2024/04/11 更新

写真a

カサマツ シンゴ
笠松 真吾
KASAMATSU Shingo
担当
大学院理学研究科 生物化学専攻 准教授
理学部 生物化学科
職名
准教授
所属
理学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
中百舌鳥キャンパス

担当・職階

  • 大学院理学研究科 生物化学専攻 

    准教授  2024年04月 - 継続中

  • 大学院理学研究科 生物化学専攻 

    助教  2022年04月 - 2024年03月

  • 理学部 生物化学科 

    准教授  2024年04月 - 継続中

  • 理学部 生物化学科 

    助教  2022年04月 - 2024年03月

取得学位

  • 博士(理学) ( 大阪府立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

  • ライフサイエンス / 医化学

研究キーワード

  • レドックスバイオロジー

  • サルファーバイオロジー

  • 活性イオウ分子

  • 冬眠

  • 活性酸素

  • 活性イオウ分子

  • 一酸化窒素

  • レドックスシグナル

  • タンパク質修飾

研究概要

  • 生体内イオウ代謝系による低酸素・低体温耐性機構の解明

  • 活性イオウ分子種による一酸化窒素/活性酸素レドックスシグナル制御機構の解析

所属学協会

受賞歴

  • 第11回日本NO学会Young Investigator Award 優秀賞

    2011年06月   日本NO学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第85回日本衛生学会学術集会 優秀演題賞

    2015年03月   日本衛生学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 大坂公立大学   大学院理学系研究科生物化学専攻   テニュアトラック助教

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪府立大学   大学院理学系研究科生物科学専攻   テニュアトラック助教

    2019年04月 - 2022年03月

  • 東北大学大学院医学系研究科環境保健医学分野   非常勤講師

    2017年04月 - 継続中

  • 米国ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院   特別研究員

    2017年04月 - 2019年03月

論文

  • Supersulfide catalysis for nitric oxide and aldehyde metabolism 査読

    Shingo Kasamatsu, Akira Nishimura, Md Morshedul Alam, Masanobu Morita, Kakeru Shimoda, Tetsuro Matsunaga, Minkyung Jung, Seiryo Ogata, Uladzimir Barayeu, Tomoaki Ida, Motohiro Nishida, Akiyuki Nishimura, Hozumi Motohashi, Takaaki Akaike

    Science advances   9 ( 33 )   eadg8631   2023年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1126/sciadv.adg8631

    PubMed

  • Development of methods for quantitative determination of the total and reactive polysulfides: Reactive polysulfide profiling in vegetables 査読

    Shingo Kasamatsu, Ayaka Kinno, Jun-ichi Hishiyama, Takaaki Akaike, Hideshi Ihara

    Food Chemistry   413   135610   2023年02月( ISSN:03088146

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.foodchem.2023.135610

    PubMed

  • High-Precision Sulfur Metabolomics Innovated by a New Specific Probe for Trapping Reactive Sulfur Species. 査読

    Shingo Kasamatsu, Tomoaki Ida, Taisei Koga, Kosho Asada, Hozumi Motohashi, Hideshi Ihara, Takaaki Akaike

    Antioxidants & redox signaling   34 ( 18 )   1407 - 1419   2021年01月( ISSN:1523-0864

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Aims:
    Persulfides and other reactive sulfur species are endogenously produced in large amounts in vivo and participate in multiple cellular functions underlying physiological and pathological conditions. In the current study, we aimed to develop an ideal alkylating agent for use in sulfur metabolomics, particularly targeting persulfides and other reactive sulfur species, with minimal artifactual decomposition.
    Results:
    We synthesized a tyrosine-based iodoacetamide derivative, N-iodoacetyl l-tyrosine methyl ester (TME-IAM), which reacts with the thiol residue of cysteine identically to that of β-(4-hydroxyphenyl)ethyl iodoacetamide (HPE-IAM), a commercially available reagent. Our previous study revealed that although various electrophilic alkylating agents readily decomposed polysulfides, HPE-IAM exceptionally stabilized the polysulfides by inhibiting their alkaline hydrolysis. The newly synthesized TME-IAM stabilizes oxidized glutathione tetrasulfide more efficiently than other alkylating agents, including HPE-IAM, iodoacetamide, and monobromobimane. In fact, our quantitative sulfur-related metabolome analysis showed that TME-IAM is a more efficient trapping agent for endogenous persulfides/polysulfides containing a larger number of sulfur atoms in mouse liver and brain tissues compared with HPE-IAM.
    Innovation and Conclusions:
    We developed a novel iodoacetamide derivative, which is the most ideal reagent developed to date for detecting endogenous persulfides/polysulfides formed in biological samples, such as cultured cells, tissues, and plasma. This new probe may be useful for investigating the unique chemical properties of reactive persulfides, thereby enabling identification of novel reactive sulfur metabolites that remain unidentified because of their instability, and thus can be applied in high-precision sulfur metabolomics in redox biology and medicine. We did not perform any clinical experiments in this study.

    DOI: 10.1089/ars.2020.8073

    PubMed

  • SOD1 is an essential H2S detoxifying enzyme 査読 国際共著

    Christopher H. Switzer, Shingo Kasamatsu, Hideshi Ihara, Philip Eaton

    Proceedings of the National Academy of Sciences   120 ( 3 )   e220504412   2023年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1073/pnas.2205044120

  • Cysteinyl-tRNA synthetase governs cysteine polysulfidation and mitochondrial bioenergetics. 査読 国際共著

    Takaaki Akaike, Tomoaki Ida, Fan-Yan Wei, Motohiro Nishida, Yoshito Kumagai, Md. Morshedul Alam, Hideshi Ihara, Tomohiro Sawa, Tetsuro Matsunaga, Shingo Kasamatsu, Akiyuki Nishimura, Masanobu Morita, Kazuhito Tomizawa, Akira Nishimura, Satoshi Watanabe, Kenji Inaba, Hiroshi Shima, Nobuhiro Tanuma, Minkyung Jung, Shigemoto Fujii, Yasuo Watanabe, Masaki Ohmuraya, Péter Nagy, Martin Feelisch, Jon M. Fukuto, Hozumi Motohashi

    8   1177   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41467-017-01311-y

  • Manganese Porphyrin-Containing Polymeric Micelles: A Novel Approach for Intracellular Catalytic Formation of Per/Polysulfide Species from a Hydrogen Sulfide Donor

    Young K.

    Advanced Healthcare Materials   13 ( 4 )   e2302429   2024年02月( ISSN:21922640

     詳細を見る

  • Quantitative profiling of supersulfides naturally occurring in dietary meats and beans

    Kasamatsu S.

    Analytical Biochemistry   685   115392 - 115392   2023年11月( ISSN:00032697

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ab.2023.115392

    PubMed

  • Untargeted polysulfide omics analysis of alternations in polysulfide production during the germination of broccoli sprouts

    Kasamatsu S.

    Redox Biology   67   102875 - 102875   2023年09月( ISSN:2213-2317

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.redox.2023.102875

    PubMed

  • 2-Oxo-imidazole dipeptides inhibit peroxynitrite-dependent tyrosine nitration 査読

    Matsukura K.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   668   77 - 81   2023年08月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2023.05.074

    PubMed

  • Cystathionine γ-Lyase Self-Inactivates by Polysulfidation during Cystine Metabolism 査読

    Araki S.

    International Journal of Molecular Sciences   24 ( 12 )   2023年06月( ISSN:16616596

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/ijms24129982

    PubMed

  • Reactive Sulfur Species Omics Analysis in the Brain Tissue of the 5xFAD Mouse Model of Alzheimer’s Disease 査読

    Kinno A.

    Antioxidants   12 ( 5 )   2023年05月( ISSN:2076-3921

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/antiox12051105

    PubMed

  • Quantitative Determination of 2-Oxo-Imidazole-Containing Dipeptides by High-Performance Liquid Chromatography/Tandem Mass Spectrometry 査読

    Somei Komae, Shingo Kasamatsu, Koji Uchida, Hideshi Ihara

    Antioxidants (Basel, Switzerland)   11 ( 12 )   2401   2022年12月( ISSN:2076-3921

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/antiox11122401

    PubMed

  • The Sulfide-Responsive SqrR/BigR Homologous Regulator YgaV of Escherichia coli Controls Expression of Anaerobic Respiratory Genes and Antibiotic Tolerance 査読

    Rajalakshmi Balasubramanian, Koichi Hori, Takayuki Shimizu, Shingo Kasamatsu, Kae Okamura, Kan Tanaka, Hideshi Ihara, Shinji Masuda

    Antioxidants (Basel, Switzerland)   11 ( 12 )   2359   2022年11月( ISSN:2076-3921

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/antiox11122359

    PubMed

  • 2-Oxo-imidazole dipeptides in meat 査読

    Somei Komae, Shingo Kasamatsu, Hideshi Ihara

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   86 ( 11 )   1576 - 1580   2022年08月( ISSN:0916-8451

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/bbb/zbac138

    PubMed

  • Regulation of nitric oxide/reactive oxygen species redox signaling by nNOS splicing variants. 査読

    Shingo Kasamatsu, Hiroyasu Tsutsuki, Tomoaki Ida, Tomohiro Sawa, Yasuo Watanabe, Takaaki Akaike, Hideshi Ihara

    Nitric oxide : biology and chemistry   120   44 - 52   2022年01月( ISSN:1089-8603

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    We previously demonstrated different expression patterns of the neuronal nitric oxide synthase (nNOS) splicing variants, nNOS-μ and nNOS-α, in the rat brain; however, their exact functions have not been fully elucidated. In this study, we compared the enzymatic activities of nNOS-μ and nNOS-α and investigated intracellular redox signaling in nNOS-expressing PC12 cells, stimulated with a neurotoxicant, 1-methyl-4-phenylpyridinium ion (MPP+), to enhance the nNOS uncoupling reaction. Using in vitro studies, we show that nNOS-μ produced nitric oxide (NO), as did nNOS-α, in the presence of tetrahydrobiopterin (BH4), an important cofactor for the enzymatic activity. However, nNOS-μ generated more NO and less superoxide than nNOS-α in the absence of BH4. MPP + treatment induced more reactive oxygen species (ROS) production in nNOS-α-expressing PC12 cells than in those expressing nNOS-μ, which correlated with the intracellular production of 8-nitroguanosine 3',5'-cyclic monophosphate (8-nitro-cGMP), a downstream messenger of nNOS redox signaling, and apoptosis in these cells. Furthermore, post-treatment with 8-nitro-cGMP aggravated MPP+-induced cytotoxicity via activation of the H-Ras/extracellular signal-regulated kinase signaling pathway. In conclusion, our results provide strong evidence that nNOS-μ exhibits distinctive enzymatic properties of NO/ROS production, contributing to the regulation of intracellular redox signaling, including the downstream production of 8-nitro-cGMP.

