2024/04/08 更新

写真a

モリヤマ ミツアキ
森山 光章
Moriyama Mitsuaki
担当
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 教授
獣医学部 獣医学科
職名
教授
所属
獣医学研究院
連絡先
メールアドレス
ホームページ
所属キャンパス
りんくうキャンパス

担当・職階

  • 大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 獣医学部 獣医学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(獣医学) ( 大阪府立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 獣医生理学

研究概要

  • 正常時および病態時のアミノ酸代謝変化

研究歴

  • シトリン欠損症の病態解明と治療法の開発

    アミノ酸代謝、尿素サイクル、臓器相関、臓器灌流  国際共同研究

    2000年04月 - 継続中 

  • 病態時におけるグリア細胞の代謝変化

    国際共同研究

    2006年07月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本神経化学会

    2009年01月 - 継続中   国内

  • 日本生理学会

    1995年04月 - 継続中   国内

  • 日本生化学会

    1991年04月 - 継続中   国内

  • 日本獣医学会

    1990年04月 - 継続中   国内

論文

  • All-trans Retinoic Acid Increased Transglutaminase 2 Expressions in BV-2 Cells and Cultured Astrocytes 査読

    Takano-Kawabe K. Minamihata T. Moriyama M.

    Current Molecular Pharmacology   17   2024年02月( ISSN:18744672

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2174/0118761429254388230922112915

    PubMed

  • Low Density Lipoprotein Receptor-related Protein 2 Expression and Function in Cultured Astrocytes and Microglia 査読

    Takano-Kawabe K. Minamihata T. Moriyama M.

    Neurochemical Research   49 ( 1 )   199 - 211   2024年01月( ISSN:03643190

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s11064-023-04022-7

    PubMed

  • Increase in cellular lysophosphatidylserine content exacerbates inflammatory responses in LPS-activated microglia. 査読

    Minamihata T, Takano K, Nakamura Y, Seto R, Moriyama M.

    Neurochemical Research   2022年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Acetate suppresses lipopolysaccharide-stimulated nitric oxide production in primary rat microglia but not in BV-2 microglia cells. 査読

    Moriyama M, Nishimura Y, Kurebayashi R, Minamihata T, Kawabe K, Takano K Nakamura Y.

    Curr. Mol. Pharmacol. 雑誌   14   253 - 260   2021年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Lysophosphatidylinositol, an endogenous ligand for G protein-coupled receptor 55, has anti-inflammatory effects in cultured microglia. 査読

    Minamihata T, Moriyama M*, Takano K, Nakamura Y

    Inflammation 雑誌   43   1971 - 1987   2020年

  • AGC2 (Citrin) deficiency-From recognition of the disease till construction of therapeutic procedures. 査読

    Saheki T, Moriyama M, Funahashi A, Kuroda E.

    Biomolecules 雑誌   10 ( 8 )   2020年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Pivotal role of inter-organ aspartate metabolism for the treatment of citrin deficiency, based on the mouse model. 査読

    Saheki T, Moriyama M, Kuroda E, Funahashi A, Yasuda I, Setogawa Y, Gao Q, Ushikai M, Furuie S, Yamamura KI, Takano K, Nakamura Y, Eto K, Kadowaki T, Sinasac DS, Furukawa T, Horiuchi M, Tai YH.

    Scientific Reports   ( 9 )   2019年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A dibenzoylmethane derivative inhibits lipopolysaccharide-induced NO production in mouse microglial cell line BV-2. 査読

    Takano K, Ishida N, Kawabe K, Moriyama M, Hibino S, Choshi T, Hori O, Nakamura Y.

    Neurochemistry International   119   126 - 131   2018年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Insulin expression in cultured astrocytes and the decrease by amyloid beta. 査読

    Takano K, Koarashi K, Kawabe K, Itakura M, Nakajima H, Moriyama M, Nakamura Y.

    Neurochemistry International   119   171 - 177   2018年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Lauric acid alleviates neuroinflammatory responses by activated microglia: involvement of the GPR40-dependent pathway.

    Nishimura Y, Moriyama M, Kawabe K, Satoh H, Takano K, Nakamura Y.

