2024/02/20 更新

写真a

フジエダ ノブタカ
藤枝 伸宇
Fujieda Nobutaka
担当
大学院農学研究科 生命機能化学専攻 教授
農学部 生命機能化学科
職名
教授
所属
農学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院農学研究科 生命機能化学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 農学部 生命機能化学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(農学) ( 京都大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 分析化学

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学

  • ナノテク・材料 / 生物分子化学

  • ライフサイエンス / 機能生物化学

  • ナノテク・材料 / 生体化学

  • ナノテク・材料 / 生物分子化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

  • ナノテク・材料 / 生体化学

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学

▼全件表示

研究キーワード

  • 生物無機化学

  • 人工金属酵素

  • バイオ分子技術

  • バイオミメティクス

  • ゼノバイオロジー

  • ケモミメティクス

  • Artzyme

所属学協会

  • The Society of Biological Inorganic Chemistry

    2021年

  • 日本蛋白質科学会

    2020年

  • 錯体化学会

    2010年

  • 日本化学会

    2006年

  • 日本農芸化学会

    2000年

受賞歴

  • Asian Core Program Lectureship Award (China)

    2022年07月   ICCEOCA-15  

  • 2020年度学長顕彰

    2020年08月   大阪府立大学  

  • 2019年度学長顕彰

    藤枝 伸宇

    2019年08月   大阪府立大学  

  • 長瀬研究振興賞

    藤枝 伸宇

    2019年04月   長瀬科学技術振興財団  

  • 日本農芸化学奨励賞

    藤枝 伸宇

    2019年03月   日本農芸化学会  

  • 第99回春季年会 第33回 若い世代の特別講演証

    藤枝 伸宇

    2019年03月   日本化学会  

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学   大学院農学研究科

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪府立大学   大学院生命環境科学研究科

    2021年04月 - 2022年03月

  • 大阪府立大学   大学院生命環境科学研究科

    2017年04月 - 2021年03月

  • 科学技術振興機構JSTさきがけ研究員

    2016年10月 - 継続中

  • 科学技術振興機構   さきがけ   兼任研究者

    2016年10月 - 2020年03月

  • 大阪大学蛋白質研究所共同研究員

    2013年04月 - 継続中

  • 大阪大学   蛋白質研究所   共同研究員

    2013年04月 - 継続中

  • バーゼル大学化学科(スイス)客員教授

    2013年04月 - 2014年03月

  • 大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻・助教

    2009年04月 - 2017年03月

  • 京都大学エネルギー理工学研究所・附属エネルギー複合機構研究センター共同研究者

    2007年04月 - 2009年03月

▼全件表示

学歴

  • 京都大学   農学研究科   応用生命科学専攻   博士課程後期   卒業・修了

    2003年04月 - 2006年03月

  • 京都大学   農学研究科   応用生命科学専攻   博士課程前期   卒業・修了

    2001年04月 - 2003年03月

  • 京都大学   農学部   生物機能科学科   学士課程   卒業・修了

    1997年04月 - 2001年03月

論文

  • Asymmetric Michael addition catalysed by copper–amyloid complexes 査読

    Nobutaka Fujieda, Atsushi Tonomura, Tomofumi Mochizuki, Shinobu Itoh

    RSC Advances   14 ( 1 )   206 - 210   2024年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Amyloid proteins displaying a copper histidine-brace offer designable scaffolds for efficient and asymmetric chemical reactions.

    DOI: 10.1039/d3ra07900g

  • An Artificial Metallolyase with Pliable 2-His-1-Carboxylate Facial Triad for Stereoselective Michael Addition 査読

    Ryusei Matsumoto, Saho Yoshioka, Miho Yuasa, Yoshitsugu Morita, Genji Kurisu, Nobutaka Fujieda

    Chemical Science   2023年03月( ISSN:2041-6520

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/d2sc06809e

  • Electrochemical Consideration of Electrostatic Interaction of Charged Molecules with Partially Overlapped Electric Field: Zwitterions and Proteins 査読

    Yu SUGIMOTO, Nobutaka FUJIEDA, Kenji KANO

    Electrochemistry   2021年03月( ISSN:1344-3542

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5796/electrochemistry.21-00030

  • Biochemical Characterization of a Group-5 Soluble Diiron Monooxygenase Hydroxylase and Related Chaperonin-like Component