    DOI: 10.1016/j.niox.2022.01.004

    PubMed

  • 2-Oxo-Imidazole-Containing Dipeptides Play a Key Role in the Antioxidant Capacity of Imidazole-Containing Dipeptides. 査読

    Shingo Kasamatsu, Somei Komae, Kana Matsukura, Yuki Kakihana, Koji Uchida, Hideshi Ihara

    Antioxidants (Basel, Switzerland)   10 ( 9 )   2021年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    There is substantial evidence for the antioxidant functions of imidazole-containing dipeptides (IDPs), including carnosine and anserine, under physiological and pathological conditions in vivo. However, the detailed mechanism underlying the antioxidant functions is still poorly understood. Recently, we discovered the endogenous production of 2-oxo-imidazole-containing dipeptides (2-oxo-IDPs), such as 2-oxo-carnosine and 2-oxo-anserine, as novel derivatives of IDPs in mouse tissues and revealed that the antioxidant capacity of 2-oxo-carnosine was much greater than that of carnosine. However, the antioxidant capacity of 2-oxo-IDPs still remains unclear. In this study, we evaluated 2-oxo-carnosine and 2-oxo-anserine by multiple in vitro assays, such as 2,2-diphenyl-1-picrylhydrazyl (DPPH) radical scavenging, ferric reducing/antioxidant power, and oxygen radical absorbance capacity assays in comparison with the corresponding IDPs, carnosine and anserine. All the assays employed herein demonstrated that 2-oxo-carnosine and 2-oxo-anserine exhibited a greater antioxidant capacity than that of the corresponding IDPs. Quantitative high-performance liquid chromatography tandem mass spectrometry revealed that commercial IDPs standards were contaminated with a certain amount of 2-oxo-IDPs, which was correlated with the antioxidant capacity. DPPH radical scavenging assay revealed that the elimination of contaminated 2-oxo-IDPs from the IDPs standards caused a significant decrease in the antioxidant capacity compared to the original IDPs standards. These results suggest that the main driver of the antioxidant capacity of IDPs is 2-oxo-IDPs; accordingly, the conversion of IDPs to 2-oxo-IDPs may be a critical step in the antioxidant functions.

    DOI: 10.3390/antiox10091434

    PubMed

  • Distribution and quantitative analysis of homoanserine and its 2-oxo derivative in mouse tissues. 査読

    Yuki Kakihana, Shingo Kasamatsu, Koji Uchida, Hideshi Ihara

    Free radical research   55 ( 6 )   688 - 697   2021年07月( ISSN:1071-5762

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Imidazole-containing dipeptides (IDPs), such as carnosine and anserine, are endogenously produced and have been shown to function as antioxidants. Recently, we have characterized the endogenous production of 2-oxo-imidazole-containing dipeptides (2-oxo-IDPs), such as 2-oxo-carnosine, 2-oxo-anserine, and 2-oxo-homocarnosine in mouse tissues, including brain, and demonstrated that 2-oxo-IDPs exhibit higher antioxidant activities than the corresponding IDPs. In this study, we established a highly sensitive, specific, and quantitative method for the detection of the IDP homoanserine and its oxidized derivative 2-oxo-homoanserine via high-performance liquid chromatography tandem mass spectrometry coupled with a stable-isotope dilution method, and quantitatively analyzed its tissue distribution and age-related intra-brain distribution in C57BL/6J mice. The quantitative analysis revealed that homoanserine exists abundantly not only in the mouse brain but also in other tissues, such as the muscle and lungs. Further, we successfully detected the endogenous production of 2-oxo-homoanserine in the mouse brain. The mass spectrometric analysis revealed that homoanserine predominantly exists in the cerebrum and cerebellum and the concentrations in 10-week-old mice were approximately 50-fold higher than those in 1-week-old mice. Accordingly, this is the first study that reports the spatial and temporal expression patterns of homoanserine and its 2-oxo derivative in C57BL/6J mice.

    DOI: 10.1080/10715762.2021.1888945

    PubMed

  • Regulation of redox signaling by reactive sulfur species. 査読

    Shingo Kasamatsu, Hideshi Ihara

    Journal of clinical biochemistry and nutrition   68 ( 2 )   111 - 115   2021年03月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3164/jcbn.20-124

    PubMed

  • Gene therapy for tuberous sclerosis complex type 2 in a mouse model by delivery of AAV9 encoding a condensed form of tuberin. 査読 国際共著

    Pike-See Cheah, Shilpa Prabhakar, David Yellen, Roberta L Beauchamp, Xuan Zhang, Shingo Kasamatsu, Roderick T Bronson, Elizabeth A Thiele, David J Kwiatkowski, Anat Stemmer-Rachamimov, Bence György, King-Hwa Ling, Masao Kaneki, Bakhos A Tannous, Vijaya Ramesh, Casey A Maguire, Xandra O Breakefield

    Science advances   7 ( 2 )   eabb1703   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Tuberous sclerosis complex (TSC) results from loss of a tumor suppressor gene - TSC1 or TSC2, encoding hamartin and tuberin, respectively. These proteins formed a complex to inhibit mTORC1-mediated cell growth and proliferation. Loss of either protein leads to overgrowth lesions in many vital organs. Gene therapy was evaluated in a mouse model of TSC2 using an adeno-associated virus (AAV) vector carrying the complementary for a "condensed" form of human tuberin (cTuberin). Functionality of cTuberin was verified in culture. A mouse model of TSC2 was generated by AAV-Cre recombinase disruption of Tsc2-floxed alleles at birth, leading to a shortened lifespan (mean 58 days) and brain pathology consistent with TSC. When these mice were injected intravenously on day 21 with AAV9-cTuberin, the mean survival was extended to 462 days with reduction in brain pathology. This demonstrates the potential of treating life-threatening TSC2 lesions with a single intravenous injection of AAV9-cTuberin.

    DOI: 10.1126/sciadv.abb1703

    PubMed

  • Myostatin deficiency not only prevents muscle wasting but also improves survival in septic mice. 査読 国際共著

    Masayuki Kobayashi, Shingo Kasamatsu, Shohei Shinozaki, Shingo Yasuhara, Masao Kaneki

    American journal of physiology. Endocrinology and metabolism   320 ( 1 )   E150-E159 - E159   2021年01月( ISSN:0193-1849

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Sepsis remains a leading cause of mortality in critically ill patients. Muscle wasting is a major complication of sepsis and negatively affects clinical outcomes. Despite intense investigation for many years, the molecular mechanisms underlying sepsis-related muscle wasting are not fully understood. In addition, a potential role of muscle wasting in disease development of sepsis has not been studied. Myostatin is a myokine that downregulates skeletal muscle mass. We studied the effects of myostatin deficiency on muscle wasting and other clinically relevant outcomes, including mortality and bacterial clearance, in mice. Myostatin deficiency prevented muscle atrophy along with inhibition of increases in muscle-specific RING finger protein 1 (MuRF-1) and atrogin-1 expression and phosphorylation of signal transducer and activator of transcription protein 3 (STAT3; major players of muscle wasting) in septic mice. Moreover, myostatin deficiency improved survival and bacterial clearance of septic mice. Sepsis-induced liver dysfunction, acute kidney injury, and neutrophil infiltration into the liver and kidney were consistently mitigated by myostatin deficiency, as indicated by plasma concentrations of aspartate aminotransferase (AST), alanine aminotransferase (ALT), and neutrophil gelatinase-associated lipocalin (NGAL) and myeloperoxidase activity in the organs. Myostatin deficiency also inhibited sepsis-induced increases in plasma high-mobility group protein B1 (HMGB1) and macrophage inhibitory cytokine (MIC)-1/growth differentiation factor (GDF)-15 concentrations. These results indicate that myostatin plays an important role not only in muscle wasting but also in other clinically relevant outcomes in septic mice. Furthermore, our data raise the possibility that muscle wasting may not be simply a complication, but myostatin-mediated muscle cachexia and related changes in muscle may actually drive the development of sepsis as well.NEW & NOTEWORTHY Muscle wasting is a major complication of sepsis, but its role in the disease development is not known. Myostatin deficiency improved bacterial clearance and survival and mitigated damage in the liver and kidney in septic mice, which paralleled prevention of muscle wasting. These results raise the possibility that muscle wasting may not simply be a complication of sepsis, but myostatin-mediated cachexic changes may have a role in impaired bacterial clearance and mortality in septic mice.

    DOI: 10.1152/ajpendo.00161.2020

    PubMed

  • Persulfide-Dependent Regulation of Electrophilic Redox Signaling in Neural Cells. 査読

    Shingo Kasamatsu

    Antioxidants & redox signaling   33 ( 18 )   1320 - 1331   2020年12月( ISSN:1523-0864

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国際誌  

    Significance: Redox homeostasis is precisely modulated by intricate systems that regulate production, elimination, and metabolism of electrophilic substances (electrophiles) in the nervous system. Since the first report of the endogenous production of reactive persulfide species in cells, such as cysteine persulfides (CysSSH), these reactive species have been a topic of extreme interest in the field of redox biology; persulfides/polysulfides possess unique chemical properties and are involved in multiple cellular functions. Recent Advances: Electrophilic signaling is mainly regulated by endogenous electrophiles that are generated from reactive oxygen species, nitric oxide, and their derivatives during stress responses, as well as by exogenous electrophiles, including compounds in foods and environmental pollutants, such as methylmercury (MeHg). Among diverse electrophiles that are endogenously generated, 8-nitroguanosine 3',5'-cyclic monophosphate (8-nitro-cGMP) possesses unique redox properties, of which the biosynthetic pathway, signaling mechanism, and metabolism in cells have been elucidated. Critical Issues: Persulfides, such as CysSSH, that are endogenously produced are critically involved in 8-nitro-cGMP metabolism. Exposure of neurons to the exogenous neurotoxicant, MeHg, causes severe neurodegeneration via disruption of persulfide-dependent 8-nitro-cGMP metabolism. Future Directions: Accumulating evidence indicates that persulfides are involved in various cellular functions under physiological and pathological conditions. These new aspects of redox biology related to persulfides may be frontiers of cell research, medical and clinical investigations of neurodegenerative diseases, as well as other fields. 8-Nitro-cGMP-mediated signaling and its persulfide-dependent metabolism in cells could, therefore, be potential targets for drug development, which may lead to the discovery of new therapeutic agents for many diseases, including neurodegenerative diseases.

