2024/02/27 更新

写真a

ミヤイ カズマサ
宮井 和政
Miyai Kazumasa
担当
大学院リハビリテーション学研究科 リハビリテーション学専攻 教授
医学部 リハビリテーション学科
職名
教授
所属
リハビリテーション学研究院
所属キャンパス
羽曳野キャンパス

担当・職階

  • 大学院リハビリテーション学研究科 リハビリテーション学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 リハビリテーション学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経科学一般  / シナプス可塑性

  • ライフサイエンス / 生理学  / 内臓知覚過敏

研究キーワード

  • 神経可塑性

  • シナプス新生

  • 樹状突起スパイン

  • 神経機能再建

  • 内臓感覚

  • 管腔臓器

  • 上皮細胞

  • ATP分泌

研究概要

  • シナプス新生シグナル経路の活性化による神経機能回復の促進

  • 管腔臓器の内臓知覚伝達調節機構を利用した内臓知覚過敏の緩和

研究歴

  • 膀胱や消化管の上皮は膨張するとATPを分泌して伸展感覚を中枢神経に伝達し、尿意や便意、内蔵痛の発生に寄与している。このATP分泌機構を調節するシグナル経路やATP分泌に対する運動の効果を解明することで、尿路系・消化器系の内臓感覚の異常(頻尿・便通異常・排泄痛)を改善する可能性を検討する。

    個人研究

    2008年01月 - 継続中 

  • 成熟期の神経系でもシナプスは刺激に応じて新生と消失を活発に繰り返している。我々が海馬で発見したシナプス新生を促進するシグナル系を活性化することで神経機能の再建を効率的に促進できるかどうかを検討し、シナプス新生の促進を利用した運動機能および高次脳機能の新たな機能回復法を確立することを目指す。

    個人研究

    2003年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本生理学会

    2009年04月 - 継続中   国内

  • 日本解剖学会

    1994年03月 - 継続中   国内

  • 日本神経科学学会

    1994年06月 - 継続中   国内

  • Society for Neuroscience

    1996年10月 - 継続中   国外

  • 日本自律神経学会

    2009年10月 - 継続中   国内

委員歴(学外)

  • 評議員   日本生理学会  

    2013年03月 - 継続中 

受賞歴

  • 学長表彰(教育)

    2021年08月   大阪府立大学  

  • 秋田大学医学部医学科教育賞・優秀教育賞

    2011年04月   秋田大学医学部  

職務経歴(学外)

  • 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科 助手

    1996年04月 - 2005年03月

  • チューリッヒ大学生化学部 博士研究員

    2003年04月 - 2007年08月

  • 秋田大学大学院医学系研究科 助教

    2008年01月 - 2009年04月

  • 秋田大学大学院医学系研究科 准教授

    2009年04月 - 2014年03月

  • 関西看護医療大学看護学部 特任准教授

    2014年04月 - 2016年03月

学歴

  • 大阪大学   人間科学部   学士課程   卒業・修了

    - 1991年03月

  • 大阪大学   医学研究科   修士課程   卒業・修了

    - 1993年03月

  • 大阪大学   医学研究科   博士課程   中退

    - 1996年03月

論文

  • Effects of Cardiac Glycoside Digoxin on Dendritic Spines and Motor Learning Performance in Mice 査読

    Hashimoto J, Fujita E, Tanimoto K, Kondo S, and Matsumoto-Miyai K.

    Neuroscience   541   77 - 90   2024年03月( ISSN:03064522

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2024.01.018

  • Social communication of maternal immune activation affected offspring is improved by Si-based hydrogen-producing agent 査読

    Usui N, Matsumoto-Miyai K, Koyama Y, Kobayashi Y, Nakamura Y, Kobayashi H, and Shimada S.

    Front. Psychiatry   13   872302   2022年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The nitric oxide-cyclic guanosine monophosphate pathway inhibits the bladder ATP release in response to a physiological or pathological stimulus. 査読

    Okuyama E, Kawatani M, Hashimoto J, Tanimoto K, Hashimoto M, and Matsumoto-Miyai K.

    Physiol. Rep.   9   e14938   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   共著区分:共著  

  • セロトニン受容体による排尿機能制御

    松本-宮井和政, 河谷正仁

    腎臓内科・泌尿器科   6 ( 2 )   159 - 164   2017年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   共著区分:共著  

  • Serotonergic regulation of distention-induced ATP release from the urothelium. 査読

    Matsumoto-Miyai K, Yamada E, Shinzawa E, Koyama Y, Shimada S, Yoshizumi M, and Kawatani M.

