2022/07/14 更新

写真a

カミタニ シゲキ
神谷 重樹
KAMITANI SHIGEKI
担当
大学院生活科学研究科 生活科学専攻 教授
生活科学部 食栄養学科
職名
教授
所属
生活科学研究院
連絡先
メールアドレス
ホームページ
所属キャンパス
羽曳野キャンパス

担当・職階

  • 大学院生活科学研究科 生活科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 生活科学部 食栄養学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 千葉大学 )

  • 理学修士 ( 京都大学 )

  • 工学士 ( 大阪府立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 食品科学

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学

  • ライフサイエンス / 構造生物化学  / 構造生物化学

  • ライフサイエンス / 細胞生物学  / 細胞生物学

  • ライフサイエンス / 分子生物学  / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 細菌学  / 細菌学

  • ライフサイエンス / 食品科学

  • ライフサイエンス / 細菌学

  • ライフサイエンス / 社会系歯学

  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学

▼全件表示

研究キーワード

  • 生活習慣病

  • 口腔細菌叢

  • 歯周病

  • 結晶構造

  • 宿主特異性

  • 細菌毒素

  • 病原因子

  • 病原細菌

  • 病原因子

  • 生活習慣病

  • 歯周病

  • 抗菌活性

  • 口腔細菌叢

  • メダカ

研究概要

  • 歯周病原細菌に対する抗菌作用を持つ食品成分の探索

  • 生活習慣病と歯周病現細菌と病態モデルの作製と応用

  • ライフステージと口腔細菌叢の構造との関連の解析

  • 細菌の病原因子の作用機構の解明

研究歴

  • 歯周病原細菌に対する抗菌作用を持つ食品成分の探索

    国内共同研究

    2013年04月 - 継続中 

  • 生活習慣病と歯周病現細菌と病態モデルの作製と応用

    国内共同研究

    2016年04月 - 継続中 

  • ライフステージと口腔細菌叢の構造との関連の解析

    国内共同研究

    2016年04月 - 継続中 

  • 歯周原細菌の病原因子の解析

    歯周病、病原因子  国内共同研究

    2013年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本栄養・食糧学会

    2015年04月 - 継続中   国内

  • 日本細菌学会

    2004年 - 継続中   国内

  • 毒素シンポジウム

    2004年 - 継続中   国内

  • 日本生化学会

    1990年 - 継続中   国内

  • 日本分子生物学会

    1990年 - 継続中   国内

  • 日本化学会

    1989年 - 1992年   国内

▼全件表示

論文

  • Analysis of the Effects of Food Additives on <i>Porphyromonas gingivalis</i>. 査読

    Shinohara M, Maetani M, Kitada C, Nishigami Y, Yazawa A, Kamitani S

    Pathogens (Basel, Switzerland)   11 ( 1 )   2022年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/pathogens11010065

    PubMed

  • Analysis of Chewing and Preference Characteristics of Raphanus sativus L. cv. Tanabe after Cooking using Different Methods.

    Yamashita E, Takao R, Ogawa Y, Yoshida Y, Kamitani S.

    Jpn J Health Fit Nutr 雑誌   2021年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Crystal structure of pathogenic Staphylococcus aureus lipase complex with the anti-obesity drug orlistat. 査読

    Kitadokoro K, Tanaka M, Hikima T, Okuno Y, Yamamoto M, Kamitani S

    Scientific reports   10 ( 1 )   5469 - 5469   2020年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-020-62427-8

    PubMed

  • 噴門形成術後のダンピング症状に対してミルクの粘度調整が有効であったCHARGE症候群の一症例

    花井 美夢, 西本 裕紀子, 麻原 明美, 加嶋 倫子, 伊藤 真緒, 黒川 通典, 神谷 重樹, 岡田 洋介, 錦戸 知喜, 大沼 真輔, 惠谷 ゆり, 位田 忍

    New Diet Therapy   35 ( 3 )   3 - 9   2019年12月( ISSN:0910-7258

     詳細を見る

    症例は1歳4ヵ月男児で、CHARGE症候群に罹患しており、嚥下障害、食道裂孔ヘルニア、胃食道逆流のため、生後4ヵ月時に胃瘻造設、噴門形成術が施行された。1歳3ヵ月時に呼吸器感染により当院に入院となり、胃瘻からミルク(濃度14.7%)200mL×5回を各1時間で注入して栄養管理を行っていた。しかし、感染改善後も活気が乏しく、ミルク注入30分後に簡易血糖測定器を用いて血糖測定を行ったところ、2時間後に血糖値118mg/dLとなり、後期ダンピング症候群と診断された。治療方針として、増粘剤を用いてミルクの粘度調整を行い、血糖コントロールすることとした。ミルク200mLに対してトロミ調整食品「トロミスマイル」1.2g(容量比0.6%)を用いて粘度調整を行い、ポンプを用いて1時間で注入したところ、30分後の血糖値は200mg/dLとなった。さらにトロミスマイル1.4g(容量比0.7%)に増量し、その後5日間の各注入30分後の血糖値は中央値108mg/dLで安定して経過した。

