2024/03/26 更新

写真a

ハラダ アツシ
原田 敦史
Harada Atsushi
担当
大学院工学研究科 物質化学生命系専攻 教授
工学部 応用化学科
職名
教授
所属
工学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院工学研究科 物質化学生命系専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 応用化学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 東京大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 生体医工学

  • ライフサイエンス / 生体材料学

  • ナノテク・材料 / 高分子化学

研究キーワード

  • ナノメディシン

  • 高分子自己組織体

  • ナノバイオ材料

  • ポリマーバイオマテリアル

  • ドラッグデリバリーシステム

研究概要

  • バイオマテリアルとしての有機・無機ハイブリッド材料設計

  • ドラッグデリバリー用高分子材料設計

  • 遺伝子ベクター用高分子材料設計

研究歴

  • 低侵襲治療のための有機・無機ハイブリッド材料設計

  • ドラッグデリバリー用高分子自己組織体設計

  • 遺伝子ベクターとしての種々機能を組み込んだ高分子材料設計

所属学協会

  • 日本バイオマテリアル学会

    1998年10月 - 継続中

  • 高分子学会

    1998年05月 - 継続中

  • 日本化学会

    1998年05月 - 継続中

  • 高分子学会

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 日本化学会

  • 近畿化学協会

▼全件表示

受賞歴

  • 平成21年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)表彰

    2010年07月   日本学術振興会  

  • 優秀講演賞

    2007年04月   日本化学会  

  • Japan-Korea Biomaterials Research Young Investigator’s Award

    2000年11月   日本バイオマテリアル学会・韓国バイオマテリアル学会  

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学   工学研究科 物質化学生命系専攻

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪府立大学   大学院工学研究科

    2018年04月 - 継続中

  • 京都大学 客員准教授

    2016年04月 - 2017年03月

  • 九州大学先導化学研究所 非常勤講師

    2013年04月 - 2014年03月

  • 神戸大学理学部 非常勤講師

    2005年04月 - 2006年03月

  • 東京大学大学院工学系研究科助手

    1998年05月 - 2003年03月

  • 日本学術振興会特別研究員(DC2)

    1998年04月 - 1998年05月

▼全件表示

学歴

  • 東京理科大学   大学院基礎工学研究科   材料工学専攻博士後期課程   博士課程   中退

    1996年04月 - 1998年05月

  • 東京理科大学   大学院基礎工学研究科   材料工学専攻博士前期課程   博士課程   卒業・修了

    1994年04月 - 1996年03月

  • 東京理科大学   基礎工学部   材料工学科   学士課程   卒業・修了

    1990年04月 - 1994年03月

論文

  • Reversible Stabilization of Nanofiber-Polyplexes through Introducing Cross-Linkages

    Ryuta Aono, Kenta Nomura, Eiji Yuba, Atsushi Harada

    Journal of Functional Biomaterials   15 ( 1 )   2024年01月( ISSN:2079-4983

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/jfb15010014

    PubMed

  • Preparing Size-Controlled Liposomes Modified with Polysaccharide Derivatives for pH-Responsive Drug Delivery Applications.

    Yanagihara S, Kitayama Y, Yuba E, Harada A

    Life (Basel, Switzerland)   13 ( 11 )   2158 - 2158   2023年11月( ISSN:2075-1729

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/life13112158

    PubMed

  • Inkjet-Based Intracellular Delivery System that Effectively Utilizes Cell-Penetrating Peptides for Cytosolic Introduction of Biomacromolecules through the Cell Membrane

    Omura M.

    ACS Applied Materials and Interfaces   15 ( 41 )   47855 - 47865   2023年10月( ISSN:1944-8244

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsami.3c01650

    PubMed

  • pH-Responsive Capsules Fabricated by Interfacial Photo-Cross-Linking Utilizing the Photoreactivity and pH-Responsiveness of Thymine

    Kitayama Y.

    ACS Applied Polymer Materials   5 ( 9 )   7390 - 7399   2023年08月( ISSN:2637-6105

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsapm.3c01283

  • Biocompatible Polymer-Grafted TiO<inf>2</inf> Nanoparticle Sonosensitizers Prepared Using Phosphonic Acid-Functionalized RAFT Agent

    Kitayama Y.

    Polymers   15 ( 11 )   2023年06月

     詳細を見る

  • Effect of Poly(Vinyl Alcohol) Concentration and Chain Length on Polymer Nanogel Formation in Aqueous Dispersion Polymerization

    Kitayama Y.

    Molecules   28 ( 8 )   3493 - 3493   2023年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/molecules28083493

    PubMed

  • Reversible complexation mediated polymerization of methacrylates using amine catalysts in aqueous heterogeneous systems

    Kitayama Y.

    Polymer Journal   55 ( 1 )   1 - 12   2023年01月( ISSN:00323896

     詳細を見る

  • Cationic lipid potentiated the adjuvanticity of polysaccharide derivative-modified liposome vaccines

    Yuba E.

    Journal of Controlled Release   362   767 - 776   2022年10月( ISSN:01683659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jconrel.2022.10.016

    PubMed

  • Reversible chain transfer catalyzed polymerization in miniemulsion systems with tetraiodomethane as a catalyst

    Kitayama Y.

    Polymer Chemistry   13 ( 44 )   6179 - 6186   2022年09月( ISSN:17599954

     詳細を見る

  • Programed Thermoresponsive Polymers with Cleavage-Induced Phase Transition 査読

    Yukiya Kitayama, Yasumichi Yazaki, Junya Emoto, Eiji Yuba, Atsushi Harada

    Molecules   27 ( 18 )   6082   2022年09月

     詳細を見る

  • Thermoresponsiveness of Carboxylated Polyallylamines Induced by Divalent Counterions as Ionic Effectors

    Junya Emoto, Yukiya Kitayama, Atsushi Harada

    Macromolecules   2022年07月( ISSN:0024-9297

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.2c00795

  • Systematic study on fabrication of hollow poly(vinyl cinnamate) particles by particulate interfacial photocrosslinking: Special Issue: Emerging Investigators

    Kitayama Y.

    Aggregate   3 ( 6 )   2022年06月( ISSN:2692-4560

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/agt2.251

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/agt2.251

  • Carboxy-functionalized pH responsive capsule polymer particles fabricated by particulate interfacial photocrosslinking.

    Kitayama Y, Harada A

    Journal of materials chemistry. B   10 ( 37 )   7570 - 7580   2022年03月( ISSN:2050-750X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d1tb02866a

    PubMed

  • Interfacial photocrosslinking of polymer particles possessing nucleobase photoreactive groups for hollow/capsule polymer fabrication

    Yukiya Kitayama, Akali Dosaka, Atsushi Harada

    Polymer Chemistry   13 ( 6 )   748 - 758   2022年01月( ISSN:1759-9954

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Herein, polystyrene-based particles possessing nucleobases in polymer side chains were prepared and nucleobase groups were applied to the interfacial photocrosslinking as photoreactive groups for the first time for fabricating hollow/capsule particles.

