Updated on 2024/04/08

写真a

 
Tateyama Kiyomi
 
Organization
Graduate School of Rehabilitation Science Division of Rehabilitation Science Professor
School of Medicine Department of Rehabilitation Science
Title
Professor
Affiliation
Institute of Rehabilitation Science

Position

  • Graduate School of Rehabilitation Science Division of Rehabilitation Science 

    Professor  2024.04 - Now

  • Graduate School of Rehabilitation Science Division of Rehabilitation Science 

    Associate Professor  2022.04 - 2024.03

  • School of Medicine Department of Rehabilitation Science 

    Professor  2024.04 - Now

  • School of Medicine Department of Rehabilitation Science 

    Associate Professor  2022.04 - 2024.03

Degree

  • 博士(作業療法学) ( Tokyo Metropolitan University )

  • 臨床教育学修士 ( Others )

Research Areas

  • Life Science / Rehabilitation science  / Occupational Therapy

Research subject summary

  • 自閉症児の食嗜好の実態と偏食への対応に関する研究

  • 青年期の発達障がい者向け感覚チェックリストの作成

  • 発達障害のある児童へのSSTにおける感覚運動プログラムの開発

Professional Memberships

  • 日本小児と精神学会

    2005.05 - Now

  • 日本作業療法士協会

    1985.05 - Now   Domestic

  • 日本感覚統合学会

    1985.05 - Now   Domestic

  • 大阪府作業療法士会

    1985.05 - Now

Committee Memberships (off-campus)

  • 令和5年度特別非常勤講師   大阪府立西浦支援学校  

    2023.06 - 2024.03 

  • 難治群支援方法検討会委員   大阪府立砂川厚生福祉センター  

    2023.05 - 2024.03 

  • 第7回療育関係者研修会の講師   山梨県立あけぼの医療福祉センター   

    2022.12 

  • 公私幼保合同研修会 特別支援教育・保育研修会 講師   大阪市保育・幼児教育センター  

    2022.12 

  • 相談支援事業(療育相談・巡回相談)の作業療法相談員   大阪府藤井寺保健所  

    2022.07 - Now 

  • 特別非常勤講師   大阪府立西浦支援学校  

    2022.06 - 2023.03 

  • 巡回指導員(作業療法士)   羽曳野市教育委員会  

    2022.05 - Now 

  • 外部専門家   堺市教育委員会  

    2022.04 - 2023.03 

  • 高等学校支援教育力充実事業「専門家チーム」構成員   大阪府教育委員会  

    2022.04 - 2023.03 

  • 高等学校支援教育力充実事業「専門家チーム」構成員   大阪府教育委員会  

    2021.04 - Now 

  • 学術部委員   大阪府作業療法士会  

    2019.04 - Now 

  • 自立活動アドバイザー   堺市教育員会  

    2012.04 - 2013.03 

  • 大阪府立学校 学校協議会委員   大阪府教育委員会  

    2012.04 - 2013.03 

▼display all

Awards

  • 優秀演題賞

    2019.09   第53回日本作業療法学会  

     More details

    Country:Japan

  • 最優秀演題賞(共同演者)

    2021.09   第55回日本作業療法学会  

     More details

    Country:Japan

  • 第15回日本保健科学学会優秀賞

    三野一成,立山清美,石井良平,内藤泰男

    2023.11   日本保健科学学会  

     More details

    指導院生の論文 Effects of Doll Therapy in Patients with Severe Alzheimer's Disease: A Randomized Controlled Trialが,令和4年度掲載論文の中から優秀な論文として表彰された。

  • 学術誌「作業療法」奨励賞(共著者)

    倉澤茂樹,立山清美,塩津裕康,中岡和代,大歳太郎

    2022.08   日本作業療法士協会   問題行動を呈する児童への作業療法士による学校コンサルテーション(実践報告)

  • 功労賞

    2012.06   日本作業療法士協会  

     More details

    Country:Japan

Papers

  • The impact of school consultations by occupational therapists in special needs schools for intellectual disability

    Harada Shun, Tateyama Kiyomi, Kurasawa Shigeki, Tanba Hiroyuki, Nakaoka Kazuyo, Kawasaki Ippei, Nagai Kuniaki