    Am. J. Physiol. Renal Physiol.   310   F646 - F655   2016年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   共著区分:共著  

  • Authentic role of ATP signaling in micturition reflex. 査読

    Takezawa K, Kondo M, Kiuchi H, Ueda N, Soda T, Fukuhara S, Takao T, Miyagawa Y, Tsujimura A, Matsumoto-Miyai K, Ishida Y, Negoro H, Ogawa O, Nonomura N, and Shimada S.

    Sci. Rep.   6   2016年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Regulatory effects of 5-hydroxytryptamine receptors on voiding function. 査読

    Matsumoto-Miyai K, Yoshizumi M, and Kawatani M.

    Adv. Ther.   325   S3 - S15   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   共著区分:共著  

  • Nerve growth factor and estrogen receptor mRNA expression in paravertebral muscles of patients with adolescent idiopathic scoliosis: a preliminary study. 査読

    Kudo D, Miyakoshi N, Hongo M, Matsumoto-Miyai K, Kasukawa Y, Misawa A, Ishikawa Y, and Shimada Y.

    Spine Deform.   3   122 - 127   2015年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • LBX1 mRNA expression in paravertebral muscles of patients with adolescent idiopathic scoliosis: a preliminary study. 査読

    Kudo D, Miyakoshi N, Hongo M, Matsumoto-Miyai K, Kasukawa Y, Misawa A, Ishikawa Y, and Shimada Y.

    Akita J. Med.   40   151 - 156   2014年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Activity-controlled proteolytic cleavage at the synapse. 査読

    Sonderegger P and Matsumoto-Miyai K.

    Trends Neurosci.   37   413 - 423   2014年08月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   共著区分:共著  

  • Synergistic effects of loxoprofen and glycine on the micturition reflex in conscious rats. 査読

    Fukiya Y, Yoshizumi M, Saito M, Matsumoto-Miyai K, Nimura T, and Kawatani M.

    Biomed. Res.   35   17 - 23   2014年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 膀胱の自律神経支配.

    河谷正仁, 松本-宮井和政, 善積克

    臨床神経科学   32 ( 12 )   1363 - 1365   2014年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 膀胱知覚と脊髄の可塑性,最近の知見.

    善積克, 松本-宮井和政, 林田健一郎, 河谷正仁

    排尿障害プラクティス   21 ( 3 )   193 - 201   2013年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The regulation of distention-induced ATP release from urothelium by the adenylyl cyclase-cyclic AMP pathway. 査読

    Matsumoto-Miyai K, Yamada E, Yoshizumi M, and Kawatani M.

    Biomed. Res.   33   153 - 157   2012年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   共著区分:共著  

  • 膀胱上皮からのATP分泌における貯蔵量作動性Ca2+流入とCa2+抑制性アデニル酸シクラーゼの役割.

    松本-宮井和政, 河谷正仁

    排尿障害プラクティス   20 ( 1 )   16 - 23   2012年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   共著区分:共著  

  • Pulse diode laser irradiation (830 nm) of lumbosacral spinal roots diminished hyperreflexia induced by acetic acid or PGE2 infusion in rat urinary bladder. 査読

    Ito T, Ishikawa T, Matsumoto-Miyai K, and Kawatani M.

    LUTS   3   69 - 75   2011年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Store-operated Ca2+ entry suppresses distention-induced ATP release from urothelium. 査読

    Matsumoto-Miyai K, Kagase A, Yamada E, Yoshizumi M, Murakami M, Ohba M, and Kawatani M.

    Am. J. Physiol. Renal Physiol.   300   F716 - 720   2011年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   共著区分:共著  

  • Role of supraspinal and spinal α1-adrenergic receptor subtypes in the micturition reflex in conscious rats. 査読

    Yoshizumi M, Matsumoto-Miyai K, Yonezawa A, and Kawatani M.

    Am. J. Physiol. Renal Physiol.   299   F785 - 791   2010年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • カルシウムイオンによる膀胱上皮からのATP分泌の制御機構. 査読

    松本-宮井和政, 河谷正仁

    自律神経   47 ( 5 )   432 - 435   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   共著区分:共著  

  • 膀胱上皮から分泌されるATPの排尿機能への役割.

    松本-宮井和政, 善積克, 河谷正仁

    脳21   13 ( 3 )   247 - 252   2010年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   共著区分:共著  

  • プロテオリシスによる活動依存的海馬ニューロンフィロポディア誘導機構.