    DOI: 10.1039/d1py01438b

  • Interfacial Photocrosslinking of Polymer Particles Possessing Nucleobase Photoreactive Groups for Hollow/Capsule Fabrication 査読

    Yukiya Kitayama, Akali Dosaka, Atsushi Harada

    Polymer Chemistry 雑誌   in press   2022年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • pH-Sensitive branched β-glucan-modified liposomes for activation of antigen presenting cells and induction of antitumor immunity 査読

    Shin Yanagihara, Nozomi Kasho, Koichi Sasaki, Naoto Shironaka, Yukiya Kitayama, Eiji Yuba, Atsushi Harada

    Journal of Materials Chemistry B 雑誌   9 ( 37 )   7713 - 7724   2021年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • pH-Sensitive branched β-glucan-modified liposomes for activation of antigen presenting cells and induction of antitumor immunity.

    Yanagihara S, Kasho N, Sasaki K, Shironaka N, Kitayama Y, Yuba E, Harada A

    Journal of materials chemistry. B   9 ( 37 )   7713 - 7724   2021年09月( ISSN:2050-750X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/d1tb00786f

    PubMed

  • Multifunctional Traceable Liposomes with Temperature-Triggered Drug Release and Neovasculature-Targeting Properties for Improved Cancer Chemotherapy.

    Yuba E, Takashima M, Hayashi T, Kokuryo D, Aoki I, Harada A, Aoshima S, Krishnan UM, Kono K

    Molecular pharmaceutics   18 ( 9 )   3342 - 3351   2021年09月( ISSN:1543-8384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.molpharmaceut.1c00263

    PubMed

  • pH-Responsive Capsule Polymer Particles Prepared by Interfacial Photo-Cross-Linking: Effect of the Alkyl Chain Length of the pH-Responsive Monomer.

    Kitayama Y, Harada A

    ACS applied materials & interfaces   13 ( 29 )   34973 - 34983   2021年07月( ISSN:1944-8244

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsami.1c09203

    PubMed

  • pH-Responsive Capsule Polymer Particles Prepared by Interfacial Photo-Cross-Linking: Effect of the Alkyl Chain Length of the pH-Responsive Monomer 査読

    Yukiya Kitayama, Atsushi Harada

    ACS Applied Materials & Interfaces 雑誌   13 ( 29 )   34973 - 34983   2021年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Fabrication of gold nanohybrids modified with antibody and functional dendrimers for targeted photothermal theranostics

    Herlan Setiawan, Eiji Yuba, Atsushi Harada, Ichio Aoki, Kenji Kono

    Nano Select   2 ( 4 )   779 - 790   2021年04月( ISSN:2688-4011

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/nano.202000218

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/nano.202000218

  • Hydrophilic Hyperbranched Polymer-Coated siRNA/Polyamidoamine Dendron-Bearing Lipid Complexes Preparation for High Colloidal Stability and Efficient RNAi.

    Yuba E, Korenaga T, Harada A

    Bioconjugate chemistry   32 ( 3 )   563 - 571   2021年03月( ISSN:1043-1802

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.bioconjchem.1c00035

    PubMed

  • Interfacial Photo-Cross-Linking: Simple but Powerful Approach for Fabricating Capsule Polymer Particles with Tunable pH-Responsive Controlled Release Capability.

    Kitayama Y, Harada A

    ACS applied materials & interfaces   13 ( 8 )   10359 - 10375   2021年03月( ISSN:1944-8244

     詳細を見る

  • Hydrophilic hyperbranched polymer-coated siRNA/polyamidoamine dendron-bearing lipid complexes preparation for high colloidal stability and efficient RNAi 査読

    E. Yuba, T. Korenaga, A. Harada

    Bioconjug. Chem. 雑誌   32 ( 3 )   563 - 571   2021年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Hydrophilic hyperbranched polymer-coated siRNA/polyamidoamine dendron-bearing lipid complexes preparation for high colloidal stability and efficient RNAi 査読

    E. Yuba, T. Korenaga, A. Harada

    Bioconjug. Chem. 雑誌   32 ( 3 )   563 - 571   2021年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Interfacial photo-cross-linking: simple but powerful approach for fabricating capsule polymer particles with tunable pH-responsive controlled release capability 査読

    Y. Kitayama, H. Harada

    ACS Appl. Mater. Interface 雑誌   13 ( 8 )   10359 - 10375   2021年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Interfacial photo-cross-linking: simple but powerful approach for fabricating capsule polymer particles with tunable pH-responsive controlled release capability 査読

    Y. Kitayama, H. Harada

    ACS Appl. Mater. Interface 雑誌   13 ( 8 )   10359 - 10375   2021年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Development of Mannose-Modified Carboxylated Curdlan-Coated Liposomes for Antigen Presenting Cell Targeted Antigen Delivery.

    Yuba E, Fukaya Y, Yanagihara S, Kasho N, Harada A

    Pharmaceutics   12 ( 8 )   754 - 754   2020年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/pharmaceutics12080754

    PubMed

  • Development of mannose-modified carboxylated curdlan-coated liposomes for antigen presenting cell targeted antigen delivery 査読

    E. Yuba, Y. Fukaya, S. Yanagihara, N. Kasho, A. Harada

    Pharmaceutics 雑誌   12   2020年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Comparison of In Vitro Performances of Nanorod and Nanofiber Polyplexes Prepared from Plasmid DNA and Poly(L-lysine) Terminally Bearing Multi-Arm PEG 査読

    R. Aono, K. Nomura, E. Yuba, A. Harada

    ACS Symposium Series   1350   13 - 21   2020年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Preparation of photothermal-chemotherapy nanohybrids by complexation of gold nanorods with polyamidoamine dendrimers having poly(ethylene glycol) and hydrophobic chains. 査読

    Hashimoto T, Yuba E, Harada A, Kono K

    Journal of materials chemistry. B   8 ( 14 )   2826 - 2833   2020年04月( ISSN:2050-750X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/c9tb02163a

    PubMed

  • Temperature-Responsive Molecular Assemblies Using Oligo(Ethylene Glycol)-Attached Polyamidoamine Dendron Lipids and their Functions as Drug Carriers. 査読

    Hashimoto T, Hirai Y, Yuba E, Harada A, Kono K

    Journal of functional biomaterials   11 ( 1 )   2020年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/jfb11010016

    PubMed

  • Light-Activatable Transfection System Using Hybrid Vectors Composed of Thermosensitive Dendron Lipids and Gold Nanorods. 査読

    Hashimoto T, Hirata T, Yuba E, Harada A, Kono K

    Pharmaceutics   12 ( 3 )   2020年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/pharmaceutics12030239

    PubMed

  • Photothermal-chemotherapy nanohybrid preparation by complexation of gold nanorods with polyamidoamine dendrimers having poly(ethylene glycol) and hydrophobic chains 査読

    T. Hashimoto, E. Yuba, A. Harada, K. Kono

    J. Mater. Chem. B 雑誌   8   2826 - 2833   2020年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Preparation of photothermal-chemotherapy nanohybrids by complexation of gold nanorods with polyamidoamine dendrimers having poly(ethylene glycol) and hydrophobic chains 査読

    T. Hashimoto, E. Yuba, A. Harada, K. Kono

    J. Mater. Chem. B 雑誌   8 ( 14 )   2826 - 2833   2020年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Preparation of photothermal-chemotherapy nanohybrids by complexation of gold nanorods with polyamidoamine dendrimers having poly(ethylene glycol) and hydrophobic chains 査読