  • Method for absolute quantification of microbial communities by using both microarrays and competitive PCR. 査読

    Yazawa A, Kamitani S, Togawa N

    Journal of microbiological methods   165   105718 - 105718   2019年10月( ISSN:0167-7012

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.mimet.2019.105718

    PubMed

  • 日本人母子の歯周病原性細菌の分布と生活習慣(Distribution of periodontal pathogens and lifestyle habits of Japanese mothers and their children)

    Yazawa Ayaka, Okuno Yuko, Asao Sakiko, Maetani Miki, Shinagawa Hideo, Kawase Hiroki, Yoshioka Machiko, Kamitani Shigeki

    International Journal of Analytical Bio-Science   7 ( 3 )   49 - 58   2019年09月( ISSN:2187-7912

     詳細を見る

    小児の歯周病原性細菌(PP)の感染経路を明らかにするため、PPの分布と生活習慣(喫煙者の存在、歯磨き習慣、母子間での食物や食器の共有)との関係を分析した。93組の母子の歯垢検体から8種の細菌の存在を調べた結果、小児におけるFusobacterium nucleatum、Campylobacter rectusおよびTannerella forsythiaの存在が母親における存在と密接に関連していた。家庭内の喫煙者の割合は44.1%で、喫煙者は殆どが父親であった。母親(2.1±0.6回)と子供(1.7±0.7回)の歯磨き回数との間、ならびに子供と食器を共有する母親(62%)と食物を共有する母親(69%)との間に、有意な相関関係があった。しかし、PPの分布と家庭内の喫煙者の存在、歯磨き習慣、または母親との食物や食器の共有との間には相関関係はなかった。

  • BspR/BtrA, an Anti-σ Factor, Regulates the Ability of <i>Bordetella bronchiseptica</i> To Cause Cough in Rats. 査読

    Nakamura K, Shinoda N, Hiramatsu Y, Ohnishi S, Kamitani S, Ogura Y, Hayashi T, Horiguchi Y

    mSphere   4 ( 2 )   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/mSphere.00093-19

    PubMed

  • Structural insights into the unique polylactate-degrading mechanism of Thermobifida alba cutinase. 査読

    Kitadokoro K, Kakara M, Matsui S, Osokoshi R, Thumarat U, Kawai F, Kamitani S

    The FEBS journal   286 ( 11 )   2087 - 2098   2019年02月( ISSN:1742-464X

     詳細を見る

  • ‘田辺’ダイコンの根部の物性および糖含量の特性 査読

    山下 絵美, 高井 雄一郎, 北田 康祐, 山崎 基嘉, 神谷 重樹

    新近畿中国四国農業研究   2 ( 2 )   1 - 12   2019年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.24755/westernagrires.2.0_1

  • Distribution of periodontal pathogens and lifestyle habits of Japanese mothers and their children 査読

    Ayaka YAZAWA1, Yuko OKUNO, Sakiko ASAO, Miki MAETANI, Hideo SHINAGAWA2, Hiroki KAWASE, Machiko YOSHIOKA, and Shigeki KAMITANI

    International Journal of Analytical Bio-Science 雑誌   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Method for absolute quantification of microbial communities by using both microarrays and competitive PCR 査読

    Ayaka Yazawa, Shigeki Kamitani, Naoyuki Togawa.

    Journal of Microbiological Methods 雑誌   2019年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Purification, kinetic characterization, crystallization, and crystallographic study of Staphylococcus aureus lipase. 査読

    Tanaka M, Kamitani S, Kitadokoro K.

    Acta Crystallographica 雑誌   F74   567 - 570   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Influence of Pasteurella multocida Toxin on the differentiation of dendritic cells into osteoclasts. 査読

    Chakrabortya S, Kloosa B, Roetza N, Schmidta S, Eigenbroda T, Kamitani S, and Kubatzky KF.

    Immunol 雑誌   223   142 - 150   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Expression, Purification and Crystallization of Thermostable Mutant of Cutinase Est1 from Thermobifida alba. 査読

    Kitadokoro K, Matsui S, Osokoshi R, Nakata K, Kamitani S.

