2022/07/22 更新

写真a

コヤマ ケイスケ
古山 敬祐
KOYAMA Keisuke
担当
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 准教授
獣医学部 獣医学科
職名
准教授
所属
獣医学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
りんくうキャンパス

担当・職階

  • 大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 獣医学部 獣医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(獣医学) ( 北海道大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 動物生産科学

  • ライフサイエンス / 獣医学

  • ライフサイエンス / 獣医学

  • ライフサイエンス / 動物生産科学

  • ライフサイエンス / 動物生命科学

研究キーワード

  • 臨床繁殖

  • 繁殖生理

  • 種雄牛

  • 性選別精液

  • 卵巣予備能

  • 卵子成熟培養

  • ルーメンバイパスアミノ酸

  • センシング

研究概要

  • 個別培養技術を活用したウシ卵子体外培養系の最適化

  • ルーメンバイパスアミノ酸給餌による乳牛の繁殖性への影響

  • 種雄牛の遺伝的能力を活用した乳牛の繁殖管理

研究歴

  • 高泌乳牛の飼養・繁殖管理技術の高度化事業

    ルーメンバイパスアミノ酸、リジン、メチオニン、牛群検定、搾乳ロボット  国内共同研究

    2019年04月 - 2022年03月 

  • 核成熟速度に対応したウシ卵子体外培養系の構築

    個別培養、成熟培養、体外受精  個人研究

    2020年04月 - 2023年03月 

所属学協会

  • 日本畜産学会

    2019年 - 継続中   国内

  • 日本胚移植研究会

    2019年 - 継続中   国内

  • 日本繁殖生物学会

    2018年 - 継続中   国内

  • 日本獣医学会

    2014年 - 継続中   国内

  • 日本獣医師会

    2011年 - 継続中   国内

  • 日本胚移植研究会

  • 日本繁殖生物学会

  • 日本畜産学会

  • 日本獣医師会

  • 日本獣医学会

▼全件表示

受賞歴

  • 奨励賞

    古山敬祐, 窪友瑛, 青木亜紀子, 市川雄紀, 閏間英之, 可知正行, 川本友香, 田村洋次, 小島秀介, 松尾麻未

    2021年10月   日本産業動物獣医学会(近畿)  

  • 奨励賞

    2021年09月   日本産業動物獣医学会(近畿)  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 獣医繁殖学・優秀発表賞

    2021年09月   第164回日本獣医学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 獣医繁殖学・優秀発表賞 第164回日本獣医学会

    窪 友瑛, 古山敬祐, 堂腰顕, 田辺智樹, 松井義貴, 陰山聡一, 大和田勇人

    2021年09月  

  • 優良賞

    2018年10月   北海道家畜人工授精師協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 北海道獣医師会長賞

    2018年09月   北海道獣医師会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 統計処理賞

    2014年10月   北海道家畜人工授精師協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • スライド賞

    2013年10月   北海道家畜人工授精師協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学大学院   獣医繁殖学教室

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪府立大学大学院   獣医繁殖学教室

    2019年04月 - 2022年03月

  • 北海道立総合研究機構 酪農試験場   研究主任

    2018年07月 - 2019年03月

論文

  • Impaired placentomal interferon signaling as the possible cause of retained fetal membrane in parturition-induced cows. 査読

    Inaba R, Kawahara-Miki R, Shinozawa A, Yasuhara T, Fujii T, Koyama K, Murata-Okubo M, Souma K, Hirayama H

    The Journal of reproduction and development 雑誌   2021年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Relationship between sire predicted transmitting ability for daughter pregnancy rate and daughter's reproductive performance and milk production in Japanese dairy herds. 査読

    Koyama K, Takahashi T.

    The Journal of reproduction and development 雑誌   2020年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Technical note: Calving prediction in dairy cattle based on continuous measurements of ventral tail base skin temperature using supervised machine learning. 査読

    Higaki S, Koyama K, Sasaki Y, Abe K, Honkawa K, Horii Y, et al.

