2024/04/30 更新

写真a

イハラ ヒデシ
居原 秀
Ihara Hideshi
担当
大学院理学研究科 生物化学専攻 教授
理学部 生物化学科
職名
教授
所属
理学研究院
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院理学研究科 生物化学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 生物化学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(農学) ( 大阪府立大学 )

研究キーワード

  • 活性イオウ分子種

  • レドックスシグナル

  • 一酸化窒素

  • 活性酸素

  • イミダゾールジペプチド

  • グリア細胞

  • 神経細胞

研究概要

  • イミダゾールジペプチドのレドックス修飾代謝物

  • 活性イオウ分子種による生理機能調節

委員歴(学外)

  • 代議員   日本酸化ストレス学会  

    2020年05月 - 継続中 

論文

  • Development of methods for quantitative determination of the total and reactive polysulfides: Reactive polysulfide profiling in vegetables

    Kasamatsu S.

    Food Chemistry   413   135610   2023年07月( ISSN:03088146

  • The Sulfide-Responsive SqrR/BigR Homologous Regulator YgaV of Escherichia coli Controls Expression of Anaerobic Respiratory Genes and Antibiotic Tolerance

    Balasubramanian R.

    Antioxidants   11 ( 12 )   2022年12月( ISSN:2076-3921

     詳細を見る

  • Quantitative Determination of 2-Oxo-Imidazole-Containing Dipeptides by High-Performance Liquid Chromatography/Tandem Mass Spectrometry

    Komae S.

    Antioxidants   11 ( 12 )   2022年12月( ISSN:2076-3921

     詳細を見る

  • 2-Oxo-imidazole dipeptides in meat

    Komae S.

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   86 ( 11 )   1576 - 1580   2022年10月( ISSN:0916-8451

     詳細を見る

  • S-allyl cysteine increases blood flow in NO-dependent and -independent manners

    Takemura Shigekazu, Ihara Hideshi, Nakagawa Kanako, Minamiyama Yukiko

    Glycative Stress Research   9 ( 3 )   146 - 157   2022年09月( ISSN:21883602

     詳細を見る

    S-allylcysteine (SAC) is a bioactive substance found in aged garlic and is known to improve liver function, inhibit organ fibrosis, and have anticancer activity. A single oral administration of SAC (10 mg/kg) increased tail vein blood flow in rats by up to 10% over one hour, and a 0.3% SAC mixed diet increased tail vein blood flow compared to the normal diet after 2 months. To investigate the relationship between these increases in blood flow and nitric oxide (NO), a single oral dose of SAC (100 mg/kg) followed by a 3-day administration of L-nitroarginine (LNA, 2 mM), an NO synthase inhibitor, resulted in the disappearance of SAC-induced increases in blood flow. Whereas, when LNA and excess L-arginine were mixed with drinking water, the SAC-induced increase in blood flow was restored. This phenomenon was also observed in plantar blood flow. These results indicate that the increase in blood flow induced by SAC is NO-dependent. To investigate the relationship between these increases in blood flow and NO, a single oral dose of SAC (100 mg/kg) followed by a 3-day administration of LNA (2 mM), resulted in the disappearance of SAC-induced increases in blood flow. Whereas, when LNA and excess L-arginine were mixed with drinking water, the SAC-induced increase in blood flow was restored. This phenomenon was also observed in plantar blood flow. These results indicate that the increase in blood flow by SAC is NO-dependent. Next, Western blotting of vasodilator-stimulated phosphoprotein (VASP) was performed to confirm this in a vascular model. Phosphorylated VASP (pVASP) is characterized as a substrate for both cGMP-dependent and cAMP-dependent kinases. LNA abolished the aortic pVASP band, whereas LNA plus SAC partially recovered. Focusing on the NO-independent vasodilator H2S, measurements of plasma reactive persulfide showed that LNA treatment significantly reduced thiols, i.e., cysteine, cystine, glutathione (GSH), and H2S. Of the thiols reduced by LNA treatment, the concurrent SAC application significantly restored the reduction of cysteine and cystine, but not H2S. These results suggest that SAC may maintain nitrosothiols (compounds of nitric oxide and thiols) that act as NO donors and indirectly increase the bioavailability of NO, resulting in blood flow augmentation through its antioxidant capacity by free radical scavenging.

    DOI: 10.24659/gsr.9.3_146

  • S-allyl cysteine increases blood flow in NO-dependent and-independent manners(和訳中)

    Takemura Shigekazu, Ihara Hideshi, Nakagawa Kanako, Minamiyama Yukiko

    Glycative Stress Research   9 ( 3 )   146 - 157   2022年09月( ISSN:2188-3602

  • 2-Oxo-Imidazole-Containing Dipeptides Play a Key Role in the Antioxidant Capacity of Imidazole-Containing Dipeptides 査読

    Kasamatsu, Shingo Komae, Somei Matsukura, Kana Kakihana, Yuki Uchida, Koji Ihara, Hideshi

    Antioxidants 雑誌   10 ( 9 )   2021年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Sulfide catabolism ameliorates hypoxic brain injury 査読

    Marutani, E. Morita, M. Hirai, S. Kai, S. Grange, R. M. H. Miyazaki, Y. Nagashima, F. Traeger, L. Magliocca, A. Ida, T. Matsunaga, T. Flicker, D. R. Corman, B. Mori, N. Yamazaki, Y. Batten, A. Li, R. Tanaka, T. Ikeda, T. Nakagawa, A. Atochin, D. N. Ihara, H. Olenchock, B. A. Shen, X. Nishida, M. Hanaoka, K. Kevil, C. G. Xian, M. Bloch, D. B. Akaike, T. Hindle, A. G. Motohashi, H. Ichinose, F.

    Nature communications 雑誌   12 ( 1 )   2021年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • High Precision Sulfur Metabolomics Innovated by a New Specific Probe for Trapping Reactive Sulfur Species 査読

    Kasamatsu, S. Ida, T. Koga, T. Asada, K. Motohashi, H. Ihara, H. Akaike, T.

    Antioxid Redox Signal 雑誌   34 ( 18 )   2021年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Distribution and quantitative analysis of homoanserine and its 2-oxo derivative in mouse tissues 査読

    Kakihana Y, Kasamatsu S, Uchida K, Ihara H

    Free Radic Res 雑誌   2021年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Generation of Rat Monoclonal Antibody to Detect Hydrogen Sulfide and Polysulfides in Biological Samples 査読

    Kasamatsu, S. Kakihana, Y. Koga, T. Yoshioka, H. Ihara, H.

    Antioxidants (Basel) 雑誌   9 ( 11 )   2020年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • High Precision Sulfur Metabolomics Innovated by a New Specific Probe for Trapping Reactive Sulfur Species 査読

    Kasamatsu, S. Ida, T. Koga, T. Asada, K. Motohashi, H. Ihara, H. Akaike, T.

