation functions, it is demonstrated that the difference between the transit times of nanoparticles in the focal spot with and without resonance laser irradiation increases ∼7-fold by the simultaneous irradiation of a near-infrared laser. This method is applicable to the selective optical manipulation of dye-stained nanomaterials and biomolecules in solution. © 2006 The Japan Society of Applied Physics.

    DOI: 10.1143/JJAP.45.L453

  • Optical trapping and fluorescence analysis of thermo-responsive poly(N-alkylacrylamide) microgel particles in water 査読

    Yuriko Matsumura, Chie Hosokawa, Hiroyuki Yoshikawa, Kaoru Iwai, Hiroshi Masuhara

    Polymer Preprints, Japan   55 ( 1 )   1750   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    When laser beam was focused into nanoparticle suspensions, nanoparticles can be trapped in the focal spot due to optical gradient force. Here we report the optical trapping and fluorescence analysis of poly(N-isopropylacrylamide) (PNIPAM) and its related polymer microgel particles which were labeled with 4-N-(2-acryloyloxyethyl)-N-methylamino-7-N,N-dimethylaminosulfonyl-2,1, 3-benzoxadiazole (DBD-AE) dispersed in water. The DBD-AE labeled PNIPAM microgel particles were trapped at the focal point by irradiation with cw-Nd 3+:YAG laser (λ = 1064 nm) in water and the fluorescence intensity of the DBD-AE labeled PNIPAM microgel particles excited by diode laser (λ = 405 nm) increased stepwise. We succeeded to fluorescence analysis of trapped single microgel particle.

  • Cluster formation of nanoparticles in an optical trap studied by fluorescence correlation spectroscopy 査読

    HOSOKAWA Chie, YOSHIKAWA Hiroyuki, MASUHARA Hiroshi

    Phys Rev E Stat Nonlinear Soft Matter Phys   72 ( 2,Pt.1 )   021408   2005年08月( ISSN:1539-3755

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1103/PhysRevE.72.021408

  • Cluster formation of nanoparticles in an optical trap studied by fluorescence correlation spectroscopy 査読

    Chie Hosokawa, Hiroyuki Yoshikawa, Hiroshi Masuhara

    Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics   72 ( 2 )   021408   2005年08月( ISSN:1539-3755

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report in situ observation of cluster growth of nanoparticles confined in an optical trapping potential by means of fluorescence correlation spectroscopy. When an optical trapping force caused by a highly focused laser beam acts on nanoparticle suspensions, the number of nanoparticles increases and an assembly can be formed at the focal spot. The decay times of fluorescence autocorrelation curves were investigated as a function of the irradiation time of the laser beam and the laser power. In the initial stage of the optical assembling, the decay time increases with the irradiation time of the laser beam. On the other hand, in the later stage, a decrease of the decay time was observed. This behavior is explained successfully by using two models of Brownian motion under weak and strong optical trapping. It was revealed that trapping and clustering of nanoparticles proceed simultaneously and clusters confined in the focal spot make larger aggregates spontaneously. © 2005 The American Physical Society.

    DOI: 10.1103/PhysRevE.72.021408

    PubMed

  • Secondary structure and secondary structure dynamics of DNA hairpins complexed with HIV-1 NC protein. 査読

    Gonzalo Cosa, Elizabeth J. Harbron, Yining Zeng, Hsiao Wei Liu, Donald B. O'Connor, Chie Eta-Hosokawa, Karin Musier-Forsyth, Paul F. Barbara

    Biophysical journal   87 ( 4 )   2759 - 2767   2004年10月( ISSN:0006-3495

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Reverse transcription of the HIV-1 RNA genome involves several complex nucleic acid rearrangement steps that are catalyzed by the HIV-1 nucleocapsid protein (NC), including for example, the annealing of the transactivation response (TAR) region of the viral RNA to the complementary region (TAR DNA) in minus-strand strong-stop DNA. We report herein single-molecule fluorescence resonance energy transfer measurements on single immobilized TAR DNA hairpins and hairpin mutants complexed with NC (i.e., TAR DNA/NC). Using this approach we have explored the conformational distribution and dynamics of the hairpins in the presence and absence of NC protein. The data demonstrate that NC shifts the equilibrium secondary structure of TAR DNA hairpins from a fully "closed" conformation to essentially one specific "partially open" conformation. In this specific conformation, the two terminal stems are "open" or unwound and the other stems are closed. This partially open conformation is arguably a key TAR DNA intermediate in the NC-induced annealing mechanism of TAR DNA. Copyright 2004 Biophysical Society

    DOI: 10.1529/biophysj.104.043083

    PubMed

  • Optical assembling dynamics of individual polymer nanospheres investigated by single-particle fluorescence detection 査読

    Chie Hosokawa, Hiroyuki Yoshikawa, Hiroshi Masuhara

    Physical Review E - Statistical Physics, Plasmas, Fluids, and Related Interdisciplinary Topics   70 ( 6 )   7   2004年( ISSN:1063-651X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    When a laser beam is focused into colloidal nanoparticle suspensions, a number of nanoparticles can be confined in the focal spot due to an optical gradient force. To reveal the assembling dynamics of polymer nanoparticles, the assembling process was investigated by analyzing the time evolution of the fluorescence intensity of the nanoparticles. In a dilute suspension of 100-nm-sized particles, a stepwise increase of the fluorescence intensity corresponding to a trapped single nanoparticle was observed. Statistical analysis revealed that the initial assembling rate of nanoparticles was proportional to the laser power and concentration of particle suspensions as expected from the diffusion equation. In 40-nm-sized particle suspensions, blinking profiles of fluorescence intensity were obtained, in which 2–3 particles were simultaneously trapped and then escaped from the focal point. It is considered from statistical analyses and two-dimensional Monte Carlo simulations that this assembling phenomenon is attributable to cluster formation assisted by optical trapping. © 2004 The American Physical Society.

    DOI: 10.1103/PhysRevE.70.061410

▼全件表示

書籍等出版物

  • 光圧 : 物質制御のための新しい光利用

    石原 一 , 芦田 昌明( 担当: 共著 ,  範囲: プラズモニックチップを用いたバイオイメージング)

    朝倉書店  2021年06月  ( ISBN:9784759813920

     詳細を見る

    総ページ数:207   担当ページ:184‐195   著書種別:学術書  

  • プラズモンと光圧が導くナノ物質科学(CSJ Current Review)

    田和圭子, 細川千絵( 担当: 単著 ,  範囲: プラズモニックチップを用いたバイオイメージング)

    化学同人  2019年03月  ( ISBN:9784759813920

     詳細を見る

    総ページ数:216   担当ページ:79‐86   著書種別:学術書  

  • Nanophotonics

    H. Yoshikawa, C. Hosokawa, H. Masuhara( 担当: 共著 ,  範囲: Chapter 15 Optical trapping and assembling of nanoparticles)

    Elsevier  2006年01月  ( ISBN:9780444522498

     詳細を見る

    総ページ数:316   担当ページ:275-288   著書種別:学術書  

MISC(その他記事)

  • 集光レーザービームの光摂動を利用した神経回路網の細胞機能操作 査読

    細川 千絵

    応用物理   92 ( 3 )   166 - 170   2023年03月( ISSN:03698009 ( eISSN:21882290

     詳細を見る

    <p>神経回路網は電気的結合とシナプス結合を介して情報伝達を行う.神経細胞間の結合強度を動的に変化させることにより脳の情報処理を実現している.我々は,この神経伝達過程を能動的に,かつ非接触に操作可能な手法として集光レーザービームの光摂動を利用した細胞操作手法の開発を進めている.本稿では,集光レーザー摂動を用いた神経細胞の局所操作について紹介するとともに,神経回路網の細胞機能操作への展望について述べる.</p>

    DOI: 10.11470/oubutsu.92.3_166

  • 集光レーザービームの光圧による神経細胞内分子操作と活動制御 査読

    細川千絵

    レーザー研究   50 ( 2 )   82 - 86   2022年( ISSN:0387-0200

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • レーザー摂動による細胞機能操作 査読

    細川千絵

    有機分子・バイオエレクトロニクス分科会会誌   33 ( 2 )   45 - 48   2022年( ISSN:2423-8805

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 微小粒子の光捕捉過程にともなう流れ場の解析 査読

    辻 徹郎, 細川 千絵, 岸本 龍典, 大久保 匠, 工藤 卓, 川野 聡恭

    日本機械学会2021年度年次大会   2021 ( 0 )   J222-06   2021年( eISSN:24242667

     詳細を見る

  • 日本生物物理学会第57回年会報告 学生発表賞:―選考過程・結果報告― 査読

    須藤 雄気, 古寺 哲幸, 細川 千絵

    一般社団法人 日本生物物理学会 生物物理   60 ( 1 )   47 - 48   2020年( ISSN:0582-4052

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.2142/biophys.60.047

    CiNii Article

  • バイオミディア 生命現象を見る・照るためのフォトニクス技術 査読

    細川 千絵

    (公社)日本生物工学会 生物工学会誌   96 ( 9 )   539 - 539   2018年09月( ISSN:0919-3758

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 集光フェムト秒レーザー刺激による神経回路網の応答特性 (ニューロフォトニクス) 査読

    細川 千絵, 藤岡 祐次, 工藤 卓, 田口 隆久

    レーザー学会研究委員会 レーザー学会研究会報告 = Reports the on topical meeting of the Laser Society of Japan   17 ( 25 )   41 - 45   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 集光レーザービームの光摂動を用いた細胞機能操作技術の開発 (特集 革新的バイオ医療と化学) 査読

    細川 千絵

    化學工業   68 ( 5 )   340 - 345   2017年05月( ISSN:0451-2014

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 集光レーザー摂動による神経細胞ネットワークの局所操作 査読

    細川千絵

    レーザー学会, レーザー研究   44 ( 4 )   244 - 249   2016年04月( ISSN:0387-0200

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 集光レーザーを用いた神経細胞ネットワークの局所光操作 査読

    細川 千絵

    有機分子・バイオエレクトロニクス分科会会誌   26 ( 2 )   69 - 72   2015年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 集光レーザービームの光摂動による神経細胞内分子動態の集合操作 査読

    細川 千絵

    生物物理   54 ( 6 )   325 - 326   2014年11月( ISSN:0582-4052

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ニューロサイエンスの最新情報 フェムト秒レーザー光による単一神経細胞刺激 査読

    細川 千絵

    Clinical Neuroscience   32 ( 2 )   227 - 229   2014年02月( ISSN:0289-0585

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 神経細胞表面分子の局所光操作に向けたプラズモン光ピンセット手法の開発 査読

    宮内康平, 宮内康平, 田和圭子, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2014   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 共鳴レーザー照射による神経細胞接着分子の光捕捉 査読

    武田尚子, 武田尚子, 工藤卓, 田口隆久, 田口隆久, 細川千絵, 細川千絵

    電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2013   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 集光レーザービームの光摂動による神経細胞内分子動態の集合操作 査読

    HOSOKAWA Chie, TAKEDA Naoko, TAKEDA Naoko, UEDA Yusuke, UEDA Yusuke, KUDOH Suguru N., TAGUCHI Takahisa, TAGUCHI Takahisa

    生物物理   53 ( Supplement 1-2 (Web) )   2013年( ISSN:0582-4052

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • レーザ光による神経細胞の局所機能操作 : 細胞診断、細胞治療のためのレーザ技術の開発に向けて (特集 細胞レベルで健康を診る) 査読

    細川 千絵

    日本工業出版 光アライアンス   23 ( 10 )   22 - 26   2012年10月( ISSN:0917-026X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • M-sequences from neural loop circuits (医用画像) 査読

    TAMURA Shinichi, NISHITANI Youshi, HOSOKAWA Chie, MIZUNO-MATSUMOTO Yuko, CHEN Yen-Wei, MIYOSHI Tomomitsu, SAWAI Hajime

    一般社団法人電子情報通信学会 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   111 ( 389 )   121 - 126   2012年01月( ISSN:0913-5685

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    In circuit theory it is well known that loop circuit with a feedback link generates a pseudo-random sequence including an M-sequence with maximum period length. On the other hand, it remains unclear how memory is stored in neural circuits of the human brain. We propose that M-sequence composes temporal independent basis functions in brain neural network for communication and memory storage. We have already shown its feasibility by computer simulations that show a loop circuit can be copied to another area by back-propagation leaning algorithm; this is a key function of brain intelligence, which includes functions such as memory, association, reasoning, and abstraction. We found M-sequence responses in the instantaneous firing rates from cultured neural networks of published data and our own data, which suggest the existence of loop circuits with a feedback link composed of 3 to 5 neuron cells. Analyzing the time sequence of spike intervals of cultured neural network with the "auto mutual-information function," we also find evidence that suggests the existence of loop circuits with a feedback link composed of 3, 4 neurons.