    Journal of Dairy Science 雑誌   2020年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Expression of C-C motif chemokines and their receptors in bovine placentomes at spontaneous and induced parturition. 査読

    Hirayama H, Sakumoto R, Koyama K, Yasuhara T, Hasegawa T, Inaba R, et al.

    The Journal of reproduction and development 雑誌   2020年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Enhanced glucocorticoid exposure facilitates the expression of genes involved in prostaglandin and estrogen syntheses in bovine placentomes at induced parturition. 査読

    Yasuhara T, Koyama K, Sakumoto R, Fujii T, Naito A, Moriyasu S, Kageyama S, Hirayama H

    Theriogenology 雑誌   2019年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Prediction of calving time in Holstein dairy cows by monitoring the ventral tail base surface temperature 査読

    K. Koyama, T. Koyama, M. Sugimoto, N. Kusakari, R. Miura, K. Yoshioka, M. Hirako

    Veterinary Journal 雑誌   2018年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Repeatability of antral follicle count according parity in dairy cows. 査読

    Koyama K, Koyama T, Sugimoto M

    The Journal of reproduction and development 雑誌   2018年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Optimization of diagnostic methods and criteria of endometritis for various postpartum days to evaluate infertility in dairy cows. 査読

    Koyama T, Omori R, Koyama K, Matsui Y, Sugimoto M

    Theriogenology 雑誌   2018年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Hot topic: Pregnancy-induced expression of interferon-stimulated genes in the cervical and vaginal mucosal membranes. 査読

    Kunii H, Koyama K, Ito T, Suzuki T, Balboula AZ, Shirozu T, Bai H, Nagano M, Kawahara M

    Journal of dairy science 雑誌   2018年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Difference in antral follicle count of daughters and testosterone concentration during pregnancy between heifers and lactating cows 査読

    K Koyama, Y Yanagawa, T Koyama, Y Matsui, N Kusakari, M Sugimoto

    Proceedings of the fourth world congress of reproductive biology 雑誌   2017年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characteristics of dairy cows with a pronounced reduction in first milk yield after estrus onset 査読

    Koyama K, Koyama T, Matsui Y, Sugimoto M, Kusakari N, Osaka I, Nagano M

    Japanese Journal of Veterinary Research 雑誌   2017年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Early germinal vesicle breakdown is a predictor of high preimplantation developmental competent oocytes in mice. 査読

    Higaki S, Kishi M, Koyama K, Nagano M, Katagiri S, Takada T, Takahashi Y

    Zygote 雑誌   2017年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • An evaluation of body surface temperature measurement for predicting the calving time and detecting the postpartum fever in dairy cows 査読

    K Koyama, T Koyama, Y Matsui, M Sugimoto, R Miura, K Yoshioka, M Hirako

    Proceedings of the 18th International Congress on animal reproduction 雑誌   2016年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Localization of TGF-β and TGF-β receptor in bovine term placentome and expression differences between spontaneous and induced parturition. 査読

    Hirayama H, Koyama K, Sawai K, Fujii T, Naito A, Fukuda S, Kageyama S

    Placenta 雑誌   2015年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The efficacy of the well of the well (WOW) culture system on development of bovine embryos in a small group and the effect of number of adjacent embryos on their development. 査読

    Kang SS, Ofuji S, Imai K, Huang W, Koyama K, Yanagawa Y, Takahashi Y, Nagano M

    Zygote 雑誌   2015年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Addition of D-penicillamine, hypotaurine, and epinephrine (PHE) mixture to IVF medium maintains motility and longevity of bovine sperm and enhances stable production of blastocysts in vitro. 査読

    Kang SS, Koyama K, Huang W, Yang Y, Yanagawa Y, Takahashi Y, Nagano M

    The Journal of reproduction and development 雑誌   2015年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effects of ovarian storage condition on in vitro maturation of Hokkaido sika deer (Cervus nippon yesoensis) oocytes. 査読

    Tulake K, Yanagawa Y, Takahashi Y, Katagiri S, Higaki S, Koyama K, Wang X, Li H

    The Japanese journal of veterinary research 雑誌   2014年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Enhancement of maternal recognition of pregnancy with parthenogenetic embryos in bovine embryo transfer. 査読