    T. Hashimoto, E. Yuba, A. Harada, K. Kono

    J. Mater. Chem. B 雑誌   8 ( 14 )   2826 - 2833   2020年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Temperature-responsive molecular assemblies using oligo(ethylene glycol)-attached polyamidoamine dendron lipids and their functions as drug carriers 査読

    T. Hashimoto, Y. Hirai, E. Yuba, A. Harada, K. Kono

    J. Funct. Biomater. 雑誌   11   2020年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Light-activatable transfection system using hybrid vectors composed of thermosensitive dendron lipids and gold nanorods 査読

    T. Hashimoto, T. Hirata, E. Yuba, A. Harada, K. Kono

    Pharmaceutics 雑誌   12   2020年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Comparison of in Vitro Performances of Nanorod and Nanofiber Polyplexes Prepared from Plasmid DNA and Poly(L-lysine) Terminally Bearing Multi-Arm PEG

    Ryuta Aono, Kenta Nomura, Eiji Yuba, Atsushi Harada

    ACS Symposium Series   1350   13 - 21   2020年( ISSN:0097-6156

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    Poly(L-lysine)-bearing multi-arm poly(ethylene glycol) terminary (maPEG-PLL) can form nanorod and nanofiber polyplexes with plasmid DNA (pDNA) depending on the size (exclusion volume) of maPEG. Nanorod and nanofiber polyplexes were prepared using maPEG-PLL bearing different maPEG sizes. Gene expression of nanofiber and nanorod polyplexes was comparable, although the cellular uptake of nanofiber polyplexes was less than that of nanorod polyplexes. This suggests that there is a difference in cellular activities after polyplex enters the cell. The release of pDNA from polyplexes through the exchange with heparin occurred more easily in nanorod polyplexes than it did in nanofiber polyplexes. However, it was confirmed by real-time PCR measurements that pDNA molecules in nanofiber polyplexes exhibit high reactivity with polymerase compared with that in nanorod polyplexes. Further, higher reactivity of pDNA with polymerase in nanofiber polyplexes was maintained even in the presence of crowding cosolutes including Ficoll and dextran. This suggests that pDNA in nanofiber polyplex might reflect a higher efficiency of transcription process in the cell compared with pDNA in nanorod polyplex. These results provide valuable information in the design of nonviral gene vectors using cationic polymers.

    DOI: 10.1021/bk-2020-1350.ch002

  • Development of pH-Responsive Hyaluronic Acid-Based Antigen Carriers for Induction of Antigen-Specific Cellular Immune Responses.

    Miyazaki M, Yuba E, Hayashi H, Harada A, Kono K

    ACS biomaterials science & engineering   5 ( 11 )   5790 - 5797   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acsbiomaterials.9b01278

    PubMed

  • Gene Expression of Aspect Ratio-Controlled Polyplexes Based on the Effect of Multi-Arm Poly(ethylene glycol).

    Harada A, Nomura K, Yuba E, Kono K

    ACS biomaterials science & engineering   5 ( 11 )   5681 - 5687   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acsbiomaterials.8b01498

    PubMed

  • Development of pH-responsive hyaluronic acid-based antigen carriers for induction of antigen-specific cellular immune responses 査読

    M. Miyazaki, E. Yuba, H. Hayashi, A. Harada, K. Kono

    ACS Biomaterials Science & Engineering 雑誌   5 ( 11 )   5790 - 5797   2019年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Sustained expression of HeyL is critical for the proliferation of muscle stem cells in overloaded muscle

    Fukuda S.

    eLife   8   2019年09月

     詳細を見る

  • Chondroitin Sulfate-Based pH-Sensitive Polymer-Modified Liposomes for Intracellular Antigen Delivery and Induction of Cancer Immunity. 査読

    Okubo M, Miyazaki M, Yuba E, Harada A

    Bioconjugate chemistry   30 ( 5 )   1518 - 1529   2019年05月( ISSN:1043-1802

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.bioconjchem.9b00221

    PubMed

  • Sonodynamic therapeutic effects of sonosensitizers with different intracellular distribution delivered by hollow nanocapsules exhibiting cytosol specific release 査読

    R. Teranishi, T. Matsuda, E. Yuba, K. Kono, A. Harada

    Macromolecular Bioscience 雑誌   19 ( 4 )   2019年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Chondroitin sulfate-based pH-sensitive polymer-modified liposomes for intracellular antigen delivery and induction of cancer immunity 査読

    M. Okubo, M. Miyazaki, E. Yuba, A. Harada

    Bioconjugate Chemistry 雑誌   30 ( 5 )   1518 - 1529   2019年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Emerging paradigms in nanotechnology for imaging and treatment of cerebral ischemia 査読

    S. Kaviarasi, E. Yuba, A. Harada, U. M. Krishnan

    J. Control. Release 雑誌   300 ( 1 )   22 - 45   2019年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Sonodynamic Therapeutic Effects of Sonosensitizers with Different Intracellular Distribution Delivered by Hollow Nanocapsules Exhibiting Cytosol Specific Release. 査読

    Teranishi R, Matsuda T, Yuba E, Kono K, Harada A

    Macromolecular bioscience   19 ( 4 )   e1800365   2019年04月( ISSN:1616-5187

     詳細を見る

  • Synthesis, characterization, and biomedical applications of an alkylated quercetin–gadolinium complex 査読

    S. Kaviarasi, K. S. S. Devi, P. Vinoth, V. Sridharan, E. Yuba, A. Harada, U. M. Krishnan

    ACS Biomaterials Science & Engineering 雑誌   5 ( 3 )   1215 - 1227   2019年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Gene expression of aspect ratio-controlled polyplexes based on the effect of multi-arm poly(ethylene glycol) 査読

    A. Harada, K. Nomura, E. Yuba, K. Kono

    ACS Biomaterials Science & Engineering 雑誌   5 ( 11 )   5681 - 5687   2019年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis, Characterization, and Biomedical Applications of an Alkylated Quercetin-Gadolinium Complex 査読

    Kayiarasi Sathyasivam, Devi K, S. Shalini, Vinoth Perumal, Sridharan Vellaisamy, Yuba Eiji, Harada Atsushi, Krishnan Uma Maheswari

    ACS BIOMATERIALS SCIENCE & ENGINEERING   5 ( 3 )   1215 - 1227   2019年03月( ISSN:2373-9878

  • Highly Ordered Polypeptide with UCST Phase Separation Behavior.

