2024/03/17 更新

写真a

ヤマサキ シンジ
山﨑 伸二
Yamasaki Shinji
担当
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 教授
獣医学部 獣医学科
職名
教授
所属
獣医学研究院

担当・職階

  • 大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 獣医学部 獣医学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 日本 )

  • 薬学修士 ( 日本 )

研究キーワード

  • O157

  • 腸管出血性大腸菌

  • エッシェリキア アルバーティ

  • カンピロバクター

  • コレラ、ビブリオ

  • スパイス

  • 天然物(関連する産業分野)医薬品

  • 消毒薬

  • 細胞膨化致死毒素

  • 薬剤耐性

研究概要

  • 病原体の簡便・迅速検査法の開発

  • エッシェリキア アルバーティに関する研究

  • 天然物中の抗菌・抗病原活性を有する物質に関する研究

  • 消毒薬の評価及び消毒法に関する研究

  • 薬剤耐性菌に関する研究

  • ビブリオ属細菌に関する研究

  • カンピロバクター及び関連細菌に関する研究

  • 細胞膨化致死毒素産生菌に関する研究

  • 腸管出血性大腸菌に関する研究

所属学協会

  • 国際食品防御学会

    2014年 - 継続中   国外

  • 日本カンピロバクター研究会

    2008年01月 - 継続中   国内

  • 日本食品微生物学会

    2004年01月 - 継続中   国内

  • アメリカ微生物学会

    2003年01月 - 継続中   国外

  • 日本獣医師会

    2002年01月 - 継続中   国内

  • 日本獣医学会

    2001年04月 - 継続中   国内

  • 日本感染症学会

    1998年01月 - 継続中   国内

  • 腸管出血性大腸菌感染症研究会

    1997年01月 - 継続中   国内

  • トキシンシンポジウム

    1987年01月 - 継続中   国内

  • 日本細菌学会

    1986年04月 - 継続中   国内

  • 日米医学協力研究会コレラ及び腸管感染症研究部会

    1986年04月 - 継続中   国内

  • 腸炎ビブリオシンポジウム

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 副会長   日本カンピロバクター研究会  

    2020年01月 - 2022年12月 

  • 理事   日本食品微生物学会  

    2020年01月 - 2022年12月 

  • 監事   日本細菌学会関西支部  

    2019年01月 - 2020年12月 

  • 評議員会副議長   日本細菌学会  

    2018年01月 - 2020年12月 

  • 支部長   日本細菌学会関西支部  

    2017年01月 - 2018年12月 

  • 幹事   日本細菌学会関西支部  

    2015年01月 - 2018年12月 

  • 会長   日本カンピロバクター研究会  

    2014年01月 - 2019年12月 

  • 部会員   日米医学協力研究会コレラ及び腸管感染症部会  

    2013年04月 - 継続中 

  • 監事   日本細菌学会関西支部  

    2013年01月 - 2014年12月 

  • 世話人   日本小児消化管感染症研究会  

    2010年01月 - 継続中 

  • 理事   日本細菌学会  

    2009年01月 - 2015年12月 

  • 幹事   日本細菌学会関西支部  

    2009年01月 - 2013年12月 

  • 評議員   日本食品微生物学会  

    2008年01月 - 継続中 

  • 運営委員   日本カンピロバクター研究会  

    2008年01月 - 継続中 

  • 評議員   日本獣医学会  

    2004年01月 - 継続中 

  • 会員   米国微生物学会  

    2003年04月 - 継続中 

  • 評議員   日本細菌学会  

    2003年01月 - 継続中 

  • 評議員   日本細菌学会関西支部  

    2002年01月 - 継続中 

  • 事務局   腸管出血性大腸菌感染症研究会  

    2001年04月 - 継続中 

▼全件表示

受賞歴

  • 学会賞

    山﨑 伸二

    2022年09月   日本食品微生物学会   ⾷品及び⽔媒介性腸管感染症の基礎細菌学的研究と原因細菌の検査法の開発

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 優秀演題賞

    山﨑 伸二

    2024年02月   第20回日本小児消化管感染症研究会   小児下痢症患者から分離したProvidencia属菌の新規病原因子

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 華南理工大学 食品与軽工学院 講座教授

    2007年04月 - 2010年03月

  • インド国立コレラ及び腸管感染症研究所 JICA新興下痢症対策プロジェクト チーフアドバイザー

    1998年09月 - 2000年03月

  • 筑波大学基礎医学系助教授(併任)

    1998年04月 - 2001年03月

  • アラバマ大学バーミンハム校微生物学・免疫学部門、ワクチン開発研究センター 客員研究員

    1997年11月 - 1998年01月

  • 国立国際医療研究センター 研究所 室長

    1995年01月 - 2001年03月

  • ドイツ国立動物ウイルス病研究センター フンボルト財団博士研究員

    1991年10月 - 1994年10月

  • 京都大学医学部助手

    1989年10月 - 1995年12月

▼全件表示

学歴

  • 大阪大学   薬学研究科   応用薬学   博士課程前期   卒業・修了

    1984年04月 - 1986年03月

  • 神戸学院大学   薬学部   生物薬学科   学士課程   卒業・修了

    1908年04月 - 1084年03月

論文

  • Seasonality of detection rate of Escherichia albertii in wild raccoons (Procyon lotor) in Osaka, Japan 査読

    86 ( 2 )   180 - 183   2024年02月( ISSN:09167250

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1292/jvms.23-0372

    PubMed

  • Characteristics of epitope dominance pattern and cross-variant neutralisation in 16 SARS-CoV-2 mRNA vaccine sera 査読

    Yasugi Mayo, Nakagama Y, Kaku N, Nitahara Y, Hatanaka Noritoshi, Yamasaki Shinji, Kido Yasunori

    Vaccine   41 ( 42 )   6248 - 6254   2023年10月( ISSN:0264410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2023.08.076

    PubMed

  • Cefixime-tellurite-deoxycholate tryptic soy broth (CTD-TSB), a selective enrichment medium, for enhancing isolation of Escherichia albertii from wild raccoon fecal samples

    Xu B.

