2024/03/11 更新

写真a

フカダ タカシ
深田 尚
FUKADA Takashi
担当
大学院農学研究科 応用生物科学専攻 講師
農学部 応用生物科学科
職名
講師
所属
農学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院農学研究科 応用生物科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 農学部 応用生物科学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(農学) ( 京都大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 分子生物学  / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 細胞生物学  / 細胞生物学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

研究キーワード

  • cytoskeleton

  • signal transduction

  • 細胞骨格

研究概要

  • 細胞の力学応答における細胞骨格の役割

研究歴

  • 哺乳類細胞の力学応答における細胞骨格構造と足場タンパク質の役割

    細胞骨格、力学応答、アクチン、フィラミン  個人研究

所属学協会

  • 日本農芸化学会

    1997年04月 - 継続中

  • 日本分子生物学会

    1993年04月 - 継続中

  • 日本分子生物学会

  • 日本農芸化学会

論文

  • Characterization of nucleolar localization and exclusion signals in terminal deoxynucleotidyltransferase interacting factor 2/estrogen receptor α-binding protein. 査読

    Takashi Fukada, Shun Shibata, Toshihiro Ueda, Katsuhiko Sasaki, Yukiko Shimoida, Kaori Senda-Murata, Kenji Sugimoto

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   83 ( 7 )   1255 - 1262   2019年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Terminal deoxynucleotidyltransferase interacting factor 2/estrogen receptor α-binding protein (TdIF2/ERBP) is a multifunctional nucleolar protein. The nucleolar localization of TdIF2/ERBP is important for its functions because it promotes ribosomal RNA transcription. However, signal sequences that direct TdIF2/ERBP to the nucleolus are not well characterized. We examined the TdIF2/ERBP sequence using truncation and mutation analyses to determine whether the nucleosome binding and C-terminal domains of TdIF2/ERBP possess nucleolar localization signals (NoLSs). In these domains, four NoLSs that could direct the mCherry protein to the nucleolus were detected. In addition, a short stretch of hydrophobic residues (VLLVL) in the center of TdIF2/ERBP acted as a nucleolar exclusion signal, which reduced the nucleolar accumulation of mCherry-NoLS fusion proteins. These results would contribute to improving the prediction of NoLSs from protein sequences. The short, transferrable localization signals would be valuable tools for understanding the association between localization and functions of nucleolar proteins. Abbreviations TdIF2: terminal deoxynucleotidyltransferase interacting factor 2; ERBP: estrogen receptor α-binding protein; EGFP: enhanced green fluorescent protein; NLS: nuclear localization signal; NoLS: nucleolar localization signal; NoES: nucleolar exclusion signal; DAPI: 4',6-diamidino-2-phenylindole.

    DOI: 10.1080/09168451.2019.1591265

    PubMed

  • Fluid shear stress applied by orbital shaking induces MG-63 osteosarcoma cells to activate ERK in two phases through distinct signaling pathways 査読

    Takashi Fukada, Hiroki Sakajiri, Mito Kuroda, Noriyuki Kioka, Kenji Sugimoto

    Biochem. Biophys. Rep.   9   257 - 265   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   共著区分:共著  

  • Live-cell imaging of HP1alpha throughout the cell cycle of mouse C3H10T1/2 cells and rhythmical flickering of heterochromatin dots in interphase 査読

    C. Nakagawa, A. Kawakita, T. Fukada, K. Sugimoto

    Biosci. Biotechnol. Biochem. 雑誌 Taylor & Francis   78 ( 4 )   556 - 564   2014年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of novel nuclear protein interaction with N-terminal part of filamin A 査読

    H. Qiu, R. Nomiyama, K. Moriguchi, T. Fukada, K. Sugimoto

    Biosci. Biotechnol. Biochem. 雑誌 日本農芸化学会   75 ( 1 )   145 - 147   2011年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:共著  

  • Development of disinfection method against drug-resistant bacteria using the antimicrobial protein HE2β1 査読

    S. Ikawa, T. Fukada

    大阪府立産業技術研究所報告 雑誌 大阪府立産業技術研究所   23   1 - 5   2009年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Differential responses of mitotic spindle pole formation to microtubule-stabilizing agents epothilones A and B at low concentrations 査読

    Shinji Sakaushi, Kumi Nishida, Takashi Fukada, Kaori Senda-Murata, Shigenori Oka, Kenji Sugimoto

    Cell Cycle 雑誌 Landes Bioscience   7 ( 4 )   477 - 483   2008年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A multi-fluorescent MDA435 cell line for mitosis inhibitor studies: Simultaneous visualization of chromatin, microtubules and nuclear envelope in living cells. 査読

    T. Fukada, K. Senda-Murata, K. Nishida, S. Sakaushi, H. Minamikawa, M. Dotsu, S. Oka, K. Sugimoto

    Biosci. Biotechnol. Biochem. 雑誌 日本農芸化学会   71 ( 10 )   2603 - 2605   2007年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Dynamic behavior of FCHO1revealed by live-cell imaging microscopy: Its possible involvement in clathrin-coated vesicle formation. 査読

    S. Sakaushi, K. Nishida, H. Minamikawa, T. Fukada, S. Oka, K. Sugimoto

    Biosci. Biotechnol. Biochem. 雑誌 日本農芸化学会   71 ( 7 )   1764 - 1768   2007年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Live imaging of spindle pole disorganization in docetaxel-treated multicolor cells 査読

