2022/07/13 更新

写真a

サガ リョウスケ
佐賀 亮介
SAGA Ryosuke
担当
大学院情報学研究科 学際情報学専攻 准教授
現代システム科学域 知識情報システム学類
職名
准教授
所属
情報学研究院

担当・職階

  • 大学院情報学研究科 学際情報学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 現代システム科学域 知識情報システム学類 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 大阪府立大学 )

研究概要

  • 人工知能を用いた情報システムの開発

  • テキストを用いた因果関係分析

  • 複数情報源の可視化

  • 時系列データ可視化

  • トレンド情報可視化

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 安全工学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 社会システム工学

  • 情報通信 / 計算科学

  • 情報通信 / 知能情報学

  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション

  • 情報通信 / ウェブ情報学、サービス情報学

  • 情報通信 / 情報学基礎論  / 情報工学

  • 情報通信 / ウェブ情報学、サービス情報学

▼全件表示

学歴

  • 大阪府立大学   工学研究科   博士課程   卒業・修了

    2003年 - 2008年03月

  • 大阪府立大学   工学部   経営工学科   学士課程   その他

    1999年 - 2003年

  • 大阪府立大学   工学研究科   博士課程   卒業・修了

    - 2005年03月

職務経歴(学外)

  • ラフバラー大学   客員研究員

    2019年

  • 株式会社ロッケン   代表取締役

    2016年 - 継続中

  • 大阪府立大学

    2013年10月 - 継続中

  • インディアナ大学   客員研究員

    2006年

所属学協会

  • IEEE

    2009年04月 - 継続中

  • 電気学会

    2004年 - 継続中   国内

  • 情報処理学会

  • 電気学会

  • 人工知能学会

  • 情報処理学会

  • IEEE

  • 人工知能学会

▼全件表示

受賞歴

  • Nominated for Best Paper Award

    2021年01月   HICSS2021  

  • 電子・情報・システム部門 技術委員会奨励賞

    2020   電気学会  

  • 最優秀賞

    2011年03月   平成23年度データ解析コンペティション  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 最優秀論文賞

    2010年02月      

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Best Paper Awards

    2010   15th Intl. Symp. on Artificial Life and Robotics  

  • Best Paper Award

    2009    Intl. Conf. on Information Management Innovation Management and industrial Engineering  

  • 大阪府立大学 学長顕彰

    2005年11月   大阪府立大学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 電気学会 優秀論文発表賞

    2005年09月   電気学会平成16年度電子・情報・システム部門研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 大阪府立大学工学研究科学業奨励賞

    2005年03月   大阪府立大学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

論文

  • Gradient Clustering for Subtyping of Prediction Failures 査読

    Thomas Henn · Yasukazu Sakamoto · Clément Jacquet · Shunsuke Yoshizawa · Masamichi Andou · Stephen Tchen · Ryosuke Saga · Hiroyuki Ishihara · Katsuhiko Shimizu · Yingzhen Li · Ryutaro Tanno

    NeurIPS 2021 workhsop "med-neurips 2021"   2021年12月

  • A Principled Approach to Failure Analysis and Model Repairment: Demonstration in Medical Imaging.

    Thomas Henn, Yasukazu Sakamoto, Clément Jacquet, Shunsuke Yoshizawa, Masamichi Andou, Stephen Tchen, Ryosuke Saga, Hiroyuki Ishihara, Katsuhiko Shimizu, Yingzhen Li, Ryutaro Tanno

    24th MICCAI 2021   2021年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 画像とソーシャルネットワークを用いた行列分解による推薦システム

    玉田拓也 , GAO Mingtian , 佐賀亮介

    電気学会研究会   2021年07月

  • Information Management System for Small Automatic Navigation Robot Ships

    Kozono Rinto, Yutaro Tsurumi, Yasunori Nihei, Ryosuke Saga

    Lecture Notes in Computer Science   2021年07月

  • An Improved Optimized Route Selection Method for a Maritime Navigation Vessel

    Yutaro Tsurumi, Ryosuke Saga, Sharath Srinivasamurthy, Yasunori Nihei

    Lecture Notes in Computer Science   2021年07月

  • A recommendation system based on product image and text features 査読

    Yichi Lu, Mingtian Gao, Ryosuke Saga

    The Twenty-Sixth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2021   2021年01月

  • A recommendation system based on product image and text features 査読

    Yichi Lu, Mingtian Gao, Ryosuke Saga

    The Twenty-Sixth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2021   148 - 151   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Text-based Causality Modeling with a Conceptual Label in a Hierarchical Topic Structure Using Bayesian Rose Trees.

    Takuro Ogawa, Ryosuke Saga

    Hawaii International Conference on System Sciences 2021   2021年

  • IoT/ICTを活用した養殖漁業の高度化技術 自動観測ロボット船による養殖場観測のための航行経路探索システム 査読

    佐賀亮介

    システム/制御/情報   65 ( 1 )   2021年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Text-based Causality Modeling with a Conceptual Label in a Hierarchical Topic Structure Using Bayesian Rose Trees. 査読

    Takuro Ogawa, Ryosuke Saga

    54th Hawaii International Conference on System Sciences(HICSS)   1 - 10   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    その他URL: https://dblp.uni-trier.de/conf/hicss/2021

