2024/04/04 更新

写真a

ニシムラ カズヒコ
西村 和彦
Nishimura Kazuhiko
担当
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 准教授
獣医学部 獣医学科
職名
准教授
所属
獣医学研究院
連絡先
メールアドレス

担当・職階

  • 大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 獣医学部 獣医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(農学) ( 大阪府立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学

  • ライフサイエンス / 獣医学

  • ライフサイエンス / 獣医学

研究キーワード

  • 獣医衛生学

  • 毒性学

  • Veterinory hygiene

  • Toxicology

研究概要

  • 造血促進機構に関する研究

  • トリパノソーマ原虫に関する研究

  • 乳牛の健康状態変化予測に関する研究

  • 低濃度金属の慢性曝露の影響解析

研究歴

  • 乳牛の健康状態変化予測に関する研究

    糞便中成分、健康状態評価、飼養管理、腸内細菌 

  • 造血促進機構に関する研究

    貧血、造血、エリスロポエチン 

  • トリパノソーマ原虫に関する研究

    トリパノソーマ、人獣共通感染症、寄生虫症、免疫応答 

所属学協会

  • 獣医疫学会

  • 日本養豚学会

  • 日本細菌学会

  • 日本畜産学会

  • 日本獣医学会

  • ヒトと動物の関係学会

  • American Society of Parasitologists

▼全件表示

論文

  • Effect of long-term treatment with trivalent chromium on erythropoietin production in HepG2 cells 査読

    Nishimura Kazuhiko,Suzuka Iitaka , Takuya Sakaki, Keigo Tsuji, Akari Yoshimoto, Md Anamul Haque , Hiroshi Nakagawa

    752   109872   2024年02月( ISSN:00039861

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.abb.2023.109872

    PubMed

  • Effect of pentavalent inorganic arsenic salt on erythropoietin production and autophagy induction

    Nishimura Kazuhiko, Naotake Kiriyama, Kazuya Ogawa, Reo Inoue, Md Anamul Haque, Hiroshi Nakagawa

    734   109487   2023年01月( ISSN:00039861

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    DOI: 10.1016/j.abb.2022.109487

    PubMed

  • Effect of trivalent chromium on erythropoietin production and the prevention of insulin resistance in HepG2 cells

    Kazuhiko Nishimura, Suzuka Iitaka, Hiroshi Nakagawa

    Archives of Biochemistry and Biophysics   708   108960 - 108960   2021年09月( ISSN:0003-9861

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.abb.2021.108960

  • Carbon tetrachloride suppresses ER-Golgi transport by inhibiting COPII vesicle formation on the ER membrane in the RLC-16 hepatocyte cell line 査読

    Hiroshi Nakagawa, Masayuki Komori, Kazuhiko Nishimura

    45 ( 3 )   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Effects of sorbitol and lactate on erythropoietin production in HepG2 cells.

    Kazuhiko Nishimura, Hideaki Katsuyama, Masahiro Ohishi, Arisa Hirabayashi, Kensyo Matsuda, Hiroshi Nakagawa

    Biochemical and biophysical research communications   523 ( 1 )   54 - 59   2020年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Promotion of erythropoietin (EPO) production is important for erythropoiesis as well as cell viability. The most effective inducing factor for EPO production is hypoxia. Hypoxia inducible factor (HIF), a regulator of EPO production, is increased under hypoxic conditions and is also affected by various regulators such as sirtuin1 (SIRT1). SIRT1 is regulated by the cytoplasmic redox state, which is thought to affect EPO production. Therefore, we investigated the effects of sorbitol and lactic acid, which serve as substrates for cellular respiration and bring cells into a reduced state, on EPO production in HepG2 cells. The addition of low-concentration sorbitol to HepG2 cells produced a mildly reduced state similar to that of hypoxia and increased NAD+, SIRT1, and HIF-α, and EPO mRNA expression. On the other hand, lactate suppressed EPO mRNA expression at all concentrations. Inhibition of lactate production from pyruvate abolished the effect of low sorbitol concentrations on EPO mRNA expression. When low-concentration sorbitol and a reducing agent were administered simultaneously, the effect of increasing EPO mRNA expression disappeared. It was suggested that SIRT1 and EPO production increased under conditions where lactate production was not suppressed, even under mildly reduced conditions similar to hypoxia.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2019.12.001

    PubMed

  • Effects of sorbitol and lactate on erythropoietin production in HepG2 cells 査読

    K. Nishimura, H. Katsuyama, M. Ohishi, A. Hirabayashi, K. Matsuda, H. Nakagawa.

    Biochemical and Biophysical Research Communications 雑誌   523 ( 1 )   2020年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effect of erythropoietin production induced by hypoxia on autophagy in HepG2 cells. 査読

    Nishimura K, Goto K, Nakagawa H.