    S. Sakaushi, K. Nishida, H. Minamikawa, T. Fukada, S. Oka, K. Sugimoto

    Biochem. Biophys. Res. Commun. 雑誌 Elsevier   357 ( 3 )   655 - 660   2007年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Rhythmic cycle of clathrin-coated pit formation at the trans-Golgi network in human MDA-MB-435 cells 査読

    S. Sakaushi, K. Senda-Murata, T. Fukada, S. Oka, K. Sugimoto

    Biosci. Biotechnol. Biochem. 雑誌 日本農芸化学会   71 ( 2 )   571 - 574   2007年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Visualization of chromosomes and nuclear envelope in living cells for molecular dynamics studies 査読

    T. Fukada, K. Inoue, T. Urano, K. Sugimoto

    BioTechniques 雑誌 Eaton Publishing   37 ( 4 )   552 - 556   2004年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Genomic structure and 5'-flanking sequences of rat N-acetylglucosaminyltransferase I gene and regulatory role of its transcriptional diversity 査読

    T. Fukada, M. Ono, S. Sakata, N. Kioka, H. Sakai, T. Komano

    Biosci. Biotechnol. Biochem. 雑誌 日本農芸化学会   67 ( 7 )   1515 - 1521   2003年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cytotoxic activity of Bacillus thuringiensis Cry proteins on mammalian cells transfected with cadherin-like Cry receptor gene of Bombyx mori (silkworm) 査読

    Y. Tsuda, F. Nakatani, K. Hashimoto, S. Ikawa, C. Matsuura, T. Fukada, K. Sugimoto, M. Himeno

    Biochem. J 雑誌 The Biochemical Society   369 ( 3 )   697 - 703   2003年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • cDNA cloning of the Cry1Aa receptor variants from Bombyx mori and their expression in mammalian cells 査読

    S. Ikawa, Y. Tsuda, T. Fukada, K. Sugimoto, M. Himeno

    Biosci. Biotechnol. Biochem. 雑誌 日本農芸化学会   64 ( 12 )   2682 - 2685   2000年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Different response to inflammation of the multiple mRNAs of rat N-acetylglucosaminyltransferase I with variable 5'-untranslated sequences 査読

    T. Fukada, N. Kioka, J. Nishiu, S. Sakata, H. Sakai, M. Yamada, T. Komano

    FEBS lett. 雑誌 Federation of European Biochemical Societies   436 ( 2 )   228 - 232   1998年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of rat N-acetylglucosaminyltransferase I expressed in Escherichia coli 査読

    J. Nishiu, N. Kioka, T. Fukada, H. Sakai, T. Komano

    Biosci. Biotechnol. Biochem. 雑誌 日本農芸化学会   59 ( 9 )   1750 - 1752   1995年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cloning of a cDNA encoding N-acetylglucosaminyltransferase I from rat liver and analysis of its expression in rat tissues 査読

    T. Fukada, K. Iida, N. Kioka, H. Sakai, T. Komano

    Biosci. Biotechnol. Biochem. 雑誌 日本農芸化学会   58 ( 1 )   200 - 201   1994年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Transcriptional regulation of Bacillus thuringiensis subsp. israelensis mosquito larvicidal crystal protein gene cryIVA 査読

    H. Yoshisue, T. Fukada, K. Yoshida, K. Sen, S. Kurosawa, H. Sakai, T. Komano

    J. Bacteriol. 雑誌 American Society for Microbiology   175 ( 9 )   2750 - 2753   1993年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 生化学実験法47 PCR実験マニュアル 原理から応用まで

    深田 尚、ほか16名( 担当: 共著)

    学会出版センター  2002年06月 

     詳細を見る

    担当ページ:156-160  

  • 遺伝子の構造と機能

    深田 尚、ほか28名( 担当: 共著)

    学会出版センター  1998年02月 

     詳細を見る

    担当ページ:173-183  

担当授業科目

  • 生化学

    2023年度   週間授業   大学

  • 生物学実験A /応用生物

    2023年度   実習   大学

  • 生物学実験A /生命機能

    2023年度   実習   大学

  • 生物学実験A /緑地環境

    2023年度   実習   大学

  • 応用生物科学特別研究実験2A

    2023年度   実習   大学院

  • 応用生物科学特別研究実験1A

    2023年度   実習   大学院

  • 細胞分子生物学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 応用生物科学研究実験2A

    2023年度   実習   大学院

  • 応用生物科学研究実験1A

    2023年度   実習   大学院

  • 植物バイオサイエンス卒業研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 生化学基礎実験

    2023年度   実習   大学

  • 植物バイオサイエンス演習

    2023年度   集中講義   大学

  • 植物科学英語

    2023年度   集中講義   大学

  • 基礎化学実験

    2023年度   実習   大学

  • 応用生物科学特別研究実験3A

    2023年度   実習   大学院

  • 応用生物科学研究プレゼンテーション

    2023年度   集中講義   大学院

  • 応用生物科学研究実験1B

    2023年度   実習   大学院

  • 応用生物科学特別研究実験3B

    2023年度   実習   大学院

  • 応用生物科学特別研究実験2B

    2023年度   実習   大学院

  • 応用生物科学特別研究実験1B

    2023年度   実習   大学院

  • 応用生物科学研究実験2B

    2023年度   実習   大学院

  • 植物バイオサイエンス卒業研究

    2021年度    

  • 植物バイオサイエンス演習

    2021年度    

  • 植物バイオサイエンス情報処理演習

    2021年度    

  • 植物バイオテクノロジー概論

    2021年度    

  • 細胞生化学

    2021年度    

  • 生化学基礎実験

    2021年度   実習  

▼全件表示