2022/09/30 更新

写真a

ドイ トシヒサ
土井 俊央
DOI TOSHIHISA
担当
大学院生活科学研究科 生活科学専攻 講師
生活科学部 居住環境学科
職名
講師
所属
生活科学研究院
ホームページ
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院生活科学研究科 生活科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 生活科学部 居住環境学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 和歌山大学 )

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 安全工学

  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション

  • 人文・社会 / デザイン学

研究キーワード

  • 情報デザイン

  • 入力デバイス

  • 人間工学

  • 人間中心設計

  • ユーザビリティ

  • ユーザエクスペリエンス

  • ユーザインタフェースデザイン

  • HMI

  • 認知工学

所属学協会

  • 日本プラント・ヒューマンファクター学会

    2019年07月 - 継続中

  • 日本感性工学会

  • 日本人間工学会

  • 日本デザイン学会

  • Human Factors and Ergonomics Society

受賞歴

  • AHFE2022 Best Paper Award

    Doi, T, Murata, A

    2022年07月   AHFE International   Identifying Satisfaction Factors in Long-Term Use of Digital Products for Young Japanese Consumers

  • 2020年度教育貢献賞

    機械工作実習 Ⅰ担当教員

    2021年03月   岡山大学工学部  

  • 2018年度日本人間工学会中国・四国支部大会 優秀論文賞

    陰山和司, 村田厚生, 土井俊央

    2019年03月   日本人間工学会中国・四国支部  

  • 第44回人類働態学会全国大会優秀発表賞

    土井俊央

    2009年06月   人類働態学会  

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学   生活科学研究院   講師

    2022年04月 - 継続中

  • 岡山大学   大学院自然科学研究科

    2016年10月 - 2022年03月

  • レノボ・ジャパン株式会社   R&Dエンジニア

    2012年04月 - 2016年09月

学歴

  • 和歌山大学   システム工学研究科   システム工学専攻   博士課程後期   卒業・修了

    2013年04月 - 2015年03月

論文

  • Effectiveness of Tactile Warning and Voice Command for Enhancing Safety of Drivers 査読

    Murata, A, Doi. T, Karwowski, W

    IEEE Acccess   10   93854 - 93866   2022年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 視線移動におけるballistic動作からhoming動作への切替を利用したターゲット予測法の高速・高精度な使用条件の同定 査読

    土井俊央, 村田厚生, 陰山和司

    人間工学   58 ( 4 )   163 - 173   2022年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sensitibity of PERCLOS70 to drowsiness level: Effectiveness of PERCLOS70 to prevent crashes caused by drowsiness 査読

    Murata, A, Doi, T, Karwowski, W

    IEEE Access   10   70806 - 70814   2022年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Identifying Satisfaction Factors in Long-Term Use of Digital Products for Young Japanese Consumers 査読

    Doi, T, Murata, A

    AHFE Open Access (Proc. of AHFE2022)   44   68 - 74   2022年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Cross-cultural differences in thought and risk behavior – Implications for safety management 査読

    Murata, A, Doi, T

    AHFE Open Access (Proc. of AHFE2022)   44   1 - 7   2022年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 微小な奥行き弁別課題に与える局部照明条件と視覚機能の影響-課題成績の年代別比較- 査読

    脇水俊行, 村田厚生, 土井俊央

    ヒューマンファクターズ   26 ( 2 )   41 - 50   2022年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Delayed Evacuation after a Disaster Because of Irrational Prediction of the Future Cumulative Precipitation Time Series under Asymmetry of Information 査読

    A. Murata, T.Doi, R. Hasegawa, W. Karwowski

    Symmetry   14 ( 1 )   6   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 時系列の満足度評価からみた総合満足度に影響を与える要因の把握-スマートフォンアプリケーションを対象として 査読

    土井彩容子, 土井俊央, 山岡俊樹

    デザイン学研究   in press ( 1 )   1 - 6   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The peak–end rule in evaluating product user experience: The chronological evaluation of past impressive episodes on overall satisfaction 査読

