2024/04/01 更新

写真a

イシバシ オサム
石橋 宰
ISHIBASHI Osamu
担当
大学院農学研究科 生命機能化学専攻 准教授
農学部 生命機能化学科
職名
准教授
所属
農学研究院

担当・職階

  • 大学院農学研究科 生命機能化学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 農学部 生命機能化学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 理学修士 ( 東京工業大学 )

  • 博士(工学) ( 長岡技術科学大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学  / Molecular biology, Molecular pathology, RNA biology

  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学

  • ライフサイエンス / 整形外科学

研究キーワード

  • 骨代謝

  • 非コードRNA

  • バイオマーカー

  • 環境アレルギー

  • 甲状腺癌

  • G蛋白質共役受容体

  • Bone Metabolism

  • 非コードRNA

  • 破骨細胞

  • 甲状腺癌

  • 分子診断

  • ポドサイト

  • バイオマーカー

  • ハウスダストアレルギー

研究概要

  • リガンド未同定(オーファン)GPCRによる破骨細胞分化・機能制御

  • 甲状腺濾胞癌の分子診断を可能にするバイオマーカーの探索

  • 腎糸球体ポドサイト障害応答性トランスクリプトの探索と腎疾患バイオマーカーへの応用

  • 屋内環境に生息する微小昆虫チャタテムシの新規アレルゲンコンポーネントの同定と活性評価

研究歴

  • 破骨細胞選択的に高発現するオーファンGPCRの機能解析と創薬への応用

    G蛋白質共役受容体(GPCR)、オーファンGPCR、破骨細胞、ゲノム編集、CRISPR/Cas9  国内共同研究

    2013年04月 - 継続中 

  • 甲状腺濾胞癌の分子診断を可能にするバイオマーカーの探索

    甲状腺濾胞癌、分子診断、バイオマーカー  国内共同研究

    2012年04月 - 継続中 

  • 腎糸球体ポドサイト障害応答性トランスクリプトの探索と腎疾患バイオマーカーへの応用

    ポドサイト、糸球体障害  国内共同研究

    2013年04月 - 継続中 

  • 屋内環境アレルゲンである微小昆虫チャタテムシの新規アレルゲンコンポーネントの同定とアレルギー診断法の開発

    ヒラタチャタテ、チャタテムシ、アレルギー、アレルゲンコンポーネント  国内共同研究

    2015年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本分子生物学会

    2014年10月 - 継続中

  • 日本生化学会

    2012年 - 継続中   国内

  • 日本生殖免疫学会

    2008年 - 継続中   国内

  • 日本RNA学会

    2007年 - 継続中   国内

  • 日本骨代謝学会

    1998年 - 継続中   国内

委員歴(学外)

  • 評議員   日本生殖免疫学会  

受賞歴

  • 第1回 関西テックプラングランプリ 企業賞(ダイキン賞、ダスキン賞)

    チームAllosergon(代表:石橋 宰)

    2023年11月   株式会社リバネス   等温核酸増幅技術に基づく高性能アレルゲン検出技術

  • 第23回日本生殖免疫学会優秀賞

    2008年12月   日本生殖免疫学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第16回日本胎盤学会相馬賞

    2008年10月   日本胎盤学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • The 2nd Joint Meeting of The American Society for Bone and Mineral Research and the International Bone and Mineral Society: Travel Award

    1998年12月   The American Society for Bone and Mineral Research and the International Bone and Mineral Society  

  • 第14回日本骨代謝学会優秀演題

    1996年07月   日本骨代謝学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

論文

  • Usefulness of ultrasonographic detective flow imaging to evaluate parathyroid adenoma in patients with primary hyperparathyroidism 査読

    Akasu, Haruki, Jikuzono, Tomoo, Matsui, Mami, Sen, Masaomi, Saitou, Marie, Ishibashi, Osamu, Sugitani, Iwao

    Journal of Nippon Medical School   ( In Press )   2024年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Review: Regulation of macrophage polarization in allergy by noncoding RNAs

    Osamu Ishibashi, Stefan A. Muljo, Zohirul Islam

    Non-coding RNA   InPress   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.51094/jxiv.499

  • Identification of a novel carboxylesterase dominantly expressed in the booklouse, Liposcelis bostrychophila

    Ishibashi O.

    Journal of Stored Products Research   104   2023年12月( ISSN:0022-474X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jspr.2023.102179

  • Usefulness of ultrasonographic detective flow imaging to diagnose parathyroid tumors: two case reports.

    Mami Matsui, Tomoo Jikuzono, Shoko Kure, Osamu Ishibashi, Haruki Akasu, Iwao Sugitani

    Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi   2022年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    Parathyroid tumors (PTs) are sometimes difficult to diagnose because they are small and have a low-velocity blood flow, which can be missed by current imaging modalities. PTs consist of parathyroid adenoma (PA), parathyroid cyst, and parathyroid carcinoma (PC). Detective flow imaging (DFI) is a new imaging technology that displays a low-velocity blood flow. Herein, we report two cases in which DFI was useful for the diagnosis of PTs. One case consisted of a PA and a parathyroid cyst in close proximity, and the other was a PC. To the best of our knowledge, this is the first report to demonstrate the usefulness of DFI in the diagnosis of PTs.

    DOI: 10.1272/jnms.JNMS.2023_90-604

    PubMed

  • Associations of AminoIndex Cancer Screening (Breast) Grade with Clinical and Laboratory Variables.

