2022/07/13 更新

写真a

ウエダ ミツヒロ
上田 光宏
Ueda Mitsuhiro
担当
大学院農学研究科 生命機能化学専攻 准教授
農学部 生命機能化学科
職名
准教授
所属
農学研究院

担当・職階

  • 大学院農学研究科 生命機能化学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 農学部 生命機能化学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 農学博士 ( 大阪府立大学 )

研究分野

  • 環境・農学 / ランドスケープ科学

  • 環境・農学 / 環境農学

研究概要

  • 低炭素社会構築に向けた低温適応性糖質分解酵素酵素の構造と機能の解析とその利用

  • きのこ菌類の自己消化に関わる糖質分解酵素に関する研究

  • 微生物の生産するキチナーゼの構造と機能の解析とその利用

  • 外生菌根菌の生産する糖質分解酵素

研究歴

  • 低温適応性糖質分解酵素の構造と機能に関する研究

    ミミズ、バイオエタノール、アミラーゼ、セルラーゼ、ヘミセルラーゼ  国内共同研究

    2003 - 継続中 

  • きのこ菌類の自己消化に関連する糖質分解酵素に関する研究

    自己消化、トレハラーゼ、キチナーゼ、グルカナーゼ  国内共同研究

    2015 - 2019 

  • 微生物の生産するキチナーゼの構造と機能の解析と酵素の有効利用

    微生物、キチナーゼ、キチン  国内共同研究

    2000 - 継続中 

  • 未利用資源の酵素を用いた資源化に関する研究

    微生物、菌類、ミミズ、糖質加水分解酵素、プロテアーゼ  国内共同研究

所属学協会

  • 日本生化学会

    2009年04月 - 継続中   国内

  • 日本キノコ学会

    1997年04月 - 継続中   国内

  • 日本糖質学会

    1996年04月 - 継続中   国内

  • 日本農芸化学会

    1992年04月 - 継続中   国内

  • 日本キチン・キトサン学会

    1992年04月 - 継続中   国内

  • 日本生物工学会

    1992年04月 - 継続中   国内

▼全件表示

論文

  • Gene cloning, expression and X-ray crystallographic analysis of a beta-Mannanase from Eisenia fetida 査読

    Mitsuhiro Ueda, Yu Hirano, Hiroaki Fukuhara, Yuki Naka, Masami Nakazawa Tatsuji Sakamoto, Taro Tamada

    Enzyme and Microbial Technology 雑誌   117   15 - 22   2018年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Changes of trehalose content and trehalose-degrading activity during fruit-body formation and autolysis in Pleurotus sp. 査読

    Alireza Arastoo, Masami Nakazawa , Tatsuji Sakamoto, Hitoshi Kobayashi, Kenji Ouchi, Satoshi Inatomi, Mitsuhiro Ueda

    Mycoscience 雑誌   59   479 - 482   2018年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Heterologous expression and characterization of a cold-adapted endo-1,4−β−glucanase gene from Bellamya chinensis laeta 査読

    MitsuhiroUeda, Yuta Konemori, Masami Nakazawaa, Tatsuji Sakamoto, Minoru Sakaguchi

    Process Biochemistry 雑誌   74   28 - 34   2018年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cloning and Expression of a Chitinase Gene from Eisenia fetida 査読

    Mitsuhiro Ueda, Takashi Shioyama, Kei Nakadoi, Masami Nakazawa, Tatsuji Sakamoto, Takeo Iwamoto, Minoru Sakaguchi

    International Journal of Biological Macromolecules 雑誌   104   1648 - 1655   2017年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • コナサナギタケ Paecilomyces farinosus由来のセリンエンドペプチダーゼの精製と性質 査読

    上田光宏・ 森本和樹・楠田瑞穂・中澤昌美・阪本龍司・坂口 実・小林 仁・大内謙二・稲富 聡

    MUSHROOM SCIENCE AND BIOTECHNOLOGY 雑誌   23(3)   82 - 89   2017年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 好熱性細菌Ralstonia sp. A-471由来新奇GH Family 23キチナーゼCに 含まれるCBM Family 12キチン結合ドメインの解析 査読

    櫻井俊輔,中澤昌美,阪本龍司,深田はるみ,上田光宏

    キチン・キトサン研究 雑誌   23(1)   1 - 7   2017年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Purification, Characterization, and Gene Cloning of a Cold-Adapted Endo-1,4-β-glucanase from Bellamya chinensis laeta 査読

    Ueda M, Maruyama T, Kawasaki K, Nakazawa M, Sakaguchi M.