    CiNii Article

  • 細胞レベルで健康を診る レーザ光による神経細胞の局所機能操作=細胞診断,細胞治療のためのレーザ技術の開発に向けて=

    細川千絵

    光アライアンス   23 ( 10 )   22 - 26   2012年( ISSN:0917-026X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 1D1546 光捕捉された神経細胞内シナプス小胞群の集合ダイナミクス(発生,分化,神経,口頭発表,日本生物物理学会第50回年会(2012年度)) 査読

    Ueda Yusuke, Kudoh Suguru N., Taguchi Takahisa, Hosokawa Chie

    一般社団法人 日本生物物理学会 生物物理   52   S26   2012年

     詳細を見る

  • ループ回路仮説に基づく脳神経回路の読み出しパターン解析 査読

    西谷 陽志, 細川 千絵, 田村 進一

    一般社団法人電子情報通信学会 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   110 ( 461 )   101 - 106   2011年02月( ISSN:09135685

     詳細を見る

    我々は脳構成論の立場から記憶の基本はループ回路であると考え,それらの間で時間的疑似直交パルス系列による通信により統一的な形で情報の伝達,転写,連想,抽象化ができると考えている.我々の従来研究においては,コンピュータシミュレーションにより遠隔部位間において物理的実現可能な形で自己組織的に系列情報の伝達を介してループ回路の転写ができることを確認している.しかし,実際の脳神経回路における記憶の伝送並びに転写の機能については実証されていない.本研究では,ラット培養神経回路網の神経活動電位の刺激応答より,素子数3のフィードバックつきシフトレジスタ回路の出力に相当する疑似ランダム系列で脳内記憶の読み出しが行われている可能性を確認した.

  • 細胞操作技術の最前線(最終回) 医療応用 バイオロボティクスへの発展 査読

    工藤 卓, 細川 千絵

    (株)オーム社 Medical Bio   7 ( 3 )   36 - 39   2010年05月( ISSN:1881-9354

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 細胞操作技術の最前線 最終回 医療応用 バイオロボティクスへの発展

    工藤卓, 細川千絵

    メディカルバイオ   7 ( 3 )   36 - 39   2010年( ISSN:1881-9354

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 蛍光試薬用量子ドット分散ガラスビーズの作製と神経細胞イメージング 査読

    安藤昌儀, LI Chunliang, YANG Ping, 村瀬至生, 細川千絵, 田口隆久

    一般社団法人電子情報通信学会 電子情報通信学会技術研究報告   110 ( 280(MI2010 66-80) )   57 - 62   2010年( ISSN:0913-5685

     詳細を見る

    量子ドット(QD)は,明るい蛍光を発し、その発光波長を粒径や組成で制御できる.また,有機色素よりも耐光性が良いため,新規なバイオ用高輝度蛍光試薬として注目されている.蛍光性のQDは溶液法で得られるが,そのままでは不安定で劣化しやすい.そのため我々は,常温常圧で溶液反応によりガラスを合成できるゾル-ゲル法を用いて,InPやCdSe等のQDを微小なガラスビーズ(粒径数十nm程度)中に分散した安定な水分散性蛍光体を作製した.QD分散ガラスビーズは,バイオ用の緩衝液中に希釈した際に,市販ポリマーコートQDよりも格段に高い安定性と耐光性を示した.さらに,このガラスビーズは貪食作用で生きた培養神経細胞に導入でき,細胞形状の高分解能イメージングが可能であった.

  • 光圧による液中ナノ粒子の捕捉・集合ダイナミクス (特集 光で動かす) 査読

    細川 千絵, 吉川 裕之, 増原 宏

    日本工業出版 光アライアンス   18 ( 7 )   19 - 24   2007年07月( ISSN:0917026X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 「表面におけるレーザー誘起過程とその応用」光圧による液中ナノ粒子の捕捉・集合と表面への固定化 査読

    吉川裕之, 細川千絵, 伊都将司, 増原宏

    The Surface Science Society of Japan 表面科学   26 ( 11 )   681 - 688   2005年11月( ISSN:0388-5321|1881-4743

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    The intense electromagnetic field produced by a focused laser beam attracts microparticles, dispersed in liquid, into the focal spot. This is known as optical trapping and used to manipulate microparticles dispersed in liquid. If the size of the particles is much smaller than that of the focal spot, i.e. the order is of wavelength, a number of particles are trapped in the focal spot. This means that the focal spot of the laser beam acts as a microcage for nanoparticles and the confined nanoparticles form a microassembly. Nanoparticles are attractive materials for their characteristic chemical, physical, and optical properties. We have studied "optical assembly" of nanoparticles and found the following unique properties. (1) By a single particle counting measurement, it was revealed that the assembling process of polystyrene nanoparticles is dependent on laser power and concentration. (2) It was demonstrated that the assembly structure and optical properties of gold-nanoparticles can be controlled by optical force.

    DOI: 10.1380/jsssj.26.681

    CiNii Article

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 集光フェムト秒光渦を用いた神経活動誘発 国内会議

    瀬川夕海、増井恭子、細川千絵

    第71回応用物理学会春季学術講演会  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都市大学、東京都世田谷区  

  • 集光レーザービームの光圧による細胞膜表在分子モデルの拡散制御 国内会議

    森山俊哉, 谷本泰士, 増井恭子, 細川千絵

    第71回応用物理学会春季学術講演会  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都市大学、東京都世田谷区  

  • Manipulation of Neuronal Network Dynamics with a Focused Femtosecond Laser 国際会議

    Y. Segawa, W. Minoshima, K. Masui, C. Hosokawa

    16th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2023)  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka Metropolitan Univ., Osaka  

  • Optical Manipulation of Molecules in the Model Biological Membrane 国際会議

    Y. Tanimoto, S. Moriyama, K. Masui, C. Hosokawa

    16th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2023)  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka Metropolitan Univ., Osaka  

  • Molecular Dynamics under Optical Trapping in Neuronal Cells Analyzed by Raman Spectroscopy 国際会議

    K. Nishimura, K. Masui, C. Hosokawa

    16th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2023)  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka Metropolitan Univ., Osaka  

  • Formation of ultralong liposome tubes by laser-induced microbubble 国内会議

    A. Noguchi, K. Yuyama, C. Hosokawa, Y. Tanimoto, Y. Tsuboi

    第61回日本生物物理学会年会  2023年11月  日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場、愛知県名古屋市  

  • Manipulation of lipid membrane domains in artificial membrane by optical tweezers 国内会議

    Y. Tanimoto, S. Moriyama, K. Masui, C. Hosokawa

    第61回日本生物物理学会年会  2023年11月  日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場、愛知県名古屋市  

  • 集光フェムト秒レーザーの高頻度照射により誘発された神経活動の時空間パターン(Spatio-temporal patterns of neuronal activity induced by high-frequency irradiation with a focused femtosecond laser) 国内会議

    Otani Kan, Segawa Yumi, Minoshima Wataru, Masui Kyoko, Hosokawa Chie

    第61回日本生物物理学会年会   2023年11月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Neuronal circuit modulation at single-cell level using a focused femtosecond laser 国際会議

    Yumi Segawa, Kyoko Masui, Chie Hosokawa

    Society for Neuroscience Annual Meating (Neuroscience 2023)  2023年11月  Society for Neuroscience

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington, D.C., USA  

  • 顕微ラマン分光計測による神経細胞内分子の光捕捉過程 国内会議

    西村和真, 増井恭子, 細川千絵

    2023 年度日本分光学会年次講演会  2023年10月  日本分光学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸大学、兵庫県神戸市  

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHSの立体構造とその機能発現 国内会議

    倉内 郁哉, 大倉 和貴, 森 真司, 米澤 健人, 清水 伸隆, 田中 里佳, 細川 千絵, 宮原 郁子, 伊藤 和央

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2023年10月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レーザー摂動による神経活動ダイナミクスの制御 招待 国内会議

    細川千絵

    日本学術振興会R041バイオ・分子・ナノテクノロジー融合委員会 第4回研究会  2023年09月  日本学術振興会R041バイオ・分子・ナノテクノロジー融合委員会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:静岡県浜松市  

  • レーザー誘起マイクロバブルによるリポソームの融合とウルトラロングチューブ形成 国内会議

    野口明美、柚山健一、細川千絵、谷本泰士、坪井泰之

    第84回応用物理学会秋季学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本城ホール他、熊本県熊本市  

  • 光ピンセットによるタンパク質結晶化 国内会議

    西室愛実, 谷本泰士, 増井恭子, 宮原郁子, 細川千絵

    第12回有機分子・バイオエレクトロニクスの未来を拓く若手研究者討論会  2023年09月  有機分子・バイオエレクトロニクス分科会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:石川県金沢市  

  • 顕微ラマン分光計測を用いた光圧下における神経細胞内分子動態変化 国内会議

    西村和真, 増井恭子, 細川千絵

    第84回応用物理学会秋季学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本城ホール他、熊本県熊本市  

  • 神経細胞内シナプス小胞群の光捕捉による神経活動時空間パターンの変調 国内会議

    箕嶋渉, 安田健人, 増井恭子, 細川千絵

    第84回応用物理学会秋季学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本城ホール他、熊本県熊本市  

  • 集光フェムト秒レーザーを用いた生体膜加工による脂質ラフトモデル構築 国内会議

    谷本泰士, 瀬川夕海, 増井恭子, 細川千絵

    第84回応用物理学会秋季学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本城ホール他、熊本県熊本市  

  • 集光フェムト秒光渦ビームを用いた光重合反応による微細構造形成 国内会議

    松本義久, 増井恭子, 細川千絵

    第84回応用物理学会秋季学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本城ホール他、熊本県熊本市  

  • 光圧下における支持脂質二分子膜上分子の動態 国内会議

    森山俊哉, 谷本泰士, 増井恭子, 細川千絵

    第84回応用物理学会秋季学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本城ホール他、熊本県熊本市  

  • 集光フェムト秒レーザーによる単一細胞レベルの神経活動操作 国内会議

    瀬川夕海, 増井恭子, 細川千絵

    第12回有機分子・バイオエレクトロニクスの未来を拓く若手研究者討論会  2023年09月  有機分子・バイオエレクトロニクス分科会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:石川県金沢市  

  • Single particle tracking analysis of neurotransmitter receptors with resonant optical tweezers 国内会議

    T. Miyazaki, K. Ueno, Y. Tanimoto, K. Masui, C. Hosokawa

    2023年電気学会 電子・情報・システム部門大会  2023年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 集光フェムト秒レーザーにより誘発された神経活動の電気生理学的計測 国内会議

    瀬川夕海, 増井恭子, 細川千絵

    第46回日本神経科学大会  2023年08月  日本神経科学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮城県仙台市  

  • 初代培養海馬神経細胞の神経回路網形成に伴う還元型チトクロムc分布変化のラマンイメージング 国内会議

    増井恭子, 長野貴裕, 谷知己, 名和靖矩, 藤田克昌, 石飛秀和, 藤田聡史, 細川千絵, 井上康志

    第46回日本神経科学大会  2023年08月  日本神経科学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮城県仙台市  

  • 神経細胞内シナプス小胞群の光捕捉による神経電気活動制御 国内会議

    箕嶋渉, 安田健人, 増井恭子, 細川千絵

    2023年電気学会 電子・情報・システム部門大会  2023年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 集光フェムト秒レーザー照射に伴う単一神経細胞の電気生理学的特徴 国内会議

    瀬川夕海, 増井恭子, 細川千絵

    2023年電気学会 電子・情報・システム部門大会  2023年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHSの基質認識機構 国内会議