    Tomoo Jikuzono, Osamu Ishibashi, Shoko Kure, Yumi Ohmae, Toshimichi Ohmae

    Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi   89 ( 4 )   377 - 383   2022年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    BACKGROUND: Altered metabolism in the blood of cancer patients is closely related to changes in amino acids. Amino acids play an important physiological role as essential metabolites and regulators of metabolism. AminoIndex Cancer Screening (AICS) uses multivariate analysis of plasma-free amino acid profiles to screen for seven cancer types, including breast cancer. METHODS: To determine the clinical utility of AICS (breast), we retrospectively analyzed associations of AICS (breast) score with clinical and laboratory variables in 390 patients who underwent AICS (breast) testing. The mean age of participants was 50.7 years (range: 26-87 years) and all were female. RESULTS: The AICS (breast) grade was A, B, and C for 250 (64.1%), 90 (23.1%), and 50 (12.8%) participants, respectively. AICS (breast) was significantly correlated with AICS (gastric) (r = 0.487, p < 0.0001) and AICS (lung) (r = 0.523, p < 0.0001). Multivariate linear regression analysis showed no significant difference of AICS (breast) grade with age, body mass index, estimated glomerular filtration rate, dyslipidemia, or blood pressure. However, neutrophil-to-lymphocyte ratio significantly differed in relation to AICS (breast) grade (cut-off value, 1.7; p = 0.030), although only data from 72 patients were analyzed. CONCLUSION: To our knowledge, this is the first study to report associations of AICS (breast) grade with clinical variables.

    DOI: 10.1272/jnms.JNMS.2022_89-403

    PubMed

  • The Role of miR-217-5p in the Puromycin Aminonucleoside-Induced Morphological Change of Podocytes 招待 査読

    Osamu Ishibashi, Mika Hayashi, Aya Horikawa, Hitoshi Owada, Ryotaro Miyamoto, Naoya Mizukami, Takashi Inui

    Non-coding RNA   8 ( 3 )   2022年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/ncrna8030043

    PubMed

  • Use of ultrasonographic shear wave measurements to diagnose thyroid metastasis from breast carcinoma.

    Masae Hoshi, Tomoo Jikuzono, Shigekazu Suzuki, Osamu Ishibashi, Yoko Kawamoto, Shoko Kure, Masashi Kawamoto, Ryuji Ohashi, Iwao Sugitani

    Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi   2022年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    A metastatic thyroid tumor (MTT) arising from breast carcinoma (BC) is rare and sometimes difficult to diagnose. We present a case of MTT from BC; we suspected anaplastic thyroid carcinoma at initial presentation. The patient was a 58-year-old female with a hard nodule in the right anterior neck and a history of breast cancer. Computed tomography indicated tumors on both thyroid lobes, and ultrasonography (US) with shear wave measurement (SWM) showed malignant features. We performed fine needle aspiration cytology (FNAC), the results of which led us to strongly suspect MTT from BC. The surgically resected specimen was evaluated histopathologically, including by immunohistochemistry (IHC), and the diagnosis was confirmed. In addition to FNAC and IHC, SWM is useful to diagnose MTT from BC.

    DOI: 10.1272/jnms.JNMS.2023_90-501

    PubMed

  • RNA recovery from specimens of duct-washing cytology performed contemporaneously with mammary ductoscopy. 査読

    Tomoo Jikuzono, Eriko Manabe, Shoko Kure, Haruki Akasu, Tomoko Ishikawa, Yoko Fujiwara, Masujiro Makita, Osamu Ishibashi

    BMC research notes   15 ( 1 )   34 - 34   2022年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    OBJECTIVE: Conventional cytological diagnosis including duct-washing cytology (DWC) is sometimes performed using ductal epithelial cells collected during mammary ductoscopy; it is useful for detection of early-stage breast cancer such as ductal carcinoma in situ (DCIS). However, conventional cytological diagnosis focuses exclusively on cellular morphology; false negatives and false positives may be caused by inadequate specimen preparation (triggering cell degeneration) or poor examiner diagnostic skills. Molecular diagnosis using RNA biomarkers is expected to compensate for the weaknesses of cytological diagnosis. We previously employed microarray analysis to identify highly expressed genes in DCIS, suggesting that they may be useful for DCIS diagnosis. Here, we explored whether DWC samples yielded RNA of sufficient quantity and quality for RNA biomarker-based diagnosis. RESULTS: We extracted RNAs from 37 DWC samples. RNA from 12 samples exhibited RNA integrities of  ≥ 6, indicative of moderate-to-high quality. We then showed that cocaine and amphetamine regulated transcript prepropeptide (CARTPT) and breast cancer-associated transcript 54 (BRCAT54) mRNA-previously shown by microarray analysis to be highly expressed in DCIS-were detectable in these samples. Therefore, DWC samples may be useful for molecular diagnosis involving RNA biomarkers.

    DOI: 10.1186/s13104-022-05928-1

    PubMed

  • VsN, a Reliability-index of Shear-wave Measurement in Sonoelastography, Is Useful for the Diagnosis of Thyroid Tumor Malignancy 査読

    Jikuzono T, Ishibashi O, Kure S, Itoh C, Yamada T, Sugitani I.

    In Vivo 雑誌   36 ( 1 )   264 - 273   2022年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Structure-based prediction of the IgE epitopes of the major dog allergen Can f 1. 査読

    Nakatsuji M, Sugiura K, Suda K, Sakurai M, Ubatani M, Muroya H, Okubo R, Noguchi R, Kamata Y, Fukutomi Y, Ishibashi O, Nishimura S, Inui T.

