2022/07/13 更新

写真a

アズマ ヤスタカ
東 泰孝
Yasu-Taka Azuma
担当
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 教授
獣医学部 獣医学科
職名
教授
所属
獣医学研究院

担当・職階

  • 大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 獣医学部 獣医学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(歯学) ( 大阪歯科大学 )

  • 修士(薬学) ( 摂南大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 免疫学  / 炎症性疾患

  • ライフサイエンス / 消化器内科学  / 炎症性腸疾患

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 消化器免疫

研究概要

  • IL-19の免疫学的役割

  • 免疫系細胞におけるカルシウムシグナリングの役割解明

  • NASH発症機構の解明

  • 膵炎発症機構の解明

  • IBD発症機構の解明

所属学協会

  • 予防薬理学研究所

    2018年11月 - 継続中   国内

  • 日本肝臓学会

    2016年11月 - 継続中   国内

  • 日本免疫学会

    2010年10月 - 継続中   国内

  • 日本薬学会

    2008年02月 - 継続中   国内

  • 日本消化器免疫学会

    2008年01月 - 継続中   国内

  • 日本獣医学会

    2005年04月 - 継続中   国内

  • 日本薬理学会

    1994年01月 - 継続中   国内

▼全件表示

論文

  • IL-19 contributes to the development of nonalcoholic steatohepatitis by altering lipid metabolism. 査読

    1. Azuma YT, Fujita T, Izawa T, Hirota K, Nishiyama K, Ikegami A, Aoyama T, Ike M, Ushikai Y, Kuwamura M, Fujii H, Tsuneyama K.

    Cells 雑誌   10 ( 12 )   2021年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • IL-19の抗炎症作用を活かした治療への応用 査読

    小野尚重,東 泰孝

    日本薬理学雑誌 雑誌   156 ( 5 )   288 - 291   2021年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Gastrointestinal motility modulation by stress is associated with reduced smooth muscle contraction through specific transient receptor potential channel. 査読

    Azuma YT, Suzuki S, Nishiyama K, Yamaguchi T.

    J. Vet. Med. Sci. 雑誌   83 ( 4 )   622 - 629   2021年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Interleukin-19 as an immunoregulatory cytokine. 査読

    Fujimoto Y, Kuramoto N, Yoneyama M, Azuma YT.

    Curr. Mol. Pharmacol. 雑誌   14 ( 2 )   191 - 199   2021年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Interleukin-19 abrogates experimental autoimmune encephalomyelitis by attenuating antigen-presenting cell activation. 査読

    Horiuchi H, Parajuli B, Komiya H, Ogawa Y, Jin S, Takahashi K, Azuma YT, Tanaka F, Suzumura A, Takeuchi H.

    Front. Immunol. 雑誌   12   2021年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Ablation of interleukin-19 improves motor function in a mouse model of amyotrophic lateral sclerosis. 査読

    Komiya H, Takeuchi H, Ogawa Y, Suzuki K, Ogasawara A, Takahashi K, Azuma YT, Doi H, Tanaka F.

    Molecular Brain 雑誌   14 ( 1 )   2021年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Deficiency of interleukin-19 exacerbates lipopolysaccharide/D-galactosamine-induced acute liver failure. 査読

    Fujimoto Y, Kuwamura M, Azuma YT.

    J. Vet. Med. Sci. 雑誌   82 ( 10 )   1450 - 1455   2020年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Breakthroughs in Medicinal Chemistry: New Targets and Mechanisms, New Drugs, New Hopes-7. 査読

    Gütschow M, Vanden Eynde JJ, Jampílek J, Kang CB, Mangoni AA, Fossa P, Karaman R, Trabocchi A, Scott PJH, Reynisson J, Rapposelli S, Galdiero S, Winum JY, Brullo C, Prokai-Tatrai K, Sharma AK, Schapira M, Azuma YT, Cerchia L, Spetea M, Torri G, Collina S, Geronikaki A, García-Sosa AT, Vasconcelos MH, Sousa ME, Kosalec I, Tuccinardi T, Duarte IF, Salvador JAR, Bertinaria M, Pellecchia M, Amato J, Rastelli G, Gomes PAC, Guedes RC, Sabatier JM, Estévez-Braun A, Pagano B, Mangani S, Ragno R, Kokotos G, Brindisi M, González FV, Borges F, Miloso M, Rautio J, Muñoz-Torrero D.