    Journal of applied microbiology   134 ( 7 )   2023年07月( ISSN:1364-5072

     詳細を見る

  • Presence of Functionally Active Cytolethal Distending Toxin Genes on a Conjugative Plasmid in a Clinical Isolate of Providencia rustigianii

    Hassan J.

    Infection and Immunity   91 ( 6 )   e0012122   2023年06月( ISSN:00199567

     詳細を見る

  • 食品及び水媒介性腸管感染症の基礎細菌学的研究と原因細菌の検査法の開発

    山﨑 伸二

    日本食品微生物学会雑誌   40 ( 1 )   1 - 17   2023年03月( ISSN:13408267

     詳細を見る

  • Endotoxin-Free Stx2B-C-CPE Vaccine and Its Optimized Adjuvant Regimen for Preventing Food Poisoning

    Hosomi K.

    Frontiers in Bioscience - Landmark   28 ( 1 )   15   2023年01月( ISSN:27686701

     詳細を見る

  • 岡山県および県境に生息する野生動物および保護動物から分離したEscherichia albertiiの同定と性状解析 査読

    84 ( 9 )   1299 - 1306   2022年09月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Longitudinal surveillance and comparative characterization of Escherichia albertii in wild raccoons in the United States

    Hinenoya A.

    Microbiological Research   262   127109   2022年09月( ISSN:09445013

  • Comparative evaluation of chlorous acid and sodium hypochlorite activity against SARS-CoV-2.

    Hatanaka N, Awasthi SP, Xu B, Goda H, Kawata H, Horiuchi I, Yasugi M, Yamasaki S

    Access microbiology   4 ( 5 )   acmi000354   2022年08月

     詳細を見る

  • 西日本の野鳥からのEscherichia albertiiの検出、分離、分子的特性評価(Detection, Isolation, and Molecular Characterization of Escherichia albertii from Wild Birds in West Japan)

    Hinenoya Atsushi, Awasthi Sharda Prasad, Yasuda Noritomo, Nagano Keigo, Hassan Jayedul, Takehira Keiji, Hatanaka Noritoshi, Saito Shun, Watabe Takashi, Yoshizawa Miki, Inoue Haruna, Yamasaki Shinji

    Japanese Journal of Infectious Diseases   75 ( 2 )   156 - 163   2022年03月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    大阪市と高知市の野鳥を対象にEscherichia albertii保有状況を調べた。ハトのクロアカスワブ検体129件と13種類の野鳥のクロアカスワブ検体27件を使用した。増菌培養後、Eacdt遺伝子を標的としたPCRでスクリーニングし、陽性検体をXRM-マッコンキー寒天培地またはマッコンキー寒天培地で培養した。その結果、ツバメ2羽(7.4%)、ハト3羽(2.3%)がPCR陽性となり、全体の検出率は3.2%(5/156)であった。培養検査ではツバメ1羽とハト2羽からE.albertiiが分離された。PFGE解析により、ハト由来株は同一クローン株、ツバメ由来株から2つのクローン株が確認された。分離4株は生物グループ3に割り当てられ、供試16種抗菌薬に感受性を示した。O抗原遺伝子型はツバメ由来2株が型別不能とEAOg2、ハト由来2株はEAOg33であった。分離4株はEacdtの他にeaeとpaaを保有していた。さらにツバメ由来1株はstx2f、ハト由来2株はEccdt-I遺伝子を保有していた。4株のインチミンサブタイプは多様であったが、LEE病原性アイランドの統合部位はphe Uのみであった。マイトマイシンC存在下、プラークアッセイによる溶原化ファージ誘発の結果、stx2fは誘発性ファージ上に位置し、ファージはレシピエント大腸菌にStx2f産生能を付与した。ドナー株のベロ毒素力価が増強された。

  • 焼成カルシウム溶液のShellCoatによるSARS-CoV-2の効果的な不活性化(ShellCoat, a Calcinated Calcium Solution, Effectively Inactivates SARS-CoV-2)

    Hatanaka Noritoshi, Xu Bingting, Yamashita Yasuharu, Kawakami Hiroo, Yasugi Mayo, Yamasaki Shinji

    Biocontrol Science   27 ( 1 )   53 - 56   2022年03月( ISSN:1342-4815

     詳細を見る

    日本で食品添加物として認可されているShellCoatが、急性呼吸器症候群の原因ウイルスであるSARS-CoV-2を不活性化できるか検討した。有機化合物ウシ胎仔血清(FBS)の存在下で、SARS-CoV-2に対するShellCoatの抗ウイルス効果も評価した。濃縮SARS-CoV-2をFBSの存在下または不在下で、10秒間ShellCoatで処理すると、ウイルス価は50%組織培養感染力/mL(TCID50/mL)のlog値が4以上低下した。同条件で20秒以上処理すると、ウイルス価は検出限界(logTCID50/m=2.1)以下となった。以上より、ShellCoatは有機物質の存在下でも、SARS-CoV-2に対する強力な抗ウイルス物質であると考えられた。