  • An Improved Optimized Route Selection Method for a Maritime Navigation Vessel

    Yutaro Tsurumi, Ryosuke Saga, Sharath Srinivasamurthy, Yasunori Nihei

    Lecture Notes in Computer Science   468 - 481   2021年( ISSN:0302-9743

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1007/978-3-030-78361-7_36

  • Information Management System for Small Automatic Navigation Robot Ships

    Kozono Rinto, Yutaro Tsurumi, Yasunori Nihei, Ryosuke Saga

    Lecture Notes in Computer Science   419 - 428   2021年( ISSN:0302-9743

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1007/978-3-030-78361-7_32

  • IoT/ICTを活用した養殖漁業の高度化技術 自動観測ロボット船による養殖場観測のための航行経路探索システム 査読

    佐賀亮介

    システム/制御/情報   65 ( 1 )   2021年( ISSN:0916-1600

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

    J-GLOBAL

  • Causality Model for Text Data with a Hierarchical Topic Structure 査読

    Takuro Ogawa, Hideyasu Shimadzu, Ryosuke Saga

    Proceedings - 25th International Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence, TAAI 2020   205 - 210   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    This study describes a method for constructing a causality model from text data, such as review data. Topic modeling is useful to find these evaluation factors from text data. The method based on hierarchical latent Dirichlet allocation is useful because it automatically constructs relationships among topics. However, the depth of each topic in a hierarchical structure is the same even if the contents differ for each topic. Accordingly, the method can generate less important topics that are not worth analyzing. To solve this problem, we construct a hierarchical topic structure with different depths and more important topics by using Bayesian rose trees. In the experiment, the values of the hyperparameters for constructing a hierarchical topic structure are estimated by using evaluation indexes for causal analysis. In addition, the experiment compares the proposed method with related approaches to demonstrate the usefulness of this model.

    DOI: 10.1109/TAAI51410.2020.00045

    その他URL: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/taai/taai2020.html#OgawaSS20

  • Automatic Labeling for Hierarchical Topics with NETL. 査読

    Rinto Kozono, Ryosuke Saga

    Rinto Kozono, Ryosuke Saga   2020年10月

  • Causality Model for Text Data with a Hierarchical Topic Structure

    Takuro Ogawa, Hideyasu Shimadzu, Ryosuke Saga

    25th International Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence   2020年10月

  • A genetic algorithm optimising control point placement for edge bundling 査読

    Ryosuke Saga, Tomoki Yoshikawa, Ken Wakita, Ken Sakamoto, Gerald Schaefer, Tomoharu Nakashima

    VISIGRAPP 2020 - Proceedings of the 15th International Joint Conference on Computer Vision, Imaging and Computer Graphics Theory and Applications   2020年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Double Deep Features for Apparel Recommendation System.

    Yichi Lu, Yufeng Duan, Ryosuke Saga

    Hawaii International Conference on System Sciences 2020   2020年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 画像形状特徴を用いたアパレル商品向け推薦システム

    Duan Yufeng, 佐賀亮介

    電気学会論文誌C   140 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 画像形状特徴を用いたアパレル商品向け推薦システム 査読

    Duan Yufeng, 佐賀亮介

    電気学会論文誌 C   140 ( 1 )   93 - 99   2020年( ISSN:0385-4221

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejeiss.140.93

    J-GLOBAL

  • A genetic algorithm optimising control point placement for edge bundling 査読

    Ryosuke Saga, Tomoki Yoshikawa, Ken Wakita, Ken Sakamoto, Gerald Schaefer, Tomoharu Nakashima

    VISIGRAPP 2020 - Proceedings of the 15th International Joint Conference on Computer Vision, Imaging and Computer Graphics Theory and Applications   3   217 - 222   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    This paper describes a novel approach of edge bundling that employs a genetic algorithm (GA) to optimise the placement of control points. Edge bundling is a useful technique to reduce visual clutter and a number of model-based edge bundling approaches have been introduced in the literature. However, these do not attempt to optimise aesthetic rules directly. Differently from them, our approach assumes that edge bundling is regarded as an optimisation problem for aesthetic rules. To solve this problem, we present an GA-based algorithm where gene representation defines control points of edges in order to allow flexibility and the fitness function is defined based on quantitative criteria for edge bundling. Experimental results using a visualisation of a Japanese airline map demonstrates the feasibility of our proposed method and its usability.

    DOI: 10.5220/0008983202170222

    その他URL: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/grapp/ivapp2020.html#SagaYWSSN20

  • Automatic Labeling for Hierarchical Topics with NETL. 査読

    Rinto Kozono, Ryosuke Saga

    2020 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics(SMC)   3740 - 3745   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/SMC42975.2020.9282874

    その他URL: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/smc/smc2020.html#KozonoS20

  • Double Deep Features for Apparel Recommendation System.

    Yichi Lu, Yufeng Duan, Ryosuke Saga

    53rd Hawaii International Conference on System Sciences(HICSS)   1 - 8   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    その他URL: https://dblp.uni-trier.de/conf/hicss/2020

  • 遺伝的アルゴリズムに基づいたエッジバンドリングの事前検証 査読

    吉川友貴、中島智晴、佐賀亮介

    第47回可視化情報シンポジウム   2019年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Apparel Goods Recommender System Based on Image Shape Features Extracted by a CNN 査読

    Yufeng Duan, Ryosuke Saga

    Proceedings - 2018 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2018   2365 - 2369   2019年01月( ISSN:1062-922X

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Recommender system is an information-filtering tool used in solving the problem that the user's preference in information overload. In recent years, some algorithms have been combined with some side information (i.e., item description documents, user reviews, and social networks), and rating prediction accuracy has been significantly improved. However, for fashionable goods, such as apparel and shoes that are important for designing, the contextual information of items is insufficient, and their image shape feature should be considered. Currently, no such recommender system is available to use this feature of image shape. This study proposes a novel probabilistic model using the image shape feature that integrates a convolutional neural network into the probabilistic matrix factorization. The experiment conducted on two real-world datasets corroborates that our model outperforms the other recommendation models.

