2024/03/27 更新

写真a

カミカワ ケン
神川 憲
Kamikawa Ken
担当
大学院理学研究科 化学専攻 教授
理学部 化学科
職名
教授
所属
理学研究院
連絡先
メールアドレス

担当・職階

  • 大学院理学研究科 化学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 化学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(理学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 有機合成化学、有機金属化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学

研究キーワード

  • 不斉合成

  • 構造化学

  • 有機合成化学

  • 有機化学

  • 有機金属化学

研究概要

  • 非平面多芳香族化合物の合成法および機能開発:湾曲した多環芳香族炭化水素であるヘリセンは,その非平面π共役構造に由来する特異な電子的・光学的特性,およびらせん不斉を内在する分子骨格など構造化学・合成化学の観点から多くの注目を集めている。合成化学的アプローチから新規らせん分子骨格を有するヘリセン,および多重ヘリセン類の立体選択的合成を達成し,それらの特異な構造を明らかにしてきた。具体的には,①C-H結合活性化反応を活用したヘリセン類の効率的合成法の開発,②大きく湾曲した多重ヘリセン類の立体選択的合成,③Pd触媒[2+2+2]交差環化三量化による三重ヘリセンの触媒的エナンチオ選択的合成,に関するものが顕著な成果として挙げられる。

  • 面不斉遷移金属錯体を基盤とする立体選択的有機合成反応の開発:近年、新しいタイプの配位子として、ホスフィンーオレフィン配位子の研究が盛んになっている。この新しいタイプの配位子は、tripod錯体の三点配位形式をとりながらも、二座配位子と同じ様に、中心金属に対して4電子供与体として働くユニークな配位子である。我々は、このホスフィン-オレフィン配位子の母骨格としてハーフメタロセン錯体(具体的にはアレーンクロム錯体、およびCpマンガン錯体)を有するユニークな面不斉遷移金属錯体P-Olefin配位子の開発に成功している。

所属学協会

  • 近畿化学協会

    1999年04月 - 継続中

  • アメリカ化学会

    1997年04月 - 継続中

  • 有機合成化学協会

    1996年04月 - 継続中

  • 日本化学会

    1993年04月 - 継続中

  • 近畿化学協会

  • 有機合成化学協会

  • 日本化学会

  • アメリカ化学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 科学研究費委員会専門委員(基盤研究B)   独立行政法人日本学術振興会  

    2021年11月 - 2022年10月 

  • 学位論文等審査委員会 委員   茨城大学  

    2020年04月 - 2021年03月 

  • OM News編集委員長   近畿化学協会  

    2020年01月 - 2022年01月 

  • 有機合成化学協会編集委員   有機合成化学協会  

    2020年01月 - 2021年12月 

  • 有機金属部会常任幹事   近畿化学協会  

    2019年04月 - 継続中 

  • 科学研究費委員会 専門委員   独立行政法人 日本学術振興会  

    2019年04月 - 2020年03月 

  • 有機合成化学協会関西支部 役員(監事)   有機合成化学協会  

    2019年01月 - 2021年01月 

  • OM News副編集委員長   近畿化学協会  

    2019年01月 - 2020年01月 

  • 副支部長   有機合成化学協会関西支部  

    2018年04月 - 2019年03月 

  • 科学研究費委員会専門委員   独立行政法人 日本学術振興会  

    2018年04月 - 2019年03月 

  • 科学研究費委員会専門委員   独立行政法人 日本学術振興会  

    2017年04月 - 2018年03月 

  • 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員   独立行政法人 日本学術振興会  

    2014年04月 - 2015年03月 

  • 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員   独立行政法人 日本学術振興会  

    2013年04月 - 2014年03月 

▼全件表示

受賞歴

  • 日本化学会 第39回学術賞

    2021年12月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Asian Core Program Lectureship Award (Singapore)

    2019年10月   Advanced Research Network  

  • Asian Core Program Lectureship Award (China)

    2017年11月   Advanced Research Network  

  • Asian Core Program Lectureship Award (Taiwan)

    2017年11月   Advanced Research Network  

  • International Symposium on Pure & Applied Chemistry Lectureship Award

    2016年10月   ISPAC  

  • 長瀬研究振興賞

    2014年10月   長瀬産業株式会社  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 有機合成化学奨励賞

    2008年02月   有機合成化学協会  

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学   大学院理学研究科化学専攻

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪府立大学   大学院理学系研究科分子科学専攻

    1999年04月 - 継続中

  • マサチューセッツ工科大学博士研究員

    1998年04月 - 1999年03月

論文

  • Diphosphene with a phosphineborane tether and its rhodium complex 査読

    Dalton Transactions   53 ( 7 )   2929 - 2936   2023年12月( ISSN:14779226

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/d3dt03509c

    PubMed

  • Synthesis and Properties of Optically Active [7]Helicene-Fused Oxanorbornene Polymers by Ring-Opening Metathesis 査読

    Macromolecules   56 ( 12 )   4550 - 4555   2023年06月( ISSN:00249297

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.3c00588

  • Rh(I)-Catalyzed Enantioselective Arylation of Cyclic N-Sulfonyl Diketimines Using Planar-Chiral Phosphine-Olefin Ligands Based on a (Cyclopentadienyl)manganese(I) Scaffold with a Highly Fluorinated Aryl Phosphino Group.

    Shimamoto R, Tsurusaki A, Kamikawa K

    The Journal of Organic Chemistry   2023年02月( ISSN:0022-3263

     詳細を見る

  • Synthesis, Structures, and Properties of π-Extended Phosphindolizine Derivatives

    Tsurusaki A.; Tahara, S.; Nakamura, M.; Matsumoto, H.; Kamikawa, K.

    Chemistry - A European Journal   29 ( 8 )   e202203321   2023年02月( ISSN:09476539

     詳細を見る

  • Asymmetric reactions involving aryne intermediates 招待 査読

    Kamikawa K.

    Nature Reviews Chemistry   7 ( 7 )   496 - 510   2023年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41570-023-00485-y

    PubMed

  • Palladium(II) complexes of bis(diphosphene) with different coordination behaviors.

