2024/01/31 更新

写真a

スギタニ ヨシキ
杉谷 栄規
SUGITANI YOSHIKI
担当
大学院工学研究科 電気電子系専攻 准教授
工学部 電気電子システム工学科
職名
准教授
所属
工学研究院

担当・職階

  • 大学院工学研究科 電気電子系専攻 

    准教授  2023年04月 - 継続中

  • 工学部 電気電子システム工学科 

    准教授  2023年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 大阪府立大学 )

  • 修士(工学) ( 大阪府立大学 )

  • 学士(工学) ( 大阪府立大学 )

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 制御、システム工学  / 制御・システム工学

  • 情報通信 / ソフトコンピューティング  / ソフトコンピューティング

研究キーワード

  • 遅延結合

  • 結合発振器

  • 振動停止現象

  • 同期現象

所属学協会

  • 電気学会

    2023年11月 - 継続中   国内

  • American Physical Society

    2023年01月 - 継続中   国外

  • 電子情報通信学会

    2011年06月

委員歴(学外)

  • 令和6年電力・エネルギー部門大会実行委員会  

    2023年10月 - 2024年10月 

      詳細を見る

    特別講演幹事

  • NOLTA2023  

    2022年10月 - 2023年09月 

受賞歴

  • Asian Journal of Control Outstanding Reviewers of 2021

    2022年06月  

  • Best short paper award

    Kai Isaka, Teruyuki Miyajima, Yoshiki Sugitani

    2020年12月  

     詳細を見る

    国際会議ICETC2020での受賞

  • Best Paper Award

    2020年10月  

     詳細を見る

    ITC-CSCC 2020 でのBest paper award

論文

  • Stability Analysis of Partial Amplitude Death in Delay-Coupled Oscillator Networks with Complete Bipartite Topologies

    Kawano Ryuya, Sugitani Yoshiki

    IEICE Proceeding Series   76   293 - 296   2023年09月

     詳細を見る

    This report investigates partial amplitude death in delay-coupled oscillator networks with complete bipartite graphs. Previous studies have observed partial amplitude death in which only one oscillator in a network is quenched. This report attempts to quench multiple oscillators for partial amplitude death. Linear stability analysis reveals that, in complete bipartite graphs, oscillators in a smaller set can be quenched. Numerical simulations verify our analytical results.

    DOI: 10.34385/proc.76.b3l-13

  • Experimental Observation of Amplitude Death in Delay-Coupled Networks of Double Scroll Circuits

    Watanabe Kento, Iwamoto Tetsu, Sugitani Yoshiki, Konishi Keiji, Hara Naoyuki

    IEICE Proceeding Series   76   341 - 341   2023年09月

     詳細を見る

    The present report experimentally investigates amplitude death in delay-coupled two networks of double-scroll circuits. Each network consists of four double-scroll circuits diffusively coupled in a ring shape. We show that our experimental results agree with the analytical results.

    DOI: 10.34385/proc.76.b4l-12

  • 構造が定期的に切り替わる遅延結合発振器群に生じる振動抑制現象 査読

    岩本 哲, 吉田 晃基, 杉谷 栄規, 小西 啓治, 原 尚之

    電子電子情報通信学会論文誌A 基礎・境界   J106-A ( 8 )   229 - 241   2023年08月

     詳細を見る

    本論文では,ネットワーク構造が定期的にゆっくりと切り替わる遅延結合発振器群に,全発振器の振動を抑制する現象が生じることを,数値シミュレーションだけでなく電子回路による実験でも検証する.この現象は,筆者らの先行研究[Iwamoto et al. , Phys. Rev. E, 2020]で見出されているが,発振器数は4個に限定されていた.本論文は,4の倍数である4n (n=1,2,. . . )個の発振器に研究対象を拡張し,更に,振動抑制を誘発する結合パラメータ及びネットワーク構造の設計手順を与える.また,最大800個のStuart-Landau発振器を用いた数値シミュレーションと,8個のDouble-Scroll回路による実機検証において,振動抑制現象の誘発を確認した.