    DOI: 10.1109/SMC.2018.00406

    その他URL: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/smc/smc2018.html#SagaD18

  • Proposal of Quantitative Evaluation for Multi-type Edge Bundling based on Color Distribution 査読

    R, Saga

    24th International Symposium on Artificial Life and Robotics   2019年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • サービス事前期待のネットワーク可視化上への評価影響度情報の付与 査読

    富川数万、佐賀亮介

    サービス学会第7回全国大会   2019年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Sentiment Analysis of Images with Tensor Factorization 査読

    Ayumu Sakaguchi, Ryosuke Saga

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   11570 LNCS   269 - 285   2019年( ISSN:0302-9743

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In recent years, large amounts of information have been transmitted through SNSs. Mainstream SNSs focus mainly on images. Given that many individuals use SNSs to express their sentiments, understanding the individual feelings of such users can be useful for helping identify potential demand in the society. Sentiment analysis of images in SNSs has thus attracted research attention. However, many existing studies have utilized a supervised learning approach with a high cost for labeling. By contrast, Wang et al., who used unsupervised learning, have acquired the sentiment of images through matrix decomposition from text information and visual information. However, text and visual information are not sufficient to acquire the desired result. In addition, sentiment polarity of the image is greatly influenced by text information. Therefore, this work will conduct a sentiment analysis of images by using tensor decomposition with an unsupervised learning approach. By considering the sentiment polarity of both text and visual features, this work aims to avoid being influenced only by text information.

    DOI: 10.1007/978-3-030-22649-7_22

    その他URL: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/hci/hci2019-5.html#SakaguchiS19

  • セマンティックセグメンテーションによる牡蠣成育予測のためのデータセット作成基礎検討 査読

    梁志鵬、佐賀亮介

    第61回自動制御連合講演会   2018年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 無人四胴船とカキ養殖場への展開 査読

    二瓶泰範、中田聡史、原尚之、原田浩太郎、佐賀亮介

    第61回自動制御連合講演会   2018年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 医療データにおける人工知能と可視化 査読

    佐賀亮介

    可視化情報   2018年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Apparel Goods Recommender System-Based Image Shape Features Extracted by CNN 査読

    W. Duan, R. Saga

    IEEE Intl Conference on System, Man, and Cybernetics(SMC2018)   2018年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • アパレル商品向け推奨システムにおける転移学習を用いた改善法 査読

    段玉鋒、佐賀亮介

    第28回インテリジェント・システム・シンポジウム   2018年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Visual Analysis for Overcoming Population Decline and Vitalizing Local Economy in Japan 査読

    R. Saga

    Human-Computer Interaction International   2018年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Conversion of Player Locations from Football Goal Scene Videos to a 2D Top View 査読

    K.Tomikawa, R.Saga

    Human-Computer Interaction International   2018年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Validation of Quantitative Measures for Edge Bundling by Comparing with Human Feeling 査読

    R. Saga

    EuroVis 2018   2018年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • CNNによる画像形状特徴を利用した推薦システム 査読

    W. Duan, R. Saga

    第32回人工知能学会全国大会   2018年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • ネットワーク可視化法と自動ラベル付け法による事前期待可視化法に関する考察 査読

    R.saga

    第30回電気学会全国大会 (IEEJ2018)   2018年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Network Visualization of customer expectation using Web in coffee service 査読

    R. Saga, T.Yagi

    Artificial Life and Robotics   2018年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Correlation analysis between human feeling and quantitative evaluation criteria 査読

    R. Saga

    AROB   2018年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Improvement Method for Topic-Based Path Model by Using Word2vec 査読

    R. Saga, S. Nohara

    Transactions on Engineerling Technologies   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Preliminary Visual Analysis for Overcoming Population Decline and Vitalizing 査読

    R. Saga

    Asian Conference on Inforamtion Systems   2017年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Preliminary Survey for Multigraph Integration and Visualization Framework 査読

    R, Saga

    HCI International 20178 Posters' Extended Abstracts   2017年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • FML-based Prediction Agent and Its Application to Game of Go 査読

    Lee, Chang-Shing; Wang, Mei-Hui; Kao, Chia-Hsiu; Yang, Sheng-Chi; Nojima, Yusuke; Saga, Ryosuke; Shuo, Nan; Kubota, Naoyuki

    World Congress of International Fuzzy Systems Association and 9th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems   2017年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Preprocessing Method Topic-based Path Model by Using Word2vec 査読

    Nohara, Shoji; Saga, Ryosuke

    IMECS 2017-International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 雑誌   2017年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Quantitative Evaluation of Multi-type Edge Bundling-Example for Japan Airmap 査読

    R. Saga

    8th International Conference on Information Visualization Theory and Applications   2017年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • FML-based Feature Similarity Assessment Agent for JapaneseTaiwanese Language Learning 査読

    Cheng; Mei-Hui Wang1; Nohara, Shoji; Kuan-Yi Wu1; Saga, Ryosuke

    IEEE International Conference on Fuzzy Systems  IEEE   2016年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Proposal of Chance Index in Co-occurrence Network 査読

    Takayama, Yukihiro; Saga, Ryosuke

    Electronics and Communications in Japan 電気学会   99 ( 12 )   65 - 73   2016年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Finding division points for time-series corpus based on topic changes 査読

    Kobayashi, Hiroshi; Saga, Ryosuke

    International Conference on Human Interface and the Management of Information   2016年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Finding division points for a time series corpus based on structural change point detection 査読

    Kobayashi, Hiroshi; Saga, Ryosuke

    Artificial Life and Robotics Springer   21 ( 2 )   160 - 164   2016年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • LDA-based path model construction process for structure equation modeling 査読

    Saga, Ryosuke; Kunimoto, Rikuto

    Artificial Life and Robotics Springer   21 ( 2 )   2016年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • FACT-Graphを用いた特許文書の可視化分析 査読