    Hirayama H, Moriyasu S, Kageyama S, Sawai K, Takahashi H, Geshi M, Fujii T, Koyama T, Koyama K, Miyamoto A, Matsui M, Minamihashi A

    Theriogenology 雑誌   2014年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Estimation of the optimal timing of fertilization for embryo development of in vitro-matured bovine oocytes based on the times of nuclear maturation and sperm penetration. 査読

    Koyama K, Kang SS, Huang W, Yanagawa Y, Takahashi Y, Nagano M

    The Journal of veterinary medical science 雑誌   2014年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Aging-related changes in in vitro-matured bovine oocytes: oxidative stress, mitochondrial activity and ATP content after nuclear maturation. 査読

    Koyama K, Kang SS, Huang W, Yanagawa Y, Takahashi Y, Nagano M

    The Journal of reproduction and development 雑誌   2014年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • In vitro maturation system for individual culture of bovine oocytes using micro-volume multi-well plate. 査読

    Nagano M, Kang SS, Koyama K, Huang W, Yanagawa Y, Takahashi Y

    The Japanese journal of veterinary research 雑誌   2013年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 新しい子牛の科学: 胎生期から初産分娩まで(第6章 初回妊娠から分娩までの生理と管理 6-1 初産牛の分娩生理)

    堂地修、古山敬祐( 担当: 共著)

    緑書房   2021年03月 

MISC(その他記事)

  • 【正確な検査結果のための現場におけるサンプリング】サイトブラシを用いた牛子宮内膜炎の診断

    古山 敬祐

    臨床獣医   40 ( 4 )   30 - 34   2022年04月( ISSN:0912-1501

  • ワンポイント質問 ウシにおける薬剤を用いた流産 招待

    古山 敬祐

    家畜診療   69 ( 4 )   232 - 235   2022年04月

  • サイトブラシを用いた牛子宮内膜炎の診断 招待

    古山 敬祐

    臨床獣医   40 ( 4 )   30 - 34   2022年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 高受胎率であると予測されたホルスタイン種泌乳牛の栄養代謝状態および繁殖性の精査

    窪友瑛, 小山毅, 田辺智樹, 松井義貴, 堂腰顕, 古山敬祐

    繁殖技術   41 ( 6 )   2021年( ISSN:0017-7520

     詳細を見る

  • 泌乳牛における黄体内腔の存在と受胎性および黄体機能との関係

    窪友瑛, 古山敬祐, 田辺智樹, 松井義貴, 堂腰顕, 陰山聡一

    日本胚移植学雑誌   42 ( 3 )   2021年( ISSN:1341-2965

     詳細を見る

  • ホルスタイン種牛における第一卵胞波主席卵胞の位置と適期授精時の受胎との関連性に及ぼす血中性ステロイドホルモン濃度の影響

    古山敬祐, 窪友瑛, 青木亜紀子, 青木亜紀子, 市川雄紀, 閏間英之, 可知正行, 可知正行, 川本友香, 川本友香, 田村洋次, 小島秀介, 松尾麻未, 松尾麻未

    日本産業動物獣医学会(近畿)・日本小動物獣医学会(近畿)・日本獣医公衆衛生学会(近畿)   2021   2021年

     詳細を見る

  • ホルスタイン種泌乳牛群における社会的順位と発情行動および採食行動との関連性

    窪友瑛, 古山敬祐, 堂腰顕, 田辺智樹, 松井義貴, 陰山聡一, 大和田勇人

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   164th (CD-ROM)   2021年( ISSN:1347-8621

     詳細を見る

  • ワンポイント質問 ウシにおける薬剤を用いた分娩誘起

    古山 敬祐

    家畜診療   67 ( 11 )   2020年11月

     詳細を見る

  • 種雄牛のDPRと娘牛の繁殖成績および乳量との関連性

    高橋 孝嘉, 長崎 浩二, 友貞 直, 佐々木 尚洋, 桂 百貴, 山口 輝介, 郡司 祐貴, 丹羽 永昌, 林 侑太, 山口 大輝, 岩瀬 奨, 古山 敬祐

    繁殖技術   40 ( 6 )   140 - 142   2020年11月( ISSN:0017-7520

  • ホルスタイン種牛における第一卵胞波主席卵胞の位置と人工授精の受胎との関連性解析

    古山 敬祐, 窪 友瑛, 青木 亜紀子, 市川 雄紀, 閏間 英之, 可知 正行, 川本 友香, Ho Chia-Tang, 川手 憲俊

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   163回   267 - 267   2020年10月( ISSN:1347-8621