  • Piperine, an active ingredient of white pepper suppresses growth of toxigenic Vibrio cholerae strains and other bacterial pathogens. 査読 国際共著

    Let. Appl. Microbiol.   74   472 - 482   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Occurance and multidrug resistance of Campylobacter spp. at duck farms and associated environmental and anthropogenic risk factors in Bangladesh

    12. M.N. Uddin, S.B. Neogi, S. S. Islam, J. Ferdous, M.R.S. Khan, S. Yamasaki and S.M. Lutful Kabir

    BMC. Infect. Dis.   21 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Chlorine dioxide is a more potent antiviral agent against SARS-CoV-2 than sodium hypochlorite

    13. N. Hatanaka, B. Xu, M. Yasugi, H. Morino, H. Tagishi, T. Miura, T. Shibata and S. Yamasaki

    J. Hosp. Infect.   118   20 - 26   2021年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Prevalence, and antimicrobial resistance of Campylobacter species in diarrheal patients in Mymensingh, Bangladesh 査読

    M.A. Rahman, P.R. Paul, N. Hoque, SK. S. Islam, A.K.M. Z. Haque, M.H. Sikder, A. Matin, S. Yamasaki and S.M. Lutful Kabir

    BioMed. Res. Int. 雑誌   2021   2021年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of a Recently Dominant Sublineage in Salmonella 4,[5],12:i:- Sequence Type 34 Isolated From Food Animals in Japan

    14. N. Arai, T. Sekizuka, Y. Tamamura-Andoh, L. Barco, A. Hinenoya, S. Yamasaki, T. Iwata, A. Watanabe-Yanai, M. Kuroda, M. Akiba, and M. Kusumoto

    Front. Microbiol.   12   2021年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Detection of plasmid mediated colistin resistance mcr-1 gene in ESBL producing Escherichia coli isolated from raw milk hard cheese in Egypt. 査読

    R. A. Ombarak, S. P. Awasthi, N. Hatanaka, and S. Yamasaki*

    Int. Dairy J. 雑誌   117   2021年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Isolation and characterization of Escherichia albertii in poultry at the pre-harvest level 査読

    A. Hinenoya, X.-P. Li, X. Zeng, O. Sahin, R. A. Moxley, C. M. Logue, B. Gillespie, S. Yamasaki*, and J. Lin*

    Zoonoses Public Health 雑誌   68 ( 3 )   213 - 225   2021年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Prevalence, serotype and antimicrobial resistance of non-typhoidal Salmonella in vegetable, fruit and water samples in Ho Chi Minh City, Vietnam. 査読

    D.T.A. Nguyen, S.P. Awasthi, P.H. Hoang, P.D. Nguyen, N. Hatanaka, A. Hinenoya, C.V. Dang, S.M. Faruque and S. Yamasaki*

    Foodborne Pathog. Dis. 雑誌   18 ( 5 )   354 - 363   2021年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Prevalence of mobile colistin resistance (mcr) genes in extended- spectrum β-lactamase-producing Escherichia coli isolated from retail raw foods in Nha Trang, Vietnam. 査読

    P. Q. Le, S. P. Awasthi, N. Hatanaka., A. Hinenoya., J. Hassan., R. A. Ombarak., A. Iguchi, N. T. T. Tran, K. V. T. Dao., M. Q. Vien, H. X. Le., H. T. Do, Y. Yamamoto and S. Yamasaki*

    Int. J. Food Microbiol. 雑誌   346   2021年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Salmonella Gallinarum in small-scale commercial layer flocks: Occurance molecular diversity and antibiogram. 査読

    A.K.M. Z. Haque, M.R. Aktur, SK. S. Islam, J. Alam, S.B. Neogi, S. Yamasaki and S.M. Lutful Kabir*

    Vet. Sci. 雑誌   8 ( 5 )   2021年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Prevalence, O-genotype and Shiga toxin (Stx) 2 subtype of Stx-producing Escherichia coli strains isolated from Argentinean cattle. 査読

    K. Okuno, S. P. Awasthi, K. A. Germán, I. Atsushi, N. Hatanaka, A. Hinenoya, L. Rubén and S. Yamasaki*

    J. Vet. Med. Sci. 雑誌   83 ( 4 )   630 - 636   2021年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Quantification of Vibrio cholerae cholix exotoxin, by a sandwich bead-ELISA. 査読

    S. P. Awasthi, N. Chowdhury, N. Hatanaka, A. Hinenoya, T. Ramamurthy, M. Asakura, and S. Yamasaki*

    J. Med. Microbiol. 雑誌   70 ( 4 )   2021年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • アルゼンチンの肉用牛より単離された志賀毒素(Stx)産生大腸菌株の保菌率、O-遺伝子型及びStx2サブタイプ(Prevalence, O-genotype and Shiga toxin(Stx) 2 subtype of Stx-producing Escherichia coli strains isolated from Argentinean beef cattle)

    Okuno Kentaro, Awasthi Sharda Prasad, Kopprio German A., Iguchi Atsushi, Hatanaka Noritoshi, Hinenoya Atsushi, Lara Ruben Jose, Yamasaki Shinji

    The Journal of Veterinary Medical Science   83 ( 4 )   630 - 636   2021年04月( ISSN:0916-7250

  • Prevalence, risk factors and molecular detection of Campylobacter in farmed cattle of selected districts, Bangladesh. 査読

    N. Hoque, SK. S. Islam, Md. N. Uddin, M. Arif, A.K.M. Z. Haque, S.B. Neogi, Z. Rahim, S. Yamasaki and S.M. Lutful Kabir*

    Pathogens 雑誌   10 ( 3 )   2021年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Metagenomic characterization of bacterial community and antibiotic resistant genes in representative ready-to-eat food in southern China.