    Japanese Occupational Therapy Research   43 ( 1 )   23 - 32   2024.02( ISSN:02894920

     More details

    <p>The purpose of this study was to examine the impact of school consultations based on specific protocols in special needs schools of intellectual disability. Occupational therapists (OTs) visited schools and provided consultation services to 15 students and the teachers at each elementary and lower secondary divisions. The protocol consisted of three consultations per student (using a prescribed form to confirm goals and share support contents). The Goal Attainment Scaling (GAS) and Aberrant Behavior Checklist (ABC-J) measured the effects of the consultations. Both GAS and ABC-J scores showed a significant improvement. The school consultation provided by OTs was found to contribute to the achievement of individual goals for each student and to reduce teachers' sense of difficulty.</p>

    DOI: 10.32178/jotr.43.1_23

  • Predictive validity and cut-off score of the Mealtime Behavior Questionnaire for children with autism spectrum disorder

    Nakaoka K.

    Research in Autism Spectrum Disorders   110   2024.02( ISSN:17509467

     More details

  • Structural Relationships Between Behavioral Problems, Sensory Processing Traits, and Sleep Among Preschoolers

    Kurasawa S.

    American Journal of Occupational Therapy   78 ( 1 )   2024.01( ISSN:02729490

  • Cognitive Orientation to daily Occupational Performance(CO-OP)の実践 Reviewed

    倉澤茂樹,立山清美,田中善信,塩津裕康

    作業療法   43 ( 3 )   2023.11

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • The Lower the Physical Function, the Higher the Quality of Life in Japanese Adolescents with Cerebral Palsy

    Kato M.

    Physical and Occupational Therapy in Pediatrics   1 - 12   2023.03( ISSN:01942638

  • Characteristics of Occupational Therapists' Advice in School Consultations: Content Analysis of Advice for Consultation on Problem Behavior in a Special Needs School for Intellectual Disability

    Harada Shun, Tateyama Kiyomi, Kurasawa Shigeki, Tanba Hiroyuki, Nakaoka Kazuyo, Kawasaki Ippei, Nagai Kuniaki

    Asian Journal of Occupational Therapy   19 ( 1 )   153 - 160   2023( ISSN:13473476

     More details

    <p><b>Introduction:</b> This study examined consultations by occupational therapists (OTs) regarding problem behaviors in a school for special needs education (Intellectual Disabilities) to clarify (1) the kind of advice provided, (2) the extent to which advice is put into practice in the classroom, and (3) the characteristics of the advice most frequently put into practice.</p><p><b>Methodology:</b> In total, reports on 78 school consultations conducted in 2015 and 2016 were examined; advice provided by the OTs was analyzed using Berelson's content analysis method. The OTs gave advice on the following: introducing and changing activities, adjusting the environment, ways of interacting to increase desirable behaviors, responding directly to problem behaviors, methods of talking with and instructing students, methods of visual support, and introducing alternatives to satisfy sensory needs.</p><p><b>Results:</b> Advice on methods of visual support and advice on introducing alternative ways to satisfy sensory needs were especially linked to practice.</p><p><b>Conclusion:</b> The results also indicated that the kind of advice frequently implemented in practice was that in which “who, what, when, and how” were clearly stated. Furthermore, it was found that discussing classroom feasibility with teachers based on specific advice improved the efficiency of consultations.</p>

    DOI: 10.11596/asiajot.19.153

  • Effects of Doll Therapy in Patients with Severe Alzheimer's Disease: A Randomized Controlled Trial