    Neurochemical Research   43   1723 - 1735   2018年09月

  • S-Equol, a major isoflavone from soybean, inhibits nitric oxide production in lipopolysaccharide-stimulated rat astrocytes partially via the GPR30-mediated pathway 査読

    Moriyama M, Hashimoto, A, Satoh H, Kawabe K, Takano K, Nakamura Y.

    International Journal of Inflammation   8496973   2018年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Inhibition of gap junction elevates glutamate uptake in cultured astrocytes.

    Takano K, Ogawa M, Kawabe K, Moriyama M, Nakamura Y.

    Neurochemical Research   43   50 - 56   2018年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Zinc potentiates lipopolysaccharide-induced nitric oxide production in cultured primary rat astrocytes. 査読

    Moriyama M, Fujitsuka, S, Kawabe K, Takano K, Nakamura Y.

    Neurochemical Research   43   363 - 374   2018年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Microglia endocytose amyloid β through the binding of transglutaminase 2 and milk fat globule EGF factor 8 protein. 査読

    Kawabe K, Takano K, Moriyama M, Nakamura Y.

    Neurochemical Research   43   32 - 40   2018年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Mechanism for increased hepatic glycerol synthesis in the citrin/mitochondrial glycerol-3-phosphate dehydrogenase double-knockout mouse: Urine glycerol and glycerol 3-phosphate as potential diagnostic markers of human citrin deficiency 査読

    Moriyama M, Fujimoto Y, Rikimaru S, Ushikai M, Kuroda E, Kawabe K, Takano K, Asakawa A, Inui A, Eto K, Kadowaki T, Sinasac D. S., Okano Y, Yazaki M, Ikeda S-I, Zhang C, Song Y-Z, Sakamoto O, Kure S, Mitsubuchi H, Endo F, Horiuchi M, Nakamura Y, Yamamura K-I, Saheki T.

    Biochim. Biophys. Acta 雑誌   1852   1787 - 1795   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Extracellular superoxide dismutase in cultured astrocytes: decrease in cell-surface activity and increase in medium activity by lipopolysaccharide-stimulation. 査読

    Iitsuka I, Motoyoshi-Yamashiro A, Moriyama M, Kannan-Hayashi Y, Fujimoto Y, Takano K, Murakami K, Yoneda Y, Nakamura Y.

    Neurochem. Res. 雑誌   37   2108 - 2116   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A dibenzoylmethane derivative protects H2O2-induced cell death and inhibits lipopolysaccharide-induced NO production in cultured rat astrocytes. 査読

    Takano, K., Sugita, K., Moriyama, M., Hashida, K., Hibino, S., Choshi, T., Murakami, R., Yamada, M., Suzuki, H., Hori, O., Nakamura Y.

    J. Neurosci. Res 雑誌   89   955 - 965   2011年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Roles of mitogen-activated protein kinases in the mechanism of oxidant-induced cell swelling in cultured astrocytes. 査読

    Moriyama M, Tong XY, Jayakumar AR, Norenberg MD.

    J. Neurosci. Res. 雑誌   88   2450 - 2458   2010年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Pyruvate ameliorates the defect in ureogenesis from ammonia in citrin-deficient mice. 査読

    Moriyama M, Li MX, Kobayashi K, Sinasac DS, Kannan Y, Iijima M, Horiuchi M, Tsui LC, Tanaka M, Nakamura Y, Saheki T.

    J. Hepatol. 雑誌   Vol. 44   930 - 938   2006年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Decreased ureagenesis from alanine, but not from ammonia and glutamine, in the perfused rat liver after partial hepatectomy. 査読

    Moriyama. M, Makiyama. I, Shiota. M, Uesugi. K, Kannan. Y, Ohta. M, Kimura. K, Sugano. T.

    Hepatology 雑誌   Vol. 23   1584 - 1590   1996年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • シトリン欠損症の分子病態と生化学的マーカー

    佐伯武頼, 森山光章( 担当: 共著)

    科学評論社  2017年07月 

     詳細を見る

    担当ページ:102-109  

  • 実験で学ぶ生理学[改訂版] 肝機能の評価ー肝臓灌流実験ー

    森山光章( 担当: 単著)

    学窓社  2014年02月 

  • Pathophysiology of citrin deficiency.