    倉内郁哉、大倉和貴、田中里佳、清水伸隆、米沢健人、細川千絵、伊藤和央、宮原郁子

    第23回グライコサイエンスフォーラム  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪公立大学、大阪府大阪市  

  • Optical trapping dynamics of molecules in cultured hippocampal neurons analyzed by Raman spectroscopy 国際会議

    K. Nishimura, K. Masui, C. Hosokawa

    The 31st International Conference on Photochemistry (ICP2023)  2023年07月  ICP2023

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sapporo, Japan  

  • Optical manipulation of cellular functions in neuronal networks using a focused laser beam 国際会議

    C. Hosokawa, T. Kishimoto, W. Minoshima, K. Masui

    The 31st International Conference on Photochemistry (ICP2023)  2023年07月  ICP2023

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sapporo, Japan  

  • Regulation of molecular dynamics on substrate-supported lipid bilayer by optical tweezers 国際会議

    S. Moriyama, Y. Tanimoto, K. Masui, C. Hosokawa

    The 31st International Conference on Photochemistry (ICP2023)  2023年07月  ICP2023

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sapporo, Japan  

  • 共鳴レーザー波長に依存した神経伝達物質受容体分子の光捕捉過程 招待 国内会議

    宮崎達夢, 植野昂, 谷本泰士, 増井恭子, 細川千絵

    2022 年電気学会電子・情報・システム部門各賞受賞記念講演会  2023年06月  電気学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 光ピンセットを用いた支持脂質二分子膜上の分子動態操作 国内会議

    森山俊哉, 谷本泰士, 増井恭子, 細川千絵

    第44回光化学若手の会  2023年06月  光化学協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫県淡路市  

  • フェムト秒光渦レーザー照射による微細構造の作製 国内会議

    松本義久, 増井恭子, 細川千絵

    第44回光化学若手の会  2023年06月  光化学協会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫県淡路市  

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHSの構造と機能発現 国内会議

    倉内郁哉、大倉和貴、森真司、米沢健人、清水伸隆、田中里佳、細川千絵、宮原郁子、伊藤和央

    第23回日本蛋白質科学会年会  2023年05月  日本蛋白質科学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場、愛知県名古屋市  

  • Network-wide neuronal activity under optical trapping of synaptic vesicles in cultured neurons 国際会議

    W. Minoshima, T. Yasuda, K. Masui, C. Hosokawa

    The 10th Optical Manipulation and Structured Materials Conference (OMC2023)   2023年04月  OMC2023

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • Mechanisms of neuronal stimulation with a focused nanosecond optical vortex 国際会議

    Y. Segawa, Y. Tanimoto, K. Yuyama, W. Minoshima, K. Masui, T. Omatsu, C. Hosokawa

    The 10th Optical Manipulation and Structured Materials Conference (OMC2023)   2023年04月  OMC2023

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • 神経細胞内シナプス小胞群の光捕捉過程における神経活動パターン解析 国内会議

    安田健人, 箕嶋渉, 増井恭子, 細川千絵

    第70回応用物理学会春季学術講演会  2023年03月  応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:上智大学、東京都千代田区  

  • 集光フェムト秒レーザーを⽤いた⽣体膜加⼯による細胞由来⼈⼯⽣体膜の作製 国内会議

    谷本泰士, 増井恭子, 細川千絵

    第70 回応用物理学会春季学術講演会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:上智大学、東京都千代田区  

  • 光圧下における神経細胞内分⼦動態の顕微ラマン分光解析 国内会議

    西村和真, 増井恭子, 細川千絵

    第70 回応用物理学会春季学術講演会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:上智大学、東京都千代田区  

  • 集光フェムト秒レーザー照射に伴う神経回路網の誘発応答パターン 国内会議

    瀬川夕海, 増井恭子, 細川千絵

    第70回応用物理学会春季学術講演会  2023年03月  応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:上智大学、東京都千代田区  

  • 集光フェムト秒レーザーの⾼頻度照射により誘発された神経活動 国内会議

    大谷 莞, 瀬川 夕海, 箕嶋 渉, 増井 恭子, 細川 千絵

    第70 回応用物理学会春季学術講演会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:上智大学、東京都千代田区  

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼ HSにおけるドメインIVの機能 国内会議

    倉内郁哉, 大倉和貴, 田中里佳, 細川千絵, 伊藤和央, 宮原郁子

    2023年量子ビームサイエンスフェスタ  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHSの立体構造と構成ドメイン 国内会議

    倉内郁哉, 大倉和貴, 森真司, 米澤健人, 清水伸隆, 田中里佳, 細川千絵, 宮原郁子, 伊藤和央

    日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 表面シラン化を経由した CdSe 系量子ドット分散 ガラスカプセルの合成と耐光性評価 国内会議

    村瀬至生, 細川千絵, 李春亮

    日本セラミックス協会 2023年年会  2023年03月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 共鳴効果を用いた神経細胞表面分子の光捕捉 国内会議

    宮崎達夢, 植野昂, 谷本泰士, 増井恭子, 細川千絵

    第1回学際化学若手育成シンポジウム  2023年03月  大阪公立大学

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪公立大、大阪府大阪市  

  • 集光レーザービームの光摂動による神経活動ダイナミクスの制御 招待 国内会議

    細川千絵

    第10回ライフサイエンス談話会  2023年03月  大阪公立大学

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪公立大学、大阪府大阪市  

  • 細胞・生体分子の光イメージングと光操作 招待 国内会議

    細川千絵

    学術変革領域「キラル光物質科学」+自然科学研究機構新分野創成センターワークショップ  2023年03月  自然科学研究機構新分野創成センター

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪大学、大阪府豊中市  

  • Laser-induced perturbation into neuronal networks 国際会議

    C. Hosokawa

    Structured Light for Life Workshop  2023年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Adelaide, Australia  

  • Neuronal activity modification by focused femtosecond laser irradiation 国際会議

    Y. Segawa, K. Masui, C. Hosokawa

    Structured Light for Life Workshop  2023年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Adelaide, Australia  

  • 共鳴レーザー波長に依存した神経伝達物質受容体分子の光捕捉過程 国内会議

    宮崎達夢, 植野昂, 谷本泰士, 増井恭子, 細川千絵

    2022年 光・量子デバイス研究会「量子ビームによるナノ構造・界面形成とバイオメディカル応用」  2022年12月  電気学会 電子・情報・システム部門(C部門)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:兵庫県神戸市  

  • Laser-induced Perturbation into Neurons toward Manipulation of Neural Networks 招待 国際会議

    C. Hosokawa

    15th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2022)  2022年12月  ISNM2022

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tokushima, Japan  

  • Simultaneous Measurement of Extracellular Potentials with Optical Trapping of Synaptic Vesicles in Neurons 国際会議

    T. Yasuda, W. Minoshima, K. Masui, C. Hosokawa

    15th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2022)  2022年12月  ISNM2022

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokushima, Japan  

  • Optical Resonance Trapping of Nanoparticles by Two-Color Laser Beams 国際会議

    K. Ueno, T. Miyazaki, Y. Tanimoto, K. Masui, C. Hosokawa

    15th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2022)  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokushima Univ., Tokushima  

  • 集光レーザービームの光摂動による細胞内分子操作 招待 国内会議

    細川千絵

    第45回日本分子生物学会年会  2022年12月  日本分子生物学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  • エンド -β-N-アセチルグルコサミニダーゼHS におけるドメインIV の役割 国内会議

    倉内郁哉, 大倉和貴, 米澤健人, 清水伸隆, 田中里佳, 細川千絵, 宮原郁子, 伊藤和央

    令和4 年(2022 年)度 日本結晶学会年会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:関西学院大学、兵庫県西宮市  

  • 集光フェムト秒レーザーによる単一神経細胞の活動変化 国内会議

    瀬川夕海, 増井恭子, 細川千絵

    第47回レーザー顕微鏡研究会&シンポジウム  2022年11月  レーザー顕微鏡研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪大学、大阪府吹田市  

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHS の立体構造とそのドメイン 国内会議

    倉内郁哉, 大倉和貴, 米澤健人, 清水伸隆, 田中里佳, 細川千絵, 宮原郁子, 伊藤和央

    第95 回日本生化学会大会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 単一蛍光性ナノ粒子の光捕捉における共鳴光波長依存性 国内会議

    植野昂, 増井恭子, 細川千絵

    応用物理学会関西支部2022年度75周年記念講演会  2022年11月  応用物理学会関西支部

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪大学、大阪府吹田市  

  • 集光フェムト秒レーザーの短時間照射により誘発された神経活動(Neuronal activities induced by short-time irradiation of a focused femtosecond laser) 国内会議

    大谷莞, 瀬川夕海, 箕嶋渉, 増井恭子, 細川千絵

    第60回日本生物物理学会年会  2022年09月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:函館アリーナ、北海道函館市  

  • 神経細胞内シナプス小胞群の光捕捉下における神経活動測定(Neuronal activity measurement under optical trapping of synaptic vesicles in neurons) 国内会議

    安田健人, 箕嶋渉, 増井恭子, 細川千絵

    第60回日本生物物理学会年会  2022年09月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:函館アリーナ、北海道函館市  

  • 集光フェムト秒レーザーに誘発された神経活動のパッチクランプ計測 国内会議

    瀬川夕海, 増井恭子, 細川千絵

    第83回応用物理学会秋季学術講演会  2022年09月  応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学、宮城県仙台市  

  • 結合エントロピーによる神経細胞間の結合強度解析 国内会議

    箕嶋渉, 瀬川夕海, 細川千絵

    第83回応用物理学会秋季学術講演会  2022年09月  応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学、宮城県仙台市  

  • レーザー摂動による神経細胞ネットワークの操作 国内会議

    細川千絵

    第83回応用物理学会秋季学術講演会  2022年09月  応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学、宮城県仙台市  

  • 光捕捉された単一色素含有ナノ粒子の共鳴光波長依存性 国内会議

    植野昂, 増井恭子, 細川千絵

    第83 回応用物理学会秋季学術講演会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学、宮城県仙台市  

  • Drastic photostability improvement proved by single particle detection method for emitting CdSe quantum dots after the judicious surface silanization 国際会議

    N. Murase, C. Hosokawa, C. Li

    Hole Burning, Single Molecule, and Related Spectroscopies 2022 (HBSM2022)  2022年09月  HBSM2022

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bayreuth, Germany  

  • 集光レーザービームの光摂動を用いた細胞機能操作 招待 国内会議

    細川千絵

    第11回 有機分子・バイオエレクトロニクスの未来を拓く若手研究者討論会  2022年09月  有機分子・バイオエレクトロニクス分科会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  • レーザー摂動による神経細胞ネットワークの操作 国内会議

    細川千絵

    第83回応用物理学会秋季学術講演会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 共鳴ラマンイメージングを用いた培養神経細胞ネットワーク形成に伴う分子分布変化 国内会議

    増井恭子, 長野貴裕, 名和靖矩, 谷知己, 藤田克昌, 石飛秀和, 藤田聡史, 細川千絵, 井上康志

    2022年電気学会 電子・情報・システム部門大会  2022年08月  電気学会 電子・情報・システム部門

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神経回路網の発達に依存して変化する結合強度の移動エントロ ピー解析 国内会議

    箕嶋渉, 瀬川夕海, 細川千絵

    2022 年電気学会 電子・情報・システム部門大会  2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Spatiotemporal dynamics of evoked neuronal responses induced by a focused femtosecond laser 国内会議

    Y. Segawa, W. Minoshima, K. Masui, C. Hosokawa

    2022 年電気学会 電子・情報・システム部門大会  2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Drastic photostability improvement proved by single particle detection method for emitting CdSe quantum dots after the judicious surface silanization 国際会議

    N. Murase, C. Hosokawa, C. Li

    Hole Burning, Single Molecule, and Related Spectroscopies 2022 (HBSM2022)  2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Raman imaging of primary cultured hippocampal neuron for evaluating neuronal maturation 国際会議

    T. Nagano, K. Masui, Y. Nawa, H. Ishitobi, T. Tani, S. Fujita, K. Fujita, C. Hosokawa, Y. Inouye

    The 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO-PR2022)  2022年08月  CLEO-PR2022