    松本-宮井和政

    脳21   13 ( 1 )   22 - 27   2010年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   共著区分:単著  

  • Extracellular Ca2+ regulates the stimulus-elicited ATP release from urothelium. 査読

    Matsumoto-Miyai K, Kagase A, Murakawa Y, Momota Y, and Kawatani M.

    Auton. Neurosci.   150   94 - 99   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   共著区分:共著  

  • The urothelial α1D receptor is predominantly involved in the adrenergic facilitation of micturition reflex. 査読

    Wang X, Matsumoto-Miyai K, Yoshizumi M, Ito T, Yanase H, Momota Y, Tsujimoto G, Tanoue A, and Kawatani M.

    LUTS   1   S10 - S14   2009年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Coincident pre- and postsynaptic activation induces dendritic filopodia via neurotrypsin-dependent agrin cleavage. 査読

    Matsumoto-Miyai K, Sokolowska E, Zurlinden A, Gee C, Lüscher D, Hettwer S, Wölfel J, Ladner A-P, Ster J, Gerber U, Rülicke T, Kunz B, and Sonderegger P.

    Cell   136   1161 - 1171   2009年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   共著区分:共著  

  • NMDA-dependent proteolysis of presynaptic adhesion molecule L1 in the hippocampus by neuropsin. 査読

    Matsumoto-Miyai K, Ninomiya A, Yamasaki H, Tamura K, Nakamura Y, and Shiosaka S.

    J. Neurosci.   23   7727 - 7736   2003年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   共著区分:共著  

  • Prolonged recovery of ultraviolet B-irradiated skin in neuropsin (KLK8)-deficient mice. 査読

    Kirihara T, Matsumoto-Miyai K, Nakamura Y, Sadayama T, Yoshida S, and Shiosaka S.

    Br. J. Dermatol.   149   700 - 706   2003年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Distribution and densitometry mapping of L1-CAM Immunoreactivity in the adult mouse brain - light microscopic observation. 査読

    Munakata H, Nakamura Y, Matsumoto-Miyai K, Itoh K, Yamasaki H, and Shiosaka S.

    BMC Neurosci.   4 ( 1 )   2003年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Decidualization induces the expression and activation of an extracellular protease neuropsin in mouse uterus. 査読

    Matsumoto-Miyai K, Kitagawa R, Ninomiya A, Momota Y, Yoshida S, and Shiosaka S.

    Biol. Reprod.   67   1414 - 1418   2002年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   共著区分:共著  

  • Epidermal expression of serine protease, neuropsin (KLK8) in normal and pathological skin samples. 査読

    Kuwae K, Matsumoto-Miyai K, Yoshida S, Sadayama T, Yoshikawa K, Hosokawa K, and Shiosaka S.

    Mol. Pathol.   55   235 - 241   2002年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Serine proteinase inhibitor 3 and murinoglobulin I are potent inhibitors of neuropsin in adult mouse brain. 査読

    Kato K, Kishi T, Kamachi T, Akisada M, Oka T, Midorikawa R, Takio K, Dohmae N, Bird PI, Sun J, Scott F, Miyake Y, Yamamoto K, Machida A, Tanaka T, Matsumoto K, Shibata M, and Shiosaka S.

    J. Biol. Chem.   276   14562 - 14571   2001年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Abnormalities of synapses and neurons in the hippocampus of neuropsin-deficient mice. 査読

    Hirata A, Yoshida S, Inoue N, Matsumoto-Miyai K, Ninomiya A, Taniguchi M, Matsuyama T, Kato K, Iizasa H, Kataoka Y, Yoshida N, and Shiosaka S.

    Mol. Cell. Neurosci.   17   600 - 610   2001年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effects of fibronectin cleaved by neuropsin on cell adhesion and migration. 査読

    Tani N, Matsumoto K, Ota I, Yoshida S, Takada Y, Shiosaka S, and Matsuura N.

    Neurosci. Res.   39   247 - 251   2001年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Neuropsin regulates an early phase of Schaffer-collateral long-term potentiation in the murine hippocampus. 査読

    Komai S, Matsuyama T, Matsumoto K, Kato K, Kobayashi M, Imamura K, Yoshida S, Ugawa S, and Shiosaka S.

    Eur. J. Neurosci.   12   1479 - 1486   2000年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Protease M/neurosin mRNA is expressed in mature oligodendrocytes. 査読

    Yamanaka H, He X-P, Matsumoto K, Shiosaka S, and Yoshida S.