    Doi, T, Doi, S, Yamaoka, T

    Human Factors and Ergonomics in Manufacturing & Service Industries   in press ( 3 )   256 - 267   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Irrationality of Attitudes toward Safety under Complexity and Uncertainty Leading to Asymmetry of Information 査読

    Murata, A, Yoshida, S, Doi, T, Karwowski, W

    Symmetry   13 ( 11 )   2111   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鉄道車両等機械装置の目視検査における適切な局部照明条件の年代による違い 査読

    脇水俊行, 村田厚生, 土井 俊央

    人間工学   57 ( 5 )   269 - 277   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 警報と副次作業の感覚モダリティが自動車運転時の視覚的な危険判断に及ぼす影響 査読

    土井俊央, 村田厚生

    ヒューマンファクターズ   26 ( 1 )   9 - 24   2021年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Correlations between inspections, maintenance errors, and accidents 査読

    Wakimizu, T, Murata, A, Doi, T, Yoshida, Y, Fukuda K

    Advances in Physical, Social & Occupational Ergonomics (AHFE2021)   273   477 - 482   2021年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Value-centered design process for user experience enhancement: A case study in the development of a notebook PC 査読

    Doi, T

    Ergonomics in Design   29 ( 3 )   26 - 31   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Usability textual data analysis: A Formulaic Coding Think-Aloud Protocol Method for Usability Evaluation 査読

    T. Doi

    Applied Sciences   11 ( 15 )   7047   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Examining the cultural differences of users’ characteristics between the United States and Japan related to user interface design 査読

    Doi, T, Murata, A

    Advances in Physical, Social & Occupational Ergonomics (AHFE2021)   273   391 - 396   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Effects of Asymmetry between Design Models and User Models on Subjective Comprehension of User Interface 査読

    Toshihisa Doi

    Symmetry   13 ( 5 )   795   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effective highlighting modes of graphical user interfaces in visual information search 査読

    Toshihisa Doi

    Universal Access in the Information Society   accepted   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Development of an eye-gaze input system with high speed and accuracy through target prediction based on homing eye movements 査読

    Murata, A, Doi, T, Kageyama, K, Karwowski, W

    IEEE Access   9   22688 - 22697   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 奥行き弁別課題に対する見やすい照明条件の年代別比較 査読

    脇水俊行, 村田厚生, 土井俊央

    人間工学   56 ( 5 )   199 - 203   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 視線入力システムでのポインティング作業のユーザビリティ評価におけるThroughputの有効性 査読

    土井俊央, 村田厚生

    ヒューマンファクターズ   25 ( 1 )   21 - 32   2020年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 視線入力システムにおけるカーソルの移動軌跡によるターゲット予測法の有効性 査読

    土井俊央, 村田厚生, 陰山和司

    ヒューマンファクターズ   24 ( 2 )   45 - 57   2020年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 駐車場に設置されたフラップ板の種類と設置位置がドライバのバック駐車行動に与える影響 査読

    土井俊央, 村田厚生

    デザイン学研究   66 ( 4 )   67 - 74   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of spectral distribution in light sources and physical properties of discrimination samples on discrimination of depth 査読

    Wakimizu, T, Murata, A, Doi, T

    Advances in Physical, Social & Occupational Ergonomics (AHFE2020)   522 - 527   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Comparative analysis of website usability between United States and Japan 査読

    Doi, T, Murata, A

    Advances in Physical, Social & Occupational Ergonomics (AHFE2020)   501 - 507   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Attitude toward long working hours from the perspectives of cross-cultural difference of viewing things and scarcity-slack relation 査読

    Murata, A, Doi, T

    Advances in Physical, Social & Occupational Ergonomics (AHFE2020)   508 - 514   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 携帯電話による通話および同乗者との会話が自動車運転に及ぼす影響 査読