    Ura R, Tsurusaki A, Kamikawa K

    Dalton transactions (Cambridge, England : 2003)   51 ( 7 )   2943 - 2952   2022年02月( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

  • Multiple Helicenes Featuring Synthetic Approaches and Molecular Structures

    Akihiro Tsurusaki, Ken Kamikawa

    Chemistry Letters   50 ( 11 )   1913 - 1932   2021年11月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.210409

  • Multiple Helicenes Featuring Synthetic Approaches and Molecular Structures 査読

    Akihiro Tsurusaki, Ken Kamikawa

    Chemistrry Letters 雑誌   2021年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Transformation from triple helicene to double helicene embedding adjacent stereogenic carbon atoms and axial stereogenicity 査読

    Ayaaka Yubuta, AkihiroTsurusaki, Ken Kamikawa

    Chemical Communications 雑誌   57   2021年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Gold(I)-Catalyzed Intramolecular Hydroarylation of o-Ethynylarylphosphonium Salt Leading to the Formation of Seven- and Six-membered Phosphacycles 査読

    Tsurusaki, A.; Shimatani, H.;Kamikawa, K.

    Asian. J. Org. Chem. 雑誌   10   2021年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Gold(I)‐Catalyzed Intramolecular Hydroarylation of o‐Ethynylarylphosphonium Salt Leading to the Formation of Seven‐ and Six‐membered Phosphacycles

    Akihiro Tsurusaki, Hiroki Shimatani, Ken Kamikawa

    Asian Journal of Organic Chemistry   10 ( 1 )   154 - 159   2021年01月( ISSN:2193-5807

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ajoc.202000669

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/ajoc.202000669

  • Transformation from triple helicene to double helicene embedding adjacent stereogenic carbon atoms and axial stereogenicity.

    Yubuta A, Tsurusaki A, Kamikawa K

    Chemical communications (Cambridge, England)   57 ( 54 )   6600 - 6603   2021年( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d1cc02393d

    PubMed

  • Assembly of [5]Helicene Subunits by Palladium-Catalyzed Reactions: Synthesis, Structures, Properties, and Theoretical Study of Multiple Helicenes

    Tomoka Hosokawa, Akihiro Tsurusaki, Ken Kamikawa

    Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan   78 ( 11 )   1013 - 1020   2020年11月( ISSN:0037-9980

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.78.1013

  • Assembly of [5]Helicene Subnits by Palldium-Catalyzed Reactions:Syntehsis, Sturectures, and Theoretical Study of Multiple Helicenes

    Hosokawa, T.; Tsurusaki, A.; Kamikawa, K.

    J. Synth. Org. Chem.Jpn   78   2020年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis, Structure, and Complexation of an S-Shaped Double Azahelicene with Inner-Edge Nitrogen Atoms.

    Kawashima T, Matsumoto Y, Sato T, Yamada YMA, Kono C, Tsurusaki A, Kamikawa K

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   26 ( 58 )   13170 - 13176   2020年10月( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/chem.202002405

    PubMed

  • Synthesis, Structure, and Complexation of an S-Shaped Double Azahelicene with Inner-Edge Nitrogen Atoms.

    Kawashima T, Matsumoto Y, Sato T, Yamada YMA, Kono C, Tsurusaki A, Kamikawa K

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   26 ( 58 )   13107   2020年10月( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

  • Enantioselective Synthesis of Triple Helicenes by Cross-Cyclotrimerization of a Helicenyl Aryne and Alkynes via Dynamic Kinetic Resolution. 査読

    Yubuta A, Hosokawa T, Gon M, Tanaka K, Chujo Y, Tsurusaki A, Kamikawa K

    Journal of the American Chemical Society   142 ( 22 )   10025 - 10033   2020年06月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.0c01723

    PubMed

  • Synthesis, Structure, and Complexation of an S-Shaped Double Azahelicene with Inner-Edge Nitrogen Atoms 査読

    Kawashima, T.; Matsumoto, Y.; Sato, T.; Yamada, Y. M. A.; Kono, C.; Tsurusaki, A.; Kamikawa, K.

    Chem. Eur. J.   26   2020年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Theoretical Examination of the Plausible Reaction Process for Stereoselective Synthesis of Hexapole Helicene via a Palladium-Catalyzed [2 + 2 + 2] Cyclotrimerization of [5]Helicenyl Aryne.

    Hosokawa T, Asada T, Kamikawa K

    The journal of physical chemistry. A   124 ( 4 )   652 - 661   2020年01月( ISSN:1089-5639

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpca.9b09533

    PubMed

  • Theoretical Examination of the Plausible Reaction Process for Stereoselective Synthesis of Hexapole Helicene via a Palladium-Catalyzed [2 + 2 + 2] Cyclotrimerization of [5]Helicenyl Aryne 査読

    Hosokawa, T.; Asadaa, T.; Kamikawa, K.

    J. Phys. Chem. A   124   2020年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A Gold(I) Complex with a 1,1′-Binaphthyl-Substituted Diphosphene: Synthesis, Structure, and Catalytic Application to Intramolecular Hydroarylation Reactions 査読

    Tsurusaki, A.; Ura, R.; Kamikawa, K.

    Organometallics ACS   39   2020年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A Gold(I) Complex with a 1,1 '-Binaphthyl-Substituted Diphosphene: Synthesis, Structure, and Catalytic Application to Intramolecular Hydroarylation Reactions 査読

    Akihiro Tsurusaki, Rikako Ura, Ken Kamikawa

    ORGANOMETALLICS   39 ( 1 )   87 - 92   2020年01月( ISSN:0276-7333

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A gold(I) complex with a 1,1'-binaphthyl-substituted diphosphene was synthesized and fully characterized. A phosphorus atom with a less-hindered binaphthyl group coordinates to a gold(I) moiety in an eta(1) fashion. Both experiment and theoretical calculations supported the facile rotation around the C(Naph)-P bond in neutral and cationic diphosphene-gold(I) complexes. The newly obtained complex 2 was applied to the intramolecular hydroarylation of aryl propynyl ethers 5, and 2H-chromenes 6 were formed in 83-94% yield. Furthermore, the chiral diphosphene-gold(I) complex (S)-2 was used in the atropselective reaction to furnish 6b,c with up to 9% ee, which is the first example of the use of a diphosphene as a ligand for the transition-metal-catalyzed organic transformation.