    Advs Biosci Biotechnol 雑誌   9   215 - 223   2018年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Association between the Porphyromonas gingivalis fimA type II genotype and the nutritional intake of elderly women. 査読

    Yazawa A, Maetani M, Takemura A, Kamitani S.

    J Life Sci Res 雑誌   15   1 - 7   2017年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/16082

  • Detection of genes expressed in Bordetella bronchiseptica colonizing rat trachea by in vivo expressed-tag immunoprecipitation method. 査読

    Abe H, Kamitani S, Fukui-Miyazaki A, Shinzawa N, Nakamura K, and Horiguchi Y.

    Microbiol Immunol 雑誌   59   249 - 261   2015年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Induction of neutral lipid-containing granules by staphylococcal lipase from clinical isolates. 査読

    Kamitani, S., Miyake, M., Hatano, M., Yutsudo, Y., Minamide, M., Kato, I., and Noda, M.

    SOJ Microbiol Infect Dis 雑誌   2 ( 2 )   1 - 7   2014年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 食中毒を引き起こすウェルシュ菌エンテロトキシンCPE の構造生物学的研究 査読

    北所健吾,西村昂亮, 神谷重樹, 堀口安彦

    日本結晶学会誌 雑誌 日本結晶学会   55   223 - 229   2013年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Substrate specificity of Pasteurella multocida toxin for _ subunits of heterotrimeric G proteins. 査読

    Orth, J.H., Fester, I., Siegert, P., Weise, M., Lanner, U., Kamitani, S., Tachibana, T., Wilson, B.A., Schlosser, A., Horiguchi, Y., and Aktories, K.

    FASEB J 雑誌   27   832 - 842   2013年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Differences Between Group X and Group V Secretory Phospholipase A2 in Lipolytic Modification of Lipoproteins. 査読

    Kamitani S, Yamada K, Yamamoto S, Ishimoto Y, Ono T, Saiga A, and Hanasaki K.

    Cell Mol Biol Lett 雑誌   17   459 - 479   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • IFN-γ elicits macrophage autophagy via the p38 MAPK signaling pathway. 査読

    Matsuzawa T, Kimb B-H, Kamitani S, Miyake M, and MacMicking JD.

    J Immunol 雑誌   189   813 - 818   2012年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Enzymatic actions of Pasteurella multocida toxin detected by monoclonal antibody recognizing the deamidated alpha subunit of the heterotrimeric GTPase Gq. 査読

    Kamitani S, Ao S, Toshima H, Tachibana T, Hashimoto M, Kitadokoro K, Fukui-Miyazaki A, Abe H, and Horiguchi Y.

    FEBS J 雑誌   278   2702 - 2712   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Bordetella dermonecrotic toxin binds to target cells via the N-terminal 30 amino acids. 査読

    Fukui-Miyazaki A, Ohnishi S, Kamitani S, Abe H, and Horiguchi Y.

    Microbiol Immunol 雑誌   55   154 - 159   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Crystal Structure of Clostridium perfringens enterotoxin displays features of β-pore-forming toxins. 査読

    Kitadokoro K, Nishimura K, Kamitani S, Fukui-Miyazaki A, Toshima H, Abe H, Kamata Y, Sugita-Konishi Y, Yamamoto S, Karatani H, and Horiguchi Y.

    J Biol Chem 雑誌   286   2011年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Association of Bordetella dermonecrotic toxin with the extracellular matrix. 査読

    Fukui-Miyazaki A, Kamitani S, Miyake M, and Horiguchi Y.

    BMC Microbiology 雑誌   10   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Clostridium perfringens Enterotoxin Interacts with Claudins via Electrostatic Attraction 査読

    Kimura J, Abe H, Kamitani S, Toshima H, Fukui A, Miyake M, Kamata Y, Sugita-Konishi Y, Yamamoto S, and Horiguchi Y.

    J Biol Chem 雑誌   285   401 - 408   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of the membrane-targeting C1 domain in Pasteurella multocida toxin. 査読

    Kamitani S, Kitadokoro K, Miyazawa M, Toshima H, Fukui A, Abe H, Miyake M, and Horiguchi Y.

    J Biol Chem 雑誌   285   25467 - 25475   2010年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Pasteurella multocida由来の細菌毒素の細胞内機能領域の構造と機能解析 査読

    北所 健悟, 神谷 重樹, 堀口 安彦

    日本結晶学会誌 雑誌   50   187 - 193   2008年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A colorimetric assay for studying 1 effector secretion through the bacterial type III secretion system. 査読

    Miyake M, Sakane S, Kobayashi C, Hanajima-Ozawa M, Fukui A, Kamitani S, and Horiguchi Y.