    Antioxid Redox Signal 雑誌   2020年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Enzymatic Regulation and Biological Functions of Reactive Cysteine Persulfides and Polysulfides 査読

    Sawa, Tomohiro Motohashi, Hozumi Ihara, Hideshi Akaike, Takaaki

    Biomolecules 雑誌   10 ( 9 )   2020年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 8-Nitro-cGMP modulates exocytosis in adrenal chromaffin cells 査読

    Tsutsuki, H. Kasamatsu, S. Kunieda, K. Ida, T. Sawa, T. Sasakawa, N. Akaike, T. Ihara, H.

    Biochem Biophys Res Commun 雑誌   526 ( 1 )   2020年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Enhanced Cellular Polysulfides Negatively Regulate TLR4 Signaling and Mitigate Lethal Endotoxin Shock 査読

    Zhang, T., Ono, K., Tsutsuki, H., Ihara, H., Islam, W., Akaike, T., and Sawa, T.

    Cell Chem Biol 雑誌   26   686 - 698   2019年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 8-Nitro-cGMP attenuates context-dependent fear memory in mice

    Kishimoto Y.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   511 ( 1 )   141 - 147   2019年03月( ISSN:0006291X

     詳細を見る

  • Polysulfide stabilization by tyrosine and hydroxyphenyl-containing derivatives that is important for a reactive sulfur metabolomics analysis 査読

    Hamid, H. A., Tanaka, A., Ida, T., Nishimura, A., Matsunaga, T., Fujii, S., Morita, M., Sawa, T., Fukuto, J. M., Nagy, P., Tsutsumi, R., Motohashi, H., Ihara, H., and Akaike, T.

    Redox Biology 雑誌   21   2019年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 8-Nitro-cGMP attenuates context-dependent fear memory in mice 査読

    Kishimoto, Y. Kasamatsu, S. Yanai, S. Endo, S. Akaike, T. Ihara, H.

    Biochem Biophys Res Commun 雑誌   511 ( 1 )   2019年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Redox regulation of Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase IV via oxidation of its active-site cysteine residue 査読

    Takata, T., Kimura, J., Ihara, H., Hatano, N., Tsuchiya, Y., and Watanabe, Y.

    Free Radic. Biol. Med. 雑誌   130   99 - 106   2019年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 2-Oxo-histidine-containing dipeptides are functional oxidation products 査読

    Ihara, H., Kakihana, Y., Yamakage, A., Kai, K., Shibata, T., Nishida, M., Yamada, K., and Uchida, K.

    J. Biol. Chem. 雑誌   294   1279 - 1289   2019年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • SNAP-25 S-Guanylation and SNARE Complex Formation 査読

    Kishimoto, Y., Akaike, T., and Ihara, H.

    Methods Mol. Biol. 雑誌   1860   163 - 173   2019年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Involvement of nitric oxide/reactive oxygen species signaling via 8-nitro-cGMP formation in 1-methyl-4-phenylpyridinium ion-induced neurotoxicity in PC12 cells and rat cerebellar granule neurons 査読

    Masuda, K., Tsutsuki, H., Kasamatsu, S., Ida, T., Takata, T., Sugiura, K., Nishida, M., Watanabe, Y., Sawa, T., Akaike, T., and Ihara, H.

    Biochem. Biophys. Res. Commun. 雑誌   495   2165 - 2170   2018年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 8-Nitro-cGMP Attenuates the Interaction between SNARE Complex and Complexin through S-Guanylation of SNAP-25 査読

    Kishimoto, Y., Kunieda, K., Kitamura, A., Kakihana, Y., Akaike, T., and Ihara, H.

    ACS Chem. Neurosci. 雑誌   9   217 - 223   2017年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cysteinyl-tRNA synthetase governs cysteine polysulfidation and mitochondrial bioenergetics 査読

    Akaike, T., Ida, T., Wei, F. Y., Nishida, M., Kumagai, Y., Alam, M. M., Ihara, H., Sawa, T., Matsunaga, T., Kasamatsu, S., Nishimura, A., Morita, M., Tomizawa, K., Nishimura, A., Watanabe, S., Inaba, K., Shima, H., Tanuma, N., Jung, M., Fujii, S., Watanabe, Y., Ohmuraya, M., Nagy, P., Feelisch, M., Fukuto, J. M., and Motohashi, H

    Nat Commun 雑誌   8   2017年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 8-Nitro-cGMP promotes bone growth through expansion of growth plate cartilage 査読

    Hoshino, M., Kaneko, K., Miyamoto, Y., Yoshimura, K., Suzuki, D., Akaike, T., Sawa, T., Ida, T., Fujii, S., Ihara, H., Tanaka, J., Tsukuura, R., Chikazu, D., Mishima, K., Baba, K., and Kamijo, R.

    Free Radic. Biol. Med. 雑誌   110   63 - 71   2017年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Ferulic acid and its water-soluble derivatives inhibit nitric oxide production and inducible nitric oxide synthase expression in rat primary astrocytes 査読

    Kikugawa, M., Ida, T., Ihara, H., and Sakamoto, T.

    Biosci. Biotechnol. Biochem. 雑誌   81   1607 - 1611   2017年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Exposure to Electrophiles Impairs Reactive Persulfide-dependent Redox Signaling in Neuronal Cells 査読

    Ihara, H., Kasamatsu, S., Kitamura, A., Nishimura, A., Tsutsuki, H., Ida, T., Ishizaki, K., Toyama, T., Yoshida, E., Abdul Hamid, H., Jung, M., Matsunaga, T., Fujii, S., Sawa, T., Nishida, M., Kumagai, Y., and Akaike, T.

    Chem. Res. Toxicol. 雑誌   30   1673 - 1684   2017年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Reactive sulfur species inactivate Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase IV via S-polysulfidation of its active-site cysteine residue 査読

    Takata, T., Ihara, H., Hatano, N., Tsuchiya, Y., Akaike, T., and Watanabe, Y.

    Biochem. J. 雑誌   474   2547 - 2562   2017年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis of L-cysteine derivatives containing stable sulfur isotopes and application of this synthesis to reactive sulfur metabolome 査読

    Ono, K., Jung, M., Zhang, T., Tsutsuki, H., Sezaki, H., Ihara, H., Wei, F. Y., Tomizawa, K., Akaike, T., and Sawa, T.

    Free Radic. Biol. Med. 雑誌   106   69 - 79   2017年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Quantitative determination of polysulfide in albumins, plasma proteins and biological fluid samples using a novel combined assays approach 査読

    Ikeda, M., Ishima, Y., Shibata, A., Chuang, V. T. G., Sawa, T., Ihara, H., Watanabe, H., Xian, M., Ouchi, Y., Shimizu, T., Ando, H., Ukawa, M., Ishida, T., Akaike, T., Otagiri, M., and Maruyama, T.

    Anal. Chim. Acta 雑誌   969   18 - 25   2017年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Superoxide generation from nNOS splice variants and its potential involvement in redox signal regulation 査読

    Ihara, H., Kitamura, A., Kasamatsu, S., Ida, T., Kakihana, Y., Tsutsuki, H., Sawa, T., Watanabe, Y., and Akaike, T.

