2024/01/30 更新

写真a

サガ ヨシコ
嵯峨 嘉子
Saga Yoshiko
担当
大学院現代システム科学研究科 現代システム科学専攻 准教授
現代システム科学域 教育福祉学類
職名
准教授
所属
現代システム科学研究院
連絡先
メールアドレス

担当・職階

  • 大学院現代システム科学研究科 現代システム科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 現代システム科学域 教育福祉学類 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 社会福祉学修士 ( 大阪府立大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 社会福祉学  / 貧困、公的扶助

研究キーワード

  • 貧困研究、公的扶助、社会政策

研究概要

  • 公的扶助制度のあり方に関する研究

  • 貧困問題および反貧困政策のあり方に関する研究

所属学協会

  • 貧困研究会

    2013年10月 - 継続中   国内

  • 福祉社会学会

    2005年04月 - 継続中

  • 社会政策学会

    1999年05月 - 継続中

  • 日本社会福祉学会

    1997年03月 - 継続中

委員歴(学外)

  • 大阪府自殺対策審議会委員   大阪府  

    2023年06月 - 2025年05月 

  • 大阪府子ども施策審議会子どもの貧困対策部会専門委員   大阪府  

    2022年 - 2024年 

  • 大阪府自殺対策審議会委員   大阪府知事   

    2021年04月 - 継続中 

  • 非常勤理事   大阪いずみ市民生活協同組合  

    2021年04月 - 継続中 

論文

  • 生活困窮者自立相談支援機関・支援員に対するアンケート調査(調査報告)

    嵯峨 嘉子, 仲野 浩司郎

    社會問題研究   71   129 - 138   2022年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • 困窮度による子どもの健康格差 -大阪府子どもの生活に関する実態調査より-

    駒田 安紀・嵯峨 嘉子・小林 智之・山下 剛徳・所 道彦・山野 則子

    厚生の指標 雑誌 厚生労働統計協会   65 ( 11 )   2018年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 大阪府「子どもの生活に関する実態調査」から見える子どもの貧困 : 生活保護利用の有無に着目して

    嵯峨 嘉子 , 山野 則子 , 所 道彦 , 駒田 安紀 , 小林 智之

    貧困研究 貧困研究会   20   2018年05月

  • 子どもと食生活をめぐる現状と課題 : 子どもの貧困の観点から

    嵯峨 嘉子 , 伊藤 嘉余子 , 若林 身歌 , 関川 芳孝 , 田間 泰子 , 大関 知子 , 浦出 俊和 , 中谷 奈津子 , 梅田 直美

    社会問題研究 社会問題研究会   67 ( 146 )   2018年02月

     詳細を見る

  • ドイツにおける貧困の現状と対策の課題

     

    海外社会保障研究 国立社会保障・人口問題研究所   ( 177 )   31 - 39   2011年

  • ドイツにおける公的扶助改革とホームレス支援-「ホームレス支援」から「住宅難」支援へ

     

    ホームレスと社会 明石書店   2   82 - 89   2010年04月

  • ドイツにおけるホームレス支援政策

    嵯峨嘉子

    グローバリゼーションと社会政策 著書 法律文化社   ( 8 )   107 - 124   2002年09月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • コロナ危機と欧州福祉レジームの転換

    ( 担当: 単著 ,  範囲: 第4章 ドイツにおける市民手当導入とコロナ・パンデミック)

    昭和堂  2023年12月  ( ISBN:978-4-8122-2301-7

     詳細を見る

    総ページ数:285   担当ページ:133-151   著書種別:学術書  

  • 人生が輝くSDGs

    大阪公立大学現代システム科学域教育福祉学類編集委員会 (編)( 担当: 共著 ,  範囲: ドイツにおける求職者基礎保障制度(第16章))

    せせらぎ出版  2022年04月  ( ISBN:978-4-88416-285-6

  • 岐路に立つ欧州福祉レジーム‐EUは市民の新たな連帯を築けるか?

    中村 健吾, 福原 宏幸, 柳原 剛司, 嵯峨嘉子, 松原仁美, 廣瀬真理子, 嶋内 健, 土岐智賀子, 太田美帆, 亀山俊朗, 平野寛弥( 担当: 共著)

    ナカニシヤ出版  2020年10月 

  • 『子どもの貧困調査‐子どもの生活に関する実態調査から見えてきたもの』

    山野則子, 所道彦, 小林智之,嵯峨嘉子, 山下剛徳, 酒井滋子, 駒田安紀( 担当: 共著)

    明石書店  2019年12月 

  • Das letzte Netz sozialer Sicherung in der Bewaehrung - Ein deutsch-japanischer Vergleich-

     ( 担当: 共著)

    NOMOS  2012年 

  • 21世紀のヨーロッパ福祉レジーム‐アクティベーション改革の多様性と日本

     ( 担当: 共著)

    糺の森書房  2012年 

  • 欧米のホームレス問題‐支援の実例(下)

    嵯峨 嘉子( 担当: 共著)

    法律文化社  2004年03月 

  • 雇用政策と公的扶助の交錯

    嵯峨 嘉子( 担当: 共著)