    DOI: 10.1021/acs.organomet.9b00665

  • アザヘリセンを基盤とする酸塩基複合触媒の創製と応用

    神川 憲

    上原記念生命科学財団研究報告集   33   1 - 5   2019年12月

  • Tsurusaki, A.; Matsumoto, H.; Kamikawa, K. 査読

    Tsurusaki, A.; Matsumoto, H.; Kamikawa, K.

    Chem. Commun. 雑誌   55   2019年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Dibenzo[b,e]phosphindolizines synthesized by a ring-closing metathesis of benzo[b]phospholes with two vinyl tethers. 査読

    Tsurusaki A, Matsumoto H, Kamikawa K

    Chemical communications (Cambridge, England)   55 ( 34 )   4909 - 4912   2019年05月( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9cc00463g

    PubMed

  • Theoretical Investigations of Rh-Catalyzed Asymmetric 1,4-Addition to Enones using Planar-Chiral Phosphine-Olefin Ligands 査読

    Kawashima, K.; Sato, T.; Ogasawara, M.; Kamikawa, K.; Mori, S.

    J. Comput. Chem. 雑誌   40   2019年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Theoretical investigations of Rh-catalyzed asymmetric 1,4-addition to enones using planar-chiral phosphine-olefin ligands.

    Kawashima K, Sato T, Ogasawara M, Kamikawa K, Mori S

    Journal of computational chemistry   40 ( 1 )   113 - 118   2019年01月( ISSN:0192-8651

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcc.25550

    PubMed

  • 1,1’-Binaphthyl-substituted Diphosphene: Synthesis, Structures, and Chiral Optical Properties 査読

    Tsurusaki, A.; Ura, R.; Kamikawa, K.

    Dalton Trans 雑誌   47   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis of Substituted Helicenes by Ir-Catalyzed Annulative Coupling of Biarylcarboxylic Acid Chlorides with Alkynes 査読

    Kamikawa, K.; Den, H.; Tsurusaki, A.; Nagata, T.; Miura, M.

    Bull. Chem. Soc. Jpn. 雑誌   91   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis of N-Aryl Carbazoles by a Palladium-Catalyzed Direct C-H Arylation of 2-N,N- (Diarylamino)phenyl Triflates 査読

    Uwa, K.; Tseng, Y.-Y.; Kamikawa, K.

    Eur. J. Org. Chem. 雑誌   11   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Molybdenum-Catalyzed Enantioselective Synthesis of Planar-Chiral (5h-Phosphacyclopentadienyl)manganese(I) Complexes and Application in Asymmetric Catalysis 査読

    Ogasawara, M.; Tseng, Y.-Y.; Uryu, M.; Ohya, N.; Chang, N.; Ishimoto, H.; Arae, S.; Takahashi, T.; Kamikawa, K.

    Organometallics 雑誌   36   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Syntehsis, Structures, and Properties of Hexapole Helicenes: Assembling Six [5]Helicene Substructures into Highly Twisted Aromatic Systems 査読

    Hosokawa, T.; Takahashi, Y.; Matsushima, T.; Watanabe, S.; Kikkawa, S.; Azumaya, I.; Tsurusaki, A.; Kamikawa, K.

    J. Am. Chem. Soc. 雑誌   139   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Eficient Synthesis of Polycyclic g-Lactoams by Catalytic Carbonylation of Ene-Imines via Nickelacycle Intermediates 査読

    Hoshimoto, Y.; Ashida, K.; Sasaoka, Y.; Kumar, R.; Kamikawa, K.; Verdaguer, X.; Riera, A.; Ohashi, M.; Ogoshi, S.

    Angew. Chem. Int. Ed. 雑誌   56   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Kinetic Resolution of Planar-Chiral (h5-Bromocyclopentaddenyl)manganese(I) Complexes by Molybdenum-Catalyzed Asymmetric Ring-Closing Metathesis 査読

    Ogasawara, M.; Tseng, Y.-Y.; Liu, Q.; Chang, N.; Yang, X.; Takahashi, T.; Kamikawa, K.

    J. Am. Chem. Soc. 雑誌   36   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Planar-Chiral Phosphine-Olefin Ligands Exploiting a (Cyclopentadienyl)manganeses (I) Scaffold to Achieve High Enantioselectivity 査読

    Kamikawa, K.; Tseng, Y.-Y.; Jisn, J.-H.; Takahashi, T.; Ogasawara, M.

    J. Am. Chem. Soc. 雑誌   139   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Molecular Design of Small Organic Molecules Based on Structural Information for a conformationally Constrained Peptide that Binds to G-CSF Receptor 査読

    El-Haggar, R; Kamikawa, K.; Machi, K.; Ye, Z.; Ishino, Y.; Tsumuraya, T.; Fujii, I

    Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters Elsevier   20   1169 - 1172   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Induction of Axially Chiral N-C Bonds in N-Aryl Acridane and Related Complexes by Chromium TRicarbonyl Migration Reactions

     

    Chemical Communications RSC   46   6846 - 6848   2010年

  • Induction of one-handed helical oligo(p-benzammide)s by domino effect based on planar-axial-helical chirality relay 査読

    Kamikawa, K.; Fukumoto, K.; Yoshihara, K.; Furusyo, M.; Uemura, M.; Takemoto, S.; Matsuzaka, H.