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sapporo, Japan  

  • Detection of Liposomes Encapsulating Neurotransmitters by Optical Trapping Raman Spectroscopy 国際会議

    K. Masui, Y. Nawa, S. Tokumitsu, M. Kawarai, W. Minoshima, T. Tani, S. Fujita, H. Ishitobi, C. Hosokawa, Y. Inouye

    The 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO-PR2022)  2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sapporo, Hokkaido  

  • Single-Neuron Stimulation with a Focused Femtosecond Laser 国際会議

    Y. Segawa, W. Minoshima, K. Masui, C. Hosokawa

    The 15th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO-PR2022)  2022年08月  CLEO-PR2022

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sapporo, Japan  

  • 集光フェムト秒レーザーの短時間照射により誘発された神経活動(Neuronal activities induced by short-time irradiation of a focused femtosecond laser) 国内会議

    Otani Kan, Segawa Yumi, Minoshima Wataru, Masui Kyoko, Hosokawa Chie

    生物物理  2022年08月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神経細胞内シナプス小胞群の光捕捉下における神経活動測定(Neuronal activity measurement under optical trapping of synaptic vesicles in neurons) 国内会議

    Yasuda Taketo, Minoshima Wataru, Masui Kyoko, Hosokawa Chie

    生物物理  2022年08月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レーザー摂動による細胞機能操作 招待 国内会議

    細川千絵

    2022年度有機分子・バイオエレクトロニクス分科会6⽉研究会「有機分⼦・バイオエレクトロニクス研究の最前線」  2022年06月  有機分子・バイオエレクトロニクス分科会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京都江東区  

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHSの立体構造と機能 国内会議

    倉内郁哉, 大倉和貴, 田中里佳, 細川千絵, 伊藤和央, 宮原郁子, 米澤健人, 清水伸隆

    2022年日本蛋白質科学会年会  2022年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHSの機能とドメイン構造 国内会議

    倉内郁哉, 大倉和貴, 森真司, 米澤健人, 清水伸隆, 田中里佳, 細川千絵, 宮原郁子, 伊藤和央

    第22回関西グライコサイエンスフォーラム  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Optical trapping dynamics of nanoparticles by resonant optical responses 国際会議

    K. Ueno, T. Kishimoto, K. Masui, C. Hosokawa

    The 8th Optical Manipulation and Structured Materials Conference (OMC2022)  2022年04月  OMC2022

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • 集光フェムト秒レーザーによる単一神経細胞での神経電気活動誘発 国内会議

    瀬川夕海, 箕嶋渉, 増井恭子, 細川千絵

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多電極アレイ上で培養した神経細胞内シナプス小胞群の光捕捉 国内会議

    安田健人, 箕嶋渉, 増井恭子, 細川千絵

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光圧下における脂質二分子膜の拡散特性変化 国内会議

    石原悠人, 増井恭子, 箕嶋渉, 杭田芙子, 森垣憲一, 細川千絵

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Bull’s eye型プラズモニックチップ上の細胞表面受容体分子の光捕捉 国内会議

    小泉喬史, 永末智也, 田和圭子, 細川千絵

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼHSのX線結晶構造解析 国内会議

    倉内郁哉, 大倉和貴, 田中里佳, 細川千絵, 伊藤和央, 宮原郁子

    量子ビームサイエンスフェスタ(Web)  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ナノ秒光渦照射による単一神経細胞の神経活動変化 国内会議

    箕嶋渉, 瀬川夕海, 増井恭子, 柚山健一, 尾松孝茂, 細川千絵

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ラマンイメージングによる培養神経細胞のネットワーク形成過程の評価 国内会議

    長野貴裕, 増井恭子, 名和靖矩, 細川千絵, 石飛秀和, 谷知己, 藤田聡史, 井上康志

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Single-cell stimulation in neuronal networks with a focused femtosecond laser 国際会議

    Y. Segawa, W. Minoshima, C. Hosokawa

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2021 (Pacifichem2021)  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Deuterated glutamate-mediated electrical activity of neuronal networks measured by multi-electrode arrays 国際会議

    W. Minoshima, K. Masui, T. Tani, Y. Nawa, S. Fujita, H. Ishitobi, C. Hosokawa, Y. Inouye

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2021 (Pacifichem2021)  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Optical trapping of cellular receptors on neurons toward manipulation of cellular activity 招待 国内会議

    Chie Hosokawa

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2021 (Pacifichem2021)  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Optical trapping of glutamate receptors on neuronal cells with a bull’s eye-type plasmonic chip 国内会議

    T. Koizumi, T. Nagasue, K. Tawa, C. Hosokawa

    第58 回日本生物物理学会年会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Spatio-temporal properties of neuronal activities induced by a focused femtosecond laser 国際会議

    Y. Segawa, W. Minoshima, C. Hosokawa

    The fourth International Workshop on Symbiosis of Biology and Nanodevices (IWSBN2021)  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Optical trapping dynamics of lipid molecules in artificial bilayers 国際会議

    Y. Ishihara, F. Kueda, K. Morigaki, C. Hosokawa

    The fourth International Workshop on Symbiosis of Biology and Nanodevices (IWSBN2021)  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Connection strengths in cultured neurons on multi-electrodes arrays evaluated by transfer entropy 国際会議

    W. Minoshima, Y. Segawa, C. Hosokawa

    The fourth International Workshop on Symbiosis of Biology and Nanodevices (IWSBN2021)  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Optical Trapping Dynamics of Cell Surface Molecules on Neurons 招待 国内会議

    Chie Hosokawa

    The 14th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2021)  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Endo-β-N-acetylglucosaminidase HSのX線結晶構造解析 国内会議

    倉内郁哉, 大倉和貴, 田中里佳, 細川千絵, 伊藤和央, 宮原郁子

    日本結晶学会年会講演要旨集  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Bull's eye型プラズモニックチップによる神経細胞表面グルタミン酸受容体分子の光捕捉(Optical trapping of glutamate receptors on neuronal cells with a bull's eye-type plasmonic chip) 国内会議

    Koizumi Takashi, Nagasue Tomoya, Tawa Keiko, Hosokawa Chie

    生物物理  2021年10月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 移動エントロピー解析による神経回路網の結合特性評価 国内会議

    箕嶋渉, 瀬川夕海, 細川千絵

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光圧下のナノ粒子集合体形成過程の数値解析 国内会議

    石原悠人, 箕嶋渉, 細川千絵

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光捕捉された人工リポソームに内包された神経伝達物質の顕微ラマン散乱計測 国内会議

    増井恭子, 増井恭子, 徳満俊介, 名和靖矩, 名和靖矩, 細川千絵, 細川千絵, 石飛秀和, 石飛秀和, 藤田聡史, 井上康志, 井上康志

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 共鳴光の波長に依存したナノ粒子の光捕捉過程 国内会議

    植野昂, 岸本龍典, 岸本龍典, 箕嶋渉, 細川千絵

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 微小粒子の光捕捉過程にともなう流れ場の解析 国内会議

    辻徹郎, 細川千絵, 細川千絵, 岸本龍典, 岸本龍典, 大久保匠, 工藤卓, 川野聡恭

    日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レーザー摂動による細胞内分子操作と細胞機能制御への応用 招待 国内会議

    細川千絵

    学振174委員会 第71回研究会  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Acute effects of deuterated glutamate on neuronal activity in cultured hippocampal neurons 国内会議

    W. Minoshima, K. Masui, T. Tani, Y. Nawa, S. Fujita, H. Ishitobi, C. Hosokawa, Y. Inouye

    第44 回日本神経科学大会  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Responses of neuronal networks activities evoked by a focused femtosecond laser 国内会議

    Y. Segawa, W. Minoshima, C. Hosokawa

    第44 回日本神経科学大会  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラズモニックチップによる神経細胞シナプス関連分子の可視化と操作 招待 国内会議

    細川千絵

    第20回プラズモニック化学シンポジウム  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 光圧による人工脂質二分子膜の拡散特性変化 国内会議

    石原悠人, 岸本龍典, 箕嶋渉, 杭田芙子, 森垣憲一, 細川千絵

    ナノ学会大会講演予稿集  2021年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Optical trapping of nanoparticles suspended in water with a bull’s eye-type plasmonic chip 国際会議

    T. Koizumi, T. Nagasue, K. Tawa, C. Hosokawa

    The 7th Optical Manipulation and Structured Materials Conference (OMC2021)  2021年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fluid convection driven by suspended particles in optical trapping 国際会議

    T. Tsuji, C. Hosokawa, T. Kishimoto, T. Okubo, S. N. Kudoh, S. Kawano

    The 7th Optical Manipulation and Structured Materials Conference (OMC2021)  2021年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 集光フェムト秒レーザー照射に伴う神経回路網の誘発応答解析 国内会議

    瀬川夕海, 箕嶋渉, 細川千絵

    第68回応用物理学会春季学術講演会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Bull’s eye型プラズモニックチップによるナノ粒子の光捕捉メカニズム 国内会議

    小泉喬史, 永末智也, 田和圭子, 細川千絵

    第68回応用物理学会春季学術講演会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 神経伝達物質受容体分子の光捕捉によるシナプス伝達効率の上昇 国内会議

    岸本龍典, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    第68回応用物理学会春季学術講演会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 集光レーザービームの光圧による神経細胞内分子操作と活動制御 招待 国内会議

    細川千絵

    レーザー学会学術講演会第41回年次大会  2021年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 集光フェムト秒レーザー照射に伴う神経回路網の活動変化 国内会議

    瀬川夕海, 箕嶋渉, 細川千絵

    電気学会 光・量子デバイス研究会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光圧による細胞表面分子の直接操作と神経活動制御への応用 国内会議

    細川 千絵

    日本生物物理学会第58回年会  2020年09月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 脂質二分子膜に働く光捕捉力の検証 国内会議

    Ishihara Yuto, Kishimoto Tutsunori, Kueda Fuko, Kudoh Suguru N., Morigaki Kenichi, Hosokawa Chie

    日本生物物理学会第58回年会  2020年09月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 神経伝達物質受容体の光捕捉にともなう神経活動頻度の増加 国内会議

    岸本龍典, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Bull’s eye型プラズモニックチップを用いたナノ粒子の光捕捉過程 国内会議

    小泉喬史, 永末智也, 田和圭子, 細川千絵

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多電極アレイ上の神経回路網における重水素化グルタミン酸に活性化された神経活動特性 国内会議

    箕嶋渉, 増井恭子, 谷知己, 名和靖矩, 藤田聡史, 石飛秀和, 細川千絵, 井上康志

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 微小粒子の光捕捉過程における周囲流体の大規模流れ 国内会議

    辻徹郎, 細川千絵, 岸本龍典, 大久保匠, 工藤卓, 川野聡恭

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光圧による神経細胞シナプス機能分子の操作と細胞機能制御への応用 国内会議

    細川千絵

    分析化学討論会講演要旨集(Web)  2020年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Neuronal electrical activity induced by optical trapping of neurotransmitter receptors on neuron 国際会議

    T. Kishimoto, S. N. Kudoh, T. Taguchi, C. Hosokawa

    The 7th Optical Manipulation and Structured Materials Conference (OMC2020)  2020年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • 重水素置換グルタミン酸濃度に依存した神経自発活動解析 国内会議

    箕嶋渉, 増井恭子, 細川千絵, 谷知己, 石飛秀和, 井上康志

    第67回応用物理学会春季学術講演会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神経細胞グルタミン酸受容体分子の光捕捉過程における細胞膜電位変化 国内会議

    岸本龍典, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    第67回応用物理学会春季学術講演会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光ピンセットを用いた神経細胞表面の分子操作過程の蛍光解析 国内会議

    岸本龍典, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    電気学会 光・量子デバイス研究会  2020年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光ピンセットを用いた神経細胞表面の分子操作過程の蛍光解析 (光・量子デバイス研究会・医療・バイオ応用を目指したナノ構造・ナノ界面) 国内会議

    岸本 龍典, 工藤 卓, 田口 隆久, 細川 千絵

    電気学会研究会資料. OQD = The papers of technical meeting on optical and quantum devices, IEE Japan  2020年01月  電気学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神経伝達物質受容体の光捕捉にともなう神経活動頻度の増加 国内会議