    Y. Li, W. Cao, S. Liang, S. Yamasaki, X. Chen, L. Shi*, and L. Ye*

    Sci. Rep.   10   2020年10月

  • Accurate identification of Escherichia albertii by matrix-assisted laser desorption ionization-time of flight mass spectrometry. 査読

    N. Hatanaka, S. P. Awasthi, A. Hinenoya, O. Ueda, and S. Yamasaki*

    J. Microbiol. Methods 雑誌   173   2020年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Prevalence of Escherichia albertii in raccoons (Procyon lotor) in Japan. 査読

    A. Hinenoya, K. Nagano, S.P. Awasthi, N. Hatanaka and S. Yamasaki*

    Emerg. Infect. Dis. 雑誌   26 ( 6 )   1304 - 1307   2020年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Development of XRM-MacConkey agar selective medium for the isolation of Escherichia albertii. 査読

    A. Hinenoya, K. Nagano, K. Okuno, A. Nagita, N. Hatanaka, S. P. Awasthi and S. Yamasaki*

    Diagn. Microbiol. Infect. Dis. 雑誌   97 ( 1 )   2020年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Chlorous acid is a more potent antibacterial agent than sodium hypochlorite against Campylobacter. 査読

    24. N. Hatanaka, S.P. Awasthi, H. Goda, H. Kawata, Y. Uchino, T. Kubo, S. Aoki, A. Hinenoya and S. Yamasaki*

    Food Control 雑誌   111   2020年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Risk of multi-drug resistant Campylobacter spp. and residual antimicrobials in poultry farms and markets in Bangladesh. 査読

    S.B. Neogi, Md. M. Islam, S.K.S. Islam; A.H.M. T. Akhter, Md. M.H. Sikder, S. Yamasaki, and S.M.L. Kabir*

    BMC Infect. Dis. 雑誌   20   2020年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Vibrio and bacterial communities across a pollution gradient in the Bay of Bengal: unravelling their biogeochemical drivers. 査読

    G. Kopprio*, S. B. Neogi, H. Rashid, C. Alonso, S. Yamasaki, B. P. Koch, A. Gärdes and R. J. Lara

    Front. Microbiol. 雑誌   11   2020年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Development of a specific cytolethal distending toxin (cdt) gene (Eacdt)-based PCR for the detection and identification of Escherichia albertii. 査読

    A. Hinenoya, H. Ichimura, N. Yasuda, S. Harada, K. Yamada, M. Suzuki, Y. Iijima, N. Hatanaka, S.P. Awasthi, and S. Yamasaki*

    Diagn. Microbiol. Infect. Dis. 雑誌   95 ( 2 )   2019年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Vibrio cholerae strains with inactivated cqsS gene overproduce autoinducer-2 which enhances resuscitation of dormant environmental V. cholerae.

    25. I. B. Nase, M. B. Hoque, S. N. Faruque, M. Kamruzzaman, S. Yamasaki, and S. M. Faruque*

    PLoS One 雑誌   14 ( 10 )   2019年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Serotypes, virulence and antimicrobial resistance of Escherichia coli isolated from subclinical bovine mastitis milk samples in Egypt. 査読

    R.A. Ombarak, M.G. Zayda, S.P. Awasthi, A. Hinenoya and S. Yamasaki*

    Jpn. J. Infect. Dis. 雑誌   72   337 - 339   2019年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • エジプトにおける無症状性ウシ乳房炎の牛乳試料から分離された大腸菌の血清型、病原性、抗菌薬耐性(Serotypes, Pathogenic Potential, and Antimicrobial Resistance of Escherichia coli Isolated from Subclinical Bovine Mastitis Milk Samples in Egypt)

    Ombarak Rabee Alhossiny, Zayda Mahmoud Gamaleldin, Awasthi Sharda Prasad, Hinenoya Atsushi, Yamasaki Shinji

    Japanese Journal of Infectious Diseases   72 ( 5 )   337 - 339   2019年09月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    無症状性乳房炎(SCM)のウシ由来の牛乳試料の9.3%から大腸菌が分離されたことから、これら大腸菌の血清型と病原性および抗菌薬耐性(AMR)について検討した。分離された大腸菌(n=14)の血清型は、O55:H7(n=2)、O111:H4(n=2)、O127:H6(n=2)、O128:HUT(n=2)、O26:HUT(n=1)、O44:H18(n=1)、O114:H21(n=1)、O86:HUT(n=1)、O124:HUT(n=1)、およびO128:H7(n=1)であることが判明した。また、93%(13/14)から潜在的病原性が検出され、少なくとも一つの病原性遺伝子を有していた。さらに、71%(10/14)は試験した15種の抗菌薬の少なくとも一つに耐性を示し、40%(4/14)は多剤耐性であり、基質特異性拡張型βラクタマーゼを産生する菌も見出された。以上から、SCMが抗菌薬耐性を示す病原性大腸菌株の源となる可能性が示唆された。

  • Salmonella genomic island 3 is an integrative and conjugative element and contributes to copper and arsenic tolerance of Salmonella enterica. 査読