    Chihiro Inoue, Yoshitaka Abe, Nobutaka Fujieda

    2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    <p>Recently, the functional expression of group-5 hydroxylase component (MimA and MimC) in <i>Escherichia coli </i>along with its related chaperonin-like component (MimG) was reported by Furuya and Kino. In this study, we report the purification via a heterologous expression system and the biochemical characterization of MimAC, the complex of MimA and MimC and MimG to understand their exact roles. MimAC and MimG were fused with His-tags and purified using affinity chromatography in a homogenous state on SDS-PAGE. Blue native PAGE demonstrated that the quaternary structure of MimG was almost identical to that of chaperonin GroEL, indicating that its function was also similar to GroEL. Size-exclusion chromatography and ICP-AES analysis demonstrated that MimAC was assembled in the dimer of two sort of subunits and exhibited two iron atoms and at least one zinc atom per two subunits. This result indicated that MimAC possessed a dinuclear iron center, similar to other soluble diiron monooxygenase hydroxylases.</p>

    DOI: 10.26434/chemrxiv.13110602

  • Copper–Oxygen Dynamics in the Tyrosinase Mechanism 査読

    Nobutaka Fujieda, Kyohei Umakoshi, Yuta Ochi, Yosuke Nishikawa, Sachiko Yanagisawa, Minoru Kubo, Genji Kurisu, Shinobu Itoh

    Angewandte Chemie International Edition   59 ( 32 )   13385 - 13390   2020年08月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.202004733

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/anie.202004733

  • Copper–Oxygen Dynamics in the Tyrosinase Mechanism

    Nobutaka Fujieda, Kyohei Umakoshi, Yuta Ochi, Yosuke Nishikawa, Sachiko Yanagisawa, Minoru Kubo, Genji Kurisu, Shinobu Itoh

    Angewandte Chemie   132 ( 32 )   13487 - 13492   2020年05月( ISSN:0044-8249

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ange.202004733

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/ange.202004733

  • Cupin Variants as a Macromolecular Ligand Library for Stereoselective Michael Addition of Nitroalkanes 査読

    Nobutaka Fujieda, Haruna Ichihashi, Miho Yuasa, Yosuke Nishikawa, Genji Kurisu, Shinobu Itoh

    Angewandte Chemie International Edition   59 ( 20 )   7717 - 7720   2020年05月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.202000129

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/anie.202000129

  • His-Cys and Trp-Cys Cross-links Generated by Post-translational Chemical Modification Nobutaka Fujieda 査読

    Nobutaka Fujieda

    Biosci. Biotech. Biochem. 雑誌   84 ( 3 )   2020年03月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Tyrosinases in Organic Chemistry: a Versatile Tool for the α-Arylation of β-Dicarbonyl Compounds 査読

    Roxanne Krug, Dennis Schröder, Jan Gebauer, Sanel Suljić, Yuma Morimoto, Nobutaka Fujieda, Shinobu Itoh, and Jörg Pietruszkaa

    Euro. J. Org. Chem.   2018年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Did catalytic amyloid play the significant role in chemical evolution? 査読

    Nobutaka Fujieda

    Viva Origino   2018年04月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 銅含有モノオキシゲナーゼによる酸素分子の活性化機構 査読

    伊東 忍・藤枝伸宇

    生化学   2018年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Geometric Effects on O–O bond Scission of Copper(II)-alkylperoxide 査読

    Tsukasa Abe, Yuma Morimoto, Kaoru Mieda, Hideki Sugimoto, Nobutaka Fujieda, Takashi Ogura, and Shinobu Itoh

    J. Inorg. Biochem.   2017年12月

  • Tetrahedral Copper(II) Complexes with a Labile Coordination Site Supported by a tris-Tetramethylguanidinato Ligand

    Ikuma Shimizu, Yuma Morimoto, Dieter Faltermeier, Marion Kerscher, Sayantan Paria, Tsukasa Abe, Hideki Sugimoto, Nobutaka Fujieda, Kaori Asano, Takeyuki Suzuki, Peter Comba, and Shinobu Itoh

    Inorg. Chem.   2017年10月

  • Generation and Characterisation of a Stable Nickel(II)-Aminoxyl Radical Complex 査読