    Biochem. J. 雑誌   474   1149 - 1162   2017年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Endogenous occurrence of protein S-guanylation in Escherichia coli: Target identification and genetic regulation 査読

    Tsutsuki, H., Jung, M., Zhang, T., Ono, K., Ida, T., Kunieda, K., Ihara, H., Akaike, T., and Sawa, T.

    Biochem. Biophys. Res. Commun. 雑誌   478   7 - 11   2016年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Optimization of a Neurotoxin to Investigate the Contribution of Excitatory Interneurons to Speed Modulation In Vivo 査読

    Sternberg, J. R., Severi, K. E., Fidelin, K., Gomez, J., Ihara, H., Alcheikh, Y., Hubbard, J. M., Kawakami, K., Suster, M., and Wyart, C.

    Curr. Biol. 雑誌   26   2319 - 2328   2016年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Naringin lauroyl ester inhibits lipopolysaccharide-induced activation of nuclear factor κB signaling in macrophages 査読

    Hattori, H., Tsutsuki, H., Nakazawa, M., Ueda, M., Ihara, H., and Sakamoto, T.

    Biosci. Biotechnol. Biochem. 雑誌   80   1403 - 1409   2016年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Redox signaling regulated by an electrophilic cyclic nucleotide and reactive cysteine persulfides 査読

    Fujii, S., Sawa, T., Nishida, M., Ihara, H., Ida, T., Motohashi, H., and Akaike, T.

    Arch. Biochem. Biophys. 雑誌   595   140 - 146   2016年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Redox signaling regulated by electrophiles and reactive sulfur species 査読

    Nishida, M., Kumagai, Y., Ihara, H., Fujii, S., Motohashi, H., and Akaike, T.

    J. Clin. Biochem. Nutr. 雑誌   58   91 - 98   2016年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Water-soluble ferulic acid derivatives improve amyloid-β-induced neuronal cell death and dysmnesia through inhibition of amyloid-β aggregation 査読

    Kikugawa, M., Tsutsuki, H., Ida, T., Nakajima, H., Ihara, H., and Sakamoto, T.

    Biosci. Biotechnol. Biochem. 雑誌   80   547 - 553   2016年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Formation of Sulfur Adducts of N-Acetyl-p-benzoquinoneimine, an Electrophilic Metabolite of Acetaminophen in Vivo: Participation of Reactive Persulfides 査読

    Abiko, Y., Ishii, I., Kamata, S., Tsuchiya, Y., Watanabe, Y., Ihara, H., Akaike, T., and Kumagai, Y.

    Chem. Res. Toxicol. 雑誌   28   1796 - 1802   2015年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 8-Nitro-cGMP Enhances SNARE Complex Formation through S-Guanylation of Cys90 in SNAP25 査読

    Kunieda, K., Tsutsuki, H., Ida, T., Kishimoto, Y., Kasamatsu, S., Sawa, T., Goshima, N., Itakura, M., Takahashi, M., Akaike, T., and Ihara, H.

    ACS Chem. Neurosci. 雑誌   6   1715 - 1725   2015年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 8-Mercapto-Cyclic GMP Mediates Hydrogen Sulfide-Induced Stomatal Closure in Arabidopsis 査読

    Honda, K., Yamada, N., Yoshida, R., Ihara, H., Sawa, T., Akaike, T., and Iwai, S.

    Plant Cell Physiol. 雑誌   56   1481 - 1489   2015年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Nuclear-translocated glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase promotes Poly(ADP-ribose) polymerase-1 activation during oxidative/nitrosative stress in stroke 査読

    Nakajima, H., Kubo, T., Ihara, H., Hikida, T., Danjo, T., Nakatsuji, M., Shahani, N., Itakura, M., Ono, Y., Azuma, Y. T., Inui, T., Kamiya, A., Sawa, A., and Takeuchi, T.

    J. Biol. Chem. 雑誌   290   14493 - 14503   2015年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Reactive cysteine persulfides and S-polythiolation regulate oxidative stress and redox signaling 査読

    Ida, T., Sawa, T., Ihara, H., Tsuchiya, Y., Watanabe, Y., Kumagai, Y., Suematsu, M., Motohashi, H., Fujii, S., Matsunaga, T., Yamamoto, M., Ono, K., Devarie-Baez, N. O., Xian, M., Fukuto, J. M., and Akaike, T.

    Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 雑誌   111   7606 - 7611   2014年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Redox signal regulation via nNOS phosphorylation at Ser847in PC12 cells and rat cerebellar granule neurons 査読

    Kasamatsu, S., Watanabe, Y., Sawa, T., Akaike, T., and Ihara, H. (2014)

    Biochem. J. 雑誌   459   107 - 116   2014年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Theophylline Potentiates Lipopolysaccharide-iduced NO Production in Cultured Astrocytes 査読

    Ogawa, M. Takano, K. Kawabe, K. Moriyama, M. Ihara, H. Nakamura, Y. 

    Neurochem. Res. 雑誌   39 ( 1 )   107 - 116   2014年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Nitric oxide enhances increase in cytosolic Ca2+ and promotes nicotine- triggered MAPK pathway in PC12 cells

     

    Nitric Oxide   34 ( 1 )   2013年11月

  • Formation, signaling functions, and metabolisms of nitrated cyclic nucleotide.

     

    Nitric Oxide   34 ( 1 )   2013年11月

  • Substrate specificity and gene expression of two Penicillium chrysogenum α-L: -arabinofuranosidases (AFQ1 and AFS1) belonging to glycoside hydrolase families 51 and 54 査読

    Sakamoto T, Inui M, Yasui K, Hosokawa S, Ihara H

    Appl Microbiol Biotechnol. 雑誌   97 ( 3 )   1121 - 30   2013年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Studies on fish scale collagen of pacific saury (Cololabis saira) 査読

    Mori H, Tone Y, Shimizu K, Zikihara K, Tokutomi S, Ida T, Ihara H, Hara M

    Materials Science and Engineering C 雑誌   33 ( 1 )   174 - 81   2013年01月

  • Subtilase cytotoxin enhances E. coli survival in macrophages by suppression of nitric oxide production through the inhibition of NF-κB activation 査読

    Tsutsuki H, Yahiro K, Suzuki K, Suto A, Ogura K, Nagasawa S, Ihara H, Shimizu T, Nakajima H, Moss J, Noda M

    Infect. Immun. 雑誌   80 ( 11 )   3939 - 51   2012年11月

  • Inhibition of Nitric Oxide Production and Inducible Nitric Oxide Synthase Expression by a Polymethoxyflavone from Young Fruits of Citrus unshiu in Rat Primary Astrocytes 査読

    IHARA H, YAMAMOTO H, IDA T,TSUTSUKI H, SAKAMOTO T,FUJITA T,OKADA T, KOZAKI S

    Biosci Biotechnol Biochem. 雑誌   76 ( 10 )   1843 - 8   2012年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Hydrogen sulfide anion regulates redox signaling via electrophile sulfhydration. 査読

    Nishida M, Sawa T, Kitajima N, Ono K, Inoue H, Ihara H, Motohashi H, Yamamoto M, Suematsu M, Kurose H, van der Vliet A, Freeman BA, Shibata T, Uchida K, Kumagai Y, Akaike T.