    FEBS J. 雑誌   2021年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Microarray analysis of ductal carcinoma in situ samples obtained by puncture from surgical resection specimens 査読

    Tomoo Jikuzono, Eriko Manabe, Shoko Kure, Haruki Akasu, Tomoko Ishikawa, Yoko Fujiwara, Masujiro Makita, Osamu Ishibashi

    BMC Research Notes 雑誌 BMC   14 ( 1 )   2021年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Clinical Utility of Fine Needle Aspiration Cytology for Adenoid Cystic Carcinoma of the Trachea with Thyroid Invasion: A Case Report 査読

    Tomoo Jikuzono, Shigekazu Suzuki, Osamu Ishibashi, Shoko Kure, Atsuko Sakanushi, Munenaga Nakamizo, Masashi Kawamoto, Ryuji Ohashi, Tetsu Yamada, Iwao Sugitani

    Journal of Nippon Medical School 雑誌   2021年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Microarray analysis of formalin-fixed, paraffin-embedded follicular thyroid carcinoma samples from patients who developed postoperative distant metastasis. 査読

    Jikuzono T, Ishikawa T, Hirokawa M, Sugitani I, Ishibashi O.

    BMC Res. Notes, 13, 241, 2020. 雑誌   13 ( 241 )   2020年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Crystal structure of the dog allergen Can f 6 and structure-based implications of its cross-reactivity with the cat allergen Fel d 4. 査読

    Yamamoto K†, Ishibashi O†, Sugiura K, Ubatani M, Sakaguchi M, Nakatsuji M, Shimamoto S, Noda M, Uchiyama S, Fukutomi Y, Nishimura S, Inui T

    Sci. Rep. 雑誌   9   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Gpr137b is an orphan G-protein-coupled receptor associated with M2 macrophage polarization. 査読

    Islam Z, Inui T, Ishibashi O

    Biochem. Biophys.Res. Commun. 雑誌   509   657 - 663   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Datasets of microarray analysis to identify Gpr137b-dependent interleukin-4-responsive genes in the mouse macrophage cell line RAW264. 査読

    Islam Z, Inui T, Ishibashi O

    Data Brief 雑誌   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A novel splicing variant of small nucleolar RNA host gene 4 is a podocyte-selective non-coding RNA upregulated in response to puromycin aminonucleoside-induced podocyte injury. 査読

    Horikawa A, Yoneda T, Yaoita E, Yamaguchi K, Shigenobu S, Kuramochi M, Yamate J, Inui T, Ishibashi O

    J. Biochem. 雑誌   165 ( 5 )   447 - 454   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Proteinase K treatment improves RNA recovery from thyroid cells fixed with liquid-based cytology solution. 査読

    Jikuzono T, Horikawa A, Ishikawa T, Hirokawa M, Sugitani I, Inui T, Ishibashi O

    BMC Res. Notes 雑誌   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • MiR-141-3p is upregulated in esophageal squamous cell carcinoma and targets pleckstrin homology domain leucine-rich repeat protein phosphatase-2, a negative regulator of the PI3K/AKT pathway. 査読

    Ishibashi O, Akagi I, Ogawa Y, Inui T

    Biochem. Biophys.Res. Commun. 雑誌   501   507 - 513   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Lip b 1 is a novel allergenic protein isolated from the booklouse, Liposcelis bostrychophila.

    Ishibashi O, Sakuragi K, Fukutomi Y., Kawakami Y, Kamata Y, Sakurai M, Nakayama S, Uchiyama H, Kobayashi H, Kojima H, Inui T

    Allergy   72   918 - 926   2017年

  • RNA-Seq analysis of human cell lines established from normal and neoplastic esophageal squamous epithelium. 査読

    Akagi I, Ishibashi O

    Genom. Data 雑誌   5   4 - 6   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Development of pH-Independent Drug Release Formulation Using Lipocalin-Type Prostaglandin D Synthase 査読

    Mizoguchi M, Nakatsuji M, Takano J, Ishibashi O, Wada K, Inui T

    J. Pharm. Sci. 雑誌   105   2735 - 2742   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Novel Characteristics of Trypanosoma brucei Guanosine 5'-monophosphate Reductase Distinct from Host Animals. 査読

    Bessho T, Okada T, Kimura C, Shinohara T, Tomiyama A, Imamura A, Kuwamura M, Nishimura K, Fujimori K, Shuto S, Ishibashi O, Kubata BK, Inui T

    PLoS Negl. Trop. Dis 雑誌   10   2016年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • miR-200a, miR-200b and miR-429 Are Onco-miRs that Target the PTEN Gene in Endometrioid Endometrial Carcinoma. 査読

    Yoneyama, K., Ishibashi, O., Kawase, R., Kurose, K., Takeshita, T.

    Anticancer Res. 雑誌   35 ( 3 )   1401 - 1410   2015年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Novel Characteristics of Trypanosoma brucei Guanosine 5’-monophosphate Reductase Distinct from Host Animals.

    Bessho, T., Okada, T., Kimura, C., Shinohara, T., Tomiyama, A., Imamura, A., Kuwamura, M., Nishimura, K., Fujimori, K., Shuto, S., Ishibashi, O., Kubata, K., Inui, T.

    PLOS Negl. Trop. Dis.   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Human Lipocalin-type Prostaglandin D Synthase-Based Drug Delivery System for Poorly Water-Soluble Anti-Cancer Drug SN-38. 査読

    Nakatsuji, M., Inoue, H., Kohno, M., Saito, M., Tsuge, S., Shimizu, S., Ishida, A., Ishibashi, O., Inui, T.