    FEMS Microbiol Lett 雑誌   278   36 - 42   2008年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The morphological changes in cultured cells caused by Bordetella pertussis adenylate cyclase toxin. 査読

    Ohnishi H, Miyake M, Kamitani S, Horiguchi Y.

    FEMS Microbiol Lett 雑誌   279   174 - 179   2008年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Crystal structure of the intracellular active region of Pasteurella multocida toxin: a membrane target domain and a catalytic domain with a cysteine protease-like catalytic triad. 査読

    Kitadokoro K*, Kamitani S*, Miyazawa M, Fukui A, Miyake M, and Horiguchi Y.(*: These authors are equally contributed.)

    Proc Natl Acad Sci USA 雑誌   104   5139 - 5144   2007年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The Effects of Long-term Smoking on Endothelial Nitric Oxide Synthase mRNA Expression in Human Platelets as Detected With Real-time Quantitative RT-PCR. 査読

    Shimasaki Y, Saito Y, Yoshimura M, Kamitani S, Miyamoto Y, Masuda I, Nakayama M, Mizuno Y, Ogawa H, Yasue H, and Nakao K.

    Clin Appl Thromb Hemost 雑誌   13   43 - 51   2007年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Enteropathogenic Escherichia coli, Shigella flexneri, and Listeria monocytogenes recruit a junctional protein, zonula occludens-1, to actin tails and pedestals. 査読

    Hanajima-Ozawa M, Matsuzawa T, Fukui A, Kamitani S, Ohnishi H, Abe A, Horiguchi Y, and Miyake M.

    Infect Immun 雑誌   75   565 - 57   2007年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Crystallization and preliminary crystallographic studies on the Pasteurella multocida toxin catalytic domain. 査読

    Miyazawa M, Kitadokoro K, Kamitani S, Shime H, and Horiguchi Y.

    Acta Crystallographica 雑誌   F62   906 - 908   2006年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Synthesis and properties of new macrocyclic compounds: Utilization of bond character of hypervalent sulfur in tetraazathiapentalene derivatives. 査読

    Matsumura N, Hirase R, Kamitani S, Okumura Y, and Mizuno K.

    J Heterocyclic Chem 雑誌   42   1175 - 1180   2005年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Large-scale Production of Functional Human Adrenomedullin: Expression, Cleavage, Amidation, and Purification. 査読

    Mitsuda Y, Takimoto A, Kamitani S, Kitamura K, Sakata T, and Mitsushima K.

    Protein Expr Purif 雑誌   25   448 - 455   2002年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of a soluble-form phospholipase A2 receptor as a circulating endogenous inhibitor for secretory phospholipase A2 査読

    Higashino K, Yokota Y, Ono T, Kamitani S, Arita H, and Hanasaki K.

    J Biol Chem 雑誌   277   13583 - 13588   2002年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Potent modification of low density lipoprotein by group X secretory phospholipase A2 is linked to macrophage foam cell formation. 査読

    Hanasaki K, Yamada K, Yamamoto S, Ishimoto Y, Saiga A, Ono T, Ikeda M, Notoya M, Kamitani S, and Arita H.

    J Biol Chem 雑誌   277   29116 - 29124   2002年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Glycosylation of human CRLR at Asn123 is required for ligand binding and signaling. 査読

    Kamitani S, and Sakata T.

    Biochim. Biophys. Acta. 雑誌   1539   131 - 139   2001年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Replication protein A1 reduces transcription of the endothelial nitric oxide synthase gene containing a -786T-->C mutation associated with coronary spastic angina. 査読

    Miyamoto Y, Saito Y, Nakayama M, Shimasaki Y, Yoshimura T, Yoshimura M, Harada M, Kajiyama N, Kishimoto I, Kuwahara K, Hino J, Ogawa E, Hamanaka I, Kamitani S, Takahashi N, Kawakami R, Kangawa K, Yasue H, and Nakao K.

    Hum Mol Genet 雑誌   9   2629 - 2637   2000年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Outside-in signaling of fibronectin stimulates cardiomyocyte hypertrophy in cultured neonatal rat ventricular myocytes. 査読

    Ogawa E, Saito Y, Harada M, Kamitani S, Kuwahara K, Miyamoto Y, Ishikawa M, Hamanaka I, Kajiyama N, Takahashi N, Nakagawa O, Masuda I, Kishimoto I, and Nakao K.