    N. Arai, T. Sekizuka, Y. Tamamura, M. Kusumoto, A. Hinenoya, S. Yamasaki, T. Iwata, A. Watanabe-Yanai, M. Kuroda, and M. Akiba*

    Antimicrob. Agents Chemother. 雑誌   63 ( 9 )   2019年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Evaluation of the GeneFields® EHEC/SS PCR dipstick DNA chromatography kit for the detection of enteric bacterial pathogens in stool specimens of healthy humans. 査読

    H. Maruoka, A. Hinenoya, A. Takeda, S. Inoue, T. Sumi, K. Koitabashi, H. Yasue, K. Kogou and S. Yamasaki*

    J. Microbiol. Method. 雑誌   161   111 - 117   2019年06月

  • Comparison of established PCR assays for accurate identification of Campylobacter jejuni and Campylobacter coli. 査読

    S.M.L. Kabir, N. Chowdhury, M. Asakura, S. Shiramaru, K. Kikuchi, A. Hinenoya, S.B. Neogi and S. Yamasaki*

    Jpn. J. Infect. Dis. 雑誌   72 ( 2 )   81 - 87   2019年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Phenotypic and molecular characterization of Escherichia albertii: Further surrogates to avoid potential laboratory misidentification. 査読

    A. Hinenoya#, H. Ichimura#, S.P. Awasthi, N. Yasuda, J. Yatsuyanagi and S. Yamasaki*

    Int. J. Med. Microbiol. 雑誌   309   108 - 115   2019年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Campylobacter jejuniとCampylobacter coliの正確な同定に用いられるPCRアッセイの比較(Comparison of Established PCR Assays for Accurate Identification of Campylobacter jejuni and Campylobacter coli)

    Kabir S.M. Lutful, Chowdhury Nityananda, Asakura Masahiro, Shiramaru Sachi, Kikuchi Ken, Hinenoya Atsushi, Neogi Sucharit Basu, Yamasaki Shinji

    Japanese Journal of Infectious Diseases   72 ( 2 )   81 - 87   2019年03月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    Campylobacter jejuniとCampylobacter coliの同定に用いられる12種類のPCRアッセイ法の感度と特異度を比較検討した。日本国内で分離されたカンピロバクター菌のうち、C.jejuni 58株、C.coli 31株を分析対象とした。検討の結果、PCRアッセイによって菌検出の有用性に関して大きな差が認められた。C.jejuniの検出に際して、ceuE遺伝子ベースのアッセイでは感度は85%にとどまり、cdtC、hipO、IpxAの各遺伝子をベースとしたアッセイでは感度100%、cdtA、cdtB、mapA、23S rRNA遺伝子ベース解析では感度は92~97%を示していた。一方、C.coliに対しては各PCRアッセイの検出率は良好であり、ceuEとcdtA遺伝子ベース解析で感度が97%を示したほか、各アッセイの感度は100%であった。cdtA、cdtBおよびcdtCをベースとする多重PCRアッセイでは、C.jejuniとC.coliの同時検出における感度は100%を示し、hipO、ask、ceuEを用いた多重アッセイでも同様の成績が得られたが、IpxAと23S rRNAを用いたアッセイでは偽陽性が認められ感度は低くなっていた。今回検討したPCRアッセイのうち、cdtCとcdtBの両遺伝子を標的とする多重PCRアッセイが最も信頼性が高い検出法であると考えられた。

  • Development of an adjuvant-free bivalent food poisoning vaccine: augmented antigenicity of the C-terminus of Clostridium perfringens enterotoxin by fusion with the B subunit of Escherichia coli Shiga toxin 2 査読

    34. K. Hosomi, A. Hinenoya, H. Suzuki, T. Nagatake, T. Nishino, S. Hirata, A. Matunaga, M. Kondoh, S. Yamasaki, and J. Kunisawa*

    Int. Immunol. 雑誌   31 ( 2 )   2019年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Development of a pentaplex PCR assay for the detection of major virulence genes in Vibrio cholerae. 査読

    31. S. P. Awasthi, Ni. Chowdhury, S. B. Neogi, A. Hinenoya, N. Hatanaka, G. Chowdhury, T. Ramamurthy and S. Yamasaki*

    J. Microbiol. Methods 雑誌   157   54 - 58   2019年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 2価食中毒ワクチンの開発 志賀毒素2型産生大腸菌Bサブユニットとの融合によりウエルシュ菌エンテロトキシンC末端の抗原性が増強される(Development of a bivalent food poisoning vaccine: augmented antigenicity of the C-terminus of Clostridium perfringens enterotoxin by fusion with the B subunit of Escherichia coli Shiga toxin 2)

    Hosomi Koji, Hinenoya Atsushi, Suzuki Hidehiko, Nagatake Takahiro, Nishino Tomomi, Tojima Yoko, Hirata So-ichiro, Matsunaga Ayu, Kondoh Masuo, Yamasaki Shinji, Kunisawa Jun