  • 乳牛における分娩後ルーメン内LPS濃度の上昇が血液生化学性状および繁殖成績に及ぼす影響

    小田川 陽, 大滝 忠利, 古山 敬祐, 大矢 琴美, 梶川 博, 住吉 俊亮, 浅野 早苗, 堀北 哲也

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   163回   265 - 265   2020年10月( ISSN:1347-8621

  • 機械学習を用いた牛用尾部体表温センサデータによる発情検知・分娩予測

    檜垣彰吾, 吉岡耕治, 鈴木千恵, 櫻井玲奈, 岡田浩尚, 古山敬祐, 佐々木羊介, 阿部剛大, 本川和幸, 南野知也, 三栗野陽子, 堀井洋一郎

    農研機構動物衛生研究部門成果情報(Web)   2020   2020年

     詳細を見る

  • 妊娠ウシ子宮頸管におけるISGs発現誘導へのIFNTの直接関与

    國井 宏樹, 窪 友瑛, 浅岡 那月, 嶋崎 知哉, 古山 敬祐, 木村 康二, 唄 花子, 川原 学, 高橋 昌志

    日本繁殖生物学会 講演要旨集   113 ( 0 )   P - 65-P-65   2020年

     詳細を見る

    <p>【目的】ウシの着床過程では,授精後18日前後をピークとして,胚の栄養外胚葉からインターフェロン・タウ(IFNT)が分泌される。IFNTは母体の子宮内膜に作用し,JAK-STAT経路を介してIFN誘導性遺伝子(ISGs)の発現を誘導する。我々はこれまでに,子宮外組織である子宮頸部粘膜組織(CMM)においても妊娠特異的なISGsの高発現を見出した。しかし,IFNTの存在が直接的に示されているのは子宮内のみであり,IFNTがCMMにおけるISGs発現にどのように関与するのかは不明である。そこで本研究では,CMMへのIFNT移行の有無,ならびにCMMにおけるISGsの発現機序を明らかにすることを目的とした。【方法】非妊娠(np)および妊娠(p)ホルスタイン種搾乳ウシ由来CMMを,AI実施後14日目(d14),18日目(d18)および25日目(d25)において低侵襲的に採取後,RNAおよびタンパク質を抽出した。IFNTの検出は,抗IFNT抗体を用いウェスタンブロッティング(WB)にて行った。加えて,np-, p-CMMと共培養したnp-ウシ末梢血白血球(PBL)における<i>ISG15</i>発現を解析し,p-CMMのI型IFN活性を評価した。次に,定量PCRによりJAK-STAT経路関連因子の継時的な遺伝子発現動態を,またWBにより着床前におけるSTAT1活性化状態を評価した。【結果】p-d18のCMM由来タンパク質成分より,IFNTのバンドが検出された。加えて,CMM-PBL共培養実験では,np-d18のCMMと比較して,p-d18のCMMと共培養したPBLにおける<i>ISG15</i>発現が顕著に増加した。さらに,p-d18のCMMでは,<i>STAT1</i>, <i>STAT2</i>, <i>IRF9</i>発現および,JAK-STAT経路の活性化を示すリン酸化STAT1の発現が顕著に増加した。以上の結果から,子宮頸部における着床前特異的ISGs発現は,胚由来因子IFNTが子宮外へ移行し,JAK-STAT経路を活性化することにより誘導されることが明らかとなった。</p>