    Molecules 雑誌   2020年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Breakthroughs in Medicinal Chemistry: New Targets and Mechanisms, New Drugs, New Hopes-6. 査読

    Vanden Eynde JJ, Mangoni AA, Rautio J, Leprince J, Azuma YT, García-Sosa AT, Hulme C, Jampilek J, Karaman R, Li W, Gomes PAC, Hadjipavlou-Litina D, Capasso R, Geronikaki A, Cerchia L, Sabatier JM, Ragno R, Tuccinardi T, Trabocchi A, Winum JY, Luque FJ, Prokai-Tatrai K, Spetea M, Gütschow M, Kosalec I, Guillou C, Vasconcelos MH, Kokotos G, Rastelli G, de Sousa ME, Manera C, Gemma S, Mangani S, Siciliano C, Galdiero S, Liu H, Scott PJH, de Los Ríos C, Agrofoglio LA, Collina S, Guedes RC, Muñoz-Torrero D.

    Molecules 雑誌   2020年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Fucoxanthin ameliorates atopic dermatitis symptoms by regulating keratinocytes and regulatory innate lymphoid cells. 査読

    Natsume C, Aoki N, Aoyama T, Senda K, Matsui M, Ikegami A, Tanaka K, Azuma YT, Fujita T.

    Int J Mol Sci 雑誌   2020年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Interleukin-19 enhances cytokine production induced by lipopolysaccharide and inhibits cytokine production induced by polyI:C in BALB/c mice. 査読

    Azuma YT, Nishiyama K.

    J Vet Med Sci 雑誌   2020年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Ibudilast attenuates doxorubicin-induced cytotoxicity by suppressing formation of TRPC3-Nox2 protein complex. 査読

    Nishiyama K, Numaga-Tomita T, Fujimoto Y, Tanaka T, Toyama C, Nishimura A, Yamashita T, Matsunaga N, Koyanagi S, Azuma YT, Ibuki Y, Uchida K, Ohdo S, Nishida M.

    Br J Pharmacol 雑誌   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Correlation between toll-like receptor 4 and nucleotide-binding oligomerization domain 2 (NOD2) and pathological severity in dogs with chronic gastrointestinal diseases. 査読

    Aono K, Azuma YT, Nabetani T, Hatoya S, Furuya M, Miki M, Hirota K, Fujimoto Y, Nishiyama K, Ogata Y, Mochizuki T, Tani H.

    Veterinary Immunology and Immunopathology 雑誌   210   15 - 22   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Chronic kidney disease following 5/6 nephrectomy disturbs the intestinal microbiota and alters intestinal motility. 査読

    Nishiyama K, Aono K, Fujimoto Y, Kuwamura M, Okada T, Tokumoto H, Izawa T, Okano R, Nakajima H, Takeuchi T, Azuma YT.

    J Cell Physiol 雑誌   234 ( 5 )   6667 - 6678   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Lauric acid alleviates neuroinflammatory responses by activated microglia: involvement of the GPR40-dependent pathway. 査読

    Nishimura Y, Moriyama M, Kawabe K, Satoh H, Takano K, Azuma YT, Nakamura Y.

    Neurochemical Research 雑誌   43 ( 9 )   723 - 1735   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The Role of Interleukin-19 in Contact Hypersensitivity. 査読

    Fujimoto Y, Fujita T, Kuramoto N, Kuwamura M, Izawa T, Nishiyama K, Yoshida N, Nakajima H, Takeuchi T, Azuma YT.