    Nature Chemical Biology 雑誌   8   714 - 24   2012年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Induction of Apoptosis in MCF-7 Cells by β-1,3-Xylooligosaccharides Prepared from Caulerpa lentillifera. 査読

    Maeda R, Ida T, Ihara H, Sakamoto T.

    Biosci Biotechnol Biochem. 雑誌   76 ( 5 )   1032 - 4   2012年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Specificity of botulinum protease for human VAMP family proteins. 査読

    Yamamoto H, Ida T, Tsutsuki H, Mori M, Matsumoto T, Kohda T, Mukamoto M, Goshima N, Kozaki S, Ihara H

    Microbiol Immunol. 雑誌   56 ( 4 )   245 - 53   2012年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Immunostimulatory Activity of Polysaccharides Isolated from Caulerpa lentillifera on Macrophage Cells. 査読

    Maeda R, Ida T, Ihara H, Sakamoto T.

    Biosci Biotechnol Biochem. 雑誌   76 ( 3 )   501 - 5   2012年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Regulation by mitochondrial superoxide and NADPH oxidase of cellular formation of nitrated cyclic GMP: potential implications for ROS signaling. 査読

    Ahmed KA, Sawa T, Ihara H, Kasamatsu S, Yoshitake J, Rahaman MM, Okamoto T, Fujii S, Akaike T.

    Biochem. J. 雑誌   441 ( 2 )   719 - 30   2012年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Nitric oxide promotes nicotine-triggered ERK signaling via redox reactions in PC12 cells 査読

    Miyamoto Y, Sakai R, Maeda C, Takata T, Ihara H, Tsuchiya Y, Watanabe Y.

    Nitric Oxide 雑誌   25 ( 3 )   344 - 9   2011年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Methodological proof of immunochemistry for specific identification of 8-nitroguanosine 3´,5´-cyclic monophosphate formed in glia cells 査読

    Ihara H, Ahtesham AK, Ida T, Kasamatsu S, Kunieda K, Okamoto T, Sawa T, Akaike T.

    Nitric Oxide 雑誌   25 ( 2 )   169 - 75   2011年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of a GH62 α-L: -arabinofuranosidase specific for arabinoxylan produced by Penicillium chrysogenum 査読

    Sakamoto T, Ogura A, Inui M, Tokuda S, Hosokawa S, Ihara H, Kasai N

    Appl. Microbiol. Biotechnol. 雑誌   90 ( 1 )   137 - 46   2011年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Antioxidant effect of a nitrated cyclic nucleotide functioning as an endogenous electrophile 査読

    Sawa T, Ihara H, Akaike T

    Curr. Top. Med. Chem. 雑誌   11 ( 14 )   1854 - 1860   2011年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of Trichoderma polysporum from Spitsbergen, Svalbard archipelago, Norway, with species identity, pathogenicity to moss, and polygalacturonase activity 査読

    Yamazaki Y, Tojo M, Hoshino T, Kida K, Sakamoto T, Ihara H, Yumoto I, Tronsmo AM, Kanda H

    Fungal Ecol. 雑誌   4 ( 1 )   15 - 21   2011年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • PKC-Dependent Inhibition of Ca2+-Dependent Exocytosis from Astrocytes 査読

    Yasuda K, Itakura M, Aoyagi K, Sugaya T, Nagata E, Ihara H, Takahashi M

    Glia 雑誌   59 ( 1 )   143 - 51   2011年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Nucleotides function as endogenous chemical sensors for oxidative stress signaling 査読

    Ihara H, Sawa T, Nakabeppu Y, Akaike T

    J. Clin. Biochem. Nutr. 雑誌   48 ( 1 )   2011年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cell signaling mediated by nitrated cyclic guanine nucleotide 査読

    Akaike T, Fujii S, Sawa T, Ihara H.

    Nitric Oxide 雑誌   23 ( 3 )   166 - 174   2010年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The critical role of nitric oxide signaling, via protein S-guanylation and nitrated cyclic GMP, in the antioxidant adaptive response. 査読

    第一著者Fujii S, Sawa T, Ihara H, Tong KI, Ida T, Okamoto T, Ahtesham AK, Ishima Y, Motohashi H, Yamamoto M, Akaike T.

    J. Biol. Chem. 雑誌   285 ( 31 )   23970 - 84   2010年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effects of low protein intake on the development of the remaining kidney in subtotally nephrectomized immature rats: expression of inducible and endothelial NO synthase. 査読

    Mino M, Ihara H, Kozaki S, Kondo T, Takeshita A, Kusakabe KT, Okada T.

    Med. Mol. Morphol. 雑誌   43 ( 2 )   116 - 122   2010年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of two GH27 bifunctional proteins with beta-L-arabinopyranosidase/alpha-D-galactopyranosidase activities from Fusarium oxysporum. 査読

    Sakamoto T, Tsujitani Y, Fukamachi K, Taniguchi Y, Ihara H.

    Appl Environ Microbiol. 雑誌   86 ( 4 )   1115 - 24   2010年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase aggregate formation participates in oxidative stress-induced cell death. 査読

    Nakajima H, Amano W, Kubo T, Fukuhara A, Ihara H, Azuma YT, Tajima H, Inui T, Sawa A, Takeuchi T

    J. Biol. Chem. 雑誌   284 ( 49 )   34331 - 41   2009年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characteristics of enterotoxin H-producing Staphylococcus aureus isolated from clinical cases and properties of the enterotoxin productivity 査読

    Sakai F, Ihara H, Aoyama K, Igarashi H, Yanahira S, Ohkubo T, Asao T, Kozaki S

    J Food Prot 雑誌   71 ( 9 )   1855 - 1860   2008年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of the receptor-binding sites in the carboxyl-terminal half of the heavy chain of botulinum neurotoxin types C and D. 査読

    Tsukamoto K, Kozai Y, Ihara H, Kohda T, Mukamoto M, Tsuji T, Kozaki S.

    Microb Pathog 雑誌   44 ( 6 )   484 - 493   2008年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Nitric oxide-mediated modulation of calcium/calmodulin-dependent protein kinase II. 査読

    Song T, Hatano N, Kambe T, Miyamoto Y, Ihara H, Yamamoto H, Sugimoto K, Kume K, Yamaguchi F, Tokuda M, Watanabe Y.

    Biochemical Journal 雑誌   412 ( 2 )   223 - 231   2008年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Study of the irreversible binding of Bacillus thuringiensis CryIAa to brush border membrane vesicles from Bombyx mori midgut 査読

    Ihara H, Himeno M

    Journal of Invertebrate Pathology 雑誌   98 ( 2 )   177 - 183   2008年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cellular responses in the spinal cord during development of hypomyelination in the mv rat. 査読

    Izawa T, Takenaka S, Ihara H, Kotani T, Yamate J, Franklin RJ, Kuwamura M.