    岸本龍典, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2020年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Simultaneous Measurements of Molecular Dynamics of Optically Trapped Glutamate Receptors and Electrical Activity in Neurons 招待 国際会議

    C. Hosokawa, T. Kishimoto, S. N. Kudoh, T. Taguchi

    The 13th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2019)  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Live-cell Raman imaging of hippocampal neuronal cells 国際会議

    K. Masui, S. Morishita, T. Hamamoto, W. Minoshima, C. Hosokawa, V. R Daria, H. Ishitobi, Y. Inouye

    Biomedical Raman Imaging 2019  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka, Japan  

  • Relationship between molecular dynamics of glutamate receptors in an optical trap and electrical activity in neurons 国際会議

    T. Kishimoto, S. N. Kudoh, T. Taguchi, C. Hosokawa

    International Workshop on Quantum Sensing & Biophotonics 2019 (IWQSB2019)  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka  

  • Relationship between optical trapping dynamics of neurotransmitter receptor and neuronal electrical activity 国際会議

    T. Kishimoto, S. N. Kudoh, T. Taguchi, C. Hosokawa

    The International Symposium on Plasmonics and Nano-photonics (iSPN2019)  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Ikuta Shrine Hall, Kobe, Japan  

  • Optical trapping of nanoparticle suspensions on a plasmonic chip and its application to manipulation of cell surface molecules 招待 国際会議

    Chie Hosokawa, Yuki Matsubayashi, Suguru N. Kudoh, Keiko Tawa

    The International Symposium on Plasmonics and Nano-photonics (iSPN2019)  2019年11月  Ikuta Shrine Hall, Kobe, Japan

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Molecular dynamics in an optical trap on living neuronal networks 招待 国際会議

    C. Hosokawa

    The 13th Japanese-Russian Workshop on “Open Shell Compounds and Molecular Spin Devices” (JRWS2019)   2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Awaji Yumebutai International Conference Center, Awaji Island, Japan  

  • 光圧による細胞表面分子操作における細胞電気活動計測 国内会議

    岸本龍典, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    OCU先端光科学シンポジウム  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市立大学、大阪府大阪市  

  • Relationship between molecular dynamics of glutamate receptors in an optical trap and electrical activity in neurons 国際会議

    T. Kishimoto, S. N. Kudoh, T. Taguchi, C. Hosokawa

    International Workshop on Quantum Sensing & Biophotonics 2019 (IWQSB2019)  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka, Japan  

  • 光圧による神経細胞ネットワークの機能分子操作 招待 国内会議

    細川千絵

    2019年光化学討論会   2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学、愛知県名古屋市  

  • プラズモニックチップ上に吸着した量子ドット のCWレーザー励起 2光子発光イメージング 国内会議

    大村祐貴, 松林佑基, 細川千絵, 田和圭子

    2019年光化学討論会   2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学、愛知県名古屋市  

  • 光ピンセットを用いたAMPA型グルタミン酸受容体分子操作における神経電気活動変化(Neuronal electrical activity induced by optical trapping of AMPA-type glutamate receptors on neurons) 国内会議

    Kishimoto Tatsunori, Kudoh Suguru, Taguchi Takahisa, Hosokawa Chie

    生物物理  2019年08月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Laser-induced perturbation into cell-surface molecules on neurons 招待 国際会議

    Chie Hosokawa

    The 6th Awaji International Workshop on “Electron Spin Science & Technology: Biological and Materials Science Oriented Applications” (AWEST2019)  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Awaji Yumebutai International Conference Center, Awaji Island, Hyogo  

  • Resonance laser effect on optical trapping of cell surface molecules 国際会議

    T. Kishimoto, S. N. Kudoh, T. Taguchi, C. Hosokawa

    The 6th Optical Manipulation and Structured Materials Conference (OMC2019)  2019年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • 溶液中ナノ粒子の光捕捉過程における共鳴レーザー照射効果 国内会議

    岸本龍典, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ナノ流体デバイスにおける光圧によるナノ粒子の操作と微小反応場の構築 国内会議

    西岡賢史, 岸本龍典, 辻川健寛, 細川千絵, 工藤卓, 許岩

    分析化学討論会講演要旨集  2019年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ナノ流体デバイスと光圧の融合による単一ナノ粒子の捕捉・輸送・配置 国内会議

    西岡賢史, 岸本龍典, 辻川健寛, 細川千絵, 工藤卓, 許岩

    日本分析化学会年会講演要旨集(Web)  2019年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Femtosecond Laser-induced Stimulation into Neuronal Networks 招待 国際会議

    C. Hosokawa, Y. Fujioka, S. N. Kudoh, T. Taguchi

    The 12th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2018)  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 細胞表面分子操作のための共鳴効果を用いた光捕捉の検討 国内会議

    岸本龍典, 曽我部時郎, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラズモニックディッシュ上のDi‐4‐ANEPPSの増強蛍光を用いた神経自発活動のリアルタイム計測 国内会議

    箕嶋渉, 細川千絵, 工藤卓, 田和圭子, 田和圭子

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 海馬神経細胞のラマン分光計測 国内会議

    望月葵, 増井恭子, 名和靖矩, 石飛秀和, 細川千絵, DARIA Vincent, 藤田克昌, 井上康志

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラズモニックディッシュ上のDi‐4‐ANEPPSの増強蛍光を用いた神経自発活動のリアルタイム計測 国内会議

    箕嶋渉, 細川千絵, 工藤卓, 田和圭子

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラズモニックチップを用いた半導体ナノ粒子の光捕捉 国内会議

    松林佑基, 田和圭子, 工藤卓, 細川千絵

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 集光フェムト秒レーザー刺激による神経活動の時空間ダイナミクス(Spatio-Temporal Dynamics of Neuronal Spikes Induced by a Focused Femtosecond Laser) 国内会議

    Fujioka Yuji, Kudoh Suguru N., Taguchi Takahisa, Hosokawa Chie

    生物物理  2018年08月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラズモニックチップ上の増強蛍光による培養神経細胞の自発活動計測(Spontaneous activity in cultured neurons measured with the enhanced fluorescence on the plasmonic chip) 国内会議

    Minoshima Wataru, Hosokawa Chie, Kudoh Suguru, Tawa Keiko

    生物物理  2018年08月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ナノ流体デバイスと光圧の融合による単一ナノ粒子の捕捉・輸送と精密配置 国内会議

    西岡賢史, 岸本龍典, 岸本龍典, 細川千絵, 川端利幸, 辻川健寛, 野村俊之, 工藤卓, 許岩

    化学とマイクロ・ナノシステム学会研究会講演要旨集  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Optical trapping of quantum-dot conjugated AMPA-type receptors depened on initial assembling states 国内会議

    Kishimoto Tatsunori, Maezawa Yasuyo, Kudoh Suguru N., Taguchi Takahisa, Hosokawa Chie

    OPTICAL MANIPULATION CONFERENCE  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光マニピュレーションを用いた細胞操作 招待 国内会議

    細川千絵

    第111回テクノラボツアー「ナノ光マニピュレーションが拓く世界」  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪府立大学  

  • 海馬神経細胞のラマンイメージング 国内会議

    増井恭子, 名和靖矩, 望月葵, 石飛秀和, 細川千絵, DARIA Vincent R., 藤田克昌, 井上康志

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 海馬神経細胞のラマンイメージング 国内会議

    増井恭子, 名和靖矩, 望月葵, 石飛秀和, 細川千絵, DARIA Vincent R, 藤田克昌, 井上康志

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光ピンセットを用いた神経細胞分子操作における細胞内電気活動計測 国内会議

    岸本龍典, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェムト秒レーザー照射による神経細胞の光刺激過程 国内会議

    藤岡祐次, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラズモニックチップ上で培養した神経細胞表面AMPA受容体の光捕捉 国内会議

    松林佑基, 泉章太, 田和圭子, 工藤卓, 細川千絵

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラズモニックチップ上における神経自発活動の高感度蛍光イメージング 国内会議

    箕嶋渉, 泉章太, 細川千絵, 工藤卓, 田和圭子

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fluorescent imaging of live hippocampal neurons with platinum nanoclusters 国内会議

    Minami Fujieda, Kyoko Masui, Chie Hosokawa, Hidekazu Ishitobi, Yasushi Inouye

    Optics InfoBase Conference Papers  2018年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    © 2018 OSA - The Optical Society. All rights reserved. Fluorescent imaging is a powerful technique to reveal how target cells or biomolecules work in biological tissues and cells. So far, organic dyes, fluorescent proteins, and quantum dots have been developed and widely used as a fluorescent probe. However, these fluorescent probes do not work well in certain conditions: they have cytotoxicity and steric hindrance due to inclusion of harmful atoms and/or their sizes. Hence, metal nanoclusters, that are composed of several metal atoms and emit fluorescence owing to quantum size effect, have been anticipated as a newly categorized fluorescent probe. Since the fluorescent wavelength depends on their sizes, it is possible to control the fluorescent wavelength by adjusting the number of composed atoms [1].

  • Optical trapping of quantum-dot-conjugated glutamate receptors on living neuronal cells 招待 国際会議

    C. Hosokawa, T. Kishimoto, Y. Maezawa, S. N. Kudoh, T. Taguchi

    The International Symposium on Nanomedicine 2017 (ISNM2017)  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tohoku University  

  • 集光レーザービームの光摂動による神経細胞ネットワークの操作 招待 国内会議

    細川千絵

    大阪大学生命機能研究科第175回研究交流会  2017年11月  大阪大学生命機能研究科

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪大学  

  • 集光フェムト秒レーザー刺激による神経回路網の応答特性 国内会議

    細川千絵, 藤岡祐次, 工藤卓, 田口隆久

    レーザー学会研究会報告  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 培養日数に依存して変化するAMPA受容体分子の光捕捉過程 国内会議

    岸本龍典, 前澤安代, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラズモニックチップを用いた神経細胞表面に局在するAMPA受容体分子の光捕捉 国内会議

    松林佑基, 泉章太, 田和圭子, 工藤卓, 細川千絵

    電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェムト秒レーザー光刺激手法による神経回路網の誘発応答 国内会議

    藤岡祐次, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Bull’s Eyeプラズモニックチップによる培養神経回路網の膜電位蛍光イメージング 国内会議

    箕嶋渉, 泉章太, 細川千絵, 工藤卓, 田和圭子

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 集光フェムト秒レーザーによる単一神経細胞の光刺激メカニズム(Stimulation Mechanisms in Living Neuronal Cells with a Focused Femtosecond Laser) 国内会議

    Fujioka Yuji, Kudoh Suguru N., Taguchi Takahisa, Hosokawa Chie

    生物物理  2017年08月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 集光レーザービームの光摂動を利用した細胞機能操作手法の開発 招待 国内会議

    細川千絵

    第20回光科学異分野横断セミナー  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪府立大学  

  • 集光レーザー摂動を利用した神経回路の機能操作 招待 国内会議

    細川千絵

    大阪大学フォトニクスセンター第52回フォトニクス・コロキアム  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Molecular dynamics in an optical trap of glutamate receptors labeled with quantum-dots on living neurons 国内会議

    Kishimoto Tatsunori, Maezawa Yasuyo, Kudoh Suguru N., Taguchi Takahisa, Hosokawa Chie

    OPTICAL MANIPULATION CONFERENCE  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光ピンセット集光時におけるAMPA受容体分子の動態観測 国内会議

    岸本龍典, 前澤安代, 細川千絵, 田口隆久, 工藤卓

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェムト秒レーザー光刺激に伴う誘発応答の細胞外電位計測とCa2+イメージングの同時計測 国内会議

    藤岡祐次, 中川裕太, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 集光フェムト秒レーザー刺激による神経回路網の応答特性 国内会議

    細川千絵, 藤岡祐次, 工藤卓, 田口隆久

    レーザー学会研究会報告  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 培養神経細胞表面に局在するグルタミン酸受容体タンパク質の光捕捉 (ニューロフォトニクス) 国内会議

    細川 千絵, 岸本 龍典, 前澤 安代, 工藤 卓, 田口 隆久

    レーザー学会研究会報告 = Reports on topical meeting of the Laser Society of Japan  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光ピンセットによるAMPA型グルタミン酸受容体分子の捕捉過程 国内会議