    25 ( 3 )   151 - 162   2022.12( ISSN:1880-0211

  • 自閉スペクトラム症児の偏食の要因と保護者の対応 保護者の困り感が高い群に着目して

    宮嶋 愛弓, 立山 清美, 日垣 一男, 平尾 和久, 原田 瞬

    四條畷学園大学リハビリテーション学部紀要   ( 13 )   25 - 30   2022.04( ISSN:1880-6856

     More details

    自閉スペクトラム症児(以下,ASD児)には,偏食がみられることが多い.本研究では,保護者の困り感が高い事例への示唆を得る為,偏食の要因と保護者の対応の特徴を明らかにすることを目的とした.方法として,3〜18歳のASD児保護者を対象に,偏食に関する質問紙調査を行い,困り感の高さの程度により群別で比較検討を行った.結果,154部(回収率70.6%)の回答を得て,未診断・偏食無を除く101部(男児89名・女児12名,平均年齢7.18±3.18歳)を分析対象とした.困り感の高い群(26名,以下高群)の食べられる食品数は,16/47品(34%)と低く,「外食が困難である」と答えた割合が75%を占めた.嫌いな食べ物は,単品名ではなく,魚・野菜類など食品群全体が挙がる傾向にあった.食べない要因(感覚的要因,口腔的要因,認知的要因)は,他群と比較して,こだわり・見通し・慣れ等の認知的要因が有意に高かった(p<0.05).また高群は,偏食への対応(50項目)のうち,平均30項目の対応を実践していたが,保護者が,効果があったと感じる割合(以下,効果率)は56.3%にとどまった.比較的効果率が高い対応(70%以上)には,「終わり・次を明確に」「決まったメーカーに」「一口サイズで」「味や食感を変える」「味を混ぜない」等であった.以上より,高群の特徴として,偏食の要因は認知的側面が強く,保護者は「終わり・次を明確に」「決まったメーカーにする」等といった,見通しをもたせる等の認知的要因に対する対応に効果を感じていることが明らかになった.(著者抄録)

  • Convergent validity of the Autism Spectrum Disorder Mealtime Behavior Questionnaire (ASD-MBQ) for children with autism spectrum disorder

    Nakaoka K.

    PLoS ONE   17 ( 4 April )   e0267181   2022.04

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行第1波における訪問リハビリテーションサービスの利用状況とADL能力の経過

    蕨野 浩, 井口 知也, 立山 清美, 兼田 敏克, 高畑 進一

    大阪作業療法ジャーナル   35 ( 2 )   107 - 116   2022.01( ISSN:1880-4837

     More details

    本研究の目的は、COVID-19の流行第1波において、訪問リハビリテーションの利用休止者を対象に再開状況とADL能力の経過を明らかにすることである。家族がADL能力の評価尺度であるSAB-MおよびSAB-Cを使用し評価した。緊急事態宣言解除1ヵ月後に45.3%、2ヵ月後に71.7%が利用を再開した。利用休止中と3ヵ月後の経過として、緊急事態宣言解除1ヵ月後に再開した者のうち36.4%、2ヵ月後に再開した者のうち20%がSAB-MもしくはSAB-Cに有意な変化がありADL能力が改善した。また3ヵ月後も利用を休止継続していた者は有意な変化はなかった。家族と同居し、主体的な行動を実行していた場合はADL能力を維持できる可能性がある。(著者抄録)

  • 問題行動を呈する児童への作業療法士による学校コンサルテーション

    倉澤 茂樹, 立山 清美, 塩津 裕康, 中岡 和代, 大歳 太郎

    作業療法   40 ( 3 )   359 - 369   2021.06( ISSN:0289-4920

     More details

    普通教室に在籍する問題行動を呈する児童に対して,作業療法士(以下,OT)が約1年にわたり10回,保護者・教職員にコンサルテーションを実施した.保護者・教職員の主訴に対し,OTは特性要因図を用い本児の状況を説明し,焦点化すべき目標を協議した.さらにOTは,問題行動を応用行動分析学に基づいて機能分析を行い,具体的な対処方法を助言した.結果,学校生活において,規則違反的行動,注意の問題,思考の問題などの問題行動が減少した.攻撃的行動は,言語による抵抗や拒否は残存していたが,暴力行為は,ほぼ認められなくなった.さらに教室内で過ごせる時間も増加し,課題に取り組む頻度も改善した.(著者抄録)

  • 作業療法士による特別支援学校(知的障害区分)でのコンサルテーションにおける相談内容の傾向と小中学部の比較

    原田 瞬, 立山 清美, 倉澤 茂樹, 丹葉 寛之, 中岡 和代

    日本発達系作業療法学会誌   8 ( 1 )   23 - 31   2021.03( ISSN:2187-1884

     More details

    特別支援学校(知的障害区分)での学校コンサルテーションにおける相談内容の傾向、小学部と中学部による違いを明らかにすることを目的とした。2015〜2016年度にA市B支援学校で実施された78件の学校コンサルテーションの報告書を対象とし、相談内容を抽出した。Berelsonの内容分析により相談内容を分析した結果、208の記録単位から11のカテゴリが抽出された。主要な相談は小、中学部共に【問題行動】、【姿勢、粗大運動】、【日常生活動作】に関するものであった。【問題行動】に関する相談は中学部で有意に多く、小学部で27%に対し、中学部では50%を占めた。作業療法士が教員と協働し、問題行動への支援にあたることが強く求められていることが示唆された。(著者抄録)