    Kuroyanagi S, Shimada N, Fujii S, Furuta T, Harada A, Sakurai K, Maruyama A

    Journal of the American Chemical Society   141 ( 3 )   1261 - 1268   2019年01月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

  • Highly ordered polypeptide with UCST phase-separation behavior 査読

    S. Kuroyanagi, N. Shimada, S. Fujii, T. Furuta, A. Harada, K. Sakurai, A. Maruyama

    Journal of the American Chemical Society 雑誌   141 ( 3 )   1261 - 1268   2019年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • TiO2ナノ粒子内包ポリイオンコンプレックスミセルによる疎水性プロドラッグの可溶化と超音波照射効果 査読

    山本聡, 古川和樹, 小野雅文, 弓場英司, 原田敦史, 河野健司

    高分子論文集 雑誌   75   42 - 47   2018年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Hyaluronic acid-based pH-sensitive polymer-modified liposomes for cell-specific intracellular drug delivery systems 査読

    M. Miyazaki, E. Yuba, H. Hayashi, A. Harada, K. Kono

    Bioconjugate Chem. 雑誌   29   2018年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Bleomycin-loaded pH-sensitive polymer-lipid-incorporated liposomes for cancer chemotherapy 査読

    E. Yuba, T. Osaki, M. Ono, S. Park, A. Harada, M. Yamashita, K. Azuma, T. Tsuka, N. Ito, T. Imagawa, Y. Okamoto

    Polymer 雑誌   10   2018年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • In vitro sonodynamic therapeutic effect of polyion complex micelles incorporating titanium dioxide nanoparticles 査読

    S. Yamamoto, M. Ono, E. Yuba, A. Harada

    Nanomaterials 雑誌   7   2017年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 93. Ultrasound-dependent cytoplasmic internalization of a peptide-sonosensitizer conjugate 査読

    Y. Inaba, K. Watanabe, M. Kitamatsu, E. Nakata, A. Harada, T. Ohtsuki

    Bioorganic & Medicinal Chemistry 雑誌   25   4212 - 4217   2017年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Development of pH-sensitive dextran derivatives with strong adjuvant function and their application to antigen delivery 査読

    E. Yuba, S. Uesugi, M. Miyazaki, Y. Kado, A. Harada, K. Kono

    Membranes 雑誌   7   2017年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • pH-sensitive polymer-modified liposome-based immunity-inducing system: effects of inclusion of cationic lipid and CpG-DNA 査読

    Y. Yoshizaki, E. Yuba, N. Sakaguchi, K. Koiwai, A. Harada, K. Kono

    Biomaterials 雑誌 Elsevier B.V.   141   272 - 283   2017年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effect of the side chain spacer structure on the pH-responsive properties of polycarboxylates 査読

    A. Harada, R. Teranishi, E. Yuba, K. Kono

    Journal of Biomaterials Science: Polymer Edition, 雑誌 Taylor & Francis online   28   1028 - 1035   2017年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Potentiation of cancer immunity-inducing effect by pH-sensitive polysaccharide-modified liposomes with combination of TGF-β type I receptor inhibitor-embedded liposomes 査読

    E. Yuba, S. Uesugi, Y. Yoshizaki, A. Harada, K. Kono

    Med. Res. Arch. 雑誌 KEI Journals   5 ( 5 )   2017年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Preparation of dual-stimuli-responsive liposomes using methacrylate-based copolymers with pH and temperature sensitivities for precisely controlled release 査読

    T.Sugimoto, N. Yamazaki, T. Hayashi, E. Yuba, A. Harada, A. Kotaka, C. Shinde, T. Kumei, Y. Sumida, M. Fukushima, Y. Munekata, K. Maruyama, K. Kono

    Colloids and Surfaces B: Biointerfaces 雑誌 Elsevier B.V.   155   449 - 458   2017年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Bioactive polysaccharide-based pH-sensitive polymers for cytoplasmic delivery of antigen and activation of antigen-specific immunity 査読

    E. Yuba, A. Yamaguchi, Y. Yoshizaki, A. Harada, K. Kono

    Biomaterials 雑誌 Elsevier B.V.   120   32 - 45   2016年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Doxorubicin delivery using pH and redox dual-responsive hollow nanocapsules with a cationic electrostatic barrier 査読

    R. Teranishi, R. Matsuki, E. Yuba, A. Harada, K. Kono

    Pharmaceutics 雑誌 MDPI   9 ( 1 )   2016年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Improvement of peptide-based tumor immunotherapy using pH-sensitive fusogenic polymer-modified liposomes 査読

    Y. Yoshizaki, E. Yuba, T. Komatsu, K. Udaka, A. Harada, K. Kono

    Molecules 雑誌 MDPI   21 ( 10 )   2016年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • An oncofetal antigen, IMP-3-derived long peptides induce immune responses of both helper T cells and CTLs 査読

    M. Hirayama, Y. Tomita, A. Yuno, H. Tsukamoto, S. Senju, Y. Imamura, M. A. Sayem, A. Irie, Y. Yoshitake, D. Fukuma, M. Shinohara, A. Hamada, H. Jono, E. Yuba, K. Kono, K. Yoshida, T. Tsunoda, H. Nakayama, Y. Nishimura

    OncoImmunology 雑誌 Taylor & Francis online   5   2016年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Multifunctional liposomes having target specificity, temperature-triggered release, and near-infrared fluorescence imaging for tumor-specific chemotherapy 査読

    K. Kono, M. Takashima, E. Yuba, A. Harada, Y. Hiramatsu, H. Kitagawa, T. Otani, K. Maruyama, S. Aoshima

    J. Control. Release 雑誌 Elsevier B.V.   216   67 - 77   2015年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • pH-Sensitive polymer-liposome-based antigen delivery systems potentiated with interferon-γ gene lipoplex for efficient cancer immunotherapy 査読

    E. Yuba, Y. Kanda, Y. Yoshizaki, R. Teranishi, A. Harada, K. Sugiura, T. Izawa, J. Yamate, N. Sakaguchi, K. Koiwai, K. Kono

    Biomaterials 雑誌 Elsevier B.V.   67   214 - 224   2015年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Gene expression of ternary complexes through the compaction of nanofiber-polyplexes by mixing with Lipofectamine 査読

    R. Aono, K. Nomura, E. Yuba, A. Harada, K. Kono

    Biomaterials Science 雑誌 RSC publishing   3   764 - 770   2015年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • PAMAM dendron lipid assemblies that undergo structural transition in response to weakly acidic pH and their cytoplasmic delivery capability 査読

    T. Doura, M. Yamada, R. Teranishi, Y. Yamamoto, T. Sugimoto, E. Yuba, A. Harada, K. Kono

    Langmuir 雑誌 ACS publication   31 ( 18 )   5105 - 5114   2015年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Facile construction of well-defined fullerene-dendrimer supramolecular nanocomposites for bioapplications 査読

    X. Li, Y. Watanabe, E. Yuba, A. Harada, T. Haino, K. Kono

    Chem. Commun. 雑誌 RSC publishing   51   2851 - 2854   2015年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Dually functionalized dendrimers by temperature-sensitive surface modification and gold nanoparticle loading for biomedical application 査読

    K. Kono, K. Takeda, X. Li, E. Yuba, A. Harada, T. Ozaki, S. Mori

    RSC Adv. 雑誌 RSC publishing   4   27811 - 27819   2014年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis of oligoethylene glycol-modified hyperbranched polyglycidols for dual sensitization of liposomes to pH and temperature 査読

    K. Kono, T. Kaiden, E. Yuba, Y. Sakanishi, A. Harada

    J. Taiwan Institute of Chemical Engineers 雑誌 Elsevier B.V.   45   3054 - 3061   2014年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cationic polymers with inhibition ability of DNA condensation elevate gene expression 査読

    A. Harada, Y. Kimura, K. Kono

    ChemBioChem 雑誌   11 ( 14 )   1985 - 1988   2010年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effective tolerance to serum proteins of head-tail type polycation vectors by PEGylation at the periphery of the head block 査読