    Brain Research 雑誌   21 ( 1195C )   120 - 129   2008年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cytokine-induced enhancement of calcium-dependent glutamate release from astrocytes mediated by nitric oxide 査読

    責任著者Ida T, Hara M, Nakamura Y, Kozaki S, Tsunoda S, Ihara H.

    Neuroscience letters 雑誌   432 ( 3 )   232 - 236   2008年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Aspartyl-tRNA synthetases from two halophilic archae Halobacterium salinarum and Haloferax volcanii 査読

    Ihara H, Shinoda H, Yamaji R, Inui H, Miyatake K, Wadano A, Nakano Y, Ishigami M

    Applied Biological Science 雑誌   9   1 - 14   2008年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Protein S-guanylation by the biological signal 8-nitroguanosine 3',5'-cyclic monophosphate 査読

    Sawa T, Zaki MH, Okamoto T, Akuta T, Tokutomi T, Kim-Mitsuyama S, Ihara H, Kobayashi A, Yamamoto M, Fujii S, Arimoto H, Akaike T

    Nature Chemical Biology 雑誌   3 ( 11 )   727 - 735   2007年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Alternative polyadenylation sites of human endothelial nitric oxide synthase mRNA 査読

    Ihara H, Tsutsuki H, Ida T, Kozaki S, Tsuyama S, Moss J

    Biochemical and Biophysical Research Communications 雑誌   363   146 - 152   2007年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of {beta}-1,6-galactanase of Fusarium oxysporum, an enzyme that hydrolyzes larch wood arabinogalactan. 査読

    Sakamoto T, Taniguchi Y, Suzuki S, Ihara H, Kawasaki H.

    Appl Environ Microbiol. 雑誌   73 ( 9 )   3109 - 12   2007年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Nitric oxide inhibits depolarization-evoked glutamate release from rat cerebellar granule cells 査読

    責任著者Tsutsuki H, Kohda T, Hara M, Kozaki S, Ihara H

    Nitric Oxide 雑誌   16 ( 2 )   217 - 227   2007年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Differential contribution of the residues in C-terminal half of heavy chain of botulinum neurotoxin type B to its binding to ganglioside and synaptotagmin 2/ganglioside 査読

    Kohda T, Ihara H, Seto Y, Nakaya T, Tsustsuki H, Mukamoto M, Kozaki

    Microbial Pathogenesis 雑誌   42 ( 2-3 )   72 - 79   2007年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • P90 RSK-1 associates with and inhibits neuronal nitric-oxide synthase 査読

    Song T, Sugimoto K, Ihara H, Mizutani A, Hatano N, Kume K, Kambe T, Yamaguchi F, Tokuda M, Watanabe Y

    Biochemical Journal 雑誌   401 ( 2 )   391 - 398   2007年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Expression of neuronal nitric oxide synthase variant, nNOS-m, in rat brain 査読

    Ihara H, Kuwamura M, Atsuta M, Nihonmatsu I, Okada T, Mukamoto M, Kozaki S

    Nitric Oxide 雑誌   15 ( 1 )   13 - 19   2006年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Expression of foreign type I ribulose-1,5-bisphosphate carboxylase/oxygenase (EC 4.1.1.39) stimulates photosynthesis in cyanobacterium Synechococcus PCC7942 cells 査読

    Iwaki T, Haranoh K, Inoue N, Kojima K, Satoh R, Nishino T, Wada S, Ihara H, Tsuyama S, Kobayashi H, Wadano A,

    Photosynthesis Research 雑誌   88 ( 3 )   287 - 297   2006年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Potentiation by high potassium of lipopolysaccharide-induced nitric oxide production from cultured astrocytes 査読

    Nakamura Y, Kitagawa T, Ihara H, Kozaki S, Moriyama M, Kannan Y

    Neurochemistry International 雑誌   48 ( 1 )   43 - 49   2006年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Molecular identification of a cold-adapated endo-arabinanase of Penicillium chrysogenum 査読

    第一著者Sakamoto T, Ihara H, Shibano A, Nagahiro H, Kawasaki H

    J. Appl. Glycosci. 雑誌   52 ( 4 )   369 - 372   2005年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Binding of Clostridium botulinum type C and D neurotoxins to ganglioside and phospholipid. Novel insights into the receptor for clostridial neurotoxins 査読

    Tsukamoto K, Kohda T, Mukamoto M, Takeuchi K, Ihara H, Saito M, Kozaki S

    J. Biol. Chem. 雑誌   280 ( 42 )   35164 - 35171   2005年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A novel neurotoxoid vaccine prevents mucosal botulism 査読

    Kobayashi R, Kohda T, Kataoka K, Ihara H, Kozaki S, Pascual DW, Staats HF, Kiyono H, McGhee JR, Fujihashi K.

    Journal of Immunlogy 雑誌   174 ( 4 )   2190 - 2195   2005年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Differential effects of interferon-gamma on production of trypanosome-derived lymphocyte-triggering factor by Trypanosoma brucei gambiense and Trypanosoma brucei brucei 査読

    Nishimura K, Hamashita K, Okamoto Y, Kawahara F, Ihara H, Kozaki S, Ohnishi Y, Yamasaki S

    JOURNAL OF PARASITOLOGY 雑誌   90 ( 4 )   740 - 745   2004年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Molecular characterization of a Penicillium chrysogenum exo-1,5-alpha-L-arabinanase that is structurally distinct from other arabinan-degrading enzymes 査読

    第一著者Sakamoto T, Ihara H, Shibano A, Kasai N, Inui H, Kawasaki H

    FEBS LETTERS 雑誌   560 ( 1-3 )   199 - 204   2004年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A cold-adapted endo-arabinanase from Penicillium chrysogenum 査読

    Sakamoto T, Ihara H, Kozaki S, Kawasaki H

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS 雑誌   1624 ( 1-3 )   740 - 745   2003年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Sequence of the gene for Clostridium botulinum type B neurotoxin associated with infant botulism, expression of the C-terminal half of heavy chain and its binding activity 査読

    Ihara H, Kohda T, Morimoto F, Tsukamoto K, Karasawa T, Nakamura S, Mukamoto M, Kozaki S

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENE STRUCTURE AND EXPRESSION 雑誌   1625 ( 1 )   19 - 26   2003年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of Clostridium butyricum neurotoxin associated with food-borne botulism 査読

    Tsukamoto K, Mukamoto M, Kohda T, Ihara H, Wang XM, Maegawa T, Nakamura S, Karasawa T, Kozaki S

    MICROBIAL PATHOGENESIS 雑誌   33 ( 4 )   177 - 184   2002年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of a novel monoclonal antibody that senses nitric oxide-dependent activation of soluble guanylate cyclase 査読