    由藤卓也, 佐賀 亮介

    operations reserch   2016年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • LDA-based path model construction process for structure equation modeling 査読

    Saga, Ryosuke; Kunimoto, Rikuto

    ISAROB 2016 雑誌   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Trend Analisis for Patent dataset Network Visualization 査読

    Saga, Ryosuke; Utou, Takuya

    ACIS 2016 – The Fifth Asian Conference on Information Systems 雑誌   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Place name extraction and area identification in a sightseeing map 査読

    Ueda, Minoru; Saga, Ryosuke

    ACIS 2016 – The Fifth Asian Conference on Information Systems 雑誌   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • クラウドファンディングを対象とした投資判断の要因分析 査読

    野原, 章司; 国本, 陸斗; 佐賀, 亮介

    サービス学会2016 雑誌   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Factor analysis of investment judgment in crowdfunding using structural equation modeling 査読

    Saga, Ryosuke; SHoji, Nohara

    ACIS 2016 – The Fifth Asian Conference on Information Systems 雑誌   2015年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 多属性グラフへのエッジバンドリングの適用 査読

    Yoamashita, Takashi; Saga, Ryosuke

    FIT2015 第14回情報科学技術フォーラム 雑誌   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 1F-04属性を考慮したグラフへのエッジバンドリングの適用 査読

    Yamashita, Takafumi; Saga, Ryosuke

    情報処理学会全国大会講演   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 複数情報源による共起語グラフ可視化アプリケーションの提案 査読

    Sakai, Hatsuho; Saga, Ryosuke

    情報処理学会全国大会講演   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Factor analysis of investment judgment in crowdfunding using structural equation modeling.pdf 査読

    Saga, Ryosuke; Nohara Sgihu

    ACIS 2015 – The Fourth Asian Conference on Information Systems 雑誌   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Edge Bundling in Multi-attributed Graphs 査読

    Yamashita, Takafumi; Saga, Ryosuke

    Human Interface and the Management of Information. Information and Knowledge Design Springer   9172   138 - 147   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Factor Analysis for Game Software Using Structural Equation Modeling with Hierarchical Latent Dirichlet Allocation in User’s Review Comments 査読

    Rikuto Kunimoto, Hiroshi Kobayashi, and Ryosuke Saga

    International Journal of Knowledge Engineering-IACSIT 電気学会   1 ( 1 )   54 - 58   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Proposal of Chance Index in Co-occurrence Visualized Network 査読

    Takayama, Yukihiro; Saga, Ryosuke

    International Journal of Knowledge Engineering-IACSIT 電気学会   1 ( 1 )   78 - 82   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Proposal of Chance Index in Co-occurrence Network 査読

    Takayama, Yukihiro; Saga, Ryosuke

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 電気学会   135 ( 6 )   644 - 650   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Causal Analysis of User's Game Software Evaluation Using hLDA and SEM 査読

    Kunimoto, Rikuto; Saga, Ryosuke

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 電気学会   135 ( 6 )   602 - 610   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Multi-type Edge Bundling in Force-Directed Layout and Evaluation 査読

    Saga, Ryosuke; Yamashita, Takafumi

    Procedia Computer Science ELSEVIER   60   1763 - 1771   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • SEMにおいて安定した分析モデルの生成と解釈優位性の向上のための前処理手法の提案 査読

    Nohara, Shoji; Saga, Ryosuke

    電気関係学会関西支部大会 雑誌   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Measurement Evaluation of Keyword Extraction Based on Topic Coverage 査読

    Saga, Ryosuke; Kobayashi, Hiroshi; Miyamoto, Takao; Tsuji, Hiroshi

    International Conference on Human-Computer Interaction   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Finding division points for time-series corpus based on topic changes 査読

    Hiroshi Kobayashi, Ryosuke Saga

     Human Interface and the Management of Information. Information and Knowledge Design and Evaluation Springer   364 - 372   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Measurement Evaluation of Keyword Extraction Based on Topic Coverage 査読

    Ryosuke Saga, Hiroshi Kobayashi, Takao Miyamoto, Hiroshi Tsuji

    HCI International 2014 - Posters’ Extended Abstracts  Springer   224 - 227   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Dependency Extraction from Growth Trajectory using Sequential Pattern 査読

    Aoki, Shunsuke; Saga, Ryosuke; Ichinotsubo, Takeo; Niu, Woyuan; Tsuji, Hiroshi

    13th International Conference on Knowledge Management and Knowledge Technologies   2013年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Comparison Analysis for Text Data by Integrating Two FACT-Graphs 査読

    Ryosuke Saga, authorHiroshi Tsuji

    IIMS 2012   14    143 - 151   2013年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Visualization analysis of e-commerce site from web access log by FACT-Graph and sequential probability ratio test 査読

    Saga, Ryosuke; Letelier, Mauricio; Kaisaku, Naoki; Takayama, Yukihiro; Tsuji, Hiroshi

    International Journal of Knowledge-based and Intelligent Engineering Systems   17 ( 2 )   145 - 155   2013年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • FACT-Graph と逐次確率比検定を用いたWeb アクセスログの分析 査読

    佐賀 亮介,Mauricio Letelier,開作 直樹,高山 幸大,辻 洋

    オペレーションズリサーチ   2013年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Finding Path Generator Function for Planning Support of Students Based on Trajectory 査読

    Asian Conference on Information System ACIS2013   2013年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Integrating FACT-Graph For Comparison Analysis Based on TF-IDF Weight 査読

     

    International Conference Information Systems   2012年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 能力成熟モデルの成長履歴からの構造抽出法 査読

     

    平成24年電気学会 情報システム研究会   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Bias Effect on Interative Spiral Conjoint Analysis 査読

    Ryosuke Saga et al.