    土井俊央, 村田厚生

    日本感性工学会論文誌   18 ( 5 )   371 - 380   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cross-cultural analysis of top page design among Brazilian, Chinese, Japanese and United States web sites 査読

    Doi, T, Murata, A

    Advances in Social and Occupational Ergonomics (AHFE2019)   609 - 620   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 自動車用サイドミラー代替ディスプレイの有効性 査読

    土井俊央, 村田厚生, 三村友洋

    デザイン学研究   65 ( 3 )   7 - 14   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Quantifying usability via task flow-based usability checklists for user-centered design 査読

    Doi, T, Yamaoka, T

    Designs   3 ( 1 )   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mental model formation in users with high and low comprehension of a graphical user interface 査読

    Toshihisa Doi

    Journal of Human Ergology   48 ( 1 )   9 - 24   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • GUIでの情報探索における画面の複雑さが反応時間・眼球運動特性に与える影響 査読

    土井俊央, 村田厚生

    人間工学   54 ( 6 )   236 - 247   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enhanced performance for in-vehicle display placed around back mirror by means of tactile warning 査読

    Murata, A, Doi, T, Karwowski, W

    Transportation Research Part F   58   605 - 618   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of Luminous Intensity and Color of LED Light on Ocular Movement Characteristics 査読

    Doi, T, Murata, A, Moriwaka, M, Takamoto, T

    Advances in Ergonomics in Design (AHFE2018)   48 - 55   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Camera Monitor Systems as Replacement of Side Mirror in Rearward Monitoring 査読

    Doi, T, Murata, A, Moriwaka, M, Osagami, T

    Advances in Human Aspects of Transportation (AHFE2018)   544 - 553   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 車載GUIの操作に関する知識がその操作と自動車運転に与える影響 査読

    土井俊央, 村田厚生

    日本感性工学会論文誌   17 ( 2 )   233 - 241   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • メンタルモデル構築のし易さから見たタッチパネルGUIの画面構成の評価 査読

    土井俊央, 村田厚生, 味間智志

    デザイン学研究   64 ( 3 )   31 - 40   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Understanding factors that affect the evaluation of user satisfaction 査読

    Doi, S, Doi, T, Yamaoka, T

    Proc. of the 3rd International Conference on Ambient Intelligence and Ergonomics   ID-10   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Which design seems easy to use? An analysis of individual differences in mental models 査読

    Yukiko Nishizaki, Toshihisa Doi, Toshiki Yamaoka

    Advances in Affective and Pleasurable Design (AHFE2016)   483   79 - 86   2017年( ISSN:2194-5357

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 汎用システムデザインプロセスの製品ハードウェア設計開発への適用 ─システム思考デザインによるノートブックPCの入力デバイスの機構開発事例 査読

    土井俊央, 堀内光雄, 尾上祐介, 藤野高根

    デザイン学研究   63 ( 3 )   89 - 98   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ヒューマンデザインテクノロジーを活用したスーパーマーケット生鮮部門バックヤードの作業性向上のための作業改善 査読

    土井俊央, 後藤祐樹, 山岡俊樹

    人間生活工学   17 ( 1 )   45 - 52   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • メンタルモデルの個人差が製品の選択評価に及ぼす影響-ユーザビリティと見た目を指標として- 査読

    西崎友規子, 土井俊央, 山岡俊樹

    日本感性工学会論文誌   15 ( 4 )   531 - 535   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 汎用システムデザインプロセスに基づく開発部門での新製品提案のためのユーザエクスペリエンス設計手法 査読

    土井俊央

    人間中心設計   11 ( 1 )   1 - 6   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ユーザインタフェース操作におけるメンタルモデル構築と活動状態指向性・作業記憶の関係に関する一考察─メンタルモデル構築のためのユーザ特性の検討 査読

    土井俊央, 石原啓介, 山岡俊樹

    デザイン学研究   62 ( 4 )   61 - 66   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Proposal of Usability Metrics based on Inspection Methods 査読