    A. Harada, Y. Kimura, C. Kojima, K. Kono

    Biomacromolecules 雑誌   11 ( 4 )   1036 - 1042   2010年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Spontaneous formation of narrowly-distributed self-assembly from polyamidoamine dendron-poly(L-lysine) block copolymers through helix-coil transition of poly(L-lysine) block 査読

    A. Harada. K. Nakanishi, S. Ichimura, C. Kojima, K. Kono

    Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry 雑誌   47 ( 4 )   1217 - 1223   2009年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 金属ナノ粒子の合成・設計・制御と応用技術 : 種々の合成法、サイズ・形状の制御と評価、分散・配合技術、応用展開

    米澤 徹、有村 英俊、中村 貴宏、中川 政俊、安田 啓司、熊木 大介、横山 俊、時任 静士、宮川 雅矢、武田 真一、田中 秀樹、永田 達己、浜本 真央、大洞 康嗣、柳生 裕聖、 棚橋 一郎、小川 智之、?橋 幸奈、清長 友和、新森 英之、森 康貴、須川 晃資、 蟹江 澄志、金子 真大、塩見 昌平、井藤 彰、徳永 智春、孫 術益、北山 雄己哉、板垣 賢広、原田 敦史、椎木 弘、バラチャンドラン ジャヤデワン、松井 響平、森 崇充、田邉 壮、和田 仁、山本 陽二郎( 担当: 共著)

    サイエンス&テクノロジー  2022年12月  ( ISBN:9784864282482

     詳細を見る

    総ページ数:533 p, 図版 [25] p  

MISC(その他記事)

  • 【バイオマテリアル解析の基礎】高分子ナノ組織体の物理化学的特性解析

    原田 敦史

    バイオマテリアル-生体材料-   40 ( 1 )   44 - 47   2022年01月( ISSN:1347-7080

     詳細を見る

    ドラッグデリバリーシステムとしての利用を目的として、高分子鎖が自己組織化することによって形成される高分子ナノ組織体(高分子ミセルやポリマーソーム)の開発されている。有用なDDS開発においては、in vitroやin vivoでの機能評価だけでなく高分子ナノ組織体の物理化学的特性解析が重要である。本稿では、形態観察、動的光散乱測定による粒径評価、蛍光プローブを利用した特性解析について概説する。(著者抄録)

講演・口頭発表等

  • Fabrication of pH-Responsive Capsules by Interfacial Photocrosslinking of Polymer Particles 国際会議

    Yukiya Kitayama, Akali Dosaka, Atsushi Harada

    MRM2023 / IUMRS-ICA2023  2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Preparation of Hollow Polyester Particles by Particulate Interfacial Photocrosslinking 国際会議

    Moeka OGAWA, Yukiya KITAYAMA, Eiji YUBA, Nobukazu TANIGUCHI, Atsushi HARADA

    MRM2023 / IUMRS-ICA2023  2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Preparation of TiO2 Nanoparticles Grafted with Biocompatible Polymers Synthesized with Phosphonic Acid-Functionalized RAFT Agents for Sonodynamic Therapy 国際会議

    A. Katayama, Z. Shao, Y. Kitayama, E. Yuba, A. Harada

    MRM2023 / IUMRS-ICA2023  2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 超音波力学療法への応用に向けた生体適合性ブロック共重合体修飾TiO2 ナノ粒子の作製

    井上梓,片山葵,北山雄己哉,弓場英司,原田敦史

    第45回日本バイオマテリアル学会大会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 細胞内弱酸性pHにて荷電反転するデンドロン脂質の合成と機能評価 国内会議

    橋本果歩、北山雄己哉、弓場英司、原田敦史

    第45回日本バイオマテリアル学会大会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ドラッグデリバリーシステムキャリアへの応用を指向した環境応答型自己分解能を有するアニオン化トリプシンの調製と機能評価 国内会議

    弓山玲未,北山雄己哉,弓場英司,原田敦史

    第45回日本バイオマテリアル学会大会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • プロテインコロナ形成を蛍光情報として発信可能なリガンド界面高分子ナノゲルの開発 国内会議

    吉松依里佳,北山雄己哉,弓場英司,原田敦史

    第45回日本バイオマテリアル学会大会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 機能性高分子を利用した金属ナノ粒子の分散安定性制御と回収技術 招待 国内会議

    原田敦史

    ナノマテリアルジョイントミーティング2023  2023年11月  京都先端技術研究会、京都市産業技術研究所

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都  

  • ブロックコポリマーによる後天的機能化が可能なコアシェルナノゲルの創出とDDS応用 国内会議

    北山 雄己哉・瀧川 俊輔・弓場 英司・原田 敦史

    第72回高分子討論会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 弱酸性環境で荷電反転するポリカルボン酸被覆三元複合体の調製 国内会議

    古田萌、北山雄己哉、弓場英司、原田敦史

    遺伝子・デリバリー研究会 第22 回シンポジウム  2023年09月 

  • 血中アルブミン由来プロテインコロナ形成を蛍光情報として発信可能なリガンド界 面高分子ナノゲルの開発

    吉松依里佳、北山雄己哉、弓場英司、原田敦史

    遺伝子・デリバリー研究会 第22 回シンポジウム  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 弱酸性pHで荷電が反転するポリカルボン酸被覆TiO?ナノ粒子内包三元複合体の調製

    古田 萌,北山 雄己哉,弓場 英司,原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会関西ブロック第18回若手研究発表会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Fabrication of Stimuli Responsive Capsules Utilizing Interfacial Photocrosslinking of Polymer Particles 国際会議

    Yukiya Kitayama,Akari Dosaka,Moeka Ogawa,Eiji Yuba,Atsushi Harada

    IPC2023  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Novel Type of Thermoresponsive Polymers Induced by Multivalent Metal Ionic Effectors 国際会議

    Junya Emoto,Yukiya Kitayama,Eiji Yuba,Atsushi Harada

    IPC2023  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Miniemulsion Reversible Chain Transfer Catalyzed Polymerization with Carbon Catalysts 国際会議

    Masaya Sadakane,Yukiya Kitayama,Eiji Yuba,Atsushi Harada

    IPC2023  2023年07月 

  • 環境応答型自己分解能を有するアニオン化トリプシンの調製と機能評価 国内会議

    弓山玲未・北山雄己哉・弓場英司・原田敦史

    第69回高分子研究発表会 (神戸)  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 抗がん剤デリバリーを指向した Poly(N-isopropylacrylamide-co-2-carboxyisopropylacrylamide) ゲル微粒 子の合成 国内会議

    田島義基・北山雄己哉・弓場英司・原田敦史

    第69回高分子研究発表会 (神戸)  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • プロテインコロナ形成を蛍光情報として発信可能な高分子ナノゲルの作製 国内会議

    吉松依里佳・北山雄己哉・弓場英司・原田敦史

    第69回高分子研究発表会 (神戸)  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • CI4を触媒とするミニエマルション系での可逆的連鎖移動触媒重合 国内会議

    貞包将弥・北山雄己哉・弓場英司・原田敦史

    第100回 高分子若手研究会[関西]  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 微粒子界面における光二量化反応を利用した 温度・pH応答性高分子カプセルの作製 国内会議