    PLOS ONE 雑誌   10 ( e0142206 )   2015年

  • Dataset of microarray analysis to identify endoglin-dependent bone morphogenetic protein-2-responsive genes in the murine periodontal ligament cell line PDL-L2. 査読

    Ishibashi, O., Inui, T.

    Genomics Data 雑誌   2   24 - 26   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Interactions between the non-seed region of siRNA and RNA-binding RLC/RISCproteins, Ago and TRBP, in mammalian cells. 査読

    Takahashi, T., Zenno, S., Ishibashi, O., Takizawa, T., Saigo, K., Ui-Tei, K.

    Nucleic Acids Research 雑誌   42   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Comprehensive Analysis of MicroRNA and mRNA Expression in Normal and Tumorous Human Esophageal Squamous Cell Lines Using Microarray Datasets. 査読

    Akagi, I., Ishibashi, O., Matsutani, T., Hagiwara, N., Matsuda, A., Nomura, T., Makino, H., Yoshida, H., Miyashita, M., Uchida, E.

    Dataset Papers Sci. 雑誌   376541   2014年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Bone Morphogenetic Protein-2 Desensitizes MC3T3-E1 Osteoblastic Cells to Estrogen Through Transcriptional Downregulation of Estrogen Receptor 1. 査読

    Ishibashi, O.

    Journal of Bone Metabolism 雑誌   20   2013年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Hydroxysteroid (17-beta) dehydrogenase 1 is dysregulated by mir-210 and mir-518c that are aberrantly expressed in preeclamptic placentas: A novel marker for predicting preeclampsia. 査読

    Ishibashi, O.#, Ohkuchi, A.#, Ali, M.M., Kurashina, R., Luo, S-S., Ishikawa, T., Takizawa, T., Hirashima, C, Takahashi, K., Migita, M., 他7名(#共同筆頭著者)

    Hypertension. 雑誌   2012年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Plasma level of hydroxysteroid (17-beta) dehydrogenase 1 in the second trimester is an independent risk factor for predictiong preeclampsia after adjusting for the effects of mean blood pressure, bilateral notching and plasma level of soluble fms-like tyrosine kinase 1/placental growth factor ratio. 査読

    Ohkuchi, A.†, Ishibashi, O.†, Hirachima, C., Takahashi, K., Matsubara, S., Takizawa, T., *Suzuki, M. (†共筆頭著者)

    Hypertension Research 雑誌   35   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • MiR-21 is enriched in the RNA-induced silencing complex and targets COL4A1 in human granulosa cell lines. 査読

    Mase, Y., Ishibashi, O., Ishikawa, T., Takizawa, T., Kiguchi, T., Ohba, T., Katabuchi, H., Takeshita, T., Takizawa, T.

    Reproductive Sciences 雑誌   19   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Short RNA duplexes elicit RIG-I-mediated apoptosis in a cell type- and length-dependent manner. 査読

    Ishibashi, O., Ali, M.M., Luo, S-S., Ohba, T., Katabuchi, H., Takeshita, T., Takizawa, T.

    Science Signaling 雑誌   4   2011年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Relationship between altered expression levels of miR21, miR143, miR145, and miR205 and clinicopathologic features of esophageal squamous cell carcinoma. 査読

    Akagi, I., Miyashita, M., Ishibashi, O., Mishima, T., Kikuchi, K., Makino, H., Nomura, T., Hagiwara, N., Uchida, E., Takizawa, T.

    Disease of the Esophagus 雑誌   24   523 - 530   2011年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Real-time PCR-based microRNAome of human bile detects miR-9 as a potential diagnostic biomarker for biliary tract cancer. 査読

    Shigehara, K., Yokomuro, S., Ishibashi, O., Mizuguchi, Y., Arima, Y., Kawahigashi, Y., Kanda, T., Akagi, I., Tajiri, T., Takizawa, T., 他2名

    PLoS ONE 雑誌   6   2011年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of obstructive jaundice- related microRNAs in mouse Liver. 査読

    Kanda, T., Ishibashi, O., Kawahigashi, Y., Mishima, T., Kosuge, T., Mizuguchi, Y., Shimizu, T., Arima, Y., Yokomuro, S., Yoshida, H., 他3名

    Hepato-Gastroenterology 雑誌   57   1013 - 1023   2010年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Endoglin is involved in BMP-2-induced osteogenic differentiation of periodontal ligament cells through a pathway independent of Smad-1/5/8 phosphorylation. 査読

    Ishibashi, O.*, Ikegame, M., Takizawa, F., Yoshizawa, T., Matsuda, A., Ali, M.M., Iizawa, F., Mera, H., Kawashima, H.*(*共同責任著者)

    Journal of Cellular Physiology 雑誌   222   465 - 473   2010年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Human villous trophoblasts express and secrete placenta-specific microRNAs into maternal circulation via exosomes. 査読

    Luo, S.S.#, Ishibashi, O.#, Ishikawa, G.#, Ishikawa, T., Katayama, A., Mishima, T., Takizawa, T., Shigihara, T., Goto, T., Izumi, A., 他3名 (#共筆頭著者)

    Biology of Reproduction 雑誌   81   717 - 729   2009年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • MicroRNA profiling of human intrahepatic cholangiocarcinoma cell lines reveals biliary epithelial cell-specific microRNAs. 査読

    Kawahigashi, Y., Mishima, T., Mizuguchi, Y., Arima, Y., Yokomuro, S., Kanda, T., Ishibashi, O., Yoshida, H., Tajiri, T., Takizawa, T.*