    DOI: 10.14923/transfunj.2022jap1030

  • 障害物に衝突した後の興奮波の伝搬方向とPI制御システムの極との関係

    井下 祐人, 小西 啓治, 原 尚之, 杉谷 栄規

    自動制御連合講演会講演論文集   66 ( 0 )   826 - 827   2023年

     詳細を見る

  • 結合発振器に生じるAmplitude Death

    小西 啓治, 杉谷 栄規

    電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review   16 ( 2 )   76 - 82   2022年10月

     詳細を見る

    <p>結合発振器に発生する「Amplitude Death」と呼ばれる現象は,非線形科学分野で長年にわたり精力的に研究されている.本解説では,結合発振器における「発振器の数」や「ネットワークの構造」が未知となる状況下でも,システム制御分野で知られている「ロバスト安定性/制御」に関する数理的な解析ツールが,Amplitude Deathの発生条件の導出に活用できることを紹介する.具体的には,Amplitude Deathを誘発する代表的な結合様式である「動的結合」と「遅延結合」に焦点を絞り,筆者の成果を中心に解説した.</p>

    DOI: 10.1587/essfr.16.2_76

  • Asynchronous NOMA Downlink Based on Single-Carrier Frequency-Domain Equalization 査読

    T. Kurayama, T. Miyajima and Y. Sugitani

    IEICE Transactions on Communications   E105-b ( 10 )   1173 - 118   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transcom.2021MEP0003

  • Multi-phase synchronization for peak,power reduction in energy storage,oscillators coupled with delayed power,price 査読

    Tomoaki Imasaka, Akira Ito, Yoshiki Sugitani, Keiji Konishi, and Naoyuki Hara

    NOLTA   E-13N ( 3 )   2022年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Amplitude death in delay-coupled oscillators on directed graphs 査読

    Y. Sugitani and K. Konishi

    Physical Review E   105 ( 064202 )   2022年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevE.105.064202

  • 適応最小分散法を用いる全二重フィルタ転送型リレーにおける干渉抑圧 査読

    竹腰雄斗, 宮嶋照行, 杉谷栄規

    電子情報通信学会論文誌A   J104-A ( 11 )   241 - 243   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of frequency mismatch on amplitude death in delay-coupled oscillators 査読

    Shinsuke Mizukami, Keiji Konishi, Yoshiki Sugitani, Takahiro Kouda, and Naoyuki Hara

    Physical Review E   104 ( 5 )   054207   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Delay-induced stabilization of coupled oscillators 査読

    Y. Sugitani and K. Konishi

    NOLTA, IEICE   E12N   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Neural network-based time-domain equalization without training signal in OFDM systems without CP 査読

    Kai Isaka, Teruyuki Miyajima, Yoshiki Sugitani

    IEICE Communications Express,   10 ( 8 )   435 - 440   2021年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Distributed Minimum Variance Equalization in Wireless Sensor Networks 査読

    Songyuan Zhao, Yoshiki Sugitani, Teruyuki Miyajima

    Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE   12 ( 3 )   442 - 452   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synchronizing Chaos with Imperfections 査読 国際共著

    Physical Review Letter   126   164101   2021年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.126.164101

  • Filter Design for Full-Duplex Multiuser Systems Based on Single-Carrier Transmission in Frequency-Selective Channels 査読

    K. Amano, T. Miyajima, Y. Sugitani

    IEICE Trans. Fundamentals   E104-E ( 1 )   accepted   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Amplitude death in oscillator networks with partial extended delay connections 査読

    Shinsuke Mizukami, Keiji Konishi, Yoshiki Sugitani, Naoyuki Hara

    Proc. of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications   9031   340   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Partial delayed feedback control for all-to-all oscillators 査読

    Tetsuya Iizuka, Yoshiki Sugitani

    Proc. of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications   9104   127 - 130   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Distributed Blind Adaptive Equalization for Sensor Networks Based on the Minimum Variance Distortionless Response 査読

    Songyuan Zhao, Yoshiki Sugitani, Teruyuki Miyajima

    Proc. of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications   9091   142 - 145   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Design of time-varying network topology for inducing amplitude suppression in delay-coupled oscillator networks 査読

    Tetsu Iwamoto, Keiji Konishi, Yoshiki Sugitani, Naoyuki Hara

    Proc. of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications   9055   311   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Chaos synchronization by parameter heterogeneity 査読 国際共著

    Yoshiki Sugitani, Yuanzhao Zhang, Adilson E. Motte

    Proc. of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications   9054   341   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Time-Domain Equalizer Using Neural Network Without Known Training Signals for OFDM Systems Without CP 査読

    K. Isaka, T. Miyajima, Y. Sugitani

    Proc. International Conference on Emerging Technologies for Communications   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • The effect of the number and position of connection delays on amplitude death in scale-free network 査読

    Toshiaki Kono, Yoshiki Sugitani

    Proc. IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks   15 - 17   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Improved Transmitter Design for Downlink NOMA in Frequency-Selective Channels 査読