    Biochem Biophys Res Commun. 雑誌   495 ( 1 )   2018年01月

  • Effect of quercetin on cell protection via erythropoietin and cell injury of HepG2 cells. 査読

    Nishimura K, Matsumoto R, Yonezawa Y, Nakagawa H.

    Arch Biochem Biophys 雑誌   636   2017年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Inhibition of PLD1 activity causes ER stress via regulation of COPII vesicle formation 査読

    Hiroshi Nakagawa, Kazuki Hazama, Katsumasa Ishida, Masayuki Komori, Kazuhiko Nishimura, Saburou Matsuo

    Biochemical and Biophysical Research Communications 雑誌   2017年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • An ATF4-Signal-Modulating Machine Other Than GADD34 Acts in ATF4-to-CHOP Signaling to Block CHOP Expression in ER-Stress-Related Autophagy. 査読

    N. Iwasaki, Y. Sugiyama, S. Miyazaki, H. Nakagawa, K. Nishimura, S. Matsuo

    Journal of Cellular Biology 雑誌   116 ( 7 )   1300 - 1309   2015年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The effect of iron on erythropoietin production in HepG2 cells via oxidative stress. 査読

    K. Nishimura, M. Tokida,H. Katsuyama, H. Nakagawa, S. Matsuo.

    Cell Biology International   38   1321 - 1329   2014年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Selection of autophagy or apoptosis in cells exposed to ER-stress depends on ATF4 expression pattern with or without CHOP expression. 査読

    H. Matsumoto, S. Miyazaki, S. Matsuyama, M. Takeda, M. Kawano, H. Nakagawa, K. Nishimura, S. Matsuo.

    Biology Open   Vol.2   1084 - 90   2013年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Molecular characterization of cytolethal distending toxin gene-positive Escherichia coli from healthy cattle and swine in Nara, Japan 査読

    A. Hinenoya, K. Shima, M. Asakura, K. Nishimura, T. Tsukamoto, T. Ooka, T. Hayashi, T. Ramamurthy, S. Faruque, S. Yamasaki.

    BMC Microbiology   2013年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Sar1 translocation onto the ER-membrane for vesicle budding has different pathways for promotion and suppression of ER-to-Golgi transport mediated through H89-sensitive kinase and ER-resident G protein. 査読

    Nakagawa H, Ishizaki M, Miyazaki S, Abe T, Nishimura K, Komori M, Matsuo S

    Mol Cell Biochem.   Vol.366   175 - 82   2012年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • ER-resident Gi2 protein controls sar1 translocation onto the ER during budding of transport vesicles. 査読

    Nakagawa H, Umadome H, Miyazaki S, Tanaka K, Nishimura K, Komori M, Matsuo S.

    J Cell Biochem   Vol.112   2250 - 6   2011年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Differential effects of trypanosoma brucei gambiense and trypanosoma brucei brucei on rat macrophages. 査読

    K. Nishimura, H. Nakaya, H. Nakagawa, S. Matsuo, Y. Ohnishi, S. Yamasaki.

    J. Parasitol.   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effect of trypanosoma brucei brucei on erythropoiesis in infected rats 査読

    K. Nishimura, H. Nakaya, H. Nakagawa, S. Matsuo, Y. Ohnishi, S. Yamasaki.

    J. Parasitol.   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effect of Polyamine-Deficient Chow on Trypanosoma Brucei Brucei Infection in Rats. 査読

    K. Nishimura, T. Yanase, H. Nakagawa, S. Matsuo, Y. Ohnishi and S. Yamasaki

    J. Parasitol.   Vol.95   781 - 786   2009年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cytokines and Nitric Oxide Production by Trypanosoma Brucei Infection in Polyamine-Deficient Chow Feeding Rats. 査読

    K. Nishimura, M. Yagi, Y. Ohnishi, and S. Yamasaki.

    J. Parasitol.   Vol.94   107 - 113   2008年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 薬理学・毒性学実験

    日本獣医薬理学・毒性学会, 大濱 剛, 堀 正敏, 室井 喜景, 石塚 真由美 , 宇野 泰広, 西村 和彦

    文永堂出版  2023年  ( ISBN:9784830032868

     詳細を見る

  • 獣医毒性学第2版

    日本比較薬理学・毒性学会編( 担当: 共著)

