2022/12/23 更新

写真a

フルヤ マサル
古家 優
Furuya Masaru
担当
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 准教授
獣医学部 獣医学科
職名
准教授
所属
獣医学研究院
所属キャンパス
りんくうキャンパス

担当・職階

  • 大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 獣医学部 獣医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(獣医学) ( 大阪府立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 臨床獣医学

  • ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学

研究概要

  • 伴侶動物における新規腫瘍抗原の同定と診断・治療への応用

  • 腫瘍微小環境が抗癌剤耐性獲得に及ぼす影響の解明

研究歴

  • 伴侶動物の悪性腫瘍に発現する特異的抗原の探索とその臨床応用

    腫瘍抗原、腫瘍マーカー、腫瘍免疫療法  個人研究

    2009 - 継続中 

  • 犬の腫瘍における熱ショックタンパク質の機能解析

    熱ショックタンパク質、分子シャペロン、腫瘍  個人研究

    2011 - 継続中 

  • 犬のリンパ腫における腫瘍診断マーカーの探索および化学療法耐性獲得機構の解明

    犬、リンパ腫、診断マーカー、化学療法  個人研究

    2012 - 継続中 

  • ニワトリ消化管寄生原虫の感染防御機構の解明

    消化管寄生原虫、宿主細胞侵入  国内共同研究

    2009 - 継続中 

所属学協会

  • 日本癌学会

    2022年 - 継続中

  • 米国獣医がん学会

    2019年 - 継続中   国外

  • 日本免疫治療学会

    2018年 - 継続中

  • 日本野生動物医学会

    2017年 - 継続中   国内

  • 日本獣医がん学会

    2010年 - 継続中   国内

  • 動物臨床医学会

    2010年 - 継続中   国内

  • 大阪府獣医師会

    2002年 - 継続中   国内

  • 日本獣医学会

    2002年 - 継続中   国内

▼全件表示

受賞歴

  • Best Presentation Award

    2019年10月   Asian Meeting of Animal Medical Specialties 2019  

  • Best Presentation Award

    2015年11月   Asian Meeting of Animal Medical Specialties 2015  

職務経歴(学外)

  • Colorado State University, Flint Animal Cancer Center 研究員

    2018年12月 - 2019年09月

  • 国立大学法人大阪大学大学院工学研究科 招聘准教授

    2018年04月 - 継続中

  • 国立大学法人大阪大学大学院工学研究科 招聘研究員

    2015年04月 - 2018年03月

学歴

  • 大阪府立大学   生命科学研究科   獣医学専攻   博士課程   卒業・修了

    2002年04月 - 2006年03月

  • 大阪府立大学   農学部   獣医学科   学士課程   卒業・修了

    1996年04月 - 2002年03月

論文

  • Dystrophin-deficient muscular dystrophy in a Toy Poodle with a single base pair insertion in exon 45 of the Duchenne muscular dystrophy gene. 査読

    Sakai K, Motegi T, Chambers JK, Uchida K, Nishida H, Shimamura S, Tani H, Shimada T, Furuya M

    The Journal of veterinary medical science   84 ( 4 )   502 - 506   2022年04月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1292/jvms.21-0504

    PubMed

  • ネコの皮膚リンパ管奇形における診断と治療 査読

    岡田 悟, 山田 優樹, 伊從 慶太, 古家 優

    獣医臨床皮膚科   28 ( 1 )   3 - 9   2022年03月( ISSN:1347-6416

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    7ヵ月齢の猫が、左後肢足底部からの反復性の出血を主訴に来院した。患部のパンチ生検による病理組織検査より、脈管奇形が示唆された。パンチ生検後に生検部位からの出血が止まらなかったため、電気メスを用いた焼灼処置を行った。出血量は減少したものの、その後も出血は改善と再発を繰り返した。第30病日に造影CT検査を行ったところ、患部周囲の血管新生および血管拡張が認められた。第37病日に止血を目的として、左後肢第4趾と第5趾を断趾した。断趾後の組織を用いた免疫組織化学による病理組織診断の結果、この脈管奇形は皮膚リンパ管奇形と診断された。病理組織学的マージンは確保されていた一方で、術後1ヵ月の肉眼所見では皮膚表面の小嚢胞が少数残存しており、完全切除に至っていない可能性が考えられた。しかし、術後20ヵ月の時点において出血は認められず、日常生活も問題なく送れている。本例は猫で報告の少ない皮膚リンパ管奇形の報告であり、その診断と治療について考察する。(著者抄録)