    Asian Conference on Information Systems   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Finding Heterogeneity for Diagnosis in Conjoint Analysis 査読

     

    平成24年電気学会 情報システム研究会   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Proposal of Directed FACT-Graph Based on Association Rule 査読

     

    Asian Conference on Information Systems   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Trajectory Mining on Capability Space Its Concept and Potential Application 査読

     

    Hawaii International Conference on System Sciences   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Visualized Comparison for CFP Datasets by Structure Identification and Ontology 査読

     

    International Conference on New Trends Information Science, Service Science and Data Mining   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • オフショアソフトウェア開発成熟のためのプロセス整備状況の可視化 査読

     

    平成24年電気学会 電子・情報・システム部門大会   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 人間の行動原理に基づく省エネ促進知識管理システムの提案 査読

     

    第56回システム制御情報学会研究発表講演会   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 履歴の可視化を用いた成長支援システムの試作 査読

     

    第56回システム制御情報学会研究発表講演会   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 次元成長空間に対する主成分分析による成長パターン分類 査読

     

    平成24年電気関係学会関西連合大会   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • FACT-graph in web log data 査読

    Saga, Ryosuke; Miyamoto, Takao; Tsuji, Hiroshi; Matsumoto, Kazunori

    KES 2011-International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Comparison Analysis for Editorials by Reversible FACT-Graph 査読

    Saga, Ryosuke; Takamizawa, Seiko; Tsuji, Hiroshi; Matsumoto, Kazunori

    Intelligent Interactive Multimedia: Systems and Services    2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Visualized Preference Transition Network Based on Recency & Frequency 査読

     

    Japan-Cambodia Joint Symposium Information System and Communication Technology   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Visualization of WebSite Usage with Consideration of Trend and Relationships 査読

     

    2011 Intl, Data Engineering and Internet Technology   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Verification of centrality to extract proper factors in model construction process by using creativity technique 査読

     

    HCI international 2011   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Validation for Model Construction Process by Using Creativity Method 査読

     

    IADIS Intl. Information Systems 2011   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Proposal of recommender system simulator based on small-world model 査読

     

    Artificial Life and Robotics   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • KJ法と構造方程式モデリングを用いたアメリカと日本の学生における購買要因比較 査読

     

    第4回横幹連合コンファレンス   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identifying Authors of Text Based on Association Rules 査読

     

    IADIS Intl. Information Systems 2011   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Comparison Analysis for Editorials by Reversible FACT-Graph 査読

    Ryosuke Saga, Hiroshi Tsuji

    Intelligent Interactive Multimedia: Systems and Services  Springer   14    143 - 151   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • FACT-graph in web log data 査読

    Ryosuke Saga, Takao Miyamoto, Hiroshi Tsuj, iKazunori Matsumoto

     Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems Springer   271 - 279   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Application for Text-Based Comparison Analysis Using Frequency and Co-occurrence Trend-grap 査読

     

     IADIS Intl  Information Systems 2011   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Comparison Analysis of Video Game Purchase Factors between Japanese and American Consumers 査読

     

    15th Intl Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Comparison analysis for text data by using FACT-Graph 査読

     

    HCI international 2011   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Construction and Analysis of Purchase Factor Model by Using Creativity Method 査読

     

    Intl. Symp Artificial Life and Robotics 201   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Construction and analysis of purchase factor model by using creativity method 査読

     

    The Sixteenth international Symposium Artificial Life and Robotics 2011   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Evaluating Recommender System using Multiagent-based Simulato 査読

     

    2011 Intl Data Engineering and Internet Technology   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • FACT-Graphを用いた社説の比較分析 査読

     

    情報処理学会第73回全国大会   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Graphical Modeling by Creativity Method for Structural Equation Modeling 査読

     

    Japan-Cambodia Joint Symp, Information System and Communication Technology   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 重回帰分析とSEMによるゲームソフトのヒット要因の定量化 査読

     

    第9回情報科学技術フォーラム   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • ネットワーク分析を用いたゲームソフトの購入要因分析 査読

     

    電子情報通信学会総合大会講演   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Text Authorship Detection Using Decision Trees and Association Rules over N-Graph 査読

     

    IADIS The European Conf. on Data Mining   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Proposal of Recommender System based on Mediator's Diversity 査読

     

    International Association for Development of the Information Society   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Extension of Hierarchical Information Acquirement by Association Rule from Semi-Structured Data 査読

     

    6th international Conference on Data Mining   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Extension of Hierarchical Information Acquirement by Association Rule from Semi-Structured Data 査読

     

    6th Intl, Conf. on Data Mining   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Enhanced Visualization on Preference Transition for Sales Recprds 査読

     

    IEEE Industrial Informatics   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Development and Case Study of Trend Analysis Software Based on FACT-Graph 査読

     

    Artificial Life and Robotics   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Causality Analysis for Best-Seller of Software Game by Regression and Structural Equation Modeling 査読

     

    IEEE Systems, Man and Cybernetics   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Causality Analysis for Best-Seller of Software Game by Regression and Structural Equation Modeling 査読

     

    IEEE Systems, Man and Cybernetics   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • An Algorithm for Visualizing Preference Transition 査読

     

    第42回情報システム研究会   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Loopo: Integrated text miner for fact-graph-based trend analysis 査読

    Ryosuke Saga, Hiroshi Tsuji, Kuniaki Tabata

    Human Interface and the Management of Information. Information and Interaction  Springer   192 - 200   2009年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 商品の販売履歴に基づく可視化手法の数値実験 査読

     

    第53回システム制御情報学会研究発表講演会   2009年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • ゲームソフトにおけるヒット商品の購入要因分析 査読