    Toshihisa Doi, Toshiki Yamaoka

    The Bulletin of JSSD   60 ( 5 )   69 - 74   2014年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A quantitative, single usability measurement is useful for human-centered design. However, the measurement is commonly not sufficiently conducted upstream (design phase), but it is conducted downstream (evaluation phase) after design development. Therefore, in this article, we propose usability metrics and a severity rating method for use during the design development phase. With the aim to develop an easy method for quantifying usability based on current inspection methods (i.e., usability metrics based on inspection methods, or UMI), we investigated the various aspects of the proposed method. Then, the effectiveness of usability metrics was determined by experiment. We believe that the metrics and methods described in this article will be employed by usability practitioners, including human factor engineers, designers, and usability engineers.

  • ユーザインタフェースにおけるユーザのメンタルモデル構築度合想定のためのアンケートの提案 査読

    土井俊央, 石原啓介, 山岡俊樹

    デザイン学研究   60 ( 4 )   69 - 76   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ユーザインタフェースデザインのためにユーザのメンタルモデルを検討することは重要であるが,その検討は容易でなくデザイン開発プロセスで十分に検討されているとは言い難い.そこで本研究では,ユーザのメンタルモデル構築度合や特性を簡易的に想定するためのアンケートとしてメンタルモデル構築度合測定尺度を開発した.まず従来研究を参考にアンケート項目の候補を作成した.そして726名に対するアンケート調査とその結果から項目分析を行い,アンケート項目を選定した.また構成されたアンケートは,複数の観点から信頼性と妥当性を検証され,それらが十分に高いことを確認された.加えて,開発されたアンケート結果と機器操作実験の結果の比較検討を行い,その関連性を確認した.これらのことから,本研究において開発されたアンケートは,ユーザのメンタルモデル構築度合を想定するために有効な手法であることが考察された.

  • Contribution of the Elements for Structuring Mental Models in User-Interfaces Operation 査読

    土井俊央, 山岡俊樹

    Consilience and Innovation in Design Proceedings and Program (Proc. of IASDR2013)   1   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • A Proposal of the Usability Checklist Corresponding to Task Flows 査読

    土井俊央, 山岡俊樹

    Proceedings of the 19th International Conference on Engineering Design (ICED13), Design for Harmonies, Vol.9: Design Methods and Tools   9   117 - 124   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Cognitive factors involved in the ability to manipulate a digital camera 査読

    Keisuke Ishihara, Toshihisa Doi, Sou Yanagimoto, Toshiki Yamaoka

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   8010 ( 2 )   585 - 593   2013年( ISSN:0302-9743

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    The purpose of this study is to understand who user' property affects the ability to manipulate a digital camera. The N-back task, the action control scale, usability test, structural test, functional test, protocol analysis and some questioner are used to understand user' distinction. The relationships among each property and performance were cleared by correlation analysis. As a result, functional models about the camera are most important to use well. © 2013 Springer-Verlag Berlin Heidelberg.

  • Verification of the questionnaire for the level of mental models building 査読

    Toshihisa Doi, Keisuke Ishihara, Toshiki Yamaoka

    Communications in Computer and Information Science   373 ( I )   105 - 108   2013年( ISSN:1865-0929

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this study, the verification of the questionnaire for the level of mental model building was examined from viewpoint of the actual users' operation. The user testing is conducted to grasp the level of mental model building. The validity of the questionnaire was investigated in terms of (a) operation time of the digital camera, (b) operation errors of the digital camera and (c) Structural model / Functional mode (the test result for measurement the level of mental model building after the operation). Then, the correlation between the score of the user testing and the questionnaire score was calculated. As the result, the significant correlation is confirmed between each score and the questionnaire score. Then, we believed the proposed questionnaire can be measured the users' mental model building level in the user-interfaces operation. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2013.