    Journal of Nippon Medical School 雑誌   76   188 - 197   2009年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Chondromodulin-1 directly suppresses growth of human cancer cells. 査読

    Mera, H., Kawashima, H., Yoshizawa, T., Ishibashi, O., Ali, M.M., Hayami, T., Kitahara, H., Yamagiwa, H., Kondo, N., Ogose, A., 他2名

    BMC Cancer 雑誌   9   2009年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Overexpression of PIK3CA is associated with lymph node metastasis in esophageal squamous cell carcinoma. 査読

    Akagi, I., Miyashita, M., Makino, H., Nomura, T., Hagiwara, N., Takahashi, K., Cho, K., Mishima, T., Ishibashi, O., Ushijima, T., 他2名

    International Journal Oncology 雑誌   34   767 - 775   2009年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • MicroRNA (miRNA) cloning analysis reveals sex differences in miRNA expression profiles between adult mouse testis and ovary. 査読

    Mishima, T., Takizawa, T., Luo, S.S., Ishibashi, O., Kawahigashi, Y., Mizuguchi, Y., Ishikawa, T., Mori, M., Kanda, T., Goto, T., 他1名

    Reproduction 雑誌   136   811 - 822   2008年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • PIASxbeta is a key regulator of osterix transcriptional activity and matrix mineralization in osteoblasts. 査読

    Ali, M.M., Yoshizawa, T., Ishibashi, O., Matsuda, A., Ikegame, M., Shimomura, J., Mera, H., Nakashima, K., Kawashima, H.

    Journal of Cell Science 雑誌   120   2565 - 2573   2007年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • MMP-9 antisense oligodeoxynucleotide inhibits osteoclastic bone resorption. 査読

    Ishibashi, O.#, Niwa, S.#, Kadoyama, K., Inui, T. (#共同筆頭著者)

    Life Sciences 雑誌   79   1657 - 1660   2006年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Recruitment of osteoclasts in the mandible of osteopetrotic (op/op) mice. 査読

    Ida-Yonemochi, H., Ishibashi, O., Sakai, H., Saku, T.

    European Journal of Oral Sciences. 雑誌   112   148 - 155   2004年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Homeobox protein MSX2 acts as a molecular defense mechanism for preventing ossification in ligament fibroblasts. 査読

    Yoshizawa, T., Takizawa, F., Iizawa, F., Ishibashi, O., Kawashima, H., Matsuda, A., Endoh, N., Kawashima, H.

    Molecular and Cellular Biology 雑誌   24   3460 - 3472   2004年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Tensile stress induces alpha adaptin C production in mouse calvariae in an organ culture: possible involvement of endocytosis in mechanical stress-stimulated osteoblast differentiation. 査読

    Shimomura, J., Ishibashi, O., Ikegame, M., Yoshizawa, T., Ejiri, S., Noda, T., Kawashima, H.

    Journal of Cellular Physiology 雑誌   195   488 - 496   2003年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A cell line with characteristics of the periodontal ligament fibroblasts is negatively regulated for mineralization and Runx2/Cbfa1/Osf2 activity, part of which can be overcome by bone morphogenetic protein-2. 査読

    Saito, Y., Yoshizawa, T., Takizawa, F., Ikegame, M., Ishibashi, O., Okuda, K., Hara K, Ishibashi, K., Obinata, M., Kawashima, H.

    Journal of Cell Science 雑誌   115   4191 - 4200   2002年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Tamoxifen agonism and estrogen antagonism of c-fos gene promoter activity through non-consensus-responsive elements in MC3T3-E1 osteoblasts. 査読

    Ishibashi, O.#, Yamagishi, T.#, Hanada, K., Kawashima, H. (#共同筆頭著者)

    Biochemical and Biophysical Research Communications 雑誌   289   705 - 711   2001年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Brefeldin A inhibits osteoclastic bone resorption through induction of apoptosis. 査読

    Niwa, S.#, Ishibashi, O.#, Inui, T. (#共同筆頭著者)

    Life Sciences 雑誌   70   315 - 324   2001年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cloning and characterization of the functional promoter of mouse estrogen receptor beta gene. 査読

    Ishibashi, O., Kawashima, H.

    Biochimica et Biophysica Acta 雑誌   1519   223 - 229   2001年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Quantification of the expression levels of lysosomal cysteine proteinases in purified human osteoclastic cells by competitive RT-PCR. 査読

    Ishibashi, O., Inui, T., Mori, Y., Kurokawa, T., Kokubo, T., Kumegawa, M.

    Calcified Tissue International 雑誌   68   109 - 116   2001年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Tensile stress induces bone morphogenetic protein 4 in preosteoblastic and fibroblastic cells, which later differentiate into osteoblasts leading to osteogenesis in the mouse calvariae in organ culture. 査読

    Ikegame, M., Ishibashi, O., Yoshizawa, T., Shimomura, J., Komori, T., Ozawa, H., Kawashima, H.

    Journal of Bone and Mineral Research 雑誌   16   24 - 32   2001年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Breast cancer cells express cathepsins B and L but not cathepsins K or H. 査読

    Ishibashi, O., Mori, Y., Kurokawa, T., Kumegawa, M.

    Cancer Biochemistry and Biophysics 雑誌   17   69 - 78   1999年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Matrix metalloproteinases and lysosomal cysteine proteases in osteoclasts contribute to bone resorption through distinct modes of action. 査読

    Inui, T., Ishibashi, O., Origane, Y., Fujimori, K., Kokubo, T., Nakajima, M.

