2023/04/08 更新

写真a

ナカザワ マサミ
中澤 昌美
Nakazawa Masami
担当
大学院農学研究科 生命機能化学専攻 講師
農学部 生命機能化学科
職名
講師
所属
農学研究院
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院農学研究科 生命機能化学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 農学部 生命機能化学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(応用生命科学) ( 大阪府立大学 )

  • 修士(農学) ( 大阪府立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学

  • 環境・農学 / 環境農学

  • その他 / その他  / 生物資源利用学

  • その他 / その他  / 環境化学

  • その他 / その他  / 生化学

  • 環境・農学 / 環境農学

▼全件表示

研究キーワード

  • 嫌気的呼吸鎖

  • 嫌気呼吸

  • 呼吸鎖

  • ユーグレナ

  • ミトコンドリア

  • バイオ燃料

研究概要

  • 嫌気適応能力を活用したバイオリファイナリーの構築

  • ミドリムシ(Euglena gracilis)の代謝改変によるバイオ燃料の増産

  • 環境汚染物質に対するモノクローナル抗体の作製とその応用

  • ミドリムシ(Euglena gracilis)のミトコンドリアに存在する酵素について

  • ミドリムシ(Euglena gracilis)の形質転換法の確立

所属学協会

  • ユーグレナ国際ネットワーク (Euglena International Network)

    2020年11月 - 継続中   国外

  • 日本生物工学会

    2012年07月 - 継続中

  • ユーグレナ研究会

    1998年04月 - 継続中   国内

  • 日本ビタミン学会

    1998年04月 - 継続中

  • 日本農芸化学会

    1998年04月 - 継続中

  • 日本生化学会

    1998年04月 - 継続中

  • 日本ビタミン学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本生化学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • SSH運営指導委員会委員   学校法人ノートルダム清心学園  

    2022年05月 - 2023年03月 

  • スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会委員   学校法人ノートルダム清心学園  

    2021年04月 - 2022年03月 

  • EIN scientific committee   ユーグレナ国際ネットワーク (Euglena International Network )  

    2020年11月 - 継続中 

論文

  • ユーグレナの嫌気的呼吸鎖と共役したワックスエステル合成に関する基礎的研究 招待

    中澤 昌美

    オレオサイエンス   23 ( 2 )   73 - 78   2023年02月( ISSN:13458949

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    <p>単細胞真核藻類のユーグレナ(和名ミドリムシ)は,好気・嫌気の両環境にフレキシブルに適応できる代謝系を有している。細胞が嫌気状態にさらされると,貯蔵多糖パラミロン(直鎖状β-1,3 グルカン)を分解して,脂肪酸-脂肪アルコールエステルであるワックスエステルを生成する。この代謝過程ではATPを消費しないミトコンドリア局在脂肪酸合成系が利用されることから,長らく「ワックスエステル発酵」と呼ばれてきた。しかし,近年の研究から,ATPを消費しないだけではなく,ミトコンドリア嫌気的呼吸鎖と共役したATP合成が同時に行われていることが明らかとなってきた。本稿では,嫌気下でのワックスエステル合成発見から,現在明らかになっている代謝メカニズムまでを概説する。</p>

    DOI: 10.5650/oleoscience.23.73

  • Euglena International Network (EIN): Driving euglenoid biotechnology for the benefit of a challenged world

    Ebenezer T.G.E.

    Biology open   11 ( 11 )   2022年11月

     詳細を見る

  • Novel acid trehalase belonging to glycoside hydrolase family 37 from Pleurotus sp. : cloning, expression and characterization

    Tsutsumi G.

    Mycoscience   63 ( 6 )   284 - 292   2022年10月( ISSN:13403540

     詳細を見る

  • Gelation of konjac glucomannan by acetylmannan esterases from Aspergillus oryzae

    Saito M.

    Enzyme and Microbial Technology   160   110075   2022年10月( ISSN:01410229

  • NADPH-to-NADH conversion by mitochondrial transhydrogenase is indispensable for sustaining anaerobic metabolism in Euglena gracilis 査読

    Masami Nakazawa, Mutsuki Takahashi, Ryuta Hayashi, Yuki Matsubara, Yuichiro Kashiyama, Mitsuhiro Ueda, Hiroshi Inui, Tatsuji Sakamoto

    FEBS Letters FEBS press   595 ( 23 )   2922 - 2930   2021年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Homogalacturonan and xylogalacturonan region specificity of self-cloning vector-expressed pectin methylesterases (AoPME1–3) in Aspergillus oryzae. 査読

    Yamada, H., Kubo, S., Kunishige, Y., Azuma, H., Kotani, Y., Handa, S., Nakazawa, M., Ueda, M., Hasegawa, Y., Sakamoto, T.

