Updated on 2024/04/07

写真a

 
UEDA Tetsuya
 
Organization
Graduate School of Rehabilitation Science Division of Rehabilitation Science Lecturer
School of Medicine Department of Rehabilitation Science
Title
Lecturer
Affiliation
Institute of Rehabilitation Science
Contact information
メールアドレス
Affiliation campus
Habikino Campus

Position

  • Graduate School of Rehabilitation Science Division of Rehabilitation Science 

    Lecturer  2023.04 - Now

  • Graduate School of Rehabilitation Science Division of Rehabilitation Science 

    Assistant Professor  2022.04 - 2023.03

  • School of Medicine Department of Rehabilitation Science 

    Lecturer  2023.04 - Now

  • School of Medicine Department of Rehabilitation Science 

    Assistant Professor  2022.04 - 2023.03

Degree

  • 修士(学術) ( Osaka City University )

  • 博士(保健学) ( Osaka Prefecture University )

Research Areas

  • Life Science / Rehabilitation science

  • Life Science / Medical management and medical sociology

  • Humanities & Social Sciences / Family and consumer sciences, and culture and living

Research Interests

  • 転倒予防

  • 住環境整備

Research subject summary

  • 高齢者の転倒予防

  • 住環境整備

Research Career

  • 住環境整備・高齢者の転倒予防

    Joint Research in Japan

    2019.04 - Now 

  • 退院患者の転倒予防効果の解明に向けたICTを活用した遠隔介入のシステムの構築

    Joint Research in Japan

    2023.04 - 2027.03 

Professional Memberships

  • 日本地域理学療法学会 専門会員A

    2021.04 - Now   Domestic

  • 日本公衆衛生学会

    2020.09 - Now   Domestic

  • 日本転倒予防学会

    2019.04 - Now   Domestic

  • 日本理学療法士協会

    2007.05 - Now   Domestic

Committee Memberships (off-campus)

  • 日本地域理学療法学会 評議員  

    2021.09 - Now 

  • 大阪府理学療法士協会中河内ブロック学術部 副部長  

    2014.04 - 2019.03 

  • 大阪府理学療法士協会中河内ブロック学術部 部員  

    2010.04 - 2019.03 

Awards

  • 2022年度優秀心リハ学会誌賞 (共同著者)

    2022.06   日本心臓リハビリテーション学会  

  • 第8回日本地域理学療法学会学術大会 学術大会長賞(調査研究部門) (共同演者)

    2021.12   第8回日本地域理学療法学会学術大会  

  • 八尾徳洲会総合病院QI(品質改善)大会 院長賞

    2018.11   医療法人徳洲会 八尾徳洲会総合病院  

  • 第 5 回中河内ブロック新人症例発表会 最優秀演題 (共同演者)

    2014.10   大阪府理学療法士協会中河内ブロック  

Papers

  • Fall prevention program using home floor plans in an acute-care hospital: a preliminary randomized controlled trial Reviewed

    Ueda T, Higuchi Y, Murakami T, Kozuki W, Hattori G, Nomura H

    International Journal of Environmental Research and Public Health   2022.09

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   International / domestic magazine:International journal  

  • Effectiveness of a tailored fall-prevention program for discharged older patients: a multicenter, preliminary, randomized controlled trial Reviewed

    Ueda T, Higuchi Y, Hattori G, Nomura H, Yamanaka G, Hosaka A, Sakuma M, Fukuda T, Fukumoto T, Nemoto T

    International Journal of Environmental Research and Public Health   2022.01

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   International / domestic magazine:International journal  

  • 退院患者に対する自宅内転倒予防介入 Reviewed

    上田哲也

    地域ケアリング   2021.03

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Kind of work:Single Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • Tailored education program using home floor plans for falls prevention in discharged older patients: A pilot randomized controlled trial Reviewed

    Ueda T, Higuchi Y, Imaoka M, Todo E, Kitagawa T, Ando S

    Archives of gerontology and geriatrics   2017.07

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

  • 泉北ニュータウンにおける高齢者等居住安定化に関する研究 その10:「施設らしくない」居住環境の設計指針に関する研究(建築計画) Reviewed

    上田哲也、生田英輔、森一彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系   2013.05

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 回復期リハビリテーション病棟における患者家族の介助効力感と自宅退院の関連性:予備的研究─ Reviewed

    上月渉、村上達典、上田哲也、樋口由美

    理学療法科学   38 ( 3 )   206 - 211   2023.06

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • Low back pain, lower physical activity, and loneliness associated with decreased frequency of going out during COVID-19 in Japanese older adults Reviewed

    Aki Gen, Yumi Higuchi, Tetsuya Ueda, Tatsunori Murakami, Wataru Kozuki

    International Journal of Gerontology   2023.04

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   International / domestic magazine:International journal  

  • Long-term body-weight-supported treadmill training for incomplete cervical spinal cord injury: a case report Reviewed

    Miyake S, Higuchi Y, Kataoka M, Morino S, Ueda T

    Journal of Physical Therapy Science   2023.01

     More details

    International / domestic magazine:International journal  

  • Internet-based information sharing with families of patients with stroke in a rehabilitation hospital during the covid-19 pandemic: case-control study Reviewed

    Murakami T, Higuchi Y, Ueda T, Kozuki W, Gen A

    JMIR Rehabilitation and Assistive Technologies   2022.09

     More details

    International / domestic magazine:International journal  

  • 抑うつ状態は高齢心疾患患者の歩行速度に関連する Reviewed

    小林直樹、神谷健太郎、塚本晃子、菊池佳世、石田沙織、佐久間美奈、内海菜生、宇津木笑香、片田理恵、服部玄徳、上田哲也、桑島泰輔、松永篤彦

    心臓リハビリテーション   2021.11

     More details

    International / domestic magazine:Domestic journal  

  • A 3-month multicomponent home-based rehabilitation program for older people with restricted life-space mobility: a pilot study Reviewed

    Todo E, Higuchi Y, Ueda T, Murakami T, Kozuki W

    Journal of Physical Therapy Science   2021.02

     More details

    Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

  • 大腿骨近位部骨折手術後患者の方向性早期決定に関与する因子の決定:術後1日目における理学療法介入時の因子に着目して Reviewed

    文 聖現, 上田 哲也, 野村日呂美, 片田 理恵, 松本 龍也, 服部 玄徳, 松井 沙也加, 中村 智里, 當麻 俊彦

    理学療法科学   2020.10

     More details

    Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 回復期リハビリテーションにおける体幹筋トレーニングを付加した大腿骨近位部骨折術後プログラムの効果について Reviewed