    DOI: 10.1089/ars.2020.8130

    PubMed

  • Generation of Rat Monoclonal Antibody to Detect Hydrogen Sulfide and Polysulfides in Biological Samples. 査読

    Shingo Kasamatsu, Yuki Kakihana, Taisei Koga, Hisashi Yoshioka, Hideshi Ihara

    Antioxidants (Basel, Switzerland)   9 ( 11 )   1160   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Hydrogen sulfide (H2S) is endogenously produced by enzymes and via reactive persulfide/polysulfide degradation; it participates in a variety of biological processes under physiological and pathological conditions. H2S levels in biological fluids, such as plasma and serum, are correlated with the severity of various diseases. Therefore, development of a simple and selective H2S measurement method would be advantageous. This study aimed to generate antibodies specifically recognizing H2S derivatives and develop a colorimetric immunoassay for measuring H2S in biological samples. We used N-ethylmaleimide (NEM) as an H2S detection agent that forms a stable bis-S-adduct (NEM-S-NEM). We also prepared bis-S-heteroadduct with 3-maleimidopropionic acid, which, in conjugation with bovine serum albumin, was to immunize Japanese white rabbits and Wistar rats to enable generation of polyclonal and monoclonal antibodies, respectively. The generated antibodies were evaluated by competitive enzyme-linked immunosorbent assay. We could obtain two stable hybridoma cell lines producing monoclonal antibodies specific for NEM-S-NEM. By immunoassay with the monoclonal antibody, the H2S level in mouse plasma was determined as 0.2 μM, which was identical to the level detected by mass spectrometry. Taken together, these monoclonal antibodies can be a useful tool for a simple and highly selective immunoassay to detect H2S in biological samples.

    DOI: 10.3390/antiox9111160

    PubMed

  • 8-Nitro-cGMP modulates exocytosis in adrenal chromaffin cells. 査読

    Hiroyasu Tsutsuki, Shingo Kasamatsu, Kohei Kunieda, Tomoaki Ida, Tomohiro Sawa, Nobuyuki Sasakawa, Takaaki Akaike, Hideshi Ihara

    Biochemical and biophysical research communications   526 ( 1 )   225 - 230   2020年03月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Nitric oxide (NO)-mediated production of cyclic guanosine 3',5'-monophosphate (cGMP) is a crucial signaling pathway that controls a wide array of neuronal functions, including exocytotic neurotransmitter release. A novel nitrated derivative of cGMP, 8-nitro-cGMP, not only activates cGMP-dependent protein kinase (PKG), but also has membrane permeability and redox activity to produce superoxide and S-guanylated protein. To date, no studies have addressed the effects of 8-nitro-cGMP on exocytotic kinetics. Here, we aimed to assess the 8-nitro-cGMP-mediated modulation of the depolarization-evoked catecholamine release from bovine chromaffin cells. 8-Nitro-cGMP was produced in bovine chromaffin cells dependent on NO donor. Amperometric analysis revealed that 8-nitro-cGMP modulated the kinetic parameters of secretory spikes from chromaffin cells, particularly decreased the speed of individual spikes, resulting in a reduced amperometric spike height, slope β, and absolute value of slope γ. The modulatory effects were independent of the PKG signal and superoxide production. This is the first study to demonstrate that 8-nitro-cGMP modulates exocytosis and provide insights into a novel regulatory mechanism of exocytosis.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.03.045

    PubMed

  • 8-Nitro-cGMP attenuates context-dependent fear memory in mice 査読

    Yusuke Kishimoto, Shingo Kasamatsu, Shuichi Yanai, Shogo Endo, Takaaki Akaike, Hideshi Ihara

    Biochemical and Biophysical Research Communications   511 ( 1 )   141 - 147   2019年03月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    © 2019 Elsevier Inc. We previously reported that 8-nitroguanosine 3′,5′-cyclic monophosphate (8-nitro-cGMP) is endogenously produced via nitric oxide/reactive oxygen species signaling pathways and it reacts with protein thiol residues to add cGMP structure to proteins through S-guanylation. S-Guanylation occurs on synaptosomal-associated protein 25 (SNAP-25), which is a part of the soluble N-ethylmaleimide-sensitive factor attachment protein receptor (SNARE) complex that regulates exocytosis. However, the biological relevance of 8-nitro-cGMP in the nervous system remains unclear. Here, we investigated the effects of intracerebroventricular (icv) infusion of 8-nitro-cGMP on mouse brain functions. The results of an open-field test and fear-conditioning task revealed that icv infusion of 8-nitro-cGMP decreased the vertical activity and context-dependent fear memory of mice, which are both associated with the hippocampus. Immunohistochemical analysis revealed increased c-Fos-positive cells in the dentate gyrus in 8-nitro-cGMP-infused mice. Further, biochemical analyses showed that icv infusion of 8-nitro-cGMP increased S-guanylated proteins including SNAP-25 and SNARE complex formation as well as decreased complexes containing complexin, which regulates exocytosis by binding to the SNARE complex, in the hippocampus. These findings suggest that accumulation of 8-nitro-cGMP in the hippocampus affects its functions, including memory, via S-guanylation of hippocampal proteins such as SNAP-25.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2019.01.138

    PubMed

  • Breathing hydrogen sulfide prevents delayed paraplegia in mice. 査読 国際共著

    Manabu Kakinohana, Eizo Marutani, Kentaro Tokuda, Kotaro Kida, Shizuko Kosugi, Shingo Kasamatsu, Aurora Magliocca, Kohei Ikeda, Shinichi Kai, Masahiro Sakaguchi, Shuichi Hirai, Ming Xian, Masao Kaneki, Fumito Ichinose

    Free radical biology & medicine   131   243 - 250   2019年02月( ISSN:0891-5849

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Delayed paraplegia complicates the recovery from spinal cord ischemia or traumatic spinal cord injury. While delayed motor neuron apoptosis is implicated in the pathogenesis, no effective treatment or preventive measures is available for delayed paraplegia. Hydrogen sulfide exerts anti-apoptotic effects. Here, we examined effects of hydrogen sulfide breathing on the recovery from transient spinal cord ischemia. Breathing hydrogen sulfide starting 23 h after reperfusion for 5 h prevented delayed paraplegia after 5 min of spinal cord ischemia. Beneficial effects of hydrogen sulfide were mediated by upregulation of anti-apoptotic Bcl-XL and abolished by nitric oxide synthase 2 deficiency. S-nitrosylation of NFkB p65 subunit, which is induced by nitric oxide derived from nitric oxide synthase 2, facilitated subsequent sulfide-induced persulfidation of p65 and transcription of anti-apoptotic genes. These results uncover the molecular mechanism of the anti-apoptotic effects of sulfide based on the interaction between nitric oxide and sulfide. Exploitation of the anti-apoptotic effects of delayed hydrogen sulfide breathing may provide a new therapeutic approach for delayed paraplegia.

    DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2018.12.003

    PubMed

  • Involvement of nitric oxide/reactive oxygen species signaling via 8-nitro-cGMP formation in 1-methyl-4-phenylpyridinium ion-induced neurotoxicity in PC12 cells and rat cerebellar granule neurons. 査読

    Kumiko Masuda, Hiroyasu Tsutsuki, Shingo Kasamatsu, Tomoaki Ida, Tsuyoshi Takata, Kikuya Sugiura, Motohiro Nishida, Yasuo Watanabe, Tomohiro Sawa, Takaaki Akaike, Hideshi Ihara

    495 ( 3 )   2165 - 2170   2018年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.12.088

  • Exposure to electrophiles impairs reactive persulfide-dependent redox signaling in neuronal cells. 査読

    Hideshi Ihara, Shingo Kasamatsu, Atsushi Kitamura, Akira Nishimura, Hiroyasu Tsutsuki, Tomoaki Ida, Kento Ishizaki, Takashi Toyama, Eiko Yoshida, Hisyam Abdul Hamid, Minkyung Jung, Tetsuro Matsunaga, Shigemoto Fujii, Tomohiro Sawa, Motohiro Nishida, Yoshito Kumagai, Takaaki Akaike

    Chemical Research in Toxicology   30   1673 - 1684   2017年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.chemrestox.7b00120

  • Superoxide generation from nNOS splice variants and its potential involvement in redox signal regulation. 査読

    Hideshi Ihara, Atsushi Kitamura, Shingo Kasamatsu, Tomoaki Ida, Yuki Kakihana, Hiroyasu Tsutsuki, Tomohiro Sawa, Yasuo Watanabe, Takaaki Akaike

    Biochemical Journal   474 ( 7 )   1149 - 1162   2017年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1042/BCJ20160999

  • Redox Signaling Regulated by Cysteine Persulfide and Protein Polysulfidation 査読

    Shingo Kasamatsu, Akira Nishimura, Masanobu Morita, Tetsuro Matsunaga, Hisyam Abdul Hamid, Takaaki Akaike

    21 ( 12 )   1721   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/molecules21121721

  • Protein polysulfidation-dependent persulfide dioxygenase activity of ethylmalonic encephalopathy protein 1. 査読

    Minkyung Jung, Shingo Kasamatsu, Tetsuro Matsunaga, Soichiro Akashi, Katsuhiko Ono, Akira Nishimura, Masanobu Morita, Hisyam Abdul Hamid, Shigemoto Fujii, Hiroshi Kitamura, Tomohiro Sawa, Tomoaki Ida, Hozumi Motohashi, Takaaki Akaike

    Biochemical and Biophysical Research Communications   480 ( 2 )   180 - 186   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2016.10.022

  • 8-Nitro-cGMP enhances SNARE complex formation through S-guanylation of Cys90 in SNAP25. 査読

    Kohei Kunieda, Hiroyasu Tsutsuki, Tomoaki Ida, Yusuke Kishimoto, Shingo Kasamatsu, Tomohiro Sawa, Naoki Goshima, Makoto Itakura, Masami Takahashi, Takaaki Akaike, Hideshi Ihara

    ACS Chemical Neuroscience   6 ( 10 )   1715 - 1725   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acschemneuro.5b00196

  • Redox signal regulation via nNOS phosphorylation at Ser847 in PC12 cells and rat cerebellar granule neurons. 査読

    Shingo Kasamatsu, Yasuo Watanabe, Tomohiro Sawa, Takaaki Akaike, Hideshi Ihara

    459 ( 2 )   251 - 563   2014年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1042/bj20131262

  • Regulation by mitochondrial superoxide and NADPH oxidase of cellular formation of nitrated cyclic GMP: potential implications for ROS signalling. 査読