  • A proposal of a user-interface index that corresponds with mental model structural elements 査読

    Toshiki Yamaoka, Toshihisa Doi, Yukiko Nishizaki

    Theoretical Issues in Ergonomics Science   13 ( 2 )   135 - 145   2012年03月( ISSN:1463-922X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The objective of this research is to propose a user-interface design index that corresponds with mental model structural elements. A total of 35 user-interface design indexes were extracted from previous design related rules and design guidelines that pertain to design indexes. Next, the user-interface design indexes were linked to the mental model structural elements and a formal concept analysis was done in order to determine the relationship between them. The mental model structural elements were classified and structured according to human information processing, functional and structural models. Finally, we describe how designers can easily construct user-interface designs based mainly on the user-interface design index and mental model structural elements. © 2012 Copyright Taylor and Francis Group, LLC.

  • 操作時のメンタルモデル構築要素についての一考察 査読

    土井俊央, 冨永彩容子, 山岡俊樹, 西崎友規子

    デザイン学研究   58 ( 5 )   53 - 62   2012年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    メンタルモデルはユーザが機器操作を行う上で必要であり,その構築を促進させることで容易な機器操作を実現させる.ユーザに的確なメンタルモデル構築を促すためには,その構築に関わる要因を把握し,適切な支援をする必要がある.そこで本研究では,従来研究の知見によりメンタルモデル構築への関連が示唆される9つの要素を検証し,それを通してメンタルモデル構築に関わる要素を把握,考察することを目的とした.まず,ユーザインタフェース操作実験を行い,各ユーザのメンタルモデル構築の度合と操作に関わる発話プロトコルを取得した.取得した発話は9要素に判別し,その出現数を計測した.各要素についての発話が出現しているとメンタルモデル構築に寄与していると考え,メンタルモデル構築の度合と発話出現数の関連から要素の検証を行った.加えて,各要素間の関係を把握するために異なる4つの側面からの分析を行った.その結果として,9つの要素のうち7つの要素がメンタルモデル構築に関わる要素であると絞り込み,各要素やその関係性について考察した.

  • Structure of FUN Factors in the Interaction with Products 査読

    Sayoko Tominaga, Toshihisa Doi, Toshiki Yamaoka, Yuka Misyashita, Masayoshi Toriumi

    6776 ( 1 )   138 - 143   2011年( ISSN:0302-9743

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 電化製品に対するユーザの態度の相違による製品の知識とメンタルモデル構築の違いの分析 査読

    土井俊央, 冨永彩容子, 山岡俊樹

    日本感性工学会論文誌   9 ( 4 )   611 - 619   2010年10月( ISSN:1884-0833

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The goal of this study is a finding about an attitude toward electric appliances apples to appliances design and usability. Therefore, in this study, a relationship between attitude to users’ electrical appliances and cognitive elements required for the operation (Knowledge and Mental models) was investigated. For that purpose, two experiments were conducted. First, a relationship between the attitude and a knowledge structure toward electric appliances was grasped by a questionnaire in the 1st experiment. The knowledge structure was extracted within a Sentence Completion Test, and was grasped using Key Graph and Formal Concept Analysis. Next, a relationship between the attitude and a degree of mental model construction in an interface operation was grasped by a questionnaire and an experiment of GUI operation in the 2nd experiment. The degree of mental model construction was understood from the view of Functional Model and Structural Model. As a result of these experiments, it has been understood that the attitude relates to a depth of the knowledge, an originality of an opinion on electrical appliances and a construction of the Functional Model.