  • Retrospective evaluation of nimustine use in the treatment of feline lymphoma. 査読

    Sakai K, Hatoya S, Furuya M, Nabetani T, Kanegi R, Shimamura S, Tani H, Shimada T.

    Vet Med Sci 雑誌   8 ( 1 )   3 - 8   2022年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Dystrophin-deficient muscular dystrophy in a Toy Poodle with a single base pair insertion in exon 45 of the Duchenne muscular dystrophy gene 査読

    Sakai K, Motegi T, Chambers JK, Uchida K, Nishida H, Shimamura S, Tani H, Shimada T, Furuya M

    J Vet Med Sci 雑誌   2022年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The Establishment of an Optimal Protocol for Contrast-Enhanced Micro-Computed Tomography in the Cloudy Catshark Scyliorhinus torazame. 査読

    Ito T, Furuya M, Sasai K

    Journal of aquatic animal health   33 ( 4 )   264 - 276   2021年12月( ISSN:0899-7659

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/aah.10143

    PubMed

  • Retrospective evaluation of nimustine use in the treatment of feline lymphoma.

    Sakai K, Hatoya S, Furuya M, Nabetani T, Kanegi R, Shimamura S, Tani H, Shimada T

    Veterinary medicine and science   8 ( 1 )   3 - 8   2021年10月( ISSN:2053-1095

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/vms3.652

    PubMed

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/vms3.652

  • Canine idiopathic chylothorax: Anatomic characterization of the pre- and postoperative thoracic duct using computed tomography lymphography. 招待 査読

    Kanai H, Furuya M, Yoneji K, Hagiwara K, Nukaya A, Kondo M, Aso T, Fujii A, Sasai K.

    62 ( 4 )   429 - 436   2021年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:共著  

  • イヌのリンパ球形質細胞性腸炎における低マグネシウム血症が重症度や予後に及ぼす影響(Influence of hypomagnesemia on disease severity and prognosis in dogs with lymphocytic-plasmacytic enteritis)

    酒居 幸生, 鳩谷 晋吾, 古家 優, 島村 俊介, 鍋谷 知代, 谷 浩行, 嶋田 照雅

    ペット栄養学会誌   24 ( 1 )   1 - 13   2021年04月( ISSN:1344-3763

     詳細を見る

    ヒトの炎症性腸疾患において、血中マグネシウム濃度は一部の患者で低下し、腸炎の重症度と負の相関を示す。ヒトと同様に、イヌのリンパ球形質細胞性腸炎(LPE)においても低マグネシウム血症が認められるが、病態との関連は不明である。そこで本研究では、イヌLPE症例における血中マグネシウム濃度を測定し、腸炎の重症度や予後との関連を検討することを目的とした。病理組織学的にLPEと診断されたイヌ35頭を組み入れた。診断時における腸炎の組織学的重症度(軽度、中等度または重度)、イヌ炎症性腸疾患活動性指標(CIBDAI)、イヌ慢性腸症活動性指標(CCECAI)を評価し、血清中マグネシウム濃度との関連を検討した。また、低マグネシウム血症の有無で症例を2群に分け、診断後の生存期間を比較した。低マグネシウム血症は22頭(63%)で検出された。血中マグネシウム濃度は腸炎の組織学的重症度、CIBDAIおよびCCECAIと負の相関を示した。低マグネシウム血症の有無で症例の生存期間に有意差は認められなかった。以上のことから、イヌLPE症例における血中マグネシウム濃度は腸炎の重症度を反映しており、バイオマーカーとして有用であると考えられた。(著者抄録)

  • Whole-genome analyses of extended-spectrum or AmpC β-lactamase-producing Escherichia coli isolates from companion dogs in Japan. 査読

    Yasugi M, Hatoya S, Motooka D, Matsumoto Y, Shimamura S, Tani H, Furuya M, Mie K, Miyake M, Nakamura S, Shimada T.