    Khandaker Ahtesham Ahmed, Tomohiro Sawa, Hideshi Ihara, Shingo Kasamatsu, Jun Yoshitake, Md Mizanur Rahaman, Tatsuya Okamoto, Shigemoto Fujii, Takaaki Akaike

    441 ( 2 )   719 - 730   2012年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1042/BJ20111130

  • Methodological proof of immunochemistry for specific identification of 8-nitroguanosine 3',5'-cyclic monophosphate formed in glia cells. 査読

    Hideshi Ihara, Ahmed Khandaker Ahtesham, Tomoaki Ida, Shingo Kasamatsu, Kouhei Kunieda, Tatsuya Okamoto, Tomohiro Sawa, Takaaki Akaike

    25 ( 2 )   169 - 175   2011年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.niox.2011.04.015

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 超硫黄分子の新規分析方法の開発

    笠松真吾, 居原秀

    生化学   93 ( 5 )   613 - 620   2021年10月

     詳細を見る

  • 質量分析法を用いた生体内活性硫黄分子の網羅的解析

    笠松真吾, 居原秀

    実験医学   39 ( 13 )   2106 - 2108   2021年08月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 活性イオウ分子を基軸とした大豆たん白質および関連成分の基礎的研究—Fundamental Research on Soy Protein and Related Components Based on Reactive Sulfur Species—第24回研究報告会記録

    居原 秀, 赤池 孝章, 中島 秀満, 笠松 真吾

    大豆たん白質研究 / 不二たん白質研究振興財団 [編]   24 ( 42 )   1 - 5   2022年07月( ISSN:1344-4050

  • 食品の超硫黄による環境化学物質の毒性制御 招待

    笠松 真吾, 居原 秀

    Medical Science Digest   49 ( 1 )   25 - 28   2022年01月( ISSN:1347-4340

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    食品中の硫黄成分の健康増強効果は古代エジプトの時代から認識されてきたが,その詳細な分子メカニズムは不明な点が多い。近年,超硫黄分子が生体内に豊富に存在し,様々な細胞機能調節に寄与していることがわかってきた。本項では,生体内および食品中に存在する超硫黄分子について概説するとともに,超硫黄分子による環境化学物質の毒性制御機構に関する最新の知見を紹介する。(著者抄録)

  • 超硫黄分子の新規分析方法の開発 招待

    笠松 真吾, 居原 秀

    生化学   93 ( 5 )   613 - 620   2021年10月( ISSN:0037-1017

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    生体内レドックスホメオスタシスは,親電子性物質の産生・除去・代謝を介して,精密に制御されている.システインパースルフィド(CysSSH)などの超硫黄分子は,種横断的に生体内で内因的に産生され,強力な抗酸化活性・レドックスシグナル制御活性を示す生理活性物質である.近年,超硫黄分子のユニークな化学特性が徐々に明らかにされるとともに,さまざまな新規分析技術が開発され,タンパク質翻訳時にCysSSHが新生鎖ペプチドに取り込まれることや,哺乳動物のミトコンドリアにおいてCysSSHとその関連硫黄代謝物がエネルギー生成およびミトコンドリア生合成に利用されていることなど,多彩な細胞機能に関与することが報告されてきている.さらに,疾患との関連や,食品中の超硫黄分子の存在様式についての知見が集まりつつある.(著者抄録)

  • 質量分析法を用いた生体内活性硫黄分子の網羅的解析

    笠松 真吾, 居原 秀

    実験医学   39 ( 13 )   2106 - 2108   2021年08月( ISSN:0288-5514

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 超硫黄分子の新規分析方法の開発

    笠松真吾, 居原秀

    生化学   93 ( 5 )   2021年( ISSN:0037-1017

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 質量分析法を用いた生体内活性硫黄分子の網羅的解析

    笠松真吾, 居原秀

    実験医学   39 ( 13 )   2021年( ISSN:0288-5514

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    J-GLOBAL

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • A mass spectrometry-based technology for exploration of endogenous persulfides/polysulfides 招待 国際会議

    Shingo kasamatsu, Hideshi Ihara

    The 12th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2022年10月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • nNOS splice variants regulate NO/ROS redox signaling via 8-nitro-cGMP formation: its potential involvement in Parkinson's disease-like neurotoxicity 国際会議

    Shingo Kasamatsu, Kumiko Masuda, Hiroyasu Tsutsuki, Tomoaki Ida, Tsuyoshi Takata, Motohiro Nishida, Yasuo Watanabe, Tomohiro Sawa, Takaaki Akaike, Hideshi Ihara

    Gordon Research Conference - Nitric Oxide 2023  2023年02月  Gordon Research Conferences

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Supersulfides Catalyze Nitric Oxide Metabolism via Glutathione-coupled Electron Transfer from Formaldehyde 国際会議

    Masanobu Morita, Tetsuro Matsunaga, Shingo Kasamatsu, Akira Nishimura, Md. Morshedul Alam, Kakeru Shimoda, Akiyuki Nishimura, Seiryo Ogata, Minkyung Jung, Tomoaki Ida,Motohiro Nishida, Hozumi Motohashi, Takaaki Akaike

    Gordon Research Conference - Nitric Oxide 2023  2023年02月  Gordon Research Conferences

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • High precision sulfur metabolomics innovated by a new specific probe for trapping reactive sulfur species 招待 国際会議

    Shingo Kasamatsu, Tomoaki Ida, Kosho Asada, Taisei Koga, Hozumi Motohashi, Takaaki Akaike, Hideshi Ihara

    6th World congress on hydrogen sulfide in biology & medicine  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Disruption of reactive persulfide-dependent redox signal by exposure of electrophile in neuronal cells 招待 国際会議

    Shingo Kasamatsu and Hideshi Ihara

    1st International Conference on Persulfides and Sulfur Metabolism in Biology and Medicine  2019年09月  Persulfide conference

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 超硫黄触媒によるホルムアルデヒド代謝とNOシグナル制御

    守田 匡伸, 松永 哲郎, 笠松 真吾, Alam Md .Morshedul, Jung Minkyung, 緒方 星陵, Barayeu Uladzimir, 井田 智章, 西田 基宏, 本橋 ほづみ, 赤池 孝章

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2023年10月  (公社)日本生化学会

  • 低温曝露による冬眠性・非冬眠性動物細胞内超硫黄分子生成動態への影響の解析

    笠松 真吾, 遠田 隆人, 赤池 孝章, 居原 秀

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2023年10月  (公社)日本生化学会

  • アルツハイマー病モデルマウスの脳組織における超硫黄オミクス解析

    金野 文香, 笠松 真吾, 赤池 孝明, 居原 秀

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2023年10月  (公社)日本生化学会

  • 食品中のポリスルフィドの解析 国内会議

    笠松真吾、金野文香、菱山純一、赤池孝章、居原秀

    日本農芸化学会 2023年度大会  2023年03月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アルツハイマー病モデルマウスへのシラス酵素処理物投 与試験によるアミロイド β 蓄積抑制効果 国内会議

    隅谷栄伸、大木伽耶子、甲木孝弘、笠松真吾、 金野文香、居原秀

    日本農芸化学会 2023年度大会  2023年03月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ブロッコリーの発芽段階における活性硫黄の解析 国内会議

    大脇拓真、笠松真吾、居原秀

    日本農芸化学会 2023年度大会  2023年03月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2-オキソイミダゾールジペプチドはペルオキシナイトライト依存的なチロシンのニトロ化を阻害する 国内会議

    松倉加奈、小前奏明、笠松真吾、居原秀

    日本農芸化学会 2023年度大会  2023年03月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2-オキソイミダゾールジペプチドの高感度絶対定量法の確立 国内会議

    小前奏明、笠松真吾、内田浩二、居原秀

    日本農芸化学会 2023年度大会  2023年03月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 活性硫黄分子保護効果を有する大豆成分の解析 国内会議

    居原秀、小前奏明、笠松真吾

    日本農芸化学会 2023年度大会  2023年03月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2-オキソイミダゾールジペプチドによる抗ニトロ化活性

    松倉 加奈, 笠松 真吾, 小前 奏明, 居原 秀

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2023年03月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • アルツハイマー病モデルマウスへのシラス由来成分投与によるアミロイドβ蓄積抑制効果

    甲木 孝弘, 隅谷 栄伸, 笠松 真吾, 金野 文香, 居原 秀

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2023年03月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 大豆の発芽・成長過程におけるポリスルフィド生成動態変化の解析

    久龍 茉尋, 笠松 真吾, 居原 秀

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2023年03月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 新規抗酸化活性物質2-オキソイミダゾールジペプチドの網羅的高感度定量法の確立

    小前 奏明, 笠松 真吾, 内田 浩二, 居原 秀

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2023年03月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 網羅的ポリスルフィドオミクスによるブロッコリースプラウトの発芽・成長過程におけるポリスルフィド生成動態の解析

    笠松 真吾, 大脇 拓真, 小前 奏明, 金野 文香, 赤池 孝章, 居原 秀

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2023年03月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 食品中の反応性ポリスルフィドプロファイル解析

    金野 文香, 笠松 真吾, 菱山 純一, 赤池 孝章, 居原 秀

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2023年03月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 超硫黄触媒酵素: アルコールデヒドロゲナーゼ5(ADH5)によるNOシグナル機能の制御メカニズム 国内会議

    守⽥匡伸、松永哲郎、笠松真吾、⻄村明、Md. Morshedul Alam、下⽥翔、⻄村明幸、緒⽅星陵、Jung Minkyung、井⽥智章、⻄⽥基宏、本橋ほづみ、⾚池孝章

    第22回分子予防環境医学研究会  2023年01月  分子予防環境医学研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • S-Nitrosyl L-cysteine acts as suicidal substrate of cystathionine gamma-lyase 国際会議

    Shoma Araki, Yukihiro Tsuchiya, Shingo Kasamatsu, Hideshi Ihara, Hidehiko Nakagawa, Takaaki Akaike, Yasuo Watanabe

    The 12th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2022年10月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Omics analysis of reactive sulfur species in the brain tissue of mouse model of Alzheimer’s disease 国際会議

    Ayaka Kinno, Shingo Kasamastu, Takaaki Akaike, Hideshi Ihara

    The 12th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2022年10月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Analysis of the effects of germination on endogenous polysulfide production in soybean 国際会議

    Mahiro Kuryu, Shingo Kasamatsu, Hideshi Ihara

    The 12th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2022年10月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Analysis of polysulfide profile changes in broccoli during germination 国際会議