     

    第40回電気学会情報システム研究会   2009年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Visualizing Method based on Item Sales Records and its Experimentation 査読

     

    IEEE Systems, Man & Cybernetics   2009年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Visualization study of the relationships between responses in choice-type questionnaire 査読

     

    2009 International Conference on Information Management, Innovation Management and Industrial Engineering   2009年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Integrated Text Miner for FactGraph-based Trend Analysis 査読

     

    HCI International 2009   2009年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • FACT-Graphを用いたトレンド分析支援ツールの開発 査読

     

    第8回情報科学技術フォーラム   2009年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Competition state Visualization Technique for Sales and its Application 査読

     

    The Twenty Tow International Conference on Industrial Engineering & Other Applications Applied Intelligent Systems   2009年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • FACT-Graph: 頻度と共起度を用いたトレンド可視化 査読

    佐賀亮介; 寺地雅弘; 辻洋

    電気学会論文誌 C (電子・情報・システム部門誌) 電気学会   129 ( 3 )   545 - 552   2009年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • FACT-Graph を用いたトレンド分析支援ツールの開発 査読

    佐賀亮介 他

    FIT2008   2009年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • FACT-Graph: trend visualization by frequency and co-occurrence 査読

    Ryosuke Saga, Masahiro, TerachiZhongqi Sheng, Hiroshi Tsuji

     KI 2008: Advances in Artificial Intelligence Springer   308 - 315   2008年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 頻度と鮮度に基づいた共起グラフの推移情報表示環境 査読

     

    第35回情報システム研究会   2008年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 選択肢型アンケートの回答相互関係可視化の検討 査読

     

    第34回情報システム研究会   2008年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 販売履歴に基づく商品競合可視化手法の提案 査読

     

    第34回情報システム研究会   2008年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 社会的ネットワークにおける媒介者による知識共有方式 査読

     

    第7回情報科学技術フォーラム   2008年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 暗黙的評価を用いた嗜好推移に基づくホテル推薦手法 査読

     

    情報処理学会第70回全国大会   2008年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 商品の選択履歴に基づく推薦システムの提案 査読

     

    第52回システム制御情報学会研究発表講演会   2008年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • ページの共起度とリンク価値を考慮したWebユーザビリティの向上 査読

     

    第33回情報システム研究会   2008年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Visualized Technique for Trend Analysis of News Articles 査読

     

    The Twenty First International Conference on Industrial Engineering & Other Applications Applied Intelligent Systems   2008年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Hotel Recommender System based on User's Preference Transition 査読

     

    IEEE Systems, Man & Cybernetics   2008年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Extraction and Visualization of Trend Information from Newspaper Articles and Blogs. 査読

    Nanba, Hidetsugu; Okuda, Nao; Okumura, Manabu

    NTCIR-6 Workshop Meetin   2007年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Building Weak Ties Network by X-means and Reachable Matrix 査読

     

    Human Computer Interaction   2007年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 頻度・鮮度の多面分析に基づく動向可視化 査読

     

    MuST「動向情報の要約と可視化に関するワークショップ」第二回成果進捗報告会   2007年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 頻度・鮮度の多面分析に基づく動向分析手法の提案 査読

     

    第51回システム制御情報学会研究発表講演会   2007年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 社会的ネットワークにおける中継者のランク計算法の提案 査読

     

    第51回システム制御情報学会研究発表講演会   2007年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 共起グラフの拡張によるキーワードのトレンド分析手法の提案 査読

     

    第31回情報システム研究会   2007年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • プロセス・オントロジーを用いたワークフロー管理システム 査読

     

    第51回システム制御情報学会研究発表講演会   2007年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • RESTER2: Ontology based Reusable ToDo Synthesizer 査読

     

    IEEE Systems, Man & Cybernetics   2007年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Project evaluation by e-Mail based Communication Pattern 査読

     

    Human Computer Interaction   2007年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Integrating organizational knowledge into search engine 査読

     

    19th International Conference on Industrial Engineering & Other Applications of Applied Intelligent Systems   2006年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 頻度と鮮度を考慮したテキストマイニング手法の提案とその応用 査読

     

    電気学会第27回情報システム研究会   2006年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 大学と学生のインタラクションに関するプロセスの体系化 査読

     

    第50回システム制御情報学会研究発表講演会   2006年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • ビジネスプロセス体系を用いたワークフロー連携方式について 査読

     

    電気学会第25回情報システム研究会   2006年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • キーワードの出現動向を考慮したテキストマイニング: 手法とその応用 査読

     

    第50回システム制御情報学会研究発表講演会   2006年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Trends Recognition in Journal Papers by Text Mining 査読

     

    IEEE Systems, Man & Cybernetics    2006年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • ToDo List Reusing in Ad-hoc Group Activities 査読

     

    Social Intelligence Design 2006   2006年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Three Layered Business Process Architecture for Workflow Cooperation 査読

     

    IEEE Emerging Technologies and Factory Automation   2006年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • TF・IDF法による個人メールのコミュニケーション分析 査読

     

    電気学会第25回情報システム研究会   2006年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Small World構造と弱い紐帯を用いた創造的KMシステムの提案 査読

     

    平成18年度電気関係学会関西支部連合大会   2006年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Diagnosis for Interactive Conjoint Analysis 査読

     

    International Conference on New Trends Information Science, Service Science and Data Mining   2005年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 動的計画法を用いたホテルの多重販売チャネルへの資源分配 査読

     

    電気学会第22回情報システム研究会   2005年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • ビジネスホテル予約における協調フィルタリングの推薦精度の検証 査読

     

    平成17年電気学会 電子・情報・システム部門大会   2005年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • オントロジーとユーザ評価に基づく懸案事項の再利用方式 査読