    Enzyme Microb. Technol. Elsevier   150   2021年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Novel cold-adapted raw-starch digesting α-amylases from Eisenia fetida: gene cloning, expression, and characterization. 査読

    Tsukamoto, K., Ariki, S., Nakazawa, M., Sakamoto, T., Ueda, M.

    Biotechnol. Rep. Elsevier   31   2021年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • コナサナギタケ Paecilomyces farinosus 由来のトリプシン様セリンエンドペプチダーゼの精製と性質 査読

    上田光宏,森本和樹,楠田瑞穂,亀井健吾,中澤昌美,阪本龍司,坂口 実,小林 仁,大内謙二,稲冨 聡

    日本きのこ学会誌 日本きのこ学会   29 ( 1 )   30 - 33   2021年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Determination of chemical structure of pea pectin by using pectinolytic enzymes. 査読

    Noguchi M, Hasegawa Y, Suzuki S, Nakazawa M, Ueda M, Sakamoto T.

    Carbohydr Polym 雑誌   231   2020年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of three GH35 β-galactosidases, enzymes able to shave galactosyl residues linked to rhamnogalacturonan in pectin, from Penicillium chrysogenum 31B 査読

    Kondo T, Nishimura Y, Matsuyama K, Ishimaru M, Nakazawa M, Ueda M, Sakamoto T.

    Appl Microbiol Biotechnol 雑誌   104 ( 3 )   1135 - 1148   2020年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Taming chlorophylls by early eukaryotes underpinned algal interactions and the diversification of the eukaryotes on the oxygenated Earth. 査読

    Kashiyama Y, Yokoyama A, Shiratori T, Hess S, Not F, Bachy C, Gutierrez-Rodriguez A, Kawahara J, Suzaki T, Nakazawa M, Ishikawa T, Maruyama M, Wang M, Chen M, Gong Y, Seto K, Kagami M, Hamamoto Y, Honda D, Umetani T, Shihongi A, Kayama M, Matsuda T, Taira J, Yabuki A, Tsuchiya M, Hirakawa Y, Kawaguchi A, Nomura M, Nakamura A, Namba N, Matsumoto M, Tanaka T, Yoshino T, Higuchi R, Yamamoto A, Maruyama T, Yamaguchi A, Uzuka A, Miyagishima S, Tanifuji G, Kawachi M, Kinoshita Y, Tamiaki H

    The ISME journal 雑誌   13 ( 8 )   2019年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Anaerobic respiration coupled with mitochondrial fatty acid synthesis in wax ester fermentation by Euglena gracilis. 査読

    Nakazawa M, Ando H, Nishimoto A, Ohta T, Sakamoto K, Ishikawa T, Ueda M, Sakamoto T, Nakano Y, Miyatake K, Inui H

    FEBS letters 雑誌   592 ( 24 )   2018年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Gene cloning, expression, and X-ray crystallographic analysis of a β-mannanase from Eisenia fetida. 査読

    Ueda M, Hirano Y, Fukuhara H, Naka Y, Nakazawa M, Sakamoto T, Ogata Y, Tamada T

    Enzyme and microbial technology 雑誌   117   2018年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Crystal structure of exo-rhamnogalacturonan lyase from Penicillium chrysogenum as a member of polysaccharide lyase family 26. 査読

    Kunishige Y, Iwai M, Nakazawa M, Ueda M, Tada T, Nishimura S, Sakamoto T

    FEBS letters 雑誌   592 ( 8 )   2018年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cloning and expression of a chitinase gene from Eisenia fetida. 査読

    Ueda M, Shioyama T, Nakadoi K, Nakazawa M, Sakamoto T, Iwamoto T, Sakaguchi M.

    Int J Biol Macromol 雑誌   104 ( B )   2017年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A novel α-galactosidase from Fusarium oxysporum and its application in determining the structure of the gum arabic side chain. 査読

    Maruta A, Yamane M, Matsubara M, Suzuki S, Nakazawa M, Ueda M, Sakamoto T.

    Enzyme Microb Technol 雑誌   103   2017年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Physiological functions of pyruvate:NADP+ oxidoreductase and 2-oxoglutarate decarboxylase in Euglena gracilis under aerobic and anaerobic conditions. 査読

    Nakazawa M, Hayashi R, Takenaka S, Inui H, Ishikawa T, Ueda M, Sakamoto T, Nakano Y, Miyatake K.