    KISHIMOTO Tatsunori, MAEZAWA Yasuyo, KUDOH Suguru. N., TAGUCHI Takahisa, HOSOKAWA Chie

    計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム論文集(CD-ROM)  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェムト秒レーザー光刺激による神経回路網の誘発応答特性(Spatio-temporal activity pattern in neuronal network evaluated by femtosecond laser-induced stimulation) 国内会議

    Fujioka Yuji, Nakagawa Yuta, Kudoh Suguru N., Taguchi Takahisa, Hosokawa Chie

    生物物理  2016年10月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 顕微鏡の照射角制御によって最適化されたプラズモニックチップ上のナノ粒子の蛍光増強度 国内会議

    泉章太, 當麻真奈, 細川千絵, 田和圭子

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 集光フェムト秒レーザーを用いた単一細胞刺激による神経細胞ネットワークの活動特性 国内会議

    中川裕太, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神経細胞表面のグルタミン酸受容体分子の初期集合状態に依存した光捕捉過程 国内会議

    前澤安代, 岸本龍典, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Bull’s Eye構造のプラズモニックチップを用いた蛍光標識ナノ粒子の蛍光顕微鏡観察 国内会議

    泉章太, 細川千絵, 當麻真奈, 田和圭子

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 集光レーザー摂動を用いた細胞内分子操作技術の開発 国内会議

    細川千絵

    第15回産総研・産技連LS-BT合同研究発表会要旨集,2016  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 培養神経細胞表面に局在するグルタミン酸受容体タンパク質の光補捉 国内会議

    細川千絵, 岸本龍典, 前澤安代, 工藤卓, 田口隆久

    レーザー学会研究会報告  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラズモニックチップを用いた単一ナノ粒子の光捕捉過程の蛍光解析 国内会議

    宮内康平, 田和圭子, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2015年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Optical Trapping Dynamics of Glutamate Receptors in Cultured Neurons 国内会議

    MAEZAWA Yasuyo, KUDOH Suguru N, TAGUCHI Takahisa, HOSOKAWA Chie

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2015年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Sensitive Single‐Particle Fluorescence Imaging with a Plasmonic Chip 国内会議

    TAWA Keiko, SASAKAWA Chisato, HOSOKAWA Chie, TAWA Keiko, SASAKAWA Chisato, HOSOKAWA Chie

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2015年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェムト秒レーザー光刺激による神経細胞ネットワークの機能解析(Functional analysis of living neuronal networks with a femtosecond laser-induced stimulation) 国内会議

    Nakagawa Yuta, Kudoh Suguru N., Taguchi Takahisa, Hosokawa Chie

    生物物理  2015年08月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 細胞を診て操作する生物物理的アプローチ 集光レーザー摂動を用いた神経回路網における分子ダイナミクスの直接操作(New biophysical approaches to explore and manipulate cells Direct manipulation of molecular dynamics in neuronal network with laser-induced perturbation) 国内会議

    Hosokawa Chie

    生物物理  2015年08月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラズモニックディッシュで培養した神経細胞の高感度蛍光イメージング 国内会議

    田和圭子, 藤田剛, 細川千絵, 西井準治

    高分子学会予稿集(CD-ROM)  2015年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光ピンセットを用いた神経細胞に局在する受容体タンパク質の捕捉・集合 国内会議

    前澤安代, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2015年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラズモニックチップ上で培養した神経細胞接着分子の光捕捉 国内会議

    細川千絵, 宮内康平, 工藤卓, 田口隆久, 田和圭子

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2015年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 画像認知の根源的課題 : 培養神経回路網におけるスパイク符号流図(ポスター1,多元計算解剖学の創成,医用画像工学の最先端,一般) 国内会議

    田村 進一, 西谷 陽志, 細川 千絵, 三好 智満, 澤井 元, 上村 拓矢, 八木 康史, 水野(松本) 由子, 陳 延偉

    電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像  2015年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    知能の基本原理を解明することにより,画像認知の高度化・知能化・質的向上を図ることができる.しかしながら,神経回路網の基本機能は解明されていない.本研究では,神経回路網の基本機能として情報伝搬の仕組みの一端を明らかにする.とくに培養神経とマルチ電極を用いた情報伝搬の可視化について記す.M系列ファミリーなどランダム的符号を検出することにより,その移動量が定量化できる.また,2Dメッシュ状神経回路網モデルにより,符号スペクトルがシミュレートできることを示す.

  • Laser-induced perturbation into molecular dynamics localized in neuronal cell 国内会議

    Chie Hosokawa, Naoko Takeda, Suguru N. Kudoh, Takahisa Taguchi

    Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE  2015年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    © 2015 SPIE. Molecular dynamics at synaptic terminals in neuronal cells is essential for synaptic plasticity and subsequent modulation of cellular functions in a neuronal network. For realizing artificial control of living neuronal network, we demonstrate laser-induced perturbation into molecular dynamics in the neuronal cells. The optical trapping of cellular molecules such as synaptic vesicles or neural cell adhesion molecules labeled with quantum dots was evaluated by fluorescence imaging and fluorescence correlation spectroscopy. The trapping and assembling dynamics was revealed that the molecular motion was constrained at the focal spot of a focused laser beam due to optical trapping force. Our method has a potential to manipulate synaptic transmission at single synapse level.

  • 神経細胞表面分子の局所光操作に向けたプラズモン光ピンセット手法の開発 国内会議

    宮内康平, 田和圭子, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェムト秒レーザー光刺激による神経細胞ネットワークの活動制御 国内会議

    中川裕太, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1SDA-04 神経ダイナミクス解明のためのレーザー摂動技術の開発(1SDA 神経ダイナミクスの計測と制御,シンポジウム,第52回日本生物物理学会年会(2014年度)) 国内会議

    細川 千絵

    生物物理  2014年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Bright fluorescence imaging of cells cultured on the plasmonic dish 国内会議

    Tawa Keiko, Fujita Tsuyoshi, Yasui Chikara, Kiyosue Kazuyuki, Hosokawa Chie, Sasakawa Chisato, Aota Hiroyuki, Kakinuma Norihiro, Oike Makoto, Nishii Junji

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY  2014年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神経ダイナミクスの計測と制御 神経ダイナミクス解明のためのレーザー摂動技術の開発(Measurement and control of neurodynamics Laser-induced perturbation into living neuronal networks: Toward understanding neurodynamics) 国内会議

    Hosokawa Chie

    生物物理  2014年08月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 表面プラズモン共鳴効果を利用した神経細胞接着分子の光捕捉 国内会議

    宮内康平, 田和圭子, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    ナノ学会大会講演予稿集  2014年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 一体成型加工したプラズモニックディッシュ上で培養した神経細胞の蛍光顕微鏡イメージング 国内会議

    藤田剛, 細川千絵, 西井準治, 柿沼憲宏, 尾池真, 田和圭子

    高分子学会予稿集(CD-ROM)  2014年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 創薬スクリーニングに向けた細胞機能評価:集光レーザービームの光摂動を用いたアプローチ 国内会議

    細川千絵

    日本化学会講演予稿集  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光マニピュレーションの新しい生物科学応用 国内会議

    細川千絵

    日本化学会講演予稿集  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 画像認知の根源的課題 : 脳内ハードウエア(一般セッション3 画像認識,その他,計算解剖モデルに基づく診断・治療支援,医用画像処理一般) 国内会議

    田村 進, 西谷 陽志, 細川 千絵, 三好 智満, 澤井 元, 上村 拓矢, 八木 康史, 水野(松本) 由子, 陳 延偉

    電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像  2014年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Neuron is a simple computational element with rough function, e.g. it cannot receive spikes between refractory period of after it fires. Besides this, its parameters fluctuate time to time. However, as a neuron network they can work intellectually. This gap is an big problem to be solved not only from physiological point of view but also from computer science. We detected pseudo random sequences including M-sequence family in spike trains of cultured neuron network significantly more than by chance. This gave code flow map on multi-electrode array dishes (MED-P515A, Alpha MED Scientific, Kadoma, Osaka, Japan) with 8 × 8 planar microelectrodes. Each electrode catches spikes from several neurons. Conventionally these spike trains are sorted to extract spikes from respective single neuron. Unfortunately but fortunately, however, we obtained mixed neuron spike trains, and by analyzing these, we could find principle of intelligent neuronal network processing.

  • Clear images of neuronal cells cultured on a plasmonic dish observed with the inverted fluorescence microscope 国内会議

    Keiko Tawa, Tsuyoshi Fujita, Tsuyoshi Fujita, Chie Hosokawa, Junji Nishii

    Optics InfoBase Conference Papers  2013年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Laser manipulation of intracellular molecular dynamics in hippocampal neurons 国内会議

    C. Hosokawa, Y. Ueda, N. Takeda, S. N. Kudoh, T. Taguch

    Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics, CLEO - Technical Digest  2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    We demonstrated laser manipulation of intracellular molecular dynamics in neurons to realize artificial control toward modulating synaptic transmission in a neuronal network. The optical trapping and assembling dynamics of synaptic vesicles and neural cell adhesion molecules in neurons was revealed by fluorescence analysis. © 2013 IEEE.

  • Optical perturbation of intracellular molecular dynamics of single neuron in living neuronal network 国内会議

    HOSOKAWA Chie, TAKEDA Naoko, UEDA Yusuke, KUDOH Suguru N, TAGUCHI Takahisa, TAGUCHI Takahisa

    生物物理  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Spatio-temporal dynamics of spontaneous activity in living neuronal network by femtosecond laser-induced cutting of neurites 国内会議

    KUBO Hayato, KUDOH Suguru N, TAGUCHI Takahisa, HOSOKAWA Chie

    生物物理  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Evaluation of Functional Connectivity in Hippocampal Neuronal Network with Femtosecond-Laser Cutting of Neurites 国内会議

    KUBO Hayato, KUDOH Suguru N., TAGUCHI Takahisa, HOSOKAWA Chie

    計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム論文集(CD-ROM)  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 共鳴レーザー照射による神経細胞接着分子の光捕捉 国内会議

    武田尚子, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 集光レーザービームの光摂動による神経細胞内分子動態の集合操作(Optical perturbation of intracellular molecular dynamics of single neuron in living neuronal network) 国内会議

    Hosokawa Chie, Takeda Naoko, Ueda Yusuke, Kudoh Suguru N., Taguchi Takahisa

    生物物理  2013年09月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェムト秒レーザー神経突起切断による神経回路網の自発活動の時空間ダイナミクス(Spatio-temporal dynamics of spontaneous activity in living neuronal network by femtosecond laser-induced cutting of neurites) 国内会議

    Kubo Hayato, Kudoh Suguru N., Taguchi Takahisa, Hosokawa Chie

    生物物理  2013年09月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神経細胞接着分子の光捕捉過程における共鳴レーザー照射効果 国内会議

    武田尚子, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Clear Images of Neuronal Cells Cultured on a Plasmonic Dish Observed with the Inverted Fluorescence Microscope 国内会議

    TAWA Keiko, FUJITA Tsuyoshi, HOSOKAWA Chie, NISHII Junji

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラズモニックチップを用いた神経細胞の倒立落射蛍光顕微鏡イメージング 国内会議

    藤田剛, 細川千絵, 西井準治, 田和圭子

    高分子学会予稿集(CD-ROM)  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 27pDA-7 光集合制御による神経細胞内分子動態の解明(主題:分岐進化した光化学が映し出す次世代の光物質科学,領域5シンポジウム,領域5(光物性)) 国内会議

    細川 千絵

    日本物理学会講演概要集  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光集合制御による神経細胞内分子動態の解明 国内会議

    細川千絵

    日本物理学会講演概要集  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 蛍光イメージングへの応用を目指したプラズモニックチップの構造と光学特性評価 国内会議

    藤田剛, 安井力, 細川千絵, 西井準治, 青田浩幸, 田和圭子

    高分子学会予稿集(CD-ROM)  2013年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光ピンセットによる神経細胞内分子動態の集合操作 国内会議

    細川千絵, 武田尚子, 植田悠介, 工藤卓, 田口隆久

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェムト秒レーザーを用いた神経突起切断による神経回路網の機能解析 国内会議

    久保勇人, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fluorescence Imaging of Neuron Cells Cultured on a Plasmonic Dish 国内会議

    TAWA Keiko, YASUI Chikara, HOSOKAWA Chie, NISHII Junji, AOTA Hiroyuki

    Abstr JSAP MRS Jt Symp (CD-ROM)  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • M-sequence family from cultured neural circuits 国内会議

    Shinichi Tamura, Yoshi Nishitani, Chie Hosokawa, Yuko Mizuno-Matsumoto, Takuya Kamimura, Yen Wei Chen, Tomomitsu Miyoshi, Hajime Sawai

    Proceedings - 2012 6th International Conference on New Trends in Information Science, Service Science and Data Mining (NISS, ICMIA and NASNIT), ISSDM 2012  2012年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    We have already shown its feasibility by computer simulations that show a loop circuit can be copied to another area by back-propagation leaning algorithm; this is a key function of brain intelligence, which includes functions such as memory, association, reasoning, and abstraction. We also have found M-sequences in spike trains of cultured neuronal networks. In this paper, we report that we found family or fragment of M-sequence responses also in the instantaneous firing rates (PSTH's) from cultured neural networks of published data and our own data, which suggest the existence of loop circuits with a feedback link composed of 3 to 5 neuron cells or equivalent circuits. © 2012 AICIT.