  • 青年期の脳性麻痺児・者のためのQOL尺度 Cerebral Palsy Quality of Life Questionnaire for Adolescents(CPQOL-Teen)自己回答版日本語訳の作成と臨床的有用性の検討

    加藤 雅子, 荒井 洋, 小松 光友, ラトン 桃子, 立山 清美, 西川 隆

    脳と発達   53 ( 1 )   10 - 14   2021.01( ISSN:0029-0831

     More details

    【目的】日本における青年期脳性麻痺児・者の主観的QOLを評価するため、国際的に普及しているCerebral Palsy Quality of Life Questionnaire for Adolescents(CPQOL-Teen)自己回答版を和訳し、その臨床的有用性を検討した。【方法】原著者の許可を得て和訳したCPQOL-Teen自己回答版を脳性麻痺児・者57名(cerebral palsy;CP群)と定型発達児・者58名(typically developing;TD群)に実施した。【結果】日本語版CPQOL-Teen自己回答版は、両群で十分な検査-再検査信頼性と内的整合性およびJ-KIDSCREEN-27こども版を外的基準とした妥当性を示した。CPQOL-Teenの5領域のうち『機能についての満足度』は、CP群においてJ-KIDSCREEN-27のいずれの領域とも相関せず、CPの特性を反映する可能性が示された。『コミュニケーションと身体的健康』『学校生活の満足度』『機能についての満足度』の3領域でCP群の得点はTD群よりも低く、『全体的満足度と参加『社会生活の満足度』の2領域では両群で差がなかった。【結論】日本語版CPQOL-Teen自己回答版は、青年期脳性麻痺児・者の特性を踏まえた主観的QOLを把握できる有用な評価尺度であり、有効な包括的支援の基盤になり得る。(著者抄録)

  • 自閉スペクトラム症児の食行動質問紙(Autism Spectrum Disorder-Mealtime Behavior Questionnaire;ASD-MBQ)の紹介(解説)

    中岡 和代, 立山 清美, 倉澤 茂樹, 丹葉 寛之

    大阪作業療法ジャーナル   35   48 - 50   2021

  • 不器用さを呈する学習障害児への作業療法士による学校コンサルテーション

    倉澤 茂樹, 立山 清美, 丹葉 寛之, 中岡 和代, 大歳 太郎

    作業療法   39 ( 5 )   605 - 615   2020.10( ISSN:0289-4920

     More details

    通常の学級に在籍する不器用さを呈する学習障害児に対して、作業療法士(以下、OT)が約7ヵ月間にわたり7回学校を訪問し、保護者および教職員にコンサルテーションを実施した。保護者および教員の主訴に対し、OTは特性要因図を用いて本児の状況を説明し、OTが提案する支援方法について理解を得た。結果、対象児の特性を生かした教授方法や書字しやすい教材を工夫したことによって、文字の読み書きが習得され、教科学習に対する動機の向上も認められた。家庭での問題行動は、ペアレント・トレーニングを実施したことで減少した。(著者抄録)

  • 日本の自閉症スペクトラム障害児に対するMealtime Behaviour Questionnaireのstructural validity(Structural validity of the mealtime behaviour questionnaire for children with autism spectrum disorder in Japan)

    Nakaoka Kazuyo, Takabatake Shinichi, Tateyama Kiyomi, Kurasawa Shigeki, Tanba Hiroyuki, Ishii Ryouhei, Higashi Yasuhiro, Kaneda Toshikatsu

    Journal of Physical Therapy Science   32 ( 5 )   352 - 358   2020.05( ISSN:0915-5287