    J Mol Cell Cardiol 雑誌   32   765 - 776   2000年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effects of cardiotrophin-1 on hemodynamics and endocrine function of the heart. 査読

    Hamanaka I, Saito Y, Nishikimi T, Magaribuchi T, Kamitani S, Kuwahara K, Ishikawa M, Miyamoto Y, Harada M, Ogawa E, Kajiyama N, Takahashi N, Izumi T, Shirakami G, Mori K, Inobe Y, Kishimoto I, Masuda I, Fukuda K, and Nakao K.

    Am J Physiol Heart Circ Physiol 雑誌   279   H388 - 396   2000年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Genetic risk factors for coronary artery spasm: significance of endothelial nitric oxide synthase gene T-786-->C and missense Glu298Asp variants. 査読

    Yoshimura M, Yasue H, Nakayama M, Shimasaki Y, Ogawa H, Kugiyama K, Saito Y, Miyamoto Y, Ogawa Y, Kaneshige T, Hiramatsu H, Yoshioka T, Kamitani S, Teraoka H, and Nakao K.

    J Investig Med 雑誌   48   367 - 374   2000年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Involvement of Cardiotrophin-1 in Cardiac Myocyte-Nonmyocyte Interactions During Hypertrophy of Rat Cardiac Myocytes In Vitro. 査読

    Kuwahara K, Saito Y, Harada M, Ishikawa M, Ogawa E, Miyamoto Y, Hamanaka I, Kamitani S, Kajiyama N, Takahashi N, Nakagawa O, Masuda I, and Nakao K.

    Circulation 雑誌   100   1116 - 1124   1999年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • RAMP2/CRLR complex is a functional adrenomedullin receptor in human endothelial and vascular smooth muscle cells. 査読

    Kamitani S, Asakawa M, Shimekake Y, Kuwasako K, Nakahara K, and Sakata T.

    FEBS Lett. 雑誌   448   111 - 114   1999年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 内皮型一酸化窒素合成酵素遺伝子Glu298Asp変異と本態性高血圧症との連関研究.

    宮本 恵宏, 斎藤 能彦, 梶山 登, 上野 利恵, 神谷 重樹, 原田 昌樹, 石川 匡洋, 桑原 宏一郎, 小川 惠美子, 浜中 一郎, 高橋 伸基, 井野邊 義人, 桝田 出, 伊藤 裕, 吉政 孝明, 中尾 一和, 嶋崎 幸生, 中山 雅文, 吉村 道博, 泰江 弘文

    Therapeutic Research 雑誌   19   3072 - 3073   1998年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Endothelin-1 and cardiotrophin-1 induce brain natriuretic peptide gene expression by distinct transcriptional mechanisms. 査読

    Kuwahara K, Saito Y, Ogawa Y, Tamura N, Ishikawa M, Harada M, Ogawa E, Miyamoto Y, Hamanaka I, Kamitani S, Kajiyama N, Takahashi N, Nakagawa O, Masuda I, and Nakao K.

    J Cardiovasc Pharmacol 雑誌   31 (suppl. 1)   S354 - 356   1998年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Interaction of myocytes and nonmyocytes is necessary for mechanical stretch to induce ANP/BNP production in cardiocyte culture. 査読

    Harada M, Saito Y, Kuwahara K, Ogawa E, Ishikawa M, Nakagawa O, Miyamoto Y, Kamitani S, Hamanaka I, Kajiyama N, Takahashi N, Masuda I, Itoh H, and Nakao K.

    J Cardiovasc Pharmacol 雑誌   31 (suppl. 1)   S357 - 359   1998年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Endothelial Nitric Oxide Synthase Gene Is Positively Associated With Essential Hypertension. 査読

    Miyamoto Y, Saito Y, Kajiyama N, Yoshimura M, Shimasaki Y, Nakayama M, Kamitani S, Harada M, Ishikawa M, Kuwahara K, Ogawa E, Hamanaka I, Takahashi N, Kaneshige T, Teraoka H, Akamizu T, Azuma N, Yoshimasa Y, Yoshimasa T, Itoh H, Masuda I, Yasue H, and Nakao K.

    Hypertension 雑誌   32   3 - 8   1998年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • ROLE OF CARDIAC NONMYOCYTES IN CYCLIC MECHANICAL STRETCH- INDUCED MYOCYTES HYPERTROPHY. 査読

    Harada M, Saito Y, Nakagawa O, Miyamoto Y, Ishikawa M, Kuwahara K, Ogawa E, Nakayama M, Kamitani S, Hamanaka I, Kajiyama N, Masuda I, Itoh H, and Nakao K.