    Mol Biotechnol 雑誌   58   241 - 250   2016年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effects of earthworm extract on vegetative mycelial growth of Trichoderma matsutake, an ectomycorrhizal mushroom 査読

    Ueda M, Yamamoto M, Nakazawa M, Kusuda M, Terashita T

    Mushroom Science and Biotechnology 雑誌   23   31 - 34   2015年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cloning and expression of the cold-adapted endo-1,4-beta-glucanase gene from Eisenia fetida. 査読

    Ueda M, Ito A, Nakazawa M, Miyatake K, Sakaguchi M, Inouye K.

    Carbohydrate polymers. 雑誌   101   511 - 516   2014年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Crystal structure of endo-1,4-b-glucanase from Eisenia fetida 査読

    Takao Arimori, Akihiro Ito, Masami Nakazawa, Mitsuhiro Ueda and Taro Tamada

    Journal of Synchrotron Radiation 雑誌   20 1-6   884 - 889   2013年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 食品酵素化学の最新技術と応用II

    上田光宏( 担当: 単著)

       2011年 

  • “Chitin, Chitosan and their derivatives: Biological activities and Industrial applications”.Chapter 29: Chitinolytic enzymes from the moderately thermophilic bacterium Ralstonia sp. A-471: characterization and application.

    Ueda, M. ( 担当: 単著)

       2010年06月 

  • 産業酵素の応用技術と最新動向,監修:井上國世,第33章ミミズ由来抗植物ウイルス性プロテアーゼ,,

    上田光宏( 担当: 単著)

       2009年03月 

  • Action pattern of microbial chitinases and chitosanases on partially N-acetylated chitosan

    Mitsutomi M., Ueda M., Arai M., Ando A., and Watanabe T.( 担当: 共著)

    Atec, Grottammare  1997年 

     詳細を見る

    担当ページ:273-274  

産業財産権等

  • 低温活性が改善された酵素及びその製造方法

    玉田太郎,平野優,上田光宏

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特願2017-219234  

  • デンプン分解酵素、それをコードする核酸、及びその利用

    上田光宏,若山祥夫

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特願2017-170907    

  • シマミミズ由来のセルロース分解酵素

    上田光宏

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特願2008-169196 

  • シマミミズが生産する生デンプン分解酵素

    上田光宏,中澤昌美,宮武和孝

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特願2006-257665 

  • ミミズ由来のプロテアーゼ

    上田光宏,中島耕平,中澤昌美,宮武和孝,大木理,東条元昭

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特願2011-177105 

  • 新規モノアセチルキトオリゴ糖及びその製造方法,並びにキチンオリゴ糖及びキトサンオリゴ糖の製造方法

    上田光宏,光富勝,宮武和孝,荒井基夫

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特願2002-379917 

  • ACE阻害剤の製造方法及びACE阻害剤

    上田光宏,井上国世

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特願2014-042919  

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 低温適応性糖質酵素の利用

  • ミミズを用いた有機物等の分解と利用

  • きのこ菌類の利用に関する研究

  • 未利用資源の酵素を用いた有効利用に関する研究

     詳細を見る

    未利用資源(キチン、食品系廃棄物など)の資源化を生物あるいは酵素を用いて行う(バイオエタノール生産など).

担当授業科目

  • 生物資源利用学

    2021年度    

  • 生体成分実験

    2021年度   実習  

  • 生命機能化学概論

    2021年度    

  • 生物資源循環工学特論

    2021年度    

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • ミミズによる有機物のリサイクル(資源循環)について

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学)

     詳細を見る

    対象:小学生

    キーワード:ミミズ、コンポスト化、資源循環 

    ミミズは地球上に4億年前から生息しています。ミミズは、体重の半分の量の有機物(枯れ葉や小枝など)を1日で分解し、その糞は植物の生育を促進し、植物病原菌に対する抵抗性も高める効果のあることが知られています。資源循環の担い手であるミミズの持つ能力に迫ります。