    Shingo Tsuyama, Eri Yamazaki, Takeshi Tomita, Hideshi Ihara, Shigeo Takenaka, Keiko Kato, Shunji Kozaki

    FEBS Lett 雑誌   455 ( 3 )   291 - 294   1999年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Endothelial nitric oxide synthase as a potential susceptibility gene in the pathogenesis of emphysema in alpha-antitrypsin deficiency 査読

    Alexy Novoradovsky, Mark L. Brantly, Myron A. Waclawiw, Prerna P. Chaudhary, Hideshi Ihara, Lin Qi, N. Tony Eissa, Pauline M. Barnes, Kateri M. Gabriele, Mary E. Ehrmantraut, Paola Rogliani, Joel Moss

    Am. J. Respir. Cell Mol. Biol. 雑誌   20 ( 3 )   441 - 447   1999年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Purification and partial amino acid sequences of the binding protein from Bombyx mori for CryIAa ?-endotoxin of Bacillus thuringiensis 査読

    H. Ihara, T. Uemura, M. Masuhara, S. Ikawa, K. Sugimoto, A. Wadano, M. Himeno

    Comp. Biochem. Physiol. 雑誌   120B ( 1 )   9197 - 9204   1998年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Molecular evolution of aspartyl tRNA synthetases and origin of universal genetic code and urkingdoms of living things 査読

    M. Ishigami, H. Ihara, H. Shinoda

    Viva Origino 雑誌   25   73 - 86   1997年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Molecular evolution of aminoacyl tRNA synthetases and origin of universal genetic code 査読

    M. Ishigami, H. Ihara, H. Shinoda

    Proceedings of the 5th International Conference on Bioastronomy, 雑誌   483 - 489   1997年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Three extracellular chitinases in suspension-cultured rice cells elicited by N-acetylchitooligosaccharides 査読

    H. Inui, Y. Yamaguchi, Yo. Ishigami, S. Kawaguchi, T. Yamada, H. Ihara, S. Hirano

    Biosci. Biotech. Biochem. 雑誌   60 ( 12 )   1956 - 1961   1996年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Mode of action of ?-endotoxin from Bacillus thuringiensis var. aizawai 査読

    M. Himeno, H. Ihara

    MOLECULAR ACTION OF INSECTICIDES ON ION CHANNELS ACS SYMPOSIUM SERIES 雑誌   591   330 - 343   1995年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Specific toxicity of ?-endotoxins from Bacillus thuringiensis to Bombyx mori 査読

    H. Ihara, E. Kuroda, A. Wadano, M. Himeno

    Biosci. Biotech. Biochem. 雑誌   57 ( 2 )   200 - 204   1993年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Fluorometric assay of potential change of Bombyx mori midgut brush border membrane induced by ?-endotoxin from Bacillus thuringiensis 査読

    T. Uemura, H. Ihara, A. Wadano, M. Himeno

    Biosci. Biotech. Biochem. 雑誌   56 ( 12 )   1976 - 1979   1992年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Purification and some properties of isocitrate dehydrogenase of a blowfly Aldrichina grahami 査読

    A. Wadano, K. Miura, H. Ihara, N. Kondo, M. Taniguch

    Comp. Biochem. Physiol. 雑誌   94B ( 1 )   189 - 194   1989年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 酸化イミダゾールジペプチドによる生体機能調節

    垣花優希、笠松真吾、居原秀( 担当: 共著)

    羊土社  2020年06月  ( ISBN:ISBN978-4-7581-0387-

     詳細を見る

    担当ページ:1637-1643  

  • 活性硫黄研究の新展開

    居原秀、本橋ほづみ、赤池孝章( 担当: 共著)

    生化学  2019年06月 

  • タンパク質・核酸の分子修飾 ニトロ化・S-グアニル化

    津々木博康、澤智裕、居原秀( 担当: 共著)

    生体の科学  2018年10月 

  • 活性イオウとNOシグナル

    渡邊泰男、居原秀( 担当: 共著)

    実験医学増刊  2018年03月 

  • 活性イオウ分子による細胞毒性の調節機構

    居原秀( 担当: 単著)

    日本薬理学雑誌  2016年05月 

  • RSSの生体内検出とイメージング

    居原秀、大内雅也( 担当: 共著)

    細胞工学  2015年04月 

  • レドックスメタボロミクス

     ( 担当: 共著)

       2013年11月 

  • 細胞の酸化ストレスを量る

     ( 担当: 共著)

       2013年04月 

  • 活性酸素シグナルの調節機構-ROS毒性説から脱却した新たな概念

     ( 担当: 共著)

       2013年02月 

  • 硫化水素と硫化水素シグナル関連物質の検出・定量

    居原秀、井田智章( 担当: 共著)

       2012年10月 

  • 喫煙と酸化ストレス Oxidative stress induced bycigarette smoking.

    岡本竜哉, 居原秀, 赤池孝章( 担当: 共著)

       2011年07月 

  • 細菌性神経毒素とガングリオシド

    居原秀、小崎俊司( 担当: 共著)

       2009年06月 

  • クロストリジウム神経毒素の受容体認識

    小崎俊司、居原秀( 担当: 共著)

       2009年06月 

  • 生物化学実験法47「PCR実験マニュアル」原理から応用まで

    居原秀 他16名( 担当: 共著)

    学会出版センター  2002年06月 

     詳細を見る

    担当ページ:164-171  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 【環境化学物質と生体応答】食品の超硫黄による環境化学物質の毒性制御

    笠松 真吾, 居原 秀

    Medical Science Digest   49 ( 1 )   25 - 28   2022年01月( ISSN:1347-4340

     詳細を見る

    食品中の硫黄成分の健康増強効果は古代エジプトの時代から認識されてきたが,その詳細な分子メカニズムは不明な点が多い。近年,超硫黄分子が生体内に豊富に存在し,様々な細胞機能調節に寄与していることがわかってきた。本項では,生体内および食品中に存在する超硫黄分子について概説するとともに,超硫黄分子による環境化学物質の毒性制御機構に関する最新の知見を紹介する。(著者抄録)

  • 超硫黄分子の新規分析方法の開発

    笠松 真吾,居原 秀

    生化学   93   2021年10月

     詳細を見る

  • 【生命を支える超硫黄分子の代謝と革新的な計測技術】超硫黄分子の新規分析方法の開発

    笠松 真吾, 居原 秀

    生化学   93 ( 5 )   613 - 620   2021年10月( ISSN:0037-1017

     詳細を見る

    生体内レドックスホメオスタシスは,親電子性物質の産生・除去・代謝を介して,精密に制御されている.システインパースルフィド(CysSSH)などの超硫黄分子は,種横断的に生体内で内因的に産生され,強力な抗酸化活性・レドックスシグナル制御活性を示す生理活性物質である.近年,超硫黄分子のユニークな化学特性が徐々に明らかにされるとともに,さまざまな新規分析技術が開発され,タンパク質翻訳時にCysSSHが新生鎖ペプチドに取り込まれることや,哺乳動物のミトコンドリアにおいてCysSSHとその関連硫黄代謝物がエネルギー生成およびミトコンドリア生合成に利用されていることなど,多彩な細胞機能に関与することが報告されてきている.さらに,疾患との関連や,食品中の超硫黄分子の存在様式についての知見が集まりつつある.(著者抄録)