    Biosci Biotechnol Biochem 雑誌   81 ( 7 )   2017年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of a novel Penicillium chrysogenum rhamnogalacturonan rhamnohydrolase and the first report of a rhamnogalacturonan rhamnohydrolase gene. 査読

    Matsumoto S, Yamada H, Kunishige Y, Takenaka S, Nakazawa M, Ueda M, Sakamoto T

    Enzyme Microb Technol 雑誌   98   76 - 85   2017年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 好熱性細菌Ralstonia sp. A-471由来新奇GH Family 23キチナーゼCに含まれるCBM Family 12 キチン結合ドメインの解析

    櫻井俊輔、中澤昌美、阪本龍司、深田はるみ、上田光宏

    キチン・キトサン研究 雑誌   23 ( 1 )   1 - 7   2017年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • C2 metabolism in Euglena.

    Nakazawa M.

    Adv Exp Med Biol 著書   979   2017年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Critical Involvement of Environmental Carbon Dioxide Fixation to Drive Wax Ester Fermentation in Euglena.

    Padermshoke A, Ogawa T, Nishio K, Nakazawa M, Nakamoto M, Okazawa A, Kanaya S, Arita M, Ohta D.

    PLoS One 雑誌   11 ( 9 )   2016年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Naringin lauroyl ester inhibits lipopolysaccharide-induced activation of nuclear factor κB signaling in macrophages.

    Hattori H, Tsutsuki H, Nakazawa M, Ueda M, Ihara H, Sakamoto T.

    Biosci Biotechnol Biochem 雑誌   80 ( 7 )   1403 - 1409   2016年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Molecular characterization of a Penicillium chrysogenum exo-rhamnogalacturonan lyase that is structurally distinct from other polysaccharide lyase family proteins. 査読

    Iwai M, Kawakami T, Ikemoto T, Fujiwara D, Takenaka S, Nakazawa M, Ueda M, Sakamoto T.

    Appl Microbiol Biotechnol 雑誌   99 ( 20 )   8515 - 8525   2015年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification and characterization of three Penicillium chrysogenum α-l-arabinofuranosidases (PcABF43B, PcABF51C, and AFQ1) with different specificities toward arabino-oligosaccharides. 査読

    Shinozaki A, Hosokawa S, Nakazawa M, Ueda M, Sakamoto T.

    Enzyme Microb Technol 雑誌   73-74   65 - 71   2015年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Alteration of Wax Ester Content and Composition in Euglena gracilis with Gene Silencing of 3-ketoacyl-CoA Thiolase Isozymes.

    Nakazawa M, Andoh H, Koyama K, Watanabe Y, Nakai T, Ueda M, Sakamoto T, Inui H, Nakano Y, Miyatake K.

    Lipids 雑誌   50 ( 5 )   483 - 492   2015年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cloning and expression of the cold-adapted endo-1,4-β-glucanase gene from Eisenia fetida.

    Ueda M, Ito A, Nakazawa M, Miyatake K, Sakaguchi M, Inouye K.

    Carbohydr Polym 雑誌   101   511 - 516   2014年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of a bifunctional glyoxylate cycle enzyme, malate synthase/isocitrate lyase, of Euglena gracilis. 査読

    Nakazawa M, Nishimura M, Inoue K, Ueda M, Inui H, Nakano Y, Miyatake K.

    J Eukaryot Microbiol 雑誌   58 ( 2 )   128 - 133   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Purification and characterization of a new serine protease (EF-SP2) with anti-plant viral activity from Eisenia foetida: Analysis of anti-plant viral activity of EF-SP2 査読

    Ueda M, Yamashita T, Nakazawa M, Miyatake K, Ohki S, Sakaguchi M, Inouye K

    Process Biochemistry 雑誌   46 ( 9 )   1711 - 1716   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Purification and characterization of 1,3-β-D-glucanase from Eisenia foetida 査読

    Ueda M, Yamaki K, Goto T, Nakazawa M, Miyatake K, Sakaguchi M, Inouye K

    Carbohydrate Polymers 雑誌   86 ( 1 )   271 - 276   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of the catalytic domain of a novel chitinase, a member of GH family 23, from the moderately thermophilic bacterium Ralstonia sp. A-471. 査読

    Okazaki N, Arimori T, Nakazawa M, Miyatake K, Ueda M, Tamada T.