    Chem. Commun. 雑誌 RSC   1201 - 1203   2009年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Asymmetric Synthesis of Axially Chiral Compound Utilizing Planar Chiral Transition Metal Complexes and Their Development for Dynamic Complexes 査読

    Ken Kamikawa

    J. Synth. Org. Chem. Jpn. 雑誌 有機合成化学協会   66 ( 10 )   953 - 964   2008年10月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Stereoselective Synthesis of Both Enantiomers of N-Aryl Indoles with Axially Chiral N-C Bonds 査読

    Ken kamikawa, Shunsuke Kinoshita, Masaru Furusyo, Shin Takemoto, Hiroyuki Matsuzaka, Motokazu Uemura

    the Journal of Organic Chemistry 雑誌   2007年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Stereoselective Tricarbonylchromium Migration Reactions in Axially Chiral Biaryl Chromium Complex 査読

    Ken Kamikawa, Kouta Nishino, Tomohiro Sakamoto, Hiroyuki Matsuzaka, Motokazu Uemura

    Journal of Organometallic Chemistry 雑誌 Elsevier   692   678 - 684   2007年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Nickel-Catalyzed [3+1+1] Cycloaddition Reactions of Alkenyl Fischer Carbene Complexes with Methylenecyclopropanes 査読

    Ken Kamikawa, Yasunori Shimizu, Shin Takemoto, HIroyuki Matsuzaka

    Organic Letters 雑誌   8 ( 18 )   4011 - 4014   2006年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Stereoselective Synthesis of Axially Chiral N-C Bonds in N-Aryl Indoles 査読

    Kamikawa, K.; Kinoshita, S.; Matsuzaka, H.; Uemura, M.

    Org. Lett. 雑誌   8   1097 - 1100   2006年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Reaction of a, b-Unsaturated Fischer Carbene Complexes with Ally Aloxide: 査読

    Kamikawa, K.; Tachibana, A.; Shimizu, Y.; Furusho, M.; Uemura, M.

    Tetrahedron 雑誌   922 - 930   2006年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Catalytic Asymmetric Induction of Planar Chirality; Palladium Catalyzed Asymmetric Heck Reaction 査読

    Kamikawa, K.; Harada, K.; Uemura, M

    Tetrahedron Asymmetry 雑誌   16   1419 - 1423   2005年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Stereoselective [3+2+2] Cycloaddition Utilizing Optically Active Binuclear Fischer Carbene Complexes with Alkynes 査読

    Kamikawa, K.; Shimizu, Y.; Matsuzaka, H.; Uemura, M.

    J. Organomet. Chem. 雑誌   690   5922 - 5925   2005年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Stereoselective [3,3]-Sigmatropic Rearrangement Promoted by Metal-[1,3] Shift of Binuclear Fischeer Carbene Complex 査読

    Kamikawa, K.; Atsushi Tachibana, Yasunori Shimizu, Kazuya Uchida, Masaru Furusho, Motokazu Uemura

    Org. Lett. 雑誌 American Chemical Society   2004年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Asymmetric Synthesis of Axially Chiral Benzamides and Anilides Utilizing Planar Chiral Arene Chromium Complexes 査読

    Koide, H.; Hata, T.; Yoshihara, K.; Kamikawa, K.; Uemura, M.

    Tetrahedron 雑誌 Elsevier   60 ( 20 )   4527 - 4541   2004年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Asymmetric Synthesis of β-Amino Alcohols by Reductive Cross-Coupling of Planar Chiral Ferrocenecarboxaldehyde with N-Tosyl Ferrocenylideneamine, and Its Application to Asymmetric Reaction 査読

    Kimura, T.; Shoda, R.; Taniguchi, N.; Kamikawa, K.; Uemura, M

    Inorg. Chem. Acta. 雑誌 Elsevier   357   1829 - 1835   2004年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Asymmetric Synthesis of Axially Chiral Biarlys: Inversion of Planar Chirality vs Axial Isomerization and Functinalization at the Side Chain of Biaryl Chromium Complexes 査読

    Kamikawa, K.; Sakamoto,T.; Tanaka, Y.; Uemura, M.

    J. Org. Chem. 雑誌 American Chemical Society   68   9356 - 9363   2003年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Planar Chiral (η6-Arene) Ruthenium Cp Complex in Organic Synthesis: Diastereoselective Complexation of Arene Compounds with Benzylic Alcohol and Its Synthetic Application to Chiral Biaryls 査読

    Kamikawa, K.; Norimura, K.; Furusyo, M.; Uno, T.; Sato, Y.; Konoo, A.; Bringmann, G.; Uemura, M.

    Organometallics 雑誌 American Chemical Society   22   1038 - 1046   2003年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Inversion of Planar Chirality vs Axially Chiral Biaryl Chromium Complexes: 査読

    Kamikawa, K.; Sakamoto, T.; Uemura, M

    Synlett 雑誌 Thieme   516 - 518   2003年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Tricarbonylchromium-Complexed Biaryls in Asymmetric Synthesis: Stereoselective Functialization of Axially Chiral Biaryl Chormium Complexes 査読

    Tanaka, Y.; Sakamaoto, T.; Kamikawa, K.; Uemura, M.

    Synlett 雑誌 Thieme   519 - 521   2003年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The lactone concept: a novel approach to the metal-assisted atropselective construction of axially chiral biaryl systems 査読

    Bringmann, G.; Breuning, M.; Pfeifer, R-M.; Schenk, W. A.; Kamikawa, K.; Uemura, M.

    J. Organomet. Chem. 雑誌 Elsevier   67   2002年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Asymmetric synthesis of axially chiral biaryls utilizing planar chiral arene chromium complexes 査読

    Kamikawa. K,Watanabe. T, Uemura. M.

    J. Synth. Org. Chem. Jpn 雑誌 yuukigousei kagaku kyokai   1078 - 1084   2001年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Catalytic asymmetric vinylation of ketone enolates 査読

    Chieffi. A, Kamikawa. K,Ahman. J, Fox. J. M, Buchwald. S. L.

    Org. Lett. 雑誌 American Chemical Society   1897 - 1900   2001年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Stereoselective synthesis of the axially chiral A-B ring system of vancomycin utilizing a planar chiral arene chromium complex 査読

    Kamikawa. K, Tachibana. A(学生), Sugimoto. S(学生), Uemura. M.