    水野 稔基, 樋口 由美, 上田 哲也, 今岡 真和, 藤堂 恵美子, 北川 智美, 安藤 卓

    理学療法科学   2020.10

     More details

    Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • Sedentary Behavior Strongly Associated with the Number of Steps Taken by Frail Older Adults: A Cross-Sectional Study Reviewed

    Ando S, Higuchi Y, Ueda T, Murakami T, Kohzuki W

    Archives of Physical Health; Sports Medicine   2020.08

     More details

    Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

  • 脳卒中者における二重課題歩行能力と退院後の転倒の関係性 Reviewed

    田村哲也、樋口由美、吉尾雅春、上田哲也

    理学療法科学   2019.12

     More details

    International / domestic magazine:Domestic journal  

  • Tailored feedback reduced prolonged sitting time and improved the health of housewives: a single-blind randomized controlled pilot study. Reviewed

    Kitagawa T, Higuchi Y, Todo E, Ueda T, Ando S, Murakami T

    Women & health   2019.05

     More details

    Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

  • Instrumental activities of daily living and number of daily steps in frail older females. Reviewed

    Ando S, Higuchi Y, Kitagawa T, Murakami T, Todo E, Ueda T

    Journal of Physical Therapy Science   2019.04

     More details

    Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

  • 軽度要介護者の通所介護サービス利用日と非利用日の日内歩数推移に関する予備的研究 Reviewed

    安藤 卓, 樋口 由美, 今岡 真和, 藤堂 恵美子, 上田 哲也, 北川智美

    総合リハビリテーション   2018.04

     More details

    Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 車いす座面機構の違いが体圧分散性、駆動性、動的座位バランス能力に与える影響について Reviewed

    今岡 真和, 中尾 英俊, 藤堂 恵美子, 安藤 卓, 北川 智美, 上田 哲也

    大阪河崎リハビリテーション大学紀要   2018.03

     More details

    Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • Low-frequency Exercise and Vitamin D Supplementation Reduce Falls Among Institutionalized Frail Elderly Reviewed

    Imaoka Masakazu, Higuchi Yumi, Todo Emiko, Kitagwa Tomomi, Ueda Tetsuya

    Internal Journal of Gerontology   2016.12

     More details

    Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

  • Dual-tasking over an extended walking distance is associated with falls among community-dwelling older adults. Reviewed

    Hirashima K, Higuchi Y, Imaoka M, Todo E, Kitagawa T, Ueda T

    Clinical Interventions in Aging   2015.04

     More details

    Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:International journal  

  • 地域在住男性高齢者の外出頻度と環境要因 Reviewed

    藤堂 恵美子, 樋口 由美, 今岡 真和, 北川 智美, 平島 賢一, 上田 哲也

    理学療法科学   2015.04

     More details

    Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 介護老人保健施設入所者の転倒予防介入効果検証 準ランダム化比較試験 Reviewed

    今岡 真和, 樋口 由美, 藤堂 恵美子, 北川 智美, 上田 哲也, 増栄 あゆみ, 寺島 由美子, 甲斐沼 成, 黒崎 恭兵, 池内 まり

    日本転倒予防学会誌   2015.03

     More details

    Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 泉北ニュータウン地域再生における理学療法士の役割 Reviewed

    高井 逸史, 樋口 由美, 小栢 進也, 上田 哲也, 西野 建造, 西上 孔雄, 春木 敏, 生田 英輔, 千須和 直美, 新宅 賀洋, 森 一彦

    総合リハビリテーション   2013.05

     More details

    Kind of work:Joint Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 泉北ニュータウンにおける高齢者等居住安定化に関する研究 その7:コミュニティハウスに関する検討(建築計画) Reviewed

    上田哲也、大﨑由加里、森一彦

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系   2012.05

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   International / domestic magazine:Domestic journal  

▼display all

MISC

  • 地域のなかで、「リハビリ」×「建築」の融合を図る Invited International journal

    上田 哲也

    日本転倒予防学会誌   2022.06

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   International / domestic magazine:Domestic journal  

  • 院内での部署異動・退職に伴う訪問リハ担当者への引き継ぎ Invited International journal

    上田 哲也

    訪問リハビリテーション   2019.02

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Kind of work:Single Work   International / domestic magazine:Domestic journal  

    Repository URL: http://hdl.handle.net/10466/00017033

Presentations

  • 退院に向けた住環境整備:転倒予防戦略の立て方 Invited

    上田哲也

    大阪府理学療法士会生涯学習センター主催研修会  2022.12 

     More details

    Venue:Web開催  

  • 住環境整備に着目した転倒予防戦略とリビングラボへの応用 Invited

    上田哲也

    第25回大阪河﨑リハビリテーション大学認知予備力研究センターセミナー  2022.03 

     More details

    Venue:大阪・Webのハイブリッド開催  

  • 高齢者の事故と住居改善 Invited

    上田哲也

    超高齢化住宅地の福祉転用マネジメント 公開研究会  2022.02 

     More details

    Venue:大阪  

  • 高齢患者の再転倒は 自宅見取り図を用いた退院時の介入で改善する:多施設共同比較試験

    上田哲也、樋口由美、根本敬、野村日呂美

    第8回日本地域理学療法学会学術大会  2021.12 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 地域のなかで、「リハビリ」×「建築」の融合を図る Invited

    上田哲也

    日本転倒予防学会第8回学術集会  2021.10 

     More details

    Venue:名古屋  

  • 都市部集合住宅に居住する社会的フレイルな高齢者の特徴 Domestic conference

    第10回日本地域理学療法学会学術大会  2023.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • スマートフォンを用いて社会的交流を行う地域高齢者の特徴 Domestic conference

    第10回日本地域理学療法学会学術大会  2023.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 超高齢運動器疾患患者におけるトイレ移乗動作自立に関連する因子 Domestic conference

    第10回日本地域理学療法学会学術大会  2023.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 高齢心不全患者の糖尿病合併によるサルコペニアとADLへの影響 Domestic conference

    第10回日本地域理学療法学会学術大会  2023.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 狭小空間で実施可能な1mTUGの信頼性・妥当性:地域在住高齢者における検討 Domestic conference

    第10回日本地域理学療法学会学術大会  2023.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 入院患者家族へのICTを用いたリハビリテーションの情報提供が家族の心理面に及ぼす影響 Domestic conference

    第10回日本地域理学療法学会学術大会  2023.12 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 保存期慢性腎臓病患者における生体電気インピ ーダンス法によるPhase angleと身体機能の関連 について Domestic conference

    第10回日本予防理学療法学会学術大会  2023.10 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • COVID-19流行初期における社会的フレイルな高齢者の身体活動、腰痛および歩行との関連 Domestic conference

    第60回日本リハビリテーション医学会学術集会  2023.06 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 回復期リハビリテーション病棟入院中の患者家族の介助不安感が自宅退院に及ぼす影響 Domestic conference