    International Immunology   31 ( 2 )   91 - 100   2019年02月( ISSN:0953-8178

     詳細を見る

    今回、ウエルシュ菌や志賀毒素(Stx)産生大腸菌(STEC)感染により誘発される重篤な全身症状や、致死性ウエルシュ菌エンテロトキシン(CPE)およびStxに対し感染防御効果を示す2価ワクチンを開発した。なお、開発したワクチンは、志賀毒素2型のBサブユニット(Stx2B)とCPEのC末端(C-CPE)を融合(Stx2B-C-CPE)させて作製し、C-CPEの抗原性を増強させたことを特徴とした。本ワクチンをStx2B-C-CPEで免疫したマウスに接種させ、有効性を評価した結果、中和試験により、高レベルのC-CPE特異的IgGおよび相当量のStx2B特異的IgGが誘導され、これらの抗体応答が最低48週間継続したことから、本ワクチンが長期間の防御免疫を誘導する可能性が示唆された。さらに、Stx2B-C-CPEを用いた免疫応答では、Stx2B刺激によりStx2B特異的T細胞が誘導され、IgMからIgGへ、Stx2B-およびC-CPE-特異的B細胞において、免疫グロブリン分子のクラススイッチが促進されるメカニズムも確認された。以上の所見から、ウエルシュ菌およびSTEC感染に対する本ワクチンの有効性が立証された。

  • Novel cholera toxin variant and ToxT regulon in environmental Vibrio mimicus strains: potential resources for the evolution of Vibrio cholerae hybrid strains 査読

    S.B. Neogi#, N. Chowdhury#, S.P. Awasthi, M. Asakura, K. Okuno, Z.H. Mahmud, M.S. Islam, A. Hinenoya, G.B. Nair, and S. Yamasaki*

    Appl. Environ. Microbiol. 雑誌   85 ( 3 )   e01977 - 18   2019年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Bangladesh Case Study: Impacts of Climate Change and Anthropogenic Pollution on the Occurrence and Pathogenic Potential of Vibrio spp. in the Coastal Zone of the Bengal Delta

    Neogi S.B.

    Challenges in Tropical Coastal Zone Management: Experiences and Lessons Learned  2023年01月  ( ISBN:9783031178788

  • B.ビブリオ科およびアエロモナス科、獣医微生物学 第4版

    山崎伸二( 担当: 単著)

    文永堂出版  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:118-121  

  • Colibacillosis and Its Impact on Egg Production. In Innovation and Strategies for Improvement.

    S.M. Lutful Kabir, Mahmudul Hasan Sikder, Jahangir Alam, Sucharit Basu Neogi and Shinji Yamasaki

    Oxford: Academic Press  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:523-536  

  • コアカリ獣医微生物学、微生物学的検査と安全

    山崎伸二( 担当: 共著)

    文永堂  2015年 

     詳細を見る

    担当ページ:199-205  

  • 原核生物と真核生物の特徴(訳)ブラック微生物学第3版,原著8版

    山崎伸二

    丸善出版  2014年 

     詳細を見る

    担当ページ:74-108  

  • B. ビブリオ科、C. アエロモナス科、D. パスツレラ科、病原微生物学 基礎と臨床

    山崎伸二( 担当: 共著)

    東京化学同人  2014年 

     詳細を見る

    担当ページ:85-88  

  • 簡易迅速検査法の重要性、微生物の簡易迅速検査法

    山崎伸二( 担当: 共著)

    テクノシステム  2013年 

     詳細を見る

    担当ページ:9-16  

  • カンピロバクターの簡便・迅速検査法、特集:食中毒の基礎と臨床、

    山崎伸二、朝倉昌博、四良丸 幸、井上春奈( 担当: 共著)

    日本臨床  2012年 

     詳細を見る

    担当ページ:1305-1312  

  • Aquatic ecosystems, human health and ecohydrology. In: Vol. 10 “Ecohydrology and restoration”, L. Chícharo, M. Zalewski (vol. eds.). Treatise on Estuarine and Coastal Science, E. Wolanski, D. McLusky (eds).

    Lara, R.J., Islam, M.S., Yamasaki, S., Neogi, S.B., Nair, G.B.( 担当: 共著)

    Elsevier, Amsterdam  2011年 

     詳細を見る

    担当ページ:263-299  

  • B. ビブリオ科と感染症、C. アエロモナス科と感染症、獣医微生物学 第3版

    山崎伸二( 担当: 単著)

    文永堂出版  2011年 

     詳細を見る

    担当ページ:76-78  

  • Molecular epidemiology of Vibrio cholerae and Campylobacter isolated in Asian countries. Current Topics of Infectious Diseases in Japan and Asia.

    S. Yamasaki , M.Asakura , S. Shiramaru, S.B. Neogi, A. Hinenoya, W. Samosornsuk, L. Shi and T. Ramamurthy( 担当: 共著)

    Springer, Tokyo  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:25-43  

  • 腸管出血性大腸菌、バイオセーフティーの事典ー病原微生物とハザード対策の実際

    山崎伸二( 担当: 単著)

    みずく舎/医学評論社  2008年 

     詳細を見る

    担当ページ:224-226  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 新型コロナウイルスからの警告

    山崎伸二

    月刊卸薬業   44 ( 8 )   2 - 11   2020年08月

     詳細を見る

  • 下痢原性大腸菌

    山崎伸二

    FOODS & FOOD INGREDIENTS JOURNAL OF JAPAN   225 ( 3 )   275 - 288   2020年07月

     詳細を見る

  • 感染症法の概要と病原体の関係

    山崎伸二

    バムサジャーナル   32 ( 2 )   3 - 9   2020年04月

     詳細を見る

  • 志賀毒素2を産生するEscherichia Albertini

    山崎伸二

    食品機械装置   57   10 - 17   2020年01月

     詳細を見る

  • マウスモデルを用いた薬剤耐性菌の発生機構

    山崎伸二

    日本防菌防黴学会詩   47 ( 10 )   407 - 414   2019年10月

     詳細を見る

  • 忍び寄る感染症の脅威

    山崎伸二

    月刊卸薬業   42 ( 6 )   14 - 22   2018年06月

     詳細を見る

  • カンピロバクター

    山崎伸二

    医学と薬学 特集「食中毒の最新動向」   75 ( 7 )   2018年06月

     詳細を見る

  • 食肉の生食や加熱不十分での摂取による感染性胃腸炎の診断・治療は?