    DOI: 10.14882/jrds.113.0_P-65

    CiNii Article

  • ウシ子宮頸管粘膜組織における妊娠時発現低下遺伝子の検出

    嶋崎 知哉, 高橋 昌志, 窪 友瑛, 國井 宏樹, 古山 敬祐, 浜口 悠, 浅岡 那月, 唄 花子, 川原 学, 小川 英彦

    日本繁殖生物学会 講演要旨集   113 ( 0 )   P - 66-P-66   2020年

     詳細を見る

    <p>【目的】反芻動物では着床前の受胎産物がインターフェロン・タウ(IFNT)を分泌し,子宮内膜でIFN誘導性遺伝子群(ISGs)を誘導する。我々は,これまでに<i>ISG15</i>などの代表的ISGsが子宮頸管粘膜組織においても妊娠18日に子宮内膜での発現に匹敵する発現増加を示すことを明らかにした。子宮頸管粘膜(CMF)のサンプリングは簡便かつ生体に対して低侵襲的であるため,この知見を基に人工授精後最初に発情が回帰する21日までの早期妊娠判定への応用が進められている。一方,ISGsを指標とした場合の判定精度を上げる際には,ウイルス感染によるIFN経路の活性化による非妊娠ISGsの増加可能性の考慮も必要であり,そのため,IFN経路に依存しない妊娠応答遺伝子の探索が必要である。我々がこれまで実施したCMFのRNAシーケンス解析では,妊娠時18日の発現上昇遺伝子の多くがISGsであった一方,妊娠時の発現低下遺伝子群にはIFNTのような共通の制御因子を持つと考えられるものが存在しなかった。そのため,本研究では子宮頸管粘膜組織における妊娠時発現低下遺伝子の検出を目的とした。【方法】人工授精(AI)実施から14,18,24日が経過したホルスタイン種乳用牛の生体からCMFを綿棒で軽くこすり取ることで採取し,AI後30日及び40日の超音波診断による妊娠診断結果より各サンプルを「非妊娠区」「妊娠区」に分別した。採取したCMFからRNA抽出およびcDNA合成を行った。これまでのRNAシーケンス解析により,妊娠18日における発現低下を示した遺伝子を複数選択し,それらについて作成したプライマーを用いてAI後14,18,24日それぞれのサンプルでリアルタイムPCRを行い各遺伝子の発現量を測定した。【結果と考察】リアルタイムPCRの結果,AI後18日の妊娠時発現低下遺伝子として<i>IGFBP3</i>,<i>FOS</i>,<i>EGR1</i>を検出し,これらの遺伝子が妊娠判定の指標遺伝子として有用である可能性を示した。</p>

    DOI: 10.14882/jrds.113.0_P-66

    CiNii Article

  • ウシ分娩時胎盤節におけるインターフェロンシグナル活性化

    稲葉 涼, 泰原 大治, 川原 玲香, 篠澤 章久, 藤井 貴志, 内藤 学, 古山 敬祐, 作本 亮介, 平山 博樹

    日本繁殖生物学会 講演要旨集   113 ( 0 )   P - 73-P-73   2020年

     詳細を見る

    <p>【目的】分娩牛で発生する胎盤停滞は,子宮修復の遅延や繁殖成績低下の要因となる。また,ホルモン剤による分娩誘起は家畜管理の省力化に重要な技術であるが,高い確率で胎盤停滞が発生する問題がある。本研究では,分娩後の胎子胎盤剥離メカニズムの解明を目的として,自然分娩および誘起分娩直後に採取した胎盤節のトランスクリプトーム解析を行った。さらに,自然分娩時の胎盤節で活性化されたインターフェロン(IFN)シグナルに関連する遺伝子の発現量を解析した。【方法】胎盤節は,肉用牛の自然分娩および誘起分娩直後に採取した。分娩誘起は,PGF2α単独投与(PG群),デキサメサゾンおよびPGF2α投与(DEX群),トリアムシノロンアセトニドおよびベタメタゾンの複合投与(BET群)により行った。胎盤節は,胎子胎盤と母胎盤に分けてRNA-seq解析およびリアルタイムPCRによる遺伝子発現量解析を実施した。【結果】RNA-seqデータのIngenuity pathway analysisでは,自然分娩時の母胎盤において,すべての誘起分娩群に比較してIFNシグナルの活性化が検出された(p<0.00001)。母胎盤におけるIFNシグナル関連遺伝子の発現量解析では,自然分娩はPG群に比較して<i>IFNT2</i>の発現が有意(p<0.05)に高く,<i>IFNA</i>および<i>IFNG</i>発現は分娩方法による差がなかった。自然分娩はPG群に比較して<i>IFNAR1</i>および<i>IFNGR1</i>発現が有意(p<0.01)に高く,すべての誘起分娩群に比較して<i>ISG15</i>,<i>OAS1</i>,<i>MX1</i>および<i>MX2</i>発現が有意(p<0.01−0.0001)に高かった。また,BET群はPG群に比較して<i>IFNAR2</i>(p<0.001)および<i>IFNGR1</i>(p<0.05)発現が有意に高かった。以上より,分娩時の胎盤節ではIFNT2がリガンドとなりIFNシグナルが活性化される可能性が示唆された。また,分娩誘起のためのグルココルチコイド投与方法によって胎盤節のIFNシグナル活性が変化する可能性が示唆された。</p>