    Saheki T, Kobayashi K, Li MX, Horiuchi M, Tabata A, Lu YB, Ushikai M, Terashi M, Moriyama M.( 担当: 共著)

       2006年07月 

     詳細を見る

    担当ページ:320-328  

  • 臓器灌流実験講座 再生肝のフルクトース代謝と脂肪酸による調節

    森山光章 菅野司( 担当: 共著)

    新興医学出版社  2000年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:60-63  

講演・口頭発表等

  • Sphingosine kinase 1 inhibition aggravates neuronal damage in neuron/glia mixed culture via reduced microglial Aβ uptake.

    Minamihata T, Takano K, Moriyama M.

    2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kobe  

  • Effect of sphingosine kinase 1 inhibition on sphingolipid metabolic pathway and inflammatory responses in microglia 国際会議

    Minamihata T, Takano K, Moriyama M.

    Neuro 2022  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Naha, Okinawa  

  • Increase in intracellular lysophosphatidylserine content exacerbates inflammatory response by cultured microglia. 国内会議

    Tomoki Minamihata, Katsura Takano, Mitsuaki Moriyama and Yoichi Nakamura

    第64回神経化学会大会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Lysophosphatidylinositol suppressed inflammatory responses by cultured microglia 国内会議

    Minamihata, T., Moriyama, M., Takano, K., Nakamura, Y.

    第63回日本神経化学会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • シトリン欠損症における高アンモニア血症に対するMCTの作用点

    佐伯 武頼, 舟橋 亞希, 黒田 英志, 安田 いづみ, 高 青華, 瀬戸川 芳子, 牛飼 美晴, 堀内 正久, 森山 光章

    日本先天代謝異常学会雑誌  2019年09月  (一社)日本先天代謝異常学会

  • シトリン欠損症モデルマウス灌流肝を用いたアンモニアからの尿素生成に対する中鎖脂肪酸の効果

    森山 光章, 黒田 英志, 舟橋 亞希, 安田 いづみ, 高 青華, 瀬戸川 芳子, 牛飼 美晴, 堀内 正久, 佐伯 武頼

    日本先天代謝異常学会雑誌  2019年09月  (一社)日本先天代謝異常学会

▼全件表示

産業財産権等

  • シトルリン血症治療剤 (Na-Pyr)