  • 質量分析法を用いた生体内活性硫黄分子の網羅的解析

    笠松真吾 居原秀

    実験医学増刊   39 ( 13 )   2021年08月

     詳細を見る

  • いま知りたい!!硫黄生物学 みえてきた細胞内での役割 質量分析法を用いた生体内活性硫黄分子の網羅的解析

    笠松 真吾, 居原 秀

    実験医学   39 ( 13 )   2106 - 2108   2021年08月( ISSN:0288-5514

  • 活性イオウ分子種によるレドックスシグナル伝達の制御(Recent Developments in Research of Reactive Sulfur Species: Regulation of redox signaling by reactive sulfur species)

    Kasamatsu Shingo, Ihara Hideshi

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   68 ( 2 )   111 - 115   2021年03月( ISSN:0912-0009

  • Regulation of redox signaling by reactive sulfur species 査読

    Kasamatsu S, Ihara H

    J Clin Biochem Nutr   68   111 - 115   2020年11月

     詳細を見る

  • Enzymatic Regulation and Biological Functions of Reactive Cysteine Persulfides and Polysulfides 査読

    Tomohiro Sawa,Hozumi Motohashi , Hideshi Ihara and Takaaki Akaike

    Biomolecules   10 ( 9 )   2020年08月

     詳細を見る

  • 【食と健康を結ぶメディカルサイエンス 生体防御系を亢進し、健康の維持に働く分子機構】(第2章)食による生体防御系の活性化 酸化イミダゾールジペプチドによる生体機能調節

    垣花 優希, 笠松 真吾, 居原 秀

    実験医学   38 ( 10 )   1637 - 1643   2020年06月( ISSN:0288-5514

     詳細を見る

    イミダゾールジペプチド(imidazole-containing-dipeptides:IDPs)は、抗酸化活性などの多様な生体機能を調節する機能性食品成分として注目されている。しかし、その詳細な分子メカニズムは不明な点が多い。最近われわれは、IDPsの新規酸化修飾体である酸化IDPsの生体内生成を世界に先駆けて発見した。驚くべきことに、酸化IDPsの抗酸化活性はIDPsの数万倍高いことが明らかになった。本稿では、IDPsの基礎的な生理機能を概説するとともに、酸化IDPsの最新の知見を紹介する。(著者抄録)

  • 活性硫黄研究の新展開

    居原 秀, 本橋 ほづみ, 赤池 孝章

    生化学   91 ( 3 )   388 - 398   2019年06月( ISSN:0037-1017

     詳細を見る

    システインのチオール(SH)基に過剰な硫黄原子が付加されたシステインパースルフィドなどの「活性硫黄分子」は、生体内に多量に存在し、強い抗酸化能、レドックスシグナル制御能を有することが知られている。最近、活性硫黄分子の持つユニークな化学特性が明らかになり、それに伴い分析技術が進歩し、生体内における活性硫黄の存在様式がより詳細に明らかになってきている。セントラルドグマを成立させる上で重要な働きをするアミノアシルtRNA合成酵素の一つであるシステイニルtRNA合成酵素(CARS)が、生体内におけるシステインパースルフィドの主要な産生酵素であること、タンパク質のポリスルフィド化は、翻訳"時"に起こること、哺乳動物のミトコンドリアにおいて、システインパースルフィドとその関連代謝物が酸素分子の代わりにエネルギー産生に利用されていることなど、従来の生物学の概念を覆すような知見も得られている。さらに、疾患との関連、硫黄供給源である食品中の活性硫黄に関する知見も蓄積しつつある。(著者抄録)

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • イミダゾールジペプチド研究の新展開 2-オキソ-イミダゾールジペプチドは機能的な酸化生成物である

    居原 秀

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2022年05月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 2-オキソカルノシンの抗酸化メカニズムの解明 国内会議

    小前奏明、笠松真吾、内田浩二、居原秀

    第94回日本生化学会大会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アルツハイマー病モデルマウス脳内における活性硫黄分子オミクス解析

    金野文香、笠松真吾、赤池孝章、居原秀

    第94回日本生化学会大会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 新規プローブによって革新された高精度超硫黄メタボロミクス 招待 国内会議

    居原秀

    第94回日本生化学会大会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 超硫黄が切り拓く革新的オミックス研究とレドックスバイオロジー 新規プローブによって革新された高精度超硫黄メタボロミクス

    居原 秀

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

  • 新規アルキル化試薬N-iodoacetyl tyrosine methyl esterを用いた超硫黄メタボローム・プロテオーム解析系の構築

    笠松 真吾, 井田 智章, 古賀 大聖, 浅田 康勝, 本橋 ほづみ, 赤池 孝章, 居原 秀

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

  • アルツハイマー病モデルマウス脳内における活性硫黄分子オミクス解析

    金野 文香, 笠松 真吾, 赤池 孝章, 居原 秀

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

  • 2-オキソカルノシンの抗酸化メカニズムに関する研究

    小前 奏明, 笠松 真吾, 内田 浩二, 居原 秀

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

  • 2-オキソ-カルノシンはカルノシンの抗酸化活性の本体か? 国内会議

    居原秀、笠松真吾、垣花優希、 小前奏明、松倉加奈、内田浩二

    第75回日本栄養・食糧学会大会  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2- オキソイミダゾールジペプチドの抗酸化 活性測定 国内会議

    小前奏明、笠松真吾、松倉加奈、 内田浩二、居原秀

    第75回日本栄養・食糧学会大会  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2- オキソカルノシンの活性測定 国内会議

    松倉加奈、笠松真吾、小前奏明、 内田浩二、居原秀

    第75回日本栄養・食糧学会大会  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2-オキソカルノシンの活性測定

    松倉 加奈, 笠松 真吾, 小前 奏明, 内田 浩二, 居原 秀

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2021年07月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 2-オキソイミダゾールジペプチドの抗酸化活性測定

    小前 奏明, 笠松 真吾, 松倉 加奈, 内田 浩二, 居原 秀

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2021年07月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 2-オキソ-カルノシンはカルノシンの抗酸化活性の本体か?

