2022/04/13 更新

写真a

アキヤマ コウキ
秋山 康紀
Akiyama Kohki
所属
大学院農学研究科 生命機能化学専攻 教授
職名
教授
研究院
農学研究院

担当・職階

  • 大学院農学研究科 生命機能化学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 農学博士 ( 岡山大学 )

研究概要

  • アーバスキュラー菌根菌と植物との共生系における共生制御物質の解明

研究歴

  • アーバスキュラー菌根菌と植物との共生系における共生制御物質の解明

    アーバスキュラー菌根菌、共生、ミヤコグサ、シグナル物質 

    1996年07月 - 継続中 

研究分野

  • ライフサイエンス / 生物有機化学  / 生物生産化学・生物有機化学

所属学協会

  • 植物微生物研究会

    2002年10月 - 継続中

  • 植物化学調節学会

    1990年10月 - 継続中

  • 日本農芸化学会

    1990年03月 - 継続中

受賞歴

  • 植物化学調節学会賞

    2016年10月   植物化学調節学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第3回リサーチフロントアワード

    2012年02月   トムソン・ロイター  

  • 平成18年度 農芸化学奨励賞

    2006年03月   日本農芸化学会  

  • 平成18年度 B.B.B.論文賞(共著)

    2006年03月   日本農芸化学会  

論文

  • Myristate can be used as a carbon and energy source for the asymbiotic growth of arbuscular mycorrhizal fungi 査読

    Yuta Sugiura, Rei Akiyama, Sachiko Tanaka, Koji Yano, Hiromu Kameoka, Shiori Marui, Masanori Saito, Masayoshi Kawaguchi, Kohki Akiyama, Katsuharu Saito

    Proc Natl Acad Sci USA 雑誌   117 ( 41 )   25779 - 25788   2020年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Chemical identification of 18-hydroxycarlactonoic acid as an LjMAX1 product and in planta conversion of its methyl ester to canonical and non-canonical strigolactones in Lotus japonicus 査読

    Narumi Mori, Aika Sado, Xiaonan Xie, Kaori Yoneyama, Kei Asami, Yoshiya Seto, Takahito Nomura, Shinjiro Yamaguchi, Koichi Yoneyama, Kohki Akiyama

    Phytochemistry 雑誌   174   2020年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Hydroxyl carlactone derivatives are predominant strigolactones in Arabidopsis 査読

    Kaori Yoneyama, Kohki Akiyama, Philip B. Brewer, Narumi Mori, Miyuki KawanoKawada, Shinsuke Haruta, Hisashi Nishiwaki, Satoshi Yamauchi, Xiaonan Xie, Mikihisa Umehara, Christine A. Beveridge, Koichi Yoneyama, Takahito Nomura

    Plant Direct 雑誌   4 ( 5 )   2020年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of two oxygenase genes involved in the respective biosynthetic pathways of canonical and non-canonical strigolactones in Lotus japonicus 査読

    Natumi Mori, Takahito Nomura, Kohki Akiyama

    Planta 雑誌   251 ( 2 )   2019年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Stimulation of asymbiotic sporulation in arbuscular mycorrhizal fungi by fatty acids 査読

    Hiromu Kameoka , Ippo Tsutsui , Katsuharu Saito , Yusuke Kikuchi , Yoshihiro Handa , Tatsuhiro Ezawa , Hideo Hayashi , Masayoshi Kawaguchi, Kohki Akiyama

    Nature Microbiology 雑誌   4   1654 - 1660   2019年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Strigolactone perception and deactivation by a hydrolase receptor DWARF14 査読

    Yoshiya Seto, Rei Yasui, Hiromu Kameoka, Muluneh Tamiru, Mengmeng Cao, Ryohei Terauchi, Akane Sakurada, Rena Hirano, Takaya Kisugi, Atsushi Hanada, Mikihisa Umehara, Eunjoo Seo, Kohki Akiyama, Jason Burke, Noriko Takeda-Kamiya, Weiqiang Li, Yoshinori Hirano, Toshio Hakoshima, Kiyoshi Mashiguchi, Joseph P Noel, Junko Kyozuka, Shinjiro Yamaguchi

    Nature Communications 雑誌   10   2019年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Lotuslactone, a non-canonical strigolactone from Lotus japonicus 査読

    Xiaonan Xie, Narumi Mori, Kaori Yoneyama, Takahito Nomura, Kenichi Uchida, Koichi Yoneyama, Kohki Akiyama

    Phytochemistry 雑誌   157   200 - 205   2019年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A femtomolar-range suicide germination stimulant for the parasitic plant Striga hermonthica 査読

    Daisuke Uraguchi, Keiko Kuwata, Yuh Hijikata, Rie Yamaguchi, Hanae Imaizumi, AM Sathiyanarayanan, Christin Rakers, Narumi Mori, Kohki Akiyama, Stephan Irle, Peter McCourt, Toshinori Kinoshita, Takashi Ooi, Yuichiro Tsuchiya

    Science 雑誌   362   1301 - 1305   2018年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Carlactone-type strigolactones and their synthetic analogues as inducers of hyphal branching in arbuscular mycorrhizal fungi. 査読

    Mori N, Nishiuma K, Sugiyama T, Hayashi H, Akiyama K

    Phytochemistry 雑誌   130   2016年10月

  • LATERAL BRANCHING OXIDOREDUCTASE acts in the final stages of strigolactone biosynthesis in Arabidopsis 査読

    Brewer PB, Yoneyama K, Filardo F, Meyers E, Scaffidi A, Frickey T, Akiyama K, Seto Y, Dun EA, Cremer JE, Kerr SC, Waters MT, Flematti GR, Mason MG, Weiller G, Yamaguchi S, Nomura T, Smith SM, Yoneyama K, Beveridge CA

    Proc Natl Acad Sci USA 雑誌   113 ( 22 )   2016年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Medicaol, a strigolactone identified as a putative didehydro-orobanchol isomer, from Medicago truncatula. 査読

    Tokunaga T, Hayashi H, Akiyama K*.