    第60回日本リハビリテーション医学会学術集会  2023.06 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • Withコロナの病棟管理が脳卒中患者の入院リハビリテーションに与える影響

    村上達典、樋口由美上田哲也、畑中良太、上月渉、玄安季、井戸田弦、横山遥香、橋本朋子、湯川翔太

    第9回日本地域理学療法学会学術大会  2022.12 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 健康マップと動画コンテンツによる地域高齢者の身体活動量改善の取り組み

    橋本朋子、湯川翔太、上田哲也、玄安季、樋口由美

    第9回日本地域理学療法学会学術大会  2022.12 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 高齢心不全患者における左室駆出率と骨格筋量の関係

    横山遥香、上月渉、上田哲也、渡辺彩、 松山博文、畑中良太、村上達典、玄安季、井戸田弦、橋本朋子、湯川翔太、樋口由美

    第9回日本地域理学療法学会学術大会  2022.12 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 回復期病棟における大腿骨近位部骨折患者の受傷前フレイルとQOL、ADLとの関連性

    井戸田弦、村上達典、上田哲也、畑中良太、上月渉、玄安季、横山遥香、吉田啓志、近藤駿、山中大河、樋口由美

    第9回日本地域理学療法学会学術大会  2022.12 

     More details

    Venue:Web学会  

  • COVID-19流行下の外出自粛要請により外出頻度が週1回以下に減少した地域高齢者の特徴

    玄安季、上月渉、上田哲也、村上達典、 畑中良太、横山遥香、井戸田弦、橋本朋子、湯川翔太、樋口由美

    第9回日本地域理学療法学会学術大会  2022.12 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 入院患者家族の介助不安感が退院後の家族の心理面に及ぼす影響

    上月渉、樋口由美、村上達典、上田哲也、玄安季、横山遥香、井戸田弦、橋本朋子、湯川翔太、川端太郎、森川智栄

    第9回日本地域理学療法学会学術大会  2022.12 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 超高齢社会における身体機能変化対応型住宅に関する研究:QOLや転倒恐怖感に着目して

    上田哲也

    一般財団法人 第一生命財団 調査研究報告書要旨集  2022.08 

  • オンラインの同期型での集団体操と非同期型での個別体操の併用が地域在住高齢者の身体機能に与える影響

    小林美緒、山本沙紀、金山篤樹、上羽凌雅、三善仁、中野優、詫間優、上田哲也、森野佐芳梨、杉山恭二、岩田晃

    第8回日本地域理学療法学会学術大会  2021.12 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 緊急事態宣言下の同期型と非同期型の運動介入が地域在住高齢者の心身機能にもたらす効果について

    山本沙紀、小林美緒、金山篤樹、上羽凌雅、三善仁、中野優、詫間優、上田哲也、森野佐芳梨、杉山恭二、岩田晃

    第8回日本地域理学療法学会学術大会  2021.12 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 都市部在住高齢者の社会活動性の低さがCOVID-19流行下の身体活動量に与える影響

    玄安季、樋口由美、上月渉、上田哲也、村上達典、山本沙紀、畑中良太、横山遥香、井戸田弦

    第8回日本地域理学療法学会学術大会  2021.12 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 発達性協調運動障害児の骨格筋指数と巧緻性向上について

    畑中良太、今岡真和、上向井千佳子、笹倉慎吾、上田哲也、村上達典、上月渉、玄安季、横山遥香、井戸田弦、樋口由美

    第8回日本地域理学療法学会学術大会  2021.12 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 回復期リハビリテーション病棟の入院患者家族における不安・うつ症状の関連要因

    上月渉、村上達典、上田哲也、畑中良太、玄安季、横山遥香、井戸田弦、樋口由美

    第8回日本地域理学療法学会学術大会  2021.12 

     More details

    Venue:Web学会  

  • ICTを用いた患者家族との情報共有支援が入院脳卒中患者の生活機能改善に及ぼす影響

    村上達典、樋口由美、上田哲也、畑中良太、上月渉、玄安季、横山遥香、井戸田弦

    第8回日本地域理学療法学会学術大会  2021.12 

     More details

    Venue:Web学会  

  • COVID-19感染症拡大下の地域理学療法臨床実習に対するオンライン実習の導入;学生への質問紙調査による教育効果検証

    杉山恭二、樋口由美、上田哲也、杉岡亨、岩田晃、山本沙紀、淵岡聡、奥田邦晴

    第15回 全国大学理学療法学教育学会大会  2021.11 

     More details

    Venue:Web開催  

  • 発達性協調運動障害児の自己効力感とバランス機能向上について

    畑中良太、今岡真和、上向井千佳子、笹倉慎吾、上田哲也、村上達典、上月渉、玄安季、横山遥香、井戸田弦、樋口由美

    第8回日本小児理学療法学会学術大会  2021.11 

     More details

    Venue:Web学会  

  • ICTを活用した入院患者家族へのリハビリテーション進捗情報の提供

    村上達典、樋口由美、上田哲也、畑中良太、上月渉、玄安季、横山遥香、井戸田弦

    リハビリテーション・ケア合同研究大会 兵庫2021  2021.11 

     More details

    Venue:神戸・Webのハイブリッド開催  

  • COVID-19 pandemic decreased ADL improvements among inpatients with stroke in Japan

    Murakami T, Higuchi Y, Ueda T, Todo E, Hatanaka R, Kouzuki W, Kitamura A, Gen A

    World Physiotherapy Congress 2021  2021.04 

     More details

    Venue:online  

  • 住環境整備に着目した転倒予防戦略とリビングラボへの応用 Invited

    上田哲也

    ニューテクフェア2020  2020.12 

     More details

    Venue:Web開催  

  • 入院患者家族との情報共有にICTを用いた脳卒中患者3名の報告

    村上達典、上田哲也、藤堂恵美子、畑中良太、上月渉、北村綾子、玄安季、樋口由美

    第7回日本地域理学療法学会学術大会  2020.11 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 発達協調運動障害のリスクがある子供への理学療法士が監修した運動プログラムの効果検証

    畑中良太、今岡真和、上向井千佳子、笹倉慎吾、上田哲也、上月渉、村上達典、藤堂恵美子、北村綾子、玄安季、樋口由美

    第18回日本神経理学療法学会学術大会  2020.11 

     More details

    Venue:Web学会  

  • COVID-19による外出自粛が認知症グループホーム入所者のADLにおよぼす影響

    北村綾子、村上達典、上田哲也、上月渉、藤堂恵美子、畑中良太、玄安季、樋口由美

    第4回日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会  2020.11 

     More details

    Venue:神戸・Webのハイブリッド開催  

  • 中・重度認知症高齢者のADLと介護職の実施による姿勢観察との関連性

    北村綾子、上田哲也、村上達典、藤堂恵美子、畑中良太、上月渉、玄安季、樋口由美

    第7回日本地域理学療法学会学術大会  2020.11 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 訪問リハビリテーションにおける運動遵守率向上に向けた多職種連携プログラムの実践