     More details

    確証的因子分析を用いて自閉症スペクトラム障害(ASD)-Mealtime Behaviour Questionnaire(ASD-MBQ)のstructural validityを評価した。3〜18歳の日本人ASD児における問題のある食事時間の行動を評価する調査の結果を用いてASD-MBQを開発した。3〜18歳のASD児378例を対象として5因子構造を用いたASD-MBQに対する確証的因子分析を実施した。保護者の平均年齢は43.1±5.6歳であり、女性は368名、男性9名、無回答1名、ASD児の平均年齢は9.8±4.2歳であった。378例中、男児296名、女児81名、無回答1名であった。Social Communication QuestionnaireスコアをASDスコアとして用いた。確証的因子分析によりASD-MBQのstructural validityが示された。「口腔機能」と「過食」の間に強い関連を認めた。「偏食」と「不器用・マナー」と「食への関心・集中」の間、「不器用・マナー」と「食への関心・集中」の間、「口腔機能」と「過食」の間に中等度の関連を認めた。

  • Structural Validity of the Mealtime Behavior Questionnaire for Children with Autism Spectrum Disorder in Japan

    Nakaoka K, Takabatake S, Tateyama K, Kurasawa S, Tanba H, Ishii R, Higashi Y, KanedaT

    Journal of Physical Therapy Science 雑誌   32 ( 5 )   352 - 358   2020.03

  • なじみ深い作業が重度アルツハイマー病者のBPSDにもたらす効果 手続き記憶の影響を考慮した介入効果の検討

    三野 一成, 立山 清美, 日垣 一男

    日本認知症ケア学会誌   18 ( 4 )   830 - 839   2020.01( ISSN:1882-0255

     More details

    手続き記憶に基づくなじみ深い作業が重度アルツハイマー病者の行動・心理症状(BPSD)にもたらす効果を、信頼性の担保された評価尺度を用いて明らかにすることを目的とした。対象者は重度認知症デイケア通所中の5人であった。非介入期は通常のデイケアプログラムを、介入期はデイケアプログラムとなじみ深い作業を実施した。評価項目は表情、ストレス反応、BPSDとした。結果、作業実施中は全員の笑顔が有意に増加し、作業後は4人のストレス反応が有意に減少し、BPSDが有意に改善した。重度認知症者へのエビデンスに基づいた非薬物療法が少ない現状において、手続き記憶に基づくなじみ深い作業の効果が示された点で有意義であるといえる。(著者抄録)

  • 自閉スペクトラム症のある児の箸操作に関する研究

    田中 啓規, 立山 清美, 原田 瞬, 日垣 一男

    作業療法   38 ( 6 )   645 - 653   2019.12( ISSN:0289-4920

     More details

    本研究は、自閉スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder;以下、ASD)のある児の箸操作の特徴を明らかにすることを目的とした。ASDのある児18名と定型発達児16名を対象とし、「箸の持ち方」、「箸の操作パターン」、「箸操作時の指の動き」を比較検討した。その結果、ASDのある児の箸操作の特徴として、「箸を開く時の一定しない母指の動き」、「橈側と尺側の分離運動の未熟さ」、「動きが一定しない不安定な指の動きによる箸操作」があることが明らかになった。また、これらの要因としては、手指の分離運動の未熟さ、視覚優位な情報の捉え方、行為機能の障害が影響していることが考えられた。(著者抄録)

  • 特別支援学校における医療の専門家への相談 ICF-CYを用いた全校調査による各職種の特徴

    倉澤 茂樹, 立山 清美, 大歳 太郎, 塩津 裕康, 横井 賀津志

    作業療法   38 ( 4 )   387 - 395   2019.08( ISSN:0289-4920

     More details

    特別支援学校における医療の専門家への相談内容を把握し、作業療法士の特性を明らかにすることを目的とした。ICF-CYを用いた全校調査の結果、理学療法士は心身機能と身体構造領域の相談が多く、歩行などの基本動作が中心であった。言語聴覚士は活動と参加領域の相談が多く、コミュニケーションや摂食に関する相談が主であった。心理士は人間関係や思考・知的機能に関する相談が中心であった。一方、作業療法士は活動と参加に関する相談が最も多かったが、他の領域の相談も受けていた。具体的には、起居動作に関する心身機能、感覚認知に関する機能や活動、福祉用具などの環境調整、机上での物の操作などであり、多様な相談を受けていることが確認された。(著者抄録)