    Heart and Vessels Suppl 雑誌   12   198 - 200   1997年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • OPA(orphan peak analysis)法による遺伝子変異の検出

    神谷 重樹, 服部 正平

    検査と技術 雑誌   22   78 - 80   1994年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Four newly identified ornithine transcarbamylase (OTC) mutations (D126G, R129H, I172M and W332X) in Japanese male patients with early-onset OTC deficiency. 査読

    Matsuura T, Hoshide R, Kiwaki K, Komaki S, Koike E, Endo F, Oyanagi K, Suzuki Y, Kato I, Ishikawa K, Yoda H, Kamitani S, Sasaki Y, and Matsuda I.

    Hum Mutat 雑誌   3   402 - 406   1994年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The gene encoding a new mitogenic factor in a Streptococcus pyogenes strain is distributed only in group A streptococci. 査読

    Yutsudo T, Okumura K, Iwasaki M, Hara A, Kamitani S, Minamide W, Igarashi H, and Hinuma Y.

    Infect Immun 雑誌   62   4000 - 4004   1994年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • In vitro catalysis of oxidative folding of disulfide-bonded proteins by Escherichia coli dsbA (ppfA) gene products. 査読

    Akiyama Y, Kamitani S, Kusukawa N and Ito K.

    J Biol Chem 雑誌   267   22440 - 22445   1992年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification and characterization of an Escherichia coli gene required for the formation of correctly folded alkaline phosphatase, a periplasmic enzyme. 査読

    Kamitani S, Akiyama Y, and Ito K.

    EMBO J 雑誌   11   57 - 62   1992年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Ring-Opening Reaction in Acidic Conditions of Tetraazapentalene Derivatives Containing a Hypervalent Sulfur. 査読

    Tomura M, Matsumura N, Mori O, Chikusa H, Kamitani S, and Inoue H.

    J Heterocyclic Chem 雑誌   27   2215 - 2217   1990年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 羽曳野産イチジク葉抽出物に含まれる歯周病原細菌に対する増殖阻害活性成分の解析

    藤井 智也, 三宅 彩優奈, 宮下 千穂, 倉橋 雪乃, 北田 康裕, 高井 雄一郎, 神谷 重樹

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   74回   264 - 264   2020年04月

  • 女子大学生スポーツ選手の口腔細菌叢と生活背景に関する検討

    矢澤 彩香, 古宮 綾乃, 和田 敏美, 徳本 勇人, 尾形 善之, 小川 由紀子, 神谷 重樹

    日本スポーツ栄養研究誌   13   177 - 177   2020年01月( ISSN:2188-8922

  • 抗酸菌症治療薬を目指した標的蛋白質の発現と精製

    大原 由貴子, 小林 悠, 尾関 百合子, 西山 晃史, 立石 善隆, 奥田 修二郎, 神谷 重樹, 北所 健悟, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   75 ( 1 )   74 - 74   2020年01月( ISSN:0021-4930 ( eISSN:1882-4110

  • 抗菌活性を持つプルニンラウリン酸エステルによる歯周病抑制効果の評価

    和田 衣里香, 伊藤 千陽, 篠原 舞, 前谷 実希, 矢澤 彩香, 阪本 龍司, 安木 真世, 三宅 眞実, 神谷 重樹

    日本細菌学雑誌   75 ( 1 )   151 - 151   2020年01月( ISSN:0021-4930 ( eISSN:1882-4110

  • 噴門形成術後のダンピング症状に対してミルクの粘度調整が有効であったCHARGE症候群の一症例

    花井 美夢, 西本 裕紀子, 麻原 明美, 加嶋 倫子, 伊藤 真緒, 黒川 通典, 神谷 重樹, 岡田 洋介, 錦戸 知喜, 大沼 真輔, 惠谷 ゆり, 位田 忍

    New Diet Therapy   35 ( 3 )   3 - 9   2019年12月( ISSN:0910-7258

     詳細を見る

    症例は1歳4ヵ月男児で、CHARGE症候群に罹患しており、嚥下障害、食道裂孔ヘルニア、胃食道逆流のため、生後4ヵ月時に胃瘻造設、噴門形成術が施行された。1歳3ヵ月時に呼吸器感染により当院に入院となり、胃瘻からミルク(濃度14.7%)200mL×5回を各1時間で注入して栄養管理を行っていた。しかし、感染改善後も活気が乏しく、ミルク注入30分後に簡易血糖測定器を用いて血糖測定を行ったところ、2時間後に血糖値118mg/dLとなり、後期ダンピング症候群と診断された。治療方針として、増粘剤を用いてミルクの粘度調整を行い、血糖コントロールすることとした。ミルク200mLに対してトロミ調整食品「トロミスマイル」1.2g(容量比0.6%)を用いて粘度調整を行い、ポンプを用いて1時間で注入したところ、30分後の血糖値は200mg/dLとなった。さらにトロミスマイル1.4g(容量比0.7%)に増量し、その後5日間の各注入30分後の血糖値は中央値108mg/dLで安定して経過した。