    PLoS One 雑誌   16 ( 2 )   2021年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • HSP110 expression in canine mammary gland tumor and its correlation with histopathological classification and grade. 査読

    Okada S, Furuya M, Fukui-Kaneshige A, Nakanishi H, Tani H, Sasai K.

    Vet Immunol Immunopathol. 雑誌   ( 232 )   2021年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Efficacy of en bloc thoracic duct ligation in combination with pericardiectomy by video-assisted thoracoscopic surgery for canine idiopathic chylothorax. 査読

    Kanai H, Furuya M, Hagiwara K, Nukaya A, Kondo M, Aso T, Fujii A, Sasai K

    Veterinary surgery : VS   49 ( S1 )   O102 - O111   2020年06月( ISSN:0161-3499

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/vsu.13370

    PubMed

  • Decreased serum zinc concentration in dogs with lymphocytic-plasmacytic enteritis, and its associations with disease severity and prognosis. 査読

    Sakai K, Hatoya S, Furuya M, Shimamura S, Nabetani T, Tani H, Shimada T

    The Journal of veterinary medical science   82 ( 6 )   759 - 763   2020年04月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1292/jvms.20-0109

    PubMed

  • 尿管に発生した尿路上皮乳頭腫の犬の1例 査読

    井上 侑花, 平田 翔吾, 田中 美有, 桑村 充, 金城 綾二, 古家 優, 北原 崇, 山崎 裕毅, 飯盛 安真, 三重 慧一郎, 西田 英高, 秋吉 秀保

    日本獣医麻酔外科学雑誌   50 ( Suppl.1 )   306 - 306   2019年06月( ISSN:2189-6623

  • Correlation between toll-like receptor 4 and nucleotide-binding oligomerization domain 2 (NOD2) and pathological severity in dogs with chronic gastrointestinal diseases. 査読

    Aono K, Azuma YT, Nabetani T, Hatoya S, Furuya M, Miki M, Hirota K, Fujimoto Y, Nishiyama K, Ogata Y, Mochizuki T, Tani H

    Veterinary immunology and immunopathology   210   15 - 22   2019年04月( ISSN:0165-2427

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vetimm.2019.03.003

    PubMed

  • Prevalence of microorganisms associated with feline gingivostomatitis. 査読

    Nakanishi H, Furuya M, Soma T, Hayashiuchi Y, Yoshiuchi R, Matsubayashi M, Tani H, Sasai K

    Journal of feline medicine and surgery   21 ( 2 )   103 - 108   2019年02月( ISSN:1098-612X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/1098612X18761274

    PubMed

  • 結腸に発生した肥満細胞腫による腸重積を発症した犬の1例

    鍋谷 知代, 古家 優, 島村 俊介, 谷 浩行, 嶋田 照雅

    動物臨床医学   27 ( 4 )   148 - 152   2019年01月( ISSN:1344-6991

     詳細を見る

    9歳齢の未去勢フレンチ・ブルドッグが1ヵ月継続する食欲不振と血様下痢を主訴に来院した。超音波検査とCT検査において、結腸に腫瘤状病変が認められ、更にその近位に腸重積が確認された。結腸腫瘤の細胞診検査より肥満細胞腫が疑われ、腫瘤および重積部切除術を実施した。病理組織学的検査結果はKiupelらの2段階分類で高グレード肥満細胞腫であり、また、c-Kit遺伝子の変異は認められなかった。術後、各種抗癌剤と分子標的薬を投与したが奏効せず、診断後約3ヵ月で死亡した。本症例は、結腸の肥満細胞腫により重積を伴った稀な1例である。(著者抄録)