    DOI: 10.14882/jrds.113.0_P-73

    CiNii Article

  • 粗飼料多給飼養環境下の乳牛における分娩後ルーメン内LPS濃度の変動と繁殖成績との関連性

    大矢琴美, 大滝忠利, 古山敬祐, 梶川博, 住吉俊亮, 浅野早苗, 堀北哲也

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   162nd   437   2019年08月( ISSN:1347-8621

     詳細を見る

  • 現場で活かす酪農技術 繁殖 X精液受胎率の予測可能性に迫る 牛群検定成績の活用 招待

    古山敬祐

    Dairy Japan   64 ( 10 )   16‐19   2019年08月

     詳細を見る

  • 「畜産におけるICTを活用した取り組み」家畜センシング

    古山敬祐

    北海道畜産草地学会報   7   67‐69   2019年03月( ISSN:2187-5391

     詳細を見る

  • ホルスタイン種乳牛における体表温及び活動量に基づく機械学習による分娩時刻予測

    古山敬祐, 小山毅, 窪友瑛, 杉本昌仁, 檜垣彰吾, 吉岡耕治

    日本獣医師会獣医学術学会年次大会講演要旨集   2018   183   2019年01月

     詳細を見る

  • ウシ外子宮口粘膜組織における<i>IFIT1</i>の妊娠特異的発現

    浅岡 那月, 木村 康二, 高橋 昌志, 國井 宏樹, 古山 敬祐, 窪 友瑛, 浜口 悠, 小川 英彦, 小林 久人, 唄 花子, 川原 学

    日本繁殖生物学会 講演要旨集   112 ( 0 )   P - 71-P-71   2019年( ISSN:0916-8818

     詳細を見る

    <p>【目的】反芻動物特異的な妊娠認識物質であるインターフェロン・タウ(IFNT)は着床前後期には母体子宮内膜においてIFN誘導遺伝子群(ISGs)の発現を誘導する。ISGsは妊娠認識や着床に関与するとともに,早期受胎判定としての利活用も期待されている。我々はこれまでに,ISGsの一種である<i>ISG15, MX1, MX2</i>が外子宮口内腔および腟底部壁の粘膜組織においても妊娠特異的な高発現誘導を示すことを明らかにしたが,子宮外組織における他の妊娠応答遺伝子に関する知見はない。そこで子宮外組織における網羅的な遺伝子発現解析をもとにウシ子宮外組織における妊娠応答遺伝子の探索と妊娠検出を目的とした。【方法】人工授精(AI)実施後,18日後のホルスタイン種乳用牛から採取した外子宮口粘膜(CM)における発現解析をRNA-seqにより行い,候補遺伝子としてinterferon-induced protein with tetratricopeptide repeats 1(<i>IFIT1</i>)を選出した。AI後14,18,24日目に同組織の採取を行い,妊娠の成否はAI後30日目と45日目の妊娠診断で判断した。またIFNT誘導性を検証するために,食肉公社から採取した非妊娠ウシCM組織を採取・細切後,組み換えウシIFNTを添加して24時間培養し<i>IFIT1発現を解析し</i>た。【結果】AI後18日目に採取したCMにおいては,<i>IFIT1</i>が非妊娠サンプルと比較して妊娠サンプルで発現量の増加傾向がみられた。さらに14,18,24日目における<i>IFIT1</i>の遺伝子発現の経時的変化を調べたところ,IFNT産生ピークである18日目を頂点とした挙動を示した。また,<i>IFIT1</i>のIFNT誘導性については,IFNT添加CMで発現量が増加する傾向があった。これらの結果から妊娠初期のCMにおける<i>IFIT1発現には</i>IFNTの関与ならびに早期妊娠応答の新たな指標の可能性が示唆された。</p>