    山崎伸二

    日本医事新報   ( 4873 )   62 - 62   2017年

     詳細を見る

  • 食品媒介性感染症の国際化について

    山崎伸二

    チャイルドヘルス   19 ( 4 )   251 - 257   2016年

     詳細を見る

  • 下痢原性大腸菌

    山﨑伸二、日根野谷淳

    化学療法の領域   32   1644 - 1651   2016年

     詳細を見る

  • コリネバクテリウム・ウルセランス感染症

    山崎伸二

    臨床と微生物   42   39 - 44   2015年

     詳細を見る

  • カンピロバクター感染症の最新の動向

    山崎伸二

    最新医学   70 ( 902 )   151 - 158   2015年

     詳細を見る

  • PCR-RFLP法によるカンピロバクター属7菌種の検出・同定 査読

    亀井数正、朝倉昌博、山崎伸二

    Bio Clinica   30 ( 4 )   376 - 381   2015年

     詳細を見る

  • カンピロバクター感染症

    山崎伸二

    小児内科   46   69 - 74   2014年

     詳細を見る

  • カンピロバクター感染症

    山崎伸二

    日本医師会雑誌   143   S310 - S312   2014年

     詳細を見る

  • 腸管出血性大腸菌感染症とVero(志賀)毒素 査読

    山崎 伸二

    日本獣医師会雑誌   67   433 - 441   2014年

     詳細を見る

  • 細胞膨化致死毒素 (cytolethal distending toxin : Cdt) 遺伝子に基づくカンピロバクターの遺伝子検査法について、バイオクリニカ

    朝倉昌博、山崎伸二

    Bio Clinica   29 ( 8 )   87 - 91   2014年

     詳細を見る

  • カンピロバクター感染症

    山崎伸二、日根野谷淳

    臨床検査   58 ( 7 )   825 - 832   2014年

     詳細を見る

  • カンピロバクター腸炎

    山崎伸二

    臨床と微生物   40   135 - 140   2013年

     詳細を見る

  • 食品由来耐性菌の現状とヒトへの伝播

    山崎 伸二

    メディカル ・テクノロジー   41 ( 6 )   2013年

     詳細を見る

  • 食中毒細菌カンピロバクター属菌の簡便で迅速な高感度検出キットの開発

    山崎伸二、朝倉昌博

    ニューフードインダストリー   55 ( 1 )   13 - 20   2013年

     詳細を見る

  • コレラ菌等、毒素産生菌の毒素産生を阻害する物質

    山崎伸二、朝倉昌博、四良丸 幸、井上春奈

    バイオクリニカ   ( 27 )   273 - 278   2012年

     詳細を見る

  • 特集:食中毒の基礎と臨床、カンピロバクターの簡便・迅速検査法

    山崎伸二、朝倉昌博、四良丸 幸、井上春奈

    日本臨床   70 ( 8 )   2012年

     詳細を見る

  • 司会の言葉「シンポジウム、今、注目すべき食品媒介病原体」

    山崎伸、西川禎一

    日本食品微生物学会雑誌   ( 28 )   2011年

     詳細を見る

  • アルコバクターについて

    山崎 伸二

    感染と消毒 特別講座   ( 18 )   28 - 32   2011年

     詳細を見る

  • Inhibition of virulence potential of Vibrio cholerae by natural compounds.

    S. Yamasaki, M. Asakura, S.B. Neogi, A. Hinenoya, E. Iwaoka, S. Aoki.

    Indian J Med Res.   ( 133 )   387 - 394   2011年

     詳細を見る

  • カンピロバクターの簡便・迅速検査法の開発研究

    山崎伸二

    化学療法の領域   ( 27 )   118 - 127   2011年

     詳細を見る

  • エンテロトキシン・ベロ毒素

    山崎伸二

    家畜診療   ( 58 )   323 - 330   2011年

     詳細を見る

  • ジェジュニ、コリ以外で無視できないカンピロバクター関連細菌

    山崎伸二

    日本食品微生物学会雑誌   28   86 - 91   2011年

     詳細を見る

▼全件表示

産業財産権等

  • Streptocuccus mobilis菌の検出法

    山崎伸二、アワスチ シャルダ プラサダ

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

  • II型細胞膨化致死毒素産生菌による汚染可能性を判定する方法

    山﨑伸二 アワスチ シャルダ プラサダ

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

  • 食中毒菌の検出方法

    山崎伸二、アワスチ シャルダ プラサダ、棚瀬潤一

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

  • 選択分離培地

    山崎伸二、日根野谷淳

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

  • Stx2阻害4価ペプチド及びこのStx2阻害4価ペプチドを含む治療薬

    西川喜代孝、高橋美帆、三井貴瑛、清水英子、山崎伸二

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特許第6422046 

  • 消毒された肝臓の製造方法

    山崎伸二、日根野谷淳、森河内巌、山口 葵、櫻本行利、西田和正、朝倉昌博

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特許第 

  • コレラ菌等、毒素産生菌の毒素産生を阻害する物質

    山崎伸二、朝倉昌博、青木俊二

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特許第5822451 

  • らせん菌の分離用デバイスおよび分離方法

    山崎伸二、朝倉昌博

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特許第5963675 

  • 細胞膨化致死毒素を標的としたカンピロバクター属菌細菌検出(C. hyointestinalis Cdt 同定、6菌種M-PCR)