  • 【犬の鼻腔腫瘍】骨転移を認めた犬の鼻腺癌の1例

    藤崎 友裕, 和田 悠佑, 金城 綾二, 古家 優, 森山 裕至, 井澤 武史, 桑村 充, 嶋田 照雅, 野口 俊助

    Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology   15 ( 1 )   56 - 59   2019年01月( ISSN:1880-4640

     詳細を見る

    犬の鼻腺癌の転移率は低いといわれており、転移のほとんどは肺とリンパ節に生じる。一方、骨・腎臓・肝臓・皮膚・脳への転移は、わずかに報告されているのみである。本症例では、犬鼻腺癌に対し放射線治療後、トセラニブリン酸塩(以下トセラニブ)を投与した。原発巣のコントロールは比較的良好だったが第250病日に死亡し、左下顎リンパ節・脾臓・上腕骨・腸骨に転移が確認された。トセラニブに対する原発巣と転移巣の反応性の違いの原因として、トセラニブの標的分子の発現の差異が示唆された。(著者抄録)

  • Prevalence of micro-organisms associated with feline gingivostomatitis 査読

    1. Nakanishi H, Furuya M*, Soma T, Hayashiuchi Y, Yoshiuchi R, Matsubayashi M, Tani H, Sasai K

    J Feline Med Surg 雑誌   21 ( 2 )   103 - 108   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Outcome of limb fracture repair in rabbits: 139 cases (2007-2015) 査読

    2. Sasai H, Fujita D, Seto E, Denda Y, Imai Y, Okamoto K, Okamura K, Furuya M*, Tani H, Sasai K

    J Am Vet Med Assoc 雑誌   252 ( 4 )   457 - 463   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Report of fatal mixed infection with Cryptosporidium parvum and Giardia intestinalis in neonatal calves 査読

    Matsuura Y, Matsubayashi M, Nukata S, Shibahara T, Ayukawa O, Kondo Y, Matsuo T, Uni S, Furuya M, Tani H, Tsuji N, Sasai K

    Acta Parasitol 雑誌   62 ( 1 )   214 - 20   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of Eimeria acervulina conoid antigen using chicken monoclonal antibody 査読

    3. Matsuura Y, Matsubayashi M, Nukata S, Shibahara T, Ayukawa O, Kondo Y, Matsuo T, Uni S, Furuya M, Tani H, Tsuji N, Sasai K

    Parasitol Res 雑誌   115 ( 11 )   4123 - 28   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A Serological Survey of Leptospira spp., Antibodies in Wild Raccoons (Procyon lotor) in Osaka, Japan 査読

    Saeki J, Nakanishi H, Masubuchi K, Matsubayashi M, Furuya M, Tani H, Sasai K

    Asian J Anim Vet Adv 雑誌   11   258 - 62   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of novel tumor-associated antigens in canine mammary gland tumor. 査読

    Furuya M, Funasaki M, Tani H, Sasai K.

    Vet Comp Oncol.   13 ( 3 )   194 - 202   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Localization of heat shock protein 110 in canine mammary gland tumors 査読

    Okada S, Furuya M*, Takenaka S, Fukui A, Matsubayashi M, Tani H, Sasai K

    Vet Immunol Immunopathol 雑誌   167 ( 3-4 )   139 - 46   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characteristics of bone fractures and usefulness of micro-computed tomography for fracture detection in rabbits: 210 cases (2007-2013) 査読

    Sasai H, Fujita D, Tagami Y, Seto E, Denda Y, Hamakita H, Ichihashi T, Okamura K, Furuya M*, Tani H, Sasai K, Yamate J

    J Am Vet Med Assoc 雑誌   246 ( 12 )   1339 - 44   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The detection of toxigenic Corynebacterium ulcerans from cats with nasal inflammation in Japan 査読

    7. Saeki J, Katsukawa C, Matsubayashi M, Nakanishi H, Furuya M, Tani H, Sasai K

    Epidemiol Infect 雑誌   143 ( 12 )   2660 - 5   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Profiling of serum metabolites in canine lymphoma using gas chromatography mass spectrometry 査読

    Tamai R, Furuya M, Hatoya S, Akiyoshi H, Yamamoto R, Komori Y, Yokoi S, Tani K, Hirano Y, Komori M, Takenaka S.