  • 日本における自閉症スペクトラム障害の診断年齢 種別の検討

    倉澤 茂樹, 立山 清美, 岩永 竜一郎, 大歳 太郎, 中谷 謙, 横井 賀津志

    保健医療学雑誌   10 ( 1 )   34 - 41   2019.04

     More details

    日本の診療データを使用してASDの診断年齢を種別に検討した。結果、解析対象者(7,779名)の診断年齢は平均7.3±4.3歳、最頻値3.0歳、中央値6.0歳であった。性比は3:1であり男性に多かった。ASDの診断年齢に関して、全ての種別において性差は認められなかった。アスペルガー障害は他の種別と比べ、いずれも診断年齢が高く、診断される時期に明確なピークは示されなかった。年別の比較では、小児自閉症のみ早期に診断される経年変化が認められた。本研究は、アスペルガー障害の早期診断を可能にするためのシステムおよびツールの開発、小児自閉症に対する適切な早期の介入方法の開発およびサービス供給の必要性を示すものである。(著者抄録)

  • 自閉スペクトラム症児の食に関する行動を測定する尺度の開発 妥当性と信頼性の検討

    中岡 和代, 立山 清美, 倉澤 茂樹, 丹葉 寛之, 高畑 進一

    作業療法   38 ( 2 )   151 - 162   2019.04( ISSN:0289-4920

     More details

    本研究の目的は、自閉スペクトラム症(以下、ASD)児の食に関する行動を測定する尺度である「食に関する行動質問紙」の妥当性と信頼性を検討することであった。3〜18歳のASD児を対象に保護者に回答を求める調査を実施し、分析対象者は384名であった。ASD児の平均年齢は9.8±4.2歳、性別は男児301名、女児82名、未回答1名であった。因子分析の結果、5因子42項目となり、因子は【偏食】、【不器用・マナー】、【食への関心・集中】、【口腔機能】、【過食】と命名された。Cronbachのα係数は全体で0.930、5因子において0.781〜0.923であり、「食に関する行動質問紙」の構成概念妥当性、内容的妥当性、信頼性(内的整合性)が確認された。(著者抄録)

  • Development of the Sensory Modulation Questionnaire for Adolescents/Adults: A study of criterion-related validity and test-retest reliability Reviewed

    Tateyama K,Nakaoka K, Ishii Y, Ito Y

    Japanese Journal of Sensory Integration   18 ( 1 )   19 - 28   2018.11

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • Development of the Sensory Modulation Questionnaire for Adolescents/Adults: A study of validity and reliability Reviewed

    Tateyama K,Nakaoka K, Ishii Y, Yamada T, Ota A

    Japanese Occpational Therapy Reserch   37 ( 5 )   518 - 528   2018.10

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 日本における自閉症スペクトラム障害の診断年齢―診断名別の検討― Reviewed

    倉澤茂樹,立山清美,岩永竜一郎,大歳太郎, 中谷謙,横井賀津志

    保健医療学雑誌 雑誌   10 ( 1 )   34 - 41   2018.10

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 食に課題のある児童生徒への栄養教諭と作業療法士による協働の有効性の検討 Reviewed

    倉澤 茂樹, 立山 清美, 中岡 和代, 福井 信佳, 大歳 太郎

    作業療法 雑誌   37 ( 3 )   323 - 329   2018.06

  • The Age at Diagnosis of Autism Spectrum Disorder in Children in Japan

    Kurasawa S, Tateyama K, Iwanaga R, Ohtoshi T, Nakatani K, Yokoi K

    International Journal of Pediatrics   18   2018.03

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 自閉スペクトラム症児の口腔機能の特徴 捕食機能、咀嚼回数、咀嚼時の口唇閉鎖に着目した定型発達児との比較 Reviewed

    原田 瞬, 立山 清美, 日垣 一男, 田中 啓規, 宮嶋 愛弓

    日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌   12 ( 3 )   165 - 172   2017.12

     More details

    Kind of work:Single Work  

  • Development of an Intervention Programme for Selective Eating in Children with Autism Spectrum Disorder Reviewed

    Miyajima A, Tateyama K,Fuji S,Nakaoka K,Higaki K

    Hong Kong Journal of Occupational Therapy 雑誌   30   22 - 32   2017.11

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • Effects of small-group activities performed in wards for dementia patients on their behavioral and psychological symptoms