    Arnaud Parrot, Yuma Morimoto, Sayantan Paria, Hideki Sugimoto, Nobutaka Fujieda, and Shinobu Itoh

    Dalton Trans.   2017年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A Well-Defined Osmium-Cupin Complex: Hyperstable Artificial Osmium Peroxygenase 査読

    Nobutaka Fujieda, Takumi Nakano, Yuki Taniguchi, Haruna Ichihashi, Hideki Sugimoto, Yuma Morimoto, Yosuke Nishikawa, Genji Kurisu, and Shinobu Itoh

    J. Am. Chem. Soc. 雑誌   139 ( 14 )   2017年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Controlling dicopper protein functions 査読

    Nobutaka Fujieda and Shinobu Itoh

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   2016年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Enzyme Repurposing of a Hydrolase as an Emergent Peroxidase upon Metal Binding 査読

    Nobutaka Fujieda, Jonas Schätti, Edward Stuttfeld, Kei Ohkubo, Timm Maier, and Thomas R. Ward

    Chem. Sci.   2015年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Generation, Characterization, and Reactivity of a CuII−Alkylperoxide/Anilino Radical Complex: Insight into the O−O Bond Cleavage Mechanism 査読

    Sayantan Paria, Takehiro Ohta, Yuma Morimoto, Takashi Ogura, Hideki Sugimoto, Nobutaka Fujieda, Kei Goto, Kaori Asano, Takeyuki Suzuki, and Shinobu Itoh

    J. Am. Chem. Soc.   2015年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Direct Hydroxylation of Benzene to Phenol Using Hydrogen Peroxide Catalyzed by Nickel Complexes Supported by Pyridylalkylamine Ligands 査読

    Yuma Morimoto, Shuji Bunno, Nobutaka Fujieda, Hideki Sugimoto, and Shinobu Itoh

    J. Am. Chem. Soc.   2015年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Redox behavior of novel nickel and palladium complexes supported by trianionic non-innocent ligand containing beta-diketiminate and phenol groups 査読

    Yuma Morimoto, June Takaichi, Shinichi Hanada, Kei Ohkubo, Hideki Sugimoto, Nobutaka Fujieda, Shunichi Fukuzumi and Shinobu Itoh

    J. Porphyrins Phthalocyanines   2015年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Geometric Control of Nuclearity in Copper(I)/Dioxygen Chemistry 査読

    Tsukasa Abe, Yuma Morimoto, Tetsuro Tano, Kaoru Mieda, Hideki Sugimoto, Nobutaka Fujieda, Takashi Ogura, and Shinobu Itoh

    Inorg. Chem.   2014年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Redox Chemistry of Nickel(II)-Complexes Supported by a Series of Non-innocent beta-Diketiminate Ligands 査読

    June Takaichi, Yuma Morimoto, Kei Ohkubo, Chizu Shimokawa, Takayuki Hojo, Seiji Mori, Haruyasu Asahara, Hideki Sugimoto, Nobutaka Fujieda, Nagatoshi Nishiwaki, Shunichi Fukuzumi, and Shinobu Itoh

    Inorg. Chem.   2014年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 二核銅タンパク質の機能解明と触媒への応用 査読

    伊東 忍・藤枝伸宇

    触媒年鑑   2014年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Redox Properties of Mononuclear Copper(II)-Superoxide Complex 査読

    Tetsuro Tano, Yuri Okubo, Atsushi Kunishita, Minoru Kubo, Hideki Sugimoto, Nobutaka Fujieda, Takashi Ogura, and Shinobu Itoh

    Inorg. Chem.   2013年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Crystal Structures of Copper-Depleted and Copper-Bound Fungal Pro-Tyrosinase: Insights Into Endogenous Cysteine-Dependent Copper Incorporation 査読

    Nobutaka Fujieda, Shintaro Yabuta, Takuya Ikeda, Takuji Oyama, Norifumi Muraki, Genji Kurisu, and Shinobu Itoh

    J. Biol. Chem.   2013年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Copper Complexes of the Non-innocent beta-Diketiminate Ligand Containing Phenol Groups 査読

    June Takaichi, Kei Ohkubo, Hideki Sugimoto, Motohiro Nakano, Daisuke Usa, Hiroaki Maekawa, Nobutaka Fujieda, Nagatoshi Nishiwaki, Shu Seki, Shunichi Fukuzumi, and Shinobu Itoh