    Biochemical and Biophysical Research Communications 雑誌   289   705 - 711   1999年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Increased expression of lysosomal cysteine proteases with differentiation of HL-60 and THP-1 towards macrophage-like cells induced by phorbol ester. 査読

    Ishibashi, O.

    Journal of Biochemistry, Molecular Biology and Biophysics 雑誌   2   259 - 264   1999年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Production and characterization of two variants of human cystatin SA encoded by two alleles at the CST2 locus of the type 2 cystatin gene family. 査読

    Saitoh, E., Minaguchi, K., Ishibashi, O.

    Archives of Biochemistry and Biophysics. 雑誌   352   199 - 206   1998年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A new method to synthesize competitor RNAs for accurate analyses by competitive RT-PCR. 査読

    Ishibashi, O.

    Journal of Biochemical and. Biophysical Methods. 雑誌   35   203 - 207   1997年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cathepsin K antisense oligodeoxynucleotide inhibits osteoclastic bone resorption. 査読

    Inui, T., Ishibashi, O., Inaoka, T., Origane, Y., Kumegawa, M., Kokubo, T., Yamamura, T.

    Journal of Biological Chemistry 雑誌   272   8109 - 8112   1997年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Localization of cathepsin K in human osteoclasts by in situ hybridization and immunohistochemistry. 査読

    Littlewood-Evans, A., Kokubo, T., Ishibashi, O., Inaoka, T., Wlodarski, B., Gallagher, J., Bilbe, G.

    Bone 雑誌   20   81 - 86   1997年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A fruiting body-specific novel cDNA, mfbBc,containing continuous 5′-CCA(A/C)CA direct repeats within the coding region,derived from the basidiomycete Lentinus edodes. 査読

    Ishibashi, O., Yamazaki, T., Shishido, K.

    Mycoscience 雑誌   37   227 - 232   1996年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Basidiomycetous ras cDNA functionally replaces its homolog genes in yeast. 査読

    Ishibashi, O., Shishido, K.

    Current Genetics 雑誌   25   30 - 33   1996年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Molecular cloning of human cDNA for cathepsin K: novel cysteine proteinase predominantly expressed in bone. 査読

    Inaoka T., Bilbe G., Ishibashi, O., Tezuka K, Kumegawa M, Kokubo T.

    Biochemical and Biophysical Research Communications 雑誌   206   89 - 96   1995年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Nucleotide sequence of a ras gene from the basidiomycete Coprinus cinereus. 査読

    Ishibashi, O., Shishido, K.

    Gene 雑誌   125   233 - 234   1993年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 「カテプシンK」:骨粗鬆症ナビゲーター-骨の構造とカルシウム代謝調節機構

    石橋 宰( 担当: 共著)

    メディカルレビュー社(東京)  2001年 

     詳細を見る

    担当ページ:212-216  

  • 「カテプシンK」:最新骨粗鬆症

    石橋 宰,久米川正好

    ライフサイエンス出版(東京)  1999年 

     詳細を見る

    担当ページ:225-235  

  • Role of proteases in osteoclastic resorption: In Advances in Organ Biology

    Kokubo T, Ishibashi O, Kumegawa M( 担当: 共著)

    JAI Press Inc. (Greenwich, CT)  1999年 

     詳細を見る

    担当ページ:359-370  

講演・口頭発表等

▼全件表示

産業財産権等

  • 甲状腺濾胞癌特異的マーカー:PCT出願各国移行(米国、中国、ドイツ、英国、フランス、韓国、日本)

    石橋 宰, 軸薗智雄

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:PCT/JP20222/015687 

    公開番号:特開WO2022/210783 

  • 甲状腺濾胞癌特異的マーカー

    石橋 宰, 軸薗智雄

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2021- 57814; PCT/JP20222/015687 

    公開番号:特開WO2022/210783 

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • 甲状腺癌診断ツール開発

    カテゴリ:ライフサイエンス 

  • 環境アレルゲン検査

    カテゴリ:ライフサイエンス 

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 屋内環境中の微小昆虫チャタテムシによるアレルギーの診断と治療戦略