    永井麻衣、樋口由美、北川智美、安藤卓、上田哲也、藤堂恵美子、畑中良太、村上達典、上月渉、北村綾子

    第7回日本地域理学療法学会学術大会  2020.11 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 地域における不器用さをもつ小学生を対象とした運動プログラムの効果

    畑中良太、今岡真和、上向井千佳子、笹倉慎吾、上田哲也、上月渉、村上達典、藤堂恵美子、北村綾子、玄安季、樋口由美

    第7回日本地域理学療法学会学術大会  2020.11 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 回復期リハビリテーション病棟における患者家族の「介助効力感」を向上させる要因

    上月渉、村上達典、上田哲也、藤堂恵美子、畑中良太、北村綾子、玄安季、樋口由美

    第7回日本地域理学療法学会学術大会  2020.11 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 回復期リハビリテーション病棟における患者家族の「介助効力感」に関連する要因

    上月渉、樋口由美、上田哲也、村上達典

    第79回日本公衆衛生学会総会  2020.10 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 要支援・軽度要介護高齢女性のIADLと歩数の関連

    安藤卓、樋口由美、北川智美、村上達典、藤堂恵美子、畑中良太、上月渉、永井麻衣、北村綾子、上田哲也

    第62回日本老年医学会学術集会  2020.08 

     More details

    Venue:Web学会  

  • 訪問リハビリテーションを利用する要支援・要介護高齢者の健康関連 QOL について

    永井麻衣、樋口由美、藤堂恵美子、北川智美、安藤卓、上田哲也、畑中良太、村上達典、上月渉、北村綾子

    第6回日本地域理学療法学会学術大会  2019.12 

     More details

    Venue:京都  

  • 家族の介助効力感と患者の生活機能との関連

    上月渉、樋口由美、上田哲也、安藤卓、北川智美、藤堂恵美子、畑中良太、村上達典、永井麻衣、北村綾子

    第6回日本地域理学療法学会学術大会  2019.12 

     More details

    Venue:京都  

  • 回復期リハビリテーション病棟における実績指数の補正方法に関する検証

    村上達典、樋口由美、上田哲也、藤堂恵美子、北川智美、安藤卓、畑中良太、永井麻衣、上月渉、北村綾子

    第6回日本地域理学療法学会学術大会  2019.12 

     More details

    Venue:京都  

  • 要支援・軽度要介護高齢者に対する歩数増加を目的とした日課への介入効果

    安藤卓、樋口由美、北川智美、村上達典、藤堂恵美子、畑中良太、上月渉、永井麻衣、北村綾子、上田哲也

    第6回日本地域理学療法学会学術大会  2019.12 

     More details

    Venue:京都  

  • 主観的健康感が低下した若年・中高年層地域住民の健康関連 QOL に対する身体活動量の関連

    北川智美、樋口由美、安藤卓、村上達典、上田哲也、藤堂恵美子、畑中良太、永井麻衣、上月渉、北村綾子

    第6回日本地域理学療法学会学術大会  2019.12 

     More details

    Venue:京都  

  • 退院患者の転倒予防に関するスタッフ教育の多施設実践報告:急性期病院から在宅へシームレスな医療・介護連携

    上田哲也、樋口由美、根本敬、野村日呂美

    第6回日本地域理学療法学会学術大会  2019.12 

     More details

    Venue:京都  

  • 急性期病院における自宅見取り図を用いた転倒予防介入の有効性:病院から在宅へシームレスな医療・介護連携

    上田哲也、樋口由美、藤堂恵美子、北川智美、安藤卓、村上達典、服部玄徳、野村日呂美

    日本転倒予防学会第6回学術集会  2019.10 

     More details

    Venue:新潟  

  • 大腿骨近位部骨折手術後患者の退院先早期決定に関与する因子の検討:術後1日目における理学療法介入時の因子に着目して

    文聖現、上田哲也、野村日呂美、片田理恵、範千夏、松本龍也、西野隆彬、松井沙也加、小西正彦、橋本智里、長谷川静、雪井美穂、當麻俊彦

    第6回日本運動器理学療法学術大会  2018.12 

     More details

    Venue:福岡  

  • 大腿骨近位部骨折患者の在院日数短縮に向けた取り組み:新人教育にも着目して

    上田哲也

    2018年度 八尾徳洲会総合病院QI(品質改善)大会  2018.11 

     More details

    Venue:大阪  

  • 大腿骨近位部骨折患者における歩行能力予測因子のクリニカルパス導入

    松井沙也加、上田哲也、山中ひろみ、瓜生恭章、松田康雄、原田博雅

    第19回日本クリニカルパス学会学術集会  2018.10 

     More details

    Venue:函館  

  • DPN チェックを用いた神経伝導検査と臨床的評価指標との関連性

    服部玄徳、高津美乃里、酒井菜穂子、山本貴裕、野村日呂美、上田哲也、坂東勇、高原良典、植田秀樹、石橋里江子

    第61回糖尿病学会年次学術集会  2018.05 

     More details

    Venue:東京  

  • 急性期病院退院患者に対する転倒予防指導の有効性に関する研究

    上田哲也

    大阪府立大学大学院総合リハビリテーション学研究科博士論文  2018.03 

     More details

    Venue:大阪  

  • 大腿骨頚部骨折後に人工骨頭置換術が施行された患者に対する方向性の検討:急性期病院における85歳以上の超高齢者に着目して

    文聖現、上田哲也、範千夏、片田理恵、野村日呂美、當麻俊彦

    第57回近畿理学療法学術大会  2017.11 

     More details

    Venue:大津  

  • 要支援・軽度要介護者の骨密度と歩数の関係:標準化SOSを用いた検討

    安藤卓、樋口由美、藤堂恵美子、上田哲也、北川智美、高尾耕平、村上達典、田村哲也、今岡真和

    第19回日本骨粗鬆症学会  2017.10 

     More details

    Venue:大阪  

  • セラピストの可能性を探る Invited

    上田哲也