    J Vet Med Sci 雑誌   76 ( 11 )   1513 - 8   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Elongation Factor-1α is a Novel Protein Associated with Host Cell Invasion and a Potential Protective Antigen of Cryptosporidium parvum. 査読

    Matsubayashi M, Kimata I, Uni S, Lillehoj HS, Matsuda H, Furuya M, Tani H, and Sasai K.

    J Biol Chem.   288 ( 47 )   34111 - 34120   2013年

  • Infectivity of Cryptosporidium andersoni Kawatabi type relative to the small number of oocysts in immunodeficient and immunocompetent neonatal and adult mice. 査読

    Koyashiki-Nagano S, Matsubayashi M, Kimata I, Furuya M, Tani H, Sasai K.

    Parasitol. Int.   62 ( 2 )   109 - 111   2013年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Phylogenetic identification of Cystoisospora spp. from dogs, cats, and raccoon dogs in Japan. 査読

    Matsubayashi M, Carreno RA, Tani H, Yoshiuchi R, Kanai T, Kimata I, Uni S, Furuya M, Sasai K

    Vet. Parasitol.   176 ( 41673 )   270 - 274   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effect of low pH on the morphology and viability of Cryptosporidium andersoni sporozoites and histopathology in the stomach of infected mice. 査読

    Matsubayashi M, Ando H, Kimata I, Takase H, Nakagawa H, Furuya M, Tani H, Sasai K

    Int. J. Parasitol.   41 ( 41702 )   287 - 292   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Survey and molecular characterization of Cryptosporidium and Giardia spp in owned companion animals, dogs and cats in Japan. 査読

    Yoshiuch R, Matsubayashi M, Kimata I, Furuya M, Tani H, Sasai K

    Vet. Parasitol.   174 ( 41702 )   313 - 316   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Morphological changes and viability of Cryptosporidium parvum sporozoites after excystation in cell-free culture media. 査読

    Matsubayshi M, Ando H, Kimata I, Nakagawa M, Furuya M, Tani H, Sasai K

    Paratiology   137 ( 13 )   1861 - 1866   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Inhibition of male chick phenotypes and spermatogenesis by Bisphenol-A. 査読

    Furuya M, Adachi K, Kuwahara S, Ogawa K, Tsukamoto Y.

    Life science   78 ( 15 )   767 - 1776   2006年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Expression of calbindin-D28K in sporadic nephroblastomas of the chicken. 査読

    Tsukamoto Y, Tsuchiya AS, Namikawa T, Tatesaki R, Adachi K, Hiroi S, Furuya M, Sari DK, Kotani T.

    Avian Dis.   50 ( 1 )   127 - 130   2006年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Hypothalamo-pituitary-adrenal gland axis in mice inhaling toluene prior to low-level long-term exposure to formaldehyde. 査読

    Sari DK, Kuwahara S, Furuya M, Tsukamoto Y, Hori H, Kunugita N, Arashidani K, Fujimaki H, Sasaki F.

    J Vet Med Sci.   67 ( 3 )   303 - 309   2005年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Molecular cloning and analysis of the mouse gicerin gene. 査読

    Kohama K, Tsukamoto Y, Furuya M, Okamura K, Tanaka H, Miki N, Taira E

    Neurochem Int.   46 ( 6 )   465 - 470   2005年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Expression of gicerin enhances the invasive and metastatic activities of a mouse mammary carcinoma cell line. 査読

    Tsukamoto Y, Sakaiuchi T, Hiroi S, Furuya M, Tsuchiya S, Sasaki F, Miki N, Taira E.