    Biol Pharma Bull 雑誌   41 ( 2 )   182 - 189   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Fatty acid transport protein 1 enhances the macrophage inflammatory response by coupling with ceramide and c-Jun N-terminal kinase signaling. 査読

    Nishiyama K, Fujita T, Fujimoto Y, Nakajima H, Takeuchi T, Azuma YT.

    Int Immunopharmacol 雑誌   55   205 - 215   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Extracellular poly(ADP-ribose) is a neurotrophic signal that upregulates glial cell line-derived neurotrophic factor (GDNF) levels in vitro and in vivo. 査読

    4. Nakajima H, Itakura M, Sato K, Nakamura S, Azuma YT, Takeuchi T.

    Biochem Biophys Res Commun 雑誌   2017年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Na+/Ca2+ exchanger contribute to stool transport in mice with experimental diarrhea 査読

    Nishiyama K, Tanioka K, Azuma YT, Hayashi S, Fujimoto Y, Yoshida N, Kita S, Suzuki S, Nakajima H, Iwamoto T, Takeuchi T

    J Vet Med Sci 雑誌   2017年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Interleukin-19 is cardioprotective in dominant negative cyclic adenosine monophosphate response-element binding protein-mediated heart failure in a sex-specific manner. 査読

    Bruns DR, Ghincea AR, Ghincea CV, Azuma YT, Watson PA, Autieri MV, Walker LA.

    World J Cardiol 雑誌   9 ( 8 )   673 - 684   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Exacerbated experimental pancreatitis in interleukin-19 knockout mice. 査読

    Fujimoto Y, Tsuneyama K, Kuramoto N, Hayashi S, Yoshida N, Morioka A, Teramoto M, Nakajima H, Takeuchi T, Azuma YT.

    Glob Drugs Therap 雑誌   2 ( 5 )   1 - 5   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 小腸消化管運動におけるストレス負荷に伴う収縮反応の抑制.

    東 泰孝、山口太郎

    第140回日本薬理学会近畿部会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • インターロイキン-19は四塩化炭素による肝線維化形成に関与する. 国内会議

    小野尚重、三木万梨子、東 泰孝

    第140回日本薬理学会近畿部会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Therapeutic application utilizing the anti-inflammatory effect of IL-19. 国内会議

    東 泰孝

    第94回日本薬理学会年  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • NASHモデルマウスを用いた治療作用点の解析

  • 膵炎モデルマウスを用いた治療作用点の解析

  • アレルギーモデルを用いた治療作用点の解析

     詳細を見る

    遅発性アレルギーモデルである①DTHテスト、②接触性皮膚炎を用いた治療作用点の解析

  • IBDモデルマウスを用いた治療作用点の解析

     詳細を見る

    IBDモデルマウスとして①DSS誘導性腸炎、②TNBS誘導性腸炎、③オキサゾロン誘導性腸炎)を用いた治療作用点の解析

担当授業科目

  • 獣医薬理学B

    2021年度    

  • 獣医学関連法規

    2021年度    

  • 獣医臨床薬理学

    2021年度    

  • 生物学実験

    2021年度   実習  

  • 獣医薬理学実習

    2021年度   実習  

  • 基礎動物生理学

    2021年度    

  • 獣医薬理学B

    2021年度    

  • 獣医薬理学B

    2021年度    

  • 獣医薬理学A

    2021年度    

  • 生物学B

    2021年度    

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

  • 獣医科学英語

    2021年度    

  • 統合バイオ機能学特別講義B

    2021年度    

  • 創薬フィージビリティ研究実習

    2021年度   実習  

  • 創薬学概論

    2021年度    

▼全件表示

役職

  • 部局内役職

    獣医学部 獣医学科 

    学科長  2022年04月 - 継続中

  • 部局内役職

    大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    専攻長  2022年04月 - 継続中