    Takuma Owaki , Shingo Kasamatsu , Hideshi Ihara

    The 12th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2022年10月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Analysis of the inhibitory activity of 2-oxo-imidazole containing dipeptides against peroxynitrite-dependent nitration 国際会議

    Kana Matsukura, Shingo Kasamatsu, Somei Komae, Yuki Kakihana, Koji Uchida, Hideshi Ihara

    The 12th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2022年10月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Analysis of changes in sulfur metabolism in the brown adipose tissue of hibernation-induced golden hamsters 国際会議

    Airi Nishida, Shingo Kasamatsu, Takaaki Akaike, Hideshi Ihara

    The 12th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2022年10月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Investigation of the antioxidant mechanism of 2-oxo-imidazole containing dipeptides 国際会議

    Somei Komae, Shingo Kasamatsu, Kana Matsukura, Yuki Kakihana, Koji Uchida, Hideshi Ihara

    The 12th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2022年10月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of ionization-coupled cleavage of oxidized polysulfide structure (iCOPS): a novel detection method for oxidized polysulfide modifications on proteins 国際会議

    Kae Okamura, Shingo Kasamatsu, Takayuki Shimizu, Shinji Masuda, Hideshi Ihara

    The 12th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2022年10月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 新規の機能性酸化代謝産物 2-オキソイミダゾールジペプチドの抗酸化メカニズムに関する研究 国内会議

    小前 奏明、笠松 真吾、内田 浩二、居原 秀

    日本農芸化学会関西支部 第521回講演会  2022年07月  日本農芸化学会関西支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2-オキソイミダゾールジペプチドの定量法の確立と生体内産生 国内会議

    小前 奏明、笠松 真吾、内田 浩二、居原 秀

    第12回 カルノシン・アンセリン研究会  2022年06月  カルノシン・アンセリン研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Cysteine-based redox switches in cystathionine γ-lyase 招待 国際会議

    Yasuo Watanabe, Shoma Araki, Tsuyoshi Takata, Shingo Kasamatsu, Hideshi Ihara, Yukihiro Tsuchiya

    6th World congress on hydrogen sulfide in biology & medicine  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 超硫黄プロテオーム・メタボローム解析の注意点 超硫黄検出ことはじめ 招待 国内会議

    笠松真吾

    第二回レドックスR&D戦略委員会 春のシンポジウム  2022年03月  レドックスR&D戦略委員会

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • アルツハイマー病モデルマウス脳内における超硫黄分子生成動態の解析 国内会議

    金野文香、笠松真吾、赤池孝章、居原秀

    第21回分子予防環境医学研究会  2022年02月  分子予防環境医学研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2-オキソイミダゾールジペプチドの抗酸化メカニズムに関する研究 国内会議

    小前奏明、笠松真吾、内田浩二、居原秀

    第21回分子予防環境医学研究会  2022年02月  分子予防環境医学研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 超硫黄化タンパク質の特異的検出法 新規超硫黄ビオチンスイッチ法 国内会議

    Jung Minkyung, 笠松 真吾, 井田 智章, 松永 哲郎, 守田 匡伸, 本橋 ほづみ, 赤池 孝章

    第94回日本生化学会大会  2021年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 新規アルキル化試薬N-iodoacetyl tyrosine methyl esterを用いた超硫黄メタボローム・プロテオーム解析系の構築 国内会議

    笠松 真吾, 井田 智章, 古賀 大聖, 浅田 康勝, 本橋 ほづみ, 赤池 孝章, 居原 秀

    第94回日本生化学会大会  2021年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アルツハイマー病モデルマウス脳内における活性硫黄分子オミクス解析 国内会議

    金野 文香, 笠松 真吾, 赤池 孝章, 居原 秀

    第94回日本生化学会大会  2021年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2-オキソカルノシンの抗酸化メカニズムに関する研究 国内会議

    小前 奏明, 笠松 真吾, 内田 浩二, 居原 秀

    第94回日本生化学会大会  2021年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2-オキソカルノシンの抗酸化メカニズムに関する研究

    小前 奏明, 笠松 真吾, 内田 浩二, 居原 秀

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

  • 新規アルキル化試薬N-iodoacetyl L-tyrosine methyl esterを用いた超硫黄メタボローム・プロテオーム解析系の構築 国内会議

    笠松真吾,井田智章,古賀大聖,浅田康勝,本橋ほづみ,赤池孝章2,居原秀

    生理研研究会2021 生命を支える硫黄生物学の最前線  2021年07月  生理学研究所研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 超硫黄化タンパク質の特異的検出法:新規超硫黄ビオチンスイッチ法 国内会議

    Jung Minkyung、笠松真吾、井田智章、松永哲郎、守田匡伸、本橋ほづみ、赤池孝章

    生理研研究会2021 生命を支える硫黄生物学の最前線  2021年07月  生理学研究所研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2-オキソ-カルノシンはカルノシンの抗酸化活性の本体か? 国内会議

    居原 秀, 笠松 真吾, 垣花 優希, 小前 奏明, 松倉 加奈, 内田 浩二

    第74回日本栄養・食糧学会大会  2021年07月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2-オキソカルノシンの活性測定 国内会議

    松倉 加奈, 笠松 真吾, 小前 奏明, 内田 浩二, 居原 秀

    第74回日本栄養・食糧学会大会  2021年07月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2-オキソイミダゾールジペプチドの抗酸化活性測定 国内会議

    小前 奏明, 笠松 真吾, 松倉 加奈, 内田 浩二, 居原 秀

    第74回日本栄養・食糧学会大会  2021年07月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2-オキソカルノシンの活性測定

    松倉 加奈, 笠松 真吾, 小前 奏明, 内田 浩二, 居原 秀

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2021年07月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 2-オキソ-カルノシンはカルノシンの抗酸化活性の本体か?

    居原 秀, 笠松 真吾, 垣花 優希, 小前 奏明, 松倉 加奈, 内田 浩二

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2021年07月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 2-オキソイミダゾールジペプチドの抗酸化活性測定

    小前 奏明, 笠松 真吾, 松倉 加奈, 内田 浩二, 居原 秀

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2021年07月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • アルコールデヒドロゲナーゼ5(ADH5)のニトロソグルタチオン還元酵素(GSNOR)反応の選択的欠損マウスの開発 国内会議

    松永哲郎、笠松真吾、西村明、井田智章、守田匡伸、居原 秀、下田翔、西田基宏、本橋ほづみ、赤池孝章

    第74回 日本酸化ストレス学会・第21回 日本NO学会合同学術集会  2021年05月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アルツハイマー病と活性硫黄代謝系の連関の解析 国内会議

    坂本拓斗,笠松真吾,居原 秀

    第20回日本NO学会/第73回日本酸化ストレス学会合同学会  2020年10月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 新規アルキル化剤を用いた活性イオウ分子種の網羅的検出 国内会議

    浅田康勝, 笠松真吾, 古賀大聖, 坂本拓斗, 井田智章, 赤池孝章, 居原秀

    第20回日本NO学会/第73回日本酸化ストレス学会合同学会  2020年10月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 活性イオウ分子種特異的新規アルキル化試薬の合成 国内会議

    笠松真吾、井田智章、浅田康勝 、古賀大聖、坂本拓斗、赤池孝章、居原 秀

    第20回日本NO学会/第73回日本酸化ストレス学会合同学会  2020年10月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • タンパク質活性硫黄の選択的検出系の開発 国内会議

    古賀大聖、笠松真吾、若森久幸、川口充康、中川秀彦、居原 秀

    第20回日本NO学会/第73回日本酸化ストレス学会合同学会  2020年10月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2-オキソ-カルノシンの抗炎症効果 国内会議

    垣花優希、笠松真吾、内田浩二、居原 秀

    第20回日本NO学会/第73回日本酸化ストレス学会合同学会  2020年10月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 酸化イミダゾールジペプチドによる細胞機能調節 国内会議

    垣花 優希, 笠松 真吾, 内田 浩二, 居原 秀

    第73回日本栄養・食糧学会大会  2020年04月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 新規の抗酸化物質2-オキソ-カルノシンによる細胞機能調節 国内会議

    垣花優希、笠松真吾、内田浩二、居原 秀

    第19回分子予防環境医学研究会大会  2020年03月  分子予防環境医学研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 食品中の活性硫黄の定量解析 国内会議

    菱山純一、居原秀、笠松真吾

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年03月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 培地中の硫酸塩がユーグレナの活性イオウ分子の生成動態に及ぼす影響 国内会議

    神田彩華、笠松真吾、中野長久、居原 秀

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年03月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ホモアンセリンおよび酸化ホモアンセリンの測定方法の確立と生体内局在の解明 国内会議

    垣花優希、笠松真吾、内田浩二、居原 秀

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年03月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 1-Methyl-4-phenylpyridinium ion神経毒性における一酸化窒素/活性酸素種レドックスシグナル経路の関与 国内会議

    笠松真吾、西田基宏、澤智裕、熊谷嘉人、赤池孝章、居原秀

    第19回分子予防環境医学研究会大会  2020年03月  分子予防環境医学研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 新規アルキル化剤を用いたイオウメタボローム・プロテオーム解析系の構築 招待 国内会議

    笠松真吾

    レドックス・ライフイノベーション第170委員会 20周年記念 若手シンポジウム  2020年01月  レドックス・ライフイノベーション第170委員会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • イオウメタボローム・プロテオーム解析系による新規メチル水銀毒性機構の解析 招待 国内会議

    笠松真吾

    平成31 年度重金属等による健康影響に関する総合的研究 メチル水銀研究ミーティング  2019年12月  環境省

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 活性イオウ分子による親電子シグナル制御系の破綻に起因する有機水銀の神経毒性発現機構 国内会議

    笠松真吾,西田基宏,澤 智裕,熊谷嘉人,赤池孝章,居原 秀

    メタルバイオサイエンス研究会2019  2019年10月  日本毒性学会 生体金属部会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Increased Muscle Mass by Myostatin Deficiency Improves Bacterial Clearance and Survival in Septic Mice 国際共著 国際会議

    Masayuki Kobayashi, Shingo Kasamatsu, Shingo Yasuhara, Shohei Shinozaki, Masao Kaneki,

    ASA 2019 – American Society of Anesthesiologists Annual Meeting – Orlando  2019年10月  American Society of Anesthesiologists

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アルツハイマー病およびてんかんモデルマウスにおける8-nitro-cGMP産生と神経活動への影響 国内会議

    居原 秀、岸本祐典、笠松真吾、中嶋秀満、赤池孝章

    第19回日本NO学会学術集会  2019年06月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • A novel mechanism for electrophilic cytotoxicity via impairment of reactive persulfide species-regulated redox signaling. 国際会議