    Mino K, Higaki K, Tateyama K

    16 ( 2 )   518 - 527   2017.07

  • 知的障害区分の特別支援学校のASD児童生徒を担当する教員に対する作業療法士のコンサルテーションの内容分析 特別支援教育コーディネーターとの協働 Reviewed

    倉澤 茂樹, 立山 清美, 丹葉 寛之, 浅井 郁子, 島津 雅子, 田村 仁彦, 大歳 太郎

    LD研究 雑誌   26 ( 2 )   270 - 283   2017.05

  • Effectiveness of Sensory Integration Therapy for Children with Developmental Coordination Disorder A Case report

    Yamanishi Y, Tuchida R, Shinjyo T, Tateyama K, Ito Y, Arikawa M, Akamatsu M, Yamada T

    Japanese Journal of Sensory Integration   17   2017.03

  • 特別支援学校における医師等の専門家の就業状況 Reviewed

    倉澤 茂樹, 横井 賀津志, 中谷 謙, 中俣 恵美, 野口 法子, 加藤 美朗, 大歳 太郎, 立山 清美

    LD研究   26 ( 1 )   87 - 99   2017.02

  • Reliability and Validity of Self-efficacy Assessment for Parents of children with Selective eating disorder Reviewed

    Miyajima A, Tateyama K, Hirao K, Higaki K

    Japanese Occpational Therapy Reserch   35 ( 2 )   167 - 179   2016.04

  • Basic reserch for effectiveness of sensory integration therapy

    Japanese Journal of Sensory Integration   15 ( 1 )   2015.03

  • 学童期の栄養とアセスメントのポイント 極度の好き嫌いをどう考えるか

    立山清美,宮嶋愛弓

    小児看護 雑誌 へるす出版   38 ( 2 )   2015.02

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 自閉症の食嗜好の実態と偏食への対応に関する調査研究

    立山清美,宮嶋愛弓,清水寿代

    浦上財団研究報告書 雑誌 公益財団法人浦上食品・食文化振興財団   20   117 - 132   2013.03

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 青年・成人前期用感覚チェックリスト作成に関する予備的研究ー大学生・専門学校生を対象としたJSI-R(日本版感覚インベントリー改定版)の特徴 Reviewed

    立山清美,清水寿代,山田孝

    日本保健科学学会誌 雑誌   15 ( 4 )   231 - 239   2013.03

     More details

    Kind of work:Joint Work  

  • 発達障害の当事者団体と連携した取り組みがボランティア学生へもたらしたもの Reviewed

    清水寿代,立山清美,田中宏明,西川智子,小島久典

    作業療教育研究 雑誌 日本作業療法教育研究会   11 ( 1 )   2011.07

▼display all

Books and Other Publications

MISC

  • 自閉スペクトラム症児の食行動質問紙(Autism Spectrum Disorder-Mealtime Behavior Questionnaire;ASD-MBQ)の紹介

    中岡 和代, 立山 清美, 倉澤 茂樹, 丹葉 寛之

    大阪作業療法ジャーナル   35 ( 1 )   48 - 50   2021.07( ISSN:1880-4837

     More details

    自閉スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder、以下、ASD)児には、食に関する行動上の問題が多いことが知られており、保護者や学校教諭が作業療法士などの専門家へ支援を求めています。しかしながら、支援に必要不可欠であるASD児の食に関する行動の定量的評価ツールが本邦に存在していませんでした。そこで、我々はASD児の食行動質問紙であるASD-Mealtime Behavior Questionnaire(以下、ASD-MBQ)を開発しました。ASD-MBQは「偏食」、「不器用・マナー」、「食への関心・集中」、「口腔機能」、「過食」の5領域42項目で構成されている質問紙です。3〜18歳のASD児の食に関する行動を網羅的かつ定量的に把握できる尺度で、対象児の状態把握、支援方法の検討および介入効果の判定などに用いることが可能です。ASD-MBQについて紹介します。(著者抄録)

Presentations

▼display all

Outline of collaborative research (seeds)