    森山光章, 佐伯武頼, 田中雅嗣, 小林圭子

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

科研費

  • 短鎖および中鎖脂肪酸による神経炎症の制御

    基盤研究(C)  2022年

  • 短鎖および中鎖脂肪酸による神経炎症の制御

    基盤研究(C)  2021年

  • 短鎖および中鎖脂肪酸による神経炎症の制御

    基盤研究(C)  2020年

  • 外傷性脳損傷におけるインフラマソームの役割の解明とその制御に基づいた治療薬の開発

    基盤研究(C)  2019年

  • 外傷性脳損傷におけるインフラマソームの役割の解明とその制御に基づいた治療薬の開発

    基盤研究(C)  2018年

  • 外傷性脳損傷におけるインフラマソームの役割の解明とその制御に基づいた治療薬の開発

    基盤研究(C)  2017年

  • シトリン欠損症におけるCTLN2発症・重篤化に関わる遺伝因子・環境因子の解明

    基盤研究(C)  2017年

  • シトリン欠損症におけるCTLN2発症・重篤化に関わる遺伝因子・環境因子の解明

    基盤研究(C)  2016年

  • 外傷性脳損傷時のグリア細胞の役割-グリア細胞をターゲットとした神経保護薬の探索-

    2016年

  • シトリン欠損症におけるCTLN2発症・重篤化に関わる遺伝因子・環境因子の解明

    基盤研究(C)  2015年

  • 外傷性脳損傷時のグリア細胞の役割-グリア細胞をターゲットとした神経保護薬の探索-

    基盤研究(C)  2015年

  • 外傷性脳損傷時のグリア細胞の役割ーグリア細胞をターゲットとした神経保護薬の探索−

    基盤研究(C)  2014年

  • 外傷性脳損傷時のグリア細胞の役割-グリア細胞をターゲットとした神経保護薬の探索-

    基盤研究(C)  2014年

  • アストロサイト膨潤の分子基盤に基づいた新規脳浮腫治療薬の開発

    基盤研究(C)  2013年

  • アストロサイト膨潤の分子基盤に基づいた新規脳浮腫治療薬の開発

    基盤研究(C)  2012年

  • アストロサイト膨潤の分子基盤に基づいた新規脳浮腫治療薬の開発

    基盤研究(C)  2011年

  • アストロサイト膨潤の分子基盤に基づいた新規脳浮腫治療薬の開発

    基盤研究(C)  2011年

  • シトリン欠損症治療へのピルビン酸ナトリウムの応用

    2010年

  • 糖尿病ラットにおけるKupffer細胞および好中球の機能に関する研究

    基盤研究(C)  2001年

  • 糖尿病ラットにおけるKupffer細胞および好中球の機能に関する研究

    基盤研究(C)  2000年

  • 糖尿病ラットにおけるKupffer細胞および好中球の機能に関する研究

    基盤研究(C)  1999年

▼全件表示

奨励寄附金・助成金

  • 酢酸の新規作用の探索-中枢炎症性変化に対する抑制効果-

    一般財団法人旗影会  2015年

担当教育概要

  • 主に獣医生理学を担当。

担当授業科目

  • 獣医生理学A

    2023年度   週間授業   大学

  • 獣医生理学B

    2023年度   週間授業   大学

  • 獣医生理学実習

    2023年度   週間授業   大学

  • 基礎動物生理学

    2023年度   週間授業   大学

  • 獣医学概論

    2023年度   集中講義   大学

  • 獣医科学特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 獣医生理学実習

    2023年度   週間授業   大学

  • 小動物基礎臨床実習

    2023年度   集中講義   大学

  • 生物学B

    2023年度   週間授業   大学

  • 病態機能学特論

    2023年度   集中講義   大学院

  • 統合バイオ機能学特別講義A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 臨床基礎実習

    2023年度   週間授業   大学

  • 獣医生理学C

    2023年度   週間授業   大学

  • 獣医生理学A

    2023年度   集中講義   大学

  • 獣医体験演習

    2023年度   週間授業   大学

  • 生物学実験

    2023年度   集中講義   大学

  • 生物学A

    2023年度   集中講義   大学

  • 獣医科学特別演習1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学ミニレビュー

    2023年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学演習

    2023年度   集中講義   大学

  • 国際・国内インターンシップ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 小動物基礎臨床実習

    2022年度   集中講義   大学

  • 統合バイオ機能学特別講義A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 動物構造機能学特別講義

    2022年度   集中講義   大学院

  • 獣医生理学実習

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医生理学C

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医生理学A

    2022年度   週間授業   大学

  • 初年次ゼミナール

    2022年度   週間授業   大学

  • 動物構造機能学特別講義A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学特別演習1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学特別演習1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学特別研究1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 基礎動物生理学

    2022年度   週間授業   大学

  • 臨床基礎実習

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医生理学A

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医体験演習

    2022年度   週間授業   大学

  • 生物学B

    2022年度   集中講義   大学

  • 獣医生理学B

    2022年度   週間授業   大学

  • 国際・国内インターンシップ

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物学A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物学実験

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生命環境科学入門

    2022年度   週間授業   大学院

  • 統合バイオ機能学特別講義A

    2021年度    

  • 獣医生理学実習

    2021年度   実習  

  • 生物学A

    2021年度    

  • 獣医生理学A

    2021年度    

  • 生物学実験

    2021年度   実習  

  • 獣医生理学C

    2021年度    

  • 基礎動物生理学

    2021年度    

  • 獣医生理学B

    2021年度    

  • 生命環境科学概論

    2021年度    

  • 生物学B

    2021年度    

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

▼全件表示

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    所属大学院生発表数:1件

  • 2022年度

    所属大学院生発表数:1件

  • 2021年度

    所属大学院生発表数:1件

  • 2020年度

    所属大学院生発表数:1件

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:5件

    博士後期課程学生指導数:1名

    博士論文審査数(主査):1件  博士論文審査数(副査):5件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:4件

    博士前期課程学生指導数:0名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):0件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):3件

  • 2021年度

    卒業論文指導数:2名 

役職

  • 部局内役職

    大学院獣医学研究科 

    副研究院長  2024年04月 - 継続中

  • 部局内役職

    大学院獣医学研究科 

    副研究科長  2024年04月 - 継続中

  • 部局内役職

    獣医学部 

    副学部長  2024年04月 - 継続中