    Acta Crystallogr Sect F Struct Biol Cryst Commun 雑誌   67 ( 4 )   494 - 497   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A novel cold-adapted cellulase complex from Eisenia foetida: Characterization of a multienzyme complex with carboxymethylcellulase, beta-glucosidase, beta-1,3 glucanase, and beta-xylosidase. 査読

    Ueda M, Goto T, Nakazawa M, Miyatake K, Sakaguchi M, Inouye K

    Comp Biochem Physiol B Biochem Mol Biol 雑誌   157 ( 1 )   26 - 32   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A novel goose-type lysozyme gene with chitinolytic activity from the moderately thermophilic bacterium Ralstonia sp. A-471: cloning, sequencing, and expression. 査読

    Ueda M, Ohata K, Konishi T, Sutrisno A, Okada H, Nakazawa M, Miyatake K

    Appl Microbiol Biotechnol 雑誌   81 ( 6 )   1077 - 1085   2009年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A novel anti-plant viral protein from coelomic fluid of the earthworm Eisenia foetida: purification, characterization and its identification as a serine protease. 査読

    Ueda M, Noda K, Nakazawa M, Miyatake K, Ohki S, Sakaguchi M, Inouye K

    Comp Biochem Physiol B Biochem Mol Biol 雑誌   151 ( 4 )   381 - 385   2008年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Purification and characterization of novel raw-starch-digesting and cold-adapted alpha-amylases from Eisenia foetida 査読

    Ueda M, Asano T, Nakazawa M, Miyatake K, Inouye K

    Comp Biochem Physiol B Biochem Mol Biol 雑誌   150 ( 1 )   125 - 130   2008年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Molecular characterization of a bifunctional glyoxylate cycle enzyme, malate synthase/isocitrate lyase, in Euglena gracilis. 査読

    Nakazawa M, Minami T, Teramura K, Kumamoto S, Hanato S, Takenaka S, Ueda M, Inui H, Nakano Y, Miyatake K.

    Comp Biochem Physiol B Biochem Mol Biol. 雑誌   141 ( 4 )   445 - 452   2005年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Purification and characterization of chitinase B from moderately thermophilic bacterium Ralstonia sp. A-471. 査読

    Ueda M, Kotani Y, Sutrisno A, Nakazawa M, Miyatake K.

    Biosci Biotechnol Biochem 雑誌   69 ( 4 )   842 - 844   2005年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A chitinase with high activity toward partially N-acetylated chitosan from a new, moderately thermophilic, chitin-degrading bacterium, Ralstonia sp. A-471. 査読

    Sutrisno A, Ueda M, Abe Y, Nakazawa M, Miyatake K.

    Appl Microbiol Biotechnol 雑誌   Vol.63 ( No. 4 )   398 - 406   2004年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effect of UV screens and preservatives on vitellogenin and choriogenin production in male medaka (Oryzias latipes). 査読

    Inui M, Adachi T, Takenaka S, Inui H, Nakazawa M, Ueda M, Watanabe H, Mori C, Iguchi T, Miyatake K.

    Toxicology 雑誌   Vol.194 ( No. 1-2 )   43 - 50   2003年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Pyruvate:NADP+ oxidoreductase is stabilized by its cofactor, thiamin pyrophosphate, in mitochondria of Euglena gracilis. 査読

    Nakazawa M, Takenaka S, Ueda M, Inui H, Nakano Y, Miyatake K.

    Arch Biochem Biophys 雑誌   Vol.411 ( No. 2 )   183 - 188   2003年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Occurrence of a novel NADP(+)-linked alcohol dehydrogenase in Euglena gracilis. 査読

    Munir I, Nakazawa M, Harano K, Yamaji R, Inui H, Miyatake K, Nakano Y.

    Comp Biochem Physiol B Biochem Mol Biol 雑誌   Vol.132 ( No. 3 )   535 - 540   2002年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The origin of pyruvate: NADP+ oxidoreductase in mitochondria of Euglena gracilis. 査読

    Nakazawa M, Inui H, Yamaji R, Yamamoto T, Takenaka S, Ueda M, Nakano Y, Miyatake K.