    第11回徳洲会リハビリテーション部会関西大阪ブロック学術大会  2017.10 

     More details

    Venue:生駒  

  • 施設入所者の骨強度低下に関連する因子の検討

    今岡真和、樋口由美、藤堂恵美子、北川智美、上田哲也、安藤卓

    第19回日本骨粗鬆症学会  2017.10 

     More details

    Venue:大阪  

  • 自宅見取り図を用いた転倒予防指導の有効性に関するランダム化比較試験:急性期病院における退院患者を対象に

    上田哲也、樋口由美、今岡真和、藤堂恵美子、北川智美、安藤卓、高尾耕平、村上達典、服部玄徳

    第52回日本理学療法学術大会  2017.05 

     More details

    Venue:千葉  

  • 大腿骨近位部骨折術後患者の早期転帰先決定に関連する要因:急性期病院における検討

    西川真世、上田哲也、辻田聡司、服部玄徳

    第52回日本理学療法学術大会  2017.05 

     More details

    Venue:千葉  

  • 間質性肺炎を呈した高齢患者に対する呼吸追従式同調器の有用性:単一症例による連続酸素吸入・流量固定式同調器との比較

    服部玄徳、上田哲也、辻田聡司、西川真世、石原英樹

    第52回日本理学療法学術大会  2017.05 

     More details

    Venue:千葉  

  • 急性期病院における脳梗塞患者の早期退院先決定に関わる因子の検討:自宅退院群と回復期転院群における検討

    辻田聡司、上田哲也、服部玄徳、西川真世、一ノ瀬努

    第52回日本理学療法学術大会  2017.05 

     More details

    Venue:千葉  

  • 回復期リハビリテーション病棟における脳卒中患者の在宅復帰関連要因:入院初期に得られる情報を用いた検討

    村上達典、樋口由美、藤堂恵美子、上田哲也、北川智美、安藤卓、高尾耕平

    第52回日本理学療法学術大会  2017.05 

     More details

    Venue:千葉  

  • 慢性期脳卒中患者における歩行の非対称性と活動との関連について

    高尾耕平、樋口由美、北川智美、藤堂恵美子、今岡真和、上田哲也、安藤卓、村上達典、西羅陽子、武田広道、藤原菜津、有磯明泰

    第52回日本理学療法学術大会  2017.05 

     More details

    Venue:千葉  

  • 軽度要介護者の骨密度に関連する過去の生活習慣の要因について

    安藤卓、樋口由美、藤堂恵美子、上田哲也、北川智美、高尾 耕平、村上達典

    第52回日本理学療法学術大会  2017.05 

     More details

    Venue:千葉  

  • 専業主婦における座業時間と健康関連QOL改善方法に関するランダム化比較試験による検証

    北川智美、樋口由美、藤堂恵美子、今岡真和、上田哲也、安藤卓、高尾耕平、村上達典

    第52回日本理学療法学術大会  2017.05 

     More details

    Venue:千葉  

  • 訪問リハビリテーションプログラムが生活機能に与える影響

    藤堂恵美子、樋口由美、北川智美、今岡真和、上田哲也、安藤卓、高尾耕平、村上達典、脇田英樹、池内俊之

    第52回日本理学療法学術大会  2017.05 

     More details

    Venue:千葉  

  • 軽度要介護者に対するIADL改善指導による歩数向上への取り組み

    安藤卓、樋口由美、藤堂恵美子、上田哲也、北川智美、高尾耕平、村上達典

    平成28年度日本地域理学療法フォーラム  2017.02 

     More details

    Venue:大阪  

  • 転移性脊椎腫瘍により歩行障害を呈した症例に対する部分免荷装置を用いた床上歩行練習の効果:ABA シングルケースデザインによる検討

    服部玄徳、上田哲也、野村日呂美

    第14回日本神経理学療法学会学術集会  2016.11 

     More details

    Venue:仙台  

  • 訪問リハビリテーションの新規利用者に対する3 ヶ月間の介入効果

    藤堂恵美子、樋口由美、今岡真和、北川 智美、上田哲也、安藤卓、水野稔基、安岡実佳子、高尾耕平、脇田英樹、池内俊之

    第53回日本リハビリテーション医学会学術集会  2016.06 

     More details

    Venue:京都  

  • 大腿骨近位部骨折患者の術後ADLに関連する術前の要因についての検討

    西川真世、上田哲也、野村日呂美、服部玄徳、池田祥吾、吉田祐次、井川貞之、佐藤愛生、小西正修、出合由美、當麻俊彦

    第51回日本理学療法学術大会  2016.05 

     More details

    Venue:札幌  

  • 転倒を起因とした骨折により急性期病院へ入院した高齢患者の特徴

    上田哲也、樋口由美、今岡真和、藤堂恵美子、北川智美、安藤卓、高尾耕平、服部玄徳、野村日呂美

    第51回日本理学療法学術大会  2016.05 

     More details

    Venue:札幌  

  • 介護老人保健施設入所者のOsteosarcopenia有病率についての調査研究

    今岡真和、樋口由美、藤堂恵美子、上田哲也、北川智美、安藤卓、高尾耕平、安岡実佳子、黒﨑恭兵、池内まり、七川大樹

    第51回日本理学療法学術大会  2016.05 

     More details

    Venue:札幌  

  • 訪問リハビリテーション利用者の生活空間拡大に関連する要因

    藤堂恵美子、樋口由美、今岡真和、北川 智美、上田哲也、安藤卓、水野稔基、安岡実佳子、高尾耕平、脇田英樹、池内俊之

    第51回日本理学療法学術大会  2016.05 

  • 専業主婦の座業時間短縮および健康改善のための効果的な介入方法

    北川智美、樋口由美、藤堂恵美子、今岡真和、上田哲也、安藤卓、水野稔基、安岡実佳子、高尾耕平

    第51回日本理学療法学術大会  2016.05 

     More details

    Venue:札幌  

  • 要支援・軽度要介護高齢者の非利用日の歩数とその関連要因

    安藤卓、樋口由美、今岡真和、藤堂恵美子、上田哲也、北川智美、水野稔基、安岡実佳子、高尾耕平

    第51回日本理学療法学術大会  2016.05 

     More details

    Venue:札幌  

  • 大腿骨近位部骨折術後患者に対する体幹筋群のトレーニング効果の検証:回復期リハビリテーション病棟における予備的研究

