2022/07/13 更新

写真a

マツヤマ サトシ
松山 聡
Matsuyama Satoshi
担当
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 准教授
獣医学部 獣医学科
職名
准教授
所属
獣医学研究院
連絡先
メールアドレス

担当・職階

  • 大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 獣医学部 獣医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(農学) ( 大阪府立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 臨床獣医学

  • ライフサイエンス / 分子生物学  / 分子生物学

研究概要

  • 伴侶動物の腫瘍疾患に対する分子補填核酸薬の開発

  • 伴侶動物の腫瘍疾患に対する分子標的核酸薬の開発

  • 哺乳類のDNA修復機構に関する研究

  • 小動物の肥満遺伝子の探索と検査法の開発

  • 疾患遺伝子の探索及び診断法の開発

  • イヌおよびネコの乳腺腫瘍マーカー探索

研究歴

  • ネコSATB1遺伝子の発現動態

    ネコ、SATB1、遺伝子、発現動態、遺伝子検査  個人研究

    2015年04月 - 継続中 

  • ネコBLID遺伝子の発現解析

    伴侶動物、腫瘍、がん抑制遺伝子、 BLID、分子補填核酸薬  個人研究

    2015年04月 - 継続中 

  • 伴侶動物のプロヒビチン遺伝子の発現動態

    伴侶動物、プロヒビチン、遺伝子、発現動態、遺伝子検査  個人研究

  • ネコO3FAR1遺伝子の変異解析

    ネコ、O3FAR1、遺伝子、変異、遺伝子検査  個人研究

所属学協会

  • 日本獣医がん学会

    2009年10月 - 継続中   国内

  • 大阪府獣医師会

    1998年04月 - 継続中   国内

  • 日本獣医公衆衛生学会

    1998年04月 - 継続中   国内

  • 日本小動物獣医学会

    1998年04月 - 継続中   国内

  • 日本産業動物獣医学会

    1998年04月 - 継続中   国内

  • 日本獣医学会

    1987年04月 - 継続中   国内

▼全件表示

論文

  • Establishing cell lines for canine tonsillar and non-tonsillar oral squamous cell carcinoma and identifying characteristics associated with malignancy. 査読

    Noguchi S, Hattori A, Tanimoto N, Nishida R, Hirano K, Wada Y, Matsuyama S, Shimada T, Akiyoshi H.

    Tissue and Cell 雑誌 Elsevier   67   2020年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • PTEN, A Target of Microrna-374b, Contributes to the Radiosensitivity of Canine Oral Melanoma Cells. 査読

    Noguchi S, Ogusu R, Wada Y, Matsuyama S, Mori T.

    International Journal of Molecular Sciences 雑誌 Multidisciplinary Digital Publishing Institute   20 ( 18 )   2019年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • MicroRNA-205 enhances the radiosensitivity of canine oral melanoma cells by inhibiting E2F1 査読

    Yusuke Wada, Shunsuke Noguchi,, Yuki Nishiyama, Satoshi Matsuyama, Takashi Mori, Masaya Igase, Takuya Mizuno, Shunsuke Shimamura, Terumasa Shimada

    Japanese Journal of Veterinary Research 雑誌 北海道大学獣医学部   67 ( 2 )   2019年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Expression and localization of epidermal growth factor, transforming growth factor-a and epidermal growth factor receptor in the canine testis. 査読

    Tamada, H., Takemoto, K., Tominaga, M., Kawate, N., Takahashi, M., Hatoya, S., Matsuyama, S., Inaba, T., Sawada, T

    The Journal of Reproduction and Development 雑誌 日本繁殖生物学会   62   2016年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Abundance of BER-related proteins depends on cell proliferation status and the presence of DNA polymerase . 査読

    Yamamoto, M., Yamamoto, R., Takenaka, S., Matsuyama, S., Kubo, K.