  • 腎糸球体ポドサイト障害応答性トランスクリプトの探索と腎疾患バイオマーカーへの応用

  • 破骨細胞選択的に高発現するオーファンGPCRの機能解析

  • 甲状腺濾胞癌の分子診断を可能にするバイオマーカーの探索

科研費

  • リバビリンによる抗原虫作用の機序解明に基づくアフリカトリパノソーマ症の新薬開発

    2023年

  • 関節内の細胞外小胞体による局所恒常性維持の機序解明

    2023年

  • 細胞診および血液検体を用いた新規甲状腺濾胞癌特異的マーカーによる術前分子診断

    2023年

  • リガンド非依存的GPCR活性化による破骨細胞の分化・機能制御の機構解明

    2023年

  • 甲状腺微小乳頭癌の個別的管理のためのバイオマーカー探索と患者報告アウトカム研究

    2022年

  • 関節内の細胞外小胞体による局所恒常性維持の機序解明

    2022年

  • リガンド非依存的GPCR活性化による破骨細胞の分化・機能制御の機構解明

    2022年

  • リバビリンによる抗原虫作用の機序解明に基づくアフリカトリパノソーマ症の新薬開発

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2022年

  • 甲状腺細胞診検体を用いた濾胞癌におけるゲノムワイド分子診断マーカーの探索

    2021年

  • 甲状腺微小乳頭癌の個別的管理のためのバイオマーカー探索と患者報告アウトカム研究

    2021年

  • 関節内の細胞外小胞体による局所恒常性維持の機序解明

    2021年

  • 重症喘息の気道に腐生する真菌へのアレルギー診断法の開発とその実態解明

    2021年

  • リガンド非依存的GPCR活性化による破骨細胞の分化・機能制御の機構解明

    2021年

  • 甲状腺細胞診検体を用いた濾胞癌におけるゲノムワイド分子診断マーカーの探索

    2020年

  • リガンド非依存的GPCR活性化による破骨細胞の分化・機能制御の機構解明

    2020年

  • 関節軟骨修復に寄与するマイクロRNAの探索

    2020年

  • 重症喘息の気道に腐生する真菌へのアレルギー診断法の開発とその実態解明

    2020年

  • 甲状腺微小乳頭癌の個別的管理のためのバイオマーカー探索と患者報告アウトカム研究

    2020年

  • 低アレルゲン化ワクチンを用いたアレルゲン免疫療法によるイヌアレルギー治療への挑戦

    2019年

  • 関節軟骨修復に寄与するマイクロRNAの探索

    2019年

  • 甲状腺細胞診検体を用いた濾胞癌におけるゲノムワイド分子診断マーカーの探索

    2019年

  • リガンド非依存的GPCR活性化による破骨細胞の分化・機能制御の機構解明

    2019年

  • 低アレルゲン化ワクチンを用いたアレルゲン免疫療法によるイヌアレルギー治療への挑戦

    2018年

  • 破骨細胞特異的Gタンパク質共役受容体GPR137Bの機能解析と制御化合物探索

    2018年

  • 関節軟骨修復に寄与するマイクロRNAの探索

    2018年

  • 低アレルゲン化ワクチンを用いたアレルゲン免疫療法によるイヌアレルギー治療への挑戦

    2017年

  • 破骨細胞特異的Gタンパク質共役受容体GPR137Bの機能解析と制御化合物探索

    2017年

  • 破骨細胞特異的Gタンパク質共役受容体GPR137Bの機能解析と制御化合物探索

    2016年

  • GMP reductaseを標的とした新規アフリカ睡眠病治療薬の開発

    2015年

  • 癌指向性を有する難水溶性薬剤内包タンパク質ナノカプセルの開発とDDSへの応用

    2015年

  • GMP reductaseを標的とした新規アフリカ睡眠病治療薬の開発

    2014年

  • 癌指向性を有する難水溶性薬剤内包タンパク質ナノカプセルの開発とDDSへの応用

    2014年

  • GMP reductaseを標的とした新規アフリカ睡眠病治療薬の開発

    2013年

  • 癌指向性を有する難水溶性薬剤内包タンパク質ナノカプセルの開発とDDSへの応用

    2013年

  • 妊娠高血圧症候群に伴う蛋白尿発症に関わるマイクロRNAの同定と機能解析

    2013年

  • 妊娠高血圧症候群に伴う蛋白尿発症に関わるマイクロRNAの同定と機能解析

    2012年

▼全件表示

受託研究

  • 体液中マイクロRNAの直接定量に基づく新しい病態診断基盤技術の開発

    国立研究開発法人科学技術振興機構  2013年

  • インテリジェンス型エクソソームを用いた癌指向性核酸デリバリーシステムの開発

    国立研究開発法人科学技術振興機構  2013年

  • インテリジェンス型エクソソームを用いた癌指向性核酸デリバリーシステムの開発

    独立行政法人科学技術振興機構  2012年

奨励寄附金・助成金

  • カルボキシルエステラーゼ阻害剤を共力剤とした貯穀害虫ヒラタチャタテの駆除の試み

    飯島藤十郎記念食品科学振興財団  令和5年度飯島藤十郎記念食品科学振興財団学術研究助成  2023年04月

  • 食品害虫であるチャタテムシに対する防虫・殺虫効果を有する食用植物由来天然物の探索

    公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団  2020年

  • 貯穀害虫チャタテムシに対する駆除法開発へ向けた統合オミクスによる基盤研究

    公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団  2017年

  • 体液中マイクロRNAの直接定量に基づく新しい癌診断技術の開発

    公益財団法人黒住医学研究振興財団  黒住医学研究振興財団 第21回研究助成金  2014年04月

  • 体液中マイクロRNAの直接定量に基づく新しい癌診断技術の開発

    公益財団法人 黒住医学研究振興財団  黒住医学研究振興財団 第21回研究助成金  2013年04月

研究員受入実績

  • 2022年度  研究員数:2名

独自項目・特記事項(研究活動)

  • 2024年度

     詳細を見る

    独自項目:Sigma Xi full member (2024.02~)

担当授業科目

  • 生物無機化学

    2023年度   週間授業   大学

  • 生体高分子機能学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • バイオインフォマティクス特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • ゲノム創薬学

    2023年度   集中講義   大学

  • 創薬科学実習II

    2023年度   集中講義   大学

  • 創薬科学実習I

    2023年度   集中講義   大学

  • 生命機能化学概論

    2023年度   週間授業   大学

  • 生物物理化学実験

    2023年度   週間授業   大学

  • 創薬科学実習1

    2023年度   集中講義   大学

  • 創薬科学のすすめ

    2023年度   週間授業   大学

  • 基礎化学実験

    2023年度   週間授業   大学院

  • バイオインフォマティクス基礎実習

    2023年度   週間授業   大学

  • 科学英語B

    2023年度   集中講義   大学

  • 生物物理化学実験

    2023年度   週間授業   大学

  • 生命機能化学研究プレゼンテーション

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生命機能化学特論B

    2023年度   週間授業   大学院

  • 初年次ゼミナール

    2022年度   週間授業   大学

  • 創薬科学のすすめ

    2022年度   週間授業   大学

  • 生体高分子機能学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • バイオインフォマティクス特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • ゲノム創薬学