    水野稔基、樋口由美、今岡真和、上田哲也、藤堂恵美子、北川智美、安藤卓、安岡実佳子、高尾耕平

    第51回日本理学療法学術大会  2016.05 

     More details

    Venue:札幌  

  • 大腿骨近位部骨折患者の骨折前の外出状況と機能回復の関連

    安岡実佳子、樋口由美、藤堂恵美子、北川智美、今岡真和、上田哲也、安藤卓、水野稔基、高尾耕平、大垣昌之、長岡正子

    第51回日本理学療法学術大会  2016.05 

     More details

    Venue:札幌  

  • 転移性脊椎腫瘍により対麻痺を呈した症例に対する体重免荷歩行トレーニングが歩行能力に及ぼす影響:シングルケーススタディ

    服部玄徳、上田哲也、野村日呂美、西川真世

    第51回日本理学療法学術大会  2016.05 

     More details

    Venue:札幌  

  • 関節リウマチにより左足趾関節形成術を施行した一症例:手指変形に対する歩行補助具への工夫

    佐藤愛生、上田哲也、辻田聡司、野村日呂美

    第6回中河内ブロック新人症例発表会  2016.01 

     More details

    Venue:大阪  

  • 施設入所者に対する3ヶ月間のビタミンD3介入試験

    今岡真和、樋口由美、藤堂恵美子、上田哲也

    第2回日本地域理学療法学会学術集会  2015.12 

     More details

    Venue:千葉  

  • 脊髄性運動失調に対する足趾機能・感覚フィードバックに着目した運動療法の即時効果および長期効果:シングルケーススタディー

    服部玄徳、上田哲也、野村日呂美、吉村政樹

    第12回日本神経理学療法学会学術集会  2015.11 

     More details

    Venue:福岡  

  • 入所者の居室の違いが転倒リスクと25(OH)Dに与える影響についての後ろ向き研究

    今岡真和、樋口由美、藤堂恵美子、北川智美、上田哲也、安藤卓、安岡実佳子、寺島由美子、黒崎恭兵、七川大樹、池内まり

    日本転倒予防学会 第2回学術集会  2015.10 

     More details

    Venue:京都  

  • 閉塞性肺疾患を既往にもつ右大腿骨頚部骨折患者の治療経験

    西野隆彬、上田哲也、辻田聡司、野村日呂美

    第27回大阪府理学療法学術大会  2015.07 

     More details

    Venue:大阪  

  • 大腿骨頚部骨折後に人工骨頭置換術を施行した患者の早期方向性決定の検討:術後動作レベルに着目して

    松井沙也加、上田哲也、服部玄徳、辻田 聡司、野村日呂美、萩原一江、當麻俊彦

    第50回日本理学療法学術大会  2015.06 

     More details

    Venue:東京  

  • 間接的な家屋評価における転倒予防の有効性に関する前向き介入研究:急性期病院における予備的研究

    上田哲也、樋口由美、平島賢一、今岡真和、藤堂恵美子、石原みさ子、北川智美、安藤卓、水野稔基、安岡実佳子

    第50回日本理学療法学術大会  2015.06 

  • 地域在住高齢者女性の脊柱アライメントと身体的機能低下の関連

    樋口由美、岩田晃、小栢進也、今岡真和、藤堂恵美子、北川智美、上田哲也、安藤卓、水野稔基、淵岡聡

    第50回日本理学療法学術大会  2015.06 

     More details

    Venue:東京  

  • 観察距離を延長した「またぎ歩行」課題のMisstepは地域高齢者の転倒を予測する:1年間のコホート研究から

    平島賢一、樋口由美、石原みさ子、今岡真和、藤堂恵美子、上田哲也、北川智美、安藤卓、水野稔基、安岡実佳子

    第50回日本理学療法学術大会  2015.06 

     More details

    Venue:東京  

  • 介護老人保健施設入所者の運動回数調整とビタミン D 摂取は転倒抑制効果がある:準ランダム比較化試験

    今岡真和、樋口由美、藤堂恵美子、平島賢一、北川智美、上田哲也、安藤卓、水野稔基、安岡実佳子、中村貫照、増栄あゆみ、寺島由美子、黒﨑恭兵、池内まり、七川大樹

    第50回日本理学療法学術大会  2015.06 

     More details

    Venue:東京  

  • 訪問リハビリテーションの長期効果および実施内容に関する予備的研究

    藤堂恵美子、樋口由美、今岡真和、北川智美、上田哲也、石原みさ子、平島賢一、安藤卓、水野稔基、安岡実佳子、脇田英樹、池内俊之

    第50回日本理学療法学術大会  2015.06 

  • 若年から中年層の専業主婦と就業女性の健康関連QOLに関連する因子

    北川智美、樋口由美、藤堂恵美子、今岡真和、石原みさ子、平島賢一、上田哲也、安藤卓、水野稔基、安岡実佳子

    第50回日本理学療法学術大会  2015.06 

     More details

    Venue:東京  

  • 通所介護利用者の利用日・非利用日別にみた身体活動量の性差について

    安藤卓、樋口由美、今岡真和、石原みさ子、平島賢一、藤堂恵美子、上田哲也、北川智美、水野稔基、安岡 実佳子

    第50回日本理学療法学術大会  2015.06 

     More details

    Venue:東京  

  • 回復期リハビリテーション病院における大腿骨近位部骨折術後患者の歩行・バランス能力と体幹機能との関連性

    水野稔基、樋口由美、今岡真和、藤堂恵美子、上田哲也、北川智美、石原みさ子、平島賢一、安藤卓、安岡実佳子

    第50回日本理学療法学術大会  2015.06 

     More details

    Venue:東京  

  • 入院前の身体活動量は自宅退院を控える高齢患者の転倒恐怖感に強い影響を与える

    服部玄徳、上田哲也、辻田聡司、野村日呂美、當麻俊彦

    第50回日本理学療法学術大会  2015.06 

     More details

    Venue:東京  

  • Intervention for falls: Reduced exercise and vitaminD supplementation among the institutionalized frail elderly

    Imaoka M, Higuchi Y, Todo E, Hirashima K, Kitagawa T, Ueda T, Ando S, Yasuoka M, Mizuno T, Nakamura K, Kurosaki K, Ikeuchi M, Shichikawa D, Masue A