    FEBS Letters 雑誌   Vol.479 ( No. 3 )   155 - 156   2000年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Chapter 3. C2 metabolism in Euglena (Euglena: Biochemistry, cell and molecular biology)

    Masami Nakazawa( 担当: 共著)

    Springer  2017年05月 

  • Chapter 3. Production and Purification of Polyclonal Antibodies

    Nakazawa M, Mukumoto M, Miyatake K.( 担当: 共著)

    Humana Press  2016年 

  • Chapter 5. Production and Purification of Polyclonal Antibodies

    Nakazawa M, Mukumoto M, Miyatake K.( 担当: 共著)

       2010年 

  • Chapter 6. Production and Purification of Monoclonal Antibodies

    Nakazawa M, Mukumoto M, Miyatake K.( 担当: 共著)

       2010年 

講演・口頭発表等

  • Wax ester production coupled with anaerobic respiration in Euglena gracilis 国際会議

    Masami Nakazawa

    ISEP Virtual Meeting 2023  2023年01月  The International Society for Evolutionary Protistology

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • キャッサバパルプペクチンの糖鎖構造解析 国内会議

    小谷侑加、林孟宜、柴田望、中澤昌美、上田光宏、阪本龍司

    日本応用糖質科学会大会  2022年09月  (一社)日本応用糖質科学会

     詳細を見る

    開催地:東京  

  • Rapaza viridisの盗葉緑体獲得過程におけるピレノイドの再構成メカニズム 国内会議

    丸山 萌、加賀本 剛、中澤 昌美、蘆田 弘樹、粟井 光一郎、柏山 祐一郎

    日本植物学会第86回大会  2022年09月  日本植物学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • 広範な真核生物に保存された新規クロロフィル代謝遺伝子候補の機能解析 国内会議

    柏山 祐一郎、中澤 昌美、谷藤 吾朗

    日本植物学会第86回大会  2022年09月  日本植物学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • 皮膚常在菌叢改善を目的とした糖質資化性評価 国際共著 国内会議

    松末 海央, 飯田 聡史, 橋爪 雄志, Tandia Mahamadou, 中澤 昌美, 上田 光宏, 阪本 龍司

    日本応用糖質科学会大会  2022年09月  (一社)日本応用糖質科学会

     詳細を見る

    開催地:東京  

  • ユーグレナワックスエステル合成系におけるミトコンドリア補酵素変換の重要性 国内会議

    中澤 昌美、髙橋 夢月、柏山祐一郎、乾 博、上田 光宏、阪本 龍司

    日本農芸化学会2022年度大会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アミスギタケの子実体形成におけるスレオニン添加効果 国内会議

    上坂 友了, 中澤 昌美, 阪本 龍司, 岩本 武夫, 岸本 通雅, 上田 光宏

    第94回日本生化学会大会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Aspergillus oryzae 由来アラビナン分解系遺伝子の大量発現系の構築とアラビノース生産への利用 国内会議

    清水智菜美、中澤昌美、上田光宏、長谷川芳則、阪本龍司

    日本応用糖質科学会 第47回近畿支部会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Aspergillus oryzae 由来2種のマンナンアセチルエステラーゼの機能解析とコンニャクゲル化への応用 国内会議

    斉藤美穂、中澤昌美、上田光宏、長縄省吾、長谷川芳則、阪本龍司

    日本応用糖質科学会 第47回近畿支部会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Anaerobic mitochondria in Euglenoids: metabolic and evolutionary aspects of anaerobic mitochondria. 招待 国際会議

    Masami Nakazawa

    1st Annual International Congress on Euglenoids  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • ユーグレナワックスエステル発酵における補酵素変換の重要性 国内会議

    髙橋 夢月、中澤 昌美、乾 博、上田 光宏、阪本 龍司

    ユーグレナ研究会第36回研究集会  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ワックスエステル発酵制御因子WSRKがピルビン酸:NADP+ 酸化還元酵素のリン酸化および酵素活性におよぼす影響 国内会議

    藏前 由衣、駒井 陽輔、石井 侑樹、小川 貴央、丸田 隆典、重岡 成、中澤 昌美、石川 孝博

    ユーグレナ研究会第36回研究集会  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ユーグレナのミトコンドリア脂肪酸合成系とロドキノンの関与について

    乾 博, 中澤 昌美

    ビタミン  2021年10月  (公社)日本ビタミン学会

  • ユーグレナのミトコンドリア脂肪酸合成系とロドキノンの関与について

    乾 博, 中澤 昌美

    ビタミン  2021年10月  (公社)日本ビタミン学会

  • 電子伝達体キノンの構成改変による物質生産転換法の開発 国内会議

    長谷川雅樹、 中澤 昌美、 坂元 君年、柏山祐一郎、上田 光宏、阪本 龍司

    第31回イソプレノイド研究会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 生化学的手法によるGum arabic の糖鎖構造解析 国内会議