    芝向日葵,北山雄己哉,弓場英司,原田敦史

    第61回日本接着学会年次大会  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 界面選択的光反応を利用した機能性高分子カプセルの調製 国内会議

    北山 雄己哉,堂阪 あかり,Oraya Kullawong,弓場 英司,原田 敦史

    日本接着学会 若手交流シンポジウム2023  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 微粒子界面光架橋反応を利用したポリエステル中空粒子の作製 国内会議

    小川萌香,北山雄己哉,弓場英司,原田敦史

    第61回日本接着学会年次大会  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 界面光架橋反応を利用した温度・pH応答性高分子カプセルの作製 国内会議

    芝 向日葵,北山 雄己哉,弓場 英司,原田 敦史

    日本接着学会 若手交流シンポジウム2023  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高分子微粒子界面における光反応を用いた主鎖分解性中空粒子の作製 国内会議

    小川 萌香,北山 雄己哉,弓場 英司,谷口 暢一,原田 敦史

    日本接着学会 若手交流シンポジウム2023  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 刺激応答性を発現するカルボキシ化ポリアリルアミ ンへの PEG グラフト鎖導入効果 国内会議

    江本 隼也 ・北山 雄己 哉・弓場 英司・原田 敦史

    第72回高分子年次大会  2023年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 荷電反転特性を有するポリカルボン酸で被覆した TiO2 ナノ粒 子内包三元複合体の調製調製 国内会議

    古田 萌・江本 隼也・北山 雄己哉・弓場 英司・原田 敦史

    第72回高分子年次大会  2023年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 超音波力学療法のための生体適合性高分子修飾 TiO2 ナノ 粒子の調製 国内会議

    井上 梓・片山 葵・北山 雄己哉・弓場 英司・原田 敦史

    第72回高分子年次大会  2023年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • PICミセル形成を利用した多価アニオンコアナノ粒子の構築 国内会議

    柳田 浩毅・北山 雄己哉・弓場 英司・原田 敦史

    第72回高分子年次大会  2023年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ミニエマルション系における炭素触媒を利用した可逆的連鎖 移動触媒重合 国内会議

    貞包 将弥・北山 雄己哉・弓場 英司・原田 敦史

    第72回高分子年次大会  2023年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 細胞内弱酸性pHにおいて荷電反転するデンドロン脂質の合成と機能評価 国内会議

    橋本果歩, 北山雄己哉, 弓場英司, 原田敦史

    日本バイオマテリアル学会関西ブロック 第17回若手研究発表会  2023年03月 

  • 微粒子界面における核酸塩基光二量化反応を利用した機能性カプセル粒子の調製 国内会議

    北山雄己哉, 堂坂あかり, 原田敦史

    第32回日本MRS年次大会  2022年12月 

  • DDS応用を志向した階層構造を有する高分子ナノゲルの合成 国内会議

    瀧川俊輔, 北山雄己哉, 弓場英司, 原田敦史

    第32回日本MRS年次大会  2022年12月 

  • 微粒子界面における光反応を利用したポリエステル中空粒子の作製 国内会議

    小川 萌香, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 谷口 暢一, 原田 敦史

    第18回日本接着学会関西支部 若手の会  2022年11月 

  • 糖に結合してTurn-on型蛍光を示す機能性高分子の合成 国内会議

    後藤佑斗, 北山雄己哉, 弓場英司, 原田敦史

    第44回日本バイオマテリアル学会年次大会  2022年11月 

  • 糖に結合してTurn-on型蛍光を示す機能性高分子の合成

    後藤 佑斗, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2022年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 糖に結合してTurn-on型蛍光を示す機能性高分子の合成

    後藤 佑斗, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2022年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 糖に結合してTurn-on型蛍光を示す機能性高分子の合成

    後藤 佑斗, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2022年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 微粒子界面における核酸塩基光架橋反応に着目した高分子カプセルの調製 国内会議

    北山 雄己哉, 堂阪 あかり, 弓場 英司, 原田 敦史

    第73回コロイドおよび界面化学討論会  2022年09月 

  • 微粒子界面光架橋反応を利用したポリエステルを主鎖に有する中空粒子の作製 国内会議

    小川 萌香, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 谷口 暢一, 原田 敦史

    第73回コロイドおよび界面化学討論会  2022年09月 

  • カルボキシ化ポリアリルアミンの多価金属イオンエフェクター誘導型温度応答特性 国内会議

    江本 隼也, 北山 雄己哉, 弓場英司, 原田 敦史

    第71回高分子討論会  2022年09月 

  • 微粒子界面における核酸塩基光二量化反応を利用した機能性カプセル粒子合成 国内会議

    北山 雄己哉, 堂阪 あかり, 原田 敦史

    第71回高分子討論会  2022年09月 

  • カルボキシ化ポリアリルアミンの温度応答性評価と機能性材料への展開 国内会議

    江本隼也, 北山雄己哉, 弓場英司, 原田敦史

    第51回医用高分子シンポジウム  2022年07月 

  • 微粒子界面光反応を利用したpH 応答性高分子カプセルの調製 国内会議

    北山雄己哉, 原田敦史

    第51回医用高分子シンポジウム  2022年07月 

  • 糖に応答してTurn-on型蛍光を示す機能性高分子の合成 国内会議

    後藤佑斗, 北山雄己哉, 弓場英司, 原田敦史

    第68回高分子研究発表会(神戸)  2022年07月 

  • 超音波力学療法応用を指向した生体適合性高分子修飾TiO2ナノ粒子の作製 国内会議

    片山葵, 江本隼也, 北山雄己哉, 弓場英司, 原田敦史

    第68回高分子研究発表会(神戸)  2022年07月 

  • CI4を触媒とするミニエマルション可逆的連鎖移動触媒重合 国内会議

    貞包将弥, 北山雄己哉, 弓場英司, 原田敦史

    第98回高分子若手研究会[関西]  2022年07月 

  • 微粒子界面光架橋反応を利用した主鎖にポリエステルを有する中空粒子の作製 国内会議

    小川萌香, 北山雄己哉, 弓場英司, 原田敦史

    第60回日本接着学会年次大会  2022年06月 

  • 微粒子界面光反応を基盤とした機能性カプセル創製技術の確立 国内会議

    北山雄己哉

    第71回高分子学会年次大会  2022年05月 

  • 炭素触媒を利用したミニエマルション可逆的連鎖移動触 国内会議

    貞包 将弥, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    第71回高分子学会年次大会  2022年05月 

  • 水系分散重合による階層構造を有する高分子ナノゲルの合成 国内会議

    瀧川 俊輔, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    第71回高分子学会年次大会  2022年05月 

  • 近赤外光とデンドリマー/金ナノロッドハイブリッドの併用による免疫原性細胞死の誘導 国内会議

    城中直人・北山雄己哉・弓場英司・原田敦史

    日本バイオマテリアル学会関西ブロック 第16回若手研究発表会  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 微粒子界面における核酸塩基の光反応を利用した機能性カプセルの調製 国内会議