    World Confederation for Physical Therapy  2015.05 

     More details

    Venue:Singapore  

  • 大腿骨近位部骨折患者の骨折前の外出状況と術後 1 ヶ月時点の身体機能、動作能力に関する予備的研究

    安岡実佳子、樋口由美、藤堂恵美子、北川智美、石原みさ子、平島賢一、今岡真和、上田哲也、安藤卓、水野稔基、大垣昌之、長岡正子

    第1回日本地域理学療法学会学術集会  2015.01 

     More details

    Venue:大阪  

  • 虚弱高齢者の筋量測定に予測式を用いることは可能か

    今岡真和、樋口由美 、藤堂恵美子、上田哲也、藪陽太、七川大樹、黒﨑恭兵、池内まり

    第1回日本地域理学療法学会学術集会  2015.01 

     More details

    Venue:大阪  

  • 地域住民の健康関連 QOL と身体活動量

    北川智美、樋口由美、藤堂恵美子、今岡真和、平島賢一、石原みさ子、上田哲也、安藤卓、水野稔基、安岡実佳子

    第1回日本地域理学療法学会学術集会  2015.01 

     More details

    Venue:大阪  

  • 男性虚弱高齢者の骨強度に関係する因子について

    安藤 卓、樋口由美、今岡真和、石原みさ子、平島賢一、藤堂恵美子、上田哲也、北川智美、水野稔基、安岡実佳子

    第1回日本地域理学療法学会学術集会  2015.01 

     More details

    Venue:大阪  

  • 家屋評価のEvidenceとその活用 Invited

    上田哲也

    大阪府理学療法士協会主催研修会 新人教育プログラム  2014.12 

     More details

    Venue:大阪  

  • 大腿骨頸部骨折後に人工骨頭置換術を施行した患者の早期方向性決定の検討: 術後 1 週後の歩行能力に着目して

    松井沙也加、上田哲也、服部玄徳、辻田聡司、野村日呂美、萩原一江、當麻俊彦

    第 54 回近畿理学療法学術大会  2014.11 

     More details

    Venue:大阪  

  • 閉塞性肺疾患を既往にもつ右大腿骨頚部骨折患者の治療経験:急性期理学療法における早期離床についての考察

    西野隆彬、上田哲也、辻田聡司、野村日呂美

    第 5 回中河内ブロック新人症例発表会  2014.10 

     More details

    Venue:大阪  

  • 家屋評価を行う際の理学療法士の視点:アンケートによる実態調査より

    上田哲也、樋口由美、平島賢一、今岡真和、藤堂恵美子、石原みさ子、北川智美、安藤卓、水野稔基、安岡実佳子

    日本転倒予防学会 第1回学術集会  2014.10 

     More details

    Venue:東京  

  • 介護老人保健施設入所者の転倒予防介入効果検証:準ランダム比較化試験

    今岡真和、樋口由美、藤堂恵美子、平島賢一、北川智美、上田哲也、増栄あゆみ、寺島由美子、甲斐沼成、黒崎恭兵、池内まり、児玉佳奈子

    日本転倒予防学会 第1回学術集会  2014.10 

     More details

    Venue:東京  

  • 自宅退院を控える入院高齢患者の転倒恐怖感と全般性自己効力感尺度の関連

    服部玄徳、安井友里、松井沙也加、吉田祐次、西野隆彬、林伸嘉、中村竜大、松本 龍也、村田明大、川村富美、上田哲也、片田理恵、野村日呂美、安井美代子、當麻俊彦

    第49回日本理学療法学術大会  2014.05 

     More details

    Venue:横浜  

  • 急性期病院に勤務する理学療法士の自宅退院患者に対する転倒予防指導

    上田哲也、樋口由美、今岡真和、藤堂恵美子、石原みさ子、平島賢一、北川智美、安藤卓、水野稔基

    第49回日本理学療法学術大会  2014.05 

     More details

    Venue:横浜  

  • 足関節底屈筋強化による脳性麻痺児の歩行の推進力生成の変化

    石原みさ子、樋口由美、北嶋宏美、平島賢一、今岡真和、藤堂恵美子、上田哲也、北川智美、安藤卓、水野稔基

    第49回日本理学療法学術大会  2014.05 

  • 「またぎ歩行」課題におけるMisstepと転倒関連因子との関係

    平島賢一、樋口由美、石原みさ子、今岡真和、藤堂恵美子、北川智美、上田哲也、水野稔基、安藤卓

    第49回日本理学療法学術大会  2014.05 

     More details

    Venue:横浜  

  • 介護老人保健施設入所者のサルコペニアと血中ビタミンD濃度について

    今岡真和、樋口由美、藤堂恵美子、上田哲也、北川智美、石原みさ子、平島賢一、水野稔基、安藤卓、呉本冬馬、寺島由美子、甲斐沼成、黒﨑恭兵、池内まり

    第49回日本理学療法学術大会  2014.05 

     More details

    Venue:横浜  

  • 男性高齢者の歩行時間と外出目的地との関連

    藤堂恵美子、樋口由美、今岡真和、北川智美、平島賢一、石原みさ子、上田哲也、安藤卓、水野稔基

    第49回日本理学療法学術大会  2014.05 

     More details

    Venue:横浜  

  • 専業主婦と就業女性における身体活動量・座業時間と健康状態との関連

    北川智美、樋口由美、今岡真和、藤堂恵美子、石原みさ子、平島賢一、上田哲也、安藤卓、水野稔基

    第49回日本理学療法学術大会  2014.05 

     More details

    Venue:横浜  

  • 通所介護利用者における1週間の身体活動量と運動機能

    安藤卓、樋口由美、石原みさ子、平島賢一、今岡真和、藤堂恵美子、上田哲也、北川智美、水野稔基

    第49回日本理学療法学術大会  2014.05 

     More details

    Venue:横浜  

  • ニュータウンの賃貸集合住宅に居住する男性高齢者の外出頻度と近隣環境

    藤堂恵美子、樋口由美、今岡真和、北川智美、平島賢一、上田哲也、安藤卓、水野稔基

    第72回日本公衆衛生学会総会  2013.10 

     More details

    Venue:津  

  • 地域高齢者における座業時間と身体機能との関連

    樋口由美、北川智美、岩田晃、藤堂恵美子、今岡真和、平島賢一、上田哲也、安藤卓、水野稔基、淵岡聡

    第72回日本公衆衛生学会総会  2013.10 

     More details

    Venue:津  

  • 「施設らしくない」居住環境の設計指針に関する研究:泉北の生活支援住宅整備事業を通して

    上田哲也

    大阪市立大学大学院生活科学研究科修士論文  2013.03 

     More details

    Venue:大阪  

  • 明日から使える理学療法士の視点を生かした家屋評価:転倒予防に着目して Invited

    上田哲也

    大阪府理学療法士協会主催研修会 新人教育プログラム  2012.11 

     More details

    Venue:大阪  

  • 「泉北ほっとけないネットワーク・新近隣住区」地域再生における理学療法士の取り組み

    高井逸史、樋口由美、上田哲也、春木敏、森一彦

    第47回日本理学療法学術大会  2012.05 

     More details

    Venue:神戸  

  • 急性期整形外科病棟における転倒予防の試み(第一報):医療者・患者相互の共通認識可能な転倒予防シートの考案と実践

    上田哲也、乾知恵子、西條春香、加藤和代、小林翔太、高濱雅人、村田明大、難波智矢、辻田聡司、範千夏、西村克美、久保理恵、扇谷綾子、福井由香里、寺西康、仁丹克則、北西正光