    Dalton Trans.   2013年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Activation Mechanism of MelB Tyrosinase from Aspergillus oryzae by Acidic Treatment 査読

    Nobutaka Fujieda, Michiaki Murata, Shintaro Yabuta, Takuya Ikeda, Chizu Shimokawa, Yukihiro Nakamura, Yoji Hata, Shinobu Itoh

    J. Biol. Inorg. Chem.   2013年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Active Site Models for the CuB Site of Peptidylclycine alpha-Hydroxylating Monooxygenase and Dopamine alpha-Monooxygenase 査読

    Atsushi Kunishita, Mehmed Z. Ertem, Yuri Okubo, Tetsuro Tano, Hideki Sugimoto, Kei Ohkubo, Nobutaka Fujieda, Shuichi Fukuzumi, Christopher J. Cramer, and Shinobu Itoh

    Inorg. Chem.   2012年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Heterolytic Alkylhydroperoxide O–O Bond Cleavage by Copper(I) Complexes 査読

    Tetsuro Tano, Hideki Sugimoto, Nobutaka Fujieda, and Shinobu Itoh

    Eur. J. Inorg. Chem.   2012年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Copper(I)-Dioxygen Reactivity in a Sterically Demanding Tripodal Tetradentate tren Ligand. Formation and Reactivity of a Mononuclear Copper(II) End-on Superoxo Complex 査読

    Yuki Kobayashi, Kei Okubo, Takashi Nomura, Minoru Kubo, Nobutaka Fujieda, Hideki Sugimoto, Shunichi Fukuzumi, Kei Goto, Takashi Ogura, and Shinobu Itoh

    Eur. J. Inorg. Chem.   2012年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Artificial Dicopper Oxidase: Rational Reprogramming of Bacterial Metallo-beta-lactamase into a Catechol Oxidase 査読

    Nobutaka Fujieda, Atsushi Hasegawa, Kenichi Ishihama, and Shinobu Itoh

    Chem. Asian J.   2012年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Multifunctions of MelB, a Fungal Tyrosinase from Aspergillus oryzae 査読

    Nobutaka Fujieda, Michiaki Murata, Shintaro Yabuta, Takuya Ikeda, Chizu Shimokawa, Yukihiro Nakamura, Yoji Hata, and Shinobu Itoh

    ChemBioChem.   2012年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Reactivity of Copper(II)-alkylperoxo Complexes 査読

    Tetsuro Tano, Mehmed Z. Ertem, Satoru Yamaguchi, Atsushi Kunishita, Hideki Sugimoto, Nobutaka Fujieda, Takashi Ogura, Christopher J. Cramer*, and Shinobu Itoh

    Dalton Trans.   2011年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Post-translational His-Cys Cross Linkage Formation in Tyrosinase Induced by Copper(II)-Peroxo Species 査読

    Nobutaka Fujieda, Takuya Ikeda, Michiaki Murata, Sachiko Yanagisawa, Shigetoshi Aono, Kei Ohkubo, Satoshi Nagao, Takashi Ogura, Shun Hirota, Shunichi Fukuzumi, Yukihiro Nakamura, Yoji Hata, and Shinobu Itoh

    J. Am. Chem. Soc.   2011年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Reactions of Copper(II)-Phenol Systems with O2. Models for TPQ Biosynthesis in Copper Amine Oxidases 査読

    Kae Tabuchi, Mehmed Z. Ertem, Hideki Sugimoto, Atsushi Kunishita, Tetsuro Tano, Nobutaka Fujieda, Christopher J. Cramer, and Shinobu Itoh

    Inorg. Chem.   2011年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Five Monomeric Hemocyanin Subunits from Portunus trituberculatus: Purification, Spectroscopic Characterization, and Quantitative Evaluation of Phenol Monooxygenase Activity 査読

    Nobutaka Fujieda, Aki Yakiyama, and Shinobu Itoh

    Biochem. Biophys. Acta   2010年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 銅タンパク質の水酸化触媒としての応用 査読

    藤枝伸宇・伊東 忍

    化学工業   2010年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Oxygenation Chemistry at Mononuclear Copper(II)-Hydroquinone Sysetm with O2 査読

    Kae Tabuchi, Hideki Sugimoto, Atsushi Kunishita, Nobutaka Fujieda, and Shinobu Itoh