    Org. Lett. 雑誌 American Chemical Society   2033 - 2036   2001年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Diastereoselective ruthenium-Cp complexation of enantiopure arene compounds possessing stereogenic benzylic alcohol functionalities 査読

    Kamikawa. K, Furusyo. M,Uno. T(学生), Sato. Y(学生), Konoo. A(学生), Bringmann. G, Uemura. M.

    Org. Lett. 雑誌 American Chemical Society   3667 - 3670   2001年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Stereoselective synthesis of axially chiral natural products, (-)-steganone and O,O '-dimethylkorupensamine A, utilizing planar chiral (arene)chromium complexes 査読

    Kamikawa. K, Watanabe. T(学生), Daimon. A(学生), Uemura. M.

    Tetrahedron 雑誌 Elsevier   59   2325 - 2337   2000年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Stereoselective synthesis of axially chiral biaryls utilizing planar chiral (arene)chromium complexes 査読

    Kamikawa. K, Uemura. M.

    Synlett 雑誌   938 - 949   2000年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Palladium-catalyzed amination of aryl bromides utilizing arene- chromium complexes as ligands 査読

    Kamikawa. K, Sugimoto. S(学生), Uemura. M.

    J. Org. Chem. 雑誌 American Chemical Society   8407 - 8410   1998年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Diastereoselective synthesis of axially chiral biaryls via nucleophilic addition to (arene)chromiun complexes with Grignard reagents 査読

    Kamikawa. K, Uemura. M.

    Tetrahedron Lett. 雑誌 Elsevier   6359 - 6362   1996年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Stereoselective synthesis of both enantiomers of axially chiral biaryls utilizing planar chiral tricarbonyl(arene) chromiun complexes 査読

    Kamikawa. K, Watanabe. T(学生), Uemura. M.

    J. Org. Chem. 雑誌   1375 - 1384   1996年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Atropisomerization of biaryl cr(CO)(3) complexes-preparation of both atropisomers of biaryls 査読

    Kamikawa. K, Watanabe. T(学生), Uemura. M.

    Synlett 雑誌 Thieme   1040 - 1042   1995年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis of both axially chiral biaryls by cross-coupling of (arene)chromiun complexes with naphthyboronic acids and subsequent axial isomerization 査読

    Watanabe. T. (学生). Kamikawa. K, Uemura. M.

    Tetrahedron Lett. 雑誌 Elsevier   6695 - 6698   1995年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Stereoselective induction of an axial chirality by suzuki cross-coupling of tricarbonyl(arene)chromium complexes with arylboronic acids 査読

    Uemura. M, Kamikawa. K.

    J. Chem. Soc. Chem. Commun. 雑誌 Royal Soceity of Chemistry   2697 - 2698   1994年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Mono-cr(CO)(3) complexes of biphenyl compounds-cross-coupling reactions of (eta(6)-arene)chiromium complexes wirh arylmetals 査読

    Uemura. M, Nishimura. H, Kamikawa. K,Nakayama. K, Hayashi. Y.

    Tetrahedron Lett. 雑誌 Elsevier   1909 - 1912   1994年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis and structure of cr(CO)3 complexes of biphenyl compounds with axial chirality 査読

    Uemura. M, Nishimura. H, Kamikawa. K, Shiro. M.

    Inorg. Chim. Acta. 雑誌 Elsevier   63 - 70   1994年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthsis of Helicene by Palladium Catalyzed Double C-H Arylation Reaction 査読

    Ken Kamikawa, Ippei Takemoto, Shin Takemto, HIroyuki Matsuzaka

    Journal of Organic Chemistry 雑誌   72 ( 19 )  

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis of Organocatalysts with One-handed Helix and Their Application to the Kinetic Resolution of Secondary Alcohol 査読

    Kamikawa, K.; Shiromoto, T.; Yamaguchi, J. Takemoto, S.; Matsuzaka, H.

    Research on Chemical Intermediates 雑誌   35 ( 8-9 )   931 - 937  

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 有機合成のための新触媒反応101

    中尾佳亮、中野幸司、神川憲 他( 担当: 共著)

    東京化学同人  2021年11月 

  • 有機化学反応剤ハンドブック

    神川 憲( 担当: 共著)

    化学同人  2003年06月 

     詳細を見る

    担当ページ:7  

  • My Favorite Organic Synthesis

    神川 憲( 担当: 共著)

    有機合成化学 

MISC(その他記事)

講演・口頭発表等

  • ロジウム触媒不斉開環反応による光学活性フェロセン誘導体の合成及び不斉アルキル化反応への応用 国内会議

    神馬 孔明,磯田 隆夢,津留﨑 陽大,神川 憲

    日本化学会第104春季年会(2024)  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学船橋キャンパス  

  • 2. 金(I)触媒を用いたビアリールビス(フェニルエチニル)ホスフィン誘導体の分子内ヒドロアリール化反応 国内会議

    小村 明寛,岸本 真理衣,津留﨑 陽大,神川 憲

    日本化学会第104春季年会(2024)  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学船橋キャンパス  

  • ジホスフェン-ホスフィンボラン配位子を有するロジウム錯体の合成と反応性 国内会議

    津留﨑 陽大,武智 紳吾,神川 憲

    第50回有機典型元素化学討論会  2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:レイボックホール  

  • Asymmetric Synthesis of Non-Central Chiral Molecules Using Aryne Intermediates

    Ken Kamikawa, AyakaYubuta, Shun Nakayama, Akihiro Tsurusaki

    The 15th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC 15)  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ビアリールアラインを用いた交差環化三量化による軸不斉ターアリール類の触媒的不斉合成