    Int J Oncol.   23 ( 6 )   1671 - 1677   2003年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Gicerin, an Ig-superfamily cell adhesion molecule, promotes the invasive and metastatic activities of a mouse fibroblast cell line. 査読

    Tsukamoto Y, Egawa M, Hiroi S, Furuya M, Tsuchiya S, Sasaki F, Miki N, Taira E.

    J Cell Physiol.   197 ( 1 )   103 - 109   2003年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Gicerin, a cell adhesion molecule, promotes the metastasis of lymphoma cells of the chicken. 査読

    Tsuchiya S, Tsukamoto Y, Furuya M, Hiroi S, Miki N, Sasaki F, Taira E.

    Cell Tissue Res.   314 ( 3 )   389 - 397   2003年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effects of bisphenol-A on the growth of comb and testes of male chicken. 査読

    Furuya M, Sasaki F, Hassanin AM, Kuwahara S, Tsukamoto Y.

    Can J Vet Res.   67 ( 1 )   68 - 71   2003年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 獣医内科学 第3版

    ( 担当: 分担執筆)

    文英堂  2022年03月 

     詳細を見る

    著書種別:教科書・概説・概論  

  • 薬用量マニュアル 第5版

    中山智宏, 佐伯潤, 長崎淳一 監修( 担当: 共著)

    学窓社  2021年05月 

  • 犬の治療ガイド2020 私はこうしている

    辻本 元, 小山秀一, 大草 潔, 中村篤史 編集( 担当: 共著)

    EDUWARD Press  2020年08月 

  • 猫の治療ガイド2020 私はこうしている

    辻本 元, 小山秀一, 大草 潔, 中村篤史 編集( 担当: 共著)

    EDUWARD Press  2020年08月 

  • 犬と猫の耳鼻咽喉疾患

    嶋田照雅 監訳

    緑書房  2020年05月 

  • 犬と猫の検査・手技ガイド2019 私はこう読む

    辻本 元, 小山秀一, 大草 潔, 兼島 孝, 中村篤史 編集( 担当: 共著)

    EDUWARD Press  2019年04月 

  • 薬用量マニュアル 第4版

    中山智宏, 佐伯潤, 長崎淳一 監修( 担当: 共著)

    学窓社  2016年10月 

  • 小動物の臨床栄養学 第5版

    岩﨑利郎, 辻本元 監訳( 担当: 共著)

    インターズー  2014年03月 

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 金属3Dプリンターの伴侶動物医療への応用

    三重慧一郎, 三重慧一郎, 西田英高, 秋吉秀保, 古家優, 谷浩行, 笹井和美

    スマートプロセス学会誌   10 ( 4 )   2021年( ISSN:2186-702X

     詳細を見る

  • イヌのリンパ球形質細胞性腸炎における低マグネシウム血症が重症度や予後に及ぼす影響

    酒居幸生, 鳩谷晋吾, 古家優, 島村俊介, 鍋谷知代, 谷浩行, 嶋田照雅

    ペット栄養学会誌   24 ( 1 )   2021年( ISSN:1344-3763

     詳細を見る

  • 犬の慢性腸症と消化器型リンパ腫を判別するアミノインデックスの構築

    酒居幸生, 古家優, 鳩谷晋吾, 島村俊介, 鍋谷知代, 金城綾二, 谷浩行, 嶋田照雅

    ペット栄養学会誌   24 ( 2 )   2021年( ISSN:1344-3763

     詳細を見る

  • 臨床試料とペットの大便における抗菌薬耐性菌(Antimicrobial-resistant bacteria in clinical specimens and feces of companion animals)