    Inorg. Chem.   2010年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Catalytic Oxygenation of Phenols by Arthropod Hemocyanin, an Oxygen Carrier Protein, from Portunus trituberculatus 査読

    Nobutaka Fujieda, Aki Yakiyama, and Shinobu Itoh

    Dalton Trans.   2010年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Site-directed mutation at residues near the catalytic site of histamine dehydrogenase from Nocardioides simplex and its effects on substrate inhibition 査読

    Maiko Tsutsumi, Noriaki Tsuse, Nobutaka Fujieda, and Kenji Kano

    J. Biochem.   2010年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A single circularly permuted GFP sensor for inositol-1,3,4,5-tetrakisphosphate based on a split PH domain 査読

    Reiko Sakaguchi, Takashi Endoh, Seigo Yamamoto, Kazuki Tainaka, Kenji Sugimoto, Nobutaka Fujieda, Shigeki Kiyonaka, Yasuo Mori, and Takashi Morii

    Bioorg. Med. Chem.   2009年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The Silent Form of Quinohemoprotein Amine Dehydrogenase from Paracoccus denitrificans 査読

    Nobutaka Fujieda, Megumi Mori, Tokuji Ikeda, and Kenji Kano

    Biosci. Biotech. Biochem.   2008年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Bioelectrochemical Determination at Histamine Dehydrogenase-based Electrodes 査読

    Ryhei Yamada. Nobutaka Fujieda, Maiko Tsutsumi, Seiya Tsujimura, Osamu Shirai and Kenji Kano

    Electrochemistry   2008年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Context-dependent Fluorescence Detection of a Phosphorylated Tyrosine Residue by a Ribonucleopeptide 査読

    Tetsuya Hasegawa, Masaki Hagihara, Masatora Fukuda, Shun Nakano, Nobutaka Fujieda and Takashi Morii

    J. Am. Chem. Soc.   2008年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Thermodynamic Redox Properties Governing the Half-Reduction Characteristics of Histamine Dehydrogenase from Nocardioides simplex 査読

    Maiko Tsutsumi, Nobutaka Fujieda, Seiya Tsujimura, Osamu Shirai and Kenji Kano

    Biosci. Biotech. Biochem.   2008年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Model Studies of 6,7-Indolequinone Cofactors of Quinohemoprotein Amine Dehydrogenases 査読

    Murakami, Y., Yoshimoto, Nobutaka Fujieda, Kei Ohkubo, Kenji Kano, Shunichi Fukuzumi and Shinobu Itoh

    J. Org. Chem.   2007年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Production of Completely Flavinylated Histamine Dehydrogenase, Unique Covalently Bound Flavin and Iron-Sulfur Cluster Containing Enzyme, of Nocardioides simplex in Escherichia coli and Its Properties 査読

    Nobutaka Fujieda, Noriaki Tsuse, Astuko Satoh, Tokuji Ikeda, and Kenji Kano

    Biosci. Biotech. Biochem.   2005年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Mediated Spectroelectrochemical Titration of Proteins for Redox Potential Measurements by a Separator-less One-compartment Bulk Electrolysis Method 査読

    Seiya Tsujimura, Atsushi Kuriyama, Nobutaka Fujieda, Kenji Kano, and Tokuji Ikeda

    Anal. Biochem.   2005年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 6-S-Cysteinyl Flavin Mononucleotide-containing Histamine Dehydrogenase from Nocardioides simplex: Molecular Cloning, Sequencing, Over-Expression and Characterization of Redox Centers of Enzyme 査読

    Nobutaka Fujieda, Astuko Satoh, Noriaki Tsuse, Kenji Kano, and Tokuji Ikeda

    Biochemistry   2004年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Separator-less One-compartment Bulk Electrolysis with a Small Auxiliary Electrode and Its Application to Spectroelectrochemistry 査読

    Atsushi Kuriyama, Moriaki Arasaki, Nobutaka Fujieda, Seiya Tsujimura, Kenji Kano, and Tokuji Ikeda

    Electrochemistry   2004年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • DsbB Elicits a Red-shift of Bound Ubiquinone during the Catalysis of DsbA Oxidation 査読

    Kenji Inaba, Yoh-hei Takahashi, Nobutaka Fujieda, Kenji Kano, Hideto Miyoshi, and Koreaki Ito