  • 構造生物学から観た寄生適応の分子戦略 黄色ブドウ球菌由来毒素リパーゼと阻害剤のドラッグデザイン

    北所 健悟, 田中 睦美, 古澤 昌大, 神谷 重樹

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回   [2S06m - 06]   2019年09月

  • 「なにわの伝統野菜」'田辺'および'守口'ダイコンの糖含量および物理的特性

    山下 絵美, 高井 雄一郎, 北田 康祐, 山崎 基嘉, 神谷 重樹

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   73回   263 - 263   2019年04月

  • 羽曳野産イチジク葉抽出物の歯周病原細菌に対する抗菌活性の検討

    三宅 彩優奈, 宮下 千穂, 倉橋 雪乃, 藤井 智也, 北田 康祐, 高井 雄一郎, 神谷 重樹

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   73回   270 - 270   2019年04月

  • 女子大学生スポーツ選手の口腔細菌叢と口腔ケアに関する検討

    矢澤 彩香, 古宮 綾乃, 和田 敏美, 渡邊 完児, 松木 優也, 徳本 勇人, 尾形 善之, 小川 由紀子, 神谷 重樹

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   73回   304 - 304   2019年04月

  • プルニンラウリン酸エステルの歯周病抑制効果の検討

    和田 衣里香, 伊藤 千陽, 篠原 舞, 前谷 実希, 矢澤 彩香, 安木 真世, 三宅 眞実, 阪本 龍司, 神谷 重樹

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   73回   271 - 271   2019年04月

  • ‘田辺’ダイコンの根部の物性および糖含量の特性

    山下絵美, 山下絵美, 高井雄一郎, 北田康祐, 山崎基嘉, 神谷重樹

    新近畿中国四国農業研究(Web)   ( 2 )   1‐12 (WEB ONLY)   2019年03月( ISSN:2433-796X

     詳細を見る

  • 黄色ブドウ球菌が分泌するリパーゼのX線結晶構造解析

    田中 睦美, 神谷 重樹, 北所 健悟

    日本細菌学雑誌   74 ( 1 )   140 - 140   2019年03月( ISSN:0021-4930

  • 女子大学生スポーツ選手の歯周病原細菌感染状況に関する検討

    矢澤 彩香, 和田 敏美, 渡邊 完児, 松木 優也, 徳本 勇人, 尾形 善之, 神谷 重樹

    日本スポーツ栄養研究誌   12   122 - 122   2019年01月( ISSN:2188-8922

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 羽曳野産イチジク葉抽出物に含まれる歯周病原細菌に対する増殖阻害活性成分の解析 国内会議

    藤井 智也 , 三宅 彩優奈 , 宮下 千穂 , 倉橋 雪乃 , 北田 康裕 , 高井 雄一郎 , 神谷 重樹

    第74回日本栄養・食糧学会大会  2020年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 羽曳野産イチジク葉抽出物に含まれる歯周病原細菌に対する増殖阻害活性成分の解析

    藤井 智也, 三宅 彩優奈, 宮下 千穂, 倉橋 雪乃, 北田 康裕, 高井 雄一郎, 神谷 重樹

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2020年04月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 抗酸菌症治療薬を目指した標的蛋白質の発現と精製

    大原 由貴子, 小林 悠, 尾関 百合子, 西山 晃史, 立石 善隆, 奥田 修二郎, 神谷 重樹, 北所 健悟, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌  2020年01月  日本細菌学会