    The Journal of Radiation Research 雑誌 日本放射線影響学会   56   2015年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • AP endonuclease knockdown enhances methyl methanesulfonate hypersensitivity of DNApolymerase β knockout mouse embryonic fibroblasts. 査読

    Yamamoto, R., Y., Umetsu, M., Yamamoto, M., Matsuyama, S., Takenaka, S., Ide, H., Kubo, K.

    The Journal of Radiation Research 雑誌 日本放射線影響学会   56   2015年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cloning and expression analysis of prohibitin mRNA in canine mammary tumors. 査読

    Matsuyama, S., Nakano, Y., Nakamura, M., Yamamoto, R., Shimada, T., Ohashi, F., Kubo, K.

    The Journal of Veterinary Medical Science 雑誌 日本獣医学会   77 ( 1 )   2015年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Expression patterns of the BRCA1 splicing variants in canine normal tissues and mammary gland tumors. 査読

    Sugiura T., Matsuyama S., Akiyoshi H., Takenaka S., Yamate J., Kuwamura M., Aoki M., Shimada T., Ohashi F., Kubo K.

    J. Vet. Med. Sci., 69 雑誌   69   587 - 592   2007年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Expression patterns of the erbB subfamily mRNA in canine benign and malignant mammary tumors. 査読

    Matsuyama. S, Nakamura. M, Yonezawa. K, Shimada. T, Ohashi. F, Takamori. Y, Kubo. K.

    J. Vet. Med. Sci., 63 雑誌   63   949 - 954   2001年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Frequent expression of the c-kit proto-oncogene in canine malignant tumor. 査読

    Kubo. K, Matsuyama. S, Katayama. K, Tsutsumi. C, Yonezawa. K, Shimada. T, Ohashi. F, Takamori. Y.

    J. Vet. Med. Sci., 60 雑誌   60   1293   1998年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 伴侶動物の腫瘍疾患に対する新規分子補填核酸薬の開発とその基礎的研究

     詳細を見る

    近年の伴侶動物における腫瘍疾患の発生率増加は獣医学領域において重大な問題となっている.しかし,それに対して有効な治療法などの開発は進んでいない.そこで,当教室で樹立した悪性度の高いネコ乳腺腫瘍細胞株と発現量の低下が報告されているBLID遺伝子をモデルに細胞内遺伝子発現法と新たなドラッグデリバリーシステムを用いた分子補填核酸薬の開発とその根拠となる基礎的研究を行う.

  • 伴侶動物の腫瘍疾患に対する新規分子標的核酸薬の開発とその基礎的研究

     詳細を見る

    近年の伴侶動物における腫瘍疾患の発生率増加は獣医学領域において重大な問題となっている.しかし,それに対して有効な治療法などの開発は進んでいない.そこで,当教室で樹立した悪性度の高いネコ乳腺腫瘍細胞株を用いて,発現量と悪性度の相関が報告されているSATB1遺伝子をモデルにRNAi技術を用いた分子標的核酸薬の開発とその根拠となる基礎的研究を行う.

  • ネコSATB1遺伝子を用いたネコ乳腺腫瘍の遺伝子検査法の開発

     詳細を見る

    ヒト乳腺腫瘍でその発現量によって予後まで診断できると報告されたSATB1遺伝子を用いて、伴侶動物の乳腺収容において探索し、簡便な遺伝子検査法を開発する。

  • 伴侶動物のO3FAR1遺伝子を用いた肥満検査法の開発

     詳細を見る

    ヒト・マウスで肥満に関与していると報告されているO3FAR1遺伝子の変異を伴侶動物において探索し、その簡便な検査法を開発する。

担当授業科目

  • 先端病態解析学特別講義B

    2021年度    

  • 総合臨床

    2021年度    

  • 生物学A

    2021年度    

  • 放射線生物学

    2021年度    

  • 獣医放射線学実習

    2021年度   実習  

  • 獣医放射線学実習

    2021年度   実習  

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

  • 獣医腫瘍学

    2021年度    

▼全件表示