    J. Biol. Chem.   2004年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Redox Properties of Quinohemoprotein Amine Dehydrogenase from Paracoccus denitrificans 査読

    Nobutaka Fujieda, Megumi Mori, Kenji Kano, and Tokuji Ikeda

    Biochim. Biophys. Acta   2003年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Spectroelectrochemical Evaluation of Redox Potentials of Cysteine Tryptophylquinone and Two Hemes c in Quinohemoprotein Amine Dehydrogenase from Paracoccus denitrificans 査読

    Nobutaka Fujieda, Megumi Mori, Kenji Kano, and Tokuji Ikeda

    Biochemistry   2002年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 触媒総合事典

    触媒学会, 山下, 弘巳( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 8-24)

    朝倉書店  2023年02月  ( ISBN:9784254252743

     詳細を見る

    総ページ数:xiv, 530p  

  • 銅酵素の化学(生命金属ダイナミクス)

    藤枝伸宇、伊東 忍( 担当: 共著)

    エヌ・ティー・エス   2021年01月 

  • 生命金属ダイナミクス ~生体内における金属の挙動と制御~

    藤枝伸宇, 伊東 忍( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第4章第5節 銅酸素の化学)

    エヌ・ティー・エス  2021年  ( ISBN:9784860437060

  • 非ヘム人工金属酵素の機能創製

    藤枝伸宇

    化学と工業  2019年12月 

  • 高立体選択的 C-C 結合反応を触媒する人工金属酵素の創製

    藤枝伸宇

    日本応用酵素協会誌  2019年04月 

  • Assembly of Dinuclear Copper Center in Tyrosinase and Hemocyanins [Metalloprotein Active Site Assembly (Handbook of Metalloproteins to the Encyclopedia of Inorganic and Bioinorganic Chemistry)]

    Nobutaka Fujieda and Shinobu Itoh( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons, Ltd  2017年09月 

  • Fungal Pro-tyrosinase (Handbook of Metalloproteins to the Encyclopedia of Inorganic and Bioinorganic Chemistry)

    Nobutaka Fujieda and Shinobu Itoh( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons, Ltd  2015年06月 

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 立体選択的反応を触媒する人工金属酵素のデザイン 招待

    藤枝伸宇, 松本隆聖

    バイオサイエンスとインダストリー   81 ( 6 )   520 - 521   2023年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • チロシナーゼ反応機構における銅活性酸素種の動的挙動 査読

    藤枝伸宇・伊東 忍

    生化学   93 ( 3 )   2021年08月

     詳細を見る

  • チロシナーゼ反応機構における銅活性酸素種の動的挙動

    藤枝 伸宇, 伊東 忍

    生化学   93 ( 4 )   521 - 525   2021年08月( ISSN:0037-1017

     詳細を見る

    近年、非ヘム金属酵素の一つである銅蛋白質チロシナーゼについて、銅中心の動的挙動が多数報告されている。筆者らは、麹菌由来チロシナーゼの高分解能X線結晶構造解析を行い、チロシナーゼのモノオキシゲナーゼ反応における分子機構の解明に取り組んできた。これまでに提唱されたチロシナーゼ反応機構の変遷、銅活性酸素種の挙動に関する最新の反応機構について概説した。

  • チロシナーゼ反応機構における銅活性酸素種の動的挙動 招待

    藤枝伸宇, 伊東 忍

    生化学   93 ( 3 )   521 - 525   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.14952/SEIKAGAKU.2021.930521

  • His-Cys and Trp-Cys Cross-links Generated by Post-translational Chemical Modification 査読

    Nobutaka Fujieda

    Biosci. Biotech. Biochem.   84 ( 3 )   2020年07月

     詳細を見る

  • His-Cys and Trp-Cys cross-links generated by post-translational chemical modification 招待 査読

    Nobutaka Fujieda

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   84 ( 3 )   445 - 454   2020年03月( ISSN:0916-8451 ( eISSN:1347-6947

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    ABSTRACT

    Galactose oxidase and amine oxidase contain a cofactor which is generated by post-translational chemical modification to the corresponding amino acid side chains near the copper active center. Such cofactors provide proteins unusual catalytic ability that canonical amino acids cannot exert as well as their structural stability, and thereby are called as protein-derived cofactors. These cofactors and modifications are mostly derived from aromatic amino acid residues, especially Tyr, Trp, and His. Current information about unusual cofactors derived from two of those, heteroaromatic residues (Trp and His) is summarized, especially chemical properties and maturation process of the cross-links between cysteine and heteroaromatic amino acids (His–Cys and Trp–Cys cross-links).

