2022/07/13 更新

写真a

イシカワ シンゴ
石川 真悟
Ishikawa Shingo
担当
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 准教授
獣医学部 獣医学科
職名
准教授
所属
獣医学研究院

担当・職階

  • 大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 獣医学部 獣医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 獣医学博士 ( 日本獣医生命科学大学 )

  • 獣医学学士 ( 北里大学 )

研究キーワード

  • 自然免疫

  • 粘膜免疫

  • 牛呼吸器病症候群

研究概要

  • 牛呼吸器病症候群の病態解明と新規予防法の検討

論文

  • Flow cytometric analysis of bronchoalveolar lavage fluid immune dynamics in calves.

    Ishikawa S, Miyazawa M, Zibiki Y, Kamikakimoto R, Hobo S

    The Journal of veterinary medical science   84 ( 4 )   548 - 557   2022年04月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

  • Pharmacokinetics in plasma and alveolar regions of a healthy calf intramuscularly administered a single dose of orbifloxacin.

    Kuramae T, Ishikawa S, Kono A, Hobo S

    The Journal of veterinary medical science   84 ( 3 )   400 - 405   2022年03月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

  • Pharmacokinetics in plasma and alveolar regions of a healthy calf intramuscularly administered a single dose of orbifloxacin(和訳中)

    Kuramae Tetsuro, Ishikawa Shingo, Kono Aki, Hobo Seiji

    The Journal of Veterinary Medical Science   84 ( 3 )   400 - 405   2022年03月( ISSN:0916-7250

  • Interferon gamma, lipopolysaccharide, and modified-live viral vaccines stimulation alter the mRNA expression of tumor necrosis factor α, inducible nitric oxide synthase, and interferon β in bovine alveolar macrophages.

    Ishikawa S, Miyazawa M, Tanaka C, Uesawa R, Nishizawa J, Uemura R, Kobayashi I, Hobo S

    Veterinary immunology and immunopathology   244   110378   2022年02月( ISSN:0165-2427

  • Osteochondral regeneration of the femoral medial condyle by using a scaffold-free 3D construct of synovial membrane-derived mesenchymal stem cells in horses.

    Murata D, Ishikawa S, Sunaga T, Saito Y, Sogawa T, Nakayama K, Hobo S, Hatazoe T

    BMC veterinary research   18 ( 1 )   53   2022年01月

     詳細を見る

  • 導入肥育素牛の気管支肺胞領域に認められた牛呼吸器病症候群原因菌及び牛RSウイルスと導入後の治療状況

    林 淳, 石川 真悟, 津曲 圭太, 藏前 哲郎, 帆保 誠二

    日本獣医師会雑誌   74 ( 8 )   497 - 502   2021年08月( ISSN:0446-6454

     詳細を見る

    市場導入肥育素牛から気管支肺胞洗浄液(BALF)を採取し、微生物学的に検査するとともに、供試牛の導入後治療状況を調査した。BALFからの細菌分離検査では、Pasteurella multocida及びMycoplasma bovisが分離された。また、ウイルス遺伝子検査では牛Respiratory syncytial(RS)ウイルス遺伝子が検出された。供試牛の導入後治療状況を調査した結果、牛RSウイルス遺伝子が全頭に確認された牛群では導入後に牛呼吸器病症候群治療を受けるまでの期間が早かった。これらの知見は、導入後の牛の気管支肺胞領域に肺炎原因菌あるいは原因ウイルスが存在することを示しており、予防としてのワクチネーションの徹底や使用する抗菌剤の的確な選定を含め、治療方針の決定に重要であると考えられた。(著者抄録)

  • Primary sinonasal malignant melanoma with systemic metastasis in a non-gray horse.