    中山 駿,津留﨑 陽大,神川 憲

    第39回有機合成セミナー  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:淡路夢舞台国際会議場  

  • ヘリセニルアラインとオキサベンゾノルボルナジエンの交差環化三量化を経る無置換三重ヘリセンの合成と性質

    太中 惇斗, 津留﨑 陽大,神川 憲

    第39回有機合成セミナー  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:淡路夢舞台国際会議場  

  • オキサ[5]ヘリセン含有Pd(II)錯体ケージの合成 国内会議

    井戸 愛美香, 津留﨑 陽大,神川 憲

    第39回有機合成セミナー  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:淡路夢舞台国際会議場  

  • ロジウム触媒不斉開環反応による光学活性フェロセン誘導体の合成及び不斉触媒反応への応用

    神馬 孔明,磯田 隆夢,津留﨑 陽大,神川 憲

    第39回有機合成セミナー  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:淡路夢舞台国際会議場  

  • 1. ロジウム触媒不斉開環反応による光学活性フェロセン誘導体の合成及び不斉触媒反応への応用 国内会議

    神馬 孔明,磯田 隆夢,津留﨑 陽大,神川 憲

    第132回触媒討論会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

  • ビアリールアラインを用いた交差環化三量化による軸不斉ターアリール類の触媒的不斉合成 国内会議

    中山 駿,津留﨑 陽大,神川 憲

    第132回触媒討論会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

  • Synthesis of Pd(II) Complex Cages with Oxa[5]helicene Subunits 国内会議

    2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Synthesis and Properties of Optically Active [7]Helicene-Fused Oxanorbornene Polymers 国内会議

    2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アリール縮環ホスフィノリジン誘導体の合成と性質 国内会議

    荒木 美沙, 津留﨑 陽大,神川 憲

    第33回基礎有機化学討論会  2023年09月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山コンベンションセンター  

  • ヘリセニルアラインとオキサベンゾノルボルナジエンの交差環化三量化を経る無置換三重ヘリセンの合成および性質 国内会議

    太中 惇斗, 津留﨑 陽大,神川 憲

    第33回基礎有機化学討論会  2023年09月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山コンベンションセンター  

  • ロジウム触媒不斉開環反応による光学活性フェロセン誘導体の合成及び不斉触媒反応への応用 国内会議

    神馬 孔明、磯田 隆夢、津留崎 陽大、神川 憲

    日本化学会第103春季年会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • 環状多重ヘリセン:[6]シクロ[5]オキサヘリセンの合成 国内会議

    早川 陽菜・津留崎 陽大・神川 憲

    日本化学会第103春季年会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • 環縮合位にリン原子を有する縮環ホスファフェナレンの合成と性質 国内会議

    荒木 美沙・西本 聡一郎・津留崎 陽大・神川 憲

    日本化学会第103春季年会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • オキサ[5]ヘリセン含有Pd(II)錯体ケージの合成 国内会議

    井戸 愛美香・津留崎 陽大・神川 憲

    日本化学会第103春季年会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • ヘリセニルアラインとベンザインのパラジウム触媒交差環化三量化による五重ヘリセン 国内会議

    太中 惇斗・細川 朋佳・津留崎 陽大・神川 憲

    日本化学会第103春季年会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • ビアリールアラインを用いたホモおよび交差環化三量化による多環芳香族化合物の合成 国内会議

    中山 駿・津留崎 陽大・神川 憲

    日本化学会第103春季年会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • クロロ置換ジベンゾホスフィンドリジンの変換反応 国内会議

    中村 誠・津留崎 陽大・神川 憲

    第49回有機典型元素化学討論会  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学  

  • 金(I)触媒を用いた分子内ヒドロアリール化反応によるホスフェピン誘導体の合成 国内会議

    岸本 真理衣・津留崎 陽大・神川 憲

    第49回有機典型元素化学討論会  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学  

  • p拡張ホスフィンドリジン誘導体の合成と性質 国内会議

    津留崎 陽大・田原 紗奈・中村 誠・松本 啓世・神川 憲

    第32回基礎有機化学討論会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都パルスプラザ  

  • ヘリセニルアラインとベンザインの交差[2+2+2]環化三量化によるシリルおよびトリフラート置換五重ヘリセンの合成 国内会議

    太中 惇斗・細川 朋佳・津留崎 陽大・神川 憲

    第68回有機金属化学討論会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • 異なる配位様式をとるビス(ジホスフェン)パラジウム(II)錯体 国内会議

    津留崎 陽大・浦 里華子・神川 憲

    第68回有機金属化学討論会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • 大きな湾曲構造を有するらせん状多環芳香族化合物の立体選択的合成 国内会議

    神川 憲

    第54回有機金属若手の会 夏の学校  2022年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:淡路夢舞台国際会議場  

  • オレフィンメタセシス反応 招待 国内会議

    神川 憲

    第48回有機金属化学セミナー 講習会:ものづくりに使える触媒反応  2022年06月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン  

  • 大環状オキサ[5]ヘリセンの合成研究 国内会議

    早川 陽菜・津留崎 陽大・神川 憲

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 1,1’-ビナフチル基およびテルアリール基を有するジホスフェン-金(I)錯体の合成 国内会議

    細見 陸広・浦 里華子・津留崎 陽大・神川 憲

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 遷移金属触媒を活用したヘリセン、および多重ヘリセンの立体選択的合成に関する研究 国内会議

    神川 憲

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  • ジホスフェン含有二座配位子の合成と錯形成 国内会議

    井戸 愛美香 ・ 武智 紳吾 ・ 津留崎 陽大 ・ 神川 憲

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • 金(I)触媒を用いた分子内ヒドロアリール化反応による環状リン化合物の合成 国内会議

    岸本 真理衣・浦 里華子・津留崎 陽大・神川 憲

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 動的速度論的分割を利用したヘリセニルアラインとアルキンとの交差環化三量化による三重ヘリセンのエナンチオ選択的合成 国内会議

    神川 憲・湯蓋 彩加・細川 朋佳・津留崎 陽大

    第67回有機金属化学討論会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • ジホスフェン-ホスフィンボラン二座配位子を有するロジウム錯体の合成とその触媒反応 国内会議

    津留崎 陽大・武智 紳吾・神川 憲

    第67回有機金属化学討論会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • らせん状多芳香族炭化水素の立体選択的合成 招待

    神川 憲

    高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出 終了後公開シンポジウム  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  • オレフィンメタセシス反応 招待 国内会議