    Abbreviations: FMN: flavin mononucleotide; FAD: flavin adenine nucleotide; RNA: ribonucleic acid; PDC: protein-derived cofactor; GFP: green fluorescent protein; MIO: 3,5-dihydro-5-methylidene-4-imidazol-4-one; LTQ: lysyl tyrosylquinone; CTQ: cysteine tryptophylquinone; TTQ: tryptophan tryptophylquinone; E.coli: Escherichia coli; WT: wild type.

    DOI: 10.1080/09168451.2019.1696178

  • 非ヘム人工金属酵素の機能創製

    藤枝伸宇

    化学と工業   72 ( 12 )   1051 - 1052   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Artificial Metallolyases with Pliable Copper Center for Stereoselective Michael Addition 招待

    Nobutaka Fujieda

    Pre-ISBC2024 Symposium in Nara  2024年04月 

  • 酵素をだましてわがままな合成試薬開発 招待

    藤枝伸宇

    CSJ化学フェスタ2023  2023年10月 

  • Artificial Mononuclear Non-heme Metalloenzymes for Stereoselective Synthesis 招待 国内会議

    藤枝伸宇

    錯体化学討論会シンポジウムS6  2023年09月 

  • 柔軟な金属中心を有する非ヘム金属酵素 招待 国内会議

    藤枝伸宇

    第34回日本微量元素学会学術集会(BRTE2023)  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Simple Designing Artificial Non-heme Metalloenzymes and Their Application to Stereoselective Synthesis 招待

    Nobutaka Fujieda

    The 14th International Symposium of Advanced Energy Science  2023年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • ミネラル・金属を含むバイオファクター:その巧妙なつくられ方とはたらき メラニン生成酵素チロシナーゼの成熟

    藤枝 伸宇

    ビタミン  2022年09月  (公社)日本ビタミン学会

  • Stereoselective Synthesis with Protein as Metal Ligands 招待

    Nobutaka Fujieda

    The 15th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • タンパク質金属配位子を使った反応開発 招待 国内会議

    藤枝伸宇

    第90回白鷺セミナー  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • タンパク質金属配位子を使った反応創製 招待 国内会議

    藤枝伸宇

    高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応の創出 事後シンポジウム  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • タンパク質金属配位子を使った反応制御 招待 国内会議

    藤枝伸宇

    2021年度 有機合成化学講演会 合成有機化学のフロンティア  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • チロシナーゼにおける銅イオンの位置遷移 招待 国内会議

    藤枝伸宇

    日本農芸化学会2020年度大会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 「生命金属科学」分野の創成による生体内金属動態の統合的研究:生命金属研究のさらなる発展に向けて チロシナーゼの成熟と反応機構

    藤枝 伸宇

    Biomedical Research on Trace Elements  2020年11月  (一社)日本微量元素学会

  • Development of Artificial Metalloenzymes with a Small Barrel Protein 招待 国際会議

    FUJIEDA Nobutaka

    4th International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffolding  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Development of Artificial Metalloenzymes with a Small Barrel Protein 招待 国際会議

    Nobutaka Fujieda

    4th International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffolding  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Artificial Metalloenzymes Bearing a Small Barrel Protein 招待 国際会議

    藤枝 伸宇

    第10回日英シンポジウム『生命を理解するための化学』 ―Chemistry for Complex Biological Systems―  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Artificial Metalloenzymes Bearing a Cupin Fold 招待 国際会議

    FUJIEDA Nobutaka

    ArtZymes 2.0  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(基調)  

  • Cupin Superfamily Proteins as Versatile Macromolecular Ligands 招待 国際会議

    FUJIEDA Nobutaka

    15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Development of Artificial Metalloenzymes Using a Cupin Protein as a Metal-binding Platform 招待 国際会議

    FUJIEDA Nobutaka

    The International Symposium on Biofunctional Chemistry  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 高立体選択的C-C結合反応を触媒する人工金属酵素の創製