    H. Ihara, S. Kasamatsu, M. Nishida, T. Sawa, Y. Kumagai and T. Akaike

    The 10th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2018年09月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ニトロソグルタチオン代謝酵素アルコールデヒドロゲナーゼ5のタンパク質ポリスルフィド化による活性制御機構 国内会議

    藤井重元、笠松真吾、Alam Md. Morshedul、井田智章、守田匡伸、居原秀、西村明、松永哲郎、本橋ほづみ、赤池孝章

    第18回日本NO学会学術集会  2018年05月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 親電子性物質による活性イオウ分子種依存性レドックスシグナルの破綻 国内会議

    北村篤志、笠松真吾、西村明、井田智章、西田基宏、熊谷嘉人、赤池孝章、居原秀

    2017年度生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ニトロソグルタチオン還元酵素(GSNOR)選択的欠損マウスの開発 国内会議

    松永哲郎、西村明、笠松真吾、Md. Morshedul Alam、井田智章、守田匡伸、居原秀、藤井重元、下田翔、西田基宏、本橋ほづみ、赤池孝章

    2017年度生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • システイニルtRNA合成酵素によるミトコンドリア機能制御の解明 国内会議

    松永哲郎、井田智章、魏范研、澤智裕、守田匡伸、西村明、笠松真吾、田沼延公、藤井重元、島礼、居原秀、西田基宏、富澤一仁、本橋ほづみ、赤池孝章

    第70回日本酸化ストレス学会学術集会  2017年06月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 酵母におけるシステインパースルフィド合成経路とその生理的役割の解明 国内会議

    西村明、那須野亮、松永哲郎、井田智章、笠松真吾、守田匡伸、藤井重元、高木博史、赤池孝章

    第70回日本酸化ストレス学会学術集会  2017年06月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アルコールデヒドロゲナーゼ5タンパク質ポリスルフィド化の酵素活性制御機能 国内会議

    Jung Minkyung、西村明、笠松真吾、Md. Morshedul Alam、井田智章、松永哲郎、藤井重元、居原秀、本橋ほづみ、赤池孝章

    第70回日本酸化ストレス学会学術集会  2017年06月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 硫化水素代謝酵素sulfide quinone reductaseの生体における機能解析 国内会議

    守田匡伸、松永哲郎、井田智章、西村明、笠松真吾、藤井重元、赤池孝章

    第70回日本酸化ストレス学会学術集会  2017年06月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 細菌性アミノアシルtRNA合成酵素のパースルフィド産生能に関する研究 国内会議

    赤司壮一郎、西村明、井田智章、守田匡伸、松永哲郎、笠松真吾、藤井重元、西田基宏、赤池孝章

    第70回日本酸化ストレス学会学術集会  2017年06月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 硫化水素/活性イオウ分子種を簡易検出するための抗体の作製 国内会議

    居原秀、笠松真吾、赤池孝章

    第70回日本酸化ストレス学会学術集会  2017年06月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 酵母におけるシステインパースルフィド合成経路と生理的役割の解明 国内会議

    西村明、那須野亮、松永哲郎、井田智章、笠松真吾、守田匡伸、藤井重元、高木博史、赤池孝章

    第17回日本NO学会学術集会  2017年05月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アルコールデヒドロゲナーゼ5の酵素活性制御におけるタンパク質ポリスルフィド化機能 国内会議

    井田智章、笠松真吾、Md. Morshedul Alam、守田匡伸、居原秀、西村明、松永哲郎、藤井重元、本橋ほづみ、赤池孝章

    第17回日本NO学会学術集会  2017年05月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 硫化水素代謝酵素Sqrdlの生体における機能解析 国内会議

    守田匡伸、南嶋洋司、井田智章、松永哲郎、笠松真吾、西村明、藤井重元、市瀬史、赤池孝章

    第17回日本NO学会学術集会  2017年05月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 細菌から哺乳類に至るまで保存されている硫化水素代謝酵素Sqrdlの遺伝子改変マウスを用いた機能解析 国内会議

    守田匡伸、南嶋洋司、井田智章、松永哲郎、笠松真吾、西村明、藤井重元、市瀬史、赤池孝章

    第90回日本細菌学会  2017年03月  日本細菌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 大腸菌におけるシステインパースルフィド生成機構 国内会議

    井田智章、居原秀、守田匡伸、笠松真吾、松永哲郎、西村明、藤井重元、澤智裕、赤池孝章

    第90回日本細菌学会  2017年03月  日本細菌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アミノアシル-tRNA合成酵素のシステインパースルフィド産生能の検討 国内会議

    薗部武、工藤梨沙、西村明、井田智章、赤司壮一郎、ジョン ミンギョン、守田匡伸、松永哲郎、笠松真吾、藤井重元、居原秀、赤池孝章

    第90回日本細菌学会  2017年03月  日本細菌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 酵母におけるシステインパースルフィドの生理的役割の解明 国内会議

    西村明、那須野亮、松永哲郎、井田智章、笠松真吾、守田匡伸、藤井重元、高木博史、赤池孝章

    第90回日本細菌学会  2017年03月  日本細菌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アルコールデヒドロゲナーゼ5タンパク質ポリスルフィド化の酵素活性制御機能 国内会議

    アブドゥラ グラモ チャジア、笠松真吾、西村明、アラム モシェダル、井田智章、松永哲郎、藤井重元、居原秀、本橋ほづみ、赤池孝章

    第90回日本細菌学会  2017年03月  日本細菌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 8-ニトロ-cGMPとタンパク質poly-S-グアニル化による親電子シグナルの可逆的制御 国内会議

    赤司壮一郎、笠松真吾、ジョン ミンギョン、松永哲郎、井田智章、藤井重元、澤智裕、熊谷嘉人、本橋ほづみ、赤池孝章

    第90回日本細菌学会  2017年03月  日本細菌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 8-メルカプトグアノシン環状一リン酸の免疫細胞化学的検出法の開発 国内会議

    北村篤志、松原実咲、笠松真吾、赤池孝章、居原秀

    第90回日本細菌学会  2017年03月  日本細菌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 硫化水素の簡易検出法の開発 国内会議

    藪川啓司、笠松真吾、置田智穂、赤池孝章、居原秀

    第90回日本細菌学会  2017年03月  日本細菌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 細菌のイオウ呼吸はすべての生物種に保存されている:ほ乳類における新しいエネルギー代謝経路・イオウ呼吸の発見 国内会議

    赤池孝章、井田智章、松永哲郎、守田匡伸、笠松真吾、西村明、藤井重元、居原秀、ジョン ミンギョン、赤司壮一郎、澤智裕、本橋ほづみ

    第90回日本細菌学会  2017年03月  日本細菌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Environmental electrophile impairs reactive persulfide-dependent redox signaling in neurons. 国際会議

    T. Ida, S. Kasamatsu, H. Ihara and T. Akaike

    Gordon Research Conferences (2017) -Nitric Oxide-   2017年02月  Gordon Research Conferences

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 生体内ポリサルファー代謝とレドックス制御機能 招待 国内会議

    藤井重元、澤智裕、井田智章、笠松真吾、松永哲郎、守田匡伸、赤池孝章

    第89回日本生化学会大会  2016年09月  日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • タンパク質ポリサルファ化の分子メカニズムの解明 国内会議

    井田智章、魏研范、笠松真吾、守田匡伸、松永哲郎、居原秀、富澤一仁、熊谷嘉人、澤智裕、本橋ほづみ、赤池孝章

    第89回日本生化学会大会  2016年09月  日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アルコールデヒドロゲナーゼ5の酵素活性制御におけるタンパク質ポリサルファ化の機能  国内会議

    笠松真吾、Alam Md. Morshedul、井田智章、松永哲朗、藤井重元、居原秀、本橋ほづみ、赤池孝章

    第89回日本生化学会大会  2016年09月  日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • CARS2欠損細胞株の作製とポリサルファ化およびミトコンドリア生合成におけるCARS2の機能解析 国内会議

    守田匡伸、井田智章、松永哲郎、笠松真吾、藤井重元、赤池孝章

    第89回日本生化学会大会  2016年09月  日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Ethylmalonic encephalopathy 1 (ETHE1)による活性イオウ分子種の制御メカニズム 国内会議

    Jung Minkyung、松永哲郎、笠松真吾、北村大志、小野勝彦、井田智章、澤智裕、藤井重元、本橋ほづみ、赤池孝章

    第89回日本生化学会大会  2016年09月  日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 酵母をモデル生物とした活性イオウ分子種:システインパースルフィドの生理的役割の解明 国内会議

    西村明、那須野亮、松永哲郎、井田智章、笠松真吾、守田匡伸、藤井重元、高木博史、赤池孝章

    第89回日本生化学会大会  2016年09月  日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 活性イオウ分子種の新しい解析法の構築 国内会議

    Abdul Hamid Hisyam、井田智章、笠松真吾、居原秀、土屋幸弘、渡邊泰男、澤智裕、藤井重元、赤池孝章

    第89回日本生化学会大会  2016年09月  日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ヒトCARS2 KO細胞株を用いたタンパク質ポリサルファ化およびミトコンドリア生合成におけるCARS2の機能解析 国内会議

    守田匡伸、井田智章、松永哲郎、笠松真吾、藤井重元、赤池孝章

    第69回日本酸化ストレス学会学術集会  2016年08月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 生体内タンパク質ポリスルフィドの検出とその生成機構 招待 国内会議

    赤池孝章、笠松真吾

    第69回日本酸化ストレス学会学術集会  2016年08月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • タンパク質ポリサルファ化によるアルコールデヒドロゲナーゼ5の新規酵素活性制御機構 国内会議

    笠松真吾、Md. Morshedul Alam、井田智章、松永哲郎、藤井重元、居原秀、本橋ほづみ、赤池孝章

    第69回日本酸化ストレス学会学術集会  2016年08月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 1-Methyl-4-phenylpyridinium(MPP+)誘導性の神経毒性はNO/ROSシグナルにより制御されている 国内会議

    垣花優希、津々木博康、吉岡寿、桝田くみこ、笠松真吾、井田智章、澤智裕、赤池孝章、居原秀

    第69回日本酸化ストレス学会学術集会  2016年08月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 8–Nitro–cGMPによるメチル水銀毒性の調節機構 国内会議

    藪川啓司、石崎健勝、北村篤志、笠松真吾、津々木博康、井田智章、藤井重元、澤智裕、赤池孝章、居原秀

    第69回日本酸化ストレス学会学術集会  2016年08月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 酵母における活性イオウ分子種:システインパースルフィドの産生とその生理的役割 国内会議