    神川 憲

    第47回有機金属化学セミナー 講習会:ものづくりに使える触媒反応  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン  

  • Pd 触媒を用いたエナンチオ選択的交差三量化による光学活性三重ヘリセンの合成と物性 国内会議

    湯蓋 彩加・津留崎 陽大・神川 憲

    第10回化学フェスタ 2020  2020年10月 

     詳細を見る

    開催地:オンライン  

  • ジホスフェン-ホスフィンボラン配位子の合成と錯形成 国内会議

    武智 紳吾・津留崎 陽大・神川 憲

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • ヘリセニルアライン重合によるポリヘリセンの合成と物性 国内会議

    山口 大貴・津留崎 陽大・神川 憲

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • Synthesis, Structures, and Theoretical Studies of Hexapole Helicene Bearing Six [5]Helicene Substructures 国内会議

    HOSOKAWA, Tomoka; ASADA, Toshio; TSURUSAKI, Akihiro; KAMIKAWA, Ken

    2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • π拡張ヘリセン類の合成研究 国内会議

    田中 慎太郎・津留崎 陽大・神川 憲

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • 1,1’-ビナフチル基を有する架橋型ビスジホスフェン二座配位子の合成 国内会議

    浦 里華子・津留崎 陽大・神川 憲

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • ヘリセニルアラインとアルキンの交差環化三量化による三重ヘリセンのエナンチオ選択的合成 国内会議

    湯蓋 彩加・細川 朋佳・津留崎 陽大・神川 憲

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • ナフタレン縮環ホスフィンドリジン誘導体の合成と性質 国内会議

    田原 紗奈・松本 啓世・津留崎 陽大・神川 憲

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • ジホスフェンを有する二座配位子の合成 国内会議

    武智 紳吾・津留崎 陽大・神川 憲

    第46回典型元素化学討論会  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:松山大学 カルフール・ホール  

  • Catalytic Enantioselective Synthesis of Triple Helicene by Crossed-Cyclotrimerization 招待 国際会議

    Ken Kamikawa, Yubuta Ayaka, Tomoka Hosokawa, Akihiro Tsurusaki

    The 19th Tateshina Conference  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Skypark Hotel in Kurumayama Kogen  

  • ヘリセニルアライン重合によるポリ[5]ヘリセンの合成と物性 国内会議

    山口 大貴、津留崎 陽大、神川 憲

    第124回触媒討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎大学 文教キャンパス  

  • 面不斉ハーフメタロセン錯体を基盤とするホスフィン-オレフィン配位子の合成と不斉触媒反応への応用 国内会議

    嶋本 涼祐、津留崎 陽大、神川 憲

    第124回触媒討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    開催地:長崎大学 文教キャンパス  

  • 金(I)触媒の分子内ヒドロアリール化反応を活用したジアリールホスフェピン誘導体の合成 国内会議

    嶋谷 洋輝、津留崎 陽大、神川 憲

    第124回触媒討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    開催地:長崎大学 文教キャンパス  