    転倒予防医学研究会第8回研究会  2011.10 

     More details

    Venue:東京  

  • 地域在住高齢者の自宅内居間での転倒危険因子に対する意識調査:生活動線に着目して

    上田哲也、久保理恵、辻田聡司、森一彦

    第46回日本理学療法学術大会  2011.05 

     More details

    Venue:宮崎  

  • 地域在住高齢者の住宅内転倒危険因子とそれに基づく転倒危険喚起ポスターについて

    上田哲也、横山美佐子、飛地八省、久保理恵、堤沙織、村中晋吾

    第45回日本理学療法学術大会  2010.05 

     More details

    Venue:岐阜  

  • 住宅内転倒事故における危険因子:主観的要素と客観的要素に着目して

    上田哲也、久保理恵、西村克己、地堂峰大、小泉希久也、土井敏之、小笠原千夏、門田愛、辻田聡司、川村富美、北西正光

    第44回日本理学療法学術大会  2009.05 

     More details

    Venue:東京  

  • 早期病棟動作獲得に向けた看護部との取り組み:全国アンケート調査実施の結果報告から

    川村富美、西村克美、土井敏之、水村愛、辻田聡司、上田哲也、堤由美子、加藤和代

    第43回日本理学療法学術大会  2008.05 

     More details

    Venue:福岡  

▼display all

Industrial Property Rights

  • 住マイルリハビリテーション

     More details

    property_type:Trademark 

    Application no:6544619 

Outline of collaborative research (seeds)

  • 住環境整備

  • 転倒予防

Grant-in-Aid for Scientific Research

  • 退院患者の転倒予防効果の解明に向けたICTを活用した遠隔介入のシステムの構築

    Grant-in-Aid for Early-Career Scientists  2023.04

  • 日中活動および居室環境とミリ波睡眠計測による睡眠の質向上

    Grant-in-Aid for Scientific Research(B)  2023.04

  • 患者自宅における生活動線内の 家具の移動介助的機能に着目し た転倒リスク基盤の開発

    Grant-in-Aid for Research Activity Start-up  2022.04

  • 日中活動および居室環境とミリ波睡眠計測による睡眠の質向上

    Grant-in-Aid for Scientific Research(B)  2022.04

  • 患者自宅における生活動線内の 家具の移動介助的機能に着目し た転倒リスク基盤の開発

    Grant-in-Aid for Research Activity Start-up  2021.04

  • 日中活動および居室環境とミリ波睡眠計測による睡眠の質向上

    Grant-in-Aid for Scientific Research(B)  2021.04

  • 患者自宅における生活動線内の 家具の移動介助的機能に着目し た転倒リスク基盤の開発

    Grant-in-Aid for Research Activity Start-up  2020.04

  • 患者自宅における生活動線内の 家具の移動介助的機能に着目し た転倒リスク基盤の開発

    Grant-in-Aid for Research Activity Start-up  2019.04

  • 退院患者を対象とした転倒予防指導の有効性に関する多施設共同ランダム化比較試験

    Grant-in-Aid for Encouragement of Scientists  2018.04

  • 退院患者を対象とした転倒予防指導の有効性に関する多施設共同ランダム化比較試験

    Grant-in-Aid for Encouragement of Scientists  2017.04

▼display all

Incentive donations / subsidies

  • 超高齢社会における身体機能変化対応型住宅に関する研究~QOLや転倒恐怖感に着目して~

    一般財団法人第一生命財団  (一財)第一生命財団研究助成  2022.04

  • 超高齢社会における身体機能変化対応型住宅に関する研究~QOLや転倒恐怖感に着目して~

    一般財団法人第一生命財団  2021.04

  • 超高齢社会における身体機能変化対応型住宅に関する研究~QOLや転倒恐怖感に着目して~

    一般財団法人第一生命財団  2020.04

Charge of on-campus class subject

  • 地域理学療法学Ⅱ

    2023   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習1

    2023   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅱ

    2023   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅲ

    2023   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅳ

    2023   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法学研究法Ⅰ

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法学研究法Ⅱ

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法学卒業研究

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 地域理学療法臨床実習

    2023   Practical Training   Undergraduate

  • 物理療法学

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 物理療法学実習

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法評価学総合実習

    2023   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法早期体験実習

    2023   Practical Training   Undergraduate

  • 在宅リハビリテーション論

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 日常生活活動学実習

    2023   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法学卒業研究

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 【在宅ケアにおける予後予測】「急性期病院からの退院後支援」

    2022   Weekly class   Graduate school

  • 理学療法臨床実習Ⅲ

    2022   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅳ

    2022   Practical Training   Undergraduate

  • 地域理学療法臨床実習

    2022   Practical Training   Undergraduate

  • 日常生活活動学実習

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 在宅リハビリテーション論

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 地域理学療法学実習

    2022   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法早期体験実習

    2022   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅰ

    2022   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅱ

    2022   Practical Training   Undergraduate

  • 日常生活活動学

    2022   Weekly class   Undergraduate

  • 人間支援科学論

    2021   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法基礎評価学実習Ⅱ

    2021   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法評価学総合実習

    2021   Practical Training   Undergraduate

  • 日常生活活動学Ⅱ

    2021   Weekly class   Undergraduate

  • 在宅リハビリテーション論

    2021   Weekly class   Undergraduate

  • 地域理学療法学実習

    2021   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法早期体験実習

    2021   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅰ

    2021   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅱ

    2021   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅲ

    2021   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅳ

    2021   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法学卒業研究

    2021   Weekly class   Undergraduate

  • 在宅リハビリテーション論

    2020   Weekly class   Undergraduate

  • 日常生活活動学Ⅱ

    2020   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法学評価学Ⅰ

    2020   Weekly class   Undergraduate

  • 地域理学療法学実習

    2020   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法早期体験実習

    2020   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅰ

    2020   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅱ

    2020   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅲ

    2020   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅳ

    2020   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法学卒業研究

    2020   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法評価学総合実習

    2020   Practical Training   Undergraduate

  • 地域理学療法学実習

    2019   Practical Training   Undergraduate

  • 在宅リハビリテーション論

    2019   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法学評価学Ⅰ

    2019   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法早期体験実習

    2019   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅰ

    2019   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅱ

    2019   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅲ

    2019   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法臨床実習Ⅳ

    2019   Practical Training   Undergraduate

  • 理学療法学卒業研究

    2019   Weekly class   Undergraduate

  • 理学療法評価学総合実習

    2019   Practical Training   Undergraduate

  • 日常生活活動学Ⅱ

    2019   Weekly class   Undergraduate

▼display all

Charge of off-campus class subject

  • 居住福祉計画

    2020.05

  • 体の健康講座

    2015.07

Social Activities

  • 森ノ宮UR多世代交流イベントにて、体力測定会の実施

    Role(s): Consultant, Logistic support, Investigater

    2023.12

     More details

    SDGs:

    Type:Seminar, workshop

Academic Activities

  • 退院に向けた住環境整備~建築学とリハビリテーション学の融合を目指して~

    愛知建築士会  2024.01

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

International exchange activities

  • 生活科学研究科主催の国際研修会(International conference of Third Place in Neighboring Areas)にて、口述発表(タイトル: Utilizing public housing through
    collaboration with physical therapists)を行い、日本の現状を、オーストラリアや中国、台湾の研究者へ伝えた。

    Field category :Research

    2024.02