  • 光ピンセットによる神経細胞接着分子の集合操作 国内会議

    武田 尚子, 工藤 卓, 田口 隆久, 細川 千絵

    電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 集光フェムト秒レーザーを用いた単一神経細胞の光刺激法の開発 国内会議

    坂本泰隆, 工藤卓, 田口隆久, 細川千絵

    電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光捕捉された神経細胞内シナプス小胞群の集合ダイナミクス(Assembling dynamics of optically trapped synaptic vesicles in neuronal cell) 国内会議

    Ueda Yusuke, Kudoh Suguru N., Taguchi Takahisa, Hosokawa Chie

    生物物理  2012年08月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Bright Fluorescence Images of Neurons Cultured on a Plasmonic Chip with Upright-Inverted Microscope 国内会議

    YASUI Chikara, TAWA Keiko, HOSOKAWA Chie, NISHII Junji, AOTA Hiroyuki

    応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2012年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 培養神経細胞からのM系列検出 国内会議

    西谷 陽志, 細川 千絵, 水野(松本) 由子, 三好 智満, 澤井 元, 田村 進一

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング  2012年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    我々は脳構成論の立場から記憶の基本はフィードバック付きループ回路(FSR)であり,この回路で生成されるM系列により記憶の伝送,転写という脳内情報処理の基本機能が制御されているのではないかと考えている.本研究では,その生理学的実証に向けて,ラット培養神経回路網の刺激スパイク列の時系列パターンを解析し,M系列の検出を試みた.その結果,素子数3のLFSRで生成されるM系列が検出された.また,脳内では計算機のようにクロック周期の統制がなく,出力されるM系列も,ビット幅のゆらぎ(margin)がある可能性を考慮し,marginとM系列検出数の相関を検定した.その結果正の相関が確認された.

  • 光ピンセットによる神経細胞接着分子の動態制御 国内会議

    武田尚子, 細川千絵, 工藤卓, 田口隆久

    ナノ学会大会講演予稿集  2012年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラズモニックチップを用いた神経細胞の高感度蛍光顕微鏡イメージング 国内会議

    安井力, 田和圭子, 細川千絵, 西井準治, 青田浩幸, 松本昭

    高分子学会予稿集(CD-ROM)  2012年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラズモニックチップ上で培養した神経細胞の高感度蛍光顕微鏡観察 国内会議

    安井力, 田和圭子, 細川千絵, 西井準治, 青田浩幸, 松本昭

    日本化学会講演予稿集  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラズモニックチップを用いた高感度蛍光イメージング 国内会議

    田和圭子, 安井力, 細川千絵, 西井準治, 青田浩幸

    関西大学先端科学技術シンポジウム講演集  2012年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 8G16 レーザー光摂動を用いた神経細胞ネットワーク操作過程の蛍光解析(OS25 デザインバイオニクス) 国内会議

    細川 千絵, 植田 悠介, 坂本 泰隆, 大西 映里子, 工藤 卓, 田口 隆久

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集  2012年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Optical Perturbation of Neuronal Network by a Focused Laser Beam 国内会議

    HOSOKAWA C., UEDA Y., SAKAMOTO Y., SUZUKI M., KUDOH S. N., TAGUCHI T.

    生体・生理工学シンポジウム論文集(CD-ROM))  2011年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光ピンセットによる神経細胞内シナプス小胞群の集合操作の蛍光解析 国内会議

    植田悠介,細川千絵, 工藤卓, 田口隆久

    応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2011年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • CdSe/ZnS量子ドット分散ガラスビーズを添加した神経回路網の細胞外電位多点計測による毒性評価 国内会議

    細川千絵, 大西映里子, 工藤卓, 村瀬至生, 安藤昌儀, 川崎一則, 田口隆久

    応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2011年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神経細胞内シナプス小胞群の光捕捉ダイナミクス 国内会議

    細川千絵, 植田悠介, 工藤卓, 田口隆久

    ナノ学会大会講演予稿集  2011年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • CdSe/ZnS量子ドット分散ガラスビーズを添加した神経回路網の機能解析 国内会議

    細川千絵, 鈴木真理子, 工藤卓, 村瀬至生, 安藤昌儀, 川崎一則, 田口隆久

    ナノ学会大会講演予稿集  2011年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光捕捉された神経細胞内シナプス小胞群の蛍光相関分光解析 国内会議

    細川千絵, 植田悠介, 工藤卓, 大西映里子, 鈴木真理子, 田口隆久

    応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM)  2011年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ループ回路仮説に基づく脳神経回路の読み出しパターン解析 国内会議

    西谷陽志, 細川千絵, 田村進一

    電子情報通信学会技術研究報告  2011年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    我々は脳構成論の立場から記憶の基本はループ回路であると考え,それらの間で時間的疑似直交パルス系列による通信により統一的な形で情報の伝達,転写,連想,抽象化ができると考えている.我々の従来研究においては,コンピュータシミュレーションにより遠隔部位間において物理的実現可能な形で自己組織的に系列情報の伝達を介してループ回路の転写ができることを確認している.しかし,実際の脳神経回路における記憶の伝送並びに転写の機能については実証されていない.本研究では,ラット培養神経回路網の神経活動電位の刺激応答より,素子数3のフィードバックつきシフトレジスタ回路の出力に相当する疑似ランダム系列で脳内記憶の読み出しが行われている可能性を確認した.

  • Memory on a chip 国内会議

    Hidekatsu Ito, Chie Hosokawa, Suguru N. Kudoh

    2010 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science: From Micro and Nano Scale Systems to Robotics and Mechatronics Systems, MHS 2010, Micro-Nano GCOE 2010, Bio-Manipulation 2010  2010年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    The rat hippocampal neurons were cultured on a dish with 64 planer micro electrodes array. Neurons reorganized a functional network, and an external inputs form outer world elicited a reproducible, particular spatiotemporal pattern of evoked action potentials. The patterns were not completely uniform for repeptive stimulation but varied slightly. We previously reported that dissociated rat hippocampal neurons possessed hysterical function in its network dynamics. The spatio-temporal electrical activity of the living neuronal network evoked by paired stimulation is quite different from one evoked by a single stimulation, suggested that the network can "memorize" an existence of precedent stimulation. In this report, the feature of this type of network hysteresis was investigated and the hysteresis was kept for at least 1s and not kept for 10s. In addition, this hysteresis was remarkable only in aged cultures with matured complex network. Network hysteresis depends on internal state of the network, generated by the autonomous activity in self-organized networks. ©2010 IEEE.

  • Morphology-tunable Strongly Emitting Fibers Self-assembled from Silica-coated CdTe QDs 国内会議

    MURASE Norio, YANG Ping, ANDO Masanori, KAWASAKI Kazunori, KATO Tomoki, HOSOKAWA Chie, TAGUCHI Takahisa

    日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集  2010年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 蛍光試薬用量子ドット分散ガラスビーズの作製と神経細胞イメージング 国内会議

    安藤 昌儀, 李 春亮, 楊 萍, 村瀬 至生, 細川 千絵, 田口 隆久

    電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像  2010年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    量子ドット(QD)は,明るい蛍光を発し、その発光波長を粒径や組成で制御できる.また,有機色素よりも耐光性が良いため,新規なバイオ用高輝度蛍光試薬として注目されている.蛍光性のQDは溶液法で得られるが,そのままでは不安定で劣化しやすい.そのため我々は,常温常圧で溶液反応によりガラスを合成できるゾル-ゲル法を用いて,InPやCdSe等のQDを微小なガラスビーズ(粒径数十nm程度)中に分散した安定な水分散性蛍光体を作製した.QD分散ガラスビーズは,バイオ用の緩衝液中に希釈した際に,市販ポリマーコートQDよりも格段に高い安定性と耐光性を示した.さらに,このガラスビーズは貪食作用で生きた培養神経細胞に導入でき,細胞形状の高分解能イメージングが可能であった.

  • 蛍光試薬用量子ドット分散ガラスビーズの作製と神経細胞イメージング 国内会議

    安藤 昌儀, 李 春亮, 楊 萍, 村瀬 至生, 細川 千絵, 田口 隆久

    電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像  2010年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    量子ドット(QD)は,明るい蛍光を発し、その発光波長を粒径や組成で制御できる.また,有機色素よりも耐光性が良いため,新規なバイオ用高輝度蛍光試薬として注目されている.蛍光性のQDは溶液法で得られるが,そのままでは不安定で劣化しやすい.そのため我々は,常温常圧で溶液反応によりガラスを合成できるゾル-ゲル法を用いて,InPやCdSe等のQDを微小なガラスビーズ(粒径数十nm程度)中に分散した安定な水分散性蛍光体を作製した.QD分散ガラスビーズは,バイオ用の緩衝液中に希釈した際に,市販ポリマーコートQDよりも格段に高い安定性と耐光性を示した.さらに,このガラスビーズは貪食作用で生きた培養神経細胞に導入でき,細胞形状の高分解能イメージングが可能であった.

  • 疎水性量子ドットを分散した高輝度蛍光を示す微小ガラスカプセルの作製と応用 国内会議

    村瀬至生,楊萍, 安藤昌儀, 鈴木真理子, 細川千絵, 川崎一則, 加藤智樹, 上垣浩一, 田口隆久, 田口隆久

    応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2010年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 疎水性量子ドットを分散した高輝度蛍光を示す微小ガラスカプセルの作製と応用 国内会議

    村瀬至生, 楊萍, 安藤昌儀, 鈴木真理子, 細川千絵, 川崎一則, 加藤智樹, 上垣浩一, 田口隆久, 田口隆久

    応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2010年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光ピンセットを用いた培養神経細胞シナプス操作過程の蛍光解析(Fluorescence analysis of optical trapping dynamics of synaptic vesicles in dissociated neuron) 国内会議

    細川 千絵, 大西 映里子, 工藤 卓, 田口 隆久

    神経化学  2010年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • CdSe/ZnS量子ドット分散ガラスビーズの神経細胞内単一粒子発光計測 国内会議

    細川千絵, 大西映里子, 村瀬至生, 安藤昌儀, 川崎一則, 田口隆久

    応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)  2010年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多数のCdSe/ZnS量子ドットを分散した高輝度ガラスビーズの作製と評価 国内会議

    村瀬至生, PING Yang, 鈴木真理子, 細川千絵, 川崎一則, 加藤智樹, 上垣浩一, 田口隆久

    ナノ学会大会講演予稿集  2010年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • InP量子ドット分散蛍光ガラスビーズの作製と神経細胞イメージング 国内会議

    安藤昌儀, LI Chunliang, 細川千絵, 鈴木真理子, 村瀬至生, 川崎一則, 田口隆久

    ナノ学会大会講演予稿集  2010年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • CdSe/ZnS量子ドット分散ガラスビーズを用いた神経細胞の発光解析 国内会議

    細川千絵, 大西映里子, 村瀬至生, 安藤昌儀, 川崎一則, 田口隆久

    ナノ学会大会講演予稿集  2010年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 刺激応答履歴性を利用したニューロ・ロボット 国内会議