    DOI: 10.14882/jrds.112.0_P-71

    CiNii Article

    J-GLOBAL

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 卵巣予備能に基づく高受胎性のウシづくり 招待

    古山 敬祐

    令和3年度中堅獣医師講習会(NOSAI協会)  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 定時人工授精に関する知見のアップデート 招待

    古山 敬祐

    令和3年度中堅獣医師講習会(NOSAI協会)  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • ホルスタイン種牛における第一卵胞波主席卵胞の位置と適期授精時の受胎との関連性に及ぼす血中性ステロイドホルモン濃度の影響 国内会議

    古山敬祐,窪友瑛,青木亜紀子,市川雄紀,閏間英之,可知正行,川本友香,田村洋次,小島秀介,松尾麻未

    令和3年度獣医学術近畿地区学会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 泌乳牛における黄体内腔の存在と受胎性および黄体機能との関係

    窪 友瑛, 古山 敬祐, 田辺 智樹, 松井 義貴, 堂腰 顕, 陰山 聡一

    日本胚移植学雑誌  2021年09月  日本胚移植技術研究会

  • ホルスタイン種泌乳牛群における社会的順位と発情行動および採食行動との関連性

    窪 友瑛, 古山 敬祐, 堂腰 顕, 田辺 智樹, 松井 義貴, 陰山 聡一, 大和田 勇人

    日本獣医学会学術集会講演要旨集  2021年09月  (公社)日本獣医学会

  • 泌乳牛における黄体内腔の存在と受胎性および黄体機能との関係 国内会議

    窪 友瑛・古山敬祐・田辺智樹・松井義貴・堂腰 顕・陰山聡一

    日本胚移植研究会   2021年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 乳用牛繁殖管理におけるセンシング技術および先天的受胎性からのアプローチ 招待

    古山 敬祐

    令和2年度家畜診療等技術近畿地区研修会  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 高受胎率であると予測されたホルスタイン種泌乳牛の栄養代謝状態および繁殖性の精査 国内会議

    窪友瑛・小山毅・田辺智樹・松井義貴・堂腰顕・古山敬祐

    北海道家畜人工授精師協会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 乳牛における分娩後ルーメン内LPS濃度の上昇が血液生化学性状および繁殖成績に及ぼす影響