  • 発達障がい児のソーシャルスキル

  • 自閉症スペクトラム児・者の感覚統合

  • 自閉症スペクトラム児のADL

Grant-in-Aid for Scientific Research

  • 通常の学級に在席する児童への作業療法士のコンサルテーション・モデルの実証的研究

    2020

Charge of on-campus class subject

  • 作業療法学総論

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 特別研究5

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 作業療法臨床実習IV

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 作業療法評価学各論II

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 作業療法学卒業研究I

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 作業療法臨床実習2

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 作業療法臨床実習1

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 発達障害作業療法学1

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 作業療法ゼミナールIII

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 作業療法学卒業研究II

    2023   Intensive lecture   Undergraduate

  • 発達障害作業療法学実習

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 発達期生活機能学特別講義

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 特別研究4

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • リハビリテーション学特別演習2

    2023   Intensive lecture   Graduate school

  • 発達期生活機能学特論

    2023   Weekly class   Graduate school

  • 作業療法学総論

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • Special Topics in Community-based Approach for Elderly and Disabled Children

    2021    

  • Clinical Practice II

    2021   Practical Training  

  • Clinical PracticeIV

    2021   Practical Training  

  • Clinical PracticeIII

    2021   Practical Training  

  • Clinical PracticeII

    2021   Practical Training  

  • Clinical PracticeI

    2021   Practical Training  

  • ThesisII

    2021    

  • ThesisI

    2021    

  • Introduction to Research Methods

    2021    

  • Theory of Human Support Services

    2021    

  • Fundamentals of Occupational Therapy for Developmental DisabilityI

    2021    

  • SeminarIV

    2021    

  • General Laboratory

    2021    

  • Fundamental Concepts in Occupational Therapy

    2021    

  • SeminarII

    2021    

  • Fundamentals of Occupational Therapy for Developmental DisabilityII

    2021    

  • Occupational Therapy for Developmental Disability (Practice)

    2021   Practical Training  

  • Evaluation Methods for Occupational TherapyII

    2021    

  • SeminarIII

    2021    

  • Topics in Community-based Approach for Disabled Children

    2021    

  • SeminarI

    2021    

  • Introduction to Occupational Therapy

    2021    

▼display all

Number of papers published by graduate students

  • 2023

    Number of graduate students presentations:2

Social Activities

  • 山梨県障害児(者)地域療育等支援事業 第7回療育関係者研修会「発達に特性のある子の偏食について」

    Role(s): Lecturer

    2022.12

     More details

    SDGs:

    Type:Lecture

  • 大阪市幼児教育センター特別支援教育・保育研修会「自閉スペクトラム症児童の偏食への対応」

    Role(s): Lecturer

    2022.12

     More details

    SDGs:

    Type:Lecture

  • 地域子育て支援人材養成講座「学校の巡回相談」

    Role(s): Lecturer

    大阪府作業療法士会  2022.10

     More details

    SDGs:

    Type:Lecture

  • 出前講義 子どものリハビリテーション

    2010.04 - 2011.03

  • 高大連携夏季講座 作業療法学への招待

    2009.04 - 2010.03

  • はびきの市民大学 五感をとおして脳を活発にする工夫

    2008.04 - 2009.03

▼display all

Media Coverage

  • 発達段階の作業療法入門 大阪公立大学の立山清美准教授 Newspaper, magazine

    熊野新聞  【学校】  2024.03

      More details

    SDGs:

Visiting Lectures ⇒ Link to the list of Visiting Lectures

  • 自閉症スペクトラム児の偏食とその支援

    Category:Medicine (medical care, rehabilitation, health exercise science, physical fitness / training, sports practice science), Nursing (nursing, sex education)

     More details

    Audience:College students, Teachers, Researchers, General, Company, Civic organization

  • 子どもの発達と感覚統合

    Category:Medicine (medical care, rehabilitation, health exercise science, physical fitness / training, sports practice science), Nursing (nursing, sex education)

     More details

    Audience:College students, General, Company, Civic organization

Academic Activities

  • 第44回近畿作業療法学会演題査読委員

    Role(s): Peer review

    2024.02 - 2024.03

  • 第58回日本作業療法学会演題査読委員

    Role(s): Peer review

    日本作業療法士協会  2024.02 - 2024.03

  • 第40回日本感覚統合学会研究大会演題査読委員

    Role(s): Peer review

    2023.09