    Mol. Brain Res.   71   217 - 224   1999年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Crystal structure of neuropsin, a hippocampal protease involved in kindling epileptogenesis. 査読

    Kishi T, Kato M, Shimizu T, Kato K, Matsumoto K, Yoshida S, Shiosaka S, and Hakoshima T.

    J. Biol. Chem.   274   4220 - 4224   1999年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Immunohistochemical localization of pleiotrophin and midkine in the ligual epithelium of the adult rat. 査読

    Wakisaka S, Tabata MJ, Maeda T, Matsumoto K, Wanaka A, Muramatsu H, Muramatsu T, and Kurisu K.

    Arch. Histol. Cytol.   61   475 - 480   1998年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Molecular cloning and distinct developmental expression pattern of spliced forms of a novel zinc finger gene wiz in the mouse cerebellum. 査読

    Matsumoto K, Ishii N, Yoshida S, Shiosaka S, Wanaka A, and Tohyama M.

    Mol. Brain Res.   61   179 - 189   1998年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   共著区分:共著  

  • Characterization of recombinant and brain neuropsin, a plasticity-related serine protease. 査読

    Shimizu C, Yoshida S, Shibata M, Kato K, Momota Y, Matsumoto K, Shiosaka T, Midorikawa R, Kamachi T, Kawabe A, and Shiosaka S.

    J. Biol. Chem.   273   11189 - 11196   1998年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Structure and chromosomal localization of a murine LIM/homeobox gene, Lhx8. 査読

    Kitanaka J-I, Takemura M, Matsumoto K, Mori T, and Wanaka A.

    Genomics   49   307 - 309   1998年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Blockade of neuropsin, a serine protease, ameliorates kindling epilepsy. 査読

    Momota Y, Yoshida S, Ito J, Shibata M, Kato K, Sakurai K, Matsumoto K, and Shiosaka S.

    Eur. J. Neurosci.   10   760 - 764   1998年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Crystallization and preliminary X-ray analysis of neuropsin, a serine protease expressed in the limbic system of mouse brain. 査読

    Kishi T, Kato M, Shimizu T, Kato K, Matsumoto K, Yoshida S, Shiosaka S, Hakoshima T.

    J. Struct. Biol.   118   248 - 251   1997年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • LIM-homeodomain gene family in neural development. 査読

    Wanaka A, Matsumoto K, Kashihara Y, Furuyama T, Tanaka T, Mori T, Tanno Y, Yokoya S, Kitanaka J, Takemura M, and Tohyama M.

    Dev. Neurosci.   19   97 - 100   1997年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Localization of bcl-2, bax, and bcl-x mRNAs in the developing inner ear of the mouse. 査読

    Ishii N, Wanaka A, Ohno K, Matsumoto K, Eguchi Y, Mori T, Tsujimoto Y, and Tohyama M.

    Brain Res.   726   123 - 128   1996年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Differential expression of LIM-homeodomain genes in the embryonic murine brain. 査読

    Matsumoto K, Tanaka T, Furuyama T, Kashihara Y, Ishii N, Tohyama M, Kitanaka J, Takemura M, Mori T, and Wanaka A.

    Neurosci. Lett.   211   147 - 150   1996年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   共著区分:共著  

  • L3, a novel murine LIM-homeodomain transcription factor expressed in the ventral telencephalon and the mesenchyme surrounding the oral cavity. 査読

    Matsumoto K, Tanaka T, Furuyama T, Kashihara Y, Mori T, Ishii N, Kitanaka J, Takemura M, Tohyama M, and Wanaka A.

    Neurosci. Lett.   204   113 - 116   1996年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   共著区分:共著  

  • Molecular cloning of novel leucine-rich repeat proteins and their expression in the developing mouse nervous system. 査読

    Taguchi A, Wanaka A, Imai Y, Mori T, Matsumoto K, Takagi T, and Tohyama M.

    Mol. Brain Res.   35   31 - 40   1996年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Localization of novel receptor tyrosine kinase genes of eph-family, MDK1 and its splicing variant, in the developing mouse nervous system 査読

    Mori T, Wanaka A, Taguchi A, Matsumoto K, and Tohyama M.

    Mol. Brain Res.   34   154 - 160   1995年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Differential expressions of the eph family of receptor tyrosine kinase genes (sek, elk, eck) in the developing nervous system. 査読

    Mori T, Wanaka A, Matsumoto K, Taguchi A, Ishii N, and Tohyama M.