  • 抗菌活性を持つプルニンラウリン酸エステルによる歯周病抑制効果の評価

    和田 衣里香, 伊藤 千陽, 篠原 舞, 前谷 実希, 矢澤 彩香, 阪本 龍司, 安木 真世, 三宅 眞実, 神谷 重樹

    日本細菌学雑誌  2020年01月  日本細菌学会

  • 女子大学生スポーツ選手の口腔細菌叢と生活背景に関する検討

    矢澤 彩香, 古宮 綾乃, 和田 敏美, 徳本 勇人, 尾形 善之, 小川 由紀子, 神谷 重樹

    日本スポーツ栄養研究誌  2020年01月  (NPO)日本スポーツ栄養学会

  • 構造生物学から観た寄生適応の分子戦略 黄色ブドウ球菌由来毒素リパーゼと阻害剤のドラッグデザイン

    北所 健悟, 田中 睦美, 古澤 昌大, 神谷 重樹

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年09月  (公社)日本生化学会

  • 羽曳野産イチジク葉抽出物の歯周病原細菌に対する抗菌活性の検討

    三宅 彩優奈, 宮下 千穂, 倉橋 雪乃, 藤井 智也, 北田 康祐, 高井 雄一郎, 神谷 重樹

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2019年04月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 女子大学生スポーツ選手の口腔細菌叢と口腔ケアに関する検討

    矢澤 彩香, 古宮 綾乃, 和田 敏美, 渡邊 完児, 松木 優也, 徳本 勇人, 尾形 善之, 小川 由紀子, 神谷 重樹

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2019年04月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • プルニンラウリン酸エステルの歯周病抑制効果の検討

    和田 衣里香, 伊藤 千陽, 篠原 舞, 前谷 実希, 矢澤 彩香, 安木 真世, 三宅 眞実, 阪本 龍司, 神谷 重樹

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2019年04月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 「なにわの伝統野菜」'田辺'および'守口'ダイコンの糖含量および物理的特性

    山下 絵美, 高井 雄一郎, 北田 康祐, 山崎 基嘉, 神谷 重樹

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2019年04月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 黄色ブドウ球菌が分泌するリパーゼのX線結晶構造解析

    田中 睦美, 神谷 重樹, 北所 健悟

    日本細菌学雑誌  2019年03月  日本細菌学会

  • 女子大学生スポーツ選手の歯周病原細菌感染状況に関する検討

    矢澤 彩香, 和田 敏美, 渡邊 完児, 松木 優也, 徳本 勇人, 尾形 善之, 神谷 重樹

    日本スポーツ栄養研究誌  2019年01月  (NPO)日本スポーツ栄養学会

  • 女子大学生スポーツ選手の口腔細菌叢と口腔ケアに関する検討 国内会議

    矢澤彩香, 古宮綾乃, 和田敏美, 渡邊完児, 松木優也,徳本勇人,尾形善之,小川由紀子, 神谷重樹

    第73回日本栄養食糧学会  2019年  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 黄色ブドウ球菌が分泌するリパーゼのX線結晶構造解析 国内会議

    田中睦美,神谷重樹,北所健悟

    第92回日本細菌学会総会  2019年  日本細菌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • プルニンラウリン酸エステルの 歯周病抑制効果の検討 国内会議

    和田衣里香,伊藤千陽,篠原舞,前谷実希,矢澤彩香,安木真世,三宅眞実,阪本龍司,神谷重樹

    第73回日本栄養食糧学会  2019年  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 「なにわの伝統野菜」'田辺'および'守口'ダイコンの糖含量および物理特性 国内会議

    山下絵美,高井雄一郎,北田康祐,山崎基嘉,神谷重樹

    第73回日本栄養食糧学会  2019年  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 羽曳野産イチジク葉抽出物の歯周病原細菌に対する抗菌活性の検討 国内会議

    三宅彩優奈,宮下千穂,倉橋雪乃,藤井智也,北田康祐,高井雄一郎,神谷重樹

    第73回日本栄養食糧学会  2019年  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

産業財産権等

  • 遺伝子の変異同定法

    松田一郎,遠藤文夫,信国好俊,三渕浩,松浦稔展,浅香純一郎,兼重俊彦,矢追毅,神谷重樹

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • メダカを用いた生活習慣病モデル動物の作製と応用

  • 歯周病原細菌に対する抗菌作用を持つ食品成分の探索

  • 食品などの口腔細菌叢に与える影響の解析

担当授業科目

  • 社会健康科学Ⅰ

    2021年度    

  • 食保健学特別講義

    2021年度    

  • 栄養支援特別演習C

    2021年度    

  • 栄養支援特別演習B

    2021年度    

  • 栄養支援特別演習A

    2021年度    

  • 食品衛生学実験

    2021年度   実習  

  • ゲノム解析の基礎

    2021年度    

  • 感染症防御学

    2021年度    

  • 食品衛生学

    2021年度    

  • 食保健学特論

    2021年度    

  • 社会健康科学Ⅰ

    2021年度    

  • 栄養科学英語

    2021年度    

▼全件表示