    Hatai H, Hatazoe T, Seo H, Tozaki T, Ishikawa S, Miyoshi N, Misumi K, Hobo S

    Journal of veterinary diagnostic investigation : official publication of the American Association of Veterinary Laboratory Diagnosticians, Inc   33 ( 2 )   379 - 383   2021年03月( ISSN:1040-6387

     詳細を見る

  • Interferon gamma, lipopolysaccharide, and modified-live viral vaccines stimulation alter the mRNA expression of tumor necrosis factor α, inducible nitric oxide synthase, and interferon β in bovine alveolar macrophages 査読

    Shingo Ishikawa, Masataka Miyazawa, Chiho Tanaka, Ryoma Uesawa, Juri Nishizawa, Ryoko Uemura, Ikuo Kobayashi, Seiji Hobo

    Veterinary Immunology and Immunopathology   2021年

     詳細を見る

    共著区分:共著  

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/00017577

  • Pharmacokinetics in plasma and alveolar regions of healthy calves subcutaneously administered a single dose of enrofloxacin.

    Kuramae T, Otomaru K, Hirata M, Ishikawa S, Noguchi M, Ikedo T, Horinouchi C, Hayashi J, Tsumagari K, Hobo S

    The Journal of veterinary medical science   82 ( 8 )   1197 - 1203   2020年08月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

  • Distribution of marbofloxacin within the bronchoalveolar region of healthy pigs.

    Ijiri M, Ishikawa S, Jibiki Y, Miyazawa M, Senokuchi A, Hobo S

    The Journal of veterinary medical science   82 ( 8 )   1080 - 1083   2020年08月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

  • エンロフロキサシンを単回皮下投与した健康仔牛の血漿中及び肺胞領域の薬物動態(Pharmacokinetics in plasma and alveolar regions of healthy calves subcutaneously administered a single dose of enrofloxacin)

    Kuramae Tetsuro, Otomaru Konosuke, Hirata Masaya, Ishikawa Shingo, Noguchi Michiko, Ikedo Tomonobu, Horinouchi Chie, Hayashi Jun, Tsumagari Keita, Hobo Seiji

    The Journal of Veterinary Medical Science   82 ( 8 )   1197 - 1203   2020年08月( ISSN:0916-7250

  • 健康な豚の気管支肺胞領域内におけるマルボフロキサシンの分布(Distribution of marbofloxacin within the bronchoalveolar region of healthy pigs)

    Ijiri Moe, Ishikawa Shingo, Jibiki Yoshinori, Miyazawa Masataka, Senokuchi Akane, Hobo Seiji

    The Journal of Veterinary Medical Science   82 ( 8 )   1080 - 1083   2020年08月( ISSN:0916-7250

  • 黒毛和種仔ウシの末梢血白血球に及ぼすβカロテン投与の影響(Effect of Beta-Carotene Supplementation on the Peripheral Blood Leukocyte Population in Japanese Black Calves)

    Otomaru Konosuke, Ogawa Rei, Oishi Shoko, Iwamoto Yuki, Ishikawa Shingo, Nagai Katsuhisa

    Journal of Nutritional Science and Vitaminology   66 ( 4 )   381 - 385   2020年08月( ISSN:0301-4800

     詳細を見る

    2週齢の黒毛和種仔ウシ(n=11)にβカロテン20mg/日を8週齢まで経口投与し、末梢血白血球への影響を調べた。投与群の血清βカロテン濃度は、4、8、12週齢時に非投与群に比べ有意に高値を示した。血清レチノール濃度に群間差はなく、2週齢時から12週齢時まで両群とも類似の漸増パターンを示した。このことから、βカロテン20mg/日を黒毛和種仔ウシに投与しても、血清レチノール濃度に大きな影響はないと考えられた。末梢血の総白血球数、単核球数、顆粒球数、およびCD3陽性(+)、CD8+、CD14+、CD21+、CD335+細胞数に有意な群間差はみられず、有意な経時変化も認められなかった。末梢血CD4+細胞数は、非投与群と比較して、投与群で4週齢時に有意に高値を示した。黒毛和種仔ウシにおいて、βカロテンの経口投与によって血清βカロテン濃度が上昇することで、末梢血の免疫担当細胞数が変化すると考えられ、βカロテン投与は末梢血白血球組成に影響を及ぼす可能性が示唆された。