    居原 秀, 笠松 真吾, 垣花 優希, 小前 奏明, 松倉 加奈, 内田 浩二

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2021年07月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 超硫黄分子メタボロミクス 招待 国内会議

    居原

    第1回レドックスR&D戦略委員会シンポジウム  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2-オキソーイミダゾールジペプチドの抗酸化活性 招待 国内会議

    居原

    日本農芸化学会2020年度大会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 硫黄メタボローム解析の先端技術開発 招待 国内会議

    居原

    第20回日本NO学会/第73回日本酸化ストレス学会合同学会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アルツハイマー病と活性硫黄代謝系の連関の解析 国内会議

    居原ら

    第20回日本NO学会/第73回日本酸化ストレス学会合同学会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2-オキソ-カルノシンの抗炎症効果 国内会議

    居原ら

    第20回日本NO学会/第74回日本酸化ストレス学会合同学会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • タンパク質活性硫黄の選択的検出系の開発 国内会議

    居原ら

    第20回日本NO学会/第76回日本酸化ストレス学会合同学会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 活性イオウ分子種特異的新規アルキル化試薬の合成 国内会議

    居原ら

    第20回日本NO学会/第76回日本酸化ストレス学会合同学会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 新規アルキル化剤を用いた活性イオウ分子種の網羅的検出 国内会議

    居原ら

    第20回日本NO学会/第76回日本酸化ストレス学会合同学会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 硫黄解析の先端技術開発 招待 国内会議

    居原

    第93回日本生化学会大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2-オキソ-イミダゾールジペプチドは内在性の強力な抗酸化物質である 国内会議

    居原ら

    第74回日本栄養・食糧学会大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 硫黄の化学的理解に立脚したカルコゲン・バイオロジー 硫黄解析の先端技術開発

    居原 秀

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年09月  (公社)日本生化学会

  • 活性硫黄による親電子ストレス制御 招待 国内会議

    居原

    第47回日本毒性学会学術年会  2020年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 硫黄代謝研究の最前線が切り拓く毒性学 活性硫黄による親電子ストレス制御

    居原 秀

    The Journal of Toxicological Sciences  2020年06月  (一社)日本毒性学会

  • 酸化イミダゾールジペプチドによる細胞機能調節

    垣花 優希, 笠松 真吾, 内田 浩二, 居原 秀

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2020年04月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 2-オキソ-イミダゾールジペプチドは内在性の強力な抗酸化物質である

    居原 秀, 垣花 優希, 内田 浩二

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2020年04月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 細菌のタンパク質翻訳共役型システインパースルフィド合成機構の解明 国内会議

    居原ら

    第93回日本細菌学会総会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 新規の抗酸化物質2-オキソ-カルノシンによる細胞機能調節 国内会議

    居原ら

    第19回分子予防環境医学研究会大会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • レドックスシグナルを介した神経毒性の調節機構 国内会議

    居原ら

    第19回分子予防環境医学研究会大会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 1-Methyl-4-phenylpyridinium ion神経毒性における一酸化窒素/活性酸素種レドックスシグナル経路の関与 国内会議

    居原ら

    第19回分子予防環境医学研究会大会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ホモアンセリンおよび酸化ホモアンセリンの測定方法の確立と生体内局在の解明 国内会議

    居原ら

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 培地中の硫酸塩がユーグレナの活性イオウ分子の生成動態に及ぼす影響 国内会議

    居原ら

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2-オキソ-イミダゾールジペプチドの抗酸化活性 国内会議

    居原ら

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 食品中の活性硫黄の定量解析 国内会議

    居原ら

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 新規のレドックスアミノ酸;システインパースルフィド、オキソヒスチジン 招待 国内会議

    居原

    脳内アミノ酸代謝研究会  2020年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 細菌のタンパク質翻訳共役型システインパースルフィド合成機構の解明

    松永 哲郎, 井田 智章, 西村 明, ジョン・ミンギョン , 守田 匡伸, 澤 智裕, 居原 秀, 本橋 ほづみ, 赤池 孝章

    日本細菌学雑誌  2020年01月  日本細菌学会

  • 活性イオウ分子による親電子シグナル制御系の破綻に起因する有機水銀の神経毒性発現機構 国内会議

    居原ら

    メタルバイオサイエンス研究会2019  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Disruption of reactive persulfide-dependent redox signal by exposure of electrophile in neuronal cells 国際会議

    Ihara et al

    Persulfide Conference 2019 (1st International Conference on Persulfides and Sulfur Metabolism in Biology and Medicine)  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 活性イオウメタボロームの開発と応用展開 国内会議

    居原ら

    第92回日本生化学会大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 生体エネルギーと電子共役の複雑性制御 活性イオウメタボロームの開発と応用展開

    居原 秀

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年09月  (公社)日本生化学会

  • 活性イオウ安定化と高精度イオウ代謝解析法の確立

    井田 智章, 松永 哲郎, 西村 明, 守田 匡伸, 居原 秀, 澤 智裕, 本橋 ほづみ, 赤池 孝章

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年09月  (公社)日本生化学会

  • 新規の機能性物質2-オキソイミダゾールジペプチドの発見 招待 国内会議

    居原

    日本プロテオーム学会2019年大会 第70回日本電気泳動学会総会  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 生体成分のレドックス修飾と機能解析 新規の機能性物質2-オキソイミダゾールジペプチドの発見

    居原 秀

    電気泳動  2019年07月  日本電気泳動学会

  • アルツハイマー病およびてんかんモデルマウスにおける8-nitro-cGMP産生と神経活動への影響 国内会議

    居原他

    第19回日本NO学会学術集会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 腸管出血性大腸菌毒素SubABによる自然免疫抑制を介した病原性発現機構の解析 国内会議

    居原ら

    第19回日本NO学会学術集会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 活性イオウ構造保護を目的とした新規アルキル化剤の作製 国内会議

    居原ら

    第72回 日本酸化ストレス学会学術集会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 大豆タンパク質中の活性イオウの解析 国内会議

    居原ら

    第72回日本酸化ストレス学会学術集会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 酸化イミダゾールジペプチドは新規内在性抗酸化物質である 国内会議

    居原ら

    第72回日本酸化ストレス学会学術集会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 全生物種横断的に発現されるシステインパースルフィド合成酵素の発見と機能解明

    井田 智章, 守田 匡伸, 松永 哲郎, 西村 明, 居原 秀, 澤 智裕, 本橋 ほづみ, 赤池 孝章

    日本細菌学雑誌  2019年03月  日本細菌学会

▼全件表示

産業財産権等

  • ポリスルフィドの安定化

    居原秀、笠松真吾

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

  • 抗酸化剤、抗糖化剤又は抗炎症剤

    居原秀、垣花優希、内田浩二

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

  • 特定のサルファイド化合物に結合する抗体およびその使用

    居原秀

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

担当授業科目

  • 細胞生物学特論

    2021年度    

  • 生化学II

    2021年度    

  • 生物科学実験II

    2021年度   実習  

  • 生物系機器分析学

    2021年度    

  • 細胞生物学I

    2021年度    

  • 分子生物学II

    2021年度    

▼全件表示

論文・研究指導集計

  • 2021年度

    卒業論文指導数:5名 

  • 2020年度

    卒業論文指導数:5名 

  • 2019年度

    卒業論文指導数:3名 

役職

  • 部局内役職

    大学院理学研究科 生物化学専攻 

    専攻長  2022年04月 - 2024年03月

  • 部局内役職

    理学部 生物化学科 

    学科長  2022年04月 - 2024年03月