    T. Kurayama, T. Miyajima, Y. Sugitani

    Proc. International Conference on Emerging Technologies for Communications   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Time-Domain Equalization Using Neural Network with Arbitrary Decision Delay 査読

    K. Isaka, T. Miyajima, Y. Sugitani

    Proc. IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Wireless Energy Beamforming Using Time-domain Filters in Frequency Selective Channels 査読

    Y. Otsuka, T. Miyajima, Y. Sugitani

    Proc. IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Amplitude suppression of oscillators with delay connections and slow switching topology 査読

    Physical review E   102 ( 032206 )   2020年09月( ISSN:2470-0045

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevE.102.032206

    その他URL: http://harvest.aps.org/v2/journals/articles/10.1103/PhysRevE.102.032206/fulltext

  • Wireless-Powered Filter-and-Forward Relaying in Frequency-Selective Channels 査読

    Junta FURUKAWA, Teruyuki MIYAJIMA, Yoshiki SUGITANI

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E103-A ( 9 )   1095 - 1102   2020年09月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1587/transfun.2019EAP1150

  • Amplitude death in oscillators coupled by asymmetric connection delays with tree graph topology 査読

    Y. Okigawa, Y. Sugitani, K. Konishi

    European Physical Journal B   93 ( 129 )   2020年07月( ISSN:1434-6028

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1140/epjb/e2020-10018-5

    その他URL: http://link.springer.com/article/10.1140/epjb/e2020-10018-5/fulltext.html

  • Adaptive Self-Interference Suppression for Full Duplex Filter-and-Forward Relaying 査読

    Miyajima, Teruyuki, Teshiromori, Hayato, Sugitani, Yoshiki

    IEEE Wireless Communications Letters   9 ( 10 )   1701 - 1704   2020年06月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/LWC.2020.3001656

  • Wireless energy harvesting networks with multiple filter-and-forward relays 査読

    J. Furukawa, T. Miyajima, Y. Sugitani

    IEICE Comex   9 ( 6 )   238 - 243   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Experimental investigation of amplitude death in delay-coupled double-scroll circuits with randomly time-varying network topology 査読

    S. Masamura, T. Iwamoto, Y. Sugitani, K. Konishi, N. Hara

    Nonlinear Dynamics   99 ( 4 )   3155 - 3168   2020年01月( ISSN:0924-090X

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s11071-019-05461-0

    その他URL: http://link.springer.com/article/10.1007/s11071-019-05461-0/fulltext.html

  • Amplitude death in delay-coupled oscillators with barbell graph 査読

    Yoshiki Sugitani

    Proc. of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications   9185   97 - 100   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   国際・国内誌:国際誌  

  • Amplitude Suppression of One-Way Ring Delay-Coupled Oscillators with Slow Change of Coupling Direction 査読

    Tetsu Iwamoto, Keiji Konishi, Yoshiki Sugitani, Naoyuki Hara

    Proc. of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications   9125   50 - 53   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   国際・国内誌:国際誌  

  • Amplitude Death of Oscillator Networks with Extended Delay Connections 査読

    Shinsuke Mizukami, Keiji Konishi, Yoshiki Sugitani, Naoyuki Hara

    Proc. of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications   9156   93 - 96   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   国際・国内誌:国際誌  

  • Distributed Mutually Referenced Equalization 査読

    Yoshiki Sugitani, Wataru Yamamoto, Teruyuki Miyajima

    IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E102-A ( 12 )   1997 - 2000   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1587/transfun.E102.A.1997

  • Dither Signal Design for PAPR Reduction in OFDM-IM 査読

    S. Watanabe, T. Miyajima, Y. Sugitani

    Proc. of 2019 international workshop on smart info-media systems in Asia   RS2-1   98 - 103   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   国際・国内誌:国際誌  

  • Filter-and-Forward Relay with Self-Energy Recycling in Frequency-Selective Channels 査読

    J. Furukawa, T. Miyajima, Y. Sugitani

    Proc. of 2019 IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics   1126 - 1130   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   国際・国内誌:国際誌  

  • Filter Design for Full-Duplex Base-Station in Frequency-Selective Channels 査読

    K. Amano, T. Miyajima, Y. Sugitani

    Proc. of 2019 IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics   269 - 273   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   国際・国内誌:国際誌  