    松尾佳実、清水智菜美、吉條美由、近藤辰哉、中澤昌美、上田光宏、阪本龍司

    第21回関西グライコサイエンスフォーラム  2021年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 糸状菌由来ペクチンエステラーゼの反応特性とペクチン構造解析への応用 国内会議

    東ほたる、中澤昌美、上田光宏、山田浩之、長谷川芳則、阪本龍司

    日本応用糖質科学会第46回近畿支部会  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Anaerobic ATP production coupled with fatty acid synthesis in Euglena mitochondria 国際会議

    Masami Nakazawa

    Euglena International Network inaugural meeting   2020年11月  Euglena International Network

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • ロドキノンを介する嫌気的呼吸鎖と共役した長鎖脂肪酸合成系の解明 国内会議

    中澤昌美、髙橋夢月、乾 博、坂元君年、上田光宏、阪本龍司

    第30回イソプレノイド研究会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • エキソ-β-1,3-ガラクタナーゼとβ-L-アラビノフラノシダーゼ遺伝子の異種発現系の構築とガムアラビックに対する反応性 国内会議

    大前 晴香、高濱 里帆、中澤 昌美、上田 光宏、石渡 明弘、伊藤 幸成、藤田 清貴、阪本 龍司

    2020年度日本応用糖質科学会 応用糖質科学シンポジウム  2020年09月  日本応用糖質科学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

産業財産権等

  • ユーグレナ、バイオ燃料組成物及びワックスエステルの製造方法

    中澤 昌美

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    特許番号/登録番号:6742111 

  • 形質転換ユーグレナ及びその製造方法

    中澤昌美, 春口大樹, 上田光宏, 宮武和孝

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2014-554483 

  • ユーグレナ,バイオ燃料組成物及びワックスエステルの製造方法

    中澤昌美, 鈴木健吾

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2016-035219 

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • ユーグレナ利用技術

    カテゴリ:ライフサイエンス 

科研費

  • バイオ燃料と有用物質の同時生産を目指したユーグレナの複合的バイオリファイナリー化

    基盤研究(B)  2022年

  • コエンザイムQの合成経路の多様性

    基盤研究(B)  2022年

  • 多様な栄養戦略を採る「増やしにくい生物」の増殖能強化による実験生物化への挑戦

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2022年

  • 嫌気的呼吸能の付与による、余剰還元力を活用した微生物物質生産系の開拓

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2022年

受託研究

  • 二次共生藻類ユーグレナにおける葉緑体とミトコンドリアの代謝クロストークの解明

    独立行政法人 日本学術振興会  令和4(2022)年度 二国間交流事業共同研究  2022年

研究員受入実績

  • 2022年度  研究員数:1名

担当授業科目

  • 生命機能化学概論

    2022年度   週間授業   大学

  • 生物資源循環工学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 生命機能化学研究プレゼンテーション

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生命機能化学特論B

    2022年度   週間授業   大学院

  • 生体成分実験

    2022年度   週間授業   大学

  • 生物環境化学

    2022年度   週間授業   大学

  • 生物環境化学

    2021年度    

  • 生体成分実験

    2021年度   実習  

  • 生命機能化学概論

    2021年度    

  • 生物資源循環工学特論

    2021年度    

▼全件表示

社会貢献活動

  • 清心中学校・清心女子高等学校SSH運営指導委員会委員

    2022年04月 - 継続中

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • (関西科学塾) 女子中高生のための関西科学塾運営委員

    女子中高生のための関西科学塾コンソーシアム  女子中高生のための関西科学塾  2022年04月 - 継続中

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:研究指導

  • 清心中学校・清心女子高等学校SSH運営指導委員会委員

    2021年05月 - 2022年03月

  • 「女子中高生のための関西科学塾」運営委員および実験講師

    2016年04月 - 継続中

     詳細を見る

    関西圏の国公立大学の教職員で構成される「女子中高生のための関西科学塾」に運営委員および実験講師として参画し、理系進路選択支援のアウトリーチ活動を行っている。

  • 女子中高生のための関西科学塾運営委員

    役割:企画, 運営参加・支援, 実演

    2015年 - 継続中

     詳細を見る

    種別:研究指導

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • ユーグレナによるバイオ燃料生産

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学)

     詳細を見る

    対象:小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 市民団体

国際交流活動

  • リエージュ大学において共同研究実施

    活動区分 :研究

    活動国 :ベルギー   2023年03月