    Mol. Brain Res.   29   325 - 335   1995年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Localization of pleiotrophin and midkine in the postnatal developing cerebellum. 査読

    Matsumoto K, Wanaka A, Mori T, Taguchi A, Ishii N, Muramatsu H, Muramatsu T, and Tohyama M.

    Neurosci. Lett.   178   216 - 220   1994年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   共著区分:共著  

  • Growth factors and extracellular signal-regulated kinases (Mitogen-activated kinase) in the rat pineal grand. 査読

    Kiyama H, Wanaka A, Kato H, Maeno H, Matsumoto K, Sun G, Shiosaka S, and Tohyama M.

    Neuroendocrinology   59   152 - 155   1994年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A novel heparin-binding growth factor family, pleiotrophin and midkine, is expressed in the developing cerebral cortex. 査読

    Matsumoto K, Wanaka A, Takatsuji K, Muramatsu H, Muramatsu T, and Tohyama M.

    Dev. Brain Res.   79   229 - 241   1994年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 人体の解剖生理学 第2版(木山博資・遠山正彌編集):単元「栄養摂取の機構」(pp. 239-262)

    松本-宮井和政( 担当: 共著)

    金芳堂  2017年04月 

  • 脳内環境辞典(高橋良輔・山中宏二・樋口真人・漆谷真編集):単元「ニューロトリプシン」(pp. 72-73)

    宮井和政( 担当: 共著)

    メディカルドゥ  2017年03月 

  • 痛みのScience & Practice シリーズ第6巻 :痛み診療キーポイント(川真田樹人編集):単元「内臓痛」「関連痛」(pp. 54-55)

    松本-宮井和政、河谷正仁( 担当: 共著)

    文光堂  2014年05月 

  • 神経因性膀胱ベッドサイドマニュアル(榊原隆次編集):単元「臨床オリエンテド下部尿路の解剖と生理」(pp. 9-20)

    松本-宮井和政、河谷正仁( 担当: 共著)

    中外医学社  2014年05月 

  • 痛み・しびれ:その原因と対処法(山本隆允編集):単元「痛み(しびれ)の分類」(pp. 25-30)

    松本-宮井和政、河谷正仁( 担当: 共著)

    真興交易㈱医書出版部  2013年11月 

  • 痛みのScience & Practice シリーズ第2巻 :痛みの薬物治療(山本達郎編集):単元「内臓痛のメカニズム」(pp. 50-57)

    松本-宮井和政、河谷正仁( 担当: 共著)

    文光堂  2013年07月 

  • Advances in Medicine and Biology, Vol. 13 (Berhardt LV ed.): "The Regulatory Mechanism Underlying ATP Release from Urothelium" (pp. 203-215)

    Matsumoto-Miyai K, Yoshizumi M, and Kawatani M( 担当: 共著)

    Nova Science Publishers, Inc.  2011年04月 

  • 動くシナプスと神経ネットワーク(塩坂貞夫編集):単元「プロテアーゼ-接着分子系を介したシナプス改変機構」(pp. 155-168)

    松本-宮井和政、塩坂貞夫( 担当: 共著)

    金芳堂  2003年09月 

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • ハイジとスパイの国から 招待

    松本-宮井和政

    脳21   9 ( 3 )   345 - 347   2006年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • シナプス新生シグナル経路の活性化による神経機能回復の促進

  • 管腔臓器の内臓知覚伝達調節機構を利用した内臓知覚過敏の緩和

科研費

  • シナプス新生シグナル経路の活性化による神経機能再建の促進

    2023年

  • 内臓感覚能に対する身体運動の効果とその分子機構の解明

    2023年

担当授業科目

  • リハビリテーション学基礎特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 形態機能学実習1

    2023年度   週間授業   大学

  • 形態機能学1

    2023年度   週間授業   大学

  • 理学療法学卒業研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 神経解剖学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 微生物学総論

    2023年度   週間授業   大学

  • 形態機能学実習2

    2023年度   週間授業   大学

  • 形態機能学2

    2023年度   週間授業   大学

  • 理学療法学研究法II

    2023年度   集中講義   大学

  • 神経解剖学特別講義

    2023年度   集中講義   大学院

  • 理学療法学研究法III

    2023年度   集中講義   大学

  • 理学療法学研究法I

    2023年度   週間授業   大学

▼全件表示