    Phytochemistry 雑誌   111 ( 3 )   91 - 97   2015年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Carlactone is converted to carlactonoic acid by MAX1 in Arabidopsis and its methyl ester can directly interact with AtD14 in vitro 査読

    Abe S, Sado A, Tanaka R, Kisugi T, Asami K, Ota S, Kim HI, Yoneyama K, Xie X, Ohnishi T, Seto Y, Yamaguchi S*, Akiyama K*, Yoneyama K, Nomura T*.

    Proc Natl Acad Sci USA. 雑誌   111 ( 50 )   18084 - 18089   2014年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Carlactone is an endogenous biosynthetic precursor for strigolactones 査読

    Seto Y, Sado A, Asami K, Hanada A, Umehara M, Akiyama K, Yamaguchi S

    Proc Natl Acad Sci U S A 雑誌   111 ( 4 )   1640 - 1645   2014年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Lupin pyranoisoflavones inhibiting hyphal development in arbuscular mycorrhizal fungi. 査読

    Akiyama, K., Tanigawa, F, Kashihara, T., and Hayashi, H.

    Phytochemistry 雑誌   71   1865 - 1871   2010年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Structural requirements of strigolactones for hyphal branching in AM fungi 査読

    Akiyama, K., Ogasawara, S., Ito, S., and Hayashi, H.

    Plant and Cell Physiology 雑誌   51   1104 - 1117   2010年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Inhibition of shoot branching by new terpenoid plant hormones. 査読

    Umehara, M., Hanada, A., Yoshida, S., Akiyama, K., Arite, T., Kamiya-Takeda, N., Magome, H., Kamiya, Y., Shirasu, K., Yoneyama, K., Kyozuka, J., and Yamaguchi, S.

    Nature 雑誌   455   195 - 200   2008年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Strigolactones: Chemical Signals for Fungal Symbionts and Parasitic weeds in Plant Roots 査読

    K. Akiyama, H. Hayashi

    Annals of Botany 雑誌   97   925 - 931   2006年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Plant sesquiterpenes induce hyphal branching in arbuscular mycorrhizal fungi 査読

    K. Akiyama, H. Matsuzaki, K. Hayashi, H

    Nature 雑誌   435   824 - 827   2005年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Isolation and identification of a phosphate deficiency-induced C-glycosylflavonoid that stimulates arbuscular mycorrhiza formation in melon roots. 査読

    Akiyama. K, Matsuoka. H, and Hayashi. H.

    Molecular Plant-Microbe Interactions 雑誌   15 ( 4 )   334 - 340   2002年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • アーバスキュラー菌根菌の共生におけるシグナル物質としてのストリゴラクトンの発見と機能. 植物のシグナル伝達:分子と応答

    秋山 康紀,林 英雄( 担当: 共著)

    共立出版  2010年05月 

  • 発芽生物学 種子発芽の生理・生態・分子機構

    秋山康紀,林英雄( 担当: 共著)

    文一総合出版  2009年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:5  

担当授業科目

  • 応用生命科学特別研究実験CII

    2021年度   実習  

  • 応用生命科学特別研究実験CI

    2021年度   実習  

  • 応用生命科学特別研究実験BII

    2021年度   実習  

  • 応用生命科学特別研究実験BI

    2021年度   実習  

  • 応用生命科学特別研究実験AII

    2021年度   実習  

  • 応用生命科学特別研究実験AI

    2021年度   実習  

  • 応用生命科学研究実験B

    2021年度   実習  

  • 応用生命科学研究実験A

    2021年度   実習  

  • 応用生命科学キャリアデザイン

    2021年度    

  • 生命機能化学特殊講義B

    2021年度    

  • 有機化学II

    2021年度    

  • 初年次ゼミナール【生物共生の仕組みと利用】

    2021年度    

  • 生命環境科学概論【生命環境科学概論【応用生命科学類】】

    2021年度    

  • 天然物化学

    2021年度    

  • 生命機能化学概論

    2021年度    

  • 生理活性物質化学特論

    2021年度    

  • 応用生命科学概論

    2021年度    

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • アーバスキュラー菌根共生―4億年続いてきた共生系―

    分野:農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学)

     詳細を見る

    対象:中学生, 高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般

    キーワード:菌根菌/共生/ストリゴラクトン 

    植物と菌類との共生体である菌根の成り立ち、植物生産や生態系での働きについて解説

役職

  • 部局内役職

    農学部 生命機能化学科 

    学科長  2022年04月 - 継続中