    徳田農, 伊東嗣功, 細川千絵, 工藤卓

    電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ガラスコートInP量子ドットを用いた神経細胞の蛍光イメージング 国内会議

    安藤昌儀, 細川千絵, 鈴木真理子, 田口隆久

    応用物理学会学術講演会講演予稿集  2009年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 3S11p05 "試験管"としてのニューロ・ロボット"Vitroid"(生物と機械の融合-バイオロボティクス-,シンポジウム) 国内会議

    工藤 卓, 清原 藍, 徳田 農, 細川 千絵, 田口 隆久

    日本生物工学会大会講演要旨集  2009年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 生物と機械の融合 バイオロボティクス "試験管"としてのニューロ・ロボット"Vitroid" 国内会議

    工藤 卓, 清原 藍, 徳田 農, 細川 千絵, 田口 隆久

    日本生物工学会大会講演要旨集  2009年08月  (公社)日本生物工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多点電極アレイ上の神経細胞パターニング 国内会議

    細川千絵, 工藤卓, 鈴木真理子, 清原藍, 細川陽一郎, 岡野和宣, 増原宏, 田口隆久

    応用物理学関係連合講演会講演予稿集  2009年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Vitroid - a robot with link between living neuronal network in vitro and robot body 国内会議

    Suguru N. Kudoh, Minori Tokuda, Ai Kiyohara, Chie Hosokawa, Takahisa Taguchi, Isao Hayashi

    Proceedings of 2008 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation, ICMA 2008  2008年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Rat hippocampal neurons organized complex networks on a culture dish which has 64 planar microelectrodes and the spontaneous action potentials were frequently observed. The living neuronal network was able to distinguish patterns of action potentials evoked by different inputs, suggesting that a cultured neuronal network can represent and process particular states as symbols. We use a Khepera II robot and a robot made by LEGO mindstorm NXT kit as a robot body for interfacing with a living neuronal network and the outer world. We call the system "Vitroid". Vitroid has the living neurons, robot body, and direct coupling type of controllers to interface neurons with the robot. We succeeded in performing obstacle avoidance behavior with premised control rule sets. Using self-tuning fuzzy reasoning, we associated a distinct spatial pattern of electrical activity with a particular phenomenon in the outside of the culture dish. © 2008 IEEE.

  • 量子ドット分散ガラスビーズを用いた神経細胞イメージング 国内会議

    細川千絵, 安藤昌儀, 清原藍, 工藤卓, 田口隆久

    応用物理学会学術講演会講演予稿集  2008年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 量子ドット分散ガラスビーズを用いた神経細胞イメージング 国内会議

    細川千絵, 安藤昌儀, 清原藍, 工藤卓, 田口隆久

    応用物理学会学術講演会講演予稿集  2008年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光ピンセットを用いた神経細胞内単一シナプスの操作 国内会議

    細川千絵, 工藤卓, 清原藍, 田口隆久

    生体・生理工学シンポジウム論文集  2008年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ”試験管”としてのニューロ・ロボットハイブリッドにおけるin vitro学習 国内会議

    工藤卓, 徳田農, 清原藍, 細川千絵, 林勲, 田口隆久

    生体・生理工学シンポジウム論文集  2008年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光ピンセットによる神経細胞内シナプス小胞群の捕捉過程 国内会議

    細川千絵, 工藤卓, 清原藍, 田口隆久

    応用物理学関係連合講演会講演予稿集  2008年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Resynchronization in Living Neuronal Network Divided by a Focused Femtosecond Laser 国内会議

    HOSOKAWA C., KUDOH S.N., KIYOHARA A., TAGUCHI T.

    生体・生理工学シンポジウム論文集  2008年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of heterogeneity of functional synaptic connection in dissociated neurons 国内会議

    KUDOH S.N, KIYOHARA A, HOSOKAWA C, TAGUCHI T

    生体・生理工学シンポジウム論文集  2008年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Interaction between living neuronal network and outer world by programmable multisite stimulation system 国内会議

    Suguru N. Kudoh, Ai Kiyohara, Chie Hosokawa, Takahisa Taguchi, Isao Hayashi

    2007 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS  2007年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Rat hippocampal neurons organized complex networks on a culture dish which has 64 planner microelectrodes and action potentials of neurons were recorded from an individual electrode. MED64 system, one of multi site recording systems for extracellular action potential was used for recording network activities of living neuronal networks and for applying inputs from outer world to the network. Neurons reconstructed complicated networks along culture days, and a spatio-temporal pattern of spontaneous action potentials was drastically changed after transient high-frequency bursting activities (HFB) . After HFB, spatial distribution of spontaneous action potentials changed to heterogeneous one. We designed programmable multisite stimulation head amplifier, and analysis of evoked action potentials induced by the stimulator confirmed that there are some hub-like structure which has many inputs from other neurons. In addition we are developing "biomodeling system", in which living neuronal network connected to moving robot. ©2007 IEEE.

  • 1P210 光捕捉による海馬神経シナプスの小胞ダイナミクス(神経回路・脳の情報処理,ポスター発表,第45回日本生物物理学会年会) 国内会議

    細川 千絵, 工藤 卓, 清原 藍, 田口 隆久

    生物物理  2007年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光捕捉による海馬神経シナプスの小胞ダイナミクス(Vesicle dynamics of hippocampal synapses in optical trapping) 国内会議

    細川 千絵, 工藤 卓, 清原 藍, 田口 隆久

    生物物理  2007年11月  (一社)日本生物物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェムト秒レーザーにより切断された海馬神経細胞回路網における機能的再結合(Functional regeneration of hippocampal neurons on multielectrode array dish controlled by femtosecond laser processing) 国内会議

    Hosokawa Chie, Kiyohara Ai, Kudoh Suguru N., Taguchi Takahisa

    神経化学  2007年08月  (一社)日本神経化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 培養神経細胞による外界認知の試み 国内会議

    清原藍, 工藤卓, 徳田農, 細川千絵, 田口隆久, 林勲

    インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集  2007年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 集光フェムト秒レーザーによる分散培養神経回路網の微細加工 国内会議

    細川千絵, 工藤卓, 清原藍, 田口隆久

    応用物理学関係連合講演会講演予稿集  2007年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 蛍光相関分光で捉えた光圧ポテンシャル内でのナノ粒子会合ダイナミクス 国内会議

    吉川裕之, 細川千絵, 増原宏

    蛍光相関分光で見る生体系の情報伝達4 理研シンポジウム 平成19年  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Optical trapping and fluorescence analysis of thermo-responsive poly(N-alkylacrylamide) microgel particles in water 国内会議

    Yuriko Matsumura, Chie Hosokawa, Hiroyuki Yoshikawa, Kaoru Iwai, Hiroshi Masuhara

    Polymer Preprints, Japan  2006年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    When laser beam was focused into nanoparticle suspensions, nanoparticles can be trapped in the focal spot due to optical gradient force. Here we report the optical trapping and fluorescence analysis of poly(N-isopropylacrylamide) (PNIPAM) and its related polymer microgel particles which were labeled with 4-N-(2-acryloyloxyethyl)-N-methylamino-7-N,N-dimethylaminosulfonyl-2,1, 3-benzoxadiazole (DBD-AE) dispersed in water. The DBD-AE labeled PNIPAM microgel particles were trapped at the focal point by irradiation with cw-Nd 3+:YAG laser (λ = 1064 nm) in water and the fluorescence intensity of the DBD-AE labeled PNIPAM microgel particles excited by diode laser (λ = 405 nm) increased stepwise. We succeeded to fluorescence analysis of trapped single microgel particle.

  • 単一ポリ(N‐イソプロピルアクリルアミド)ゲル微粒子の光圧効果の蛍光解析 国内会議

    細川千絵, 松村有里子, 吉川裕之, 岩井薫, 増原宏

    光化学討論会講演要旨集  2006年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光圧による液中ナノ粒子の捕捉・集合機構の解明 国内会議

    細川千絵, 吉川裕之, 増原宏

    応用物理学会学術講演会講演予稿集  2006年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 感熱応答性ポリアクリルアミドゲル微粒子の光捕捉と蛍光解析 国内会議

    松村有里子, 細川千絵, 吉川裕之, 岩井薫, 増原宏

    高分子学会予稿集(CD-ROM)  2006年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光圧による液中ナノ粒子の集合ダイナミクス 国内会議

    細川千絵, 吉川裕之, 増原宏

    応用物理学関係連合講演会講演予稿集  2006年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光圧を利用したナノ粒子の捕捉・集合・配列 国内会議

    吉川裕之, 細川千絵, 増原宏

    コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集  2004年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 単一粒子レベルでみた光圧による高分子ナノ粒子の集合過程(II) 国内会議

    江田千絵, 吉川裕之, 増原宏

    コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集  2003年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 単一粒子レベルでみた光圧による高分子ナノ粒子の集合過程 国内会議

    江田千絵, 吉川裕之, 増原宏

    コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集  2002年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光圧による高分子ナノ微粒子凝集過程の二光子励起蛍光解析(II) 国内会議

    江田千絵, 吉川裕之, 増原宏

    応用物理学会学術講演会講演予稿集  2001年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光圧による高分子ナノ微粒子凝集過程の二光子励起蛍光解析 国内会議

    江田千絵, 吉川裕之, 増原宏

    応用物理学会学術講演会講演予稿集  2000年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光圧による神経細胞シナプス機能分子の操作と細胞機能制御への応用 招待 国内会議

    細川千絵

    第80回分析化学討論会  2000年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

▼全件表示

産業財産権等

科研費

  • レーザー刺激による神経細胞間シナプス伝達強度の時空間操作

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2023年04月

  • レーザー誘起力学摂動による神経回路網の機能制御

    基盤研究(B)  2023年04月

  • 超螺旋光による生体組織への刺激と自己組織化反応

    学術変革領域研究  2022年07月

  • レーザー誘起細胞内分子秩序化による神経活動ダイナミクスの制御

    基盤研究(B)  2017年

  • 光圧を識る:光圧の理論と計測・観測技術開発による基礎の確立

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2016年06月

  • Bull’s eyeパターン化プラズモニックチップによる神経細胞ネットワーク解析

    基盤研究(A)  2016年04月

  • 神経回路網の符号分布図

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2013年04月

  • 集光レーザー摂動による神経細胞ネットワークダイナミクスの解明

    若手研究(A)  2013年

  • 表面プラズモン増強効果を利用した細胞内分子マニピュレーション手法の開発

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2013年

  • プラズモン増強効果を示す量子ドット分散微小球のゾル-ゲル法を駆使した作製と評価

    基盤研究(C)  2012年04月

  • スイッチング可能な光-分子強結合場のための蛍光性高分子の創製

    特定領域研究  2009年

  • 共鳴レーザー光を利用した細胞内ナノマニピュレーション

    若手研究(B)  2009年

  • マルチスケール神経配置操作による神経回路網環境応答特性制御

    特定領域研究  2008年

  • 機能的結合に基づく神経情報ダイナミクス・デコーディング

    基盤研究(A)  2007年

  • 単一粒子レベルでみた光圧による溶液中ナノ粒子の凝集ダイナミクス

    特別研究員奨励費  2003年

▼全件表示

受託研究

  • レーザー摂動を用いた細胞内分子操作による神経情報処理機構の解明

    国立研究開発法人 科学技術振興機構  創発的研究支援事業  2021年04月

  • レーザー誘起光集合制御による神経細胞内分子動態の時空間ダイナミクスの解明

    科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究  2006年

担当授業科目

  • 化学反応論1

    2023年度   週間授業   大学

  • 化学産業論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 特別研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 物理化学特論B

    2023年度   週間授業   大学院

学外での担当授業科目

  • 熱力学

    2020年04月
    -
    2022年03月
    機関名:大阪市立大学

  • 基礎分析化学

    機関名:大阪市立大学

  • 特別講義(神経情報学)

    機関名:関西大学

役職

  • 部局内役職

    大学院理学研究科 化学専攻 

    専攻長  2022年04月 - 2023年03月

  • 部局内役職

    理学部 化学科 

    学科長  2022年04月 - 2023年03月

その他

  • 職務経歴

    2019年01月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院理学研究科 教授