    小田川 陽, 大滝 忠利, 古山 敬祐, 大矢 琴美, 梶川 博, 住吉 俊亮, 浅野 早苗, 堀北 哲也

    日本獣医学会学術集会講演要旨集  2020年10月  (公社)日本獣医学会

  • ホルスタイン種牛における第一卵胞波主席卵胞の位置と人工授精の受胎との関連性解析

    古山 敬祐, 窪 友瑛, 青木 亜紀子, 市川 雄紀, 閏間 英之, 可知 正行, 川本 友香, Ho Chia-Tang, 川手 憲俊

    日本獣医学会学術集会講演要旨集  2020年10月  (公社)日本獣医学会

  • 妊娠ウシ子宮頸管におけるISGs発現誘導へのIFNTの直接関与

    國井 宏樹, 窪 友瑛, 浅岡 那月, 嶋崎 知哉, 古山 敬祐, 木村 康二, 唄 花子, 川原 学, 高橋 昌志

    The Journal of Reproduction and Development  2020年09月  (公社)日本繁殖生物学会

  • ウシ子宮頸管粘膜組織における妊娠時発現低下遺伝子の検出

    嶋崎 知哉, 窪 友瑛, 國井 宏樹, 古山 敬祐, 浜口 悠, 浅岡 那月, 唄 花子, 川原 学, 小川 英彦, 高橋 昌志

    The Journal of Reproduction and Development  2020年09月  (公社)日本繁殖生物学会

  • ウシ分娩時胎盤節におけるインターフェロンシグナル活性化

    稲葉 涼, 泰原 大治, 川原 玲香, 篠澤 章久, 藤井 貴志, 内藤 学, 古山 敬祐, 作本 亮介, 平山 博樹

    The Journal of Reproduction and Development  2020年09月  (公社)日本繁殖生物学会

  • 乳用牛繁殖予測技術の現状および展望 招待 国内会議

    古山 敬祐

    令和元年度京都府獣医師会産業動物部会研修会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • ウシ外子宮口粘膜組織におけるIFIT1の妊娠特異的発現

    浅岡 那月, 國井 宏樹, 古山 敬祐, 窪 友瑛, 浜口 悠, 小川 英彦, 小林 久人, 唄 花子, 川原 学, 木村 康二, 高橋 昌志

    The Journal of Reproduction and Development  2019年09月  (公社)日本繁殖生物学会

  • 粗飼料多給飼養環境下の乳牛における分娩後ルーメン内LPS濃度の変動と繁殖成績との関連性

    大矢 琴美, 大滝 忠利, 古山 敬祐, 梶川 博, 住吉 俊亮, 浅野 早苗, 堀北 哲也

    日本獣医学会学術集会講演要旨集  2019年08月  (公社)日本獣医学会

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 乳牛の繁殖管理

  • 牛受精卵の体外培養

  • 牛卵子の体外培養

科研費

  • 高着床能力胚の生産を目指した核成熟速度に対応したウシ卵子体外培養系の構築

    2020年

  • 牛の分娩時胎盤節における炎症誘導機構の解明と胎盤成熟誘導型分娩誘起技術開発

    2019年

  • 乳牛の亜急性ルーメンアシドーシスによる繁殖機能低下要因の解明と代謝機能改善効果

    2019年

担当授業科目

  • 生物学実験

    2021年度   実習  

  • 先端病態解析学特別講義C

    2021年度    

  • 食料生産実習

    2021年度   実習  

  • 大動物診療実習

    2021年度   実習  

  • 大動物野外診療実習

    2021年度   実習  

  • 牧場実習

    2021年度   実習  

  • 大動物臨床B

    2021年度    

  • 大動物臨床A

    2021年度   実習  

  • 獣医繁殖学B

    2021年度    

  • 獣医繁殖学A

    2021年度    

  • 獣医臨床栄養学

    2021年度    

  • 獣医繁殖学実習

    2021年度   実習  

  • 産業動物生産獣医療

    2021年度    

  • 生物学B

    2021年度    

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 先端病態解析学特別講義C(大阪府立大学)

    2019年
    -
    継続中

  • 食料生産実習(大阪府立大学)

    2019年
    -
    継続中

  • 臨床基礎実習(大阪府立大学)

    2019年
    -
    継続中

  • 産業動物生産獣医療(大阪府立大学)

    2019年
    -
    継続中

  • 生物学実験(大阪府立大学)

    2019年
    -
    継続中

  • 獣医臨床栄養学(大阪府立大学)

    2019年
    -
    継続中

  • 獣医繁殖学A(大阪府立大学)

    2019年
    -
    継続中

  • 獣医繁殖学実習(大阪府立大学)

    2019年
    -
    継続中

  • 獣医繁殖学B(大阪府立大学)

    2019年
    -
    継続中

  • 大動物診療実習(大阪府立大学)

    2019年
    -
    継続中

▼全件表示

その他

  • 「夢ナビ」において高校生向けの講義を公開

    2021年

      詳細を見る

    講義No.11251

  • 「北海道新聞」に講演内容掲載

    2018年11月

      詳細を見る

    2018年11月10日付け『北海道新聞」19面(オホーツク版)に講演内容が掲載された。

  • 「開拓情報」に研究成果掲載

    2018年09月

      詳細を見る

    2018年9月15日付け『開拓情報』6面に研究成果が掲載された。