    近代出版  2020年03月 

講演・口頭発表等

▼全件表示

産業財産権等

  • 糞便中成分による哺乳動物の健康状態把握方法

    西村和彦

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

  • 動物の汚染調査方法

    西村和彦、石井利明

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:5589185 

科研費

  • クロムによるインシュリン抵抗性抑制とエリスロポエチンの関係

    基盤研究(C)  2023年

  • クロムによるインシュリン抵抗性抑制とエリスロポエチンの関係

    基盤研究(C)  2022年

  • クロムによるインシュリン抵抗性抑制とエリスロポエチンの関係

    2021年

担当教育概要

  • 毒性学および毒性学に基づく食品、環境衛生に関する教育を担当している。

担当授業科目

  • 獣医科学特別演習1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 獣医環境制御管理学

    2023年度   集中講義   大学

  • 毒性学実習

    2023年度   週間授業   大学

  • 毒性学B

    2023年度   週間授業   大学

  • 毒性学基礎実習

    2023年度   集中講義   大学

  • 小動物基礎臨床実習

    2023年度   集中講義   大学

  • 獣医環境科学

    2023年度   週間授業   大学

  • 小動物基礎臨床実習

    2023年度   集中講義   大学

  • 獣医科学特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 国際・国内インターンシップ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 統計学

    2023年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学特別演習1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生体環境制御学特別講義A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 毒性学基礎実習

    2023年度   集中講義   大学

  • 臨床基礎実習

    2023年度   週間授業   大学

  • 獣医環境科学実習

    2023年度   集中講義   大学

  • 食品循環科学

    2023年度   週間授業   大学

  • 獣医環境科学

    2023年度   週間授業   大学

  • 生物統計学演習

    2023年度   週間授業   大学

  • 毒性学A

    2023年度   週間授業   大学

  • 毒性学

    2023年度   週間授業   大学

  • 獣医体験演習

    2023年度   週間授業   大学

  • 基礎動物生理学

    2023年度   週間授業   大学

  • 毒性学B

    2023年度   週間授業   大学

  • 毒性病理学実習

    2023年度   集中講義   大学

  • 獣医環境制御管理学

    2023年度   集中講義   大学

  • 毒性学実習

    2023年度   週間授業   大学

  • 生物学実験

    2023年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学特別演習1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学ミニレビュー

    2023年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 食品科学特論

    2023年度   集中講義   大学院

  • 国際・国内インターンシップ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生体環境制御学特別講義A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 毒性学基礎実習

    2022年度   集中講義   大学

  • 獣医環境科学実習

    2022年度   集中講義   大学

  • 食品循環科学

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医環境科学

    2022年度   週間授業   大学

  • 生物統計学演習

    2022年度   週間授業   大学

  • 毒性学A

    2022年度   週間授業   大学

  • 初年次ゼミナール

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医科学特別研究1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 毒性学B

    2022年度   週間授業   大学

  • 毒性学実習

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医環境制御管理学

    2022年度   集中講義   大学

  • 毒性病理学実習

    2022年度   集中講義   大学

  • 基礎動物生理学

    2022年度   週間授業   大学

  • 臨床基礎実習

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医体験演習

    2022年度   週間授業   大学

  • 獣医科学特別研究1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 獣医科学特別演習1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 国際・国内インターンシップ

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物学実験獣医

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生体環境制御学特別講義A

    2021年度    

  • 毒性学基礎実習

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学実習

    2021年度   実習  

  • 毒性病理学実習

    2021年度   実習  

  • 獣医環境制御管理学

    2021年度    

  • 毒性学実習

    2021年度   実習  

  • 生物学実験

    2021年度   実習  

  • 基礎動物生理学

    2021年度    

  • 生命環境科学概論

    2021年度    

  • 獣医環境科学

    2021年度    

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

  • 食品循環科学

    2021年度    

  • 生物統計学演習

    2021年度    

  • 毒性学B

    2021年度    

  • 毒性学A

    2021年度    

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 食品衛生

    2018年04月
    -
    継続中
    機関名:大阪緑涼高校

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

FD活動

  • 2020年度

     詳細を見る

    獣医毒性学第2版 池田正浩,池中良徳、西村和彦、中川博史他

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    学部・学域生発表数:4件  所属大学院生発表数:1件

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:4件  所属大学院生発表数:1件

  • 2021年度

    学部・学域生発表数:1件