     

    電気学会第24回情報システム研究会   2005年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Hotel Room Allocation for Sales Channel by Dynamic Programming 査読

     

    10th IEEE International Conference on Emerging Technologies and Factory Automation   2005年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • User Interface for Improving Precision and Recall in Full Text Retrieval 査読

     

    11th International Conference on Human Computer Interaction   2005年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • RESTER: Reusable TODO Synthesizer 査読

     

    11th International Conference on Human Computer Interaction   2005年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Kageyama: Shortcut Integrated Agent as Search Front 査読

     

    11th International Conference on Human Computer Interaction   2005年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Collaborative Filtering versus Personal Log based Filtering: Experimental Comparison for Hotel Room Selection 査読

     

    The First International Congress of the International Federation for Systems Research   2005年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Alternative Goods Recommender by Customer´s Context-Example for Business Hotel Room Reservation- 査読

     

    The Third International Conference on Active Media Technology   2005年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Agent System for Notifying Hotel Room Reservation Alternatives 査読

     

    11th International Conference on Human Computer Interaction   2005年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • SCM Simulator with Uncertain Parameters 査読

     

    IEEE International Conference on Systems Man & Cybernetics   2004年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 汎用サーチエンジンをカスタマイズするSCIA-SFの提案と評価 査読

     

    電気学会情報システム研究会   2004年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 嗜好の計量化によるパーソナライゼーションの試み 査読

     

    平成17年電気学会全国大会   2004年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • エージェントによる商品代案推薦方式について 査読

     

    電気学会情報システム研究会   2004年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • エントロピーを用いた文書DB検索高速化のための知識抽出 査読

     

    平成16年度システム制御情報学会研究発表講演会   2004年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • アクセス元とアクセス履歴を考慮したWebページ誘導機能の提案 査読

     

    平成16年度システム制御情報学会研究発表講演会   2004年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Taming Search Engine for Knowledge Sharing 査読

     

    Social Intelligence Design 2005   2004年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • SCMシミュレータにおける不確定要素の取扱いに関する試み 査読

     

    平成16年度システム制御情報学会研究発表講演会   2004年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • SCMシミュレータにおけるポリシィとキャパシティの組込に関する提案 査読

    金蔵 武史, 佐賀 亮介, 辻 洋

    平成15年度システム制御情報学会研究発表講演会   2003年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Distributed Object Based Simulator LOSIMOPU 査読

     

    International Resource Management Associates   2003年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • SCMシミュレータ向けe-Marketplaceの試作 査読

    佐賀 亮介, 金蔵 武史, 辻 洋

    平成15年度システム制御情報学会研究発表講演会   2003年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Framework of e-Marketplace for concurrent SCM Simulator 査読

     

    International Conference on System Man & Cybernetics   2003年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Embedding Policy and Capacity in Concurrent SCM Simulator 査読

     

    International Conference on System Man & Cybernetics   2003年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 第3世代のサービスイノベーション研究会

    小坂道隆,秋吉政徳、平松綾子、船橋誠壽( 担当: 共著)

    社会評論社  2017年03月 

  • Visualization of Customer Expectations from Web Text using Co-Occurrence Graph and Auto-labeling in the Service Market

    R. Saga, N. Ohkusa, T. Yamashita( 担当: 共著)

    Proceedings of the 12th International Joint Confer  2017年 

  • Preliminary Survey for Multigraph Integration and Visualization Framework

    R. Saga( 担当: 共著)

    HCI International 2017 - Posters' Extended Abstrac  2017年 

  • Quantitative Evaluation for Edge Bundling by Difference of Edge Lengths and Area Occupation

    Saga, Ryosuke; Kaisaku, Naoki; Tsuji, Hiroshi( 担当: 共著)

    Springer International Publishing  2016年06月 

  • Edge Bundling in Multi-attributed Graphs

    Yamashita, Takafumi; Saga, Ryosuke( 担当: 共著)

    Springer International Publishing  2015年07月 

  • Relearning Process for SPRT in Structural Change Detection of Time-Series Data

    Ryosuke Saga; Naoki Kaisaku, Hiroshi Tsuji( 担当: 共著)

    Springer-Real World Data Mining Applications  2014年11月 

  • Social Experimentation for Reference and Evaluation based Energy Saving Advisory System

     ( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  2013年 

  • Improvement of Visualization Expression by Splitting into Multiple Databases on FACT-Graph

     ( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  2013年 

  • Comparison Analysis for Text Data by Integrating Two FACT-Graphs

     ( 担当: 共著)

    Springer-Verlag, Smart Innovation  2012年 

  • Relearning Process for SPRT in Structural Change Detection of Time Series

     ( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  2012年 

  • Evaluating Recommender System Using Multiagent-Based Simulator

     ( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  2012年 

  • Knowledge Discovery in Web Access Log of E-commerce Site with FACT-Graph and Sequential Probability Ratio Test

     ( 担当: 共著)

    IOS Press  2012年 

  • GPGPU Implementation of fuzzy Rule-Based Classifiers

     ( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  2012年 

  • Comparison Analysis for Editorials by Reversible FACT-Graph

     ( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  2011年 

  •  Proposal of Recommender System Simulator Based on Small-World Model

     ( 担当: 共著)

       2011年 

  • 創造的開発技法を用いた消費者意見からの購入要因の抽出および定量化

     ( 担当: 共著)

       2011年 

  • Visualized Preference Transition Network Based on Recency and Frequency

     ( 担当: 共著)

       2011年 

  • FACT-Graph in Web Log Data

     ( 担当: 共著)

    A. Konig et al.  2011年 

  • Development and case study of trend analysis software based on FACT-Graph

     ( 担当: 共著)