    堂阪あかり、北山雄己哉、弓場英司、原田敦史

    第17回日本接着学会関西支部 若手の会  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 多価対イオンに誘起されるカルボキシ化ポリアリルアミンの温度応答特性 国内会議

    江本隼也・北山 雄己哉・弓場 英司・原田 敦史

    第31回日本MRS年次大会  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高分子微粒子の界面光架橋反応を利用した刺激応答性カプセルの機能制御 国内会議

    北山 雄己哉・原田 敦史

    第70回高分子討論会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 核酸塩基を有する高分子微粒子への界面光架橋反応によるカプセル粒子合成 国内会議

    堂阪 あかり・北山 雄己哉・ 弓場 英司・原田 敦史

    第70回高分子討論会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 微粒子界面光架橋反応を利用したpH応答性カプセルの創出 国内会議

    北山 雄己哉・原田 敦史

    第72回コロイドおよび界面化学討論会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • pH応答性多糖とカチオン性脂質を複合化したリポソー ムによる抗原提示細胞の活性化とがん免疫誘導 国内会議

    弓場 英司・門 柚奈・加生 希・北山 雄己哉・原田 敦史

    第70回高分子討論会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 超音波力学療法を指向した PEG グラフト鎖導入PEIとTiO2ナノ粒子からなる ポリイオンコンプレックスミセルの調製 国内会議

    萬田 愛真・北山 雄己哉・弓場 英司・原田 敦史

    第67回高分子研究発表会(神戸)  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 親水性高分子を用いた水系分散重合によるナノゲルの温度応答性制御 国内会議

    瀧川 俊輔・北山 雄己哉・弓場 英司・原田 敦史

    第67回高分子研究発表会(神戸)  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • がん光温熱免疫療法への展開を指向したデンドリマー/金ナノロッド ハイブリッドの作製 国内会議

    城中 直人・北山 雄己哉・弓場 英司・原田 敦史

    第96回高分子若手研究会[関西]  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • pH 応答性分岐 β グルカン修飾リポソームによる樹状細胞の活性化と抗腫瘍免疫の誘導 国内会議

    柳原 慎・北山 雄己哉・弓場 英司・原田 敦史

    第37回日本DDS学会学術集会  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • pH応答性分岐βグルカン修飾リポソームによる樹状細胞の活性化と抗腫瘍免疫の誘導

    柳原 慎, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2021年06月  日本DDS学会

  • pH応答性分岐βグルカン修飾リポソームによる樹状細胞の活性化と抗腫瘍免疫の誘導

    柳原 慎, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2021年06月  日本DDS学会

  • pH応答性分岐βグルカン修飾リポソームによる樹状細胞の活性化と抗腫瘍免疫の誘導

    柳原 慎, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2021年06月  日本DDS学会

  • pH応答性分岐βグルカン修飾リポソームによる樹状細胞の活性化と抗腫瘍免疫の誘導

    柳原 慎, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2021年06月  日本DDS学会

  • pH応答性分岐βグルカン修飾リポソームによる樹状細胞の活性化と抗腫瘍免疫の誘導

    柳原 慎, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2021年06月  日本DDS学会

  • ROS 応答性官能基を導入したTiO2 ナノ粒子内包ポリイオ ンコンプレックスミセルの調製 国内会議

    辻 仁麻・北山 雄己哉・弓場 英司・原田 敦史

    第70回高分子学会年次大会  2021年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 対イオン種に誘起されるカルボキシ化ポリアリルアミ ンの温度応答特性 国際会議

    江本 隼也・矢崎 泰道・北山 雄己哉・弓場 英司・原田 敦史

    第70回高分子学会年次大会  2021年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アミン触媒を利用したリビングラジカル重合の水媒体不均一系への適用検討 国内会議

    登倉 大貴・北山 雄己哉・弓場 英司・原田 敦史

    第70回高分子学会年次大会  2021年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • pH応答性多糖修飾リポソームの取り込みメカニズムの解明

    三木 楓美子, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • 光温熱免疫療法のためのデンドリマー-金ナノロッドハイブリッドの作製

    城中 直人, 弓場 英司, 原田 敦史, 北山 雄己哉

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • 光温熱免疫療法のためのデンドリマー-金ナノロッドハイブリッドの作製

    城中 直人, 弓場 英司, 原田 敦史, 北山 雄己哉

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • pH応答性多糖を被覆させたカチオニックリポソームによる抗腫瘍免疫誘導能評価

    加生 希, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • pH応答性多糖修飾リポソームの取り込みメカニズムの解明

    三木 楓美子, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • pH応答性多糖を被覆させたカチオニックリポソームによる抗腫瘍免疫誘導能評価

    加生 希, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • 光温熱免疫療法のためのデンドリマー-金ナノロッドハイブリッドの作製

    城中 直人, 弓場 英司, 原田 敦史, 北山 雄己哉

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • pH応答性多糖修飾リポソームの取り込みメカニズムの解明

    三木 楓美子, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • pH応答性多糖を被覆させたカチオニックリポソームによる抗腫瘍免疫誘導能評価

    加生 希, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • pH応答性多糖修飾リポソームの取り込みメカニズムの解明

    三木 楓美子, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • 光温熱免疫療法のためのデンドリマー-金ナノロッドハイブリッドの作製

    城中 直人, 弓場 英司, 原田 敦史, 北山 雄己哉

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • pH応答性多糖を被覆させたカチオニックリポソームによる抗腫瘍免疫誘導能評価

    加生 希, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • pH応答性多糖を被覆させたカチオニックリポソームによる抗腫瘍免疫誘導能評価

    加生 希, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • 光温熱免疫療法のためのデンドリマー-金ナノロッドハイブリッドの作製

    城中 直人, 弓場 英司, 原田 敦史, 北山 雄己哉

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • pH応答性多糖修飾リポソームの取り込みメカニズムの解明

    三木 楓美子, 北山 雄己哉, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集  2020年08月  日本DDS学会

  • pH応答性カードラン被覆正電荷リポソームによる腫瘍内マクロファージの極性化

    加生 希, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本薬学会年会要旨集  2020年03月  (公社)日本薬学会

  • pH応答性βグルカン修飾リポソームによる抗原特異的免疫の誘導と抗腫瘍効果

    柳原 慎, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本薬学会年会要旨集  2020年03月  (公社)日本薬学会

  • pH応答性βグルカン修飾リポソームによる抗原特異的免疫の誘導と抗腫瘍効果

    柳原 慎, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本薬学会年会要旨集  2020年03月  (公社)日本薬学会

  • pH応答性カードラン被覆正電荷リポソームによる腫瘍内マクロファージの極性化

    加生 希, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本薬学会年会要旨集  2020年03月  (公社)日本薬学会

  • pH応答性カードラン被覆正電荷リポソームによる腫瘍内マクロファージの極性化

    加生 希, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本薬学会年会要旨集  2020年03月  (公社)日本薬学会

  • pH応答性βグルカン修飾リポソームによる抗原特異的免疫の誘導と抗腫瘍効果

    柳原 慎, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本薬学会年会要旨集  2020年03月  (公社)日本薬学会

  • pH応答性βグルカン修飾リポソームによる抗原特異的免疫の誘導と抗腫瘍効果

    柳原 慎, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本薬学会年会要旨集  2020年03月  (公社)日本薬学会