    2022年度   集中講義   大学

  • 創薬科学実習I

    2022年度   集中講義   大学

  • 生命機能化学概論

    2022年度   週間授業   大学

  • 生物無機化学

    2022年度   週間授業   大学

  • 生命機能化学研究プレゼンテーション

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生命機能化学特論B

    2022年度   週間授業   大学院

  • 生物物理化学実験

    2022年度   週間授業   大学

  • 食品衛生学実習

    2022年度   集中講義   大学

  • 生命環境科学入門

    2022年度   週間授業   大学院

  • ゲノム創薬学

    2021年度    

  • 創薬科学実習I

    2021年度   実習  

  • 生体高分子機能学特論

    2021年度    

  • 生物無機化学

    2021年度    

  • 創薬科学のすすめ

    2021年度    

  • 生命環境科学入門

    2021年度    

  • バイオインフォマティクス特論

    2021年度    

  • 生命機能化学概論

    2021年度    

  • 生物物理化学実験

    2021年度   実習  

▼全件表示

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:2名 

    修士論文審査数(主査):1件  修士論文審査数(副査):3件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:2名 

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):4件

社会貢献活動

  • 公大講座「ダニやカビだけではない~ハウスダスト中に含まれる多様なアレルゲン~」

    役割:講師

    大阪公立大学  2023年度公大講座  2023年11月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

  • 大阪女子大学同窓会斐文会・秋の講座「骨粗鬆症のおはなし ~いつまでも健康な骨であるために~」

    役割:講師

    大阪女子大学同窓会斐文会  大阪女子大学同窓会斐文会・秋の講座  2023年11月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • NPO法人科学映像館を支える会 アドバイザー

    役割:運営参加・支援

    科学映像館  2021年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:インターネット

  • 出前講義 コンピュータを用いて探る核酸分子の「かたち」と「役割」

    2019年04月 - 2020年03月

  • 府大講座 「骨粗鬆症のおはなし ~いつまでも健康な骨であるために~ 」

    2012年04月 - 2013年03月

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • コンピュータを用いて探る核酸分子の「かたち」と「役割」

    分野:農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 看護学(看護,性教育)

     詳細を見る

    対象:小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 市民団体

    生物の遺伝情報の担ぎ手であるRNAやDNAといった核酸分子の構造は複雑であり、そのことにより様々な役割・機能を果たしています。世界中の多くの研究者が、その構造や機能を解き明かすために日々実験に励んでいますが、それでもなお解明されていないことは多く残されています。最近、生命科学における情報科学の応用(バイオインフォマティクス)が急速に進み、優れたアルゴリズムが開発されてきたことにより、コンピュータを用いて生体分子の構造や機能を高精度で推測することができるようになりました(in silico解析)。本講義では、核酸分子、特にRNA分子のin silico解析についてわかりやすく解説します。

  • 骨粗鬆症のおはなし ~いつまでも健康な骨であるために~

    分野:農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育)

     詳細を見る

    対象:小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 市民団体

    キーワード:骨粗鬆症 

     骨粗鬆症は、骨量が減少し、骨がスカスカで脆くなった状態である。超高齢化時代に突入している日本にとって、今後さらなる増加が予想される骨粗鬆症への対策は喫緊の課題である。骨粗鬆症による骨折は、しばしば寝たきりの原因ともなり、医療のみならず介護・福祉の面でも深刻な問題である。しかし一方で、骨粗鬆症は、日常生活への配慮によって予防が見込める疾患である。この講義では、私達の骨の基本的な構造や役割を説明し、骨粗鬆症発症を防ぐために注意すべき点、さらに、不幸にして発症してしまった場合の治療法に関して概説する。

  • アレルギー性呼吸器疾患の原因 ~ ハウスダストに含まれる多様なアレルゲン

    分野:生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学)

     詳細を見る

    SDGs:

    対象:中学生, 高校生, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, 行政機関, メディア

    キーワード:アレルギー;ハウスダスト 

    昆虫等、注目されることのないハウスダストアレルゲンを原因とするアレルギー性疾患についての概説

学術貢献活動

  • Cancer Screening and Prevension

    2021年10月 - 継続中

  • Non-coding RNA (MDPI)

    役割:企画立案・運営等

    2021年10月 - 継続中

  • Journal of Bone Metabolism

    2014年08月 - 継続中

  • SM Journal of Gynecology and Obstetrics

    2014年 - 継続中

  • Journal of Dentistry and Oral Health

    2014年 - 継続中

  • Journal of Advanced Techniques in Biology and Medicine

    2013年09月 - 2017年08月

  • Advances in Medicine

    2013年 - 2018年09月

  • Datasets Papers in Science

    2012年 - 2017年03月

▼全件表示

外国人受入実績

  • 2015年度

    留学生受入数 :1名

国際交流活動

  • アメリカ国立衛生研究所(NIH)研究員(Dr. S. Muljo & Dr. Z. Islam)との総説論文共同執筆
    DOI: 10.3390/ncrna9060075

    活動区分 :研究

    活動国 :米国   2023年04月 - 2023年12月

その他

  • バイオインフォマティクス技術者検定試験合格

    2023年 - 継続中

  • 遺伝子分析科学認定士(初級)資格

    2023年 - 継続中

  • 第1種放射線取扱主任者免状

  • エックス線作業主任者資格