  • CPなしOFDM伝送のためのブラインド等化 査読

    齊藤裕介, 宮嶋照行, 杉谷栄規

    電子情報通信学会論文誌B   J102-B ( 8 )   624 - 626   2019年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • Adaptive FIR Filtering for PAPR Reduction in OFDM Systems 査読

    MORITA Hikaru, MIYAJIMA Teruyuki, SUGITANI Yoshiki

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E102-A ( 8 )   938 - 945   2019年08月( ISSN:0916-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study proposes a Peak-to-Average Power Ratio (PAPR) reduction method using an adaptive Finite Impulse Response (FIR) filter in Orthogonal Frequency Division Multiplexing systems. At the transmitter, an iterative algorithm that minimizes the <I>p</I>-norm of a transmitted signal vector is used to update the weight coefficients of the FIR filter to reduce PAPR. At the receiver, the FIR filter used at the transmitter is estimated using pilot symbols, and its effect can be compensated for by using an equalizer for proper demodulation. Simulation results show that the proposed method is superior to conventional methods in terms of the PAPR reduction and computational complexity. It also shows that the proposed method has a trade-off between PAPR reduction and bit error rate performance.</p>

  • Semi-blind channel estimation using knowledge of a pulse shape for faster-than-Nyquist signaling 査読

    Setoguchi Yusuke, Miyajima Teruyuki, Sugitani Yoshiki

    IEICE Communications Express   8 ( 6 )   219 - 224   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>In this paper, we propose a semi-blind channel estimation method for faster-than-Nyquist (FTN) signaling. The proposed method combines the least-squares (LS) method using training symbols with a blind estimation method using knowledge of the pulse shape. It is shown that the proposed semi-blind method requires fewer training symbols than the LS method, and it is superior to the blind method regardless of the packing ratio of FTN signaling.</p>

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • Experimental validation of overcoming odd number property of amplitude death

    Jiro Ueda, Yoshiki Sugitani

    Proc. an international conference on chaos and nonlinear dynamics   ( 17 )   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

講演・口頭発表等

▼全件表示

産業財産権等

  • 蓄電装置,及び電力供給システムの管理サーバー

    伊藤章, 小西啓治, 原尚之, 杉谷栄規, 今坂友亮

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願 2016-012917 

    公開番号:特開 135816 

    特許番号/登録番号:特許第 6523184 

社会貢献活動

  • オープンキャンパスでの研究室公開

    2022年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:施設一般公開

その他

  • IEICE NOLTAjournal査読

    2022年10月 - 2023年01月

      詳細を見る

    2022NLP0011

  • SICE Journal of Control, Measurement, and System Integrationの査読

    2022年10月

      詳細を見る

    論文査読

  • 英語論文IJBCの査読

    2022年09月 - 2022年11月

      詳細を見る

    IJBC-D-22-00395

  • IEICE NOLTAjournal査読

    2022年08月 - 2022年12月

      詳細を見る

    2022ENP0003

  • SICE論文査読

    2022年08月 - 2022年12月

      詳細を見る

    JCMSI-D-22-00006R1

  • Nonlinear Theory and Its Applications, IEICEの査読

    2022年08月 - 2022年11月

      詳細を見る

    論文査読

  • IEICE Letterの査読

    2022年08月

      詳細を見る

    IEICE Letterの査読

  • 国際会議論文査読

    2022年07月

      詳細を見る

    国際会議NOLTA2022の査読

  • IEICE B部門 論文査読

    2022年06月 - 2022年10月

      詳細を見る

    論文査読: 2022GWP0011

  • 学術論文査読

    2022年05月 - 2022年06月

      詳細を見る

    Int. J. of Bifurcation and Chaosの査読

  • 学術論文査読

    2022年05月 - 2022年06月

      詳細を見る

    nt. J. of Bifurcation and Chaosの査読

  • SICE Journal of Control, Measurement, and System Integrationの査読

    2022年03月

      詳細を見る

    論文査読

  • Nonlinear Theory and Its Applications, IEICEの査読

    2022年01月 - 2022年03月

      詳細を見る

    論文査読

  • SICE Journal of Control, Measurement, and System Integrationの査読

    2021年10月

      詳細を見る

    論文査読

  • IEICE Transaction Bの査読

    2021年09月 - 2021年12月

      詳細を見る

    論文査読

  • Nonlinear Theory and Its Applications, IEICEの査読

    2021年08月 - 2021年11月

      詳細を見る

    論文査読

  • Asian Journal of Controlの査読

    2021年05月 - 2021年10月

      詳細を見る

    論文査読

▼全件表示