  • 重症慢性肺炎罹患牛の気管支肺胞洗浄液からの細菌分離と薬剤感受性

    藏前 哲郎, 石川 真悟, 林 淳, 津曲 圭太, 乙丸 孝之介, 帆保 誠二

    日本獣医師会雑誌   73 ( 1 )   31 - 36   2020年01月( ISSN:0446-6454

     詳細を見る

    本研究では、臨床的に重症慢性肺炎と診断された黒毛和種牛50頭から鼻咽頭スワブ(Swab)及び気管支肺胞洗浄液(BALF)を採取し、細菌分離とともに、その薬剤感受性を調査した。Swab及びBALFからはおもにMycoplasma bovis及びPasteurella multocidaが分離されたが、同一牛において両検体から同一細菌種が分離された割合は比較的低かった。また、BALFから分離されたM.bovis及びP.multocidaは、おもにフルオロキノロン系抗菌薬に感受性であったが、Swabから分離された同2菌種の同系抗菌薬に対する薬剤感受性は低かった。以上より、重症慢性肺炎罹患牛の鼻咽頭領域及び気管支肺胞領域からは、おもにM.bovis及びP.multocidaが分離されるが、同一供試牛から分離された同一菌種の細菌であっても、薬剤感受性が異なる可能性があることから、重症慢性肺炎罹患牛においてSwabによる肺炎原因菌の推定には慎重を要すると思われた。(著者抄録)

  • Effect of Beta-Carotene Supplementation on the Peripheral Blood Leukocyte Population in Japanese Black Calves.

    Otomaru K, Ogawa R, Oishi S, Iwamoto Y, Ishikawa S, Nagai K

    Journal of nutritional science and vitaminology   66 ( 4 )   381 - 385   2020年( ISSN:0301-4800

     詳細を見る

  • Distribution of marbofloxacin in the bronchoalveolar region in healthy calves.

    Hayashi J, Otomaru K, Hirata M, Ishikawa S, Ikedo T, Horinouchi C, Kuramae T, Tsumagari K, Hobo S

    The Journal of veterinary medical science   81 ( 5 )   730 - 733   2019年05月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

  • 健康な仔牛の気管支肺胞領域におけるマルボフロキサシンの分布(Distribution of marbofloxacin in the bronchoalveolar region in healthy calves)

    Hayashi Jun, Otomaru Konosuke, Hirata Masaya, Ishikawa Shingo, Ikedo Tomonobu, Horinouchi Chie, Kuramae Tetsurou, Tsumagari Keita, Hobo Seiji

    The Journal of Veterinary Medical Science   81 ( 5 )   730 - 733   2019年05月( ISSN:0916-7250

  • Single nucleotide recognition using a probes-on-carrier DNA chip.

    S S, Fuke S, Nagasawa H, Tsukahara T

    BioTechniques   66 ( 2 )   73 - 78   2019年02月( ISSN:0736-6205

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • The name of life

    久石 譲, 石川 亮太, Denver John, Caby Simon, Corbel Cecile, 谷山 浩子, 佐藤 友紀, 大野 真由子

    MClassics  2021年 

     詳細を見る

MISC(その他記事)

講演・口頭発表等

▼全件表示

担当授業科目

  • 食料生産実習

    2021年度   実習  

  • 大動物診療実習

    2021年度   実習  

  • 大動物野外診療実習

    2021年度   実習  

  • 牧場実習

    2021年度   実習  

  • 大動物臨床B

    2021年度    

  • 大動物診断治療学B

    2021年度    

  • 獣医臨床栄養学

    2021年度    

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

▼全件表示