  • pH応答性カードラン被覆正電荷リポソームによる腫瘍内マクロファージの極性化

    加生 希, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本薬学会年会要旨集  2020年03月  (公社)日本薬学会

  • pH応答性カードラン被覆正電荷リポソームによる腫瘍内マクロファージの極性化

    加生 希, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本薬学会年会要旨集  2020年03月  (公社)日本薬学会

  • pH応答性βグルカン修飾リポソームによる抗原特異的免疫の誘導と抗腫瘍効果

    柳原 慎, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本薬学会年会要旨集  2020年03月  (公社)日本薬学会

  • 表層官能基が異なるTiO2ナノ粒子超音波増感剤のDDS材料としての機能評価

    鈴木 咲和, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 表層官能基が異なるTiO2ナノ粒子超音波増感剤のDDS材料としての機能評価

    鈴木 咲和, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 温度応答性ポリプレックス形態変化に基づく遺伝子発現効率向上

    原田 敦史, 勝圓 由紀子, 弓場 英司

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 多分岐PEGによるアスペクト比を制御されたポリプレックスの安定性評価

    吉川 啓太, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 抗原タンパク質とポリカルボン酸誘導体により被覆されたTiO2ナノ粒子含有ポリイオンコンプレックスの作製

    北川 美咲, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 温度応答性ポリプレックス形態変化に基づく遺伝子発現効率向上

    原田 敦史, 勝圓 由紀子, 弓場 英司

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 表層官能基が異なるTiO2ナノ粒子超音波増感剤のDDS材料としての機能評価

    鈴木 咲和, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 多分岐PEGによるアスペクト比を制御されたポリプレックスの安定性評価

    吉川 啓太, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 抗原タンパク質とポリカルボン酸誘導体により被覆されたTiO2ナノ粒子含有ポリイオンコンプレックスの作製

    北川 美咲, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • pH応答性カードラン被覆正電荷リポソームによるマクロファージ極性化の検討

    加生 希, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • pH応答性カードラン被覆正電荷リポソームによるマクロファージ極性化の検討

    加生 希, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 表層官能基が異なるTiO2ナノ粒子超音波増感剤のDDS材料としての機能評価

    鈴木 咲和, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 温度応答性ポリプレックス形態変化に基づく遺伝子発現効率向上

    原田 敦史, 勝圓 由紀子, 弓場 英司

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 抗原タンパク質とポリカルボン酸誘導体により被覆されたTiO2ナノ粒子含有ポリイオンコンプレックスの作製

    北川 美咲, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 多分岐PEGによるアスペクト比を制御されたポリプレックスの安定性評価

    吉川 啓太, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • pH応答性カードラン被覆正電荷リポソームによるマクロファージ極性化の検討

    加生 希, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 多分岐PEGによるアスペクト比を制御されたポリプレックスの安定性評価

    吉川 啓太, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 抗原タンパク質とポリカルボン酸誘導体により被覆されたTiO2ナノ粒子含有ポリイオンコンプレックスの作製

    北川 美咲, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 温度応答性ポリプレックス形態変化に基づく遺伝子発現効率向上

    原田 敦史, 勝圓 由紀子, 弓場 英司

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • pH応答性カードラン被覆正電荷リポソームによるマクロファージ極性化の検討

    加生 希, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • pH応答性カードラン被覆正電荷リポソームによるマクロファージ極性化の検討

    加生 希, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 表層官能基が異なるTiO2ナノ粒子超音波増感剤のDDS材料としての機能評価

    鈴木 咲和, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 温度応答性ポリプレックス形態変化に基づく遺伝子発現効率向上

    原田 敦史, 勝圓 由紀子, 弓場 英司

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 抗原タンパク質とポリカルボン酸誘導体により被覆されたTiO2ナノ粒子含有ポリイオンコンプレックスの作製

    北川 美咲, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

  • 多分岐PEGによるアスペクト比を制御されたポリプレックスの安定性評価

    吉川 啓太, 弓場 英司, 原田 敦史

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2019年11月  日本バイオマテリアル学会

▼全件表示

科研費

  • 微粒子界面光反応を基盤とした生分解性カプセル創製技術の確立と機能性微粒子創出

    基盤研究(B)  2022年

  • 高感度・高精度癌診断を実現する蛍光Turn-on型人工抗体ナノセンサの開発

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2022年

  • 低侵襲癌治療のための音増感剤デリバリーナノコンポジットの開発

    基盤研究(B)  2022年

  • 低侵襲癌治療のための音増感剤デリバリーナノコンポジットの開発

    基盤研究(B)  2021年

  • 微粒子界面光反応を基盤とした生分解性カプセル創製技術の確立と機能性微粒子創出

    基盤研究(B)  2021年

担当授業科目

  • 高分子化学II

    2022年度   週間授業   大学

  • 応用化学実験I

    2022年度   週間授業   大学

  • 応用化学概論

    2022年度   週間授業   大学

  • 応用化学実験III

    2022年度   週間授業   大学

  • 基礎化学実験

    2022年度   週間授業   大学

  • 物質化学生命系特別演習

    2022年度   集中講義   大学院

  • 物質化学生命系特別演習第1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 応用化学特論III

    2021年度    

  • 高分子材料化学

    2021年度    

  • 生体高分子

    2021年度    

  • 高分子化学II

    2021年度    

  • 化学実験

    2021年度   実習  

  • 生体高分子化学特論

    2021年度    

  • 生体高分子化学特別講義

    2021年度    

▼全件表示

FD活動

  • 大阪府立大手前高等学校サイエンス探求最終報告会 指導助言  2023年度

     詳細を見る

    大阪府立大手前高等学校SSH事業における課題研究「サイエンス探究」の研究成果(3年生SSコース)を最終報告会に出席し、指導助言を行った。

  • 大阪府立大手前高等学校サイエンス探求中間報告会 指導助言  2023年度

     詳細を見る

    大阪府立大手前高等学校のSSH事業における課題研究「サイエンス探究」の研究成果(2年生SSコース)の中間報告会に出席し、指導助言を行った。

  • 大阪府立大手前高等学校サイエンス探求最終報告会 指導助言  2022年度

     詳細を見る

    大阪府立大手前高等学校SSH事業における課題研究「サイエンス探究」の研究成果(3年生SSコース)を最終報告会に出席し、指導助言を行った。

  • 大阪府立大手前高等学校サイエンス探求中間報告会 指導助言  2022年度

     詳細を見る

    大阪府立大手前高等学校のSSH事業における課題研究「サイエンス探究」の研究成果(2年生SSコース)の中間報告会に出席し、指導助言を行った。

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:10名 

    博士前期課程学生指導数:15名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):4件  修士論文審査数(副査):10件

    博士論文審査数(主査):2件  博士論文審査数(副査):1件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:8名 

    博士前期課程学生指導数:9名  博士後期課程学生指導数:2名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):10件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 医療に貢献する高分子材料

    分野:理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル)

     詳細を見る

    対象:小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般

    キーワード:高分子・バイオマテリアル 

    コンタクトレンズやiPS細胞を培養する器材などに、さまざまな高分子材料が利用されており、高分子材料は医療には欠かせないものになっている。医療応用されている高分子材料の性質と用途について概説する。