  • How to recognize objects based on mental model and visula clues with products when operating 査読

    Yamaoka, T, Doi, T, Adachi, K

    Proceedings of 9th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction (APCHI2010)   214 - 218   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Consideration of operation panels which seems to be easy to use for users 査読

    Doi, T, Tominaga, S, Yamaoka, T

    Proceedings of the 3rd International Conference for Universal Design in Hamamatsu 2010   47 - 52   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Examining User’s Images by the Differences of the Awareness regarding the Electrical Appliances 査読

    Toshihisa Doi, Toshiki Yamaoka

    IASDR09 PROCEEDINGS Rigor and Relevance in Design   457 - 466   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • A Study On An Improvement Of Layout Of A Supermarket Backyard By Link Analysis 査読

    Yuki Goto, Toshihisa Doi, Toshiki Yamaoka

    IASDR09 PROCEEDINGS Rigor and Relevance in Design   2457 - 2466   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • ユーザのメンタルモデルに着目したデザイン開発手法 招待

    土井俊央

    研究開発リーダー   14 ( 7 )   19 - 26   2017年

  • デザイン人間工学に基づくユーザのメンタルモデル検討方法 招待

    土井俊央

    デザイン学研究特集号   22 ( 1 )   28 - 33   2015年01月

  • Extracting Components and Process for Constructing Mental Model in User Interface 査読

    Doi, T, Tominaga, S, Yamaoka, T

    Proc. of The 9th Pan-Pacific Conf. on Ergonomics (PPCOE2010)   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Examining Text Analysis Method using Key Graph and Formal Concept Analysis 査読

    Toshihisa Doi, Masatoshi Rin, Sayoko Tominaga, Toshiki Yamaoka

    In Proc. of 13th Int.Conf. on Human-Computer-Interaction International   357 - 361   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Grasping the Components of Constructing Mental Model in Operation of the Equipments 査読

    Sayoko Tominaga, Masatoshi Rin, Toshihisa Doi, Toshiki Yamaoka

    In Proc. of The 3rd Conference of International Association of Societies of Design Research 2009   4 pages   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Grasp the components of mental model in operation of the products 査読

    Tominaga, S, Rin, M, Doi, T, Yamaoka, T

    Proc. of 13th Int.Conf. on Human-Computer-Interaction International (HCI2009)   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • SHELモデルに基づく事故の根本原因同定方法の提案

    中村勇貴, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長時間運転における自動運転レベルとビジランスの関係

    西倉佑樹, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長時間運転における自動運転レベル2と手動運転の併用方式がビジランスに及ぼす影響

    吉山航平, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 触覚及び聴覚刺激の同時提示による運転中のビジランス低下抑制効果

    山田晃輔, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 視線入力における固視微動を考慮したターゲット予測法の有効性

    上田湧介, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 視線入力でのホーミング動作および弾道的動作に基づくポインティング時間予測モデル

    向井春貴, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 自動運転と手動運転におけるビジランスの評価

    鈴木智也, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 瞳孔径を用いたX-bar管理図と傾向分析による居眠り運転リスクが高くなる時点の予測

    今井隆太, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 瞳孔径のスペクトル解析に基づく覚醒水準評価

    田中祐樹, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 瞳孔径のスペクトル解析による眠気評価に関する研究

    藤原昂輝, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 瞬き関連指標・首屈曲角度・座圧を用いたドライバの覚醒水準評価

    岩橋亮弥, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 事故事例における認知バイアスの観察

    松本岳将, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ファジィ言語パターンによる画面デザインの定量的評価方法の有効性

    兼森響, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • サッケード前の眼球運動の状態が視線入力に及ぼす影響

    小池敬太郎, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ガム咀嚼による運転中のビジランス低下抑制効果に関する研究

    元屋貴博, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • カーソル固定法を用いた視線入力システムでの画面設計条件の検討

    神田宗一郎, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第63回大会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ユーザが認識する“満足の決め手”と“不満足の決め手”に関する研究-スマホアプリを事例として-

    土井彩容子, 土井俊央, 山岡俊樹

    第22回日本感性工学会大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 障害物との距離,後続車の位置が車線変更の安全性に及ぼす影響―サイドミラー代替ディスプレイと触覚警報の有効性―