    安木 真世, 鳩谷 晋吾, 元岡 大祐, 島村 俊介, 谷 浩行, 古家 優, 三重 慧一郎, 三宅 眞実, 中村 昇太, 嶋田 照雅

    日本細菌学雑誌   74 ( 1 )   134 - 134   2019年03月( ISSN:0021-4930 ( eISSN:1882-4110

  • 【犬の鼻腔腫瘍】骨転移を認めた犬の鼻腺癌の1例

    藤崎 友裕, 和田 悠佑, 金城 綾二, 古家 優, 森山 裕至, 井澤 武史, 桑村 充, 嶋田 照雅, 野口 俊助

    Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology   15 ( 1 )   56 - 59   2019年01月( ISSN:1880-4640

     詳細を見る

    犬の鼻腺癌の転移率は低いといわれており、転移のほとんどは肺とリンパ節に生じる。一方、骨・腎臓・肝臓・皮膚・脳への転移は、わずかに報告されているのみである。本症例では、犬鼻腺癌に対し放射線治療後、トセラニブリン酸塩(以下トセラニブ)を投与した。原発巣のコントロールは比較的良好だったが第250病日に死亡し、左下顎リンパ節・脾臓・上腕骨・腸骨に転移が確認された。トセラニブに対する原発巣と転移巣の反応性の違いの原因として、トセラニブの標的分子の発現の差異が示唆された。(著者抄録)

  • 結腸に発生した肥満細胞腫による腸重積を発症した犬の1例

    鍋谷 知代, 古家 優, 島村 俊介, 谷 浩行, 嶋田 照雅

    動物臨床医学   27 ( 4 )   148 - 152   2019年01月( ISSN:1344-6991 ( eISSN:1881-1574

     詳細を見る

    9歳齢の未去勢フレンチ・ブルドッグが1ヵ月継続する食欲不振と血様下痢を主訴に来院した。超音波検査とCT検査において、結腸に腫瘤状病変が認められ、更にその近位に腸重積が確認された。結腸腫瘤の細胞診検査より肥満細胞腫が疑われ、腫瘤および重積部切除術を実施した。病理組織学的検査結果はKiupelらの2段階分類で高グレード肥満細胞腫であり、また、c-Kit遺伝子の変異は認められなかった。術後、各種抗癌剤と分子標的薬を投与したが奏効せず、診断後約3ヵ月で死亡した。本症例は、結腸の肥満細胞腫により重積を伴った稀な1例である。(著者抄録)

  • 尿管に発生した尿路上皮乳頭腫の犬の1例

    井上侑花, 平田翔吾, 田中美有, 田中美有, 桑村充, 金城綾二, 古家優, 古家優, 北原崇, 山崎裕毅, 山崎裕毅, 飯盛安真, 飯盛安真, 三重慧一郎, 三重慧一郎, 西田英高, 西田英高, 秋吉秀保, 秋吉秀保

    日本獣医麻酔外科学雑誌(Web)   50 ( Supplement 1 )   2019年( ISSN:2189-6631

     詳細を見る

  • 薬剤耐性菌伝播におけるキャリアとしての伴侶動物の重要性の評価

    安木真世, 鳩谷晋吾, 元岡大祐, 島村俊介, 谷浩行, 古家優, 三重慧一郎, 三宅眞実, 中村昇太, 嶋田照雅

    日本産業動物獣医学会(近畿)・日本小動物獣医学会(近畿)・日本獣医公衆衛生学会(近畿)   2019   2019年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 伴侶動物における腫瘍特異的抗原の探索と診断・治療への応用

担当授業科目

  • 高度医療学特別講義A

    2021年度    

  • 総合臨床

    2021年度    

  • 獣医消化器病学

    2021年度    

  • 獣医臨床栄養学

    2021年度    

  • 生物学実験

    2021年度   実習  

  • 獣医内科学総論

    2021年度    

  • 初年次ゼミナール【人と動物のつながりを考えよう】

    2021年度    

  • 獣医内科臨床

    2021年度   実習  

  • 獣医内科学実習

    2021年度   実習  

  • 獣医皮膚病学

    2021年度    

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

  • 獣医腫瘍学

    2021年度    

▼全件表示