       2010年 

  • FACT-Graph : 頻度と共起度を用いたトレンド可視化

     ( 担当: 共著)

    電気学会C部門  2009年 

  • Integrated Text Miner for FactGraph-based Trend Analysis

     ( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  2009年 

  • Competition state Visualization Technique for Sales and its Application

     ( 担当: 共著)

    Springer, Stdies in Computational Intelligence  2009年 

  • Empirical Study for Web Usability Improvement By Page Reference Co-occurrence

     ( 担当: 共著)

    Management Information System and its Applications  2009年 

  • Visualized Technique for Trend Analysis of News Articles

     ( 担当: 共著)

    Springer-Verlag Berlin Heidelberg  2008年 

  • Sheng and H. Tsuji: FACT-Graph: Trend Visualization by Frequency and Co-occurrence

     ( 担当: 共著)

    Springer-Verlag Berlin Heidelberg  2008年 

  • Ranking Method for Mediators in Social Network

     ( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  2007年 

  • Project evaluation by e-Mail based Communication Pattern

     ( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  2007年 

  • 懸案事項の再利用知識管理システムRESTER の提案

     ( 担当: 共著)

    電気学会C部門  2006年 

  • Integrating Organizational Knowledge into Search Engine

     ( 担当: 共著)

    Springer-Verlag Berlin Heidelberg  2006年 

  • 販売履歴を用いたTPO 商品向け推薦システム

     ( 担当: 共著)

    電気学会C部門  2006年 

  • in Global Integrated Supply Chain Systems: Analysis and Design

     ( 担当: 共著)

     Idea Group  2006年 

  • N-gram全文検索におけるエントロピーを適用した高次追加院でクス検索語選択方式

     ( 担当: 共著)

    電気学会C部門  2005年 

  • 分析オブジェクトを用いたSCMシュミレータの提案

     ( 担当: 共著)

    日本経営工学会  2003年 

▼全件表示

MISC(その他記事)

産業財産権等

  • 診断支援装置及び診断支援方法

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2021-515909 

  • 撮像システム及び撮像カテーテル

    佐賀亮介, 坂本泰一, 清水克彦, 石原弘之, エントマ, ジャケクレモン, チェンステフェン

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:PCT/JP2020/037023 

    公開番号:WO/2021/065956 

  • 画像処理装置、画像処理システム、及び診断支援方法

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:17/487843 

  • 懸案事項(TODO)の組織管理方法

     

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

  • 診断支援装置及び診断支援方法

    佐賀亮介, 坂本泰一, 清水克彦, 石原弘之, エントマ, ジャケクレモン, チェンステフェン

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:PCT/JP2020/14319 

    公開番号:WO/2020/217860 

  • 診断支援装置、診断支援システム、及び診断支援方法

    佐賀亮介, 坂本泰一, 清水克彦, 石原弘之, エントマ, ジャケクレモン, チェンステフェン

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:PCT/JP2020/037036 

    公開番号:WO/2021/065963 

  • 診断支援装置及び画像表示方法

    佐賀亮介, 坂本泰一, 清水克彦, 石原弘之, エントマ, ジャケクレモン, チェンステフェン

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2020-509285 

    公開番号:WO19/189518 

  • 情報選択装置

    佐賀亮介, 坂本泰一, 清水克彦, 石原弘之, エントマ, ジャケクレモン, チェンステフェン

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2020-509286 

    公開番号:WO19/189519 

  • 画像処理装置、画像処理システム、及び診断支援方法

    佐賀亮介, 坂本泰一, 清水克彦, 石原弘之, エントマ, ジャケクレモン, チェンステフェン

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:PCT/JP2020/014276 

    公開番号:WO/2020/203873 

  • 画像処理装置、画像処理システム、及び診断支援方法

    佐賀亮介, 坂本泰一, 清水克彦, 石原弘之, エントマ, ジャケクレモン, チェンステフェン

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:PCT/JP2020/036452 

    公開番号:WO/2021/065750 

  • 診断支援装置、診断支援システム、及び診断支援方法

    佐賀亮介, 坂本泰一, 清水克彦, 石原弘之, エントマ, ジャケクレモン, チェンステフェン

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:PCT/JP2020/036433 

    公開番号:WO/2021/065746 

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • データ分析

  • 人工知能

  • サービスサイエンス

  • 情報システム

  • ナレッジマネジメント

  • データベース

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 因果関係分析

  • 情報検索

  • テキストマイニング

  • トレンド分析

  • データマイニング

  • 可視化

▼全件表示

担当授業科目

  • 知識情報システム学特別演習B

    2021年度    

  • 知識情報システム学特別演習A

    2021年度    

  • イノベーション創出型研究者養成IID

    2021年度    

  • 知識情報システム学海外インターンシップ

    2021年度   実習  

  • 知識情報システム学海外インターンシップII

    2021年度   実習  

  • 知識情報システム学卒業研究

    2021年度    

  • 知識情報システム学英語演習

    2021年度    

  • 知識情報システムの企画・計画

    2021年度    

  • 知識情報システム学演習I

    2021年度    

  • 知識情報システム学演習I

    2021年度   実習  

  • オペレーションズ・リサーチ

    2021年度    

  • 機械学習特論

    2021年度    

  • 知識情報システム学演習IV

    2021年度    

  • 知識情報システム学演習III

    2021年度    

  • 知識情報システム学演習II

    2021年度    

  • 知識情報システム学演習I

    2021年度    

▼全件表示

メディア報道

  • IT Media

    2021年08月

     詳細を見る

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2108/31/news130.html

  • PR Times

    2021年08月

     詳細を見る

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000104.000032203.html

その他

  • 研究職歴

    2013年10月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪府立大学/工学研究科/准教授