    竹部豪, 土井俊央, 村田厚生

    日本人間工学会第61回大会  2020年08月 

  • 行動指標とPERCLOS70を用いた運転手の覚醒水準推定

    中野卓紘, 土井俊央, 村田厚生

    日本人間工学会第61回大会  2020年08月 

  • 作業負担が小さくなるコンテナの持ち手形状の検討, 日本人間工学会第61回大会

    森山冬馬, 土井俊央, 村田厚生

    日本人間工学会第61回大会  2020年08月 

  • ファジィ言語パターンを用いた画面評価方法の有効性の検証

    野上和真, 土井俊央, 村田厚生

    日本人間工学会第61回大会  2020年08月 

  • トレンド分析を用いた居眠り運転のリスクが高まる区間の予測

    甲藤柊介, 土井俊央, 村田厚生

    日本人間工学会第61回大会  2020年08月 

  • UXにおけるピーク・エンドの法則の適用についての考察-スマホアプリを調査対象にした事例研究-

    土井彩容子, 土井俊央, 山岡俊樹

    日本デザイン学会2020年度春季研究発表大会  2020年08月 

  • 閉眼状態を用いた覚醒水準の評価

    小野慎也, 土井俊央, 村田厚生

    第52回日本人間工学会中国・四国支部大会  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 車載機器の操作とサイドミラー代替ディスプレイによる危険判断が同時に発生する場合の安全性-画面の近接性,触覚警報,音声入力による影響-

    長上拓実, 村田厚生, 土井俊央

    日本人間工学会第60回大会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

産業財産権等

  • 結合構造,入力装置及び電子機器

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2014-233738 

    公開番号:特開2016-99661 

    特許番号/登録番号:特許6010595 

  • 携帯情報端末

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2016-044344 

    公開番号:特開2017-162076 

    特許番号/登録番号:特許6090760 

  • 情報処理装置、画像送信方法、及びプログラム

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2016-115167 

    公開番号:特開2017-220853 

    特許番号/登録番号:特許6297623 

  • 入力装置及び電子機器

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2014-129366 

    公開番号:特開2016-9325 

    特許番号/登録番号:特許5968955 

  • 入力装置及び電子機器

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2014-233737 

    公開番号:特開2016-99660 

    特許番号/登録番号:特許6033825 

  • 入力装置及び情報処理装置

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2015-184548 

    公開番号:特開2017-59066 

    特許番号/登録番号:特許6039151 

  • ポインティング・スティックを含む入力装置、携帯式コンピュータおよび動作方法

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2013-207027 

    公開番号:特開2015-072540 

    特許番号/登録番号:特許6081338 

  • SYSTEMS AND METHODS FOR REDUCING INPUT DEVICE NOISE

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:US 14/140602 

    公開番号:US20150185779 A1 

  • Coupling structure for input devices

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:US14943901 

    公開番号:US20160139637A1 

    特許番号/登録番号:US9582045B2 

  • Computer assembly incorporating coupling within pantograph

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:US 13/944794 

    公開番号:US20150022960 A1 

    特許番号/登録番号:US9098250 B2 

  • 近距離無線通信に使用するアンテナ,電子機器及び製造方法

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2015-044505 

    公開番号:特開2016-165044 

    特許番号/登録番号:特許6069388 

  • 電子機器

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2014-043252 

    公開番号:特開2015-170046 

    特許番号/登録番号:特許5955876 

  • 電子機器

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2016-031675 

    公開番号:特開2017-150517 

    特許番号/登録番号:特許6220912 

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 居住安全人間工学系特論

    2022年
    -
    継続中
    機関名:大阪公立大学

  • 居住環境学概論

    2022年
    -
    継続中
    機関名:大阪公立大学

  • 機械工作実習Ⅰ

    2017年
    -
    2020年
    機関名:岡山大学

  • システム工学総合Ⅱ

    2016年
    -
    2021年
    機関名:岡山大学

  • プログラミング

    2016年
    -
    2021年
    機関名:岡山大学