    藤枝 伸宇

    日本応用酵素協会誌  2019年03月  (公財)日本応用酵素協会

▼全件表示

産業財産権等

  • アルコールの製造方法

    藤枝伸宇・森井孝

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

  • タンパク質によるタングステンの回収

    藤枝伸宇

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2023-132888 

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • タングステン、モリブデン、バナジウムの海洋回収

  • 高選択的不斉合成

  • 低級アルカンのバイオ資化

担当授業科目

  • バイオナノテクノロジー

    2021年度    

  • 生物物理化学II

    2021年度    

  • 生物物理化学特論

    2021年度    

  • 生物物理化学I

    2021年度    

  • 生命環境科学概論【生命環境科学概論【応用生命科学類】】

    2021年度    

  • 生命機能化学概論

    2021年度    

  • 生物物理化学実験

    2021年度   実習  

  • 応用生命科学概論

    2021年度    

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 生物物理化学特論

    機関名:大阪府立大学大学院生命環境科学研究科

  • 生物物理化学実験

    機関名:大阪府立大学生命環境科学域

  • 生物物理化学

    機関名:大阪府立大学

  • 物理化学実験

    機関名:大阪大学工学部

  • 有機化学実験

    機関名:大阪大学工学部

  • 情報活用基礎

    機関名:大阪大学工学部

  • 分析化学実験

    機関名:大阪大学工学部

  • 共通教育化学実験

    機関名:大阪大学工学部

  • バイオナノテクノロジー

    機関名:大阪府立大学生命環境科学域

▼全件表示

社会貢献活動

  • 光ナノサイエンス・マテリアル特別講義

    役割:講師

    奈良先端技術大学院大学  2022年10月

     詳細を見る

    種別:出前授業

  • 学問発見講座

    役割:講師

    茨木高校  2022年07月

     詳細を見る

    種別:出前授業

  • 第12回大阪府生徒研究発表会~大阪サイエンスデイ~第1部

    役割:助言・指導

    天王寺高校スーパーサイエンスハイスクール  2019年10月

  • 第11回大阪府生徒研究発表会~大阪サイエンスデイ~第1部

    役割:助言・指導

    天王寺高校スーパーサイエンスハイスクール  2018年10月

     詳細を見る

    種別:研究指導

メディア報道

  • Chem-Station スポットライトリサーチ:銅中心が動く人工非ヘム金属酵素の簡便な構築に成功- インターネットメディア

    Chem-Station  https://www.chem-station.com/blog/2023/04/am.html  2023年04月

  • 体を動かす「エンジン」、酵素の複雑なカラクリを明らかに インターネットメディア

    若手研究が世界を変える! みらいぶっく学問・大学ナビ  https://miraibook.jp/researcher/s2448s  2020年

  • 生体内の酵素の特性を利用し、効率的な物質生産を目指す インターネットメディア

    マイナビニュース  https://news.mynavi.jp/kikaku/20201021-1427172/  2020年

  • 人工金属酵素が世界を変える!? インターネットメディア

    MICHI?TAKE!PLUS  http://michitake.osakafu-u.ac.jp/2020/01/08/nobutaka _fujieda/  2020年

学術貢献活動

  • 第73回錯体化学討論回シンポジウムS6 実行委員長

    役割:企画立案・運営等

    錯体化学会  2023年09月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • 日本農芸化学会関西支部 第525回講演会 世話人代表

    役割:企画立案・運営等

    日本農芸化学会関西支部  2023年07月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 10th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference (AsBIC-10), Committee & Session organizers

    役割:企画立案・運営等

    10th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference (AsBIC-10)  2022年11月 - 2022年12月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • 第90回白鷺セミナー 世話人

    役割:企画立案・運営等

    白鷺セミナー  2021年12月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • ChemRxiv

    2021年10月 - 継続中

  • 第69回錯体化学討論回シンポジウムS2 実行委員

    役割:企画立案・運営等

    錯体化学会  2019年09月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • 15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry, Local organizing committee

    役割:企画立案・運営等

    15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry  2019年06月

  • 第4回バイオ関連化学シンポジウム若手フォーラム 世話人

    役割:企画立案・運営等

    日本化学会 生体関連化学部会  2016年09月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第65回錯体化学討論回シンポジウムS2 実行委員長

    役割:企画立案・運営等

    錯体化学会  2015年09月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

▼全件表示