Updated on 2024/03/29

写真a

 
Saga Yoshiko
 
Organization
Graduate School of Sustainable System Sciences Division of Sustainable System Sciences Associate Professor
College of Sustainable System Sciences Department of Social Welfare and Education
Title
Associate Professor
Affiliation
Institute of Sustainable System Sciences
Contact information
メールアドレス

Position

  • Graduate School of Sustainable System Sciences Division of Sustainable System Sciences 

    Associate Professor  2022.04 - Now

  • College of Sustainable System Sciences Department of Social Welfare and Education 

    Associate Professor  2022.04 - Now

Degree

  • 社会福祉学修士 ( Others )

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Social welfare  / 貧困、公的扶助

Research Interests

  • 貧困研究、公的扶助、社会政策

Research subject summary

  • 公的扶助制度のあり方に関する研究

  • 貧困問題および反貧困政策のあり方に関する研究

Professional Memberships

  • 貧困研究会

    2013.10 - Now   Domestic

  • 福祉社会学会

    2005.04 - Now

  • 社会政策学会

    1999.05 - Now

  • 日本社会福祉学会

    1997.03 - Now

Committee Memberships (off-campus)

  • 大阪府自殺対策審議会委員   大阪府  

    2023.06 - 2025.05 

  • 大阪府子ども施策審議会子どもの貧困対策部会専門委員   大阪府  

    2022 - 2024 

  • 大阪府自殺対策審議会委員   大阪府知事   

    2021.04 - Now 

  • 非常勤理事   大阪いずみ市民生活協同組合  

    2021.04 - Now 

Papers

  • 生活困窮者自立相談支援機関・支援員に対するアンケート調査(調査報告)

    嵯峨 嘉子, 仲野 浩司郎

    社會問題研究   71   129 - 138   2022.02

     More details

    Authorship:Lead author  

  • 困窮度による子どもの健康格差 -大阪府子どもの生活に関する実態調査より-

    駒田 安紀・嵯峨 嘉子・小林 智之・山下 剛徳・所 道彦・山野 則子

    厚生の指標 雑誌 厚生労働統計協会   65 ( 11 )   2018.09

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 大阪府「子どもの生活に関する実態調査」から見える子どもの貧困 : 生活保護利用の有無に着目して

    嵯峨 嘉子 , 山野 則子 , 所 道彦 , 駒田 安紀 , 小林 智之

    貧困研究 貧困研究会   20   2018.05

  • 子どもと食生活をめぐる現状と課題 : 子どもの貧困の観点から

    嵯峨 嘉子 , 伊藤 嘉余子 , 若林 身歌 , 関川 芳孝 , 田間 泰子 , 大関 知子 , 浦出 俊和 , 中谷 奈津子 , 梅田 直美

    社会問題研究 社会問題研究会   67 ( 146 )   2018.02

     More details

  • ドイツにおける貧困の現状と対策の課題

     

    海外社会保障研究 国立社会保障・人口問題研究所   ( 177 )   31 - 39   2011

  • ドイツにおける公的扶助改革とホームレス支援-「ホームレス支援」から「住宅難」支援へ

     

    ホームレスと社会 明石書店   2   82 - 89   2010.04

  • ドイツにおけるホームレス支援政策

    嵯峨嘉子

    グローバリゼーションと社会政策 著書 法律文化社   ( 8 )   107 - 124   2002.09

     More details

    Kind of work:Single Work  

▼display all

Books and Other Publications

  • コロナ危機と欧州福祉レジームの転換

    ( Role: Sole author ,  第4章 ドイツにおける市民手当導入とコロナ・パンデミック)

    昭和堂  2023.12  ( ISBN:978-4-8122-2301-7

     More details

    Total pages:285   Responsible for pages:133-151   Book type:Scholarly book

  • 人生が輝くSDGs

    大阪公立大学現代システム科学域教育福祉学類編集委員会 (編)( Role: Joint author ,  ドイツにおける求職者基礎保障制度(第16章))

    せせらぎ出版  2022.04  ( ISBN:978-4-88416-285-6

  • 岐路に立つ欧州福祉レジーム‐EUは市民の新たな連帯を築けるか?

    中村 健吾, 福原 宏幸, 柳原 剛司, 嵯峨嘉子, 松原仁美, 廣瀬真理子, 嶋内 健, 土岐智賀子, 太田美帆, 亀山俊朗, 平野寛弥( Role: Joint author)

    ナカニシヤ出版  2020.10 

  • 『子どもの貧困調査‐子どもの生活に関する実態調査から見えてきたもの』

    山野則子, 所道彦, 小林智之,嵯峨嘉子, 山下剛徳, 酒井滋子, 駒田安紀( Role: Joint author)

    明石書店  2019.12 

  • Das letzte Netz sozialer Sicherung in der Bewaehrung - Ein deutsch-japanischer Vergleich-

     ( Role: Joint author)

    NOMOS  2012 

  • 21世紀のヨーロッパ福祉レジーム‐アクティベーション改革の多様性と日本

     ( Role: Joint author)

    糺の森書房  2012 

  • 欧米のホームレス問題‐支援の実例(下)

    嵯峨 嘉子( Role: Joint author)