    山崎伸二、Worada Samosornsuk、朝倉昌博

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特許第5345936 

  • 核酸検出方法およびその利用

    松久明生、山本誠司、江田宗司、山崎伸二

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:特許第 

▼全件表示

科研費

  • PCR-RFLP法による簡便・迅速な腸管出血性大腸菌の分子疫学的解析法の開発研究

    2008年

担当授業科目

  • 感染症制御学

    2021年度    

  • 感染症制御学特別講義C

    2021年度    

  • 先端獣医学研究法特別演習

    2021年度    

  • 獣医環境科学特別研究H

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究H

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究G

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究F

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究F

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究E

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究D

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究C

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究B

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別研究A

    2021年度   実習  

  • 獣医環境科学特別演習C

    2021年度    

  • 獣医環境科学特別演習B

    2021年度    

  • 獣医環境科学特別演習B

    2021年度    

  • 獣医環境科学特別演習A

    2021年度    

  • 獣医環境科学特別講義

    2021年度    

  • 国際食料流通演習

    2021年度   実習  

  • 食品衛生学実習

    2021年度   実習  

  • 学外特別実習

    2021年度   実習  

  • 学外特別実習

    2021年度   実習  

  • 獣医環境感染学

    2021年度    

  • 食品衛生検査学実習

    2021年度   実習  

  • 生物学A

    2021年度    

  • 獣医学関連法規

    2021年度    

  • 獣医学関連法規

    2021年度    

  • 国際環境学特論

    2021年度    

  • 生命環境科学概論

    2021年度    

  • 獣医細菌学

    2021年度    

  • 食品衛生学B

    2021年度    

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

  • 食品循環科学

    2021年度    

  • 人獣共通感染症学

    2021年度    

  • 獣医科学英語B

    2021年度    

  • 獣医国際防疫学

    2021年度    

▼全件表示

FD活動

  • 獣医学専攻オープンセミナー  2019年度

  • 2018年度

     詳細を見る

    獣医微生物学 第4版 山崎伸二 文英堂

  • 2015年度

     詳細を見る

    コアカリ獣医微生物学 山崎伸二 文英堂

  • 2014年度

     詳細を見る

    ブラック微生物学 第3版(原著8版) 山崎伸二 丸善出版

  • 2014年度

     詳細を見る

    病原微生物学 基礎と臨床 山崎伸二 東京化学同人

  • 2011年度

     詳細を見る

    獣医微生物学 第3版 山崎伸二 文英堂

  • 2003年度

     詳細を見る

    獣医微生物学 第2版 山崎伸二 文永堂出版

▼全件表示

社会貢献活動

  • 大阪国際感染症研究センター 所長

    2021年04月 - 継続中

     詳細を見る

    研究科、専攻の枠を超え、さまざまな学問領域の研究者が集まり、企業とも連携し新型コロナウイルス感染症対策に関わる研究を行なっている。

  • 大阪府高齢者大学校 未来への先端科学技術を楽しく学ぶ科 食の安全(食中毒)

    2020年04月 - 2021年03月

  • 大阪府高齢者大学校 特別講義  感染症の脅威にいかに備えるか

    2020年04月 - 2021年03月

  • 大阪府高齢者大学校 未来への先端科学技術を楽しく学ぶ科 感染症

    2020年04月 - 2021年03月

  • アジア健康科学研究所 所長

    2019年08月 - 継続中

     詳細を見る

    アジアの国の大学、研究機関と連携し、また、日本の国内企業と連携し、人材育成、共同研究を進めている。

  • 大阪府高齢者大学校 未来への先端科学技術を楽しく学ぶ科 食の安全(食中毒)

    2019年04月 - 2020年03月

  • 大阪府高齢者大学校 未来への先端科学技術を楽しく学ぶ科 感染症

    2019年04月 - 2020年03月

▼全件表示

メディア報道

  • 日本経済新聞 新聞・雑誌

    2021年02月

      詳細を見る

    大幸薬品と大阪府立大学、二酸化塩素の新型コロナウイルスに対する不活化効果を確認

  • 朝日新聞 新聞・雑誌

    2020年04月

      詳細を見る

    コロナウイルス、感染力を保つ長さは? 空気中は3時間

  • 朝日新聞 新聞・雑誌

    2020年03月

      詳細を見る

    デマを広げない力、トイレ紙は十分、27度の湯は無意味

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 食中毒をいかに防ぐか

    分野:医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:未就学児, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 市民団体

    キーワード:O157、カンピロバクター、サルモネラ、ノロウイルス 

    食中毒の原因となる病原体、具体的な事例を紹介し、いかに食中毒を防ぐかについてお話しします。本講義が皆様のワクチンとなることを願っています。

  • 感染症に対する備えはできていますか

    分野:医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:未就学児, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 市民団体

    キーワード:新興感染症、人獣共通感染症、新型コロナウイルス感染症 

    感染症の原因となる病原体の特徴、具体的な国内外の事例を紹介し、感染症からいかに皆様の身を守るかについてお話しします。本講演が皆様へのワクチンとしてお役に立つことを願っています。

その他

  • 研究職歴

    2005年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 教授

  • 研究職歴

    2001年04月 - 2005年03月

      詳細を見る

    大阪府立大学大学院農学生命科学研究科 教授