  • 1,1’-ビナフチル置換ジホスフェン-金(I)錯体による分子内ヒドロアリール化反応 国内会議

    浦 里華子、津留崎 陽大、神川 憲

    第66回有機金属化学討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:首都大学東京 南大沢キャンパス  

  • 6つの[5]ヘリセン構造を有する六重ヘリセンの合成、構造、および理論化学的考察 国内会議

    細川 朋佳、麻田 俊雄、津留崎 陽大、神川 憲

    第66回有機金属化学討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:首都大学東京 南大沢キャンパス  

  • Rh触媒不斉開環反応による面不斉フェロセン錯体の触媒的不斉合成 国内会議

    磯田 隆夢、津留崎 陽大、神川 憲

    第66回有機金属化学討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:首都大学東京 南大沢キャンパス  

  • [5]および[7]ヘリセン構造を有する六重ヘリセンに関する合成、および理論化学的考察 国内会議

    細川 朋佳、麻田 俊雄、津留崎 陽大、神川 憲

    第39回有機合成若手セミナー  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府立大学  

  • Pd触媒を用いたエナンチオ選択的交差三量化による光学活性三重ヘリセンの合成と物性 国内会議

    湯蓋 彩加・細川 朋佳・津留崎 陽大・神川 憲

    第39回有機合成若手セミナー  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府立大学  

  • 面不斉P-Olefin配位子を用いたRh触媒不斉アリール化反応 国内会議

    嶋本 涼祐・大矢 直輝・津留崎 陽大・神川 憲

    第39回有機合成若手セミナー  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府立大学  

  • ジホスフェンーホスフィン二座配位子の合成 国内会議

    武智 紳吾・津留崎 陽大・神川 憲

    第39回有機合成若手セミナー  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府立大学  

  • ジベンゾ[b,g]ホスフィンドリジン-P-オキシドの合成、構造、性質 国内会議

    田原 紗奈・津留崎 陽大・神川 憲

    第39回有機合成若手セミナー  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府立大学  

  • ヘリセニルアライン重合によるポリ[5]ヘリセンの合成と物性 国内会議

    山口 大貴・高橋 裕輔・津留崎 陽大・神川 憲

    第39回有機合成若手セミナー  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府立大学  

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • 触媒的不斉合成に関する技術一般

  • ヘリセンに代表される多芳香族炭化水素(PAH)類の合成

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 触媒的不斉合成に関する研究

  • 湾曲型多芳香族炭化水素に関する研究

科研費

  • アライン中間体を活用した非中心不斉化合物の触媒的不斉合成

    基盤研究(B)  2023年

  • 光学活性カーボンナノクラウンの創製、および分子クリップへの応用

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2023年

  • アライン中間体を活用した非中心不斉化合物の触媒的不斉合成

    基盤研究(B)  2022年

  • 光学活性カーボンナノクラウンの創製、および分子クリップへの応用

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2022年

  • 多重ヘリセンが拓く非平面共役分子の新展開

    基盤研究(B)  2020年

  • 多重ヘリセンが拓く非平面共役分子の新展開

    基盤研究(B)  2019年

  • 面不斉ハーフメタロセン錯体を基盤とする精密キラル反応場の創出

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2019年

  • 多重ヘリセンが拓く非平面共役分子の新展開

    基盤研究(B)  2018年

  • 面不斉ハーフメタロセン錯体を基盤とする精密キラル反応場の構築

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2018年

  • 多重ヘリセンが拓く非平面共役分子の新展開

    基盤研究(B)  2018年

▼全件表示

受託研究

  • ポスト抗体医薬:進化分子工学による分子標的ペプチドの創出

    日本医療緊急開発機構  2021年

  • ポスト抗体医薬:進化分子工学による分子標的ペプチドの創出

    日本医療緊急開発機構  2020年

  • ポスト抗体医薬:進化分子工学による分子標的ペプチドの創出

    日本医療緊急開発機構  2019年

  • ポスト抗体医薬:進化分子工学による分子標的ペプチドの創出

    日本医療緊急開発機構  2018年

  • ポスト抗体医薬:進化分子工学による分子標的ペプチドの創出

    日本医療緊急開発機構  2017年

  • 第3の炭素素材「ねじれたグラフェンシート」の開発

    独立行政法人科学技術振興機構  2013年

  • 有機EL材料の高発光効率・高耐久化を目指したフッ素化ヘリセンの創製

    独立行政法人科学技術振興機構  2011年

▼全件表示

奨励寄附金・助成金

  • 光ラジカル重合を活用したらせん状ナノカーボン高分子の効率的合成、および機能開拓

    公益財団法人池谷科学技術振興財団  2023年

  • キラルアザヘリセン有機分子触媒を基盤とする生理活性化合物の立体選択的合成

    公益財団法人内藤記念科学振興財団  2023年

  • キラルアザヘリセン有機分子触媒を基盤とする生理活性化合物の立体選択的合成

    公益財団法人内藤記念科学振興財団  第46回(2014年度)奨励金・研究助成金  2022年

  • カスケード型電子制御によるらせん状ナノカーボンの創製と機能開拓

    公益財団法人小笠原敏晶記念財団  2021年

  • カスケード型電子制御によるらせん状ナノカーボンの創製と機能開拓

    公益財団法人小笠原敏晶記念財団  2021年

  • キラルアザヘリセン有機分子触媒を基盤とする生理活性化合物の立体選択的合成

    公益財団法人内藤記念科学振興財団  2021年

  • キラルアザヘリセン有機分子触媒を基盤とする生理活性化合物の立体選択的合成

    公益財団法人内藤記念科学振興財団  2020年

  • キラルアザヘリセン有機分子触媒を基盤とする生理活性化合物の立体選択的合成

    公益財団法人内藤記念科学振興財団  2019年

  • 高活性な面不斉ハーフメタロンセン配位子ライブラリーの開発、および触媒的不斉合成への応用

    公益財団法人山田科学振興財団  2018年

  • ヘリセニルアライン重合によるらせん状カーボン高分子の開発、 および不斉触媒への応用

    公益財団法人福岡直彦記念財団  2018年

▼全件表示

担当授業科目

  • 有機化学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 分子科学実験I

    2022年度   週間授業   大学

  • 機能物質化学II

    2022年度   週間授業   大学

  • 分子科学課題実習

    2022年度   週間授業   大学

  • 分子科学演習II

    2022年度   集中講義   大学

  • 分子科学卒業研究

    2022年度   集中講義   大学

  • 分子科学課題実習

    2022年度   週間授業   大学

  • 英語分子科学

    2022年度   集中講義   大学

  • 研究企画ゼミナールI (分子)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 分子科学特別研究IIB

    2022年度   集中講義   大学院

  • サイエンスコミュニケーションI(分子科学)

    2022年度   集中講義   大学院

  • サイエンスコミュニケーションII(分子科学)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 分子科学実験I

    2021年度   実習  

  • 英語分子科学

    2021年度    

  • 有機化学III

    2021年度    

  • 機能物質化学II

    2021年度    

  • 有機立体化学

    2021年度    

  • サイエンスコミュニケーション

    2021年度    

  • 英語分子科学

    2021年度    

  • 機能物質化学2

    2021年度    

  • 有機立体化学

    2021年度    

  • 有機化学III

    2021年度    

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 近畿大学薬学研究科大学院特別講義

    2022年10月
    機関名:近畿大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    所属大学院生発表数:2件

  • 2022年度

    所属大学院生発表数:2件

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:4名  卒業論文審査数:4件

    博士前期課程学生指導数:6名 

    修士論文審査数(主査):12件  修士論文審査数(副査):0件

    博士論文審査数(副査):2件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:6名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):6件  修士論文審査数(副査):14件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

社会貢献活動

  • 理学部公開セミナー 21世紀における化学のあるべき姿とは

    2010年04月 - 2011年03月

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 社会と関わりをもつ化学物質 ~医薬から機能性物質まで~

    分野:理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学)

     詳細を見る

    私たちの社会生活に密接に関わっている化学物質(合成医薬品、高分子化合物など)の合成や構造、機能について解説します。

学術貢献活動

  • Oranometallic News

    2020年12月 - 2021年12月

  • 有機合成化学協会誌

    2020年01月 - 2022年01月

外国人受入実績

  • 2023年度

    研究者受入数 :1名

国際交流活動

  • Hui-Ling Sung教授 (台湾師範大学)をゲストプロフェッサーとして招聘し、学部・大学院教育を担当していただくとともに、および研究活動の交流を行なった。

    活動国 :台湾   2024年01月

  • さくらサイエンスプログラム:
    先方と独自に進展してきた大学院レベルでの交流の深化をめざし、学部レベルでの交流提案をJSTに2017年以降毎年採択され、活動している。先方で選抜された学部生を対象に、特別講義をオンライン形式で実施した。

    活動区分 :教育

    活動国 :台湾   2022年12月

役職

  • 部局内役職

    理学部 化学科 

    専攻長  2022年04月 - 2024年03月