    御茶ノ水書房  2002年02月 

  • 欧米のホームレス問題‐実態と政策‐(上)

    嵯峨 嘉子( 担当: 共著)

    法律文化社  2002年02月 

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 貧困・ジェンダー・公助‐ジェンダー史学からの問いかけ

    嵯峨 嘉子

    ジェンダー史学   ( 18 )   131 - 132   2022年10月

     詳細を見る

  • 書評:中囿桐代著「シングルマザーの貧困はなぜ解消されないのか」

    嵯峨 嘉子

    地域福祉研究   ( 10 )   136 - 137   2022年03月

     詳細を見る

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   国際・国内誌:国内誌  

講演・口頭発表等

  • ドイツにおける公的扶助改革とコロナ・パンデミック 国内会議

    嵯峨 嘉子

    社会政策学会第147回秋季大会  2023年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:(立命館大学)  

  • ジェンダー史学会大会シンポジウム(貧困とジェンダー―「公助」の役割を問う)コメンテーター 招待

    嵯峨嘉子

    年次大会シンポジウム  2021年12月  ジェンダー史学会

  • 大阪府「子どもの生活に関する実態調査」から見える子どもの貧困 : 生活保護利用の有無に着目して 招待 国内会議

    嵯峨嘉子・山野則子・所道彦・駒田安紀・小林智之

    貧困研究会第10回研究大会 共通論題   2017年12月  貧困研究会

  • 大阪府における子どもの生活実態調査の分析―困窮度と健康状態との関連に着目して

    嵯峨嘉子, 山野則子, 所道彦

    日本社会福祉学会第65回秋季大会  2017年10月  日本社会福祉学会

  • ドイツにおける住宅喪失予防の取り組み 国内会議

    嵯峨嘉子

    貧困研究会  2016年12月  貧困研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 求職者基礎保障制度における支援と要請 国内会議

    嵯峨 嘉子

    社会政策学会第122回春季大会  2011年05月  社会政策学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 生活保護制度と居住支援の課題 国内会議

    嵯峨嘉子

    都市住宅学会第15回大会  2007年12月  都市住宅学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本女子大学  

▼全件表示

研究員受入実績

  • 2022年度  研究員数:1名

  • 2021年度  研究員数:1名

担当授業科目

  • 教育福祉の諸問題A(貧困と社会)

    2023年度   週間授業   大学

  • 公的扶助特論A

    2023年度   週間授業   大学院

  • 教育福祉フィールドワーク2

    2023年度   週間授業   大学

  • 社会福祉実習指導II

    2023年度   週間授業   大学

  • 社会福祉実習II

    2023年度   集中講義   大学

  • 教育福祉ゼミナールC

    2023年度   集中講義   大学

  • 教育福祉学卒業研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 教育福祉学演習I

    2023年度   集中講義   大学

  • 教育福祉ゼミナールA

    2023年度   週間授業   大学

  • 公的扶助特論A

    2022年度   週間授業   大学院

  • 現代システム科学特別演習1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 教育福祉フィールドワークII

    2022年度   週間授業   大学

  • 教育福祉の諸問題A(貧困と社会)

    2022年度   週間授業   大学

  • 公的扶助特論B

    2022年度   週間授業   大学院

  • 社会福祉実習指導

    2022年度   週間授業   大学

  • 教育福祉学卒業研究

    2022年度   集中講義   大学

  • 社会福祉実習指導Ⅱ

    2021年度   実習  

  • 社会福祉実習Ⅱ

    2021年度   実習  

  • 教育福祉ゼミナールF

    2021年度    

  • 教育福祉ゼミナールE

    2021年度    

  • 教育福祉ゼミナールD

    2021年度    

  • 教育福祉ゼミナールC

    2021年度    

  • 教育福祉学卒業研究

    2021年度    

  • 教育福祉学演習II

    2021年度    

  • 教育福祉学演習I

    2021年度    

  • 社会福祉実習

    2021年度   実習  

  • 公的扶助論

    2021年度    

  • 教育福祉の諸問題A(貧困と社会)

    2021年度    

  • 社会福祉共同研究特論

    2021年度    

  • 初年次ゼミナール【現代社会における「貧困」問題を考える】

    2021年度    

  • 公的扶助特論B

    2021年度    

  • 公的扶助特論A

    2021年度    

  • 人権問題論A

    2021年度    

  • 社会福祉実習指導

    2021年度   実習  

  • 教育福祉学への招待

    2021年度    

  • 教育福祉ゼミナールB

    2021年度    

  • 教育福祉ゼミナールA

    2021年度    

  • 教育福祉フィールドワークII

    2021年度    

▼全件表示

論文・研究指導集計

  • 2022年度

    卒業論文指導数:3名  卒業論文審査数:3件

  • 2021年度

    卒業論文指導数:6名 

    博士論文審査数(副査):1件

  • 2020年度

    卒業論文指導数:3名 

  • 2019年度

    卒業論文指導数:4名 

    博士前期課程学生指導数:2名