    西村明、那須野亮、松永哲郎、井田智章、笠松真吾、守田匡伸、藤井重元、高木博史、赤池孝章

    第69回日本酸化ストレス学会学術集会  2016年08月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Ethylmalonic encephalopathy 1(ETHE1)による活性イオウ分子種の制御機構 国内会議

    Minkyung Jung、松永哲郎、井田智章、笠松真吾、北村大志、小野勝彦、藤井重元、澤智裕、本橋ほづみ、赤池孝章

    第69回日本酸化ストレス学会学術集会  2016年08月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 活性イオウ分子種の新規検出法の開発 国内会議

    Hisyam Abdul Hamid、井田智章、笠松真吾、居原秀、土屋幸弘、渡邊泰男、澤智裕、藤井重元、赤池孝章

    第69回日本酸化ストレス学会学術集会  2016年08月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Protective function of mitochondrial cysteinyl-tRNA synthetase (CARS2) against electrophiles 国内会議

    Nur Rahmi Sa'adah、Hisyam Abdul Hamid、井田智章、守田匡伸、松永哲郎、笠松真吾、藤井重元、赤池孝章

    第69回日本酸化ストレス学会学術集会  2016年08月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • システインtRNA合成酵素欠損細胞株を用いたシステインパースルフィド合成酵素の探索 国内会議

    守田匡伸、井田智章、松永哲郎、笠松真吾、西村明、藤井重元、赤池孝章

    生理学研究所研究会「オルガネラネットワークの制御機構とその生理的意義」  2016年07月  生理学研究所研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • システインtRNA合成酵素によるミトコンドリア機能制御 国内会議

    松永哲郎、井田智章、魏范研、笠松真吾、西村明幸、守田匡伸、西村明、藤井重元、西田基宏、富澤一仁、赤池孝章

    生理学研究所研究会「オルガネラネットワークの制御機構とその生理的意義」  2016年07月  生理学研究所研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 酵母をモデル生物としたシステインパースルフィドの生理機能の解明 国内会議

    西村明、那須野亮、松永哲郎、井田智章、笠松真吾、守田匡伸、藤井重元、高木博史、赤池孝章

    生理学研究所研究会「オルガネラネットワークの制御機構とその生理的意義」  2016年07月  生理学研究所研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アミノアシルtRNA合成酵素によるシステインパースルフィド合成とタンパク質ポリサルファ化 国内会議

    井田智章、魏研范、居原秀、守田匡伸、笠松真吾、松永哲郎、富澤一仁、澤智裕、本橋ほづみ、赤池孝章

    生理学研究所研究会「オルガネラネットワークの制御機構とその生理的意義」  2016年07月  生理学研究所研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • トレッドミル運動の血中3-ヒドロキシ酪酸濃度に対する影響  国際共著 国内会議

    渡辺圭一、笠松真吾、神谷具巳、林潤一、金木正夫、石田信彦

    第41回日本運動療法学会  2016年06月  日本運動療法学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Endogenous reactive sulfur species production and mitochondrial biogenesis by cysteinyl-tRNA synthetase. 招待 国際会議

    S. Kasamatsu, T. Matsunaga and T. Akaike

    The 9th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Satellite Symposium  2016年05月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Regulatory mechanisms of alcohol dehydrogenase 5 activity via protein polysulfuration. 国際会議

    S. Kasamatsu, MM Alam, T. Ida, T. Matsunaga, S. Fujii, H. Ihara, H. Motohashi and T. Akaike

    The 9th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2016年05月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Regulation of 1-methyl-4-phenylpyridium ion-indeuced neurotoxicity by nitric oxide/reactive oxygen species signaling. 国際会議

    Y. Kakihana, H. Tsutsuki, H. Yoshioka, K. Masuda, S. Kasamatsu, T. Ida, T. Sawa, T. Akaike and H. Ihara

    The 9th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2016年05月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • A nobel mechanism for regulating methylmercury-induced cytotoxicity mediated by 8-nitro-cGMP. 国際会議

    K. Yabukawa, K. Ishizaki, A. Kitamura, S. Kasamatsu, H. Tsutsuki, T. Ida, S. Fujii, T. Sawa, T. Akaike and H. Ihara

    The 9th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2016年05月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Production of CARS2-knockout human cell lines and functional analysis of their per/polysulfide formation and mitochondrial biogenesis. 国際会議

    M. Morita, T. Ida, T. Matunaga, S. Kasamatsu, S. Fujii and T. Akaike

    The 9th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2016年05月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Translation-coupled protein polysulfidaton, a unique biosynthesis pathway of cysteine persulfide. 国際会議

    T. Ida, H. Ihara, F. Wei, K. Tomizawa, S. Kasamatsu, M. Morita, T. Matsunaga, Y. Kumagai, T. Sawa, H. Motohashi, S. Fujii and T. Akaike

    The 9th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2016年05月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of a new detection system of reactive sulfur species. 国際会議

    HA. Hamid, T. Ida, S. Kasamatsu, H. Ihara, Y. Tsuchiya, Y. Watanabe, T. Sawa, S. Fujii and T. Akaike

    The 9th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2016年05月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Mitochondrial cysteinyl tRNA synthase (CARS2): potential protective functions against electrophiles. 国際会議

    NR. Sa'adah, HA. Hamid, T. Ida, S. Kasamatsu, M. Morita, T. Mastunaga, S. Fujii and T. Akaike

    The 9th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2016年05月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Protein poly-S-guanylation: Reversible posttranslational modification regulated by protein polysulfur and 8-nitro-cGMP. 国際会議

    S. Akashi, S. Kasamatsu, M. Jung, T. Matsunaga, T. Ida, S. Fujii, T. Sawa, Y. Kumagai, H. Motohashi and T. Akaike

    The 9th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2016年05月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Regulatin of mitochondrial biogenesis by cysteine persulfide produced by cysteinyl-tRNA synthetase. 国際会議

    A. Nishimura, T. Matsunaga, T. Ida, S. Kasamatsu, M. Morita, F. Wei, K. Tomizawa, S. Fujii, H. Motohashi and T. Akaike

    The 9th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2016年05月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Regulation of mitochondrial; energy metabolism by cysteine persulfide produced by mitochondrial cysteinyl-tRNA synthase. 国際共著 国際会議

    F. Sato, M. Okutomi, T. Matsunaga, S. Kasamatsu, M, Kaneki, T. Ida, M. Morita, F. Wei, K. Tomizawa, S. Fujii, H. Motohashi and T. Akaike

    The 9th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide  2016年05月  Nitric Oxide Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of metabolome analysis for reactive sulfur species. 国際会議

    T. Ida, T. Akaike, S. Kasamatsu and S. Fujii

    Gordon Research Conferences (2016) -Oxygen Radicals-  2016年02月  Gordon Research Conferences

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Translation-coupled protein polysulfuration, a unique biosynthesis pathway of cysteine persulfide. 国際会議

    S.Kasamatsu, T. Akaike, T. Ida, S. Fujii, H. Ihara and T. Sawa

    Gordon Research Conferences (2016) -Oxygen Radicals-  2016年02月  Gordon Research Conferences

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • タンパク質ポリサルファー解析法 招待 国内会議

    笠松真吾、赤司壮一郎、Morshed Alam、本橋ほづみ、赤池孝章

    第3回新学術領域技術支援セミナー  2016年01月  新学術領域 「酸素生物学」

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • タンパク質ポリサルファ化を介したアルコールデヒドロゲナーゼ5の酵素活性制御機構 国内会議

    笠松真吾、Md. Morshedul Alam、井田智章、松永哲郎、藤井重元、居原秀、赤池孝章、本橋ほづみ

    BMB2015  2015年12月  日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 有機水銀の神経毒性発現における8-ニトロ-cGMPの役割と活性イオウ分子による制御 国内会議

    藤井重元、笠松真吾、居原秀、津々木博康、石崎健勝、井田智章、澤智裕、熊谷嘉人、赤池孝章

    BMB2015  2015年12月  日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • タンパク質ポリサルファ化の分子メカニズムの解明 国内会議

    井田智章、居原秀、魏范研、富澤一仁、長尾翌手可、鈴木勉、熊谷嘉人、澤智裕、笠松真吾、本橋ほづみ、赤池孝章

    BMB2015  2015年12月  日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 活性イオウ分子種のメタボローム解析法の新たな展開 国内会議

    Minkyung Jung、井田智章、笠松真吾、居原秀、藤井重元、赤池孝章

    BMB2015  2015年12月  日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • タンパク質poly-S-グアニル化を介した親電子シグナルの可逆的制御 国内会議

    赤司壮一郎、笠松真吾、ジョン ミンギョン、松永哲郎、井田智章、藤井重元、澤智裕、熊谷嘉人、本橋ほづみ、赤池孝章

    BMB2015  2015年12月  日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 親電子性シグナル制御破綻による有機水銀毒性発現機構 国内会議

    笠松真吾、居原秀、津々木博康、石崎健勝、井田智章、藤井重元、澤智裕、熊谷嘉人、赤池孝章

    日本生化学会東北支部第81回例会  2015年09月  日本生化学会東北支部

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ンパク質ポリチオール化制御機構の解明 国内会議

    ヒシャム ビン アブドル ハミル、井田智章、笠松真吾、魏范研、松永哲郎、赤司壮一郎、ジョン ミンギョン、藤井重元、居原秀、澤智裕、富澤一仁、本橋ほづみ、赤池孝章

    日本生化学会東北支部第81回例会  2015年09月  日本生化学会東北支部

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • システインパースルフィドの新しい検出システムの構築 国内会議

    ジョン ミンギョン、井田智章、笠松真吾、松永哲郎、土屋幸弘、渡邊泰男、 藤井重元、赤池孝章

    日本生化学会東北支部第81回例会  2015年09月  日本生化学会東北支部

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • タンパク質ポリチオール化による親電子シグナル制御 国内会議

    赤司壮一郎、笠松真吾、ジョン ミンギョン、松永哲郎、井田智章、藤井重元、本橋ほづみ、澤智裕、熊谷嘉人、赤池孝章

    日本生化学会東北支部第81回例会  2015年09月  日本生化学会東北支部

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • HPLC-蛍光検出法によるシステインパースルフィドの新しい定量システムの構築 国内会議

    ジョン ミンギョン、井田智章、笠松真吾、松永哲郎、土屋幸弘、渡邊泰男、藤井重元、赤池孝章

    第15回日本NO学会学術集会  2015年06月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 活性イオウ分子のNO・活性酸素シグナル制御異常に起因する有機水銀の新規毒性発現機構の解析 国内会議