    法律文化社  2004.03 

  • 雇用政策と公的扶助の交錯

    嵯峨 嘉子( Role: Joint author)

    御茶ノ水書房  2002.02 

  • 欧米のホームレス問題‐実態と政策‐(上)

    嵯峨 嘉子( Role: Joint author)

    法律文化社  2002.02 

▼display all

MISC

  • 貧困・ジェンダー・公助‐ジェンダー史学からの問いかけ International journal

    嵯峨 嘉子

    ジェンダー史学   ( 18 )   131 - 132   2022.10

     More details

  • 書評:中囿桐代著「シングルマザーの貧困はなぜ解消されないのか」 International journal

    嵯峨 嘉子

    地域福祉研究   ( 10 )   136 - 137   2022.03

     More details

    Publishing type:Book review, literature introduction, etc.   International / domestic magazine:Domestic journal  

Presentations

  • ドイツにおける公的扶助改革とコロナ・パンデミック Domestic conference

    嵯峨 嘉子

    社会政策学会第147回秋季大会  2023.10 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:(立命館大学)  

  • ジェンダー史学会大会シンポジウム(貧困とジェンダー―「公助」の役割を問う)コメンテーター Invited

    嵯峨嘉子

    年次大会シンポジウム  2021.12  ジェンダー史学会

  • 大阪府「子どもの生活に関する実態調査」から見える子どもの貧困 : 生活保護利用の有無に着目して Invited Domestic conference

    嵯峨嘉子・山野則子・所道彦・駒田安紀・小林智之

    貧困研究会第10回研究大会 共通論題   2017.12  貧困研究会

  • 大阪府における子どもの生活実態調査の分析―困窮度と健康状態との関連に着目して

    嵯峨嘉子, 山野則子, 所道彦

    日本社会福祉学会第65回秋季大会  2017.10  日本社会福祉学会

  • ドイツにおける住宅喪失予防の取り組み Domestic conference

    嵯峨嘉子

    貧困研究会  2016.12  貧困研究会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 求職者基礎保障制度における支援と要請 Domestic conference

    嵯峨 嘉子

    社会政策学会第122回春季大会  2011.05  社会政策学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 生活保護制度と居住支援の課題 Domestic conference

    嵯峨嘉子

    都市住宅学会第15回大会  2007.12  都市住宅学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:日本女子大学  

▼display all

Grant-in-Aid for Scientific Research

  • ジェンダー視点を取り入れた子どもの貧困研究

    Grant-in-Aid for Transformative Research Areas  2023

  • EUとその加盟国における多様な社会的包摂政策の展開とシティズンシップに関する研究

    2023

Acceptance of Researcher

  • 2023  Number of researchers:1

  • 2022  Number of researchers:1

  • 2021  Number of researchers:1

Charge of on-campus class subject

  • 教育福祉の諸問題A(貧困と社会)

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 教育福祉フィールドワーク2

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 公的扶助特論A

    2023   Weekly class   Graduate school

  • 社会福祉実習指導II

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 社会福祉実習II

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 教育福祉ゼミナールC

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 教育福祉学卒業研究

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 教育福祉学演習I

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 教育福祉ゼミナールA

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 公的扶助特論A

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 現代システム科学特別演習1

    2022   Intensive lecture   Graduate school

  • 教育福祉フィールドワークII

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 教育福祉の諸問題A(貧困と社会)

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 公的扶助特論B

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 社会福祉実習指導

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 教育福祉学卒業研究

    2022   Intensive lecture   Undergraduate

  • Guidance and Instruction for Social Work Practicum II

    2021   Practical Training  

  • Social Work Practicum II

    2021   Practical Training  

  • Seminar in Social Welfare & Education F

    2021    

  • Seminar in Social Welfare & Education E

    2021    

  • Seminar in Social Welfare & Education D

    2021    

  • Seminar in Social Welfare & Education C

    2021    

  • Graduation Thesis

    2021    

  • Advanced Seminar in Social Welfare & Education II

    2021    

  • Advanced Seminar in Social Welfare & Education I

    2021    

  • Social Work Practicum

    2021   Practical Training  

  • Public Assistance

    2021    

  • Special Topics in Social Welfare & Education A (Poverty and Society)

    2021    

  • Introduction to Social Welfare Research

    2021    

  • First Year Seminar

    2021    

  • Special Topics in Public Assistance B

    2021    

  • Special Topics in Public Assistance A

    2021    

  • Issues concerning Human Rights A

    2021    

  • Guidance and Instruction for Social Work Practicum

    2021   Practical Training  

  • Introduction to Social Welfare & Education

    2021    

  • Seminarin Social Welfare & Education B

    2021    

  • Seminar in Social Welfare & Education A

    2021    

  • Fieldwork in Social Welfare & Education II

    2021    

▼display all

Number of instructed thesis, researches

  • 2023

    Number of instructed the graduation thesis:

  • 2022

    Number of instructed the graduation thesis:Number of graduation thesis reviews:3

  • 2021

    Number of instructed the graduation thesis:

    [Number of doctoral thesis reviews] (vice-chief):1

  • 2020

    Number of instructed the graduation thesis:

  • 2019

    Number of instructed the graduation thesis:

    [Number of instructed the Master's Program] (previous term):