    笠松真吾、居原 秀、津々木博康、石崎健勝、井田智章、藤井重元、澤智裕、熊谷嘉人、赤池孝章

    第15回日本NO学会学術集会  2015年06月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • タンパク質Sポリチオール化によるアルコールデヒドロゲナーゼ5の活性制御機構 国内会議

    藤井重元、Alam Md. Morshedul、井田智章、松永哲郎、笠松真吾、居原秀、赤池孝章、本橋ほづみ

    第15回日本NO学会学術集会  2015年06月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • グルタチオン依存性ホルムアルデヒド脱水酵素ADH3による酸化ストレス防御と代謝制御  国内会議

    後藤まき、北村大志、Md. Morshedul Alam、長谷場健、山本照子、山本雅之、笠松真吾、井田智章、赤池孝章、本橋ほづみ

    Research PlaNet 2015  2015年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 加齢に伴うタンパク質中システインパーサルファイドの変動  国内会議

    藪川啓司、津々木博康、井田智章、笠松真吾、赤池孝章、居原秀

    第15回日本NO学会学術集会  2015年06月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • タンパク質S-ポリチール化を介する親電子シグナルの制御メカニズム 国内会議

    赤司壮一郎、笠松真吾、ジョン ミンギョン、松永哲郎、井田智章、藤井重元、澤智裕、熊谷嘉人、本橋ほづみ、赤池孝章

    第15回日本NO学会学術集会  2015年06月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ポリサルファープロテオーム  招待 国内会議

    笠松真吾

    第2回新学術領域技術支援セミナー  2015年04月  新学術領域 「酸素生物学」

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • nNOSのSer847リン酸化はNO/ROSレドックスシグナルを制御する 国内会議

    笠松真吾、渡邊泰男、澤智裕、居原秀、赤池孝章

    第87回日本生化学会大会  2014年10月  日本生化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • nNOSのSer847リン酸化による神経細胞保護機構 国内会議

    笠松真吾、渡邊泰男、澤 智裕、居原秀、赤池孝章

    第67回日本酸化ストレス学会学術集会  2014年09月  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • タンパク質ポリサルファー化による酸化ストレス・レドックスシグナル制御 国内会議

    藤井重元、井田智章、居原秀、笠松真吾、ジョン・ミンギョン、赤司壮一郎、松永哲郎、津々木博康、澤智裕、本橋ほづみ、熊谷嘉人、赤池孝章

    生理学研究所研究会「新規シグナル伝達分子とその生理学的可能性」  2014年09月  生理学研究所研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 有機水銀の新規毒性発現機構:活性イオウ分子種のNO/ROSシグナル制御異常 国内会議

    津々木博康、笠松真吾、澤智裕、熊谷嘉人、赤池孝章、居原秀

    第14回日本NO学会学術集会  2014年05月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • nNOSのSer847リン酸化を介したNO/ROSレドックスシグナル制御 国内会議

    笠松真吾、渡邊泰男、澤智裕、赤池孝章、居原秀

    第14回日本NO学会学術集会  2014年05月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • NOシグナルの新規メッセンジャー(8-SH-cGMP)に対するモノクローナル抗体の作製 国内会議

    石崎健勝、飯田聡史、笠松真吾、津々木博康、中野長久、赤池孝章、居原秀

    第14回日本NO学会学術集会  2014年05月  日本NO学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 活性イオウ分子の親電子シグナル制御異常に起因する有機水銀の新規毒性発現機構の解明 国内会議

    笠松真吾、津々木博康、居原秀、井田智章、藤井重元、澤智裕、赤池孝章

    第85回日本衛生学会学術総会  2014年03月  日本衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 活性イオウ分子による有機水銀の解毒代謝機構 国内会議

    石崎健勝、笠松真吾、井田智章、藤井重元、熊谷嘉人、赤池孝章、居原秀

    第14回分子予防環境医学研究会  2014年02月  分子予防環境医学研究会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • イオウメタボローム

     詳細を見る

    イオウ代謝物の網羅的解析(sulfur metabolome)

科研費

  • 低温耐性機構における活性硫黄分子種の役割の解明

    2022年04月

  • イオウ依存型エネルギー代謝を基盤とした低酸素耐性機構の解析

    2019年04月

  • タンパク質ポリスルフィド化を介したレッドクスシグナル制御機構の解明

    2017年

  • 活性イオウ分子種を介した細胞内親電子シグナル制御機構の解明

    2015年

奨励寄附金・助成金

  • 活性イオウ分子を基軸とした大豆たん白質および関連成分の基礎的研究

    不二たん白質研究振興財団  特定研究  2022年04月

  • 活性イオウ分子を基軸とした大豆たん白質および関連成分の基礎的研究

    不二たん白質研究振興財団  特定研究  2021年04月

  • 網羅的活性イオウ分子検出系(ポリスルフィドミクス)による新規活性イオウ分子の同定とその生理作用の解析

    アサヒグループ学術振興財団  学術研究助成  2021年04月

  • 神経細胞におけるニコチンによるレドックスシグナル制御機構

    喫煙科学研究財団  一般研究  2020年04月

  • 食肉中に含まれる2-オキソ-イミダゾールジペプチドに関する研究

    伊藤記念財団  研究助成  2020年04月

  • 神経細胞におけるニコチンによるレドックスシグナル制御機構

    喫煙科学研究財団  一般研究  2019年04月

▼全件表示

担当授業科目

  • 生物科学特別研究VB

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究VA

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習VB

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習VA

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIB

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIA

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物科学卒業研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 生物科学演習II

    2023年度   集中講義   大学

  • 生物科学演習I

    2023年度   集中講義   大学

  • 生物学実験A

    2023年度   週間授業   大学

  • 生物科学実験II

    2023年度   週間授業   大学

  • 生物化学特別研究4B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別研究3B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別研究4A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別研究3A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別演習4B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別演習3B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別演習4A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別演習3A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナール2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別研究2B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別研究1B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別研究2A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別研究1A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別演習2B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別演習1B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別演習2A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別演習1A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナール1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生物化学実験1

    2023年度   週間授業   大学

  • 生物学実験A

    2022年度   週間授業   大学

  • 生物科学実験II

    2022年度   週間授業   大学

  • 研究企画ゼミナールII

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究VB

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習IVB

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究VA

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習IVA

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習IIIA

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習II

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習I

    2022年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナールI

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIB

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIA

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IB

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IA

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物科学卒業研究

    2022年度   集中講義   大学

  • 生物科学演習II

    2022年度   集中講義   大学

  • 生物科学演習I

    2022年度   集中講義   大学

  • 生物科学課題実験

    2022年度   集中講義   大学

  • 海外特別研究2

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別研究3B

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別研究3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別演習3B

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別演習3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナール2

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別研究1B

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別研究1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別演習1B

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物化学特別演習1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナール1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生物科学課題実験

    2021年度   集中講義   大学

  • 生物科学演習I

    2021年度   集中講義   大学

  • 生物科学卒業研究

    2021年度   集中講義   大学

  • 研究企画ゼミナールI

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学演習II

    2021年度   集中講義   大学

  • 研究企画ゼミナールII

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IA

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IB

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIA

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIB

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIIA

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIIB

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IVA

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IVB

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究VA

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究VB

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習I

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習II

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習IIIA

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習IIIB

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習IVA

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習IVB

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習VA

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学実験II

    2021年度   週間授業   大学

  • 生物学実験

    2021年度   週間授業   大学

  • 生物科学特別演習VB

    2021年度   集中講義   大学院

  • 生物科学実験II

    2021年度   週間授業   大学

  • 生物学実験

    2021年度   週間授業   大学

  • 生物科学課題実験

    2020年度   集中講義   大学

  • 生物科学演習I

    2020年度   集中講義   大学

  • 生物科学卒業研究

    2020年度   集中講義   大学

  • 研究企画ゼミナールI

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学演習II

    2020年度   集中講義   大学

  • 研究企画ゼミナールII

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IA

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IB

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIA

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIB

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIIA

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIIB

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IVA

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IVB

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究VA

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究VB

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習I

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習II

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習IIIA

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習IIIB

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習IVA

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習IVB

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習VA

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習VB

    2020年度   集中講義   大学院

  • 生物学実験

    2020年度   週間授業   大学

  • 生物科学実験II

    2020年度   週間授業   大学

  • 生物科学課題実験

    2019年度   集中講義   大学

  • 生物科学演習I

    2019年度   集中講義   大学

  • 生物科学卒業研究

    2019年度   集中講義   大学

  • 研究企画ゼミナールI

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学演習II

    2019年度   集中講義   大学

  • 研究企画ゼミナールII

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IA

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IB

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIA

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIB

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIIA

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IIIB

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IVA

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究IVB

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究VA

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別研究VB

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習I

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習II

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習IIIA

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習IIIB

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習IVA

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習IVB

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習VA

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学特別演習VB

    2019年度   集中講義   大学院

  • 生物科学実験II

    2019年度   集中講義   大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 環境医学

    2023年04月
    -
    2024年03月
    機関名:東北大学

     詳細を見る

    国名:日本国

  • 環境医学

    2022年04月
    -
    2023年03月
    機関名:東北大学

     詳細を見る

    国名:日本国

  • 環境医学

    2021年04月
    -
    2022年03月
    機関名:東北大学

     詳細を見る

    国名:日本国

  • 環境医学

    2020年04月
    -
    2021年03月
    機関名:東北大学

     詳細を見る

    国名:日本国

  • 環境医学

    2019年04月
    -
    2020年03月
    機関名:東北大学

     詳細を見る

    国名:日本国

所属院生等の論文発表集計

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:4件

  • 2021年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:3件

  • 2020年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:1件

論文・研究指導集計

  • 2022年度

    卒業論文指導数:4名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:4名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):0件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2021年度

    卒業論文指導数:5名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:3名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):0件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2020年度

    卒業論文指導数:5名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:3名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):0件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2019年度

    卒業論文指導数:3名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:2名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):0件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

学術貢献活動

  • Free Radical Research

    役割:査読

    2022年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • Life

    役割:査読

    2022年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

  • Antioxidants

    役割:査読

    2020年10月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:5件

  • Nitric Oxide

    役割:査読

    2020年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • International Journal of Molecular Sciences

    役割:査読

    2020年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:2件

  • The Journal of Biochemistry

    役割:査読

    2019年04月 - 2020年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    審査件数:1件

▼全件表示